Allyssa
Dad
人気ブログランキングへ



 2008年最後のずぶ濡れボーイ

朝から結構きつい仕事を任される。掃除機をかけることと、部屋の掃除とバルコニーの掃除と窓掃除である。

水バケツと実家から借りた高圧水洗浄機で網戸を洗うと泥のような汚れがどばーっと流れ出す。水バケツで窓越しの娘さんにかけると娘さん大はしゃぎで喜んでいます。調子に乗って窓にバケツの水をぶっかけていると自分にかかってしまいズブ濡れになりました。これが風邪の原因になってしまいました。

奥さんと娘さんは義母さんと妹さんとで買出しに出かけました。けど、今回は青島ビールを売ってるということで購入してもらいました。

実家が会場なのでとことこと向かいました。義母さんと義妹さん夫婦です。二月出産を控えて、もうお腹が大きいです。男の子だそうです。

すき焼きを食べたあと、蕎麦も食べ娘さんも大満足です。ちなみに肉の値段は尋常じゃないほど高いものでした。

娘さんまでも十二時過ぎまで起きていました。生まれてから初かな?一才の時の大晦日の夜も起きてたかな?けど、もはやこの時間ですと、そのままそっとしてても勝手に眠ります。

しかし、食い三昧でした。肉、そば、天麩羅、明日からは御節です。太っちゃうよん。

何気に08年最後に観た映画と言う位置づけで間に合うように皆で「魔法にかけられて」を観ました。予想を超えて面白かったです。エイミー・アダムスが綺麗過ぎて、とても三十代に見えない。しかも、王子様役が、「X−MEN」の目からビーム出っぱなしのジェームズ・マースデンなんでキャスティングの妙に驚いた。奥さんがハマっており、パパには全く理解できないつまらんドラマ「グレイズ・アナトミー」のパトリック・デンプシーの存在感の無さがいい位置づけになったかも知れないが、存在感ねえなあ、このおっさん。

パパはひそかにミュージカル系映画って好きなので(実は)今回の映画はかなり楽しめました。08年を締めくくる良い作品であった。

人気ブログランキングへ

2008年12月31日(水)



 大晦日前夜

今日も出勤です。どうも締めの書類に不備があったようで、もう俺しか解決できない状況でしたので出勤しました。結局年末の五連休のうち、三日出勤になりました(ひで)まあ、休日手当稼ぐよ。っつか、人生、この日まで働かされるなんて社会人生活史上、初めてですね。(アルバイトではあったけど)

淡々と仕事をしていました。あー。家の大掃除とか明日集中することになるのかな、と思うと気が重いです。

帰りに「スターシップ・トゥルーパーズ3」と「魔法にかけられて」を借りてきました。「ST3」は最低でしたね。やはり「1」を超えられない。個人的に「ST」は小学生低学年の頃にハヤカワSF文庫で買った「宇宙の戦士」を読んでいたので大期待だったのですが、一本の柱であるパワードスーツが「1」で全く出てこないのでガッカリでしたが、それでもそれを補うカタルシスと面白さはありました。小説版はスタジオぬえのパワードスーツのデザインの良さが神クラスだったので、それはそれでしょうがないかと。だって、数年後に本国の「ST」のボードゲームの箱絵を見て、まるでだんごに串刺した糸人間みたいな機動歩兵に「アメリカ人にとってパワードスーツとは、こういう認識なのね」と情けなくなった思い出がある。超能力者は出るけど、ネオドッグ(戦闘訓練された犬)とか、出てこないしさ。で、今回の「3」ではマローダーというPSが出てくるので期待していたんですが、これもがっかり。「エイリアン3」のパワーローダークラスのPSって今後出てこないんでしょうか?けど、Yラックっぽい武装が表現されたシーンはなかなかだと。

しかし、2008年最後の映画が「ST3」というのは夫婦揃って、それはあんまりだということになり、明日、実家で宿泊の際には「魔法にかけられて」を観ようということになりました。

人気ブログランキングへ

2008年12月30日(火)



 娘さんと奥さんの職場ビルでタダメシにありつく

今日は休みなのですが奥さんが出勤です。ですんで、昼間追いかけ、娘さんとママの勤務先に行ってランチをとることにしました。遅れながらも娘さんとお出掛けです。

奥さんの会社は駅からビルまでいわゆるペレスティアンデッキなので娘さんがハイテンションで走り回ります。

待ち合わせてママに会って店に入ると奥さんの会社の同僚さんも四人いました。三人で奥の席を陣取りランチを食べました。その間、社長から電話が入ったり(締めの金額関係で)経理のデの字から電話が入ったりと大変でした。特に経理のデの字のせいで明日、出勤が確定になってしまいました(社長も一枚絡んでますが)もうヤです。

ランチを食べ終えてビルの中庭で娘さんと写真を撮ったりして帰りました。娘さんと電車の最前列の車両に乗りながら運転席からすれ違う電車を見たり、運転したりしながら遊びながら乗りました。で、ふと抱っこしたら、そのまま寝てしまったのでタクシーに乗って帰り、そのまま寝かしました。

明日、出勤ですが、奥さん達はお正月のおせちとかの買出しに行くようです。

人気ブログランキングへ

2008年12月29日(月)



 デの字と社長への個人的メール

経理のデの字が午後から来ると遅延メール。もうやだん。このデの字、経理部の守秘義務である他人の給与を人にバラすことで会社中でも定評があるデなので困っています。

とにかく締めが終了しておりません(涙)こんな異常事態は初めてです。明日も出勤になりそうですが、とりあえずは我々の部は離脱で、後は経理部に、という状況でカタをつけました。

混沌とした中ですが何となく予感していたことなので、まーしょうがねえか、と思いますが、まー、しょうがねーか。

で、時間も余裕があったので、辞職に悩んでいた社長にメールを送った。他の社員は色々と悪いことを言うが、個人的に社長も被害者だと思っている。すごく悩んでいる。過去に胃癌を患ってるのも実父と重なるところもあり、メールを送った。

----------------------------
「昨晩、社長とお話した件ですが、私個人が意見をする立場では全然ありませんが、やはりはっきり言って六人体制になり、アウトソーシング状態にしたとしても営業的、サービス的、商流的に矢面に立たされるのは社長になることは目に見えています。

正直言って私も前社長さんと同じ意見です。(脚注:以前、胃を切っているので体のことを心配している。後日、それがとんでもない誤解であることが発覚するのだが・・・・)この特異な業界の体質と柄の悪さは「命は取られない」とはいえ、「命を削られる」と思います。それに、どう考えても社長就任早々、六人体制で、というHQの通達は社長に対して失礼の部類に値すると思います。

今回の人員整理勧告の退職同意書に「退社後、誹謗中傷しないこと」と書いてありますが守り通す人間がいるとは思えません(特に営業、各拠点)「弊社は市場撤退だ」の噂は確実に競合他社の武器にもなりますし、社史上、最も厳しい09年になることは目に見えています。

社長の言うとおり、残りの五人が「出来る」と言っても客観的に冷静に考えれば「不可能」だったという結果では骨折り損だと思います。

存続に決めたとしても矢面に立たされて全国規模でそれに対応するのは不可能と思います。本社、または●●にお客様窓口をクレーム担当派遣で5人〜7人規模で置くなら話は別だと思いますが、生き地獄に近いと思います(マーケティング、顧客の反発、誹謗が
想像するに大規模なものとなると思います)
苦しい立場ですが、きつい選択肢だけは出来るだけ回避するよう願っております。


暴力上司の件ですが応答もなく話が進みませんので、こういう状態ですし、場合によっては立件せざるを得ません。ですが、そうなると忙しい時期に時間を取る形になりますので社内処分という言葉を私から使ってもよろしいでしょうか?私は別にお金も欲しくありませんし、民事訴訟など全く考えておりません。ただ、保証の文書が出せないなら心づけ
くらいは暴力上司の心の中であってもいいと思うのですが、あの人にはそういう考えは全くない点で未だに許すことは出来ません。

弊社の親会社、弊社就業規則には暴力的な行為はNGとなっております。懲戒解雇の場合、会社は退職金の支払い義務はありません。また、労働基準法で定められる30日前の解雇予告や解雇予告手当の支給はされず、即時解雇となります。(即時解雇については、労働基準監督署長の認定が必要とされます)

弊社が支払う退職金は退職金引当金から出ますので会社の損益には影響しないと思うのですが、会社に利のある影響があるのなら、その旨を交えて話したいと思います。

まともな神経の持ち主なら、懲戒解雇より私への文章等々提出を選択すると思いますが、そうでない人間の場合、一般的に懲戒解雇はその後の就職に影響しますので自己都合退社という形をとるそうです。

それでも、どうしようもない場合は警察機関に立件したいと考えています。ご迷惑をおかけしないように来年三月以降でも警察は可能と言っておりますので(この場合は会社は無関係なので誰も呼ばれません)

暴力上司は勘違いしているらしく民事訴訟を起こすと思っているらしく私も損するから、と言っておりますが、私は私自身なにもしない楽な刑事訴訟で進めるつもりです(最悪な結果の場合は)

もちろん、三月以降、暴力上司を何かしらの形でアウトソーシング、またはコミッショッニング・エージェントとして営業と考えているなら、最悪な方向性は避けたいと考えますが、自分的にも、今回の件は早々に終結したいと思います。」

ー-----------------------------------------

いやいや。パパも法的トラブル経験があると色々と知恵がついて日本的考えから見ると俺が悪い方向に見られてるんだろうなあ。

部内の女の子にも「怖い」と言われたし。けどね、「牙を剥かれたら牙を剥く」攻撃されなきゃ何もしない専守防衛の自衛隊なんですよ、私は(笑)

しかし、後日、社長に小言は警告されました。「敵を作るのはあまり良くない」と。確かにその通りだ。しかし、クソ上司は敵だ(笑)

人気ブログランキングへ

2008年12月28日(日)



 営業終了でも、それでも締め

そんな忘年会があっても締めです。これがまた経理が来ないので、チェックが出来ず酷い締めになりました。明日も休日出勤確実です。全く困ったデブです。ふざけています。いつ休むか分からないので結構、その影響を他の部でも喰らっております。

一方、奥さんと娘さんはママ友達のTさん母と子さんが来ていたらしく、トランスフォーマーとダークナイトのDVDを貸したとのこと。女性って貸したもの返さない傾向があるから困るんだよなー(涙)

また、その一方で関西の同僚とメールで、これからの会社のアクションプランについての愚痴を。社長自身もナーヴァスになってて自暴自棄気味で辞職の意向を。けど、同僚や他の社員は「逃げるのか?」と。そうはいってもなあ。

なんか今年の年末は今までの人生で年末っぽくない年末でしたね、全く。

ところで、リストラされた身でテレビの「派遣村」を見ていますが、何か違うような気がしています。雇用体系に騙されて派遣に行った人、行かざるを得なかった人も居たと思いますが、いわゆる「働きたい時に働いて遊びたい時に遊ぶ」ことを選んだフリーターや就職活動に勤しまなかった人を何故、税金で保護するかが理解できません。冷たい言い方かも知れませんが、考え方が甘いというか、贅沢なんだと思います。

人気ブログランキングへ

2008年12月27日(土)



 疾風怒涛の忘年会

さて、今年営業最終日です。我々部隊は締めがあるので明日も休日出勤ですが、何気にその翌日も休日出勤になろうかとは思いもよらないのですが。

さて、厳かに今年の営業を終了しました。忘年会です。さて、今回の忘年会で荒れる元凶の人間は当初の推定では北海道、関西、九州。事前に「容赦しない」との発言を聞いているので荒れそう。

しかし、神は存在する。

私への暴力を起こした北海道営業所のクソ上司が新千歳空港が豪雪のため、フライトできず(爆笑)関西は何かを察してか来ず。九州は来たのはいいが、普通にしていて、むしろ社史上、最高の忘年会になるという、ある意味、皮肉な形となった。

忘年会で同僚の子が退社日なので花束を渡した。ああ、もうこの子と仕事が出来ないのか、と思うと寂しくなった。

さて、二次会。例の上司のフライト遅延で二次会に無神経な女二人が呼んだため、嫌ってる社員八割が別なところへ移動(爆笑)その後、カラオケをうだうだして解散となりました。しかし、人望ねーなー。あいつは。

人気ブログランキングへ

2008年12月26日(金)



 薬漬けの会社(笑)

朝、クリスマスプレゼントということで箱を開けました。喋る地球儀「パーフェクト・グローブ」です。本当に喋ります。設定は幼少向けなので当たり障りの無いつまらない解説レベルですが、国歌などは「へー、こんななんだー」レベルなみに色々と入っています。真面目にこれなら中学くらいまで使えるんじゃないんでしょうか?

そんなこんなで時間もなくバタバタと出たので、登園のときに自転車の毛布と手袋を忘れたのですが、娘さんは寒がることなく、一応、パパのコートをかけて登園しました。

仕事中、奥さんとメール。パパ的には暢気に08年に流れた新婚旅行を三月に行こうか?と企画したのですが、次の就職先が完全に決まってからと慎重な奥さんの返事。うーん。余裕がないのかな。

最近、社長秘書みたいな感じで仕事や話をすることが多く(というか、07年1月以降)色々と深刻な内容も話しています。社長もこれはもう自分も辞めるしかないという方向性のようです。私も今年の初めに心臓関係のこともあって薬を飲んでいましたが、社長も不眠症になって薬を飲んでいたそうです。しかし、薬疹が出てしまい止めたそうですが、最近、飲薬が復活するほど悩んでいるようです。さて、明日は忘年会。「本当にするんですか?」と私と人事のマネージャーに言われたそうですが、もうどうにでもなれ状態のようです(笑)

人気ブログランキングへ

2008年12月25日(木)



 クリスマスイブに社長とのむかい

全員がモチベーション皆無のなか、仕事です。営業なんかは就職活動に奔走で売りのデータもめちゃくちゃで締められるのか不安です。

派遣の子も会社の行く末を心配しています。基本的に12月末までなのか、3月末までやるのか、悩んでいるようです。今回の人員整理の話も派遣さん達にはオフィシャルには通達されてないのでかわいそうだな、と思い、私から説明はしました。

午後、アウトソーシングカンパニーと会議。なんか色々と不安です。後々、不安が的中しちまうのですが。かなり経ってから。

さて、夜中、社長と食事。今回のドラスティックなリストラがあった場合、社長職を続ける気はないと愚痴られ、こっちも愚痴りたいのを我慢して話を聞いてあげました。やはり、色々と大人の世界は難しいものなんだな、と、気付けばそういう大人の世界で生きて生活してるんだなあ、と感じながら終電に飛び乗ってタクシーで帰りました。

米軍でもクリスマスの日には家族の元へ帰れるように「マーケット・ガーデン作戦」まで行ったというのに、愛のない会社だ(涙)

おかげでイブだというのに、娘さんと一緒のイブの夜を過ごすことは出来ませんでした。けど、この前、買ったプレゼントの箱をサンタさんからということで夜中に枕元に置きました。

おやすみなさい。

人気ブログランキングへ

2008年12月24日(水)



 パパが「貧困」を恐れる訳

さて、休日です。クリスマスイブイブです。家族で厳かに過ごしたと思います。奥さんも今回の件は気丈な雰囲気を醸し出していますが、明らかに動揺しているようです。「私がフルで働こうか」という台詞も出ますが、そんなにパパは再就職先に不安はないので暢気です。

しかし、それとは裏腹に世界は不況へと向かっています。非正規雇用の派遣社員の派遣切りさえ行われてるうえで失業率も増えている経済状況です(と、まあ、こういう時事ネタや他ネタを書く日というのは記憶にも記録も無い日ということなんですが(笑))

日本以外のあらゆる国では貧困層に向けた貧困向けのマーケットというのがあります。つまり、生きるために必要な安価な食料(不衛生且つ危険ではありますが)のマーケットがあります。それはアジアの発展途上国諸国もそうですし、米国も同じです。しかし、日本では、まだそれが形成されていません。100円ショップなどは古くは明治時代から日本にも米国にも存在した販売形式であり、貧困層向けではありません。しかし、100円ショップに並ぶ人達、家族の群れを見ると畏怖感に襲われます。

パパが貧困を恐れるのはパパの育った家が貧しかったからです。パパは生活レベルを落とすことになんの躊躇も恐れも無いですが、娘さんと奥さんとの生活レベルを落とすわけには絶対にいきません。

パパ自身は貧困など怖くありません。個人の世界では。しかし、独身ではないのです。ましてや、子供も居ます。まるでパニック映画でいかに家族を救えばいいのか瞑想している気分です。

いま、「格差」の発生による元凶の追求さえもされないまま、日本は格差社会の二極化に向かっています。いったい、どうなってしまうのか?それが日本に合うのか?見えない世界に怖さを感じます。

人気ブログランキングへ

2008年12月23日(火)



 PACKAGE

かなり前から社長がこの飛び石連休を四連休にするとは聞いていたので社長が休むことは分かっていましたが、まわりの人間は金曜日にあんなことがあって休むなんて、と憎悪に満ち満ちたコメントをしています。

午前中に今回のリストラに対する説明を人事に聞きました。普通の日本の法規では整理解雇でも月収の三ヶ月保証が義務づけられていますが、外資の場合、パッケージと呼ばれる退職金以外に支払われる金額があり、それは月収の七ヶ月分という悪い話ではない金額でした。しかも、有給休暇の残日数の買上げ、再就職支援会社への無償斡旋。それと、夏のボーナスの月割算の支払い金額など、良い待遇のものでした。会社都合での退職金額を合わせると結構な額で、このまま他の会社へ収入維持のままスライドすれば住宅ローンの繰上げ返済も可能ですし、保留状態になっていた旅行へも行けます。

今の不景気で何の保証もなくクビを切られ路頭に迷う派遣社員や他の会社の社員に比べたらかなり良い待遇と思いました。しかし、外資系の会社はこの「パッケージ」という退職金以外の退職一時金というのが主流のようです。

海外の会社の賃金にはドイツを除いて特に退職金という制度がありません。そのため、日本の月収に比べて割増な賃金、つまり日本でいう退職金共済積み立てに値する数字を既に給料に入れてあるのです。割高なサラリーをもらっているわけです。

で、このパッケージ目当てで外資系の会社を渡り歩いている人もいます。例えば外資系の経理部長クラスなら年棒一千万円。月割りで80万弱。例えば今回のように退職金とは別にパッケージ七ヶ月となると560万円もの大金を手に入れることが出来るのです。

今回は皮肉にも割高な給料をもらっているマネージャーはリストラ対象になりませんでした。今回の件で辞める場合は自己都合です。退職金、パッケージは無いそうです。マネージャー達はそれに憤慨しています。

これは米系ではかなりルール化されたやり方で、スタッフレベルには割高な退職金で訴訟などを回避し、マネージャークラスは生き地獄にして自己都合退職を狙う。なんか日本以上に陰険かなーとも思いました。うちの社長も知らなかった世界です(海外赴任が長かったとはいえ、日系企業だからか)

ま、パパはあっさりサインしましたが。退職金がこれほどまで出るとは思いませんでしたので。今回の経緯にはマネージャークラスの人間が賃金カットに応じなかったことが原因であることも付記す。

昔の同僚から忘年会のお誘いのメールが。彼も忙しいみたい。

人気ブログランキングへ

2008年12月22日(月)



 死せる言葉が蘇るとき

個人的にパパは十月に退職願いを出して、ぶっちゃけ、待遇を上げるから、というわけで説得され、保留にしたわけですが、引き止められてリストラっつうのは個人的にはシャクですね(笑)

昨日、遠出をしたというのに買い物です。タフな家族です。けど、気分的に会社を辞めることが出来るため、気分的には楽です。が、うちの奥さんは再就職先を心配しています。あまり、心配をかけないようにしないといけません。

さて、パパは元SEですが、以前汎用機ワイヤーフレームの世界で仕事をしていました。主要言語はCOBOL、RPGなどなどです。これらは死せる言語となっており、今では何処のITの教育機関でも正規の教育をしていない古い言語です。さて、昨今「2007年問題」というのがIT業界でありまして、これらの言語の使い手が定年退職し、深刻な人手不足を08年初頭には業界の友人より聞いており、誘われておりました。ITバブルでやる人間が増えてしまい業界全体で各個人に渡る賃金ががくんと減り、「IT土方」などという言葉が生まれるなか、唯一、賃金高が維持されている言語でしょう。

まさか、一度捨てたスキルに高値がつくとは思いませんでしたが、現在の収入の維持をするためにはこの業界に戻るしか選択肢はありません。ブランクがありますが、再就職先に関しての不安は全くと言っていいほどありません。

夜中、社長から先日の件の電話がきて色々と話しましたが、かなり精神的にキているようなので「明日はゆっくり休んでください」と言いました。仕事より命のほうが大事です。恐らく他の社員からも電話攻勢があったみたいですし。

人気ブログランキングへ

2008年12月21日(日)



 法事

そんな日明けに以前から予定していた法事で家族三人、故郷へ。雪が降っているという前情報を聞いたので娘さんは「雪はー」と楽しみにしていましたが、現地は快晴で暑いくらいでした。

墓場に集合しました。弟の子供は風邪ひき中でうつすと悪いというので弟一人で来ました。淡々と法事を済ませて会食へ。

やはり会食の話題はリストラの話になってしまいました。うちの奥さんは気を利かせて外の駐車場へ娘さんを連れ出します。弟も母親も心配するか、と思いきや、十月に退職願を出してたら割増の退職金が出なかったことを言うと逆に「良かったじゃないかあ」と喜んでいました。さすが金の亡者。あぶく銭で笑みを浮かべちゃいけませんが、ここは法事なのであまり事を荒立てないようにしました。金さえあればポジティブな性格もこれまたいいといえばいいのですが。

早々に会食を終えて実家に寄って色々と話をしました。そこで驚愕の事実を。身内のことなんで詳しくは書けませんが実弟の嫁さんに不倫疑惑が。うちの奥さんがいるっつーのに、母はべらべらと今までの成り行きや事件を話し始めて、うちの奥さんも困惑しておりました。

それまた早々に岐路につくためにお土産を買い入れ、新幹線で帰りました。疲れました。実家はド田舎なので不便である意味、北海道の札幌よりも上海よりも韓国よりも遠いのだ(時間的に)

疲れた。

人気ブログランキングへ


2008年12月20日(土)



 パパ、リストラされる

何年後かして娘さんがこれを読むことを(興味を持たず読まないかも知れないが)敢えて書こう。

弊社で大規模なリストラが決定しました。正社員を四分の一(??)に減らすという、これまた馬鹿げた企画であり経営続行不可能というのを直面しなければいけない状態です。で、パパはリストラ対象になっております(涙)ここまでサブプライムローンの余波が来るとは思いもよりませんでした。

深刻な話ですが正直言えば10月の時点で退社願いを提出して突っ返されてた経緯もあり、ようやく来年から役職、昇給を口頭ですが同意を得た状態で本国のHQの判断でタイミングが異常に悪いというか、一ヶ月遅かったです。とはいえ、残ったら残ったで生き地獄は目に見えています。

実は先日から米国のHQの人事と親会社の社長が来日していて、社長から昨晩、個人的にこの話は聞いていましたのでさほどのショックはありません。今朝も営業部のマネージャーが某営業に「次の就職先を探せ」と無責任なことを言っていてネットで就職先を探している営業の姿を見ても何とも思いませんでした。

パパは精神的にはいい方向へ進んだので良かったと思っています。けれど、家族、特にママは自己都合ならともかくリストラという体裁のため、ママを傷つけてしまったので申し訳なく思います。けれど、会社都合の退職金、プレミアムボーナス(三か月分でなく七ヶ月分出るとのこと)が増えるわけですから、結果的には良かったのかも知れません。

午前にその通達があって午後に別倉庫の棚卸しがあったので新任の同僚の子と行ったのですが、もう明らかにやる気ない状態でやりましたので数は適当です。

ママはその先の就職先の心配が大きいと思います。家族に不安を与えないように働いていかないといけませんね。もちろん娘さんをも守っていかなければいけません。

某センターの同僚の子は九州棚卸しの出張中でありながら泣きのメール。そんなに職無いってわけじゃないだろ、選ばなきゃ。

しかも、毎年恒例のボーナスあみだくじも辞退しました(笑)

さ、次の戦場(就職先)だ。

人気ブログランキングへ


2008年12月19日(金)



 バリウムこわい

さて、朝からチャリチャリと娘さんと保育園に向かい、砂埃ロードを避けて到着していそいそと支度をして会社へ向かいました。いつもより三十分早く来て、社長と話し合い、健康診断へ向かいました。なんか最近、外出ばかりで仕事していないなーという感じ。

今まで人間ドック通ってたんですが、会社で受けるベーシックな健康診断とあんまりやること変わってないなあ、と思い、今回はノーマルな健康診断へ。バリウムが怖くて怖くてさー。子供の頃、通っていた駄菓子屋のオヤジがバリウムが胃腸の中で固まって死んだことがありました。それを子供の頃から聞いていたのでバリウムは怖いぞーとトラウマに。生まれて初めて飲むバリウムんときも後で渡される下剤を慎重に飲み、トイレで確実に全て出るまで通うほど、怯える存在がバリウムである。ほんと怖いわ。

ちなみにボーナスは低かったです。全く。最悪な会社だ。うちの奥さんもガックリです。

人気ブログランキングへ


2008年12月18日(木)



 究めて

本来は富士に行かなければいけない予定でしたが、なんとか上手く逃げました。

ところで、最近、中小企業診断士の勉強とかやってる傍ら、個人の賃金収入というものに興味があり、色々と調べている。今回は生涯賃金。男は3億〜2億円だって・・・パパは二十代の頃、稼がなかったから(笑)ぎっりぎっりかなあ。けど、これからかなあ。まあ、追いつけないだろうなあ。けど、副業とかで3億ケプトした人生は全うしたいなあ。けど、3億ってのも大金だよね。まあ、パパは転職中途があったんでハンデがあるしな(笑)

他人に「究めて」という言葉を贈った。色々な意味で究めていってほしい。俺自身も人生を究めたいと思うし。娘さんも究めた人生を歩んでいって欲しい。

人気ブログランキングへ


2008年12月17日(水)



 奥さん呑み会遅い

また、クソみたいな仕事です。次は役割分担だとさ。欧米かよ、みたいな。で、夕刻、別倉庫に下見に行く。最近、外出が多いので、アシストの子たちも不満気味です。申し訳ない感じ。

奥さんは会社で飲み会なのでパパは早めに帰って義母さんにバトンタッチして寝かしつけました。奥さんが店を出たのは十時過ぎ。義母さんとも前に話しましたが「リフレッシュ、リフレッシュと言いながら全然リフレッシュになってない。ただ遊んでるだけ」との同意見。あーあー。

そんでも不倫しているママ友は「Dadさんのパパはママを束縛している」などと言っているらしい。あんたに言われたくないよ、うちの奥さんを悪の道に引きずり込むなと言いたい。けど、奥さんもそういう話とかしてたんだろうなあ、と思うと不思議な感じ。そんな感じ(笑)

人気ブログランキングへ


2008年12月16日(火)



 棚卸し

さて、今日は別倉庫の棚卸し。ゆったりした時間で娘さんと登園です。棚卸しの際は私服なんで保母さんチェックが入りますが、棚卸しということで。早く来すぎたのでマックで珈琲を。しかし、経理部の親方が改札に。無視(爆笑)マックへ珈琲を。

そろそろと駅に行くと皆が集まっているので倉庫へ。さあ、肉体労働です。監査人の中国人のコントローラーも来ています。以前、寒い時期に「寒くないのか?」と聞かれ、俺はとても寒い地方で生まれたから寒くないよ、と前情報を入れていたのですが、今回もパパの薄着を見て「Seriously!」と驚いていました。

しかし、部品の詳細が分からない社員総出の棚卸しほど最悪なものはありません。数を数えるのも慣れてないし、ほとんどが女性。埃まみれと油まみれで派遣の方なんか「契約に入ってない」と断ってもいいほどなのに、みんな優しいのか真面目なのか、やるんだよねえ。

で、帰りは皆で食事もせずにバイバイというスケジュールに。俺は最後に帰ったけど。けど、疲れるね、肉体労働は。頭脳労働は精神を来たすけど肉体労働は毎日やってないと、きついわ。

時間的に保育園に迎えにいく時間に間に合ったのですが娘さんを汚い格好で抱っこしたくないので故意に帰宅時間をずらしました。

人気ブログランキングへ

2008年12月15日(月)



 マイペース娘さん

昨日はさんざんぱら出かけたので娘さんと家の中でゆっくり引き篭もりです。一緒に遊びました。けっこう、一人遊びをしたり、一緒に遊んで、とせがんだりと、相変わらずのマイペースです。パパの遺伝子を引き継いだのかな。保育園内でも一人で本を読んだりする傍ら、皆の遊びのリーダー的存在という、なんだか不思議な中心人物の位置にいるようです。

けどね、マイペースが一番いいんだよ。

追われたり、急かされたり、流されたりするよりは自分の足で自分のペースで歩くのが最も良い人生の歩み方である。時にはマイペース過ぎてコミュニティから遠ざかったり、寂しい思いをするかも知れないが、パパの遺伝子が入っていれば何もしなくとも他人は慈愛を持って近づいてきます(なんて高飛車な)だから、心配しないで、マイペースでね。

人気ブログランキングへ


2008年12月14日(日)



 三歳児に地球儀

十月の退職願いを出して騒いだ際に上司と取引条件として賃金を上げるという口約束をもらいました。口頭ですので様子見の予定なんですが、なんでもボーナスにも影響させたとかなんとかと言われて(後日、これが嘘ということがわかり、かなり、社長への信頼度を無くす結果になるわけなのだが)けっこう冬のボーナスは出るんじゃなかろうか?ということで奥さんへ高価なクリスマスプレゼントを買うのを促がしました。ついでに娘さんへのプレゼントも買うわけです。

とりあえず、そごうに行き、奥さんのショッピングになりますが、私も娘さんもこのお店のお買い物というのが嫌いなので、外へ行きました。すると、遠くにサンタさんの列車が走っているのを発見して、娘さんにそれを伝えてしまったら「乗る!」ということで二人で行きました。なにかここで買い物をしないと乗れないルールなのかな?と思いましたが、そうでもなく一人一日一回のサービスだそうです。パパは乗るのが恥ずかしかったんですが、娘さんが一緒に乗るの、と懇願するので会社の人に遭わなけりゃいいなあ、と思いながら、その列車に乗りました。娘さんはニコニコです。列車が一周して到着の頃にメールで呼び出した奥さんと合流し、車内にいる我々の写真を撮ってもらいました。

しょうがないので、ココでメシを食おうということになり、ランチを食べました。店員が新入社員らしく頼んだメニューを間違えてしまい、結果的に「サービスです」ともう一品料理を頂きまして、素晴らしい食事を楽しみました。

予算はなんぼでもええよ、と言ったのに、奥さんが選んだのはグッチの指輪でした。もっと高くてもいいのに、と思ったのですが、ママはママ的にボーナスの件は不安だったようです。パパ的には「育児と家事のほとんどをやってもらって仕事までして、ご苦労様でした」という気持ちの意味だったんですが、慎重路線で行ったようです。残りはバレンタインで、ということに。

問題は娘さんのプレゼントですが、娘さんはパパに似て、これといった物欲はなく(玩具より本というのも似てますし)かなり悩みました。喫茶店でも悩みました。奥さんは「給与がどんくらい上がるのか?」と質問攻めでしたが、実際はどうなるか分からないのでこれという答えは言いませんでした。

帰りに家のある駅の近くのモールの玩具屋さんに行くと娘さんがこれがいい!と地球儀を回し始めました。とても地球儀が気に入ったようです。意外とシンプルな地球儀もそれなりに高いのですが、ココは教育のためにペンで地図を指すと詳細情報を喋る「パーフェクト・グローブ」という地球儀を選びました。三歳児には合わないようなプレゼントですが、男友達が多いせいか、車とかを欲しがっていたので女の子路線に軌道修正が必要と思われていましたから、これはこれでよかったと思います。

人気ブログランキングへ


2008年12月13日(土)



 ママ、幼稚園に怒る

さて、かくもまー営業会議の始まりです。統計的に営業会議の日っていうのは雨嵐が異常に続くのですが、今回は個別に電話で各拠点インタビューという形をとりました。会議室には社長と私でしたが、途中から営業のマネージャーが入りました。事件はそこから始まりました。

途中から某センターが機能していないという話題になり、営業部から誹謗中傷の嵐になりました。そこで某技術部長に管理能力が無いという、弊社お得意の批判攻撃が営業部内全員で行われました。社長もそれと同調してしまい、それに対してどうしたらいいかというプロジェクトまで発足され、私も巻き込まれるようにその一員にされてしまいました。つまり、その技術部長を干すという弊社ではよくまかり通っている大企業特有の水面下工作です。

結局、それを改善するためにはどうしたらいいかなどという会合は行われず、SMから某Mに、その話題がいき、後々にそれがとんでもないことになるのです。某MはHQとのパイプが強く、後にその某センターは必要が無いというとんでもない命令に至る原因になった会議でした。

とにかく、帰りが十二時近くになってしまうくらいの課題の多い営業会議になりました。

ところで、奥さんが来年四月から入る私立の幼稚園の横暴さと段取りの悪い日程に怒っています。しかし、ここで怒ってはいけないのです。私立の幼稚園は親をも見るのです。ステージが違うのです。下手に怒ったら娘さんへの評価にも影響するとなだめました。それでも怒りは収まらないようでしたが・・・・

人気ブログランキングへ


2008年12月12日(金)



 育児は神経質に。

娘さんが引っかいたのか目の周りが赤くなって心配です。目は大事なので大心配ですが奥さんはあまり危機感がありません。子供の成長は神経質なほど慎重に見届けなければいけないというのに。

愚痴になりますがただでさえ、HQの移管生産の承認が二ヶ月遅れ、私の元上司(部内の皆からは慕われてるが)が個人的な決断で二ヶ月間凍結をしてしまい、生産が遅れまくっているので不安の種が増えました(涙)俺には責任無いんだけどね。

午後からITの外注の人が来て溜まりに溜まった下ネタバッテリーを放出する。同年代の同僚が居ないというのは本当に辛い。ところで、技術の上司が口うるさくなってきた。部の子も「なんで?」というような感じ。確かにうざい。

どれ、明日は営業会議で精神的にきつい。やだなあ。

人気ブログランキングへ


2008年12月11日(木)



 水曜日恒例の通院

普通どおり登園したあと、出勤後、九時からテレコン。三時から銀行とミーティング。財務諸表を提出したら一気に断られそうな感じなので不安です。

水曜日恒例の通院です。薬が無くなったので貰いに行きました。気さくな院長さんに仕事の旨を話したところ、「何でも気楽に考えなさい」と内科なのにアドバイスまでしてくれました。場所柄か、本当にサラリーマンの悲哀を分かってくれているシンプルな助言だと思いました。

某支店というかサービスセンターの子が来たので色々と話をした。入社当時は子供っぽかったが色気が出てきたな、と褒めた。すると、「見る目あるね」と自信満々の返事。いい子だったんだけど、彼女が入社当時は前の離婚直後だったりして、けっこう飲みとかにも、あちらから誘われたりして。けど、胸無いのよ(涙)奥さんの部屋に泊まったときも「胸無かったわ」と真実も聞いているし。

人気ブログランキングへ

2008年12月10日(水)



 睡眠薬で夢は見ない

帰路、雨が降ったのでチャリを置いておくことに。カップデザートのお土産があるとのこと。

最近、夜に眠れないので(夜中に何回か起きたり、悪夢を見て考え事をして眠れなかったりするので前々から処方されている睡眠薬を飲んだんですが、一錠ではあまり効かず、というか、全く効かず、試しに寝る前に一錠と半分を割って飲んでみました。そしたらパソコンに座ったまま寝てたらしく夜中に奥さんに起こされ布団に行きました。寝る瞬間の記憶さえ無いです。やはり、睡眠薬は睡眠薬なのだな、と実感しました。けど、クスリに頼るのはあまり良くないですね。

しかし、来年、二度目の世界恐慌がくるんじゃないか?ってくらいに不景気さに拍車がかかっている。私が怯えているのは不況による治安の悪化と混沌である。

1929年10月24日に起こった世界恐慌は学校の教科書などでは単純に株価が暴落し、資本家が打撃を被り、物価が暴落したため農民さえも農作物を捨て、家畜も殺されたというくらいにしか描いていないが、詳しく調べてみると実際はかなり酷い。1930年には最悪の事態になり米国のほとんどの銀行の業務が停止した。つまり、貯金も下ろせなくなり、一気に人々の生活はパニックに陥った。1933年には米国の工業生産率は30%に縮小した。3割落ちたというのではなく30%まで減少したのだ。失業率は25%。四人に一人が失業者である。多くの人々が餓死した。ここに資本主義の二律背反の矛盾が見えてくる。食料を求める国民の需要と過剰な物価の急落を抑えるために故意に国の政策により、廃棄と殺戮された農作物と畜産。確かに貧しい人々に循環配布してしまえば市場での需要のバランスが崩れてしまう。低賃金にあえぐ国民を抱え、生産された物が十分に消費されず、生産過剰になるという矛盾を資本主義は常に抱えている。この図式は現代の日本によく似ているのではないだろうか?既にこの頃から二極化された格差社会を有した米国での大混乱は想像するだけで恐ろしくなる。意外にもこの頃の恐慌時代を描いた映画が少ない。「カインとアベル」「シンデレラ・マン」と「キング。コング」の前半くらいだろうか。確かに富める者は今まで有していた財産がゼロになる恐怖。貧しい者は収入がなく一日一日の生活費に苦しむ恐怖。

娘さんにそんなものを絶対に味あわせたくない悲しみと恐怖である。

人気ブログランキングへ

2008年12月09日(火)



 眠いんだもの

娘さんとパパは朝が弱いです。二人して、うだうだと布団で寝ているのをママは怒ります。こんなとき、このまま永遠に娘さんと眠り続けたいなと思います(娘さんは時間になれば起きることは起きるのですが)

そんなパパでもアシストの子へのモーニングコールは欠かさずしている。娘さんともお話している。彼女は「きりん組」だそうだ(笑)

出勤して二時から業者と新システムの打ち合わせ。いろいろ諸問題があるけど、GOサインということで俺は後から問題になっても知らんというスタンスで。

ちなみに今回のボーナスは15日。遅れて出すのはなんの理由があるのか。それはそれで俺がこの会社に残るか否かの道標にもなる。っつか、アシストの子と同様、会社辞めたいよ、マジで。

人気ブログランキングへ

2008年12月08日(月)



 娘さんとお留守番で遊びまくる

疲労困憊なのでかなり寝てました。年齢ですかね。立ちっぱなし、走りっぱなし、歩きっぱなしの仕事はもう、出来ないようです。実父が生涯現役で肉体労働者をした遺伝子は伝達されてなかったようです。

娘さんとパパがお留守番でママはお買い物と、20日に法事で里帰りをするための切符の手配のメールが奥さんからがんがんきました。娘さんを節約で膝の上という話も出ましたが、もう三歳半なので大きいので膝の上はきついだろうということになり、また、寝るだろうし、と三席を確保することにしました。移動だけでも疲れるので、せめて疲労を軽減することにしました。

娘さんが寝たのは十時過ぎてからでした。明日の朝は遅起きになると思われます。

人気ブログランキングへ

2008年12月07日(日)



 Physical inventry

土曜日だっちゅうのに、今日は遠くに棚卸しですので義母さんに車を借りて出発です。少し寝坊したので遅れるかな、と不安でしたが一時間で行くことが出来て、もう少し眠ればよかったな、という感じでした。

寒いなか、粉塵が舞うなか、汚れにまみれながら棚卸しという作業でした。12月末に退社する同僚も有給休暇消化中でしたが、参加してくれました。懐かしいです。例のゾンビ映画好き同僚です。乳飲み子が生まれたばかりだというのに、まだ次の就職先は決めてないようです。大丈夫かな?奥さんがうちの奥さんのように気の強い方のようで、かなり怒ってる御様子。けど、退職金が予想以上に出るので当分は・・・なんて甘いことを言うので「あぶく銭だー」とは言いました。

しかし、経理部が主体になって社員全員参加の棚卸しになったため、カウントミスやら何やらが多く、最終的に終わったのは定時後でした。

恒例の夕食焼肉にも行きましたが性病に感染している上司が同行のため(中国出張中、ほぼ毎日、買っていたらしい絶倫上司(齢60過ぎ))皆の食が進みません。私も彼に触れたあとはすぐに洗面所で手を洗いました。帰ってきて娘さんに感染させたら洒落になりませんので。

酒を呑まない上司なので早めに上がって実家に向かいました。ナビの見方と道を間違えたりしながら、なんとか車を返しました。非常に疲れました。真っ黒になった服を袋詰めにして洗濯機に置いて私も風呂に入りまくって眠りました。

おやすみなさい

人気ブログランキングへ

2008年12月06日(土)



 肉体労働前夜

一時半より富士で会議なので、移動に時間がかかってしまい、その後、会社に帰ってきてお仕事続行です。移動だけでも疲れるんだよねえ。

明日の肉体労働の棚卸しを前にしているので早めに帰りました。月曜日から帰りが遅い。疲労を和らげないと。

12月末で辞める同僚♂も翌日の棚卸しの手伝いに来るとのこと。なんでも経理部の親方から「有給消化とはいえ、社員である以上、責任を持ちなさい」と嫌味っぽく言われたらしい。ひでえなあ、この親方は。散々休んでるくせして、上から目線の物言いでちょっと腹立った。まあ、ホストのように優しく応対してるけどさ、俺は(笑)


人気ブログランキングへ

2008年12月05日(金)



 真夜中の庭

いつもどおり登園をして疲労のなか、先生と娘さんに作り笑いをして、疲労の溜まったまま、出勤です。

最近、部内でお気に入りの店があるのでランチをする予定でした。このメンツが集まると時間がいくらあっても足りず10分か20分はオーバーしてしまうので注意が必要です。以前にも締めの夜にちょっと夕食と思いきや四時間近く居てしまい、締めが大幅に遅れた経験があるので要注意です。

だが、しかし!本部長との会議室カンヅメにより、店に行けず!夕刻、謝罪のメール皆に。何故か「ごJAL」の文字に受けてた。

さて、棚卸しで不在になる土曜日にママ友二家族が来るというのでガーデニングの整備を始めるが、夏と違って、どうも彩りが足りない。なので、夜のスーパーでシクラメンなどの花を二鉢、六百円で購入し、夜中の十時過ぎからガーデニングの改造をはじめた。おどろおどろしい色を帯びた葉になってきてペティ(灰色かび病にかかったらしい)を切り取り、そこに四つに株分けしたデラシナ・コンシンナを植樹。マリーゴールドをプランターに移し、空いたミッキーの植木鉢に買ってきた花を入れました。ふー。これで見栄えは良いでしょう。寒い季節ですが色彩があったほうがよい。また奥さんがクリスマスシーズンなのでバルコニーに飾ってと、サンタの串みたいなやつを買ったらしく、それらをアクセとして飾り立てました。

人気ブログランキングへ

2008年12月04日(木)



 生理

まあ、後々、娘さんが読んだら驚く言葉かも知れないが、パパは今まで女性と同僚として働くことが多かったので、この生理というのは非常に重要な要素になっている。決して聞いてはいけないが一緒に仕事をしていく上で同僚の生理日を知っておかないと機嫌の山谷に巻き込まれるため、結構、まわりに気を遣っている。

アシストの子も生理らしいので午前休をとった。パパは男だから女の子の生理のひどさは実感することは出来ないが、今までの人生で様々な女性の生理痛の辛さを聞いているのでインプリンティングされてしまっている。

これを他人に話すと「何もそこまで」と男女問わず驚くが、それを知っているか知らないかで仕事の円滑さにも影響していく。私は仕事を円滑に良好にするためにはこれらのエッセンスにも常々、配慮する主義である。

しかし、仕事が疲れた。疲労困憊で顔が青白いと、その子にも言われた。限界だな、俺。

ちなみにパパにも生理がある。後々、娘さんが読んだときのために謎として詳らかにはしないが、ちゃんとある。そういうときは会社の部内で「●●●ちゃん、逃げて!」とか、対応して遊んでくれるし、「先週、Dadは生理だったから今週は危険日」とかギャグにもしてくれる。

とても楽しく愛らしい仕事環境だが、期間限定なんだよなあ、と時々思うと、ひどく寂しくなる。

人気ブログランキングへ

2008年12月03日(水)



 習慣的な姿勢と基礎的な方法

「成果をあげる人とあげない人の差は才能ではない。いくつかの習慣的な姿勢と、基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である。しかし、組織というものが最近の発明であるために、人はまだこれらのことに優れるに至っていない。」とはP・F・ドラッカーの「プロフェッショナルの条件」の名言である。

これは私の上司に「シンプルにクリアーに」という言葉と通じるものが、この習慣的な姿勢と基礎的な方法というのが、そうたやすくないことは誰でも生きる上で経験していくうちに判っていくだろう。

ドラッカーの「イノベーションと企業家精神」の中でも「複雑なものはうまくいかない。」と強調しているように、まるでオッカムの剃刀そのままの理論であるが、それがそれで難しい。

パパが常々思っていることに近い言葉を既にドラッカーはわかりやすく説明している。

「成長のための偉大な能力を持つ者は全て自分自身に焦点を合わせている。ある意味では自己中心的であって、世の中のすべてのことを成長の糧としている」(プロフェッショナルの条件)

座右の銘に近い言葉として常々思っている「異常な物語の作り手には破格の手法が許される」という意味は人生は自分自身を主人公とした物語である。自分自身で綴ってゆく物語をバッドエンドにするつもりはない。少なくとも私はそれを毎日一瞬一瞬、心がけて生きている。それは娘さんの幸せにも繋がってゆくことなのだから。

これまた私の上司だが、この前、酔っ払いながら自分達の娘が選ぶ伴侶について話したときに「子供に財産を残すつもりはない。大人になるまでの教育をしっかりとし、幸せになるために道標を残していけばよい」と言ったことにかなり合意した。たぶん、パパも住宅ローン抱えてるし、娘さんの莫大な財産(現金として)を残すことはできないだろうが、何を教えて、何を子供に残し託していくのかが個人の物語を堅固にする最も簡単な方法といえよう。

脚注:(wikiから転用)
ピーター・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、1909年11月19日-2005年11月11日)はオーストリア生まれの経営学者・社会学者。なお、著書『すでに起こった未来』(原題"The Ecological Vision")では、みずからを、生物環境を研究する自然生態学者とは異なり、人間によってつくられた人間環境に関心を持つ「社会生態学者」と規定している。ベニントン大学、ニューヨーク大学教授を経て、2003年まで、カリフォルニア州クレアモント大学院教授を歴任。「現代経営学」、あるいは「マネジメント」(management)の発明者と呼ばれる。

人気ブログランキングへ

2008年12月02日(火)



 おともだちのこと

監査云々もあって休みもなく多忙続きなので午前休をとりました。しかし、会社からのメール、電話ががんがんとかかってきて休むに休めません。本当に嫌になります。少数精鋭のデメリットですね。そういう会社で働いてしまったという点ではしょうがないと言えばしょうがないのですが。

娘さんは保育園で男友達が多いほうですが、だんだんと女の子のお友達も出来て女の子の遊びもするようになりました。

友達という存在を考えるときに、ふと自分の実父を思い出します。どうしようもない父親でしたが、幼い子供への(自分の幼少の頃)愛情は深かったように思えます。小学生低学年の頃に私は「学校の時間内に遊ぶAくんは学校の友達。帰るときに遊ぶ友達Bくんは帰るときの友達」とかなんとかと言ったら「友達を区別するな!」と怒られたことがあります。実父の数少ない自分の心に残ったというか、刻まれた言葉でもあります。確かに友人を区別するということはいけないことです。実父はどうしようもない人でしたが、時々、良い言葉を私に伝えてくれました。ちなみに今でも守っている言葉の中には「調理パンの卵は食べるな」「パック寿司の卵は食べるな」(恐らく卵で腹壊したことがあるのではないかな?)「焼き芋は食べるな」(焼き芋屋は不潔だかららしい)などなど食べることばかりでしたが、そのせいか、確かに食やキッチンは異常に潔癖症に育ちましたね。部屋は汚いけど(笑)

人気ブログランキングへ

2008年12月01日(月)
初日 最新 目次 MAIL


My追加

爽快ドラッグ

クリスタルガイザー(500mL*48本入)

クリスタルガイザー(500mL*48本入)

1,298円1,248円

(2011/09/13 02:08 時点の価格)

クリスタルガイザー(Crystal Geyser)の一覧はこちら

DMM.com DVD通販