ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。




























Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2013年08月10日(土) 末次製作所 フロントフロアブレース(特注レーザー文字入れ)

フロントのフロアを補強するパーツ、フロアブレースを製作してもらい、装着してみました。









他のシャシ補強パーツは下記を参照下さい。

2013年04月12日(金) 強化フロアアンダーバー

2013年08月02日(金) 末次製作所 強化リヤメンバーブレース














これが製作してもらったフロアブレースです。

アンダーカバー装着の兼ね合いで、ステー部(2箇所)は共締め。
アンダーカバーステー側の逃げとしてボルト穴中心から30mmは折無し。














装着前はこんな感じ。


















アンダーカバー(及びアンダーカバー固定用ステー)を外したところ。

中央を横切るのはATマウントステー(アルミ製)になります。












さて、ここで同じNプラットフォームを使用する現行S21系クラウン(リボーンクラウン)の同じ場所を見てみましょう。






これがS21系クラウンの同じ箇所。


奥に見えるアルミのATマウントステーの手前にある黒いもの、これが19GSには無い装備で、メーカーが追加装備したアンダーカバー固定用ステーを兼ねる補強板になります。

板厚はやや薄いですが、折り曲げ加工されて強度もそこそこありそうに見えますね。














さて、これはマイGS。

もともと何も無いここに製作したフロアブレースを装着しました。

もともと穴は開いていて、その穴はゴムキャップでメクラされています。

そのゴムキャップを外してボルトオンで装着可能です。













横から。

レーザーで文字入れしたHIROSの文字も、カバー付けると見えなくなるので、これで見納め(^^)














アンダーカバーを装着し、出来上がり。















手前のバーが以前装着したフロアアンダーバー (純正と差し替え)、奥が今回装着したフロントフロアブレース(新規装着)。















赤い矢印が補強パーツを装着した箇所になります。

 ΑΑΧ化リヤメンバーブレース (純正に追加・共締め)

◆ΑΑΕ侫蹈▲▲鵐澄璽弌 (純正と差し替え)

・・・フロントフロアブレース(新規装着)



ほんのちょっとしたパーツですが、装着後の乗り味・フィーリングの変化は体感レベルで変わりました。


走行速度における、シャシと足回りの関係(勝ち・負け)は、低速〜中速がシャシ勝ち気味、中速〜高速〜超高速は足回り勝ち気味なのが
一般的です。


足回りの突き上げ(ボディに対する入力)が強く(速く)なる中速〜高速域は、シャシがその速く強い足回りからの突き上げを受け止めることができず、シャシが負けて、グニャとした足回りのフォーリングになります。


それが良い悪いではなく、主に走行する速度域、主要購買層、求められている性能、車の性格、メーカーの思惑・・・などなどから、そのようなセッティングになっているんですね。


そういう意味でいうと、高速走行が主なレーシングカーはシャシが(補強だらけで)足以上にガッチガチに固められています。


普通に走るなら、どこも触らず、そのまま(ノーマル)で良いんでしょうが、マイGSはローダウンサスで若干バネレートが上がっています。

っということで、足の突き上げも純正サスよりも強くなってると予想できるので、それを補正する意味で、シャシ及びメンバ補強パーツを装着した訳です。


ほんの僅かな補強パーツの追加ですが、そのグニャ感が軽減され、シャシのネジレ感が軽減され、ビシッと安定した路面に吸い付くような走りになったと感じました(^^)


高速走行・ワインディングでの変化は明らかですよ(^^)
ビシッと路面に吸い付いて、サッと車線変更でき、スッと安定姿勢に戻ります。


 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加