ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。






YOU TUBE始めました!










Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2013年08月09日(金) エーモン 静音計画 ロードノイズ低減プレート


エーモンさんのロードノイズ低減プレートを前後サスペンションの頭のボルト(各3枚、前後左右で合計12枚)と運転席、助手席(各4枚、合計8枚)に取り付けてみました。






エーモンさんの比較データ。









エーモンさんの走行データ。


















こんな感じの見た目。

まぁ、要はワッシャですね。

このあたりのパーツって、振動を嫌う高級車に元々装着されていたようですね。

GSにはサスペンションの頭にスプリングサポートリインホースメントが付いています。

あれはワッシャじゃないけど、リング状板で大きなワッシャのようなものですね。
下からの突き上げ入力を吸収・分散させ、シャシへの伝わりを軽減させてくれる、言ってみればレクサス純正のロードノイズ低減プレートです。















フロントサスペンションに左右合計で6枚使います。

ロードノイズ低減プレートの下のリング板状の黒い部品、あれがレクサス純正のロードノイズ低減プレートと言えるフロントスプリングサポートリインホースメントです。

この黒い部品、ただの板ではなく、ちゃんと意味のある、良い仕事をしてくれる重要な快適性能向上パーツなんですよ。

サス剛性を高め、突き上げ入力を分散・均等にし、走りのザラツキ感を取り除き、滑らかで上質な走りを得るための重要なパーツです。
















リヤサスペンションもフロント同様、左右合計で6枚使います。












運転席、助手席で合計8枚使います。

シートのボルトに付けた方が効果を体感しやすいかも。
体に伝わるNVHが抑えられているのが(かすかに)分かりますね。

上手くいえないけど、バスタオル1枚敷いたような感じかな。

ごく僅かな変化・効果ですが、この「僅か」の積み重ねが、静かで滑らかな走りにとって大切な進化だと思います。

ちなみにボルトの向こうに見える白い物は追加で入れた遮音材です(^^)







さて、装着後ですが、変わりますね〜(^^)

ロードノイズ低減プレートって言うけど、私的に思うのは、そうじゃなくて、路面からの微小な振動を吸収して(イメージ的には、やや遠くから感じるような感じ)、結果的に静かになったように感じる、でしょうか。

上手く説明できないけど、明らかに走行時の微小な振動が軽減されて、滑らかに、ス〜ッと走るようになりました(^^)
たぶん、これはシートに付けた方の効果が大きいんだと思います。

サスペンションに付けた方ですが、ここも印象良くて、走行時の路面からの微振動が.織ぅ笄▲汽好撻鵐轡腑鵞シャシ→ぅ掘璽箱ヂ里氾舛錣訝罎如↓◆銑の箇所で吸収してくれて、走りの雰囲気がバスタオル1枚敷いたような印象になりました(^^)

同時に20枚取り付けたので、どっちがどうで、ってのは分からないけど、私の印象としては、シートの方が体感レベルで分かりやすいかな、と思いました。


それまでも静かで滑らかな走りでしたが、より一層滑らかさが増した走りになって嬉しい限りです(^^)

フロアアンダーバー、リヤメンバブレースを付けて、軽くですがボディ補強していることで振動発生が抑えられ相乗効果が出たのかもしれませんね。



 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加