ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。




























Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2011年06月11日(土) 低燃費車がぞくぞくと!

プリウスに続け〜!というか、時代の流れに追いつけ〜!とばかりに環境性能、燃費性能を向上させた車が続々とリリースされているこの頃ですね。

ちょっと燃費ランキングを見てみましょう。
(カーセンサー調べ)



















ミニバン部門では、先日リリースされたばかりのプリウスαがずば抜けた燃費性能を見せてくれています。












セダン部門、クーペ部門共にホンダ勢が首位を取っています。

セダン部門の2位には静かで滑らかな走りのSAIがいますね。

ちなみにトヨタのホームページではブレイドやオーリスが2BOXのカテゴリなのに対してプリウスはセダンのカテゴリになっています。
ヤフーさんではプリウスはハッチバック(2BOX)扱いになっています。










オープン部門はスマートmhd(マイクロ・ハイブリッド・ドライブ)が大健闘で1位。
mhdはモーターアシストとかは無く、賢いアイドリングストップ機能で低燃費を実現しています。


クロカン・SUV部門では、RXハイブリッドが1位、ミニクロスオーバーがランクイン。
この2位のミニクロスオーバー、1,6リッターエンジンで車両重量1320kgのボディを6MTで操り、10・15モード燃費で19.2km/Lとは、なかなかやりますね。
でも、6ATは10・15モード燃費13.4km/Lにガタッと落ちてしまうのは、ちょっと残念。
効率の良いCVTの搭載で商品競争力のアップを期待したいですね。










いよいよ来ました。
軽自動車部門、ハッチバック部門です。

プリウス(L)の38.0km/Lは、もうお馴染みというか、世界をアッと言わせた驚愕の値ですね。
でも、実燃費は上記値の60〜70%くらいでしょうか。

今までプリウスで行った★ぶらり旅♪などの燃費結果は下記をご覧下さい。

2008年08月15日(金) ★河口湖にて(^^)・・・20後期プリウス
2009年01月01日(木) ★三浦半島 城ヶ島にて。・・・20後期プリウス
2009年05月09日(土) 軽井沢ぶらり旅での燃費は・・・20後期プリウス
2009年08月13日(木) ★伊香保温泉ぶらり旅にて。・・・30プリウス(以下全て)
2009年09月23日(水) ★宇都宮・餃子ぶらり旅♪
2009年10月25日(日) ★箱根ロープウェイぶらり旅♪
2010年01月15日(金) 熱海〜伊東ぶらり旅での燃費とか。
2010年03月07日(日) ★春の熱海ぶらり旅♪
2010年05月05日(水) ★九州(弾丸)ぶらり旅♪
2010年06月12日(土) ★さくらんぼ狩り
2010年08月15日(日) ★山中湖ぶらり旅♪
2010年08月28日(土) ★富士サファリ
2010年11月06日(土) 紅葉狩り♪
2011年01月02日(日) ★沼津ぶらり旅♪
2011年05月05日(木) ★GWぶらり旅♪






さて、上の軽自動車ランキングで注目なのは、やっぱり27.0km/Lという数値ですよね。
アイドリングストップやエアコン制御など燃費向上のための最新のテクノロジーが注ぎ込まれた、日本が世界に誇る小さなハイテクカーな訳ですね。









それではTNP27で話題になったムーブのエコテクノロジーを見てみましょう。










良く考えられた低燃費技術によって、ハイブリッド車に迫る勢いの値を叩き出しているんですね。

軽自動車は日本が世界に誇るダウンサイジングテクノロジーの代表作だと思いますね。
軽自動車が進化すれば、その上のクラスの車も押し上げられるように進化しますからね。


次期40プリウスは下から押し上げられるように進化するんじゃなくて、自ら首位独走で進化してもらいましょう。
プリウスのライバルはプリウスですから。















そしてガソリンエンジン搭載車、いわゆる普通の車で初めて燃費を大台の30km/Lに乗せてきた車があります。














それは・・・





















マツダ デミオ13−SKYACTIVです。
やりますね〜マツダの次世代できるはず技術のSKYACTIV!

エンジンやCVTの制御で、もちろんハイブリッド無しで、なんと30km/Lという素晴らしい数値を出しているんですね。








しかも、











そのSKYACTIVの最新スペックのデミオがなんと140万円!
こちらも驚愕のプライスですね〜。

装備品も専用のものが奢られ、ハンドルを握るオーナーも納得のスーパーマシンになっています。

ボディ下部の専用空力パーツ、良いですね〜グッときます。
燃費性能を向上させるための専用パーツを装備しているあたり、プリウスのLを彷彿とさせるスーパーマシンに仕上がっていますね。










宣伝文句に「ハイブリッド車並みの〜」とありますね。





これは・・・



















そう、ホンダ フィットハイブリッド(159万円〜)のことですね。
ハイブリッド無しのデミオに30km/Lという数値を出されてしまい燃費で並ばれてしまったわけです。
フィットの燃費性能の改善はマイナーチェンジまで待ってられない土俵際いっぱいの状況ですね。

うかうかしていると、実燃費でSKYACTIVに抜かれる可能性も有るわけですね。(プリウスも)












140万円で登場したデミオ13−SKYACTIV、維持費その他トータルコストで考えると、十分にアリな選択肢ですね。

小回りの効くコンパクトハッチをお探しの方、このデミオ13−SKYACTIVはオススメだと思います。

いずれデミオ13−SKYACTIVマツダスピードバージョンも出たりして。
それも従来のパワーモディファイではなく、これからの時代が求める、さらなる燃費向上を真剣に考えた1歩先を行くエコモディファイだと面白そうですね。




っというわけで、デミオ13−SKYACTIVの登場によって、次期40プリウスに新たな使命が課せられた訳です。

「他を圧倒する燃費性能でハイブリッドカーの新たなステージを築く」ですね。


そうですね〜次期40プリウスのカタログ燃費は控え目に見て50km/L(ハイブリッドの場合)くらいですかね、トヨタさん。
あっ、それは派生コンパクト車だったかな・・・。







 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加