2009年08月21日(金)  契約を 盲目的に 終わらせる


楽天で買ったHAMAXの自転車用チャイルドシートが到着したんだが、ラテ色は失敗だった。最初に狙ってたブラックはどこの店も入荷待ちで、すぐに欲しかったからラテにしたんだけど、どうも生活臭が少々。ま、いいか。

自転車屋に聞いたら、私が買った自転車に取り付けるには、ほかに部品が必要とか言っていて、それが6000円くらいする。楽天の商品レビューを見ると、誰もその部品がいるなんて書いていないので、あとで必要だったら注文すればいいやと思って注文しなかったら、やっぱりいらなかった。危なかったぜ。それにしても、商品レビューって本当に参考になる。

あとは、自転車屋に注文中のスタンドを付けてもらえばOKだ。子供用ヘルメットも楽天に注文したので、それも時期に届くだろう。

---

水曜にマンションの売り契約、木曜に新居の買い契約に行ってきた。相方が出張で留守なので、私が代理で行ったんだけど、うちの父が私の無知さを見かねて付いてきてくれた。契約の内容は本当にサッパリだったので、父が横にいてくれて心強かった。

渡される書類にどんどんサインしてたくさん実印を押すんだが、私の盲目っぷりでは変な書類にハンコ押させられていても気づきまい。横で父が一つ一つ確認してくれたので本当に助かった。

うちのマンションを買ったのは、なんと26歳の女の子だ。親の金で買ったみたいだが。あの完全に家族用のマンションに女ひとり住まいなんて、スペース余りまくりそうだ。でも、あのかわいい女の子が住んでくれると思うと、なんだか嬉しい気もする。大切にしてくれそうだし。

新居の方はおじいちゃんが一人で住んでいたところ。子供が3人全員都心に住んでいるので、そっちに引っ越すことになったというもの。なんと、子供は全員東大出身で今は誰でも知ってる大企業で働いていて、近所ではラッキーハウスと呼ばれているらしい(実家のお隣のおばさんの証言)。

契約にはおじいちゃんと息子さんのうちの1人が来ていたが、いつ見ても本当にいい人たちだ。家も大事にされていた感じがあって、築30年経っていても、ボロボロ感がないところが気に入ったところ。しかも、注文住宅なので、作りがしっかりしていてよい。大事にするぜ、おじいちゃん! 引渡しは25日。本当にあの土地がうちのものになったなんて、スゴイ。


なんか、あまりに自分の能力外のことをやったせいか、頭がボワンボワンと水中にいるみたいな気分になってしまった。相方はリフォームに関しては思考停止状態になると言っているので、ホント世の中役割分担だなぁと思う。

---

7月26日に面接とペーパー試験を受けて、合否の結果待ちだった3件目の予備校からなんの連絡もないので、痺れを切らして一昨日電話したら、夏期講習やらなんやらで忙しく、なかなか連絡できなかったと言っていた。しかも、担当者は今夏期休暇を取っているとかで、本当の連絡は今日くるらしい。

で、一昨日電話に出た人というのが、大学受験部の恐らく事務かなんかの人で、私の名前は聞いていると言っていた。そして、採用担当の人がこちら(大学受験部)でぜひどうですかと言っていたらしく、お願いすることになると思います、と言う。模擬授業をやって、合格なら採用ということになりそうである。詳しい内容は今日の電話でわかるだろう。

前回の失敗を踏まえて、今度こそモノにしたい意気込みでいっぱいだ。しかし、働くのは、やっぱり来年の4月からなんだと。

---

契約がやっと終わってスッとした。相方も今週末帰ってくるし、夏期講習ももうすぐ終わるし、ちょっと気分的にも楽になるだろう。この夏はなんかいろんなことがある。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)



2009年08月18日(火)  どうすれば 所帯じみない ママチャリに


実家に完全に移住。ネット環境も整った。パスカリーナとマンディもやってきた。元私の部屋だったところに、ときどき唸り合いながら、半諦めムードで生活中。これを機に仲良くなって欲しい。いや、仲良くならなくてもいいから、お互いの存在を無視できる程度に慣れて欲しい。相方は日曜からサンフランシスコへ。あっちは肌寒いらしい。

---

土曜にIKEAに行って、とうとうキッチンをオーダーしてきた。オーダー前にまたもや悩んでしまった。設備機器はIKEAオリジナルのものではなく、市場に広く出回っているものなので、同じものでもっとディスカウントされたものがあるのではないかと思い、食洗機以外の全て(ガスレンジ、オーブン、レンジフード、水栓、浄水器)は注文しないことにした。もし、もっと安い同じサイズのが見つからなければ、そのときはIKEAで買えばいい。

しぶとくしぶとく1000円でも安いものを探し続ければ、積もり積もって結構な額の節約になるのではないかと思う。その節約分で、もっといいことができるだろう。安いものを見つけるときの鉄則は、品質は落とさないということ。品質を落とせばいくらでも安いものは見つかるが、それは私の本意ではない。

---

日曜、相方が出張に旅立った後に自転車を買いに行った。次の家は駅から離れているので、とうとう私もママチャリデビューである。今までママチャリを持っていなかった理由は、駅のそばだったことと、あの生活感丸出しの風貌がどうも…という気持ちがあったからだ。しかし、もうそんなことは言っていられない。

とりあえず、3人乗りすることはないだろう。あんな曲芸みたいなこと、私の自転車技術では到底無理である。相方か母に車を出してもらえない場合は(私が車を運転すればいいという声は聞こえない方向で)、バスかタクシーに乗ることにする。今までも3人だけで遠出する機会なんてなかったので、その必要もないだろう。

子供を後ろに乗せる場合、足が地面についた方がいい。そうなると普通の26インチの自転車では、身長157センチの私には高い。それで24インチの中から探そうと思ったんだが、選択肢が少なすぎて、生活感〜なヤツしかないのである。うううう…買う気になれない。

子供をのせるチャイルドシート部分は、以前から、生活感の少ない外国製のHAMAXのヤツにしようと決めていて、これはもともとスポーツサイクルにつける用なので、試しにクロスバイクあたりも物色してみた。

スポーツサイクル系って、あのサドルから地面と水平に前に出るバーが怖くて私的にはナイなと思っていたのだが、そのバーがないクロスバイクがあって、しかも26インチなのにサドルが低くて、私でも足が付く。店員さんにHAMAXが装着可能か確認して、即決めと相成った。19,800円成り。安い。

HAMAXはその店には在庫がなかったので、ネットで注文した。7段変速のクロスバイクにHAMAXのチャイルドシート(色はラテ)、カッコイイ! しかも、取り外しが簡単と書いてあるので、通勤で駅に行くときなどは外していける。生活感丸出しの24インチの自転車に危うく決めてしまうところだった。買いしぶって現実逃避のために店内をグルグル回ってよかった。

---

月曜は仕事の帰りに元のマンションの掃除。家具や荷物が全てなくなったので、掃除も楽だろうと思いきや、案外大変だ。相方は「発つ鳥後を濁さず」程度に掃除すればいいよ、というが、油断するとすぐに床に這いつくばって、小さい小さいホコリまで見逃さないという姿勢になってしまう。カーペットだからいけないのだ。新居は全てフローリングとタイル。畳もない。

とりあえず、掃除もだいたい終了。電気・ガス・水道を止める手配もした。今日、掃除道具類を運び出したら、あのマンションとも完全にさよならだ。水曜に買い手の人に引渡し。まなティはあのマンションで育ったので、思い出もいっぱいあってなんか寂しい気もするが、前に進もう。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)



2009年08月15日(土)  小さな芽 寄り集まって 大きな実


世の学校の長期休暇中は、私の仕事が忙しいんだが、やっと終盤戦に入ってきた。なんといっても授業と宿題で使う教材(全部オリジナル)が大量で、それを作って打ち出すのに一苦労。やっとゴールが見えてきた。執筆の方の仕事は昨日の締め切りが最後の仕事だった。

何度も書いている気がするが、とにかく私は、英語の教材というものを書くのが好きだ。塾では最初のうちは市販の教材を使ってやっていたが、やっぱりそれではかゆい所に手が届かない。一度作ったらそれをそのまま翌年も使えばいいんだが、入試問題は日進月歩だし、常に現状にはどこか不満があるので、不満点に気づいたり、もっといいことを思いついた時点で即部分改訂となるのだ。一生書き続ける気配である。ライフワーク。

思えば、小さい頃から紙を小さく切ってホチキスで本の形に束ね、いつもいつも教材や雑誌のようなものを作っていた。そして、それを学校に持って行き休み時間に学校ごっこをやっていた。もちろん私が先生役。教えるのも好きで、幼稚園生のいとこに掛け算九九を教えたりしていた。それが言語好きと相まって、今の私がいるのだろう。小さい頃に芽は出ているものである。


子供に本当に好きなことがあれば、それを思い存分やらせてあげたいと思う。複数の好きなことが、ある日ひとつになって、思いがけない実が生るだろう。こうティはまだよくわからないが、まなティに関して言えば、本当に常にペン状のモノ(色鉛筆やクレヨンやマジックや筆など)を持って、何かを紙に書いていて、その熱中振りが普通ではないので、その芽をぐんぐん伸ばして欲しいと思う。

---

相方が明日から1週間アメリカだ。来週は家の売り買いの契約が2件あったり、マンションの荷物を運び出したり、掃除したりとクソ忙しいのに! とは言っても、相方の仕事も応援しているので、頑張って欲しいが。こっちは忙しいなりにはなんとかやっていけるだろう。

そういえば、マンションに残していた不用な家具を昨日取りに来てもらった。OFF HOUSEというBOOK OFF系列の店に。ガラスのテレビ台、北欧風食器棚、ちゃぶ台、ゆりかご、ベビーゲート、アイロンの6点で4500円になった。テレビ台が1000円で、食器棚が2000円、ゆりかごが700円で残りは数百円。まぁ、ゴミにするよりいいだろう。運ぶのも大変だし。新しい家は家具が作りつけなので、いらないのだ。さっぱりした。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)



2009年08月10日(月)  引越しは 2日がかりの 大仕事


荷物の梱包&搬出、無事終了。

土曜に女の子が3人来て荷物の梱包をしてくれて、日曜に男が4人来て荷物をトラックに載せて貸し倉庫まで運んでくれた。どちらもかなり時間がかかったが、一生懸命感じよくテキパキとやってくれてよかった。まだ、倉庫⇒新居が残っているが、今のところアリさんマークはよい感じだ。

チップを全員に1000円ずつあげたんだが、引越し作業というのは、しょーもない私物をさらけ出すことになるので、なんだか悪いような気持ちになる。しょーもないものを丁寧に梱包して運んでくれてありがとう!という気持ちから、小遣いでもやらなきゃという気分になってくる。しかも、若い人が汗をかいている姿というのは応援心に火をつける。まあ、1万円包む人もいるらしいので、1000円なんて何の応援にもならないかもしれないが、帰りにビール位飲めるだろう。


マンションの引渡しは今月の19日なので、それまではパソコンなどはマンションの方に置いて(ネットもつながっているし)、今まで通り仕事はこっち(マンション)でしようと思う。私と子らは実家に居候中で相方はマンションで寝泊りし、ご飯とお風呂は実家に通うという生活。

私はいつもの通りに朝4時に起きて、自転車キコキコこいでマンションに来て7時頃まで仕事。それから実家に帰って朝ごはんを食べて出勤だ。これから引渡しまでに、引越しで出た大量のゴミを毎日コツコツ出し、いらない家具類を中古家具屋に引き取りに来てもらい、きれいに掃除しなければ。実家が近くて本当によかった。

そういえば、相方は結局アパートは借りず、猫2匹とともに実家にくることになった。猫2匹連れでしかも短期のアパートはなかなかないので、実家は完全に定員オーバーだけど、相方はほとんどいないしいいかと。


新しい家の鍵をもらえるのは25日で、その週のうちにリフォーム着工予定だ。昨日設計士さんのところで5回目のミーティングをして、平面図での調整はだいたい終わり、今日現地を細かく測量し、詳細な展開図を起こしてもらう。それを見ながら着工までに詳細を詰めていく感じだ。

あー、楽しみ。早くリフォームしているところを見たい。これから色々大変だが、建設的な方の忙しさなので、楽しくやれそう。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)



2009年08月07日(金)  見積もりは あってないよな ものなのだ


なんか徐々に、引越し屋の見積もりを1件しかしなかったことが気になりだした。たとえ2往復と言っても、やっぱり12万9500円は高いような気が…。それはもう今更どうにもならないので、当日成り行きで追加料金を取られないように注意しなければ。

オーストラリアから帰ってきたとき、見積もりのときより荷物が増えて追加料金を「かなり」とられたんだが、荷物が届いて開けてみたら、ダンボールの中に梱包材ばかり入っていて「かさ上げ」されていたのだった。パスカリーナのおもちゃのボール(直径4cm)が、サッカーボール位の大きさになるまでくるまれていたり。とにかくヒドかった。

見積もりより実際は高くなるというのは、引越し屋の常套手段みたいだから要注意。明日梱包作業。とにかく注意して見ていよう。あとでゴミが増えるだけなので、梱包材は極力少なく。


「最初に見積もりを出して契約し後は追加で料金かかってきます」方式の業者は悪徳なのが多いと思う。リフォーム業者もそうだ。これはもう、面倒臭がっちゃおしまいだと最近思う。(引越し屋の見積もりも面倒になって1件しかしなかったのだ)

何にいくら位かかるものなのか、もっと安い店で入手できないか、などひたすら自分で調べることが重要。さらに、見積もり書をよく見て、大雑把な部分は、タオルかけひとつ、フックひとつの値段まで、細かい内訳を教えてもらうとよい。これで面倒臭がるような業者は、絶対あちこち上乗せしてるはず。

例えば、タオルかけなんて、INAXの普通のヤツでも定価6000円くらいするのである。6000円だよ6000円! フツーの銀色のタオルかけに6000円! 業者はこれを半額位で入手するようだ。施主側は洗面所諸費用とかでほかのものと一緒に数万円とか請求されていても、まさかタオルかけに6000円かかってるとは思わない。

だから、私はできる限り施主支給するつもり。タオルかけなんて、2,3000円でいいのがたくさんある。タオルかけのような小さいものなら自分で買ってきて現場に持って行ってつけてもらえばいいし、便器とかドアのような大きいものは、ネットで探し、見つけたら大工さんに取り付け可能か確認し、OKが出たら日時を指定して現場に送ればいい。

しかし、リフォーム業者や大工さんが気分を害したらいけないので、さりげなくさわやかにが鉄則だ。業者の方といい関係でいられれば、いいことがたくさんあるだろう。

リフォームは当初8月中の予定だったが、いろいろあって9月にズレ込んだ。私は今は夏期講習中で平日は毎日仕事なので、9月になってくれて幸いだった。リフォーム中には現場とは目と鼻の先の実家に滞在するので、暇されあれば差し入れ持って通って、大工さんと仲良くなって、仕事っぷりをじっくり見させてもらおうと思う。

これからも、「もう面倒臭いからいいや」という気持ちが襲ってきたら、自分に渇を入れ直そう。安い商品を探すのも、建築のことを勉強するのも好きなので、楽しくできそうだ。次は約10年後に新築予定なので、そのときまでに自分で設計するくらいの勢いでかなり詳しくなっていようと思う。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・IKEA行くとうっとりしちゃうよね。
 しかも手の届く価格が魅力よね。
 写真、早くUPしたくてたまらないです。
 まだ何もないもんで。

・日記は、自分への戒め効果もありますよね。
 言葉で書くと現実味が出るというか。

2009年08月03日(月)  今週も 週末恒例 またIKEA


昨日はIKEAに行って、キッチンの見積もりを出してもらったんだが、なんだかんだで102万円也。

これには、ガスコンロ(私はIHの電磁波を気にするのでガス派)、ガスオーブンレンジ、レンジフード、シンク、水栓、浄水器用水栓、60センチの巨大食洗機、キャビネット、壁付けキャビネット、アイランドキャビネット、人工大理石のワークトップの全てが含まれる。

うちのキッチンは況燭如∧病Δ270cm、アイランドに240cm、で結構デカイと思われる。それが本当に好みの内容で自由に組めて、これだけの設備で102万は安いと思っている。しかも、なんと言ってもデザインがいい。

詳しい設計図を作ってもらったので、これを設計士さんに見せてOKが出れば注文になり、注文から約5週間で出来上がり、納品に数日という感じだ。これを配達&設置してもらうと、追加で20万位かかる。ガスや水道の配管も必要ならもっとかかるだろう。うちは、大工さんがトラックで取りに行ってくれて設置までしてくれるので、10万円くらいで済みそうである。

8月1日から少し安くなると聞いていたのに、安くなったのは一部の商品で、私にはあんまり利益はなかった。こんなことなら、頑張って7月中に注文して、1割分の商品券をもらえばよかった。残念。他にも色々買う予定なので、10万円はデカイ。

---

関係ないが、最近思うこと。

神経質は周りに迷惑をかける。


私も昔はかなりの神経質だった。小さいツマラナイことにこだわっていたが、今思えば何の得にもなっていなかった。それどころか、周りの人は私の神経質を優先することで色んなことを私に譲っていたのだろう。精神的に成熟していなかった私はそんなことに気づいていなかった。神経質なのは自分の問題であり、私の勝手でしょ、と思っていた。「勝手」じゃナイダロ!

それと一緒で、「不機嫌な人」と、「なんとなくいつも不健康な人(本当に病気の人とは違う)」も、周りに迷惑をかけている。これらの人の周りは、いつも気を遣い、譲り、そして気が沈んでいることを自覚しなければいけない。

私は、ツマラナイことにこだわらず、いつも陽気で前向きで健康であることに努力していきたい。これら3つはそれぞれが影響し合っていることは明白なので、どれも欠けないように意識したい。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)



2009年08月02日(日)  塗り壁で アールを多用 しないでか


昨日は土曜恒例、設計士のWさんとミーティング4回目。

前回の私の要望を盛り込んだ図面が火曜にメールで送られてきて、それをプリントアウトしたものを私は肌身離さず持ち歩き、思いついたことをたとえ電車の中だろうと詳細に書き留めていった。図面が現実的なものになってくるとイメージもどんどんふくらみ、装飾レベルまでアイディアがわく。

せっかく漆喰壁にするんだったら、アールを多用したいと思う。「アール」というのは、radius「半径」のrをとってそう呼ばれるようになった用語で、ドアのない入り口の上部が半円形に丸くなっていることを言うらしい。このアール、壁紙だと無理なのか難しいのかわからないがオススメではないらしく、とにかく塗り壁に適した形なのである。

ドアのない入り口は、今のところ4箇所考えていて、1Fのトイレへ通じる短い廊下の入り口と、キッチンのパントリー(食品庫)の入り口と、シューズクローゼットの2つの入り口の計4つだ。これらを全てアールにしようかと。あとは、いくつか作る予定のニッチ(壁の厚みを利用した飾り棚)の上部も全てアールに。「アール+間接照明」で無敵な演出を考え中。

設計図をじっと見つめるうちにほかにもアールにしたらステキだろうと思うところを見つけて、昨日設計士さんと相談してきた。文字ではうまく表せないので、実物ができてきたら写真載せます。どでかいアールを2つ追加。


そういえば、前回のミーティングで、フローリングは輸入パインになってしまった。最初奥多摩の杉を予定していたんだけど和風な色味なので雰囲気に合わないと指摘され、かと言ってヒノキは高い、ということで無難にパインに落ち着いてしまった。しかも輸入…。

輸入木材って、輸送中にどんな防腐処理をされているかわからないのでイヤだったのだが、ネットで調べてもそれに関する問題の記事はぜんぜん出てこないし、値段も奥多摩杉よりずいぶん安いので、もうパインでいいかと。ダイニングテーブルも椅子も本棚もオーストラリアで買ったパインだし、もう無塗装のパインでいきます。

---

1週間後から実家に居候なので、もと私の部屋だったところにある私の荷物を処分しに行ってきた。ほとんど服と本なんだが、服は1つ1つ確認せずに全部ヒモで束ねて、引き出しの中のものをほとんど確認せずガンガンゴミ袋に詰めて、本とCDは取っておくものと古本屋に売るやつに分けた。

もう実家を出て8年になるので、その間必要なかったということは、今後必要になることはないと判断し、時間のかかる確認作業は省略した。1つ1つに思い出はあるが、私の新しい生活では使うことはないだろう。過去にこだわる時間があれば、もっといい未来を作る事に費やしたいので。(いいこと言った!)


で、帰りに古本屋Aに寄って、80冊くらい買ってもらおうと思ったんだが、30冊くらい戻ってきた。文庫化されてる本は売れないから買えないんだと。で、売ることになった50冊はたったの900円にしかならなかった。内訳などは教えてくれない。CDは20枚くらいが400円になった。

なんか釈然としない気持ちでBOOK OFFに行って、ダメもとでその30冊を出したら、なんと全部買ってくれたのだ。しかも全部で1210円になった。内訳もちゃんと書いてある。ん〜〜、最初からBOOK OFFに行けばよかった。もう古本屋Aには売りに行くまい。

それでも、ゴミが全部で2510円になったと思えば嬉しい。帰りに家族で夕飯を食べて帰った。近くのオイシイうどん屋(子供が卵・乳製品アレルギーの家は外食はうどん率高い)。4人で2600円なり。


今日はまたもやIKEAに行く。先週キッチンを注文する予定が、いろいろ問題が発覚し、設計し直したのだ。昨日(8月1日)から価格改定で少し安くなったみたいだし、結果的によかったかと。(7月31日まではキッチン購入金額の1割の商品券がもらえたので、どっちもどっちだが)


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)



日記のもくじ昨日の日記明日の日記
たまり |mailHP