2007年04月24日(火)  無意識に 子を突き放し 子を縛る


昨日の夜、全く偶然に→このサイト←に行き着いた。昨日の昼間に私がまなティにやったこと(泣いてるまなティを突き放し放置する)は、これなのではないかと思いぞっとした。

正直私はここに挙がっている特徴にいくつも該当する。そして、私と母の関係もここに書いてある様子によく似ていると思う。そして、母と祖母の関係もまさにそうだと思う。この障害は、世代を越えて子から孫へと受け継がれていくのだそうだ。

ここを読めば読むほど自分がこのスパイラルに完全に組み込まれていて、今まさにまなティをも飲み込もうとしているように思えてならない。それは、なんの罪もなく希望ある未来を歩もうとしている無垢な子供に、わざわざ無駄な苦労を背負わせるようなものである。


でも私は、スパイラルに組み込まれているという己の状態に気づくことができた。それは大きな救いなのではないか。なんとしてでもこのスパイラルを自分の世代で断ち切り、まなティには自分のような惨めな気持ちを味わわせないようにしなければいけない。

このサイトを読んで、子育てに対する自信がガラガラと大きな音を立てて崩れていって今はどうしてよいかわからない気持ちだ。だけど、相方は「俺がいるから大丈夫」と言ってくれるし、自分でも自分の置かれている状況に関して勉強して少しずつでも自信を取り戻したい。まなティの成長は待ってくれない。


今、引き篭りとか不登校とかその他多様な犯罪とかいろんな問題を日本は抱えているけど、なんでこういう根本的な原因に対して働きかけないんだろう。もし子を育てる親がこんな事実を知る機会を与えられていたら、救われる子供や改善される部分も多いだろうに。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・ほかのことに注意を向けさせるのって、案外難しいですよね。
 赤ちゃんと言えども、叩かれたりつねられたりしたら痛いので、
 つい反射的にムッとして声を荒げて怒ったりしてしまいそうになります。
 その気持ちをぐっと抑えてニコニコと別のことに注意を向けさせる…
 難しいけどやらねばいけないですよね。

2007年04月23日(月)  子が泣けば わかることも わかるまい


まなティと初めて喧嘩。

洗濯物を畳む私の横でふざけていたまなティが、私の頬をバチンと叩いた。悪気があったわけじゃなく弾みでそういうことになったらしいが、1歳児のくせに結構痛くて、頬を押さえつつ「叩いちゃダメだよ」とたしなめた。そしたら、面白がってもう一回バチンときた。悪いことだと認識できてないのだろうと、今度はちょっとキツく「叩いちゃダメ!」と言った。

そしたら、注意されることが嫌いなまなティは、もうキーーーっとなっちゃって、私の頬をバチンバチンバチンとめちゃくちゃに何度も叩いてきた。さすがの私も腕をガッチリ掴んで、「ママ遊んでるんじゃないの! 怒ってるんだよ! 叩いちゃダメ!」と言うと、ワーーーッと泣き出した。「もうわかったよね。こっちにおいで」と抱き寄せてギューッとしてあげた。

そ・し・た・ら、バチンッ!!ですよ。全然わかってねーーの! 私は「もう知らない! こっちに来ないで!」と突き放し、テキパキ残りの洗濯物を畳んだり、家事をこなしたりしていた。まなティは大泣きで、私の後を付いてきて足にまとわり付いてくるので、そのたびに「もう知らないってば!」と言って突き放し、最後には寝室のドアを閉めて中で片付けをしていた。まなティはドアをバンバン叩いて「ママ! ママ!」と泣きじゃくっていた。

しばらくして出ていくと、まなティは部屋の前で横になって泣いていて、私が出てきたのを見て抱きついてきた。私もまなティをギュッとして、「もうしないでね」と言って仲直りした。


こんなことは初めてのことで、人を叩くことがいけないことだと私なりに教えようと思ってやったことだが、本当にこれでよかったのか甚だ疑問だ。突き放して泣くままにしていたことは明らかによくなかったと思う。

子供は、泣いて⇒泣き疲れて⇒泣き止む ということを繰り返すたびに人への信頼を失い、少しずつ自分の殻を作っていくんじゃないかと思う。泣いているときは人の助けが欲しいときであり、それが得られないとわかるとそのたびに無力感に襲われ、心が冷めていく気がする。自分がそうだったのでよくわかっているはずが、同じことをしてしまった。


じゃあ、今回のような場合どうするべきだったのかと言うと、叩いたことを軽く注意した後は、「また叩く」という行為をさせないために他に気を向けさせるのがよいだろうと。ほかの遊びとかほかの本とかに。子供がキーーーーッとなった状態で何を言っても聞き入れられるということはないと思うので。

 叩く、遊擇注意する⇒叩く□佑つく注意する⇒叩く⇒怒る……

となった場合、「叩く◆廾聞澆鰐軌嫐なだけじゃなくお互いに消耗し精神や信頼関係に悪影響を及ぼすので、そこから先は断ち切るのが一番賢明だと思う。

今思うと、オーストラリアの親はみんなこの方法だった。子供が悪いことをすると、まず諭す。何でダメなのかを大人相手みたいに言葉で諭す。その後は、同じことを繰り返さないように他に注意を向けさせるのだ。私には最初これが受け入れられず、「なぜガツンと叱らんのだ!」と腹が立っていたが、子を持った今、よくわかる。

褒めて育てる。叱るのが樹木の剪定だとしたら、小さな頃から叱ってばかりいたら、整ってはいるが小さな木に育つだろう。それよりも、たとえ雑草でボウボウになろうとも、ある程度伸びるに任せ大きな木になったときにチョイチョイと剪定してあげるのがよいんじゃないかと思う。そういうイメージ。


とにもかくにも、親がいつもニコニコしているというのが子にとって一番大事なことだろうと思うので、そうなるように大いに頭を使おう。あとは、子供の精神状態を整えるのも大事だろう。規則正しい生活や、バランスのとれた食事など。今日のまなティとの喧嘩は、本当に今後のことを考えさせられる事件だった。


そういえば、まなティは夜私と寝ると、夜中に私の乳に吸い付いてきて眠りが浅くなるようなので、相方の提案により、まなティと相方が一緒に寝て、私は泣く泣く別部屋で寝るようにしたのだが、それ以来朝まで一度も起きずに寝てくれるようになった。私も最初はまなティがどうしているか気になってよく眠れなかったが、今は慣れて妊娠以来久しぶりの安眠をとっている。相方はまなティがどんなに寝相が悪くても顔を蹴られようが頭突きをされようが目を覚まさない鉄人なのでよい。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)



2007年04月16日(月)  靴下の 穴と金欠 関係ナシ


塾立ち上げに伴う怒涛の支払いがようやく終わりそう。ということで金欠。どこを切り詰めるか……と考える考える。それでも食費は切り詰めない。スーパーの2倍、3倍はする有機食材を躊躇なく買う。体が資本だから。家族の健康が私の人生で最も死守すべきもの。

切り詰めるとしたら週末の外食なので、最近は弁当持ってどっかに行く。花見とか。大きな公園とか。金がなくても案外楽しめる。昨日は動物園に行った。まなティも大興奮。子供は動物が好きだね。また行こう。年間パス買うか迷う。


日々言葉を習得していくまなティ。最近は、名詞、動詞のほかに、形容詞も使えるようになってきた。前から言えた「おいしー!」以外に、「痛い」「かゆい」「かわいい」「暑い」「熱い」なんかを使いこなしている。

モノの名前は、教えてあげればすぐに覚えて言えるようになるのだが、どうも「し」以外のサ行と、「じ」以外のザ行と、「ふ」と「ほ」以外のハ行が難しいみたいで、パスカリーナは「パッパ」か「ニャンニャン」、ズボンを「オボン」と言ったり、「花」は意味はわかるが自分で言うときは未だに「アカ」を使ったりしている。

この前、私の靴下に穴が開いているのを指差して、「コレコレ?」と聞いてくるので、「穴だよ。あ・な」と教えてあげたら、コンセントの穴とか鼻の穴とかいろんな穴を見つけるたびに、「アナアナ!」と教えてくれるようになった。しかし、誤算だったのは、靴下には穴が開いているものだと思ったらしく、靴下を履いているいろんな人に「アナアナ!」と言いながら、足の裏を見せろと言うのだ。最近ようやく飽きてきたみたいなのでよかったが、私の靴下の穴はご丁寧に確実に指摘してくる。いや、まあ、私も穴が開いたらすぐに捨てればいいんだが。ついつい忘れて洗濯して、気づかぬうちにまた履いてしまい、まなティに指摘されて気づく、の繰り返し。

---

関係ないが、私は金がないのは耐えられない。先読みしずぎるタチなので、何かあったときどうしようと思って、夜も眠れなくなる。しかし、最近は平気だ。逆にヤリクリが楽しかったりする。それは、やりたい仕事ができているからだろうと思う。今は金がなくてもそのうち…と思えるからだ。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・凡ミスをするのは、注意力の問題ではなく、
 単に力不足であり、やり足りないのだと思います。
 よく「時間があればできた」とか、
 「知ってるんだけど気づかなかった」と言う生徒がいますが、
 これも単なる力不足で、それと一緒なのではないかと思います。
 アレルギーは、添加物で悪化することもあるみたいなので、
 細心の注意を払わないといけませんよね。
 まあ、そのうち治まると思っています。

・「アレルギーだって個性」というのは、
 私も母に言われてなんだか目からウロコでした。
 できることは悪化を防いであげることと、
 自信をつけてあげることですよね。
 子供のころ卵アレルギーだった相方が、
 「かわいそう」と人に言われるのが一番いやだった、
 と言っていました。
 お互い気楽にいきましょう!
 (匿名メールは→サイトのトップ←にあるヤツのことなんです。
 もちろんメールでもいいですよ!)

2007年04月10日(火)  キニシナイ 私もほしい 鈍感力


まなティのアレルギー検査の結果が今日でた。やっぱり卵と牛乳がダントツで、そして少し小麦、あと、ほんの少しだけトマトが出ていた。先生が、とりあえず、牛乳はやめておいて、卵はほんの少しなら大丈夫、小麦は様子を見ながらあげてください、と言っていた。

食物アレルギーは、だいたい3,4歳には終息することが多いので、あんまり心配しないでください、とも。そして、ハウスダストがその頃からで、花粉は6歳頃からなんだって。

母親に、「アレルギーがあってまなティがかわいそう」と言うと、「アレルギーだって個性なんだから、かわいそうなんて思う必要一切ナシ! そんな親のマイナス思考が子供に伝わるのが一番ダメ!」と活を入れられた。牛乳なんてなくても、食べるものはいっぱいあるんだから、と。

とりあえず、肉類と大豆はアレルギーなしだったので、マンネリ化しないように、いろいろ工夫しよう。

外食のとき困る、と前回の日記に書いたけど、一番行く吉祥寺にマクロビオティックのレストランができたみたいなので、吉祥寺に行くときは利用しよう。タイ・ベトナム料理屋はどこに行ってもたくさんあるし、とりあえずいいか。

それにしても、アトピーでもおかしくないまなティだけど、肌は今のところピカピカで救われている。あの肌をなんとかキープしてあげなければ。

---

ところで、クヨクヨ気質の私に相方が薦めてくれた本、→『鈍感力』←を最近読んだ。鈍感になることにどんなメリットがあるかということが、いろんな場面で書かれている(どうしたら鈍感力を得られるかということに触れてないのが残念)。ここで言う『鈍感』というのは、もちろんずうずうしいというのとは違う。

これを読んだら、相方の雑さがキラキラして見えた。なるほどと唸った。これが世の中で成功する鈍感人間なのか、と。まさか、こんな近くにいい見本がいるとは思わなかった。鍋は洗ってもフタは洗ってなかったり、風呂のフタを閉め忘れたり、テーブルの上にとりあえずモノを置いたり、まなティのオモチャを中途半端に片付けたり、そういうのもイチイチ小言を言いたくなっていたが、今ではキラキラして見えるぜ。

まあ、私とやっていけるのは、鈍感人間か神かだろう。私の暴言にニコニコしていられるのはヤツしかいない。私もなんとか鈍感人間の仲間入りをしたいので、視界が狭くなり出したら、意識してボルトを緩めよう。

---

最近花を生けていない。気分的に乗らないのだ。代わりにベランダに寄せ植えをたくさんした。かわいい。眺めたり、世話したりするのも楽しい。

---

生徒が増えた。実は順調なのかも。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)



2007年04月06日(金)  まなティよ アレルギーなぞ 気にするな


まなティのアレルギーテストに行ってきた。

この前、初めてクリームシチューを食べさせたとき、蕁麻疹が全身に出たので、もしやこれは牛乳アレルギーでは、と思い、それから牛乳モノはあげてなかったんだが、どうも特定のものを食べたときに口の周りがちょっと赤くなるのに気づいた。それはチキンスープの素を使った料理で、そのスープの素は化学調味料を一切使わないチキンスープの素で、これならよいと思って使っていたが、よくよく裏の成分表示を見てみたら、『脱脂粉乳』とある。どうも牛乳アレルギー確定の気配だ。

とりあえず、すぐに結果が知りたかったので、「牛乳、卵、小麦」だけを調べる簡易のテストを小児科でしてもらった。そしたら、案の定、牛乳アレルギーは4段階の4で、『重度』だった。それは予想していたのでそれほど驚かなかったが、なんと、卵も同じ4段階の4で愕然とした。卵は頻繁ではないにしても普通に食べさせていて、なんともなかったからだ。うちは、相方が子供の頃に卵アレルギーだったので、ばっちり遺伝してしまったらしい。

先生が、アレルギーと気づかないであげ続けて、抗体がどんどんできて蓄積され、アトピーとか呼吸困難に発展することもあると言うのでショックだった。ということは、もっと別の食材で症状の出ないアレルギーのものもあるのかもしれない。これはもっと詳しく調べなければ、と小児アレルギー専門の医者に予約を取り、今日まなティを連れて行った。


その先生は前の先生とは言うことが違っていて、いくら数値でアレルギーと出ても、何も症状が出なければ病気じゃないのでそれほど気にしなくていいと言う。まなティの場合、牛乳は症状が出ているので要注意だが、卵はちょっとくらいなら大丈夫ということだ。卵も避けられるなら避けた方がいいが、料理に混ざっているくらいでちゃんと火が通っていれば大丈夫らしい。

牛乳も卵もダメとなると、食べられるものが大幅に減るのでかわいそうだと思っていたので、ちょっと安心した。牛乳は人間が摂らなくてよい食材のひとつだし、生クリームとかバターを知らずに育つのはヘルシーでいいやと思うことにする。洋菓子類は一切ダメだろうから、もうちょっと大きくなったら和菓子の世界を一緒に探求しようではないか。

アレルギーがあると外食が難しい。洋食はたいていバターやチーズが使ってあるのでダメだし、和食がいいかと思えば、蕎麦や揚げ物や生モノや卵モノが多いので案外ダメなのだ。そこで最近これはイイと気づいたのがタイ、ベトナム系だ。ライスヌードルの汁ソバが味付けもあっさりしていて、イイ! しかもまなティは大のチュルチュル(麺)好きなので、なおよい。ということで、外食はもっぱらアジアン。


うちは、相方がいろいろアレルギー持ちで、私の兄がけっこうひどいアトピーだったので、まなティは大いにアレルギー体質らしい。それなのに、どこにも炎症などできていないし、肌がキレイですばらしいと先生に褒められた。それは、動物質を10ヶ月くらいまで控えていたことと、家ではオーガニックの食材しか使わないからかもしれん、と思っている。肌に直接触れる下着類さえもオーガニックだ。農薬や食品添加物は、アレルギーを促進させるらしいので。それに何よりも、母乳を頑張ったからだろう。もしあのとき母乳を諦めて人工乳にしていたら、今頃ひどいことになっていたかもしれない。これからも、体に入るものには大いに気をつけてあげようと思う。


結局今日は、テストする10種類くらいの食材を選んで、採血をした。結果は火曜日に出る。それにしてもまなティのやつ、採血のとき泣かなくて、先生や看護婦さんを驚かせていた。それよりも、採血のあとの止血で看護婦さんに腕を掴まれたことに腹を立てていて笑った。まなティはあんまり泣かない。その代わり腹を立てる。それは、お腹が空いたとき、退屈なとき、眠いとき、そして何よりも、『自由を奪われたとき』なのである。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・私は経済的観念が欠落しているので、とても勉強になります。
 相方にももっと色々書き出して
 具体的に行動した方がいいと言われるのですが、
 なかなか腰が重くてダメですな。
 私にはマーケティング担当者が必要なのかもしれません。
 そうそう、血液型、残念!
 私は自信のないA型ですよ。自信があるように見せるのは得意なもんで。
 必死です。ウツにもなります。

日記のもくじ昨日の日記明日の日記
たまり |mailHP