2004年04月30日(金)  翻訳は 「やりたいこと」に なってから


シドニーは寒くなってきました。昼間はサンサンと日が照っているので感じませんが、夜になると空気が冷えて冬のにおいがするようになりました。この間日本に帰ったときに冬物を買い込んできたので、結構楽しみだったりして。けどまぁ、もうすぐ日本に2ヶ月間帰るので出番は少なそうなんですがね。ああ、シドニーと東京を行ったり来たりしているうちに、季節感がまったくつかめなくなってきているような。

---

最近、精神が安定しているからか、腹が立つことがあんまりないんだけど、ちょっと「は? 何それ?!」と思った話。

去年の学期末(11月)に学校でNAATI(ナーティ。翻訳家のオーストラリアの国家試験のようなもの)を大枚はたいて受けたんだけど、その結果がいつまでたっても返ってこない。聞くとクラスの誰にも返ってきてないとのこと。もうかれこれ5ヶ月も経つので、絶対におかしい。しかも、どこからも何の連絡もない。

そうしたら、先日学校からメール。なにやら、NAATI側の日本人採点者が、うちの大学が選んだ課題文がNAATIの基準を満たしていないとかなんとかで、採点を拒否しているらしいのだ。中国語、韓国語、タイ語、スペイン語も同じ課題文を使っていてさっさと結果が出ているのに、日本人の採点者だけが認めていないという。

てかね、その課題文はNAATI側がOKを出したものなんですよ。何をいまさら。実は、答案を失くしたとか、そういうオチなんじゃないだろうな。結局、テスト代は全額払い戻ししてくれるからいいんだけど、あの緊張感と集中力の分を慰謝料としていただきたいほどだ。いったいなんだったんだ。

---

相方と一緒になることになって、オーストラリアで生きていくために選んだ翻訳家という道。実を言うと、急速に熱意が冷めている。半分あきらめかけていた教材ライターという職が(このことで相方とは結婚前にずいぶん喧嘩になった。私だけがなぜ夢を諦めなくちゃならんのかと)、思いもよらずシドニーにいながらにして可能になりつつあるからだ。

つくづく、どんなに不可能に見える境遇にいても夢はあきらめず追い続けるものだなぁと思う。ひょんなことから実現したりするのだから。そして、もし夢を持っているのなら、「とりあえず」というレベルのものに時間を費やすべきではないと思う。夢は簡単に日常に埋もれて見えなくなってしまうし(そうなってしまってからでは、もはや心の声を聞こうにも聞こえなくなってしまう)、いくつものチャンスを逃しているかもしれないのだ。

あんなに教材ライターになりたくて日本を出て、オーストラリアで書いて帰るつもりだった教材もほっぽり出して、「翻訳家になるのだ」と言い聞かせて過ごしてきて、この経験は絶対に無駄ではなかったと思うけど(そもそも無駄な経験なんてない)、やっぱり夢には遠回りしたなと思う。そして何よりも、夢を(延いては自分を)少しの間でも裏切ったようなイヤな気持ちが残る。

これからは、ここで学んだ翻訳の技術を教材開発に向けて行こうと思う。そして、いつかどうしても伝えたいメッセージに出合ったときに、「本当にやりたりこと」として翻訳をもう一度勉強し直してもいいなと思う。もう自分の心の声に嘘をつくのは止めよう。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・それってすっごい奇遇! 世の中がそういう向きになってたりして。
 彼女のページは日記にリンクしてあったから行ってみたよ。
 すごいねー。私もあんな風に作れるようになりたいな。
 住所はメールでお知らせしまっす!

2004年04月29日(木)  せっけんを 作ってみよう ハゲぬため?


またまたご無沙汰でした。仕事とか学校の課題とかやっている合間に、しくしくと具合が悪くなって早寝しちゃったりしてました。

---

いやー、終わった終わった。ゴールデンウイーク中は出版社がお休みで締め切りはしばらくないし、今日締め切りの学校の課題もさっき終わらせたし、またすぐに原稿書きも学校の課題もやんなくちゃいけなくなるけど、何日か遊んじゃってもいいよな。うきき。

最近製作意欲まんまんで、料理でも縫い物でもなんでもいいからとにかく何か作りたい。それで昨日は学校の帰りにシフォンケーキの型を買ってきた。まだ一度も作ったことがないけど、なかなか奥が深そうだから、研究しがいがあるのではと読んでいる。しばらくは熱中しそうな予感。

そして、せっけん作りを始めてみようかと。小さい頃から母親に、洗剤とか化粧品とかシャンプーに含まれる界面活性剤の恐ろしさを叩き込まれてきたんだけど、どうも市販の界面活性剤抜きの化粧品とかシャンプーはしっくりこない。(今、こっちで買った界面活性剤抜きのリキッドソープでクレンジングも洗顔も食器洗いもしてるけど、これはかなりイイ!)

だからずっと自分にあったものを手作りしたいなぁと思ってたわけだけど、せっけん作りに使う苛性ソーダ(NaOH)というのが劇薬で、肌についたら火傷を負うとかなんとか、そういうことが心にひっかかって踏み出せないでいたのだ。

それが先日、学校の課題のために環境関係のサイトを回っていたら、界面活性剤の害を説くページにいくつも出くわして、なんだかグイーンと引き込まれて、課題そっちのけで読みふけっているうちに、やっぱりせっけん作ろう! という気分が盛り上がってきたのだ。それにちょうど今、制作意欲まんまんだし。

まずはせっけん作りを研究してみて、それから徐々に化粧品とかシャンプーも作ろうかと。肌は、うわべだけの美しさじゃなくて、芯からキレイでありたい。そんなことを相方に話したら、「ハゲないシャンプー作ってくれ」と。そう、界面活性剤はハゲを早めるのだよ、奥さん。

ハゲないシャンプーも開発しようじゃないの。楽しくなってきたぞ。


とりあえず、これから学校行ってこよっと。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・もちろん作るよ、あたぼうよ! それで、何作ってるの?
 楽しみ〜。

・なんだぁ〜。いつも楽しく読んでます♪

2004年04月25日(日)  買うのなら いいのが欲しい お年頃


縫い物が無性にしたい。

works のところにも載っけたけど、最近、ベージュのリネン(麻)、水色とか草色のストライプのコットンに、きなりのレース、小花柄……なんていう雰囲気が、柄でもなくかわいいなぁーと思うようになってきた(歳なんだろうか)。特に天然自然な風合いのベージュのリネンは最高だ。

こっちの布屋さんにも、そういう類の布は売っているので、この前とりあえず50cmずつ布を買いあさってきた。んで、第1号が works に載せた電子辞書ケースというわけなのである。本当はもっと大物、例えばキルトカバー(布団カバー)とか、クッションカバーとか、中にウールのキルト芯を入れたひざ掛けとかを、簡易パッチワークな感じで作りたいのだけど、いかんせんミシンがない。

手縫いだと時間がかかるというのはもちろんのこと、ミシンより弱いというのが大きな問題だ。カバー類はじゃぶじゃぶ洗えなければいけないので、手縫いは向かない。洗濯に耐えられるほど丈夫に手縫いするとなると、ものすごい時間と手間がかかってしまう。それもまたよいのかもしれないけど、あれもこれも作りたいので、時間がいくらあっても足りないわさ。

リネンのキルトカバー……。気持ちいいだろうなぁ。欲しいなぁ。ミシン……買っちゃおうかなぁ……。どうせ買うなら安物じゃなくて、いいのが欲しいなぁ……。ブツブツブツブツ……。


そんな最近の私のサイトも、気づけばもうすぐ3万ヒットである。せっかく縫い物心に火が点いているので、カウプレなんてものを企画してみようかと。プレゼントっつても、私の手作り粗品だけどさ。3万ヒット目を踏んだ人じゃなくて、抽選にしようと思う。とりあえず、何を作るか考えます。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・そうですよ! 気にすることなんて全然ないですよ!
 これからもいつものように日記書いちゃってください。
 そして、よかったら日記のアドレス教えてくださいませ。
 私、オンライン日記読むのが三度の飯より好きなんです。

・前向きな感じでいいじゃないですかー。
 そう、せっかく痩せたんだから、
 運動とか始めて、筋肉つけたりするといいですよ。
 脂肪が減ると筋肉がついたかどうかがよく見えて、
 やる気出ますよ♪
 そして、優雅に家カフェしちゃってください!

・カフェ本いいですねー。
 とりあえず今は、取材の練習しときます。

2004年04月23日(金)  欲張ると ウマ味は一変 激マズに


ご無沙汰してました。またもや原稿書き、そして少しだけ学校の課題に追われてました。私ってば学生だったんだっけか。

---

今カプチーノ入れたら、天下の illy 様だったのに、ものすごくマズくてびっくりした。とにかく苦い。半分まで飲んで、ギブアップ。もう飲めねー。あんなにクレマ(良質の豆だけに立つエスプレッソ表面の黄金の泡)が立ってたというのに、もったいない。

エスプレッソマシーンからトロトロと落ちてくるコーヒーがあんまり黄金色にクレマってたもんだから、本当ならカップの3分の1まで注いだら止めなくちゃいけないのに、あと少しだけあと少しだけと貧乏根性を出したのが間違いだった。

エスプレッソって、最初にウマ味が落ちてきて、突然激マズのニガイ部分が落ちてくる。このニガイ部分が落ちてくる寸前に止めるのがいいわけだけど、見極めが難しい。カフェのバリスタは、線の書いてあるグラスを使ってたりするのはそのせいなのだ。あれが欲しい。

しかも、今日のカプチーノときたらミルクも最悪で、鼻歌まじりに調子に乗ってスチームで泡立ててたら、ミルクの温度が上がりすぎて固形化してしまった。半カテージチーズ状態。マズー。

食べ物を無駄にしてしまった。


関係ないが、最近パスカリーナがかわいい。いや前からかわいかったのだけど、最近やんちゃっぷりが加速してきて、かわいいったらありゃしない。どうやら、私たちにすっかり心を許し始めた模様。前は、それこそ借りてきた猫みたいで何をするにも遠慮しいしいだったのに、今はものすごいやんちゃな無邪気顔で、「ねぇねぇ遊ぼうよぉ」てな感じで肉きゅうでペンペンと触ってきたり、ひざに上ってきてビローンと伸びきったまま眠りこけたりするようになった。

やっぱり、気兼ねなくのびのびとしていてくれるのが、一番うれしいな。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・きっと疲れてるんだと思います。ここんとこ寝不足だし。
 指を切るほかにも、あちこちに足とか頭とかぶつけて、
 なんだか傷だらけな昨今です。
 ところで、そんなに痩せてしまったんですか?
 かわいそうに。
 とりあえず、身体を冷やすものは食べない方がよいかと。
 きゅうりとかスイカとか瓜科の食べ物は避けた方がいいかもしれません。
 あとは、なんでもやわらかめに料理して、
 水分をたくさん取ることでしょうか。
 お大事に。

・そうでしょそうでしょ、美味しいですよね。
 簡単だし、安上がりだし、美味しいし、
 言うことないです。
 これなら、人にあげても喜ばれそうですよね。

・HPに広告載せてくれてありがとう!
 感謝・感激です。
 なんかいろいろと進行中ですな。
 今度ゆっくり話聞かせてもらうわよ。

・もう illy 試しましたか?
 他に美味しいエスプレッソ情報があったら、
 ぜひ教えてください!

・とんだ災難でしたね。
 いますよねぇ、いやなら読まなきゃいいのに、文句言ってくる人。
 私も結構キツイこと書いたりする方なので、
 前回のアレだけじゃなくて、もう何度も経験あるんですよ。
 ぜんぜん気にすることないですよ〜。
 確かにやられると結構ショックなんですが、
 世の中にはソリが合わない人もいるわけで、
 それを気にして日記書いてたら、そんなの日記じゃないですよね。
 テレビだって、気に入らなきゃチャンネルを変えればいいんですから、
 それと同じで、気に入らなきゃ二度と来なきゃいいんですよ。
 掲示板に文句を書くなんて、嫌がらせ以外の何ものでもないですよ。
 冷静に返事を書いてあげるのがよいかと私は思います。
 それで、今回のことは記憶から消し去って、
 また好きなように日記書いていけばいいですよー。
 自分の日記なんだから。
 元気出してくださいね。

2004年04月17日(土)  カプチーノ 感動求めて 三千里


うほほ。近くのショッピングセンターにある手芸用品屋で、手当たり次第にいろいろ買い込んで、着なくなった服をじょきじょき切って、縫い物をした。作ったのはなぜか針山。いやいや、かわいいんだってばよ。明日デジカメ日記に載っけます。

こうして改めてクローゼットの中を見ると、着てない服が結構たくさんある。大して持ってるわけじゃないのに、着ない服がこんなにあっていいのだろうか。ホント、人ってトランク1つ分の必需品だけで生きていける。

---

コーヒー豆は挽いてから2週間以内に使い切るのがいいらしく、我が家もだいたい1〜2週間おきにその場で挽いてもらったエスプレッソを買っている。

大抵は、オーストラリアにチェーンを広げる「グロリア・ジーンズ」で買うことが多いのだけど、ここのは、まぁ、可もなく不可もないって感じ。今まで買ったエスプレッソの中で、一番美味しかったのは、やっぱり illy(food の3/16参照)なのだ。値段がグロリア・ジーンズの倍以上するんだから、当然と言えば当然なのかもしれない。

問題は、一度 illy の味を占めてしまったら、以前まで美味しいと感じていたグロリア・ジーンズのエスプレッソが、「可もなく不可もない」になってしまったことで、illy が忘れられないのだよ。

とうとう今日また、デパートで illy を買ってしまった。そしておそらくは、もうグロリア・ジーンズには戻れないだろうと思う。この先、illy の上をいくエスプレッソに出合ってしまったら、と考えると、己の食に対する執着心が恨めしく思えてきさえする。

ただ、illy に出合って一番よかったことは、エスプレッソの味が少しだけわかるようになったことで、前はどこのカフェのカプチーノを飲んでも、単に「美味しい」としか感じなかったのに、今では、濃さとか酸味とか苦味の度合いとか、その他いろんなことに気がつくようになった。

まぁ、これも裏を返せば、どこのカフェでも美味しくカプチーノを飲んでいたのに、そうではなくなってしまったということで、シアワセなことなのか疑問だ。

そのまた裏を返せば、辛口批評家になってしまった私の舌が喜ぶカプチーノに出合えたときというのは、格別の感動なのだなぁとも思う。

シアワセってなんだ。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・私も父親は鹿児島出身ですよ!
 そして、私はタイ人も認めるタイ人顔です。
 なんか共通点多いですねぇ。
 この前切った指はもう大丈夫なんですが、
 今日また新たに別の指を切ってしまいました。
 なんか最近ボケッとしてるのでしょうかねぇ。
 カフェ作ったらぜひぜひ来てください!

2004年04月16日(金)  たまりカフェ 一度はおいでよ もてなすよ


はぁ(お約束のため息で始まる陰気なたまり日記)。やべーやべー。結局、原稿出したのは締め切り時間のギリだった。やばいなー。最近ちょっとダラケすぎ。次の締め切りは来週の月曜だわよ。土日が勝負か。

---

昨日作ったメルティングモーメンツ(food参照のこと)、やっぱりしょっぱくて納得いかん。なんで魔がさして普通のバターなんて買っちゃったんだろ。スーパーの冷蔵庫の前で、ふと、「しょっぱくても美味しいかも」って思っちゃったんだよね。

来週の水曜に学校のクラスメートのMちゃん&Rちゃんが学校の課題をやりに我が家に来るから、そのときはちゃんと無塩バターを使って、もっとマシなメルティングモーメンツをこしらえよう。あとは、カルーアを買ったから、ティラミスも作るのだ。美味しいカプチーノも淹れて、家カフェしよう。(主目的はなんだ)

美味しいものを作って人に食べてもらうのって好きだ。人って美味しい物を前にすると無抵抗なシアワセ顔になる。あの顔を見るのが好き。「でしょ? 美味しいでしょ?」と言ってお互いニッコリすれば、もうそれだけでなんだか連帯感のようなものを感じてしまうのは私だけか。言葉ではとても伝えられないような深い気持ちをあっという間に共有できたような。

将来はシドニー郊外かどっかでカフェをやりたいなぁと漠然と思ってたりする。オープンテラスで、絶品ケーキとヘルシー軽食と格別美味しいカプチーノを出すカフェ。材料は全部オーガニック。ああ、夢だなぁ。

ということで、友達諸君、私の実験台としてぜひ我が家に遊びに来たまえよ。

---

今、縫い物したい病にかかっている。なんでもいいから、チクチク縫って作りたい! ぬおーー。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)



2004年04月15日(木)  イイ男 いつも無口で 無表情


はぁ。またも原稿締め切り日前夜に徹夜しなくちゃいけない私。しかも、午前2時半にして、資料を机の上に広げてみただけ。あんなに時間はあったのにさ。来週の頭の締め切りの嵐には、ぜったいに徹夜しないで挑もう。今度こそ、今度こそ(ブツブツ)。

---

仕事そっちのけで、さっきまでテレビを観ていた。最近オーストラリアもサムライブームなのか、SBSというテレビ東京のようなチャンネルで、『子連れ狼』をやっている。今日のは1972年の作品で拝一刀役は若山富三郎(知らないんだけどさこの人、ちょっと萌え)。

『子連れ狼』って今まで見たことなかったんだけど、かなり好きなこと発覚。私はどうも、無敵のサムライとかニンジャとか殺し屋(および刺客)に弱いらしい。しかも、無口の無表情で、女子供には甘い。あ〜もう、萌え。実はまだ読んだことのない『ゴルゴ13』にもハマルんじゃないかと思ってたりして。どうなの、これ?

バッサバッサと悪党どもを切って切って切りまくる。首がゴロンととれたり、頭が真っ二つになって、血しぶきがウソみたいに噴出したりして、笑いどころも満載(私はどうもこの手の演出で不謹慎にゲラゲラ笑ってしまうのだよ)。話によると、『キルビル』は『子連れ狼』を参考にしてるそうな。いやに納得。

そして、忘れちゃならんのが、エロいシーン(この辺が視聴率を稼ごうとする魂胆丸見え)。一人は綺麗どころが出てきて、拝一刀の無理やりさ加減にメロメロ(死語か?)になってしまうのだ。で、濡場らしきものも用意されていて、その女優は乳を出す(お下劣な表現失礼)。無敵な男には、女がメロメロになって当然である。乳も出すっちゅーの。

ハレンチ極まったところで、一つ疑問。大五郎は、常に乳母車に乗って移動するわけだけど、足の発育は大丈夫なのか。しかももうだいぶ大きい気がするんだけど。やっぱ大五郎が歩いてちゃ話は始まらんのだろうか。ナゾ。


関係ないけど、刃つながりで。先日、料理中に包丁で親指をざっくり切ってしまった。ショウガの皮を剥いていたときだったので、しみてしみて大変だった。うちの包丁は日本から持ってきたお気に入りなのだが、鉄製なので錆びる。なので、相方がしょっちゅう研いでくれる。凝り性の相方は包丁研ぎですら極めないと気が済まないのはいいのだが、あーでもないこーでもないと研ぎに研いで、ピンピンに尖った包丁は危険極まりないのだよ。1年後には包丁が半分くらいの大きさになってるんじゃないか。

さあてと、現実に戻ろっかなぁ。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・次なるワクワクってなんだぁ〜。興味しんしん。
 ああ、夢の君といい、春はもうそこまで来てるって感じ??
 そうそう、最近フリマ@東京に向けて、
 着々とデザイン描いてるよん。楽しみ。

・私の友達でも同じ名前の子がいたんですが、
 すっごくすっごくかわいい子だったんで、
 その名前を聞くといつもすっごくかわいい子を想像してしまいます。(笑
 万葉集に出てくる言葉だったんですねぇ。深いですなぁ。
 私なんかがお姉ちゃんがいいですか? ありがたきシアワセ。

・そう、いい加減ですよね、レシピの分量。
 自分でも薄々感じてました。(笑)
 一応、2人で食べてるんですけど、
 相方はだいたい2人前は食べるので、3人前ってところでしょうか。
 あと、多めに作ってストック用に残すこともあるので、
 4人前のときもあります。
 少なくとも、女の子2人分よりは多い感じです。
 あああ、参考にならなくてスミマセン。
 メルティングモーメンツ、ぜひぜひ試してみてください!

2004年04月14日(水)  恋してる パスカリーナの 悩み事


昨日からパスカリーナの様子がおかしい。発情しているみたいなのだ。避妊手術を受けているはずなのに。しかも、私に恋している。いや、私の部屋着のズボンに。いや、部屋着のズボンのすそから出ている約20僂了紊法その糸を発見して以来、大興奮しっぱなしで、このままだと過労死してしまうのではないかというほど、もだえ苦しんでいる。

パスカリーナだけじゃなくて、猫ってひも状のものが大好きだ。ねずみのしっぽを連想するからかなんなのか、ひもを見ると大興奮する。だけど、このパスカリーナの興奮様は異常だと思う。度を越している。だって、食事中だろうが睡魔に襲われている最中だろうが、私が立ち上がって歩き出すと、すかさず飛び起きてズボンのすそから出ている糸を必死で追いかけてくるのだ。

じゃあ、ズボンを替えればいいかというとそうでもない。やっぱり私のすそを追いかけてきて、糸を捜す。そこに糸がないことを知ると、次は相方のかかとを追いかける。そこにもない。今度は、ぎゃーぎゃー鳴きながら家中を探し回る。何か大事なものを失くしてしまったかのように、そわそわと。仕方がないので、糸付きズボンに履き替えて、歩いてあげると安心してまた付いてくるのだ。

そんなこんなで昨日はほとんど寝ていなかったし、食事もほとんど手をつけていなかった。結局深夜になって、ベッドの上で私のズボンとじゃれながら疲れて寝てしまったみたいで、ふと目を覚ますと私の足の間で泥のように眠っていた。今日は眠くてしかたないという顔をしていたけど、やっぱり私が歩くと付いてくるのだ。

どうしてこの糸にここまで恋をしてしまったんだろう、パスカリーナ。でも、今までにないほど楽しそうでイキイキしているので、よしとする。恋ってすばらしい。

---

遊ぶのは月曜までと決めていたのに、水曜になった今日まで、仕事らしい仕事、勉強らしい勉強をしていない。遊んでいたわけでも、寝ていたわけでもなく、この2日間私はいったい何をやっていたのだろう。空白の2日間。明日こそは(と言ってみる)。

そういや、food の13日の枠で更新した「メルティングモーメンツ」マジウマなので、絶対試して欲しいのだよ。ホント、だまされたと思って。これはお願いではなく、むしろ命令です。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・新しい生活って本当に精神的に負担になりますよね。
 しかも、今回の場合、環境の変化が大きすぎますもんね。
 私なんて、いまだに日本とこっちを行き来する度に、
 どん底な気分になってます。
 どうにかならないもんですかね〜。
 何も感じなくなる催眠術とかあったらかけて欲しいと思ったりしますよ。
 でも、きっと、しばらく心の声に耳をかして、
 言いなりになっていれば、浮上しますよ。
 うん、絶対。

2004年04月12日(月)  好きなこと やりまくってた イースター


www.tamarism.com に移動完了しました。「お気に入り」の変更などよろしくお願いします。

---

先週の金曜日から今日まで、世間は4日間のイースター休暇だった。私の休暇は27日まで続くけど、この4日間は仕事も勉強も一切しないと決めて、のらりくらりと本能のおもむくままに好きなことをやって、なかなか充実していたよ。カフェめぐりもしたし、料理もしたし、HPの引越し&リニューアルもした(ドメインまで取っちゃった)。

今週は原稿締め切りが1つある。来週は2つ。それに先週末に入ったちょっと大変な原稿の締め切りが追加された。学校の課題もそろそろ始めないとまずい。

4日間すき放題したからか、やる気はなんとなく出てきたような。気持ちを切り替えて、計画的にやろうっと。

---

実は、この休みに入る直前に新しいデスクトップPCを買った。17インチ液晶モニター(あのうっすいやつ)、ペンティアム4の3ギガ(速い速い)、DVDプレーヤー&DVDライター、高性能スピーカー付き、などなど、それはそれは自慢のPCなのだ。

一つ一つ部品(?)を選んでお店の人に組み立ててもらったので、なんと、この性能で、2000ドル(16万円)という安さ。これはかなーりいい買い物だったと自負しておるよ。

これで、仕事もさくさくーっとこなすぞ!(願わくば)


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・ということはつまり、もうすぐ授かるってことかしら。
 なんかゆったりとしたよさそうな夢だなぁ〜。

・夢を周りに語っておくってのは、なかなか重要なことだと、
 今、身をもって感じています。
 どこから話が転がり込んでくるかわかりませんもんね。
 英語に関する仕事はないようで意外にありますよ。
 留学がんばってくださいね。
 
・今確認してみたところ、グラマシーニューヨークの
 チーズケーキでした。
 いや〜、すごい偶然ですよねぇ。
 こんな海の向こうで同じもん食べてたとは。

・春って偶然にも名前の一部なんですね。
 きっと何か深いつながりがあるのかもしれないですよね。
 私も環境の変化にぜんぜんうまくついていけないタチなので、
 春はかなーり苦手です。気持ちすごくよくわかります。
 胸がぎゅーーーーっとなりますよね。
 環境の変化に疲れたときは、体と心に無理させないように、
 やりたくないことはやらない、行きたくないところには行かない、
 好きなだけ寝る、ってことを私は心がけています。
 そしたら、そのうちにいつのまにか復活してますよ。
 夏になれば、落ち込んでいた理由を思い出せなくなりますよ、きっと。
 それまでの辛抱。

2004年04月11日(日)  タマリズム 引越し作業で 目が真っ赤


HP引越し終了。

ひそかにwww.tamarism.comでドメイン取得してしまった。明日には使えると思うので、「お気に入り」の更新なんかはそのときにお願いしまっす。

今日はもう寝ます。


つづく。

2004年04月09日(金) 助けてよ ホームページが 重体だ


なぜかHPが文字化け中。サーバーの問題だと思うんだけど、直るのかナゾ。そして、見ての通り、この日記ページのデザインも誤って消してしまった。まさに踏んだり蹴ったり。泣きっ面に蜂。

もうね、この際、全とっかえしちゃう。ちょうど今日から19日間のイースターホリデーに入ったし、総リニューアルを図ることにする。

ちなみに、文字化けしているページも、

ページ上で右クリック→エンコード→日本語(自動選択)

で、ちゃんと見ることができます。


今日のところは寝ることにして、明日っから頑張ります。(頑張っても文字化けだけはどうにもならないんだけどさ)


つづく。

2004年04月08日(木)  作るのは 楽しいよりも エクスタシー


原稿締め切りが続いて、疲弊しておりました。変な時間に細切れに寝起きして、昨日は学校を休む始末。毎度ながら、自分の計画のなさに呆れます。まぁ、峠は無事超えたのだから、よしということで。

---

この前日本に帰っている間に死ぬほど忙しかったのは、某出版社の大学受験用の新英単語帳開発にかかわっていたからなんだけど、それがやっと製本されて、海を渡って私の手元に届いた。自分がかかわったものが、こうして世間にお見せできる形になると、夜な夜な原稿と格闘していた日々が思い出されて、感慨もひとしお。いとおしくてしかたがない。スリスリ(頬ずり)。

誰でもそうなのかもしれないけど、私は「作る」という行為が特別に好きみたいなのだ。何を見ても、その仕組みを考えて自分で作ってみたくなる。もちろん上手くいくものとそうでないものがあるのだけど、自分が得意かもしれないと思うものには、ヒタスラ没頭する。寝食も忘れて没頭する。明けても暮れても没頭する。もはや採算なんて度外視。

それは、「作る」という行為から何かもっと大きな快感を得ているからだと思う。だって、ランナーズハイというか、エクスタシーなのだよ。脳内麻薬が出まくるのだ。

「教える」という行為も「作る」という行為に似ていると思う。空っぽの押入れに整理して物を入れる、もしくは、ごっちゃごっちゃの押入れを整理し直して、時には新しい棚とか引き出しを取り付けたりして、中身を出し入れしやすい押入れを「作る」感じだもの。

教材開発という仕事は、「教える」と「作る」が一体になっていて、私の食指が動かないわけがない。これからもこの道をがっつり開拓していこうと思う。


で、今は、その英単語帳用のウェブに載せる単語テストの執筆をさせてもらっているのだ。単語帳に出てくる単語を問う英語の例文をヒタスラ考えて問題を作るのが仕事なんだけど、最近スランプ気味でツライ。

例文というのは意味がなくちゃいけないのは当たり前で、その上「あ〜あるある」みたいな身近に引き寄せられるようなものでなくちゃいけないと思うのだ。例文を読んで、すんなりその情景を思い浮かべられるかがカギだと思う。

さらに、受験生というのは、何千何万もの例文を目にするのだから、「彼はありとあらゆる努力をしたが失敗に終わった」とか「交渉は夜中まで続いたが合意には至らなかった」みたいなネガティブな例文ばかりだと、ネガティブオーラが脳に焼き付いてしまうってのが私の持論で、例文のほとんどはポジティブでなくちゃと思うのだ。ネガティブな英単語用の例文も、あくまでも結末はポジティブにする。

しかーし、「自分自身が鬱なときは思いつく例文もネガティブの法則」ってのが私の中にあって、少しでも具合が悪いとダメ。ポジティブな例文がぜんぜん出てこない。そういうときは、一滴一滴絞り出すことになってしまって、ものすごく時間がかかるのだ。余計に疲弊する。無限ループ。

よいものを書くためには、健康的な生活をしろってことだ。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・最近は仕事がつまってたせいもあって、
 ちょっとはマシになってきたかも。
 でも、きっとまた気が抜けて眠り続けるんだと思うけど。
 カラダが欲するようにしてあげるのが一番よね。

・彼が行ってしまうのですね……。
 うーん、それは寂しいかも。
 春っていやな季節ですよね。
 出会いもあるけど、別れもたくさんあってなんだか切なくなります。
 カンカン照りの夏がくれば、それも色あせてしまうんですけどね。
 早く元気になってくださいね。

・ということは、私はパスカリーナに信頼されているのかもしれませんね。
 ただ、パスカリーナは布団を上にかけられるのが、
 いざというときに逃げられないような気がするのか、
 あまり好きではないみたいなんですよね。
 布団をかけようとすると、疑いの眼でじーっと見て、
 ピャッと逃げてしまいます。
 だから、布団の中で並んで寝てくれるのがうれしくてうれしくて。
 実家のネコは股の間で寝るのが好きですね〜。
 息苦しくないのかしらと、不思議に思います。 

・自分の日記を改めて読み返してみて、
 そういう疑問を持つ人も確かにいるな〜と思いました。
 いや、その疑いはないみたいです。今のとこ。

・はじめまして。
 ずっと塾で英語を教えていたのと、編集者の経験があって、
 教材執筆の仕事がしたいという熱意を、
 ありとあらゆる人に語っていたら、ひょんなところから、
 フリーランスで教材開発にかかわる仕事の声がかかって、
 その仕事の最中にも、「執筆の仕事がしたい」と、
 うるさいくらいに言っていたら、回してもらえるようになりました。
 半ば押し切った形です。(笑)

2004年04月03日(土)  眠り病 パスカリーナの 一番に


次の睡魔がいつ訪れるかわからないので、今のうちに更新。

---

最近カラダの調子がおかしい。調子が悪いのではなくて、あくまで「おかしい」のだ。というのも、人生始まって以来の眠り病が続いているのである。寝ても寝ても眠い。1日最低12時間は寝ている。ヘタすると夜から昼まで12時間寝た後に、いったん起きて5時間昼寝したりしてしまう。これが、かれこれ半月くらい続いているのだ。

泥のように眠り続けるときもあれば、夢と現を行ったり来たりすることもあれば、頭は覚醒して何かを考えているのにカラダがベッドに沈み込んで動かないときもあり、まちまち。決して辛くはない。かと言って気持ちよくもない。なんだか死んでいるみたいな気分。とにかく不思議な感じなのだ。

起きているときは何をしているかと言えば、仕事をしているか、家のことをしているか、学校に行っているかなのだが、問題は、その間に止め処もなく食べてしまうということ。仕事しながら飲み食いし、料理をしながらツマミ食いし、外に出たら買い食いしてしまう。

満腹感がない。しかしお腹が空いているわけでもない。ヒタスラ食べるので、常に膨満感が付きまとう。なのにさらに何かを口に放り込む自分がいる。そして、何も味わっていない。

うーむ……。もしかして冬眠の準備をしているのだろうか。オーストラリアはもうすぐ冬だ。それとも、私のカラダと頭で、何かが起こっているのだろうか。ヒタスラ謎だ。眠り病&過食と時を同じくして、からっ咳が始まったのも気になる。


関係ないが、今相方が出張で留守だ。ヤツは今ゴールドコーストにいる。つまり、家には愛猫パスカリーナと私だけなのだ。私が3ヶ月間帰国している間に、パスカリーナはすっかり相方に懐いてしまって、2番目に成り果てた私であるが、この機を利用して1番に成り上がろうと企んでいる。むふ。

パスカリーナは寝ている私が大好きだ。私がベッドに上がると待ってましたとばかりに付いてきて、ゴロゴロのどを鳴らしながら仰向けの私のお腹を5分くらいモミモミして(子猫がお母さんのおっぱいを揉む行動だと思う)、クルリと丸くなってそのままお腹の上で眠る。

今日なんて、まだ相方ですらやったことのない、布団の中で並んで寝るってことも達成してしまったのだ。相方よ、どうだ参ったか! ヒタスラ眠り続けた甲斐があったというものである。パスカリーナが一緒にいてくれれば、眠り病も悪くない。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・でしょでしょ〜。もうちょっとリサーチしてみまっす。

日記のもくじ昨日の日記明日の日記
たまり |mailHP