雪さんすきすき日記
リサイクル戦術シミュレーション『リサイクルプリンセス』 倒れてもその場で復活するリサイクルSLG。全力で応援中!
DiaryINDEXpastwill
「ときのあくま」攻略はこちら  「東方戰騎譚」エキスパート攻略はこちら  考察のようなものはこちら
自己紹介はこちら  リプレイはこちら  動画はこちら(完成版体験版)  Twitterはこちら


2008年11月30日(日) 休日のこと

 昨日の休出の反動で、15時までほとんど寝てた。

 起き掛けに「ケツイ」のDVDを観た所、目の前が軽く明滅したので、今日は体調が宜しくないと判断。なので、「東方地霊殿」のEXTRA攻略を開始。
 いや、今回の道中は楽で良い。EXTRAは作品が進むにつれて難易度が上昇傾向だったが、ここで「東方紅魔郷」の頃に戻った感じである。そして、今日は「無意識の遺伝子」まで到達。こいしも通常弾幕が簡単になって嬉しいところ(それでも、油断すると被弾はするが)。「妖怪ポリグラフ」は結構悩んだ。というか、耐久弾幕と気付くのに結構掛かった。
 「ハルトマンの妖怪少女」は久々にZUN氏の少女観炸裂という印象を受けた。それこそ、「U.N.オーエンは彼女なのか」並に。不気味さと可愛らしさの旋律の対比が非常に面白い曲である。

 「魔女ボーグ メグリロ」(ASTRO PORT)の情報公開。体験版も近日公開のようで。あれ、こんな平和な物語だっけ?こっちじゃないの?

 30代ちょっとこいwwwwwwwwwwwwwwwwwwと呼ばれたのでちょっと行ってみた。個人的にヒットしたのは13,36,73,76。


2008年11月29日(土) 仕事のこと

 今日は都内にサンプリング。前回もそうだったが、今回はアクティブ法と呼ばれるもので、部屋を一定時間閉め切った後、ポンプで空気を吸引してサンプラーに調査物質を吸着させるという方法である。で、この一定時間というのが5時間と非常に長く、どう過ごすかが毎回問題となる。複数で行った場合には、大体ファミレスで粘るか適当にその辺りをドライブして時間を潰すのだが、今日はサンプリング箇所も少ないので一人。存分に活用させてもらった。

 というわけで、品川の現場で9時半頃に部屋を閉め切った後、先ずは神田のバーガーキングで遅い朝食。その後、秋葉原に移動して、RAP2SAのジョイスティックを交換するためにマックジャパンでLS-32-01を購入。ついでに虎とメロンに寄って同人アイテムを購入。メロンでは溜まりに溜まったポイント引換券10枚(5k円相当)をここぞとばかりに活用。こんな行動、同行者が居たら絶対に出来ない(笑)。

 この時点でまだ12時だったので、来週末の鍋の待ち合わせ場所を決めるべく池袋に移動。目星をつけた後、折角なので東武で買い物を。今使っているパスケースがもうボロボロで買い換える必要があったのでまずはそれから。地元の西武ではなかなか良いのが見つからなかったのだが、ここであっさり入手。やはり、東京のデパートは品揃えが違うと思った次第である。
 で、ここで帰れば平和だったのだが、そろそろ新しいコートが欲しいと思って冬物を見て回ったところ、直感的に欲しいと思ったコートに出くわしてしまったのである。ヘリボーン柄と着ても大きく崩れない整ったフォルムにほぼ一目惚れで、価格も55k円とコートにしては非常にお手頃。とりあえず店員さんに確保してもらい、一応他の店も見て回る。結果、一店だけ扱っていた今時膝下まであるロングコートが気を惹いたのだが、今一つ地味だったのと価格が110k円と生意気(店員談)だったので諦めて、先のコートを購入。冬コミに着ていくものが出来て良かった。しかし、偶にこういうところで店員と話をすると、いろいろと刺激があって楽しい。つい話し込んでしまい、危うくサンプリング開始時刻に遅れるところであった。
 それにしても、店員も私が肩に掛けていたトートバッグの中身が同人アイテムだとは夢にも思わないであろう(笑)。

 その後、無事仕事を終わらせて帰宅。早速RAP2SAのジョイスティックを交換する。昔ゲーセンでバイトをしていたので、さほど苦も無く交換完了。慣れれば10分程度で終わる作業であった。そして、早速具合を確かめるべく「東方地霊殿」をプレイしたところ、適度な硬さで精密移動の信頼性が格段に向上し、予想以上の好感触。あまりに快適だったので、仕事で結構疲れていたにも関わらずEASYながらパチェとにとりと文の3キャラを立て続けにクリアしてしまった。しかし、STGには丁度良い硬さでも、アクションゲームには硬すぎるかも。

 今日はここまで。実に有意義な一日でした。あとはお酒を呑んで寝るだけですよ、雪さん。

 あれ、「幡紫竜」(瞬殺サレ道?)が今日からメッセで委託開始とのこと。私が行ったときは見当たらなかったのだが…。まあ、仕方ない。来週の上京時にでも入手するか。


2008年11月28日(金) 続々・「東方地霊殿」のこと

 明日もサンプリング決定。冬コミ新刊に備えて稼ぐぜ。

 現在、竜次氏に見せるために道中の会話を飛ばさないリプレイを収録中。紫はNORMALで収録できたが、残りはお手軽にEASYで。しかし、アリスは今回強いなぁ。あっさり残×9で4.5億が出た。低速の拡散ショットのお陰で道中とお空戦が楽。それに比べて、文はEASYでもぎりぎりのクリア。

 「ミラーズ」の紹介文を読んで見てみたくなったけど、怖い映画なので絶対に見ないであろう。「ソウ」は2でもう限界かも。


2008年11月27日(木) 続・「東方地霊殿」のこと

 昨日の出張で疲れ果てたので、今日はゲームはお休み。来週末の呑みの予約とか入れていた。

 NORMALで全キャラの会話を見て、地霊組の評価が急上昇中。どの位かというと、その勢いは紅魔組に迫る程。
 さとりは二次補正が高いが、お燐とお空は素で気に入った。特に、お空は核融合を扱っているので更に好感度大。烏だけあって黒髪も綺麗だし。あと、問題発言(笑)。こいしは未だお目にかかれず。
 そして、急いで同人ショップの通販で地霊殿本を発注する日が暫く続いたとさ。


2008年11月25日(火) 「東方地霊殿」のこと

 NORMAL紫でノーコンティニュークリア達成。沢山ミスをして3.8億。ちなみに、昨日クリアしたアリスも3.7億。やはり、ミスをすると全然スコアが伸びない。ノーミスくらいまでは頑張りたいところ。

 明日は朝早くからサンプリングなので短めに。都内は極力電車で行きたいのだが、同行者と機材の都合から今回は車。折角現場の近くに駅があるという好条件なのに…。


2008年11月24日(月) 続々・休日のこと

 午前中にちょっとだけ出社して仕事を片付けた後、遅い朝食としてすき家でお好み牛玉丼を食べてみた。見た目からくどい程こってりしているかと思っていたが意外とそうでもなく、キャベツが程よいアクセントで美味しかった。ただ、続けて食べるものではないかも。メガ牛丼も魅力的だったが、食べきる自信が無いので諦め。

 昨日の予告どおり、今日は「東方地霊殿」NORMAL魔理沙組でバッドエンド回収。しかし、どこをどう間違えたのか、いきなりアリスでノーコンティニュークリア達成。こんなに早く達成できるとは予想外であった。どこぞで見かけたツンデレ機体という表現に至極納得。
 バチェとにとりは無事(?)コンティニューしまくってクリア。パチェは多彩な攻撃が面白いけど、決定力不足な感が否めない。体験版の時点ではクリアが一番楽だろうと思っていたが、そんなことは無かった。にとりはさらに決定力が欠けているような感じでどうしたものやら。それでも、霊撃のおかげか意外と残機を減らさずに先に進むことは出来るようで、何とも妙な機体である。
 あと、パチェでのさとり戦後半は3枚共「よりによってこれか…」とげんなり。まさか、実際にトラウマを呼び起こされるとは思わなかった。萃香の「百万鬼夜行」も相当効いたが、それを遥かに上回る破壊力である。
 そして、バッドエンドでは怨霊が喋るわ温泉に入るわで大活躍。パチェのバッドエンドは台詞込みで立体化したら面白そう。

 それにしても、RAP2SAのスティックの軟らかさが気になってきた。どうも斜め方向への誤入力が多いのと、細かい動きに難有りといった感じ(特にお空戦が辛い)。近々秋葉に行ってセイミツ製のレバーを購入してこよう。

 「東方地霊殿」エキストラが解禁になったのでとりあえずプレイして早苗さんで終了。ラストリモートの曲解説の最後に即突っ込み(笑)。
 あと、霊知の太陽信仰が物凄くタイトー臭い曲調のように思えるのだが、気のせいだろうか。過去にクリアしたタイトーのゲームを見ても今一つ確証が持てないし。


2008年11月23日(日) 続・休日のこと

 昨日も日付が変わる頃まで結構な量のラムコークを呑んでいたにも関わらず、今日は9時頃起床という有り得ない事態に遭遇して本気で焦った。

 折角早起きしたので、布団を干してから「東方地霊殿」。とりあえずNORMAL紫でコンティニューしまくってクリア。バッドエンドの絵がとても面白かった。しかし、相当力を入れてプレイしたせいか、終了後首筋に酷い痛みが生じてしまい湿布を貼る羽目に。
 その後、NORMAL萃香とNORMAL文でもコンティニューしまくってクリア。萃香はノーコンティニューで6面到達という快挙。攻撃力は紫より低いはずなのに、何が良かったのだろうか?一方、文は扱いが難しく(別の意味に捉えられそうだ)、ノーコンティニュークリアは大変そうである。そして、バッドエンドの絵はどのキャラも大変面白かった。中でも、萃香はタイトル画面に出ているあの情けない顔の怨霊が登場しており、特に笑いを誘う。

 「あなたも私とフュージョンしましょ?」は東方切っての問題発言。話には聞いていたし同人誌のネタにもなっていたが、実際に言われるとかなりの破壊力であった。アホの子こわい。

 お空のスペルカード発動中の背景だが、宇宙と猫は確定なもののICチップのようなものが未だ真意を捉え切れていないようで。もしかして、猫と宇宙からあれは「メタルブラック」の基板で「メタルブラック」へのオマージュとか?でも、この場面で「メタルブラック」という必然性は無いし、F2基板はあんな配置じゃなかったような(もう手元に無いので確認できない)。う〜む。

 明日は魔理沙でバッドエンドの回収でもしようかと。午前中お仕事だけど。

 あ〜、首筋が痛い。湿布湿布。


2008年11月22日(土) 休日のこと

 昨日は何だかんだで28時位まで呑んでいたのだが、目覚めは良かった。さすがラム。缶チューハイではこうはいかないであろう。

 で、起きたら当然「東方地霊殿」。NORMAL紫がどうにも先に進めなくなった。理由は簡単。とりあえず先にすすもうとしないから。序盤のパターンを固めようとしてミス連発。そんなの後で良いのに、性格上そうしてしまうのが恨めしい。
 で、気分転換にEASY紫をプレイしたら、さすがEASYだけあって一発でクリア。いや〜、ラスボス戦がもうたまらなくたまらなかった。核融合(というか太陽)を主題とした攻撃と、三葉マーク(放射能マーク)っぽい演出に戦っている最中顔がにやけっぱなし。きっと、通常攻撃はガンマ線とかニュートリノとか、そういうエネルギーの奔流を模しているんだろうな。ああ、たまらん。
 ちなみに、三葉マークっぽいと書いたのは、三葉マークには右図のようにちゃんとした規格があって、このゲームのマークはそれに則っていないから。この辺りがちょっと残念。
 そして、こんな楽しい戦いをEASYで体験してしまったことも残念。やはりNORMALでより嬉しい悲鳴を上げながら戦いたかった。こればかりは自分の下手さを呪うしかない。

 そういえば、「東方地霊殿」は霊撃によるパワーダウン(これは「東方風神録」からだが)とアイテムによるエクステンドが不評のようである。霊撃は使えば使うほど不利になるから、アイテムによるエクステンドはミスをすればするほど残機が増えなくなるからというのがその理由らしいが、これが私にはどうもぴんと来ないのである。恐らく、私のプレイスタイルが決め撃ち以外でボムを使わないのとノーミス至上主義であるためであろう。しかし、それ以上に昔のゲームにはそのようなプレイヤーに不利になるシステム(「トライゴン」のようにパワーアップしない方が簡単になるとか)や、ミスしたら残機が増えないどころか1ミスで終了(これは例を挙げると枚挙に遑が無い)という、今からすると理不尽な点が相当見受けられたので、それに慣らされたというところが大きい。
 で、ここから2つに話を展開する。1つは、「東方風神録」のおまけテキストにあった「ゲーム新時代の"悪"」。昔のゲームの理不尽さにも繋がるこれら不評なシステムは、正にこの「ゲーム新時代の"悪"」的な要素ではなかろうか。ならば、今のプレイヤーに受け入れられ難くて当然である。しかし、昔のプレイヤーはこの理不尽さに打ち勝つことで矜持を得たものであり、それもゲームの面白さの1つとして捉えていた。今のプレイヤーに当時と同じ事を要求するのはあまりにも酷だが、「東方地霊殿」位は軽くあしらって欲しいというのが正直なところである。
 もう1つは、ゲームセンターの意義。ゲームの多様性を知る上でゲームセンターという場所は非常に優れていた。何しろ、様々なゲームがコインを投入するという手間だけでプレイできるのである。そして、そこでゲームのシステムや楽しみ方等ゲームが持つあらゆる要素の多様性を知り、それに対応する能力を磨いてきた。それこそ、「東方地霊殿」で不評なシステム程度なら楽に適応できる位に。まあ、率直に言えば「下を見たらきりが無い」ということなのだが(笑)、今のゲームセンターにはこのような恵まれた環境を望むことはできないのが残念な限りである。
 予想どおり年寄りの昔話になってしまったが、不評を呼んだシステムは意図的に取り入れられたものと考えられ、これを機会にシステムに打ち勝ったりあしらう逞しさをプレイヤーが身に付けられれば面白いなぁ、と思った次第である。それにしても、「ゲーム新時代の"悪"」が今後どういう形で東方に取り込まれるのか、年寄りである私は興味津々である。「東方地霊殿」のおまけテキストが時間切れで内容が無かったのが残念でならない。

 あ、NORMAL紫でもお燐まで到達。


2008年11月21日(金) 続々・「東方地霊殿」のこと

 何だか右目の奥の上のほうが痛い。風邪かなぁ。

 今日も「東方地霊殿」はNORMAL紫で5面まで。4面をプラクティスで練習したおかげで、何とか道中アイテムを回収し続けられるような形が見えてきた。まだ慣れないので操作が覚束無いことこの上無しだが、パターン化した上で咄嗟の判断も必要とするのは楽しい。
 しかし、さとり前で残4あったのに、何で通常で被弾しまくるかなぁ。おかげで、5面突入時に残0で開幕終了。折角の機会を活かせなくて残念。

 シューターは自分が面白いと思う要素を全てのSTGに「画一的に」求めて評価を下す傾向が強いと思うのだが、やはりシューターはナルシストであるという知人の言葉のとおりなのであろうなぁ。
 と、某所の騒動を眺めながら。

 あと、つまらない理由を書くのは楽で良いね。読む方の反応を考えないのなら尚更。


2008年11月20日(木) 続・「東方地霊殿」のこと

 お察しのとおり、会社の球技大会の日からその翌々日まで筋肉痛やら疲労やらでゲームどころではなかった。したがって、日記も書くことが無く今日に至ったわけである。まあ、昨日はお酒を呑みながら「Prizhm」(RezetiA)のEASYをクリアしてはいたのだが。

 で、何とか筋肉痛が治まってきたので、「東方地霊殿」を再開。NORMAL紫で今日は5面まで到達。4面道中は綺麗にきまるとさぞかし気持ちよいであろうと試行錯誤中。あと、お燐(猫)を倒した後に体当たりを決めること数回。


2008年11月17日(月) 「東方地霊殿」のこと

 明日の球技大会に向けて昼休みに練習をしたせいで、四肢が痛い。本来なら参加などするはずは無いのだが、委員なので仕方ないのである。

 そんな疲れた体を引きずって「東方地霊殿」(上海アリス幻樂団)にいよいよ着手。とりあえずNORMAL紫でさとりまで到達。噂に違わぬ難易度で、3面から道中は画面下の自機周りしか見ていなかったような。しかし、やはり東方らしさは変わっていないという印象。プレイ後に「東方紅魔郷」のおまけテキストを読んでみるとちょっと面白かったり。
 ついでに、先日購入したREAL ARCADE PRO 2SAの具合も確かめてみたのだが、値段相応の好感触。2kgを越える重量だが、膝の上においてプレイしてもさほど苦にならず安心した。給料が入ったら、もう1台購入しよう。

 自分で踏んでみた。何となく。


2008年11月16日(日) 続・休日のこと

 今日は午後から都内でお仕事。帰りにコミティア組と合流でもしようか。

 で、起きてネットをだらだらと眺めていたら、「東方スプリンターセル」のタイムアタックイベントが一旦中止とのこと。何でも、ステルス迷彩等のガジェットがどの面でも使用可能になってしまうとのことで、それでは確かにタイムアタックが成立しなくなってしまう。そして、今までの記録は全て取り消し。わ〜い。
 全面クリアするのに費やした時間を考慮すると、再度参加することは難しいなぁ。まあ、どうせ賑やかし程度の記録だったし、この処置で挫けなかった他の方に頑張ってもらおう。

 仕事帰りに秋葉に寄って購入してきた「ザ・ヘルビジョン」(にゃんぷに会)があまりにも芸が細かくて、食い入るように読んでしまった。いや、これは良く出来ているわ。ちなみに、メロン専売のようなのでご注意を。

 そして、今日もゲームはお休み。顔面神経痛がねぇ。

 「TWilight refrAIN」のCG集が届いたので早速拝見。見たことの無いキャラが沢山居る(笑)。
 何が一番楽しみかというと、やはりラフ集。「TWINS」のときもそうだったが、キャラの変遷や余白に書かれたコメントを見ると、私達が目にしている完成形に至るまでに物凄い労力が掛けられていたことを思い知らされる次第である。しかし、キラの杖が当初全長2.5mだったのには笑った。それはそれで魅力的だが。
 あと、サントラのジャケ絵が嬉しすぎる。本当に頑張った甲斐があったというものである。

 「東方スプリンターセル」の修正パッチが公開されたので、早速当てた。

 きれいさっぱり。

 ASTRO PORTの新作「魔女ボーグメグリロ」はどこをどう間違えたのか、自機が女の子の縦STG。しかし、どうせASTRO PORTのことなので普通では終わらないであろう。


2008年11月15日(土) 休日のこと

 もう、氷結ストロングを呑むのは止めようかな…。内臓が重い…。アルコール度数だけでいえば最近呑んでいるラムコークと同じ8%(度数40%のラム:コーラ=1:4)なのだが、やはりアルコールの質が違うのであろう。

 ところで、キリン世界のKitchenからのドライフルーツ&ダージリンが異常なくらい美味しくて、見かけて以来頻繁に飲んでいる。このシリーズはディアボロジンジャーや水出しミントジュレップソーダなどいくつもの独特で美味しい商品を出してきたのだが、ドライフルーツ&ダージリンは更に別格。ドライフルーツの非常に上品な甘さと紅茶の風味の絶妙な調和は、今までの商品よりも遥かに高い中毒性がある。おかげで、コンビニに寄る頻度が増えてしまった。
 と、公式サイトに行ってみたらプレゼントがあったので、ドライフルーツ&ダージリン1ケースに早速応募。当るといいな。

 ととねみぎさんが虎のポイント交換景品の湯のみのイラストを描いたようで。とてもいい感じなので交換が始まったら早速申し込もう。今なら10個以上交換できるし(注:お一人様1点まで)。
 と、虎のポイント景品交換のページを見てみたところ、ざらさんの湯のみが面白かったので早速交換。しかし、虫が苦手な私にこれは使えんなぁ。
 そして、朝っぱらから虎の通販で東方本を発注。

 その後、日が出ている間中寝ていた。やはり、「東方スプリンターセル」でかなり疲れていたようである。このゲームは本当に気が張るからなぁ。というわけで、今日はゲームをしないことに決定。

 永久る〜ぷから「TWilight refrAIN」のスコアアタック景品発送のお知らせが。楽しみ〜。しかし、このゲームもスコアアタックが終わって以来全然プレイしていない。勿体無い限りだが、さすがにあれだけ頑張って(自分なりに)気力を使い果たしたので、再開するにはもう少し休養が必要かと。

 ゲームをしないで暇なので、唐突に紅楼夢新刊の話など。
・「幼女と少女 in 博霊」(PERSONAL COLOR
 魔理沙の持ってきた怪しげな薬のせいで幼女になった霊夢の話。単なるドタバタコメディかと思ったら、最後にちゃんと紫霊で締めてある辺りがさすが桜庭さんである。この方は絵も話も上手いので、本当に安心して読める。
 で、早苗、霊夢ときたので次は魔理沙か。
・「AQNクライシス」(Public Planet
 ここ暫く私の中で評価を上げているサークルの紅楼夢新刊。このグダグダ感がジギザギ同様お気に入りである。今回も、慧音のスキャンダルを暴こうと勢い良く始まって最後にはグダグダという黄金パターン。妹紅がこーりんをボコボコにしている場面が妙にツボにはまった。


2008年11月14日(金) 続^4・「東方スプリンターセル」のこと

 今日は都内へサンプリング。目的地へ向かう道はコミケでビックサイトから帰るときに通った道を逆走するものであり、己の業の深さを思い知った次第である。それにしても、平日の都内は車で走るところではないが、昼間の銀座は尚更であった。あと、月島の辺りは休日の閑散としたときしか知らないので、平日の賑やかさに吃驚した。

 「東方スプリンターセル」VR Missionモード全面ノーミスSS達成。というわけで、イベントに応募。全然詰めていないけど、もうこれで十分満足。まあ、賑やかし程度にはなるであろう。

 合計タイムはこんな感じ。1時間切れたので良しとする。

 その他のMission。SSが並んで気持ち良い。
 Weapon Mission
 Advanced mission
 Bomb Mission

 だらだらとネットを巡回していたら見つけた事故。「ワイルドアームズ」のハンペンが好きな諺である「空を飛ぶものは皆いつか落ちる」を思い出した。


2008年11月13日(木) 続^3・「東方スプリンターセル」のこと

 今日は午後から半休を取って、作業環境測定士の登録に必要な書類を揃えるべく役所と労基署へ。役所は住民票で、労基署はその他必要な書類の写しへの原本確認の押印。こんなに手間の掛かる登録は初めてである。

 「東方スプリンターセル」勢いでAdvanced Missionを全面クリア。どの面も手応え十分であった。他のMissionはほとんど一本道なのだが、Advancedは経路が多岐に渡るので、時間が最短となる道程をも考えなければならない。敵の配置や動きなどによっては、急がば回れにもなるのである。しかし、5面はクリアしてもタイムが登録されないという不具合発覚。早速修正依頼を出す。そして、その後さらに5面のタイム短縮のネタを思い付く。
 残り1面。Sneaking Missionの10である。その前の9でクリアに4時間掛かったので、この面はどれだけ掛かることやら。


2008年11月12日(水) 続々・「東方スプリンターセル」のこと

 「寂しがりやの言葉たち」(MATILDA)にて百合分大幅補充。サイトの言葉を借りると「甘えたい魔理沙と甘やかしたい咲夜さんがタイトル通り不毛な会話をしながら、最終的に自分達の関係はギブアンドテイクだと認識する漫画」。風邪を引いて弱気になっている魔理沙に対してここぞとばかりに攻める咲夜さんだが、最後に逆転されてしまうところが可愛らしい。しかし、「東方紅魔郷」のあのセリフをこう活かすとは恐れ入った。

 「東方スプリンターセル」勢いでWeapon Mission残りの5面をクリア。何だかんだで1が一番難しかったような。まあ、後半は強力な武器ばかりだから仕方ないのかもしれないが。
 そして、Advanced Missionの1をちょっとプレイしてみたのだが、実戦を想定した面構成だけあってかなり複雑な面構成となっていた。う〜む、これは手応えがありそうだ。
 というわけで、残り6面。

 今日でバカルディが半分になった。コーラも1.5Lを丁度1本消費。となると、金額的には缶チューハイよりこちらの方が高く付くようである。しかし、翌日の体への負担はこちらの方が遥かに軽いので、一概に缶チューハイの方が良いとは言えない。まあ、どちらもバランス良く呑むのが良いのであろう。


2008年11月11日(火) 続・「東方スプリンターセル」のこと

 「Scarlet Meister」(ハードカバーは鈍器)が届いたのだが、恐れ多くてCDを取り出すことはおろか袋からすらも出せない。

 今日の「東方スプリンターセル」はWeapon Missionを3つクリア。内2つは超簡単な面だったのでちょっと楽できた。残り11面。


2008年11月10日(月) 「東方スプリンターセル」のこと

 昨日あれだけ大見得切っておきながら、今日はSneaking Missionの9をクリアするのに4時間も掛かってしまった。この面広すぎ。そして、カードキーばらけすぎ。それでも何とかノーミスSSは達成。
 この面にあまりにも時間を取られてしまったので、簡単な面でクリア面数を稼ごうと思いWeapon Missionの1を選択。1というからには簡単だろうと思ったら全然そんなこと無かった。結局この面でもノーミスSSを達成するのに1時間以上時間を取られて、時刻は日付が変わる寸前。時間的にあと1面が限度なのでWeapon Missionの2を選択。こちらも1時間程度でノーミスSS達成。1よりも若干簡単だったかもしれない。Weapon Missionはどうやら面構成がそれぞれの武器に応じているだけで、難易度はあまり変わりないようである。
 一応、折り返し地点まで到達。残り14面。


2008年11月09日(日) 続・休日のこと

 昼過ぎに起きてちょっとお掃除。机の引き出しの中があまりにも酷かったので片付けていたところ、「エターナルメロディ」のラミネートカードやフロッピーラベル(同人アイテム)が出てきて感慨に耽る。しかし、ラミカにアイリスさんが居ないのは未だに納得がいかない。後は、暖房を入れるようになったので部屋の空気を循環させるべく扇風機を置こうとしたところ、そこが同人誌に占領されていたのでこれも片付け。
 最近は専ら「人造兵団」を秩序だった状態(クリアとか鍵の全取得とか)にするべくエネルギーを費やしていたので、他の部分が無秩序な状態になるのは熱力学的に仕方無いのであった。

 その後、通販をチェック。止せば良いのにメッセで「Scarlet Meister」(ハードカバーは鈍器)を注文してしまう。動作確認版をプレイして絶対に自分には無理だと分かっているのに購入するのは正に愚行である。

 そして、遂に「東方地霊殿」(上海アリス幻樂団)をインストール。手持ちの同人ソフトも粗方クリアしたし(積んであるVNはあえて無視)、これで漸く腰を据えてプレイできるというものである。
 が、その後が拙かった。昨日パッチが公開された「東方スプリンターセル」(BlueMica)のVR Missiionをうっかりプレイしてしまったのである。ああ、これはちゃんと全面SSでクリアしないと駄目だ。というわけで、「東方地霊殿」はまたしても先送りになるのであった。まあ、今日1日でSneaking Missionの8までとBomb Mission全面を被弾無しのSSでクリアできたので、1週間もあれば何とかなるかと思うが。

 しかし、ガソリンも安くなったなぁ。


2008年11月08日(土) 休日のこと

 紅楼夢の新刊の通販がどうにも纏まらず送料が勿体無いので今日は上京しようかと思ったが、良く考えるとやはり電車代の方が高く付くので素直に通販を利用することに。

 「人造兵団」鍵8が取れなかったのがバグということが発覚し、修正ファイルが公開された。早速パッチを当てたところ、無事鍵8を取ることができた。しかも、こんな仕掛けまであったとは(注:ネタバレ)。その後、夢幻の間の最下層をクリア。本編とはまた違ったエンディングが流れて吃驚。
 そして、やはりイスカの戦いにはちゃんと区切りをつけてあげなければならないというわけで、ラスボスを倒してトゥルーエンド。これで今度こそ一段落である。エンディングを見るのはこれで4回目になるが、今回のエンディングは充足感が今までと格段に違うせいか、一層切なく、そして一層美しく見えた。そして、エンディングが終わった瞬間、素直に楽しかったと思えたのはゲーマーとしてとても幸せなことなのであろう。まあ、SLG慣れしていないので新鮮に感じた部分が多かったせいもあるが、それでも楽しかったことには変わりは無いのである。というわけで、このゲームと出会えた幸運と、入手するにあたって貴重な情報を下さったようはくさんに感謝する次第である。また、十分に頑張ったイスカには戦いの傷を癒してもらい、次に現れるときには使命から解放されて運命に翻弄されないことを切に願う。

 特殊装甲隊の次回作はまたSLG(東方二次創作のようだが)なので、期待して待つことにしよう。

 おおっ、すっかり諦めていた「ELMSEED」(Platine Dispositif)が次回の冬コミから再開とのこと!とはいえ、間が開きすぎたので先ずは総集編で仕切り直しをするようで。既刊を全て持っている私にはもどかしいものもあるが、まあこれはこれで。

 「東方スプリンターセル」(BlueMica)のパッチ公開及びタイムアタックイベント開催のお知らせが。しかし、難易度は高そうだしタイムアタックは苦手なのでどうしたものやら。とりあえず、パッチの中身を見て考えようかと。
 パッチを当てたところ、はしごの上に乗ると落ちることがあるのが修正されていた。てっきり仕様かと思っていたのだが。


2008年11月07日(金) 続・「人造兵団」のこと

 というわけで、ホワイトラムのバカルディを買ってきた。ラムコークは普通に美味しかったが、ラム野菜生活100紫の野菜は何だかよく分からないものになってしまい、激しく後悔。とりあえず、ラムと野菜ジュースは相性が悪いということが分かった
 そして、ラムコークは口当たりが良いので油断すると何杯でもいけそうである。目的である酒代削減に重大な影響を及ぼす恐れが。それ以前に、よくよく計算してみると、実は缶チューハイと大差ないという結果が。やはり、お酒はお金が掛かるものである。

 「人造兵団」最後の鍵8がどうしても入手できなくてお手上げ。2章が終わるまでに主人公のパワーアップ2回以外に何か条件があるのだろうか?


2008年11月06日(木) 「人造兵団」のこと

 好きなもの:ちゃんと動く道具
 嫌いなもの:ちゃんと動かない道具
 ポンプの吸引量を3Lと設定したのならば、ポンプはちゃんと3L引け。

 「人造兵団」鍵8は諦めて、鍵29を入手。
 そして4周目開始。あそこまでヒント(というか方法そのもの)が出ていて入手できないのは癪に障る。
 主人公のパワーアップイベントは、マップを高難易度(レベル1.5以上)でクリアした回数(クリア後に再度訪れたのは含まない)によって発生するのではなかろうか?とりあえず、1章を最初のマップ以外全てレベル1.5以上でクリアしてみたところ、6つ目までは発生しなかったイベントが7つ目をクリアした後に休んだら発生したので。
 明日は週末なので、そこでなんとか区切りを付けたいところである。


2008年11月05日(水) SLGのこと

 今日も「人造兵団」。
 2章で主人公が2回目のパワーアップをしたのだが、その後イベントが発生せずに鍵も入手できず。いろいろと試行錯誤をしているのだが、イベントが起こる兆候が全く無い。困った。

 そして、SLGはお金が掛かることが発覚。ゲームの初期投資は当然ながらそれ以上増えることが無いのだが、プレイ中にどうしても費用が発生してしまうのである。そう、SLGはお酒を呑みながらでもプレイできる(笑)。というわけで、SLGのプレイ中はSTGやACTとは比べ物にならないほどお酒を消費してしまうのであった。
 ということを竜次氏に話したところ、「ビールとかチューハイとか下手に量が呑めて結局高くつくお酒を選ぶから宜しくないのであって、ウォッカとかラムとか割って呑むようなお酒にしてみたらどうか?」との提案が。なるほどそれは魅力的ということで、早速明日の仕事帰りにでも近所のドラッグストアに寄ってそれらしきお酒を調達してこよう。
 さて、どちらが安上がりになることやら。とにかく検証が必要である。


2008年11月04日(火) 東方本のこと 

衣玖×天は素敵

 初っ端から申し訳ない。仕事と金銭面で(主に後者)紅楼夢など行けようも無く、例の如く一昨日から楽しい通販生活である。
 しかし、何だか今日で紅楼夢新刊は一段落付いたような感じで、寂しい気がする一方で、出費が抑えられて安堵もしている。とはいえ、これから新刊が増えるかもしれないので油断は禁物だが。

 で、衣玖×天であるが、「薔薇科の少女なる植物」(MILK BAR)と「-in the air-」(HANEGOYA)の二冊があまりにも素晴らしすぎて、先日の百合分不足が一気に解消してしまった。しかし、衣玖さんの涙は咲夜さん並の破壊力を誇るなぁ。こうしてみると、紅魔組と衣玖×天はちょっと似ているかも(身分の違いとか、小さい方が我侭とか(笑))。あと、天子のロングに対して衣玖さんのショートという対照的な髪型が組み合わせ的に素敵。
 後は、「天子のいる11月」(OWATA-CAFE)の瀬尾さんの作品で、紫×天も良いかなと思ったり。まあ、こちらは百合というよりは構ってちゃんの天子を紫が余裕であしらうのを見て楽しむという感じだが。

 ところで、総領娘様ってやはり「そうりょうむすめさま」って読むのか。

 ゲームの方は「人造兵団」を継続中。残りの鍵2つの条件を駄目元で尋ねてみたところ幸運にも教えてもらえたので、これは入手するまでプレイするしかないであろう。
 イスカのパワーアップイベントはとりあえず1日目で1回起こせた。条件はユニットの作成とか合成とかかな?イベントの内容からしてもホムンクルス絡みのようだし。


2008年11月03日(月) 休日のこと

 そういえば、昨日電車の中で暇つぶしに携帯でニュースを眺めていたところ、「ゆるさでは負けない」と謎の見出しが。興味を惹かれて見てみたところ、本気で噴き出しそうになった。しかし、携帯ではキャラの紹介のみだったけど、この記事によるとちゃんとした由来があるのね。納得。

 で、今日は昼頃に起きて「人造兵団」を延々とプレイ。合成を活用したおかげで、ラスボスを高難易度で倒したという称号が得られた。それでも大分危うい戦いではあったが。何しろ、ゲームレベルを1.5に下げて、3人に加速装置を付けてハイパー音波を立て続けに喰らわせた後にイスカのブラスター×2発という総力戦で何とか倒すことができたのだから。ゲームレベル2だったら間違い無く倒せなかったであろう。
 あと、カイゼルバンバからどうやったら溶剤Xが奪えるのだろう。石化させても駄目だったし、やはり溶剤Xは入手数が限られている貴重品なのだろうか。となると、このゲームではレベルを下げて再度レベルアップすることによる基本能力の強化は想定しておらず、あくまで技の付加による強化が主体ということになるが。う〜む、何とか溶剤Xを入手して、強さを青天井にしてみたいものである。
 異世界の勇者も倒せたし、鍵がまだ2つ埋まっていないけどとりあえずはこれで一段落かも。いや〜、それにしてもここまで熱中するとは思わなかった。SLGも意外と楽しいものである。

 続けて「東方地平線」をプレイ。冒頭でいきなりビールを噴き出しそうになった(笑)。そして、その後のチルノ先生。たまらん。笑い殺す気か。
 しかしここは、「チルノ先生〜」「はいはい、ちゃんとここにいるよ〜」として欲しかったかも。分からない人はこれを見てみよう。
 で、2時間ほどで終了。ネタは半分も分からなかったが、東方キャラと特撮というミスマッチ感が愉快な作品であった。


2008年11月02日(日) 「サンダーフォース此廚里海

 昨日に続いて午前中はお仕事。バーガーキングのテリヤキは、パティの風味が隠れてしまうので宜しくない。

 午後から漸く本来の休日に突入したわけで、早速各所で不評の「サンダーフォース此廚鮃愼してきた。いや、どうも評判が演出関連に偏っているので、ゲームとしてどうなのかを確かめてみたくなったので。

 え〜と、普通に遊べました。

 というか、これは垢任呂覆靴筬犬梁格圓任呂覆ろうか。全体的に地味だし(笑)。ゲーセンで「サンダーフォースAC(靴離◆璽院璽蛭如法廚鬟廛譽い靴討い浸笋蓮⊆淒戦線の1UPの配置とか追加機体でアイテムを取ったときの1万点の表示にひたすら懐かしさを覚えてしまった。

 というわけで、年寄り補正が入っているのでこういう評価ではあったが、中途半端な垢陵彖任亮茲蠧れは反発を招いても仕方ないとも思った次第。必然性が感じられず、ただ単に垢箸離轡蝓璽催な繋がりを出すためだけに取り入れた感は否めなかった。ちなみに、私も垢任和腓な衝撃を受けたが、さすがに10年も経つと忘れてしまったようで、垢陵彖任出てきても「ああ、こんなのあったなぁ」で済ませることができたのだが。それ以外の演出も、例えば視点変更とかその場面でそれを行う必要性は感じられなかったし。全体的に演出は稚拙といえる。

 とはいえ、靴筬犬領れを組んでいるということは、物語とか演出とか音楽とかエンディングとか一切の付随する要素は気にせずに、出てきた敵をどう倒すかというゲームの部分に集中して楽しむが正しい姿勢かと(笑)。まあ、古き良き時代のSTGですな。
 それでもラスボスの外観のセンスの悪さは割り切れないほど酷いが…。IREMのセンスの良さを改めて思い知った。あと、エンディングはスキップですよ。早くネーミングに行きたいじゃないですか(笑)。

 垢寮掬な続編(特に演出面での)を期待していた人はご愁傷様でした。ただ、個人的には垢脇輿格儖曚箸靴動靴ぁ↓靴筬犬里△△いγ鰐な流れに戻すのも有りかと思う。

 しかし、オープニングムービーでまさか初代と兇留覗が出るとは思わなかった。そして、XBox360版でこのシリーズが出るときは、アメリカで人気の高い全方位STGである初代か兇離螢瓮ぅになるだろうと予想(笑)。

 以下は自分の考えをまとめるための文章。
 を書いていたのだけど、紺奮阿帽げてみたところ破綻したので中止。まあ、あれだ。やはりゲームにそぐわない演出は冷めてしまうわけで。ゲームというのはいかにプレイヤーがそのゲームが構築した世界に没頭できるかが重要なので、演出に限らず冷めてしまって現実的な視点で見るようになってしまったらそのゲームに対する魅力は薄れてしまうのは当然かと。あとは、そのゲームの持つ個々の要素(システムとか演出とか)に対してそのプレイヤーがどれだけ魅力を感じているかということで。
 そして、垢鉢困良床舛世韻任修凌佑STGに抱く価値を判断するのはさすがに乱暴すぎた。

 あと、巡回先とかAmazonのレビューとかで他の方の感想を見てみたけど、ゲームとしては普通という意見が結構多かった。いろいろな意味でちょっと安心。

 まあ、私も下手なリメイクとかされたら腹が立つゲームもあることだし。今回の事態はそういうゲームが垢世辰燭箸い人が多かったということにしておこう。
 下手なリメイクをされると腹が立つゲームその1:「マーブルマッドネス」
 下手なリメイクをされると腹が立つゲームその2:「ファンタジー」
 この2つは譲れん。


2008年11月01日(土) 「人造兵団」のこと

 今日もお仕事。またしても東京に8時に入って9時には出るという、せわしないことこの上無しである。ちなみに、明日も同じ予定。

 で、ただ帰るのではつまらないので、神田のバーガーキングに寄ってワッパーを食べてきた。噂に違わぬ大きさであり、これ1つで十分お腹一杯。余程お腹が空いているときでないと、パティの追加はできなさそうだ。普通に食べるならワッパージュニアで丁度良いかも。しかし、直火焼きのパティは確かにジューシーさがまるで違って美味しかった。あと、オニオンやレタス等の増量が無料なのも嬉しいところ。

 「人造兵団」先日考えていたアサシン起点のギタリストを作ってみたのだが、予想以上に使い勝手が良く大活躍である。移動5もさることながら、アサシンに比べて防御力が高いので、クリティカル狙いで敵に接近しても片道切符にならないのが大きな利点である。あと、カンフー起点のストライカーも、移動6と加速装置のおかげで2章ボスのマップに落ちているアイテムをやられることなく全て回収できた。ストライカーの方はレベルを落として反撃を習得させれば、さらに強いことになるかも。ギタリストも何とかカンフーにクラスチェンジして移動6を入手したいところである。う〜む、溶剤Xがいくつあっても足りなさそうだ。
 補助攻撃は石化かハイパー音波のどちらかかなぁ。石化は一撃で敵を無力化できるし、ハイパー音波は射程の長さと攻撃力の高さが魅力的。攻撃は必要最低限にして、リングを合成して弱点を減らすというのもいいかも。

 リファラを見ていると、「とつげき!人間戦車」はしょっちゅう引っかかるのに、「人造兵団」はかすりもしていない。何故?


氷室 万寿 |MAIL
DiaryINDEXpastwill