雪さんすきすき日記
リサイクル戦術シミュレーション『リサイクルプリンセス』 倒れてもその場で復活するリサイクルSLG。全力で応援中!
DiaryINDEXpastwill
「ときのあくま」攻略はこちら  「東方戰騎譚」エキスパート攻略はこちら  考察のようなものはこちら
自己紹介はこちら  リプレイはこちら  動画はこちら(完成版体験版)  Twitterはこちら


2008年03月31日(月) 体調のこと

 寒くて舌にできた口内炎が痛くてゲームどころではない、わけでもない。

 「SUPER MARISA WORLD」(弐重クラスター)を開始。元ネタをプレイしていることを前提とした作りのようで、プレイしていない私にはかなりの手応え。ちまちまとプレイしていこう。

 「夜光蛾4」はプレイ断念。やはりあの蟲が生理的に受け付けないようで。先日はクリア前だったからなんとか我慢できたけど、あれを何回も見るのは耐えられそうにない。面白いゲームだけに残念である。


2008年03月30日(日) 休日のこと

 ふと思い立って秋葉へ。先日の日記に挙げていたPSPの「無限回廊」と、「夜光蛾4」全年齢版(Artesneit)と商業単行本数冊と東方本数冊を購入。メロンのポイントで電車代位は還元できた。でもって、雨が降ってくる前に撤収。
 「夜光蛾4」を購入しようと思った切っ掛けは夕姫さんの日記。「このゲーム普通に面白くてお勧めなので皆さんもぜひプレイしましょう。」とのことなのでプレイしてみることにした。あと、体験版もプレイしたのだが、どこまで本気で作っているのか分からなくなったので確認の意味も込めて。いや、ゲーム自体はものすごく真面目な作りなのだが、物語とかキャラとか凄かったので。

 行きと帰りの電車の中で、PSPの「アナタヲユルサナイ」をプレイ。第3章までは普通の内容でやや退屈していたのだが、第4章から一転して骨太な内容に切り替わって俄然面白くなり、帰宅後にそのまま最後までプレイしてしまった。最終章では主人公達が常に身の危険と紙一重の綱渡りな状況が続き、決着が付くまでは本当に目が離せなかった。
 「植松伸夫ってどこかで聞いたことある名前だな」というだけで購入したのだが、大当たりだったのは単に私が幸運だったのか、さすが商業ゲームというべきか。できれば後者であって欲しいものであるが。

 「夜光蛾4」をプレイ。
 蟲は嫌ぁ〜、といっても、「クライング」程ではなかったので、そこだけぐっと我慢。
 敵弾誘爆とオートボムのお陰で、爽快感が突出した内容であった。恐らく、現役のシューターには難易度ふつうが丁度良いのであろうけど、私にはかんたんでも十分楽しめた。なるほど、評価が高いのも納得。
 「クライング」を知らない人はこちらを参照のこと。私がゲーム中に逃げ出した場面(下の画像3)もちゃんと掲載されていた。静止画では分かり難いが、紫の蟲が上からボトボト落ちてきて、下の蛆塚でうねうね動いているのである。いかん、書いていたら気持ち悪くなってきた…。

 そういえば、今日の上野駅の公園口改札が会場前のシャッター出口前状態だった。統制が取れていない分、こちらの方が厄介だと思った私はもう末期。


2008年03月28日(金) 健康診断のこと

 今日は健康診断。前回11月の時よりも体重が2.7kgも減少していた。恐らく花粉症対策として行っていた肉、小麦、砂糖の摂取を控えた効果であろう。しかし、およそ1ヶ月でこの効果。恐るべし。あと、今回からメタボリック症候群の検査の為に腹囲も測定することとなったのだが、何と70cm(メタボリック症候群の腹囲に関する基準は男性85cm)。昔穿けて最近穿けなくなったチノパンがまた穿けるようになるとは、副次的な効果が嬉しすぎる。
 しかし、肝心の花粉症への効果は今一つで、もっと徹底的に摂取を控えなければならないのか、単に体質に合わないのか、元々効果が無いのか。それでも、この対策を始めてから首筋のアトピー性皮膚炎も軽くなってきたので、それが治るくらいまでは続けてみようかと。

 PSPの「無限回廊」がかなり面白そう。Amazonのレビューを見ると操作性にやや難があるようだが、これは購入してもいいかもしれない。

 あと、すっかり出遅れてしまった感が否めないが、「ディアドラエンプティ」(ふろーずんおーぶ)の最新体験版が公開。まあ、既に様々な所で触れられているので今更ではあるが。

 そういえば、虎で東方キャラ二次創作のソフビ人形が予約を受け付けていたが、これを見て確信した。
 やはり、所詮は三次元。元の二次元には及ばないということを!

 「雪月の星霜」(VODALES)全シナリオクリア。真実華シナリオと留美シナリオは伏線が少なく展開がやや強引だったような気がしたが、それらを全て沙雪シナリオで上手く消化できていたので、全体的には良かった。あと、苦手な輪廻物ではなかったのも。過去に縛られるのは似ているが、そこに登場人物の意思が介在し、自らの意思で「未来」を切り開くという所が大きく異なる。この辺りが輪廻物と違い、読後にすっきりとした気持ちになれる。


2008年03月27日(木) 東方のこと

 この前、東方の主に百合な事を考えていて頭に浮かんだ言葉。

 咲夜さんは、
 攻めて良し
 受けて良し
 みんなに良し

 ああ、分かった。もう黙るから。

 しかし、どのキャラでも必ず成り立つわけではないところに奥の深さを感じる。

 分かった。今度こそ黙るよ。

 そういえば、ゆk


2008年03月26日(水) VNのこと

 同人ど〜らくで紹介されていた「EDEN」の感想が気になったので、既に落としてあった体験版をプレイ。
 あ〜、またこれは絶妙な所で幕を引いているわ。この先どうなるのか無性に気になる。あと、りーだーは子供が見たら絶対にトラウマになる外観で、登場する場面ではこの体験版で最も衝撃を受けた。完成版を楽しみに待とう。

 そして、そういえば以前VNに関する覚書を記したということを思い出して過去ログを漁ってみたところ、およそ一年前だった。どれも完成はしていないものの、製作はほとんどの作品で続いているので、引き続き待つことに。完成した時点まで公開しているという作品もあるが、折角なので完成してから一気に読み進めたいところ。


2008年03月25日(火) 続・「四聖龍神録」のこと

 ボルテックスセーラムは1枚目にしては難易度が高いと思う。単に相性が悪いだけかもしれないが。

 というわけで、EXTRAをクリア。
 クリア優先と割り切ったので、虚ろなる世界からの伝達はボム×2確定。昨日詰まった意識と知識は、分かれば己の臆病心との戦いであった。すなわち、怖気づいて前に逃げると死亡。しかし、正直者の死もそうだが、弾の特性が著しく変化する弾幕はどうも好きになれない。
 そして、残りの2枚は残機勝負でボム連打。ラス前はパターン化すればどうにかなりそうだが、ラストはどうにもならん。というか、2枚続けて耐久弾幕というのは疲れる。

 「四聖龍神録」はこれで終了。確かに良いゲームではあるが、プレイ中に据わりの悪さを感じたのもまた事実。う〜む、何とも煮え切らないものが。


2008年03月24日(月) 「四聖龍神録」のこと

 ボルテックスセーラムがやっと分かった。速度を調節しながら周れば良いのか。で、次は鏡の世界の次の弾幕で詰まった。
 あと3枚。早くクリアして終わりにしたい。


2008年03月23日(日) 続・休日のこと

 「狼炎改」(SEED)inferno(hardestの上のランク)クリア。確かに難易度は上昇しているが、ここまで来ると自機も相当強化できるので、hardestほど苦労しなかった。そして、トライアルミッションも全てクリア。装備も全部購入したので、このゲームは一段落。
 トライアルミッションの最後の2つは高性能機の敵との一対一なのだが、ここでもショットガンが大活躍(正確には重ショットガンだが)。ショットガンに始まり、ショットガンの終わるゲームであった。
 あと、装備の中にはどうしても先に進めない人への救済用武器もあるのだが、レールガンとホーミングレーザーというお約束の超兵器なわけで、見た目、威力共にあまりの場違いさに大笑い。ただ、確かに救済用武器としては十分な威力であるが、コストも桁違いに掛かるので、ミッションクリア後の収入は間違いなくゼロになるあたりしっかりしていると思った。
 一般的なフライトSTGに比べると、ゲームの時代設定のためかスピード感に乏しく、また操作や計器が簡略化されているため慣れている人ほど戸惑いや不満を感じるかもしれない。しかし、尋常でない数の敵を迎え撃ったり圧倒的な大きさの超兵器を倒していく爽快感はなかなかのものであり、トライアルモードでは本編以上に景気の良い戦いを楽しめる。この辺りの感じは、サイトにあるデモムービーを見てもらえれば分かるかと思われる(私はこのムービーを見て購入を決めた)。とにかく景気の良い戦いが好きな人には特にお勧め。

 ちと疲れて横になっていたら、また夢を見た。職場の部屋の壁に本来あるはずの無い扉があって、半開きになっている。当然見に行くのだが、扉をくぐった途端上から物凄い力が加わり床に押し付けられてしまった。どうにも動かない辺りで夢から覚めたのだが、今度は現実でも体が動かない。金縛りである。そのうち両腕に物凄い悪寒が走って漸く解放されたので、両腕だけが疲れていたようである。

 「四聖龍神録」本編をEASYでクリア。喰らいボム様々である。EXTRAは道中はパターン化できたが(後半はボム連打だが、最後でフルパワー確定なので問題なし)、ボスはボルテックスセーラムがさっぱり分からない。あのうねうね動く弾の間を抜けるのは非常に厳しいし、周っても駄目だった。一枚目だし恐らく簡単な解法があると思うのだが、まともに避けろといわれたらちと困る。


2008年03月22日(土) 休日のこと

 今日はビッグチャップに追いかけられる夢を見た。何か相棒らしき人が居たのだが、出会ったときから死亡フラグ全開で、やっぱり死んだ。
 私は死亡フラグが心底好きなんだなぁ。

 昨日の体調悪化を今日も引きずっているようで、どうにもだるい。午前中は仕事を片付けるために出社したのだが、その後体調を回復させるために夕方まで寝る羽目に。

 「狼炎改」BOMBER CORPS 2は主武装、副武装共にショットガンにしたらクリアできた。やはりショットガンは頼りになる。


2008年03月21日(金) 昼食のこと

 今日の社員食堂の昼食メニューは、
・スパゲッティーミートソース
・豚肉のソテー
・醤油ラーメン
・カレー
 どれを食べても花粉症悪化の予感。しかし、背に腹は代えられないので、一番安いカレーにした。

 結果、午後から頭が朦朧として仕事の効率が著しく低下。どうやら最悪を選んだらしい。社食のカレーは辛いだけだからなぁ。


2008年03月20日(木) 続・「狼炎改」のこと

 今日は昼から晩まで「狼炎改」をプレイ。キャンペーンはHARDESTまでクリアしたのだが、トライアルがBOMBER CORPS 2で詰まった。ボス級の超大型爆撃機10機を相手にするのだが、火力が足りずに時間切れ。もっと強力な武器が出てくるまでおあずけである。
 そして、HARDESTでも空母はショットガンで楽勝だった(笑)。

 あと、「狼炎改」の合間に「四聖龍神録」(RemicalSoft)をプレイ。
 作者曰く、最初は東方にどれだけそっくりに作れるかの腕試しだったというだけあって、良く出来た東方のクローン。本当に良く出来ているけど、本家からの引用が中途半端にあるので、オリジナルの新作をプレイしている筈なのに新鮮味を感じないという何とも複雑な気持ちに。いや、それなりに面白いのだが、やはり中途半端な上に下手に再現性が高いのがよろしくないようで。あれだ、「パックマン」のキャラや迷路の挿げ替えをしたコピー基板で遊んでいるような感覚だ。
 あ、でも第四章の最後の弾幕「夜にかかる虹」は素直に感動した。
 次回からはサークルのオリジナル色を前面に出していくようなので、そちらに期待。


2008年03月19日(水) 「狼炎改」のこと

 今週は地味に仕事が忙しくなってきたので、日記の方が疎かになってしまった。

 ゲームの方は「狼炎改」(SEED)をまったりとプレイ中。
 このゲームは、1機の超高性能戦闘機の登場により第二次世界大戦が終わらなかったらという架空の歴史を、その戦闘機を操って辿っていくフライトSTG。「ACE COMBAT」のような一般的なフライトSTGに比べて操作や表示が簡略化されていたり、「スカイターゲット」のボス並に愉快な超大型兵器がいくつも出てきたり、「1943改」並に強いショットガンで空母を簡単に沈められたり(笑)と、ゲーム的な要素がより強いのが特徴。
 高度計が無く地面のグラフィックが地味なので高度が分かり難いのと、照準が敵に固定出来ないのが気になるところ。また、減速が無いので従来のフライトSTGに慣れていると操作の自由度が低いと感じるかもしれない。ゲームバランスはそれを前提に調整されているので問題は無いのだが、この辺りは割り切りが必要かも。
 現在はキャンペーンモードをHARDまでクリアして、トライアルミッションに挑戦中。トライアルミッションは、戦闘機50機を相手にしたり、爆撃機50機を相手にしたり、戦車50台を相手にしたり、ミサイルを500発避けたりと、キャンペーンモード以上に愉快な内容で非常に楽しい。

 というわけで、先週に再燃した東方熱は、すっかり「exception」と「狼炎改」に吸い取られてしまいましたとさ。


2008年03月16日(日) 基板のこと

 今日は私が所持していたアーケードゲームの基板を全てレトロゲームセンタープロジェクトに寄付という形で参加させた。

 ここ1〜2年、私は塩漬けになっていた所持基板を今後どうするか悩んでいた。内容はともかく約230タイトルと数だけは多く、ちょっとやそっとでは処分できる分量ではないし、費用も相当な額になるであろう。それ以前に、これだけ集めた基板を単純に捨てるというのは基板に対する情熱が失せたとはいえ流石に忍びない。
 しかし、売るにしても放置していた時期が長かったため動作保障は皆無であり、確認するのも相当な手間である。ジャンク扱いでネットオークションに出品することも考えたが、大した値は付かないだろうと思いこれも手間に見合わないので却下した。ということで、八方塞がりのまま時間だけが過ぎていったのである。

 ところで、私は基板を購入するときにインストラクションカードはできるだけ純正品に拘ってきた。その甲斐あって、所持している基板のほとんどに純正のインストラクションカードが付いている。そして、ゲーム自体はエミュレータでプレイできても、インストラクションカードまでは再現できない。ならば、資料的な価値は結構高いのではなかろうか。
 それなら、どこか博物館のような所に引き取ってもらうのが最善の策である。しかし、そんな都合の良い場所があるはずも無く…と思っていたら、この記事が目に留まった。ここならば私の基板を活用してもらえるかもしれないと思ったものの、もう年の瀬も迫っていたので年が明けてから連絡をすることにした。

 そして、去年の冬コミ。初日に知人のゲーム系サークルで売り子をしていたところ、その知人が一枚のチラシを持ってきた。その内容は正にレトロゲームセンタープロジェクトそのもの。何と、UGSF-WESTもサークル参加をしていたのである。これは僥倖ということで、早速スペースに行って担当の方に私の考えを述べた。
・ゲーム基板がおよそ200枚あるが、塩漬け状態で管理もできていない
・インストラクションカードはほぼ純正品で資料的価値は高いのではないか
・基板は動作保障は無いが、インストラクションカードと一緒にレトロゲームセンタープロジェクトに参加させて欲しい
・基板とインストラクションカードの提供は無償でも構わない
すると、嬉しいことに同意が得られたので、コミケ後にメールで連絡を取り合って条件を煮詰め、今日遂に目出度く基板の寄付と相成ったわけである。

 ちなみに、寄付した基板(というかインストラクションカード)はこれ。今後ビデオゲーム博物館が公開される際にはお目見えするかもしれないが、B級作品ばかりでがっかりすること必至。しかし、今日話を伺ったところ、今はB級作品の方が入手しにくいとのこと。何でも、売れない基板は短期間で処分されてしまうらしいのである。それを聞いて少し救われた(笑)。

 ふ〜、漸く肩の荷が下りた気がする。


2008年03月14日(金) 花粉症のこと

 今週は長かったなぁ。

 肉、小麦、砂糖、刺激物を控えるという花粉症対策は実はまだ続いていたりする。花粉症に対する効果は正直定かではないが例年より症状が軽いのは事実だし、それに付随して疲れにくくなり体が軽くなったので良しとしよう。
 まあ、家で呑むお酒が専ら安ワインとなり、つまみが亀田製菓のソフトサラダやさきいかと妙な具合になっているが、これはこれで。しかし、そろそろポテチやチョコが恋しくなってきたかも。

 ところで今日はホワイトデー。私の職場は男性と女性の比率が1:3なので、お返し物が大変。今年は資生堂パーラーの春のチーズケーキと花椿ビスケット黒缶で何とか乗り切ったが、これでネタ切れ。こういう引き出しがもっと欲しいところである。
 それにしても花椿ビスケット黒缶は美味しかった。以前食べた花椿ビスケット白缶も当時は美味しいと思ったが、この黒缶に比べると野暮ったく感じてしまうほど甘さとコクが上品なのである。国産の小麦や甜菜糖、熟成バター等厳選した原材料を使って手焼きで作っているため、銀座本店でしか入手できない貴重品で値段も張るが(40枚で4,800円)、それに見合った味であることは確か。特別な人への贈り物としても最適ではなかろうか。
 黒缶でなくても、資生堂パーラーのお菓子は贈り物として良い物が揃っているので、多くの方に活用して欲しいところ。


2008年03月12日(水) 続々・「exception」のこと

 futureクリアは諦め気味。2年後でも無理。数の暴力とは正にこのことであろう。それでも面白いから困る。

 東方の絵板を見ていたら、ポストウォーターが飲みたくなった。


2008年03月11日(火) 続・「exception」のこと

 excessクリア。力押しでも結構何とかなるものだ。
 そして、さらに上位ランクのfuture解放。何がfutureかと思ったら…納得。2年後のマシンスペックに望みを託そう。

 東方名台詞投票が開催されているが、この前「紅魔郷」と「永夜抄」をプレイしたところ、名台詞があまりにも多すぎて絞りきれないことが発覚。そんな中であえて投票するなら、やはり「永夜抄」紅魔組Exクリア時の咲夜さんの台詞「大丈夫、生きている間は一緒に居ますから」であろう。
 というわけで、入れてきた。


2008年03月10日(月) 「exception」のこと

 「exception」normalで稼ぎの真似事と、heavyクリア。excessはラスボス第二段階で終了。最終面で初めて処理落ちした(1024x768、ブラー無し)。
 normalもexcessも、基本は敵を倒して大量に発生した破片を飛ばして残った破片をレーザーで処理するの繰り返しなのだが、さすがexcessになると破片の量が尋常で無いのでこの攻防が激しく入れ替わり、気の休まる暇が無くてとても楽しい。久しぶりに時間を忘れて没頭してしまった。


2008年03月09日(日) 続・休日のこと

 長らく積んでいた「exception」(primitive)をプレイ。
 詳しいゲーム内容は4gamer.netの記事を参照。3面辺りから道中やボスの仕掛けが凝ってきて、弾を撃ちっぱなしでは即詰まってしまう。特に、ラスボスの最終段階は最初は手詰まり状態だったが、仕掛けが分かれば曲と相まって非常に熱い展開になるのには感動した(まるで「斑鳩」のラスボス戦の様)。この辺りは好き嫌いが分かれると思うが、私は大変気に入った。
 直方体を組み合わせてのモデリングや場面に応じて変わるスクロール方向、ブラーによる画面効果(私の環境では使用できないが…)、そして何よりも数々の仕掛けで魅せる内容となっている。曲も良く、全体的にとてもセンスの良い作品であった。

 HellSinker.スコアボードに上がっていたメイデン11億sp.のプレイを拝見。見所は最後。驚きを通り越して大笑いしてしまった。これは連付きでないと無理だわ。

 「東方紅魔郷」霊夢(霊)NORMALクリア。今日のレミリア嬢はちょっとアグレッシブだったような。スコアは1.8億で2位だった。今までどれだけまともにプレイしていなかったか良く分かる(笑)。操りドールとレッドマジックが取れなくなってしまったので、暫くリハビリしないと。それにしても、いつになったらスペルカード全取得クリア達成できるのやら。やはり、この2枚が鬼門であるなぁ。
 というわけで、東方熱が再来しているようなので「東方紅魔郷」と「東方永夜抄」を中心にいろいろと頑張ってみよう。


2008年03月08日(土) 休日のこと

 「コープスパーティー」(チームグリグリ)の通販が開始していたので、インディーズの小部屋で紹介されていた「狼炎改」(SEED)と一緒に購入。「狼炎改」はデモムービーを見たところ、敵兵器も自機の装備もやりすぎ感が大きかったので期待。しかし、こういう超兵器に慣れると、「ACE COMBAT」が地味に感じて戻れないかもしれないのがちょっと怖いところ(笑)。

 昼頃に外出。今日は暖かくて昨日よりも花粉が大量に飛散すると予報されていたが、昨日よりも症状は穏やかであった。やはり、肉や小麦、砂糖、刺激物を極力抑えて漬物やヨーグルト、お茶を積極的に摂取するように努めている効果であろうか。

 「eXceed2nd-VAMPIRE REX-」(天然素材)をEASYでクリア。無印をプレイしていたので新鮮味は薄かったが、追加された新要素や敵配置の変更などで無印より面白くなっていた。そして、アンヘルの変わらぬツン振りに胸を撫で下ろす(笑)。
 と、「eXceed2nd-VAMPIRE REX-」の公式サイトを眺めていたら、このゲームに楽曲を提供しているcranky氏の新アルバム「concerto」の情報が。cranky氏とpico氏による新名義ユニット「bubbles」の初アルバムで、4/3発売予定。「Feline Groove掘廚房録されていた「F」で示されたクラシック+トランスはcranky氏の新機軸になりそうだと思っていたのだが、本当にそうなって嬉しい限り。超期待の一枚である。
 そして、Rave Slaveの掲示板を眺めていたらアルバム「historyTwo」の情報が。「07xx1999」も収録されるとか、あまりにも嬉しすぎて卒倒しそうになった。「historyOne」の様にBMS全盛の時の興奮を蘇らせてくれそうで、こちらも超期待。

 同人ど〜らくで紹介されていた「断罪のStigma」(捕食者の失楽園)体験版をプレイ。
 人外の者が捕らえられた収容所から脱出するADV。主人公は食人鬼で相棒は魔法使いと、当然ながら人外の者。ある日、その収容所が「城島」と名乗る男に解放されるが、その身に刻まれた2つの呪いを解かなければ生きて脱出するのは不可能。果たして主人公達は無事に脱出できるのか。そして、「城島」がこの収容所を解放した意図は。
 初っ端から主人公が相棒の腕を食べるという描写があったり、その後も淡々と収容所の監視員を大量虐殺する場面が続いたりと、グラフィックの見た目とは裏腹に中々重い作品である。15禁というのも強ち誇張ではなさそう。システム的には行動するコマンドを選んだり、アイテムがあったりとコマンド選択式ADVであり、VNとは異なるようである。
 体験版では導入部しかプレイできないが、この先主人公達がどれだけ無慈悲な運命に翻弄されるのか、そしてどれだけ機知を活かしてこの絶望的な状況を乗り越えるのか、展開が非常に気になる作品で、完成が待ち遠しい限りである。
 しかし、「キラークイーン」といい、こういう「自分の生殺与奪件が誰か(もしくは何か)に委ねられている状況を打破する」という設定好きだな。

 そういえば、先日のパチュアリオンリーのときに会場前のウェンディーズに行ったのだが、これに激しく突っ込みを入れたくて仕方なかった。スーパーメガウェンディーズの「大満足ビーフ!」は理解できるのだが、ダブルウェンディーズの「これなら毎日!」はどうかと。その下に大きな文字で煙草の警告文よろしく「あなたの健康を損なうおそれがあります」と書き足すべきである。

 年明けにプレイしなかった「東方紅魔郷」をプレイ。レミリア嬢も機嫌を直してくれたようで、サービスで「紅色の冥界」を手加減してくれた様子。しかし、レッドマジックまではさすがに手を抜かなかったようで、ボム連打でクリア。大弾の判定すっかり忘れていた。
 紅い月を背にナイフを同心円状にばら撒く攻撃と曲のサビが重なって、鳥肌ものの演出であった。そして、魔理沙(魔)だったので、この演出で稼いだカリスマもエンディングのおやつでだだ漏れ(笑)。

 その後、続けて「東方永夜抄」NORMALを結界組でプレイ。久しぶりにしては24億と中々。寅の中避けも成功したし夜明けも取れたのだが、子の二つが相変わらず苦手、というか交差弾が相変わらず苦手。どうにか克服する術は無いだろうか。ちなみに、東方Projectの交差弾で一番簡単なのはミシャグジさまだと思う。目の前が開いた時に前に出るだけだから。
 あと、永琳が相変わらず格好良かった。エンディングでの咲夜さんに並ぶ従者っぷりが素敵。

 それにしても、肉、小麦、砂糖を控えることの何と難しいことか。外食ではほぼ不可能だし、お菓子は一見入っていなさそうな煎餅であっても原材料の上位に砂糖とか平気で来るからなぁ。それでも、かきもちとかソフトサラダとか原材料の欄にこの3品目の無いものもあるので、暫くはそれで持ちこたえよう。そして、買い置きのキットカットやカールやカップめんの処置について途方に暮れる(笑)。

 嫁兼屋にてマリアリ分を大幅補充。

 だらだらと書き連ねていったら久しぶりの長文。充実した休日であった。


2008年03月06日(木) ルーミアの日のこと

 今日は日中は調子良かったのだが夕方頃から気力が低下してしまったので、teamInazumaのトップに貼ってあったよく分からないゲームをクリアして終わり。帽子を拾う道具が左右に揺れているが、道具を持っている手と帽子が並んだときに拾うを押せば大体拾える。全何面かは数えていなかったが、ある程度の数を拾うと終了。
 あと、今日は6日なのだがルーミアの日だった。

 舌が痛くてまともに食事が出来ないので、最近の夕食は専ら明治ブルガリアヨーグルト(無糖500g)。これはこれで。


2008年03月05日(水) 「神魔討綺伝」のこと

 今日は花粉症が軽かったので、帰宅後もゲームをプレイする気力が残っていた。というわけで、「神魔討綺伝」(D.N.A.Softwares)をプレイ。
 このゲームは自機(パチュリー)をレバー、照準をマウスで動かす全方位STG。壁に囲まれた空間の中を敵に当たらないように動きながら照準に向けて弾を撃ちひたすら敵を倒していくという内容。緊急回避の為のボムもある。各面毎に決められた目標スコア(3段階)を越えると終了時に達成した目標に応じてポイントが加算され、累積されたポイントによりプレイできる面が増えていく。全6面でボスが登場する5面以外はエンドレスであり、スコアアタック色の強い内容となっている。
 敵を倒すと得点倍率が上がるアイテムを落とすので、それを取ると最大150倍まで倍率が上がる。また、倍率はミスをすると1倍に戻ってしまう。そして、ミスをしてもランクは下がらず敵の攻撃は激しくなる一方なので、実質1ミスするまでにどれだけ稼げるかが勝負となる。敵は出現テーブルはある程度決まっているようなのだが、出現位置はランダム性が強く自機のすぐ近くに敵が出現することも珍しくない。したがって、ただ闇雲に動き回ればよいというわけでもなく、長時間生き残るには敵の出現するタイミングに合わせた瞬時の判断と的確な動きが要求される。
 マウスによる照準移動で弾を撃てる方向の自由度が極めて高く、自機の操作性も良い。運の要素も適度に絡んでおり、スコアアタックのゲームとしては手ごろに遊べて良い感じである。しかし、最上位の目標スコアを開始後30分で全面達成してしまったため、クリアラーの私にはやはり物足りないところも。まあ、そういう人は同じ全方位STGである「スペース大納言(改」をプレイなさいということだ。

 寝る前に歯を磨いて口をゆすいだら、口の中に血の味が充満。見たところ、舌の表面から出血していた。道理で。
 というわけで、今日はさすがにお酒も控える。


2008年03月04日(火) 化学のこと

 花粉症が本格化。体調も悪化してきて、舌の表面が真っ白に。いや、お酒のせいじゃないですよ。花粉のせいですよ。
※舌の表面が白くなるのは、胃が悪くなっているから

 まさか東方系の情報サイトで化学系の話題を拾うとは思わなかった。ということで、製作のしおり経由でアルファルファモザイクの【真似禁止】あなたの食べたor飲んだことがある化学薬品を眺めていた。私はこのスレの猛者程ではないので、精々希塩酸か希硫酸しか舐めたことは無い。希塩酸は酸っぱいだけだが、希硫酸は苦いというかえぐかった。後は、昔水銀ポロシメーターの置いてある部屋で昼寝をしていた程度か。部屋の中はそこそこの水銀蒸気濃度だっただろうけど、どうせ無機水銀だし大したことは無い。


2008年03月03日(月) 続・試験のこと

 今日再び2chの環境計量士スレに行ってみたら答えがほぼ確定したようなので再度採点してみたところ、環物が16/25で環音が18/25と合格圏内だった。自信が無かったところが結構当たっていたので何とかなりそう。というか、何とかなって欲しい。もうこの資格試験の勉強をするのは嫌なので。
 しかし、あれだけケアレスミスをしていてよくもまあここまで稼げたものである。

 というわけで、精神的に疲弊しているので今日はゲームはプレイせずに寝る。お酒は呑む。


2008年03月02日(日) 試験のこと

 よし、来年に向けて頑張ろう!

 いや、環物も環音も去年と全然傾向違うんですけど…。物理は地力が無いので、過去問と違うと途端に歯が立たなくなる。さらに、地力が無いので自己採点も碌に出来ないとう体たらく。2chのスレ待ちである。

 で、午後からアリスオンリーとパチェオンリーに行ってきた。ようはくさんにお願いしていた「神魔討綺伝」を受け取り(有難うございます)、その後何故か愉快なキャラメルを2つほど頂く。昆布キャラメルは普通だったけど、スープカレーキャラメルは甘いのかスパイシーなのかはっきりしない味で、何とも煮え切らないところがイライラするものであった。今度はスープカレーキャラメルを凌駕するというジンギスカンキャラメルを紹介してくれるとのこと。楽しみである。
 イベント会場は当然ながら嵐が去った後だったが、それでも数冊は購入できた。その後、秋葉でイベント新刊追加。その後、通販でさらに数冊追加。

 2chのスレで答え合わせ中。多数決の答えを正答とみる極めて希望的な観測では辛うじて合格ラインの6割。ただし、当然ながら油断は出来ない。
 後は、合格ラインが昨年並みであることを祈ろう。

 というわけで、お休みなさい。


氷室 万寿 |MAIL
DiaryINDEXpastwill