2017年04月21日(金)  たま語「おかあさんのことをスタッフだとおもえ」

朝起きて、facebookを開いたら、3年前、娘が2年生のときの投稿が現れ、見返して、寝ぼけ眼が覚めました。

-----------------------2014年4月21日の投稿--------------------------

【この才能を何かに活かしたい】
昨夜のこと。わたしの物言いに
「そんなこというの、あずかってるこどもにしつれいだよ」
とうちの小学二年生女子・たまが言い返してきたので、
「たまは、預かってる子じゃなくて、うちの子でしょ」
とこちらも言い返すと、
「こどもはみんな、てんのかみさまからあずかってるんだよ」
と飛び道具を出してきたので面食らいつつも
「誰がそんなこと言ってるの?」
と根拠を問いただしたところ
「てんのかみさま」
と直球を投げ込まれてウッとなりつつ好奇心も手伝って
「で、天の神様はどういう風に言ってたわけ?」
と聞いてみたところ
「わたしのこどもたちよ、おまえたちをおまえたちのおかあさんにあずけます。
おまえたちはおかあさんのことをスタッフだとおもえ」
とトドメをさされたので、何も言えなくなりました。

絶句しつつも、うちの子、わたしより台詞運び上手いんじゃなかろうかと感心してしまった親バカです。
-----------------------2014年4月21日の投稿--------------------------

「わたしのこどもたちよ、おまえたちをおまえたちのおかあさんにあずけます。
おまえたちはおかあさんのことをスタッフだとおもえ」
というのを、自分の言葉ではなく、「てんのかみさま」に託された言葉だと言うあたり、どこまで無邪気でどこまで計算なんだか。

実際母親がやってることってスタッフにかなり近い。
スタッフと割り切ることで、感情的にならず、我を忘れることなく、ほどよい距離感で子どもと向き合える、気もする。
子育てを期間限定イベントととらえて、スタッフも楽しんじゃうよ、ぐらいの気持ちでいると、良いのかもしれません。

ギャラは、わたしの場合は、ネタ、なのかな。

2013年04月21日(日)  堺市立「泉ヶ丘図書館」あらため「南図書館」講演
2010年04月21日(水)  「アチョー!ごっこ」と新聞ドレス
2009年04月21日(火)  魔の二歳児の阿呆踊りと「アフォーダンス」
2008年04月21日(月)  マタニティオレンジ271 本を破った。はじめてぶった。
2007年04月21日(土)  マタニティオレンジ109 ご近所仲間とたま8/12才
2002年04月21日(日)  貧しい昼食

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加