2007年04月02日(月)  21世紀のわらしべ長者

ご近所仲間のK氏から聞いた興味深い話。オーストラリアのストロー会社が味つきストローなるものを開発した。ストローの内側に味をすりこんであり、これで牛乳を吸い込むと、即席バナナ味やチョコレート味のミルクセーキになるという代物。一攫千金を夢見て世界各地に売り込みをかけたところ、投資家の目に留まり、ポンと大金がつぎ込まれた。そのストローは欧州のマクドナルドで採用が決まり、作った人も投資した人もハッピーな結果となったという。ストローなだけに「現代版わらしべ長者だ」と感心した。

味つきストローなんて珍しいものを見せられたら、わたしは「これ、いくらで買えるんだろう」と百円単位の想像をしてしまうが、投資家は、「これにいくら投資したら、何年で回収できるか」と億単位の算盤をはじく。ちなみに日本に売り込んだ反応はいまひとつだったらしいが、ソニプラあたりで面白輸入グッズとしてお目見えしたら、味見してみたい。バナナ味とチョコレート味を二本同時に吸い込んだら、バナナチョコレート味になるのだろうか。

2005年04月02日(土)  アンデルセン200才
2002年04月02日(火)  盆さいや

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加