2002年04月02日(火)  盆さいや

■仕事の後、恵比寿の『盆さいや』へ。会社の先輩Y嬢の友人がやっているお店で、盆栽を愛でながら食事をし、盆栽を買える。前々から盆栽に魅かれていたので、「行きたい行きたい!」と騒いでいたら、今夜連れて行ってもらえることになった。メンバーは他にW嬢とT嬢。女四人で乗り込むと、Y嬢の友人の経営者Shigebonさんもいて、五人でワイワイ晩ごはんとなった。Shigebonさんはアメリカで盆栽販売の仕事を手伝っていて、「これは売れる!」と帰国後、ボンサイアートという会社を作った。『盆さいや』は事業の一部で、主な業務は盆栽の栽培と販売なのだそうだ。「盆栽の定義ってあるんですか?」と素朴な疑問を投げかけると、「陶器に植えられていて、幹のあるもの」という答え。盆栽が高いのは器の値段のせいもあるとのこと。各テーブルやカウンターや棚や店のそこかしこに盆栽が「商品」として飾られている。「北海道の話を書いているんだったらライラックはどうかな」とすすめてくれたが、満開の桜に一目惚れしてしまった。『風の絨毯』の主人公さくらにもあやかり、わが家の盆栽第一号とする。店を出ると、夜風で花びらが舞い上がり、花吹雪を散らしながら歩く。袋の底にたまった花びらを土に敷き詰めると、これまた風流。帰宅したダンナと、ダイニングテーブルでミニ花見。以前「盆栽やりたいなあ」と言ったとき、「キュウクツだから僕は嫌いだ」と却下したダンナは、「きれいだねえ」と素直に目を細めていた。いいものは、いい。

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加