2006年11月22日(水)  何かとめでたい「いい夫婦の日」

今日11月22日は「いい夫婦の日」。語呂合わせ好きなわたしは6年前のこの日に入籍、「00.11.22」と0・1・2が並ぶ結婚記念日を手に入れた。そんな親の血を引いたのか、娘のたまは8月22日の2時28分に誕生。上から読んでも下から読んでも822228。ハーフーフーフーフーハーと出産時の苦しい呼吸を数字に刻んでいるかのよう。

過去5回の結婚記念日に何をしていたか、覚えていない。「結婚記念日」で日記内検索をしても、一件も引っかからない。花もディナーもなく、ダンナが忘れていた年もあれば、わたしが忘れていた年もあった。けれど、今年の11月22日は、「新しい家族が加わった最初の結婚記念日」として記憶することになるだろう。たまの3か月の誕生日と6回目の結婚記念日、さらに『快感職人』のDVD発売日が重なり、2006年11月22日は、わたしにとって、とてもめでたい日になった。

40〜50代の既婚男女への調査で、「夫のリタイア後に夫婦の時間が増えることがうれしい」と答えたのは夫48%に対して妻27%、「生まれ変わっても今の相手と結婚したい」と肯定したのは夫41%に対して妻26%という結果が出たと新聞記事で読んだ。夫が当てにしている妻は、夫のほうを向いていない傾向。微妙で複雑な女心の研究に『快感職人』DVDをどうぞ。

2002年11月22日(金)  ザ テレビジョンお正月超特大号

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加