2006年03月23日(木)  ヘレンウォッチャー【松竹本社編2】

小池書院が発行する文芸誌『 大阪芸術大学 河南文藝』の取材のため、ヘレンモードの松竹本社へ。エレベーターホールの壁のヘレンコーナーには新たな記事が貼り足され、ぬいぐるみコーナーも増員。銀座松坂屋のヘレン展から帰ってきた特大へレン、その頭の上にはミニミニへレン。さらに、初日舞台挨拶のフォトセッションのときに小林涼子ちゃんが持ってた「大ヒット!」のパネルも。

会議室でのインタビューもへレンのポスターやグッズやぬいぐるみに囲まれて。その写真を撮りそびれたのは不覚。


3階の東劇にはヘレンUFOキャッチャーが登場。ゲームセンターでも大人気だそう。ひしめくぬいぐるみヘレンたちはなかなかすばしっこく、記者さんが挑戦したけど、するりと逃げられてしまった。掲載用の写真をここで撮影。フォトグラファーは尾形隆夫さん。

『河南文藝』3号目となる次号は映画特集とのことで、「旬の映画人」の一人として取材してもらえることになった。身に余るインタビューに抜擢し、聞き手になってくれたのは、会社時代の先輩の友人という縁でかわいがってくださっている映画ライターの小張アキ子さん。ヘレンの脚本に込めた思い、脚本を書くようになったきっかけ、会社を辞めて脚本に専念するようになった経緯などを話す。編集長の照井哲哉さんは昨日9才のお嬢さんと『子ぎつねヘレン』を観て、絵本『子ぎつねヘレンの10のおくりもの』まで買ってくださっていた。編集部の平井敦貴さんも「CMを作るのと映画を作るのは何が違いますか?」などと面白い質問をどんどん投げてくれ、話が弾む。2時にはじまって、気がついたら6時。4時間しゃべってた。

インタビューが掲載される河南文藝vol.3は6月発売予定とのこと。

2005年03月23日(水)  高校生がつくるフリーペーパーanmitsu
2004年03月23日(火)  ENBUゼミ短編映画『オセロ』
2002年03月23日(土)  インド映画『ミモラ』

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加