2005年09月10日(土)  『チャーリーとチョコレート工場』初日

『WILLY WONKA AND THE CHOCOLATE FACTORY』を映画化した1971年の『夢のチョコレート工場』はわたしのいちばん好きな映画。その作品の2005年版、『チャーリーとチョコレート工場』がティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演で実現すると聞いたときから待ちに待った初日。丸の内のピカデリーは満員御礼。

オープニングのクレジットタイトルをはじめ随所に2005年版ならではの技術と意気込みを感じる。ティム・バートンらしく原作の毒をより強化し、ウォンカのキャラクターを膨らませてトラウマを足しているところが71年版との大きな違い。71年版になかったエピソードやインサート映像も遊び心たっぷりで楽しめる。ウンパ・ルンパのダンスもパワーアップ。オスメント君系の顔立ちのチャーリー少年も愛くるしい。だけど、わたしは70年代の最先端が描いたファンタジーに、より夢を感じる。いちばん好きな映画、71年版チョコレート工場の1位は揺るがなかった。

ところで、『ブレーン・ストーミング・ティーン(Brain Storming Teens)』の「チョコレート」の章に『夢のチョコレート工場』が登場する。書いていたときは再び映画になるとは想像してなかったけれど、今日観た2005年版の中でチャーリーが「Sorry we are late. We were brain storming(遅くなってごめん。話し合っていたんだ)」と言うシーンがあり、にやりとなった。

映画と現実のコラボと言えば、実在するネスレ系列のお菓子ブランドWonkaでは、映画に連動して「GOLDEN TICKET」キャンペーンを実施中。5人の子どもたちにちなんだ5つの豪華賞品を用意。チョコレート工場見学はないけど、ゲーム好きのMIKE TEAVEE賞はビデオアニメスタジオ見学。
2004年2月13日 ウィーリー・ウォンカのチョコレート工場

2004年09月10日(金)  原始焼『七代目寅』in English?
2002年09月10日(火)  大槻ケンヂ本

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加