2004年03月08日(月)  勝地涼君初舞台『渋谷から遠く離れて』

■『パコダテ人』隼人役の勝地涼君の初舞台『渋谷から遠く離れて』を観る。作・岩松了、演出・蜷川幸雄、出演に二宮和也、小泉今日子をはじめ豪華キャストがそろった話題の舞台で、チケットは早々と売り切れ、かなりの立ち見が出ていた。勝地君の役どころなど予習せずに行ったら、冒頭いきなり登場。彼と二宮君だけのやりとりがかなり長く続く。一昨年のザテレビジョンお正月超特大号TVCFの撮影で遭遇した二宮君も、ひそかに注目しているのだけれど、二人とも堂々たる役者っぷりで、将来が楽しみな才能だなあと思う。キョンキョンの妖艶さ、勝村政信さんの存在感、杉本哲太さんのコミカルな演技も印象に残った。テレビでおなじみの人たちを舞台で見て再発見するのは楽しい。ラストの花と鳥のサプライズには蜷川演出の心憎さを感じた。■楽屋を訪ね、高校の制服に着替えた勝地君に挨拶。『パコダテ人』東京公開以来なので2年ぶり。背は伸び、体は引き締まり、大人になったなあという感じ。まだ17才。まだまだ伸びていくんだろうな。

2002年03月08日(金)  言葉の探偵、『天国の特別な子ども』を見つける。

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加