遺書

2004年07月16日(金) C:Cabin fever いらだち

この世が誰かの夢ならば、
僕は何のために生きればよいのだろうか。

耳を塞いだ筈なのに聞こえてくる声達。
意識を零に置けば、もう其処は零じゃない負の位置だ。
悪夢なのか、ただの夢なのか。夢の中で考える。
これが夢だと認識できる、ならば自由にできるんじゃないか?
しかし僕はまだ東京都で生活を送る。

これはきっと素敵な夢なんだね、
もうひとつの僕のあるべき世界なんだ。

世界から少し(そう、ほんの少し)目をそむけて見る。
笑い会える生活の下では、誰もが笑い会えるわけでもない。
目をそむけたことを後悔し、イヤホンを取り出し
音量を上げて、世界から逃走する。
僕は僕の世界で、何をしたいのだろうか。

この世界では自由になれるはずなのに、
僕は自由になれる翼を求めない。
理由はわからない。ただそれが誓約なんだろう。

ほんの数時間を何年も遊びつくす、知らない世界が生まれだす。
夢から覚めたあと、夢はどうなるんだろうか。
消えずに残るわけがないんだ。僕が、僕であり続けられないのと同じく。
僕はただ、夢から覚めなければいい。
そう、ずっと永遠に夢の中で…。

そして、消えた。


 < 過去  INDEX  未来 >


死んだ鳥籠 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加