再生するタワゴトver.5
りばいぶ



 『島』作者堀田清美さんの文章。。

昨日と明日のあいだ
堀田清美

 …自分の生み出した一つの作品が、このようにいつまでも命を持ちつづけて、それを観て下さった人々がまた、自分達の生命と未来の幸福について考え、語り合うときけば、作者である私は、死んだおふくろの言いぐさではないが「それを思うとの、胸がいっぱいで、またねられんのよの」である。
 (略)
 …私はそもそも、劇作家になろうと思って芝居を始めたのではない。終戦後の、あの空白状態にあった工場で、「天皇陛下のために!と教育されてきた僕達青年は、今度こそ、自分達の意志と行為で、自分達のための人生を築こう」というお互の気持ちから、「何とかして生きたい!」という言葉に憑かれたように、島崎藤村の『破戒』の脚色、上演から、職場の同僚と家族にみせるための芝居を始めたのである。終戦の翌春、丑松を演じた舞台の上から感じた、家族ともどもの感動を、私は一生忘れることが出来ないだろう。専門家としての生活に入っても、あの時の真剣さだけは後生大事に持ちつづけたいと思っている。観客の心と共に生きるということである。
 (略)
 …「島」のテーマは、「生きたい」ということであり、「健康に働きたい」ということである。人間の素朴な、最も大切なこの願いこそ、「島」がうけいれられていることの大きな要素だろうと思う。「人間は働くためにこの世へ生れてきた」と教えたのは故郷の島であり、「働く人々こそ主人公である」と最初に教えてくれた人が土方与志先生である。「人をふみ台にしてえろうなろうと思うな、人を泣かせてええことがあろうかい」と言った私の母は、国中の客席にいるにちがいない。平凡な、あたりまえの働く人間が、芝居の主人公になるものかどうか、「島」は私の演劇上での、ひそかな挑戦でもあった。…

堀田清美(ほったきよみ)

1922年〜2009年。
広島県・倉橋島の出身。
1945年日立製作所亀有工場に入社し、演劇部を創設。「子ねずみ」「運転工の息子」などを発表、自立演劇運動を推進する。1955年12月号の『テアトロ』に「島」を発表。1954年12月に劇団民藝に入団したのち、これを改稿して1957年、同劇団で上演、第4回岸田戯曲賞を受賞した。

(青年劇場HPより)

一瞬の光で命を失うことのない様に 私の全てをかけて 一つの戯曲を書きました
「島」 これが私の精一杯の斗いです 私の願いをこめて「島」をあなたにおくります

2018年11月29日(木)



 青年劇場『島』大千穐楽。。

「島」大千穐楽。
浜北文化センター。
静岡初日近辺に観て、最後をやっと。
オープニングから観たかったけれど、前件があって、二幕途中から駆け込む。
自分の仕事のターニングポイントだった作品。
演出とゆう意味が自分の中で大きく動いた作品。
8年かけて(とはいえ初演は3・11より前で、四年たっての旅立ちだったわけだけど)現場で積み上げた集大成、また20数ステージの客席と出会って、どうなったのか、感慨のようなものがドッとやってくるのか…
とも思っていたのだけれど、実際は
終わり。とゆうよりは、
終わらなかった、やっぱり。
だった。

全体が作品の質を識り、
最後だからもあって、余計なこと抜きに同じ方向を見て積み上げる折り重なる確信、太さ。

それでも観ながら思うのは、ダメ書きをしないだけで、ここはこう、あそこはこう、そしたらもっとこう。次のステージの事に頭がいく。
もっと面白くなる。

結局「島」は初演で到達させることのできなかった地点、その「もっと先」の地点に8年経って漸く来て、そこまで来たら、やっぱり「もっと先」があるのだと知った。
不条理劇みたい。
でもきっとこれをモノづくりと呼ぶのですね。

もういいよとなって終わるのか、
惜しまれながら終わるのか、
そりゃあ後者の方がいいとは思いながら、
この確信の中でどうして終わるのかなぁ。。
まあでも、
9年前の初動から関わってくださった全ての方々に感謝します。
今でも忘れない初演初日の静謐につつまれたサザンシアターから数えて136ステージ。
もっと密度が濃く、それ以上の回数やっている印象がありますが、ステージを観てくださった皆さま、ありがとうございました。

堀田清美様
「島」は皆様の手によって生まれ
皆様の手によって育まれ
やっとここまで来ました
ここまで来ても
世の中はどうも学が描いた方向とは違う方へ方へと流れていきます
まだまだこの作品の力が
堀田さんの強い思いが必要な時代です
また近いうちに

感謝


2018年11月28日(水)



 『島』2018年版チラシ掲載文。

『島と現在』から『現在の島』へ  
藤井ごう

 「わしらが白髪の爺さんになる頃には、この地球上も大分様子が変わっとるよの。それ迄一粒一粒、種を大事に蒔いて生きるんよの。―その時は、人類に貢献した言うんで」

被爆者である栗原学の劇中(1951年)の台詞ー
青年劇場での初演時(2010年)、
楽観できる事など実は何もなかった訳だが、それでもあの時はまだ3.11も起こっておらず、まだ一応神話は神話の体をギリギリ保っていて、世の風潮もここまでセンソウがカクジツに迫っている況ではなかった。
初演から『島』は8年目の旅へと出る。
元米大統領のレキシ的訪問を経ても、核なき世界への流れは新大統領の下で追求されることはなく、唯一のセンソウ被爆国はカクゴをするどころか、とうの昔からその事にイロンを唱えていたとゆう体たらくー
僕ら舞台の作り手は、非力であることを思い知らされる日常が続いている。
学、そして作者堀田氏の思いとも確実に異なる『現在』がある。
その事をどう考えようかー

2010年にこの作品が産声を上げた時とは違う意味が生まれ、受け取られ方も大きく変わり多くの出逢いの場を得てきた。それは喜ぶべきことなのだが、この作品が求められる世になってしまったとも言えるのだ。

でもだからこそ、わかりやすい言葉、わかりやすい敵、大きい声、外国ではこうである的な常識に囚われることなく、こうやって生きてきた人物たちの思いを苦しみを喜びを、現在の都合で 「なかったこと」になどしないように、何度でもコトバに耳をすませ、ココロに寄り添う。

想像力が経験を栄養とするならば、学らの経験と選択は、今正に必要とされる想像力の基礎となるはずである。

舞台上にいつも通り人物たちを現出させようー
人間の未来の為に あなた自身の為に

作者の願いと共に、『生』という事の意味が大きく僕らに迫っている。

2018年11月27日(火)



 今後の予定、二月。。椿組!

椿組2019年春公演  
脚本:嶽本あゆ美 演出:藤井ごう 
「かくも碧き海、風のように」
 (出典・堀田善衞「若き日の詩人たちの肖像」/加藤道夫「加藤道夫全集」他より)
2月27日(水)〜3月10日(日) 12日間 16ステージ
● 下北沢ザ・スズナリ 03-3469-0511
2月27日(水)19時開演
2月28日(木)19時開演
3月1日(金)19時開演
3月2日(土)14時/19時開演
3月3日(日)15時開演[★終演後アフタートーク有り]
3月4日(月)19時開演
3月5日(火)19時開演
3月6日(水)14時/19時開演
3月7日(木)19時開演
3月8日(金)14時/19時開演
3月9日(土)14時/19時開演
3月10日(日)15時開演
 (受付開始1時間前、開場30分前)
●木戸銭 
 指定席:4500円 
 桟敷自由席(ベンチ席):3800円
学生・養成所(ベンチ席):3000円 
 中高校生(ベンチ席):2500円
[木戸銭発売日:2019年1月15日(火)13時より]
●予約フォームからのお申込み
■PC用予約フォーム:https://ticket.corich.jp/apply/95383/
  ■携帯用予約フォーム:http://ticket.corich.jp/apply/95383/

1)今回はお電話・メールでのご予約は1/15日のみ受付けます
→080-5464-1350/メール:tsubaki.ticket@gmail.com
ご予約は専用予約フォームをご利用下さい。お支払いは全て当日精算となっています

2)今回はチケットの発送は致しません。

詳細は椿組ホームページを参照して下さい。椿の小屋=http://tubakigumi.com

[役者]
三津谷亮/有馬自由(扉座)
田渕正博/木下藤次郎/鳥越勇作/趙徳安/斉藤健/井上カオリ/岡村多加江/浜野まどか/瀬
山英里子/山中淳恵/
那須野恵/佐久間淳也/立花弘行/清水ゆり(CHAiroiPLIN)/大井川皐月/碧さやか/鈴木
彩乃(劇団晴天)
矢野陽子/外波山文明 

昭和11年。
2.26事件前夜、若者は東京へ降り立った。
そして事件、帝都では戒厳令が発せられ首謀者15名+4名に銃殺刑執行。
やがて時代は不穏な霧に包まれ坂を転げ落ちていく・・・大陸の事変、それは日常。
そんな中、若者が飛び込んだ先は浅草花月劇場、そこには「アキレタヤツラ」が居た。
若者は数多(あまた)のものに出会う。
文学、詩人、大衆芸能、築地の演劇人、転向者、踊り子、そしてマドンナ・・・
・・・北海道・稚内、浅草花月を舞台に治安維持法下の青春を描く!!
  かくも碧き海、風のように・・・・

企画制作・椿組 プロデューサー:外波山文明 主催:有限会社椿組
椿の小屋=http://tubakigumi.com


2018年11月09日(金)



 今後の予定、一月。。足利!

足利市内アマチュア劇団員 書下ろし作品
 『おい乱』
   プロの俳優とアマチュア劇団員のコラボ

日 時:平成31年1月12日(土)午後2時・7時(2回公演)
    平成31年1月13日(日)午後2時   (1回公演)
会 場:足利市民プラザ文化ホール
内 容:市内アマチュア劇団員書下ろし作品をプロの俳優と市内アマチュア劇団員コラボ。
    江戸時代後期の遊郭で様々な男女の物語が繰り広げられる。
    演出=藤井ごう(第19回千田是也賞受賞)
出 演:加納朋之(文学座) 本城憲(R−vive) 辻新八(親八会)
    市内アマチュア劇団員
料 金:〈全席自由〉一般2,500円 ペア4,000円 高校生以下1,000円
申込み:チケットは市民プラザ・市民会館で発売中
※未就学児入場不可。託児サービス(1歳以上・500円)1月5日(土)締切

お問合せ 足利市民プラザ TEL0284−72−8511

2018年11月08日(木)



 樹木希林について、10数年前に書いていたのだ。

■■■
■■
■ キキキリン

誰と話したのかはとんと、忘れてしまったが、極めて最近のことだったような気もするし、もうちょっと前だったような気もする。つまるところ、もうそれは殆ど忘れてしまっていたと言って過言ではないわけで、こうして書いているうちに、なんのことを書こうとしていたのかすら、忘れてしまいそうなのである。言葉遣いがとてもえらそうなのが、やや気になるところでもあるが、気になるところと言えば、その「とんと」って一体何なんだ、とんととんととんととんと…

ココのところ、樹木希林さんがかなりマイブームである。
直接面識もないが、とても敬略称できないぐらいである。
別にここ最近好きになったのではなく、昔からではあるのだが、スゴ録(HD‐DVD)のおまかせ番組表に「樹木希林」とキーワードを入れているくらいなのだ。この場合、さんをつけると、検索にひっかからなくなるので、あえて敬略称。

「大希林」←某公共、最近みんなこぞってお金を払わない放送の…
これ、いいんです、もう随分長い事やっちょりますが。上記の通りの番組名だから、あえてくだらない駄洒落であることはおいておいて、10分番組。硬い感じで造れば、教養番組なのだろうが、「とんと」のように、意味は明確にわからないが使っている言葉。また、使い方の間違っている言葉。旧き日本の言葉。それを二人(家主ミロクさん=樹木希林ともう一人ね)の軽いかけあいの中で、広辞苑、ならぬ大希林で調べて、あ〜でもない、こ〜でもないと…、という書けば書くほど教養番組だな。全然面白そうじゃない…
そう、そうなんですよ、これが危機期林、あ、っ。…樹木希林さんでない場合、きっと面白くないんですよ。

で、わたしは誰と話したのかは忘れてしまったが。
その誰かと、お金をたっぷり使ってよくて、好きな俳優さんを使ってよくって、集客もそんなに考えなくてよくって、そんな条件で、どういうモノをつくるか。そんな何も得るもののない不毛な会話をしていた時のわたしの答え。

装置は蜷川とかの比じゃなく、綿密に造りこまれた構成舞台にする。
設定はどうだかしらんが、例えば古城でも、別荘でも、ログハウスでも、大劇場に六畳一間でも、貧乏長屋でも、都庁でも、なんでもいい。兎に角具体的である必要大。それを幕間毎に大転換する。
照明はその、場にそぐった地明かりだけ。
音は、そこから想像できるだけの自然音のみ。

出演は、そりゃあもう、樹木希林。一人。他に誰もいらない。
演出。そんなものもいらない。
せりふ。なし。

全三幕。(一幕二十五分×3)
一幕。
ト書き、明転すると、その部屋のどこかに、樹木希林が座っている。
→まだ、座っている。→兎に角座っている。→ずっと座っている。
そして樹木希林そのまま座り続ける。暗転。(二十五分)

休憩(転換)

二幕。
ト書き、明転すると、その部屋のどこかで、樹木希林が立っている。
→まだ、立っている。→兎に角立っている。→ずっと立っている。
そして樹木希林そのまま立ち続ける。暗転。(二十五分)

休憩(転換)

三幕。
ト書き、明転すると、その部屋のどこかで、樹木希林が眠っている、
→まだ、眠っている。→兎に角眠っている。→ずっと眠っている。
そして樹木希林そのまま眠り続ける。暗転。(二十五分)幕。

これほどどきどきする舞台はない! とわたしは高らかに宣言する。誰宛だかしらないけど。…さっぱりわからないと思った方、これを同じ時間で、ちゃんと想像してみてくだされ、場所はどこでも思ったところで。
だって、そこに樹木希林がいるのである。そして、なにもしないのである。
だが、それを見る場合、こっちは何かしらの想像をするわけで、なにもしないとしても、きっとなにかしていると思うのである。だけど、なにもしないのだ。そして、なにもしない故の爆発的な存在感に圧倒される。たまには鼻がかゆくて鼻を掻くかもしれないが、そうなったらなったで、ただ「鼻を掻く」という動作が百倍にも千倍にも意味を持ってくるだろうし、一緒になって鼻を掻いてしまうかもしれない。たまらない。
そして希林は立つのである。そして立ち上がったのだから、遂にそこから歩き始めるのかと思ったころ、挙句希林は眠るのである。
普通の役者がやったら、成立しないのはもう言わずもでしょ。「なんだよ立ってるだけかよ」やら「座ってるだけかよ」やら「ほんとに寝てるよ!」やら「装置が立派でした」やら言われそうなものである、そこに爆発的な存在感がない場合は。あ〜観て見たい。

このところ、どの現場にいっても存在感というものについて考える。
そしてその場にいるということの難しさを思う。
昨日いれても、今日はいれないかもしれないのである。
特に「なんかしなくちゃ」と思わないこと、そんな気がして、「なにもしない」ってのは非常に困難だが。
ま、だからって世の中総樹木希林だったら、それはそれで問題な気もするが…

誰かやってみてください。
わたしはお金があっても、やりません。
…やんないのかよ!




2005年03月24日(木)

12年前の足利演劇大学の頃を改めて見直していたら、
2005年に発見。(『キネマの神様』パンフレットにも、この方のコトバを引用させてもらったのだけれど)
…13年経っても、
何もかも一緒だよ、今も。
舞台上にいかに存在し、観客に想像してもらう。
ここにあった基礎(笑)

2018年11月06日(火)



 『島』最後の旅へ。

『島』のGPを沢山の生徒や、関係者に見守られて終え、今、1月初旬に演る企画で毎週末稽古に来ているので、全く地方感がないのだけれど栃木県は足利で最後の旅の初日を迎える。
思えばこの作品をやっている事だって、新劇に重心を置いていることだって、全て、この足利での12年前(一回り!)の演劇大学の修了公演の演出に端を発している。もちろん、今回の実行委員会公演も、その時の面々が多く参画してくれている。
GPはいい客席と、力の抜け具合で今回の新たな旅への出発の予感に満ち、
初日は新人君が客席の力を大いにもらってジャンプする。地元の方々とこの作品の広がりと奥行きが出会って、トリプルコール!いい初日ではあった。
…まだまだ良くなる部分は多けれど。
大千穐楽までのカウントダウン19!
出逢いの機会を作ってくれてありがとう。ご恩返しは、今回は一月のプロアマ公演かな。
こちらも今週は『島』でお休みだった分、ここからグッと立ち上げていこう。
公演班は一路静岡へ。
私も2日目静岡へは行く予定、
思えば先週末は『オールライト』を観に『島』の通し稽古後、酒を片手に決起しているチームを尻目に鳥栖へ移動、一瞬だけ熊本の温泉宿で大ベテラン舞台監督さんの笑顔に育まれている公演班と一献、
その後東京を通り過ぎて足利、一月公演に向けての稽古。
そして『島』@足利。
お陰様で1箇所に留まらない生活を続けさせてもらっている。
一夜明け、昼に最近私ブームの蕎麦屋で食して、
渡良瀬川を眼下に眺め、
信じる、とか、ウソ、とか、ホント、とか、物語には必須で、でも、そのことに日常で心が動かなくなるとしたら。。逆に、執着、とか、嫉妬、とかって物語を動かす強い動力なんだな。。と改めて考えたりしながら、
東京戻って今月下旬にある『ロミオとジュリエット』の稽古。若さ故と言われたりするが、全体を見て、普段を対象化するにとても長けたホン←だから何百年と演り続けられるわけなんだが。とにかくシーン最後まで。
そしてダスの修了公演も、まもなくホン決まる。

2018年11月05日(月)
初日 最新 目次 HOME