再生するタワゴトver.5
りばいぶ



 合間に「島」

修学旅行稽古の合間で、
件の「島」キャスティングオーディション、最終。

何人かにご参加願って、
なぜだか、修学旅行の舞台で(開帳場の畳の上)読みあわせ。

なんだか違和感である。
この舞台で、あの芝居。

「もちっと、テンポください」

とか言いそうになる(笑)

頭から、抜粋で、その役の辺りを…

この舞台で、静か。

…新鮮。

修学旅行はもうどこかでちょっと大きなハコ(会場)を想定している部分もあって、距離感がかなり大きくなっているのだが、
あらためて、在りうべき距離感で発せられる言葉たち。

…新鮮、で、耳に優しい(笑)

小一時間ほどで、最後まで。


そういえば、「島」は来週から始まるのだ…
こちら、しんどいことがわかっていながら、だから(?)
とても楽しみだったりして、
違う違う、今日は、修学旅行の稽古、である。

大抵、違う作品の梯子をしているから、なんてことはない、なんて思っていたのだが、同じ空間の、同じ劇団、これはなかなか切り替えが難しい(笑)←なにせ作品の質が全然違う←じゃあ、大丈夫そうなもんだが、切り替えという面では←でも、俳優さんに求める作業の根本は同じ、、、

最後の役もこれで決まるから、とりあえず、ちゃんと切り替えて…


とある日の会話である。

「ハードロッカー観ました?」
「え?」
「ハードロッカー。」
「え?」
「ハードロッカーですよ、爆弾処理班の…」
「へ?」
「観ました?」
「…観た」
「どうでした?あたし面白かったんですけど」
「全然だめだった」
「あ、そうですか、どのへんが?」
「多分、前にブログで書いたからそれで見て」
「はぁ」
「で、ちなみに、ハートロッカーね」
「え”?」
「ハードロッカーじゃなくて、ハートロッカー」
「あ、1文字ちがうだけで、全然ちがうことになっちゃいますね、日本語っておかしいですね」
「そういうことじゃない」
「そうですか?」
「(笑って)いいけどさ、面白いから」
「あ!ブログに書かないでくださいね!」
「はいはい」

ちなみに第一声をはく人を仮にK
受けている人を仮にGとする。
「のりのりな気持ちのいい映画みたいじゃないか!」
とゆうわけで、その日の気分はちゃんと切り替わったのでした。

2010年04月29日(木)



 全体稽古初日。

修学旅行全体稽古、初日。
四月班から戻ってきた、相楽氏(笑)と永田嬢、矢野氏を加えて、漸く全員集合。
3人がいない間にやっていたアップをした後、しばらくぶりだが、いつも通り、シラトリ先生退場、まで(作品上。小一時間かかる)。
まだ、新役の二人には細かいミザンなんかは全くついていないながら、
二人が登場するあたりから、俄然空気が変わってくる。
この感覚はとても大事。
その個所が変わるならば、確実に前後、作品全体が大きく動いていくかもしれない。
新鮮さ、ということの確認にもなるので、これはこれで一石二鳥?
(変わった役の人は、日常において、いつもいる人。)
(変わった土地に来ている、とゆう方が、確実に非日常。)

しかしまあ、芝居自体のやりとりは、まあ、うまくいっていない(そりゃそうか)

荷だしまでの六日間、どれだけの体験を舞台上でできるかにかかっている…。
今回はまくら投げもちょいと変更いれるつもりだし…。
時間との戦いは変わらない。
でも、あせらずに。


2010年04月27日(火)



 ウエストサイド

朝10時の映画祭で
「ウエストサイドストーリー」を観る。
テレビでは何度か、
もちろん、言わずもがなの名画だけど、
私的に(ミュージカル嫌い?←食わず嫌い?)残っている印象は非常に薄かった。(ふざけたギャング登場とかで、パロったことはあれど…)
のだが、
いやぁ、


面白

おもしろぉ。

今さら言うこともないけど、洒落ているねぇ、冒頭からエンドクレジットまで。首尾一貫。
でもって、わたしも最後はまさか泣いてみたいして(浅はか←漠)


一言、やっぱり映画は映画館、なのである。
しかし客層が、かつて見た方々だらけ(この作品をきっと映画館で)で、その異和感すらも手伝って、とても気持ちよかった。
来週は朝10時の映画祭「雨に唄えば」だって…
…観たし。。。←行けないけど

夜、スウィカの廉さんと未来劇場の「シャンテ・ラ・レビュー」を博品館で、
…いやぁ、ウエストサイド、名作です。

2010年04月23日(金)



 あれこれ

月曜日は「十二人」のキャスティング前W・S三回目、と映像テクノ。
火曜日はダスの俳優クラスのあと、
青年劇場さんの「太陽と月」を紀伊国屋本店で見させてもらう。
その後、製作さんと、お社長と、九月の諸々の打ち合わせ。
近々でオーディションをする方向で調整。
途中、出演の吉村氏も合流、
洒落たつまみでワインを飲ますお店で、芋焼酎の吉村氏、素敵だ(笑)

修学旅行の春旅、集中稽古も間もなくに迫っている。←とびとび、本役が何人かいない稽古は何回かしているが(四月公演出演中、が何人かいるので)
わかっていることとは言え、稽古、少ないなぁ…
木曜日の稽古を終えると、あと一週間、
特に今回は二役チェンジ、
別に奇をてらうわけじゃなく、今までと違うもの、またちがう面白いものをちゃんと提供しないといけないと思っている。
人が変われば全体に波及する。
そんな当たり前のことをちゃんとやらなくちゃ。
帳尻合わせ、みたいな作品は嫌なのである。。。

えーと、明日は立教に、あとは…
あれこれ、で、中途半端にならないように…

2010年04月21日(水)



 足利W・S↓

週末かけて、足利。
「台本戯曲で遊ぼう!」なんて銘打ってのW・S
二回目(土曜日)。
前回のレジュメの復習から始まって、則したテキストをグループ分けで。

膨大な情報量の中から、なにを持って帰ってもらえるか、こちらもあちらも試行錯誤しながら。
前回のW・Sのフィードバックが面白い。
人間がいればいるだけ、解釈と感じることの違いがある。
←当たり前なんだけどね。あらためて。
終わるころには、お互いに、すっかり脳みそ使い過ぎ(?)により、しっかりカロリー消費が行われている。
皆で、盃を重ねて、、、
明日は昼間からよるにかけて。

三回目(日曜日)。
本日は、この土曜日までの間(約三週間)に書いてもらった宿題。
(原稿用紙五枚)ルール付けがあったうえで、参加者十人以上に、実際に書いてもらった台本を使ってやっていこうと思っているので、
午前中使って、その台本を再チェック。
普段、こういうW・Sでは出てこない作品題材が多くて面白い。
やはり、仕事をしっかりと別でしている人たちと、この世界だけでやっていっている人たちとの、経験と、視点のちがいなのだな。←別にどっちが良いも、悪いもないのだけど。
で、昼前に勿論、何人かとお蕎麦!
初見参のお店。
マタ聞きのお薦め点。
そばは美味い。
しかし、「昼はそばを…」なんて思って、朝飯を我慢したが為の空腹により、頼んだ、セットメニューのかき揚げ丼が油ギッシュで、
相殺。
丁寧な仕事をする店らしいのだが、どうも隣の座敷で本日は法事。
その対応でてんやわんやだったみたい。。。
W・S三回目。
このクール初めて、ちょっとだけ体を動かしてから、
いざ、台本へ。
まったく説明せずに自分の台本が他人の口を通して音声化されるので、みな色めき(?)だつ。
そこから、ここまで二日で叩き込んだ枠組みに嵌めてみて、演出だったら、なんて話をいれながら、みなの感想も入りながら、、、
とにかく、読む人たち(配役された)以外は、台本を持っていないので、分析、また意見を言うために、聞く方も相当の集中力が必要。
また、読む方も、完全初見の中で、どう、その物語を見抜いていくのか…
こちらは相当の緊張感が必要。その聞かせ方によって、作品が全然違って伝わってしまうのだから…
で、終わったところで、色々言われる、作家当ご本人は、いやな汗をかく…

と、これの繰り返し。
そりゃあ、書き方の枠組みルールを教わっただけで、大変なところを
よくもまあ、みんな全然ちがう作品がそろったものだ。
勿論、書いてみて終わり、ではなく、そこからまた宿題が出るのだが。。。

途中でみなさまかなりげっそり(笑)

わたしもまあ、慣れている、とはいえ、普段は完全に参加者全員の作品について、一日使って、なんてことはないので、終わって脳みそ停止。。。
これは、正直、普段の稽古よりしんどい(そりゃあ、十二人いたら、十二通りの物語(かつ二作品とか書いてくる人もいる(笑))に出会うわけだから)

予定より一時間越えで、第三回目修了。
四回目は、今回からのブラッシュアップをしてもらった台本を使って、、、
ま、目的は、「台本の読み方、とらえ方」が今までとは変わること、なんだけど、苦労は買ってでもした方が、いい(笑)
わたしもすんなり帰る予定も、すっかりオフ状態。
このまま運転は危険よね、というわけで、みんなでご飯。

どうしてもビール一杯の気分ながら、
仕方なし、キリンフリーを。。。←そうまでして呑みたいか


2010年04月18日(日)



 時間は有効に。

午前中、九月の芝居の言葉について打ち合わせ。
全編「方言」の芝居。
方言指導の方と、方向性を確認しながら。
なにせ、九月、とはいえ、わたしの望みで、一月後には稽古を開始予定。
開始が山積してるな…
←こんなはずではなかったなかった言いながら…

ダスも例年通り、先週の金曜日に入所式を終え、今日から新年度、
二年目から参加の三人を加えて、
今年も半数以上女性陣。
女性強しの慣例は続くか…?(笑)

夜は来年あたりのお話を。。。
そういえば、入所式では岡田さんに、あれよあれよで、前作構成直しのお約束。
うーむ、流石…
結局そんなこんなんで夏までの時間をそちらに費やせず…

今週末はまた足利行き。
フィードバックしながら、どう進めるか…

時間は有効に。


2010年04月14日(水)



 十二人。

六月のカンパニーの稽古、顔合わせ、始まる。
つい先ごろ、萩家をやったメンツも多く、
はてさて、いろんな面で後手後手になっている感がありながらの見切り発車。始まってから、すべて好転していけばいい。
一度、ざっと本読み。
の前に、
今回の演出意図もあるので(とはいえいつも言うことだが)
表立って見えてくる言葉の「意味」ではなく、
裏の「目的」を明確にするためのくせづけ。
ご存じ「外郎売」ならぬ、
「ヘロイン売り」(手心が加わっている)を
いかに、「上手く喋る」のではなく
「買いたくさせる」か。
「その商品を、魅力的に伝える」か。
(表の文章だけをみると、これはこれで大層問題に見えるな…)
参加全員の声を聞きつつ。
今回は有名な「陪審員もの」につき、
役の「立ち位置」と「奥行」が非常に大事なのだ。
あまり動きのない、会話劇。
そして、ここはアメリカでもないし、五十年代でもないし、
出てくる表の意味だけの会話なぞで、二時間近く持つわけもなし(笑)
←そこが面白いのだけれど。
若手で、かつ、手狭な小屋で。
上手く、息を呑むようなモノづくりができたらいい。
なんせ、男たちが女たちだし(鮮)


夜はスウィカの廉さんと、同じ事務所教えの俳優さんと三人で、これからの傾向と対策について、という名目で一杯…


2010年04月13日(火)



 修学旅行始まる。

修学旅行春旅稽古開始。
も、今回も、4月公演組が何名かいるので、
全員集合はもうちょっと後、
ながら、
四代目ユリ(笑)二代目アキラと二役代わるので、
さてさて、
また違う味に仕上がることを期待している。
短時間での「遠回り」をどれだけできるのか、、、

金曜日は由貴とサイちゃんと久方ぶりで高円寺。
思えば、りばいぶ立ち上げ公演にいた三人。
9年たって(もう、9年か…)、立場も考えも、やってることも変わったけど、久しぶりだねぇ、とは口では言え、全く、そんな感じがしないのはなぜだろう(笑)
あくまでも、酒癖の悪い(別に暴れるわけではない)、呑んだら長い三人であった…
またの名を、成長、という言葉を知らない三十代。
でもって、喉を壊す私…

稽古2日目は、稽古場自体が、ものものしい雰囲気。
某国首相がやってくる上…
およそ、普段のそこには似つかわない黒服の輩が大勢。
きほん、芝居屋ばかり集まってくるその建物、
さぞや、黒服さんにとっては、「怪しい」人たちがいっぱいだったことでしょう。←わたしがゆうな。
脳と体を酷使するアップを終えて、台本を順をおって。
うん、新しいものができそうな空気。
色々また「遠回り」について説明をしたりしながら。。。
やはり、途中からの役替えは、どうしても「あわせる」感じが強くなるのだが、「当たり障りなく」しても仕方ない旨。
出来うる、考えうる失敗や、仮説を目一杯試してほしい。
で、稽古最終盤は、某国首相と官房参与が大勢の黒服さんを従えて、稽古見学。
ものものしさに包まれる(笑)参観日。

「沖縄の県民感情を考えなさい!、ってわけわかんない説教されたんだって」
「沖縄の県民感情ねぇ」

とは、「偶偶」通りかかった、当該芝居のセリフ。
なんてタイムリーなんだ…(意味はちがうのだけど)

黒服の方々が笑っている…

で、某国首相曰く、
「面白い!」
だそうな。。。
是非、本番も見に来てください。奥様と。




2010年04月10日(土)



 たちあがらない。

新党が結成されたのは、
もう、そりゃ、ニュース三昧ですから。

しかし、
政策、とか、年齢、とか、おいておいて(絶対においておいてはいけない)
これもほうぼうで、突っ込みの雨、だと思うけど、
「たちあがれ」
である。

ちょっと前に、
「みんなの」
というそれもあったが、
このネーミングセンスたるや、いったい…

「たちあがれ日本」
と言われて、誰ガ?何ガ?どこガ?命令?主語は?
と、鼻白むのは、わたしだけではないはず。
まず思い浮かぶのは、
「頑張れニッポン」
これがスポーツである場合、確実に応援の対象があるし、
熱も入るというものである。
が、
これは確実なる他力本願(笑)
なにせこちらは応援、しかできないのだから、
←でもある意味の感情移入なり、はできるか。

で、「たちあがれ」って何かな、
なんて思っていたら、ありました、こんなの

♪燃え上がれ 燃え上がれ 燃え上がれ♪

語感も似てるし、字数も同じ、正確には
「も、え、あ、が、れ、 もえあがれ 燃え上がれ」
勿論、この場合、続く言葉は「日本」ではなく
 
「ガンダム」

…アニメ…
いわずと知れた「機動戦士ガンダム」(ファースト)のオープニングテーマなわけです。名も「翔べ、ガンダム」(ゆうておきますが、わたし、ファーストのファンです←世の中に一番多いと思われる)

燃え上がれガンダム≠立ち上がれニッポン

で、実際に、ガンダムが燃え上がってしまったら、これはもう物語が全く進行しなくなるし、そう、これは比喩だ。←何を言ってるんだ…
そうゆう意味では、ニッポンが立ち上がってしまうと、物語が進行しなくなるということも言えるのか?
または=関係でないから、立ち上がると物語りが進行するとも言える。
ちなみに流れとしては、「まだ怒りに燃える闘志があるなら 巨大な敵を討て 正義の怒りをぶつけろ」と続く、
なぜこんなことを言うのかと言うと、件の歌、二番を置いておくと、三番は…

よみがえるガンダム

で始まる。とゆうことは、知らないところできっとガンダムは倒れていたわけだが、よみがえる、わけである。
「よ、み、が、え、る よみがえる 蘇る」
こうなると、歌詞の具合も、段々と蘇ってくる過程までが見えてくる(笑)←ロボット(有人操縦の)なのに
ちなみに流れとしては、この後、「まだ愛に震える心があるなら 平和を求めて翔べ」となるわけだ。

よみがえるガンダム≠たちあがれニッポン

で、置いておいた二番だ。


たちあがれガンダム

やはり、始まってしまうのだ。
「た、ち、あ、が、れ たちあがれ 立ち上がれガンダム」
で、やっとこさたち上がったのに、
「まだ絶望に沈む悲しみがあるなら恐怖をはらって行け」
なのだそうな、

たちあがれガンダム=たちあがれニッポン

「まだ怒りに燃えるなら正義をぶつけて巨大な敵を討て」
↓↓↓
「で、倒れるから」
↓↓↓
「まだ絶望に沈む悲しみがあるなら恐怖をはらって行け、進め」
↓↓↓
「で、倒れるから」
↓↓↓
「蘇って、愛に震える心の余裕があれば、平和を求めて飛べ」
↓↓↓
「倒れる?倒れない?」

何度もゆうけど、ガンダムはファーストが最高だ。
そして、しっかりはまった。
で、主題歌ももちろん、カラオケで昔は歌ったものだ。
でも、こんなに書かれた歌詞を考えたことはなかったが…

http://www.uta-net.com/user/phplib/view.php?ID=3279

しかしなぁ…
こういうこと?

んなわけないじゃん。。。

第一話「ガンダム、大地に立つ」(オリジナル)
第一話「新党、大地に立つ」(そういや、大地、もあるな…なんのこっちゃ…)






2010年04月08日(木)



 観劇。。。

3日、だるまちっくシアター「マクベスの妻と呼ばれた女」をだるま座へ。
佐藤萌子が出演。
昨年劇団劇作家でご一緒した菊地一浩さん演出、本も、代表の篠原さん。
狭い空間を、上手く構成していた印象。
後半にかけての部分で、いいセリフたちが腑に落ちてこなかったのは、前半戦のカットのせいか?
なんて思いながら観る。
ただ、技量はどうあれ、前にこちらの「わが町」を観た時にも思ったのだが、俳優さんが作品に誠実で、謙虚で、観ているこちらに心地いい。
演出もその部分を生かしている感じ。
もう一歩、キャラクターが重視されるようなものになると、この限りではないと思うけど。
終演後は、荻窪の例の店で萌子と出演の役者さんと一献。

5日、紀伊國屋で「無頼の女房」を。
なんだかんだで縁のある道学先生で初演された作品。
何人か知り合いが出ているのに、
「招待券あたったの〜、いかない?」という
みどりさん(夏のせいかしら、作家)のお誘いで。
良質の二時間十分。
終わって、みどりさんとあーでもないしながら、一杯。

2010年04月05日(月)



 4月。

4月に入った。
もう、一年の四分の一が過ぎていった計算だ。
今月から、なんだか、朝型生活を余儀なくされる。
朝型生活なんて、ここ、十八年以上やっていないかもしれないのに…
←人間としては正しいのか?
今月は、、、
「修学旅行」の稽古。
「十二人」の稽古。
「ダス」
「テクノ」などなど
一斉に始まる。

前半戦は打ち合わせばかり…
机上の空論で、しかも迫ってきているので、
結構、ストレスフル(笑)

じゃあ、映画だ、
となんの論理かわからんが、そりゃ話題の「ハートロッカー」を。
うーん、問題は分かったよ。
でも、どうなんでしょうねぇ。
スポットライトを当てられていい正に現代の職業だ、とは思ったけど。(戦場の爆弾処理班)
これを見せて、どうするんだろ?
警句なのか、
誰かがやらなくてはいけない、なのか、
ある極限の緊張状態を経験してしまう人は、くせになり、極限の緊張状態がないと生きる実感を得られなくなるとゆう人間のダメさ、なのか、

よくわからない。
場がイラクである、ということが目新しいのか、←そんなこともないよな…
爆弾をセットされ鎖に巻かれて死んでしまう、イラクの人が出てきたが、その意味がなんなのか。←戦争は不毛だ、とか、むごい、とか、普段の英雄映画なら絶対助けるのに最後に「すまん」と言って逃げることが、リアルということなのか、

問題作、

では確かにあるんだろうけどね。
問題提起とも違うとおもうし、
スポットライトを当てるなら、賞とって途端に職業の特集が多くなったように、目的達成?
うーん、兎にも角にも、
こんな作品が賞(エンターテイメント、の最高峰)をとるようでは、いかんと思うのだ。
とはいえ、旦那がつくった「アバター」にも懐疑的なわたしは、
どっちがよかった?
と言われても、
その「賞」自体がだめなんじゃないか、と思うだけで…

結局、こういう気分の時に観る映画の質を、
わたし自身が誤った、ということなのだな(獏)

2010年04月01日(木)
初日 最新 目次 HOME