しそ摘み日記
akajiso



 キャリア20年を目指す

今40歳になったばっかり。
なんか始めようかな。
 だって、
「もうこんな年だから・・・」
と何もしなければ、ずっとこのままだけど、
今から何か始めて20年続ければ、
60歳でキャリア20年だもん。

 自分の人生の後半を、
好きにコーディネイトできるんだから、
素敵〜〜〜〜〜〜〜(^◇^)

 とりあえず、ナニを始めるかを
模索してみようっと。

 たとえば、車。

 運転はするけど、エンジンルームの開け方も知らず、
去年に続き、また先日、バッテリーを完全に放電させてしまった私。
 いくら「体力作りのために車使わない」と言ったって、
全然乗らないと車がダメになるっつーの。

 まめに動かして電気使わないと、
せっかくヤクルト売ってその売上金だけで買った車も
オシャカになっちゃうもの。

 車のことをもっと勉強して、
「女だからクルマわかんな〜い(>_<)」
というのを卒業しようっと。

 あとは、前にちょっと始めた太極拳。
 入門DVDを見ながらちょっとやっただけで、
すっかり遠のいちゃったので、
少しづつでもいいから、ちゃんと毎日続けよう。

 何かの勉強もしたいし、
苦手なことや、今まで自分と無縁だったジャンルの中にも、
案外、自分に合うものがあるかもしれないので、
今までの自分の枠を広げるために、
今年は、いろいろ新しいことにチャレンジしようっと。

 今始めれば、今年0歳の長女が二十歳の頃、
その筋の先生になっているかもしれないもんね!!!


2006年06月30日(金)



 ぶっちゃけ・・・

今日、午前10時から昼まで、
小学校に集まって、
秋のバザー&模擬店の打ち合わせをしてきた。

 私は、懇談会の司会や、イベントの仕切りとか、
そういう「盛り上げ役」みたいなのは得意だけれど、
ぶっちゃけちゃうと、
模擬店に出す食べ物の仕込みとか、仕入れとか、
そういうチマチマした事前準備みたいなことが、
ものすごく嫌いなんです〜〜〜う(>_<)

 売り物の値札付けとか、
仕入先から食べ物を車で搬入とか、
家庭科室で作ったものを校庭まで運んで仕上げに焼く、とか、
もう、そういうの、ダイッ嫌いなの(~_~;)

 夏休みの親子草取りとか、
体育館にパイプ椅子を並べるとか、
ママさん校外パトロールとかは、
率先してハキハキやってるけれど、
そういうのも、
実は、超イヤイヤやっているのさ(ToT)

 プリント作って印刷して配布する、とか、
進行表を模造紙に書くとか、
子供相手に輪投げなどのゲームをさせたりするのは、
まったく苦じゃなくて、むしろ好きなのに、
チマチマした「おかあさん的な作業」が、
まったくダメ\(◎o◎)/!

 だいっっっっ嫌いなの〜(>_<)

 役員なのに〜\(◎o◎)/!
 役付き役員なのに〜\(◎o◎)/!

 そういえば、子供の頃から、
学校の掃除や給食当番や日直が、
実はダイッ嫌いだったっけ。
 学級委員で、班長だったのに・・・・・・

 これは、私が、
キャスト的な性格で、
スタッフ的作業が苦手だということなのかしら?

 どっちにしろ、
チマチマがダメ(>_<)
 地味作業がダメ(>_<)

 こんなこと、絶対役員仲間には言えないよ・・・

 

2006年06月26日(月)



 朝が苦手

本当に朝が苦手だ。

 しかし、子供たちに朝ごはんを食べさせ、
送り出さねばならないので、
毎朝5時50分に起床し、
朝ごはんを作る。

 うちの子供らは、
親が教えたわけでもないのに、
完全に早寝早起きタイプで、
みんな午前4時から5時頃に起きて、
各自漫画を描いたり、
自由帳にオリジナルキャラクターをデザインして遊んでいる。

 私が午前6時前に
「うううううううう・・・・・・」
と苦悶の表情で階下に降りてくると、
「お母さん、おはよう!」
と、みんなで爽やかにあいさつしてくれる。

 私の朝の行動は、完全にプログラミング済み。
 朝は、超低血圧のため、思考が停止しているため、
前夜にほとんどの準備を済ませ、
翌朝のオプション的行為(子供の体温を測り、プールカードに記入&捺印)などは、メモに書いてテレビの画面の横に貼っている。

 私にプログラムされているジョブは、以下の通り。

 〜案炊いておいたご飯を電子レンジに入れ、スイッチオン。
 ▲灰鵐蹐量A構舛縫スで再加熱。
 洗濯機に服やタオルを投入。各種コンセントを入れて洗剤を投入し、除湿機から出た水を洗濯槽の中の洗剤にぶっ掛けて溶かす。
 ぅ丱好櫂鵐廚寮茲鯢呂の湯船に突っ込み、各種スイッチオン。
 ド屋の隅に寄せておいた座卓を真ん中に置き直しながら、
   「雨戸開けて〜」
   「箸とお茶の準備」
   「給食袋の中身交換した?」
   「洗濯最終締め切りだぞ〜」 
   ・・・・・・などという決まり文句を言う。
 昨夜作っておいたおかず、または、夕飯の残りを、レンジに入れて温める。
 Г垢戮討温まったら、すべてよそって、「運べ〜」と言う。
 ┿匐,醗貊錣膨食を食べ、各自流しに食器を片付ける。その間、洗濯機に水が溜まったのを確認し、バスポンプオフ。
 「誰かお膳拭いて〜」と掛け声。
 ぶらぶら遊んでいる子供たちに、「ハンカチティッシュ名札靴下〜」と声を掛ける。
 授乳期用のビタミン剤を服用した後、ヤクルトミルミルを一気飲み。
 洗濯の洗いが終わり、次にすすぎの準備。(バスポンプスイッチオン)
 ぐずぐずしている子供たちに「歯磨き〜」と念押し。
 中学生の長男を玄関の外まで送り出し、ついでに郵便受けから新聞を取って来る。
 まだまだぐずぐずしている子供らに「したく全部済んだの?」とドスを効かせる。
 哀乾濛泙両紊鯒り、小学生に収集場所まで出させる。その間、バスポンプの水を止め、風呂を洗う。
 云学生登校。
 伽濯完了。ベランダに干しに行く。
 崖下に降りて、コーヒーを淹れ、新聞とチラシを読む。
 乾船薀靴鮖仮箸掘∨榮買うものをメモに記入。
 
 はい!
 そこらへんでやっと少し目が覚めて、人心地つく。

 こうやって、毎日とんとん拍子に行けば、そりゃあラクだけど、
実際は、
「宿題やってない〜」
「学校にプールカード忘れた〜」
「だれそれがぶった〜」
「お前なんかバーカ!」
「おぎゃ〜おぎゃ〜」
「ああ! ユリ、チラシ食ってる!」
「おぎゃ〜おぎゃ〜」
「洗濯物にティッシュがあ!!!」
「お母さん僕熱があるみたい」
「忘れ物取りに帰ってきたよ〜」
「学校休みな、連絡帳持ってって〜」
「おぎゃ〜おぎゃ〜」
「だれそれが蹴った〜」
「お前が先にやったんだろ!」
「データ消してやる!」
「何でだよう!!!」
「やめなさい!」
「おぎゃ〜おぎゃ〜」
「お母さん、黄色い帽子が無いよ〜」
「あ、パソコンで調べもの頼まれてたんだ!」
「時間無い! もう行け!」
「お母さん、ゴミ今日燃えるゴミのほう〜?」
「違う違う、不燃だよ、ラーメン屋の横に出す方」
「おぎゃ〜おぎゃ〜」

 ・・・・・・・・・・・・

 そんなこんなでやっっっっと子供らを送り出した後、
8時半過ぎにねぼけまなこで茶の間に降りてきた夫は、
わけもわからず、いきなり沸点に達している妻に怒鳴られる。

 まあ、仕方ないわな。
 


2006年06月22日(木)



 昔の写真

昨日、誕生日ということで、
いとこのhanaからお祝いのメールが届いた。
 で、私たちが子供の頃の写真が添付してあった。

 それは、セピア色で、
自転車に乗る9歳くらいの私と、
後ろに乗った5歳くらいの弟、
自転車の横に立つ4歳くらいのhanaの、
3人が写っていた。

 私、全開で笑ってるよ。

 子供の頃、いろいろあったけど、
いつも3人でつるんで遊んでいたし、
楽しいこともいっぱいあったんだよなあ。

 それにしても、初めて見る写真。
 聞けば、hanaのお父さんの形見の中にあったという。

 hanaのお父さんには、
よく写真を撮ってもらったなあ。
 うちの親が全然写真を撮らなかったから、
私たち兄弟の子供の頃の写真が残っているのは、
hanaのお父さんのおかげなのだ。

 hanaのお父さん、ありがとう。
 あなたの写真好き、機械好きは、
しっかりと娘のhanaに受け継がれているですよ〜(^_^)/~

 

2006年06月20日(火)



 今日から40代だあ〜〜〜\(◎o◎)/!

あ〜〜〜〜はっはっはっは〜〜〜\(◎o◎)/!
今日は、私の、40歳の誕生日〜〜〜\(◎o◎)/!

 すっげ〜〜〜ショック(@_@;)

 私が40? 
 この私が?

 人生80年の、40?
 
 もう折り返し?

 で、親は?

 親の余命は?

 ああああああ〜〜〜\(◎o◎)/!

 あ〜〜〜〜〜はっはっはっは〜〜〜(@_@;)

 結構、マジでショック(ToT)

 でも、しょんぼりばかりしていられん!

 30になったとき、私は、
「30代は、飛躍の時ぞ!」
と宣言し、本当に5人も産んである意味飛躍したし、
精神的にも成長できたんだから、
40代でも、何か宣言しちゃうぞ!

 「40代は、強くなる!」

 ストレスの処理の仕方を心得て、
打たれ強くなって、
ブルドーザーのように、人生をゴーゴー開拓してやる!!

 そして、自らの強さのお釣りで、
みんなに半端じゃなく優しくなるのさ!

 成熟した大人になるのさ!!!
 40にしてマヨワズだわさ〜〜〜\(◎o◎)/!

 キョエ〜〜〜〜〜\(◎o◎)/!

2006年06月19日(月)



 携帯大活躍

私の携帯電話は、電話としては、ほとんど使われない。
ほとんどが、子供の写真や動画の撮影用。
 撮った写真をメールに添付して、夫の両親に送るなどしている。

 時々hanaや弟の奥さんや、役員仲間とメールのやりとりもするけれど、よその奥様の平均的な使用量と比べたら、かなり少ない。

 新しい機種に交換したとき、嬉しくなって、(パケット定額じゃないのに)思いっきり着うたダウンロードとかやってたら、手間取って何度も情報の多いページを開くのを繰り返し、気付けば、ひと月パケット代が1万円以上! おまけに苦労してダウンロードしたファイル、間違って削除しちゃったし(ToT)
 
 で、
 「もう、EZweb絶対開かない!」
と決心した。

 で、現在、携帯の機能で活躍中なのは、アラーム機能。

 5分間隔のスヌーズにしてお気に入りの曲で目覚まし時計に!

 それから、子供が、お気に入りのテレビ番組を見逃して、ぎゃあぎゃあ泣かれるのが嫌で、番組の始まる5分前に、子供自身が

「ケロケロケロロ♪ はっじまっるよ♪ ケロッ♪(延々繰り返し)」

「わくわくさん、はじまるよ〜〜〜!!!」

などと、動画に録画した声が流れるようにした。

 これが、結構使える!

 でも、買い物中、突如、その時間になり、
子供がいない空間で子供の声が鳴り響いたときは、
そばにいた年配のおばちゃんたちが
「ヒ〜〜〜\(◎o◎)/!」
と、怯えていたっけ。

 おばちゃ〜ん、これ、心霊現象ではないからね〜〜〜(~_~;)

 あと、PTAの集まりの日、
「そろそろ家出ないと」という時間にアラームしかけておくと、
アカンボのしたくで手間取ったときに、遅刻しないで済む。

 ああ、私の携帯電話は、
実質、「携帯カメラ&ビデオ&アラーム」だよ(~_~;)

 

2006年06月16日(金)



 マイク持たせたら・・・

 今年、小1の四男のクラスで役員を引き受けた。

 で、昨日は、体育館で1年生の親子&先生で、
PTA企画によるミニ運動会が行われた。

 私の係は・・・・・・もちろん司会!!!

 長男のときも、次男のときも、司会をやった。
 実は、人前でしゃべるの大好き(^◇^)

 マイク持ったら、調子出てきちゃうんだよね・・・・・・

 面白いことバンバン口から出てきちゃう。

 最初は、敬語ばりばりで
「まずは校長先生からごあいさつをいただきます」
なんて、取り澄まして言っていたのだが、
伝言ゲームで
「右手を頭に、左手を腰に」
と言う伝言が、
「ねぎを上に、ひだを下に」
と伝わってきた日にゃあ、

「『ねぎ』ってぇ!!!」

と、マイクで思いっきり突っ込んじゃったよ。

 実況していても、最初は、
「1組早いです、3組がんばって〜」
なんて言ってたのに、だんだん、
「ほらほら、ボールよく見ろって!」
とか、
運動会の徒競走で、放送委員の子がひたすら連呼するお約束のせりふをパロって、(棒読みで)「白早い、赤頑張ってください」
なんてふざけてみたり、
「パパママ、体ダイジョブですか〜、腰イッチャッてないですか〜?」
なんて言って、
親たちの間からは、
「あのイカレタ役員は誰やねん」
みたいなささやきがそここから聞こえるありさま・・・・・・

 帰ってきてから、四男に
「お母さん、面白かった?」
と聞くと、
「面白いこと言う役だったの?」
と、あきれ顔。
 で、
「いつもより声が高かった」
とも言う。

 そりゃあそうだよ。
 よそ行きの声だもん。
 1オクターブ高いに決まってるじゃん。

 いつもあんたたちに怒鳴っているような
地の底から響き渡るような重低音でアナウンスするわけないっしょ!

 長男のときは、
修学旅行の行き先=日光のクイズとして、

「日光にある有名な彫り物は、次のうちどれ?」
「仝ざる言わざるメガネザル」
「見ざる言わざる聞かざる」
「8ざる言わざるバザールでゴザール」

などと、真顔で言い、受けたので、思いっきりガッツポーズをして、後で長男に「お母さん恥ずかしくないの?」と言われた。

 次男のときは、
ゲームをズルする人がいっぱいいたので、
楽しい集まりなのに
「ズルしたらやり直しますよ! ちゃんと見てますよ! 正直者が馬鹿を見るなんてダメですよ!!!」
なんてキレちゃって、後で次男に「こええよ!」と、叱られた。
 あと、「お母さん、噛みすぎ!」と、とても怒られた。

 ああ、子供たちのために頑張っているけれど、
気付くと、自分が楽しんじゃって、はしゃぎすぎてる私。

 マイクを持つと人格変わるのよねえ。
 
 

2006年06月15日(木)



 人間だもの?

以前、夫の勤めていた会社の社長が、
闇金に手を出して失踪し、会社が倒産。
結局脱サラした夫。

 逃げた社長は、相田みつをが大好きだった。

 社員も家族も置いて逃げちゃったけど、

「人間だもの」(弱くてごめ〜んね)・・・ってか?

 こらー!
 人間なら責任とりやがれ〜!

 全然関係ないけど、
おかずに嫌いなインゲンが入っていると、
とたんにまったく箸をつけてくれなくなるうちの子供たち。

 「なにこれ、いつもと味違う〜!」
と騒ぐ子供に
「インゲンだもの」
とつぶやき、梅雨時の蒸し暑い茶の間を
涼しくしているのは、私で〜す\(◎o◎)/!
 

2006年06月14日(水)



 自家栽培

 今、うちの縁側で無農薬野菜を育てている。
ししとう3本となす2本とプチトマト3本。

 雨と暑さで、結構いい感じに実がなってきている。

 でも、土も肥料も自然なもので、無農薬だから、
虫がつく。

 これをこまめに取ってやるのが大変。

 でも、毎日、少しづつ育っていく野菜たちが、
自分の子供のようにも思えて、
けなげでかわいいなあ。

 育てる楽しさ。
 育ちを見る楽しさ。
 収穫の喜び。
 食べる喜び。

 ああ、DNAの中のお百姓さんが、うずくなあ〜!

2006年06月13日(火)



 せまる40代

ああ、あと1週間で40歳だあ〜\(◎o◎)/!

 さような〜ら〜30代〜〜〜♪

 みずみずしかった30代〜〜〜♪

 脂性の私も〜〜〜

 気付けば、肌がカサノバ〜〜〜♪

 きめ細かかったお肌も〜〜〜

 気付けば、ザラザラしわ〜ん♪

 ああ〜〜〜〜〜♪

 アンチエイジングする金もなし〜〜〜♪

 こんちエイジングばかりさ〜〜〜♪
 こんちは、エイジング〜〜〜♪
 わが〜〜〜人生〜〜〜〜〜♪

 今日は、シャンソンで気持ちを述べてみました。

2006年06月12日(月)



 男の子の世界

中2の長男は、やさ男で、
その分、外で悪がきにいじめられてくることも多く、
何度も怪我させられていた。

 親子で傷つき、動揺し、
先生に相談し、
親子で、クラス換えや席替えのたびに
びくびくしていた。

 次男は、やられると、
やられた以上にやり返して、
返って相手の親にクレームを付けられて
一方的に悪者にされてしまうタイプ。

 三男は、外では朗らかで活発なふりをしているけど、
結構こっぴどくいじめられたりしても、
へらへら笑ってみせたりして、
自分の中に苦しみを押し込んでしまう。
 
 四男は、言いたいことは言えるけど、
体が小さくて、弱い。
 正義の味方だけど、いかんせん人一倍弱い。
 だから、やられてしまう。

 そういう4人の男児を育て、
4人に起こるトラブルに、同時進行で
立ち会っていくうちに、
さすがのトロい私も、いろいろ心得た。

 長男は、いじめの横行する環境の中で、
そこを回避し、受難に遭ったら、
親や先生などの周りの大人に訴えて
解決の手伝いをしてもらったりするノウハウを覚えた。
 友達が多いので、
友達に相談したり、友達に助けてもらったりして、
今は、マイペースに暮らしている。

 次男は、「やりすぎ」を反省し、
攻撃を仕掛けてくるヤツの挑発に乗らない、
という強い意志に基づいて生活している。
 よほどやられた時は、
親や先生に中に入ってもらい、
正当な経過を経て解決するようにしているし、
嫌なヤツを相手にしないことを心がけている。

 三男は、やられてくると、
先生には言わないし、友達にも相談しないので、
私が、いじめっ子に直接会って
「仲良くなる」作戦をとっている。
 三男は、先生に言うのも嫌だというし、
それならば、先生には報告、という形をとり、
相手の子と私が友達になって、信頼関係を結んでから、
「うちの子に暴力ふるったらダメだぞ!」
と約束させる。

 四男は、時々、大きい悪がきにやられてくるが、
慌てず騒がず、
「やられたか? ちゃんと文句言ったか?」
と手当てしながら話し、
「今度やられたら、先生に言うか、大声で泣いて脅かしてやれ」
と、明るく励ます。

 うちの子たちは、
私にやられたことを報告し、
「嫌だっただろ? お母さんが何とかしてやるぞ」
と、言い、目を見ていつもの10倍くらい優しく接し、
丁寧に手当てしてやるだけで、
たいてい、ホッとした顔に戻り、
安心して次の日も学校に行く。

 「自分には味方がいる」
 「お母さんや先生は、頼りになる」

と思うだけで、たとえ何してやらなくても、
立ち上がる勇気を持つ。

 男の子の世界は、
暴力的で短絡的で単純だが、
ツボを押さえれば、女の子同士のトラブルに比べたら
扱いやすい。

 でも、経験上、いちばん大事なのは、
やっぱり、
「自分が誰かに受け入れられる」
という実感だ。

 嫌だった気持ちに共感してもらい、
不当なことをされたことをわかってもらうこと。
 自分の気持ちをわかってもらえたら、傷は浅く済む。
 解決の手伝いをしてもらい、
次に同じことが起こったときの対処法を一緒に考えてやる。

 そうやって、少しすつトラブル解決力を身に付け、
大人になったとき、自分で解決できるように
育てていくこと・・・
これが親にできることじゃないかな?

 最終的には、親がいなくても、
子供を、
新しい種類のトラブルに対応できる「強い大人」にしていくのが、目的なんじゃないかな?

2006年06月09日(金)



 家事パターン

私は、毎朝5時50分に起床し、
子供たちを起こして、
洗濯機を回し、
朝ごはんを作り、
洗濯物を干し、
子供を送り出し、
(子供にゴミを出してもらい)
皿を洗い、
アカンボのオムツを換え、
離乳食をやり、おっぱいをやり、
新聞を読み、
チラシをチェックし、
コーヒーを一杯飲む。

 ここまでやると、もう、
「終わった〜〜〜(^◇^)」
という気分になり、
午前中は、ぼんやりしながら
血圧が人並みに上昇するまで待つ。

 午後は、買い物に行ったり、
庭に水を遣ったり、
と、割とたらたら過ごす。

 子供の帰宅後は、
夕飯を作ったり、
洗濯物を取り込んで畳んでしまったり、
アカンボを風呂に入れたり、
と、忙しい。

 こうして考えると、
私は、意外と、家事パターンにムラがある。

 朝忙殺 昼ぼ〜 午後ぼ〜 夕方忙殺 夜ぼ〜

 ・・・である。

 うちがやたら散らかっているのは、
午前あるいは午後の、
「掃除」が欠けているからなんじゃあ?
 腰をあげれば、とことんやるのに、
なかなか腰が上がらない。
 「掃除」が日課になってない。

 今日、掃除してみて、
ほんの数分の作業で、家の中がきれいになり、
気分がさっぱりしているのに驚く。

 掃除! 毎日やろうぜ、私!

 確かに家事の中で一番苦手な分野だけど、
散らかっているのは、ホントは好きじゃないし、
子供に自分で片付けさせるのは、
自分で片付けるのより300億倍難しいし。

 家事パターンを今日から変革して、
朝の家事の中に「掃除」も入れよう。

 どこのうちからも、
朝は、さわやかな掃除機の音が聞こえているよ。
 掃除苦手だけど、
バンダナで三角巾して、こじゃれた前掛けでもして、
形から入りつつ、毎日お掃除しようっと。

 習慣づけたら、後は、もう、
無意識に半分寝ながらでもできるって。
 朝食作りや洗濯と同様に・・・
(ホントか?)
 

2006年06月07日(水)



 ケム〜シJr.

ジャニーズJr.なら可愛いけれど、
先ほど、玄関脇の椿の葉に、
ケム〜シJr.を100匹ほど発見\(◎o◎)/!

 先日、松の木にたかる5センチから8センチくらいの毛虫を120〜140匹駆除したところ、めっきり毛虫の姿を見なくなったと思ったら、まだまだいたいた〜! 椿の葉グループが〜!

 目の悪い私は、庭の花や木に水をやっていても、
ま〜ず虫やら何やらは見えないのだが、
今日は、椿の葉の数枚が、緑色じゃなくて、グレーに見えて、
「ん?」
と、二度見して驚いた。

 葉っぱの上に、みっちりケム〜シJr.が、
30匹くらいうごめいてる〜\(◎o◎)/!

 一枚につき、30匹、
それが、何十枚にも及ぶ状態\(◎o◎)/!

 「んぎ〜〜〜〜〜〜(>_<)」

 と思いつつも、キンチョール片手に、
しゅーしゅー吹きつけまくり。

 うちは子だくさんだけど、
毛虫まで子だくさんじゃなくてもいいのに〜(@_@;)

 よく見ると、毛虫のいない葉にも、
今にもかえりそうな黒い卵が
3億個くらいみっちり〜〜〜\(◎o◎)/!

 「んんんんんぎ〜〜〜〜〜〜(>_<)」

 と、声にならない悲鳴を上げつつ、
植木バサミで葉をちょん切りまくり。
 あっという間に、椿の木が幹だけの姿に!

 「うぐぐぐぐぐぐぐぐ(@_@;)」

と、泡をふきながら、何とかその毛虫まみれの葉や枝を
ピンセットの親玉のようなもので挟み、
ゴミ袋に詰めて、庭の隅っこに追いやった。

 明日のゴミの日に、
「ど〜〜〜〜〜〜〜ん」
だぞ、このやろ〜!!!

 あああああああ〜〜〜\(◎o◎)/!
 痒い〜!
 頭皮が痒い〜!

 ・・・・・・ところで、成長した松の木グループの生き残りは・・・・・・

 時々、モスラのごとく巨大になって
いきなり私たちの前に現れます(ToT)
 キレイな〜〜〜赤や黄色のメッシュを入れて〜
 毛も長くなって〜
 黒々とした毛並みでね〜〜〜
 
 ああああああああああああ〜あ
 
 全身か〜ゆ〜い〜(@_@;)
  


2006年06月04日(日)



 貞子?

テレビや読書に夢中になっているうちに、
一瞬、長女(しあさってで7ヶ月)の存在を忘れてしまう瞬間がある。

 彼女は、おとなしく、静か〜〜〜に、
ひとりで遊んでいることが多いのだ。

 で、ふと、背後で人の気配を感じて振り返ると!!!

 すっげえ小さい貞子が〜〜〜!!!

 顔を畳に擦り付けるようにして、
顔面を決して上げずに、
爪を畳に引っ掛けながら、
「ううううううううう〜〜〜」
とか低くうめきながら、
よろよろと這いながら
こちらにジワジワと忍び寄ってくる
すっげえ小さな貞子がいる〜〜〜〜〜っ!!!

 クルッ!
 きっと、クル〜!
 きっとクル〜!

 こええよ〜、この発達段階〜\(◎o◎)/!
 早く怖くないハイハイ習得して〜\(◎o◎)/!

2006年06月03日(土)



 着替え1日30回

今の季節、着るものに迷う〜(>_<)

外は、夏のように暑いのに、
四方を民家に囲まれた我が家は、日陰がちで、蒸し暑いけど、気温は低め。
暑い二階で寝ているので、
朝は、パジャマと下着のTシャツが濡れていて、半そでTシャツに着替え、
1階で朝の支度をしているうちに寒くなって、
長袖のTシャツに着替え、
朝ごはんを食べると、暑くなるので、また半そでに着替え、
子供たちを送り出して静かになると、とたんに寒くなるのでまた長袖に着替え、洗濯物をベランダに干すと、暑くなってまた半そでに・・・

 その間、微妙な温度調節として、
半そでの上に割烹着やエプロンドレスを着てみたり、
工夫をしているのだが、イマイチ、
「ちょうどいい!」
というあんばいにならず、何度も着替えることになる。
 
 汗をかいたら新しい服に着替えるのだが、
汗をかく前に寒くなったり暑くなったりするので、
いちいち洗わずに、半そでと長袖のTシャツやエプロン、ジャージの上などが、たたんだ状態で、居間の椅子の上に何着も何着も積まれている。

 暑いけど、半そでを着たら寒い→靴下を履いてみる
 寒いけど、長袖を着ると暑い→靴下を脱いでみる

 などと、涙ぐましい細かい調節をしても、
やっぱり
「ここちい〜」
とならない。

 いつもならあまり気にしないで過ごしてしまうのだが、
鼻かぜをひいているので、
いつもより着替えが倍増・・・

 ああ・・・
 子供たちは暑かろうが寒かろうが、
学校に行ったときのかっこうで一日中平気で過ごし、
で、突然熱を出すし(今日は長男が38.2度で欠席中)。

 体温調節の下手な
自律神経失調症体質は、つらいわ〜(~_~;)



2006年06月01日(木)
初日 最新 目次 HOME