しそ摘み日記
akajiso



 ビタミンB2欠乏癖

私の体質は、昔から
体力が落ちるとすぐ、
口内炎・舌炎ができ、
歯茎が腫れ、
目が痒くなり、
粘膜と言う粘膜(特に股間)がチクチクし、
体のあちこちが、それぞれ、変になる。

 ある日、口内炎の出来かたが半端じゃなかったから「チョコラBB」を買って飲んでみた。
 効能を見て、びっくり。

 私のいつもの不快症状が全部載ってる。

 それぞれ、違う病気だと思っていたのだが、原因は全部、ビタミンB2不足だったとは!
 
 特に粘膜のチクチクかゆかゆには耐えがたく、
病院に駆け込んでは炎症の処置をしてもらっていたのだが、特に変な病気ではない、と言われていた。
 
 アレルギー体質とビタミンB2とは、何か大きな関わりがあるような気がしてならない。
 だって、今回もB2飲んで治っちゃったんだもの。

2002年08月30日(金)



 日々のお勤め

 葬儀屋のバイトで怖い目に遭ったのがきっかけで始めた、
「朝晩のお線香」。
 でも、かれこれ1年。

 大抵、心の中で

「いつも守ってくださってありがとうございます。これからも私達家族をどうかお守り下さい」

というセリフをつぶやくのだが、
最近、ふと、思った。

 きっと、守ってくれてるのは、
私たち家族を愛してくれている人なんだ。
 だから、誰にも上手に甘えられない私は、思い切って甘えてみよう、と。

「何とかしてよね」
という依存でなくて、
素直な自分の気持ちを話して、
「どうしたらいいと思う?」
と、言ってみる。
 すると、自分で自分の素直な気持ちに気がつくし、そのことで自力で解決する糸口が見つかるかもしれない。
 ひっとしたら、ホントに誰かが私の心に
「こうしてみな」
とささやいて、そっとヒントをくれるかもしれない。

 私は、私のできることを
一生懸命にする。
 で、どうにもならないところは、
「どうか見守っていて」
と、お願いして、それだけで安心し、
心の平静を保てれば、
それはそれで、いい効果があるはずなんだ。

 で・・・
ちょっと前のお盆の時には、
私は線香とロウソク選びに燃えたのだ!
 最近の住宅事情は、通気性が悪いせいか、
線香の煙が家中にこもってしまうので、
「煙少な目」が主流。
 で、アロマやお香の流行りもあって、
実にいろいろな香りの線香があるのだ!
 私が今まで試したのは、
“長炭入り(消臭線香)→匂いがなくていい感じだった
▲侫蝓璽献◆僻煙タイプ)→うっすらと花の香りが爽やか
ラベンダー(煙従来通り)→くせえっ! 煙いっ!

 で、今回買ったのは、日本香堂の5種類入り。
 まず最初に「アクア」という水色のを試した。
 で、煙なのに水の匂い!
 すげえぞ、商品開発の人!
 あとは、白梅、バイオレット、ラベンダー、青雲・少煙タイプ。
 いずれも煙の少ないもの。

 そして、ロウソクは、百円均一のでも全然問題ないのだけれど、今回は、ちょっとリッチに「油煙少な目」をチョイス!
 
 もしかして私って、
趣味ババクサイ?

2002年08月29日(木)



 ドライバー・スイッチ

 普段はオドオドと暮らしている小心者の私だが、車のハンドルを握ると、なぜか
目が据わり、「マッハゴーゴーゴー」な気分になってしまう。
 ドライバー・スイッチが入るというか、
とにかく、頭の中にかっちょいいBGMがガンガン流れて、「青年」のような気分になってしまうのだ。
 あのスピード感、
ハンドルさばき、
ドライバー同士の小粋なやりとり。

 子供たちの手が離れたら、
一日の大半を車で過ごせる仕事に就きたい。
 あのひとりぼっちの空間も大好き。

 ―――でも、洗車は全然しない。
    
  (-_-;)車好き失格?



2002年08月28日(水)



 夏休みも終わるのね・・・

世間の母親たちは、
「やっとうるさい子供たちがガッコやヨーチエンに行ってくれるわい」
と、ホッとしているのだろうか?

 私は、と言うと、
「あーあ、もう夏休み終わりか〜」
と言う子供たち以上にブルーになっている。

 確かに連日連夜、オスガキ4人が喧嘩ばかりしているクソ暑い夏休み、
朝から晩まで「腹減った」ばかり言ってくる夏休みは、母親にとって地獄!

 でも、学校や幼稚園が始まったら、
また早起きして毎日弁当作らないといけないし、
給食袋の中身の入れ替え、水筒のお茶詰め、
宿題やれだの早く支度しろだの、やいやい言わなければならない。
 幼稚園バスのバス停で、下の子だましだまし毎日待ったり、
「次男が学校で友だち殴った引っかいた」
というクレームに謝りまくる毎日も始まる。

 PTAの仕事もしょっちゅうあるし、
仕事との兼ね合いを調整しなけりゃだし、
とにかく毎日毎日の細かい子供の世話が無数にあって・・・、

ひとつのことしかできない単細胞の私には、
もうパンクしそうでパニックになってしまうのだ〜〜〜っ!!

 私の容量は、あまりにも少なく、
バージョンアップをしてやらないと、
もう情報量がパンクなんだーーーあ!

 細かい仕事。
 でも、どれひとつ欠かせない仕事。
 それが朝から晩まで、
同時にいくつもいくつも、
常に常に、
迫り来るのだ〜〜〜(>_<)

 ああ・・・

 それでもいつも提出物や連絡を忘れまくっている馬鹿親な私。

 あ〜あ、物凄く物凄く、物凄〜〜〜く
めんどくさいの〜〜〜っ!!!
 
 マジ、ユウウツ!!!!!! 



2002年08月25日(日)



 いろいろな仕事

 最近私は、地域の生活情報誌で、
地元のいろいろな店を紹介するレポーターの仕事をしているのだが、今日取材した店は、バイキング形式のファミレス。
 うちから近いのだが、
いかんせん「ランチ大人980円」ってちょっと高い・・・
と、1度も行ったことが無かった。 
 でも、今日店のマネージャーと話してみると、
「980円・・・安いじゃん」
と思ってしまった。
 まず、メシは結構旨そうだ。
で、何より私の心を掴んだのは、
自分でソフトクリームを作れるところ!

 一度やってみたかったんだよ〜!
あの、とぐろ巻くの〜!
 高く、たか〜〜〜く、
ぐりぐりぐりぐり、巻いてみたかったんだよ〜い(>_<)

 おとといは「カーテン屋」に取材。
 地味な立地で客もまばらだが、カーテンは上質で安い!
 店長は、ボクトツでほんのり関西訛り。
 ちょっと母性本能が刺激されつつ原稿を書く。

 いずれにしても、
いろんな仕事があるけど、みんなそれぞれ、
結構頑張ってるわ〜〜〜! 
 
 絶対、お客さんいっぱい来るような記事書きます!
・・・という気になる。

 しかし、私の仕事の難しいところは、
「地元の主婦が店を覗いた素朴な感想」風でありながら、ナニゲに店を宣伝しなくてはいけないところ。
 「絶対効く」とか「旨い」とか、
主観的なことを書くのは禁止だし、
「効くと評判」とか「食べに来てみてはいかが?」
という書き方しかできない。

 ものすっっごく
限られた、ありふれた定型句の中から
文章を組み立てないといけないツラサ!
 大学の文芸の先生に
「決して使うな」と言われつづけていた
「安っぽいことば」を使わなければならないのだ。

 うう〜
安っぽくなる前に
とっとと本職に就かねばだよ〜〜〜!




2002年08月23日(金)



 次男が むっちん

チビの次男に
夏休みに入ってから
とある異変が!

むくむくむくむく、

と、

日に日に膨らんでいるんだ〜〜〜あっ!

<(>_<)>
(   )
( × )
( )( )

むっちんぱっちん
むっちんぱっちん

朝起きると、昨夜「おやすみ〜」と言っていた人より大きい人になっているんだよ〜い(>_<) 
毎朝毎朝、膨らんでいくのーーーっ!

怖い〜〜〜(>_<)

2002年08月21日(水)



 もう挫折。早ッ!

長男が、歯に詰めていた銀歯が取れてしまったため、午前中、歯医者に行くと・・・

乳歯がガッチリ生えている横に
(つまり歯茎に)
永久歯が待ちきれずに突き出してきていることを発見され・・・

突然の抜歯!

 で・・・

 めちゃくちゃ痛がって、
今日の夕方のスイミング(2回目)を
休むことに。

 スイミングの日になると、
なぜか喘息発作を起こし、
翌日にはケロッ、としている。

 で・・・

「やめたい」
って真っ青な顔で泣いてるし〜〜〜(T_T)

 ここで
「頑張って続けるんだ!」
って言えば子供は体育会系になるのかもしれないけど、文科系の私は
「やりたくないものを金払ってまでやらなくて良し」
という考えなので、

 で・・・

 もう退会!

 早ッ!

 たった1回、数メートル泳いで、
入会金、スクールバッグ、保険、専用水着セット
などなどで、
15000円也〜〜〜(*_*)

 はははははは〜〜〜〜
ほほほほほほほ〜〜〜〜

 あっははははははは〜〜〜

 笑うしかねえ! 

2002年08月20日(火)



 健康ランド

今日は、子供たちにせっつかれて、
地元の健康ランドに行って来た。
 子供らの目当ては、
ゲームコーナーと駄菓子コーナー、
それと、地下の温泉プールだ。

 バタ足のとき、膝がどうしても曲がってしまう長男と、蹴伸びのできない次男に、
「お母さんの泳ぎを見よ!」
と、思いっきり力泳してやった。
 普段、スッ転んだり、ケッつまづいたりしているドン臭い母親が、恐ろしく美しいフォームで爽やかに泳ぐ姿に、子供たちは心底驚いたらしく、
「お母さん、すげえや、すげえや」
と、尊敬のまなざしで見つめてくる。

 お母さんとて、小学5年生のとき、やっとこさっとこ25メートル泳げるようになった晩熟型だ。
 中学のとき、突然「泳ぎ」にハマって、夏も冬も、スクール水着で市営温水プールに連日通いつめ、独学でトレーニングしたのさ!
 平泳ぎなら無限に泳げるし、クロールだって水泳大会で2位になった。
 
 泳ぐことが大好きなのだ。
 今は、全然その機会がないだけで、隙あらば毎日何百メートルでも泳ぎたいのだ。

 が、しかし!

 ここは健康ランドであった。
 子連れのおばちゃんの本気の泳ぎは・・・
場違いだったようだな・・・

 
 

2002年08月16日(金)



 墓参りに行って来た

今年も墓参りに行ってきました。
親戚の家族たちと大笑いしながら馬鹿っ話をし、
いつものとおり、
車の中で、くだらないことで
もめまくりながら帰ってきました。

疲れた・・・

でも、親戚の集まりって、
何とも言えない響きを感じてしまう。
 同じ血が流れる者同士にのみ響き合う、
不思議な波長を、互いにビンビン発信し合って、不思議な喜びがあり・・・

 
遺伝子たちが、喜んでるみたい・・・

2002年08月13日(火)



 「オモムキ」について

今の住宅も
今の服装も
今の食べ物も
今の生活も

私が子供だった頃と比べると
情緒がないよな。
「趣き」がないんだ。

 新しければいい、というわけではなく、
古けりゃいいってものでもない。

 人の意識の問題なんだ。

 流れる空気に匂いが無く、
すれ違う人と人との間に心がない。

 子供の頃、
目に見えぬ雰囲気というものに
目を凝らし、耳を澄まして
じっと意識を集中することがよくあった。

 暮らしがあった。
 生き方があった。

 でも、今、私の家には、
それがない。

 「趣き」がない暮らしは、息苦しい。

 「趣き」を探そう。
 暮らしに。自分の中に。


2002年08月09日(金)



 8/5〜8/7家族旅行

・・・でした。

只今、私、瀕死です(゚o゚)

ねえ・・・
「血」ってなに?
「DNA」って・・・
何かのタタリ?

 ばか・・・

 ばかばか!

家族の・・・
気質の・・・
デオキシリボ核酸の・・・

ばっきゃろ〜〜〜うっ!!

2002年08月08日(木)



 編集会議に出席

地元タウン誌の取材レポーターの仕事を始め、今日は、2回目の編集会議に出席。

いや〜〜〜

 どこにでもいるんだね〜、
まぜっかえすのが大好きな人!
 人の意見や記事は、ことごとく批判して、自分のことは棚上げ。
 3時間の会議のうち、2時間はその女性ひとりが裏声でキンキンキンキン喋ってた・・・

 この仕事、一番長いということで、もうお局状態。

 「井の中のカワズ、大海を知らず」
ということばが浮かんでは消えて・・・。
 そういえば彼女、カエル顔だったなあ。

 気をつけよう。
私も「家庭内のカワズ」にならないように・・・

2002年08月02日(金)



 スイミング初日

「4年生ならこのクラスで・・・」
と受付のお姉さんに言われて入ったクラスは・・・
どう見ても上級者クラス!
 すいすいとクロールや背泳をしている同年代の子供たちに混じって、うちの子ひとり、溺れているような状態。

 結局、ひとりの先生と一緒に、空いているコースに移り、マンツーマンで浮くところから・・・

 そこのスイミングスクールは、ジュニアオリンピック選手を養成するほどのハイレベルなところだから、バブバブしてて時から始めた子ばっかりで、4年生は、みんなバタフライとかしてるのだ。

 レッスンの後、責任者のお兄さんが、言いにくそうに、「15級の実力なので幼稚園くらいの子と一緒に始めることになりますが・・・大丈夫でしょうか?」
と言う。
 「上達してきたら、どんどん大きい子たちに追いついていけますから」
と言われたが、園児たちと混じって背の高いうちの長男が泳いでいるのは、ちと可哀想・・・

 本人も「恥ずかしい」と言っているし、園児たちは、率直に
「なんで大きい子がここにいるの?」
と聞いてくるだろうし、園児の親たちも
「なにあの子、でかっ!」
ってなことになるだろう。
 
 私は、そういうことに耐えていく自信はあるけれど、果たして長男は大丈夫だろうか?
 とっとと上達して、せめて小学生達と同じクラスになれればねえ・・・

 ともかく、初めてのところで、ガチガチに緊張して、薄ら笑いを浮かべながらも頑張っていた長男・・・
 ドッタンバッタンと、必死にみんなに付いていこうと頑張っていた姿に、ちょっと胸が熱くなり・・・

 自分を見てるみたい・・・
自分だけ格段に下手くそで、格段に不慣れな中で、必死に頑張っている姿。

 優しい先生が一生懸命教えてくれたのが有り難かったよ・・・
ふ〜〜〜(*_*) 


2002年08月01日(木)
初日 最新 目次 HOME