しそ摘み日記
akajiso



 何度目かのイライラブーム

 初めての子供が生まれてから10年。
 今まで何度か、どうしようもないイライラに襲われてきた。
 状況が悪くても、情緒の安定している時期もあるし、なんてことない毎日なのに、どうしてもイライラが止められない時期もある。

 この頃、どうもまた、このどうしようもないイライラに襲われているのだ。

 このイライラは、自分ではどうにもこうにもコントロール不能で、子供達に怒鳴りっ放しになってしまう。
 子供たちもイライラしてきて、暴力がらみのケンカの連発。
 幼児は一日中泣き狂っている。
 で、余計にイライラしてきて、もう、この嫌な輪から誰も抜け出せなくなってくる。

 そろそろ、物凄く大掛かりな気分転換でもしないと、家族がやばいぞ。
 
・・・というか、気分どころじゃなくて、ホルモンのバランスから治さないとダメだと思う。
 
 長く日に当たらないと、イライラしてくる。
うっすらとした鬱状態が、女子供をじわじわと侵して行く。

 早く梅雨明けてっ!!
 お日様、希望の光を頂戴よ〜〜〜っ!

 

2002年06月30日(日)



 「オバちゃんスイッチ」入る

今朝のことだ。
 通販で頼んだ巨大ちゃぶ台が届き、代金引換で現金を支払い、荷を解くと・・・

 ちっとも巨大じゃないちゃぶ台が出てきた!

 直径150センチを頼んで3万円払ったのに、直径100センチが届いて、3万円払ってしまった。
 すぐに通販会社に電話をすると、ひとことも謝らないどころか、交換に2週間以上かかる、とブータレて言うではないか!

 ぶっち〜〜〜〜〜〜〜ん(-_-)

 ここで私の「おばちゃんスイッチ」が入ってしまった。
 いつも激しいクレームをつける母を、羽交い絞めにして止めていた私だったのに、その受付嬢に切れてしまった。

 間違えたのは倉庫の人で、受付の人じゃないことくらい知ってる。
 でも、受付してたら、注文もクレームも、会社の代表として対処しなくちゃ。
 自分の会社が人に迷惑かけたんだから、まず謝らなくっちゃ! 
「何が何でも2週間かかりますね〜(-_-メ)」
って、何だよ。
「2週間も、あんな2メートル四方の重いダンボール、邪魔だし、危なくって置いておけませんよ、2〜3日中に取り替えてくださいよ」
と言うと、
「はんっ、無理ですね(-_-メ)」
だって。
「代金も払ってるんですから、早く注文通りの物、持ってきてくださいよ!」
と言うと、
「じゃあ、一週間で!(-_-メ)」
と言う。
「じゃあ、って。急げば早く届けられるんだったら、急いでくださいよ」
と言うと、
「至急手続きしますけど〜、最低1週間見てもらわないと困りますから!(-_-メ)」と、ケンカごし。

「そちらの手違いなんですから、もっと誠意的にお願いします」
と、言ってから電話を切った。

 あ・・・

 生まれて初めて、クレームつけちゃった。
 でも・・・
 なんだろう、この達成感は・・・
 今まで、何でもかんでも泣き寝入りしていたけど、何かをちゃんと主張できた、という達成感!

 「オバちゃんスイッチ」入っちゃって、ずうずうしくなってきたのかもしれないけれど、私の弱さをひとつ克服したような・・・

 母に言わせると、
「だんだんそうなってくるのよ」
・・・ということらしい。

 嗚呼・・・
じゃあ私、60になったら、母みたいな怖いオバちゃんになってしまうのだろうか?
 いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ(>_<)
 気をつけよっ(~_~;)
  

2002年06月29日(土)



 プライド

 どんなに不本意なことがあろうと、決して文句の言えなかった私。
 悪くなくても「すみません」と頭を下げつづけてきた35年間。
 
 先日、自分の子がいじめっ子と間違えられて、子供の濡れ衣を晴らすために、近所の人と激しく言い合ってしまった。
 大人になってはじめて人とケンカをした。

 カッカしたし、ストレスもたまったけど、一方で、何かが物凄く吹っ切れてしまった。
 
 「自分がどう思われているか心配」
 「仲良しこよしが一番」

 このことばかりにとらわれて、
今まで自分の中の大切なものをどれだけたくさん捨ててきてしまったか・・・。

言いたい事を、
言いたい人に、
言いたい時に
ちゃんと言う。

 このことが、今までできなかった。
 言わなくちゃいけない時も、人に嫌われるのが怖くて出来なかった。
 
 でも、子を必死で守っているうちに、できてしまった。
 今まで、自分で踏みにじってきた自分の「プライド」を、再び取り戻せたような気がする。
 
 

2002年06月28日(金)



 連日の雨で

 室内に濡れた洗濯物が大量にぶらんぶらん。
 ・・・・・・という家、多いんだろうなあ。

 家の中がカビっぽくなって、
着るものもなくなってきた。
 うちは、上3人が布オムツだったし、みんな生まれたのが梅雨入りちょっと前だから、必要に迫られて10年前に乾燥機を買ったのだが、この時期、彼は一日中カランカラン言っている。

 現在うちでは、子供の喘息対策のため、大敵のカビを増やさぬように、不本意ながら「電気」をバリバリ使っている。

 普段ほとんど使わないエアコンを、洗濯乾燥モードでフル回転させ、扇風機がヌルイ空気をかき回し、台所の換気扇は、ずっと回りっぱなしだ。

 あー、不本意! 
 不本意だけど、空気を乾燥させてくるくる回さないと即カビ→即喘息発作なのだ。

 ああ、太陽は偉大だ。
 
 

2002年06月27日(木)



 気楽に行く

私も、オギャ〜と生まれて3回り。
前回の「ひと回り」は、
夫という物体への順応に費やした12年だった。
 
 今度のひと回りは、気楽に行くことにしたぞ!

 子供も難しい年頃になってきたし、
親自身が青春の葛藤を満喫している場合ではないのだ。
 
 とりあえず、次のワールドカップ(40歳)の時点で、
「40にして惑わず。わっはっは」
と笑うのを目指す!
 
 そして、年頃の息子達(美男に成長)に、
「お母さんは、オキラクでいいなあ〜」
と、言わせる。

 どーんと構えて、クールでラフ。
 そして、懐にカタナをしのばせている。
(こえーよ)

 そういう母に、私は、なりた〜〜〜い(^○^)  

2002年06月26日(水)



 疲労困憊

 

2002年06月25日(火)



 学校保健委員会?

 学校に校医・学校歯科医を呼んで、虫歯の健康について話を聞こう、という企画に、半ば強制的に出席させられた。
 で、受付で名簿を渡されて、見たら、私たち役員の中でも
「学級理事」は、自動的に「学校保健委員会」の会員になっていた。

 聞いてないよ〜〜〜(*_*)

 なんだか知らないけれど、
役員って、ある種、クラブ活動?
 そんなノリにまた、
巻き込まれていく〜〜〜(>_<)
 

2002年06月24日(月)



 全員撃沈

治ったと思っていた三男の熱もまた38度台まで上がり、リンパ腺腫れまくりで抗生物質のお世話になることに。
 最後の砦・やせっぽちだけど健康チビスケ・四男も、つい発熱。
 子供って、怖いわ!
 
 キャピキャピ遊んでるのに、熱はかると39度5分とかなの(*_*)

 まあ、熱あっても、元気なら意外と平気らしいし、熱なくても、ぐったりしてたらヤバイ、って医者がよく言ってるけど・・・。
 高熱だけど、キトキトだから(北陸弁=元気・新鮮・【類義語・ピチピチ】)
まあ、大丈夫でとは思うけど・・・
 
 しかし、さっきまで元気で、次の瞬間重症になっているのが、これまた子供の怖いところ!

 あ〜あ。
 
 医療費毎月3万円の生活がまた始まるのかあ?

2002年06月23日(日)



 もっと元気

 母がどこかの寺だか神社だかから
馬が飛んでる絵に「もっと元気」と書いてある色紙を1000円で買ってきた。
「また旅先でうさんくさいもの掴まされてきて〜(~_~;)」
と説教したものの、母が
「あんた馬年だから、羽ばたけるようにさあ」
などと優しいことを言ってくれるものだから、一応受け取って部屋に飾ってみた。

 と!

 なんだか元気が出てくるではないか?!

 毎日の生活で持てる元気など全部使い果たしていると思っていたが、「もっと元気」と言われれば、なんか元気がまだ出てくる感じ。

 この色紙が、ちょっと最近元気のない私の元にやってきたということは、これも何かの縁。
 先祖やら親やら何やら、
何人もの人たちに励まされてる気がした。

よっしゃ。
もっと元気出しますっ!
 ひひ〜〜〜ん!

 

2002年06月22日(土)



 あかじその司会で

PTAの活動のひとつに、
「各学年の学年活動」というものがある。
 きのう、その学年活動が終わった。
 体育館で親子と先生みんなで体育遊びをするこのイベント。

 一応、主催は、2学年のPTAなんだけど、実質、準備からセッティング、企画運営は、学年長と副学年長のふたりだけ。

 いや〜〜〜、大変だったんだよ〜これが〜!!

 そして、当日は、私がマイクを持って司会。
最初から最後まで、仕切りを全部任されてるの!

 前半、緊張して声裏返りっぱなしだったけど、ゲームが白熱してくると、オクターブ下がる下がる!
 途中、何度も何度も反則をする人がいたので、マイクで
「反則するな〜〜〜! ルール守ってやってるチームがビリになるのはダメダメよ〜〜〜〜っ! (>_<)」
と、叫んでいた・・・。

 それでも何とか無事イベントは終了し、脱力しながら家に帰り、次男に
「今日お母さん頑張ってただろ〜?」
と聞くと、
「お母さん、言い間違え多すぎ! 何度も同じ事しつこく説明しすぎ!」
と、たっぷりダメダシされた。

 キビシ〜〜〜イッ!

 でも、これで1学期の最大の山場は越えたな!
 しかし、「仕事」だよ、これは。もう立派な!

 これからバザーだの何だの、仕事が目白押しだけど、「PTA執行部」(えらい人たち)の独特のノリをよ〜〜〜く観察して、これで一本何か書こうっと。
 ただでは起きないあかじそちゃんなのだ。
 人生の何もかもが、ネタなのだ〜(^0_0^)
 

2002年06月21日(金)



 長男暴れる

夜中に二段ベッドの上から大ゲロ吐いて、部屋じゅうの布団3組をゲロまみれにした長男。
 今朝も、胃腸の具合がサイアクだから休ませたら、
「皆勤賞取りたかったのに!」
と、大暴れ。
 何が何でも皆勤賞を取りたいと言って暴れ、着替えて学校へ行こうとするのを夫が無理矢理押しとどめた。

夫「ちょっと落ち着け! いいからちょっと俺の話を聞け!」
子「・・・・・・・・」
夫「・・・・・・・・」
 
 いやいやいやいや。
 聞け、って言ったんだから、何か言わなくちゃ。夫!

そんなやり取りを10分くらい繰りかえし、
今度は、私が低い声で言った。

私「なんでそんなに皆勤賞にこだわるの!」
子「僕、賞状もらったことないから!」
私「地域の絵画展で2回も大きな賞もらってるじゃないの!」
子「でも・・・・・・」
私「アイツ(三男)が皆勤賞取った時、お母さんにめちゃめちゃ誉められたの見て、あんた、泣いてたよね」
子「だって悔しいんだもん」
私「一緒に喜んであげられないの? あんたの授賞式、兄弟みんなで喜んだのに」
子「だって・・・・・・」
私「お母さんに誉められたいの?」
子「うん」

 ヤツの愛情電池は、もう切れていたのかもしれない。
 チッチャイ頃は可愛がられたけど、もう、その余韻も使い果たしてしまったのだろう。
 私自身も、夫からの愛情電池が切れてしまい、毎日キーキーと誤作動していたのだ。そして、一番不器用な長男は、もろにその影響を受けていたのだ。

 夫からの愛情を電源にするのは、もうやめなくては。
 私自身が、子供たちからパワーをもらい、
私も子供たちにパワーを送る。
 その輪に入りたくても、入り方を知らない夫の面倒を見てやる余裕は、今は、ない。
 頑張れ、私。
 愛を注げ。私。
 ひとりぼっちでも、いじけずに前に進め!
 愛の自給自足も、時には必要なんだ!

 静かに私は長男に言った。

「お前が誰よりも手伝いをして、いろいろ頑張ってることはお母さんは知ってるよ。全部認めてるんだよ。人には得意不得意ってもんがあるんだから。アイツ(三男)は、読み書きが全然できないけど皆勤賞取れたし、お前は体が弱いけど絵がうまいし誰よりも優しいでしょ。そんなに必死にならなくても、お母さんはみんな見てるんだよ。暴れなくていいんだよ」

 真っ青な顔で過呼吸になっている長男をおぶって部屋に運び、暖かい番茶を出した。
 さっきの大暴れが嘘のように穏やかになっていた。

 ずっとずっと、気づいてやれなくてごめん。
 母さんが悪かった。
 




2002年06月20日(木)



 3回り

 今日は、36回目の誕生日。
 
 私は記念日だの誕生日だの、
そういうことにぜんっぜん興味がないので、今までどんなに悲惨な誕生日やクリスマスを過ごしても平気だったけど、今年は年女で、ちょうど3回りってことで、多少構えている。

 0歳から12歳までは、散々な目に遭っていたというのに、心が傷つくことに関して不感症だった。(いや自覚がなかった)

 13歳から24歳までは、突然エンジン全開になった感受性に振り回されっぱなしだった。
 
 25歳から36歳までは、まさに修行の日々だった。
 子供を産み、育てながら大学に通い、育児ノイローゼになり、
夫との関係に行き詰まり、親ともめ、引っ越したり子連れで仕事したり。

 次のひと回りは、違うノリで行きたいもんだ。
 そろそろ、新鮮な風を自分に入れたい。
 
 ここのところ暗いノリだったから、
次は、もっとへらへらしたいな。
 48歳になったとき、今度のひと回りを振り返って、
「一生のうち一番楽しかった」と言いたい。
 そういうノリにしていくんだ。
 自分のパワーでね!

2002年06月19日(水)



 佐藤錦万歳

 ゆうパックの美味しいもの便が
今月も届いた。
 ダンナの父親が、職場に出入りしている郵便局の営業さんにたのまれて契約したらしい。
 毎月、フルーツやら産みたて卵とかが送られてくる。

 そして、今月は、待ってましたのさくらんぼ!
 山形万歳、佐藤錦。
 アメリカンチェリーなんて、これ食べたらもう食べられないね!

 佐藤さんありがとう! 
 錦さんありがとう!

 万歳、佐藤錦!
 旨すぎるぜ佐藤錦!

 夫の分まで、みんなで食べちゃった。
夫は最近、全然お目にかからないので、
もう計算に入っていないのだ〜。
 女子供は、
目に見えるものしか見えない生き物なのだ〜(・o・)
 

2002年06月18日(火)



 今度は風呂場でナメクジ踏んた

もう、朝からへこんだっつーの!
洗濯しようと風呂場付近を歩くと、
「ぶにっ」
と、足の裏に、「ゼリー感」が!

で、

「ぷちっ」
っと「つぶれた感」が!

見ると、やっぱりだ。
ナメクジ踏み潰してた。
素足でさ!(T_T)

 室内なのによ〜〜〜う(T_T)

 確かに家というのは名ばかりの
「バンガロー」みたいな古い木造家屋だけどさあ〜、
家の中という油断したところで
「なめなめくじくじなめくじくじ」
は、ないだろ〜〜〜(T_T)

 もう、梅雨なんてだいっ嫌い(*_*)

 


2002年06月17日(月)



 なめくじ オンザ畳

風呂上がり、
冷蔵庫から、キンキンに冷えたビールを出して手に持ち、ご機嫌で
「よっこらしょっと!」
と、畳にあぐらをかくと・・・

 ちべたっ!

 尻の下が冷たい。濡れてる。
 子供が昼間食べてたプチゼリーかな、と、腰を上げてびっくり!

 でっっっっっっっっっっかいナメクジが!

 慌ててティッシュでつまんで処理!
そして、グチッと濡れた、はいたばかりのパンツとズボン(あえて今でも「ズボン」と言う)を、素早く脱ぎ捨てる!

 下半身裸で荒い息で和室の真ん中で佇む三十路女!

 ある意味室内ナメクジよりこえ〜〜〜〜〜〜っ!

2002年06月16日(日)



 洗濯物がよ〜〜〜う(*_*)

連日雨じゃあ、
うちの中に干した洗濯物が
ぜんっぜん乾かないし〜〜〜

部屋の中かび臭いし〜〜〜

台所もかび臭いし〜〜〜

外にも出る気がなくなっちゃって
子供ら風邪ひいてイライラグズグズだし〜〜〜

さえねえ休日だねえ、おいっ!  

2002年06月15日(土)



 腰が股関節が

幼稚園バスの時間が迫ってて、
5メートルくらい走ったら・・・

 ぐぎっ!
 
 腰と股関節が、左右対称じゃなくなって、
走るたびにズレていき、
ついに右側がガク〜、っと下がって歩行困難に!

 確か、四男出産後もこうなったのだ!

 多分、体が左右でずれまくっているのだ。
 私は、何かと右側ばかり怪我するし、
とにかく体の右側ばかり酷使しているから、
やっぱり左右がかっくんかっくんなのだろう。

 ビッコひきつつ、家路へ・・・。
整体行こうかな・・・マジで!



2002年06月14日(金)



 魔の木曜日

 きのう、PTAの仕事で頑張りすぎてしまって
疲れ果ててしまったので、
今日の居間の模様替えは延期〜♪

 そもそも、毎週木曜日って、
もうへろへろなんだよね〜。
 朝6時に起きて、弁当作って、
子ども達どやしつけながら支度させて
送り出して・・・

 そういう平日のバタバタが、
月火水で、もう気力体力の限界に達しちゃってるの。
 金曜日ってのは、
「明日は休み〜」
って思うから、朝から気力が回復してるから、
体が疲れていても、何となく乗り切れちゃう。
 でも、真ん中の木曜日は、中だるみ!
 
 もう随分長く平日が続いているような気がするし、この先まだまだ平日が続いていく気がする。先がまだ見えない。
 まるで、人生における中後半あたりも
こんな感じの気分かも・・・。
 随分長く生きてきた気がするけど、
先もまだまだ続きそうで・・・
 疲れがたまりまくっていて、
アタマがぼんやりして、
疲れの解消をするための行動も起こせないほど、ぼんやりしちゃう。
  
 ああ・・・
こんな日は、な〜んにもしない。
 ご飯も手抜きで仕事も手抜き〜(-_-)

 そうでもしないと、
長い人生、やってやんないよ〜(-_-メ)
 

  

2002年06月13日(木)



 働く副学年長!

 来週に迫った2学年役員主催の
学年活動(親子と先生のゲーム大会)。
 会の企画から、進行表の打ち込み、
説明資料の打ち込みと印刷、
度重なる打合せ・・・

 いや〜〜〜
 今年度に入ってから
恐ろしくボランティアな私じゃん!

 サークル活動のような感覚。
 ちょっと懐かしい・・・
 でもちと違う。

 新しい分野の生活って感じだ。

2002年06月12日(水)



 次男、ONOになる

 次男が、学校から帰ってくるなり、
「お母さん、ボウズにしてよ」
と言う。
 ヤツは毛が多くて、夏場はいつも頭が臭い。
「よっしゃ、バリカンで3ミリでいきますか」
と、私も張り切って、レッツ丸刈り!

 頭の形が綺麗だ。
「マルコメちゃんだ・・・」
と、思わずみんなが口をついてしまうほど、似合っている。

 しかし、この顔、どこかで見た事あるぞ。
セピア色の・・・戦時中の・・・
そうだ、じじじその少年時代の写真!
 そっくりじゃん!!

 これで、白いランニング着て、
綿のだぼだぼハーフパンツはいて、
「ご飯、おかず、玄米茶♪」
とか歌ってたら、完全に戦時中の子だよ!
 純粋培養の昭和のガキだ!

 洟も垂れてて、そのまんまぢゃ〜ん(-_-)

※一方、長男は、友だちや先生に
「ハリーポッターに似てるね」
と言われるほどの「西洋人顔」。
 君達、ホントに兄弟なのかい?

2002年06月11日(火)



 子供部屋大改装

物置と化していた子供部屋
(机3台、スチール棚3つ、その他チャッチイ収納ボックス数台、そして、どさくさまぎれに野菜だのダンボールの束ねたのだので、ごっちゃごちゃ!)

これを、満を持して片付けた!

 まず、完全に破壊されたカラーボックスを撤去!
押し入れの収納に回す!
 そして、2階から下ろしてきたタンスに、長男次男の服を移動。
3台くらい、めっちゃくちゃに積んであったボックス類を撤去。

 何とかレンジャーの絵本、
こどもチャレンジ数十冊、
幼稚園から毎月もらう付録付き絵本何十冊、
「いつかまた読む」と貯め込んでいた雑誌いっぱい、

みんなみんな、紐で束ねて、撤去!

 どいつもこいつも、
かびくさいわっ!!
 家の床が抜けるわいっ!

 いや〜〜〜
びっくりするくらいに
勉強のはかどりそうな部屋が出来たよ!

 明日は、居間の大模様替えだ!

 また、畳が擦り切れだらけになるけど、
知〜らんぺ!
 

2002年06月10日(月)



 暑過ぎます

昨日今日と、
暑過ぎます。
 
でかけようと騒ぐ子ども達に
「暑過ぎるから無理」と言うと
「冬もでかけないじゃん」と子供に言われ、
「冬は寒すぎるから無理」と言う。

「いつならお出かけ連れてってくれるの?」
と、言われ、「春」と、とぶやく。

「今、春じゃないの?」
と言われ、
「今は梅雨前だけど、初夏の天気で、紫外線が一年間で一番危険なのよ」
と、むっつり答える。

「ばあばに頼むから、もういいよ」
と言われる。

 そうしてくれ。

2002年06月09日(日)



 霞がかかった脳

 テレビで見て、びっくり。
 忘れん坊の人は、脳の海馬の細胞がご臨終なんだそうだ。

 忘れっぽいのは、
やらなくちゃならないことが山積みで、パニックしてしまっていることと、過度のストレスと、すぐ目の前のことに熱中してしまうタイプ、
という3つが重なると、脳の記憶中枢の海馬が逝っちゃうからなんだって。

 もろ私じゃん!

 だから、
「今なにやってたんだっけ?」状態になっちゃうんだ。

 とりあえず、
,笋蕕覆ちゃいけないことは、焦らずひとつづつ片付ける。
 パニくらない。
¬軌媼韻鵬翹しすぎてイライラしてたら、即ストレスを解消する。
G中してもいいけど、全体を見渡せるような客観性を持ち合わせる。

 これだ!

 これで海馬も蘇生だぜい!
 

 
 

2002年06月08日(土)



 今日も!!

ああ、もううんざり(T_T)
今日も学校だよ!

 今日は、4年生の長男の学年活動。

 体育館で、子供と教師と親たちとで、みんなで大縄跳びして遊ぶのだ。
ああ・・・だるいなあ・・・

 再来週は、2年生の次男の学年活動で、
今度は私たち2年の役員が仕切って
ゲーム大会みたいのをするのだ・・・。
(しかも私は司会だってさ・・・)

 みんな、いずれはやらなくっちゃならないPTA。
 
 でも、こんなに束縛されるなんて、
正直しんどい。

 毎日、午前9時半〜11時位まで
ちょびっとの会議とかで呼び出され・・・。

 1日びっしり仕事してもいいから、
もっと集中的に集まればいいのに・・・。

 始まったばかりだけど、
もういい加減うんざりしているPTA活動だ。


2002年06月07日(金)



 連日PTA!

今日は、第一回理事会とかで、
結構大勢集まって、
きちんとした会議をした。

 それにしても、連日のPTA。
お勤めしたくても、
これじゃあ職場に迷惑かけちゃうよ。

 なんだか、数年前に小さい子連れて
公園でうだうだしていた人たちが
小奇麗になって、
会議仕切ってるのなんかを見るにつけ、
「これに生き甲斐感じてるのねえ〜」
「PTA好きなんだね〜」
と、感心してしまう。

 私は、父兄の役割として
やるときにはビシッとやるけど、
何年も何年も常任理事をやって、
やる気満々の人を見ると、
「よくわかんねえなあ〜」
と正直思ってしまう。

 学校が好きな人って、
先生も含めて、
偉そうな「優等生」だなあ、
と、思いっきり偏見ですが
思ってしまいました。

 はい、これはオフレコで!


2002年06月06日(木)



 侍四男

 四男に30個くらい水いぼができて、
今日皮膚科で取りに行った。
 先生が、ピンセットで一個一個
ブチッ、ブチッ、と潰して
 結構痛いはずなのに、
ベッドに横になり、
クールに天井を見つめ、
痛いとも何とも言わない。
動かない。

 ヤツは侍だ。

 かっこいいぞ。
 

 

2002年06月05日(水)



 今の印刷って!

今日は、2学年のPTAのお手紙を刷る為に学校へ行ってきた。
 昔は、よく先生の手伝いで、
インクを付けて、
手でペダルみたいのをくるくる回して、
 しゅるー、しゅるー、
って、わら半紙に印刷したよなあ・・・

などと思い出に浸りながら印刷室に行くと・・・

「うそっ!」

 みんな知ってた?!

 今の印刷機って、コピーとほとんど同じ形態で、操作も同じ。
 ワンタッチ。
インクなんて触らないの!
 回すところなんてないの!

 コピー用紙の代わりに、わら半紙セットして、
スタートボタン押したら!

 目にも止まらぬ速さで、アッという間に200枚刷れちゃったの!
異常に速いの!!

 は〜、びっくらこいた!

 ガリ版印刷で「印刷」の知識が止まってたから
カルチャーショックだった!
 



 

2002年06月04日(火)



 もう嫌なことは しない

私は、これから死ぬまで
もう、いっさい、
嫌なことは、しないことにしたのだ!!!

 好きなことだけして生きていくのだ!

 どうしても
やらなくちゃいけない「嫌なこと」は、
「これを成し得たら高級アイスを食べる」
とかの付加価値を付ける。
 
 そういう「いいこと」を盛り上げるための「前フリ」として「嫌なこと」をやっつける。
 そうすると、「嫌なこと」は、「いいことの前座」として変換されて、結局「いいこと」になるのだ!

 だ! か! ら! 

 私は、これから、もう二度と、
嫌なことは、絶対に、しまっせん!!
 楽しいこと、いいことだけやって
生きていくのだっ!
 
 だから、我慢なんて、もう一生、

し! な! い! の! さ!

 ひゃっほ〜〜〜〜〜う!
 



2002年06月03日(月)



 ステーキ屋で肉食う

今日は、三男の誕生日なので、
じじばばと家族全員で
近所のステーキ屋で外食!

 子ども達は大喜びだったけど、
私は歳のせいか、あんまり肉が好きじゃなくなったみたい。
 寿司とか、和食御膳とかの方が
美味しく感じてしまう。

 ハンバーグも、スパゲッティ―も、
子ども達ともども、
あんまり好きじゃない。

 体の中のバブルもハジケテシマッタのね・・・

2002年06月02日(日)



 映画

「アイ・アム・サム」
観たい〜〜〜(>_<)

 ピュアな心に触れたいっす!

 なんだか最近
ジコチュ―星人の毒に
やられ気味なので・・・(T_T)

2002年06月01日(土)
初日 最新 目次 HOME