たまてばこのそっこ...希望

 

 

続「ベルセルク」感想(らしい…) - 2003年02月28日(金)

 昨日の日記では余りにも意味不明な感想なので、も少しだけ「ベルセルク」について書く事にします。でもストーリーを真面目に紹介すると、自分の実力的に到底纏まりそうもない…(汗)。

 幸いベルセルクのファンサイトには詳しい作品解説をしているところが幾つかあるので、できればリンクさせて頂いて興味ある方にはそちらを見ていただければと思っています。しかし、本読んで数日だのにこんなにマジマジでハマるかねえ…(ははは)。

 と言う事でここでは、現在のメインキャラクターを管理人的に分析(?)しながら感想に替えたいと思います(ちなみに読んだのは23巻まで)。

 ・ガッツ→主人公。母親の死体の下で産声をあげ居合わせた養父母に引き取られるも、養母はまもなく病死。養父(傭兵)も「不吉な子」だと内心恐れていた為、事あるごとに彼を虐待していた。そんな風に大人に大事にされ愛された経験が殆ど無かった事で、いつしか他人に依存した生き方を極端に嫌うようになっていった。しかし根は寂しがり屋で常に愛に飢えている。現在は自分に最も近い存在である二人、グリフィスとキャスカの間で気持ちが常に揺れ動いている状態。戦う時のカッコ良さ(デビルマンみたいになる)と人間関係でヘタレてる時の落差が見ててなぜか楽しい。

 ・グリフィス→美形キャラの定番。容姿端麗、頭脳明晰、戦闘能力申し分なし。自分の夢(一国一城の主もしくは天下統一?)を叶える為に傭兵団「鷹の団」を結成する。夢を追い続けていくうちに何時しかその夢が重荷になっていく事に気づくが、ガッツ以外に素の弱い自分を出せなくなっていたという現代的な「いい子」の典型のような人。ガッツが一旦離れたことをきっかけに彼の弱さが露呈し、最後には「鷹の団」の仲間を生贄にしてゴッド・ハンド(といっても絶対悪っぽい)の一員に転生する。現在はガッツとキャスカの間に生まれた胎児を元にして人間の身体を得、各地の戦場にて活躍中。胎児くんの意思が彼にこれからどう働くか今後が楽しみ。

 ・キャスカ→少年マンガ定番のヒロイン(男勝りだけど実は可愛い女の子という意味で)。家が貧民層の為、口減らしに身売りされるが、グリフィスに見出され戦士としての道を歩む。グリフィスへは絶対的な忠誠を誓っていたが、一人わが道を行くガッツに何時しか心惹かれて、肉体関係を持つまでの仲になる。でも結局はっきり二人のどちらかに決められず、この微妙な女心が不幸の始まりだったかも。現在は魔に転生したグリフィスから受けたレイプが元で精神崩壊した状態。しかし純真無垢なその様子は彼女本来の性格が出ているような(そして作品初期より圧倒的に可愛い)。彼女が元に戻る日は来るのか?(戻ったら嬉しい)

 ・パック→妖精。某有名演劇作家の作品からとったと思われる安易なネーミングが難だが、そこは端において置く。旅芸人一座に居候してる時、グリフィスの転生に遭遇。その因果でガッツと運命的な出会いをする。以降ガッツにまとわりついて作品に癒しのひと時を与えてくれるようになる。羽根の麟紛は傷を治す効果がありとってもお役立ち。人の心の内をを感じ取る力もある。作品後半からはクリ坊主へとデフォルメ変形しところかまわずギャグをかます(最初はウザかったけど、慣れとは恐ろしいもので今では楽しみでさえある)。

 ・イシドロ→旅の途中から押しかけ弟子としてパーティーに加わる盗賊小僧。石投げが得意技で名前もそこからきてるらしい(また安易な…)。戦争孤児っぽいが生い立ちもそのうち出てくるかも。常に無鉄砲で前向きなところが気持ちいい。ガッツも健全に(?)成長すればきっとこんな子どもになったのでは?

 ・ファルネーゼ→超一級貴族の一人娘だが、親に殆ど振り向いてもらえなかった為孤独のうちに育つ。自分の存在に自身が持てず、またそれを認めたくない事から他人に対しては常に攻撃的。心の不安が極限状態に達すると、炎で全てを燃やし尽くそうとするとっても怖い一面も持っている。救いを求めて入信したが、その信仰がまやかしだと知ってから、全てを自分の手で切り開こうとするガッツの生き方に心を動かされ彼について行く決心をする。少しずつ自分と向き合おうとしているところが切なくも可愛らしい。異母兄であるセルピコ(本人は知らない)には屈折した愛情を抱いている様子。こっちの方もどう進展する?(本筋とは関係ないけど)

 ・セルピコ→ファルネーゼの異母兄(愛人の子)。貧しさから卑屈になり貴族との間に生まれた我が子への期待だけに固執する病気の母を幼少から看病していた。母から愛情ではなくゆがんだ期待を受けて育った為、感情を表に出す事が出来ずいつも無表情。ふとした事から異母妹ファルネーゼ付きの小間使いとなり、やがて本当の父より貴族の称号を得る。同じような孤独の中で育ったファルネーゼとは次第に共感してゆき、愛とも単なる主従関係ともつかない奇妙な繋がりを作り上げていった。魔女狩りで捕えられた母に、ファルネーゼとの関係を守る為に自ら火をかけた事が、彼の強いトラウマとなっていて未だに火は苦手。しかし剣の腕は超一級。パーティーでは料理を担当(美味しいらしい)。彼の表情の無い仮面がいつ剥がれるか楽しみ。

 あ〜長かった…(大汗)。私が彼らについて語るとこんな感じになってしまいます(かなり独断)。改めて↑の人達見てみると、現代の子ども達が抱える問題を投影してるって事がわかりますね(ちょっと教育的発言/汗)。そこがこの作品に感情移入してしまったところなんですが。90年代以降って本来絵空事だったはずの世界がリアルに読む人へ迫ってくる時代なのですね。さて、今度は24巻とリアルタイム連載を読もうっと〜(妙にウキウキ)

 後はこれだけ風呂敷広げたんだから、それに合わせてしっかりラスト纏めて欲しいなあというのが今の願望です(平成ライダーで散々期待を裏切られてるもんで)。しかし、その前にいつ終わるんだろ。何か一生モンのマンガになって来たような…(最近そんなのばっか読んでる)


...

新古書店で本売るべからず(涙)。兼「ベルセルク」簡単感想(か?) - 2003年02月27日(木)

 …ってわかってたはずなのにやっちまいました…。結構新しいムックまで二束三文に扱われるとやはり心の中が痛みます〜。これからは売らずに大事に取っておかなくては。というかもうあとの本は一生モンばかりだからなあ。残された課題はどうやってこれ以上このテの本の数を増やさないようにするかって言う事ですかね。う〜む…(汗)

 その点最近買うマンガは割り切って読み捨てっぽくしてるので気が楽です(失礼なマンガ好き/汗)。前日の日記でも書きましたが、最近ハマってる「ベルセルク」に本を売った分を投資して(大分足りなかったけど)23巻まで揃えました。

 「ベルセルク」って結構有名なマンガなんでしょうけど、最近まで全然知らなくて、あるマンガ評論の本で知りました(沢山マンガ読まないけど評論本は好き←変)。そこではかなり高い評価されていたので、読んでみようかなと。最初はこんな感じの興味本位だったんですが、いや〜面白いです。

 初期の頃は絵も余り上手くない(アクションが良くわかんない)かったのが、最新刊近くなるとやはり洗練されてきて見やすい。特に女性キャラが段々可愛くなってきているのがよくわかります(妖精パックのデフォルメは「ゲットバッカーズ」の銀次みたく絵柄が極端に変化する←シリアス一辺倒にならないのが90年代以降の傾向)。

 ストーリーは、90年代版「北斗の拳」or「デビルマン」といった感じでさほど珍しくないのかも知れませんが、70年代、80年代の作品と違って出てくるキャラクターが皆複雑かつ深いトラウマ抱えててそれがいかにも今風です(「エヴァンゲリオン」しかり)。

 もち一番深いトラウマの持ち主は主人公のガッツ。初期の強くて怖い感じとうって変わって、23巻あたりになるとヒロイン・キャスカ(精神崩壊中)との関係を修復できずにヘタレてるんですが、これがツボにハマっちゃいました。ファンタジーとか戦記ものとかバイオレンスとかより、こーいうラブラブ話にやっぱり萌えるのは、ノーマルカップリング好きの性みたいです(汗)。この作品まだまだ連載中だし、話の進みが遅いので(終わるのに少なくとも後10年はかかりそう…)暫くわくわくできそうな予感がします。

 しかし、これ全然このマンガの感想になってないなあ…(はは)


...

GBA新型はどこに? - 2003年02月26日(水)

 やはり目新しさにつられてどこの店でも売り切れ状態のようですねえ。うちのダンナは諦めて?「ふつ〜のGBAでもいいや〜」などと言っております。というのも「ドラクエモンスターズ」新作の発売が3月下旬なんです。それまでに間に合わせたいと思うのはドラクエフリークの偽らざる心境でしょう。発売まで後1ヶ月だ〜!!

 その前にFF-2の発売があります。期末試験真っ最中の息子はそれだけが楽しみの様な日々を送ってます(後2週ちょっと)。でも今回はスクウェアも宣伝が控えめですね。どうしてだろう〜

 私の目下のハマりものはマンガと読書。HP更新もサボッて何かしら読んでます。特撮関連では「特撮黙示録1995‐2001」(切通理作著)、マンガでは「ベルセルク」収集中(絵はともかくストーリーが面白い)。コストがかからないように中古で済ませていますが、それでも20数巻集めるとなると結構な額になるので、思い切ってMY書物を購入資金の足しにする事に決めました(涙)。明日売りに行く予定です。

 そのためにどれを処分しようか悩みましたが、結局比較的最近買った本(ムック)になりました。そのほうが高値かも?ってこともあるけど、やっぱり数十年を共にしたものはなかなか手離せないんですねえ(○マンアルバムとか)。もうページを開くわけではないけれどやはり手元には置いておきたくなっちゃうんです。こうなると一生もんと諦めるしかないでしょう。ただ、ずっと家族に、本棚は私の本ばっかなんて言われ続けるんだろうなあ…(汗)。


...

更新報告が遅れてしまいました…(汗) - 2003年02月24日(月)

 先週はオンラインで忙しく気持ち的にいっぱいいっぱいだったせいもあって、更新したっきりこちらでの報告もサボってしまいました。すみません…(冷汗)

 今回の更新ですが、TVアニメーション年表に1984年分を追加しました。この年表作りもいよいよ大詰めに差し掛かってます(一応80年代までなので)。一気にいきたいなあと思っていますが…。

 1984年は不思議なほどすっかり忘れてしまっていたけど、エルガイムにハマってたんですよねえ。湖川友謙氏率いるスタジオ・ビーボォー(なつかし〜)の作画が好きで若手声優さんの演技が好きでホントどっぷりつかってました。今では二枚目を多く担当される事の多い大塚秀忠氏(「ロード・オブ・ザ・リング」のアラゴルン)も、この作品ではまるっきりお調子もののミラウー・キャオで画面をに賑わしてくれました。だから、大塚氏といえば今でも、キャオの顔を思い出します。

 この作品でのダブルヒロインも結構話題でしたね。おてんば元気娘のアムと一見クールだけど本当は情熱家のレッシィ。どっちがあなたのタイプ?なんてネタもアニメ誌に載ってました(ちなみにダンナは当時熱烈レッシィファン)。今回の年表は書いていくうちにいろんな記憶が甦ってきて、何だか不思議な感覚でした。

 そしてもうひとつ更新は、LOVE☆アニソンに1971年分の追加です。まだまだナツメロ感たっぷりの年代ですね。ルパン三世の放映がもう32年前と聞いただけでくらくら目まいがしそう…。この年では「国松さまのお通りだい」とか「アパッチ野球軍」が、個人的には目立たないけど好きだなあ〜皆様はいかがでしょうか?

☆カスミン日記☆
 カスミの持っている「開くもの=鍵」を賭けて、ヘナモンすごろくで決着をつけようとする仙左衛門と霧一族のタカ派(?)の男。そしてすごろくのコマはなんとカスミと霧彦だった…というお話。このヘナモンすごろく、さいころの目に従って止まったマスで課せられるお題をこなさなければ進めないルール。…ってこれ、先日見た(東京より1ヶ月遅れてます…)「ミルモでポン!」の妖精すごろくじゃん!余りに被ったネタにまずビックリしてしまいました(しかも課題の中身も、綱渡りなんかもうまるで一緒…いいんかい)。ともかく課題をクリアして勝ったのはカスミということで、今回の勝負は事なきを得ました(しかしラスト勝負がシカオとの豆腐大食い競争って…)。いよいよ「カスミン」も後1ヶ月、鍵がネタになるということはそろそろまとめの時期に差し掛かってきたのかもしれませんね(霧彦の最後のセリフもちょっと意味ありげ)。


...

FF札廛譽そ了しました(ほっ) - 2003年02月16日(日)

 いやいや、1年半ぶりにプレイ再開してから約50時間(汗)長い道のりでした〜
やっと今日ラスボス(セフィロス)倒しました。ストーリーそっちのけでチョコボ育成やら(これは大抵の人がハマる)、レベル上げ(ヴィンセント〜)にうつつを抜かしていたので予定外にかかってしまいましたが。

 いろいろな含みを持たせた有名なあのラストシーンも、実際に自分がプレイしてから見るとやはり心に響きますねえ〜FFシリーズの中での人気の高さもわかります(人気度で未だにクラウド&セフィロス越えるキャラは出てないのでは?)

 さて、ひとまず終わったので(あと最強モンスター、エメラルド&ルビーとのバトルが残っていますが)、これから真面目にTRのビデオチェックに戻ろうと思います。是非夏くらいまでにはCD紹介完成させたいです(願望)。で、っきるっかな〜

 あ、そう言えば一昨年のクリスマスに買ったPC版「遙かなる時空の中で2」まだ手付かずだったよなあ…どうしよう(はは)

☆カスミン日記☆
 『タンちん君とボロ兄ちゃん』(EDのタイトルと逆さ/笑)という劇をクラスで発表する事になり、村娘役になったカスミが演技に行き詰まってイライラしてしまうというお話。声優さんの演技のせいか、村娘役の難しさが余り伝わってこなくてカスミが龍ちゃん達にあたる必然性がわからなかった為、今回は今ひとつ楽しめませんでした。劇中劇というのは結構難しいものですね。そんな中でしたが、アライさんは相変わらずラブリーでした♪カスミの性格分析も的確だったしね(あと魔王役になってしまった霧彦君の棒読みセリフも楽しかった〜)。NHKアニメと言う事からか、関連グッズが殆どないこの作品ですが、是非是非アライさんやボトボットの携帯ストラップとかマスコットとか出して欲しいものです。


...

GBA大人向けヴァージョンが… - 2003年02月08日(土)

 2月から新発売されるそうですね(定価12500円)。折りたたみ式でメタリックシルバーもカッコ良いデザインに、「オレ、買うならこれ」とウキウキしているのはダンナであります。もっとも、肝心のソフトは「ドラクエモンスターズ」の新作待ちですが…(汗)。現在発売日未定となっているので、一体何時の話になるのやら。

 ドラクエ派のダンナの近況は、犬鬟リアし、2週目チャレンジ続行中。前回は裏ボスまでたどり着けず涙を飲みました。ということで今回は最初から攻略サイト様にお邪魔して、石版と小さなメダルの取りこぼしをしないようにやってます。

 それだけならともかく並行してGBの「ドラクエモンスターズ2」もプレイしてるんですよね(まもなく400時間!って…)。ほんとにドラクエ好きなんだなあ〜

 一方、私の方は未だにFF擦罵靴鵑任泙后プレイ時間が通算76時間にまでなってしまいました(再開してからもう40時間だよ…汗)。海チョコボだって作っちゃったんだからさっさと全クリ目指してもいいのにねえ…今度はレベル上げが忙しくって〜(何やってんだろ)今週なんかひたすらサイト更新作業とゲームの日々でした(アホ)

☆カスミン日記☆
 霞家を訪れた霧彦くんが、カスミ達と共に霞家の地下から繋がってる海(しかもどう見ても南国)でいろんな体験をするお話です(大雑把過ぎか)。霧彦くんがカナヅチ(だけど波乗りは上手い…)だと知り、コーチをカスミが買って出るも、龍ちゃん達に邪魔されて上手くいかず霧彦くんともギクシャクしてしまうとこはラブコメ入ってますね。でも、「龍ちゃんウェーブ!」(癸瓦泙任△蝓砲篝臑析困離粥璽哀觧僉覆覆なか似合ってた♪)等の楽しいシーンはカスミンならでは(アライさんの波乗りに萌え!)。そして一番の見せ場は、おぼれそうな霧彦くんに古式泳法をマスターさせた仙左衛門のいい人ぶり。いい味出してるよね〜ほんと。


...

2月の更新その1です。 - 2003年02月05日(水)

 1月中にはもう1回更新の予定でしたが、結局2月までずれ込んでしまいました(汗)。今回は「TVアニメーション年表」に1982年分を、そして「TVアニメ音楽本」の「LOVE☆アニソン」に1969〜70年分をそれぞれ追加しました。

 年表の1982年は、振り返ってみると自分のアニメファン人生(大げさ)で最も盛り上がってた時期でした。仕送りの大半をアニメ雑誌、グッズ、映画代、レコード、漫画につぎ込んで、巷でよくいう『女子大生』の生態からかなり縁遠い生活してましたね(汗)

 そして一番のイベントがMyビデオデッキの購入。下宿生の分際で、と少々反省しつつも思いっきりフルに使いました。予約録画機能はとにかく有り難かったです〜(まだ出始めでした、この機能)。現在なんかうちのビデオには週に2日分の予約(日曜朝とベイブレ…)しか入っていませんが、当時は1週8番組分常に予約でいっぱいでした。ほんと、好きだったんだなあ…(懐)

 しかしねえ、まさかその時はβビデオが無くなるなんて思いもしませんでしたよ。VHSには負けないと信じて買ったのに…消えるのは本当に早かった…(涙)

 「LOVE☆アニソン」は、相変わらず昔懐かしいアニメ主題歌扱ってます。書きながら、思い込みで歌詞を間違えて覚えてた歌が結構ある事に毎回驚いてるんですが(汗)。子どもの耳って面白いですねえ。しかも(いい年になって)気づくまで完璧に残ってるし…(間違えのまま気づかない事も有)。


...

東映ヒーローMAX買いました。 - 2003年02月03日(月)

 行きつけのガソリンスタンドとビデオレンタルショップが立て続けに閉店しました。どっちも近い所にあったので困ってます。代わりを見つけるのって意外と面倒だし大変そうだなあ…(涙)。

 気を取り直して(?)東映ヒーローMAXの最新号を買いに行きました。1軒目の書店は1冊しかなく、それも誰が読んだかものすごい折り目がついていて到底買う気になりませんでした。ほんと立ち読みするならもっと丁寧に扱って欲しいよ〜(怒)

 2軒目の書店には棚に3、4冊&平積みで2冊置いてありました。その中から慎重に手垢の少なそうなのを選んでレジへ(本を買う時は常にそう)。良かった〜たくさんあって(ほっ)。その店には他にも「ソルジャーズ」や「特撮ニュータイプ」「宇宙船」もあったけど、自分的に読むところがいっぱいありそうなのはこれだけだったのでささっとめくっただけで帰ってきました。しかし、最近の特撮関連雑誌の多さときたら…。段々ついていけなくなってるような気が(汗)。

 東映ヒーローのみのこの本、前号の時も書きましたが、現在の作品だけでなく過去の懐かしい作品にかなりのスペースを使ってくれてるのが一番嬉しいですね。今回は「ロボット刑事K」かな。Kが戦闘モードに入る為ジャケットを放り投げるのをよくマネしてたんです〜(筋金入りのヒーロー好き)Kの生真面目ですぐ落ち込んでしまうところも好きでした。イケメン役者さんの変身ものもいいですが、たまにはこんな着ぐるみキャラを主人公にした作品も見たいなと思った今回の特集でした。

 あとちょっと気になったのが、ハリケンのメインライターさんのインタビュー。結構ベテランでいろんな作品も書いておられてそれなりの創作理論も持っていらっしゃるようなんですが、ねえ…。それにしてはハリケンのラストが…(汗)。


...

息子、日曜朝特撮からリタイヤす(涙)。 - 2003年02月02日(日)

 アギト、龍騎と頑張って起きて見てた夜型人間の息子、龍騎で燃え尽きたのか新番組のファイズは1話は後半だけ、そしてついに2話の今朝は見逃しです。多分このままリタイヤの様子(ああ、同志が減った〜)。8時のライダー見るのはクウガ当時に戻って、下の娘とダンナと私の3人となりました。娘は結構楽しんでみてますねえ。今のところそれなりにわかりやすい展開なのがいいんじゃないでしょうか。

 ハリケンはあと1話で最終回です。でも見てる私の方はテンションが一向に上がりません。ここへきて余りにも唐突な展開が多すぎて、気持ちの冷めていくのがわかるんですよ。始まった頃はあんなに見るのが楽しかったのに…寂しいなあ。でも、戦隊シリーズって割といきなり展開の連続っていう終わり方するんですよね。ちょっと前ならそれでも笑って許せたと思うんだけど、ある程度年食って、しかもTR見ちゃった後では…だ、だめだ〜(汗)最終回に至るまでの伏線はもっと上手に張って欲しいものです。特にハリケンは各キャラがしっかり出来上がっていたので、実に勿体無いと思います。

 あ、でもメイン視聴者は子どもでしたね…いい年の大人がこんな事言ってもしょうがないかぁ…(年寄のぼやき)とりあえず最終回は見ます(不安だけど)。

 もひとつ日曜朝といえば、8時半の新番組「明日のナージャ」でしたっけ、どんなもん?と思って、OPと始め数分見ましたが、印象は「キャンディ・キャンディ」+「花の子ルンルン」…。だってのっけから孤児院(今は児童福祉施設)ですよ〜100年前のヨーロッパが設定となれば尚の事ですわ。しかも意味不明の魔法アイテムらしきものあるし、旅するみたいだし、謎の美少年のサポート付きみたいだし。この世界観が21世紀のちっちゃなレディー達に受け入れられるかちょっと興味ありますね。1年ちゃんと続くかな…。

☆カスミン日記☆
 携帯電話のヘナモンが霞家にやってきて自分を使ってくれと売り込み、カスミは喜んで使い始めるが、彼は超古い機種だった…というお話。このヘナモンの元になっている携帯は多分10数年前の出始めのもの。家庭用電話の子機より重く、すぐバッテリーも切れる。オマケにメールも着メロも出来ない。これって結構リアル。きっとその当時は持ってる人だって殆どいなかったし、通話料金は馬鹿高だったはず。というわけで余りの使いづらさにカスミも嫌になってしまうんですが、そしたら彼がカスミの声色を使ってカエデとユリを怒らせてしまい大騒ぎに。結局カスミは二人に心をこめて謝罪の手紙を書き、仲直りが出来てめでたしめでたし。さらに消えたと思ってた携帯ヘナモンは、カスミが使ってくれた感謝の印に彼女の両親のいるアフリカまで行き、声を聞かせてあげたというオチまでついててほのぼのとさせられました。彼の苦労の旅をきちんと描写してくれたのも良かったです。


...



 

 

 

 

INDEX
past  will

 Home