たまてばこのそっこ...希望

 

 

ベイブレカレンダーに萌え♪ - 2002年11月26日(火)

 昨日、書店行ったときに何気なく(ホントは違う、探してたのです〜)2003年カレンダーコーナー覗いたら、「爆転シュートベイブレード2002」カレンダーが数本見えたので、帰ってきて下の娘(カイ萌え)に話したら、「うそ〜〜っ」ともう半泣き状態。

 「買ってきて〜」とせがまれたので、またアホなオタク親は行きましたよ、おんなじ書店へ(しかも子供の小遣い預かってのお使いって…)。昨日の今日で大丈夫、ちゃんとありましたベイブレカレンダー。買って帰るとさっそく彼女は壁に飾ってご満悦♪愛するカイの単独ページは無かったけど、キャラクターメインで作画もなかなか良く、「カイ〜vv」ともうドリーム入りまくりです。確かにこれはキャラ萌えのファン御用達ですな。

 大体最も売りたい商品であるベイブレードはお飾りにすぎなくって、タカオ達BBAのメンバーがきらきらお目目でドアップしてればこれはもう女性ファン向けといっても差し支えないと思いますね。ある月のページなどは、バックにお星さまが飛んでるんですよ〜(見てるほうが恥ずかしいぞ)ベイブレアニメ版とマンガ版(含玩具購買層)のファン層の違いをカレンダーは図らずも証明してるといえましょう。
(子供のカレンダー一つにマジになっててどうするんだ〜私…汗)

 そうそう、おまけにシールもついてるんですよ、このカレンダー(さすが表向き子供向けっ!)。しっかり「お母さんにレイくれる〜?」と娘におねだりし、またまたアホをさらすオタク親でした…


...

FF本、我が家で人気もの - 2002年11月25日(月)

 上の娘(アキラ萌え)に予約してた来年の「KYO」特製オリジナルカレンダー(講談社)を取りに書店へ行きました(ダンボールに平たく頑丈にパッケージされてて運ぶの大変だったよ〜)。当然お使いだけで終わる訳はなく、うろうろとアニメ、特撮、ゲーム関連のコーナーを一回り。すると、目に止まったのが、別冊宝島の最新刊「僕たちの好きなファイナルファンタジー」。パラパラと捲ると即レジへ直行でした(笑)。

 内容はスクウェアの人気RPG、ファイナルファンタジー(以下FF)シリーズの全作の紹介がメインで他にユーザー視点のコラムが載ってます。こういうFFだけのムックってありそうでなかっただけにやはりファンとしては飛びつきたくなりますね。各タイトルのストーリー紹介など詳細かつ、これからプレイしようとする人の為に核心部分はぼかす心配りが嬉しかったです。

 この本、FF好きの子供たちにも大ウケで、読む順番を巡ってひと騒動でした。先に読んだ読まないでうるさかった〜

 そもそもFFプレイの始まりは察∋匐,燭舛呂垢阿防造澆弔になって、お気に入りキャラにハマりました。続いて爾六匐,世韻任覆私も全クリ2回しましたね(ひゃあ〜)。その後旧作が知りたくなって此SFC)をみんなでプレイしたのが我が家がFFへ傾倒するきっかけといえばそうだったのかも。しかもそのソフト買ったのは私…(ははは)。それから后↓犬搬海FFにどっぷりハマっていったのであります(もれなくキャラ萌え付)。

 しかしダンナだけは一人頑なにドラクエ派。機銑掘複韮柁如法↓后銑此SFC)、察複丕咫砲梁哨疋薀エモンスターズ(テリー、ルカ)までやる懲りよう。ドラクエでの主人公なりきり度の高さがお気に入りでFFはやってみたいと思わないらしいです。今のところ、FF派VSドラクエ派うちでは4対1でFF派の圧勝〜


...

ちょっと嬉しい1周年 - 2002年11月23日(土)

 BBSにも書いているのでしつこいと思われるかもしれませんが、なんだかんだでサイト開設1周年を無事迎える事が出来ました。素直に喜んでます♪自分が毎日チェックにいく数を差し引いても、のべ約1000人近いお客様がここへ来てくださってるんですよね。本当にありがとうございます!

 苦労したのはオフラインでの生活を送りつつやる更新作業。月2回更新は早々に無理だとわかりマイペース更新に変更、気持ちを楽にして作業しました。相変わらずPC未熟者のうえ、進歩はカメの歩みなので地味地味なデザインからの脱皮は遠い先の話…(涙)。

 しかし書き溜めたテキストは1年経つと結構数になるものですね(感動)。始めた当初はボキャブラリーの貧困が露呈するし、毎回似たフレーズは使ってるしで悪戦苦闘、自己嫌悪ばっかでしたが、書く事の楽しさに目覚めてる今は割と開き直っちゃってます。自分の持ってる力を飾らず出せばいいや〜って(まるでスポーツ選手のコメントだわ…)。でも自分にしちゃホントいっぱい書いたなあ、マジで(また感激)

 今まで自分の好きなものへの考えを形にした事が無く、このサイトは記念誌的な意味もあるんです。だから長期計画(笑)でじっくりのんびりと作り上げていきたいと思ってます。今後ともどうぞよろしくお願いします〜。

 ☆カスミン日記☆
 第1シリーズにも登場した謎の帽子男(ネズミ男似)がカスミの持っているヘナモン界開かずの扉(勝手に命名)の鍵を狙って近づくというお話。帽子男、龍ちゃんをだまして鍵は手に入れたけど結局鍵穴の形が変わっていた為目論見は失敗、霧彦にも見つかり渋々退散していきました(鍵の伏線はまだよく理解してないので余り説明できそうに無いです、すみません…)。今回はとにかく霧彦くんが決めまくりってました。霧と共にカスミのピンチに現れるシーンもカッコいい〜♪作画のレベルも高く、言う事無しの回でした。


...

でっかいコタツがやってきた! - 2002年11月19日(火)

 冬の長い、我が家のある地域ではコタツは欠かすことの出来ない暖房器具。何しろ10月上旬から翌年の5月下旬まで(梅雨寒があると6月にも)使用しているんですから。

 そしてこんなコタツ好きのこの地域には独特の燃料があるんです。電気ばかりがコタツの熱源ではないのですよ〜それは「豆炭(まめたん)」。石炭を粉状にして平たいお団子型に丸めたものといえば想像がつくでしょうか(お見せできなくて残念)。それを火で熾したものを金属の四角い箱に詰めて、電気コタツの熱源と同じ位置にはめ込むんです。そうするとじきにコタツの中はぽっかぽかに〜

 ところが困った事にこの豆炭タイプのコタツには、電気のような長方形の家具調タイプが無く、90センチ角の正方形型が最大。その為子供が皆大人サイズの現在、コタツの場所取りでいっつもトラブってるし(ごろ寝すれば中は足のピラミッド…)、食事もそこでとってるのでぎゅうぎゅう詰め状態でした(しかも作りがすっごくちゃちで長持ちしない欠点が)。

 そこで一念発起して新発売の家具調豆炭コタツをカタログショッピング(byJAってのがいいでしょ)。今日届いたのです♪大きさ75×110(センチ)というロングサイズにもう大満足!大人が3人並んでも窮屈じゃないのが嬉しいです〜

 しかしおかげで10畳あるはずの居間がもう足の踏み場無しになってしまいました。でも気にしないで30インチのTVにこのジャンボコタツで日曜朝は楽しく龍騎を見る予定で〜す(るんるん)。


...

龍騎の弁当箱が息子用って… - 2002年11月16日(土)

 今日はダンナと娘二人と一緒にショッピングでした。うちのほうは大手のスーパー(○イエーとか○友とか○トー○カドー)が車で30分圏内に5、6軒あるので週替りで遊びがてら行ってます。

 娘達は「KYO」の最新18巻(上←アキラ萌え)とか「月刊コロコロ」(下←カイ萌え)をゲットし、ご満悦。ちなみに我が家は月ぎめの小遣い替わりに毎月好きな本(600円以下)を、幼児期からずっと子供達に買ってきました。もうかれこれ10年以上も続いているかなあ(買ってやった本はどんどん変遷していきましたが)。

 他にもいろいろ目的のものがありましたが、今日は、その中の一つ、息子の弁当箱を買う時がもう一番のケッサクでした。主食がごはんの時の弁当箱(大)とは別に、サンドイッチの時におかずを入れるちょっと小ぶりな弁当箱が必要になって(今はとりあえず100円タッパー)、そういうものが置いてあるコーナーを見てみると…。

 やっぱりというか、小さいタイプは明らかに園児向けと思われるキャラクターばっかり(ハム太郎とか龍騎とか)。でも大きさはちょうど良いし〜と悩んでたら、ダンナが「いいじゃん、龍騎にしたら」の一言。思わず「え〜ッ(汗)」っと焦った私に、ダンナあっさり「もし(息子が)使わなかったら、お母さん使えば〜(笑)」ってもう完全に見透かされてるというか…(恥)娘達は娘達で「お母さん、あっちにハリケンのお菓子缶あるよ」とか言ってくるし(お菓子までいらないってば)、も〜勘弁して(逃)

 しかし、結局買ってしまったんですよ〜、その龍騎弁当箱。ああその場の雰囲気ってコワイ!(涙)うちへ帰って息子に見せたら案の定「嫌だよ」と冷たい返事。そうだよねえ、大の高校生の弁当に龍騎の絵なんかあったらいっくら龍騎好きの彼でもねえ…(もう笑うしかない)。

 でも意地です!使います、嫌がられても。一回位使わなくっちゃこっちの面子丸つぶれだもん(面子なんてあった?)。

 ☆カスミン日記☆
 カスミの小学校の授業参観をめぐり誰が学校へ行くかで、もめまくる霞家の人々とカスミのやりとりが楽しかったです。チャイナドレスの蘭子さんなかなかヨシ(相変わらずカスミの天敵)。でもおめかしした仙太郎に今回は分があったかな(コスプレに笑った)。結局緊張しすぎて熱出した仙太郎の代わりに、ガンコ者の仙左衛門が学校に行って一件落着でした。霧彦くんのカッコ良いドアップもありでファンサービスもたっぷりなのが良かった♪(彼の父が来たら面白かったんだけど)しかし、「カスミン」確実に第1シリーズの時よりキャラは活き活きしてるし、何しろ面白いですわ、ホント。 


...

突然ゲームに燃えてる娘 - 2002年11月15日(金)

 兄や姉のプレイを見ていただけの下の娘が(カイ萌え)、半年振りにゲーム再開。一気に「テイルズ オブ エターニア」「FFIX」の二つを2日で全クリしました。既にどっちもラスボスだけだったので、すんなりとエンディングを迎えていたようです。

 RPGなんか特にそうですが、エンディングを見ると寂しくなるし勿体無いから、無意味にプレイを引き伸ばしてるうちに、忘れてしまうって事ありませんか?彼女はそのタイプらしいです(別にやりこみ派ではない)。でもなぜか風向きが変わって突然やる気になったみたいです。そうすると欲が出て次をやりたくなるもの。ついに息子のやってる「FFX」に手をつけるとかいってます。小学生にはちっとめんどくさい部分もありますが、まずはユウナとティーダの水中キッス(CMでおなじみ)を目標に頑張るとか。さてさて。

 その息子はとにかくやりこみ派。ラスボスより強いモンスター、『すべてをこえしもの』(FF系には必ずいますね)を倒すべくキャラクターを鍛え中。全クリは当分先でしょう。上の娘の「キングダムハーツ」は妹と同じでやり惜しんでる様子がありあり。全クリ、冬休みあたりかも…

 私個人的には、早く「FFX」のラストが見たいなあ。それに続編「X−2」も(それいつでるんですか?わくわく)。


...

ただ今、サイト模様替え中です - 2002年11月13日(水)

 早いもので、私がこのサイトを始めてからもうすぐ1年です。これを機にリニューアルに挑戦しています。とはいっても未だに初心者なもので、「おおっ、すごい!」みたいな変わり方は出来そうにありません(涙)。

 まず、新しいコンテンツを作る、コンテンツ全体を見直して整理する、の二つを実行する予定です。新しいコンテンツは、アニソン関係。なんといっても私の元気の素ですから。ずっと書きたい事もあったし…。纏まるかどうか不安いっぱいですが、とりあえず見切り発車でもやってしまおうと思ってます。

 それに伴ってコンテンツが増え、雑多な感じになりそうなので(このサイトってもともとそうじゃん)、関連性のある物を一つに纏めて見易く出来ればと考えていますが、さてさて上手くいくかどうか、作業しながら超不安になってます…。

 気持ちだけは絵も入れてみたいとかフレームも良いわ〜とか思うんですけどねえ…(精進、精進)


...

資源回収ってやってます? - 2002年11月10日(日)

 今朝は下の娘(カイ萌え)の小学校で、PTAの活動資金集めが目的の資源回収がありました。決められた地区のお宅へ伺って古新聞やビール瓶を集めた後、集積所へ指定時間内に持って行くものです。

 この指定時間が8時半から9時(9時締め切り)という事ですっかり安心した我が家、「龍騎見てから集めれば十分に間に合うじゃん〜」と言いながら2週間ぶりの龍騎をたっぷり堪能した後動き出したのですが…(私、ダンナ、娘の3人共誰一人急ぐ者無し)

 同じ地区の他の保護者さん方は私達が龍騎に一喜一憂(「教授カッコいい〜♪」とか「真司くん髪型変わってるかも」とか)してる間にどんどん作業してたらしく、集積所へ行ったら我が家がなんと最後でした…(冷汗)。作業を手伝いに来ていた先生達もいて、後で会った友人曰く「早く帰りたいんだけど」と言っていたとか。大分お待たせしたようで、すいませ〜ん…(コソコソと去る)資源物を焦ってコンテナに積み込みながら懺悔しまくりの日曜朝でありました。

 


...

部屋の模様替えしました - 2002年11月06日(水)

 単に私達夫婦と娘2人の部屋を入れ替えただけなんですけどね(二間を4人で使用しているこの人口密度の高さ…)。それでもかなり大変でした。たんすからデスクから本棚まで総入れ替えだったんですよ。それでも何とか連休の最終日一日で終わってホッとしました。

 大人の方の本棚の中から本を出してた時、今まで私が集めた特撮本の話題になりました。TRの時買った「HV」や超全集に加えて、今年の龍騎&ハリケン関連ムックが10冊近く(おまけにテイマーズ本なんてのもあるし)…。すかさずダンナから「(ムック類)よくこんな沢山買ったねえ」とかつつかれて当然ながら何も言い返せず(汗)。苦し紛れに「すごいだろ〜これ全部合わせると3万円はするね〜」などと全然威張れない見栄を張ってみたのですが…(はは)

 確かに1冊1200〜2000円もする本ばかりですからね〜ああもう少し安価だったら心痛まずにすむんだけどなあ(こればっか)。しかし今年特撮関連本は反則なくらい多く出版されてますよね(役者さんがらみが殆どですが)。龍騎も完結したらまた豪華なムックが出るんだから(たぶん)今からそんなに血走って集めなくてもよいのに自分。ついつい買ってしまうファン心理が情けなくもある今日この頃です。

 模様替えの締めくくり、新しい本棚の場所が日に当り易いので、大事な本を日焼けから守りたい私は、要らないカレンダー(汗)を棚に貼り付けてムック類が焼けないようにしました。娘にも「日に当ると本焼けるで〜」と同様の作戦を勧めたり。やっぱり本は日に当らないとこに置くものだと思うのですが、いかがなものでしょう?

 PC(デスク込み)も模様替えに合わせて移動しました。まだ新しい位置に慣れてないので作業してても変な感じがします。何年もかけて染み込んだ体の感覚の記憶ってすごいですね。反射的にもとあった場所へいってしまうんですよ〜(意識してないとダメみたい)

 ☆読書の秋…
 ダンナ、「指輪物語」9冊一気読みで終了(はやっ)。いたく感動した様子。今度は劇場版をレンタルビデオで見る予定。ええい、文庫本とはいえ9冊で6000円以上も使ってんじゃん!(負け惜しみ)


...

「東映ヒーローMAX」濃すぎっ! - 2002年11月02日(土)

 待ちに待ってた「東映ヒーローMAX」第3号ゲットしました。実は昨夜飲み会に行ったダンナを迎えに行った帰りに2軒ほど本屋を探したのですが(そこがもう変だってば)、既に無かったので心配してたんです。でも置いてあって良かった〜♪

 このムックは東映作品に限定してあるのがイイですね〜他のだとゴジラやウルトラマンがカップリングされてるんで、お金払う時『ちょっと勿体無いかなあ』などど考えてしまうのですが(円谷ファンの方すみません)、これは迷わずレジへ持ってけます(笑)。

 今号は写真の出来も良いですが、何よりインタビュー記事の多いこと!余りに字が多くて終いには疲れました。でも「HV」や「電撃特撮通信」に比べて作品内容へのアプローチに力を入れるこの本の姿勢は自分に合ってますね(まあ誌面づくりのコンセプトが違うからそれも当然)。やはり作品あっての役者さんだと思いますから。

 細かいとこではハリケンの特集が七海、フラビィ、ウェンディの女性陣のインタビューメインで男性陣の出番が少なかったのが残念(でも、七海に告白する一鍬と三味線特訓コスプレの写真はナイス♪)。龍騎はラストに向けてネタバレを防ぐ為か、役者さん達の対談も心なしか作品に関するコメントは控えめでしたな。もうあと1クールだもんねえ…(さみし)

 現役作品の他にも涙ものの企画がいっぱいでしたが、中でもあの「超人機メタルダー」の主人公剣流星役の妹尾青洸(洸)さんが出ていたのにはもう感激!しかも現在も俳優として頑張っておられるようでとても嬉しかったです。年は重ねててもカッコ良さは変わらないし(私と年が大して変わらなかったのね)、ああ今度は動いてるところ見たいです〜(←結局ミーハー)

 ☆いつも最後になっちゃうカスミン日記☆(恒例になってるよ)
手洗い洗濯から脱却すべく、町内腕相撲大会の賞品「乾燥機付洗濯機」を目指して特訓に励むカスミがケッサク。何しろ右腕だけの大リーグ養成ギプスだもんね(しかも仙太郎作…)。でも洗濯機は2等の賞品だったところがミソ。決勝で蘭子と対戦するカスミが、勝負に勝つ事or負けて洗濯機もらう事の間で揺れる様が何とも愉快で笑えました。結局蘭子が一枚上手だったんですけどね。カスミ、まだまだ彼女には頭上がらなさそうです。


...



 

 

 

 

INDEX
past  will

 Home