再生するタワゴトver.5
りばいぶ



 「Gauche〜フェンスの向こう〜」劇評。

 演劇「Gauche(ゴーシュ)〜フェンスの向こう〜」(藤井ごう脚本・演出)が8月23〜28日の6日間、那覇市のひめゆりピースホールで上演された。宮沢賢治作「セロ弾きのゴーシュ」を原作に、フェンスと言葉の壁を乗り越える登場人物らの姿を言葉を使わない「ノンバーバル」の舞台で生き生きと表現した。26日の公演を取材した。(学芸部・天久仁)

 演奏会を控えた主人公でチェロ奏者のゴーシュと、そのもとを訪れる珍客との問答を描く「セロ弾きのゴーシュ」の世界観はそのまま作品に引き継がれている。一方で原作にあった特徴的な豊かな言葉の数々は、亀甲谷宝(身体表現)、仲里綾香(琉球舞踊)、平野史子(俳優)、児玉真理(人形美術)の4人の出演者の躍動感あふれる動きと豊かな表情に置き換えられた。

 深夜にチェロを練習するゴーシュの家に現れる「三毛ねこ」「かっこう」「たぬき」「野ねずみ」の各キャラクターは、いたずらをしながらゴーシュに演奏を仕向ける。出演者4人それぞれが4人のゴーシュを演じ、演奏会を成功させるという物語の大団円へ向かう。

 セリフがない「壁」を補って余りあるほど、各役者の表情と動きに説得力があった。身ぶりと音楽でストーリーを語るノンバーバルの世界に、ゴーシュと外とを隔てる「フェンス」という壁を掛け合わせた藤井の演出によって、「コミュニケーションとは何か」との問い掛けがより鮮明になった。

 沖縄公演が初演。沖縄の米軍基地と民間地を隔てるフェンスをはじめ、衣装やダンス、音楽に沖縄の色を取り入れた舞台が目を引く。宮沢賢治の童話の斬新なアレンジは、見る者に強いインパクトを残した。演奏はチアキ(しゃかり、歌・三線)、くによしさちこ(バイオリン・ビオラ)伊波はづき(島太鼓・パーカッション)、寺田英一(ギター・シンセサイザー)。主催はエーシーオー沖縄。

2021年09月03日(金)
初日 最新 目次 HOME