与太郎文庫
DiaryINDEXpastwill


2004年10月25日(月)  吉凶改元 〜 空言・失言・改言 〜

 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20041025
 
 政治家は学者ではないから、知らないことがあってもかまわない。
 しかし、何を知るべきかは、知っておかなければならない。
 幼稚な思いこみが、失言となる可能性を知って発言すべきだ。
 
 古代中国の独裁的権能は、告朔(月の初日を決めること)にあった。
 日本では、その暦法を輸入しただけで、天文学は発達しなかった。
 めでたいことや不吉なことがあれば、天皇の命によって改元した。
 
 幕末には、西欧の天文学についていけず、世襲返上する天文方もあり、
明治維新以後、天皇の存命中は改元できないことになった。
 以下は(数日前)エクセルに関するQ&Aに、補足投稿したもの。
 
「世界中の言語の中で、日本式の年月日表記は、もっとも合理的です。
(せっかくの利便性を台無しにしているのが、元号と漢字なのです)
 なお一歩すすめて、今後は「20040103」の棒表記をおすすめします。」
 
http://www.hatena.ne.jp/iwashi?mode=treedetail&thread=0000008685
── adlib《参考意見ですが 20041021 いわし掲示板》
 
>>
 
 菅 直人の今日の一言
 
 お見舞い Date: 2004-10-22 (Fri)
 
 台風23号による被害は近年で最悪。土砂崩れ被害が目立つ。間伐な
ど山の手入れを怠り、植林された木の根が十分に張らず、そのつけでは
ないか。河川の氾濫も多い。ダムにばかり目を向け、かさ上げなど既存
の堤防の整備を後回しにしていないか。治山治水といわれるように山と
川は一体。しかし霞ヶ関では山は農水省、川は国土交通省で分断されて
いる。効果の薄い砂防ダムを作るより山林の手入れのほうが効果がある
と思われる。緑の公共事業だ。今日午後に四国の被災地を視察に出かけ
る。室戸の海岸の堤防が決壊したところは私がお遍路で歩いたところ。
お見舞いの気持ちで現地を見てきたい。
 
 天災 Date: 2004-10-23 (Sat)
 
 昨日今日と愛媛、高知の台風被災地の視察。高知では堤防が波で破壊
され、20トンを超えるコンクリートの塊が住宅に飛び込み、3名が亡
くなった現場を見る。9月にお遍路で歩いたところだ。波というより鉄
砲水のような力で堤防や家を破壊。
 それに加えて新潟で地震。あい続く天災をストップさせるには昔なら
元号でも変えるところだが、今必要なのは政権交代ではないか。
 
 余震 Date: 2004-10-24 (Sun)
 
 新潟中越地震の余震が続いている。多くの犠牲者が出ている。犠牲者
の皆さんのご冥福をお祈りします。上越新幹線も脱線。けが人が無かっ
たのは不幸中の幸い。
 昨日の今日の一言について不謹慎との批判のメールを幾つかいただ
いた。台風の上陸が重なり、四国の被災地を視察して帰京した直後に地
震のニュースがあり、これ以上災害が重ならないようにという気持ちで
書いたもの。決して茶化したわけではないが、そのように感じられた方
には謝りたい。
 
 空路 Date: 2004-10-25 (Mon)
 
 新潟中越地震の現場に視察に出かける。陸路が難しいので空路で向か
う予定。
 
http://www.n-kan.jp/bbs/
── 《菅 直人の今日の一言》
 
<<
>>
 
 明治改元の布告 明治元年布告726号
 
今般 御即位御大禮被爲濟先例之通被爲改年號候就テハ是迄吉凶之象兆
   ニ隨ヒ屡改號有之候得共
自今 御一代一號ニ被定候依之改慶應四年可爲明治元年旨被 仰出候事
 
詔書 詔體太乙而登位膺景命以改元洵聖代之典型而萬世之標準也朕雖否
   幸髻〜捗’倹翼承鴻緒躬親萬機之政乃改元欲與海内億兆更始
   一新其改慶應四年爲明治元年自今以後革易舊制一世一元以爲永式
   主者施行
 
 18681023 明治元年九月八日
 
<<
>>
 
 元号法 昭和54年法律43号
 元号法をここに公布する。御名御璽
 19790612 昭和五十四年六月十二日
  内閣総理大臣 大平 正芳
 
 法律第四十三号 元号法
1 元号は、政令で定める。
2 元号は、皇位の継承があつた場合に限り改める。
 附則
1 この法律は、公布の日から施行する。
2 昭和の元号は、本則第一項の規定に基づき定められたものとする。
  内閣総理大臣 大平 正芳
 
http://homepage1.nifty.com/gyouseinet/calendar/gengouhou.htm
── 《歴史と暦》
 
<<
>>
 
 宝暦5(1755)年からは、それまでの貞享暦にかわって宝暦暦が使用
されるようになる。宝暦5年きのとのいの新暦には、
  貞享以降距数十年用一暦 其推歩与天差矣 今立表測景定気朔 
 而治新暦 以頒之於天下 
と冒頭に書かれている。しかし実際は貞享暦と天との差があらわれての
改暦ではなく、改暦、西洋学術の輸入に熱心であった将軍吉宗の遺志を
生かすという政治的配慮からなされたものであった。当時の幕府の暦官
には貞享暦を改良するだけの能力はなかった。(P537)
 
 現代でもなお、旧暦は農漁業に便利であるという誤った考えが多くの
人に信じられているのを見ても、当時の人が太陽暦の便利さを充分理解
できなかったとしても不思議はない。しかもすでに天保暦による明治6
年暦が市販された後の明治5年11月9日になって突如として改暦は布告
された。(P544)
 
── 内田 正男《日本暦日原典 19750710 雄山閣出版》
 
<<
 
><


与太郎 |MAILHomePage

My追加