.第6話:「Teenage Walk」 

 ファッションショーへ向けて、スタッフミーティングが始まった。
 みんなクラスや部の出し物の準備と併行しながらの参加だから、どうしてもこっちに割く時間は少なくなる。それでもやる気と実力のある面子が揃ってるから、驚くほどスムーズに準備が進んでいた。
 そんなある日、何回目かのミーティングの時。横に座っている絵里が周りを見回しながら、こそ、っとメモを回してきた。

「今日のミーティング終了後、牧島、笹原以外は視聴覚室に集合。
別メニューのミーティングを行う。
ただし、牧島には今日のことを知られないように」

 「別メニュー」?藤崎の字で書かれたそのメモの内容に首を傾げるあたし。
 よく見ると下に回覧順番があって、藤崎から始まって、梢、富田、楓、絵里、あたしと他の3年生スタッフを経て最後は市原さんまで回るように名前が書いてある。そこに美和子と瞳子さんの名前はない。
主要スタッフのうちこの二人だけ抜かすってどういうこと?
なんだかよく分からないまま、あたしはそのメモを隣に渡した。
 
 1時間後。
 被服実習室でのミーティングが終わり、美和子と瞳子さんが帰ったのを見て、あたし達は視聴覚室に集合した。
「悪いな、また集まってもらって」藤崎が集まったメンバーに告げる。
「実は、牧島には内緒なんだが、ショーの最後にもう1シーン用意してあるんだ。
市原、説明してくれ」

 市原さんの説明によると、ファッションショーのラストはウエディングドレスなのだが、3年生が作った2パターンのドレスのデザインがどちらともよくて、それならいっそ2着とも出してしまえということになったらしい。で、瞳子さんに一着着せたいらしい。
「今回の件では瞳子にはすごく助けてもらったからね。それにこのデザインが見た時に浮かんだのよ、瞳子がこれを着てる画(え)が」
 市原さんが見せてくれた(瞳子さんに着せたいドレスの)デザインはシンプルだけどすごく洗練された、だけど瞳子さんのように背が高くてスレンダーな人じゃないと着れないような感じだった。

 「確かに瞳子さんならこれ似あうと思うけど、相手役誰にするの?確か瞳子さんって身長が170近くあるよ」梢がそんな質問をぶつける。
「あら、いるわよ。これ以上ないほどの適任者が」そういって市原さんが指差した先には・・・・・ガラスの向こうの視聴覚準備室の主・本並先生が、いた。
「下手に他人と組ませるよりは、義理とはいえ兄妹なんだから瞳子も余計な気を使わなくていいんじゃない?」確かに本並先生は身長が180ぐらいはありそうだし、何せ男前だし(笑)。スレンダーな知的美人の瞳子さんと並べば見映えがする。
 本番で瞳子さんは怪我してモデルができなくなった子の代理でステージに立つことになっている。だけどこのドレスのことは当日まで内緒ということになった。
今日ここにいない美和子には事前に説明がしてあって、計画が瞳子さんに漏れないようにするために、かつ瞳子さんに怪しまれないように、この件のミーティングにはいっさい参加しないという。そこまで徹底して考えた藤崎と市原さんに、思わず感心せずに入られなかった。

 「あぁ?俺がモデルだと!?」
 ミーティング終了後、交渉役に任命されたあたしと絵里は隣の準備室に本並先生を訪ねた。
「そりゃ一着ならやってもかまわんが・・・・・・相手役は誰だよ?可愛い子か??」
「そりゃーもう。だって瞳子さんだもん。なんか文句あります??」
「そっか、瞳子か。そんならいいよ。」
最初嫌そうな顔をした本並先生も、瞳子さんの名前を出したらあっさりとOKした。

「お前らも面白い事やるよなあ。でもクラスの準備のほうもきっちり頼むぜ」
あたしと絵里にコーヒーを差し出しながら本並先生は言う。と、そのとき何かの拍子に机の端のほうにつんであった書類やテキストが崩れてそこらへんに散らばり、慌てて3人がかりで拾い集める。・・・と、その中に混じっていた一通の封筒を拾い上げ、絵里が素っ頓狂な声を上げる。
「これって・・・・・ラブレター??」まあな、と苦笑いする先生。そして、急に思いついたように聞いた。
「そういやお前らに聞いてみたかったんだけど。俺の世代ってお前達にとって恋愛対象になりうるの?」
「そりゃ、なりますよ。みんながみんなそうじゃないかも知れないけど。少なくとも先生ぐらいかっこよければ7歳差ぐらいどーってことないでしょ?あたしの前の彼氏も先生と同じぐらいだし」


 なぜ本並先生がいきなりそんなことを聞いたのか、その真意を知る事になるまで何年もかかったのだけど。
                   (「Teenage Walk」Д愨海)

2002年12月12日(木)


≪back title list next≫

menu

最新の日記
メール

enpitu menu

My追加

My追加
enpitu skin:[e;skn]

Copyright (C) shi-na, All rights reserved.