愚痴日記

2004年04月30日(金) 若いときはいつまでも元気でいられると思っていた

新聞記事から(読まれた方もおられるでしょうが)

在任4年目に入った小泉純一郎首相の「なくてななくせ」

1、 何事も一言を繰り返すくせ
2、 人に任せて丸投げするくせ
3、 足して2で割るくせ
4、 米国にひたすら追従するくせ
5、 何か具合の悪いことになると「分かりません」を連発するくせ
6、 すぐに開き直るくせ
7、 テレビカメラが入れば丁寧語、なければ素っ気ないくせ

なかなか誰の目にも立派に見える人間なんていないけれど
先の先の総裁選挙のときに
小泉さんが総理大臣になったら一番怖いと解説していた人がいた
そのときはあまり理解できなかったが 今はその人の言ったとおりだと思える
私も若い頃には世の中のしくみにはほとんど目を向けなかったが
だんだんと年をとってきて
社会にも子供にも期待がもてなくなってきてから
これからの日本はどうなるのだろうとしみじみ思う



2004年04月29日(木) 「いただきます」  「ごちそうさま」

世間はゴールデンウィークだが 私はしがないパートのおばちゃん
しかも連休用の売り出し商品がどっさり
おまけに母の日の商品もどっさり
売場も一杯だが バックルームも出し切れない商品で身動きがとれず
みんなカニさんみたいに横歩き
商品部はいいよなぁ
商品を送りつけるだけでいいんだもんネ
でも私も2・3・4日と休みをもらっているので
ダンナが何処かへ行こうとうるさい
私もほんとうは何処かへいきたい
でも何の連絡もないけれど
もしかして息子が帰ってくるかもしれないと思ったら
生返事しか返せない
それに気づいたダンナが
オレと息子とどっちを取るんや・・と言う
もちろん息子! と答えたいところだがそこまでは言えない
そのダンナにパート先まで送ってもらい
終わりの時間を言って迎えにきてもらう
そして今日から連休のダンナに晩御飯としてカレーを作ってもらい
洗濯物も取り入れてもらう
数年前には考えられなかったような現実がある



2004年04月28日(水) 年金のこと 

例えば 
例えばの話です

ダンナが国民年金だとしたら
妻も保険料を払わなくてはならない1号年金者になる
二人の子どものうち一人は21歳の学生で
もう一人が24歳のフリーターだとしたら
家族全員が国民年金の強制加入者になる
するとひとり1万3300円×4で 5万3200円支払わないといけない
正直 キツイ!
しかも毎月だ
学生の分だけは申請して猶予期間がもらえるがそれでもキツイ
さりとて
ダンナの年金も大事
もちろん自分の年金も大事
子供たちだって私の性格からして切り離せない
(子供の分の掛け金を親が払うのは過保護と言われれば返す言葉もないが
実際、フリーターなら払えない場合も多いと思う)
それでも払わなければならないからと必死になってやり繰りして
子供には嫌味を言い
ダンナには不機嫌になっていく自分が分かる

こんな事情の国民はかなりいると思う

先の3人どころか 国民年金に入っていない閣僚がぞろぞろ
(まぁ あらかた予想されたことだが・・)
ここまできたら ほんとうに情けない
国民をバカにするのもいい加減にしてほしい
こうなったら今はやりの自己責任において
未納だったひとに全員、(議員年金を剥奪のうえ)2倍、3倍のペナルティを課してほしい




2004年04月25日(日) 年金のこと

  年金を未払いだったとかで3人の大臣がヤリ玉に上げられている
忘れていましたとか
うっかりミスとか弁解しているようだが 私はそんな言い訳は信じられない
はっきり言って
国民年金なんかに期待していないからでしょ
議員年金という国民とは違うおいしい年金があるから
確信犯として納めていなかったわけでしょ
ただ うっかりしていましたとか単純なミスとかにしといて
今回は仕方が無い・・頭を下げておこうか ってとこでしょうが
中川大臣なんかも イラクで人質になった方たちのことを
自己責任とかかなり強い口調で言っていたけれど
今回のことの自己責任はどう考えているのだろうか・・
その点を強く聞きたいわ

それにしても税金の無駄使いや年金の運用に失敗したことの自己責任はないのだろうか


私なんか結婚するから会社を辞めて
国民年金だったダンナの分とあわせてしっかり払ってきたよ
30年前になるけれど
12月26日に会社を辞めて市役所に手続きに行ったら
その月は日割りとかいわれて600円払わされた
若いころは正直、年金の払いはしんどかった
子供たちも20歳になったとたんに案内がきて
学生の身分だったからしっかり家計の中から払ってきた
娘はどうせ私らはもらえないだろうから払わなくていいよ
なんて言っていたが 私にしたら国のすることだから
もしもらえないようなことがあれば国の無くなるときだろうから
そこまでにはならないだろうと娘の分もせっせと払ってきた
だから忘れるなんてことは考えられない





2004年04月24日(土) いつまで・・

子供たちが小さかったときは育児は永遠のもののような気がしていた
自分の子供だと24時間、年中無休で
昼寝も小刻みだし夜泣きはするしで親の私のほうが泣きたい思いだった
おっぱいをあげてもオムツを変えても泣き止まず
車の運転をするダンナを起こしては・・と思って夜に散歩に出ることもあった
ダンナは末っ子だから義姉や義兄の大きい姪や甥を見ては
うちの子はいつになったら大きくなるのだろうとそればかり思った
そんな時
義姉たちは 私の息子や娘を見ては
子供なんてすぐに大きくなるよ
それに今がいちばんいい時だよ
お母さんと言って寄ってきてくれるうちが花だよ
と繰り返し話した
そのときの私はただ慰められているのだとしか思えず信じられない思いだった

・・でも 義姉たちの言ったとおりだ
過ぎた年月はあっという間で
今なら子育てを楽しめるかもしれない・・なんて自分勝手なことを思う
私なりに一生懸命子育てをしてきたことは事実だし
子供たちを誰よりも何よりも大切に思い愛しているのも間違いのないことだけれど
今にして思えば多少の空回りがあるのも否定できない
子供たちが完全に親離れしたのに
私だけが出口を見つけられずにあがいている
でもパート仲間もみんな子離れの辛さ、寂しさを言う
私だけではないようだ・・



2004年04月23日(金) テレビ

  13年ほどになる我が家のテレビの調子がよくない
画面が暗くなってとても見にくい
月明かりと行灯だけが頼りの江戸時代のようだ
場面によったら何かが蠢いているようにしか見えない
ブラウン管を替えないといけないらしいが
33インチのブラウン管を持ってこれるかなぁ・・と業者は言う
そう言われたら
テレビが大好きなダンナは新しいテレビを買う気が満々!
それも今、はやりの液晶テレビが欲しいらしい
小さいテレビだと見ている気がしないと言って最低でも26インチ以上と譲らない
でもまだまだ液晶テレビは高価
ダンナが欲しいサイズだと40〜50万はする
ちと、うちの家計では苦しい!!
私は20インチくらいで充分だと思っているし
何とか出費を抑えたいのでダンナを説得しないと・・

テレビみたいに嫁はんも買い換えられたらなぁ・・とダンナは言う
できるもんなら買い換えてみろ!!



2004年04月22日(木) 南紀白浜温泉

きのう、今日とダンナの仕事が手すきになったので思い立って温泉に出かけた
さりとて あまり遠くに出かけないほうがいいと言うので和歌山の白浜温泉にした
いつも 我が家には旅行会社のパンフレットが置いてあるので
そこから目ぼしいホテルを抜き出してネットで予約した
ダンナも私も白浜温泉は3度目だが今回は以前のように子供達もいないので温泉三味
体中に温泉のニオイをしみこませて帰ってきた
そして久しぶりに見た海は何となく郷愁を感じさせる
だけど デジカメを持っていくのを忘れてしまったので
キラキラした海を撮影できず残念なことだ
ふだんは海を見ることもないので何気に心の栄養を補給した感じ
旅行でしか目にすることのない海だけれど
私としては冬の荒れた海が何故か好きだ
冬の荒れた海の怖さを知らないお気楽な感傷でしかないのだが・・
お天気もよかったので穏やかな景色だったが
それでも心の中ははっきりとした満たされない思いがある
傍目には子供二人が自立して
夫婦ふたりで温泉旅行できてよろしいネ ってことだろうが
何かしら忘れ物をしている気分は私だけの思いだろうか・・

そういう訳でもないが宿泊したホテルに本当に忘れ物をしてきた
オーシャンビューのホテルの部屋は朝日に照らされて暑かったので
ダンナも私もジャケットを忘れてきた
半そでのポロシャツのダンナも
半そでのセーターの私も全く気がつかないで家に帰ってきてしまった
二人して温泉につかりすぎてふやけてしまったようだ



2004年04月20日(火) 自転車こぎ

以前 ダイエット目的で買った自転車が2階で埃をかぶっている
私も娘も3日坊主ですぐに飽きて、あきらめていたが
足の筋力をつけるために頑張ってみようと思いたった
買った当初(5年前くらいかなぁ)は1分漕いだだけではぁはぁ・・言っていた が
今では何とかヘロヘロになりながらも30分くらいは漕げるようになった
体重をかけないで 大腿四頭筋を鍛えたらいいらしくて
たしかに 息は絶え絶えだけれど足はかえって気持ちがいい
大腿筋が強ければ膝のお皿をひっぱってくれるらしくて 痛みが楽になる
ってことは頑張るしかないか・・
家の中だから本でも読みながら漕いだらいいのだろうが
最近 面白い本に出会えていない
寝食を忘れて(今 この言葉、流行ってます・・)も読みたい本がない





2004年04月17日(土) 芽吹き

かなり長持ちしていた沈丁花と雪柳が散って
思いがけずチューリップとフリージアが咲いて気持ちを和ませてくれた
以前に植えた球根が残ってくれていたんだ
スーパーの見切り品コーナーで
しょぼくれていたユリ根を買ってほったらかしにしていたら芽がでてきたので
いそいでかすかに芽を出し始めたすずらんの横に植えた
私は見切り品コーナーのユリ根はほとんど買ってしまう
食用のユリ根はオニユリというのだろうかオレンジ色のきれいな花が咲く
ぐうたらを代表する私だから植えたらほったらかしにしていることも多いので
消えてしまう花たちもあるが忘れずに咲いてくれる花はいとしい
植えたはずもないのに芽を出す花もあって面白い
ダンナの車を止めているところに つくしを発見
でももうかなり とうがたっているので
来年はもっと早くから気をつけていて子供のときに母がしてくれたように料理してみよう

私もリハビリが週1回になってまさに春まっさかり




2004年04月16日(金) あとから思うのは誰でも出来る

人質になっていた3人の人が無事解放されてとりあえずよかった
まだ2人おられるが・・心配なことだ
政府は迷惑な話だと言っていたけれど

子をもつ母としては3人の方の安否はもちろんのことだが
「助けてください、お願いします」
と頭を下げる親の姿が焼きついている
私なら泣き叫ぶのか・・
高遠さんの妹弟さんたちよりももっとキツイ言葉をなげるのか・・

それ以前に
人生は一度きりだから 自分の思ったことをやりなさい
と言うわりには 行かないで! と芽を摘んでしまうのか・・

ふと思いだしたことだが
息子だか娘だかもう忘れてしまったが
どんな話だったのかも忘れてしまったが
「おかんは いつでもあかん! しか言わへんなぁ・・」 と言われたことがあった
そういえば確かにそういうこともあったかなぁと・・今は思う
今から子育てをやり直すことはできないが
親離れをした子供たちを静かに見守るしかないのかなぁ・・と思っている
私にとっては試練の日々・・だ



2004年04月14日(水) 私は冷静な親にはなれない

イラクで人質になっておられる高遠さんの妹弟の発言が問題になっている
うちのダンナも言うようにヒステリックになりすぎだというものだが
あの場面で自己責任という人たちも多いのかなぁと思う
それについて高遠さんのお母さんが
側にいて若いふたりの感情的な意見をいさめることができなかったが
どうか心情をくんでやってお許しください、と言って謝罪しておられた
その場面をテレビで見て私はあ〜ぁ・・と感じた
親の気持ち・・そのものだと思った
確かに 今井さんのご両親と郡山さんのお母さんは言葉を選んでおられる
それを見ていて私は年齢によるものなのか・・と思っている
30歳前後くらいの元気盛りゆえの発言ではないのだろうか
だが 3日間という期限をきられた中で
自分の家族があのような状況に追い込まれた場合
いったいどれくらいの人が自分は感情的にならないでいられる自信はあるのだろうか
親の立場と妹弟の立場とでは微妙な違いもあるだろうし
まして 高遠さんのところに抗議のメールや嫌がらせをする人たちには
この妹弟を責める資格はないと私は思う
そういう人たちは自衛隊がイラクにいったことを賛成しているのだろうか

それにつけてもアメリカのいいなりで自衛隊を派遣する莫大なお金があれば
どんなにか大規模のNGOが結成できただろうに・・




2004年04月11日(日) 違い

意見の食い違いはたまにある

テレビで人質になっておられる家族が涙声で訴えておられるのに
ダンナはヒステリックになりすぎや・・と言う
私があたり前やろ、って言うと
それなら何故、行かせたんや、と言う
私が もしうちの娘だったら親の言う事を聞かないと思うよ
それに ふつうならイラクの事情を知って何とかならんのかとは思っても行動には移さない
まして高校を卒業したばかりくらいなら
遊びたいとか、すぐに働きたくないから大学にでも行くか、という年代なのに
強い意志をもって親を説得したんだと思う
だから 認識が甘かったというのは思わないではないが
3人の人たちのピュアな気持ちは理解してあげたい、と言った
それでもダンナは行くべきではなかった、と言う
ダンナは3人の行動は世間を騒がしているだけや、とも言う
私はそれは言いすぎや、と思うけれど 口にするのはやめた
あまりにも意見が違いすぎる

家族の方にしたら時間のたつのが遅いと感じておられるだろうな・・



2004年04月09日(金) 無事を心より祈りたい

私は断じて 共産党員ではない が
今日 共産党の志位委員長が政府に緊急申し入れをした内容を強く指示したい

別な人の意見
自衛隊を派遣するのも勇気なら
撤退するのも勇気だと!

私はただのおばちゃんだから こんなテロは予測していなかった
自衛隊のサマーワの基地とか
日本の何処か 首相官邸とか空港とか新幹線とかが狙われると思っていた
だから もし新幹線がテロに狙われたとして
新幹線を利用することのある息子が犠牲になったら 小泉さんを訴えようと思っていた
(すごい 思い込み・・私の悪い癖・・です)
まさか 一般のましてNGOに携わっている人を狙うとは考えなかった

どうか どうか 無事で・・

神に祈りたい!



2004年04月08日(木) 目標・・


家計も

体重も

思い込みも

スリムに

スリムに・・



2004年04月07日(水) 飲んだら乗るな

ダンナの仕事が終わって時間的に合えば パート先に迎えにきてくれる
たまに そこからスーパー銭湯に行く
しがないパートで疲れた足をジェットバスで癒し 外食して帰る
きのうは少し豪華に焼肉を食べて帰った
今はやりの食べ放題ではないが それでも私らが行くんだからあんまり高くはない
でも焼肉といったらビールは飲みたい・・はず
でも車を運転するダンナは決して飲まない
当たり前のことだが ちゃらんぽらんに見えるダンナだがそういう点はしっかりしている
とうぜん 私もガマンして二人で水を飲んでいる

偶然だが そこにパート先の社員が5人(男3人、女2人)入ってきた
男の人2人とは そこそこ話をするけれど
そこにパートがいるとは思いもしないのだろうが
焼肉は久しぶり なんて言ってはしゃいでいる
私もそんなところで顔を合わしたくもないので気がつかないようにしていた
が その社員の案内されたテーブルは結構近くだった
でも 肩くらいの高さに仕切られているのでぜんぜん見えない
・・社員がビールをジョッキでオーダーしている
5つ
ということは全員が飲むんだ
誰が運転してるのだろう
聞き覚えがある笑い声も聞こえてきて盛り上がっているようだ
その後も2つ、3つとジョッキのオーダーが続いてる
大丈夫かよ・・
およそ飲食店にとって飲み物の利益もばかにはならないのだろうとは思う
仲間で盛り上がろうという時にお酒はおいしい
でも やはり社会人としての常識を考えるのなら 飲むべきではない
そこの焼肉店へ公共交通機関で来ているはずもない

私としては見たくなかった・・



2004年04月05日(月) どうしたものか・・

ある意味 金銭感覚がないのだろうか・・

個人年金、自分の生命保険、息子と娘の生命保険
正直なところ、私は生命保険の払いのためにパートをしているといっても過言ではない
私の口座から落ちる分だけでも58,135円
ダンナの口座から落ちる分もある
以前 書き込みしたこともあるが終身保険の途中解約は損になる
息子と娘の生命保険を私が払っているというのも、いいかげんにしろ! って気になっている
でも 私が勝手に入った保険だし・・
自身の生命保険も解約して今、はやりの掛け捨てにしたほうがいいのだろうか
個人年金の保険料はあと3年の払い込みだからこれは問題ない
お金を貯めるということが苦手なダンナの目をごまかすために
うちはこれだけ生活費がかかるのよ・・と言い訳にして身分不相応な加入をしてしまった
バブル以前かその頃に入った保険は思いがけない株価の下落で配当も見込みを下回っている
ダンナの仕事は退職金がないので 下ろせない貯金のつもりもあったのだけれど・・
足の痛みのためにパートをやめたほうがいいのではないかと思うことがあるので
今となっては自分の首を自分で絞めているように感じている

こんなところでプライベートなお金の話をしている私はやっぱり金銭感覚が乏しいのだろうか・・



2004年04月04日(日) 総額表示 

テレビのニュースで総額表示になって買い物中の人の声を聞いていた

このほうが分かりやすくていいですわ
払う額は一緒なのに値上がりしたような気分です
そのうち消費税の額をあげるんでしょう・・

いろんな意見があるけれど
分かりやすくていいという人に私は ? と感じた
その人が私のような主婦に見えたから
だって
確かにだいこん1本207円
とうふ1パック105円 と分かりやすいかもしれないが
それしか買わないの?
そりゃ ブラウス1枚6090円とか
靴1足10290円とか 単品で買うものならそれも分かるが
およそスーパーで食材を買う場合 何品も買うはず
そしたら分かりやすい総額表示は何の意味もないと私は思う
消費税の額をあいまいにするだけではないのか
今はたいていの店が値上げ感を感じさせないために
きっちり価格とかにしているけれど
そのうちに消費者も慣れてきたらいったい今は何%かわからなくなってくるのではないのか
しょせんは多少、消費税が上がっても何の抵抗も感じない人たちの考えていること

その総額表示の作業で多くのパートが疲れてしまった
パートに8時間以上の勤務をさせてはいけないという
労働基準法があるのに10時間も働いたパートが私の知っているだけで3人いる
チクッたり! というパートもいるけれど
10時間働いたパートは決して声には出さない
私服でシール貼りをしていたパートもいた
みんな責任感からくるサービス残業だ
そんなにまでしても 漏れがあった
ワゴンの中のダンボールとかバックルームの商品はほとんど手付かず・・
もし 税込みである総額表示のシールが漏れていたら
本体価格で販売しないといけない
お客様に問われた場合 申し訳できない
まだまだ大変な作業が残っている



2004年04月02日(金) 出版差し止め

  例の週刊誌の出版差し止めで思うのだけれど
差し止め騒ぎでかえって目立ってしまったと思う
私のようにお金を出してまで週刊誌を買わない人間にも
どんな内容なのかとかえって読みたくなる
まぁ 読むほどのことはなかったようだが・・
読み過ごすような内容なのにかえって衆目にさらすようなことになってしまった
新聞にでている週刊誌の広告で読みたい記事(例えば年金や保険に関する内容)があったとき
申し訳ないと思いつつ本屋さんで立ち読みする
テレビにでている人の
密会だとか熱愛だとか私生活なんかどうでもいい
私のうがった想像だと
男性週刊誌を買う人の多くが
記事を読んでいるというよりもグラビアのほうを見たい・・
と思うのは間違っているだろうか

プライバシーの侵害といつも一緒に議論される
表現の自由とは今、週刊誌側のいう自由とは違うと私は思う
タレントの私生活をあばいたら
読者が読みたがると思っているのなら大間違いだ
こんどの騒ぎの原点はつまらない記事を書いた週刊誌側にある
と、私は思っているがテレビで議論するコメンテーターの誰もそのことは言わない
ほんとうの表現の自由を守り抜く勇気をもった記者がどれだけいるのか
私はそのことのほうが知りたい







2004年04月01日(木) 心の内

 娘を嫁がせたパートさんが
毎日 娘の帰ってこない寂しさを目を潤ませて話す
ふうちゃんも今にわかるよ
どんなに娘の存在に慰められていたか・・
置いていった娘のものを見ては泣き
お茶碗も並べてはため息をつき・・
婿さんのことを どろぼう! って気になるよ
私 もうとっくに感じているよ
うちは もう長いこと娘が帰ってこないんだよ
どんなに寂しいか声を上げて泣きたいよ・・
親ばかとか子離れできないとか・・どんなに言われてもいい
寂しい気持ちを抑えられない
そのパートさんのようにあからさまには話せない
何もないようなふりをして毎日をやり過ごす
毎日 ご飯も食べるし 明日はパート仲間と花見に行く予定もある
人様の日記で娘とか親とか実家といったタイトルに過剰反応している
この日記にも何度も書くまいと思う
それよりも さりげないポエムとか文でも書いて
こんなサイト作りましたので見てください・・って
そのほうが大人らしい・・と思う
何回か挑戦はしてみた
でも・・行き詰まってしまう
言葉が・・生まれてこない・・

今日から4月
月日だけは誰にも平等だとは言うけれど・・
どうやり過ごすかは自分の責任




 < 過去  INDEX  未来 >


孫二人 [MAIL]

My追加