enpitu



バカ日記★ダリの女

今日もダーリンは出張。
私は家でエロ画像収集をしたりオタクくさい漫画を見たり、やりたい放題です。
もっとも、ダーリンが家にいるいないに関わらず、そういった事は毎日しているのですが。
私のPCの周りはポストカードやポスター、おもちゃでいっぱいです。
中でも最近増えてきているのが、エロポスター。
ネットでフラフラしていて
「これは素敵!」
と思った画像をプリントアウトしては壁にぺたりと貼ったりします。
エロとはいえ、AVヴィデオの画像のようなエロではなく、ちゃんとデザインされた可愛いエロ画像をプリントアウトするのですが、ダーリンはそれを見るたび、
「またこんなもん貼って!」
と怯えます。
ええ。
私の心は常に、エロを覚えたての中学生男子ですから。
ただ、最近、ダーリンの反応に異変が。
最初は怯えたり、呆れたりしていたダーリンが、最近では笑って頭をなでてくれるようになったのです。
「グッジョブ!」
とでも言うかのように。
ダーリンは結構そういうところがあって、基本的に古風な彼は、例えば私の服装やらエロに対する執着心やら言葉遣いやら、そういうものにも、最初は怯えたり、未知の物でも見るような目で驚いたり、変に真摯に受け止めようとしたりするのですが、だんだんそれに慣れてくると、逆に私が突飛な事をすればするほど喜ぶようになってくるのです。
言葉遣いなんかにいたっては、パクリのオンパレードになってくるわけです。
仲の良い恋人や夫婦は長く付き合えば付き合うほど、双子のように似てくるとよく言いますが、まさにそのとおり。
私達はあの双子姉妹タレント、マナカナちゃんも真っ青なくらい、同時に同じ言葉を発したりしては双子だ双子だとはしゃぐのです。
でも、あの真面目くさいダーリンが、エロポスターまで笑うようになるとは。
これは驚きです。
むしろつまらなくもあります。
私は半ば中学生男子が好きな子に意地悪をするような気持ちで貼ったりしていたのに。
で、私はあるお話を思いだしたのです。
楳図かずおのまんがで、「ダリの男」というお話があって、簡単に説明すると、ある、自分の事をとても醜いと思っている男が綺麗な女性に恋をし、あの手この手で何とか一緒に暮すことになるのです。
男は自分の醜さを、女性に醜いと思わせなくするため、奇妙な屋敷を建て、彼女の美意識を狂わせようとするのです。
奇妙に歪んだ廊下、不気味なオブジェ、あの手この手で工夫を凝らされた不気味な屋敷。
そこに彼女が来た時には、あまりの醜さに、彼女はめまいを起こすほどなのですが、次第に彼女はそれに慣れて行き、美意識が狂い、「醜いもの=美」という状態になり、最終的には肉体までその歪んだ美意識に犯され、歪んでゆく、というお話なのですが(簡単な説明じゃないな・・・)、私はこの男のように、それに慣れさせようとエロポスターを貼ったりしているわけではないのですが、ダーリンはまさにこの女性のような状態に洗脳されつつあるのでしょうか。
「ダリの男」では、最終的に、女は、男も引くほどの変貌っぷりを遂げるのですが、ダーリンもいつか、私が引くくらいのエロになるのでしょうか。
いやしかし。
散々私が四十八手を攻略しようだの青姦やってみたいだの言っても、ダーリンはまだそれに呆れる理性があるのです。
洗脳されてほしいような、されてほしくないような。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

脳にインプットされる前に、ダーリンは私がそれをしたいのだと、嫌がおうにも気づくと思いますが。
2003年05月30日(金)

エロ日記☆変な陰毛の弊害

今日は、ダーリンが朝から2時間ほど遅刻しました。
前日、
「今日、絶対決めないとダメな取引が決まってさ。
上司に、
『あの取引、もう売り上げ計算に入ってるから、絶対決めろ』
って言われてて。
ここ半月くらい、そのことで頭がいっぱいで、ずっと胃痛に悩まされてたけど、決まった途端、スカーッと痛みがなくなってさ。やっぱかなり負担やったんやなぁ。
とにかく決まってよかったわ。」
と、言っていて、私はそれを聞いて
「よかったね!」
とか言いながら、妙な不安にとりつかれてたのです。
ダーリンは、気を張って仕事している時は胃が痛かろうが風邪ひいてようがバリバリ仕事をこなすのですが、休日になったり、今回のように取引が成立したりすると、途端にネジが緩み、寝込んだり、なにかしら失敗をやらかしたりする人なのです。
「体調崩したり、事故起こしたりしなければいいけど・・・」
と心配していたら早速大遅刻。
鳴っていた目覚ましを止めてしまったようです。
しかもこんな日に限って私も早寝(と言っても寝たの5時頃ですが)して、ダーリンを起こせなかったのです。
まぁ、体調不良や事故じゃないだけまだマシですが。
朝一で行くはずだった取引先に、面会を昼にしてもらうよう電話をし、朝からスケジュールがガタ崩れだったにもかかわらず、電話を終えたダーリンはもそもそと私が眠る布団に戻ってきて、私の体をいじりだしたのです。
眠かった私は、
「もー。遅刻なんでしょ?早く行かなくていいの?」
と言ったのですが、ダーリンは聞く耳持たず。
どうしてもやりたかった様子で。
前日、私がしようと言った時には断ったのに。
タイミング合わないなぁ。
ダーリンは気合十分でした。
ちんこの勃起率とか、膣に入った時のゴリゴリ感でわかる。
気合が入ってる時はゴリゴリするんだ。
カリがひっかってるのかして。
一応生理中なので、中出しされたんだけども、今日一日まったくと言っていいほど出血してない。
今回鮮血が一回も出てない。
これは・・・生理じゃないのか?また不正出血?
んー、先月の日記読んでると、計算あってるんだけどなぁ。
またいろいろ調べてたら、やっぱり
「病院に行きましょう」
なんだよな。
で、ハタと考えた。


病院行くにしろ、私、今、変な陰毛してるじゃないかッ!


こここ、これは恥ずかしい!
どどど、どうしようか。
もし妊娠から来る不正出血だったとしたら、様子見期間を入れたとしても、確実に二週間後くらいには検査に行かないといけないわけで。
わぁ。
二週間でなんて、絶対元通りに生えないよぅ!
とか考えてる場合でもないんだけどもさ。
うーん、これは参ったぞ。
何故よりにもよって変な陰毛の時に・・・。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

いやいや、それでは事を悪化させるだけのような気がするぞ。
落ち着け。
落ち着け私。
その前に妊娠か病気かって事を心配すべきだろ。
いや!
妊娠してたら産むし、病気は治せばいいけど、
変な陰毛の患者って事はお医者さんの脳内に残されるッ!
揺れる乙女心・・・。
(『もっと真剣に考えられないのか!』という突っ込みはいりません。人生何とかなるのです。←楽観的)



隊長メモ
・やることが沢山ありそうで、でも重要な事は特になさそう。
・書込みをしても、書き込んだことを忘れがちな私。
だから滅多に書き込みしない。ボケがきてる。
・リンクページをなんとかしたいと、ずっと思ってるのに、どうすればいいかさっぱりわからない。見辛くてすいません。なんか考えます。
・また、「phoo!」(だっけ?)で「フェチの世界特集」をやっていた。
鼻フェチ、足フェチのヴィデオや全タイ(全身タイツ)フェチのオフ会の模様が取材されていた。おもしろーい。
で、「全身タイツフェチ」で検索かけたら、結構ごっそり出てきた。
全身タイツに興味をお持ちの方はこちら。
2003年05月29日(木)

エロ日記☆ローションの活用法。

脱糞だ!(志村ケンのモノマネで)
どうもこんばんわ。
えー。
誰ですか。
「ザーメン ご飯」
という検索でこの日記にたどり着いたのは。
エンピツの解析見ててびっくりしましたよ。
この日記、散々「おちんこ」だの「育成ゲーム エロ」だの「ねぶる」だの「ファッキングマシーン」だの、エロ用語検索ばっかり引っかかってくるので、もうちょっとやそっとじゃ驚かなかったのですけどもね。
まさか、ザーメンとご飯のコラボレーションとはね。
しかも、その検索結果に出てたページ見てたら、実際コラボレートされてるのがあって、ちゃんと料理名ついてるの。
ザーメンは食材じゃないはずだよねッ!?
・・・詳しく書くと、しばらくその食べ物が食べられなくなるような可憐なお客様もいらっしゃるかと思いますので、書きませんが。
私も食欲なくしたってば。
ていうか、それでたどり着いた方、うちにはザーメンのレシピなんて載ってないっすよ!


今日もノーセックスデイでした。ちぇ。
でも、朝一でダーリンを抜いてやりました。
ええ。もう半分強制的に。
抜き終わった頃には、丁度ダーリンが
「起こして。」
といっていた時間でした。
うーん、スケジュールばっちりですな☆
とか満足していると、ダーリンに怒られました。
起こしかたが激しすぎる、と。
ははー。
ダーリンを送りだした後、風呂に入ったのですが、最近我が家の風呂にはローションが常備されているのですね。
残念ながら、最近なかなか使えてませんが。
で、私はひらめいたのです。
「これ、シェービングローションの変わりに使えるのでは!?」
と。
ええ。
使える物はなんでも使う。
主婦的発想ですかね。あれ、違います?
私、半分真剣に
「これ使えばシェービングローション買わなくってもいいじゃないか!節約だ!アタイ、いい奥さんになれるかなッ!?」
とか思ってウキウキしてたんですが。
早速、ローションを少量のお湯で伸ばし、よく混ぜ、脚につけて剃ってみました。
おお。
これだーッ!
泡だって皮膚が見えなくなる事がなく、なおかつローションのドロドロがお肌を保護!
うーん。
これは使える。
なんで私がわざわざこんなローションをシェービングローションにしようと思ったかと言うと、ほら、私最近「部分パイパン」にしてるじゃないすか。
で、やっぱ粘膜だから、下手なシェービングローションだと荒れたりしそうで怖かったのです。
石鹸とかだと、たまにしみたりするし。
セックス用のローションだったら、元々そこに塗る事を前提に作ってるし、ローションの有名会社、ぺぺのサイトなんか見てると、このぺぺローションは「粘膜保護剤」の特許を持っておられるらしい。
ほほー。
私の奴はぺぺじゃないけど、まぁ、似たようなもんだろ。
ってことでね。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

いやもう、風呂あがる頃には足がガクガクでね(笑)


隊長メモ
・以前↓ののびのびちんこアイコンをくれたゆっきーにキリ番記念に素敵なアイコンをいただきました!
←これ。デカパイぶるぶるッ!!
デカパイになれるよう、日記に貼って毎日拝ませていただきます!
ありがとー!
2003年05月28日(水)

バカ日記★地震!?・・・じゃないのね。(画像更新)

生理がきたというのに、いつもよりやたら出血量が少ない。
日記を書きたいのに、いつものごとくまったくネタがない。
セックスしたいのに、彼がお疲れでやる気を出してくれない。
ナイナイシックスティーンな隊長です。
ちなみにシックスティーンではありません。
心は永遠にシックスティーンです。
シブガキって!


というわけで今日は手短に。


昨日、地震で怖い目にあって、地震に対して過敏になっているのですが、これ書いてる今さっき(28日のAM4:05頃かな)も小刻みな振動が一瞬あったのですね。
グラグラッって。
で、全身の毛穴が開いて
「もしや、余震!?これから大きいのくる!?」
とか思って、慌ててTVをつけて地震情報を見ようとしたのですが、どこの局でも地震速報が流れてない。
おかしいなぁと思っていたら、外から
「いってー!!」
という声が。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

まぎらわしいッ!
脇に汗かいちゃったじゃんかよぅ!
不整脈になったじゃんかよぅ!
うーん、しばらくは、朝、フラッとするたびに
「地震?」
椅子から立ち上がってグラッとするたびに
「地震!?」
って生活になりそうだな。
てかその前に貧血を治さねば。
ていうかネタをどうもありがとう(笑)


隊長メモ
・画像更新しました。↓
フルボディコンドーム。
避妊対策ばっちり!とか思ってたら穴開いてやんの。
まぁ・・・開いてなかったらこの世に生を残す前に死んじまうもんね。

・昨日、今日とでマイノリティリポートとクイーン・オブ・ヴァンパイアを見た。
マイノリティリポートは、最初の方はだらだらした感じだったけど、最後でそれらが一つに繋がって面白かった。
最近のスピルバーグ作品の中では一番面白く見れた。
クイーン・・・はビデオ屋で
「インタビューウィズヴァンパイアに続く、美しいヴァンパイア映画」
みたいな事書いてたのに、断然トムクルーズのヴァンパイアの方が好みだった。内容もインタビュー・・・の方が好きだ。
でも、クイーンはうっとりするくらい綺麗だった。
無茶苦茶細くて、でも野性味溢れてて、無茶苦茶綺麗。
黒人女性って、野性的ですごく綺麗。
もっとクイーンが見たかったのに、あんまり登場しなくて残念。

2003年05月27日(火)

エロバカ日記☆地震/ミラープレイ

今日、地震があったのです。
私の住んでるとこらへんは震度3との事。
その時私は親友Mとメッセしてて、おしっこ行きたくなって、
「一瞬で帰ってくるから告げないで行こう」
と黙って行ったのです。
そしたらね、おしっこじゃなく、長期戦になりそうな予感がして、そのまま気持ちよくトイレタイムを満喫していたのです。
そしたら地震が。
もうね。
私、阪神大震災の時、実家・大阪でいて、震度4を経験し、しかも実家はマンションの最上階で揺れも激しかったので、無茶苦茶怖かったのですけどね、今回揺れはそんなにたいした事ないにもかかわらず、阪神の時と同じくらい怖かったですよ。


うんこしながら死にたくない!


と激しく思ってビビリましたです。
汚い話ですいません。
でもあの時はほんとに、一瞬のうちにトイレでフン死してる自分の姿がぐるぐる回りましたよ。
パニクってたので、親友Mに、
「今うんこしてたら地震が!!」
ってうんこしてた事ばらしちゃいましたよ。テヘッ☆
ダーリンにも報告しちゃいましたよ。
「さっきおトイレで踏ん張ってたら地震が!!」
って。さすがにダーリンには「うんこ」と言えなかったです。
私ったら意外と乙女☆テヘッ☆
はーいそこ、A男くん、B子ちゃん、
「ネット上でうんこちんこまんこ書いてる奴が(略)」
とか突っ込まない。
先生そんなヤサグレた人嫌いですよッ!
あ、
「リカ隊長はうんこどころか肛門もないと思ってたのに!」
とか思ってた人、夢を壊してごめんなさい☆
ていうかアナルセックスとか書いてんだから察しなさいね☆
というかそもそもそんな人いない☆


::::::::::::::::::::::::::::::

今日は、ダーリンを鏡の前に立たせてフェラチオしてみました。
相手に立って貰ってフェラチオすると萌えるってのと、見ててもらうと萌えるってので。
いつも、流れからしてダーリンが横になったままでフェラするので、ずっとしたかったのです。
むしろその為に使いもしないでかい全身鏡を買ったと言っても過言ではないッ!
しかし、最初は蒲団の方に向けられていたその鏡も、特にエロ目的で使用されることのないまま、やっぱ夜中に鏡がこっち向いてたら気味が悪いということで(うちの寝室、でるしね。)横向けたのです。
だから、わざわざそこに移動してまでミラープレイ。
でも、途中でダーリンが
「足がガクガクしてだめだ。立ってるのが辛い」
といって、結局布団に移動。ちぇ。
その後、続けて愛撫し続けたのですが、何故かちょっと目を離した隙にダーリンは不勃起状態に!
あ り え な い 。
今までこんな事なかったのに!
と、内心焦りつつちんこを擦ったらみこすりで復活。
不死鳥。
この人不死鳥だわッ!
と感動したのでした。
しかし何故一瞬とは言え、萎えてしまったのか。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

そ れ は あ り 得 る ・ ・ ・ 。
2003年05月26日(月)

エロ日記☆宿題提出

今朝は、ダーリンにしてやられました。
私がダーリンに背を向けて寝ていると、後ろから執拗に乳首をいじってくるので、軽く反応しながらも睡魔に勝てず、うとうとしていたのです。
で、今度はパンツの中に手を入れられていじくってくるので、その動きを封じようとダーリンの方に寝返りを打ってダーリンに密着した所。
ん?
んん??
え。


ダーリン、フルチンじゃないすかッ。


いつか書いたと思うけど、ダーリンは絶対にフルチンで寝ない人なので、私はびっくりして、眠気でうつろだった目もカッと見開き、
「なななんでちんこ丸出しなの!?」
とダーリンに聞くと、
「だって・・・リカが相手してくれないから・・・」
と。
相手してくれないから、なんですか?


もしやオナニーしてたのですかッ!?


ええ、もう。
そりゃびっくりですよ。
びつくりましたですよ(古)
ダーリンは、オナニーしない派の方なのですから!
で、そこでやっと昨日自分が言った言葉を思いだしたのです。
「いつもと違う事しようよ。いつもと違うセックス。明日までの宿題ね。」
ははぁ。なるほど。
これが「宿題提出」って事なのですね。
ていうか朝一で提出されると思わなかったのでかなりの衝撃でした。
しかし、エロに貪欲なワタクシめは、すぐに脳みそのスイッチを切り替えて、布団を剥ぎ取り、ダーリンに再びちんこを握らせてダーリンのお腹を枕にしてちんこを激見し、
「やって見せて。」
とお願いしたのです。
ほほぅ。
そうですかそうですか。
そうやるのですか。
そこだけでいいのですか。
と、いろいろ学ばせていただきました。
ダーリンがイクまで見てたかったのですが、さすがにダーリンも恥ずかしさに耐えられなかったらしく、今度は私に対する自由研究の宿題を提出してくれました。
といってもこちらは今までの手法を少々変えた程度で。
ええ。
私に自分でクリをいじるように言いながら突いたりね。
これは今までもあったのですが、ずっとさせられたのは初めてでございました。
あとアナルバイブとかね。
前はローションつけて挿れたのですが、今回は無しで。
気持ち悪かったね。
抜いてって懇願しましたね。


んー、なんていうか、意外性とか、アグレッシブな感じとかは楽しかったのですが、もっとこう目に見える変化が欲しいですね。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

でも、セックスの変化に消極的なダーリンが、変化をつけてくれたのはすごく嬉しかったです。えへ。


隊長メモ
これが激しく欲しい。
・布団を干した時、アリの巣コロリを庭(というか芝生の物干し場)に設置して、ダーリンと30分以上観察した。


大繁盛でした。
繁盛するように設置場所を考える私達は、まるで新しいコンビニをどこに建てるか考える社員のような気持ちでしたよ。
オープンしたて(設置したて)のときに何度も覗きに行ったり。
右にある筒状の土くれ(見えるかな?)が蟻の巣になっていて、そのすぐ傍に設置したので、面白いくらい餌を運んでくれました。
餌を巣に運ぶ前につまみ食いして、この中で死んでる奴とかもいて、
「ああ、蟻社会にもサボり魔っているのだな」
としみじみ思ったり。
私の趣味の中に、
「蟻の巣コロリ観察」
が堂々と加わりました。
・・・暗いカップルだなってダーリンと言いあいました。
はは・・・。
2003年05月25日(日)

エロ日記☆宿題

今日は、ダーリンが帰ってきてずっとベタベタしてました。
エロい事をしてるのじゃなく、ダーリンを椅子にしたり、ダーリンの耳を食べたり、ダーリンの匂いをかいだり、ダーリンに膝枕してもらったり。
椅子にすると言っても、
「椅子におなり!」
とか言って四つんばいにさせて座るようなSMチックな事じゃないんですよ。残念ながら。(残念なのか)
日記でエロエロ書いてるけど、私達は普通のカップルなのです。
普通のカップルらしく、ダーリンの膝に座って、猿のように首にぶら下がったりしてるだけなのですよ。(ウザイ)
で、
「ねぇねぇ、なんか楽しい事しようよ。いつもと違うこと。いつもと違うセックス。」
「いつもと違う?」
「うんそう。だっていっつもリカがいろいろするばっかりでさー、なんか押し付けてるみたいで嫌だし、たまにはヨウちゃんがなんか考えてよ。明日までの宿題ね。」
という会話をしたのです。





↑エンピツ投票ボタン

My追加



隊長メモ
・ダーリンがゲイバーで撮られた女装写真を見せて貰った。
思ったよりノリノリな様子に爆笑したものの、正直ちょっと引いた。
・書込み・メールのレス遅れてすいません。それも夜中にやっておきます。
2003年05月24日(土)

バカ日記★ダーリンの初体験(どすこいパブ・ゲイバー)

今日はまたダーリンが出張でいません。ちぇ。
でも、出張先から電話をかけてきたダーリンに面白いお話を聞かせてもらいました。
今日は、ダーリンは遠方で接待の為に出張したのですが、まず、いつも通り一件目でご飯を食べ、二件目三件目といつもだったら普通のスナックやクラブやキャバクラなどに行くところを、今日は面白い所につれて行かれたのだそうです。
二件目にいった所は「デブ専パブどすこい」。
いや、マジな名前ですから。
ダーリンの話によると、そのパブではランクがあり、それぞれ


前頭1枚目:70〜80キロ級 (時給1500円)
前頭2枚目:80〜90キロ級 (時給1600円)
関脇    :90〜100キロ級 (時給1700円)
小結    :100〜110キロ級 (時給1800円)
大関    :110〜120キロ級 (時給1900円)
横綱    :120キロ以上級 (時給2000円)


となっているそうなのです。
つまり、太っていればいるほど時給がいいのです。
このお店には「横綱」が3人在籍しており、前頭達の憧れの的なのだそうです。
ダーリン曰く、
「店に入った途端、ものすごい威圧感でさ。カラオケとか流れると、踊ったりするんだけどね、これがもう汗かいたりして暑苦しいことこの上なかったよ。」
だそうですが、そういう彼はとても楽しそうでした。
デブの方でも巨乳とそうでない方がいらっしゃるようで、お腹の方が出ているような女の人が、得意先の人に、
「お前、腹の方が出てるじゃないか。・・・犬みたいだなぁ。」
と言われていたそうです。
ほら、犬ってお腹におっぱいがいっぱいあるじゃないすか。
あと、飲み屋のつき出しって、大体小鉢にちょこんと入ってるもんじゃないですか?
でもここではどんぶりなのだそうです。
料理を注文しても大盛り。
前の店でご飯食べてたので、食べきれなくて残していると、
「これ、もういらないの?食べていい??」
と、嬉々として言われたそうです。
あと、フルーツ盛りを頼んだらしいのですが、バナナの上にたっぷり生クリームがのっており、これまたあまり手付かずで残していたので
「これもおたべ。」
と勧めると、
「生クリーム追加お願いしまーす!」
と、デザート皿に山盛りの生クリームを持って来て、生クリームまみれのバナナに、さらに生クリームをつけてバナナが生クリームでこってり見えない状態で食べていたそうです。
いくらなんでも何故そんなに食べるのか不思議に思ったダーリンが、彼女達に聞いてみると、
「あのねー、お給料はね、渡される直前に体重測って、それで決まるの。規定より1キロでもさがったらお給料下がるからね。だから今が追い込みどきなのよッ!」
と、バナナを食べながら鬼気迫る顔で言われたそうです。
デブ専パブの人も大変だなぁ・・・。


そして三件目に行ったのが「ゲイバー」。
・・・濃い一夜だなぁ・・・。
ゲイバーとオカマバー、どう違うのか。
基本だけどあんまりハッキリしないので、ダーリンに聞いてみました。
ゲイバーは、喋りかたが女性なだけで、体はいじってないのだそうです。
「ゲイの人に、好かれた?」
と聞くと、
「それがね・・・『まつ毛ながーい!』から始まって、化粧してみよって話になって、得意先がいる手前、ノリの悪いこともいえなくてやってもらったんやけど、ドレスまで着せられてね(泣)ベアトップの。で、写真撮ろうってなって、『感じてる顔してー☆』とか言われたけどそれはさすがに無理で、チューしてる顔でカンベンしてもらった・・・」
と言うのです。
私はもう爆笑。
ダーリンは基本的に、そういう事をしないかっこつけマンなのにッ!
「ねぇねぇ、その写真は?もらってきた??」
と鼻息も荒く聞いてみると、
「う、うん・・・貰って来たよ・・・『リカ、大喜びしそうやなぁ』とか思いながら・・・(泣)」
と言っていたので、明日見せて貰うのがすごく楽しみです。あはー☆
いいなぁ。私もどすこいパブとゲイバー行ってみたいッ!





↑エンピツ投票ボタン

My追加

特に営業(笑)
接待は疲れるだろうけど、そうやって遊びかたを知ってる人にいろんな所に引きつれまわされるって、ちょっと羨ましい。
2003年05月23日(金)

エロ日記☆精神的SM

はー。今日も死ぬほど夢見た。
極彩色の切ない夢が多かったなぁ。


えー昨日
「陰毛・DE・チラリズム」
にしたのにダーリンに披露できなかった私ですが、今日こそお披露目の日。
今日はもう
「明日は後輩と仕事なんだ」
と言おうが
「明日は先輩と一緒に回るんだ」
と言おうが
「明日は上司と昼下がりの情事なんだ」
と言おうが(ヤダ。でもちょっと萌え)お披露目して、ゴーゴンのごとく、この陰毛を見たからには石・・・にはならないけど無茶苦茶に食ってやるという意欲満々で布団に入りました。
ダーリンが私の乳をいじりだしたので、私も負けじとちんこをいじりました。
すると、昨日むげにされたのも手伝ってか、征服したい欲がムラムラと湧いて来て、ダーリンの手首を、幅広の皮ヒモで縛り上げました。
ダーリンは
「えー」
とか言いながらもおとなしく縛られてくれました。
ダーリンのTシャツを途中まで脱がし、顔の所で止めて、目隠し状態で襲いかかりました。
久しぶりにローション使おうとダーリンのちんこにローションを垂らすと、
「つめたい!」
と抗議しましたがローションでちんこを擦るとすぐに温まりました。
しばらく擦っているとダーリンが
「イキそう」
と言うので、根元をぎゅっと掴んでしばらく放置。
掴んだまま擦ったらどうなるのかな、とか思ってやってみると、ダーリンはイキそうなのを我慢してるのに刺激され、芋虫のように身をよじらせ、のた打ち回りました。
ほほほ。いい悶えっぷり。
ダーリンにまたがって体を沈め、自分は全然気持ち良くないけれど、ダーリンは気持ちいいと言う体勢で激しく腰を使い、ダーリンの反応を楽しみました。


以前、親友Mと「S・M」の話をしていたのですが、その時、ドMの私がSになるのはダーリンに合わせて、というのもあるけれど、後で仕返しをされたいが為の「必然性」を高める為にSになるのではないか、という結論に至ったのです。
「殺し屋1」的考えで行くと。


ダーリンにいじめられたいが為にダーリンをいじめる。
そう思うから、気持ちいいと思えない体位でも、私は体液を滴らせるのでしょう。
そうしてダーリンを解放した時、ダーリンはそれにちゃんと答えてくれました。
やっぱりMとはいえ、やられっぱなしでは男の沽券に関わるとか思うのかな?
私達のセックスはいわゆる「SMプレイ」と言えたもんじゃないけれど、





↑エンピツ投票ボタン

My追加


2003年05月22日(木)

バカ日記★陰毛・DE・チラリズム(メモ更新)

また割れ目周りだけパイパンにしてみました。
風呂で、気づいたら剃ってました。
剃りだしたら楽しくて止まらなくってね。
危うく全剃り、まさしく正統派パイパンまでいくとこでした。
前に、ヴァレンタインの時ハート型にした土手部分を引き立てる為に、
「チクチクカイカイになるんだろうな・・・」
とか思いつつ割れ目周りを処理した(この日記参照)所、まったく平気だったのに味をしめてるんですこの子。
そんでね、ほんとは、今日こそ正統派全剃りパイパンにしようかなと思ったんですけど、どうせ土手剃るんだったら、その前に土手の毛で遊んでやろうと思ってね。
私の陰毛アーティストとしての血が騒ぐってなもんです。
と言っても前みたいになんかの形にした訳じゃなく。
んー、土手の毛を、ぎりぎり割れ目を隠してくれるくらいに短くしたのです。
いや、実際まっすぐ立ったら見えるくらいで。
「陰毛・DE・チラリズム」
と名づけました。
で、
「割れ目回りつるつるだし、今日はローション使っちゃおう。げへげへ」
とか思ってたら、ダーリンたら、
「明日は上司と同行で、疲れてたらやばいから今日はだめ!」
とか言うのです。
最近そんなのばっかりなのです。
忙しいのは解るけど切ないのです。
で、ちょっとこぜりあったりしたのです。
でも
「リカとの旅行とか、時間を作る為にがんばってるんじゃないか」
というダーリンに、強く言えなくて。
「陰毛・DE・チラリズム」
を見せる事なく、私は枕を涙で濡らしながら眠りについたのですが、陰毛がこんななのに泣き暮す自分がおかしくっておかしくって、シリアスに泣いてられなくて
「くだらねぇ」
とか思いながら眠ったのですが、そういう意味では
「陰毛・DE・チラリズム」
も役に立ったのだと思いました。
くそう。セックスしたい。


::::::::::::::::::::

・隊長メモ
今日、芸能人とエロいことする夢を見たんだ。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

・・・特にフェロモン感じた事の無い人だったのに、夢であんな事してからやけにドキドキするよ。
これって恋?
2003年05月21日(水)

バカ日記★乙女の会話(画像更新)

今日はまたダーリンが出張。
最近週に1,2回のペースで出張するダーリン。
寂しいわぁ。
「ちょっと落ち着いたら、リカを出張に連れていけるようになるから。」
と言っていたし、今はじっと我慢我慢。
今日も親友Mと、11時間30分位メッセしてしまいました。
今までメッセした中で、最長記録です。
ネットジャンキーだ。
というか、こんなに話すことがあるのがびっくりです。
親友Mは最近いい人ができて、二人でぼそぼそとガーリーな話をするのが楽しくて仕方がないのです。
まぁ、ガーリーなんて言っても腐女子二人の会話(親友Mに怒られそうだな)なので、
「萌え!萌え萌え!」
とか言わざるを得ない内容の会話なのですけども。
彼氏がいない間寂しいから、彼氏本人から型を取ったディルドが欲しいね、とか。
オナニー目的ではなく、いとおしむ為のディルドが欲しいな。
ガーリーでしょ?
え?どこがだって?
だだだだって、愛しい気持ちが高まってキーッてなって会いたいってなってでも仕事だから会えないってなって、そっからでたY談なのですよ?
恋する気持ちは乙女そのものだと思うんですけども。
ななな、なんだようその目は!
ちょっと話のベクトルが違うだけで、根底に横たわるものは乙女なんだってば!
いや、ほんと。まじで。
・・・途中から中学生男子みたいになってきたけれどもね。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

いやー、乙女二人が白熱すると恐ろしいやね。





画像更新しました。↓
セルフフェラ。
やっぱ体が柔らかくないとだめだね。
2003年05月20日(火)

バカ日記★ダーリンの誕生日(面目ないな。)

今日はダーリンの誕生日でした。
なのに私ったら何も用意してなかったんだ。
忘れてたわけじゃないけど。
「なんでもするよ。なんかしたい事言って。」
って言ったんだけど、ダーリンは無茶言うこともなく・・・。
面目ない。
「じゃあ、お仕事ついてきてくれる?助手席に座ってパワーを充電させて。」
と言ってくれたので、ついて行くことにしたけど、それってむしろ私の為じゃないか!
とか思いつつもウキウキでついて行きましたよ。
朝から時間がないので一緒にお風呂に入って、化粧品を持ってノーメイクのまま車に乗り込んで。
いつも、お仕事ついて行って何するわけでもないんだけども。
むしろすることなくて暇なんだけど。
運転変わってあげられたら、ダーリンも少しは楽なんだろうけど、まったく道がわからないし、ダーリンを寝かせて一人で知らない街を運転するのなんて怖いし。
うぅ、役立たず。
昼ご飯だって、ダーリン一人だったら車の中で簡単に取るだけなのに、私がいるから、ちゃんとしたご飯食べさせてくれるし。
藍屋で焼き魚定食を食べて、
「おいしい!家の近所にも藍屋ないかなぁ。おいしいよぅ。サバの塩焼き食べたかったんだよぅ!」
とか言いながら、どっちの誕生日だかわからないよなぁとか思ったよ。
家に帰ってきて寝る前に
「お誕生日おめでとうございました。何もしてあげられなかったけど、ごめんなさい。」
と言うと、
「いいねん。仕事中にパワーもらったし。それに、いつもリカの時間をもらってるから。365分割で貰ってるんやで。」
と優しいお言葉をかけて貰って、本当にどっちが誕生日なんだろうと思ったよ。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

少しは工夫してみたけどもね。(そういう問題でもないけども。)
「気持ち良くして。」
って言うからさ・・・。
指定範囲広すぎるよ。
もっと具体的に
「制服プレイがしたい」
とか言ってくれると解りやすいんだけどな。
抜くとかそういうことじゃなくて、ちゃんと気持ち良くしてあげられたか謎。
2003年05月19日(月)

エロ日記☆ぶるぶる

JINROのマイブームがやっと落ち着いたと思ったら、今度はブラジャーのCMの
「モーモーモー」
に脳を侵食されてる隊長です。どうも。
ダーリンともーもー歌ってるとプチ幸せY

今日も今日とて、溜まっていた分をぶつけ合いました。
今日は体も慣れたのか、素直に気持ち良かったです。
何度もイかされた後、ダーリンのくすぐりにすら悶えに悶え、いつの間にか落ちてたらしく、はっと気づくと枕の方に足を向けて、頭の方はすっぽりと布団をかぶっていたのに、下半身丸出しで(全裸で)寝てました。


これこそ頭隠して尻隠さず。


とか言ってる場合じゃなくってッ!
ちょっと?
ダーリン?
なんで貴方はまっすぐ寝てちゃんと布団かぶってるのに、私のお尻に布団かけてくれないの?
と、目が覚めてから詰めよると、
「だって・・・リカ、『起きるー』って言ってちっとも起きないでそのまま寝てたじゃないか・・・。」
と誤魔化されました。
ヒドイワッ!
貴方、あんなにも私のお尻を愛してたんじゃないの!?
まだ
「愛しい尻を眺めながら眠りたかったんだ。」
とか言ってくれた方が納得いくわよ!
ダーリンはそうやってプンプンしている私をほって、そのままいびきをかいて眠ってしまいました。
この恥ずかしさをフォローしてくれるはずのダーリンが眠ってしまったので、私はプンプンしながら立ち上がりました。
ところが。
足がガクガクで生まれたての小鹿のような状態になっていて、パンツ履くのもままならない。
セックスした後って、足にくるんだよね。
ずっとつま先まで力入れてるせいかな?
親友Mとも話していたのだけど、どうして男性はイった後あのようにすたすたと歩けるのかな?
筋力の差?
強がり?
それとも、力いれる場所が違うから?
ダーリンに、
「セックス中、ちんこに力入ったりしないの?」
と言うと、
「イク時くらいかなぁ。」
と言うので、





↑エンピツ投票ボタン

My追加

そうだよなぁ。ぶら下がってるから力入れなくてもいいもんなぁ・・・。(え?そういう問題じゃなくって?)


隊長メモ
・ちんこぶるぶるしないダーリンと久々に焼き肉食べにいった。
んまかった。
・今日は早起きしたので眠い。早寝します。
・明日はダーリンとお仕事に同行。
・それ以前に明日はダーリンの誕生日じゃん!
・ママンはダーリンに誕生日プレゼントって言ってダーリンの大好きな蟹味噌送ってきた。
・彼女である私は何も用意してない。
・カーセックスがプレゼントか?
・したいのは私じゃん!!
2003年05月18日(日)

エロ日記☆久々おセックス感想文。

うふふーうふふー。
ダーリンが帰って来た。
私はまたもや寝てなくって、テンパッたまま部屋の掃除とかしてたので、目を覚ます為に(&埃まみれになったので)風呂に入り、なんか瞳孔開いてるような感じがしてずっとボーっとしていたら、ダーリンが、
「早く髪乾かしといで。ほんで早くねんねしなさい。」
と言った。
「やだい!折角ヨウピンと一緒にいれる時間が来たんだもん!寝たらもったいないじゃないか!」
と抗議していたのだけど、
「・・・添い寝してあげるから。」
というダーリンの一言で満面の笑みを浮かべ髪を乾かしに行き、布団に潜りこんだ。
ダーリンの事だから、眠い私を襲ったりはしてくれないんだろうな。ちぇ、とか思ってたら。


布団入って1分でパンツ脱がされました。


おぉ!?どうした!?貴方は曲がりなりにも私の前では紳士キャラ(本当にぃ?とか言わない)だったはずじゃないのか?
ちょっとちんこ触っただけでパンツ脱ぐとは。貴方らしくもない。
いつもだったら
「ちゃんと寝ないとだめでしょ!」
とか言うじゃないか。
そうか。
ダーリンも溜まってたのね。うふ。
と、久々に生ちんこを掴むと、ちんこが燃えるように熱い。
バーニング・チンコ。
なんとなく、すごく愛しい気持ちになって、
「よしよし、今冷ましてあげるからねー。」
と、かわいがろうとしたら。
逆にアタイがかわいがられました。でへ。
熱でもあるんじゃないかって位、ダーリンのちんこも、口内も熱くて、その熱い舌で耳を舐められただけで私はメロメロになってしまったのです。
前儀もアグレッシブに。
よがる顔をまじまじと見られて、恥ずかしかったのです。
二回ほど指でイかされた後、休憩の意味合いもこめて、やっとダーリンのちんこを咥えることを許されました。
熱い。
熱くて、男の匂いがする。
いつも、精液の匂いなんてしないのに、熱のせいなのか、雄の匂いを感じて興奮しました。
もっと楽しんでいたかったのに、ダーリンはもう待ちきれないといった様に私を四つんばいにさせ、突き上げました。
久々に挿入したのにいきなりバックで奥まで突かれたので、私は飛びあがりそうになりました。
久々にセックスすると、奥の壁にちんこが当たっている感覚にものすごく敏感になって、苦しいのです。
きついよ。と、告げても、ダーリンは意地悪な顔をして奥まで突き上げます。
喘ぐというよりは唸るような感じでいると、ダーリンはバックのまま、私の片足を持ち上げ、不安定な体勢で突いてきました。
フラフラする私の体を、ちんこが支えているような感覚でおかしかったです。
程なくして、また足を下ろされ、片手をつかまれて、つながっている所に導かれ、私と繋がっているちんこを掴まされました。
ダーリンたら、子供をあやすように意地悪な事を言うのでなんだかものすごく恥ずかしかったのです。
この私が恥ずかしいと思うなんて。今日は珍しい。
ダーリンは私にそこを掴ませたまま、また突き上げました。
いつも手で擦る時は大きいな、とは思うけどもそれだけなのに、今日はちんこに広げられてる穴も感じます。
ああ。
ものすごく広がるものなんだ。
と、ちんこより、異常に広がった自分の一部にびっくりしました。
その後正常位に変わったのですが、やっぱりきつくって、ダーリンが奥まで突き上げようとするその腰を、足で止めてしまってました。
だって怖いんだもん。
「早くヨウちゃんの形に体を慣らしたいな。」
とか思っていた、付き合いはじめのころを思い出したよ。
ダーリンがイク時、顔射の体勢になったので、私はいつものようにあまり飛ばないだろうと思って口で受けようとしたのだけど、





↑エンピツ投票ボタン

My追加

ああ、そうか。
溜まってたんだな。と改めて思いました。
「土曜に帰ってきたら、文句のつけようがない位かわいがってやる」
と言っていましたが、どうやら、文句のつけようもない位かわいがられたのは、私の方だったようです。うふふ。
2003年05月17日(土)

バカ日記★関西弁・標準語

お留守番二日目。
ダーリンからの電話で夜12時ごろ目覚めた。
上司に嫌味を言われたらしく、愚痴っていた。
例えば
「何もしてないように見えるとか言われたんだけどさぁ。会社から大勢来てて、俺に割り振られた仕事はこれくらいしかない訳で、人手が余ってるんなら、俺忙しいんだからきたくなかったのによぉ。」
なんて。
ダーリンは仕事中、得意先や上司に向って話す時は、こちらの人に合わせて標準語になるのだけど、愚痴る時まで標準語になっていて、聞いててむずがゆい。
私は標準語の愚痴を聞くのが苦手なんだ。
前の彼氏は千葉の人だったのだけど、彼が、なんというか関東の若者らしく(?)「〜だべ?」だの「〜っしょ!」だの話している様はあまり好きではなかった。
いや、ちょっとヤンキー入ってたから、話しかたは独特だったのかもしれないけども。
それどころか無理やり変な関西弁を話そうとするので尻がむずむずして仕方なかった。
じゃあどうしろっていうんだって話になってくるけどもね。
ダーリンの標準語はそんなにおかしくないけども、なんか前の彼氏の事を思い出してイライラしてしまうんだ。
その時の事を思い出して、言葉がその時の気持ちにチューンされるのは仕方ないと思うけど、普通に喋ってくれよと。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

関西弁はそのイントネーションの荒さとか、いい加減さを嫌う人が多いけど、私は標準語の「突き放した感じ」「疎外感」(私が関西人だからそう思うだけだろうけど)が怖いんだ。
文章とかだと、標準語で書いた、どこかきちんとした文章が好きなんだけどな。
2003年05月16日(金)

バカ日記★ちょっとした重圧。

うぇっ。寝すぎてキモチワルイ。
体がしびれて力が入らない。
いつも、ダーリンの電話で目が覚めるんだけど、今日はダーリン出張という事もあって忙しいらしく、たまたまかかって来たママンの電話で目が覚めた。
ママンとの電話をきった後に時間を見てぞっとした。
18時。
昨日、ずっと寝てなかったから、結構早寝したのに。
誰かに起こされないと、ずっと起きなかったんじゃないのか。
そんな錯覚がした。
以前、
「寝すぎ。」
というダーリンに、
「ヨウピンがいない時間なんて、起きてたって楽しくないんだもん。」
と冗談で言っていたことがあるが、実際その通りになってきていて恐ろしい。
ダーリンは土曜日まで出張。
今日はちゃんと目覚ましをかけて寝よう。
そして部屋の掃除をしよう。
蟻になんて部屋を明け渡すものか。

::::::::::::::::::::::::::::

蟻と言えば、今日、退屈病が酷くて退屈死しそうだったので、芽衣子姫とメッセしてもらった時、
「姉さんが蟻を殺すから今日雨が降ったんだよ!」
と言われた。
蟻を殺すと雨が降るって初めて聞いたよ。
そう言えばこっちも雨模様。
蟻の呪いだ。

::::::::::::::::::::::::::::

最近、バカ日記が続いているのは、月曜からおセックスしてないせいです。
ダーリンが出張の為、土曜まで出来ません。
お猿な私達にしては珍しい。
ということを、夜、電話をかけてきたダーリンに言うと、
「だって、昨日、リカが先に寝るから〜!」
と拗ねたように言われた。
「だって、水曜はしようねって言ってたのに(月・火も出張だったので)『明日も早いから1:00までには寝ないと!』とか言いながら仕事してたじゃんか!」
とか言いながら私は、マジでやりたいんだったら寝てる私を揺さぶり起こしてでも襲って欲しいのに、と思った。
ダーリンは時々、ほんとは自分にもそんな気がなかったのに、あくまで優しく、だけど、私が○○してたから○○出来なかった(諦めた)とか、自分がやる気満々なのに、
「リカがやりたいだろうから」
と称して○○しようだとか、そういう物言いをするのでズルイと思う。
や、本当に私の事を想ってくれてるってのもあるんだろうけども、○○がうまく行かなければ私の責任という気がして、時々重圧を感じるんだ。
そんなにたいした重圧じゃないんだけどさ。なんかヤだ。





↑エンピツ投票ボタン

My追加
2003年05月15日(木)

バカ日記★蟻殺し

今日は蟻を30匹ほど潰しました。
寝起き隊長ですどうも。
今日とかいって昨日の日記を書きます。
外で見かけるとほほえましい蟻も、家の中に入ってくると害虫です。
1階住まいはどこからとも無く(ドアとか締め切ってるにもかかわらず)虫が入ってくるのでいやだ。
しかもあれだよ。
やつらはティッシュでつまんだ位じゃ死なないのよ。
ティッシュでつまんで床にギュッとそのティッシュを押し付けてもまだ生きてんの。
正直、プチ怖かったよ。
しかもさ、家中に蟻がいるんじゃなくって、洗濯物たたんでると、紛れ込んだっていう数じゃねーだろってくらい出てくんのよね。
蟻に噛まれると痛いし気持ち悪いから、虫も殺さないキャラの私が、じゃんじゃか蟻を殺しました。
ダーリンまだ帰ってなかったし。
ダーリンがいたらダーリンに頼ってしまう私。
そういえば、子供のころは蟻殺しをしまくっていたなぁ。
蟻をね、砂糖とか置いて、そこに集めるの。で、集まった所で、その周りをママレモン(台所用洗剤)で囲うの。
彼らはティッシュで潰してもなかなか死なないけど、ママレモンだと一発で死ぬんだよね。
彼らが砂糖を運び出そうとした時に、ママレモンに囲まれている事に気づいて右往左往している様を見てはけらけら笑う暗い子供だったよ。
そう言えば私は小学校の時、毎月学研のテキストと「学研の科学」という、結構おもしろい「実験」と証した付録と雑誌のセットをとっていて、その中の一つに
「蟻の巣観察キット」
というのがあって、まぁ要するに薄めの透明なプラスチックケースに蟻を入れて、蟻の巣が出来ていく様を観察するセットなんだけど、蟻だけ入れてしめきってしまい、そのまま忘れて蟻を餓死させた事もあった。
ああ、私は生涯、何匹の蟻を殺すのだろうか。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

まったく・・・なんでも「会」つけて集まりゃいいと思いやがって・・・。
君達こそ蟻か。

:::::::::::::::::::::::::::

隊長メモ
・今日は親友Mと朝9時から夕方6時すぎまでメッセした。
・「最近、『抜けないエロサイト』(←サイトの当初のテーマ)じゃないよね。抜けるもん。」
と言われた。私も最近そう思う。
・一昨日の23時に起きて、寝たのは今日のAM2時。
・学研の科学は大好きだったけど、テキストは全然やらなかった。
程なくして、科学の方だけとるようになった。
・学研の科学が懐かしくて調べたら、こんなのが出てきた。わぉ!欲しい!
これ、あの話題の白い人たちが見たら卒倒しそうな車だとおもわれ。
まったく反対の発想だもんねぇ。
・もっと学研の科学を見てたら、こんなのがあった。
・・・十何年経ってるのに、ネタが変わらないじゃん。
2003年05月14日(水)

バカ日記★バービー大好き!(画像更新)

今日はダーリンが出張でいない事をいい事に、11時に起きました。
11時って言ってもAMではなくPMですが。
やばい。夜型の中でもおそ起きだ。
ということで、AM5:30現在、私はとっても元気です(最低)。


暇で仕方なかったので、久々にバービーで遊んでみました。
今まであんまり私のバービー好きに触れていなかったのですが、実は私はバービーフリークなのです。
どれくらいバービーフリークかって言うと、



勢い余ってお洋服縫っちゃうくらい。
ジャケットと、ワンピースです。
飽き症な為、最後らへんイライラしちゃって縫製とかすごい雑。





後ろに広がっているお洋服は買った奴です。一部ですが。
バービー本体も、段ボール箱にいっぱい眠っております。
なんであんなに熱を上げたんだか。
しかも、私は
「箱から出して遊ぶ派」
なので、きっとこの先、私のバービーに価値は出ないでしょう。
まぁいいんだけども。
バービーに飽き気味な私が、どんな風にバービーで遊んでいるか、バービーを純粋に愛する人が聞いたら怒られそうなので、あんまり詳しくはここに書きません。
ちょっとヒントを言うならば、





↑エンピツ投票ボタン

My追加

世界には同じことを考える人が五万といますが、
こちらは最強だと思います。
こちらのサイト様で以前紹介されているのを発見したものです。)


画像更新しました。↓
岩のごとく硬いちんこ。
てか岩。
2003年05月13日(火)

エロ日記☆フェチの世界

私が、この日記
「精液が年のせいなのかうまく飛ばなくて顔射出来ない!」
とか頭の悪い事をほざいていると、一人の優しい紳士がいいことを教えてくださいました。
「イキそうになったら、サオの根元か亀頭の根元あたりを指でぎゅっと掴み、内圧を高めてから指を一気に緩めると勢い良く飛び散ると思います。」
ななな、なるほどッ!!
シンプルだけど、気づかんかったよ!
「タイミングが難しいけど、男ならわかるはずなので、男に「掴む」「緩める」の合図を出してもらいましょう。」
という親切なアドヴァイスまで。
うぅ。いい人だ。ありがとうございます!チュ。
今度試してみますッ!ふぬー。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

とある事情で、アダルト系BBSの総合サイト(?)を覗いていたのですが、さすがにエロな私も圧倒されました。
だって、
「下痢の女の子に萌え」
だの
「水虫の女の子に萌え」
だの、なんか全体的に・・・えっと・・・うんと・・・・
「臭いモノほど美味い」
と良く言いますが・・・。
ああもう、ぶっちゃけ
「キタネーヨ!」
と思ったのでした。
そういう趣味の方いらっしゃったらごめんなさい。
「パンツのしみに萌え」
はまだ理解できるのですが、
「パンツの黄色いしみに萌え」
となると、もう私の理解の範疇を超えております。
フェチの世界って広いなぁ。
私の
「体毛フェチ」
とかの、
「癒される・触って気持ちいい」
という意味とかの甘っちょろいフェチじゃなく、彼らは真剣に下痢の女の子を見ては勃起し、水虫の女の子を見ては勃起し、パンツの黄色いシミを見ては勃起するんだからすごいな。
ある意味、その感性って、セックスを繁殖だけの目的としない人間にとっては、すごい人間らしくて素晴らしい感性なのかもしれないね。





↑エンピツ投票ボタン






↑エンピツ投票ボタン

My追加

え?え?くだらんって?
そんな事ないよッ!
ほらほらあなたも、今すぐ会社及び学校の美少女・美少年に試してセクハラするのだ。(訴えられても責任持ちませんが)
うふぇうふぇ。
私はダーリンにやってみます。うふぇうふぇ。
2003年05月12日(月)

バカ日記★音の記憶

今日はダーリンとカラオケに行ってきました。
もーねー、ずっと行きたかったんだ。
前から行きたい行きたいと言っていたのに、ダーリンてば
「まだ風邪治りきらんでケホケホしてるから、ダメ!」
と、私を気遣って連れてってくれなかったんだ。
気遣ってくれるのは嬉しいんだけどさー。
そんなのどうでもいい時だってあるじゃないスか。
あ、今私、ダーリンの親心を踏みにじった。
つーか、彼氏なのに「親心」ってのもどうなんだYOW!


親心と言えば、今日は母の日でしたね。
ママン、メール大好きなんだ。
会社の同僚の子供とメールしたりしてるんだよ。
だから私は、ママンに絵文字&記号を駆使して、花束の絵をメールで送りました。
もうね、ショボイのなんのって。
でも、不器用な私はその花束作るのに30分悪戦苦闘。
ママンは喜んでくれました。
私メール:「ママが私のママでよかったよ。」
ママンメール:「私はリカが娘でよかったよ。」
なーんちゃってッ!なーんちゃってッ!でへでへ。


で、話は戻りますが、カラオケね。
喉の調子もだいぶ良くなり、やっとパパ・・・じゃない、ダーリンのお許しが出たので行ってきました。
「今時」について行けないカップルが2年半も付き合ってると、毎回同じ曲とか歌っちゃうんだ。
私はそんな状況を打破すべく、こっそり新曲を練習。
カラオケで歌う歌を練習してるってカミングアウトするの、ちょっぴりこっぱずかしい。うは。
で、ダーリンに見せびらかせて(歌いびらかせて??)やろうと思ったんだけど、いかんせん、一気に何曲も覚えようとしたもんで、どれも中途半端に歌えないの。
畜生!3メロってなんだよ!
中途半端に変調してんじゃねーよ!
そういえば最近3メロある曲減りましたね。
アンチ3メロ派の私としては嬉しい限りだ。
で、私が3メロと格闘してると、ダーリンは
「地上の星」(中島みゆき)
だの
「蝋人形の館」(聖鬼魔)
だので私をウハウハにさせるんだ。
私はネタ的曲に弱いのを知ってて。小憎たらしい。
で、ダーリンが歌ったラルクの歌を聞いて小さな記憶がよみがえった私が、
「あ、この曲さ、ヨウピンの家に(親御さんが留守中に)お泊り行った時に、車の中で聞いた曲だ。」
と言うと、ダーリンは驚いたように、
「えー、そんな事、よく覚えてるなぁ。」
と感心したのです。
すごくちっぽけな思い出も、音楽と結びつくとすごく鮮明に残ったりするよね。
音楽だけじゃなく、五感を刺激するものって、思い出と結びつきやすい。
残したい思い出は、
「この曲を聞くと、この時の事を思い出すなぁ。」
と自分に言い聞かせるだけで鮮明に残る。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

未だに、嫌な記憶がその時聞いてた音楽と一緒によみがえっては、私を苦しめるんだ。
2003年05月11日(日)

エロ日記☆私が我侭なだけなんだ

JINROのCMの、赤い服着てポニーテールの女の人の動きに最近釘付けな隊長です。
あの人の動きだけどうも「何かに動かされてる」っぽいんだよな。


今日はお風呂でLF(ローションフェラ)しようとしたのに
「後でヴィデオ返しに行くのに眠くなるからダメ!」
と拒否られたので、眠りに入る時にちんこを触ろうとしたら、
「明日早起きするんだからだめ!」
と拒否られ、
「なんだよなんだよ!ヨウピンはセックス嫌いなのかよ!」
と拗ねた振りをしてダーリンに背を向けると、なんだか本当に寂しい気持ちになってしまい、
「私は楽しくセックスしようといろいろ趣向をこらしてるのにさ、ヨウピンたらそれに流されてるだけじゃないか。楽しもうとしてないじゃないか。」
と、今までそんなに不満に思った事がなかったことをつぶやくと、自分が勢いで言った言葉が真実のように思えてきて、ますます寂しくなってしまった。
背を向けたまま、悶々としていると、ダーリンはもう寝息を立て出している。
あぁ、やっぱりこの人無頓着だなぁ。
だめだ。真剣に悩んでもいないことを
「気づいて欲しい」
なんて思ってても、この人には伝わらない。
やりたかったら襲っちゃおう。
ということで、浅い眠りに入っているダーリンを襲いました。
でも、多少意地悪な気持ちになっていたので、イク直前まで擦って、イキそうになったらやめて、寝てやろうと思ってたのです。
しかし二回ほど我慢させると、今度はダーリンが意地悪な気持ちになったらしく、服を脱がされ、足を持ち上げられ、半分まんぐりがえしのような状態でクンニされました。
クンニはあまり好きじゃないけど、今回はなんだか素敵。
尻の谷間に、唾液と体液が混ざって流れてきたのがなんともエロチックで。
その後、指でいじられ、2度イかされ、その間、私がちんこに触ろうとしても、
「ダメ、おあずけ」
と触らせてくれませんでした。
そうそう、おあずけってのはこういう時に使うんだってば!
「ああ、そうか、意地悪な気持ちでああしたんじゃないんだ。さっきの私の不満、ちゃんと聞いててくれたんだな。」
と少し嬉しくなったのでした。
その後挿入したのですが、ダーリンは我慢させられていつもより早かったのですが、そんなの全然気にならなかった(むしろ前儀でアグレッシブだったら早い方がいい)。
その後、なんとなく申し訳なく思って、
「寝てたよね?ごめんね。」
と言うと、ダーリンは
「明日お休みだしね。」
と笑って言ってくれたのでした。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

もちろんいい意味でね。
2003年05月10日(土)

エロ日記☆変な夢

今土曜の午後5時。
さっき起きました。
金曜は夜9時に起きたっていうのに、セックスしたせいでまた夜2時くらいには寝てしまった。
寝すぎ。
私寝すぎ。
昨日、セックスした後、起きだして日記書くつもりだったのに、ダーリンの体温に吸い込まれてそのまま寝てしまった。
寝すぎたせいで変な夢を見た。
私はよく、学校の夢を見るのだけど、今日も学校でいて、何故だったか忘れたけどぶち切れていて、クラスの子、全員に、
「うるさい!ごちゃごちゃ言わんと抜いて欲しい奴は一列に並べや!」
と言うと、クラス全員が並んでしまって(何故か女の子も)引くに引けなくなって一番最初の男の子を机の上に座らせて、手で抜いてやる夢だった。
夢の中のその男の子は、知っている子だったんだけど、ちんこがものすごい太くて、握るのが大変だった。
イく時、サラサラの精液がシャワーのように飛び散っていると言うのに、その子の友達がまだイってない、と手伝ってくれて二人がかりでイかせる夢だった。
さすがの私もリアルな夢に気分が悪くて、起きた時、ダーリンが見ていたプロレスの、男の裸を見て吐きそうになった。
他にもいっぱい夢を見たのだけど、どれも変な夢だった。寝すぎるとろくな夢を見ない。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

私は人の顔を見ただけで、その人の気持ちよがってる顔を想像できるんだ。
それって変?
2003年05月09日(金)

エロ日記☆ヴァーチャル夢精

今日も朝から抜いちゃったのですが。
今日は合体無しです。
昨日の夜はすごく蒸し暑かったので、ダーリンはまたパンツ一丁で寝ていたのです。
で、私はトランクスの上からちんこ及び金玉をそろりそろりと爪で撫でて、ダーリンがビクつくさまを楽しんでいたのです。
どうやら、ネイルアートでつけたラインストーンの凹凸がいい感じの刺激を与えている様子でした。
ほぉ、こんな細かい装飾もちんこで感知できるのか。と、感心いたしました。
ちんこって鈍感なようでいて敏感なのね。
言うなればでかいクリトリスなんだから、触覚も大味(?)なんだと思ってたわ。
ほら、男性のイク感覚は女性がイク感覚よりもかなり劣るってよく言うじゃない。
でも、あれって誰が確かめたのかね?
ちんことまんこ両方持ってる人?
でもそれだとクリの絶頂感がわからなそうだしなぁ。
ただ単に機械で計測しただけ?
わぁー、そんな計測機あるんだったら、是非自分の絶頂感覚が数字で表すとどれくらいの物なのか測ってみたいな。
えと、話が脱線したので元に戻しますが。
これでもかというくらいトランクスの上からそろりそろりと撫であげ、ちんこはもう先走りをトランクスに滲ませていたので、トランクスの裾から手を突っ込み、ちんこを擦りました。
動かしにくいけど、なんとなくいつもと違う感覚でいい感じ。
トランクスの中でちんこを擦り、トランクスの上から金玉を爪で撫でる続けると、ダーリンはトランクスの中に射精してしまわないか、不安そうに
「ねぇ、イっちゃうよ。」
と私に囁くので、私は意地悪な気持ちになって、
「この中に出してよ。」
と言いました。
夢精をした事の無いダーリンに、ヴァーチャル夢精体験をしてもらおうと思ったのです。
トランクスを濡らして気持ち悪がってるダーリンを見たい、という変態的欲望。
しかし、ダーリンはトランクスをずらし、亀頭を出しました。
チッ。
でも、ダーリンのM気分は高まっていたらしく、
「ねぇ、出る所見て・・・」
と、恥ずかしそうに懇願(萌え!)するので、私はダーリンのお腹を枕にして擦り揚げながら、射精の瞬間を待ちました。
すぐ目の前に鈴口があるので、
「もしかして、顔射されるかも〜。あはー。」
なんてワクワクしていたのですが、いかんせんダーリンはもうすぐ32歳の特に溜まってもいない男子。
ビュッと勢い良く出ることはなく、少しとんだだけでたらたらと亀頭を伝って落ちていってしまいました。
ちぇ。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

謎だわー。
2003年05月08日(木)

エロ日記☆音

いやー、最近ほんとにむし暑いですね。
最近はパンイチ(あ、でも上にキャミ着てるから「イチ」でもないか)生活者です。
そろそろ扇風機出さないとなぁ。


今日は朝からいただきました。
朝、起こしがてら、ぺろっとやったのはいいけど、
「朝からイクと、仕事中眠くなるって言ってたなぁ。」
と思って、
「夜までおあずけ。ね?」
と、ダーリンに言ったのですが、ダーリンはそれまで「こらッ」とか言ってたくせに、おセックスできないとなると、途端に照れくさそうな顔をしながら私のパンツに手を突っ込み、
「でも、リカ、準備万端じゃないか。」
と言うのです。
もー素直じゃないんだからー。
「リカはフェラチオすると自動的に濡れる様に設計されてるんだよ。」
と言いながらパンツを脱ぎ捨て、ダーリンにまたがり、ショートバージョンのつもりで腰を振りました。
朝で時間ないからね。
ところが思ったより盛り上がってしまって、ショートでは済みませんでした。
ダーリンたら、正常位で私の足首を掴んで、がばっと大きく足を開くもんだから萌えちゃって。
大きく足を開かれると、ピストンする時にすごい音が出るんだよね。
空気が入っちゃって、余計に。
音を出してるのは、ダーリンなのに、ダーリンたら私を見ながら
「凄い音。」
と言って、私のせいにするんだ。


君が空気入れたからそんな音が出るんだヨ!


と激しく抗議したかったのですが、脳内麻薬でハッピーな気分になっていたので、
「ま、それもまたエロくていいじゃないか。」
と思いなおし、





↑エンピツ投票ボタン

My追加

はは。アタイも好きだなぁ。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


スティーブンキングの「ローズレッド」を見ました。
DVD二枚組みという長編ホラーだったけど、そんなに怖くなくて、ウィンチェスターホラーハウスをモデルにしたお話っぽくて、長くても飽きなかった。
なんか、カメラワークとかお話の切り方がドラマ臭い、と思ってたら、やっぱりこのサイトでドラマだと書いてた。
終わり方はちょっと納得行かなかったけど、お話の内容というよりは、増えて行く家の内装とかの方に気をとられてしまった。
私は、ホラーだとかそういうのは関係なく、ごちゃごちゃしてて、意味不明のものが沢山ある、キチ○イっぽく(暴言だけど)建てられた建物がものすごく好きなんだ。迷い込んだら二度と出てこられないような建物大好き。廃墟とかも。
九龍城砦とか、サグラダファミリアとか、架空の話だと、天空の城ラピュタだとか。
ガウディの建てた建物はどれも身もだえするくらい好き。
サグラダファミリア、1883年から着工して、まだあと100年、200年もかけないと完成しないんだよ。悶える。
九龍城砦にいたっては、高い写真集買ったくらい。(借りパクされたが・・・とほ・・・。)
サグラダファミリアとウィンチェスターホラーハウス、生きてるうちに一回行ってみたいなぁ。


参考リンク
ウィンチェスターマンション(アンビリーバボーより)
これも気になる1(アンビリーバボーより)
これも気になる2(アンビリーバボーより)
ガウディ1
ガウディ2
九龍城砦
2003年05月07日(水)

バカ日記★鶏が先か、卵が先か(画像更新)

今日は5月6日でゴムの日だそうです。
ということで、ダーリンを寝かしつける時に、
「今日はゴムの日なんだって。ゴムつけてセックスしよーぜ!」
とダーリンをたぶらかしてみましたが、ダーリンはお疲れの様子で、拒否られました。ちぇ。
仕方がないので、ダーリンに夜伽の代りにお伽噺を聞かせました。
「昔々、ある所に、ちっぱいというお姫様がいました。
ちっぱい姫はおっぱいがまな板のようにまったいらなのを気にしていましたが、ある日、王子様に出会い、恋をしました。
ちっぱい姫は王子様の毎夜の吸引で、おっぱい姫になる事ができましたとさ。
めでたしめでたし。」
「なにそのちっぱいって。」
「ちいさなおっぱいの事デスヨ!」
「あははは!じゃあ、リカはちっぱい姫なのか。」
「ぎゃふん。まぁそういうことですよ。あぁ、毎夜吸いついてくれる王子様はどこにいるのかしら。」
と言ったら、ダーリンにくすぐられ、おっぱいに噛みつかれました。
くすぐりは、ダーリンなりのお仕置きなのです。
ひとしきりそうやってじゃれたりした後、ダーリンは私の腕を腕枕にして私に抱きつき、寝にはいりました。
私はダーリンの耳を、グラスの淵を撫でて音を出す時の様に触れ、耳の軟骨の感触をひとしきり楽しんだ後、ダーリンの短く刈った髪を、頬を、唇を、眉を、親指の腹で撫で続けました。
そうされて、くすぐったそうに口角を上げるダーリンの顔が好きなんだ。
ダーリンが夢うつつに昨日見た夢を思い出したらしく、私に話しました。
「リカがね、見た事もない位笑ってて、それを見て凄く幸せな気持ちになってる夢だった。
俺はねー、リカが笑ってると幸せなの。
仕事も今、忙しいけど、もうすぐしたら落ち着くから。
今は、リカと過ごす時間をつくる為にがんばってるんやで。」
そうやって嬉しそうに話すダーリンを見ていると、なんだか温かい気持ちがこみあげてきて、涙が出ました。
涙を見られると恥ずかしいから、見られない様に、枕で拭きました。
ダーリンは私の笑顔が好きで、私が幸せな気分になることを言ってくれるけど、幸せにし過ぎると泣いてしまうよ。
「あなたの為に」
という言葉で幸せになるなんて、我ながら単純だと思うけど、私は気持ちがどこか冷めている時、
「あなたの為にがんばっている」
という言葉は素直にうけ取れない。
ということは、今、ダーリンとのつきあいに、情熱やドキドキはないけれど、私は、ダーリンの事がとても好きなのだな、と思う。
緩やかだけど、確かな気持ちだ。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

My追加

「鶏が先か、卵が先か」的な謎。
どちらが先であっても、私がダーリンを好きだという気持ちは同じだ。


画像更新しました。↓
エロレントゲンその2。
2003年05月06日(火)

バカ日記★子供の日・凧あげ大会


今日は子供の日。
関東では子供の日に凧揚げするの?
よくわからないけど、ダーリンが、庄和町の凧揚げ大会に連れてってくれました。
100畳の大凧を揚げるんだって!
この情報は、ダーリンの得意先の凧揚げ好きな人に教えてもらったらしく、
「もし会ったら紹介するわ。」
とか言うもんだから、
「あぁ、じゃ、『こんな奴と付き合ってるのか』とか思われないように綺麗にしとかないとッ!」
と思った私は、去年買ったスイートなワンピースにサンダルという、
「似非乙女スタイル」
で凧揚げに行きました。
凧揚げって言っても私があげるわけじゃないからいいだろ、と思ったのです。
会場である河川敷につくと、ものすごい人。
ええーこれじゃ絶対会えないよ!とか思いつつ、ちょっぴりほっとしながら、ダーリンといい風の吹く河川敷を歩きます。
草達がサンダルの素足に侵入してきて、まるで裸足で歩いているような気分。
空を見ると、沢山の凧と、小型飛行機。
同じ日に近くで、小型飛行機の催しもしているみたいでした。
凧が見やすい位置まで移動して、なかなか素人チックで面白いアナウンスを聞きながら珍しい凧を見ました。







韓国の象型凧と、イカ型凧。
これ、空気が中に入って膨らむんだ。
ほんとにイカっぽい動きの凧だったよ。
揚げてみたい!と激しく思った。
















でも、





ものすごい引っぱられるらしく、
おじさん二人でラブラブしながら揚げてた(笑)










こんなでっかい凧も、
まだまだ序の口だった。













ひとまず、ダーリンと、お昼を食べました。
普通の屋台じゃなく、近所の地域住民が出しているような屋台があったので、そこで、おにぎりとちらし寿司を買って。
素朴な味で凄くおいしかったよ。
お天気もよかったし、河川敷だし、ダーリンとマイナスイオンを堪能できました。
食べ終わる頃、丁度アナウンスで大凧があがると流れ、慌てて土手の方へ。
凧が何度か客がいる土手に墜落していたので、アナウンスではしきりに、
「凧が落下してくることがありますので、凧に気をつけてごらんください。」
とか言ってた。
何百キロもある凧が落ちてくるなんて、ある意味花火大会より危険。






で、これ!
100畳の凧!
総重量800Kgらしい。












これがあがった時はなかなか圧巻だったよ。
でも、その雄大さは写真じゃ収められないので、
大きさがわかりやすいこの写真を。
私の前に立っていたじいさんが、
「ちょっと凧にうるさいじじい」
だったらしく、すぐに落ちて行く小凧(っていっても50畳位はあるが)をみては、
「ありゃだめだ!糸がおかしいもん。へったっくっそっだっなー!」
とか、誰にいうでもなく喚いていて、その場は彼の解説の独断場になっていた。
しかもそこにもう一人
「ちょっと凧にうるさいじじいマーク供
がやってきて、二人でぎゃーぎゃーと
「アレはそりが悪い」
だの
「引きが悪い」
だの言いだして、うるさくてちょっとイライラしました。


さて、大凧も堪能したし、帰るか、と車に向って歩き出したんだけど、この頃には私は足が靴ずれしまくって、歩くのがものすごい苦痛でした。
ああ、これから夏に向けて、また足の皮を厚くしていかないとなぁとか思いながら、私よりものすごい高いミュールはいたりしている女の子を見て、
「すごいなぁ。あんなんで長時間歩けないよ。足の裏の皮、分厚いのかな、彼女らは。」
と、私が言うと、ダーリンがその女の子が道端にツバを吐いているのを見て、呆れたように、
「足の裏の皮の厚さと、面の皮の厚さは比例するんだ、きっと。」
とつぶやいて、プチ面白かったです。





↑エンピツ投票ボタン

My追加

私は、足の痛みを感じながら、
「面の皮はもう厚いんだから、足の皮も早く厚くなって、素敵なサンダルでどこまでも歩けるようになりたい!」
と切望したのでした。
2003年05月05日(月)

エロ日記☆ローションフェラ

・・・日記書いてる最中に強制終了させられることほどむかつくことはない。
きぃ!もうすぐ書き終わりだったのに!


昨日から、ダーリンと私は腰痛。
私のは足のむくみからくる腰痛だったので、今日起きたらもうだいぶマシになってたのだけど、ダーリンのは、寝ちがいなんだか、今までの疲れがどっときたんだか、ものすごい痛みらしく、シップ貼ったけど、寝返り打つたびうんうん唸って目を覚ます始末。
ということで、今日行くはずだった原宿は中止。へこー。
まぁ、無理は禁物。いた仕方ない。
腰は大事だ。うん。
ということで、今日はお家でおとなしくしていたのです。
今日、パスビタン(インドメタシン配合の塗り薬)を塗って、おとなしくしてたらだいぶマシになったようです。よかったね。
で、お風呂でも入って、腰を休めようということになって、一緒にお風呂に入ったのですが、隊員のカイさんの日記を読んで、ローションフェラをやってみたい!と激しく思ったので、ダーリンに、
「もう本当に大丈夫なの?のけぞったりしても平気?」
と聞くと、大丈夫だと言うので、ローションをお風呂に持ち込みました。
で、ゆっくり風呂につかった後、ダーリンを湯船の縁に座らせて、いざぱっくり。
おお。
本当に無味無臭なんだな。
口のヌルヌルも、そんなに気にならない。
亀頭を口で愛撫しながら、竿を両手で、手首をひねるようにしながらしごく。
時々、ダーリンの好きな玉攻撃も忘れずに。
ところが、しばらくするとローションが、まるで石鹸でもつけたみたいに泡だってきて、口の中も気持ち悪くなってきました。
おぉ、しかしこれは・・・。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

そう思った私は、口に溜まった泡だったローションをダーリンの乳首につけながら舐めました。
ダーリンは、気持ちよくてのけぞりたいのだけど、風呂の縁は不安定で、湯船に落ちそうになりながら悶えてました。
もう出そうだと言うので、また亀頭を咥え込み、咥えながらまた両手でしごきあげて、彼は私の、泡だったローションが溜まった口の中に精液を放ったのですが。
「ん?んん!?」
甘い!
精液が甘い!
ピリピリ感はいつものようにあるのですが、甘さを感じたことは初めてでした。
ずっと無味無臭のものを口に入れてたから、舌が甘さに敏感になってたのかな??
でも、塩辛いってなら解るんだけど、何で甘いんだ?
不思議ー。
ダーリンは、
「甘いもの食べ過ぎたのかな?ははっ。」
と笑ってましたが、本当に謎だわー。
ローションフェラは、口がアワアワするけど楽しいという事を知って、
「また一つ楽しいことのヴァリエーションが増えて良かったねー。」
と、ダーリンにいうと、ダーリンは、
「そうやなぁ。今度はリカのお楽しみを探さないとね。」
と嬉しいことを言ってくれるので、
「例えばなに??」
と聞くと、
「そうだなぁ。セックスアンドザシティみたいに、毛をつるつるにしちゃうってのはどう?」
とか言うので、
「ヨウピンが剃ってくれるんだったらいいよ。うふふ。」
と返したら、ダーリンたら恐ろしいことを言いやがるのです。
「いや、剃るんじゃなくってさ、ほら、セックスアンドザシティのやり方でさ。抜くの。ていうか、むしるの。」
「む、むしるの!?イテーヨ!」
とかいいつつ、
「それもアリかな。げへへ。」
とか思った私は、やっぱりアホなんだと思います。げへ。
2003年05月04日(日)

バカ日記★就職祝いびっくりパーティ

今日は、K酸の就職祝いに行ってきました。
K酸にはずっと内緒で、秘密裏に計画が進められていた為、ここでも一切そのことには触れず。
K酸、私の日記読んでくださっているので。
びっくりパーティにしようということになっていたのです。
居酒屋で待機して、高田君がK酸を連れてきた時、K酸はものすごい驚いていました。
K酸の友達と、前のオフのメンバー数人という変な取り合わせだったのもあって、一瞬どういう集まりなのかもわからなかったみたいです。
K酸のあのあっけにとられた顔が忘れられません。
どっきり成功。げへへ。
ダーリンも一緒に行こうかと思ったのですが、この日記読んでる人がいるから、なんか生々しいし、ダーリンも、
「俺が一緒にいたら話題選んでしまうやろうから、リカピン一人でたのしんどいで。」
と言ったので、一人で行きました。
正解でした。
私は、別にダーリンの前で猫かぶってるわけでもなく、普通にエロ話もするのですが、やっぱり、その場のノリで
「うるさい早漏!」
とか、汚言症のように言ってる私を見たらびっくりするだろうし。
や、いつも「早漏」だの「短小」だの言ってるわけじゃないんですよ!
なんかね、なんか、飲みの場で、盛り上がってないと不安になっちゃうのです。だからつい、ね。
決して好きで言ってるわけじゃないですからね!
信じろって!
ほんとは普通の乙女なのヨ!
信じろってば!
・・・正直汚いこと言い過ぎて引かれてたような気がします。へこー。
・・・自分を見つめなおそう。
K酸はすごいべっぴんさんな彼女を連れてました。
や、素で美人だからびっくりしたよ。
どうやってたぶらかしたんだか。
今日、私はノースリーブを着ていて、K酸の彼女もノースリーブだったのですが、なんかね、もうさ、二の腕の価値が私とはまったく違うって言うか。
彼女さんのが女子高生のパンチラ並の価値だとしたら、私のはオバハンのデカパンチラみたいな?
女性は私と、しかなさんと、K酸の彼女さんの三人だったのですが、しかなさんと彼女さんを見て、自分の女としての価値を見なおさなければと何度も思わされた一日でした。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

飲みに行ったお店では、お誕生日の人に、超でかいパフェのサービス(?)があって、店員さん総出でパフェを持ってきて、「ハッピーバースディ」を歌ってくれるんだけど、私達の席にも何故かパフェが来て、店員さんが
「お誕生日おめでとうございます!みよ子さん!」
と歌いだした。
私達はノリノリでハッピーバースディを歌ったのだけど、この席にはみよこなんていない。
「え?もしかして席間違えてない?みよ子って誰?誰かK酸のお祝いで頼んだの??」
と冷静になって考えてみたけど、誰も頼んでないし、みよ子なんて名前告げた覚えもないし・・・


まぁ、いっかぁ!!


店員が間違えたから悪いんだ。
もうパフェの花火も消えちゃってるし!食わねば!
ということで、巨大パフェの前に理性がふっとんだ私達は、パフェに食らいついた。
席間違えで、祝ってもらえなかったみよ子さんがいてたんならごめんなさいでした。
ででででも、店員さんにちゃんと
「みよこなんていないです」
って言ったんだよ!
でも店員さんもハッピーバースディ歌ってしまった手前、引くに引けなくてうやむやの内にパフェおいて行っちゃったんだよ!
うまかったー。げへ。


K酸、就職おめでとう。
いろいろ大変そうだけど、今日一日が、
「就職して良かったな」
と思ってくれるきっかけになれば嬉しいな。
高田君、幹事お疲れ様でした。おかげで凄い楽しかったよ。
ありがとう。
みなさん、私の汚言に懲りないで、別の機会にまた飲んでください。
今日は本当に楽しかった。ありがとうー。
2003年05月03日(土)

エロ日記☆土手のヒリヒリ

連休初日の今日は、ダーリンとまたセックスをして、ひりひりになりました。
何がって、まんこと土手(陰毛生えてるとこ)が。
まんこは、今までもひりひりすることはあったのだけど、土手がひりひりするのは初めて。
なんかね、今までずっと騎乗位やってたわけだけど、最近やっと気づいたことがあるのです。
足を、横に開くのじゃなく、少し後ろに向って開くと、より気持ち良いことが。
足を伸ばして腰振ったりだとか、腰回しても気持ちいい。
騎乗位の動きにヴァリエーションが増えたことは大変嬉しいのです。
でもね、それをすると、土手を思いきりダーリンの下腹部にこすりつけることになるので、あとでイナバの白ウサギのごとくひりひりするのです。
熱いのです。土手が。
ホットな土手なのです。
ダーリンも最近、正常位でピストンするのじゃなく、挿れたまま腰をぐりぐりすることにハマっているらしいので、余計にホットになるのです。
私もそうやってかき混ぜられるのは大好きなので、最中は気持ちいいのですが、後が大変。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

事の後に体に残った余韻だとか、甘い痛みだとか、混ざり合った体液の匂いって、どうしてあんなにも愛しいんだろう。


しかし、どうしてこんなに摩擦されてるのに、私の陰毛は薄くならないのでしょうか。
事が終わった後にシーツを見ても、陰毛はちっとも落ちてないのです。
なんて強情な陰毛だッ!
こんなにヒリヒリするまで摩擦して、熱も持ってるから毛穴も開いているだろうに。
あいも変わらずもっさり生えた私の陰毛。
ダーリンも同じく。
「すけべな人は陰毛が薄くなる」
という説と、
「濃くなる」
という説があるのですが、薄くなる説は、
「体液が酸性な為、いつも濡れていると薄くなる」
というし、濃くなる説は、
「体毛は、摩擦が多い所にたくさん生える」
というし、どちらも信憑性がありそうななさそうな、どっちを信じれば良いのかッ!
とりあえず、自分の経験からすると、濃くなる説が有望かな。
2003年05月02日(金)

エロ日記☆ダーリンのクリトリス

某男根にメッセで話しかけた所、
「オナニー中。しばし待て。」
と言われました。
へこー。
おもわず、
「おお、ゆっくりやれ。」
と、変な受け答えしちゃっただよ。
その後結構待たされたが、早漏だと思われたくないが為にサバ読んでたに違いない。
見栄張りめ。ペッ。


明日からまた、ダーリンは四連休です。
うふふ。何しよう。
とりあえずー、原宿に行こうと言う話になっているのです。
だって、関東に越してきて、もう2年になるのに、私達ってば出不精だから、大阪から帰ってきた時についでに上野に立ち寄ったりとか、バービー専門店の為にお台場とか西池袋行ったりとか、それくらいしか、東京で遊んだことがない。
だから、この機会にどっか遊びに繰り出そうと言うことでして。
この連休中に原宿あたりで挙動不信の田舎者丸出しカップルがいたら、それは私達です。


連休前の今日、ダーリンとヴィデオ見て、ヴィデオ見ながら何度も落ちかけたダーリンを布団に寝かしつけたのですが、何故だかちんこにむしゃぶりつきたい衝動に駆られて、ずるずると布団に潜りこんで行き、パンツをずりさげてぺろっといったのです。
ダーリンは
「もう〜眠いんだってば〜」
と抵抗していたけど、裏筋を舐め上げると切ない吐息を吐いて抵抗する手を私の頭に置いたのです。
しめしめ。もうこっちのもんだぜ。
私はここぞとばかりにフェラテクを駆使し、熱くなってきたので布団を払いのけ、
「果たしてダーリンはフェラ顔好きなのかどうか。」
ということを確かめる為に、ダーリンの顔をじっと見てフェラし続けたのです。
前々から、フェラ中にダーリンがフェラにいそしむ私をチラチラ見ていたのには気づいていたのですが。
じっと見ていると、ダーリンと時々目が合って、その度に彼は恥ずかしそうに体をのけぞらせて目を逸らすので、なんだかかわいくて、ちんこ咥える唇にも力が入るってなもんでした。
彼が恥ずかしがってもじっと見ていると、
「やらしい顔して・・・」
と、ダーリンが嬉しそうに生意気な事言うので、根元まで咥え込んで、その生意気な口をきけないようにしてやりました。
そうか、やっぱダーリンもフェラ顔好きなんだ、と確信しながら。
彼は快楽に溺れて、
「うぅ」
とか
「くぅ」
とかしか言えなくなってきたので、服を脱いで彼にまたがり、体を沈めました。
騎乗位で腰を振りながら、乳首と金玉を愛撫してあげると、
「すぐイキそう」
と言うので、彼の腕を彼の頭の後ろで押さえつけて、腰の動きを遅くして、我慢するように促しました。
彼が必死で我慢している間、私は彼の、切りたてのうなじの髪の感触を唇で楽しみました。
シバシバしてて気持ちが良い。
彼は私が彼のちんこを根元まで咥えこむ度、体をビクビクと震わせ、まるで胸を強く押された時のような息を吐きました。
「もう大丈夫?我慢できた?」
と、私が聞くと、彼が無言で首を縦に振るので、また腰を早く動かすと、
「やっぱりダメ。」
とその動きを制して休憩。
私は自分の快楽も忘れて、ダーリンが快楽にもがいている様子を楽しみました。
だって、なんだかすごくかわいい。
我慢している顔って、萌える。あはー。
そういう気分の時、自分がイク事は二の次になっちゃう。
でもしっかりイかせてもらいましたけどね。えへ。
「あぁ、もうほんとにだめ。」
と、ダーリンが私に覆いかぶさってきたので、私は、
「イってもいいからね。」
とまた乳首と金玉を愛撫してあげました。
どうもこの2点セットはダーリンがすぐイきそうになるポイントらしく、ここに触れると、面白いくらいにぎりぎりになってくれる。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

ここ触るとすぐイっちゃう。
ダーリンにとってのクリトリスみたいなもんなのかな。
2003年05月01日(木)

エロバカ日誌☆ / リカ隊長

My追加
エンピツ