enpitu



バカ日記★70年代産まれの私。

日記のカウンタがいつの間にやら12万超えてたよ。
ついこないだ、
「あ、6万とかなってる。5万超えちゃった。中途半端だな。まぁいいや、10万超えたらお礼言おう。」
とか思ってたとこなのに。
ここ最近のアクセス数がものすごくって、
「なんだなんだ、おら、なんかやっただか?」
とビクビクしております。
いや、ものすんごい嬉しいです。
こんな、なんていうの?
あれだ。ほら。
エロは生々しいしさ、とくに笑いもできないしさ。
がっつりハメはずして次の日読み返して欝になったりするしさ。
一番良く使われる単語はちんこ・まんこ・セックスだしさ。
初めて読む人にはキチ○イと思われがちだしさ。
いや、なんか何が言いたいのかさっぱりわからない(自分でも)中途半端な日記を読んでいただいて、本当にありがとうございます。
もうさ、お礼言うタイミングまで中途半端。
ははっ。
何もかも中途半端なのが私さ。
とか開き直ったりしてね。
ああ、もうすいません。そしてほんとにありがとう。
あんたいい人だぁ。
これからもどうぞご愛読よろしくお願いします。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


いや、TVとか見てるとさ、旬のアイドルとかタレントとかがみんな80年代産まれな訳。
いつの間にか私、時代に取り残されてる?
私の時代は終わったのか。
そう実感させられてちょっぴりショボンとなったり焦ったり。
そうか。
「若いねぇー」
と言われる側から言う側になってきてるんだ。
「若さ」で許してはもらえない年になってきているんだ。
I.W.G.P(池袋ウェストゲートパーク)が自分の世代の話だと思ってたら、こないだスペシャルで、主人公役の長瀬が
「こちとらもう24なんだよ!切羽詰ってんだよ!」
と、「若者」に言うシーンがあり、
「そうか。24は切羽詰ってしかるべき存在なのか。」
と再確認させられました。
ちなみに余談だが、私は長瀬と同じ日に生まれてる。
それもあってなんとなく身につまされるセリフだったのである。
あぁ、「20歳からはあっという間に年をとる。」とよく言うけど、ほんとにそうだよ。
いや、まだまだ若輩者だとは思う。
世間知らずも甚だしいし。
でも、だからこそ余計に嫌なんだ。
中身は20歳の頃からあんまり成長してないの。
でも年月が勝手に私を「大人」にしてて。
いやいや、「私は子供!大人になんかなりたくない」とか言ってるんじゃないのです。
そもそも私、物理的に大人だし。
世間が言う「大人」という容器に見合った行動はとれないけども。
未だに銀行・郵便局・市役所などのシステムがわからないし。
税金の事もさっぱりわからないし。
そういう施設を利用する度、ダーリンや親にどうすればいいか聞かないとダメだし。
結局まわりが心配してついて来てくれたりするし。
全然ダメ。
まったくダメ。
自立のじの字も見えてこない。
でも私は大人。
・・・形式だけ。
でも、私は、年を重ねて行くのが楽しみなんだ。
そりゃ、若くいられるというのはとても魅力的な事だけども。
私は、ダーリンとつき合うまで、20歳以上の男の子と付き合ったことが無かった。
同い年か、年下。
私の若さを魅力とする人なんて、元々いなかったんだもん。
これって複雑な心境。はは。
まぁ若い云々っつっても1歳2歳の差なんだけどさ。
ダーリンが初めての年上だ。
で、その、年上のダーリンが、時々、自分の年齢も忘れて
「俺さ、出来るなら歌手になりたい。」
とか、冗談半分、本気半分で言っているのを見ると、年をとるのは
「終わり」
ではないんだと、ちょっぴり思えるんだ。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

人生まだまだこれから。
目指せラブラブ老夫婦(笑)
2003年04月30日(水)

バカ日記★髪切った。(エロバカ画像更新)

今日は、久々に髪切りに行きました。
初めて行く美容院で、うちの近所にしてはおしゃれっぽい美容院が出来たので、行ってみようと前から思ってたのです。
予約した時間に行くと、早速シャンプー台へ案内されました。
シャンプー台はなんだか新しい形でした。
シャンプー台って、シャンプーする時寝そべる形式の奴しか知らなかったのだけど、ここにあったのは少し上体倒す程度で、座ったまま洗うタイプ。
顔に布かけたりも無し。
ただ私が田舎者なのかもしれないけど。
「いんやぁ、さすが新しい美容院だべ。シャンプー台も斬新だべ〜。」
とか思いながら、シャンプー台に座ったのですが、顔にかける布が無いため、顔をどうしていいか困ってしまったのです。
私、シャンプーされる時、あの顔にかけられる布の下でニヤニヤ笑ってしまうタイプなのです。
くすぐったいんだもん。
でも今日は布無し。
目のやり場は目を閉じて何とかするとして、ニヤニヤは、ものすごい努力で我慢しましたよ。
おかげで鼻穴はおっぴろがるし、
「かゆいとこございませんか?」
と言われた時も、
「ひぇ?げほんげほんッだ、大丈夫です。」
と声裏返りながら答える始末。
頭持ちあげられたりする時も、遠慮してしまって変に力を入れてしまい、何度も美容師さんに、
「・・・頭の力抜いてくださいねー。」
とか言われるし。


おら、小心者だべさ。


席に座り、髪を乾かされて、さてカット、となった時、マスク姿のおばさん登場。
この最新設備の整ったオシャレな美容院に似合わない、どちらかというと町の「ファッションサロン」みたいなとこでいてそうな感じの人で、
「え?この人が?」
と、ちょっぴり嫌な予感がしたのですが、気さくに話かけてくれるおばさんに警戒心も薄れ、すべて任せることに。
どうせ眼鏡はずしてるし、鏡の中の自分すらどうなってるか見えない。
「軽くしてください。」
としか頼んでないし、ストレートのロングだし、そんなにおかしな事にはならないだろう、と、黙々と見えない雑誌を読むこと40分。
「前髪はどうなさいます?」
「ああ、えっと、前の前髪、かなり重いんですよ。で、まぁ、少しおろして、後は伸ばしたいんで・・・」
「はい、解りました。」
と、また切りだしたので、私もまた雑誌を読む。
ブローをされている間、おばさんがやけに前髪をサイドに流すのが気になりながらも、何も確認できないまま雑誌を読み続け、
「はい、出来ましたよ。」
と、眼鏡を渡され鏡の中の自分を確認。
「わぁ・・・」
頭の中でゴットファーザーのテーマのクラクションが鳴りました。
鏡の中の自分は、一昔前のヤンキーのように、解りやすく言うと全盛期の頃の工藤静香のような髪形になっていたのです。
いや、それも明るい髪色とかだったら「オネエ系」として、まぁ見れるんでしょうが、私のようにカラスのごとき黒髪でやると、もう、なんて言うか、「レディース」とか「特攻」とか「気合」とか、そういう言葉が似合っちゃうような髪形になっていたのですよ。
でもおばさんは
「このね、長く伸ばすほうの髪はね、こうやって流してあげると綺麗に整いますよぉ!」
なんてアレンジ方法とかもアドヴァイスしてくれちゃったりして、私は
「マァステキ」
という顔を作りながら、お金を払ったのです。
ダーリンが迎えに来てくれた時、なんだかものすごい恥ずかしかったです。
「バリバリだぜ」
って感じの頭なんだもん。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

ダーリンが「ヤンキーあがり」(・・・でもないけど、あくまで感覚とかセンスが。)ということを実感させられました。
ドカーン。(爆死)
まぁ、実際はロングストレートなんで、そんなに変化ないし、お世辞で言ってくれたんでしょうが。
あんまり変わらないけど、一応、









こんな感じになりました。
これでも、流してるのだいぶおさえたんだけどね・・・。












ダーリンも散髪してきて、刈り上げた後ろ頭のチョリチョリがたまりません。
まじで、セックスしてる時、このチョリチョリに触れると、やけにセクシーな気分になるんだ・・・。でへ。






画像更新しました。↓
筋肉モリモリ。
ちんこも・・・。
2003年04月29日(火)

バカ日記★歯がはずれた

今日は一日ダーリンと寝るかセックスするかでした。
寝すぎってくらい寝ました。
やり過ぎってくらいやりたかったですが、一回だけ、ロングファイトを繰り広げただけでした。
しかし、ものすごいきぼちよかったので、まぁよしとします。
こんな風に、普通にしてて気持ちいい時と、そうでもない時って、何が違うのかな?
生理云々が関係あるのなら、生理中やりまくってやるけど、そういう問題でもないみたいだし。
あと、火曜が祝日とやっと気づいて、ダーリンと
「四連休じゃん!」
とちょっと得した気分になったのでした。
あと、一番衝撃的だったのが、ひびが入ってた歯がとうとうとれた事。
昼寝して起きた時、カコッとはずれたのよね。
「うわぁぁぁぁ!歯がとれた!」
とか言いながらがばっと起きて鏡ではずれた所をチェック。
うわー。間抜け。
治しにいかないとなぁ。
とか思いながらはずれた所をいじっていると、そのはずれた歯が、またカコッとはまったのです。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

ダーリンに
「ねぇねぇ、歯がはずれたけどとりあえずはまったよ。」
と報告すると、
「とりあえずアロンアルファでくっつければ?」
と言われました。
「えーー!アロンアルファって・・・口の中のものでも大丈夫なん?」
「だって医療用のアロンアルファあるやん。」
「えー医療用は医療用であって、市販されてるやつはまた違うやろ。」
「うん、まぁそうやけど、うちのお袋とか、よぅやってたで。」
「まじでーー?」


・・・ということでアロンアルファ買いにいこうと思います。トホホ。
2003年04月28日(月)

エロバカ日記☆今日のいろいろ

いやー、最近めっきり温かくなって、日によってはノースリーブで過ごせるくらい暑い日も。
嬉しい限りです。
何がって、アレですよ。
ダーリンのパンイチ度がアップするのが。
彼は基本的にきっちりした人で、私がパンイチでうろうろしてると必ず
「これ!パンツ一丁でうろうろして!なんか履きなさい。」
とたしなめるし、自分も、暑い時以外、滅多にパンイチにならない人なのです。
私は彼がフリチンで眠っている姿さえ見た事がありません。
全裸で抱き合って眠りたいのに、彼は、
「もし夜中に強盗とか地震とかがあったら、リカを守らないといけないでしょう?だからリカは全裸でもいいけど、俺はちゃんとしてないとダメなの。」
と言って聞きません。
そんな彼のパンイチだから、嬉しさもひとしおってなもんなのですよ!
あ、そこのあなた、今
「男のパンツごときで・・・変態め。」
とか思いましたね?
バカッ!
男の横金・横チンは初夏〜夏の風物詩じゃないですか!!
「夕涼み よくぞ男に 生まれけり」
という素敵な俳句もあるくらいなのですよ!
これはですね、夏の暑いさなかに、外でパンツ一丁(ふんどし一丁)で、横チン・横金を夕風に晒せる男の喜びを詠んだ句なのです。確か。
誰だったかの句で、
「我むさ苦しき故郷を見たり」
というものもあります。
これは、故郷に帰って自分の親父とパンイチ(ふんどし一丁)で夕涼みをしていて、親父の横金をみた時に、息子が詠んだ句なのです。確か。
ね?「横金・横チン」は夏の季語。
夏の風物詩なのです。
いや、初夏から横金・横チン見れると、
「ああ、もうすぐ夏なのだなぁ。」
と、しみじみ季節を感じながら、その横金・横チンをつんつんモミモミしてしまうのです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

あんまり痰が絡むので、
「クララ」
を買ってみました。
昔からある、咳・痰・喉の薬です。
「水無しで飲むのか。スーパーミント味ねぇ。んが。」
と、飲んでみました。
途端にオヤジ臭発生。
自分の息がオヤジ臭い。
「ねぇねぇヨウピン、今ね、リカね、すっごくオヤジ臭いよ!は〜。」
とダーリンに息を吐いてみせると、ダーリンは
「うっわ!リアルにオヤジ臭い!!」
と後ずさり。
そんなに引かなくても・・・とちょっぴり傷ついた私。
しばらくこのオヤジ臭とお付き合いしなくてはいけません。
しかしものすっごいまずいんだ・・・これ・・・。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日は、まんが喫茶に行ってまいりました。
江川達也のDEAD MANを読みました。
なぜ18禁じゃないのかすっごい疑問に思いました。
下手なエロ漫画よりエロいよ! 
んーと、吸血鬼の話なんだけどね。
私は、吸血鬼には、小さい頃から物凄い性的なファンタジーを持っていたのです。
真夜中に美しい処女を、その瞳でいいなりにさせて、首筋に噛みつき、血をすするモンスター。
残酷でいて美しく、性的なものを連想させるその設定に、少女の私は胸を熱くしたものです。
しかし。
これ、性的っつーか直球だし。
吸血鬼の噛み跡が、まんこの形だし。
噛まれた人は首筋に開いたまんこでオナッちゃうし。
どろっとした液体とかもそっから噴き出しちゃうし。
なんか直球過ぎて、逆に、少女の頃に感じた吸血鬼に対しての艶かしいファンタジー、簡単に言うと「萌え!」という感じがありませんでした。
いや、これはこれで視覚的に興奮したけれど。
あと、エロの方に目が行きがちだったけど、良く読むとなかなか深い内容だなぁと思ったし。
何が真実か。歴史が本当に真実か。
地球という長いタイムラグの中で見ると、私達が信じている歴史は捻じ曲げられ、組み上げただけの虚構なのではないか。
・・・難しい。
帰ってから、
「竜馬の妻とその夫と愛人」
を見たんだけど、最後のシーンで、
「ああ、確かに、歴史は理想に捻じ曲げられているものもあるのだろうな。」
と思った。
ちなみにこの「竜馬の妻とその夫と愛人」、監督は三谷幸喜だし、キャストはノリタケ・江口・鈴木京香・中井貴一・etc.だし、なかなか良かったよ。
ノリタケと他の役者の兼合いも面白かったし、プチ感動しました。


ああ、なんかバラバラな日記だけど、まぁ、今日の私はそんな感じでした。
明日もダーリンはお休み。
折角夜更かしできるのに、





↑エンピツ投票ボタン

なんだよー。こんな時こそ夜通しセックスしようよー。
2003年04月27日(日)

エロ日記☆咳と締まり具合と男の無駄毛

今日は買い物行ったり洗濯したりヴィデオ見たりの一日でした。
いつもとかわんないや。
「ジャパン」で、ペプシを2ケースも買いました。
理由はほら、アディダスのボトルキャップ、前ついてたでしょ?
あれ、もう終了したんだけど、ジャパンの奴にはついてたから。
別に集めてるわけじゃないんだけど。
いや、むしろかわいいから集めたかったりするけど。
「これ、ついてたからあげるー。」
と、ボトルキャップくれたダーリンに、
「あ、これねぇ。コンプリートしたら1万円前後で売れるみたいよ。ネットオークションで。未開封だとワンケース分で2000円前後かな。」
と、うっかり言ったところ、ダーリンは
「今のうちに買いしめて売りさばこうぜ!!」
とやる気満々になってしまったのでした。
予定ではあと2ケースくらい買うつもりらしい。
「ジュース代帰って来る程度の儲けだと思うよ・・・」
と釘をさしてみたけど効果なし。
まぁ、無駄にはならないだろうし、好きにさせよう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日は朝からおセックス。
ここのとこずっとローション使ってたから、ローション無しでやって見ました。生理だし。
うーん、無いよりはあった方がいいかな。やっぱ。
で、特にいつもと変わらないおセックスだったのですが、私は風邪ひきで、腰振ってる最中にもコンコン咳が出てたのです。
そしたらダーリンてば、
「リカが咳したらキュって締まる。あはは。」
と笑うのです。
なんだバカヤロウ。(荒井注)
「いいやん、締まるんならさ。」
「うん、いいねんけどさ、咳する時動き止まるから、まぁプラマイゼロかな。」
なんですか?貴方はげほげほ咳してる間にも腰を動かせとおっしゃるのですか?
ひでーや!この鬼畜!
と、すっかり拗ねてしまった私は、咳のせいで集中できなかった事もあり、気持ち良くイク事ができませんでした。くそう。
で、終わってから二人でシャワーを浴びたのですけども。
最近、私がダーリンの前でスネ毛や脇毛をそっていることは前にも書いたのですが、それに触発されたのか、ダーリンも、私の前でおかしな所を処理するようになってしまったのです。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

女性ならともかく、男性でここを処理してる人初めてみたよ!
処理してるもんなの?
男って無駄毛なんかボウボウに生やしとくもんなんじゃないの?
ていうか、前からここらへん、チクチクしてたので、もしや剃ってるのでは?と思ってたのですけども、ダーリンは特異体質で、特に皮膚関係は弱いと聞いていたので、もともとこれくらいしか生えない人なのかもなぁと思ってたのです。
でも、今日、真相は明らかになりました。
剃ってたのかよ。
剃らなくてもいいのにー。
むしろ私は男の無駄毛が大好きなのに。
もしゃもしゃ触るの大好きなのに。
でも、まぁ、彼なりになにかコンプレックスがあるのかも知れないと思い、何も言いませんでした。
・・・でもなぜ剃るのか気になる。
今度さりげなく聞いてみよう。
2003年04月26日(土)

エロ日記☆シリアスな匂い

今日はいつもより更新するのが早いですが、もうね、なんか、鼻水で息苦しいわ、咳で筋肉痛だわ、生理だわで眠いんで早めに更新でございます。
折角のダーリンのお休みなのになぁ。
しかも、最近働きすぎだッ!とぶちぎれたダーリンは、月曜に珍しく有給までとったのです。
ダーリンにしてはほんと珍しい。
「休んだら、その分自分にしわ寄せが来るだけだから」
と、滅多に休まない人なのです。良く言えば真面目、悪く言えばクソ真面目って奴です。
そのダーリンが!珍しく!有給とったのに!
私は体調不良。
折角だから!カラオケ行ったり!二年以上ずっと使ってないのに解約してないPHSを解約しに行ったり!電気屋めぐりしたり!
したいのに!
私は体調不良。
ああ。体調不良ネタをこんなに引きずるとは。
体調不良を言い訳に、二人で居酒屋へ晩御飯を食べに行った。
「リカ、あんまり食欲なさそうやな。」
「鼻がね、」
「え?」
「鼻が詰まってるからさ、」
「うん。」
「鼻の奥が溺れてるみたいな。ずっと泣いてたみたいな。そんな匂いがする。」
「ああ、解るような気がする。」
「眠たい。」
そう言って、ダーリンのスーツの裾に足を突っ込む。
「またこんなとこもぐりこんで。」
「なんかさ、私、ヨウちゃんの服の中にもぐりこむの好きやねん。安心する。」
「ああ、女性の本能らしいね。肌に触ってると安心するって。」
「そうなん?」
「うん。地図を読めない女話を聞かない男で書いてたような気がする。」
「ふーん。あれ、そんな本なんや。面白そうやね。早く読んで貸してよ。ビジネス書ばっかり読んでないでさ。」
「あはは。そうやな。」
ゆったりした時間。
ずっと忙しかったから、こんな時間が嬉しい。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そうそう、今日親友Mとメッセしてたんですけどね、唾液(決して涎ではない)の甘いにおいが、肝油の匂いに似ているという話を彼女から聞いて、私は肝油というものを食べた事も舐めた事もないんだけど、唾液の良さはなんとなくわかるような気がしました。
彼女は、唾液のにおいを、
「懐かしいもの」
として、愛しいものの対象としているようだったけど、私にとって唾液のにおいは、発情のスイッチが入るものなのです。
なんというか、いつも、新しく付き合う人との初めてのキスは、甘い唾液の匂いがして、奥歯をギリッと噛み締めてしまうほどの発情感を感じるのです。
空気に触れないで、お互いの口の中で温まった唾液は、一瞬、唇を離した時に凄くエロ臭い匂いがするのです。
精液の匂いとか、そういう直接的な匂いじゃなく、直接的でないからこそ、物凄くエロティックな気分にさせられるのです。
「ああ、これから・・・」
と、エロティックな妄想をかき立てられるあの匂い。
精液の匂いのように、笑い飛ばしてしまえない、シリアスな匂い。
緊張感渦巻く匂い。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン


ダーリンがシリアスにキスしてくれたら、その匂いがするんだけど・・・。
2003年04月25日(金)

エロ日記☆ちんこの謎

風邪の上に生理降臨。
辛い。
風邪治りかけなんですけど、ダーリンが風呂に浸かりたいとおっしゃるので、湯船に浸かってきました。
で、いつものようにちんこいじって遊んだわけなんですが。
告白します。
私・・・私・・・あんなに毎日
「ちんこちんこちんこちんこちんこアイラブユーちんこ」
って言いまくってるのに、いまだにちんこの向きがどっちか、いつも忘れるのです。
向き。つまり、裏筋が上だったか、下だったか忘れるのです。
「『裏』筋」なんだから、ちょっと考えれば裏筋が下だってわかりそうなもんなんですが、体と合わせて考えてみた時、

こうだったか、

こうだったか考えてしまって混乱するのです。
男性の視点からすると、ダースベーダーの後姿的なものが見えているわけでしょ?
でもちんこの主役的存在は(あくまで私の中でだけど)裏筋のあたりのニュアンスじゃないですかッ!
だからついつい、男性にも裏筋が見えてる状態でついてるもんなんだと錯覚してしまうのです。
で、夜中にちんこをさわさわしていて、
「ん?上だったか下だったか・・・?」
と悩んでは、激しく確認したい衝動に駆られるのです。
しかしダーリンを起こしてしまうわけにもいかず、悶々とした夜を過ごすハメになってしまうのですよッ!
あと、未だによくわからない事がもう一つ。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

こっそりちんこのサイズ測ろうとした時に、いつも悩むのです。
2003年04月24日(木)

エロ日記☆風邪中っていろんなもんが不味いよね

一眠りするごとに、めきめき回復して行くのが感じられて、今ではもうだいぶ復活でございます。
風邪ひいた時、かく汗とか、皮膚のぴりぴり感とか、スゴイ気持ち悪いけども。
今日は、私は風邪なので自粛しましたが(というかさせられましたが)、ダーリンは抜いてあげました。
ダーリンのお腹に頭を乗せて、亀頭が私の手で変形する様を眺めながら、ダーリンがイクその時を待つ。
私はダーリンの皮膚が大好きだけど、ここの皮膚は特別だ。
一番私に近い皮膚なんだもの。
つるつるしていて舐めても触っても気持ちがいい。
今日、ダーリンは珍しく、
「イキそう」
と言ってからすぐにイってしまった。
いつもだったらイキそうって言ってから実際イクまで三分くらいはかかるのに。いつも我慢するから。
亀頭のスリットから勢い良く漏れる白い液体を眺める。
もうちょっと遊んでいたかったのにな、と残念に思いながらティッシュで拭いてあげる。
彼はぐったりとされるがままになっている。
精液の処理をされるのって嫌じゃないのかなぁ。精液出した後のちんこってなんか間抜けなのにね。
私がいたずらに彼の金玉にかぶりつくと、
「こら!喉に悪いからやめなさい。」
と彼は言った。
・・・喉に悪い、と心配するなら、私の横でタバコ吸う方を止めて欲しいのに。そっちの方がよっぽど喉に来る。
金玉は優しいよ。
心配の仕方が少し間違ってるよ。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

風邪ひいてる時って両方まずいんだもん。
2003年04月23日(水)

バカ日記★喉痛い。(エロバカ画像更新)

みなさんこんばんわ。
私、突然風邪ひいて喉が痛くてたまりません。
いつもだったら喉痛くてもタバコ吸ったりするんですが、今回はそんな気もおきない位喉が痛いです。
ということで今日はおとなしく寝ることにします。
BBS・メールの返信は明日させてもらいますね。






↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

ただただ喉が痛いだけなのですー。


画像更新しました。↓
コメント修正。
一人かと思ったら二人だった・・・。
2003年04月22日(火)

エロ日記☆フェラチオ中の顔

今、日記のネタを探してアダルトサイトをうろうろしてたんですけどね、
「無修正もろ見え写真!」
みたいなとこで、女の子がカメラ目線でフェラチオしてる写真があって、
「・・・男は何故『フェラチオの時に目を合わせてくれると興奮する』って言うんだろうか。・・・ハッキリ言ってフェラチオしてる時の顔ってその女の子がどんだけかわいくってもブサイクだよなぁ・・・」
と思ったのです。
昔、ほんの30秒くらい両想いだった男友達が
「俺、フェラチオ嫌いやねん。だって女の子、ものごっつブサイクに見えるし。萎える。」
と言っていた事があって、その時は、
「えーうそーん。そんな理由で?」
と思ったのですが、ちょっと気持ちがわかるような気がしました。
ちなみにこの彼はセックスもオナニーも半年以上しなくても全然平気という、超植物的男だったので、一般の男性には彼のフェラチオ嫌いの気持ちはわからないかもしれませんが。
「セックスの最中に、彼ったらこんなブサイクな事したから萎えちゃってー。」
というのは、どちらかというと女性的な考え方のような気がします。
彼も女性寄りの男の子だったのかも知れない。
軽く女装癖あったし。
だから魅力的だったのかな。
まぁ、彼の事はおいといて、話を元に戻しましょう。
どうして、フェラチオ中のブサイクな顔を、男は見たがるのか。
ちんこを咥えられているのを見るのが目的だったら、わざわざ
「フェラチオ中の上目遣いがいい」
とか言わないよねッ!?
じゃあなぜ?
ブサイクに顔を歪ませながらも献身的にちんこを咥える健気な感じがいいのかな?
私も、クンニされてる時、こっちを見られると興奮するけど、それは、感じている恥ずかしい顔を見られていると言うことに興奮するんだけど。
だってクンニはあんまりブサイクにならないもん。
男ってズルイや!
男が顔が歪む時って、あんまりないような気がするなぁ。
イク時位かな。あと我慢してる時?
ダーリンも、私がブサイクな顔してイク時とか、ブサイクな顔してフェラチオしてる時に限って
「こっち見て。」
って言うんだ。
あの時の顔は自分ではみたことないけど、普通に考えて、ブサイクに違いないんだ。
男にとって、アレはブサイクではないのかな?





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

2003年04月21日(月)

バカ日記★アルバム

最近の日記の題見たら、
「エロ日記・エロ日記・エロ日記・エロ日記・エロ日記」
エロばっかしかよ!
と、ちょっぴりこっぱずかしくなりました。
てへ。
しかも凹んだ直後から。
やっぱセックスは私のキックのようです。


今日もぐうたらした一日でした。
ヴィデオ見て買い出し行ってセックスして。それくらい。
ええ、日記のネタに窮しております。
しかし、上で「エロばっかしかよ!」と自分で自分に突っ込み入れたてしまったので、バカ日記書きたい所。
うーんうーん。
バカって難しい・・・。
いや、もともとバカなんですからね、そのままの私を書けばいいのですけど、「エロ」は状況を書くから、まぁそんなに考えなくてもいいんですけど、「バカ」は事実とは言えネタですから、ちょと難しいのですよ。
バカな事をポンポン言える人って、絶対頭の回転が早いんだと思う今日この頃です。
脳みそスローモーな私には無理な話です。


まぁ、そんな言い訳はおいといて、んー・・・あ、そうそう。
ダーリンと二人で、
「リカとヨウ・愛の軌跡アルバム」
を作ったのです。
ああ、アルバムのキモイ名前は私が脳内で勝手につけた名前なので、気にしないでください。
付き合いだしてから、行った先のチケットの半券やら、映画の半券やらをずっと貯めてたんですよね。
まぁ、一部なくなったりもしてますが、それが結構な量になってきたので、アルバムで整理しようという話になって、アルバムを購入したはいいけど、なかなか整理する時間がなくって、いや、私にはあったけど、やっぱ二人で整理したくて、しばらく放置してたのをやっと今日整理したんです。(回りくどい)
写真や半券を整理してるうちに、
「これ、いつの写真だっけ?」
「ああ、あれだよ、京都行った時の奴だよ」
「ああ、そうか、行ったなぁ。」
なんて思いだしたりして、なかなか有意義な事をした気分。
同棲し始めた日もずっと曖昧だったけど、同棲する前日に行った、神戸の客船の半券から割りだせました。(運良く日付が入っていたので)
これだけでも大収穫。
「女は記念日が好き。」
お祭り好きな私はもちろん好きに決まってますが、少なくとも同棲記念日が解った時、より喜んでいたのはダーリンでした。
かーわいい☆
脳内のキャパには限度があるので、こうやってアルバム作るのは「思い出す」のにいいかも。
日記もそうだけど、写真とか、こういうアルバム製作とかって、後で見ると
「ああ、そうか、この時こんな事したんだ。忘れてたー。」
なんて思いながら、その時の楽しいことが思いだされていいですね。
ダーリンが、付き合う前に二人で撮った写真を見て、
「俺、この時さぁ・・・」
と、何を考えていたか教えてくれたりして。うふふ。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

あと、妊婦になったら、どれくらい体に変化があるか楽しみなので、一ヶ月ごとに「妊婦ヌード」を絶対撮るんだ!!
そして「妊婦アルバム」を作るんだ!


これからダーリンとのアルバムがどんどん増えていくのが楽しみ。
2003年04月20日(日)

エロ日記☆「裏しがらみ」

今日は朝からまたローション使用しておセックスいたしました。
ローション使いながら、大好きな裏しがらみをやってもらったのだけどこれがまた最高で。
ちなみに、私の日記によく出てくるこの
「裏しがらみ」
がどんなもんかわからないという人に絵で説明。

なに?絵が下手すぎてわからない?
おだまりッ!
この「裏しがらみ」は48手の「しがらみ」のうつぶせバーションということで私が勝手に命名したんだけど、正式名称あるのかな?
足を閉じて、つま先まで力をいれるとすごい締まるし、同時にこっちもちんことの密着度がアップして気持ちいい。
クリをいじりながら突いてもらうと最高。
高速でいける。
しかもダーリンが奥を突いた時に、ダーリンの土手が尻の谷間に割って入ってこられるような感覚があるんだけど、ローション使うとそれがなんとも・・・丁度いい刺激。
クリトリスもローションでヌルヌルと気持ちよく、「裏しがらみ」にしてから10秒で昇天。
まさに秒殺。
ああ、もう、ここんとこの日記はローションの事ばっかり書いてしまいそう。


だけどその後はクールダウンして一日ビデオ三昧。
先週から休みなく働いていたダーリンとぐうたら休日を過ごしました。
セックスアンドザシティのサードシーズンと、スパイキッズ2と、ジョンQと、9デイズと、アリーマイラブセカンドシーズン。
セックスアンドザシティとアリーマイラブは「独身」「30代」「キャリアウーマン」「恋愛」なんて共通項も多いけど、毛色が違う。
テーマが「セックス」色の強いセックスアンドザシティの方が個人的に好きだけど、アリーの破天荒っぷりも捨てがたい。
アリーのエレインのセリフで「おお、なるほどね。」と思ったものがあったので、ここに残しておこう。
「幸せなんて簡単。自分が幸せそうに振舞ってると、周りが幸せそうって思い込むの。そしたらそれが私にもうつる。私は幸せなんだって確認できるの。だから、幸せなんて簡単。孤独はそうはいかないけどね。」
うーん、私もここでラブラブな日記書いてるけど、こういう効果もあって書いてるのかもなぁ。
いや、実際幸せなんですけども。
でもさ。
「幸せそうだね」
と言われると、その言葉に少しの根拠があったら
「ああ、私は幸せなんだ」
って再確認できると言うか。






↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン


私は、目に見えない大勢の人に守られているのだな。
2003年04月19日(土)

エロ日記☆ローション・AF(後編)

さてさて昨日の続き。
ローションのおかげで、いつもは指でもキツイアナルが、気持ちいいくらいバイブを飲み込んでいく。
指だといつもは第二関節まで入ったらいい方だけど、全長10センチのこのピンク色のバイブを、まるで迎え入れてるかのようにするすると根元まで咥え込む。
抵抗がなさ過ぎて、逆に
「ほんとに気持ちいいのかな?」
ってくらい。
ダーリンはバイブを抜くたびに魂が抜けたような声を出しながら、体を魚のようにびくつかせる。
「だめだ。いきそう。」
ダーリンがそう言いながら、私を引き寄せる。
私はローションでべたべたの手をティッシュでぬぐった。
ティッシュが手に張り付きまくったが、そんな事気にせず、下着を脱ぎ、ダーリンに跨った。
私が下着を脱いでいる間に、ローションは早くも乾きかけていたが、体を沈めると、私の体液と混ざり合って、ヌルヌルがよみがえる。
おお、これは。
すごくいいかも・・・。
「濡れすぎると、抵抗がなさ過ぎて、あんまりよくない気がするんだよね。」
なんて言ってたけど、前言撤回。
ダーリンのお腹についたローションがヌルヌルとクリトリスを刺激して、かなりいいかんじ。
私は、そこにクリトリスを擦り付けるようにしながら、ダーリンのアナルバイブを抜き差しした。
だけど、動きづらくて、途中で抜いてしまった。
「バイブどうだった?」
「うーん、気持ちいいけど、そんなに刺激はないよ。」
なーんだ。チッ。
今度は出力最大でやってやる。ひひ。
と、私が悪巧みしながら腰を動かしていると、ダーリンが体を起こして
「だめ、ちょっとまって。いきそう。」
と息を整える。
彼は、イった後の復活は遅いが、挿入中の復活は早い。
イきそうになったら少し休憩するだけで気をそらせる事が出来る。
彼の息が整ったのを見計らって、腰をグリグリと回した。
ローションがお尻の下で自分の体液とは違う、濃い粘度をもった音をたてる。
今度は私の方がイきそうになる。
私は我慢せずにそのまま昇天。
彼にもたれかかって息を整える。
彼は私を横向けに寝かせ、側位で突いてきた。
突かれるより、グリグリされる方が気持ちいいみたい。
と、彼が
「リカも挿れてみる?」
と、アナルバイブを拾い上げた。
それに新しいコンドームをつけ・・・
「ね、ローション足して?」
「大丈夫だよ。こっちもべとべとだから。」
いや、私はバイブにも尻にも丁寧に塗りつけたじゃん。
お願いだから足し・・・ひぃ!!
ゆっくりとバイブが挿入された。
ダーリンよりローションが少ないせいで少し抵抗があったものの、するすると入っていった。
「おおお、お願いだから、出力最小でよろしく。」
ブゥンと音がして、内膜が振動する。
うん、確かに最小だとたいしたことないな。
しかしダーリンはそれを激しく抜き差ししながら突き上げてきた。
うぅ、ともいぃ、ともつかないうめき声が漏れる。
気持ちいいというより、気持ち悪い方が強い。
やっぱりそこは出すとこだよぅ!
しかしそんな気持ちとは裏腹に2回目の昇天。
てへ。気持ちいい。
ダーリンが、私を四つんばいにさせる。そして、私の尻穴を指でなでながら、
「ねぇ、こっちに入れてみてもいい?」
と言った。
「え”−−−!」
「平気平気。ローションあるし、ゆっくりするから。」
「だだだ、だめだよ!だめだってば!だめーー!ひぃぃ!!」
ツッとちんこがアナルに触れて、私は体をこわばらせる。
しかし、ローションで滑ってなかなかはいらない。
いつの間にか、
「う・・・もうちょっと上・・・」
とか誘導してる自分がいる。
「力抜いて。大丈夫だから。」
そらあんたは大丈夫でしょうよ!と、心の中で悪態をつきながら、素直に力を抜いた。
と、ものすごい抵抗を伴って、ちんこの先っちょが入った。
「いぃぃいいい!!(決して気持ちいいの「いい」ではない。)」
「ほら入ったー。」
ダーリンが呑気に言う。
「いぃぃいいイタイイタイ!!」
「大丈夫大丈夫。力抜いて。」
と、ダーリンを信じて力を抜くたびにちんこがぬっとはいって行く。
「ほら、もうここまで入ったよ。」
と、ダーリンに繋がっている部分を触らされる。
「ほんとだ・・・」
なんか、今、「入ってる」最中なのに、子供産み落としたような感動・・・な訳ないッ!いでーよ!
「こここ、これ以上は無理ですぅ!それ以上入れたら・・・い"ッ!!痛い痛い!」
もう半泣きで懇願。
ところが奴は激しく抜き差しする。
「イタイイタイイタイー!!(泣)お願い・・・ゆっくりして・・・」
どっと脱力するが、ここで(尻の)力を抜いたら奴はますます進撃してくる!
もう、全神経を尻の筋肉に集中させて、それ以上はだめ!アタイが許さない!と意思表示。
ダーリンはゆっくり抜き差ししながらご満悦。
私は早く嵐が過ぎ去るのをひたすら待つ。
「お願い。もうだめ、もうだめーーー!」
「もうだめ?」
ダーリンは物凄く残念そうにちんこを引き抜いて、またそのまま挿れようとした。
「待ってッ!!そのまま挿れないで!!お尻に入れたのに!」
とダーリンを制する。
ダーリンは叱られた犬のような顔をしながらちんこをティッシュで拭いた。
ちんこがティッシュまみれになった。
仕方がないので、手でいってもらうことに。
でも、手でやってるうちにティッシュがぽろぽろとはがれたので、また挿れることに。
ああ、やっぱいいわ。この感触。
いつもはいけそうにない体位でもいけるような気がする。
顔射してもらいたかったけど、さすがに一回自分のケツに入ったということで、なんとなく気が引けて、お腹に出してもらった。
終わった後、全身べたべただったので、二人でシャワーを浴びた。
ところがヌルヌルは少し洗っただけじゃなかなか取れない。
「リカ・・・やっぱこれ薄めて使うもんなんじゃ・・・?」
「う、うん・・・そうかもね・・・」
でも、その残ったヌルヌルで、ダーリンと体を洗いあいました。
石鹸とローションが混ざり合ってヌルヌルで気持ちよかったよ。






↑エンピツ投票ボタン

ただ、後処理が大変てのがなぁ・・・。
でもさ、これ、乾いたらほんとにサラサラなんだ。
全身に塗って、乾かしてから服を着ておいたら、いつでもどこでも水足すだけでローションプレイができるって事?うふふ。
2003年04月18日(金)

エロ日記☆ローション・AF(前編)

今日ローション届いたんだ!!
嬉しい!
荷物の内容を
「化粧品・雑貨」
として送ってもらったんだけど、会社名はそのまま。
まぁ、「アダルトグッズ○○」って書いてるわけじゃないけど。
でも、
「配送業者さんがこの会社の事知ってたら・・・『ああ、この人大人のおもちゃ買ったのか』って思われるんだろうなぁ。ひぃ!恥ずかしい!」
って心配しちゃって、代引きで買ったんだけど、おじさんに料金払ってる間一人でドキドキしてたよ。
ていうか、ネット上で顔晒して
「大人のおもちゃ買っちゃった〜」
とか言ってる時点で恥ずかしいもクソもないのだが。
「じゃ、ここにはんこ押してください。」
「あ、はんこないんでサインでいいですか?」
「あ、じゃフルネームでお願いします。」
ふ、フルネームッ!書いても大丈夫?ねぇ大丈夫?
なんて、悪徳訪問販売に押し売りされた時のような気分になったりして。


荷物を受け取って早速開けてみる。
わぁ。さすが業務用(笑)
何の飾り気もなく、何の説明もないアルミパック。
とりあえず開けてみる。
むにゅっと出してみる。
ひぃ!なんだこれ!
スライムみたい!
もっと液状かと思ってたんだけど・・・手に出したらこぼれないでそのままポテッと乗りそうな勢いだな。
サイトの説明では薄めて使う事も出来るみたいなこと書いてたけど、むしろこのまま使うことに問題はないのだろうか・・・。
恐る恐る触ってみる。
「うわぁ〜・・・・」
触った感じもスライム。みょーんと糸を引く。
もう一個の初心者用アナルバイブは、丁度女性の指程度の太さで、なんとなく頼りない。大丈夫かこれ?
とりあえず、帰ってきたダーリンにはアナルバイブの事は内緒。
ローションの方を触らせてあげた。
「わーー。すごいな、これ。ヌルヌルする。」
「ね。でも乾いたらサラサラなんだけどね。土曜日に試してみる?」
「そうやなぁ。後処理大変そうやしな。」
ということに決まったのですが・・・。
私がそんな楽しいものを目の前にして我慢できるわけがないッ!
ということで、早めに布団に入ったダーリンの横に潜りこんで、ちんこに掴みかかる。
「これ!今日はもう寝るんだよぅ。」
「でもさでもさ、子ヨウさん(ちんこ)は『ローション試してみたい!』って言ってるよ。ねー、子ヨウさん。」
と、私が子ヨウさんに話しかけると、子ヨウさんはピクッとカリ首を縦に振った。
「ほらほら!うんって言ってるよ!」
「言ってません!」
「言ったよね!子ヨウさん?」
子ヨウさんはまたピクッと。
「ほら〜!」
「ちゃうねんちゃうねん。振られると乗ってしまうのは大阪人の悲しいサガやねん。」
「違うよ。子ヨウさん自身のお返事やもん。」
ということで、子ヨウさんの意見を尊重してローションを使ってみる事になった。
バスタオルを下に敷いて、ローションをちんこから金玉にかけて塗りたくる。
「つべたい!」
「すぐ温まるよ。」
と、ローションでニュルニュルしてみた。
おお。これは・・・。やってる方も気持ちいい(笑)
まだどうやったら気持ちいいのか掴めず、ひたすらちんこと金玉をニュルンニュルンしてみる。
なんだか手がまんこになった気分だ。
ダーリンも気持ちよさそう。
「ねぇ、目つぶってたら、もっといいことしてあげる。」
「なになに。」
「目つぶってて。見ちゃダメ。」
と、ダーリンの顔にシャツをかけて、こっそりアナルバイブの用意をする。
細いバイブに一応コンドームをかぶせて、ローションを塗りつける。
ダーリンのお尻にも塗りつけて、ゆっくり入れていく。
自分の指じゃないから、感覚がわからない。
出力最小でスイッチをオンにしてみる。
ダーリンは振動にびっくりしたようで、
「何?リカちゃん何買ったん?」
と言いながら呻いた。
ゆっくりとそれを出し入れしながら、ちんこをしごく。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

長くなりそうなので続きはまた明日。
2003年04月17日(木)

エロ日記☆顔射

ああ、ダーリンが忙しいの解ってるのに、毎朝お盛んなんだ。
今朝もいただいちゃった。てへ。
いや、私はセックスするつもりじゃなく、フェラチオで抜こうとしてたんだけど、ダーリンが私のパンツに手を突っ込んで、
「濡れてる」
って発見しちゃったんだ。
ああ、そうさ。フェラしてるだけで濡れるさ。
濡れてることを指摘されて、挿れないわけにはいかないでしょ。あは。
で。
ずっと憧れてたあれをしてもらったんだ。
あれ。
顔射。
ああ、AVの見すぎかもしれないよ。
でも興味有なんだよぅ。
それに、いっつも精子がかかったあと、それをぬぐったお腹って、しっとりすべすべになってる気がして、
「お肌にもいいかもしれないッ!」
って思ったんだよう。
いや、それは言い訳だけどさ。
昔付き合った男が、
「顔射って、なんか女の子を冒涜してるような気がして出来ない」
とか言ってた(その割にはミニスカノーパンで夜出歩かしたり、君の家の窓のポールに手錠でつないでいろいろしてくれたりしたよね?片方の輪はポールに、もう片方の輪で両手つないだからきつきつで、私の手首、傷だらけにしたよね?)ので、
「ああ、ダーリンもそういう変な気遣いしないといいけど」
って思ってたんだけど、
「いきそう。」
「だめ、おあずけ」
ってやりとりをした後だったせいか、
「じゃ、顔に出して。」
って言った時は喜び勇んで出してくれたよ。
でもあれってちょっとしたテクニックがいるんだね。
正常位から顔射だったんだけど、我慢させてたせいで抜いた後が我慢出来ない上に、私の足を持ち上げながら近づく形になっちゃって、うまく顔にかからなかったんだよね。
がんばって口で受けてみたけど、ほとんど胸にかかっちゃった。
うーん、練習の余地有。と。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン


へへ。お楽しみが盛りだくさんだぜ。
2003年04月16日(水)

エロ日記☆ローション購入(エロバカ画像更新)

仲直りして(というか元々私が一方的に凹んでただけだけど)朝、早速襲いました。
マイナス思考に最後のキックを。
朝は時間がないというのに、ダーリンは昨日の私を気遣ってか、ゆっくりやってくれました。ありがたい。
お返しに私もがんばりました。
最近、燃え上がるような気持ちでセックスをしていない気がする。
でも、これもまたよし。
と思うけど、やっぱり少しスパイスが欲しい所。
ずっと迷ってた「あれ」の購入を、ダーリンに相談してみる事にした。
ああ、彼はそういうの苦手そうだなぁ、なんて思いつつ。
「ねー、ヨウピン、ローション買ってみない?」
「ローソン?買うって?」
「いやいや、ローション。こう、にゅるにゅる〜ってするやつ。」
「ああ、そうやねぇ。」
あら、あっさり快諾。それどころか、
「でも、下に敷くマットとかもいるんじゃないの?ビニールしくの?」
なんて当たり前のようにノリノリ。
あら〜どうしちゃったんダベサ、この子は。
私の予想ではもっとこう、
「えぇ〜ローション!?」
なんて常識人の反応をすると思ってたのに。
そして、それを私が
「そうさ、にゅるにゅるするんだよ〜げっへっへ」
といじめるはずだったのに。
ちょっぴり拍子抜けしたような、嬉しいような複雑な気分で、
「いや、マットは見たけど業務用で高いから、ペット用シーツで・・・」
と返してみる。
「ははは。業務用とかなんや。」
と笑うダーリン。
・・・やっぱりこの人フーゾク好きなのじゃ・・・という疑惑が頭をかすめたが、まぁ、乗り気だし、よしとしよう。
早速、いつも眺めて買おうかどうか悩むアダルトグッズのサイトを、舐めまわすように見る。
「ああ、悩むなぁ。
360mlで580円のローションか、1000mlで1120円の業務用ローションか。
振込みに行くの面倒だなぁ。
代引きの場合2000円以上買わないといけないのか。
ふんふん、1万以下は送料480円ね。
じゃ、一気に買った方がいいのか。
・・・ローション買うことだし、
アナルグッズ買ってアナル調教でもしちゃおうかなぁ。げへげへ。
あ、でもバイブも欲しいなぁ。なになに?3P気分かぁ。げへへへ。」
と、キモイくらいに。
ああ、腐女子まっしぐら。つーかすでにどっぷり腐女子。
しかし、ここでのブツの選び方で、あとあとのセックスライフが楽しいものになるか、しらけるのか、決まってしまうんですよ!
だってさ、ローションはともかくとして、おもちゃ関係は下手なブツを購入したら、
「なんだよこれー。思ってたよりつまんねぇな。」
ってしらけちゃうじゃん。
セックスにおいて、「しらける」ということが、どれほど命取りになるかッ!(力説)
ということで、
「ふんふん、こっちは太さ2センチかぁ・・・ちょっときついかな?やっぱ最初はこっちの1.2センチくらいの奴がいいかなぁ。しかしなんだかちゃちいなぁ。すぐ壊れたら嫌だしなぁ。だけどこっちはコストパフォーマンスが・・・悩む・・・」
と、ほんと真剣勝負。
これぞガチンコ。

・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・ようし!購入したぞ!!





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン



げへげへ。届くの楽しみだなぁ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::


画像更新しました。↓
貴様はこれ見ても巨乳・爆乳好きと言い張るのか!
血管浮いてたり、乳輪がこんなに伸びててもいいのかよ!
(誰に言ってるんだか)
ああ、貧乳のひがみさ!ちぐそーー!(泣)
2003年04月15日(火)

バカ日記★ご心配おかけしました。

今日は「宝物」で醜態を晒してしまいました。
いや、お恥ずかしい。
沢山のメールや書込みありがとうございます。
本当に嬉しいです。
励まされました。
お返事は、これ書いたあと、させていただきますね。


で、あれからどうなったのかと言うと、頭に血が昇って我を失った王蟲のようになった私は、家をガサ入れ。
何点かの怪しい物品を押収。
いつも、
「風俗とか嫌いなんだ」
なんて言ってるくせに、あろうことか、風俗情報誌だのAVだのが出張鞄から出てきました。
しかしそれは、得意先の接待やら貢物ということにして(そういう事結構あるというのは聞いてたし。)、結局一番謎なのはあの写真の人。
誰なんだ。
しばらく不安で、一人泣いたり怒ったりのた打ち回ったあと、疲れてふて寝。
起きたらちょっとすっきり。
ていうか、夢も、ダーリンに
「これ誰?」
と問い詰めてる夢だったので、起きた時、一瞬、すべては夢だったのかも、と思ったくらい。
私、寝起きは夢と現実の境目をよく見失うんだ。
でも、もそもそと起きだして居間にいくと、鼻をかんだティッシュの山が。
ああ、夢じゃなかった。ガクーン。
その後、一日を悶々と過ごし、帰ってきたらなんて言おう、なんて問い詰めてやろうと思案してるうちに、夜10時ごろダーリンから帰るコール。
「今日、晩ご飯どうする?」
「ああ、何も作ってないや。何もないし。それにカレー余ってるけど、もう、土曜当たりからずーっとカレーを食べ続けていて、私の体はカレーで形成されてて、とにかくカレーは嫌なんだよう!!」
不安だったのが、「カレーは嫌だ!」ということにすり替えられて何故かマジ泣き。ダーリンは爆笑。
「カレーは嫌だ・・・嫌なんだよぅ・・・うぅ〜えぐっえぐっ。」
「あははははは!わかったわかった。何か食べに行く?それともピザかなんかとる?」
「ピザがいい・・・」
「わかった。飲み物も切れてたから、注文してから一緒に買いに行こう。」
ということで、ダーリンが帰ってきてからピザを注文し、コンビニへ。
なかなか言うタイミングを掴めずに一人悶々。
でも、なんかもう、ダーリンに酷い事いう気は薄れていた。
とにかく、あの写真の人が誰かだけ解ればいいや、と。
帰ってきて、丁度ピザも届き、箱を広げている時、気合を入れて切り出した。
なるだけ空気が重くならないように、アホっぽく。
「あのさー、リカさー、今日朝すごい不安な気持ちに襲われてん。ほんで元気なかったねん。」
「うん。」
「んでな、ヨウピンの携帯また見ちゃった。てへ♪」
「そうなんか。」
「うん。んでな、ヨウピンのー写真のーフォルダ見たらぁー知らん女の人が写っててんけどぉー、あれ誰?」
「あはははは。それを心配してたんか。あれはな、○○(私が昔働いてたスナック)の向かいの店の女の子やで。」
「えー、ほんとぉにぃー?」
「本当にー。」
「浮気してないー?」
「うん。してないよ!」
「神に誓ってー?」
「誓って!」
「・・・リカさ、ヨウピンが、
『キャバとか苦手やねん』
とかいいつつほんとは好きな事も、
『また付き合いでパチンコいかされたー。疲れた。』
とか言いつつほんとは好きな事も、
『また朝まで麻雀やー嫌やわー』
とか言いつつほんとは好きな事知ってるねん。でも別にそれはいいねん。
でもね、リカ、こう見えても物凄い嫉妬深いシー、物凄い心配性やしヤシー、ええと、あとなんやっけ、そうそう、物凄いヤキモチ焼きヤシー。
浮気だけはしたらいかんぜよ。浮気したら、相手の家乗りこんでいって、顔ガンガンに蹴飛ばしてやるからねY
「あはははは!浮気なんかしないよ。」
「うん、そしたらいいや。」
という訳で、まぁ、もっと聞きたいことはあったけど、ひとまず安心するような事を言ってくれたのでよしとしよう。
結局は、どんなに安心させられるような事言われたって、その言葉を信じないと、解決法はないんだし。
「浮気しないよ。」
「嘘つき!!」
だったらどうしろって言うんだって話になってくるし。
ダーリンとの事は、底辺から物を見るのは嫌だから、
「もし浮気してても、こんなに一緒にいてくれるし、こんなに愛してくれるし、こんなに大事にされて、私は1番なのだからそれでいい。」
なんて割りきりたくない。
そんな爽やかな気持ちで健気になんてなれない。
割り切ったとしても、
「浮気されてる」
と思ったらいてもたってもいられないくらいドロドロな自分になってしまうタイプだから。
そんな演歌みたいな人生はまっぴらごめんだ。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン




追記:みなさんがくださったメールと書き込みにレス付けしてるうちに、
「ああ、私、こんな事も考えてたのか」
と、再発見することができました。
その発見が、プラスのものになっているのを見て、やっと心から安心できるようになりました。
みなさんが、私をプラスの方向に誘導してくださったおかげだと思います。
心配おかけして、本当にすいませんでした。
心から、感謝いたします。
ありがとうございました。
2003年04月14日(月)

エロ日記☆カーセックス専用駐車場

ダーリンが帰ってきたけど、帰ってからもお仕事忙しい上、昨日4時間も寝てないと言うので、あんまり交流できませんでした。
しょぼーん。


そう言えば、私は青姦もカーセックスも経験したことがないのですが、この記事を読んで、激しくイタリアに移住したいッ!と思ったのでした。
なんて親切な国なんだろうね。
これについて、以前、ダーリンと語り合いました。
「ねぇねぇ、イタリアにカーセックス専用駐車場ができたんだってさ!いいな!」
「へ、へぇー。」
「リカさ、土地持ってたらカーセックス専用駐車場作るのになぁ。普通の駐車場よりちょっと高め、ラブホよりちょっと安めで、うーん、大体1時間1500円くらいでどう?」
「どうって言われても・・・。大体、防犯上の事とか、どうするん?変な奴覗いたりするで。」
う、さすがダーリン。シビアなとこ突いてきやがる。
「そ、それはほら、一台一台ついたてとかしてさ。天井はマジックミラーとかで夜空も見れるようにしてさ。鍵もかけれるようにしてさ。」
「ふーん・・・」
「でも、あれやね、確かに危険かもね。何も知らん子とかを『ただの駐車場やから』って言って連れ込んだりする輩も増えるやろうなぁ。わかるようにギラギラした看板つけないとなぁ。」
「いやいや、真剣に考えてる意味がわからんから。」
でもさ、ほんとに日本でもできたら是非行ってみたいんだけどなぁ。
確かに、
「誰か来るかもしれない」
ってドキドキ感はないから邪道なのかも知れないけど、気軽に、安心してカーセックスを味わえるってのはなかなかいいと思うんだけどな。
ラブホって、同棲してるとなかなか行かないけど、そういう特殊な所だったらちょっと気分変えてみようかな、なんて思うし。






↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン


いや、部屋の片付けしなくていいから人件費あんまりかからないし、建物も内装もそんなに金かからんと思うし、まじでいいと思うんだけどなぁ。(真剣)
2003年04月13日(日)

バカ日記★暇なんだよ。

今日はダーリンがいないのです。
寂しいのです。
寂しいと言うか暇なのです。
TVもイマイチなのです。
私は、と言えば、昨日作ったナスカレーと、一昨日作った鳥のすっぱ煮を昼、晩と同じメニューでもそもそと食し、ちょっと華やかな気分になろうとダーリンが昨日持って帰ってきてくれたガトーショコラを・・・洗い物たまって素敵なお皿がないのでグラタン皿に並べ、またもそもそと食べるていたらく。
またお腹がすいてきたので、カレーを食べるかガトーショコラを食べるか悩みます。
カレーと鳥のすっぱ煮とガトーショコラで形成されてるアタイって素敵!
なんて死んでも思いません。
暇なので、昨日送られてきた「サン宝石」のカタログをまじまじと見ちゃったよ。
「これは安い!」
と気になる奴に丸までつけちゃったよ。
しかし、確か中学か高校の時に買ったきりなのに、今でもカタログ送ってくれるなんて律儀な会社だなぁ。
って、引っ越したからってわざわざカタログの送り先変更までした私もなかなかのものだと思うが。
コンビニでニッセンのカタログ(無料)見かけたらもらってこずにはいられない、カタログ好きな私にはたまらんのです。(あくまで見るのが好きなだけで、めんどくさくて買うまでには至らないんだけど)
時々、新聞とかに挟まってる、どう見てもおばちゃん〜お婆ちゃん向けなカタログに、
「愛の福袋(どうやら初心者用アダルトグッズ詰め合わせのようだ)」
だの
「愛の聖典:三巻セット(ソフトAV)」
だのが載ってるのを見ると、
「わーお!これ買うお婆ちゃんて萌え!」
とか思う。
カタログってその購買層の事とか考えると、いろいろ妄想膨らんじゃうね。
そう言えば、私の大好きなこちらのサイトで、こんな素敵なサイトが紹介されてて、「渋いババァフリーク」な私は悶えたのです。
美しくかっこよいお婆ちゃんの写真は、
「アタイ、こんなババァになるよ!そして孫に『おいこらババァ、小遣いよこせ』と言われて、『うるさいよ!このションベンタレ!』と言い返すような強いババァになるんだ!」
と心に決めずにおれません。


ああ、なんだか話が二転三転してますが、





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン
2003年04月12日(土)

エロ日記☆バラバラ日記。

毎日毎日何もなくて、本当は日記にわざわざ書きとめるような事なんてそんなにないんだ。
だけど、ちっぽけな心の動きだとか、ささやかな幸せだとか、セックスについての考察(ってほどの物でもないけど)だとか、そういうのを書きとめていく。
そしたらちっぽけな生活を送ってる私も、考えることを止めないでいられる。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

周りが恋について盛り上がっている。
私はその話を聞いて、凄くワクワクして、夜明けの大通りを自転車で疾走するような、新しい何かが始まったような感じがして、いても立ってもいられなくて、愛を叫びながら走り出したい衝動にかられるんだ。
あ、そこの君、今「クサ!」って言ったね。
臭くたっていいんだい。
むしろ臭いもの万歳なんだ!
熱く生きようぜ!!
なんでそんなに冷めてるんだよ。
臭いものを笑うものは臭いものに泣くんだぜ。
街行く人たちにも、
「告白しようどうしよう」
というドキドキだとか、
「ずっと遠距離だったけど、彼が呼び寄せてくれた!」
という感動とか、
「彼のここが嫌い。でもそれもひっくるめて全部愛したい。」
と心に決めた事とか、そういうドラマがあったんだ。
そう思うとドキドキする。
世界は素晴らしい。
この世界に産まれてよかった。
嫌な事より、いい事の方がたくさん転がってるじゃないか!






↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン


でも、本当に。
起こってしまった嫌な事は「現実」なんだもん。変えようがない。
考え方を変えるしかないんだ。


とにかく。
そういうドラマを乗り越えた彼女達におめでとうを。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::

眠いのにおセックスしてくれたダーリンは土日泊まりがけで出張です。
ちぇ。つまんないの。
でも一番大変なのは、休みもなく働いているダーリン。
「この土日でリフレッシュして、来週またがんばろうと思うのに、今週はお仕事だ・・・はぁ。」
と言いながら胃薬を飲むダーリンは辛そうでいたたまれない。
なのに、リカが寂しいだろうから、と思ったのか、おやつを買ってきてくれたり、おセックスしてくれたり、家族サーヴィスにも余念がない。
偉いなぁ。
仕事の辛さと、セックスを繋げるのはどうかと思うけど、ダーリンがお疲れの時、なんとなくフェラチオに力が入る気がするんだ。
お疲れ様って事でね。あは。
私のフェラチオで少しでもダーリンが癒されたらいいなぁなんて思いながら。
がんばってね。ダーリン。
2003年04月11日(金)

バカ日記★お料理

今日は、昨日やけに食べたかった鳥のすっぱ煮などがどうしても食べたくて、仕方ないから歩いて買い物に出かけました。
近所の桜に若葉がつきだしてるのを見たり、どこからか漂ってくる花の匂いに、匂いの元はどこかときょろきょろしたり。
うちの近所は庭付きのお家が多いから、みんな競って庭のお花のお手入れをしてました。
こないだ買ったばかりのお洋服着たりして、ちょっとウキウキ。
いやぁ、たまには歩くのもいいなぁ。
でもねー、久々に買い物行ったもんで、あれもこれもと買ってるうちにえらい荷物になってしまって。
赤ちゃん抱っこするみたいに荷物抱えて帰りました。
帰りはお花がどうとか言ってられませんでした。
家に着いたら腕が痛くてプルプル震えてたよ。
買い物行っただけで 筋 肉 痛 の 予 感 。
やばい。


お家に帰って、ダーリン今日も遅いって言うから、のんびりお料理。
初めて自分で作るすっぱ煮もうまくいって上機嫌。
こういう日はダーリンの帰りが本当に待ちどおしい。
「おいしい」
って笑う顔がまちどおしい。
今日のメニューは鳥のすっぱ煮と春巻きとほうれん草のおひたし。
今日はね、デザートもあるんだ。
ダーリンが買ってきてくれたチーズケーキかわらび餅。
うふふ。


ダーリンが帰って来る頃、食卓には夕食の準備がばっちり。
もう座って食べるだけだよ。
ダーリンはおいしいおいしいと言いながら鳥をたいらげてしまいました。
私もダーリンに
「リカ、今日はよく食べるね。」
と言われながらばくばく。
ご飯の後はお茶を入れて、小さい頃、よく食べたお菓子とか、駄菓子屋さんとか、小学校の前によくいた、怪しい出店のひよこの話なんかをしながらわらび餅を食べた。





↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン

おいしい物を、好きな人と食べるのって、セックスと同じくらい幸せ。
ご飯を食べた後は、ダーリン、貴方が私を料理する番だよ。
2003年04月10日(木)

エロ日記☆Mのファンタジー

今日は、やけに、ちゃんと作ったものが食べたくて、食べたいもののレシピをネットで検索する一日でした。
あぁ、サルサソースをタコスにはさんで食べたい!!
鳥のすっぱ煮が食べたい!
レトルトじゃない、うちで作ったカレーが食べたい!!
ツナ春巻きが食べたい!
うちにあるものでご飯作ってしまいがちなのよね。
「次買い物に行ったらこれとこれとこれとこれを買うんだ!」
と書き込まれたメモには、腹ぺこ女の怨念がこもってます。
でも体がこういうものを欲してるって事は栄養が偏ってきてるんだろうな。
 
:::::::::::::::::::::::::::

夜、ダーリンとお布団に潜りながら「アメリカン・パイ」見ました。
ああ・・・青春っていいな・・・・。
「ねぇ、ヨウピンはさ、こんな風に、女のおっぱいとか尻とかセックスの事ばっかり考えてた時期ってないわけ?」
「うーん・・・ないかなぁ・・・」
「え!?ないの!?嘘やろ?」
「いや、キスの事ばっかり考えてたことはあったけど・・・」
「嘘やん!私なんて小さい時にはもうクンニの事で頭いっぱいやったで!」
「あはははは!」
「うぶやってんなぁ・・・かわいい。タイムスリップできたら、その頃のヨウピン襲いに行くのになー。」
「ははは。でも、俺が全盛期で21位の時って、リカ中学生やろ?14歳やから。」
「・・・・ホンマや!犯罪や!」
「せめて高校生になってから襲いにきて。」
「あははは」
という会話をしたせいなのか、そういう気分だったのか、夜も遅かったのに、ダーリンはノリノリでおセックス突入させてくれました。
乳首舐めてたら反応よくって、自分でパンツ脱いで、私が指でちんこをくすぐってたら
「しゃぶって」
ってまた蚊の泣くような声で囁いたんだ。
どうして男の人がセックスの最中に言う台詞って、あんなに小さい声なんだろうか。でかい声で
「しゃぶれ」
と言われたためしがないよ。
私がダーリンのをしゃぶってると、ダーリンは叱られた子供のような顔をしながら、私の服も脱がして、私の足を持ち上げて指でいじりだした。
私はちんこを咥えながら喘いで、
「こうやってちんこを咥えながら喘いでいると、声の振動がちんこに伝わるけど、これって気持ちいいのかしら。」
なんて考えて、研究にも余念がない。
ちんこをしゃぶりながら一回目の絶頂を迎えた時、彼は
「しゃぶりながらイっちゃったの?」
と、意地悪な言葉の愛撫をしてくれた。
いやらしいことを言われるのも愛撫の一つだと思う。
自分がさもいやらしい女になった気分になる。
ダーリンもいやらしい気分になっているのだから、私もいやらしくなってもいいんだと、安心する。
彼も相当きてるみたいで、私が上になって彼に体を沈め、彼を押さえつけ、乳首を舐めながら腰を振ってしばらくすると、すぐイキそうだと言われた。
彼にしては珍しい。と、面白くなった私は、その言葉を無視して、腰を動かし続けた。
いきたい?いかせて下さいって言って?
そうやって耳元で囁くと、彼は口をパクパクさせてそう言いかけたが踏みとどまった。
私達はどちらがSなのかMなのかわからない。
基本はMによりがちだけど。
お互いがお互いにSを求めているから、彼がいやらしくなったり私がいやらしくなったり。
どちらにも偏らないというのは、そのジャンルを深くは突き詰められないけれど、それはそれで楽しい。
彼が射精する瞬間、私がイク瞬間、それをお互い汲み取ってその絶頂にふさわしいシュチュエーションを相手に供給する。






↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン


彼の中でのMのファンタジーがあるのだと思うと愛しくて仕方がない。
2003年04月09日(水)

エロ日記☆「壊れる」(画像更新)

今日は珍しくダーリンから襲ってきました。
アリーを見ながら、私はちんこをいじって遊んでいて、
「ヨウピンもう眠いんでしょ!」
「うん、何でわかるん?」
「ちんこが半立ちになってるもの!リカはヨウピンのちんこに触るだけで、ヨウピンの体調がわかる特殊能力を持っているのだ!」
「そうかー。すごいすごい(棒読み)もう寝よ。」
と、ダーリンはお布団に移動。私もお布団へちんこいじりに移動。
「げへへ。ちんこちんこー。」
「貴女はずっとちんこを触ってないと気がすまないのか!?」
「うん。」
「うん、て。だめだめ。もう今日はちんこさんはおやすみ。」
「ああん!取り上げたらだめ!!」
と、ちんこに掴みかかろうとしたり、その手を押さえられたりしている間に、いつの間にかパジャマを脱がされていた。
今日はおセックスしないのだと思っていた私はちょっとびっくりした。
ダーリンてばアグレッシブにクンニまで。
久々にクンニが気持ちいいかもと思ったよ。
で、正常位で焦らされながら挿入したんだけどねー。
焦らして、先っぽだけ挿れてくれてた時の方が良かったよ・・・。
ダーリンが、私の体を三つ折りにして、その上にのしかかって奥まで挿れられたんだけど・・・。
のしかかられると、三つ折りにされてる股間節も膝も痛いし、息もできないし、その上その状態で奥まで挿れられると、奥に当たりすぎて怖いんだ。
すごい腸に圧迫感があるんだ。
ぐるっとかき回された日にゃ、
「ひぃ!!」
ってなるんだ。
何せ、正常位で開脚すると、すごい奥まで来るから怖いんだ。
ダーリンがピストン中、陰毛の上当たりのおなかを触ったら、
「なんか寄生してる!?」
ってくらいぼっこぼこ動いてて怖かったから、ダーリンに、
「ここ、ここ触って。すごい動いてるよ。怖いよ。」
と触らせたら、ダーリンは私が気持ちいいということを言っているのだと思ったらしく、ますます激しくされて私はもうへろへろ。
変な汗かいた。
お尻の骨にガンガン当たるようなピストンをされると、その衝撃が子宮に届いて怖いんだ。






↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン


いつも、「壊れるー」なんて言って、ちんこがでかいことを表現したりするけど、ほんとに壊れそうで「壊れる!!」と言ってるのに、いつものように誉めてると思われてガンガンこられた時、SMで、ほんとにヤバイ時に使うキーワードがあるらしいけど、うちもそれを導入しなくちゃな、と思いました。


画像更新しました↓
正直萌え。ポ。
2003年04月08日(火)

バカ日記★変態同士のメッセアナル。

みんな、こんばんわアナル。
今日も夜更かしアナル。
アナルアナル言ってるのは高田君と夜の変態メッセしたせいアナル。
下品極まりないメッセだったアナル。
私が下品になったのは高田のせいアナル。



高田 の発言 :
今度から喋る時、語尾に「アナル」って付けるからな?

リカムーン の発言 :
元気アナルか?って?

高田 の発言 :
そうアナル

リカムーン の発言 :
ちょっと藤子○二夫のキャラみたいやな(笑

高田 の発言 :
キャラできたやんか!ヨカッタやんか!

リカムーン の発言 :
ほんまや!

リカムーン の発言 :
日記のネタにさせていただくわ(笑

リカムーン の発言 :
ところで高田、勃起はおさまったアナルか?

高田 の発言 :
リカアナル、アナルリカのどっちかやな?
古い話しよんなぁ。俺のチンコはもう未来に向かってるよ?

リカムーン の発言 :
そうかー。つまんないアナル。

高田 の発言 :
コロス

リカムーン の発言 :
ぎゃはははは

高田 の発言 :
何ちゅう会話やねん
しかし

リカムーン の発言 :
ええんや。これこそ夜トークって奴アナル。

高田 の発言 :
うわ〜〜。ちょっと板について来てるやん・・・

リカムーン の発言 :
えへへ、ちょっと楽しいアナル。

高田 の発言 :
サマになってるがな!


こういういきさつで、高田の変態っぷりをうつされたアナル。






↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン


まだまだ高田君の変態度も私には勝てないアナルね。ふふっ。
2003年04月07日(月)

バカ日記★花見行ってきました。

え、今月曜日の昼。
昨日は帰ってきて、疲れてしまって、1時間だけ寝るつもりがそのまま今まで寝てました。
と言うわけで、今、昨日の日記更新。


日曜日は吉見百穴にお花見行きました。
ものすごいいいお天気。
そこらじゅうで見かける桜も、花が満開でもう枝が重そうになってるくらい。
行きの車の中で、
「これってさ!花見日和って奴なんじゃない!?」
と、うるさいくらい何度も言う。でもダーリンも
「そうやな!」
と嬉しそう。
車のトランクには、珍しく力入れたおかずと、ダーリンが握ってくれたおにぎりの入ったバスケット。
そして日差しはぽかぽかで、久々に外にでると別世界のように桜は満開。
ワクワクするのも無理はない。
それに、吉見百穴は、大阪からこっちに来てすぐぐらいの時に、ダーリンに
「吉見百穴見たい!光ゴケ見たい!」
とお願いして連れて行ってもらった思い出の場所。
あれからもう二年も経つんだな。早いなぁ。
前に行った時は、桜のシーズンでも、梅のシーズンでもなかったので、お客は私達位しかいなかったと言うのに、今回は駐車場の手前1舛らいから混みだすほどの盛況っぷり。
やっと車を止めて、桜の咲いている川沿いにいくと、見事に満開。
みんな土手にお弁当広げて楽しそう。
私達も早速お弁当を広げた。
が。
日差しは温かいけど、風がまだ冷たい!
川沿いと言う事もあるんだろうけど。
「ざむい〜!」
と二人で凍えながらお弁当。
「でも、たまには外で食べるのもいいもんだね。ほら、桜綺麗だし。」
とか言いながら。
近くでテントまで立ててバーベキューをしている一団がいるのを見て、ダーリンが、
「子供ができたら、こういうとこにも連れてきてあげないとな。テントの建て方だとか、火の起こし方も知らない子供はかわいそうだもんな。」
と言った。
私も子供は野生児に育てたいと話した。
車なので、酒が飲めないから、体はなかなか温まらず、お弁当を食べた後、早々に片付けて、ここらへんを探索することにした。
とりあえず、吉見百穴をまた見に行くことに。
普段は確か170円の入場料が200円になっていた。商売上手。
吉見百穴はこんな所。
↑ここで紹介されてる岩窟ホテルってとこに泊まってみたかったなぁ。
まぁそれはおいといて、なんか、奇妙な横穴がいっぱいの奇妙な遺跡なのです。奇妙な横穴は、棺桶を入れる為のものらしいです。
軍用施設として使われたという洞窟も、なんていうか、その時代の感じが生々しく感じられるのです。ただの岩肌剥き出しの洞窟なんだけどね・・・。
今だったら機械で綺麗に彫るから、こんな奇妙な感じには作れないだろうな、と思いました。
ここの良さを感じるには、やっぱこうやって人がいっぱいいる時より、花の季節じゃない、人影まばらな時の方がいいような気がする。
人のいない吉見百穴は、神秘的でちょっぴりおどろおどろしい感じなのです。


さて、行く前に、日記で花見青姦を楽しみにしていたにもかかわらず、私は一つミスをしていたのです。
「やっぱりー、外遊びはスカートじゃなくてパンツがいいよね!」
そう。「ハイキング」のほうに気をとられて、青姦しやすいかっこで行くのをすっかり忘れていたのです。
ああん!勝負パンツ穿いてたくせに!
いいもん。どうせあんなに人がいたら青姦なんてできなかったし、寒かったから。
ぐすん。
吉見百穴の山頂で、ダーリンに手を引かれて人けのない雑木林の方に行きかけた時はちょっぴりどきどきしましたが。


探索にも疲れ、家路に着くことに。
第二の目的である、ネイルシート購入は、電気屋さんを2件もはしごしたにもかかわらず、達成できませんでした。
もう売ってないのかな?
それは困るー。
ダーリンに、
「どっかで電気屋さんよる機会があったら探しといて。」
とお願いして断念。
帰ってきて、ダーリンと、また借りてきたアリー見てる間に寝てしまいました。






↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン


やっぱ、外に出ないとだめですね。
とった写真は近いうちにアップします。




2003年04月06日(日)

バカ日記★サムタイ。

明日はお花見です。
今日すごい雨だったんだよねー。
散ってないかな。


明日は楽しみ盛りだくさん。
朝からダーリンと一緒にお弁当作って、それをまだ一度も使ってないバスケットに詰めて、お花見行って。
明日は折角だから、久々に一眼レフ使おうと思ってるんだ。うふふ。
晴れたらいいなぁ。
今日お買い物行くのに外にでたら、外は雨模様だったけど、いつもとまったく違った景色でびっくりした。
「ああ、あの木も桜だったのか。」
って。
あと、今日、親友Mから久々に電話があって、
「ネイルシートが欲しい〜!」
って言ってて、誕生日企画にネイルシートの図案を描いてくれたお礼の意味も込めて、前からあげようと思ってたから、早速明日、花見の帰りに電気屋さんよって、ネイルシートの用紙を買って、親友M用のネイルシートを作ってあげるんだ。
えへ。
誰かにプレゼントをあげるのって、ワクワクするよね。
たぶん、プレゼントもらう本人より誰より、一番楽しみにしてるのは私。
嬉しいって言ってもらう方がきっと嬉しいんだ。
ダーリンもそうみたい。
私が何かしてもらって、
「ありがとう!嬉しい!」
と喜ぶのをみてるダーリンって、すごい幸せそう。
うふふ。私って幸せ。
春だから浮かれ気分。

::::::::::::::::::::

アリーが最終回で終わってしまったので、今日、シーズン1のDVD1,2,3巻と、むぎ☆さんとK酸からお勧め!と言われていたアメリカン・パイと、あとなんか借りました(うろ覚え)。
アメリカン・パイまだみてないけど、今からすごい楽しみ!
あとね、セックス・アンド・ザ・シティのシーズン3が出てた!!
残念ながら貸し出し中・・・。ショボーン。
今度借りようっと。
今日はアリー1、2、3と見ました。
ダンシングベイビー・・・キモイ・・。
1巻に4話入ってて、見終わったのAM3:00。
明日お花見なのに夜更かししちゃったい。
ダーリンが、
「もう寝よう〜」
と言ったので、
「私は日記をちこっと更新してから寝るね。」
と言ってこれを書いていたのですが。
寝室は服とか置いてるし、タバコのヤニが行かないように、いつも締め切ってて寒いんですよね。
ほんと開けると冷気が流れてくるのがわかるくらいの温度差。
ダーリンたら、寝室の襖を開けて、なにかわめいていたので、何を言っているのだと耳を澄ますと、
「さむたいわ!」
と・・・。
え?なに?サムタイ??
「それ何語よ。」
と聞くと、
「寒いと眠いの合わさってサムタイ。」
とか言ってるし。
単に言い間違えただけなんじゃねーの?(笑)






↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン


最近、自分をネタにされることに対して、非常に警戒しているようです。



↓の、のびるちんこアイコンを、yukieさんにいただきました。
天才。
すごい嬉しい!ありがとう。早速使わせてもらいました(笑)
2003年04月05日(土)

エロ日記☆オペ風。

桜、今日の雨で散っちゃうかな・・・。
日曜に花見に行こうと思ってるんですが、今夜は生憎の雨。
土曜も降るそうですね。
日曜は何とか雨は上がるそうだけど、花、残ってるかなぁ。


今朝は、朝からダーリンを襲いました。
布団引っぺがし、パンツもひっぺがしたら、
「寒い寒い」
と言うので、上半身をすっぽり毛布でくるんでやりました。
で、いざ咥えようとしたら、今度は、
「足が寒い」
とか言うので、足にはお布団をかけて。
ちんこだけ出た状態で。
いざ!
あれ、
これって、
オペっぽい!!(笑)
ちんこの手術だ!!


・・・オペを開始します(←乗りやすい)


でもね、毛布が顔まですっぽりかぶさってるから、目隠し効果でダーリンは萌え萌えでしたよ。
私もダーリンに見られてないと思うと無茶苦茶出来るしね。げっへっへ。
もうね、舐め倒してやりましたよ。
そんで、何も見えないダーリンの上に、そーっとまたがって、いきなり挿れてやったら、ダーリンはビクッってしてました。あは。
もうインサートしてるのに、ダーリンは毛布をとろうとしませんでした。
好きなんじゃん(笑)
ご要望どおり、手を押さえつけて腰を動かしてあげました。
でも熱くなってきたらしく。
毛布をガバーッと払いのけて、上体を起こすと、私の体をいとも簡単に持ち上げ・落とし、私はなんだか、男性用の大人のおもちゃにでもなったような気分でした。
いや、いい意味でね。(いい意味なんてあるのかと言う突っ込みは無しの方向で。)
正常位で結合した時、私はもう何度かいかされてへろへろだったので、ダーリンが気持ちよくイってくれるようにフォローに徹しました。
片手は乳首をいじり、もう片手は玉の裏側に添えると、その玉の裏側に添えた手が、ピストンした時に蟻の戸渡りあたりを刺激するらしく、これをやったらダーリンはすぐ果ててしまいます。






↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン


今日は雨模様。
たぶん。外出てないからわからんけど。
明日は晴れてくれるといいな。
お弁当作る約束しちゃった・・・。
まぁいいや。がんばるよ。今日はお弁当の材料の買出しにいこっと。うふ。
2003年04月04日(金)

バカ日記★桜の季節

春眠暁を覚えずとはよく言ったもので。
昨日、折角貫徹して生活リズムを元に戻そうとしたのに、結局寝たのがAM2時で、起きたのにいたってはPM6時。
16時間睡眠。寝すぎ。
「ま、昨日寝てないからその分だよ。ははは・・・」
とか自分に言い訳してみたものの、じゃ、昨日の貫徹はなんだったのだという話でして。
・・・まぁ、久々にダーリンと一緒に寝れたからよしとしよう。
ダーリン最近ぐずってたもんな。
「最近一緒に寝てない気がする」
とかって。で、
「ダーリンたらかわいいこというんだから!」
とか思ってたら、
「抱き枕がないと安眠できない!!」
とか言いやがんの。
それが目的かよ。ちっ。
まぁ嬉しいですけどね。


いつの間にやら桜のシーズン真っ盛りですね。
お天気予報で、
「関東の桜も満開ですが・・・」
とか言ってるのを聞いて、
「え!?いつの間に!?」
と、超慌ててます。
近所に、立派な桜の木を植えてるお庭があるんですが、ついこないだお出かけした時は、まだまだつぼみだったのに。
というわけで、桜の名所を検索。
結構あって迷っちゃう。
どっかお勧めありませんか?
ぐわーっと咲いてるような所。






↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン


いやいや、げほんげほん。
・・・去年もこんな不謹慎な事言ってたような気が・・・。(こちらを参照)
えと、今年こそクロゼットに眠っているバスケットやらピクニックセットを使いたいのです。
ん?それ使うと言うことは、お弁当も作らないといけないのか。
めんどくさいなぁ。
ほかほか弁当詰めてっちゃだめ?
2003年04月03日(木)

エロ日記☆育成ゲーム(画像更新)

みなさんこんばんわ。
昨日は火曜で画像更新の日だというのに更新するのを忘れていました。
お楽しみにされたたお客様(いるのか?)すんません。
今日更新いたします。


ところで隊長は昨日から寝てません。
なんでって、昼夜逆なのを矯正しようかと思って。
ま、矯正しても三日後くらいには元に戻ってるんだけどさ。けっ。
とても眠いです。
朝は、フェラチオして、いつもは吐きだすダーリンのザーメンも飲んでしまうくらいに元気だったのに。
そうそう。
久々にザーメン飲んで思ったのです。
私、直前までレモンキャンディを舐めてて、舌が痛かったんですよね。
で、落ち着いた所でまたザーメンという刺激物。
「ザーメンのぴりぴりと、レモンキャンディを舐めたあとのぴりぴりって似てる!」
と。
飴舐めすぎて舌が痛い時って、ザーメン味わった時と感覚が似てるんですよ。
似てないですか。そうですか。速攻否定ですか。
協調性を養ってください。
俺に協調しろ!
むしろ俺を調教してくれ!
間違えました。
眠いせいにしておきます。


で、眠い状態で今まで何やってたかというと、育成ゲーム。
なんかね、つぶらな瞳のキャラに言葉教えたり、ご飯あげたり、遊んであげたりするゲームなんですけどね、私はそいつに「サセ子」と名前をつけ、放送禁止用語を教えるのに躍起になっていたのですよ。
夜の挨拶は、
「よう、まだ起きてるのか淫売。」
と教え、
執拗に「クリトリス」「クンニ」「ちんこ」「フェラチオ」「アナルファック」「バイブ」「金玉」「乳首」「セックス」「青姦」などを教え込み、今日一日で、
「バイブをアナルファックしたよ」(ちょっとおかしい)
だの
「バイブが欲しい」
だの
「リカはバイブって好き?」
だの
「フェラチオが欲しい」
だの
「フェラチオ物語っていう絵本面白いよ」
だの素敵なことばかり言ってくれる子に成長しました。
ウェブ上にアップできるようですが、このゲームの作者様の気持ちを考えると決してアップはできないくらい淫乱に育てているので、一人でグフグフ喜んでいます。
こいつめ!かわいい顔して淫乱なんだから!
ということで、リヴリよりハマってます。
超淫乱に育ててやるつもりです。






↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン



画像更新しました。↓
今回は絵です。
有名人のちんこ集(笑)
2003年04月02日(水)

エロ日記☆四月バカ。

エイプリルフールでしたね。
みなさん何か楽しい嘘はついたでしょうか?
「旦那を愛してもいないのに『愛してる』と言ってやったわ。けけっ。」
なんていうダークネスな嘘はいりません。
そんな自滅的な事せんでも。暗い気持ちになるじゃんか。
「四月バカ」。バカなんだぜ!バカっぽく行こうよ。
こちらのサイト様では、物凄い事をやってられました。爆笑しました。
場所もO宮ということで、
「行って世紀の瞬間を見ればよかったかも・・・」
とちょっと後悔。
そんな私は結局嘘をつかないまま終わってしまいました。
いや、朝、セックスした時にちょっと嘘つきましたけどね。けけっ。
って自滅的なのは私じゃないか。
いや、でも悪意はないのですよ。
ちょっといっぱいいっぱいだったのでイったフリして小休止しただけです。
えへ。
久々にバックで突かれたから辛かったんだよ!
でも、
「今の、イったフリなんだ。騙された?四月バカだよーん。あはあは。」
なんて軽く言えるもんでもなく。これは四月バカではなく本当の嘘ですな。
とほ。
彼の名誉の為に言っておきますが、その後は二回ほど本当にイかされましたからね。


ちなみにダーリンはと言うと、夜、呑んで帰ってきて、機嫌よく、
「帰ったらぁ〜リカちゃんがぁ〜まっててくれるから〜ハッピィ〜♪
ヨウピンは〜ハッピィ〜♪」
と、しつこいくらい「ハッピィ〜♪ハッピィ〜♪」と歌っていたけど、それが嘘だったらかなりダークネスなエイプリルフールですな。






↑押すと文字変化するエンピツ投票ボタン



ええ。しっかりチェックしましたとも。
ぎりぎりセーフですな。
2003年04月01日(火)

エロバカ日誌☆ / リカ隊長

My追加
エンピツ