新古今東西お笑い見聞録



女性芸人一考

2003年02月28日(金)

前回の最後に今回書く女性芸人一考のキーワードを
書いたのですが、今回はそれを中心に書いていこうとおもいます。

一般的に女性は男性よりも感覚がすぐれており
その利点を笑いに十二分に活かすことが良質な笑いに
繋がるのだとおもいます。

女性の鋭い感覚で創られた笑いは、同性である女性には
共有できる感覚として好感が持たれ、それが笑いに直結することとなります。
一方男性はと言うとその鋭い感覚に惹かれより注目するとともに
新しい笑いを引き出されることになります。

ただ舞台の上で行われるものである以上、漫才、コント、漫談、
どれをするにもロジカルな思考というものが切っても切り離せません。
一般的に男性のほうがのこのロジカルな思考をすることについては
すぐれているというのですが、この思考は後天的なものと思うので
女性でも十分にこの思考をすることができるのです。

そして女性的な鋭い感覚とロジカルな思考と展開が融合することによって
最高の女性芸人の笑いが創り上げられるとおもうのです。

女性芸人にとって重要なのはまずは同性に好かれることだとおもいます。
それを考えると関西の女性芸人は例に漏れず同性に好かれているのではないかと
おもうわけです。
理由は自分たちに非常に近い感覚をロジックというフィルターを通して
聞く側に再確認させてくれるからなのではないでしょうか。

関西の若手女性芸人の中ではまだそのロジカルな部分に欠けている
芸人たちもいるのですが、先日書いた潜在能力や将来性という意味で
女性的感覚のネタ作りが出来ている以上これから非常に期待できる
芸人が多いとおもいます。

残念ながら関西ローカルでしか使われないのと
全国区に関東の安売り汚れ芸人が出ているのとで
なかなか目にする機会もなくOAバトルでは
ファン投票という色も少なからずあり
難しいとおもうのですが、機会があれば
劇場に足を運んで彼女達の漫才を見てもらいたいものです。






↑エンピツ投票ボタン

My追加

この日記を読まれる皆さんへ


女性芸人一考

2003年02月26日(水)

たいへんお待たせいたしました。
女性芸人一考と言うことで前に書いたものと
内容はダブルかもしれませんが少し内容が
深くなっているということでお許し頂けたらと
言う感じです。

さて今回これを書こうとおもったのは
ひとつの考えが自分の中でできたからで
それは関西の女性芸人は女性ということを
武器として女性と言う視点からネタを作り
漫才をしているということです。

ここで関西のと限定したのは
関東の若手の女性芸人は例に漏れず
女性ということを捨て汚く振舞うことで
笑いをとろうとしているからです。

っとこう書くと反論が来るとおもうのですが
もう少し柔らかくいいかえるとそう言う勘違いした
女性芸人が多い、メディアでよく目にする
と言っておくことにします。

まぁそれは常々書いている能力のない製作者が
安易に使いやすいからだとはおもうのですが
正直見ていて不快です。

っと話しは戻りますがここからはその関西の
女性芸人について書いて行こうとおもうのですが
この女性という視点からというものは
古くから女性芸人が使っているもので
過去は関東でも内海桂子・好江に代表される
女性芸人は非常に品のあるものだったのですが
関西では海原お浜・小浜海原千里・万里そして
かしまし娘最近では今いくよ・くるよといったところが有名ではないでしょうか。

彼女たちを継承しているとは一概には言えないのですが
海原お浜・小浜の直系の海原やすよ・ともこ
独自の視点というよりも姉妹の世間話を基本とした
わかりやすい感覚のネタをし、友近
完全に女性という物を武器にした女性にはとくに身近な笑いを展開し
青空に至っては荒削りながら模索中といったところでしょうか。

さてここからなぜ女性的な視点で笑いを展開すると面白いのかと
言うことを書いていくのですが長くなるので明日続きを書くということで
今日はここまでにしたいと思います。






↑エンピツ投票ボタン

My追加

この日記を読まれる皆さんへ


baseなんでも相談室はじめました♪

2003年02月24日(月)

私が運営する総合サイトで
baseなんでも相談室をはじめました。
baseよしもと博士である庵様をむかえ
さまざまな質問にお答えしようと言うものです。

これからbaseに通う方、ファンクラブに入る方などなど
お待ちしています。

http://www.angelladder.com/


パクリ疑惑

2003年02月21日(金)

今日は予定を変えて少し気になる記事を読んだので
それについて書いて行こうと思います。

今日の東京スポーツ系の各紙でテツandトモ
なんでだろ〜が堺すすむのなんでかフラメンコの
パクリだという記事が載っていました。

もうこの記事だけでさすが東スポ系というべきものなのですが
もうちょっと思慮深く考えた記事を書かないと
記者の無能さというか、記者のセンスのなさが露呈されてしまいます。
まぁ今回もおもいっきり露呈された結果になったのですが・・・。

さてもし本当にパクリだというウワサが出たというならば
そのウワサの発端になった人はあまりにも無知すぎると
言うことになるのですが・・・。

っと考えるととりわけこの見聞録で話題にするものでも
ない気がしてきました。
まぁ今回はテツandトモ堺すすむ
迷惑をこうむったというところではないでしょうか。






↑エンピツ投票ボタン

My追加

この日記を読まれる皆さんへ



若手のどこに注目するか

2003年02月19日(水)

今日から再開します。
今日は予告通り若手のどこに注目するかと
いう話しなのですが、結論から先に言うと
将来性でしょうか。

一口に将来性と言ってもわかりにくいと思いますが
一言で書くと技術の片鱗が見えるかどうかということです。
ネタの作り方、構造、発想の良さ、テンポや間等など
色々な観点からその技術を見ていきます。

私が思うにその将来性を見ぬくのに
視覚というものは邪魔になる時があると言うことがあります。
奇異な衣装や奇怪なメイク、動きや表情という
見た目にとらわれて正当な評価ができないことが
あることが多々あるからです。

芸人は「はじめにネタありき」だと思います。
だからネタをしっかり作れない、そして作ったネタを
確実に効果的に披露できなくてはなりません。
ネタの披露に関しては練習量が関わってくるので
それほど重要視はしませんがネタの構造に関しては
何よりも優先して見ることにしています。

なるだけ視覚的な情報に左右されないようにし
ネタを重視するのは難しいのですが
見る側も練習をつめば当然出来るようになるのです。

ここで2組の若手を紹介しますが、この2組は視覚的に見ると
動きや表情が際立ち本来のネタの緻密さを見誤ってしまう
2組です。
しかし私はこの2組に将来性を感じており贔屓にしています。

その2組とはペナルティキングコングです。

この2組のネタは常々ここで書いている笑いの文法を
きちんと勉強していると感じるところに将来性を
感じます。
ただ残念なことにキングコング
ABC新人お笑いグランプリで最優秀新人賞を取った年以来
下手になってきているような気がします。
ネタの作り、それから披露、どうにも荒くなってきています。
梶原が足を怪我した時非常に潜在能力を感じたのですが、
まだまだ若さばかりが目立ち上達が感じられません。

ペナルティは非常に緻密なネタの構造をしており
最後きちんと落ちをつけ、ネタの中に伏線があることも
笑いを勉強していることの現れと感じます。

ワッキーのあの姿は彼の趣味だと思うのでとりあえずは目をつむっていますが
普通の漫才を、コントをさせても十分に面白いものが出来るはずです。

とこの2組をこれからも注目していきますが
皆さんも一度ネタに注目してこの2組を見てください。
今までと印象が変わるはずです。






↑エンピツ投票ボタン

My追加

この日記を読まれる皆さんへ


更新再開します

2003年02月17日(月)

眼精疲労でどうにも最近PCの前に座る時間が減っています。
更新が飛び飛びにはなりますが
長い目で見てください。

っということで今日から色々更新していきます。


バレンタイン特集!!ってわけではないです

2003年02月14日(金)

今回はちょっと泣き言というか
リクエストを頂いた方へお詫びではないですが
少し書くのが遅れるというお知らせです。

今書くのに困っているのは
ラーメンズ
せんたくばさみ
NON STYLE
の3組です。

と書くと先日予告したリクエストリストの
全部となってしまいます。
いつもリクエストをもらうとそれから資料を入手して
一通り見て資料を整理してここに書くのですが
今回はどうしても資料が手に入りません。

と書いたのですが資料がないのは実際のところ
ラーメンズだけです。
あとの2組に関しては関西系の番組などで
ある程度入手できているのですがもう少し
色々と見てみたいので遅れているといったかんじです。

さてラーメンズに関してですが
私の知っている情報だけでは正直書くほどのものではありません。
正直に書くとOAバトルでしか彼らを見たことがなく
彼らの印象は全く面白くも何ともない見る気にもならない
二人組みといった印象しかありません。

ラーメンズをよく知る方なら
彼らの笑いは5分の枠におさめることのできないものと言われるかもしれませんが
基本的に漫才も10分という枠のネタがポピュラーで
それを色々と編集して5分にまとめるというやり方をしているはずです。

またこれを書くとラーメンズのネタは40分とかの
大作だと言われる方もいるかもしれませんが私自身その
40分というネタを見たことがなくそしてその40分という時間に
疑問を持っているためはっきりとここで評することが出来ないわけです。

落語のように40分見ていられるのか、それとも40分という時間で
麻痺してしまって笑ってしまうのか・・・。
それは実際に見てみないとなんとも言えないという部分があります。

NGKで毎日行われる寄席では後半に出てくる漫才師たちは
客の反応を見て持ち時間をオーバーしてネタをやることが
よくあります。

10分のネタで40分やったということもよくあるようで
それは客の反応で長くも短くも出来るという
その場の状況判断と熟練のテクニックが存在するのだと思います。

さて話を戻してラーメンズですが
40分客を飽きさせずにネタをやりとおせるのでしょうか
会場全てがご贔屓の客というのなら可能だとは思うのですが
寄席のような客のお目当てが複数ある場合彼らのスタイルでは
どうなのかと疑問が残ります。

これ以上はまだその大作と呼ばれるネタを見たことがないので
しっかりとは書きませんがいずれ彼らのネタをきちんと見る機会があって
自分の中で確実な評価が下せるようになった時
あらためてここに評したいと思います。






↑エンピツ投票ボタン

My追加

この日記を読まれる皆さんへ


よゐこ

2003年02月13日(木)

本日ですが予告通りリクエストにお応えして
よゐこといきたいと思います。
正直な評価を先に書いてしまうと自分で流れを作ることのできない
リアクションタレントとでも評しておくことにします。

ここでいうリアクションタレントの意味ですが
リアクションが大きいとかリアクションがいいという
意味ではなく、誰かにからんでもらって初めて
存在ができるタレントをそう呼ぶことにします。

さてよゐこの話しに戻りますが
東京で東京の番組の要求する型にはめられてしまい
大きくなり損ねた悲しいタレントと思っているのですが
それはまだ売れてない当時のよゐこの印象が
面白かったと脳裏に焼き付いているからなのです。

もともと目立っていたわけではなく、それでいてリアクションタレントで
あるからかはっきりとした印象ではないのですが
きっちりとした型にはまってなかった時はまだ色々なことを
試していたのか面白かったと思います。

そう言う印象の時からフッと名前を聞かなくなり
気がつけば3流以下の扱いを受けるタレントと成り下がっている
彼らを見て非常に悲しく思った反面、仕方ないと諦めた
部分もあります。

それはリアクションタレントであり自分で流れをまったく作れない
以上誰かの番組に出してもらってこそということになってしまいます。
っとなると自由に動くことが出来ず結局番組の意図にあった、
製作者の意図にあった、型にはまった行動しかできなくなってしまいます。
これで生き残っているのでそれはそれですごいのですが
なにも芸のない私的に4流以下にいいように使われている姿は
非常に悲しく感じるわけです。

まぁよゐこに潜在能力があるのかと
聞かれるとNOと応えますし、何かできるのかと聞かれると
これまたNOと応えます。

まぁなにはともあれ今の位置が妥当なのではないかと
思う反面もうちょっと頭のいい使い方を
東京の製作者はできないのかと思ってしまいます。
まぁ十把ひと絡げ的な使い方しかできない製作者ばかりなのだと
諦めてはいますが。






↑エンピツ投票ボタン

My追加

この日記を読まれる皆さんへ


OAバトル

2003年02月12日(水)

飛石連休
相変わらず安定したネタです。
安心してみていられるというのはこのことでしょう。
まぁひとつ欲を言えばネタのパターンが限られてきたので
もう少しバリエーションを増やしてもいいのではないかと
思います。
基本的にツッコミが上手いだけに笑いに広がりが出やすいです。
それを意識したツッコミをしているというところも感じられますし
今後も成長することでしょう。

だいたひかる
微妙です。非常に微妙です。
個人的に好きなのですが、微妙です。
理由は面白い部分もあるのですが、残念ながら知識が足りないところに
ネタをぶつけてきているため、ただ無知を露呈しているだけの部分が
あるところです。
もっと正確な知識を身につけ、それに基づいたネタを作っていくと
確実な笑いに結び付くことだと思います。

キャン×キャン
彼らの自己紹介のフリはいつ出来たのでしょうか。
前まではなかったような気がしたのですが無い方がいいです。
さてネタですが目の付け所はいいような気がします。
ただツッコミがどうにも弱く感じるところが笑いに広がりが
なくなる原因ではないでしょうか。
ボケがボケっぱなしと言った感じになりどうにもぼやけてしまい
テンポも悪く感じます。
今後の成長はツッコミにあるのではないでしょうか。

ますだおかだ
相変わらず余裕たっぷりのネタでいつもの18番といったかんじですね。
自身のあるネタだけに面白くて当然なのですが
つい先日関西バージョンの同じネタを見てしまっただけに
いまいちパンチ力が弱く感じてしまいました。
彼らに関して多くを語る必要は無いと思うので
今回は普通に面白かったと締めておきます。

インパルス
なぜこれがトップなのかが理解できません。
正直いままで一度も面白いと思ったことが無いコンビなのですが
3回ともトップ合格らしいです。
別にネタに斬新なところもなく、目の付け所がいいわけではなく
もっと言ってしまえばネタが読めます。
更に言うとツッコミも非常に下手で笑い自体にパンチ力がなくなっています。
多くの要素を組みこもうとするのではなくポイントを絞ったネタをまずは
作るべきではないでしょうか。

さて今回は何よりもはなわの計量拒否を
話題にしなくてはならないのではないでしょうか。
正直感心しました。
自分のネタに自信を持ち、そしてプライドを持って
OAバトルに出ている姿勢の現われではないでしょうか。
受ければいいではなくネタで勝負したはなわ
次回こそは期待したいところです。






↑エンピツ投票ボタン

My追加

この日記を読まれる皆さんへ


はなしは戻るのですが

2003年02月11日(火)

M-1の時、そしてOAバトルの時と
スピードワゴンの漫才でもったいないと思ったと
書いたのですがそれに関して詳しく書いてしまおうかと
言うことで掘り下げていきます。

っと言ってもあまりネタに関して掘り下げていきたくないので
ある程度というところでとどめておきたいのですが
惜しい部分はたった1ヶ所でそこが違っていれば
ネタ自身が大きく変わっていたといった感じです。

そこはどこかと言うと下のボタンを押してください。





それを受けてツッコミはいったん流しながらも
後で気づいたように突っ込んでいれば
間もテンポも生まれ後のネタへの弾みになり
落ちへの勢いにもなったはずです。

非常にもったいないと思った瞬間
そのネタ全体も面白く無くなってしまったのが
残念でなりませんでした。

彼らのセンスの問題なのかもしれないのですが
もう少しネタを練って欲しいと感じた部分でした。






↑エンピツ投票ボタン

My追加

この日記を読まれる皆さんへ


遅れ馳せながら流行にのってしまいました

2003年02月09日(日)

先日の日記を書いた直後
高熱と関節痛と下痢に悩まされ
まぁ早い話がインフルエンザにかかったようです。
眠れないのをいいことに夜更かししていたのが
原因ではないでしょうか。

少し更新がおろそかになりますが
だいぶ回復したので
明日か明後日あたりから
更新再開します。

みなさんも身体には充分お気をつけ下さい。


本当に面白いもの

2003年02月07日(金)

世の中にいろんな笑いがあって
その中でも漫才やコント、喜劇色々あるもんです。
まぁその笑いを従事する人達の中にも
しゃべりで笑わせる人、動きや表情で笑わせる人
色々あるもんです。

まぁその色々ある笑いをとってどれが優れてて
どれが劣ってるなんて言うのは間違っているような
気がするんですが、世の中にはしゃべくりのほうが
なんて考え方もあるようで・・・。

そう言う私も表情や動きの笑いよりも
基本的にしゃべりで笑わせる話芸の方が好みなんですが
そのしゃべくりの中にも色々あるような気がします。

そのしゃべくりの中で最も優れたもの
まぁ平たく言うと最もすぐれたお笑いの話芸は
またまた登場しました落語だと断言できるわけです。

ただこの落語で笑うためには知識と教養が必要で
その当時の文化や風俗、生活習慣、歴史、言いまわしなどなど
幅広く知っていることが前提だと言うことになります。

っとはなしが脱線しました。
このまま書いていくと別に理解できない人は
見る必要がなく笑えるだけの知識と教養が身についたら
自然と面白くなるので高尚な笑いでいいのではないかと思う。
と締めておくとして、しゃべりに関しても
この落語は群を抜いているわけです。

この落語ネタの中に非常におもしろい言葉遊びや
言いまわしで構成されているものがあります。
と言うよりも必ずどこかに言葉遊び的な
粋なセリフが出てくるわけです。

例えば「けんげしゃ茶屋」という噺では

「のどかなる はやしにかかる まつえもん」

というお祝いの句を

「のどがなる はや しにかかる まつえもん」

と言い方を少し変えるだけで大きく意味を変えて相手をおちょくると
いうことをやっています。

また田楽食いという噺では

田楽はミソがつくから縁起が悪い、ん(運)の付く言葉を言ったもんから
ん(運)の数だけ田楽食べれるようにしよ

といった言葉遊びも出てきます。

さらには遊山船という噺では

大川に船を浮かべて凉をとるイカリ模様の着物を着た一団に

「よぉっ、さっても綺麗なイカリの模様」

とはやして褒める。
それを受けた船上の人が

「風が吹いても、流れんように……」

と返す。
粋な受け答えではないですか
今このような受け答えを出来る人が芸人にもいるでしょうか??
なかなかいないと思います。
そしてこの噺の落ちがボロボロの汚いイカリ模様の服を着た女房に向かって

「さっても綺麗な ……さっても綺麗な? ……汚いなぁ。
とてもやないが綺麗とは言われんで……」







っとこれまた粋に返す。

こういう会話が普段から出来たらと私自身も勉強中なんですが
「あ〜・・うまいなぁ〜」
と思える噺が多いのが事実です。

さて現在の笑いに関して、とくに若手に関してこういうことが
出来る芸人がいるのでしょうか??

私が応援するのはそう言う可能性を感じる若手であり
動きや表情が目立つ芸人に対してもその片鱗が見えれば
当然のごとく応援します。

さて最後にもう1つけんげしゃ茶屋より

おせち料理に入っている干瓢を縁起の悪いものにたとえる村上の旦さん

「勘平(かんぴょう)さんは三十に、なるやならずに……」

と一言。

これ説明なしで笑えた人かなりの教養人ですよ(笑)






↑エンピツ投票ボタン

My追加

この日記を読まれる皆さんへ



後藤秀樹

2003年02月05日(水)

本日予告通りアッカン!べーすでネタをやっていた
後藤秀樹を書きたいと思います。
今回が初登場だと思いますが、最近特に注目してネタを見ている
芸人の一人ということで書くことにしました。

彼のネタは陣内智則と同系等のもので
正直全く同じと言ってもいいのですが、
この二人の違いを挙げると陣内
万人向けのライトでスマートなもの
後藤秀樹はコアでディープなものと
言うところでしょうか。

どちらが良いとは言いませんが
私としては後藤秀樹の方が好きです。
あのローテンションのキャラから来る的確なツッコミが
非常に良くその中に独自のカラーがあるところが
笑いのポイントになるという感じです。

基本的にワンパターンな感じもするのですが
それはキャラ的なものでネタのバリエーションは
陣内智則と対極をなすようなもので
微妙に笑わせてくれます。

みなさんも注目してみてはどうでしょうか??







↑エンピツ投票ボタン

My追加

この日記を読まれる皆さんへ




2003年02月03日(月)

先日書きかけた夢についてなのですが
大阪の吉本で活躍している芸人たちが
M-1やOAバトルを機に東京に進出したりということが
最近頻繁になってきました。

しかし東京に行った芸人たちはどうなのかというと
中川家ハリガネロック
千原兄弟も、もっといえば
島田紳助明石家さんまですら
関西の番組よりもスケールが小さくなっていると感じます。

理由はいくつかあるとは思うのですが
大きな原因は東京の製作者が芸人を自分の型にはめたがるのではないかと
思うわけです。

別に製作者がというわけではないのかもしれません。
以前島田紳助明石家さんまが言っていたのですが
大阪でとる番組のほうが伸び伸び出来る。
だから必ず帰ってきて番組をとるんだと。

多分関西の土壌が芸人の型破りな行動を楽しむもので
それを知っている製作者が芸人の好きなように
番組を進めさせるという流れになっているのでしょう。

たかじんが関西でしか活躍していないのも
彼を型にはめて飼いならせる製作者は日本にいないということと
東京に彼を番組中自由に振舞わせるほどの度量のある製作者が
いないからなのではないかと思うわけです。

正直関西で人気の地盤を持ち東京に出ていった芸人たちは
東京の型にはめられてやっているという意識でやっているのではないでしょうか。
何かあれば彼らにはNGKがあり、関西の番組があるからです。

っといったことを考えると
東京で番組中に大暴れして関西に帰ってきて欲しいなぁと
出ていった芸人すべてが
「東京はおもんないわ」
と吐き捨てて帰ってきたらと思うわけです。

まぁこれだけははっきリ断言できます。
芸人を使った番組は全国ネットの番組よりも
関西ローカルの番組のほうが遥かに面白いと
東京の製作者より関西の製作者のほうが
遥かに芸人を使いなれていると。






↑エンピツ投票ボタン

My追加

この日記を読まれる皆さんへ



HPできました

2003年02月02日(日)

大変ながらくお待たせしました。
ようやくHPをリニューアルすることができました。
いまいちバランスの悪い所はありますが
これから徐々に直していくということで
多めに見てください。

明日から見聞録を含むその他の文章も
少しずつ更新していきますので
いずれもよろしくお願いします。

では今後ともよろしくお願いします。

Angel Ladder

 < 過去  INDEX  未来 >


ご意見ご感想、リクエストはこちらからメール下さい
PCに関する日記も書いてます
おおかみ
引越し前からの合計のカウンタです
本日は番目のアクセスです。
また昨日は人のご来場者がありました

My追加


古今東西お笑い見聞録が携帯用メルマガで復活します。 登録は下から!
Email:
Email:
お世話になっている企業です。


ホームに戻る