新古今東西お笑い見聞録



M-1▲謄庁瓧遑筌肇

2002年12月31日(火)

今日からM-1決勝出場者、個々の話しを書いていくのですが
まずトップに書くのはテツandトモです。
多くのお笑いファンの皆さんが彼らのM-1出場に関して疑問を持っていたのでは
ないかと思うのですが私的な見解から先に述べさせてもらうと
彼らがギター漫才という位置付けに自分たちを置いているのならば
十分に出場する資格はあると考えます。

「楽器を持つ漫才は邪道だ」など批判をする方もいるかもしれませんが
それに関してはその批判をしている方の認識不足ではないかと、
お笑いに関しての知識不足ではないかと考えます。
それは過去を紐解いていくと楽器を持った漫才が主流だった、
というよりも漫才の源流までさかのぼっていると楽器を持ったものが
漫才だったということがわかります。
現在のようなしゃべくり漫才が主流になったのは昭和に入ってから
というのが歴史なのではないかと私は結論付けています。

また今まででも「ア〜イ〜ヤァ〜」で一世を風靡したミスハワイ・暁伸
「もう帰ろうよ」で有名な松鶴家千代若・千代菊
そして記憶に新しいところで言うと内海桂子・好江
まだまだかしまし娘フラワーショウなどといった
楽器を持った漫才師は多くいたわけです。

それを考えるとテツandトモは21世紀型ギター漫才だと
言ってもいいのではないかと思うわけです。

さて話しはM-1に移るのですが、ネタとしてはお馴染みすぎて意外性もなく
広がりに乏しい上にアレンジもしにくいため優勝を争うには
非常に厳しいのが現状だと思います。

正直面白いかというと面白くないことが多くネタのワンパターン化が
大きく響いている感も否めません。
そういった中審査後の談志師匠のコメントで「お前らここに出てくるやつじゃない」
というものがあったのですが、これは非常に的確な言葉だととらえました。
談志師匠テツandトモに自分たちのフィールドが
確立されているのだからわざわざM-1に出てまで芸を売る必要はないと、
そんなことをしなくてもファンは自分たちの芸を理解しようとついてくるのだと
言いたかったのだと思います。
これはハリガネロックに対しても同じような
コメントをしているのでビデオをとっている方は見返してみてはどうでしょうか。

まぁ結局のところ今回だけの出場でいいと思いますし。
談志師匠のコメントの真意を理解したのならば
次回の出場はないと思います。
今回はよくがんばったと言ってあげたいコンビといったところです。

さて31日の夜は志摩スペイン村のカウントダウンに行っています。
全身黒系の服装で二人連れかもしくは数人のグループでいると思います。
私を見つけた方は声でもかけてみてください。
っとこの情報だけでは難しいですよね(笑)
白い大きめのかばんを持ってるかもしれません。
そして靴は黒のAnswerVを履いています。
暇な方は探してみてくださいね。


M-1GP〜輊

2002年12月30日(月)

さて日付が変わったということで早速更新したいと思います。
っとその前に毎回メールを下さり、そして面白い日記を
読ませて頂いていますれお様リンクありがとうございます。
そしてプレッシャーもありがとうございます。(笑)
この場を借りてお礼と確認しましたという報告をさせていただきます。

では今回の総評から書いていこうと思うのですが
もうこの文章を読まれている皆さんはおわかりだと思いますが
今回の優勝はますだおかだでした。
妥当といえば妥当なのですがトロフィー授与の時に紳助氏コメント通り
フットボールアワーますだおかだの両コンビが
群を抜いて上手かったといえると思います。
細かいことはこの後各コンビの評価を書いていくとして
私的には安心したというかホッとした結果でした。

何よりも良かったのが審査システムで
ファンの投票を無くし審査員だけの得点で競わせたことが
非常に良かったと思えますし、その評価を公平にそして
厳しく責任を持ってできる審査員であったことが
良かったと思います。

ただ一つ深読みをしてしまうのが
無理にダークホースを作る必要は無いのではないかと思うのです。
私の評価としては笑い飯よりもハリガネロックおぎやはぎの方が
面白く、そして上手かったと思うのです。
ファイナルの審査員の結果を見てもわかるように
晒し者のようになってしまった笑い飯はどのような気分だったのでしょうか。
ファイナル3組を見てもはっきりと差がわかったはずです。
前回の麒麟とはあきらかにちがう製作者の意図がなにかあるのではないかと
深読みしてしまうような結果でした。

さて芸人の評価にというより漫才の評価にもどるとすると
全体的に落ちが甘かったような気がします。
漫才をする時間が5分という短い時間で落ちまで綺麗に
持ってくると言うことは非常に困難だとは思うのですが
その中できちんとまとめていたのがますだおかだ
フットボールアワーだったというところではないでしょうか。

そして最後に敗者復活はいらなかったのではないかと思いました。
当日東京で客前でのネタ披露、そしてファンによる審査。
視聴率やファンに対してのサービスはわかるのですが
公平性が全くないところに非常に疑問を感じました。
ストリーク天津シュガーライフなどはスタートラインで
大きく不利があったのではないかと思うのです。
私もそうなのですが全く知らないコンビが出てきた時に
どういう態度で漫才を見るでしょうか。
知っている、贔屓にしているコンビとは全く違うはずです。
まだ2回目ということで主催者側も思考錯誤だとは思うのですが
どの漫才師が決勝に残っていても、贔屓のコンビが決勝にいなくても
お笑いが好きならば見るという姿勢をファンがとらなければ
ただの出来レースになってしまう可能性も見えてしまいます。

っといろいろ問題点も挙げたところで次回から各コンビここの評価を
1日1組ずつ書いていこうと思います。


M-1終了!!

2002年12月29日(日)

とうとうこの日がやってまいりました。
今日はM-1グランプリの決勝の日です。
まだワイルドカードは決まっていませんが
今回の予想と期待を書いていきたいと思います。

今回私が本命におすのはフットボールアワー
去年からの成長を考えると最も伸びているコンビだと思います。
漫才の上手さも関西の若手ではトップクラス、優勝できる実力の
持ち主であるということと、私自身が今若手No.1と
思っているので大本命におしました。

これに続くのがアメリカザリガニ
去年惜しくもファイナルをのがした雪辱をはらしてくれるのではないかと
期待しています。
この二人も去年からの上積みが非常にあると言うことで
2番手におしています。

さて次に控えるのがハリガネロックますだおかだ
どちらかというとハリガネロックのほうが有利ではないかと思います。
ますだおかだにかんしていうとここ最近
上手さが目立っていると言うことで、上手すぎて面白みに欠けている
という感が否めないところが今回大本命におしていないポイントです。

たぶん今日の本番ではこの4組が熾烈な戦いをするのではないかと
思われるのですが私としてはただ面白いよりも上手いコンビが
優勝を争ってくれることを願います。

さて今回ですが審査員が非常に素晴らしいと思います。
準決勝までの審査員がどうだったかは知りませんが、この決勝の審査員は
現在考えられる審査員の中でも最高峰のメンバーではないでしょうか。

落語界の重鎮でありグローバルかつ温かい視線で若手を見つめている
立川談志師匠

関西吉本漫才界のドン中田カウス師匠

ABC新人お笑いグランプリのレギュラー審査員であり
東西の笑いに造詣の深い大竹まこと氏

ただの素人とは大きく違った視点で厳しい審査をしてくれるはずです。
今日の決勝今から非常に楽しみです。

<M-1終了>
正直安心しました。
ますだおかだおめでとうございます。
今ビデオを見なおしていますので
明日から各コンビの総評と私が見たコンビの思惑等を書いていこうと思います。
ご期待下さい。


刻一刻と

2002年12月26日(木)

M-1グランプリ決勝まで残すところあと3日
評論再開に向けて現在多くの資料を見直しているところです。
っといってもただただいろんな漫才を見て
楽しんでいるだけなのですが。

先日はワッハ上方のライブラリで
中川家ややすともが出ている
ABC新人お笑いグランプリを見ました。

あまりの荒削りさにというか
面白くなさに居眠りをしてしまったのを
覚えています。

そんなかんじで蓄えていますので
再開をご期待下さい


ミスしていました

2002年12月25日(水)

昨日のリンクがミスしていました。
正しくは
ここです


緊急更新

2002年12月24日(火)

今日私が企画制作をしている
世界一のパティシエがいるお店
ガトー・ド・ボワ
にクリスマスケーキを引き取りに行ってきました。

お店の前を通った時テレビの取材が来ていることに気づき
すこし胸を躍らせながらお店の前に
読売テレビの番組のようでお店に入ろうとすると
取材中のためもう少し待ってくれとのこと

店内にはいることが許され自動ドアをくぐると
そこにはトゥナイトのなるみちゃんが!!

関係ないのに妙に緊張したり
すげ〜ニアミスだったりで
って相手はまだ収録中のため
なにも話しすることはできなかったのですが
思いがけない遭遇にちょっとうれしい
クリスマスプレゼントかななんて

おもったよりなるみちゃんがかわいかったのに
心温かくなったクリスマスでした。


M-1予選一考

2002年12月12日(木)

今回の決勝進出者を見て
少なからずますだおかだの言っていたことが
現実になったのではないかと思わないでもありません。

決勝に進んだ面々を批判する気は全くないのですが、
M-1の予選について批判したい事は多くあります。

これだけ注目を集めているイベントなのですから
公式ホームページで審査員の名前を公開すべきでは
ないでしょうか。

名前が出る事によって審査員の責任も大きく
そして重くなるわけで現状審査員の名前を
明記してある、公開しているところは
これと言ってない状況が裏を感じさせる
要因になっていると思います。

そして準決勝に至っては
その芸人の将来や知名度を決める重要な戦いのはずです。
準決勝での結果は公式HPで全ての漫才師に対して
審査員全員の寸評があってしかるべきではないでしょうか。

ルート33がただ「華がない」と理由だけで
関西で苦渋をなめてきたと言うことがあります。
それを聞いたオール巨人氏が
「そんなこと言うヤツはわかってないんや」
と言っていました。

その芸人の将来が決まるかもしれないイベントである以上
確固たる理由で正当な判断が出来るよう、
正当な判断をせざるを得ない状況を作ってほしいものです。
非常に接戦だったとファンの多くも思っているはずなので
どこで勝敗を分けたのか明確にして欲しいものです。

またM-1は漫才のグランプリと言うことになっています。
と言うことは日頃から漫才を主にしている芸人が来るべきで
コントグループが付け焼刃で漫才をして出場すべきでは
ないと私は考えます。

コント赤信号のリーダー渡辺正行氏が前回のM-1の時に

「俺達は漫才には手は出さなかった
 漫才は年月を重ねただけ上手く、面白くなるから
 俺達みたいに後からやってもツービートやB&Bたちには
 勝てないのは当然だったから、だから少しでも付け入る隙のある
 コントで勝負してきた」

と言っていました。

私はこれを聞いて非常に感動しました。
これを若手のコントグループにもわかってもらいたいとも思っています。
今回の参加者をすべてみてみると「なぜ??」と思う人も
たくさんいます。
彼らはM-1に出るべきではないのです。

しかし彼らにもこのような大イベントは必要です。
主催の島田紳助氏が漫才出身で出来たM-1なら
コントの大御所である誰かが同じようなイベントを
作ればいいのです。

小規模ながらR-1グランプリなるイベントも
出来ているのですからコントのイベントも作り
各優勝者で元旦に天皇杯のようなこともやってもいいのではないかと
思うわけです。

今後これらのイベントを続けるためには
必要なのではないかと今回思ったので
書き連ねてみました。

29日の本番楽しみにしています。

尚本日より私の個人的な都合により
M-1決勝までお休みさせていただきます。
更新再開時はM-1出演者全員の私の評価を書いていきますので
ご期待下さい。


M-1┥个と

2002年12月11日(水)

さてさてとうとう最後となりました。
決勝進出者紹介。
最後になりましたのが笑い飯の二人。
なぜこの二人を最後に紹介したかというと
1度しか漫才を見たことがなく
全く印象にないからです。

今日までの間に色々調べては見たものの
ほとんど情報も増えず結局知らない
漫才コンビというところでおさまってしまいました。

1度しか漫才を見ていないので
なんとも言えないのですが
昨年の麒麟とは訳が違うとは
はっきりといえます。

全く無名の麒麟が昨年はダークホースとして
登場したのですが彼らの場合
もし決勝当日までに1度でも見ていたら
印象に残っていたはずです。

しかし笑い飯の場合
印象に残っていないというよりも
面白くなかったとうっすら覚えているという状態なので
決勝もあまり期待できないのではないかと
予想します。

まぁ当日この予想を裏切って
笑わせてほしいものです。


M-1Д▲瓮螢ザリガニ

2002年12月10日(火)

さてさて残るは2組となりました。
今回登場はアメリカザリガニです。
私はことコンビに関して非常に高い評価を
しているのですが、それはここ数年の
彼らの実力の伸びが素晴らしかったからです。

準決勝前に書いた予想でも
決勝進出候補の筆頭にあげたのですが、
非常に安定した漫才をします。

決勝でどのようなネタをするか非常に楽しみなのですが
いつものように落ち着いた漫才をすることが
優勝への道だと思います。

気負いすぎてテンポや間が狂わないことを
祈るばかりです。

決勝での笑える漫才を期待しています。


M-1Ε瀬ぅ離

2002年12月09日(月)

さて今日紹介するのはダイノジなのですが、
私の印象としてダイノジはコントだという印象がありました。
関東でダイノジのライブなどを見ている方から
言わせると「なにも知らないなぁ」ということに
なるのでしょうが、ダイノジはコントだと思っていました。

そのダイノジが7日に放送されたOAバトルで
漫才をやっているではありませんか
私としては非常に興味深く
また懐疑的にその漫才を見ていたのですが
正直なところコントより面白いと感じました。

経験のなさからくる荒削りなところや
中だるみは仕方ないとして
枕や落ちといった構成は非常に良く
なぜコントをしているのか疑問に思うほどでした。

今回私の中では非常に注目している漫才ですので
経験のなさを吹き飛ばす完成度の高いネタを
見せてほしいものです。


M-1ゥ魯螢ネロック

2002年12月07日(土)

5組目に紹介するのはハリガネロックです。
もう言わずもがなだとは思いますが、前回の準優勝者でもあります。
技術、ネタ、構成、テンポ、間、全てにおいて関西の若手漫才界を
リードする存在のハリガネロックなのですが、
今回は是が非でも優勝したいといったところではないでしょうか。

現在の関西若手漫才師のリーダーでもあり、この非常に高いレベルを
作り上げた二人にこそ優勝をしてもらいたいのですが、
昨年のM-1以来焦っているのか、プレッシャーなのか
どうにもテンポがおかしくなっているように思われます。

OAバトルではチャンピオンになりましたが漫才自体は
一番いい時のハリガネロック
漫才ではなかったと記憶していますし、東京に行ったことが
いい方向に出ていることを期待しています。

以前笑点で見た時の落ちついた漫才ができれば優勝に
非常に近い位置にいると思うのでがんばって欲しいものです。


M-1ぅ侫奪肇棔璽襯▲錙

2002年12月06日(金)

さて今日で4回目となりましたがようやく折り返し地点と
いったかんじです。正直ここで何度も話題にしてきた
コンビばかりなので改めて書くのに苦労していると
いった具合です。

さて今日紹介するのはフットボールアワーです。
このコンビなのですが私は優勝候補筆頭だと思っています。
今年1年間非常に注目してみてきたのですが、
非常に上手い漫才をするようになっています。
ネタも構成もテンポも間も抜群に良く文句のつけようのない
漫才だといっても過言ありません。

勝負ごとなので絶対はないのですが普段の力さえ出せれば
間違いなく勝敗にからんでくる二人なので今から期待しています。

最高のパフォーマンスを楽しみにしている二人です。


M-1ますだおかだ

2002年12月05日(木)

本日連続ということで3番目に紹介するのはますだおかだです。
この二人に関してはもうなにもいうことはないのですが、
今回は昨年のリベンジを本気で狙ってきていることでしょう。

昨年はペース配分のミスで時間内に落ちまでもっていけず
中途半端な終り方をしてしまい彼らにとっても
消化不良だったことと思います。

今年は全てにおいて完璧に漫才をするのだろうと
今から非常に楽しみでなりません。
昨年大きなミスをしているだけに今年は最も充実しているであろう
コンビだと思います。

優勝候補の筆頭ではないかと思っています。

さてどのようなネタで笑わせてくれるのでしょうか。


M-1△ぎやはぎ

2002年12月04日(水)

M-1第2回に登場はおぎやはぎです。

前回のM-1では決勝に残った10組の中で再開という結果だったのですが
今回はリベンジにかけていることでしょう。
しかし今年1年注目して見てきているのですがあまり向上しているとは
いえないところが気になるといえば気になります。

そこで今回おぎやはぎが上位に食い込むためには
できるだけ関西勢よりも前に漫才をするということが重要だと
いえるでしょう。

今回の採点システムも大阪、福岡、札幌の客による採点であるならば
彼らのテンションでは難しいものがあるかもしれません。
直前に漫才をしたコンビの世界を崩せる枕をもっていればいいのですが
まだそういう技術があるようには思えないので、テンションの高い
関西勢よりもできるかぎり前で漫才をしないとマイナスに影響すると
思います。

関東の漫才師で最も注目をしているおぎやはぎには
ぜひがんばってほしいものです。


M-1.謄庁瓧遑筌肇

2002年12月03日(火)

今回からM-1決勝出場者の個々に関することを
書いていくのですが、トップバッターは
テツandトモ

この二人M-1の公式HPのBBSでさんざん批判されていたように
見て取れました。
正直私としても大穴が出てきたなぁと言った印象は否めないのですが
背景にどんな思惑があろうとも、運であろうとも
多くのライバルを押し退けて決勝に出てきたのは実力として
賞賛を送りたいと思います。

さてこの二人なのですが予選はどのように勝ち進んだのでしょうか、
インタビューを見るかぎり普段のネタでいったようなのですが
出来れば彼らには漫才だと公言してほしかった。

漫才ではないと言ってしまうとM-1の趣旨から違ってくるのではないでしょうか。
彼らには「俺たちはギター漫才だ!」と言ってほしいのです。

別に漫才に楽器を使ってはいけないとは私は思いません。
過去の偉大な大先輩たちにも楽器を使った漫才はありました。
テツandトモにもその偉大な先人たちのように
なってほしいのです。

ネタはワンパターンなのですが微妙なところをついてきているので
正直面白い時もあるのです。
このまま追求をしていって先人に追いついてほしいものです。
決勝の活躍を期待しています。


M-1GP決勝出場者決まる!!

2002年12月02日(月)

とうとうM-1の決勝出場者が決まりました。
実はすっかり忘れていたのですが
ぺぽ様のメールで気づいたと言うのが
実際のところです。

さて今回の出場者ですが
■決勝進出者(8組:エントリーNO.順)
・笑い飯
・テツandトモ
・フットボールアワー
・ハリガネロック
・ダイノジ
・アメリカザリガニ
・ますだおかだ
・おぎやはぎ

と当日の敗者復活1組ということです。

今回は出場者の紹介だけということにして
明日から1組ずつコメントしていこうと思っていますので
ご期待下さい。

(手抜きじゃないのであしからず)


レギュラー

2002年12月01日(日)

今回はいままで辛口の批評をしてきたレギュラーを書きたいと思います。
昨日深夜まで起きていたのですがその時に久々に彼らの漫才を
見ることができました。
率直に評価をすると非常に上手くなっています。
テンポ、間が今までとはくらべのもにならないくらい
よくなっており、間だけで笑わせていたと言っても
過言ではないくらいに充実していました。

この成長はやはりbaseという環境にあるのではないかと思うのです。
先輩や後輩が非常に熱心に勉強しておりお互いがライバルだという
環境にいるために著しい成長が出来たのだと思います。

レギュラー自信も関西で多くの賞を取っている実力派ではあるのですが
いまいち漫才が荒かったためにここではいい評価をしていなかったのですが
これからは注目のコンビとなることでしょう。

みなさんも気にとめてみてはいかがでしょうか。

 < 過去  INDEX  未来 >


ご意見ご感想、リクエストはこちらからメール下さい
PCに関する日記も書いてます
おおかみ
引越し前からの合計のカウンタです
本日は番目のアクセスです。
また昨日は人のご来場者がありました

My追加


古今東西お笑い見聞録が携帯用メルマガで復活します。 登録は下から!
Email:
Email:
お世話になっている企業です。


ホームに戻る