時々管理日誌
時々だけ書く管理人の日誌です。
サイト運営や創作について、日々の雑感など。

2016年01月30日(土) 覆面7Fブロック推理経過(その1)

まずは作品と作者さま一覧をぺたり。敬称略で失礼します。

F01 空蝉ばかりが残された 
F02 名前のない色 
F03 鐘山に迷う
F04 子連れ天使
F05 異説クリュタイムネーストラー
F06 イ●カに●った●年
F07 光の真実
F08 ねがはくは花のもとにて...
F09 虹色クジャクと北の森 
F10 聖泉鏡 
F11 空の歌を捧げる歌姫の最後

jiji すず ネジ子 碓地海 茅 佐倉愛斗 財油雷矢 三和すい 西禄屋斗 百里芳 鈴子


さあ、自ブロックであるAをのぞけば最後のブロックです!
例によって、まずは推理は置いといて普通に楽しんで一読。
が、その段階で、全く隠れる気がなさそうなお二人に気付きます。
うんうん、それも1つの楽しみ方ですよね!
覆面企画は、別に、『なるべく当てられない』を目的にした企画じゃないですもん。
そういう楽しみ方も、もちろんアリだけど、それはあくまでも、『楽しみ方の一つ』ですもん。
普段どおりのものを出して自分の作風を知ってもらい、好みがあう人がいれば気に入ってもらうというのも、正当な楽しみ方の一つですよね!

で、隠れる気がなさそうな人、一人目はjijiさん。
行頭の字下げがない。
なので04。
04は、冒頭とあと一箇所だけ下げてますが、サイト作品でも、章や段落の頭など、ところどころで下げてるものもあります。
あとはセリフ。
04は、セリフは基本的に短く、「あんたに、任せる」「それも、駄目なんですか」などの読点使いが目立ちますが、jijiさんのサイト作品にも、 「よく、考えてみる」「どんどん、自信が無くなっていくわ」「なに、してるの」など、同じ特徴があります。

あまりにも一目瞭然なために細かい検証は省略してしまいますが、文体・改行の頻度・漢字変換など、どこをとってもそれらしく、内容的にもそれらしく、物証は、調べればいくらでも出てくると思われます。

あと、これは証拠になるほどのことではないですが、jijiさんのサイトでたまたま読んだ作品で、一緒に食事する相手に食べ物の好き嫌いを尋ねるシーンがあり、そういう気遣いを描く方なのかな、と……。
04の主人公の殺し屋さん、内心いろいろ冷たそうなこと言って見せてるけど、とっても親切な人ですよね〜。
見ず知らずの母子を家に上げてお風呂や服を貸して食事まで作ってあげる上に、その際、子どもの好き嫌いまで気にかけてあげるなんて、なんて面倒見の良い、良い人なんでしょう……(T-T)
根が善良で親切な殺し屋さんの、その親切さが、好き嫌いを尋ねるという行動にあらわれていると思います。
で、jijiさんの作品に出てくる人も、思いやりをそういう気遣いの形で表現する人が出てくる、と。

もう一人は、財油さん。
よく見たら、財油さんは、全く隠れる気がなかったわけではなく、セリフの括弧閉じの前に「 。」という、ものすごく目立つ特徴は一応封印してきたので、少しは隠れる気があった……のかな?
でも、セリフ中の改行という大特徴は隠してなくて、どう見ても07です。
あと、カッコ中セリフの末尾の「 。」は封印したけど、「先生、」「さて、」という「 、」はそのまま。
「…………」という四連三点リーダーもサイトでもたくさん使ってるし(しかも07でと同様、「…………」だけのセリフとして)、あと、「光が…… 物、ですか?」と、『……』の後にスペースが入ってるのも、サイトでも『あ〜 そういえば』などがあって、共通です。
あと、現在形多めで『である』混じりの文体、『左様』『頷く』などの漢字の変換や、『どうするかなぁ』という小文字使い、『いく/ゆく』では『いく』派など、どこをとっても合ってます。

というわけで、まずはお二人、確定。

そして次に、初参加の方のサイトに伺って、作品を拝読。
まず佐倉愛斗さんのサイトに伺って、まずは何か短編を……と思ったところ、作品一覧の『短編集』のところで、いきなり『女装』の文字を発見。
「んん? これは……」と、02を思い出して読んでみたら、これは、なんというテーマかぶり……。
さらにその上下の作品にも『先生×生徒』とか『性別違和』など、F02と通じるキーワードが。
読んでみたら、またまた、ものすごいテーマ・モチーフかぶり。
明るく楽しいファンタジーとしてのBLや男の娘ではなく、家族や社会に受け入れられない苦しみや、そのような自分であることの葛藤、思春期におけるアイデンティティの模索、成長とともに変わっていく自分の身体への違和や嫌悪などをきっちり描いた青春ものでした。

さらに長編のほうも見に行ってみたら、これもやっぱり女装もの。
ただ女装してるだけでなく、着こなしのディテールにこだわってコーディネートを詳細に描写してるのも02と共通。

見れば見るほど、あっちこっちでシチュエーションからモチーフから共通しまくってて、これはもう間違いない!

……と思いましたが、これって前回のDブロックと、まったく同じ推理展開ですね(^^ゞ
最初に鉄板組二人を当てはめた後、初参加の人のところにいったら、いきなり内容的にどんぴしゃな感じのものがあって(前回は『百合!=紺山さん!』)、よく見ないで仮配置してしまうという……。

というわけで、今回は念のため、ちゃんと検証してみることに。

その結果、やっぱりこれは間違いないとなりました。
全く隠れる気のない方、3人目!
別の企画に提出している作品を見ても、ひたすら自分の書きたいことを書く方なのだとお見受けしました。

で、その検証の結果ですが、 『ふふ、と笑う』、『なぁに』『頷く』『分かる』『あったかい』『気持ちがいい』(←『良い』ではなく)など、一致点が多数。
セリフで人名が出てくる時に前後の言葉と続け気味(『あっちゃんお帰り』『川ちゃんいる?』『あと川本先生な』等)なところ、副詞の後に読点が無いことが多いところ、『いく/ゆく』では『いく』派、『チカチカ・ガラガラ・ゆらゆら・とぼとぼ』等のオノマトペの多用(そしてそれが時々カタカナ)なども共通の特徴。
サイトには『きらきら・キラキラ・ケラケラ・ギリギリ(←これはオノマトペじゃないけど、カタカナにしてるのが特徴的)・ぽふぽふ』等、カタカナ含めた四文字オノマトペがいっぱいありました。
これはもう、確定でいいんじゃないかと……。

次に、もう一人の初参加、百里さんの作品を拝読。
ぱっと見、画面が08に似てる気がする……。

というか、私、てっきり読んだこと無い方だと思ってたけど、百里さんの作品、前に読んだことありました。
たぶん、小説家になろうでやってた企画で読んだんだと……。
SFも書かれる方だったんですね(全ジャンル制覇してるようですが)。
なおさら08が怪しい……。検証に入ります!

今日はこまでで、いったんまとめます。

F01 空蝉ばかりが残された 
F02 名前のない色            佐倉愛斗さん
F03 鐘山に迷う
F04 子連れ天使             jijiさん
F05 異説クリュタイムネーストラー
F06 イ●カに●った●年
F07 光の真実              財油雷矢さん
F08 ねがはくは花のもとにて...     百里さん?
F09 虹色クジャクと北の森 
F10 聖泉鏡 
F11 空の歌を捧げる歌姫の最後

あと、うっすらとだけど(もしかして……)と思ってる組み合わせは、鈴子さん=01かな?
なんか熱い感じが……。
他は、よく知ってる書き手さんが多いにもかかわらず、全く見当がつきません。
先が思いやられます(^^;)



2016年01月29日(金) 覆面7Eブロック推理結果&推理経過(その5)

今度こそ、Eブロック推理確定です!

E01 会長の戸隠〜高原学園生徒会記録〜            蝶々さん
E02 ヒロイック・ガーリッシュ                祭歌さん
E03 明日の行方                       神儺さん
E04 殺人調書記録、あるいは初恋の甘い輝き          藤原湾さん
E05 身代わり                        織人文さん
E06 娑婆電光クロスロード                  紺山ゆたかさん
E07 暗夜航路 Eclipse route                 塩中吉里さん
E08 電子レンジ、ひかる!                  葉山郁さん
E09 光の先へ                        紅月赤哉さん
E10 彼は暗い夜雨の中に差し込んだ、一条の月の光のようだった 深海いわしさん

前回からの推理の経過です。
最後に残ったのは、紺山さん&藤原さんと04、06の組み合わせでした。
そのうち、紺山さんは、他のあちこちの作品と見比べている時にチェックしてあった漢字変換から、この二人と二作なら紺山さんがこっちだなと、この組み合わせが決まった時から見当をつけてました。

具体的には、『いま』や『だれ』『あまり』を開くその他にも全体に開き気味、あとは『強張る』『掌』など。
消去法的な理由としては、藤原さんはこういうふうに文体で遊びそうに思えないこと。
その点、紺山さんは、横書きか縦書きかで読点の頻度を変えるということで、おそらく媒体(紙とネット)によって書式を変えたりもするのでしょうし、こういう文体いじりもお手の物なのではないかと想像します。

というわけで、紺山さん=06は、さほど違和感なく当てはまる気がしたんですが、そうすると、藤原さんが消去法で04に……。
これは、ちょっと違和感が。
というか、04はやっぱり蝶々さんにしか見えないから、他の誰を当てはめても違和感があるのですが……(違和感ないとしたら、フェイクのためならなんでもありそうな塩中さんくらい?)
でも、蝶々さんは、『筋肉隆々』事件以来、いったんそこだと思ったら、他にもいろいろ一致点が見えてきて、もう01にしないわけにはいかない。
塩中さんも、もう決まってる。

というわけで、藤原さん=04の証拠探しの旅に出発。
漢字変換は、『余りにも』など、そこそこ合ってますが、もともと厳密に統一していない方(ほとんどの方がそうですが)なので、あまり当てにはできません。
サイトで『心おどる』『怖気がする』などの単語を見つけられれば良い証拠になると思いましたが、検出ならず。

ただ、『可愛いくって』という言い回しを、サイトで見かけました。
『可愛くて』ではなく『可愛くって』。
さほど珍しくはないけど、04には『勇気なんてなくって』『好きになれなくって』『温かくって』もあるし、口語を書く時のクセなのかなあ、と思い、チェックポイントとして書き出してたのです。
藤原さんのサイトでも、見つけられたのは一箇所だけでしたが……。
(あと、紺山さんのサイトでも、『気が強くって優しくて』という、04にある『温かくって気持ちよくて』に、より近い用例を見つけてしまって、ちょっと(うーん……??)となりましたが……(^^;)
でも、紺山さんは『ゆく』派なので、『いく』派の04は違うと思うので!)

それと、サイトで、『バリバリのキャリアウーマン』という言葉を発見!
(04に『バリバリのキャリア』という言葉あり)
この言い回しって、そういえば、ちょっと昔の世相を感じる言葉ですよね。
今でも使わないことはないだろうけど、どっちかというと、ちょっと昔の社会の空気を感じます。
そして、その言葉が出てきた作品自体、『まだ女子会という言葉が流行する前』のOLの世界を描いていて、04の時代感(『ぞっこんラブラブ』とか『冬彦さん』とか)と通じるものがあるような……?

あと、藤原さんの描く女性は、わりと女言葉使いますよね。

あとは、藤原さんが、セリフ中や一人称の地の文で『見れる』『信じれる』というら抜き言葉を使っているのを発見。(04に『見れた』あり)

それと、藤原さんのサイトで、『―証明終了―』でシメてる推理ものがあったのが、ちょっと04の最後の一行、『事件終了につき2016年3月31日、調書記録更新停止。』に似てる気がしません?

……などなど、ちょっと強引だけれど、なんとなく自分の中では納得出来る程度の理由を見つけてこられたので、もう、藤原さん=04で確定!



2016年01月26日(火) 覆面7Eブロック推理経過(その4)

Eブロック推理の続きです。

祭歌さんが01ではなかったので、じゃあ01は誰かということになり、もともと配置してあった塩中さん、02から追い出された紺山さん、それと藤原さんと見比べるも、誰もこれといった決め手がなく……。

01はいったん諦めて、消去法を狙うことにし、候補を減らすべく、カンニングで(あーっ!)と思った塩中さん=08説を検証。
そういえば……と思いだした、塩中さんのドラゴンもの長編を再読。

すみません、私、昨日、ドラゴン大好きな女性のお話って書いたけど、それは記憶違いで、ドラゴン飼育係(?)の娘さんが主人公だけど、作中で変態的なまでのドラゴン愛を暴走させてるのは男性でした。(黒髪の準騎士、生真面目・誠実系変態(笑))
それはともかく、これ読んだら、もう、塩中さんは08でしょう……。
ドラゴンの交配の話題も出てきたし。

で、文章を詳しく見比べてみると、あきらかに近いです。
現在形多めの短文派、読点頻度は普通、接続詞の後に読点が来る率が高く、文章全体の漢字率はけっこう高めだけど『とき』とか『なに』とか『いま』とかの簡単な字のひらがな率がすごく高い。
これだけ開き率が高いのに、『頷く』は漢字。
漢字の変換も、参考に抜き出したものが、ことごとく一致。
(サイトで二種類以上の変換を使っていて、その片方と合致するもの含む)

『いく』と『ゆく』は、『いく』多めだけど両方使う。
心の声を( )で書くし、『――』を単独で(前後を囲まないで)使う。

09にある、
『鞍によじ登りかけて――
 鞍の上には変な生き物がいた。』
という『――』+改行の使い方も、サイトでもやってました。
例:『そして昨日厩舎にきた男といえば――
 そこでようやくマルグリッドは老騎士の言う猗爿瓩忙廚づたった。』

カンニングの結果だけど、これだけ具体的な物証を引っ張ってきたので、自分の中では、良しとします。(自己満足)

というわけで、01候補は一人減ったけど、あまりのフェイク臭に、まだ歯がたたない気がします。
先に他のところを見てみよう。

ここまでのまとめ。

E01 会長の戸隠〜高原学園生徒会記録〜              現時点での候補は紺山さんか藤原さんだけど、どっちでもないような……。
E02 ヒロイック・ガーリッシュ                  ★祭歌さん
E03 明日の行方                         神儺さん
E04 殺人調書記録、あるいは初恋の甘い輝き            蝶々さん
E05 身代わり                          ★織人文さん
E06 娑婆電光クロスロード                    紺山さんかいわしさんか藤原さん
E07 暗夜航路 Eclipse route                   塩中さん
E08 電子レンジ、ひかる!                    ★葉山郁さん
E09 光の先へ                          紅月赤哉さん
E10 彼は暗い夜雨の中に差し込んだ、一条の月の光のようだった   紺山さんかいわしさんか藤原さん

01は手のつけようがないので、このなかで一番フェイク臭がなくて探しやすそうな10を固定して、01候補を減らしていく作戦でいくことに。
10は、いったんは神儺さんを当ててたんだけど、神儺さんが03に移動してしまったので空席になっています。

現時点で、残ってる作者さんは、いわしさん、紺山さん、藤原さん。
残ってる作品は01、06、10。

いわしさん、どこにもいないと思ったけど、01や06はナシでも10はアリかもしれない……。
SFで、短編でも背景となるストーリーや設定がきっちりあって、キャラはアニメ的にきらびやかな髪や目の色明記で、情景描写も色彩感覚豊か。
いわしさんといえば海や空の青のイメージが強いけど(だからどこにもいないと思ったけど)、もしかして、これは、夜のいわしさん?
そう思えば、この、黒の中に鮮やかな色彩が見える光景は、以前覆面に出してた花街のやつと系統が似てる気もしないではない……。こっちは青系であっちは赤系だけど。

逆に、藤原さんはナシだと思います。
執筆期間がすごく短かったそうなので。
これは構想段階から短時間で書ける作品じゃない。
文章そのものは筆が早い人なら短時間で書けても、構想にはそれなりの時間がかかってるはず。
その点、いわしさんは、執筆時間は短かったけど構想期間はそれなりだったようなことを意気込みで書いてらしたので、その点は当てはまってる。

というわけで、いわしさん=10を検証。
01と見比べた時に、すでに推理材料は山のように収集してあるので、それらが10と合致するのか調べるだけ。

……と、ここで、ツイッターに新情報が!
(今回、いつも後でまとめて書こうとしては経過を忘れてるので、リアルタイムで日記を書きながら推理してます)

ツイッターに現れたネジ子さんと01の手強さについて語るうちに、ネジ子さんが、01に『筋肉隆々』という言い回しがあると仰って。
でも、この単語を使う場面ってあまりないから証拠としては望み薄かな……ということだったのですが、私、(そういえば、こういう単語を使うような場面がある作品を、どっかで見たぞ?)と。
そうだ、蝶々さんのところだ!
(ちなみに、これ→http://ktwilightk.web.fc2.com/tlbf/story/ssother/030.html ……ガチムチおっさん受けの話題が登場するお話)

そして、筋肉隆々、発見。
他の人は絶対に使わないような単語ではないけれど(私も、実際に使ったことがあるかどうかは覚えてないけど、機会があればこれを使うかもしれない人だから、違和感がなくてチェックを洩れてた)、普通は『筋骨隆々』か『筋肉モリモリ』のどっちかを使う人が多いんじゃないかと……。

しかも、そういえば、曽野さんが、01=蝶々さんって推理してましたよね。
その時は、私は蝶々さんは04だと思ってたので、あんまりピンと来なかったのですが(だって、蝶々さん=01はアリだとしても、そうすると04は誰に……? と)、こうなると、その説に俄然真実味を感じます……。
だって、01の、あの、全く読点のない文章、当然フェイクだとばかり思ってたんですが、よく見ると、蝶々さんの文章って、ほぼそれに近いじゃないですか。
セリフ中に読点が少ないことはチェックしてたし、それを蝶々さん=04説の根拠にもしてたんですけど、少ないどころじゃなかった……。
この作品の中だけでも、例えば『いくら値段のする学習机だったとはいえ購入からすでに十五年近く経過しているのにうっかり壊れたらことである』とか、『あとは同人やグッズを買うために貯めているらしいのは大阪のオタクメッカ日本橋へ行って帰ってきた時の顔の輝きとメイトやとらのあな、らしんばんの袋の類でよくわかる』とか、全く読点がなかったり、読点ゼロではないけど読点無しでものすごく長く続く文が、ざくざくある……。
『案ずるでないてめえが一番狂ってる』とか『あってめこの野郎待てくそ!!』とかの、普通は入るところで句読点が入ってないセリフも、ざくざく……。

01の文章って、読点ぜんぜんなくても、全く読みにくい箇所がないんですよね。
もし、普段は読点をいっぱい使ってる人がフェイクのために書いた後から読点を全部とっぱらったとかなら、きっと、不自然な読みにくい文になるはずで、読点ゼロなのはさすがにフェイクのためだとしても、もともと読点少なめの文章を書いてる人だろうなとは思ってたんですが……。
そうか、蝶々さんなのか……。

ありがとう曽野さん、ありがとうネジ子さん、ありがとうツイッター!

そうか、今、残り3名まで来ての膠着状態は、蝶々さんを間違って配置していたせいだったのか。
ここが間違って固定されてたから、他の人たちが、誰をどこにしても他の場所が合わなくなるという三すくみ状態に陥ってたのか。
蝶々さんを01にすることで、きっとこの、膠着状態が動き出す……!
でも、そうすると04は誰だ……?
そしてまた、新たなるカオスが始まる……(^^;)

でも、04が空席になっても、もう、入れる人もあんまり残ってないんですよね。
このまま検証を続けていわしさんが10に確定したら、後は藤原さんと紺山さんのお二人です。
今のところの感触では紺山さんは06なので(漢字の変換から)、藤原さんは自動的に04に。
もしそれで合ってれば、今度こそ推理完了、どうしても合わなければその時はその時で……。

というわけで現時点での仮配置です。
★がついてるところは確定、☆がついてるところは、ほぼ確定。

E01 会長の戸隠〜高原学園生徒会記録〜              蝶々さん
E02 ヒロイック・ガーリッシュ                  ★祭歌さん
E03 明日の行方                         ☆神儺さん
E04 殺人調書記録、あるいは初恋の甘い輝き            藤原さんか紺山さん
E05 身代わり                          ★織人文さん
E06 娑婆電光クロスロード                    紺山さんか藤原さん
E07 暗夜航路 Eclipse route                   ☆塩中さん
E08 電子レンジ、ひかる!                    ★葉山郁さん
E09 光の先へ                          ☆紅月赤哉さん
E10 彼は暗い夜雨の中に差し込んだ、一条の月の光のようだった   いわしさん?(検証途中)

そして、中断してたいわしさん検証の続き。
いわしさんは、全体的には特に一文が長いわけじゃなく、短文が続く箇所も多いけど、ところどころにかなり長めの文章もあって、読点も特に少なくないけど、時々、かなり長い文が読点なしで続くことがある気がします。
で、01にも、ところどころ、『その雨の中でも生き生きと枝葉を広げ瘴気を放つ、美しい紫陽花の茂みの中で、私は〜』とか『灰色の高く切り立った城壁と雨から町の人を守るための巨大なドームから逃げるように。』みたいな、けっこう長めで読点少なめで情報量の多い、大きな塊になってる文章があって、全体的に、わりといわしさんっぽい気が

10に三箇所もある、――の後に読点ナシで改行する手法は、いわしさんのサイトでも用例あり。
漢字の変換はだいたい合ってるけど、いわしさんはもとから変換を統一していないから、あまり証拠にはならないかも。
でも、一応、『余りにも』『出来る』(←サイトには『できる』と両方あり)『わかる』『辿り着く』(←サイトには『たどり着く』と両方あり)あたりが一致。
10の中で『気付く』と『気づく』が両方使用されているのも、いわしさんと同じ。
いわしさんも、同じ作品の近い箇所で『気づく』と『気付く』『出来る』と『できる』などを併用したりするので……。
そんなわけで、漢字変換は、確実は証拠にはなりそうもないけど、揺れの範囲を越えて合わない箇所も全く無く一致してるので、補強材料としては十分かと。
そして『真逆』の使用例が共通してあるのも、補強材料。

ここまで来れば10でいいかも。
他の作品が、ちっともいわしさんらしくないので、ある意味、消去法で……。

そうすると、最後は、紺山さんと藤原さんの一騎討ち。
作品は、04と06。
どっちもフェイク臭ぷんぷんの手強そうな作品です。
初参加の紺山さんと藤原さんで、まさかこんなことになるとは……。
執筆時間の短さから言ったら、藤原さん=06もありそうですが、これまでにお二人とも別の作品と見比べるためにさんざん漢字変換をチェックした経験からいうと、漢字変換的には、06は紺山さんです。

でも。
藤原さんが04のようには、どうしても見えない!
(今でも蝶々さんにしか見えない……)
だからといって、06のようにも見えない。
いないと思ってたいわしさんはいたけど、今度は藤原さんがどこにもいない……。
もしかして、Eブロックに、藤原さんはいなくて、蝶々さんが二人いるんじゃないの!?



2016年01月25日(月) 覆面7Eブロック推理経過(その3)

さて、仕切り直し中のEブロック推理、前回の日記から今までの推理経過を。

今にして思えば、このブロック、いったんこれで完了と思った推理は、本当は、他ブロックでは仮配置と呼んでた段階だったんですね。
ぜんぜん検証しないで、(とりあえずイメージで当てはめておいて、後で他が合わなくなったら戻ってきて推理しよう)と思った箇所が、たまたまその先もおおよそ埋められてしまったので、そのままになってたり。
そりゃあ、簡単に当てはまるわけですよ。推理してないんだもん(^^ゞ

だから、初期段階でのうっかりミスが見つかって、むしろ良かったです。
それがなければ、仮配置をそのまま確定にして終わらせちゃうところだったので……。

といわけで反省とともに仕切り直しに入ったのですが、うっかり、自分のミスに気がつく前に他の人の推理結果をカンニングしてしまった(その時は推理完了したと思ってたから……)ことを、激しく後悔。
何箇所か、全く想定外だった組み合わせに目から鱗が落ちる思いをしたので、これでは、ここら先は、いくら自分でも検証したとしても、自力で答えに辿り着いたことにはならない……と。
カンニングは、もっと、自分の頭でちゃんと考えた後でするべきでした。
でも、その時は、推理終わったつもりでいたから……(T-T)

まあ、見ちゃったものはしかたありません。
先人の成果、ありがたく導きとさせていただきます。
それに、どうせ、一度見たくらいじゃ、ほとんど忘れちゃうし(^^ゞ

で、その、目から鱗を落としてもらったところというのは、捺さんの、祭さん=01説と、どなたかの(……だなんて失礼ですが、確認に行くと、せっかく忘れようとしてるものをもう一度見ちゃうことになるので、今はご寛恕ください)あかつきさん=09説、そして、捺さんと曽野さんお二人共通の、塩中さん=08説。

特に塩中さん!!
あーっ、そうだ!!
いわしさんにしては何か違うと思ってたテイストは、塩中さんにぴったり!
いわしさんとは、例えて言えば『サイトの背景色が違う』感じだなあと思ってたんですが、この背景色(←イメージ)は、言われてみれば、まさに塩中さんだ!
それに、塩中さん、ドラゴン大好きな、ドラゴンマニアの女性のお話を書いてたじゃないですか。
もちろんご本人も、ドラゴン大好きと思われます。
ああ、これは自力で気付くべきだった、気づきたかった……。

……と、いくら言っても後出しですね(^^ゞ
でも、後でちゃんと、自力で検証しますので!

とはいえ、まだ塩中さん01説を完全に捨てたわけじゃありません。
先に、もう一つの目鱗ポイントである祭さん=01説を検証して、塩中さんをフリーにしてから。

祭さん=01説を見た時、(あーっ!)と思ったのは、前回の覆面作を思い出したから。
死神のお話。
たしか、サイトには載ってなかったので(見落としだったらごめんなさい)忘れてたのですが、そういえば、あれを書いた人なら、これもありかも!? と。
で、見比べてみたところ。
たしかに、ノリ的にはアリな感じなのですが、うーん、やっぱり違うかも……?

……と、思った理由は、メモしておかなかったので忘れてしまいました。
やっぱり推理経過はリアルタイムで記録しないとダメですね。
たぶん、読点(特にセリフ中)の頻度とか、あと、変換もいろいろ違ってたはず。

じゃあ、祭さんはどこだろう……と思い、作者の席が空いてる作品を順に見てゆくことに。
まずは、全く推理せずにイメージだけで紺山さんを仮配置したまま、特徴の抜き出しさえしてなかった02から。
で、02の特徴を抜き出していった結果、祭さんと、いろんな点で見事に一致。

『憧れている。と、思う。』という、特徴ある句読点使いの文章。
(サイトに『気を遣ってくれている。のが分かる』『困られていた。ような覚えがある』等の用例多数)
『目眩』を始め、変換の一致率。
家族の『仲は良好』という言い回しが前回の覆面作品と共通。
髪の毛がふわりとなる描写がサイトにとても多い。
その他、いろいろと細かい一致があり、祭歌さんは02に。

さらにダメ押しで、これは推理とはいえないので何とは書かないけど、ある動かぬ(と思われる)証拠を、仮配置した後で偶然見つけてしまったので、ここはもう、『仮』を取って本決まりとします。

これ、結局、捺さんとは違う結果になったけど曽野さんと同じだったんですが、とにかく動かぬ(と思う)証拠を自力で見つけたので、ここは良しとさせてください。

次に、じゃあ01は結局誰なんだ……?
この時点で、残ってるのは塩中さん、あかつきさん、いわしさん、紺山さん、藤原さん。
このうち、あかつきさんは、私の中ではもう違うことになってる(理由:田尻センパイの筋肉描写がない)ので除外。

もともとここは塩中さんを仮配置してたので、そのままでもいいわけだけど、捺さんと曽野さんお二人の塩中さん=08説にすっごく納得してしまったので、できれば別の人を探したいところ。
ということは、いわしさんか紺山さん?

あれ?
もしかして、ここをいわしさんにできれば、『Dブロックにいわしさんがいない』現象が解決できるんじゃない?
そういう願望ありきで推理するのが危険なのは分かってるんだけど……。
でも、08じゃないとなると、いわしさん、どこにもいないんだもん……。

そんな願望で曇った目で、いわしさんと01を見比べてみたのですが、うーん、残念なことに、それでもいわしさんはこれじゃない気がする……。
(どうしてそう思ったか、また理由をメモし忘れたんですが、とにかくいろいろ違う感じだった)
うーん、やっぱりいわしさんがいないよぉ……。

ここで、まだちゃんと特徴を抜き出していなかった紺山さんのサイト作品を、改めて精読。
普段の作品は掌編ばかりだけど、企画参加作にちょっと長めのがあったんですね。
紺山さん、ツイッターで、横書きの時と縦書きの時で読点の頻度を変えるようなことを仰ってたので、そういうコントロールの効く方だと、読点等の特徴から推理するのは難しいかもしれません。
そして、初参加でも、高度な文体フェイク(というか、別にフェイクじゃなくても普段とあえて違う文体)でくる可能性も……?
なので、01の可能性も十分あるような気がするのですが、01であるという積極的な理由も特に見つかりません。

残る藤原さん……も、いまいちピンときません。
藤原さんだけじゃなく、セリフにも本文にも、こんなに読点少ない人は、この中には誰もいない!

でも、そもそも、それも01のフェイクかもしれない。
極端に読点の少ない文章といい、ふんだんな空行といい、普段からこういうふうそうな人は、このブロックにいないんじゃ……?
『かしらん』だの『タメ息』だの『センパイ』だの算用数字だの、01はどうせ、何から何まできっとフェイクづくめなんだ!
つまり、やっぱりこれは、まじめに見比べても推理不能なんじゃ……?
特徴的なワードである『しょうも懲りなく』と『罰が悪そう』を、だれかのサイトで見つけられればOKなんだけど(もしそこもフェイクでなければ)、何人もの人の広いサイトの中からそんなものを見つけ出すのは、干し草の中から針を探すようなもの……。
『罰が悪い』は一回限りの偶然の誤変換かもしれないし。

ここは諦めて、消去法にしよう!
というわけで、いったん後回し!

で、次に、これもカンニングで(あーっ!)と膝を打った、あかつきさん=09説を検証してみることに。
言われてみれば、これ、すごくあかつきさんっぽいです。
魔物の叫び声とか。
文章も、違和感ないです。
『吼える』とか『つかの間』とか『掌』等の変換も合ってます。
特に『飯ぃいいい!』っていう、小文字と大文字の組み合わせ方が、あかつきさんっぽい。
私が01をあかつきさんではないと思った理由の一つが、「ぃやったぁぁーーー!」で、あかつきさんなら、「やったぁああ!」(←今、見本としてサイトから探してきた)と、最後には大文字を重ねると思ったんです。

というわけで、これ、あかつきさんだわ……。
なんでこれに気が付かなかったんだろうってくらい……。
ここはもう、曽野さん&捺さんに感謝して、ありがたくカンニング結果に乗っからせていただきます。

ここまでのまとめ。

E01 会長の戸隠〜高原学園生徒会記録〜            塩中さんか紺山さんか藤原さん
E02 ヒロイック・ガーリッシュ                ★祭歌さん
E03 明日の行方                       神儺さん
E04 殺人調書記録、あるいは初恋の甘い輝き          蝶々さん
E05 身代わり                        ★織人文さん
E06 娑婆電光クロスロード                  未定
E07 暗夜航路 Eclipse route                 塩中さん?
E08 電子レンジ、ひかる!                  ★葉山郁さん
E09 光の先へ                        紅月赤哉さん
E10 彼は暗い夜雨の中に差し込んだ、一条の月の光のようだった 未定

★がついてるのはほぼ確定、ついてないのは仮配置です。



2016年01月19日(火) 覆面7Eブロック推理経過(その2)

Eブロックの推理、完了しました。
とりあえず結果をUPしておいて、後で推理の経過を追記します。


E01 会長の戸隠〜高原学園生徒会記録〜          塩中吉里さん
E02 ヒロイック・ガーリッシュ              紺山ゆたかさん
E03 明日の行方                     祭歌さん
E04 殺人調書記録、あるいは初恋の甘い輝き        蝶々さん
E05 身代わり                      織人文さん
E06 娑婆電光クロスロード                紅月赤哉さん
E07 暗夜航路 Eclipse route               深海いわしさん
E08 電子レンジ、ひかる!                葉山郁さん
E09 光の先へ                      藤原湾さん
E10 彼は暗い夜雨の中に差し込んだ、一条の月の光のようだった 神儺さん

追記1
ごめんなさい!
いったん、推理完了と書いたのですが、重大なうっかりミスに気がついて、途中から推理やりなおしです……。
(なので、日記のタイトルも『推理結果』から『推理経過(その2)に変更しました)

これから迷走の予感……(^^;)
とりあえず、迷走に入って収集がつかなくなる前に、ここまでの推理の経過を先に書き留めておこうと思います。
後で追記します。

追記2

さて、追記です。
うっかりミスというのは、私が03の推理をする時に、祭さんの特徴(漢字変換変換とか)を集めたメモを見ているつもりで、途中から神儺さんの特徴メモを見ていた疑惑です……。
なんてこった。
しかも、そこで見つけた(と思った)物証(それも二つ)が、03を祭さんに当てはめる決め手になっていたのでした。

一つは、『問うた』という言い回し。
全体に古風な文体・作風の作品でなら珍しくないけれど、こういう、特に古典調じゃなく文章も硬くない作品で使われているのは、わりと特徴的かと。
もう一つは、『茫然』という変換。
『茫然』は、『呆然』と書く人のほうが多いので、ごく普通の言葉だし変換だけど、実は意外と珍しい気がします(私が見た範囲では)。

その他にも、文学的な比喩表現とか、『如く』という、『問うた』同様、もっと古風な堅い文体・内容の作品で使うなら珍しくないけどこの内容・書きぶりの作品では若干特徴的かなという言い回しもありましたが、とにかく、直接的な物証は『問うた』と『茫然』で、そして、それがメモしてあったのは、祭さん資料ではなく、神儺さん資料だったのです……。

でも実は、さっき調べてみたら、祭さんも『問うた』と『茫然』を使っていることが判明。
いずれも、他ではあまり見かけないのに、なんで同ブロックに二人もいるのか!(@@)

というわけで、ここは、神儺さんが『問うた』『茫然』を使うのは無視して、今までどおり祭さんのままにすることもできるのですが、いったん神儺さんが候補になったとたん、俄然、神儺さんのほうが近い気がしてきて……。
後で、ここから検証やりなおしです。
もし、ここに神儺さんが来たら、10が空いて、他が全部大移動する可能性ががが……。
(織人さんと葉山さんは動かさないけど!)
なので、冒頭に乗せた推理結果は、そのまま第一次仮配置とします。

……と、それは置いといて。
ここを祭さんにしてた時の、その後の推理の経過を、先に記録しておきます。

<第一次仮配置の記録>

次に、神儺さんと藤原さん、09と10を見比べて、藤原さんを09にしたんですが……ごめんなさい!
理由をメモし忘れてたら、なんでここに当てはめたのか、今となっては分からない!!!
推理の時に09と藤原さんのそれぞれの特徴を抜き出したメモは残っているのですが、両者で共通するのは『掌』という変換くらいなんです。
『ひとりごちた』は共通して使ってるけど変換が違うし、せいぜい、『いいなぁ』とか『ダメかぁ』の小文字使いとか、『いく』派であることとか、ほとんど理由にならないことしかメモしてないのですが……。
その時は、何か理由があって当てはめたはずなのですが……。

神儺さんを10に当てはめた理由は、3人と3箇所内での消去法と、あとは、織人さんかもしれないと思ったのと、ほぼ同じ。
短編でも設定を惜しみなくつぎ込んで、それを作中でしっかり説明してくれそうな気がしたので。

あとは、副詞の後に読点が来ないことが多い、読点がなかったり少なかったりする長めの一文(例『灰色の高く切り立った城壁と雨から町の人を守るための巨大なドームから逃げるように。』←E10)があることがある、セリフの前に『――』で改行などの、細かい点です。

が、織人さんと違って、神儺さんには、この、『アニメ化したらキャラが美形・絵柄が美麗そう』感はあまりない気がして、いまいち確信はありませんでした。
でも、仮配置だから、後で合わなくなったら考えればいいや……と。

よく考えてみたら、私、ここ、ろくに推理してなかった!
(『仮』配置だから、先にいって辻褄が合わなくなったら戻ってきて検証すればいいや)と仮配置したまま、なんとなく先に進めてしまったので、そのままに……。

反省はそれくらいにして、その先の経過を。

次に特定したのは、蝶々さん=04。
そもそも、03、09、10を捜索した時に、蝶々さんを候補に入れなかったのは、私の心の中では既に蝶々さんには04の席を用意してあったからなのです。
だって、蝶々さんといえば頭にパンツ=変態!(スミマセン)
そして、変態といえば04のヒロイン!(笑)
冗談はともかく、04のドロドロした赤裸々な感じが、すごく蝶々さんだったので……。

特に、サイトにあった箒の柄のお話のヒロインが、好きな人のTシャツがあったらクンクンする正常な(?)変態じゃなくて、ビリビリ破ってそれがもう着れなくなったってことに興奮するという、難易度の高い破滅型の変態で、変態の方向性があのヒロインと同じな気が……。

物証としては、副詞はかなり開き気味なのに『多分』だけは漢字ってとことか、『いく』派であること、女言葉とか、たいしたものはないですが、とにかく変態の方向性で一点賭け!

そしたら残ったのが、塩中さんとあかつきさん、いわしさんと、01、06、07。
うーん、あかつきさんは変幻自在だから01でも06でもありだとして、いわしさんがこの中にはいないような……?
でも、とりあえず、仮説を立ててみる。
内容のイメージだけでいうと、塩中さん01、あかつきさん06、いわしさん07。
塩中さんは、もちろん、ギャグだから。
あかつきさんは、どうせ変幻自在だし、ネタと尺の対応がショートショートに慣れた人っぽいから?

いわしさんは……07は、題材的には、ものすご〜くいわしさんっぽい!
SFで、飛行で、何か可愛い人外(←ヤンスのイメージ)、老先生(←サイトに老魔法使いの弟子モノとか、先生じゃないけどジジイが出てくるものとかがあった)。
要素だけとりだすと、すごくいわしさん。
でも、何か雰囲気違う……。
風が吹いてるけど、『南寄りの風』(by捺さん)じゃない……。
特に『えぇ本当に』が気になる。
だって、いわしさんは、『〜だなあ』とか『ねえ』を小文字にしない派のはず。

でも、とりあえず検証してみることに。

塩中さん=01は、特に証拠はないけど、違うという大きな理由もない気が。
塩中さん、漢字変換はもともと統一してないし、探偵さんだから、算用数字だの記号だの、そういうのは推理の材料にさせてくれないだろうから無視。
そして01は『深ーいタメ息』とか、絶対ワザとやってる!
何から何まで、絶対わざとやってる!
セリフ中に読点が極端に少ないのとかも、きっとわざとだ!
つまりこれは、『フィエクをしそうな人』としてしか推理のしようがない!

しいていえば
『八雲(もう呼び捨てしてやるの!)は』(E01より)
『いつも明るい(というより、家族だから言うけど、あれは無神経っていうんだな)姉ちゃんなのに』(塩中さんサイトより)
という、( )の使い方が近いくらい?

これがあかつきさんである可能性も考えたけど、もしあかつきさんだったら、きっと、田尻センパイの筋肉をここぞとばかりに描写すると思うんですよね……。
うん、あかつきさんが、筋肉で笑いをとるチャンスを逃すわけがない!(笑)
そして、これがいわしさんである気は、07以上にしない。
だから塩中さんで。

あかつきさんの06は、塩中さん以上に何も理由がありません。
でも、この3人でこの3作なら、やっぱりこれがあかつきさんだよね……。(←そもそも、その前提にたいした理由がないことは無視(^^ゞ)

とすると、やっぱり07がいわしさんなのかなあ……。
いわしさんにしては、雰囲気というか色合いというか手触りというか、道具立てやストーリー以外のところで何かが違うとは思うんだけど、道具立て的には超いわしさんだし、まあいいか。

というわけで、若干の違和感を残しながらも、とりあえず埋まってしまったので、OKということにしてしまいました。

そして、経過を書こうとして、自分のうっかりミスに気付く……。
最後の一箇所(いわしさん)に違和感あったし、ぜんぜん検証しないままだった人もいるし、祭さんのとこからやり直そう……。
その前に、仮配置が出来たからカンニングを解禁して、まずは他の方の推理を見に行こう!(←今ココ)



2016年01月16日(土) 覆面7 Eブロック推理経過(その1)

Eブロックの推理に、ぼちぼちとりかかってます。
休みの日だけ飛び飛びに推理してるので、Dブロックが終わってから何日も経ってるけど、推理した延べ時間は、まだ少し。
でも、今のところ、ちょっと不安になるくらい順調に、さくさく仮配置が進んでいて、残すは塩中さんと紅月さん、深海いわしさんの3人です。
あんまり調子がいいので、ついつい調子に乗って、日記を書く間もなく推理を進めてきてしまったので、ここらで、ここまでの経過を記録しておきます。

まずは作品と作者の一覧をぺたり。

参加作品
E01 会長の戸隠〜高原学園生徒会記録〜
E02 ヒロイック・ガーリッシュ               
E03 明日の行方                      
E04 殺人調書記録、あるいは初恋の甘い輝き
E05 身代わり                       
E06 娑婆電光クロスロード
E07 暗夜航路 Eclipse route
E08 電子レンジ、ひかる!                 
E09 光の先へ                       
E10 彼は暗い夜雨の中に差し込んだ、一条の月の光のようだった

作者(敬称略) 塩中吉里 紅月赤哉 紺山ゆたか 祭歌 織人文 深海いわし 神儺 蝶々 藤原湾 葉山郁

例によって、まずは推理のことは考えずに普通に楽しんで一読……の段階で、それでも「いた!」と思ってしまったのは、葉山さん。
もう、一目瞭然、正々堂々の葉山さん。素晴らしい……!

まず内容からして葉山さんなんだけど(ハナモゲラの思い出が強烈すぎて……)、内容だけなら、もしこのブロックに葉山さんがいなければ、塩中さんだと思ったかもしれません。
でも、やっぱり迷いようがなく葉山さんなのは、台詞の前の改行の際に読点がつかないという独特の書式(?)がそのままだから。
そんなことで特定してごめんなさい。
でも、それ以前に、とにかく内容・ノリが、葉山さんなので……!

あと、一応、他の部分もいろいろ確認したのですが、ことごとく合致していました。
(でも、メモしとかなかったので詳細は忘れました……)

それから、次に、初参加の紺山さんのサイトにお邪魔して、作品をあれこれ拝読。
それを踏まえて、企画サイトに戻り、覆面作品を見渡して、迷わず02に仮配置。
だって、百合だし!
文章の見た目・雰囲気も、見るからに近いし、漢字変換等もおおよそ大丈夫そう。
あまり詳細な検証はしていませんが、とりあえず作風イメージで当てはめておいて、もし後で不都合が出てきたら再検討といことで、仮配置です。

次に、お久しぶりの織人さんのサイトに復習に行ってきて、戻ってきて05に仮配置。
これも、葉山さんと同じくらい鉄板かと……。

実は、織人さんの特徴を復習する前の第一印象では、10が織人さんぽいかもと、ちょっと思ってたのです。
どこがかというと、短編でも設定やストーリーががっつりあって、文章も情報量が多くて、かっちり詰まってて、物語の世界が『画面いっぱい』という感じに緻密に描き込んであるところ。
ワインでいえばフルボディな感じ?
あと、ちょっときらびやかな雰囲気(たとえば、アニメにしたら絵柄が美麗そうな感じ)があるところ。
フルボディに華やかな香りが乗ってる感じ?
そして、一人称で心の声を( )で表現している。
心の声を( )に入れるの自体、やらない人はやらないですが、一人称でもそれをやる人となると、さらに限られてくると思います。

でも、あらためて作品を読んでから戻ってきて見直すと、(心の声)が多用されてるのは、むしろ05です。
ラストを『――。』で終わらせてる作品も、織人さんにいっぱいあります。
あとは、カッコでルビを振ってるし、+++で場面転換してて、―― や …… の使い方もそれらしい。
そういう、形式的な面から05が浮かび上がってきましたが、内容的にも、これも10と同じく、設定やストーリーがもりもりあるタイプで、上で挙げた織人さんのイメージに合ってます。

場面転換の記号『+』は、かんなさんにも使ってる作品があって、気になったのですが、かんなさんは『++++』と、四連だし、漢字変換や語彙も検証してみたところ、やっぱり05は織人さんと合ってると思いました。
(これも、細かい点は抜きにしてももう確定だと思ったので、あまりちゃんとメモをしなかったので、具体的な検証は忘れてしまいました……)

というわけで、ここまでの三箇所が、ほぼ一読目で埋まりました。

推理はもうちょっと進んでますが、そろそろ時間切れなので、今日はここまで。
鉄板だと思った人のところも、その思った理由を、もっとちゃんとメモしとけばよかった……。



2016年01月12日(火) 覆面7Dブロック推理結果(第一次)

ものすごく長居してしまったDブロック。
死ぬ死ぬといいながら、なんだか居心地が良かったようで……(^^ゞ
でも、さすがにそろそろ次にいかないと時間切れなので、頑張って推理終わらせました。

※2/28追記
その後、修正しました。
最終結果はこちら

D01 セイシした闇の中で            土岐さん
D02 ずっと一緒でいてね(※注)        彪峰イツカさん
D03 ね、あなたの笑顔も食べたいな       天菜真祭さん
D04 人間スープはキスの味がした        捺さん
D05 嘘つきな唇(※注)            星埜ロッカさん
D06 佳人薄明                 盲管さん
D07 Over the Rainbow:いつか輝ける虹の下で アヤキリュウさん
D08 R18-G<1>                耀華さん
D09 夏の虫                  篠崎琴子さん
D10 ひかりのかみ               水城翼さん
D11 多眼の種                 だもさん
D12 ゲーム世界に転生して神になったと思ったが、どうやら勘違いだったようです。
                       あまねさん


ツイッターにはさっき書いたけど、蓋を開けてみたら、推理結果は塩中さんと全一致。
でも、自分の推理中は、一度見た塩中さんの推理結果は大半忘れた状態で(笑)、一応独自の推理過程を辿って、最終的に同じ場所にたどり着きました。

とはいえ、やっぱり、この結果にたどり着いたのは、確実に塩中さんのおかげ(ありがとうございます!)。
ターニングポイントが、塩中さんの『捺さん=04』説だったから。

この説、塩中さんはツイッターではわりと早くから言及してたと思うのですが、私は最初は全くピンと来ず、漢字変換にも違いが目立ったこともあり、「えー、でも私の中では捺さんは12だから……」としか思ってなくて。
さらに、その後、捺さんがあまねさんに12から押し出された後でさえ、一応検証してみた上でも、「うーん、たしかにこれ、言われてみればすご〜く捺さんっぽいんだけど、作風的にはむしろ大アリなんだけど、でも、土岐さんをここから押し出したら行くところがないし……」となって、信じてなかったのです。

が、その後、残っていた数人と数作品を総当り的に突き合せているうちに、突然、やっぱり04は捺さんだと、物証に力づくで納得されられてしまいました。

主な物証は、『しょうがない』と『けれども』『だけれども』。
『しょうがない』は、もしかすると私が使用例を検出できなかっただけで土岐さんも場合によって使ったりするかもしれないのですが(例えば、地の文では『仕方がない』と書くけど、会話文ではその時のノリで『しょうがない』も使うとか、あり得そう)、『けれども』の多用っぷりは、これはもう、偶然の域を超えてるかと……。
土岐さんが『けれども』を絶対使わないとは言えないけど、この頻度で使うのは、捺さんのほうだけ。
捺さんは、一人称の地の文でこれを使うだけでなく、会話文の中でも、いろんな人がこの言い回しをする。
で、04でも、幼なじみの看護師さんと隣のベッドのおじさんが、両方、『けれども』と言っています。
会話文の口調はキャラを立てるために使い分けられると思いますが、隣のベッドのおじさんなんか、あんまり『けれども』といいそうなキャラじゃない気もするので、これはもう、キャラ作りのためにあえてしている言い回しではなく、作者さんの地の癖なのではないかと……。

漢字変換には合わない箇所も多いのですが、フェイクの可能性もあるし、そもそも、漢字変換を常に厳密に統一している人は、あまりいませんし。

捺さんも、『くちびる』とか『くちづけ』を平仮名で表記している一方、『口元』『口もと』と変換している箇所もあるので、『口づけ』もありでしょう。

『掌』という変換がひっかかっていたのですが(私が見た限り、土岐さんは『手のひら』捺さんは『てのひら』派のようだった)、これも、お二人とも厳密に決めてるわけじゃないと思うので、気にしないことにします。
他に、普段から『掌』をメインに使う方は、このブロックにはいなさそうだし。

ちなみに、『瞼』は、私が見た限り土岐さんは『目蓋』、捺さんは『まぶた』だったんだけど、これも気にしないことにします。

私だって、そのときどきで一番上に出てきた変換候補をなんとなく選んだり、前後の文字との兼ね合いや雰囲気作りのために漢字を開いたり閉じたりするし、たいていの人はそうですよね? そうに違いない!

というわけで、塩中さんの導きで重大なターニングポイントを乗り越え、ここから、もう第何次になるか分からない再シャッフルがスタート。

でも、前回までと違い、ここまでの推理の過程で、耀華さんが08、水城さんが10に固定されているし(推理がぜんぜん進んでいないようでいて、地味に固定箇所が増えてた)、捺さんが移動した12には、10から押し出されたあまねさんが既に入っているので、今度は、動かす場所が少ないです。
作品は01、02、07、作者は彪峰さん、土岐さん、アヤキさん。

そして、07は、絶対、土岐さんではないと思いました。
土岐さんが書いたら、もっと違う描写になると思う。なんとなく。
彪峰さん=07説は、初期からずっと仮説としてキープしてあって、十分ありだと思うのですが、でも、アヤキさんが01や02のような気はしない……。(もっとも、01と02は、誰のような気もしないけど!(^^;))

というわけで、07とアヤキさんを見比べてみた結果、07はアヤキさんと結論に。
理由は、まず、文章。
けっこういろんな要素が一文に詰め込まれてます。
一文の長さだけじゃなく、情報をどのくらい一文に盛り込むかという点で、アヤキさんはわりと多めに盛り込む傾向があるのかな、という気がしました。

あと、アヤキさんは、情景描写(季節とか時刻とか天気とか)から入ることが多いような。
特に空の描写が巧みで、多いような。
そして、情景描写の手触りが、07のそれと、なんとなく似ているような……。
それに、旅立ちの朝の清々しい空気が、なんか青春って感じでアヤキさんっぽい!……と思いました。

が、これでは今までの印象推理と、何ら変わらない!
ここは一つ、何か物証を上げなくては。
そう思って一生懸命探したら、アヤキさん、『空の端』という言い回しを使ってました。
別に特殊ではないけど……。
もう一つ、『焼き捨てて来た』の、『来た』という変換。
『きた』を使う時、『こっちに来た』『歩いて来た』などの移動を表す場合は漢字でも、『生きてきた』とかの、経過を表す(?)用法の時は開く人もいると思いますが、アヤキさんには、『覗き込んで来た』『喧嘩別れして来た』『食べて来た』などの用例がありました。

いずれも特に珍しくないので、証拠としては弱いけど、一応は物証ってことで……。

ただ、アヤキさんは意気込みで『執筆中、物語構成を完全に変える大改稿を行っている』とおっしゃっているのが気になります。
このお話、英語の部分を除けばすごく短いから、そんなに構成の変えようがあるのか……? と。
でも、私のレベルでは思い至れない、何か高次元な技法のこらし方があったのかも?
……というわけで、無理やり自分を納得させて次に進みます。
意気込みに惑わされるとろくなことがないというのは、過去に思い知ってるので(^^;)

残るは、01と02、土岐さんと彪峰さんです。
さあ、困った。
どっちも、どっちでもない気がする!(笑)

でも、網をどんどん狭めて、お二人を追い込んでいった結果、ここに来てしまったので、しょうがないので、この2作とお二人を見比べてることに。

実は、ここまで絞り込まれる前の、ほんの一時期、ちらっと、土岐さんが02かなと思った時期(数十分間だけ)もあるのですが……。
全然、全く、土岐さんっぽい気配は感じないのですが、その点では01も大差ないので、単純に漢字変換だけ見てみたら、たまたま『めずらしい』が目についたので。
でも、02の中でも『珍しい』も使われているし、単なる揺れの範囲内で、推理の根拠にはならないですね。

あと、土岐さんは、前に双子ネタを書いてました。
(名前が『光』と『灯』で、まるで今回の覆面のために書いた作品みたいだけど、ずっと前の作品)
耀華さんの時も思ったけど、サイトにあるのと同じネタは出してこないでしょう。
それに、似たネタを書いてるからこそ、その書きぶりの違いが際立ってて、とにかくやっぱり、作風的に、いくらなんでも全く土岐さんっぽくない! ……というのを再確認しただけに終わったのですが。

ここへきて、また、否応なしに土岐さん候補として02が浮上してきました。
だって、もう2作しか残ってないんだもん。

でも、土岐さんと彪峰さんと01と02を見比べた結果、彪峰さんが01を書いたら、たぶん、もっと『――』を多用したはずだと思いました。(実際には01に『……』はあるけど『――』は一個もない)
きっと、ぱっと見で『景色が違う』感じになるんじゃないかと……。

その点、土岐さんなら、景色が違わない気がします。
内容的には彪峰さんが01でもおかしくないと思うんだけど、この一点で、土岐さんのほうを01に。
相変わらずあんまり土岐さんっぽい気はしないけど、つぶさに見ていくと変換の違いも揺れの範囲内、あと、私は土岐さんの昔のイメージしかなかったけど、そういえば最近のツイノベを見ていると、これもアリかもという気が……。

一方の彪峰さんは、02が、これもあんまりイメージじゃないんだけど、細かい点をみていくと、サイトで『ほんっとに』とか『ほっとんど』とか書いてるから02の『すっごく』『とっても』も書きそうだし、『うるさああい』って書いてるから『行ってきまあす』も書きそうだし。
あと、よく考えてみたら、これ、医療ミステリー(的な事案)じゃない?

ちなみに、ちょっと気になること。
01は『いく』派です(『落ちていく』『訪ねていく』)。
02は『いく』と『ゆく』と両方使っています。
で、私が見た限り、彪峰さんは、『いく』派のようです。
土岐さんは『いく』と『ゆく』、両方使うようです(『いく』中心?)。
これでいうと、彪峰さんのほうが01に近そうな気もするんですが……。

でも、彪峰さんがぜったいに『ゆく』を使わないわけじゃないだろうから、特に推理の足しにはならないのでした(^^;)

そういうわけで、土岐さん=01には、やっぱりいまいち納得がいかないままなのですが、いつまでもDブロックにいるわけにもいかないので、ここはもう消去法で、ここに入ってもらいます!

追記
あ、あまねさんを12にした経過が、前回の推理と今回の推理の合間に落っこってて、書いてなかった!
そもそも、あまねさんは、12に捺さんがいるのでなければ、最初から12もそれっぽいなと思ってたので……。
ただ、捺さんのほうがより12っぽい気がしたのと、あと、10のほうがよりあまねさんっぽい気がしたから10になってただけで、12もアリだとは思ってたのです。
で、10に水城さんに来て、12から捺さんがいなくなったら、あまねさんが12にいくのには自然ななりゆき。

文のわりと最初のほう、特に接続詞のあとに読点が来ることが多いことや、――や……の使い方、漢字変換も、おおよそ合ってて、違和感ないです。
あと、すごくささいな点ですが、美人をストレートに『美人』と書いちゃう人、意外と少なそうな気がするけど(『美少女』なら沢山いそうな気がする)、あまねさんはサイトでも美人のことをきっぱり『美人』と書いてました(笑)
あと、「神って、誰」みたいな、?を使わない疑問形セリフも、サイトにもたまにある気がしました。
どれもたいした理由ではないですが、すごくそれらしくて特に否定材料もないので、決まりました。



2016年01月07日(木) 覆面7Dブロック推理経過(その4)

前回の日記の後、推理はやるヒマがなくて全く進んでいませんが、前回書き忘れた耀華さんの推理経過を、忘れないうちに書いておきます。

あ、その前に、おわびを一つ。
前回、水城さんが『いそいそ』を使うと書きましたが、嘘です、『いそいそ』を検出したのは耀華さんのサイトでした。
水城さん、失礼しました。
でも、どっちみち、覆面作品にその言葉が出てくるのはないから、推理には関係ないのでした……。

さて、話は戻りまして。
前回の推理で、『01、02、07、08のどこか』から08に候補を絞った耀華さんですが、いったん08に仮配置した後、また他の作品を疑って、でも、結局また08に戻ったのでした。
疑った作品は、02と05。

既にロッカさんでほぼ決まりだと思っていた05を、ちらっと検討してみたのは、『眼』という変換がきっかけ。
ロッカさん=05の有力な物証だったその変換を、耀華さんもサイトで使ってる!
(目と眼と両方があった)
そう思って見直すと、オノマトペに『り』が付く率が高い(『ギクっと』とか『ガタッと』ではなく『ぎくりと』とか『がたりと』になる)という耀華さんの大きな特徴が、一番顕著に検出されるのが、覆面作品では05なのです。
耀華さん05は、ありかも?
耀華さんなら、これも書きそうかも?

……と、思ったのですが。
やっぱり、ロッカさんのほうが、より05っぽい。
そして、もし耀華さんを05にするとロッカさんは08ですが(01、02、07はナシだと思う)、耀華さんは05も08も書きそうだけど、ロッカさんが08だと漢字変換が合わない……。

というわけで、ロッカさんを押し出すと行く場所がないので、やっぱり耀華さんは08に戻ってきたのでした。

次に、02かもと思ってみた理由は、『色めく』という単語一つだけ(^^ゞ
耀華さんのサイト作品を読んでいたら、その単語が出てきて、(どっかでみたなあ、そうだ、02だ!)と。
しかも、耀華さん、サイトに双子ネタがある……。
双子と幼なじみの三角関係愛憎ものなのですが、これ、よーく考えてみると、別に双子でなくても、普通に幼なじみ3人組でもストーリーは成り立つのでは?
そこをわざわざ双子にしたのは、きっと、耀華さんは双子ネタが好きなんだ!
双子萌えなのに違いない!
双子の名前・美依と美波、真紀と優紀というのも、ネーミングセンスが似てるし!(←まあ、双子の名前の付け方としては、リアルでも創作でもよくあるパターンと思いますが(^^;))

……と、思ったのですが。
いくらなんでも、サイトで双子ネタを書いてるのに、覆面に同じネタを出してきますかね?
しかも、ネタバレになるから書けないけど、双子の一方(『闇』の側)が出す結論が、両作で同じ。
それくらい双子ネタが大好物という可能性も、無くはないですが、でも、『色めく』も、たまたま目についただけで別にそれほど珍しい単語じゃないし、それを根拠にできるほどでは……。

というわけで、一瞬浮上した02説は、やっぱり却下。
耀華さんはやっぱり08に仮配置したのでした。

耀華さん08説の補強材料としては『早々』という用語があります。
『早々に死んだ』ではなく『早々死んだ』。
これはリズムを整えるためにわざとやったんだと思うので、普段は『早々と』という使い方をする可能性もありますが、耀華さんのサイトに『早々適応できる』という用例があったので、ちょっとだけ補強材料になるかな、と。

これで、残ってるのは01、02、07。

01、02は、ほんとにクセモノです。
こういう、一人称語りかけ形式の作品は、サイトにそのタイプの作品を一つもおいてない人にやられると、ほんと、探偵泣かせです……。
そして、07!
これもまた探偵泣かせ……。
Dブロックは、やっぱり、探偵が死ぬデスブロックですね!



2016年01月05日(火) 覆面7Dブロック推理経過(その3)

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。(←まだ松の内だから!)
今年もよろしくお願いします。

さて、去年の続きを。
普段ならここで、前回までの結果を貼る所なのですが、今回、前回の結果があまりにグダグダになってて、貼りようがないような……(^^;)
でも、自分の頭の整理のために、一応、貼っておきます。

D01 セイシした闇の中で            
アヤキさんか水城さんか耀華さんか彪峰さんかあまねさん
D02 ずっと一緒でいてね(※注)        
アヤキさんか水城さんか耀華さんか彪峰さんかあまねさん
D03 ね、あなたの笑顔も食べたいな       天菜さん
D04 人間スープはキスの味がした        土岐さん
D05 嘘つきな唇(※注)            ロッカさん?
D06 佳人薄明                 盲管さん
D07 Over the Rainbow:いつか輝ける虹の下で  
アヤキさんか水城さんか耀華さんか彪峰さんかあまねさん
D08 R18-G<1>                 
アヤキさんか水城さんか耀華さん
D09 夏の虫                  琴子さん
D10 ひかりのかみ               水城さんかあまねさん
D11 多眼の種                 だもさん
D12 ゲーム世界に転生して神になったと思ったが、どうやら勘違いだったようです。
                       捺さんかあまねさん


(改行が見難くてすみません)

つまり、01と02は全く分からないも同然ということで……(^^;)

で、ここから、まず、塩中さん情報にしたがって綾峰さん=02説を検討しに行きました。
……が、私には、この説はどうにもピンと来ませんでした(この段階では)。

でも、この検討作業のおかげで、彪峰さんの作品を大量にチェックして、特徴も大量にピックアップしました。
だから、他にそれらしい作品がないか、空いてる作品を全部見なおしてみることに……。
が、その大量の特徴は、02にかぎらず、このブロックのどこにも存在しないか、あるいは複数の作品に存在していて証拠能力がないかのどっちかで、お手上げです!

それでも諦めずに、もう少し捜索範囲を広げて、捺さんにほぼ決まりかけてた12も見てみたら、もしかしてこれが意外と合うんじゃない!? という、驚きの発見が。
なんでかというと、セリフと地の文の掛け合い状態で話を進めていく彪峰さんの三人称スタイルが、一番きれいに現れているのが12だったのです。

それ自体は全く珍しくない手法なんですが、いったんそう思ってみると、12は、彪峰さんであっても全くおかしくはないような……?
むしろ、すごく彪峰さんっぽいような……?(←ほとんどの作品と作者の組み合わせは、いったんそう思ってみるとどんどんそう見え始める罠(笑))

漢字変換は多少違うけど、たいていの人がそうであるように、もともと厳密に統一してないし、「ふうん」だし、病院出てくるし(笑)。
これは大穴狙い、いけるかも!

というわけで、ここを起点に、シャッフル開始。

ここから、ちょっと、ツイッターで垂れ流したのを引用しつつ、間を補足していきます。
(あんまりゴタゴタしすぎて、自分でも経過がよく分からなくなったので……(^^;))

『 1月3日 あやみねさん12、耀華さん08でどうだ! でも、そしたら捺さんはどこへ行くんだ!?』

耀華さん08の理由は、漢字変換、その他いろいろでした。
この時点での08候補はアヤキさん、水城さん、耀華さんさんだったのですが、文体・漢字変換等を突き合せていった結果、一番妥当な組み合わせに見えたので……。
すみません、具体的なことはもう忘れましたが、一つ一つでは特に証拠にならない細かい一致点の積み重ねと、あとは作風のイメージだったと思います。
とにかく、この3人の中では、一番、イメージが近い気がしました。

そして、押し出された捺さんの移動先を模索。

『1月3日 07は絶対違うと思うから、01か02か10? <捺さん』

07は、文体も漢字変換も捺さんとは絶対違うと思ったのです。
01と02は、もう、誰と比べても何か違う気がするので、逆に誰でもありえそうというか……(^^;)
なので、もしかしたら、つぶさに検証してみたら細かい一致点が検出されるのではないかという一縷の期待をかけてみることにしました。
10は、けっこう有り得そうな気がするんだけど、でも、ここ、他に候補が多いんですよね……。
で、保留して次へ。

『1月3日 空いた07にくるのは水城さんかな? 水城さんはBLの人だし、日常の行動を丁寧に描くところが、07の冒頭のシーンと共通してるような。』

ここで、07に仮配置していた彪峰さんを動かしたために07が空いたことに気付き、考えてみます。
水城さんは、ご本人がBLは書いたことないのにと仰ってて、確かにサイトにはっきりそういう作品はないんですけど、サイトやツイッターを見ていると、おそ松さんとか現在主催中の企画とか、BL方面との親和性が高そうな雰囲気がひしひしと……。
そして、描写の雰囲気も、文体も、07の数少ない日本語部分と違和感無いような気がします。

『1月3日 Dブロックには『不意に』族が固まってる。他のブロックは、もっと『ふいに』族が多そうな気がする。『途端』族も多い気がする。』

そうなんですよ〜。他ブロックでは判別の材料になったこれらの変換が、このブロックでは、ほとんど判別の役に立たない!
この二つだけじゃなく、とにかくそういうのが多いです。
たまたま変換が似た人が集まってる?
あと、――で補足する人も、たとえばCブロックにはあんまりいなかったけど、このブロックでは、ほとんどの人が、これをやる。
そんなわけで、漢字変換での判別が、非常に困難です。

その困難を乗り越えて、あちこち見比べてみた結果。

『1月3日 そしたら、捺さん、アヤキさん、あまねさんで01、02、10のとりっこだ。おお、ぞろぞろと大移動……(^^;)』

いったん、ここまで絞りこみました。
3人で3箇所だったら、もしかしてイケるんじゃない?……と、この段階では、ちらっと期待したわけですが。

『1月3日 今度はアヤキさんがどこにもいなくなった。#Dブロック大移動中』

という結果に(^^;)

『1月3日 大穴狙いであやみねさんを12に持ってきたのが、やっぱり間違いだったのか? そこから収集がつかなくなった……(^^;) #Dブロック大移動中』

『1月3日 もうしばらく、諦めずに、彪峰さん=12説に固執してみる。アヤキさん、どこにもいないなら07はどうだ! 漢字変換はだいたい合ってる。文体も別に絶対違うってことはない気がする。07は文章の料が少なすぎて、誰を持ってきても、合ってるとも違ってるとも判断できないんだけど。』

おーっと、ここで水城さんが押し出されました!
07は、とにかく日本語部分の文章が少ないので、漢字率がある程度高めで読点がある程度少なめ、一文がある程度長めの人であれば、かなりの率でねじ込めてしまいます。
それでも絶対違うなという人はいるのですが(捺さんとか琴子さんとか)。

『1月3日 アヤキさんを07に持ってきたら、水城さんと捺さんとあまねさんに01、02、10の組み合わせになった。これでなんとかなってくれないかなあ? #Dブロック大移動中』

ここで、一時は諦めかけた彪峰さん=12説の、望みがちょっと復活したような気がしました……いったんは(笑)。

ここでTLに塩中さんが現れ、それにつられて塩中さんの推理をカンニングにいった結果……。

『1月3日 塩中さんのDブロック推理追記を見に行って捺さん=04説に衝撃を受ける……。最初の頃にそれを見たら絶対ピンとこなかったと思うけど、ちょうど捺さんのサイトを再訪して、未読だった幽霊魚の話と海辺の話を読んだところだったので、(がーん! ありかも!?)と……。』

これ、もう少し前に見ていたら、私の中で土岐さん=04だけでなく捺さん=12もほぼ確定だったので、全く心を動かされなかったと思うんです。
でも、今は、捺さんが12から押し出されて彷徨ってる。
しかも、私、この直前に捺さんのサイトで、まだ読んでなかった短編を読んできた所だったのですが、それらを読んだ後だと、確かに、捺さん=04は大アリな気がするのです。
かなり、ものすごく、アリな気が!

捺さんって、汚いものや気色悪さを忌避せず書きますね。
ヒロインが相手役の男の子の顔の上に鼻水を垂らす作品、初めて見ました……。
鼻水も垂らすし、汗も垂らすし、その他いろいろ、とにかく、生理的な汚さを包み隠さず描きます。
雰囲気的には、04が、すご〜く近いです!

で、衝撃のままに、04と捺さんを見比べてみました。
……が、やっぱり、漢字変換が全く違う。

『1月3日 うーん、でも、雰囲気的にはアリだけど、漢字変換が違う……。初参加で、特に隠れることを目指してもいなさそうで、そんなフェイクをするだろうか。そして、何より、そしたら土岐さんはどこへ??』

捺さんは漢字変換がかなり独特なので、そこでフェイクをしていないとなると、空いている中では、他に行く所がないのです。
捺さんがフェイクをしていないという証拠はないのですが、初参加で、一見特に隠れることを目的としていなさそうな人が、普段と違う作風やジャンルで正々堂々音勝負をかけてくることはあっても、漢字変換みたいな細かいフェイクを入れてくる気はしない……。(表立って宣言してないだけで実は隠れる気まんまんな可能性もあるけど!)

それに、やっぱり、捺さんをそこに持ってきてしまうと、土岐さんがいく場所がない……。
動かすとしたら、わたし的にはとうがねぶんぶんなんだけど、そこには動かし難く琴子さんが……。

というわけで、私は、捺さん=04説は諦めました。
ここ(土岐さんと琴子さん)を動かせれば、いろいろ事情が変わりそうなんだけど、私には動かせない……。

捺さんを動かせない以上、とても心惹かれていた彪峰さん=12は、諦めざるを得ない……(T-T)

この段階で。

D01 セイシした闇の中で
アヤキさんか水城さんか彪峰さんかあまねさん
D02 ずっと一緒でいてね(※注)
アヤキさんか水城さんか彪峰さんかあまねさん
D03 ね、あなたの笑顔も食べたいな       天菜さん
D04 人間スープはキスの味がした        土岐さん
D05 嘘つきな唇(※注)            ロッカさん?
D06 佳人薄明                 盲管さん
D07 Over the Rainbow:いつか輝ける虹の下で
アヤキさんか水城さんか彪峰さんかあまねさん
D08 R18-G<1>                 耀華さん?
D09 夏の虫                  琴子さん
D10 ひかりのかみ               水城さんかあまねさん
D11 多眼の種                 だもさん
D12 ゲーム世界に転生して神になったと思ったが、どうやら勘違いだったようです。
                       捺さん


そして翌1月4日。

『まだDブロックにいます。Dブロック、01と02を書いた人が誰もいなくて、07と10と12を書いた人が3人ずつくらいいるような気がする……。あるいは、アヤキさんとあやみねさんがどこにもいなくて、あまねさんと水城さんが3人ずつくらいいるような。』

この日は推理をする時間が取れなかったこともあって、Dブロックは暗礁に乗り上げたまま……。

『アヤキさんが書いた作品がどこにも無いような気がして、01と02を書いた人が誰もいないような気がするってことは、アヤキさんが01か02でいいのかなあ。』

『あと、彪峰さんは07か12なら書きそうな気がするんだけど、彪峰さんを12にすると捺さんがいなくなるし、07にすると水城さんがいなくなるか、水城さんに押し出されたあまねさんがいなくなる(^^;)』

『まとめると、01と02のうちアヤキさんでないほうが、彪峰さんか捺さんか水城さんかあまねさんの誰かってこと? ……つまり、01と02は、全く分からないも同然……(^^;)』

01と02があんまり分からないので、ここで10について、再検討。
10は、すごくあまねさんっぽいから、あまねさんにしておきたいんだけど、推理が行き詰まって来たので動かさなきゃムリかも……と思って、第二候補である水城さんとの照合をやり直した結果。
私はここ、どうしてもあまねさんにしておきたかったのに、もしかすると水城さんかも……?

というわけで、本日の推理は、10をめぐっての水城さんとあまねさんの一騎討ち。
どうしてもあまねさんにしておきたい気持ちと、でも、ここを動かすと今の膠着状態が変わるのではと期待する気持ち、相反する気持ちに引き裂かれながら検証した結果……。

10は、やっぱりとってもあまねさんっぽい。見れば見るほどあまねさんっぽい。
でも、水城さんとあまねさんは、そもそも文章がいろいろと似ている!?
漢字変換も近いし、読点の打ち方も似てる気がする、――の使い方も似てる、『ハッとする』『ホッとする』みたいな時のカタカナ使いといった細かい癖まで似てて、なんと、『そそくさと』的な用法で『いそいそと』を使うなんてとこまで一致してる!!
(追記:ごめんなさい! 勘違いしました。『いそいそ』を使っていたのは耀華さんでした!)

そういえば塩中さんも言ってた。あまねさんと水城さんは文章が似てるって。
ほんとだ……。

『――そう、風景!』ってとこも、あまねさんっぽいと思ったけど、水城さんの作品にも似た用法がある。
あと、水城さんはどっかで『ただただ』を使ってた。
他に誰も使う人がいないほど珍しい言葉ではないけど、補強材料の1つくらいにはなる。
『見えぬ底』という言い方も水城さんぽい。
そしてダメ押しは、『第一の山・サトゥ=グヌン』という中黒の使い方。
10にある『光の神・ウェスタ』が気になってたんですよ……。

なんてこった。ここは水城さんにするしかないのか……?

ただ一つ、水城さんが意気込みで『逃げるつもりでいた』みたいなことを言っていたのが不安。
なぜなら、10は、あまねさんだとさえ思わなければ、とっても水城さんっぽくて、しかもサイトの最新作が神様ネタだから、ぜんぜん隠れる気がないようにしか見えないから……。
だから、もしかしていかにもなこれではなく、もっと思いもよらないような作品なのではないかという一抹の不安を抱きつつ、ここはいったん、水城さんに。

そしたらあまねさんは?
12もあまねさんっぽいと、ずっと思ってたんだけど、ここには、捺さんが、結局移動できずに戻ってきてる。
捺さんにはもう行くところがない!
だからあまねさんは12へ行けない!

とい訳で、ここでいったん、整理します。


D01 セイシした闇の中で            アヤキさんか彪峰さんかあまねさん
D02 ずっと一緒でいてね(※注)        アヤキさんか彪峰さんかあまねさん
D03 ね、あなたの笑顔も食べたいな       天菜さん
D04 人間スープはキスの味がした        土岐さん
D05 嘘つきな唇(※注)            ロッカさん
D06 佳人薄明                 盲管さん
D07 Over the Rainbow:いつか輝ける虹の下で  アヤキさんか彪峰さんかあまねさん
D08 R18-G<1>                 耀華さん?
D09 夏の虫                  琴子さん
D10 ひかりのかみ               水城さん?
D11 多眼の種                 だもさん
D12 ゲーム世界に転生して神になったと思ったが、どうやら勘違いだったようです。
                       捺さん?

01や02が綾峰さんやあまねさんであるような気は全くしないんだけど、この二つは、そもそも誰である気もしないから、可能性がなくはない気がします。

特に綾峰さん。長編を読んだ時は、ぜんぜんこれらのイメージとは違ったんだけど、短編で、人魚のやつと魔女のやつを読んだ後では、この二つのどっちもアリかもしれない気がしてきました。
そういえば、そもそも塩中さんが彪峰さん=02って言ったのが、今年のスタートラインだったんじゃないっけ?

あまねさんも、よく考えてみたら01も書きそうだし、過去の覆面作品を思うと、02も書きそうかも。

アヤキさんも、作風幅広いから、こういうフェイクで来るかもしれない。

そして、もう一つ残ってる07は、そもそも最初彪峰さんを当てはめてたやつだし、もしかして、この3人でこの3作で、案外いけるんじゃない?
(↑このブロック、今まで何度もそう思っては、何度も夢破れてきてるけど……(^^;))

というわけで、今日はここまで、推理の続きは次の機会のお楽しみにします。

あ、あと、書き忘れてたことが。
途中で耀華さん=02説を、いったんかなり本気で考えて、でも結局やめたんでした。
その理由と、やめた理由は、次の機会に書きます。


 < 過去  INDEX  未来 >


冬木洋子 [HOMEPAGE]