鴨河童★備忘録
藤誠



 土方さんの命日です。

たいていの人は5月11日と記憶していると思いますが。

1869年5月31日は箱館の一本木関門のところで土方副長が命を落とされた日です。
本によっては近くの農家に運ばれて翌日まで存命だったと書かれているものもあるようです。
どこだか分からないけど、大きい松の木のある家だったとか。

さて。
日曜日は午後から鎌倉に行って参りました。いやあ、暑かった。
私の住んでいる内房から電車で行くと、東京湾をぐるっと回るので凄く遠い鎌倉。しかし、浜金谷の港からフェリーで久里浜に渡れば、小一時間で行くことができます。

そろそろあじさいの季節かも? と思ったけども、時間がちょっと遅かったのであじさい寺にはたどり着けそうもなく、(かの寺はシーズンになると凄い行列が出来、拝観するのに時間がかかるのです)
最明寺といえば北条時頼殿。渡辺謙さんは格好良かったv などと思い出しつつ、こちらはまた別の機会に出かけることにして、かるーく小町通りを往復して来ました。

歴史ものとは何の関係もなく、靴買ったり服見たりお茶したり。
輸入雑貨とかのお店や、リサイクル着物の店を見たり。
そぞろ散策していても楽しいですのーv鎌倉。

適当にお買い物して6時5分久里浜着の電車に乗る。

フェリー乗り場行きのバスを見ると10分前に出たばかり。次は40分。

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) え?

フェリーの時間…6時20分…。

仕方ないので走る。港到着6時19分。ぎりぎりセーフでした(疲)
いやあ、こんなところでマラソンする羽目になるとわ思わなかったけども、よく考えればタクシー使えば良かったんだよ。。・゚・(ノД`)・゚・。

ふーやれやれひと安心、と思って船内で今日GETした新宿鮫の5巻を読む。
鮫は真田広之氏主演の映画「眠らない街」を観てから読み続けていますが、非常に面白いです。
舞台が新宿てのが良いのかもしれず。
主人公が訳ありの四十路男ってのも良いのかも知れずvv
鮫島警部のキャラクターが真田広之ビジュアルで固定されているから良いのかもしれずvvv

浜金谷港に戻ってみると、7時12分。霧のため、ちょっと遅れたもよう。
電車の時間…7時15分…。

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

走る! とにかく走る。ひたすら走る。

駅到着7時15分。ギリギリセーフ。

のんびりするつもりだったのに、凄く走りました。

M影さんかよ! って自分で突っ込んじゃったよ _| ̄|○   

2004年05月31日(月)



 清河ちゃんの命日です。

昨日、珍しく津田沼まで出かける用事があったので、
帰りにパルコの上にある本屋さんにいったですよ。

新宿鮫のvol.Vを手に持ちながら、漫画なんかも見ていると、
エマの巨大立て看板が。

4巻出たのか…買わねば。


で、「鮫」Vと「エマ」の4巻を手に持って別のコーナーを回っていると

おお!
探していた「純喫茶のこりび」の1巻と3巻が。

買わねば…。


もうちょっと見ようかとレジ前のコーナーを回ると

おお!
探していた「小さなお茶会 完全版」1〜4巻が!

買わねば…。



雑誌コーナーで。

月刊少年ガンガンの付録に
「鋼の錬金術師特製ポストカードファイル」がついているのを発見!

……………………重いけど買わねば。


いくら何でもこれ全部買うのは無理。
こんなに持って帰る体力ないし!

それ以前に、手に持ったこのラインナップは
あまりにもひどいだろう>私

とりあえず、別の機会に買えるものはよそう、ということで
新刊のエマとガンガンを戻す。

残ったのは「お茶会」と「のこりび」と「鮫」。

絶版になる危険度がもっとも高い「のこりび」をGETして帰って来ました。


こんばんは。藤誠です。


本日清河ちゃんの命日です。
大河ドラマでは先週佐々木さんに殺されちゃいましたのー。
普通のカッコしてましたが、
清河ちゃんは黒紋付き着てた筈です。

清河ちゃんたち、江戸浪士組は横浜焼き討ち攘夷決行のために資金集めをしておりましたが、
皆さん合意の上で献金してくれたのだ。
だって攘夷はみんなの願い。
でも、それを決行すれば諸外国が武器を携えて報復攻撃を仕掛けてくるだろう。

浪士組の攘夷はなんとしても止めなければ。



清河ちゃんは5月30日、お友達…というか秘書みたいにしていた金子与三郎さんの家にお呼ばれしてさんざっぱら飲み食いしました。
与三郎さんは事の次第を説き、横浜焼き討ちを中止するように説得しました。

しかし。
天皇の御製、達文、献金に応じてくれた皆さんの期待、浪士組のみんな。

すべてを裏切って計画を中止することは不可能。


それを止めるにはどうすればよいか?


清河ちゃんはある決意をして金子さんのもとを辞します。

ところが。
清河ちゃんがふらふらしながら歩いていると声を掛ける人が。

「やあ、清河氏、久しぶりです」

京で別れた幕臣の佐々木只三郎が、笠をとってお辞儀する。
清河ちゃんもご挨拶しようと、笠をとろうとしたら

速見又四郎が後ろからばっさり

はっきり言ってだまし討ちです。ひどい。

でも佐々木さんは幕府の指令を受けてお仕事でやったのだから
仕方ありませんよね。

でも。

高橋泥舟の遺稿に曰く

八郎を要撃した関係者は誰一人としてその終わりをよくした者はいない。




うさこさんに教えて頂いた某ブログが面白くて、
ちょっと真似してみました。

でも怖い終わり方になっちゃったよ………_| ̄|○   
















2004年05月30日(日)



 箱館遠征、お疲れ様でした。その1

怒濤のような五稜郭祭から1週間たちました。
怒濤だったのは私だけかもしれませんが、「楽しかった」という記憶しか残ってません(爆)具体的にどんなだったろう?

金曜日(5月14日)島ちゃんといっしょに大鳥空港からひこーきに乗って函館に到着、白塚くんとらいちさんが車で迎えに来てくれて、すぐ幕末サイト管理人オフ会の宴会場になだれ込みました。
宴会は15人ほど集まったんですが、如月さんやりんたろうさん、まぐちん閣下、銀しゃりさん、槙さんとともに芹澤先生指導「正しい水戸納豆の食べ方」の話になって(入れてよい薬味はネギのみ、場合によっては鰹節のみ許可する。調味料はからし、醤油。砂糖およびきなこは厳禁とする。ちなみに実習生徒は近藤勇と斉藤一の二名が指名され、鴨先生の指導のもとひたすら納豆を練らされる)、他にとくに面白い話はしなかったような…あ、ずんだ餅は旨いかまずいか?という話(試食)をしたような。

初対面の方は函八郎さんと蝦夷武士さん、日月了一さん。といっても実は昨年、五稜郭でお目に掛かってたりしたようです。ご挨拶したのは今年初めて。函八郎さんとは席が離れていたためお話できなかったんですが、なにやらディープな話題に及んでいたもよう。何をお話されていたのか気になりますです。函八郎さんはおみやげを持って来ておられ、じゃんけん勝ち抜きで私、碧血碑慰霊者名簿を頂きました!(喜)ありがとう函八郎さん!
蝦夷武士さん、如月さん、槙さんは翌日の土方歳三コンテストに出場されるというので、皆から応援の拍手が。でもアタクシ土曜日は函館観光にまわってしまったので見に行けませんでした…てへ。

土曜日午前中は慰霊祭巡りをすることに。
ホテルが無料提供するパンとコーヒーの朝食をまったりといただき、路面電車で中島町へ向かいます。が、どうも迷ったらしく会場である慰霊碑に辿り着けません。コンビニの方に聞いてみたらどうもよく分からない様子。町名の由来になった人物とはいえ、地元の人にはあまり知られていないのか? PR不足なのかもしれません。

毎年近くの幼稚園(保育園かもしれない)から園児の皆さんが参列しておられるのがほほえましい。きっと三郎助さん親子も喜んでいることでしょう。あと横須賀からは「中島三郎助と遊ぶ会」の方も参列していらっしゃいました。私もお仲間に加わりたいのですが、この会の方はなかなか豪勢なお遊びをなさるので(帰りに角館の旅館で宴会とか)少し敷居が高い…(^・^;)
慰霊祭が終わったところで島ちゃん、アタクシ、うさこさんの3人はめぐさんの愛車に乗せていただき、次なる慰霊祭場の碧血碑へ。めぐさん曰く「来る途中で鹿とぶつかっちゃって…」大いなる自然の破壊力は凄く、車の前が欠けておりました(爆)
で、例によって額兵隊の皆様を乗せたバスの後ろについて函館山を上がって言ったんですが、山腹でめぐさんの車から煙が…鹿にラジエーターを破壊されたらしいです。
(°°;))。。オロオロッ。。・・((;°°)

おろおろするばかりで何の役にも立たない私ども乗員は、そこから碧血碑まで徒歩で向かうことに。幸いすぐ近くまで来ていたので慰霊祭には間に合ったのですが、めぐさん、大丈夫だったでしょうか(汗)
車より鹿のほうが強いとは…自然はスゴイです。

その後、取材に来ていたカメラマンのお姉様にお願いして車に乗せて頂き、(お姉様ありがとう!凄く助かりました)次なる慰霊祭場の一本木関門へ。いつものようにベストポジションを探って碑の裏手に回ったり横にまわったりしつつ、額兵隊による礼砲を撮影したりして、さらに次なる場所、亀田神社へ移動することに(またもやカメラマンのお姉様に乗せていただく)。と、前方に見慣れた顔が…

ぎゃー!会社の人だ!(バッタリ)

…いやあ、コスプレしている日じゃなくてヨカッタよ。(滝汗)ちなみに会社は東京にあるので、お互い「幕末おたく」であることがバレバレです。心臓に悪い。

亀田神社では例年行われていた五稜郭開城のセレモニーはなく、明日のパレードの無事故息災祈願をしておしまい。さらに五稜郭タワー近くの箱館戦争戦没者慰霊碑前で慰霊を行い終了となりました。

歳さんの新しい銅像は初めて見たけどもなかなかオトコマエで良い出来でした。銅像の前で黒田さんとツーショットして頂きましたvあ、榎本さんともツーショットさせて頂きましたvv
そして、帰ろうとする額兵隊の皆様をバスの前で引き留め、勇気を出して「皆さんの写真を撮らせていただけないでしょうか?」とお願いしてみると、
隊長さんが「これから写真を撮るので皆集合!」と号令を掛けて下さったのですっ!
隊長オトコマエです!ありがとうございます!!
で、並んで頂いたところ、どこから沸いてきたんですか皆さん? というほどに隠れ額兵隊ファンの皆さんがわらわらと現れ。心ゆくまでご一緒に記念撮影させていただきました。額兵隊の皆様、ありがとうございましたvv

ここでカメラマンのお姉様とはお別れしました。お姉様、ありがとうございました!といいますか、翌日もこのお姉様に再会したのですが(笑)

2004年05月24日(月)



 日野パレお疲れ様でした。

疲れました。でも凄く楽しくて、幸福感いっぱいですv
今年も去年に引き続き凄い雨に降られましたが、パレード終わったとたん雨やんでました。どういうことでしょう? 歳さん、また何か怒ってるんですか?(深読み深読み…)

箱館幹部のミナサマは全身ずぶぬれでも笑顔を絶やさず、魅力3割り増しで炸裂してました。しずくを振り払っても「きらきら」してる感じv

イベントに参加のすべてのミナサマ、観客のミナサマ、スタッフのミナサマ、ありがとうございました。大変楽しく参加させて戴きました。
たとえまた雨に降り込められようとも、性懲りもなく参加させて戴くことになりそうです。

イベントの感想などは五稜郭祭の後で。

五稜郭ファイル癸韻隆響柤燭歪簑擇靴討泙垢、続けますんでもすこし時間下さい。あ、今日の大河はまだ録画しっぱなしで観てません。って来週は箱館だけども、帰って来たらまとめでドン、の方向です(汗)
鴨先生が生きているウチにもっと盛り上がらなくちゃ!



2004年05月10日(月)



 予告を見て。

キューティーハニーとサンダーバードとデビルマンの実写版もやるらしいですね。なんか全部似たような作りになってるみたい。山田監督の新作と無極が待ち遠しいです。

2004年05月06日(木)



 GWが終わり、パレードがやってくる…

なんだかくたびれたなー(笑)

昨日は兎亭のうさこさんと、織方さんと3人で江戸東京博物館で開催中の「新選組!展」に行って参りました。
ちょっと雨模様だったのですが、お天気奉行のうさこさんがご一緒だったのでなんとか雨に降られずに済みました(さすがだうさこさん!)
新選組!展は噂で「ちょっと凄いよ?」と聞いていたのですが、マニアックな品揃えで確かに凄かったです! 水戸関係が充実していたのが良かった。時間軸に沿って展示されておったのですが、桜田門外の変から箱館戦争その後まで、非常にツボをとらえた展開でガラスにへばりつくこと数回。(ガラスにお手をふれないでくださいとは書かれてなかったので、つい)

○本田覚庵先生書写による(←これ重要)「桜田門外の変、水戸志士の声明文」とか!
○「小島鹿之助宛て近藤勇SOSの書簡」原本とか!
○伊東甲子太郎歌集「残し置く言の葉草」原本とか!
○前川邸から持ってきた「出窓&落書きの戸板」現物とか!(笑)
○「島田魁日記」原本とか!
○小杉雅之進「麦叢録」原本とか!
○中島登「戦友絵姿」原本とか!!!

図録にして厚さ2センチ以上の大展示。偉いぞ東京都!!(感涙)
これを見れば各地まで飛ばなくてもOK。堪能しすぎてお腹いっぱいです。当分新選組はいいですって感じ。
ということは、この展示会が終わるまで各博物館・史料館は新選組関連はすっからかんということでしょうか(汗)それくらい凄かったです。

と言うわけで、今年は咸臨丸フェスにも港祭りにも行けませんでした(帆船も寄港してないし、いまいち見るところ少なかったこともあり)。
5日は清河神社の祭礼だったようですが、雨模様でしたし、明日からまた仕事だし、パレードもあるし(清河ちゃん、すまん)。

週末はひのパレです。蝦夷新選組で参加します!でも今年から玉造町より芹澤鴨隊が参加されるそうな。撮影させて戴こうっとvv





2004年05月05日(水)



 コールドマウンテン。

チャールズ・フレイジャーの同名ベストセラー小説をアンソニー・ミンゲラが映画化したもの。
日本が幕末の頃、アメリカでは南北戦争末期を迎えておりました。黒船と関係のないアメリカンの皆さんがどんなだったか興味があったので見てみた訳ですが、南軍兵士の皆さんは北軍の兵士を「ヤンキー」と言ってました。そうか、オールグレンはヤンキーだったのか。
主人公のインマンは南軍の兵士なんですが、重傷を負って病院に収容され、彼の脳裏には故郷コールドマウンテンと恋人エイダの面影が。彼は死罪を覚悟で脱走兵となり、故郷へと向かいます(女の手紙にほだされて脱走するやつがあるか〜!とか思った)。
一方、箱入りのご令嬢だったヒロインのエイダは、牧師だった父を失い、一人残されて生活に困窮し、息絶え絶えになっておりました。そこに流れ者のルビーが現れて、か弱いエイダに逞しく生きる術を教え彼女をどんどんオトコマエにしていきます。このヒロインのオトコマエっぷりがこの映画の見所といっても良いでしょう。刺繍は得意だけどお裁縫はできないの〜 とか言っていたヒロインが七面鳥を銃でしとめるまでに成長するのです(涙)
ニコール・キッドマンの乙女っぷりと、ジュード・ロウのよろよろした演技、レニー・ゼルウィガーのオトコマエっぷり、実力派で固めた役者陣は非常に力強く見応え充分。しかしながら全編2時間35分は長すぎ。こざかしいエピソードはバシバシ切り落とし、もっと濃くて歯切れの良い映画に仕上げて欲しかった…。

因みに、最近の映画はヒーローがよろよろ(アル中で人生投げ気味とかそういうの)でヒロインがオトコマエというパターンが多いような…

2004年05月02日(日)



 映画の日

キャシャーンを見ました。アニメとは別物と化してました。
唐沢寿明兄さん演じる「ブライ」は悲劇の悪役で、最初っから軍の人間にひどい目にあわされていて、悪というより正義の反撃なんじゃないのか?と思ってしまう。赤いマントを翻しキャシャーンと戦う様が見事。なんか、キャシャーンよりブライが主人公って感じの映画になってましたぞ。
あと、ミッチーも気味悪い悪役っぷりで頑張ってました。死に際も壮絶v
宮迫さんの演技は「北条時宗」で見たときも上手いと思ったけども、この映画では台詞無しの体当たり演技が見事。
映画は長すぎでした。「なるほどー、そうだったんか!」というエンディングではあるのだが、後半説明くさくてちょっと飽きた。将軍の息子が延々ギレン・ザビよろしく演説するのもなんだかなー、な感じで。あと30分はしょっても充分。

映画全体の雰囲気はイノセントと同じ感じで、オレンジ色がかってて、看板とか建物がネオ東洋みたいな雰囲気で。よくわかんない飛行物体がわらわら飛んでて高層ビルが沢山。町中至る所に上条将軍(大滝秀次)の顔のでかい彫刻があるのは笑って良いのか気味悪がっていいのか…(汗)

主人公の東鉄也が例の白いボディスーツに包まれて初バトルを繰り広げるところはなかなか格好良かったです。敵キャラのザグレーは美女だ。アニメでおなじみのヘルメットが被る前に壊れちゃうのも良い展開(笑)やっぱりあれ被ってたらいまいちビジュアル的に…

相対して面白かったと思います。唐沢さんがかっこいいので、是非見に行って下さい。

2004年05月01日(土)
初日 最新 目次 HOME