KAMMYの日記

2004年04月30日(金) 千葉 3−0 西武

 創立記念日(5/1)の振替で会社は休み。
 昼間は銀行3件はしご。PAT用のキャッシュカード・通帳なくしたので再発行申し込んだら、2,100円×2=4,200円、って・・・。

 夜はマリン。2Fネット裏中央でまたーり感染しようと思ったら、・・・この日に限ってダフ屋いないんだもん(以下自主規制。ただし、一回外野に行ったあと、最終的にはネット裏に)

・千葉マリン 観衆22,000人
西武 000 000 000=0
千葉 000 001 20X=3
 清水直行、4安打完封で2勝目。そしてボビーは日米通算(監督として)1,200勝!!

 というわけで、これから東北急行バスで帰省。
 東京駅八重洲口マンガハウスジョッコ日本橋店より。



2004年04月29日(木) 福岡 2−3 V仙台

 28日23時半からホテルの部屋のTV(FBS)で、チェコ−日本戦を見る。で、千葉−福岡戦の模様を報じるニュースとザッピングしていたら、気づくと久保が決めていた。で、1−0で勝利。

 寝て起きて、キャナルシティの一蘭でラーメン食べて、いざ博多の森へ。
 牛串ウマー。

○第6回J2リーグ戦第8節 2004年4月29日(祝)14時4分
博多の森球技場 晴 22.1℃ 芝:全面良芝 表面:乾燥主審:今村亮一 副審:岡野尚士、村上孝治 四審:田島宏則 観衆:6,198人

*第116回スポーツ振興くじ(toto)対象試合 投票率:
福岡81.21% その他11.42% 仙台7.37%(4/28締切現在)

アビスパ福岡 2(1−0)3 ベガルタ仙台
        (1−3)

【得点】40分(福岡)篠田
    58分(福岡)福嶋
    61分(仙台)中原
    76分(仙台)中原
    89分(仙台)シルビーニョ

【アビスパ福岡】GK1水谷 DF19平島、5千代反田、18増川、
3アレックス MF34山形、15米田(→81分FW9林)、6篠田、
14古賀 FW32田中(→50分FW11福嶋)、13ベンチーニョ
(→77分MF7宮崎)SUB:GK28塚本,DF21蔵田
監督:松田浩

【ベガルタ仙台】GK22高桑 DF19森川、5ガスパル、4小原
MF7千葉、8シルビーニョ、25菅井(→70分MF6石井)、14中田、
10財前 FW24大柴(→58分FW11佐藤)、18萬代
(→58分FW29中原)SUB:GK21萩原、DF3数馬
監督:ベルデニック

【警告】41分 仙台 シルビーニョ
    63分 仙台 森川
    65分 仙台 菅井
    74分 福岡 古賀

【備考】65分(福岡)アレックス PKをポストに当てる

 少なくとも、大宮戦と比べると、仙台の出来は前半はよかった。しかし、ベッチーニョのFK、仙台DFがお見合いしている間に篠田が頭で併せて先制。
 後半、初先発の萬代に代えて、この試合が約9ヶ月ぶりの公式戦となる中原。そして大柴→寿人の交代をした。ここんとこ、「交代した直後に失点する」パターンが多かったんで、確実にマイボールになる、仙台のゴールキックになるまで待って、交代して。・・・一瞬目を離したすきに、二点目!!!
 あれでもう終わったな、と思いましたよ。

 でも、一番ラッキーだったのはアレックスのPK失敗・・・。

 中原の2点目で追いついたときは、もう負ける気はしなかったですよ。

 でも、勝つことによってベルデニックのクビがつながる・・・まるでジーコジャパン?!



2004年04月28日(水) 福岡 11−12 千葉

 ・・・疲れた。
 詳細は帰宅してから。

***(5/11補完)

 とりあえづ、9時10分羽田発ANAで福岡→ダッシュして、11時10分発のリレーつばめに間に合い、荒尾けいば。
 いやー、のどかというか、本当にここは鉄火場なのか?という感じ。
 馬券的には、・・・170円マイナスだったかな?


千葉 304 003 002=12
福岡 400 002 041=11
(勝)小野
(S)小林雅
(負)三瀬
(本)ベニー5,6号(杉内)、城島9号(ミンチー)10号(小林雅)他?

 とにかく、9回表一死走者なしからの、辻の打球を、この回から三塁にに入った稲嶺誉(60,沖縄水産−東京農大生産学部、2年目)が見事なトンネル!さらに代打幸彦、福浦の安打で二死満塁、堀の2点二塁打で勝ち越し!

 稲嶺の名前は、これで覚えた(爆)

 これにて、対福岡戦、今年は開幕から5連勝。ボビーとしては通算15連勝!
 そして、ボビーは監督として、日米通算1,199勝!

 さて、明日も頑張ろう・・・博多の森(違)

・今日のピンバッヂ:西岡
(でも、福岡ドームのFC窓口(1番ゲート)って、バスが着いて階段を登ったら
ちょうど半周しないといけないんだよなぁ・・・しかも福岡ファンで長蛇の列だし)
・今日の食事:杉内が先発だったので、杉内弁当(千円)。筑前煮など(俺のHPの「写真館」に画像あり)。でも、よく考えたら、この前来た(4/10,福岡−北海道戦)時も杉内弁当だったっけ・・・。



2004年04月26日(月) 蹴球五輪女子亜州予選 準決勝(4/24)、決勝

 24日の日記を一部補完してます。

 24日はマリンに行ったのだが、土曜日なのでふだんならバイクで行くのだが、今回は電車。なぜなら、

1.ジョニーが帰ってきたら。より、「売り子さんからは普段より1杯余計に買ってあげよう」とあったので、普段は俺は球場では飲まない主義なのだが、一杯飲みましたよ。

2.終わってから国立に行くため。

 で、国立決戦、である。

○アテネ五輪蹴球女子アジア予選準決勝(代表決定戦)2004年4月24日(土)19時22分 国立霞ヶ丘競技場 晴 主審:クリスティーナ・ソコライ(豪州)観衆:31,324人

日本 3(2−0)0 北朝鮮
    (1−0)
【得点】11分(日本)荒川(2ユン・インシルのクリアミスから)
    44分(日本)OG(12チャン・オックキョン)
    64分(日本)大谷(アシスト:宮本、山本)

【日本】GK1山郷 DF5川上(→72分15山岸)、3磯崎、13下小鶴、2矢野 MF8宮本(旧姓三井)[0/2]、5酒井、7山本(→86分18柳田)、10澤[1/1]FW11大谷[2/2]、9荒川[1/0](→52分19丸山)SUB;GK12小野寺、DF4大辺、MF14宮崎、16小林、17安藤、FW20永里 監督:上田栄治

【警告】(北朝鮮)チン・ピョルヒ

【シュート数】日本9(4/5) 北朝鮮15(6/9)

 ・・・戦前は北朝鮮有利の下馬評。北朝鮮は朝鮮総連の動員、さらにはブラバンまで持ち込んでの応援。しかし試合は立ち上がりから日本が支配。11分、北朝鮮2ユン・インシルのクリアミスをかっさらって荒川が先制!さらにはOG!!
 はー、勝った・・・。
 これでLリーグも少しは盛り上がる、のか?

(正直、二日もたつと感動が・・・)

 で、今日4月26日(月)、雨の広島ビッグアーチにて決勝が行われ、

日本 0(0−0)1 中国
    (0−1)
 PK取られて負けたが、スライディングに行ったのは・・・誰だ?



2004年04月25日(日) 佐川東京0−0S仙台/NOAH日本武道館大会

○第6回JFL第5節最終日 2004年4月25日(日)13時
アミノバイタルフィールド 晴 MC:石井慶一 主審:小川直仁
副審:片桐正広、飯塚仁志 四審:澤田信浩 観衆:322人

佐川急便東京 0(0−0)0 ソニー仙台
        (0−0)

【佐川急便東京SC】GK12佐野 DF23井上、4川村、6鈴木(Cap.)、3冨山 MF17熊谷、18中払(→40分MF22田中)、14榎本(→67分MF11小幡)、8山根、10山本 FW15竹谷(→57分FW25笠木)SUB:GK21阪本、DF5伊藤 監督(TA);其田秀太

【ソニー仙台FC】GK1内田 DF18木村、4石川、17藤倉、6桐田 MF27花渕(Cap.)、14山口(→64分MF13花坂)、22千葉雅人、24大谷(→73分MF12嵯峨)FW10高野、11石原(→78分FW20福田)SUB:GK32前川、MF7橋本 監督(TA):佐藤英二

【警告】(佐川)榎本、井上、山根(S仙台)千葉雅人

【佐川布陣】4−5−1
   15
 10 8 14
  18 17
3 6  4  23
   12

【S仙台布陣】4−4−2
  11  10
    14
24      27
    22
6 4 17  18
     1
*山口→花坂後、花坂が左SB。桐田がトップ下に

 開幕戦惨敗も、その後立て直してきた佐川東京。一方のソニー仙台は、今年はスロースタート。共に今年新監督を迎えた同士の対戦。
 で、試合は、鳴り物禁止のアミノバイタルフィールドに、S仙台GK内田の「熱い指示」と、時折発着する飛行機の音が響く。
 前半から、S仙台は左サイドを中心に攻撃を組み立てて、チャンスを作るが、フィニッシュに難あり。一方の佐川東京もそこそこ攻める。
 後半は、圧倒的にS仙台がペースを握るが、時折見せる佐川東京のカウンターに肝を冷やす場面も。しかし、そこはGK内田が凌ぎきり、結局スコアレスドロー・・・。

 観客席からのコールに、初々しく応える佐藤英二新監督がお茶目だった。
 あとは、S仙台のドクターの方?モヒカンが・・・凄い。

 昨日の女子代表戦に感動して、「ひたむきなサッカー」が見たくなって、急遽アミノに来た」というさいたま市民の某氏。その話を俺が聞いて、正直「今のソニーのサッカーはひたむきなのか?(って、俺も今年のソニーを見るのは初めてなわけだが)」と自問自答。ひたむきさなら、関東学生なり、関東リーグなり、プリンスの方も・・・かな、とは思ったけど。

***

 で、その後、武道館へ直行。NOAH日本武道館大会。
 前売りがほぼ完売(当日売りは立ち見のみ)で、yfc招待券で行ったわけだが。「まさか立ち見になるんじゃねーだろうな。もし立ち見ならさっさと帰って、自宅でG+で見よう」と思って入って、結局座ったのが、2Fの上から3列目(3千円の席)。
 17時開始(終了20時20分頃)、観衆16,700人。

 セミでは、三沢・小川組が、丸藤・KENTA組を破り(三沢 28分39秒、片エビ固め*変形エメラルドフロージョン 丸藤)、GHCタッグ2度目の防衛。
 メインは、小橋建太に高山義廣が挑戦する、GHCヘビー級選手権。正直、60分フルタイムドローかな・・・と思ったら、小橋が膝の手術後、初のムーンサルトプレス!28分47秒、片エビ固めで小橋が勝利、8度目の防衛に成功。



2004年04月24日(土) 千葉1−2オリックス

○プロ野球パシフィックリーグ公式戦
千葉ロッテマリーンズvsオリックスブルーウェーブ 5回戦
ダイアパレス幕張本郷ウインダムヒルデー
2004年4月24日(土)13時 千葉マリンスタジアム
観衆:30,000人

オリックス 001 000 100=2
千葉ロッテ 000 000 010=1
(勝)川越(負)黒木(S)山口
(本)日高、フランコ

・・・どうしてジョニーが投げるときに限って打てない?
 いや、ジョニーが投げるから打てないのか?それともたまたま?

 ジョニーはMAX140km/h?走者を出しながらも、気迫の投球で、日高の一発のみに抑える。しかし千葉打線も、ランナーは出すが、5回二死満塁から、二塁走者のフランコが捕手・日高の送球に刺されて・・・そして7回には、一死一塁から、平野の送りバントを一塁に暴投で一死二、三塁。村松の右前安打で2点目を失ったところで降板・・・。

 前回の岩本に続き、15連敗中のオリックス川越に、02年5月5日以来720日ぶりの勝利を献上・・・。

 しかし、確かにいつもよりは多く入ってたとは思うが、あれで3万人?3万人入るんなら、右翼席の客が左翼席まで溢れるくらいじゃないと。

 で、試合終了後、国立へ直行したのだが、その話は26日分の日記にまとめて書く。

P.S.余談。

 記事:報知新聞

小林宏之投手(25)が4月24日、入籍を発表した。お相手は、家事手伝いの佳
世さん(18)=鹿児島市在住の会社員・宮原俊巳さん(51)の二女=で、すでに22日に入籍を済ませた。先発として活躍中の右腕は「野球に集中できるので、今まで通り頑張るだけです」とさらなる奮起を誓った。

***

 ・・・高校卒業出たばっかりの18歳、って。。。
 どうやって知り合ったんだか(ひがみ半分?)。

***

 で、24日の試合開始前に、マリンで、マリーンズのトレーディングカード発売を記念して、小宮山とコバヒロの(カード購入者への)握手会があったんですよ。思わず7パック(2,100円)買っちゃいまして。コバヒロに「おめでとうございます。うらやましいぞ!」って・・・。

***

 カードについての詳細はこちらを。で、俺が7パック(=42枚)買って、だぶったのが以下。
 交換希望の方、メール頂ければ対応します(次のマリンは4/30の予定)。

M13 酒井 泰志
M21 ダン・セラフィニ  2枚
M24 高木 晃次
M38 マット・フランコ
M50 原井 和也
M74 田中 良平
M79 ボビー・バレンタイン
M95 得津 高宏     2枚



2004年04月23日(金) GWの予定

 というわけで。

4/24(土)千葉−オリックス〜ジョニー黒木、復帰後マリン初先発!〜(1300、マリン)
       日本−北朝鮮〜絶対に負けられない闘いがそこにはあるbyNET〜
(1920、国立)
4/25(日)佐川東京−S仙台〜開幕黒星も、徐々に復活の佐川東京。S仙台は厚木からの動員、しかしアミノは鳴り物禁止(1300、アミノ)
       NOAH GHCヘビー級選手権 小橋−高山他〜前売券でほぼソールドアウト、yfcでの入場は可能か?(1700、日本武道館)
4/26(月)仕事
4/27(火)仕事。1830より歯医者
4/28(水)昼は荒尾競馬、夜は福岡−千葉(1800、福岡ドーム)
4/29(祝)福岡−V仙台(1400、博多球)
4/30(金)会社の創立記念日(5/1)の振替で休み。千葉−西武(1800、マリン)ローテーション通りならまたもジョニー黒木?その足で東北急行バスで帰省。
5/1 (土)プリンスリーグ東北(1100、宮城県サッカー場)
5/2 (日)V仙台−湘南(1300、仙台スタジアム)
5/3 (祝)高校野球 仙台二−仙台一(1120、宮城球場)
       気が向いたらその足で福祉大球場、福祉大−東北大
5/4 (休)今のところ未定
5/5 (祝)山形−V仙台(1530、ベスパ)その足で帰京

 大学(フェンシング)の春季リーグは、4/29−5/1に秋田なのでパス。
 できれば、ナイキ盃(5/3−5)行きたいが、Jヴィレッジまでの足が・・・
 さて、どうなることやら・・・。




2004年04月22日(木) 日本 6−0 タイ

 うーん・・・。「平日国立ナイター」ということで、何人入るかと思ったら、・・・5千人強程度?ホーム側ゴール裏の、J連約100名(いや、L連か?でも、Lサポとしては、狭山サポくらいしか見かけなかったが)と最初は一緒にやってたが、疲れたんで、後半はメインでまたーりと。

◎アテネ五輪サッカー女子AFC予選 2004年4月22日(木)19時
国立霞ヶ丘競技場 観衆:5,086人

日本 6(2−0)0 タイ
    (4−0)

【得点】
10分 丸山桂里奈
32分 安藤梢
47分 丸山桂里奈
51分 小林弥生
72分 大谷未央
89分 山本絵美

 ・・・まー、試合は予想通りの日本の圧勝、ということで。というか、タイのGK・DFラインがボロボロ。ゴール前でのマークがずれまくり。
 それでもタイ代表、試合終了の時点でガッツポーズ。・・・なんでやねん。まさか、この結果(日本7−0ベトナム、ベトナム0−0タイ)で、タイがグループリーグ2位になったから、か??



2004年04月21日(水) 江尻プロ初勝利!/ギリシァ1−1日本

 今期一軍初先発の江尻慎太郎(仙台二−早大)、プロ初勝利!
 ・・・会社で経過をチェックしてて、4回までに7点取ったので、左団扇かなと思ってたら、・・・1点差にまで・・・。

○4月21日(水)18時 西武ドーム 観衆20,000人
北海道 003 400 012=10
西武  000 000 340= 7
 江尻は6回2/3を投げ、打者26人に96球、被安打5,奪三振5,四球1。7回に大島に5号3ランを浴びて降板も、堂々たるピッチング。

 で、蹴球界は女子代表の話題で持ちきり?なのだが、21時からテレビ東京で、五輪代表の親善試合生中継。

ギリシァ 1(0−1)1 日本
      (1−0)
 ロスタイムに失点して泥。ギリシァからのTV生中継で、21時開始ってことは向こうは14時くらい?ジャパンマネーでこの時間にしたんだったら、試合終了もTV中継に併せて終わるように早く始めろって。



2004年04月20日(火) 千葉 4−3 大阪

 今日は、会社の新社長就任披露パーティーが帝国ホテルで行われているらしく、その隙をついて、定時で上がってマリン着。八丁堀18時4分発快足に乗っても、着いたら4回。。。今日は、右翼席内野寄り、381会の上に席が空いていたんでそこに席を確保。

 昨日、李承(イ・スンヨプ)が3号ホームランを打ったので、「李承がホームランを打つたびにカツ丼を食す」との公約?通り、今日の夕食は海浜幕張駅NEW DAYS(コンビニ)でヒレカツ丼480円(676kcal)。

○プロ野球パシフィックリーグ 2004年4月20日(火)18時
千葉マリンスタジアム 晴 観衆:11,000人

大阪 000 021 000 0=3
千葉 010 002 000 1x=4
(勝)小林雅(負)カラスコ(本)川口1号(6回、小宮山)

 小宮山は粘投も、5回一死一、二塁から堀のタイムリートンネルで失点・・・。結局6回を3失点。しかし6回、一死満塁からフランコの押し出し四球、初芝の犠飛で同点に。
 7回からは千葉は藪田−川井、そして小野晋吾がリリーフ登板!さらに10回、一死から大村に左中間二塁打を浴びると、コバマサ投入。
 そして10回裏、二死から福浦が二塁打。福浦は今日5の5!フランコ敬遠で、二死一、二塁で打者は初芝。カラスコの初球を打って左中間を破り、サヨナラ勝利で千葉3連勝!もみくちゃにされた初芝、「眼鏡が壊れた」って・・・。

ピンバッヂ:橋本(破壊王)
今日の危険地帯:阿武松部屋?のお相撲さん
千葉観戦成績:H2勝1敗 A1勝1敗
次回千葉観戦予定:4月24日(土)オリックス戦(マリン)

P.S.9回から、大阪は”オリオンズの怨敵”左腕・小池を投入。
 学生時代は、本格派のイメージが強かったのだが、・・・いつのまにやら、二段モーションの、スリークォーターの変則フォームに。いったい、何がおこったというのか?!



2004年04月19日(月) 蹴球五輪女子亜州予選、開幕(4/18)

 昨日は、駒沢(蹴球五輪女子亜州予選)か、熊谷(Jサテライト)か、はたまたマリーンズ連敗脱出の瞬間を見に東京ドームか、と悩んだ結果熊谷に行ったのだが、蹴球五輪女子亜州予選が、18日に東京と広島で開幕。 ・駒沢陸 主審;張冬青(中国) 晴 観衆:6,513人 日本 7−0(3−0) ベトナム  まー、初戦、もとい所詮消化試合だからということで、俺はパスしたのだが、駒沢で6,513人というのは、うーん・・・ちょっと予想よりは少ない気が。  ビデオ見ようかとも思ったが、録画をミスったようで断念(楽しみなのは、応援の状況と、テレ朝の実況がどんな迷言を残すかだったのだが)。  とにかく、木曜のタイ戦は当然勝つとして、問題は土曜日の準決勝、北韓(敢えてこう書く)戦。



2004年04月18日(日) 大宮 2−1  V仙台

 前日に引き続き?大宮戦。但し、今日はサテライト。
 会場は熊谷陸。今年の国体の開会式会場で、去年の秋には浦和−V仙台戦で行っている。で、その時は会場まで臨時バスがあったので、今回もあるとばっか思っていたら・・・ないよ!仕方がなく、路線バス(これが一時間に一本しかない)に乗り、所要15分、赤城神社で下車。そこから熊谷ラグビー場を目指して歩き、さらにラグビー場を過ぎると陸上競技場が見える。徒歩約20分といったところか。

 で、場内アナウンスがないので、困ったものだが。

◎第14回JサテライトリーグBグループ 2004年4月18日(日)15時
熊谷スポーツ文化公園陸上競技場 晴 主審:太幡 観衆:638人

大宮アルディージャ 2(1−0)1 ベガルタ仙台
           (1−1)
【得点】(大宮)18ダニエル、66盛田/(仙台)50萬代

【大宮】GK20荒谷 DF31鈴木(→HTMF30大沢)、18松本、13木谷(→HTDF28辻田)、19尾亦 MF14盛田、17島田、26マーカス、24橋本 FW10ダニエル(→62分DF29石亀)、27横山(→62分DF32田中輝和)SUB:GK22田中賢治

【仙台】GK1萩原(→69分GK16森田)DF3森川、4小原、2樋口
MF7千葉直樹(→58分DF5小山)、8関口(→73分FW11中原)、
6梁、13西谷(→55分FW15大久保)、14中田 FW9萬代、10西
(→62分MF12高橋)

【警告】大宮に二枚/リャン

 仙台はトップと同じ、右から樋口−小原−森川の3バック。このレベルだと、森川のプレーがうまく見える。ドイスボランチには直樹と梁、右に関口左に中田、トップ下西谷。

 立ち上がりから試合は大宮ペース、でも前日ほど一方的というわけではない。しかし18分、大宮は関口のクリアミスから最後はダニエルが先制ゴール。ダニエル、何を思ったか顔を覆って号泣・・・?。前半は大宮ペースで終了。
 後半も大宮ペースではあったが、50分にスルーパスから萬代がGKとの1対1、これを決めて同点!トップ、サテを通じて初めて?流れからの得点。しかし混戦からモリツァこと盛田がゴールし2−1,結局そのまま試合終了。
 なお、中原貴之が8ヶ月ぶりに試合出場。個人的に、ベガルタのチームMVPを挙げるなら、(関口交代後)右サイドからチャンスをがんがん作っていた中田洋介か。

 ま、少なくとも、昨日のトップの試合よりは「見ていて楽しい」試合でした。



2004年04月17日(土) 大宮 3−1 V仙台

 よっぽど、東京ドーム(ジョニー黒木復帰戦)行こうかと
思いましたが、こっち(大宮)にしました。そう、大宮競輪
(違)。で、1000円負けたので、サッカー場に来たのだが、
・・・ダフ屋がーいねーよ(謎)

 とりあえづまとめ。

○第6回J2リーグ戦第6節初日 2004年4月17日(土)
14時4分 埼玉県営大宮公園サッカー場 晴 28.6℃
20% 芝:全面良芝 表面:乾燥 MC:水口
主審:扇谷 副審:伊藤、南 4審:藤原 観衆:9,091人
*第114回スポーツ振興くじ(toto)対象試合
投票率:
大宮:76.03% その他:14.84% 仙台:09.13%
(4月16日投票終了時点最終)

大宮3−1(0−0)仙台

得点
56分 大宮 高橋 左CKからH
65分 大宮 金沢 
70分 大宮 トニーニョ 左CKからH
89分 仙台 佐藤 PK

警告
08分 仙台 村田
19分 仙台 数馬
75分 仙台 菅井
80分 大宮 菅井
89分 仙台 財前

退場 88分 大宮 トニーニョ
(PA内で財前倒して)

交代
49分 大宮 喜名から久永
64分 仙台 原崎から西
69分 仙台 石井から千葉
69分 仙台 大柴から西谷
75分 大宮 金沢から氏家
76分 大宮 バレーから横山

【大宮アルディージャ】GK1安藤智安 DF3若松大樹、
4トニーニョ、2奥野誠一郎、5冨田大介
MF15斉藤雅人、23金澤慎、8安藤正裕、6喜名哲裕
FW11バレー、9高橋泰 SUB;GK20荒谷弘樹、
DF13木谷公亮、MF16久永辰徳、7氏家英行、
FW27横山聡 監督:三浦俊也

【ベガルタ仙台】GK22高桑大二朗 DF3数馬正浩、
5ガスパル、26村上和弘 MF6石井俊也、25菅井直樹、
17原崎政人、15村田達哉、10財前宣之
FW24大柴克友、11佐藤寿人
SUB;GK21萩原大樹、DF4小原章吾、
MF7千葉直樹、13西谷正也、23西洋祐 
監督:ズデンコ・ベルデニック

前座試合
愛徳1−2(1−0)鈴谷

 前半はなんとかしのいだんだけどね。。。
 後半、セットプレー2つにやられて。
二点目取られたときに、高桑呆然としてたので寿人がボール取りに
走って戻ったところに、今のチームの限界を感じた。
 



2004年04月16日(金) 北海道 2−1 千葉

○プロ野球パシフィックリーグ 2004年4月16日(金)18時
東京ドーム 観衆:26,000人

千葉  000 100 000=1
北海道 001 010 00X=2

(勝)押本1勝(S)伊藤5S(負)清水直行1勝1敗
(本)坪井4号(3回)高橋信二2号

 とある事情(自宅で使用してるODNの接続パスワードを、会社で変えたまま帰宅すると、自宅から接続できなくなる)ので、ドームの帰りに、ここ水道橋のマンガ喫茶ゲラゲラでこれ打ってるわけで。

 で、日本ハムファイターズが北海道に今年から移転したわけだが、とりあえづ今年は、東京ドームで12試合を行う。その開幕戦が今日。でもなぁ・・・確かに外野席は埋まってた(それでも、4回裏に着いたが前の方に空席があったので座った)けどさ、2F閉鎖してたけどさ、あの入りで2万6千というのは、ねぇ・・・。

 で、試合は・・・直行の力投報われず。2発に沈む。
 北海道は、プロ入り初先発のルーキー押本が5回を1失点にしのぐと、その後は高橋憲二−横山−清水−伊藤とつないでプロ入り初勝利。
 チャンスらしいチャンスは・・・8回、先頭の諸積が四球で出て、そこから二死三塁で打者は堀!チャンステーマその1だったが・・・凡退。でも、このチャンステーマその1は、「タオル回しは禁止」なのに、タオル回しする椰子が大勢いて問題になっている(どこでだよ)のだが、今日はタオル回しが殆どなかった。東京ドームで太鼓使えないから声が通らなかったのか?そして応援といえば、北海道の応援が・・・トランペットなしだった(通常どおり、応援団はリードを取っていた。千葉応援団はトランペットあり)。

 というわけで、千葉はこれで9連敗・・・。



2004年04月15日(木) イラク人質解放!

【バグダッド4月15日共同】イラクで武装グループに拉致され、人質となっていたフリーライター今井紀明さん(18)=札幌市西区宮の沢二条=ら3人が15日、解放された。3人の健康状態は良好という。自衛隊のイラク撤退を求め、日本人を拘束するという前例のない事件は、発覚から7日ぶりに3人の解放にこぎ着けた。

 川口順子外相は記者会見し、解放を確認するとともに、帰国の段取りは「調整中だ」と語った。カタールの衛星テレビ、アルジャジーラは15日午後(日本時間同日夜)、解放の仲介役を果たしたバグダッドのイラク・イスラム聖職者協会の事務所にいる3人の映像を放送した。

 武装グループは同日午前零時半ごろ、同協会の呼び掛けに応じて3人を解放すると連絡。午後2時半ごろ、バグダッドのモスクで協会側に3人の身柄を引き渡し、日本大使館員が午後3時半ごろ3人の無事を確認した。
 協会によると、グループは解放の理由として「日本で自衛隊撤退を求める世論が現れた」ことを挙げたという。

***

 人質の解放はめでたいことです。

 さて、3人がどんな顔して報道陣の前に現れるか、いろんな意味で楽しみだ。
 彼らは、日本政府の渡航自粛勧告無視して行ったんだから。



2004年04月14日(水) 千葉8連敗/J1なんて・・・

 天気予報は午後から雨。で、今日のマリンスタジアムも、てっきり、打てん、もとい、雨天中止かと思っていたのだが・・・。
 ま、打ててないわけではないので、打てん中止、というわけではないが。

 マリン行こうと思って会社を出るが、八丁堀駅に向かう途中で気が変わって、結局パス。で、会社から帰宅する総武線の中で、メールもらって、今日(4/14)がバレンタインデーで、バレンタインピンバッヂ配布日だったことを思い出す。・・・ま、いいか。

 試合は・・・千葉3−5西武。でも、点差以上に、うらぶれた気分になったのは俺だけか。

 今日はJ1もあったんだ・・・すっかり忘れてたよ。



2004年04月13日(火) 千葉7連敗/鳥栖余談

 今日はマリンに行こうと思ったが、どうも仕事上行ける雰囲気でもなかったので、パス。で、5回まではさくさくと行ってたが、6回に小宮山が捕まって・・・M5−9Lで7連敗。借金2.仕事の方も、たまってたのを一気に片つけたんで、会社を出たのが21時。
 ここから、ボビーの真価が問われる、のか?
 いや、何が(今の千葉で)だめだめかというと、中継ぎ陣。勝ってる時でも負けてる時でも、出てくる顔ぶれが同じというのは・・・右なら戸部、長崎。左なら藤田、川井、田中充(たかし)。・・・って、そんなもんか。

 で、いつのまにやらネイト(ミンチー)が登録抹消され、ダン・セラフィニが一軍昇格。ネイトの分の先発枠が一枚開くわけで、とりあえづ明日は中4日で清水直行、か?と思ったら、小野晋吾の今期初先発。で、日刊スポーツの報道では、ジョニー黒木が、17日の北海道戦で先発か?とあったが、・・・東京ドームかよ!営業的にも、本人の思い的にも、マリンで復帰戦をやってほしかったが・・・。

 明日はマリンに行けるかな?

***

 鳥栖での小ネタは、ウィントスくんをいじって遊んだ?くらいだが。
 で、河北のこの記事。(抜粋。一応、匿名にしておきます)
 11日、佐賀県鳥栖市の鳥栖スタジアムで行われたサッカー、Jリーグ2部(J2)鳥栖―仙台戦にお馴染みのサポーターが駆けつけ、仙台イレブンに熱い声援を送った=写真=。東京在住ながら昨季リーグ戦で「皆勤賞」、今季も第5節までスタジアム通いを続ける宮城県加美町出身で会社員のR.Tさん(35)。完敗にも「今は我慢。応援し続けます」とJ1昇格に望みは捨てていない。

 約100人が陣取ったアウエー側スタンドで、この日も必死の応援を続けた。1999年のシーズンに本格的に観戦を始め、昨季は全30試合とカップ戦2試合に足を運んだ。「やっぱり地元のチームですから。勝ち試合を見逃したら悔しいので、やめられない」。深夜バスや割安特急券を駆使し、“強行日程”をこなす。
(後略)

「リーグ戦皆勤」という意味では、俺の知る範囲では、02年はキクチとサカモトさん(元税務署員ではない)。ちなみにサカモトさんはカップ戦も皆勤。キクチはナビスコの鹿児島を欠場している。ついでに、俺はアウェイ戦は(リーグ、カップ、サテライトも含め)皆勤だった。
 03年は、平日開催がなかったせいか?リーグ戦皆勤は、前述のR.T氏を含め、結構たくさんいたらしい(俺はホーム12試合!参戦、アウェイはGWの京都戦欠場)。で、J2になった今年だが・・・どうなるんでしょうね(何が?)。

 話は戻るけど、実は河北の記者に話を振られて、「全試合参戦してる人はいるのか?」と聞かれたので、R.T氏を紹介した次第。だって、俺が河北になんて載ってしまった(失礼)日には・・・親に何言われるかわからんもん。(過去に、95年のJFLオールスターでコメントが載ったことはあるが)



2004年04月12日(月) 下関競艇(4/10)

 マリーンズ6連敗で、借金生活へ。
 マリーンズって、連勝もするけど連敗もする。そんなチームなんだよな・・・。

***

 話は4月10日へ。

 朝7時半に羽田を出て、福岡9時15分着。そこから鈍行に揺られて2時間半。下関競艇に行ってきた。
 女子リーグ戦第3戦、G3ジュエルセブンカップ初日。

 っていうか、日記書いてる途中で、下関競艇のHP開いて、ゲームがあったんで開いてみたら、shockwaveインストールしだして、書きかけの日記が飛んだ・・・。

 まー、とりあえづ4,5,6Rで負け(6Rは寺田千恵で負け)、とにかく当てたかったので7Rはワイドの4艇BOXで買ったら、西村めぐみ含む2艇がF切って浮き。8Rは濱村美鹿子中心に3連単3艇BOXで買ったら、来たよ。
 トータルで90円プラス。入場料(100円)にもなりゃしねぇ。

 詳細はこちらにも。

 下関独特?という料理としては、鯨カツバーガーとか、鯨カツ定食800円(中央3F食堂)がありました。鯨カツ定食を食べましたが・・・なんかまたーりとして食べにくかった。



2004年04月11日(日) 佐賀競馬/鳥栖3−0V仙台

◎佐賀競馬

 1R:ベガルタ馬券で「マイティゴールデン」から行ったが3着。
 2R:4頭boxで買って当たり損。トータル−420円。
 おまけに桜花賞は豊は予想通りだったが、相手を間違えたわ(by森川美穂)。
(ちなみに、NAR佐賀競馬場の隣に、JRAの場外があるが、G1レースしか発売していない。なのに発売窓口(自動)が20もある・・・)

○第6回J2リーグ戦第5節最終日 2004年4月11日(日)13時4分 鳥栖スタジアム 晴 24.8℃ 46% 主審:野田祐樹 観衆:3,304人

*第113回スポーツ振興くじ(toto)対象試合 投票率:
鳥栖:19.36% その他:32.03% 仙台:48.61%(4月9日投票終了時点最終)

サガン鳥栖 3(2−0)0 ベガルタ仙台
       (1−0)

【得点】36分(鳥栖)本橋(FK)
    44分(鳥栖)矢部
    53分(鳥栖)小石

【サガン鳥栖】GK21藤川康司 DF13加藤秀典、27佐藤陽彦(→74分DF3三好拓児)、2朝比奈伸 MF10本橋卓巳、23小石龍臣(→83分MF18竹村)、26矢部次郎、16中村、19伊藤彰(→78分MF6村主博正)FW11菅原太郎、20羽畑 SUB;GK1富永康博、FW7佐藤大実 監督:松本育夫

【ベガルタ仙台】GK22高桑大二朗 DF19森川拓巳、5ガスパル、26村上和弘 MF10財前宣之、6石井俊也、17原崎政人(→57分MF15村田達哉)、25菅井直樹(→HTMF14中田洋介)、30梁勇基  FW24大柴克友、11佐藤寿人(→54分FW18萬代宏樹)SUB;GK21萩原大樹、DF3数馬正浩 監督:ズデンコ・ベルデニック

【警告】29分 仙台 森川*累積1枚目
    31分 仙台 菅井*累積2枚目
    42分 鳥栖 矢部
    60分 仙台 財前*累積1枚目
    86分 鳥栖 村主

・まさか、前日の福岡ドームで、ベガサポ(俺を含めて)8人も見かける
とは思わなんだ。

・鳥栖・・・人もスポンサーも減ったねぇ。
 前は、ゴール裏を埋め尽くすくらいにスポンサーの看板があったのに、
ごたごたで今は2社?のみ。
 まさか、昨日の佐賀競馬開幕戦(4、500人くらい)よりも客が
少ないとは・・・。鳥栖戦の試合前にいつも顔合わせオフをやる喫煙場
からは、灰皿が撤去されていたりする。

 で、試合開始前。鳥栖ゴール裏から拡声器で「ベガルタ仙台の皆様
ようこそ鳥栖へ」みたいな声がかかったような。

・試合。
 梁勇基(阪南大より入団、この試合がデビュー)はよくやったと思うよ。でも、よくやっただけじゃ通用しないのがこの世界、なんだよなぁ。。。、
 本橋のFKは、レインボーすぎて「あれはしゃーねぇ」と割り切れたけど(でも、あの位置でFKを許す村上には・・・なのだが)、2失点目のごたごたは、正直「What?」なのですが。
 後半は、立ち上がりから「シュート打つまでカモンやめない」ということで始めたら、結局30分もカモンやる羽目に。はーっ・・・。
 確かに暑かったけど、言い訳にはできないでしょう。

・その他。
 ベガサポ約70人。鳥栖新記録。
 キクチが来ないんで、俺がリードやったのだが。まぁ、こういう(地方)ところでないと、リード取る機会なんてないからね。あ、来週のサテライトでも(今のところ)俺がやるつもりだが。あとは福岡がどうなるか?
 ま、太鼓があっただけ助かったけど。

 ま、そんなところで。
 今度の土曜日は、大宮競輪場でお会いしましょう(違)。

 乾杯、じゃなく完敗。

***

P.S.今日の写真→これ。

 2chのベガスレより:(Part223)

611 :    :04/04/11 23:42 ID:N0pwvr6t
>応援はいつも来ているコアとかいう奴らがいなかったから声出し続けて
>た。3点取られた時に太鼓の奴は叩くの辞めたけど、松村が先頭に立っ
>て声出し続けた。
> コアがいないから、最期まで応援できたっていうのが象徴的だな?
> 特に、Ksなんぞ来なかったんだろ? あいつらガンの中の癌だもん
>な。
> マジでマツムラ氏を頭にして、グループ観念抜きの大同団結状態の方
>がいいんじゃないのか?
> マツムラさんや戦術くんのような、無垢なひたむきさが必要なんだよ。
>俺達には

612 :U-名無しさん :04/04/11 23:43 ID:Kd6UDTMU
>>611
マツムラ?w

613 :U-名無しさん :04/04/11 23:44 ID:STG0M8tF
>>611
>マツムラさんや戦術くんのような、無垢なひたむきさが必要なんだよ。
あとフルーレ太郎も入れといて   (´ー`)y−〜〜

(中略)
616 :   :04/04/11 23:46 ID:UpTOJmNY
>>611
最期まで応援って・・・

(中略)
619 :611 :04/04/11 23:48 ID:N0pwvr6t
>>612  笑いはワカルがw ケッコウ、マジだぜw
    つまんねーのがワケシリで仕切るより、よっぽどまとまるyo

   それともキクチ氏にデブになったもらってもらうかw

621 :U-名無しさん@現地組 :04/04/11 23:50 ID:/vi1bTk/
今日の試合の後半は
30分間カモンのエンドレスでした。

途中で最初のシュート打つまでコリャ続くかも
と思っていたら後半開始30分とは‥‥_| ̄|○

624 :U-名無しさん :04/04/11 23:56 ID:Kd6UDTMU
>>611
つーか611はマツムラ氏ご本人でつね。

635 :U-名無しさん :04/04/12 00:11 ID:nBRB+XVv
>>613
>>マツムラさんや戦術くんのような、無垢なひたむきさが必要なんだよ。
>あとフルーレ太郎も入れといて   (´ー`)y−〜〜
 マツムラさん=フルーレ太郎、だろ?
 というか、マツムラもいい加減いい年なんだから、若い香具師がんがれ

***

 最後まで応援をやめなかったのは、621の理由が正解。
(後半開始から、「シュート打つまでノンストップカモン」というリクエストがあったので、それを採用したのだが)
 3点目取られた時点でやめようかとも思ったが、こうなりゃ意地だ、ということで引き続き。で、その結果が、財前がシュートを打つ後半30分まで続く、と。

 で、俺の意見は635に近いか。(611は俺ではないぞ)

 一時期(2002年の5月くらい?)、若手?がコールリーダーでいろいろ試していた時期があってたが、なんでそれを(試したものを)やらせないのかな、というのが疑問。というか、俺もお人好しだから、誰もやらなきゃやるけどさ。

 最後に一言。

 俺は、みんなが思ってるほど、(戦術くんとは違って)ピュアじゃないぞ。
 しいて書くなら、チキンなだけだが。(まぁ、選手に戦う意思が見えていたかどうかを考えると、?だが)



2004年04月10日(土) 福岡 1−11 北海道

 本八幡を朝5時48分に出て、羽田0730発ANAで福岡へ。
 それからひたすら東に向かい、山陽本線「長府」(ちょうふ)駅で下車。

 下関競艇。→4/12の日記にて記す。

 8Rで帰ったのは、夜に福岡ドーム行くため。

 で、福岡ドームに俺の見た限り、ベガサポ8名はいたな・・・。

◎プロ野球パシフィックリーグ 2004年4月10日(土)18時
福岡ドーム 観衆:48,000人

北海道 014 004 020=11
福岡  000 100 000= 1
(勝)正田(負)斉藤(本)坪井3号3ラン(6回、斉藤)

 斉藤の不調と、福岡の拙攻もあったが、北海道が大勝。
 で、同行者(男)と来てたので、7回裏の風船上がったところで席を立ち、博多駅裏の屋台「はじめちゃん」で一杯。前に来たのが、3年前の9月。このときは鳥栖1−2V仙台だったが、さて、明日は・・・??



2004年04月09日(金) 巨人 9−4 ヤクルト

 ヤフオクで、左翼席のチケット(ポール寄り、6列目)2枚で590円で落札。

 というわけで?東京ドームへ。水道橋駅を降りたら18時50分だったのだが、西口の弁当屋はまだ投げ売りモードにはなっておらず・・・。

◎プロ野球セントラルリーグ 2004年4月9日(金)18時
東京ドーム 観衆:55,000人

ヤクルト 000 000 310=4
巨人   010 402 11X=9
(勝)高橋尚1勝1敗(負)石川1敗
(本)ローズ2号(2回、石川)3号(7回、河端)江藤2ラン1号(4回)阿部1号(6回)清水2号(6回)小野1号2ラン(7回)
JCB・MEP賞:江藤

 着いたら4回裏だったのだが、四回裏の江藤の1号2ラン!・・・いやー、でかかった。俺の頭上を遙か越えて、松本歯科大学の看板直撃の140m弾!!
 あとは、高橋尚成・・・8回裏、先頭の阿部が出て、打席が回ったときに代打出すかな、と思ったが。。。結局完投。これって、やっぱり巨人のセットアッパー陣が信用されていない、ということなのかね。でも、尚成の投球数が128球、か・・・。なら完投もやんぬるかな、と。



2004年04月08日(木) 夏へ向けて・・・

 今週末は鳥栖遠征、そしてその2週半後には福岡遠征。

 鳥栖は26K円、福岡は28K円。ともにパックツアー。(東京−福岡の飛行機+ホテル1泊)昔だったら、鳥栖であればMLながら→神戸でBW−M戦→新幹線?で移動してたが、金がかかりすぎるのでパス。

 特に、福岡・・・うちの会社の創立記念日が5月1日なので、今年は土曜なので、30日仕事してから帰省しよう、と思ってたら、30日が休み、って・・・。ま、28日に荒尾競馬&福岡ドーム(H−M),29日に博多球、ということで。30日マリン行って、その足で東北急行バスで帰省、と。

 J2は4回戦総当たりなので、福岡にも鳥栖にも(札幌にも)2回行くことになるわけだが、このカードが、鳥栖−仙台は8月1日(日)、福岡−仙台は8月21日(土)で、ともに8月。福岡へのパックツアーも3万は確実に超えるだろう。
 なので、(ムーンライト九州が運行されるという前提で)MLながら→ML九州→MLながら、という車中泊3連投、という手もあるにはあるが、・・・35歳の身で大丈夫、なのか?そもそも、昼間に公営競技で散財する、という可能性もあるわけで(自爆)。



2004年04月07日(水) 千葉 1−6 北海道

 今年からマリンの試合開始が、デーゲームは13時、ナイターは18時に統一された。だから、平日に仕事終わってから行くのがしんどくなって。マリンへの無料バスは廃止され、有料バスが19時半まで(従来は19時45分まで)となり、それに間に合うには八丁堀18時34分発の快速に乗る必要がある、と。

 で、とりあえづ海浜幕張駅のコンビニにて、弁当を買ってマリンへ。で、外野席のゲートをくぐって気づいた・・・弁当、かもめの窓口(FC会員用チケット売り場)に忘れた・・・。まー仕方ないか。

◎プロ野球パシフィックリーグ公式戦 2004年4月7日(水)18時
千葉マリンスタジアム 晴 球審:津川 観衆:17,000人

北海道 000 003 102=6
千葉  000 000 010=1
(勝)金村(S)伊藤(負)藪田(本)エチェバリア2号2ラン(6回、藪田)

 着いたのが5回表途中かな?で、その6回から試合が動く。先頭の新庄がセンターを破る二塁打、続く小笠原が先制タイムリー。そしてエチェバリアが、逆風をもろともせず左翼席へ2ラン・・・。これで試合は決した。

 実は、はじめて新庄が野球をするのを(じっくりと)生で見たのだが(日米野球とか、オールスターでは見たが)。フライを捕って、客席にボールを放り投げる仕草、そしてセンターからベンチへの全力疾走・・・。いい奴じゃん。
 そして、北海道に移転したことにより、北海道日本ハムの応援も多少変化。ヒットを打てば、今までのテーマが、今年からは「トライダーG7」。で、点が入ると、今までは「おなかがすいたら、シャウエッセン」だったのが、「おーい北海道」。
*おーい北海道といえば、仙台二高・一高硬式野球定期戦にて、俺が学生の頃(1988-91年くらい)、なぜか一高OBが試合終了後に、何かにつけてこの歌を歌ってたっけ。

 というわけで、さっさと帰宅。で、帰りに受付に寄ってみたら・・・さっきの忘れた弁当、届いてたよ・・・。海浜幕張駅で、電車待ちの間に食べたのであった。

ピンバッヂ:諸積



2004年04月06日(火) 李承がホームラン打つたびにカツ丼を食うスレ

 今日は会社の歓送迎会。

 2chのNPB板で、こんなスレハケーン。

 というわけで、日曜日の1号については、日曜の夕食。千葉駅にて。
 昨日の2号については、家に帰る途中に、オリジン弁当のカツ丼。

 ・・・ということは、逆説すれば、(少なくともシーズン中は)李承(イ・スンヨプ)がホームランを打たない限り、カツ丼は食べることができない、ということになる・・・。



2004年04月05日(月) 選抜高校野球閉幕・・・。

 というわけで、選抜高校野球が昨日(4/4)閉幕。

 史上初!東北勢が4校出場&3校ベスト8に進出だったのだが・・・
 秋田商、東海大山形、そして南光(=東北)ともに枕を並べて討ち死に・・・。

 さて、今年の夏の宮城大会。南光と逆ゾーンになることを祈るのみ、か。

<参考>
 ダルビッシュ応援サイト
 メガネッシュ応援サイト
 で、ウネッシュ!のサイトはこちら。って、そりゃ、チョーヤのウメッシュ!やん。

 そう、準々決勝。なんであそこでメガネッシュに代えて、ダルビッシュ、ではなく、ウネッシュ!を使わなかったのかな、と。

 というわけで、アマチュア野球もシーズンインですか・・・。



2004年04月04日(日) 鹿島 3−2 名古屋

 当初の予定では、土曜仙スタ→鈍行でいわきか水戸泊→カシマを回って帰る予定だったが、結局仙スタには行かずじまいで、昨日は自宅泊。今日はどうしようかと思ったが、やっぱり18きっぷ消費のため、カシマスタジアムへ。

 このカードでカシマスタジアムに行くのは、97年の韓日戦の日に行われたナビスコ盃準決勝以来(鹿島1−0名古屋)以来で、改装後は初めてだったのだが、・・・アウェイゴール裏の売店が、あんなにすかすかなんて・・・(でも、場内一周できないのは変わらずなので、やはり入場前に食料補充していて正解、と)。しかも、カシマの1Fは屋根がほとんどかかっていないので、一番上段の、雨のかからないところにかろうじて席を確保し、またーり見ていたが、・・・風が強すぎ。寒い。

 ちなみに、雨降ってるせいか?磯はビッグフラッグ&大旗(振るやつ)なし。

 というわけで記録。

◎第12回J1ファーストステージ第3節2日目 2004年4月4日(日)15時4分 茨城県立カシマサッカースタジアム 雨 6.4℃ 主審;柏原丈二 観衆:18,781人

鹿島 3(1−1)2 名古屋
    (2−1)
【得点】40分(鹿島) 小笠原(FK)
    44分(名古屋)マルケス
    54分(鹿島) 本山
    66分(鹿島) 金古
    77分(名古屋)ウェズレィ

【警告】(鹿島) 22熊谷、44小笠原、75大岩、76新井場
    (名古屋)20大森、23滝澤、38マルケス、52角田、64,76古賀

【退場】(名古屋)76古賀(警告2)

【シュート数】鹿島12−名古屋13

 ・・・というわけで、寒かったので試合はほとんど覚えてない。
 この試合の注目は、やはり鹿島から名古屋に移籍した秋田豊だが、予想通り?秋田には鹿島サポから盛大なブーイング。
 個人的にはテル岩本を期待したが、怪我?で別メニュー調整とのことで、遠征には帯同せず、とのこと。

 先制は小笠原のFK,ゴール前で誰かがヘッドで競り合う、と思ったらそのままゴール。で、同点弾は中村直志が走り込み、マルケスが滑り込んで決める。
 2点目の本山のゴールは、・・・ゴール前で風にあおられた?秋田とかぶったのか。3点目は右FKから金古のヘッドが決まったところで、席を立つ。目標は、カシマサッカースタジアム駅16時44分発、鹿島神宮行き。駅で電車(というか気動車)を待っているときに、場内アナウンスでピチブーのゴールを聞いた。(当然?古賀の退場は見ていないわけだが)で、鹿島神宮駅で気が付いた。・・・結局、鹿島神宮から千葉方面に行くJRが17時44分発?なので、その後の電車で来ても同じだったということ。
 そしてもう一つは、・・・来るときに鹿島神宮駅で1200円で買った折りたたみ傘、客席に忘れた・・・。



2004年04月03日(土) 草津 4−2 本田

 当初予定では、朝6時20分くらい本八幡発で、仙スタまで鈍行で行こうと思ってたのだが・・・寝坊のためパス。18きっぷがまだ残っているので、消費がてら前橋へ。
 前橋陸上ははじめて行ったのだが、・・・ビジョンが立派。ただ、動画とか写真関係は表示できないのか?

○第6回JFL第二節 2004年4月3日(土)13時 群馬県立敷島公園陸上競技場 晴 主審:河合英治 観衆:11,935人(現JFLレコード)

草津 4(2−0)2 Honda
    (2−2)

【得点】13分(草津)小田島 (山口→)
    32分(草津)フラビオ(後藤左CK→)
    62分(草津)フラビオ(佐藤→)
    76分(草津)山口  (佐藤→)
    89分(本田)古橋
    89分(本田)古橋

【ザスパ草津】GK22小島 DF25加藤、3小田島、17小川 MF7佐田、6鳥居塚、28山口貴之(→80分MF20生方)、8小久保(→68分MF15山崎)、11後藤(→57分FW14佐藤正美)FW9フラビオ SUB;GK1北、DF2籾谷 総監督:植木繁晴

【Honda FC】GK12中村 DF2川、4安部、6向島 MF25岩渕(→HTMF24柴田)、5川島、15吉村、19宇留野、9新田(→68分MF8里見)、10古橋 FW11鈴木 SUB:GK1川口、DF23渡辺、FW22竹谷 監督:安間貴義

【警告】(草津)22分フラビオ(Honda)30分宇留野

 好天にも恵まれ、たくさんの観客が集まる。最初は、メインスタンド&両ゴール裏のみの開放。なぜにバックスタンド(芝席)を開放しないんだ?と思ったら、前半途中から開放した模様。草津サポはメインスタンドのホーム寄り。かなりの人数。本田サポはアウェイ側ゴール裏、上下に貼りまくった横断幕がさすがに本田。
 試合開始前のセレモニーでは、衆議院議員・ザスパサポータークラブ特別会員小渕優子(小倉優子ではない)のメッセージが読まれ、激励の挨拶をしたのが荻原次晴(草津町出身)!荻原の挨拶の中で、「夢は日本のクラブ代表として世界へ」。
 立ち上がり5分は風上に立った本田ペースだが、徐々に草津がゲームを支配。前半13分、山口のクロスに最後は小田島で先制!さらに32分、後藤の左CKからフラビオが足で併せて2点目!!
 後半になっても草津の攻勢は続き、フラビオが62分に3−0となるゴール。俺の個人的な注目は、急遽入団の決まった山口貴之(元ブランメル仙台)だが、その山口が4点目のミドルを豪快に決める!
 でも、ゲーム内容としては、4点差のつくような試合ではなかった、と思う。本田も攻めるし、チャンスも作る。しかしフィニッシュがGK小島の正面(小島のポジショニングの妙?)、もしくは枠を外す・・・。しかし本田サポの応援はやまず、その結果として、(チーム自体が諦める動きをしてなかったこともあるが)ロスタイムの混戦から2点取った、んだろう。

 ・・・で、3週間前に、4点取られて応援試合途中でやめたチームの今日の結果は・・・2−1で川崎Fに勝利!やっとJ2開幕。



2004年04月02日(金) 千葉 5−4 福岡

 会社を15時で上がって、病院寄って、マリン着いたのが、ちょうど試合開始すぎ。なんとか右翼席前列に場所をキープ。おかげで、人文字?見ることはできなかったが。

○プロ野球パシフィックリーグ 2004年4月2日(金)18時
千葉マリンスタジアム 晴 観衆25,000人

福岡 200 100 001=4
千葉 040 000 001x=5
(勝)小林雅英(負)河野(本)井口3号2ラン(1回、清水直)城島2号(9回、小林)

 立ち上がり、直行は井口に先制HRを浴びるが、その後はなんとか8回まで投げきる。一方、千葉は福岡の公式戦初登板・左腕グーリンを攻めて、2回に4点!しかしその後は捕らえきれずに9回へ。

 9回表、満を持してのコバマサ投入。しかし・・・城島・・・。
 そして9回裏。先頭の渡辺正人が中前打で出塁すると、諸積が送り。里崎敬遠で一死一、二塁。立川に代えての代打初芝!初代チャンステーマが響く(しかしチャンステーマでなんでみんなタオル回すんだ?!)中、河野の初球は・・・手首へのデッドボール・・・。小坂はショートフライで、そして波留・・・カウント2−3から・・・ボール!サヨナラ四球!!

 ヒーローインタビューはボビー(ピンバッヂも)。

 その他。
・今日の団体:ハナツアー・李スンヨプ応援団
・今日のチアガール:韓国直輸入のチア8名。なかなかセクシーだった(謎)。
*(4/3追記)オービック・シーガルスチアだったそうだ。リリースはこちら。

・今日の吹奏楽部:習志野高校。2回から右翼席に来て、福浦(習志野高出身)の打席で習志野高のコンバットマーチを吹いたり、各種小品を吹いたり。
・今日のバス:帰りのバス、いつもの海浜幕張行きと幕張本郷行きの場所が入れ替わってた。



2004年04月01日(木) さて、13年目の幕開け。

 だからといって、特に何か大きなことがあるわけでもなく。
 しいて挙げれば、歯医者に行ったくらいかな。
 あとは、業務委託で新しい人が来た、くらいか。


 世間的に変わったこと。

・ラジオたんぱが、日経ラジオへ。
・営団地下鉄が、東京メトロへ。
・消費税が、内税方式表示へ。




 さて、明日はマリン開幕戦。雨が心配だ・・・。


○プロ野球パシフィックリーグ第二節
千葉ロッテマリーンズvs福岡ダイエーホークス 1回戦
2004年4月2日(金)18時 千葉マリンスタジアム

*予告先発投手
【千葉ロッテ】 清水 直行
【福岡ダイエー】L.グーリン

*テレビ中継 千葉テレビ 18:10〜


 < 過去  INDEX  未来 >


KAMMY [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加
エンピツユニオン