堀井On-Line



7613,閑話小題 〜生(生)の人生 ―ぁ‖膤日

2021年12月31日(金)

   * つれづれに日々、平穏に大晦日…  
 ◉ 東京の繁華街には、銀座と、新宿歌舞伎町。新橋駅前の飲食群がある。
 横浜には中華街の古き良き横浜を象徴する繁華街として明治初期から
140年以上の伝統を持つ「伊勢佐木町」。港の風を感じるエキゾチックな
雰囲気と、明治・大正以来のレトロな老舗店が...そして、大衆的な「繁華街
野毛小路の歓楽街 がある。 ところが、このコロナ禍で、客足がピッタリと
途絶え存続の危機にある。年の瀬の30日の昼に、この両者の飲食街をNHKの
ドキュメントがあったが、両者とも二度目、三度目の続編。このコロナ禍の
厳しい詳細のレポートであった。治まることもない、現実社会の取締まりの
締付けと、個々の商店主の悩み、そのものをリアルに映し出していた。

 ◉ さて、今日は大晦日…比較的平穏と思いきや、この数日で、バタバタと
身近な不幸が発生した。時代の成せる業だろうが、無事平穏そのことが、奇蹟
に近いコトを改めて知ることになった。 台湾海峡が何やら火種のような… 
ロシアのプーチン、北朝鮮の金様が、このコロナ禍で、経済が変調の兆しから、
不安定の様相。キナ臭い、動きが一斉に表出している。
 不安は、足元がグラつく時に発生する心理状態。そこには、怒りを伴う。
これが、戦争の切っ掛けになることが多い。 プーチンにより、創作された
トランプがつくり上げた不安定が、このパンデミックで、拡幅したといっても
言い過ぎでない。目先の権力維持のためには、数千万、数億の死者も、問題で
ないのが、この世の恐ろしいところ。

 ◉ 今年も、あと数時間で終わるが、身近では二度のワクチン接種以外に、
さしたるイベントがなかった。無事にトランプ政権を見送り、大谷翔平の
二刀流フィーバーがあり、東京オリンピックも盛上ることなく終わった。
今年も、こんなもので終わったということ! 少し気がかりなことは物忘れが
大きくなったっこと。…ストレスは、ある程度は必要な機能でもある。
淡々と日々が飛ぶように過ぎることも、問題ありですか。

・・・・・・
7257,閑話小題 〜大晦日
2020年12月31日
    * 大ごとだった一年
 ◉ 100年に一度のパンデミックが、現実に地球上で発生した! 
 世界が思いの外に楽観的なのは、直近のの百年前にあった為か、身近まで
きている実感が少ないためか… 行き付けだった飲食店主の困り果てた顔を
みてないためか。 
 …リタイア後から10年近く通ったスポーツ・ジムも、最近、回復しつつ
あったが、それでも4分の1まで会員が減っている。 感染を考えると危ない
感がする。 長期的に考えると、ここで‘休会すべき’なのだろう!
現時点の国内外の感染者を調べると…
【  世界では…<感染者が8158万人 死者178万人(30日/現在)
 国内では感染が確認さのは、空港の検疫などを含め22万7385人、クルーズ船
の乗客・乗員が712人で、合わせて22万8097人となっています。亡くなった人は
国内で感染した人が3384人、クルーズ船の乗船が13人を合わせ3397人です。】
 ―
 世界平均からみて国内の感染者が異常に少ないファクターは、元もとマスク
文化があったことに加えて、家庭内でのスリッパ文化と、飲食店では、まず
御絞りの手拭き習慣など健康に関して異常なくらい清潔好き。世界総人口
が70億人と比例すると、2%弱が死亡していると、単純計算として1億3千万×
0・02=26万人となり3400人は異常に少ない死者で収まっている。
リタイアから10年経過したが、このパンデミックには驚きざるをえない。
大型倒産のニュースも見当たらないで、静かに潜行しているが、中小は、
この正月明けが一つの大山が来そうである… 
 ―― 
    * トランプ大統領の敗退…
 ◉ パンデミックの中、トランプ米国大統領がバイデン候補に敗退した!
 当然の結果だが、来年、彼の4年間の失策の総括が行われるが、何が出て
くるやら! 白人第一主義の政策を果敢に実行の段差が大! としても、
酷いザマである。この500年の歴史は、白人による世界戦略のプロセス! 
それは本音で、たて前は、<自由、平等、博愛> 。社会は、その真逆!
それ故に優性遺伝で… それら事態をYouTuberが、映像投稿をしている。
これらを見るにつれ、私たちは、多々ある情報を編集された上で、誘導されて
きた現実に気づくことになる。
 ――
    * 大晦日の、総括
 今年は、パンデミックと、トランプの敗退が、メインだった!
リタイアの身分なればこそ、他人事として鳥瞰していられるが、現役なら、
夜も眠れない日々を過ごしていただろうに! アメリカ、英国、フランス、
イタリア、スペイン、ブラジルなどの惨状をみるにつか身震いをする。
・個人では… 二度の事前研修で心配していた免許証書換を無事終えたこと!
 夜の外食と、市外から一歩も出なかったこと。 
・9月に自転車の転倒で、眼の下を2・5僂曚廟擇辰董▲櫂織螢鵐阿鮟媽茲泙
 中止したこと。 あとは無事平穏の日々。 
何といっても… パンデミックの影響が大!

 良い お年を! 

 ・・・・・・
2019年12月31日(火)
6865,閑話小題 〜大晦日ですか!

   * 大晦日は
 今朝は2時に目が醒め、大晦日の朝なら、良いだろうと3時から、
これを書き加えている。次から次へと様々な想念が浮かんでくるから、
面白い。大晦日の過去の文章が、駆り立てていることもあるが…
 今年は国内も、世界も比較的安定していた。ニュースといえば、
何といっても「平成」から「令和」に改元したこと。
消費税率が10%にアップ。東日本で台風大雨被害が続き、韓国と徴用工問題で、
ギクシャク。 北朝鮮への締付けが効いているようで、以前に後戻り?の様相。

 2013年から去年までの晦日の文章には、年度末の総括もあり、味がある。
今年は平成天皇の退位で、「令和」に年号が変わった。
 ネットでみると…
【1位】天皇陛下が即位。「令和」に改元
【2位】ラグビーW杯日本大会開幕、日本8強
【3位】京都アニメーション放火、36人死亡
【4位】消費税率10%スタート
【5位】東日本で台風大雨被害、死者相次ぐ
【6位】ノーベル化学賞に吉野彰氏
【7位】沖縄・首里城が焼失
【8位】ゴルフ・渋野日向子が全英女子優勝
【9位】マリナーズ・イチローが引退表明
【10位】徴用工問題で日韓関係悪化
 ―――
 ▼ 過去5年トップ3をみると

◉ 2018年
《1》平昌五輪で日本は冬季最多13メダル。フィギュア・羽生結弦は連覇
《2》西日本豪雨、死者220人超
《3》日大アメフト部選手が危険タックル。スポーツ界で不祥事相次ぐ

◉ 2017年
《1》14歳棋士、藤井四段が29連勝の新記録
《2》天皇退位特例法が成立。19年4月末退位、5月改元へ
《3》横綱日馬富士が暴行問題で引退

◉ 2016年
《1》熊本地震、死者50人
《2》東京都知事に小池百合子氏。築地市場の豊洲移転延期、五輪施設計画見直し
《3》リオ五輪、史上最多のメダル41個

◉ 2015年
《1》ノーベル賞に大村、梶田両氏
《2》ラグビーW杯、日本は3勝の歴史的快挙
《3》「イスラム国」が日本人2人を拘束、殺害映像を公開

◉ 2014年
《1》御嶽山噴火で死者57人、行方不明者6人
《2》消費税8%スタート
《3》ノーベル物理学賞に青色LED開発の赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏
 ―――
 ―――
● 昭和と平成の境目の世相をみると…
  平成元年(1989年)10大ニュース
  【日本】
(1)昭和天皇崩御、平成スタート
(2)消費税スタート
(3)幼女誘拐殺人犯を逮捕
(4)美空ひばりさん死去
(5)参院選で与野党逆転、宇野内閣退陣
(6)リクルート事件でリ社前会長逮捕
(7)礼宮さまご婚約
(8)竹ヤブから2億円
(9)巨人、8年ぶり日本一
(10)海部新政権が発足
  【海外】
(1)天安門「血の日曜日」
(2)「ベルリンの壁」崩壊
(3)米、ブッシュ政権発足
(4)サンフランシスコ大地震
(5)米ソ首脳会談、冷戦終結宣言
(6)東欧、激動の民主化
(7)ソ連軍、アフガンから撤退
(8)ボイジャー、海王星に最接近
(9)中ソ、30年ぶり正常化
(10)ホメイニ師死去
新語部門「セクシャル・ハラスメント」、
流行語部門「オバタリアン」
▽ヒット曲「DIAMONDS」=プリンセス・プリンセス
―――
―――
  * 2018年の晦日の感想
バブル景気の最後の年!この後日本は…景気低迷期に入り今日に至る!
 私の年齢が42歳。厄年から一年経った年で、時代と共に絶頂期。バブルに
泳ぎ(〜10年)、溺れ(10年)、流された(10年)。絵に描いたような時代に
流された30年。何にも分かっちゃいないのに、我ながら分かったような口調。
共産圏の消滅と、中国の台頭、ネット社会が現実社会を覆ってしまった情報化
社会の到来と、日米の経済力の陰りが、世界のバランスを根本から変えようと
している。AI化、ネット化による社会構造の変化に、人類が翻弄されて、動揺
を始めて収拾がつかないのが現実。それにしても、私も、周辺も、この30年で
大変わりしてしまった。 もしかして、一番、変わったのは私かも?
 その変化の激しさと現象が、SF映画のようで面白い! 
世界の一般層がスマートフォンを持ち、ドローンが普及を始めて、空からの
映像を際限なく映し出し、投稿映像が直に手元の送られてくる。情報弱者と
強者の狭間にいればこそ見えてくる現実がある。年齢からして、一年一年だが、
その濃度は高まるばかり。今年も「有難い」ことに、実に良い年であった!
< 門松は冥土の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし 一休 >
                    良い御年をお迎えください! 
―――
▼ 〜2019年/晦日の早朝・記〜
 今年は、自分の年齢からくる「老い」を実感した歳になる。来年は、より
この実感の濃度が濃くなっていくのだろうが、その老いの哀しさ、醜さを周囲に
まき散らすことに注意しないと。70歳半ばは、間違いなく下り坂。
日野正平のチャリ番組じゃないが… 〈下り坂、最高!>じゃなくて、
〈下り坂、最低!〉を実感する年代に入った。
 
過去文を晦日に読み返すと、日々を物語として書き残す意義を実感する。
猿と人間の区切りが、アタリ曰く… 『物語にする能力』。それには、
質・量があるから、習慣の力を借りてはいるが、それにしても、何じゃい、
このザマである。来年は、大統領選と、東京オリンピックと、朝鮮半島を
軸に動くのだろうが… 中東も、トルコ、イランにも火の手が上がる可能性
が充分にある。

 シネマは、41回。月に一回あたり、行かなかったことになる。
これまで数年来、無かったこと。けっこう、今年も当たり年。
 90点以上の評価は、
『男はつらいよ』『イエスタディ』『エンド・オフ・ステイト』『ジョーカー』
『ジェミニマン』『ジョン・ウィック』『ロケット・マン』『ゴジラ』
『アルキメディスの大戦』『Xman/ ダークフェニックス』『空母いぶき』
『アベンジャー』『キャプテン・マーベル』『スパイダーマン』『アリータ』
『マイル22』など、三分の一が、当り! 残りが85点。80,70点の外れが二つ。
ならば、通うはずだ。

 TVドラマ、ドキュメントも大当りが多かった。
『家についていっていいですか?』の番組で、
<男女の双子が、それと知らずに恋愛し、それを知った相手が自殺>
には驚いた。それと、東京都下の祭りのオジイチャンの話が、これまた…
離婚後二ヵ月、欧州の街を流離っていて、前から歩いてきた女が、別れた
女房。その男の生き様が小説そのもの。
邦モノの刑事モノも面白いのが多かった。私など、実家に居座り、生地に
馴染めず、罵詈雑言。何なら出て行けば良いものを… 住めば都と決め込んで、
悪ぶっているだけ。でも、それを木の上で、鳥瞰して、地表の己を冷笑して
いる我が身を楽しんでいるあり様。これも、19年近く、物語を書き続けてきた
御蔭? 自傷そのもの? さて、30分ぐらい、一寝入り! 良い御年を!
 
・・・・・・
2017年12月31日(日)
6136,閑話小題 〜今年の総括 −2
 今日の楽しみの一つが、過去の大晦日の感慨を改めて味わうこと。
晦日は、何やしら、死の匂いがする。確かに、この年に生きていたのである。
そして、生きてきたのである。笑い、泣いて、怒って、感動し、感激し、
感謝もしてきた。辛いこともあるが、その数倍、楽しいことがあった。
 過去文を読返し、何か筆力が、落ちたようだが… 響きは落ちてない?
読返し、思うことは、真面目ということ。それと頭が固い。もう少し、
気を抜いたらと… アウトサイダーを標榜しているとはいえ、読返すと、
『悪ぶって、真面目くさって!』と、声をかけたくなるよ。これじゃ!
 ―
   * 読書偏
 今年も、大晦日になった。図書館の借入レシートを「ダイアリー」の最後尾の
ページに貼りつけているが、改めて見直すと、あまり大した本が見当たらない。
『哲学』系や、『人生論』系の「生老病死」「ポジティブ心理学」「幸福」の論
とか、『社会学』系の人間論などが多い。それを、ここで『読書日記』で書いて
きた。老い先が短く感じると、短絡的に陥るのは仕方がないが…
「何か記憶に残るような新たなチャレンジとか、出来事は?」と省みても何も
思い浮かばない。人生は何歳になっても、その時節は初体験である。成るほど、
老いるということは、こういうことかと!
 ―
   * 今年の「随想日記」の総括
 16年8ヶ月の間に、5分遅れで間に合わなかった一回を除いて休んむことなく
書き続けてきた。旅行中は息子や知人に頼んで、HP内コーナーに予めて書込み、
日ごとに、アップをして貰っていた。数ヵ月に一度ぐらい、スランプに陥るが、
その時ほど、内容が良くなる経験則を思いだし乗越えてきた。今年も、何とか
続けてきた。『何事も魂を込めて一万回続けると、プロの領域に入る』という
法則があるが… その割にはアップスケールは全くない。 
 この連載も、6千回×2〜3時間=12000〜18000時間も投入してきたので、もう
少し自信をもってエネルギーを増やしたところ、ビュアーが5割ほど増えてきた。
後半の文章に捻りに入ることが多いが、これは、何度か書きかえている過程で、
自然発生する捻りであある。いくら捻ねた性格もあったとしても、元から意図
しては書けはしない。1〜2ヶ月に一度位は、私として出来の良い内容があるが、
ビュアー数が、二倍に正直に跳ね上がる。 知人のビュアーを想定して、
「この内容で納得すのだろうか?」を自問自答するのが、エネルギー源になる。
 ―
   * 大晦日に
 12月〜3月の冬期間を除く「早朝のチャリ散歩(ポタリング)と、週・5回の
スポーツジム通いが現在の私の命綱になっている。精神面では、この書き込みと、
ネットサーフィンと、TVの映画とドラマとスポーツ観賞と、週一のシネマ館通い
が支柱になっている。 要するに「木」という己を塀で囲んで門内に異物を極力
入れないようにして、日々を一杯いっぱい楽しむのが日課で今年も過ぎた。
それでも、時々、異物が闖入してくるが、その都度、丁寧に除外する。
 成るほど、夕暮れ時から、黄昏時から見る人生の風景も悪くはないが…
漆黒の闇が、年々、深く覆い被ろうとしているが… 平穏無事だったから、
これで良しとしなければ。 満足度、充実度は「80点」というところ。

戦う時には戦わなくてはならないが… やはり戦争は避けるべきと、真に思う!
 一年間のご静聴? まことに有難うございました。 良いお年を!

・・・・・・
2015年12月31日
5404,大晦日 つれづれに

☆ 大晦日には、この総括を書き上げることと、過去の総括分を読み返すこと
 が楽しみである。時流からして政治、経済の見通しは暗く、自分自身に甘く、
明るい? としても、実態を凝視すると、重苦しい潮流に押流されている。
やはり、ISによる世界規模の爆弾テロと、シリアを中心としたアラブ難民の
欧州への大量流入問題がある。北朝鮮の政治混乱が生じれば、難民は日本にも
殺到してくる可能性がある。遅かれ早かれ日本でもISに感化されたテロが
起きる可能性がある。更に懸念されるのが、欧州、中国、経済後進国の経済破綻
危機である。時局は年々、世界的右傾化と、一強多弱の傾向が顕著になっている。
 ギリシャや、中国経済の破綻をキッカケとした株価暴落で、隠されている
世界恐慌が一挙に表立ち、身近の貧困問題が出てくる。世界的経済格差が、
そのまま、身辺の格差に繋がってくる。 
「日本にとって、今年が最後の平和の年だった!」 と、言われないことを
祈るばかりである。
☆ 個人的には、年初の1月15日に「古希」を向かえた。そして半月後に、
 自分が70歳になる。その実感がないのが、偽らざる気持ちである。
若い頃みた老人の印象は、地味で暗い顔をした大爺で、何時の間にか
消えていった。 今では誰が先か後の問題でしかない。母から聞いた話で、
90歳過ぎの伯母が寝たきりになったので、挨拶に行くと、正座で、
『老いるとは無念なことじゃ!』と、悲しそうな顔で言ったという。
長生きすれば良いことばかりでない、むしろ嫌なことが多いはず。
で、今年の総括は、充実感は90%、満足感は80%、日々是好日度は80%。 
読書も、映画も、TVドラマも、運動も、美味い酒も、満足度80点。 
 これに加えた過去の文章が、晦日の私の気持ちになる。 良い年を! 


7612,閑話小題 〜生(なま)モノの人生… 〜

2021年12月30日(木)

閑話小題 〜生(なま)モノの人生… 〜

   * 売上が激減した店では
 女性店主と思しき女性が、淡々と仕込みと開店準備をしているが、
パンデミックが始まり二年近くにもなり、手際が良い。これまでの10倍は、
本人の肩に覆い被さっているのだろうが、それを感じさせない。フリーランスの
仕事は、基本的に誰も手助けをしてくれない。旦那が居ないものかと思いきや、
アッサリと、『鳥かわを付けないのは旦那が嫌がったため』と宣う。
ならば「開店まで」外に働きに出ている? のか、亡くなったか…
世界の飲食業は、この事態に、ある決断を迫られているのだろう。
「或る日、突然に劇的なワクチンが出来て、嘘だったように日常が戻ってくる。」
と淡い期待をして… 政府は、何とか経済を安定させたいため、期待を込めた
見通しを出しざるをえない。
 
 今年も迷ったあげく、家内が「御節」を予約注文を入れると、何かしら
涙ぐんでいたみたいで、<有難うございました!>が…切実に聞こえたと宣う。
現実に連日、客が来なければ、年末の御節は命綱になる。
 政府にとって、ワクチンは、近々の課題になる。まずは、人件費をカットし、
店では<感染を出さない>を徹底し… あとは、運を天に任せるしかない。
一度、問題が発生すると、建て直しにドエライ、エネルギーを要することを
彼らは経験上、知り尽くしている。人間のエネルギーは、土壇場では湧き上って
くるもの。何処かの大学で創業学というのが有るそうな。その基本は、土壇場の
馬鹿力に頼るしかない。以下の、去年分の『幸せ』への呪文の中の、幸せの呪文。
『幸せ』を『創造』に置換えることが可能かと… 
ただし、準備、準備、準備を重ねて計画を練り込んだ上になる。

・・・・・・
7256,読書日記 〜『幸せ』への呪文 〜2
2020年12月30日(水)
  〜ネット検索で、以下のような一文が出てきた…
≪ 幸せに影響する要素はたくさんありますが、
  おもにわたしが「幸せの4つの因子」と呼ぶものを伸ばすといい。
  屬笋辰討澆茲Α廾子 
 ◆屬△蠅とう」因子
 「なんとかなる」因子
 ぁ屬△蠅里泙泙法廾子

,痢屬笋辰討澆茲Α廾子は、「主体性」にかかわる因子です
 「夢」「目標」や「やり甲斐」を持ち、それを実現しようと努力し成長
 していくことが人の幸福感を高めます。ここでいう自己実現は、競争ではなく、
それぞれが多様な夢の実現を目指すことだとか。「地球上の人類、七十億人が、
七十億通りのやり方で、小さくてもいいから自分らしさを見つけ、その七十億分
の一の個性を活かして、社会の中で自分らしく生きていくようなあり方」。

◆ 屬△蠅とう!」因子(つながりと感謝の因子)
 人と一緒に楽しんだり愛情に満ちた関係を築くこと、人に喜ばれること、
親切な行為をすることなどによって私たちは幸せを感じます。人間は社会的な
生き物ですから、他人や社会とどういうつながりを持つかがその人の幸福感に
大きな影響を与えるのは間違いありません。

 「なんとかなる!」因子(前向きと楽観の因子)
 自己肯定感が高く、ポジティブでいられることは、やはり幸せにつながります。
「何か悪いことが起きたらどうしよう?」とか「どうせ私なんて」と考えるの
ではなく、「きっと何とかなる!」と考えるようにた方が幸せだということです。
ポジティブ思考やネガティブ思考は、ただ単に考え方の癖であり、持って生まれた
ものではありません。つまり、誰でもちょっとうまく意識を変えることができれば
ポジティブ思考に生まれ変わることができるということです。

ぁ 屬△覆燭蕕靴!」因子(独立とマイペースの因子)
 他人と比較せず自分らしくやっていける人は、そうでない人よりも幸福だと
いいます。人はすぐに他人と比べてしまいますが、それはあまり幸せには結び
つかないというわけです。
私たちはついつい他人と比較することで安心感を得ようとしてしまいます。
しかし、そうしてばかりいると常に他人の目が気になるようになってしまいます。
人の目を過度に気にして生きるのがどれだけ息苦しいかは改めて言う必要ない。
自分をしっかり持ち、マイペースに人生を歩めるようになることが幸せに生きる
要因の一つだと覚えておきましょう。
 
  ‘まとめ’ 〜幸せになるための呪文〜
これらの4つの要素を満たしていくことが幸せにつながるということでした。
さて、これらを見て何かに気づいたでしょうか?
 これら4つの要素はすべて心構えのようなもので、その気になれば誰でも手に
入れられるものだということです。つまりこうした考え方が持てるかどうかが
幸せを決めるカギになるのであって、「お金」や「地位」や「美貌」などを手に
入れても、それだけでは長続きする幸せには手に入らないというわけです。

ここで見てきた「幸せの4因子」、
幸せになるための呪文として覚えておきましょう。
「ありがとう!」
「やってみよう!」
「私らしく!」
「何とかなる!」   ≫
 ―
▼ 「感謝」「積極」「いま、ここ、わたし」「楽観」になる。 
 これを意識 するか如何かで、長年かけると雲泥の差が出てくる。その結果が、
ヘドロ化か、精粋世界の住人になるかの分岐点になる。 楽しみ方一つで、何も
かもが変ってくる。ライフワークとして、10〜50年の土台づくりが必要になる。
あと10数日で後期高齢者に相成るが、これは厳しそうだ。ただ一日一日が面白い
ことで満ちている。その大部分が、読書と、録りだめのブルーレイと、YouTubeを
通してだが、それが新鮮に感じられ刺激的である。これを書き続けている効用も
あるのだろう。

・・・・・・
6864,閑話小題 〜辛いけど、正視しておかないと!
2019年12月30日(月)
            <NHKスペシャル『彼女は安楽死を選んだ』>
   * 目さえ叛けなければ… 死の問題は…! 
 録画をしていたNHKスペシャルを半年ふりに見た。
スイスの療養所で、死にいく瞬間を、医師と看護師、そして2人の姉妹が
見届ける瞬間は神神しくて、私も涙が溢れ出ていた。後日、火葬されて川に
遺骨が流されたと… 最後に猛毒を点滴のセンを捻るのは当人…。その瞬間が、
淡々と映し出されていた。
 もう一人の女性は、家族との温みを感じたい… 胃婁でも何でもして生きたい
と延命を選んだが、何やら後ろめたい表情が本人に感じたのは私だけ?
明日は我が身なるが故に、尚のこと直視しておかなければならない問題。
<死ぬ時ぐらいは楽々と逝かせれや!>が、私の見終わった感想。
   〜内容といえば…
《◉ 3年前に、体の機能が失われる神経難病と診断されたAさん。歩行や会話
 が困難となり、医師からは「やがて胃瘻と人工呼吸器が必要になる」と宣告。
その後、「人生の終わりは、意思を伝えられるうちに、自らの意思で決めたい」
と、スイスの安楽死団体に登録した。 安楽死に至るまでの日々、葛藤し続けた
のが家族。自殺未遂を繰り返す本人から、「安楽死が唯一の希望の光」だと
聞かされた家族は、「このままでは最も不幸な最期になる」と考え、自問自答
しながら選択に寄り添わざるを得なくなった。そして、生と死を巡る対話を
続け、スイスでの最期の瞬間に立ち会った。 》
 ―
▼ 生き方は選べるが、死に方は選べないのが世界の実情。その人がその人らしく
 人生を全うする安楽死は必要なのではないか。…見ているのが辛かったが、最後
まで当人が取り乱す様子を感じられなかったのは、そのまま延命措置を施しても、
『身の回りの事をやってもらって、ありがとうって言えなくなる気持ちがわかる?』
の言葉が決めて。 現在、安楽死を認めていているのはスイスだけ。だから自殺が
非公認で… 誰だって死にたくはないが、そうはいかないから問題。
もし逆に、死がなかったらどうなる? 私もあと二週間で前期高齢者の最終年に!
 余命、数ヵ月と宣言された瞬間が、いつ来るか? 覚悟をしているが、現実とも
なれば… 出来ることは、今日一日、充実して生きること。 
さて今日一日、何して楽しもうか。「死を考えることは、生を考えることになる。」
 
  経費は150〜200万! まさか、ツアーも組めないし!

以下のつながりある文章は、偶然です! だから死の問題は深いのです。
この彼女が弄ったのでは?

・・・・・・
2018年12月30日(日)
6499、つれづれに哲学 〜「1人称の死」と「2人称の死」の関係性
   * 「死」を通して家族の絆を考えてみる
 ギリシャ時代から『死』の問題が哲学されてきた。そして、その問題が目前
に現実問題として近づいてきた。【死】からみれば全てがカスリ傷でしかない。
だから直視して【生】を考えなければならない。死について、ギリシャの哲学者
エピクロス(B.C.3−4) の「快楽主義者」を思いたつ。「…われわれが現在する
ときには死は現在せず、死が現在する時にはわれわれは存在しないから。」と。
 それを人称を使ったのがジャンケレヴィッチである。
   〜ネット検索による内容とは〜
≪ 死の問題を考えるとき、フランスの哲学者であるジャンケレヴィッチの
 「死の人称」がよく引用されます。
ジャンケレヴィッチは、死を文法範疇の人称を使って三つに区分しました。
・「1人称の死」は(私)自分の死、
・「2人称の死」は(あなた)近親者の死、そして
・「3人称の死」は(それ以外)他人の死です。
日々、マスコミで信じられないような凶悪な殺人事件や海外でのテロ事件
などが報道されますが、これは私たちに直接関係のない「3人称の死」です。
  ♦ 1人称の死と2人称の死を、著書「死」の中で次のように述べる。
「父あるいは母の死は、ほとんど われわれの死であり ある意味では実際に
われわれ自身の死だ」(仲沢紀雄訳「死」 みみず書房)。すなわち、
「1人称の死」は自分の存在にかかわる悲劇的な出来事です。しかし、
「2人称の死」=最愛の人の死、これも「1人称の死」=自分自身の死と
同じくらいに私たちに大きな影響を与える重要な出来事なのです。
そして1人称の死と2人称の死は、重なり合っているのです。
  ♦ 2人称の死は、過去、現在、未来を失うこと
アメリカのユダヤ教の聖職者であるグロルマンも「2人称の死」の重要性を
次のように述べています。
「愛児を失うと、親は人生の希望を奪われる/配偶者が亡くなると、
 ともに生きていくべき現在を失う/親が亡くなると、人は過去を失う」
     (日野原重明・松田敬一訳「愛する人を亡くした時」春秋社)。
2人称である親、配偶者、愛児を失うことは、1人称の自分自身にとっても
人生の過去、現在、未来を失うのと同じだと言うのです。
 ♦ 儒教は生命の連続を説く
西洋思想に対して、東洋思想を見てみましょう。中国おける儒教の経典「礼記」
では、『身は父母の遺体なり』(加地伸行「沈黙の宗教 儒教」筑摩書房)と
述べられています。「遺体」という言葉は、「死体」という意味ではありません。
親が遺した体、すなわち私たち自身の体を遺体と言うのです。
ですから儒教は、親から子どもへと『生命の連続』を説いているわけです。
  ♦ 「1・5人称」の関係性が大切です
避けられない死という現実を通して、1人称(私)と2人称(あなた)との
関係性やコミュニケーションが大切です。人間という言葉が「人の間」と書く
ように1人称(私)と2人称(あなた)との間「1・5人称」の関係性が大切
ではないのでしょうか。そして「1・5人称」の関係性の根底には、「2人称」
(あなた=親)の「死」あとに「1人称」(私=子ども)の「生」があると
いう世代を超えた生命の連続があるのです。
親は、自分の「死」を意識することによって、子どもの将来を考える。
子どもは、親の「死」を意識することによって親に対する感謝の気持ちが
もてるのでしょう。 ≫

▼ 池田晶子が【死】について、女・青少年向けに噛み砕いた大元が、これ。
 エピクロスの<一人称の【死】は、存在しない>から、二人称、三人称に
発展させて、「1・5人称」として「親子の関係性の重要さを説いた。そこに、
連れ子の問題や、少子化や、母子家族の濃厚な関係性も出てくる。日本の10年先
を予測するに、ベルギー、ポルトガルの7割近い離婚率の問題がある。我々が
多く直面している家族の問題。これも当たり外れは、神のみぞ知る。今では、
コンビニやスーパーが近所にあり、弁当の配達システムがあり、一人称、二人称、
三人称の括りが曖昧になっている。これに下ネタのデリヘリまで… 
で、二人称の問題の定義そのものからして根底から崩れようとしている。
多神教の日本は、グローバル化の中で、家族を束ねる夫婦間の規律の崩壊に
まず直面している。携帯、パソコンで、様々な世界に、それぞれが繋がる。
それで、人称の境目を超えて錯乱しているのが、若者世代の現実ではないか。
「二人称、三人称の喪失問題」。これに薬物、アル中毒の精神疾患が絡みつく。
家族問題が、そのまま社会問題になっていく。
「はかない」いや、「儚い」いや、「墓ない」時代ですか! 
で、遺言の「現世の墓」としての参拝をと、これを書いています。
 『日々是口実』! 最期は、父の口癖、
「死んでしまえば、それまで! 生きている内、元気なうち。」
私は、「こんなものか、でも感謝、感激、感動は深く味わえて有難い!」
つれづれに哲学 〜人生の素晴らしさを堪能するの!
 


閑話小題 〜生(なま)モノの人生… 〜

2021年12月29日(水)

   * またまたYouTubeになるが…
 YouTubeに幾つか投稿されていた、料理店の厨房からみた開店前の仕込みと、
開店準備。 50坪以上の個人店舗で、店主と思われる料理人が、淡々と1人で
作業を進める。一昔前までは、そこに数人の従業員が手伝っていたと思われる。
開店直後のイメージをもってか、その動きに、余分な動きはない。小皿に
‘摘み’を盛りつけ、ラップで包み、配膳オボンに並べて…それを冷蔵庫に
納めていく。そして、店内の掃除とチェック。そこに店への予約電話が入り、
予約帳に書き足すこともなしに、作業が進む。御客がほゞ来ないことを知って
の事である。殺気だった緊張が続くが、ハッと気づくと料理は生モノばかリ。
手を抜いたら、馴染み客に気づかれる…苦行そのもの! Tvの取材は店頭、
店内、厨房の順だが、動画の目線は、その真逆が新鮮である。それも、飲食、
サービス業の現状が、そのまま、映し出している。

 11年前に、10年にわたる苦戦の結果、事業撤退を決意せざるを得なかった。
平然と表立ってはしているが…苦悩は日ごと逆に増していく。心がついては
いかない。そこで、心の変容をせざるを得なくなる。 
資本主義は…何もかもをお金で、換算させて、経済を動かすシステム。
一般的には、3億、30億、そして300億、3千億円が、区切り。300,3000億とも
なれば、二代、三代を要する。大小関わらず、そこには際物の要素が加わる。
どんなに順調でも、明日は吾身か、茹で上がった釜が口を空けて待っている。
基本はフリーランス! 誰も保証はしてくれないのは、現実が、そのままを
教えてくれる。

・・・・・・
7255,読書日記 〜『幸せ』への呪文 〜1
2020年12月29日(火)

 還暦を過ぎた頃から、過去を鳥瞰し…、
<何だったのだろう?>
<何をこんなに拘っていたのか・> 
<これで良かったのか?>など、考え直すことが多くなった。
 それまで「幸せ… など、いい歳をして何を今さら!」と、避けていたが、
21世紀に入った頃から、何かが変わってきた。 アメリカの心理学で「幸せ」
について真正面に取扱われてきた。ハーバード大学などの‘光輝いている一群
の人たちの要素についての研究’である。
 …それはハーバード大学の秀才の世界だけでなく、身近な知人でも、
幸せ傾向の一群と、不幸傾向の一群が分けられる。明るさ、温み、清潔、楽天、
知的か否か、孤独癖などが分類され加味される。一般的に、収入、連合いの質、
家系などの要素が微妙に絡み、人格を構成されている。 老いとは、それらが
劣化すること。 問題は、それらを自覚できるかどうか? コントロールが
可能かどうか…、老いるにつれ、暗い顔になり、話題は「自己正当化」と
「他人の粗探し」ばかり! その結果、ゾンビの群れの仲間入りに相成る。
そこは露払いのヘドロにとっての出番。感情の負の側面…怒り、哀しみ、妬み
が話題の主体化した群れに相成る。
 逆の口癖に『嬉しい』『楽しい』『幸せ』の言葉が自然に出てくれば良い。
私の知人の群の1人の口癖が、<そうあるべき>  <普通じゃない> 
<面白くない> <面倒くさい>の言葉の連発。 年数回のOB会が、これ!
 ノイローゼ気味な人に、「『般若心経』でも憶えたら、気が楽になるよ!」
と諭すと、「御経の呪文じゃ救われない!」と、まず拒否! ダメ、ダメ、ダメ
と心の門戸をシャットアウト! 娑婆の67%の奴隷層が、それだから、バランス
がとれるため、それはそれで! 
 ――
▼ 半世紀にわたる腰痛持ちもあり、腰が前屈みになりつつある昨今。最近は、
 鈍痛に、激痛の痺れが混在するようなってきた。杖つく老人は、痛みの緩和と
己が、その年齢になって初めて気づくあり様。そして、壮年までの元気だった
来し仕方を懐かしむ。毎日が、この様な自問自答の中で、これまで得てきた
行蔵と知識が温みとして、自らを燃やす材料として浮上がってくる。
「体験価値」「創造価値」「態度価値」の位置づけの順の変化が生じる。
「態度価値」が前面に出すしかない! …そこに、「幸せ」の問題が出てくる。
                          〜続く
・・・・・・
6134,閑話小題 〜千年に一度の経験
2017年12月29日(金)
   * 千年に、いや、260万年に一度の経験とはね
 我々が生きた時代を80年として、何らかのカタチの千年に一度の経験をする。
これは天変地異と政治向きの問題になるが…
・その一つが、私たち世代には「東北大震災」ということ。
・70数年前には、アメリカとの太平洋戦争と敗戦がそれである。開国以来の
 他国との全面戦争の敗戦である。江戸末期に小競り合いの戦争があったが…
・蒙古襲来による全面戦争が二度あったが、台風の御蔭もあって撃退した。
30年以内に7割の確率で起こるかもしれない南海トラフ地震。もし近々起こると、
熊本地震や霧島噴火などが、その前兆として捉えられる。千年に一度は、様ざま
な分野で起こりうる現象。富士山噴火も、その一つ。
 人類進化になると、少し違ってくるのがこのネット情報社会。 
これは20万年ではなく260万年来の激変の時代に立ちあっていることを意味する。
それも、20数年前のWindowsから大衆に一般化され、進化は留まることなく、
現実世界の外に、もう一つの世界が形成され、世界は一変してしまった。
それが、現実世界の混乱の大元ということは、この混乱は中長期間、続く現象で、
人類そのものを滅ぼす可能性が大になる。一部の権力者に集中した力で、人類
もろとも自爆する可能性がある。権力者の最たる利点は、情報の先取りと、占有。
それが、権力を持たなくとも可能になるのだから…面白い時代である。
 7年前のリタイアで、現実社会の外に押出された故に鮮明に見えてきたのが、
この情報化による激変のリアル。 人類は260万年前の旧石器時代に
遡り、言葉、火、農業、舟、数学、紙、印刷技術、カメラ、人工衛星、パソコン、
ロケット…と、本格的な道具を作ってきた。そして現時点で掌サイズのスマート
フォンを大多数の人類が常時、携帯するようになった。一つのキーワードか、
一枚の写真で世界中の情報に一瞬にして辿り着ける社会。
いい歳をして、恥も外聞もなく、最近のTV機能の素晴らしさの驚きを、正直に
書いているが、恩恵を受けているのは、その機能の一端だけ。何処かの誰かが、
「あの人、話すのはTVの事ばかり、絶対に変!」と宣うが、変なのは? さて。
車の高級車は700〜1000万以上になるが、高性能TVなら、丁度、一桁は安い、
中古の軽自動車の値段で買える。 あとは、それぞれの価値観の問題。 
・・・・・・
3930, 真の危機とは何か
2011年12月29日(木)
       「世界をうごかした21の演説」クリス・アボット著 より
  * ソルジェニーツィンの意表を突いた欧米批判
 現在の欧米が33年前のソルジェニーツィンの欧米批判のまま、ここまできて
行き詰まりを見せている。彼は、当時のソ連の体制批判だけでなく、亡命先の
アメリカで、欧米の体制の欠陥を批判した。 ーまずは、その部分からー
【 敵の敵は必ずしも友人ではない。現実は、古い格言から想像される以上に
 複雑である。それを見ごとに示したのが、一九七八年六月にロシア人の小説家、
ソルジェニツィンのハーバード大学の卒業式で行った演説だ。ソルジェニーツィン
はそれまでの年月に、ソ連によって投獄され、非難され、ついには国外追放の身
となっていたのだが、ハーバード大では母国の共産主義の迫害者を批判するので
はなく、西側世界の欠陥を厳しく戒めた。・・・・
 西側は自分たちのシステムがほかのどれよりも優れているから、ほかの社会も
いずれそのシステムを採用するはずだとまちがって思いこんでいると論じた。 
中国やインド・アジア・イスラム・アフリカに深く根差した複数の文化があるにも
かかわらず、この思い込みが続いてきた。「西洋社会がほかの世界の神髄を理解
できない」ために生まれたまちがった考えだとソルジェニーツインは考えた。
そして西側の社会そのものに多くの欠点と弱みがあると指摘して、「戦争による
破壊を免れても、私たちの生活を自己破壊から守るためには生活を変えざるを
得ないと説いた。とりわけ強く批判したのは、西側世界が近視眼的であること、
政治的な勇気に欠けることムとくにベトナム戦争中)、物質的な幸福を追求する
ための無制限の競争を奨励していること、自由な思考を制限し、そのとき流行
している画一的な考え方(「人々の精神を覆う石のような鎧」)しか認めないこと、
メディアが一般の人々に「まちがった偏見を教える」のを許していること、
もっぱら法制度と法律の条文にもとづく限られた組織方法に依存していること。
そして、これらは「この世界に新しく来た人を驚かせ、ショックを与える
いくつかの傾向」だと述べた。環境意識が高まった今日では、西側の人々が
多数世界の人々より多く消費し、より多く環境を汚染していることを批判点の
リストに付け加えてもよいかもしれない。かれは、これらの欠陥は精神生活に
原因があると見た。社会改革に多くを望みすぎました。その結果、もっとも
価値のある財産を失ったのです。それは精神生活です。東側ではそれは支配政党
の所業と策謀で破壊されました。西側では商業的利益で窒息させられています。
彼は、これを「精神性を奪われ宗教心を失った人間中心主義的な思想がもたらす
災厄」と呼んだ。・・・ 】
▼ ソルジェニーツィンは、資本主義の欠陥を社会主義に助けを求めないように
 警告をしたと同時に、ロシアが西側のシステムを採用すべきという考えも受け
入れないと述べたのである。現在の、ロシアと中国は、それをそのまま受け継いで
しまったようだ。20歳半ばに必死に彼の本を数冊を読んだが、ソ連体制の中
での息詰まる空気が直に伝わってきて凍りつく思いがした。 一部特権階級が
利権を独占し、大衆は踊らされる体制は同じということ。日本も天皇制が
最も有効に働き手助けをしている。
・・・・・・
6863,閑話小題 〜つれづれに年末
2019年12月29日(日)
   * つれづれに年末
◉ 今年も、あと2日で終わろうとしている。‘何ごともなく’ではなくて、
 何やら、このブログの悪態もあり、多くの怒りがカタチを変えて身に迫った
実感がした年? さらなる老いの情けなさを実感してきた此の頃。 ここまで
言いたい放題、し放題をしてくれば当然ですか。これが後期高齢まで一年の
74歳男の心象風景。 …己の老齢から目を叛けていたが、真正面から向き合わ
ないと… じわじわ、老いと死の影が。

◉ あとは台風19号。10月12日〜13日(土・日)にかけて東海と関東、甲信越、
 東北地方を襲った台風19 号により、各地で河川の決壊や氾濫による浸水、
土砂崩れなどが多発し広範囲に甚大な被害をもたらした。増税も含めて比較的
ノンビリしていたた首都圏の住民を含め災害多発が常態。
それに加え後期高齢まで一年の心象風景。消費税の増税も加わり一気に財布の
紐が締まった。御隠居で生きるに面白い時代だが、現役として生き抜くには、
大変だ… 
 ―
   * 来年あたりに直下型?… 
 当たるも八卦、当たらないも八卦。首都直下型大地震の可能性について、
論じられるのが来年。危ないのは確か。 狼少年ではないが… 今さら日本海
側の地方都市に住居を変えるのも… とはいえ、皇居を京都に移し替える案が
全く出てこない甘さが日本にはある。そうこう考えると、京都に皇居を移し、
金沢辺りが、遷都に丁度良いはず。東京は経済・観光都市として何でもありの
都市に姿を変えるべき。 近年の天変地異が、その警告をしているのでは!
 何で新潟県じゃないのか? 後ろに京都と大阪が控えてあること。
現在の日本には、無理ですか。せめて首都圏の直下型シュミレーションは
練上げておかないと! 金沢…、朝鮮が鼻先じゃ〜 …無理な話ですか。
原発群も近くにあるし。 何が来年にオリンピックですか!
 ―
   * 久々の代議士逮捕劇 これも内部告発だろう
  〜 ネットニュースによると… 〜
《 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業への参入を目指していた中国企業
 から賄賂を受け取ったとして、東京地検特捜部は25日、自民党衆院議員の
秋元司容疑者(48)=東京15区=を収賄容疑で逮捕した。中国企業の関係者ら
3人も贈賄容疑で逮捕した。≫
▼ 事件がカジノ絡みだけに注目されたのだろうが… コテコテの代議士なら
二重、三重のオブラートを包むが、…その辺が甘かった? 政治家の頭の中は、
目先の選挙資金稼ぎに一杯いっぱい。今は、誰の手にもスマートフォンが握られ、
音声と映像が確たる証拠として残って1人歩きする。チョイ悪も出来やしない!

・・・・・・
5037,ポジティブ・サイコロジー ー
2014年12月29日(月)
  『 ポジティブ・サイコロジー』クリストファー・ピーターソン(著)
  * 6種の美徳、24の強み
 三大宗教や、ギリシャ哲学にある共通した核となる美徳を探し出し、
 さらに、強みを引き出すとは面白い。 ーまずは、その辺りからー
《 広く影響力を持つ宗教および哲学の伝統(すなわち儒教、道教、仏教、
 ヒンドゥー教、ギリシャ哲学、ユダヤ・キリスト教、イスラーム)に関する、
いくつかの『核となる美徳』が幅広く支持されていることが明らかになった。
具体的には「知恵、勇気、人間性、正義、節割、超越性という六つの美徳に関し、
 こうした伝統内でほぼ普遍的な認識と称賛があった。ビスワス・ディーナーは、
無文字文化のマサイ(ケニヤ)とイヌイット(北グリーンランド)がこれらと同様の
核となる美徳を認識、称賛していることを対象グループにおいて確認した。
 私たち研究チームは、普遍的に評価されている強みとしての徳性を、無原則
にではなく分類することが可能だという事実に励まされた。 ・・(略)
 ペンシルベニア大学のピーターソン教授や、セリグマン教授は、生き方の
原則(VIA :Values in Action)研究所で研究を行っています。
この研究所では、徳性や美徳について計測できるよう強みとしての徳性に
関するVIA分類法を開発し、徳性を抽象度の高い6つの美徳にまとめた24の
強みとして分類。 6種の美徳、24の強みとしての徳性を見ると・・
1.知恵:  創造性  好奇心  向学心  柔軟性  大局観
2.勇気:  真情(誠実さ)  勇敢さ  忍耐力  熱意
3.人間性:  親切心  愛情  社会的知能
4.正義:  公平さ  リーダーシップ  チームワーク
5.節制:  寛容さ/慈悲心 慎み深さ/謙虚さ  思慮深さ 自己調整
6.超越性: 審美眼㉑ 感謝㉒ 希望㉓ユーモア㉔ 宗教性/スピリチュアリティ》
▼ キリストと釈迦をみると、この全てを兼備えている。そして、その教えは、
 上記の美徳の強み賞賛し、一歩でも理想像に近づくことを教えている。
とすると、幸福に近づくには熱心な自分の宗教を持つことが、必要ということ?
宗教心の強い人はポジティブであり、親切で、寛容である。問題は中庸かどうか!


7610,閑話小題 〜生(なま)モノの人生…

2021年12月28日(火)

   * 次男の舅の死の連絡
 生もの故に人生は波乱あり…、その奥行きが深い! 人生なるもの…一寸先は
闇だが、それは他者なるが故に言えること。こと自分となると、そうは冷静で
いられないため、普段から、それを前提に日々を過ごさなければならない。
1・5人称なればこそ、その曖昧なところが味わいがある。
 昨日、次男の舅が夜半に亡くなったと連絡が入った! 数日前に、奥さんと
行った先のスーパーで倒れて、意識不明と連絡が入っていた。夫婦して埼玉銀行
の行員で、バブル崩壊の大手銀行の大合併時に退職し、関連会社で全うした人生。
銀行員の常で趣味が多くて、仕事仲間と供に楽しそうな人生の様子だった。
これまでの付き合いは、ほゞ無くて、結納、結婚式の顔合わせぐらい。

 身近な人が亡くなると、何やら不思議な現象が生じるのが常…。家内から
連絡を聞いた直後、ジム帰りの疲れでベッドのTV前でYouTubeの音楽コーナーを
入れると、ベートーベンの夕暮れに相応しい曲が、有名絵画と供に流れていた。
私と同年代の身近な人の死にピッタリとした絵画と音楽。 …その人なりの
メッセージに聞えていた。 夕陽の赤、蜜柑色、紫色の融合が、そのままが
魂に伝わってきていた。ああ、これが、彼なりの最後の邂逅のメッセージかと!
葬式は、パンデミックと、腰痛も有って家内が欠席と伝えたが…杖をついてでも、
行くべきだか… では、行けるかというと、そう甘い状態でもない。ご冥福を!

・・・・・・
7254,閑話小題 〜 『如何なる?』
2020年12月28日(月)
   * 実際の二波は「変異種感染拡大か…
 まだパンデミックが序盤なのに、こんどは「変異種感染」が拡大か!
20〜30年スパンで考えると、然もありなん。特に…宿泊、飲食、エンタメなど
の第三次業、サービス産業の従事者は深刻である。2〜3年で、インフルエンザ
の流感同様と考えてるむきが有るが… これは最低でも5年、最悪で20年スパン
の案件。 若者に…「群れるな、騒ぐな、移動するな!」と急に言われても、
何を今さら。テロといえば、集会の真っ只中で、爆弾による大量殺傷だったが、
これは静かに夜半にドローンなどで都市上空からバラ撒くことが可能。
北朝鮮の大陸間核弾頭ミサイルの恐喝など、遥か彼方に霞んでしまった。
第一波が、序盤に関わらず、第二波の「変異種感染」である。何時までも都市
封鎖も限界がある。 10年前に、バブル崩壊から20年間にわたる下降局面を
踏まえて、早々に、廃業を決断したが、今となれば、一瞬の間合いの決断。
 ―
≪ :変異種感染の5人 英から羽田と関空に帰国:(18〜21日:厚労省発表)
 英国発変異種、日本に流入していないのか 専門家が恐れる最悪のシナリオ
 「ゲームのルールが変わるような新しいウイルス」「非常に脅威だ」――。
22日夜に厚生労働省で開かれた感染症対策を助言する「アドバイザリーボード
(AB)」(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)では、英国で確認された強い
 感染力を持つとされる新型コロナウイルスの変異種について議論が集中した。
英政府は20日、変異種による感染が急拡大しているとして、ロンドンなどで
事実上のロックダウン(都市封鎖)を再び開始。
 欧州疾病予防管理センター(ECDC)によると、変異種は従来のウイルスより
最大で感染力が7割増していると推定される。
 重症度が上がったことを示すものはないとするが、デンマークやオランダ、
ベルギー、豪州などでも感染を確認。英国からの入国規制を強化する国が相次ぎ、
日本政府も23日午前、水際対策の強化策を発表した。 ≫
 ―
▼ 前倒しの決断は他人様は決めてくれない。 10〜20年の準備、…いや、
 当初の事業計画に組込んでいた事業清算のシェルターがあったため、何とか
ハード・ランディングを避けられて、軟着陸に至った。だから、現在の事態が、
当事者の戸惑いが良く解かる! この英国発の「変異種感染」の読み如何では
決断を要する案件になる。裸で、この世界にデビューして、裸で遥か彼方に
消え去っていくしかないのなら、成行きに任せれば良いという訳にもいかない。
<退くも地獄、行くも地獄> さて、轟音が足元まできている。考える間がない、
一年だったが、私なら<身辺の整理に入る!> とにかく、ます来年は野生動物
のごとく生き延びないと! あの方々とは違う方向に向かって! 東北大地震
から学んだごとく、津波が轟音を立てて押寄せようとしている現在、
 逃げろとは生の放送はないとしても、『転でババラに!』   〜続く〜

・・・・・・
6862,映画評 〜『男はつらいよ』
2019年12月28日(土)
    * 復刻版の『男はつらいよ』   評価:90点 少し甘くすると、
                   もう一度、見たくなったから:95点。
 映画が終わってフト気づいたのが。目から一筋の涙が流れていたこと。
何か哀しいのでもなく、懐かしいのでもなく、山田洋次の世界に引きこまれた
温かさというか…  時計を一度もみることなく時を忘れていた自分が、そこに!
 私が社会に出た年の映画。その後、起業のために三重、神戸、千葉、金沢などを
彷徨うが、その先々で必ず、このシリーズを見ていた。実家の団子屋「とらや」
の温もりが、何はあれ、寂しさを慰めてくれていた。そして先々の?…も。
 全てを捨ててもよいと思わせるほど、20歳と40歳前後の女性は、何とも美しい。
 
 〜ネットサーフィンでの熱狂的ファンの70項目の印象的な言葉が良い〜
    その幾つかを
・その1: 話の流れはわかりきっている。
その2: 恋して、フラれて、旅に出る。その繰り返し。
その3: だがそれがイイ。
その4: オチはわかっているハズなのに「今回は寅さん付き合えるかも!」
    と思ってしまう瞬間がある。
その5: だが結局は成就せずに終わる。
その6: そしてまた旅に出る。
その7: オープニングの夢落ちの安定感。

その16: しかも何故かコソコソ帰宅するパターンが多い。
その17: おいちゃん「気付かないフリするんだぞ! 自然に、自然にな!!」
その18: 結局ぎこちなくなって寅さんブチギレ。
その19: そこに登場するナチュラルなヒロシ。
その20: ヒロシ「兄さん、帰ってたんですか。おかえりなさい」
その21: 物語序盤の帰宅はフリ。すぐに大喧嘩してまた旅に出る。
その22: おいちゃん「出ていけ! もうお前の顔なんか見たくねえ!!」
その23: 寅さん「それを言っちゃぁおしめえよ」
その24: さくら「どうしても行っちゃうの? 
     お兄ちゃん。せめて一晩だけでも…」

その36: また旅に出る。どうしたいんだよ、寅次郎!
その37: マドンナが全員可愛い。
その38: 八千草薫は女神。
その39: 松坂慶子も女神。
その40: 吉永小百合も女神。
その41: 大原麗子は全宇宙の女神。
その42: そのマドンナたちとすら一線を画すリリー(浅丘ルリ子)の存在感。
その43: やっぱり寅さんはリリーと結ばれるべきだったよなぁ、としみじみ。
その44: メロン騒動は何度見てもおもしろい。

その53: 寅さんの財布にお金をねじ込むシーンが最高に泣ける。
その54: さくら「もっとお金持ってくれば良かったね」
その55: 寅さんの素直さは異常。
その56: 影響のされ方がエゲツない。
その57: 誰かからの受け売りはあたり前。

 【解説】
《山田洋次監督による国民的人情喜劇「男はつらいよ」シリーズの50周年作品。
 1969年に第1作が劇場公開されてから50周年を迎え、97年の「男はつらいよ 
寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」以来、22年ぶりに製作された。倍賞千恵子、
前田吟、吉岡秀隆らに加え、シリーズの看板俳優であり、96年に亡くなった
渥美清も出演。さらに、歴代マドンナからは後藤久美子、浅丘ルリ子と
「男はつらいよ」でおなじみのキャストが顔をそろえる。柴又の帝釈天の参道
にかつてあった団子屋「くるまや」は、現在はカフェに生まれ変わっていた。
その裏手にある住居では車寅次郎の甥である満男の妻の7回忌の法事で集まった
人たちが昔話に花を咲かせていた。サラリーマンから小説家に転進した満男の
最新作のサイン会の行列の中に、満男の初恋の人で結婚の約束までしたイズミ
の姿があった。イズミに再会した満男は「会わせたい人がいる」とイズミを
小さなジャズ喫茶に連れて行く。その店はかつて寅次郎の恋人だったリリーが
経営する喫茶店だった。》
 ――
▼ 何やらリリーが経営する喫茶店が怪しげで味がある。誰もが持っている、
ビートルズ、寅さんの破滅的、気ままの心根。今年は、大きな曲がり角にさし
かかっているような。来年は、何れにせよ、今年以上に大波が覆い被さって
くる予感がする。この時代に、日本で生れ、育った幸運を思い知らされた年。 
それにしても、この映画の吉永小百合の美しさに息を飲んだ。国民的美少女の
後藤久美子とは、比べようがない。なる程、彼女こそが戦後の国民的大女優。

・・・・・・
5766,「やさしさ」という技術
2016年12月28日(水)
        ー「やさしさ」という技術ーステファン・アインホルン(著),
   * 「やさしさ学」講座
 人間、究極に追いつめられると、やさしくなるのは実体験で身に浸みてて解る。
著者は、やさしさを善良という。その善良さは、「技術」で身につけることが
可能というが、どうだろう? 知性、教養?とも言いきれない。これは意識的に
磨き続けることが可能な技術… 「恒産あって恒心あり」で、物・心とも余裕が
なければならないか、追いつめられドン底にいればこそ、沸き上ってくる。
「やさしさ」こそ、正面に据えて考えてみる必要性がある。。
  〜amazonの内容紹介〜
≪ 人口900万人のスウェーデンで驚異の30万部突破!
 これが、北欧で社会現象となった世界初の「やさしさ学」講義。
なぜ、見返りを求めない行為があなたの得になるのか?
なぜ、「高い収入」や「名声」を求める人ほど幸福度がダウンするのか?
なぜ、多くの動物が「思いやり」や「やさしさ」を持っているのか?
 ノーベル賞の選考委員会を擁する世界トップ医大・カロリンスカ医科大学で
「学生が選ぶ最優秀教授」にかがやいた名医が、わかりやすく、感動的に語る!
「死ぬ前に後悔しない人生」を確実に手に入れるための名講義。
◎やさしさは誰でも身につけることができる「技術」である
◎「高収入」「名声」を求める人ほど幸福度が低い
◎銀メダル選手より銅メダル選手のほうが満足度が高い
◎他人に目をかけられることは心身の健康に不可欠
◎他人を褒める人ほど出世する
◎衝突は百害あって一利なし
◎やさしさは個人にとっても社会にとっても大きな「得」をもたらす
 <「おはずかしい話ですが、私は生涯、 人類の行く末について考えてきた
 というのに、結局は“もう少し人にやさしくしなさい"という言葉よりも
 ましな助言を人に与えられないことがわかったのです」
       ―オルダス・ハクスリー(イギリスの哲学者・小説家)>
「お金持ちになる方法や、頭がよくなる方法、創造力や仕事のスキルを高める
方法について書かれた本はすでにたくさんある。だが、やさしさの技術を磨き、
よいことをして成功する方法について書かれているのは、本書以外にはないと思う。
一般的な通念では、やさしさとは「生まれもった資質・性格」であって、個人
の意思でコントロールできるものではない。だが本書を読んでもらえればわかる
とおり、これは正しくない。一部は親から受け継ぐものだが、やさしさという
のは、誰でも意識的に身につけることができ、しかも一生磨き続けることができる
「技術」なのだ。そしてこの技術こそが、人生で成功を収めるために、そして
この世界をより住みやすい場所に変えるために、もっとも重要な要素なのである。
さらに私が伝えたいのは、私たちは自己犠牲的な博愛主義者になる必要はなく、
利己的な動機から他人によい行いをしてもまったく問題はないということだ。
やさしさは、まちがいなくあなたの得になる。こう聞いて憤慨なさる方も
いらっしゃるかもしれないが、本書を読み終えるころには、みなさんにも納得
してもらえると私は信じている」   ――「はじめに」より ≫
―――
▼<もっとも持ちたいと思う資質は何か?と質問すると「知性」「創造力」
「仕事のスキル」「ユーモア」「裕福さ」(素材といえないかもしれない)… 
そして「善良さ」だ。すると、「九割以上の人が「善良さ」を選ぶのだ。 
この数字が如実に示しているように、人は莫大な富や卓越した知性よりも、
善良さのほうが大事と考えているのだ。」(p.014)
 私に「やさしさ」が最もあったのは、25・6歳の「金沢時代」。千葉の新興
住宅地の真ん中の商店街に千葉住宅供給公社の売出した格安商業地を確保。
売出し条件として二年半以内に建物を建てる条件があった。創業の初陣に最適
な材料だった。まだ時間の余裕があったので、金沢の当時、躍進していた、
「衣料量販チェーン」に伝手を頼って入社。しかし、預りの身もあって周囲の
目は冷たく甘さを徹底的に破壊された真暗闇の底。いずれ辞めていく、所詮は
よそ者には異常に厳しい空気があった。それ故に身近な人には、やさしくなる。 
 20歳代は一年一年が、大きな岐路に立たされ、迷いの真っ只中。そこで、
求めるのが読書の中で出会う様ざまな魂。それは極限の精神状態でこそ、
触れ合うことが出来る。とはいえ、合理的に身につけることが出来れば…
 意図的に目をそらしてきた、一番大切なことかもしれない。

・・・・・・
6498,つれづれに潮流 〜世界と日本の10大ニュース
2018年12月28日(金)
 
  読売新聞のネット記事だが、比較的穏やかな一年間だった。
 改めてみると、朝日新聞派からして読売の右傾が読取れる。

   ♦ 世界の10大ニュース
《1》タイの洞窟で少年ら13人全員救出
《2》史上初の米朝首脳会談、緊張緩和進む
《3》インドネシア地震・津波、死者2000人以上
《4》南北首脳会談、朝鮮半島非核化で合意
《5》トルコのサウジ総領事館で記者殺害

《6》英ヘンリー王子、米女優と挙式
《7》平昌五輪開幕、韓国と北朝鮮が史上初の合同チーム結成
《8》米が輸入制限発動、米中摩擦が激化
《9》米中間選挙。上院共和、下院民主勝利
《10》EU、英離脱協定を正式決定
 ――
   ♦ 日本の10大ニュース
《1》平昌五輪で日本は冬季最多13メダル。フィギュア・羽生結弦は連覇
《2》西日本豪雨、死者220人超
《3》日大アメフト部選手が危険タックル。スポーツ界で不祥事相次ぐ
《4》テニス・大坂なおみが全米オープン優勝、四大大会で日本人初
《5》日産・ゴーン会長を逮捕

《6》北海道で震度7、道内全域で停電
《7》ノーベル生理学・医学賞に本庶氏
《8》オウム松本死刑囚ら元幹部の死刑執行
《9》大谷翔平、メジャー新人王に
《10》大型台風襲来、関空が冠水し孤立

――
 私の選んだニュースは… 

☆ 日本では、
・まず安倍首相の汚職疑惑が第1位。
・災害関連を一括りにして2位に、
・あとはゴーンの逮捕関連が3位で、
・ノーベル生理学賞に本庶氏が4位、
・5位が将棋の世代交代、
・6位が、オウム教の松本と元幹部の処刑。
・7位が貴乃花の間接的追放。
・8位が大谷、大阪なおみの若手の活躍。
・9位が日大アメフト部、体操、ボクシング協会の旧体質問題。
・10位が海外労働者受け入れの法案通過。

  ☆ 世界では、
・米朝首脳会談、緊張緩和進むが1位。
・2位が、米が輸入制限発動、米中摩擦が激化
・3位が、米中間選挙。上院共和、下院民主勝利
・4位が、アメリカの中東離れが露骨に進む…  
・5位が、トランプの迷走の拡大… など、つづく。

▼ 思いのままランク付けした順位と内容が、大新聞の呆けた爺様?に
 気づかったものとは、大きく違うが、どうみても、私の方が納得できる
気がする?が、如何だろう。 これらの主だったニュースから読み取れるのは、
一昨年の極度の緊張の小休止の年。反面、私が選んだベスト5位は、痴呆症を
疑われるアメリカ大統領絡み。来年は、一夜明けたら世界は一変する可能性を
充分に孕んだ年になりそうだ。
 夫婦間の話題も、足腰と眼の衰えなど、老々介護的内容に。2人平均70歳を
超えれば、こんなもの? 今年も、あと3日ですか。 来年は年号が変わる!
そして昭和が遠くなる! 「歳月、人を待たず」が、目の前に突きつけられ、
私たちは、時代の潮流の狭間に生きていることを、そして恵まれた時代に
生きてきたことを改めて思いやられる! 



・・・・・・
5036,ポジティブ・サイコロジー ー
2014年12月28日(日)
    『 ポジティブ・サイコロジー』クリストファー・ピーターソン(著)
  * 深く味わうこと
 私たちは、ネガティブの出来事を経験した後で、その気持ちに様ざまな方法で
「対処」しようとする。その出来事を変えようとするか、自分自身を変えることで、
悪影響を軽減させようとする。上手くいかないことは、自分が問題なのか、適正が
悪いと考えて転職するか、それを甘んじて受けて、家庭に気持ちを移すか。
瞑想、神への祈りか、麻薬、酒か、その人によって不幸劣位を避ける対処法がある。 
逆に、幸福優位であるためには喜びを深く味わえばよい。喜びに対する意識および、
その意識を維持するための意図的な試みが、『味わうこと』である。
 私の趣味に、『秘境・異郷ツアー』がある。まず、面白そうなところを探す
楽しみを味わい。実際に、そこでの感動の瞬間味わい。その後、写真を見たりして
思い出として味わう。更にTVなどの現地レポート番組で味わう。それらの
味わいの中で、幸福優位を強化していく。感激、感動、感謝の場面や、よい事、
嬉しい出来事に出会ったとき、立ち止まってそのことに注意してみることが重要。
準備期間を含めて40数年の事業人生を過ごせたことと、秘境ツアーを多く経験
出来たことと、家庭生活を平穏?に過ごせたことが、が人生の大きなである。
 49回の秘境を中心にしたツアーは、幸いなことに、7割以上を家内と同じ経験を
共有できたため、TVで毎日、どこかの行き先を放映していることもあって、
会話の3割?が旅行経験の内容である。重要なことは、誰かとの共有体験と、
写真、文章化などで記憶を構築しておくこと。これは、知覚が研ぎ澄まされる。 
こういう記憶の再生は、幸福優位の重要要素になる。
 最近まで、一度見たTVドラマや映画を再び観ることはなかったが、最近は、
良かったと記憶しているものは率先して観るようになった。分かっていても、
一度目より面白く感じるのである。 余白の老後は、過っての経験を再び、味わう
ためにあるのでは。 「ピーク・エンドの法則法」がある。
《 アメリカの行動経済学者・ダニエル・カーネマンによって提唱 された理論で、
「あらゆる経験の快苦は、ほぼ完全にピーク時と終了時の快苦の度合い で決まる》
というもの。これからすると、事業や仕事も含めた人生のエンド(死に際)が
重要となる。その時に、人生を深く味わってきたか否かが問題になる。
 挫折と、節目こそ人生を味わいの醍醐味が隠されている。深く味わうには
噛締めること、それも何度も。そこで、すじ肉こそ、噛締めるほど味わいが出る。
・・・・・・
3929, 聯合艦隊司令長官 山本五十六
2011年12月28日(水)
 思い立って、「聯合艦隊司令長官山本五十六」を見てきた。
出身が長岡で、私の実家が戦前、元帥の自宅近くにあり、父親が度々伺って
書画などを書いて貰ったなどの話を聞いていた。実際に我が家には、二ぷくの
書画があり、私が受け継いでいる。最後は記念館に寄贈するか、子供に引き継ぐ
ことになる。


7609,閑話小題 〜ヤバ! クリミア半島−

2021年12月27日(月)

   * 百年前を、時代がナゾリ出してきた
 何やら世界が百年前の時代をナゾリ出してきたような空気感が出てきている。
ソ連を崩壊させたゴルバチョフが、警告するぐらいだから、危ないのだろう。
その中で、<ロシアと、アメリカ空母艦隊が戦えば…>の映像が、YouTubeに!
何とまあ、そのリアルで生々しいこと、この上ない。ゲームメーカーが製作した?
と思われるが… 現在、両国が公表している空母艦隊と、戦闘機、ミサイル
そのままをシュミレートした実戦動画としても出来すぎ。これでは、実戦する
のも憚られる内容。我を忘れて見入ってしまった。 見終わった後で、
 <…何だこりゃ、ここまできたか!>と、暫し、茫然である。
そういえば、米韓共同作戦の北朝鮮相手にした画面上の戦争シュミレーションの
ニュースがあったのを想いだした。北朝鮮向きには、もっての動画。 これでは、
瞬時に戦争は終わるだろう… 
 ――
   * 現在のところ、腰痛は最小で治まっているが!
 二年前の今頃に、このブログを一時休止するほどの過ってない腰痛だった。
去年は少し出たが、何とか、治まって冬越えを! 民間の「ロコモモ」と、
何はともあれ腰回りを冷やさないことを最優先にしたことが、効果にある。
百均で、細めの腰痛バンドを2ホン買って、腰回りに重ねて装着する。
これは手軽にできて、動く度に擦れて、熱を溜めてくれる効果が抜群。
それまでは、普段着に装着できる「貼物のホッカイロ」だったが、これは
低温火傷の危険がある。

・・・・・・
7253 閑話小題 〜コロナ禍の中、YouTubeが進化?している 〜2
2020年12月27日(日)
   * 一番、面白かったのは
 前回、取上げたYouTubeをみると、ドラマの隠れテーマの「スリル、セックス、
サスペンス」の3つ要素Sがそのまま入っている。 … 一番、面白かったのは、
◉ ムササビスーツを装着して、断崖から滑空するもの。失敗=死に繋がるため、
第三者の立場でも竦み上がる。43mと100mのバンジージャンプを経験して
いるので、その恐怖心の一部が伝わってくる。そこには、失敗して亡くなった
映像も含まれる。最終地点近くで、パラシュートを開いて着陸するのが大半だが、
そのまま着陸するのもある。
◉ 闘った挙句、死にかけたバッファローとライオンが、血だらけで、死闘する
場面を、クールに映像に納めたもの。 これも、二匹の生物の本能同士の争い
なればこそ… 
◉ 給油所で、ギャングの黒人が一台の車を襲ったが、それを拳銃で打ち倒し、
逃げる一人を、追いかけていく筋立ても… 
 … 自宅内に入ろうとする車の後方からギャング数名が、邸内に強引に
突っ込んでくる。恐らく防弾ガラスのためか、車をバックさせて、邸外に
押し戻し、車ごとに逃げていくのを追いかけていく一部始終の映像。
◉ ゲームで面白いのが、ドローンのレース。VRゴーグル 3Dメガネで立体映像<
を迫力体感できるもの。それをマッターホルン頂上から飛ばしてみる筋立て。
何とまあ、その360度映像の、素晴らしいこと!
最先端の<VRゴーグル>< 3Dメガネ><ドローン>の全てが入った立体映像の
迫力が味わえる。VRリアリティのゲームの世界は、私の年代では想像を絶して
いるのだろう。
 ――
 これらを見るため、娑婆に生れてきたような…感覚になりつつあるが…
このパンデミックも然りだが、みるべきこと、知るべきことは、しっかり体感
しなくては… ここまで生きたら少々厳しくても、娑婆の何もかもを何でも見て
おいた方が良い!と考えを改めることにした。
 この面白そうな「21世紀の序盤」を最低5年、長くて10年は生きて、
シッカリ味わいたくなってきた。これは「死に欲」ですか。
 <死に欲による… 生き欲ですか!> 

  一番、面白かったのは21世紀の全てですか!
 家内の口癖… 『父親に、この21世紀を見せたかった!』

< 達磨さん、ちょいとこっち向け、21世紀は、月雪花に酒に女だ >  

・・・・・・
6861,閑話小題 〜TVを超えたYouTubeの視聴率
2019年12月27日(金)
   * TVを超えたYouTubeの視聴率 
 何気なくTVのバラエティを見ていると、「ついにYouTube一般TVの視聴率を
超えた」に耳を疑った。YouTubeの面白さについて何度も書いてきたが… 
私は今では25%の時間は…(数ヶ月前までは、自身は10%以下だった)
若い人を考えれば然もありなん。
 〜最近の映像モノは…
・警察が麻薬製造所に7〜8人の部隊で、危なげな村に銃声が聞こえてくる中に、
 長銃を構えて入っていく場面を淡々と写し出す。そして麻薬犯を逮捕する。
・給油所で、オートバイに二人乗りの拳銃を持った男たちが、ギャングと知らずに
 襲うが、逆に射殺される場面が生々しく…、
・屋敷に侵入した通報をうけた警察官が男を確保。ズボンには拳銃が…
 ドラマとは違った生々しさが何とも迫力が。
・更にカーチェイスなど次々と緊迫した映像が映しだされる。
・他に定番の、街中の牛追いとか、野生動物の命をかけた争い等々。

今時誰が一般放送など見ているの?と、声高々に言いたいほど生々しい。
 
  ―
   * 50億を稼ぐ少年     2019/12/20 に公開
《米国の経済誌「フォーブス」が18日にYouTuberの長者番付2019年度版を発表。
 1位は米国・テキサス州に住むライアン・カジさん(8歳)。年収は2600万ドル、
 約28億5000万円で、2年連続で1位となった。》
▼ … 何と申しましょうか。 あのピコ太郎、幾らかせいでしょうか?
 
  ―
   * 年賀葉書を書き上げて…
 25日の年賀はがきの締め切り投函日に、やっと書き終え、改めて読み返すと、
あまりの悪筆に憂鬱気味。日記帳代わりに、ブログと、直か書きは‘ダイアリー
に殴り書きをしているだけに…まあ、しょうがないと… 
 さて今日は、『男はつらいよ』でも、みてきますか! 

・・・・・・
6497,閑話小題 〜今年の総括
2018年12月27日(木)
   * 2018年度の総括
  今年の私的総括は、
・まずは無事平安だったこと。 そして、
・家内の鞄持ちで、<北イタリアのドロミテ渓谷と、裏アルプスのツアー>95点!。
 2年半ぶりの復活。腰痛をおし肉体的にギリギリだったが、何とか満足できた旅。 
 もう無理と思ったが、「杖をついて行く!」と決心したのが正解。これまで何度
 か腰痛で杖をつかなければならない場面で、何とか持ちこたえていた。その都度、
 最後!と覚悟をして… この旅行がなかっら、何の変哲のない年になるところ。
 で、今回も杖をつかないで済んだ。 成るほど、腰痛は心理的要素が大きい。
 家内、曰く「旅行に出なかったら、例年の枠から一歩も出れなかったじゃい!」
  あとは、例年と全く変わらない行事を熟してきた。
・この随想日記も欠かすことなく書き続けた。書いて手応えのあるのが幾つか!
 この数年、ブログのフォロアー数が2割づつ増加、500弱から600人平均に増えた。
 入れたエネルギー量に比例するため、手応えがあるが、気が抜けない。
・早朝のポタリング(ミニチャリ)も、4〜12月半ばまで続けることが出来た。
・映画は例年は50回だが、今年は44回。 ベストは『ボヘミアン・ラブソディ』。
 他には『スリービルボード』『スターウォーズ』『空海』『カメラ止めるな』… 
 変わり種で『アニー』。
・TVの録画でみた映画やドラマに面白いのが多々あり、YouTubeのスリリングな
 映像を含めて非常に充実した日々で満足出来た夢のような年だった。
 NHKスペシャルの【スイス 名門寄宿学校〜 『ボー・ソレイユ』】が圧巻。
しかし、老化が徐々に進行している‘ほろ苦い’実感の現実もある。 
今年も、満足度85点!まあ、我ながら真面目なことで! 
内海の洞窟周辺でチャポチャポ…と。でも、今のところ面白いし、飽きないし!

・・・・・・
4303, 閑話小題 ー今年のシネマ36回
2012年12月27日(木)
    * 今年のシネマ36回
 だいたい週一回、シネマに行っている。その多くはハリウッド製のため、
今や「ハリウッド映画マニア」である。時どき面白そうなのがない時に間が
あくので月平均三回になっている。先週末も家内と「007」(90点)を見た。
先々週は「ホビット」(95点)、その前は「ウーマンインブラック(80点)」、
三週前は「人生の特等席(85点)」。年末で面白いのが続いているが、暗い世相
の中でマイナー・エネルギーの発散になる。シネマの迫力はデジタル技術の進化
のため面白さが年を追うごと増している。家内も、私に付いてくるようになった。 
私が見てきた評価点数を聞くと全て80点以上で面白さが分かったのだろう。 
千五百円なら半分の回数だろうが、千円は価値がある。今年に入って36回目、
月に三回、10日に一度の割合。 去年春の傷が癒えてない現在、丁度良い
心のバネになっている。ひとつ間違えると初老性鬱症になりそうな日々、
月に三千円の予防的抗鬱剤と割り切っている。一回ごと一冊の読書として
みると短時間で異世界にドップリ浸かることができる。これも慣れてくると、
その異世界に積極的に入るようになる。この予防的抗鬱剤、飲まないと
ストレスがより沈殿していくようだ。
   * リティラシー
 時どき耳にするが、いま一つ分からないカタカナ語に「リティラシー」がある。
「あの人はリティラシーがない」というと、「論理性がない」と解釈をしていた。
そこで調べてみると「断片的情報から、必要な情報を引き出す能力」とあった。
そういう意味では、日本人が一番欠けている能力。 読書からして、
このリティラシーが基礎として必要である。断片の情報から推論を重ねることで、
ある結論に達する能力ということ。論理とは、そもそも推論を推し進めること。
それにしても「リティラシーが足りない」と実感する日々。 
・・・・・・
5765,閑話小題 〜ウィングスーツ
2016年12月27日(火)
   * ムササビスーツの飛降り映像がリアルに
 TVやYouTubeの映像で最も興奮してみたのが、ムササビスーツを着て崖から
飛び降りる映像。小型ビデオカメラを頭に付け飛降りる映像は見る者にも、
臨場感を与える。時々TVでも放映されるが、これが迫力満点。着陸失敗の激突
映像が今でも目に焼き付いている。最のシネマに、これを使ったシーンがあった。
 それにしてもムササビからよくぞ思いついたものである。
  〜ウィングスーツで検索すると
≪・ウイングスーツは、1990年代中頃にフランス人スカイダイバーのガヤルドン
によって考案された、手と足の間に布を張った滑空用特殊ジャンプスーツである。
ムササビスーツと呼ばれることもある。
 1999年にはフィンランドのBIRDMAN社から世界初の市販ウイングスーツが発売。
また飛行機の翼のようなタイプは「ウイングパック」と呼ばれ、カーボン
ファイバーなどで出来た硬い翼を身に着けて滑空する。
ウイングスーツで飛ぶことを、“スカイフライング” と呼び、
ウイングスーツで飛ぶ人のことを、“ウイングスーツ・パイロット”、
“ウイングスーター”“スカイフライヤー” と呼ぶ。
・スカイダイビングのように飛行機やヘリコプターにより上空からや、高い崖
からの “BASEジャンピング” により飛び降り滑空する。空気抵抗を増やす
だけでなく、揚力も発生するようになっている。
翼タイプの「ウイングパック」ではジェットエンジンなどの推進器を付けるなど
して速度、飛行時間を増大させている。また軍事目的としても開発されている。
最高時速は200km以上に達し、着陸の際は、事前にパラシュートを開いて減速し
着地する。
・2011年5月28日、米国カリフォルニア州にて、伊藤慎一がウイングスーツ世界
最長飛行の自己記録を更新。高度32,000ft (9,754m) から降下し、23.1kmを時間
5分22秒で飛行した。同時に、ウイングスーツでの最高水平速度世界記録363km/h
も達成する。 2012年5月26日には、ウイングスーツ水平飛行距離26.9km。
総合飛行距離28.7kmを飛行し自己記録を更新、通算5回の世界記録を達成する。≫
▼ ミスがそのまま死につながるから恐ろしい。バンジージャンプでも、
 あれだけ恐ろしかったのに。そこで思い立つのが「メガネ型動画プレイヤー」 。
これで見たら気絶するのでは? 最近では有機画面の生々しいのもある。
「生きているうちに、こんな経験するとはおもってもみなかった!」と、体験
直後の中年女性がインタビューに答えていたが。 さもありなん……
・・・・・・
5400,閑話小題 〜年末の早朝、つれづれなるままに
2015年12月27日(日)
☆ 一昨日のシネマは、『スターウォーズ』である。クリスマス当日のため、
 混雑を覚悟をしていたが、70人ぐらいの入り。 評価は80〜85点。
 5点基準で4点というところ。充分に楽しめたが、30数年前の物語の延長。
 当時は、新鮮でオンリーワン的な存在も、現在のSF映画の中では、アナザー
 ワンでしかない。しかし宇宙舟同士の戦闘画面は非常に面白く、映画館なら
 ではの世界に圧倒された。5年近く、週一回のシネマ、一度、現実から
 スピンアウト出来るのが良い。
☆ ところで、25日が年賀ハガキの締切日。 年毎に、死亡で枚数が減って
 いくのが気がかりだが・・・ 毎年、一人だけ住所がわからないで、何とか
 調べて出していたが、今年は見つからず、諦めた。 
☆ 今年の十大ニュース。思いのまま浮かんだ私の選んだ
 世界十大ニュースとは
 一番が、ISなどによるテロの激化。
 二番目が、それに伴う欧州への難民流出問題。
 三番目が、中国の株式の暴落。
 四番目が、原油価格の暴落と、新興国の経済低迷
 五番目が、TPPの大筋合意
 六番目が、世界的な極右政党の躍進
 七番目が、地球温暖化による、様々な異変
 八番目が、欧州経済の不調
 九番目が、ネパール大地震で九千人が死亡
 十番目が、中国の一人っ子政策が廃止 辺りか
・・・・・・
4668, 閑話小題 ー今年の総括 ーその2
2013年12月27日(金)
   * 今年の総括 ーその2
 今年を思い返して、さほど記すほど記す事が少ないのも珍しい。 
それでは新しいことを始めたか?というと、それもない。今月初旬に同級会の
出席のため上京した際、単独で上野の東京都立美術館に『ターナー展』を見て
きたことと、4年間一万キロ乗った電動アシストのマウンテンバイク(自転車)
を、クロスバイクに買替えた事ぐらい。この電動クロスバイク、ギアチェンジ
を最大に、アシストを強にして、全力でペダルを踏むと、アマチュアレベル?
のスピードが出る。 これは、信濃川の土手を「車輪付きグライダー」で空中を
低空飛行しているような感覚が味わえる。逆に雨道でスリップで転倒、数Mも
投げ出され、しばらく呼吸困難になり、心臓停止になりそうな経験もした。
この年齢になると「無事、是好年」である。また独りで美術館で作品を見る
経験も、一度味わえば、今度から、気楽に都内の美術館に行くことが出来る。
海外旅行の際、大英博物館、ルーブル、エルミタージュ、エジプト考古学博物館
など行っているが、何かで上京の折の都内博物館巡りも悪くはない。
  * 種違い
「子供が成長するにつれ、自分の顔や体つきが違ってきたので、DNAを調べたら
実は、自分の子供でなかった」という前代未聞もニュースが問題になっている。 
 ▼ 巷に、捨てるほどある話で、具体的な事例を幾つか知っている。
 このケースで問題は、「出来ちゃった婚」のタネが複数同時進行だったので、
喜多嶋本人が勘違いしたのか、妊娠を知った上で計画的誘惑?で・・ 
俗な言い方をすれば、「ヤリマン、ヤリ??同士が、たまたま挨拶がわりに
一夜を共にしたが、運悪く妊娠した。とこが、その種は、違っていた」
ジョークがある、「二人の男が殴りあっているところに警官が駆けつけた。
子供に、『どっちが父親なんだ』と聞くと、『その件で、喧嘩になったんだ!』」 
父親は誰か?奥田説が強そうだが・・奥田も喜多嶋も知っていた? 

・・・・・・
5035,ポジティブ・サイコロジー ー
2014年12月27日(土)
   『 ポジティブ・サイコロジー』クリストファー・ピーターソン(著)
  * ご機嫌になるために
 ネットで、「ポジティブ」で、検索したところ、以下のような内容が出てきた。
『幸福優位7つの法則』と、『 ポジティブ・サイコロジー』の内容を慶大教授が、
 一つにまとめたような文章で、解りやすい。
≪ 慶応の坪田教授は「ごきげんな人は10年長生きできる」という。
 タバコを吸えば寿命が10年縮みますが、タバコの害の大きさに匹敵するような、
逆向き作用があることになります。また、例えばがんを克服すると、男では3.7年、
女では2.8年、寿命が延びます(厚生労働省、特定死因を除去した場合の平均余命
の延び、平成23年)。そうなら、医者は、がんを抑圧する前に、不機嫌を治す
べきだということになる。ポジティブ心理学は、さらに「主観的に幸福な人は、
そうでない人に比べて、病気が少なく、収入が多く、人間関係が良く、生産的で、
行動的で、創造的である」と述べています。世界保健機構の幸福レポート2013
によれば、日本の幸福度は、世界156ヶ国中、43位です。先進国の中では下の方
にあります。 また、日本の幸福度は、過去5年間で、低下傾向にあります。
  ◎ なぜ苦痛にとらわれるのか
 ポジティブ心理学の父と呼ばれるセリグマン教授は、「多くの人は、過去の
苦い思いにとらわれる」と述べている(「世界でひとつだけの幸せ」p112)。
今、自分に何か良いことが起きたとします。我々は、その良いことにはすぐに
慣れてしまい、当たり前になって、有り難味を感じなくなります(幸福順応)。
逆に、自分に何か悪いことが起きれば、それは我々に苦痛をもたらします。
苦痛には慣れる事がなく、いつまでも苦痛を、引きずります。こうして、
我々の心は、苦痛で満たされるようになります。では、どうすれば?
教授は、ご機嫌になるために、次のようなことを勧めている 
(1)自分の良い点や、今持っている幸福に注目する(2)他人のために懸命に働く
(3)どうすれば幸福になるかを考え、幸福になる方を選択する
(4)自分の強みを発見し、それを生かすようにする(5)いわれなき万能感を持つ
(6)毎日3つの良いことを書き出す(7)ごきげんな人に会う(8)家族と楽しい
  時間を過ごす(9)心の中に透明ボードをおいて、不快なことから傷つかない
 ようにする (10)理由も無く、ごきげんレベルを上げる
教授は、「笑う門には福来たる」を紹介しておられます。「福が来たから笑う」
のではなく、「笑うから福が来る」のです。また、ロン・ガットマン氏は、TED
の「笑みの隠れた力」において、笑顔が健康に良い影響を及ぼすと紹介・・ ≫
▼ 長年かけてつくった一日、一週間、一年のスケジュールをこなすことが、
 私のご機嫌の元である・・ それと、思いの外、効果があるのが音楽。
二つのiPodに4千曲の音楽を入れ常に携帯して、ポタリンや、アイドルタイム
に聴いている。過去の苦い記憶が出てくるのは致し方がない。その時、意識的に
カットし、二度目は短くカットすることは可能。逆に楽しい記憶は繰返せばよい。
 工夫の積上げなくして、ハッピーになることは出来ない。 人にもよるが!


7608,閑話小題 〜ヤバ! クリミア半島

2021年12月26日(日)

   * ロシアも、この情勢に乗じて…
 これまた、ロシアもパンデミックによる混沌を利用して… 
中国、朝鮮、そしてロシアである。何せ、アメリカ大統領に、こともあろうに
政治家として素人のトランプを大統領に選出。世界は、この男に、かき乱された。
そして、混乱が冷め遣らない内に、パンデミックの登場になる。下手をすると、
三次世界大戦になる。それまで歯止めだった、アメリカ空母の存在も、超高速
ミサイルの登場で、抑えこみも可能かと… 対してアメリカも、超高速爆撃機の
登場で対抗。中国・ロシアの合同艦隊が日本の周辺を訓練と称して、一周したが、
その時に、アメリカも超高度の大型爆撃機を… これは、刺激が強すぎてか、
騒がれることもなかった、考えてみれば物騒もイイところ。 何やら、中東が
静まりかえったら、日本海沿岸に、火種が表立ってきた。クリミア半島周辺も、
 プ〜チン曰く、
<ソ連崩壊の最中にアメリカに騙し討ちにされただけ、それを、世界の混乱で、
取り返そうとして、何処が悪い。遣れるものなら、遣ってみな! 今の米国には、
三次大戦を遣る気概がないだろう…今なら台湾、一つで全てが解決する…>。
 ある日、突然、台湾海峡で戦艦同士の砲撃、一発で世界中が震撼する…
日本なんぞは、東京湾か…はたまた富士山の袂に、ミサイルの誤射でもして… 
何でもありの交渉材料が、あまりに多くある。 …この平和国家日本は、国際
政治の真只中の切った貼ったには、あまりに純朴すぎる。中国、ロシアにとって、
このチャンスは、滅多にあるものでない。

・・・・・・
7252,閑話小題 〜コロナ禍の中、YouTubeが進化?している
2020年12月26日(土)
◉ 腰痛が寒さに比例して出てきてるが、現在は少し治まっている。
 今年の腰の痛みは、‘鈍痛に痺れが加わった’格別な感がする。
天候もあるのだろうが… 今年もまた、9月半ばからの3ヶ月の定期コース。
1〜2週間、ジッとして治りかけると、数秒で元の状態になる繰返し。
ジッとしているのもストレス要因が加わり… 腰を曲げ歩き回るのも、
見っともないが、運動量の確保も必要。 

◉ その中で精神を保つに「驚き」と「笑い」が必要になる。
そこでYouTubeの面白さに助けられている。このパンデミックで家に閉じ籠る
しかない為に需要が増えてか、この一年で格段にアップスケールし、面白い
のが出てくる。 その詳細といえば… 
<ドッキリの仕掛けで… 超能力者が「サイキック」で、車体を持上げたり…
 レストランで、絡まれた相手をハンドパワーで身体を持上げたり叩き落とし、
 何も知らない周囲を驚かせたり…> 
<街路で、誰も座ってない椅子が突然回転したりして通行人を脅かしたり>
<玩具のネズミを突然、足元から飛び出して、反応を嗤ったり… 
 同じく街頭でマネキンが、突然、通行人を驚かしたり…>
<犬、猫同士の死闘だったり> 
<サカリの就いたアヒルが、小さな小屋の鶏、ウサギ、鴨とか、見境なく…>
 ―
それらが、人気ランク順で次々と出てきて、飽きない。1〜2時間がアッと間に
過ぎ去る。 75歳にもなるのに、私の好奇心は‘サカリのついたアヒル並み’
ミニドラマ風のショートショートに構成されていて、類似されたのが次々と…

・・・・・・
6860,映画評 〜『スターウォーズ』
2019年12月26日(木)
  
 * 映画評 〜『スターウォーズ』
       <スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
                    スカイウォーカー家の物語>
 当初のスターウォーズは、その圧倒的宇宙の世界に惹かれてみていたが、
それもマンネリ化を感じてから、ほぼ見ることがなかった。クリスマスであり、
最終章というTV・CMに後押しされでみることに… その感想を一言でいうと、
<宇宙ものを「T−LEX」の大画面と音響に圧倒され、一時なりとも現世を超越
 した感覚が何とも見応えがあった!> 二度見たくなるまでではないが…90点。
大画面の迫力は確かに魅力がある。何はともあれ文明の利器を味わないと。
21世紀を見ないまま亡くなった我が内なる故人たちの分も含め供に楽しまないと… 
 月曜に関わらず老若男女の観客の多さにも驚かされた。
  
   〜映画サイドのブログの内容紹介から〜
《 1977年に『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が公開して42年、
 すべての記録を塗り替え、映画史すらも変え続けている「スター・ウォーズ」。
ハリウッドの偉大なる巨星ジョージ・ルーカスの手によって生み出された、この
壮大なサーガは、その映画史のみならずエンターテイメント史においても”伝説”
という言葉がふさわしい唯一の存在となった。そして今、その伝説がついに
一つのフィナーレを迎えようとしている。
   〜その物語とは
< 善と悪が入り混じり、喜びと哀しみに彩られ、平和と戦争が織り成す怒涛の
 銀河宇宙の歴史に名を刻んだこの一族の物語に、ここでピリオドが打たれる。
42年もの長い歳月をかけて語られてきたスカイウォーカー家の“家族の愛と喪失”
の物語は、2019年12月20日、ついに幕を下ろす。
 そのドラマの大きなカギとなるのは、かつて銀河に君臨していた祖父ダース・
ベイダーに傾倒し、その遺志を受け継ぐべく、銀河の圧倒的支配者へと上り詰めた、
スカイウォーカー家の一人でもあるカイロ・レン。そして、伝説のジェダイ、ルーク
・スカイウォーカーの強い意志を引き継ぎ、類まれなフォースを覚醒させたレイ。
新たなるサーガを担う若者二人の運命が、この物語の行く末を担っている。>
 ―
▼ 宇宙船同士の空中戦の面白さは、抑圧された肉体から精神を奮い 立たせて
 くれるから42年も続いたのだろう。 ただ面白いのは間違いない。私たちの
世代にとって、ビートルズと共にあった世界。その一つが消えていく。記念碑と
して見ておくべき映画。 明日は… 『寅さん』の世界ですか!

・・・・・・
6496,閑話小題 〜「離脱クラブ」とは、よく言った!
2018年12月26日(水)
      
    <カタルーニャの次はどこか、『富める離脱クラブ』の脅威
          在英保育士 ブレイディみかこ> 文芸春秋1月号
   * 何やしら変な時代に
 これまで欧米が、未開発地域、アフリカ、オーストラリア、アメリカ大陸、
アジア大陸などにキリスト教とかいう麻薬を先頭にばら撒き、その後、大量虐殺
をして世界を席巻してきた白人第一主義が現実の世界の姿。それが情報化で露わに
表だってきたから困ったもの。その象徴がアメリカ建国の理念の絶対否定主義者
のトランプであり、英国帝国のEUの離脱であり、スペインのカタリューナ地方の、
独立宣言である。ソ連邦の解体が、その本質を凝視すれば、その先鞭である。
首都圏と大阪ベルトラインの住民の本音は、「何で東北の田舎者の為に国税を
払わなければならない?」が本音。 一年前の『文芸春秋』が… 。
  〜この記事内容を要約する…
≪ イギリスが何故に、東欧だけでなく、北アフリカ、中東の難民の御世話を
 しないといけないのかと疑問を持ち離脱するのも頷ける。要するに経済問題。 
欧州で「カタルーニャの次は、『富める離脱クラブ』の脅威」という記事が
話題になっている。 
・EUを主導してきたドイツで、メルケル率いる与党が往年の勢いがなくなった。
・イタリアでも何やしら怪しげな空気が漂っている。圧倒的経済力を持つ
 北イタリアが、他地区に対し不満をもち… 。
・英国から独立を果たしたスコットランドも、北海油田の埋蔵量がバラ色と
 思っていた量より遥かに少ないことが判明し、原油価格も一時の半分となり、
 どうも国家の先行きが怪しくなって、それを率いてきた与党の人気がガタおち。 
スペインで若者の失業率が半数、イタリアでも35%が失業状態。富める人たちは、
何で貧しい人たちの面倒をみなければと、若者と貧困層は、政府の経済政策に
不満を持つ板挟み状態。≫

▼ アメリカは、欧州の食いっはずれがインディアンを数百、数千万も虐殺し、
 国土を奪ってきた現実がある。あの赤ら顔のトランプが、その象徴。
白人がインディアンから奪略して横臥してきたのに、黒人モドキのオバマが
大統領になり、綺麗ごとを垂れて、後発に来た黒、黄、茶色の有色人種に荒ら
されなければならないか? という疑問を持つのも当然である。 これが、
泡沫白人候補を大統領に選出した根底にある。 情報化、グローバル化は、
自動的に勝ち組の総取りに…。 豊かなものはより豊かに。地域、国家単位
でも同じ現象が生じてくる。北朝鮮問題も、韓国も含めた貧困国の格差問題。
核とミサイルで富める国の日米を脅しすかした恐喝でしかない。
19世紀初頭から半ばにかけて第一次、第二次世界大戦が起こって、合わせて
数億人以上の死傷者を出してしまった。その状態に、現在の世界情勢が酷似。
情報化とAI化が、止めどなく進化する中、取残された大部分の隷属国家と国民
にとって非常に厳しい近未来が待っているのでは? 
 
トラちゃん、金ちゃんが、そのまま、暗い近未来の象徴をしている!
〜これまた偶然だが、丁度よい文脈が次つぎつぎと、つづく。
――――
・・・・・・
5399,グローバリズムという病 ー
2015年12月26日(土)
 
――――
6131,閑話小題 〜両隣りのバカの争いは火事より怖い!
2017年12月26日(火)
  * バカは隣の火事より怖い 〜談志
 北朝鮮とアメリカ国民の実感しているのが、談志が言った
<バカは隣の火事より怖い>。この二人が、何をしでかすのか?
「両隣りのバカのイザコザは自宅火事より遥かに怖い!」ということに。
今年はことなきを得た?が、来年は? 中国、ロシア、アメリカは軍需国家。
バカと鋏は使いようと北朝鮮を煽り立て、緊張状態をつくり、隷属国家に兵器を
押し込む。問題は在庫兵器の平均年齢が基準を超えつつあること。14年とも、
いうが、「シリコン集積回路の集積密度が2年でほぼ2倍になる」という経験則
「ムーアの法則」。14年前の兵器はゴミ同然。在庫一掃の時期の到来。
弱者の立場の北朝鮮の戦法は、ただ一つ、「大陸核弾頭ミサイル」の保持。
見え隠れするのが、中国、ロシアの思惑。政治経験皆無の泡沫候補トランプを
プーチンが、選挙応援をして当選させたのがバレバレ。この結果には私だけで
なく、ロシアも中国も唖然としたはず…。そのロシアのスパイ援助を覆い隠す
には、朝鮮との全面戦争がうってつけ。白人第一主義者にとって、躊躇する何も
ない。 早ければ年末年始の確率が20%。来年中が50%辺りか。近々、100%
と予測する解説もある。その両隣にある韓国と日本が危ない。韓国は50年以上
かけて一人辺り3倍容量の核シェルターが完備されている。現在、定期的に、
戦争を想定した訓練が続いている。しかし日本はゼロ。 効率からすれば、
当然日本の稼働している原発か、首都圏を狙うのが弱者の戦法。さあ如何なる。
 バカといえば、私たちの脳内。想像力と思考力不足の知恵遅れの有り体。
万人とはいえ、それに気づいていないこと! 他者のバカさは認知できるが、
己のバカには気づかないから始末が悪い。
 先日、書いた<我が内なる「珍獣」と「珍ころ」の対話>を想いうかべて、
「朝鮮半島危機」について対話させ考えてみようか。「珍獣」が「ドン様」。
「珍ころ」が「トランプ」と想定して対話させると面白くなるはず。
バカバカしくて涙が… 世界は ピッピ によって滅ぶというが… 
まずは、冬季オリンピックが無事開催されるかどうか!盛上らない訳だ。
ロシアの出場禁止に、プーチンが大した拒否反応をしなかったのも不気味。
 -- 
   * つれづれに   
・昨日はクリスマスとはいえ、以前とは違いTVの歌番組特集も少ない。
朝鮮戦争前夜の空気が、そうさせるのか。数多の北朝鮮の漁船の漂着を連日、
TVニュースなどで見せられると、現実社会のマインドが冷え込むのも当然。
これらの空気感覚が、年金生活の御隠居には鈍感になる。ハロウィンが若者間
に定着し、分散されたこともあるのか? 
・日馬富士暴行事件の背後に、白鵬と貴乃花親方の対立の図式が浮上がってきた。
白鵬の逆上せ上りも優勝回数からして無理はないが、自らの万歳とはあまりに…。
力量があるが故の酷いアパルトヘイトの怒りの蓄積は分からないでもないが、
このままでは朝青龍同様、日本国内在住さえ難しくなる。相撲に対し、真面目で、
真摯で、骨太で、非の打ちどころがない大力士だけに、終わり方が難しい!

・・・・・・
4667, 身近な貧困 ー2
2013年12月26日(木)
   * 都会サラリーマンの貧困問題
 比較的恵まれていたと思われていた都会サラリーマンに深刻な貧困問題が
浸透している。彼らの間にも、親がリッチかどうか、勤務先の業績などで、
格差が生じる。 ー以下は、あるブログを要約した内容ー 
《 日本では、持ち家に住み、スーツなど身なりはキッチとし、子どもを
 私立学校に通わせる「見えない貧困層」が多い。 ところが一般的に、
この水面下の変化の実態が見えてない。ごく普通のサラリーマンの家計のキ
ャッシュフローが破綻の危機に瀕している。年収600万円のサラリーマンの場合、
税・社会保障費を除いた可処分所得は450万円。そこから住宅ローン(150万円)、
生命保険(50万円)、子どもの学費・教育費(約150万円)を引けば、残り100万。
親子3人の暮らしは最低水準。中学から大学まで子供を私立に通わせると、一人
1,500万円の費用、子供を下宿させると、さらに年間100万円が必要で、総コスト
は2,000万円。子供ニ人りなら計4,000万。一人あたりマンション1軒分の教育費。 
東京・大阪など大都市圏では公教育は崩壊しており、私立に通わせるしかない
状況で、急激な家計の逼迫に苦しむ。これが、サラリーマンが「貧困化」する
最大の理由。 9割が中流の時代は終わり、18歳以下の子供のいる家庭の60%が、
家計が苦しいのが実情。「貧困化」を避けるには、子どものいる家庭は住宅
ローンで家を買うのをやめるべき。そのために住宅ローンは頭金の2倍程度
までに抑え、失業や倒産でキャッシュフローが途絶えた時の備えが必要になる。 
 サラリーマンの生涯年収は地方2億、首都圏で3億円といわれる(平均収入
700万円×40年)。このうちの2割の6,000万円は税金と年金・健康保険などの
社会保障費で天引き、手取りは2億4,000万円。ここから住居費(6,000万円)と
保険料(2,000万円)を引くと1億6,000万円。そのうえ子供ふたりを育てると
4,000万円の教育費がかかり、残りは1億2,000万円。サラリーマン人生40年で
割れば、実質可処分所得は1年で250万円、毎月約20万円で、食費や小遣いなど
の生活費で、お金はほとんど残らない。住宅、保険に、養育、税金を払うと、
資産は残らないことになる。》
▼ 高学歴になるほど豊かな人が多く、低学歴ほど貧困の比率が高いのは、
 学校の同級会に出ると明確。ところが、最近は、我々の年代が高年齢化もあり、
そうでもなくなってきた。特にリーマンショックから、その厳しさは増している。
このケースは、リストラ、倒産にあわない順調のケース。静かな恐慌に入った?
現在、冷静に見渡すと6人に1人が貧困で、予備軍を入ると3分の1の生活が厳しい
のが現実。まず20数年前のバブル崩壊、12年前の9・11、5年前のリーマンショック、
2年半前の東北大震災で、良き時代は終りを遂げた。まず地方経済に、そして
首都圏に深刻な貧困問題として、厳しさが増している。一流大学を卒業、
一流企業に勤めていても、リスクが各人に待ち受けている。終戦の半年後に
生を得て、右上がり、そしてピーク、右下がりを充分味わった人生。
これから10年、貧困問題は深刻度を増すことは確実である。

・・・・・・
4302, 「国の借金」新常識 −4
2012年12月26日(水)                              
 * 日本はギリシャとは違う  「国の借金」新常識 ー廣宮 孝信
   ー まずは、日本とギリシャとの違いについてー より
≪「日本はギリシャのようになってしまう」というが、日本とギリシャは違う。
 その違いを知ることで、理解につながる。「日本とギリシャの違いは、借金を
している通貨を自分たちで発行できるかどうかの違い、そして、モノづくりが
強いかどうかの違いである」。財政余裕度を比較しても比較ならないほど違う。
GDPに対する貯蓄率は日本はプラス23%に対し、ギリシャは3%。外貨準備高は
日本が20%に対し、2%。対外純資産は日本が+51%に対し、−91%。
比較すること自体がおかしいが、ギリシャ化ということ自体に問題がある。≫
 ー 国全体の預金=対外純資産は、日本が最大!
≪対外純資産とは経常収支が累積したもの。別の言い方をすると、政府と民間を
合わせた国全体の純資産=「国全体の預金」になる。この絶対額で日本が世界最大。
これは、いざというときのための貯水池に水が貯まっている状態である。
 これは日本とドイツの共通点である。リーマンショックまでは、いずれの国も
貯水池に水があったが、リーマンショック以降、PIIGS諸国は大地が一気に
干し上がり、危機に直面するようになった。 1100兆円が日本国の借金の限界は
真っ赤なウソ。もし本当なら三年前に日本は破綻しているはず。日銀の統計上、
計上されてない「財融債」があるが、これは実は立派な国債。これを加えると、
すでに個人の正味の資産が国の資産を下回っているので国債は暴落している
はずだが、何ともない・・ ≫
▼ 先週末のMHKTVのゴールデンタイムで、「日本国債700兆」を放送していた。
 安部政権の更なる国債発行による公共投資に対する警告に思えた。相手は世界の
投資家集団である。国債の暴落に賭けて売りを浴びせればひとたまりもない。
ギリシャとのマイナス比べや、日本の純資産が多いとかは小さな要素でしかない。
恐らく、太平洋戦争の末期の戦争国債のつもりで、安部は最後の賭けに出るのだ
ろうが、どうだろう? やはり、末期患者の最後の強いリンゲルということ?
  「安部と麻生は歴史に残る最悪の首相」になるのか。 
ハイパーインフレで二年? で、最後の饗宴は終わるのか。


7607,閑話小題 〜シネマ観賞

2021年12月25日(土)

   * シネマ観賞… 『キングスマン』
◉ 最近のシネマ観賞は三週に二度の割合になっている。少なくなった習慣で
残ってるのが、このブログの維持と、シネマ観賞ぐらい。 毎日のように
物忘れが酷く家内に罵倒される日常だが… まだ、注意されるだけマシかと! 
としても我ながら酷いもの。このブログの御蔭か、思考能力は何とか維持して
いるが? … これだけは諦めたら病院通いに陥ってしまう。根気が続かない
ため…状況に流されがち! ストレスも一定量は必要悪。 空虚感はない為、
欝にならずに済んでる。愚痴を言う老人の姿を多く見かける! 愚痴、言訳は
老化現象の最たるもの。昨日のシネマは『キングスマン』だが、期待しなかった
だけ面白かった。百年前の第一次大戦の時代設定だが、シリアスの場面が続き、
何時の間にか手に汗をかいていた。特撮が年々、ド派手になり、自らが、その
最中に居るような感覚になる。時代は21世紀に入り、暫く経過している。

◉ YouTubeの話になるが… 『日本体育大学の集団行動』に驚いた。
一言でいうと、<行進マスゲーム>。…100人位の白い上下の体操着の学生の
行進マス・ゲーム。 みている内に、その鮮やかな集団行動に魅せられていた。
40年続いているというが、誰一人としてミスはない。終わって支度部屋に戻った
集団が泣き崩れているには、これまた驚き。一人の失敗が、全体に及ぼす影響は
大きいのを知っているが故に、その緊張度は、想像を絶するのだろう。
それを避けるには練習量しかないことは誰も知ること。知らないでいることが、
あまりに多い。それと類似したのが… それは、今後の話題ですか。

・・・・・・
7251、閑話小題 〜年賀葉書の最終日に
2020年12月25日(金)
   * 今日が締切日…?
◉ クリスマスといえば、毎年、年賀葉書を書上げてポストへ! 
 数日前に家内が留守ということで、居間で数時間、集中して書上げた。
年々、対象数が少なくなり、何やら寂しい気がするようになってきた。今年は、
週4回のスポーツジムと、週一のシネマ館通い以外で、ほぼ誰に会うこともなく、
閉じ籠りが多くなっていた、そこにコロナ禍。 一種、自閉症的でもあるが、
全く、苦痛が無いのが我ながら驚き。 9月には自転車が転倒し、眼下を1・5
ほど切って、来春先まで、ポタリングを中断した。…それもあって少し肥え気味
だが、それも、せいぜい2キロの増加。
 
◉ このコロナ禍の中で、クリスマスソングが聞えてこない。年末年始の浮付いた
 空気感も全く無し。一般大衆は、その時々の…共同幻想の御祭りに踊らされて
いたと気づいてしまった意義は大きい。 もし連合いがポックリ亡くなり、子供
が巣立った家で、年末、年始を過ごして気づく侘しさは、こんなものか… 
人間は温みがあればこそ、ぬくぬくと生きられる。 「幸せ=温み」ですか!  
で、今朝のパソコン前は寒む!!

◉ スポーツジム内が閑散としている。私が欠かさず参加しているエアロヨガ?も、
 比例して参加者が減っている。 〜インストラクター曰く〜
このジム以外が全滅で 週に10以上あったヨガコースも、ここの3つだけ。 
ヨガ仲間は、転職か、廃業が次々と… 特に店舗を持ったヨガ教室は全滅… 
先が見えないのが悩みのストレスのタネ。 〜見え隠れするのは経営者の悩み。
開店以来…10年近いため、元は取れたため、最悪ではないだろうから、問題は
「最短3年、最長7年間の凌ぎ」である。 社員にしてもボーナス、給料の切実な
問題がある。 経営も個人にしろ、何ごとも、万一の蓄えが有るか、否か。
準備無しの人ほど、他者の長年かけたエネルギーが見えないから始末が悪い。
世間人の境目は、その辺りになる。得体のしれない犬コロが、当所なく彷徨う。

・・・・・・
6859,読書日記 ~マインド・リーディングの「道具箱」
2019年12月25日(水)
        〈『心を上手に透視する方法』トルステン・ハーフェナー著〉                   * たった一言で、その場を沈黙させる法
 この本はマインド・リーディングの『道具箱』の紹介の本である。
会場には数百人の観客で、テーブルに12名のパネラー。 隣の人しか話が出来
ない状態の中の圧巻の一言…
 『一つ、すごくプライベートな質問をしていいですか?』…
一瞬にして私のテーブルは静まり返った。 人は雑踏の中で聞えてくる会話で、
自分の名前を聞き取る。自分の名前と、プライベートな質問は同じくらい興味が
あるからだ。いま思いついた話題… 何度も書いてきたが
〈独身時代のこと、女性職場の何処の世界にもNO1の女性が存在する。その時に
私が使った秘術は… さて何でしょう? まあ、黙っていた方が心に残るから。〉
 エッと思うでしょう。その答えなど、あるわけがない。せいぜい〈距離を置き、
ああ可愛いなと思っていれば、気持ちが通う〉というぐらい。 ただ、非常に
興味を持たせる質問になる。私の浅知恵で「4人の姉がいて、一応、粒よりでね、
貴女のような人がいると懐かしくてね…」ぐらい。、これも 私の創作になるが、
本気でなければ、何でもいえる。まずは人畜無害。次は称賛。三度目は優しさ。
そして気楽さ… コンビニに似ているが。 これを若い女性は求めている。
 ―
    * 運の良い人悪い人
 ヘンリー・フォードは、こう述べている。
<あなたは、自分が何かがとても上手にできると思うが、全然できないと思うが、
どちらも正しい」 要するに思考パターンの問題。
 英国のリチャード・ワイズマンも、自分が幸運カ、不運かは本当に偶然か? 
それとも、不運と幸運の人が実際に存在するか大々的に調査をした。
 〜その結果は
≪「運が良い人は、運がない人より、チャンスによく気づくことが導き出された。
 私たちの思考は私たちの行動に影響を及ぼし、不思議なことに、幸運か不運の
ドチラかを引寄せるのである。」 さらにこうかいている。
「楽観的な人は前向きでエネルギッシュで、新たな機会や経験にオープン。
一方で運がない人は、控えめで頼りなく心配そうな反応を示し、目の前の機会を
見つけて活かそうという気がないようだった」≫
 ――
▼ 9年近く前に会社清算してから、面白い現象が多々あった。
 人生に運ある人の一群と、逆に運のない一群の差が、そのまま、私への対応に
違って出ていた。会社と個人を明確に分けて、個人補償を一切外しておいたため、
持家を、そのまま維持し、そこで生活可能で住む(済む)ことができた。
幸運の一群には、それが理解でき、逆の一群には、それが理解できない知能範囲。
まずは、自分の気持ちの切替をして、生活習慣も変えた。当然、幸運グループの
一群は、それが見えているが、悪運の一群には、理解出来はしない。 その観察
をしているだけで、心に余裕が持てたのである。心底から軽蔑してくる相手には、
私も同じ心で対処する。それが、その人の限界であり、その外側がみえない。
 逆に現業が上手くいって、息子に引き継がせることより、こと個人の側から
みれば、自己清算が、より幸運だったかも? という視点の存在に気づいた。
内側の視線も、考え方ひとつで、幸・不運が決まる不思議さの実感。

・・・・・:
6495,つれづれに哲学 〜内的自由と外的自由の違いは何?  ー2
2018年12月25日(火)
   * 自由って、奥行きが深すぎる!
 卒業時に誓った「一日、最低二時間の読書習慣」が、考えてみたら、
自由時間の確保そのものだった。実社会に飛び出した直後に、現実社会での
フィールドワークで得た情報管理として、カード型日記を始めていた。
創造工学の川喜多のカード 日記 。それを小型の分類ボックスに挟み込み、
その後、貯まった分を分類の大型封筒に、輪ゴムで括り入れる。面白そうな
新聞・雑誌の記事は2枚のカードのホチッキスでファイル状にして挟み込む。
現在の、この随想日記の原型である。≪…≫の部分が、これ。以前はコピペ
をしていたが、今では、ワザワザ手打ちにすることが多い。そこで考えること
になるからである。 この堅苦しい?行為は、日常を切取ることで、雑念や、
雑事を整理する役目になっていた。しかし、当時は、その行為が御宅的感覚
になり(今でも、そうか?)、1年で、封筒の全てを捨ててしまった。
(勿論、後年に公開した)もう2度と読返すことがない記録を何でまた?と。
その苦い経験もあって、現在は、同月同日分を、連日、コピペして流し読みを
している。この習慣自体が自分の心を不自由にしている?のか、逆に時間枠
から解放する役割になっているか… 半々である。
 ネット検索で「自由とは何?」と入れると、面白いのが多々あった。
―                   〜コピペ…〜
〔 幕末期、英語のリバティが「自由」と訳されました。自由の「由」には
 いろいろ意味があります。よりどころ、理由、いわれ、口実、趣旨、事情、
手段、縁、風情…。これらの単語の前に「自らの」とつけると面白いです。
自らのよりどころ、自らの口実、自らの事情、自らの風情…。
 幕末の人々がリバティという言葉を必死で考えた様子が伝わります。
現代、自由は保証されています。 でも、私たちはなぜ自由を実感できない
のでしょうか? 人間的欲望をそこにすべて託しているからじゃないのか。
自由という言葉には複雑な罠が張り巡らされています。
「俺は自由だ。なんだってできる」と誰かが叫びます。しかしこれは大間違い。
自在と自由を混同しているにすぎません。もともと、リバティは「自在」と翻訳
されたのですが、微妙に違うということになって、「自由」に落ち着きました。
自在とは、たとえば「相手を自分の意のままに操る」ということ。
これは独裁と一緒、みんなが自在を実践すれば世界は成り立ちません。
「自由」はむしろその対極にあるのかもしれない。
この限りある世界で相手との関係性を考え抜いた上で、思慮分別を伴って
自らの「由」を探ること。 〕


▼ 当時のボックス日記帳は、創造工学の川喜田 二郎 の本から発案したこと。
 18年前からの、この随想日記は、そのクラウド版。『分類』の中の「検索」
にキーワードを入れると、過去の記事が、時系列に表記される。これで
当時の2度と日の眼にあたることがない?問題が解決をした。私は利用をした
ことがないが、グーグルのメールにコピペをしてクラウド化して、キーワード
で呼び込む使い方があるようだ。現実社会を覆ってしまったネット社会は、
自由の枠を限りなく広めてくれた。パソコン、大型TVで、毎日のように見る
YouTubeなどの映像世界は、連日のように、「心」いや『魂』を日常世界から
解放してくれる。<何何、オーバー過ぎる表現?>  ならばYouTubeで、
【マッターホルン ムササビスーツ】 【マッターホルン ドローン】
【闘牛 街中】 【ドローンレース】 でも入れてみたら良い。あと、
【世界のクリスマス 鮮明画面】 【ライオンとバッファロウの死闘】
寝室に籠って下界から隔離していることもあるが… 
 これにゴーグルを身に着け、アルプスの山をドローンで飛ばしたら、これ程、
面白い体験はない。内的自由と、外的自由の境目にバーチャルで気楽に立てる? 
余命1年と言われた後、カナダの合法地区の??ツアーを探して… 冗談!
 魂の解放とは如何なるものか? 「死こそ魂の解放」というが、ならば自殺
の可否の倫理問題になる。生きたままの開放感。至高体験! 大自然の邂逅で
何度か経験したが… それはそれは! もう一つ、南アフリカのザンビアの
鉄橋からの100mのバンジージャンプ。息が出来ないほどの恐怖から、次の一瞬
の落下の最中の開放感。生きたままの死の瞬時の実感とは、あれだったのか!
自由は、死際の刹那の一瞬に姿が現われ出てくる? 楽しみ? とんでもない!
 その前に、老化の悲劇の問題が待っている。

・・・・・・
6130,読書日記 〜「続・下流老人」
2017年12月25日(月)
        <続・下流老人 一億総疲弊社会の到来  2016/12>
 図書館の「返却コーナー」で見つけ、以前、読んだ本の続編とは知らずに、
借りてきた。一年前に発刊になっているが、以前、前編を読んだ記憶があった
ため、HP内検索をしたところ一年半前に書いていた。改めて読返すと、他人事
の問題ではない。夫婦間で、「節約はあなた、浪費は家内」の格差が歴然に…。
しかし私が欠けると同時に?…だが、自宅を売却すれば、何とかなると嘯くが。
 私が子供の頃の定年が55歳だったが、長寿化に伴い、現在は65歳。それが契約
形態を変え70歳になろうとしている。景気停滞の中、皺寄せは「下流老人」に。
「親の因果が子に報う」の通り、親の不甲斐なさ、そのままが、子孫に受け
継がれていく。これで朝鮮戦争が起きて、攻撃の矢面になれば、日本全体が
激しく損傷する。 北朝鮮の漂流漁船の実態のニュースもあるのだろうが、
クリスマス・ソングがTVから殆ど聞こえてこない。
 「クリスマスと年末休暇の帰省」に名を借りたソウルからの脱出を終えた来年
早々の攻撃の可能性が無いとはいえない現実味が。とすると「一億総下流化」も。
 命をかけた大量難民が、大挙、到来の可能性が現実味を帯びてきた。
価値観が全く違う彼らが… 現在の欧州に近い問題が身近に生じることに。
下流老人より遥かに疲弊した難民問題に、打消されることになる。
  
  内容紹介
≪ 下流老人は、過労老人へ――
 「死ぬ直前まで働く」社会がはじまる!!
 間近に迫った「一億総老後崩壊」。それに抗おうと、必死に働く高齢者。
思い描いた老後は消え、体も心も極限まですりへる社会がおとずれる。
「年収400万でも将来、下流に!?」というショッキングな内容で、老若男女、
全世代から反響のあった前著から1年半。 本作では「高齢者の労働と貧困」
をテーマに、日本人の9割が他人事ではない「死ぬ直前まで働く」現実を報告。
 そのうえで、前著の反省をふまえ「どうすれば下流化しないか」という
“解決策"を徹底的に書いた。明らかに深刻化する日本の老後、一億総下流化
を防ぐには、もうこの道しかない! 粉骨砕身の書き下ろし。
(本書でいう下流老人とは「生活保護基準相当で暮らす高齢者、
 およびその恐れがある高齢者」のことである)

――目次――
  ●第1章 深刻化する下流老人
貧困大国化する日本

―――
藤田孝典 (著)
2016/04/11
下流老人 ー
 『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃 』で、「下流老人」の用語を
提示をした藤田孝典 が、その定義を、「生活保護基準相当で暮らす高齢者、
およびその恐れのある高齢者」とした。 既に貧困老人は700万人に及んで
おり、相対的貧困率は22%、高齢者の4〜5人に1人の割合だが、その少し
多めの人を入れると、3人に1人となると。お金は天下のまわりものだが、
愚痴を言いたいのも分かる。  〜著者のレポートによると、
<・2014年の高齢社会白書によると、3千万円以上の預金を持っている
 高齢者は25%もいるが、蓄えが十分と答えた人は、わずかに3・4%しか
いなかった。既に一割が安心して暮らせる水準だが、あとの9割は不安定の
状態におかれている。
・例えば、自営業で働いてきた夫婦の場合、二人の国民年金は、13万円。
税金などを引かれて10万そこそこなら、生活保護並みか、それ以下になる。
生涯平均年齢400万のサラリーマンをみると、厚生年金が16万、妻が
国民年金として、その加算が22万として、手取18〜9万では、ほぼ生活
保護並み。夫が、ガン等の病になれば、即、困窮生活に入る危険がある。
・その上に、子供が失業をして実家に頼ってきた場合も、困窮理由になる。>
▼ 4人に1人が3000万の預金とは驚き。老人の貧富の格差があまりに大きい。
 NHKや、民放のTVで、下流老人の厳しさの実態事例を放送しているが、
これは何処にも見られる話。 周辺を見渡すと、比較的豊かな人が多いが、
3分の1か、4分の1は、瀬戸際にあり、傍でみても、非常に厳しいのが分かる。
貧困老人問題が関心が持たれるのは、老後の貧困が、特殊な人ではなく、
平均的サラリーマン生活を送って来た人にも、近い将来現実になりつつある
ことがわかってきたため。 去年の6月30日に起きた71歳の老人による
新幹線車内でガソリンをかぶっての焼身事件。当人は、その月から年金だけの
生活になって、改めて受給額の少なさを実感し、不満を周囲に漏らし、自殺を
ほのめかしていたことが事件後に、明らかに。その年金受給額は月12万円。
居住していた杉並区の生活保護基準は14万4千円。年金受給額が生活保護
基準を下回っていた。それまで清掃業の仕事をしていたが、仕事がなくなり、
年金だけの生活。もっと少ないと生活保護を申請するケースが多いが、
12万は、生活保護基準を下回るが、極端にひどくはなく、普通の勤め人生活
を送ってきた人が、年金暮しで単身生活を送る標準的なケースという。
この老人は、将来を悲観してしまったのだろうが、特殊なケースではないと。
老いてからの貧乏は身に染るが、9割が、その淵とは… 老いた夫婦の場合、「
先に逝ったもの勝ち」も、あながち? 
―――
2015/10/02
下流老人 ー◆  漸捨老人への転落
 この数年来、団塊世代が年金生活に入ったこともあり、マスコミに扱われる
ことが多くなった。更に新幹線内で年金制度に対する抗議の焼身自殺もある。
今では、週に1〜2度は、TVで極貧の『下流老人』をレポートをしている。 
多くにとって、他人事ではない問題。私の場合が一歩間違えれば…
準備期間を入れると45年間心血をそそいだ事業が思いもよらないリーマン
ショックで成立たなくなった。それでも事業設計の段階から万一の備えを組み
こんでいたこともあり、何とか人並みの生活が維持している。 ところで、
ブログ内検索で調べてみたら、二ヶ月前、「下流老人」のテーマで扱っていた。
 (後にコピー) 〜最近みたTVでのアンケート〜では、
・病気などで、大金の思わない支出
・離婚で、財産が消滅
・転職の失敗(思い上がり)
・頼れる家族がいないか、その家族がギリギリの年金に頼っている
・手持ちがあったが、気前良く使っているうち底をついてしまった
  などなどの事例を生々しく映しだしている。
 手持資金が底をついたが、あてが国民年金の一人暮らしで6〜7万円では、
家賃で大半が消えてしまう。数ヶ月前に、中学校の「古希」の会があった。
会場が県境の湯沢で、二万円近くの会費のため、出席できる人は、限られる
ため、貯蓄、収入の余裕ある人が中心。そのため実態は見えないが、身近を
知る限り甘くはない。 TVで誰もが口を揃えて、「まさか自分が!」という。 
私のケースでも、夫婦のどちらかが欠ければ、この大きな屋敷の一人住まいは
難しく、小さな家への住替えか、施設の入居の問題が出てくる。
 団塊の世代は、終戦直後の最低の環境から、バブル崩壊まで35年間、
地球史上、稀なる7%の経済成長を続けた。これは奇跡中の奇跡の恵まれた
環境の中、そこで育った人生は幸せだったが、末路の気の毒な結果が、
『下流老人』。もっと気の毒なのが、その子供と孫。親の介護に、職も
全財産を注込んで呆然とする姿が、戦後世代間の全て問題を象徴する。


7606,閑話小題 〜 朝鮮半島、中国が変である ―

2021年12月24日(金)

   * 韓国、朝鮮も然り…
 <パンデミック対応そのものが、国力として、そのまま現われ出ている>
 何故に、日本が突出してパンデミックを抑えこめているのか?
世界の科学者の間でも理解不可能のようだ。 豚インフルエンザこと、
新インフルエンザで、薬が既にいきわたっているのも、あるそうだ。
清潔な生活習慣も、それに加わる。…そういえば、帰宅直後のウガイと、
手洗いも、この数十年来の慣わし。北朝鮮はさて置き、韓国も大統領選挙を
ま近に控えて、政権そのものがレイムダック化して、右往左往しており、
世界中から距離を置かれている様相。政権交代と同時に、脅し材料として、併合
時代の日本の罪業を取り出しているが… それも、期限が遥かに過ぎて、効果が
薄れだしている。日本の対応が甘いため?それが他国に通用すると錯覚している。
 政権交代後には、前政権の首長が、逮捕され獄に繋がれるのが常になる。
例外がほゞ無いのがシリアスだが… 朝鮮戦争の名残りが、続いているための
権力集中が続いているのと、儒教の生活習慣が、汚職を誘発している。
 ――
   * 何故か、今年は特にクリスマスソングが聞えてこない
 パンデミックもあるが…静かなクリスマス・イブである。今さら、クリスマス
でもないが… 聞きたければYouTubeで検索すれば、画面に即座に現われ出てくる。
これも時代の変化である。銀座、新宿の盛り場の飲食店は、パンデミック終息で、
期待していた分、ガックリだろうに。人手不足の上に、6波の追討ちで厳しいはず!
今までが異常で、これが本来の姿。遊び過ぎていたことは間違いない! 

・・・・・・
7250,読書日記 〜『幸せ』への呪文
2020年12月24日(木)
 還暦を過ぎた頃から、過去を鳥瞰し…、<何だったのだろう?>
<何をこんなに拘っていたのか・> <これで良かったのか?>など、考え直す
ことが多くなった。それまで「幸せ… いい歳をして何を今さら!」と、避けて
いたが、21世紀に入った頃から、何かが変わってきた。 アメリカの心理学で、
幸せについて真正面に取扱われだされてきた。
 ハーバード大学の中の光輝いている一群の人たちの要素についてだ…
それはハーバード大学という秀才の世界だけでなく、周辺の身近な知人でも、
幸せ傾向の一群と、不幸傾向の一群が分けられる。明るさ、温み、清潔、楽天、
知的か否か、孤独癖などが、分類され加味される。 収入、連合いの質、家系の
要素が微妙に絡み、人格を構成されている。老いとは、それらが劣化する。
問題は、それを自覚できるかどうか? 何やら、老いるにつれ、暗い顔になり、
話題も出る言葉は「自己正当化」と「他人の粗探し」ばかり! 暗い顔をした
ゾンビの群れ化に相成る。 何やら露払いのヘドロたちにとっての出番。
逆がある。口癖に『嬉しい』『楽しい』『幸せ』の言葉が自然に出てくれば、
それで良い。私の知人の一群の口癖が、<そうあるべきよ><普通じゃない>
の言葉の連発。ノイローゼ気味なので、「『般若心経』でも、憶えたら、
気が楽になるよ!」と諭すと、御経の呪文じゃ救われない!と、まずは拒否!
ダメ、ダメ、ダメで心の門戸をシャットアウト! 娑婆の67%が、それだから、
バランスがとれるため、それはそれで! 
 
 〜ネット検索で、以下のような一文が出てきた…
≪ 幸せに影響する要素はたくさんありますが、
 おもにわたしが「幸せの4つの因子」と呼ぶものを伸ばすといい。
 屬笋辰討澆茲Α廾子
◆屬△蠅とう」因子
「なんとかなる」因子
ぁ屬△蠅里泙泙法廾子前野 ,痢屬笋辰討澆茲Α廾子は、
 「主体性」にかかわる因子です

  嵬粥廚筺嵬槁検廚筺屬笋蟾暖紂廚鮖ち、それを実現しようと努力し成長して
 いくことが人の幸福感を高めます。ここでいう自己実現は、競争ではなく、
それぞれが多様な夢の実現を目指すことなのだとか。「地球上の人類、七十億人
が、七十億通りのやり方で、小さくてもいいから自分らしさを見つけ、その
七十億分の一の個性を活かして、社会の中で自分らしく生きていくようなあり方」。

◆ 屬△蠅とう!」因子(つながりと感謝の因子)
 人と一緒に楽しんだり愛情に満ちた関係を築くこと、人に喜ばれること、
親切な行為をすることなどによって私たちは幸せを感じます。人間は社会的な
生き物ですから、他人や社会とどういうつながりを持つかがその人の幸福感に
大きな影響を与えるのは間違いありません。

 「なんとかなる!」因子(前向きと楽観の因子)
 自己肯定感が高く、ポジティブでいられることは、やはり幸せにつながります。
「何か悪いことが起きたらどうしよう?」とか「どうせ私なんて」と考えるの
ではなく、「きっと何とかなる!」と考えるようにた方が幸せだということです。
ポジティブ思考やネガティブ思考は、ただ単に考え方の癖であり、持って生まれた
ものではありません。つまり、誰でもちょっとうまく意識を変えることができれば
ポジティブ思考に生まれ変わることができるということです。

ぁ 屬△覆燭蕕靴!」因子(独立とマイペースの因子)
 他人と比較せず自分らしくやっていける人は、そうでない人よりも幸福だと
いいます。人はすぐに他人と比べてしまいますが、それはあまり幸せには結び
つかないというわけです。
私たちはついつい他人と比較することで安心感を得ようとしてしまいます。
しかし、そうしてばかりいると常に他人の目が気になるようになってしまいます。
人の目を過度に気にして生きるのがどれだけ息苦しいかは改めて言う必要ない。
自分をしっかり持ち、マイペースに人生を歩めるようになることが幸せに生きる
要因の一つだと覚えておきましょう。

  ‘まとめ’ 〜幸せになるための呪文〜
これらの4つの要素を満たしていくことが幸せにつながるということでした。
さて、これらを見て何かに気づいたでしょうか?

これら4つの要素はすべて心構えのようなもので、その気になれば誰でも手に
入れられるものだということです。つまりこうした考え方が持てるかどうかが
幸せを決めるカギになるのであって、「お金」や「地位」や「美貌」などを
手に入れても、それだけでは長続きする幸せには手に入らないというわけです。

ここで見てきた「幸せの4因子」、
幸せになるための呪文として覚えておきましょう。
「ありがとう!」
「やってみよう!」
「私らしく!」
「何とかなる!」   ≫
 ―
▼ 「感謝」「積極」「いま、ここ、わたし」「楽観」になる。

・・・・・・
6858,閑話小題 〜最終の良いところは75歳まで?
2019年12月24日(火)
   * 良いところは、あと一年ですか
 人によるが、大方の知人を見るにつけ「人生75歳までが良いとこ」と何度も
公言してきた。 歯医者以外、健康診断には10数年、一切行かずに此処まで
生きてきた。そのため、運動量を(冬期間を除き)2〜3時間以上をとることを
課して、その75歳にあと一年余りで到達予定。 …65歳を超えた辺りから
肉体的衰えが日々、増していくのを感じ、その角度が70歳を超えた辺りで、更に
一段と落ちてきたのも致し方がないが。なる程、後期高齢の一歩手前ですか。
朝刊の週刊誌・広告の見出しに何と恐ろしい記事見出しがあった。
《 死ぬ直接原因はの大方は肺炎。ガンなどの成人病は間接原因。溺れ死ぬ時の、
呼吸不全と同じで…』 家内が近所の友人が亡くなった時の通夜の席で、
御主人の末期の話に、<『お父さん助けて!』と手を差し出されて、何もできない
自分が悲しくて…》 50歳を超える辺りから、誰もが今日明日、自分自身が、
この立場に陥る可能性があり、歳を重ねる度に増えていく。だから、楽しめる内、
健康の内に広く深く世界を味合わないと… ちょいと横向け達磨さん!である。
 
  〜ネットで、「老化」「75歳」と検索すると… 
≪ 「75歳」が老化の節目!? 
 ◉「加齢とともに身体機能は直線的に落ちていくと思われがちですが、実際は
 段階的にガクッと落ちてくる。そこに節目があるのです。高齢者は個人差が
大きく一律には言えないが、落ち方が直線的になるのは、大多数が統計的に
ならした結果、そう見えるだけなのです」(折茂医師)
◉ その節目が「75歳」。骨粗鬆症を例に挙げると、75歳を境に骨折する部位が
 変わってくる。65〜74歳で多いのは、手首(橈骨[とうこつ])や肩からひじ
までの上腕骨、背骨(椎体)の骨折。それが75歳以上になると、太ももの付け根
(大腿骨)が急増する。これは、骨粗鬆症によって骨が弱くなり、加齢とともに
骨折しやすくなることに加えて、サルコペニアによる筋力の衰えが起こるからだ。

◉ がんの年齢階級別罹患者数は年齢とともに増え、75〜79歳でピークとなる。
 加齢・老化に伴って発症しやすくなる病気には、がんのほか糖尿病や高血圧
などの生活習慣病や、動脈硬化性血管障害、腰部脊柱管狭窄症、股関節やひざの
変形性関節症など枚挙にいとまがない。長生きすることで臓器が衰え、それが
要因となる病気も多い。そのうえ高齢者は、それらの病気が併存する可能性も
増えてくる
◉ 「75歳以上の人には未満の人とは違った考え方で治療することが必要です。
 75歳未満の人は病気で体調が悪くなっても、その原因を一つ治療すれば回復
して社会復帰できる人が多いですが、75歳以上の人の場合、複数の病気や心身の
機能低下があるため、治療した後でもさらに生活機能が悪化し、要介護や死亡の
リスクが高まります。また、治療による副作用リスクが増すことや、からだに
負担が大きいと治療ができないケースもあります」

◉ 健康と要介護の中間で、加齢に伴い心身の活力が低下し、ストレスも重なり
生活機能が障害されて要介護や死亡に陥りやすい状態を「フレイル」という。
具体的には歩く速度や身体活動が低下したような人がフレイルだ
大よそ75歳になると、過半数の人が自身を高齢者と見なすようだ。
70代前半では4割近く。 ≫

 ――
▼ 今年には同期会など同年代の3つの忘年会に出席。何かしら老化の角度が、
 自分同様に増している現実は否めない。どの会も、一期一会の気持ちで参加
したが、次回は如何なることに。 なる程、基板に亀裂が入ってきたようだ。
まず二人称の世界が壊れた後に、一人称が消えていく。その前に、1・5人称?
 早々に死損なうと、…そして、誰も居なくなった世界ですか。

・・・・・・
6494,閑話小題 〜映画観賞 『アリー/スター誕生』
2018年12月24日(月)
   * レディ・ガガ
 ロックに興味のない私が、感想 ☆4・3の評価に魅かれて見た、
『ボヘミアン・ラプソディ』をみて感激し、95点の評価を与えた。
熱が冷めやらならぬ先週に、レディ・ガガ主演の『アリー/スター誕生』を
みることにしたが、予測とおり評価は85点。ネット上の評価は5評価の3・5。
それでも、ガガの魅力とは、これか!と世界が少し広まったようだ。最近、
演歌より、ロックとかポップスの方が聴いていて心地よいのは何故?。
 ガガの自伝的物語では?と半信半疑で見ていたが、違っていた。
また準主役の夫役が監督とは、このテーマの材料探しのネット検索で知った。
ガガの主役になりきった演技も抜群。評論家なら、<ガガとヒロイン役とが
限りなく薄い皮の透き通って一体化した感がした> と表現する? 
  〜 ネット上の評論も非常に解りやすい〜 

――
 ≪・自身の才能と信じてくれた愛があって、星は輝き続ける
『グレイテスト・ショーマン』に『ボヘミアン・ラプソディ』…。
音楽映画にヒット作が続いた今年、年末にもう一本。個人的には一番良かった。
また、時期的に今年最後の劇場鑑賞。締め括りにも相応しい良作であった。
落ちぶれたスター歌手と、彼に見出だされスターになっていくヒロインの、
ラブ&音楽&サクセス・ストーリー。過去に何度も映画化された言わば使い
回されたネタを蘇らせたのは、何と言っても主演スター2人の魅力に尽きる。

人気スター、ブラッドリー・クーパーに、新たな2つの才能を見た。
本作で監督デビュー。ブラッドリーの演出は、アップを多様し、演者の心情を
丹念に描写。それでいてライブ・シーンは、きらびやかな映像と臨場感。
熱演は勿論、その歌唱力とギター演奏の見事さには驚かされる。
ブラッドリーにこんな才能があったとは…!

それはもう一人の…いや、実質主役のスターにも言える。
レディー・ガガに、これほどの演技力があったとは…!
レディー・ガガは案外嫌いじゃない。楽曲はなかなか好きで、東日本大震災が
起こった際いち早く義援金を送り、好感すら持っている。奇抜なスタイルや
圧倒的なパフォーマンスは、常に我々を楽しませ、驚かせてくれる。
本作での名演もそうであり、つくづく超一流のエンターテイナーなのだ。
言うまでもなく、歌唱シーンは彼女の本領発揮。
そしてもう一つ驚かされたのは、すっぴんの方が美人やん!

楽曲はいずれもブラッドリーとガガによるオリジナル。そのどれもが素晴らしい。
2人の出会いの曲、ブラッドリー演じるジャクソンのソロ曲、デュエット曲、
主題曲“Shallow”、ある想いに溢れたクライマックスを飾った曲…。
本当に音楽というものは、人々を惹き付け、伝え、感動させる。

話的には音楽映画あるあるでオーソドックス。
でも先にも述べた通り、使い回されたネタを、現代感覚の魅力的な音楽ラブ
ストーリーとして蘇らせている。 ご存知の通り、当初はクリント・イースト
ウッドが監督する予定だったが、この瑞々しさとフレッシュ感、イーストウッド
だったら出せなかっただろう。多少の長さは感じたが、幾度のリメイクの
プレッシャー、未知数だったブラッドリーの演出手腕、ガガの起用…全ての
不安要素をものの見事に吹き飛ばした。

本作が長きに渡って幾度も語られる理由は、いつの時代にも通じるものがあるから。
才能ありながらも、スターになれる者と、なれない者。
ベタな言い方だが、恐れず、一歩踏み出す勇気。
ジャクソンのライブに招かれたガガ演じるアリーが、当初は拒みつつも、
一歩踏み出し、その才能を開花させるシーンは胸がすく。
誰もがこのシーンのアリーに魅了される筈。しかし、全てが薔薇色ではない。
誰かが成功し、スターになるという事は、その一方で、誰かが表舞台から消えて
いくという事だ。ジャクソンの落ちぶれっぷりは、見ていて悲しくなってくる。
難聴のせいでもあり、アルコールやクスリに溺れる自らの弱さのせいでもある。
素晴らしい才能を発掘した張本人なのに、どうしてこう堕ちていくのだろうと
痛ましくもなってくる。勿論、再起する者も居るが、全員がそうとは限らない。
星もいずれは輝きを失い…。仕方のない事なのかもしれない。それがショー
ビジネスの世界。光と陰。

だが、放った輝きは本物だ。
スタアの誕生と成功には、自身の才能と信じてくれた愛があったからこそ。
その想いの為に星は輝き、歌い続ける。    ≫

▼ 余程のファンだろう。実際に、シネマ館で見たが故に伝わる言葉。
 何れの世界も注視すれば、魂をうつ原石が見えてくる。老齢とは、こういう
固い枠を超えるバネが、いや心の余裕が出来てくるものと、実感する。
まだまだ、己という小舟には『思い込み』という牡蠣殻が数限りなくヘバリ
付いている。何だったんでしょうかね。このバカさ加減は。気付いてないのは、
自分だけ。そうじゃなければ、こんなブログを書けないでしょう!
露呈(露低)で喜んでいる偽善、偽悪主義者? でも、心がや魂が間違いなく、
軽く、楽になってはいる。 別に作家じゃないのに、自分で自分の墓を暴く
こともないのに… ただ自業自得ということ! 
――――
6457,映画観賞 〜『ボヘミアン・ラプソディ』
2018年11月17日(土)
   * 2〜3年に一度の感動でした!
 この年齢で、まさかロック会場に呑込まれてしまうとは、自分でも驚いて
しまった。 ハリウッド映画で面白そうなのが見当たらず、邦画と思ったが、時に
普段、見ることのないロックバンドの世界を垣間見ることもありと判断をして見ること
にしたが、何と、この異質の世界が面白い。最後の場面が、20世紀最大の伝説
のライブを特撮で再現していたが、この熱狂が感動もの。これが話題の4DXの
シアターで放映されるというから、こっそりと行ってみたいと思うほど。
 数万人が埋め尽くしたラグビー場の会場の客と一体化した歌の数々が圧巻。
ゲイと、麻薬、酒、ロック漬の異様な世界の薄気味悪さが、面白さを増していた。
最期はエイズで亡くなるが、遠くない死を前にした、渾身の歌が数万人の会場を
一つにする迫力があった。  〜映画サイトのブログより〜
 
≪ 世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さ
 でこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの
現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、
劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。「ボヘミアン・ラプソディ」
「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、
20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンス
といった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった
知られざる物語を描き出していく。「ナイト ミュージアム」のラミ・マレックが
フレディを熱演し、フレディの恋人メアリー・オースティンを
「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントンが演じる。
監督は「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー。≫
 
 


7605,閑話小題 〜【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 

2021年12月23日(木)

 
   * ヤバ! 中国 −
 ここで何やら日本には、不思議な感覚を持つことになりそうだ!
長年かけた、スリッパ文化と、少し熱が出れば、マスクをする。平気で病院に
いく生活習慣は、江戸時代以来、10、20年じゃなくて数百年かけた文化である。
互い監視も然り。その根底には、清潔に関して異常なぐらいの注意をする。
病院、町医者も、生活圏に密着して保険でまかなえる。考えてみれば、この
感冒も、それらの総合的な蓄積の結果になる。
<風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性:理研>
 第二次大戦の勝利国の北朝鮮、韓国が訝るも分かるが、何ら不思議でもない。
30年前の話になるが、中国経由でパキスタンへのシルクロードツアーに参加
した時のこと… 〜中国国内専用のガイド曰く
<自分は旅行ビザで鯖江に働いていたことがある。何でまた、戦勝国の中国が
敗戦国の日本でバカのされ乍ら働きに来なければならないのか? …明かに
社会主義の体制に欠陥がある。あの文化大革命運動で、村の出入口は死体の山。
口に出さないなら、まだよいが、そのことを日本人は何故か知らない。目覚めた
中国人が社会主義体制に戻るなど有得ない…> …聞いている方がヒヤヒヤして
いたのを憶えている。
 ー―
≪ 日本人はこれまで、季節性コロナウイルス(風邪)に対して感染経験があり、
 それによりつくられた記憶免疫キラーT細胞が、新型コロナやその変異株に
対しても殺傷効果を示している可能性がある。理化学研究所は、ヒトの体内に
存在する季節性コロナウイルスに対する「記憶免疫キラーT細胞」が認識する
抗原部位を発見し、その部位が新型コロナウイルスのスパイクタンパク
(Sタンパク質)領域にも強く交差反応することを確かめたと発表した。
◉ 日本人の新型コロナ感染者数や死亡者数の割合は、欧米と比べて低いことが
知られているが、その理由は明らかになっていない。この理由を探るため、研究
では日本人に多いタイプのキラーT細胞が認識する抗原部位を探索し、実際に
多くの人が反応する部位を同定することに成功した。
 また、新型コロナウイルスに対する記憶免疫キラーT細胞の反応が、
日本人では季節コロナウイルスとの交差反応性が高いことが分かった。
◉ T細胞は、獲得免疫システムの中核を成す細胞で、血液中や組織の中など
体中にある。抗原に感作されたT細胞は増殖し活性化した後、一部は記憶免疫化し、
次に抗原にさらされた場合に素早く反応する機能を獲得する。これが、記憶免疫
キラーT細胞だ。また、ある抗原に特異的な抗体やT細胞などが、類似した別の
抗原にも反応するのが交差反応だ。 今後、ワクチン接種者や既感染者について
詳しく調べることで、研究成果がブレークスルー感染や重症化の予防の指標に
なると考えられる。 ≫
 ――
▼ 習近平様、何を想ったか… 毛沢東になろうと画策を始めた。時代逆行は、
今さらになるが… 年齢からして軽い?痴呆症の可能性がある。独裁主義は、
その削除に、1〜2割…数千万人の死者を齎す一大欠点を持つ。さて、如何なる?

・・・・・・
7249,閑話小題 〜ついに二日間、休んでしまった!
2020年12月23日(水)
    * これを機会に止めようかとまで…
 休まないのが売りのブログ、Wi−Fiが不調で繋がらず、二日間も休んだ。
これまで無かったこと。何やら家内は平然と構えている。後で知ったのが、
月に2〜3度、新潟市から帰省してくる長男に相談していたこと。
昨日帰ってきて、買換えるべしと結論! 新規の機種を買うことになった。 
…居間とのベランダの出入り口に置いてあるため、時どき、倒れるのが原因の
ようだ。直ってしまえば、ああそうかになるが、気持ちは焦るし… 何時もは
時間を置いて、あれこれすると、何となく原因に辿り着く。 …これを機会に
止めようかとまで思ってしまったが、20年近く続けてきた、これを止めたら、
張を失い気落ちをするのは解ってはいること。
『誰も望んでいない、こんなこと!良い機会だから止めてしないさいよ!』と
いうが… これが結構、現実社会でのストレス解消になる。
 ―
    * 12月の一波の積雪も、ここまで?
 例年なら、ここで積雪は終わり、次が一月半ばから第二波の積雪が始まるのが、
雪国・長岡の風物詩。去年のように、ほぼ積雪がないのも、除雪代を充てにする
庭師、農業、建築関係者たちにとっては、大ごとになる。ファッション関係者も、
冬物残品の処理もある。 今年の年末は、クリスマスと、年末年始を祝う雰囲気
もなく、これでは、さらなる景気の悪化は避けられない。
 このところ、積雪のためかスポーツジム(SJ)が閑散としている。 以前は
週5日だった通いも、週3〜4日になっている。TVの録りだめ、YouTubeがリアル
世界より、遥かに面白いのがある。 このコロナ禍で、世界の人たちの意識が
画面上に移動した。 そこを起点として世界が動くようになってしまった。

 ・・・・・・
6857,ゴールデン・ルール 〜4つの目
2019年12月23日(月)
 これまで、鳥瞰、虫観、モグラ観と分けて物事をみてきたが、
モグラ観の替わりに、魚(さかな)観とは… それに加え、こうもり観とは。
モグラも、森や林の土の中で、その土質の変化を感じとり、土表の草木や、
そこで蠢く動物の変化を読み取るのは、魚が水中のトレンドを読み取るのに
似ている。それに、「こうもりの目」で、真逆に見る視点も解りやすい。
この4つ目… 鳥の目」「虫の目」「魚の目」「こうもりの目」の視点…
 これらをネット検索すると…
【 〜 「鳥の目」は高くから鳥のように見下ろし、全体を俯瞰する目。
 「虫の目」とは目の前のことをさまざまな角度で見る目。
「魚の目」は川の流れを見るように物事の流れを見る目。
「こうもりの目」… 常識や慣行・慣習を疑って、逆さから見る目。
物ごとを構造的にみるには便利。 
◉ 見るにも「見る・視る」「観る」「察る」「診る」がある。
・「見る」「視る」は、外見を視ること。
 パッと見て分かること、表面を注視するという意味。
・「観る」は、過去の経緯や経年変化を観ること。
 表面に見えているものではなく、時間の変化を加えてみる。
・「察る」は、更に内面に踏み込んで、その背景や意図、目的をつかもう
とするること。
この3つが揃うことにより「診る」ことができるようになる。
「診る」は、ポイントを押さえて判断し、アクションにつなげること。】
 ―
▼ なる程、鳥瞰、虫観、モグラ観よりも解りやすい。欧米では一神教の
 『ゴッド』の目で、それらを総括してみていた。そこに宗教の必然性が
見えてくる。 「10-10-10」著者のスージー・ウェルチ氏は、ジャック・
ウェルチ氏の妻。人生に迷ったら、3つのスパンで決めなさい!…と。
◉ ところで、米国のファイナンスのテキストに「70−20−10」の法則がある。
 これは可処分所得(税金社会保険料を引いた手取りの所得)のうち、
・70%は支出、消費に回し。
・20%は今後の大きな買い物のために貯蓄する。
 10%は投資する。(時間をかけた運用)
70%が無理なら、80・10.10から始めるとよいと…
これも習慣の力を利用すれば良いが… 
誰も、そんなことを教えてくれない。私は幼児の頃から、両親から、これに
近いことを教えて貰っていた。学生時代の友人の多くも、大半が、そうで
あった… 彼らには無駄金、無駄時間、小銭管理はしっかりしていた。
問題が起こったときには、目先の表層だけを見て即断しがちだが、この法則で
一拍置いて考えることで判断が変わる。「判断軸」を普段から構築する必要
ありということ。
 特に、<友人間での金銭の「貸し借り」や、金銭管理の判断軸>は、
根幹に関わる問題。それと内幕情報屋に対する「判断軸」も持っておかないと、
重大な危機にみまわれる。やぶ蚊は、強烈な痒みをもたらす上に毒持ちが。
 判断には主なバイアス、潜む罠は4つある。
仝逃し(視野が狭くなりがち)
△甘垤膽腟繊陛垤腓里いい茲Δ暴Δそ犬瓩ち)
心の溶岩流(感情による選択ミスをしがち)
ぜ信過剰(自分の無知に無知)。でも、バイアスを弱めることはできる。
意識的に動かそう。広げる、確かめる、距離を置く、備える。

・・・・・・
6493,閑話小題 〜武士の一分には驚いた!
2018年12月23日(日)
   * まさか?ゴーンが再逮捕?
 一昨日の「ゴーンの再逮捕」のニュースに驚いた。フランスとアメリカの
政治的圧力で…検察と裁判所が引き下がり、ゴーンが早々に釈放で有耶無耶
という何時もの茶番劇で終わると思いきや、再逮捕とは誰もが驚いたはず。
一番に驚いたのが安倍とゴーンと欧米各国の政治家。 日本なんぞの敗戦国。
その手先の犬(検察)が、何とオーナーに盾突いたのだから。 それだけ、
事前に覚悟をして逮捕をしたのだから、そうは簡単には引き下がれない。
検察としては、ここで??されても、引下がれば、武士の一分が立たない。

   * 恐れ、不安は感情とは…
 「恐れ」と「不安」の意味を調べると、感情の一つとあった。
「恐れ」は対象が絞られているが、「不安」は漠然とした状態。これが感情
なら、理性でコントロールできるはず。知っているかいないかで、大部分が
解消可能になる。その多くは、迷いや、優柔不断の心情を母体に生じる。
私の内語に、「何とかなる」「その時は、その時」「御前、それでも男か」
「とにかく、やってみてから修正しろ」「最悪を想定し、対策から入れ」
などのオプションなどがある。このマイナスの感情は、狩りに失敗しても
再度のチャンスがあるが、狩られたら、それで終わりの動物の経験則の感情。
感情といえば、まず「喜怒哀楽」がある。これも動物の経験則とすると、
感情豊かである方が、人間味豊かということ。不安、恐れも目を背けるのでは
なく、逆に注視することで、対策を事前に立てておけばよい。整然と事業撤退
が出来たのは、創業時の漠然とした不安、恐怖心が、万一のシェルターを
事業計画に入れ込んでいたため。常に最悪の事態… 原始的視点の維持である。
ブラックスワンの飛来は、想定外から生じる。野生化した野良猫の動物的
直感しか、最後の最後は頼れない。ゴーンは、それで上りつめ、ふやけて
フランス大統領の座を狙い、最後は、甘くみた日本の日産幹部に寝首を。
野生感情の麻痺。 近々の整理対象?の日産幹部の不安と恐れがで…
 留置場でゴーンが「ガーン」というところですか。まずは、一ラウンド!

   * 熊さん、寅さん
熊:たまには俺たちを呼出せよ。このところ、からっきし無視じゃかい。
寅:そうだよ! クダラナイのは俺たちだって分かってるよ。でも、野良犬、
 野良猫の見方だってあるんだよな。とすると、野良猫はネコ科のオレカイ!
熊:でも、日産の御家騒動が面白いね。みているぶんにはだけれどもね。
寅:要するに吸収合併前に、明らかに首切り対象の幹部たちが、免責を条件に
 不正を調べ上げて、検察に垂れ込んでさ… 根首を削いだということ。
熊:フランス大統領を援助して…? 次期大統領を狙っても不思議ではないね。 
寅:フェイクニュースになるから、好い加減なことは言っちゃあ駄目。
 検察も、苦しいところだね。 官邸の意向も、安倍ちゃんの疑惑でコント
 ロール不能じゃないかな。何れにしても、フランス筋から頼まれたアメリカ
 の強引な介入がある筈。ロシアもね。
熊:としても検察には驚いたね。 見直したよ。
寅:何があっても、国際資本主義の世界で、日産幹部の生残りは無理だよ。
 検察も、この懲罰は数年がかりで行われるよ。嫌な時代に入ってんだよ。
熊:でも、何か生臭いドロドロした臭いがプンプンだね。検察にとって、
 俺たち日本のシマ(テリトリー)で、当然、逮捕だよ、これは。
寅:一応、三権分立があるからね。世論は無視できないし、リークもあるし。
熊:オイラも日本人だし、日産社長一派を応援したいけど、あまりに不利よ。
寅:蜂の一突きでも、いいんじゃないか!
熊:安倍ちゃんにしても、小難しい難題だね。脛に傷持ちだし。
寅:何万かの首切り退職者は複雑な気持ちでみているだろう。同じ貉の
 相討ちとして心の中は、喝さいさ。自家用ジェット機で、ブラジル、
 フランス、レバノン、日本などを闊歩し、それぞれ不正で、別荘を持ち、
 何で、俺たちは… 
熊:分かるわかる! でも、これが世界の実態何だろう。文句を言えば、
 知らない内に抹殺? フランス大統領も、国内で非難の嵐の中で、
 ゴーン絡みの不正が表立ったら、終わりぐらいは、オイラでもわかるさ。
寅:これは、考えてみると、世界的大問題が孕んでいることになるね。
 アメリカ第一主義のアメリカにとって、ルノー・日産の力を間接的に
 削ぎたいからね。 

・・・・・・
6128,読書日記 〜『金言・笑言・名言録』
2017年12月23日(土)

       『私だけが知っている 金言・笑言・名言録』高田文夫(著)
 有名人の面白い逸話のオンパレード。前にテーマにした長嶋茂雄と、
ガッツ石松の笑言は、この本からヒントを受けネット検索で加味したもの。
 面白そうなところを前説をすると…
☆ 三宅裕司夫人が、立食パーティで、「ご主人は、何処?」に、
 「あすこが立っているのが、うちの主人です」
☆ はなわが若き日に、「前説の仕事に行ってくるよ」に、奥さんが、
 「いったい何の仕事? その猥褻(わいせつ)な仕事とは?」
((注)前説:観客に本番前の説明をする若手芸人の仕事)
  目次だけでも、面白い!
   ☆ Amazon 内容紹介より
〔志ん生、小さん、談志、森繁久彌、渥美清、永六輔、たけし……
 伝説の芸人から現役、そして若手まで。放送作家・落語家として
笑芸界を知り尽くした第一人者ゆえ知り得る、笑いのレジェンドたちが
放った珠玉の「一言」を厳選。著者しか知らない極秘エピソードで綴る。
 楽しみ方は自由自在。どこから読んでも面白い!

第一章 金言
・「稽古の間は大根役者と思え
  舞台に上がったら千両役者と思え」(昔の看板役者)
・ 誰かが言った。「人気は高さじゃない。長さだ」
・「人間万事可愛気」(高田の金言)
・「型がある人間が破るから型破り」(中村勘三郎)
・「買えるなら 金で買いたい 好感度」(中村獅童)、ほか

第二章 笑言
・「元旦や 餅で押し出す 二年糞」(ビートたけし)
・「ベッドインは何時なの?」(三宅裕司夫人) 
         <チェックインと間違えて>
・「打つと見せかけてヒッティングだ」(長嶋茂雄)
・「ジョニーがきたなら伝えてよ 二次会庄屋だと~」
・「銀座でも、五本の指が入るいい女」(私の飲み友達) 
 <「に」と「が」じゃ> 大違い。
・「ガッツ右松」(ガッツ石松) 
・「12月25日は誰の誕生日?」「七面鳥! 」(ガッツ石松)、ほか

第三章 名言
・「どこでもいい! オレが座った所が上座だ」(立川談志)
・ 勝新太郎が青島幸男に言った。「いやな都政だなぁ」
・「ボウフラが 人を刺すよな蚊になるまでは 泥水飲み飲み浮き沈み」(都都逸)
・「コラムは三つのミで書く。ねたみ・そねみ・ひがみ」(野坂昭如)
・「長生きした若者はいない」(立川談志)
・「嘘をつくときは、みんな真顔」(居酒屋のとなりの客)
・「迎えの拍手は昨日までの人気。降りる時の拍手は今の人気」(古今亭今輔) 
― 
▼ 後説で… 
 ☆「銀座でも、五本の指が入るいい女」(私の飲み友達) 
   <「に」と「が」じゃ> 大違い。 〜拳でなくてよかった。
☆ 勝新太郎が青島幸男に言った。「いやな都政だなぁ」〜そりゃ酷かった!
☆ 「ベッドインは何時なの?」(三宅裕司夫人) も面白い。
        〜フロントは、「それはお客様の自由に」というしかないわ。
 「すいません、CIAはどこですか?」(三宅裕二夫人)も面白い。
  <ICU(アイ・シー・ユー)電気屋でエアコンを探してて>
〜三宅夫人の笑言が面白いので、次のテーマに。よほど閑でネタ切れなんで!

・・・・・・
4299, 「国の借金」新常識 −2
2012年12月23日(日)                 
  * 破綻国家は飛躍する   「国の借金」新常識  ー廣宮 孝信  
 思い切った切り口である。破綻のどこが悪いという。「現在の事態のどこが
悪いか!」と私が開き直るようなもの。駄目なものは駄目なら、思い切った
手術をしてしまえという。 ここで破綻国家のプラスマイナスのプラス面を捉え、
戦後日本の世界史に残る破綻から世界二位の経済大国に立ち直った偉業を事例を
取り上げている。 1945年に第二次大戦で、徹底的に破壊されたが、たったの
8年で以前の規模まで回復し、50年でアメリカに肩を並べる規模まで回復した。
アルゼンチンの破綻もそう。日本の規模からすると借金が一年で700兆円も
増えたが、失業率が3年で破綻前に、実質GDPも4年で破綻前に回復して
アルゼンチンの奇跡といわれている。アイスランドも1年で日本規模からみて
300兆円も借金が増えたが失業率は8・5%。インフレもハイパーにならず、
21%で打ち止めだった。2000年以降で破綻した国々9ヶ国が、日本や
アメリカより成長している事実がある。ロシアも二度も破綻しているに
かかわらず、ソ連崩壊から16年間で16倍も急成長をしている。破綻こそ、
絶好の投資チャンスという典型的事例である。要は、開き直れ、国債を無尽蔵に
刷りまくれ、後は野となれ山となれ、というのだから・・・
  * 「国の借金が大変」は、終末信仰
 1929年のアメリカ政府の支出は、いまの日本の15兆円。それを、7年後に倍以上
の40兆円、第二次大戦時には今の日本でいえば380兆円にまで増やしたとき、
失業率は大恐慌前に戻すことができた。それでもハイパーインフレにならず、
10%程度までしか上がらなかった。 GDPを増やし、我々の給料を増すには、
政府が支出を増やす必要がある。不況時には迷わず政府支出を増すべき!国の
借金をいたずらに恐れると、いつまでも不況から抜け出すことができないし、給料
も減っていく。破綻もやむなしである。ただし、あくまで、国内で賄うことが前提。
  * 人口減がデフレ原因は間違い
 人口が減っていてもインフレになっている事例は数多くみられる。
旧ソ連圏の国々に多い。アメリカの建国から130年間に数百万から一億人
(20倍)に増加したが、物価は殆ど上がらなかった事例をみても、人口増は
インフレの決定的要因でない。それより、政府の支出規模の方が、経済成長や
インフレとの関連が高い。「国の借金は大変」の最大の犠牲者は若者・・ 
▼ この辺は、かなり強引な論理。インフレは弱者、貧困層に一番初めに直撃、
 中小・零細の多くは金利高騰で即死だろう。弱肉強食を更に推し進めることに
なるが、グローバル化の潮流では、致しかたがないのか? 自民党の大勝は、
大きな政策の舵取りが変わるとみてよい。


7604,閑話小題 〜 思いのままに、今年の重大ニュース

2021年12月22日(水)

   * 私の主観を込めた重大ニュース
1、まずは、アメリカ大統領にバイデンが就任したこと
2、次は、日本の首相に岸田が…
3、コロナ禍の中で、ワクチン接種が行われ、少しは歯止めが…
4、台湾海峡で、中国、台湾、日本が緊張度合いが一段と高まった
5、パンデミックの最中、無観客とはいえ東京オリンピックが無事…終了。
6、中国で、不動産バブルがハジケテ、恒大グループの危機が表立ってきた
7、大リーグで、大谷の二刀流で大フィーバーが生じた
8、日本の大相撲では、白鵬が引退… 照乃富士が横綱に、そして二連勝。
9、身近では、テロなどの集団殺戮が日常的に!
10、自然災害も、連日のように発生し、オゾン層の破壊の影響が出ている
 ー
▼ 思いのままでも、スラスラと書けるのだから、やはり世界は異常事態と
といっていいのだろう! 私個人としては、やはり、YouTubeに嵌った一年。
YouTubeで、映像世界とはいえ、世界が大きく広まったような…
 重篤な腰痛は無かったが、やはり75歳の壁は大きかった。

ところで、去年は腰痛のためか、随想日記は休んでいた。今年は、今のところは、
抑えこんでいるが、これまた、チョッとした切っ掛けで動けなくなる!今のところ
腰痛ベルトを二重重ねで巻き付けるしか手立てはないが、これも経験のたわもの。

・・・・・・
6856,閑話小題 〜やるせな漂う末恐ろしい事件
2019年12月22日(日)
  * 気の毒というよりも…
 この男の「新幹線内の三人への殺傷事件。 キーワードは『発達障害』。
行場のない男の必然的な事件。理解してくれたのが祖母だけ。理解不明が父親。
何とも気の毒な事件。生活すること自体が息が出来ない程、苦しいのである。
 誰とも打ち解けることができない持病を持っているが、外見では、それは理解
して貰えない。論理の筋立て不可能となれば、本人にとって、次の瞬間に出あう
全てが敵。そこに異常性欲が絡む。 三食の食事さえ確保が精一杯。ならば監獄
に隔離して貰えば、巡りまわる精神の動揺が収まるならば、その方が良い。
理解してくれるのは祖母。目先の敵は、両親。特に父親。 何で関係ない一般人
を殺傷するのか? それしか思いつかない病気なら、何ともしようがない。 
 彼の書棚にはドストエフスキーの書があった。正に彼そのものの生き方が小説
そのもの。20歳半ばは、精神の根底が大揺れに… それが一歩間違えると、精神
錯乱に…。これを乗越えられるか否かで、将来が決まってくる程の危ない時節。 
 以下は、〜ネット検索にあった記事〜 なかなか読み応えのある内容だ。 
彼は病んではいたが、狂ってはいなかった!だから、隔離をして欲しかったのだ。
常識的日常に堪えられなかっただけ、息が出来なかった。 だから万歳をした!
『何をぬかすか!』という、彼の冷たい視線(亡霊)が… 背後に感じとれる。
 ―
  記事そのものが、文学的、心理学的 ?… 
≪「罪と罰」(ドストエフスキー)、「楢山節考」(深沢七郎)など文学作品や、
「ローマ人の物語」(塩野七生)といった歴史物の本を愛読していた。 事件後、
彼の部屋からは「口語訳聖書 創世記」と題されたノートや、自作の小説らしき
ものを記したメモなども多数見つかっている。その中身は次のようなもの…
◉〈人の世は住みにくい。人の世は住みにくかろうが、人でなしの世はなお住み
にくかろう。人の世から住みにくさをとりのぞいたのが詩であり、画である。
私の前途は死ぬか、宗教に入るか気狂いになるしかない。
詩人的な実在は罪である。罪とは絶望である。絶望とは分裂である〉
◉ また〈人生においてやり残したこと〉と題されたメモには、
〈1、冬の雪山での自殺←もう春である〉と自殺願望をほのめかしながら、
〈若い子たちとTCG(*トレーディング・カード・ゲーム。専用のカードを
集めて対戦するゲーム)をしたいという気持ちがわきあがってきた 
その為には外出しなければならないだろう〉という記述もある。
◉ 小島容疑者は、社会復帰を目指して、昨年11月から障害者支援施設で働き
 始めたが―。「勤務態度もまじめだったのですが、1カ月もしないうちに
『ホームレスになりたいから辞めたい』と言い出したのです。
『自分はホームレスをやったことがあって、食事を全然取らなかったときの空腹
感が快感になって忘れられない』と。それっきり職場には来なくなった」(同僚)
◉ 年末、小島容疑者は4度目の家出をする。
「『自殺する』と言ってロープを持って家を出て、寝袋で野宿しながら半年
もの間、長野県内を転々としていたようです。生活費は祖母から貰ったキャッシュ
カードで下ろした年金を使っていた。このお金でナイフも購入したようです」
(前出・社会部記者) そして6月9日、小島容疑者は凶行に走った――。 》

 ――
▼ 秋葉原無差別テロの犯人の精神状態に似てないか。祖母の心は、彷徨い
 荒れ狂っているはず。ひたすら、冷たい視線に晒され、それでも愛情を注ぐ
ことで、供に苦しむことが、二人、いや被害者と被害家族への償いになる。
 ところで、刑務所内は、彼の精神的逃げ場とは全く違う世界であることに
気づくに僅かな時間を要しない。それが罪に対する罰になる。精神病棟なら、
少しは救いがあるが。

・・・・・・
6492,閑話小題 〜アメリカの迷走
2018年12月22日(土)
   * 今年も、あと10日足らずですか
 身近に不幸もなく、吾が身も何事もなく無事平安の年で終わりそう。
それが一番の年頃である。このブログも、何とか欠かすことなく。私にとって
少し厳しめ?のスケジュールもこなし、やり残したことも無し。総括は年末に
改めてするが… 今年は、二年半ぶりに?… これが無かったら、今年は
『何に!』になるところ。 やはりライフワークの遂行は必要。
<俺たちに来年はない!>の御年頃の時節。まずは「オリンピックまでは!」。
来年4月に「平成」の年号が終わるのも、一つの節目。「明治は遠くなりにけり」
から「昭和が遠くなりにけり」になる。あと10年もしないうちに、平成生まれが
中年に至る。残ったのは「昭和の良き高度経済成長期の波乗りが出来た充実感」。 
 ―
   * トラちゃん、相変わらず
 :トランプ政権、高官離職率65%で突出 国防長官も辞任:
トランプ米大統領が20日、マティス国防長官の辞任を発表した。
政権でのホワイトハウス高官の離職率は65%と歴代で突出している。
どうみても泡沫候補がロシアの支援を受けて当選した怒れた老人。
側近の三分の二が辞めていくとは、ダークジョークそのもの。ホワイトハウス
モノのハリウッド映画でも、ここまでのパロディは見当たらない。先般の中間
選挙で、国民がハッキリとノーの選挙結果を出さなかったこと自体が驚き!
アメリカ崩壊の序曲とは、こんなもの? 最も危険なことが、戦争? 
一年前に、ここで、パロドィを書いていた。 政権発足から1年間で、
ホワイトハウスでは大統領を支える側近の3分の1。2年で3分の2が辞任。
異常事態。あと1年で一掃? 何故に側近が次々、止めていくか?が、考え
られないこと。みている分には面白いが、問題は「戦争やむなし!」の思考経路。
直接選挙の欠陥そのものが生み出したパロディが… 悲惨なのは無知無能な国民。
そして、隷属国家。 まあ、大変だ安倍ちゃん! 一つ間違えるとロシア・中国
に売られてしまう重大な危機を孕む。


7603,閑話小題 〜 朝鮮半島、中国が変である

2021年12月21日(火)


   * パンデミックを悪用した中国の様子が変である
 中国、北朝鮮、韓国の様子が変である。北朝鮮は、威嚇外交で体力をつかい
果たした上で、中国の援助も弱まり、ミサイル実験の脅しもパンデミックで、
その効果が激減して成す術がないのが実情。 中国も、不動産バブルもハジケ、
現状維持を保つに必死。それを隠そうと、台湾海峡に紛争を表立たそうとして、
画策… それだけ厳しいということ。米英が、本気になって、エネルギーを集中
すれば、その質量の差は格段違う。その苛立ちが、第三次世界大戦を誘発しかけ
ない状況。経済格差は有っても、人口が世界に散らばっているのを比較すると、
五分五分。 ならば少々の犠牲でも相討ちを狙った犠牲を覚悟の上で、戦いを
仕掛けてきて当然。 としてもロシアも、中国もしたたか! あのトラちゃん
では、対応は無理!
 ―
   * 地元新潟5区の古狸と、子狐の争いは…
 中越の古狸と、下越の子狐が、全国区に向けて公開して争うことに!
両者とも、政治年齢からみても、後にひけない争いに。 銀行からして第四が、
北越銀行を呑込むカタチだが、その政治版として類推すると理解し易い構図。
中越地区は、中越地震、柏崎沖地震のダブル災害で弱体化が激しい上に、この
パンデミックで何ともしようがなく弱体化… 新潟市は、新潟駅界隈の再開発で、
暫くの間は活況を示すだろうが… 長岡は、その地域的特性も有り、固定観念が
ガチガチに固められている。その顕われが、星野県議の恫喝となって表れた。
北越銀行と供に、その形骸が崩れ去ろうとしている現象である。
昭和の星野、平成の泉田の終焉が、これである。

・・・・・:
7248,閑話小題 〜ネタ切れで苦しい時は…旅先で聞いた話題で ―1
2020年12月22日(火)
      〜前日〈21日)分=
   * 最たる非日常の旅先で聞いたとっておきの話題
 年に数回、ここの話題のネタが考えても出てこないのである。
車の免許証の検眼がアッサリ通って気落ちをしたのもあるのか?
早朝の布団の中であれやこれやと深沈した記憶から出てくるのが…
<最たる非日常の旅先で聞いたとっておきの話題>になる。
そのてのネタは幾らでも記憶の底に沈んでいる。
 以前に、その一端を取上げたが… 
≪平凡な人生を過ごしてきたが、ガンになって老い先が短いと悟った初老の女性。
親の言う通り何も考えずに凡々として生きてきたが、いざ死に目に直面し人生を
省みると、何にも中身がなかったことに気づいてしまった。時は遅すぎる。
 そこには様々な人生をみてきて、私には何もない。このまま消えてしまうのは、
死ぬに死にきれない!と、意を決してパタゴニアまで来てしまった。それまで
看護婦をしてきたが、現在は介護病院の看護婦をしている。その世界が生々しい。
…『普通なら男が夜這いするでしょ。ところが女の夜這いの方が多いのを知った。 
夜半に男が大声で、『勝手に布団に入りこむな、このババア』と喚くのよ。
ジタバタする男に女がしがみ付いて… 男より女性の方が、その手の話題は多く
あるのよ』… 男は機能不全?で、その余力が少いのは解るが、その点、女性は
大丈夫? 死の床にある知人が、『最期に残る欲は、…購買欲!』と真剣な顔を
して語っていたが、同時に性欲も残るようである。

・・・・・・
6855,シェイクスピア 〜2
2019年12月21日(土)
   * 何とまあ、心を抉るような   < ◉ は、私の戯言 >
 早朝に独り机の前でシェークスピアの言葉と対峙すると、心が洗われる。
何時の間にか心は汚され、そして汚している。
 〜中原中也の詩『山羊の歌』より〜
<汚れっちまった悲しみ に今日も小雪の降りかかる汚れっちまった悲しみに
 今日も風さえ吹きすぎる. 汚れっちまった悲しみはたとえば狐の革ごろも>
の詩が思い立つ。しかし、言葉にも限界がある。シェイクスピアの次の言葉… 
《言葉が役に立たないときには、純粋に真摯な沈黙がしばしば人を説得する》 
過って書いた文章を背景にしてあれば、尚のこと。 沈黙の恐ろしさ。
「空即是色 色即是空」 私が怖いのは将来の自嘲。そして取りまく沈黙。  
               
――――
避けることができないものは、抱擁してしまわなければならない。
 ◉ 挫折の度に思うこと! 頭を抱えた独り抱擁は何とも…

事情が変われば己も変わるような愛、
相手が心を移せば己も心を移そうとする愛、
そんな愛は愛ではない。

失敗の言い訳をすれば、その失敗がどんどん目立っていくだけです。
 ◉ 「日々是口実?」をしている我が身なればこそ、身に沁みる。

嫉妬をする人は わけがあるから疑うんじゃないんです。
疑い深いから疑うんです。

いかに美しいものでも行為によっては醜怪になる。
腐った百合は雑草よりひどい臭いを天地に放つ。

所詮は人間、いかに優れた者でも時には我を忘れます。

小雨はいつまでも降り続くが、大嵐はあっという間だ。
早く馬を走らせるものは、また早く馬を疲れさせもする。

敵のため火を吹く怒りも、加熱しすぎては自分が火傷する。

天は自ら行動しない者に救いの手をさしのべない。
 ◉ 行動する者にも救いの手をさしのべない。救うのは己だけ。

本を読んでも、物語や歴史に聞くところからでも、
真実の恋は滑らかに運んだためしがない。
 ◉ その前に、恋をしてみたら…  ナルシストじゃなくて!
 妄想もいいとこ! 自画像に似ているけれど。

恋ってのは、それはもう、ため息と涙でできたものですよ。

時というものは、それぞれの人間によって、
それぞれの速さで走るものなのだよ。

あなたがたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、
世の悪口はまぬがれまい。
 ◉ 潔白でない私はどうしましょう。 

あの人は本当は頭がいいから阿呆の真似ができるのね。
上手にとぼけてみせるのは、特殊な才能だわ。

たとえ小さな斧でも、数百度これを打てば堅い樫の木も切り倒せる。 

とじこめられている火が、いちばん強く燃えるものだ。
 ◉ 老いた嫉妬は己も焼き尽くす。
  不燃焼の湿気材料がタップリあるからなあ。

愛は万人に、信頼は少数に。

ひとつの顔は神が与えてくださった。
もうひとつの顔は自分で造るのだ。
 ◉ ただし、自分では見えないから始末が悪い。

まったく想像力でいっぱいなのだ。
狂人と、詩人と、恋をしている者は。

 〜〜
突然、思いもしない小噺が出てきた。
<あの人って、買収されないって本当?
  何さ、ただ額の問題だけさ!> 答え手:トランプ? プーチン?

・・・・・・
6491,つれづれに哲学 〜内的自由と外的自由の違いは何?  ー1
2018年12月21日(金)
   * 自由について… 
 少し以前に、「平等と公正」をテーマに取上げた。とすると、次は「自由」
になるが、これについて何度も取り上げてきた筈と、この個人HP内検索をすると、
あるある。 その前に、ネット検索をすると、簡潔で解りやすいのが幾つか…。
――
質問: <内的自由と外的自由の違いは何? >に対し…
 〔 内的自由はあるけど、外的自由なんてありません。
 外的には、自然法則で因果的に決定されているんだから、必然的で、
自由なんてない。自由があるとしたら、内的自由だけ。内的なものは
自然法則に左右されないから、因果的に決定されておらず、自由がある。
人間は内的には自由、外的には不・自由。 〕

 〔 アタマんなかが空っぽっぽだと内的自由だよーん♪
 でも、おサイフんなかが空っぽっぽだと外的不自由なの。
ボクないない的ビンボなんだもん(T_T) 〕

質問:<『自由』って何ですか?>
 〔 読んで字のごとく、”自分にのみ由る”こと。
ただ問題は、『権利』や『義務』云々よりも、その『自分』だと思います。
『自分』と言う存在は、すでに『不自由』だと思っているからです。 〕
字面を追ったにしては、矛盾していますが… 〕

 〔 私は、私が『命(めい)、意思、肉体』の不可分な三位(いのち)
で構成されている、と考えています
* 命(めい)は、不可知からの預かりもの(私の”信仰”の対象;畏怖、畏敬)
* 肉体は、両親を通したご先祖様から連綿と受け継いだもの(私の尊敬の対象)
* 意思は、私に由来する私のもの(不完全で、欠点だらけで、なぜか能力が
 限られている存在の基)
(私に由来する『私』と、私のものの『私』とは同じでないような気がする)
(この三位は、あの三位一体説の三位とは違う)
(存在するということは、不完全だから、絶対ではないから存在するのだ、と。
”自由”と言うイメージは、このような考え方を出発点として、個々の可能性を
『担保』するために先達が実現しようと歴史的に辛酸をなめながら勝ち取ってきた
”いのち”に最適の”在り方”だと思います。 それは、文字通りの『自由』では
ないのかもしれませんが、少なくとも”いわゆる”『かって』や『わがまま』
とは違うと思う。〕

▼ お金の縛りから解放されるためには、余裕資金を持つ必要があるという
 矛盾がある。余裕のある人が、「世の中、金だけじゃないよ!」と言うのと、
日々、生活資金の綱渡りをしている人が言うのとでは意味が全く違ってくる。
後者は、それに縛られている不自由からの解放の願望になる。宝籤は、当選の
夢を買っているのである。 自由の夢を買うなど… 何やら?と思うが。
自由は、内的貧しさから生まれ出る妄想。 時には、それもあり?
8年近く前に、準備を含めると45年間の「事業の縛り」から解放され、現在でも
身体と心が空を浮いているように軽い。 もしかして、物心がついてからの
商家の縛りを含めると70年近くになるのかも? 自由とは、まずは両親の縛り
からの自由が第一歩。次は地域社会の因縁、そして、自分の固定観念からの
解放が必要になる。その為の身近な方法が読書になる。今ではネットが存在する。
内的自由は教養。外的自由は、「恒産あって、恒心あり」の余裕資金ということ? 
とすると、教養は内的自由を確保するための必要条件になる。知ると、知って
ないとは、世界が全く違って見えてくる。 内的には教養。外的には余裕資金。
あっても味わえないと、ついつい500mの世界に埋没してしまう。それも悪くは
ないのか、おい!達磨。 エッ誰のこと? 私自身のことです。ん… ったく!
                           〜つづく


7602,閑話小題 〜昨日の朝、初雪?が、あった!

2021年12月20日(月)

   * つれづれに 〜例年に比べて遅めの初雪が…
 例年だと、あと一回、合計30〜40センチの積雪があり、一度消えた後に、
1月末頃に再度、1〜1・5Mの積雪があり、3月初めには、それも消えて、
梅の花が咲き、4月の初旬に桜が咲くのが、恒例の流れになる。
この二年はパンデミックで、浮かれた花見もなく、ドチラかといえば、
沈んだ初春になっているが、それも、この時代の象徴として心に刻まれる。
 この時節には持病の腰痛が恒例的に始まるが、これまた春の陽気で自然と
消えていく。76歳の誕生日まで、あと少しだが、75歳の壁は高くて厚い。
なる程、人生には「生老病死」の壁が時節ごとに待ち構えている。

 老いる前の余裕があるうちに、これ等の対処の知識を積んでおく必要が…
生老病死の知識が有るか無いかで、苦しみの度合いが違ってくる。何やら、
この国の人は、この話題を嫌がる傾向が強い。話し出すと何処からか、
<暗い、この場の話題にそぐわない!>と、声がかかり直視したがらない。
これは誰も通る道になるが、その通りは、笑い噺としても、避けて通れない
道理の知識が必要となる。

 ここ越後・長岡は四季がハッキリしている盆地。その変化も慣れてしまえば、
悪くはない。四季といえば、人生にも類推が可能。76歳といえば、晩秋から
初冬にあたる。あれだけあった枝葉も落ちて庭は真っ白。味わいは悪くない。
夜は、鍋物か、オデンが似合ってくる。

・・・・・・・
7247、読書日記  〜『一霊四魂と和の精神』
2020年12月20日(日)
         < 一霊四魂と和の精神ー 出口 光・著  >
 『ラスト♪ソング』佐藤由美子著の 一霊四魂… 〜霊の構造は
この著書で知った言葉。 ここのテーマで、‘こころ、心、魂’に
ついて書いてきたが、‘魂’の構造については知らなかった。
「四魂の窓」を通してみる魂の姿… 
 ネット辞書によると…
【 一霊四魂説の一般的な解釈は、神や人には
 ・荒魂(あらみたま)
 ・和魂(にぎみたま)
 ・幸魂(さきみたま、さちみたま)
 ・奇魂(くしみたま)の四つの魂があり、
それら四魂を直霊(なおひ)という一つの霊が
コントロールしているというもの 】
 そこでAmazonで検索すると、そのままが著書としてあった!
≪ 〜垣根を超えて大きな和の世界を創る古代の叡智
 1300年以上前から伝わる魂の構造
「一霊四魂」の歴史と、活用テクノロジー「四魂の窓」を、いま明らかに!
古くから伝わる「一霊四魂」が、今の現代社会でも時代を超えて、非常に
有効に使える古くて、新しいテクノロジーであることがわかる。
 ―
  =レビューより=
【 四魂の窓を認識しつつ、常に真ん中の目でみて、玄の玄の心で、
 慈しみを表していくと、ほとんどすべてのことは、自然の流れのままに
スムーズに進むようになる。

現代社会では、政治、経済、社会、環境など、あらゆる分野で問題が噴出
しており、一見、何から手を付けていいのか全くわからないような状況に
見えますが、自然界は実はとてもシンプルで、中庸のバランスを取ると、
台風の目のように無風地帯が存在します。
この無風地帯を感じたい人は、この「一霊四魂」のテクノロジーを活用
されるととても役に立つでしょう!

日本人の遺伝子に埋め込まれた和の精神、「良い世の中を創ろう」と
いう共通の思いは、潜在意識の奥深くに刻み込まれた共通の思いなので、
この意識にみんなが気づけば、日本の持つ古来からの素晴らしさが復活し、
しかも世界中へ大きな影響をもたらしていくのではないかと思います 】
 ―
▼ 字面からみると…
 ・荒魂(あらみたま) −荒れ狂う魂と、
 ・和魂(にぎみたま) −穏やかな魂と、
 ・幸魂(さちみたま) −幸をもたらす魂と、
 ・奇魂(くしみたま) −変わり種を受入れる魂になる。
この四つを、そのまま、受け入れるのが霊ということ。
面白い解釈だが、一理も…二理もある。
荒れ狂う魂を穏やかに収めて、幸を求める。そこには、一時的だが
変形になるが、それも幸いが調整をする。島国なればこその思想である。

 母親の守護神を考えるに、丁度良いネタ。荒れ狂う魂を、穏やかになだめ、
幸へと導く働きが、その人の霊を形づくっていく。心の内なる奇形も、その
うちに、目立たないようになる。 … 宗教の作用そのものである。

・・・・・・
6854,シェイクスピアの格言 〜1
2019年12月20日(金)
           < ◉は、私の戯言 >
 若かりしとき、シェイクスピアを読んだが、現在ほど心に響かなかった。
そして古希も過ぎた今になって、一言一言が刺さってくる。 その意味では、
最後は挫折?で良かったのかも。 楽しみ方わかれば… 実に人生は面白い。
 年代によって、光の強さと角度が違って、自問自答にはうってつけ。

 ――
《 人間なんてうろちょろする影法師、あわれな役者だ。自分の出番だけ、
 舞台に出て、ドタバタするが、それっきり消えてしまう。人生はうす馬鹿
 のたわごとさ、むやみに泣いたりわめくだけで、まるっきり無意味だ。》
  ◉ 現役から離れて、8年半になったが、振返ると、この言葉のとおり!
 それでも、準備を含めて45年の充実感は残っている。しかし後悔も苦痛も。
 問題は、その質 ? まあ、こんなものかと、永遠の彼方に生臭い風と
 ともに、消えていく。 
 ――
《 やり方が 正しければ、結果もついてくる ...》
心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。 人生の行路もこれと同様で、
人は常に明るく愉快な心をもって. 人生の行路を歩まねばならぬ。》
  ◉ でも、劇的時代変容が、突然襲ってきたら、やり方の云々は関係なし。
 人生は、緩慢なる自殺。 だが…突然死もある。どう過去と折合いをつけるか。
その為には、隠居後の細やかな「恒産あって、恒心あり」の状態を構築して
おかないと、卑しさがついてくる。
 ――
《 険しい丘に登るためには、最初にゆっくり歩くことが必要である。》
  ◉ 人生を振返ってみて、「なぜ、そこまで焦っていたのか?」と…
 交通用語に{狭い日本、そんなに急いで何処にいく}があるが、
「アッという間の人の世に、何を急いで、何処にいく」 
 ――
《 成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない。》
《 輝くもの、必ずしも金ならず。》
《 喜怒哀楽の激しさは、その感情とともに実力までも滅ぼす。》

《 悪口を言われて我が身を正すことの出来る人間は幸せと言うべきだ。》
《 今望んでいるものを手にして、何の得があろうか。 それは夢、
  瞬間の出来事、泡のように消えてしまう束の間の喜びでしかない。》
 ――
《 人は心が愉快であれば終日歩んでも嫌になることはないが、
 心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。
 人生の行路もこれと同様で、人は常に明るく愉快な心をもって
 人生の行路を歩まねばならぬ。》
 ◉ これって、3歳までに決まるって言うじゃないか。
 その頃は、明るく元気だったが、その後、色いろあって。でも、明るさは
 維持してつもりだが… 
 ――
《 恋の始まりは晴れたり曇ったりの4月のようだ。》
《 安心、それが人間の最も近くにいる敵である。》
  ◉ その敵ほど、有意義であることに今になって気づいてきた。
 
《 橋は大水のときの川幅より長くなくともよい。
 いま必要なものの用に応じてこそ、格好がよいというもの。
 役に立つことが、まず肝要だ。》

《 今晩一晩は我慢しなさい。
 そうすれば、この次はこらえるのが楽になる。
 そして、その次はもっと楽になる。》

《 運命とは、最もふさわしい場所へと、貴方の魂を運ぶのだ。》
  ◉ そうか、生きついた先が、これか? ここは何処?
 ――
《 備えよ。たとえ今ではなくとも、チャンスはいつかやって来る。》
  ◉ チャンスだけでなく、思いもしない危機も… 
   で、何とか生きて楽しんでいる。
 ――
《 悲しみが来るときは、単騎ではやってこない。必ず軍団で押し寄せる。》
  ◉ 愉しみ、喜びも、同じ。 四苦八苦、四喜八楽はまとまってくる。
――
《 おまえは、他人のなかにある自分と同じ欠点をむち打とうとするのか。
  ◉ 大たいが、これで自滅をしていく。美点を一緒に祝えば良いものを!
 ――
《 お前の光は、今、何処にある。》
  ◉ 陰は解るが、光は、さて何処でしょう? 光は、このブログに…
   陰と共に、鎮座している。 
《 楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ。》
  ◉ 会社整理のプロセスを喜々としていたら、30年来の担当税理士に
 「何もわかってない」と注意された。 この人物、私の45年の影と光が
  解りようがない! こんなに面白いことがないのに! 漫画的だが。

《 期待はあらゆる苦悩のもと。》
《 賢明に、そしてゆっくりと。速く走るやつは転ぶ。》
                     - シェイクスピア -
・・・・・・
6490,つれづれに哲学 〜トロッコ問題
2018年12月20日(木)
  * 二重結果論
 出産時に、母親の病で死産か、母親の生命か二者択一を迫られるケース。
当人の希望で子供を選ぶ選択もあるが、ほぼ母親の生命を選ぶことになるが、
そこには母体のためとはいえ、一つの生命を犠牲にしたなどの問題が残る。
半世紀ほど前に、この問題の問いかけを、ある哲学者が『トロッコ問題』と
して提議、現在に至っている。二重結果論である。

≪ ♦ トロッコ問題
 ある人を助けるために、他人を犠牲にするのは許されるのか?
という思考実験がある。哲学問題である。
< 線路を走っているトロッコが制御不能に。このままでは、線路上で作業中の5人
 がトロッコに轢き殺されてしまう。そしてあなたは、線路の分岐器の近くにいる。
トロッコの進路を切り替えれば5人は助かるが、切り替えた先にも1人の作業員が。
5人を助けるために、1人を犠牲にしていいのか?  それとも運命としてそのまま
見過ごすべきなのか。> 
  これを様々な視点から、深堀をしていく。
・道徳神学にまで遡る、トマス・アクィナスが挙げられる。
 彼によれば、〔攻撃者から自分を守るために、自己の生命の保全を意図して、
それに必要とされる以上の力を行使しないなら、攻撃者の死という結果を引き
起こしたとしても正当だとされる。つまり、自己の生命の保全と攻撃者の死と
いう二つの結果をもつようなことができる〕と主張しました。
・ベンサムもそれに関わります。手段が行為者が選んだ目的と関係するやり方と、
 二次的な結果の二つがあるが、二次的結果は間接的に意図するだけだという
ことにすぎないと。ご存知かもしれませんが、この二重結果説は応用倫理学でも、
時折、取り上げられます。医師が母親の生命を守るためには、胎児を犠牲にする
しかない場合、あるいは、その反対であっても、どちらかを犠牲にせざるを得な
いときに、医師は、二重結果説を持ち出さない限り、何をしても生命を殺害した
という責任を負わなくなければいけなくなりますから。≫

▼ この問題で、まず考えたのが、自分の人生。20歳時の授業で、夏休みの宿題
〔将来設計図の構築〕。 これを一夏で? 初めて将来のことを真剣に考える
ことになった。考え抜いた結論が、幼児の頃から見ていた両親の姿。ところが、
大家族の末っ子で甘やかされ、育ったこともあり、創業には最も向いてない?
無理に無理を重ね、精神破綻を、一日に二時間の読書習慣と、早朝の散歩や、
旅行などでストレス解消で何とか防いで、リタイアまで辿り着いた。そこには、
何かしら、出だしの選択が間違っていたのでは?という課題が突きつけられる。
 会社整理の問題も、然り。 残された人生で、自分の人生を肯定するか、
否定をするかの自己問答に直面する。これは、私だけの問題ではなく、万人の
問題でもある。ネット上に、同じ場面をオモチャにして幼児に差し出す動画が
あった。何と左側の一人の人形を、5人の人形に持ってきて、轢かせたのである。
「皆んなまとめてやっちまえ!」である。 人生の中で、私たちは、似たような
ことをしてきたのでは? と誰もが考える?はず。 まず数で一人の犠牲を
選択する。 ところが、この判断は、神の領域で、間違い。 神に祈って、
後は、神の御心のまま。手を下すべきでないが、識者の大勢のようだ。人生を
考えると、目先の数より、自然体で、ことを臨むのが正しいことは、自明。
しかし、その一人を、自分の意思に例えると、判断は、倫理の問題に触れる
ことが多くなる。 で、この問題の回答は見て見ぬふりになるが、何か、自己
嫌悪の問題になりそうである…? 植木等の『すーだら節』…だよ人生は、
「てなこと言われて、その気になって!」だから面白いのである。 
何とことはない。いずれにせよ、死んで3日も経てば、灰さよなら 。
虚空の彼方。あるのは「今、ここ、わたし」のみ。 

・・・・・                          
3556, 閑話小題  ―つれづれに                                 
2010年12月20日(月)
  * 朝の瞑想
 同月同日の10年間の随想日記の一部を、数日前から私のブログ
「バードウォッチ」に貼り付けている。字数制限があるので、毎日、カットを
しないと字数オーバーになる。これは、現在書いている文章が、つまらないと
将来の自分がカットするぞ!という警告になる。しかし、カットは身を削られる
気分になる。早朝5時過ぎに、前日に書きあげたテーマ日記の添削と仕上げ、
そして以前書いた9年分の文章を読み返し、カットする作業は、ある意味、瞑想。
独りで10年間の同月同日の自分の文章(エネルギー)に向きあうのは、
自分との出会いでもある。
  *「自分の人生が嫌になった、終わりにしたかった!」ー昨日のニュースー
 高校卒業して以来、10年フリーターで職を変えていた男が、無差別傷害をした
動機が自暴自虐の、この言葉である。10年前位まで、ウォーキングをしていると、
明らかに精神を病んでいる20歳代半ばの男が自転車に乗ってブツブツ言っていた。
ところが数度に一度、自転車で向かってきて直前で避けたリ、寸止めをする。
その間合いが、絶妙で怒るに怒れないで、一切無視。10年以上、それが続いたが、
ある日から突然、姿が消えた。全国的に子供が襲われる事件が相次いだ時期から。
その男が、誰かに聞いて欲しいのだろう「俺はジイサン、バアサンに潰された!」
と、呻きながら自転車で通り過ぎていった。いやに、その言葉が心の底に残る。
数年前の秋葉原の無差別殺人事件が、両親の弄りすぎだった。知人の多くは、長男
の話をしたがらない。嫁姑と同じく、人生の永遠の課題。旧約聖書にもある。 
  * 勘違い
 自宅の敷地内にある貸家の屋根裏にハクビシンが騒いでいたという話題を、
ここで取り上げた。そこで朱鷺を襲ったのがハクビシンと勘違いをしてしまった。
ある人に、あれは「テン」と注意をされ気づいたしだい。それにしても、
何でハクビシンが敷地内に? 雉や山鳩が時々見かけられるのだから、ハクビシン
もいても不思議でないが。そういえば数年前に熊も出た。鷺もいれば、鴨もいる。 
そうそう、変な布を羽織った類人猿もいる。

 ・・・・・・・
3921, 精神力ーその偉大な力 ー11
2011年12月20日(火)
  「 精神力ーその偉大な力  ー 」 ダン・カスター著
  * まず、自分を愛すること
【うまく他人に処するということは、他人を使うのではなく、まず私ども自身を
 使うのです。その後、相互の健全な協力を望むことです。他人と協調するには、
まず自分自身を愛し、自分を尊く思わなくてはならない。自分自身を尊ばない人、
自分を非難し、自分を蔑む人は、その蔑みや非難を他人に投入するものです。
そのために、他人から抵抗や非難をうけます。誰も、自分自身としっくりいかない
限り、自分を尊び、自分を健全に愛さない限り、他人を愛することはできません。
まず、自分を愛し、その上で隣人を我々と同じように愛しなさいと、キリストは
言ったのです。 利己的な人は、自分だけを愛します。彼が他の人を自分と同じく
愛することを学べば、彼はもはや利己的ではありません。健全の自己愛は他の人と
協調します。強い、健康な、活力ある、自尊心に富む人格が、他人と最もよく
やっていけます。 強い人格の人が、最もよく人を助けるのです。・・
詩人R・ブラウニングは言いました。「真理はわれわれの内にある。あなたがなに
を信じようとも、外のものから、それが高揚されることはない。われわれすべて
には深奥の中心点があり、そこで真理が完全に住場を得ている。そしてまわりは
壁また壁で粗雑な筋肉がそれを押し込んでいる」と。・・あなたの真の内部自己は、
知恵と威力を持っている。一度あなた自身を神性の実在として認めると、自分の
生活に方向をつけられると知られるでしょう。思考や態度や信念を通して自動的に、
体験のなかに善いものを持ってくるでしょう。・・私たちは習癖なしには生きて
いけないが、その奴隷になることもありません。習癖こそ召使いであるべきです。
私たちの中に建設的習慣を作りあげたとき、宇宙のエネルギーを得ることが
出来るのです。良い召使を多く持ちなさい 】
▼ まず自分を愛することが、人生の基本である。そのためには両親から愛情を
 充分に受けること。良い両親、家庭環境が必要条件になるが、充分条件ではない。
その人に両親のことを語らせれば、大方が分かるはずである。聞くに耐えられない
ことを言う人を度々見うけるが、自虐でしかないのが分からない。
この「まず自分を愛しなさい。そして同じように他人を愛しなさい」の箇所が、
いやに印象に残って、私の生き方を変えた。聖人を除けば、自愛なくして他愛は
不自然になる。ところが多くの人は、自愛なくして、他愛に気持ちが向かうため、
相手に拒否をされる。真の自愛がないのは自立してないということである。 
殆どの愛は突詰めれば、自愛の変容。強すぎるのも問題だが。 自愛のほど!
・・・・・・
6125,閑話小題 〜「人生下り坂最高」
2017年12月20日(水)
   * 下り坂の良さは、上り詰めてこそ
 この数年の朝の団欒は日野正平の『こころ旅』を見るのが日課。
番組は7年前からというから、私の早朝のチャリ散歩を始めた一年後になる。
日野のカメラ目線が当然のことながら全く同じ。私の場合は、安全を考えて、
95%が土手と、バイパスの側道。そこは野鳥、とりわけ渡り鳥が多い。
『日野正平』といえば、女性遍歴が多彩。若かりし日には、芸能界の半数は
何らかがあったと噂されていた。 道路上で交差する可愛い女性をみると、
何故か同調?し、自分でも話しかけたくなる気にさせる。
 日野の女性遍歴を調べると、
『新藤恵美』『小鹿ミキ』『紀比呂子』『ホーン・ユキ』『りりぃ』 
『西川峰子』など…。この人達の前に、一般人と結婚&離婚(1男1女)
をしている>とある。 この人の偉いところは、共演者の中でも二番手、
三番手に行って、一番手の女優は、主役級の男優に譲ったという。
 BSとはいえ、平日の朝昼晩に3回も放映をする、朝ドラ並みの人気。
団塊世代が定年を向かえ、家の中で燻っている人向けに丁度良い内容。
『下り坂の良さは、上り詰めてこそ』と、嘯いていたが、彼が上りつめたか
どうかは別にして、登り路を上りつめたればこそ「下り坂最高」の味が滲み
でている。
追文:本当の本当、驚いた! 去年の同月同日に「日野正平」を書いていた。
 残念?なことに、去年の方が勝っている? 決して今日の方が、昨日より
進化していない… いや退化ですか? 
 その、野際陽子も、この6月に肺ガンで亡くなった。 享年81歳。
彼女の霊に呼ばれたのかも? そう考えて読むと、少し違う感覚になる。


7601,シネマ観賞〜『マトレックスーレザレクションズ』 

2021年12月19日(日)

   * 毎日が… シネマで楽しい
 久々に『マトレックス・シリーズ』をみてきた。 以前の3回シリーズも、
初回は面白かったが、二回、三回と続くうちに面白さが半減していった。
で、新シリーズ。それが意外と面白のである。前回の内容をほぼ忘れていた
ので、検索すると、あるある。記憶が、鮮やかに浮かび上ってきた。
 まずは、その内容とは… 観てから、今回の作品をみる手もあったが、観い
のも新鮮でよかった。シネマも一期一会である。70歳を過ぎた頃から、己の
生きてきた過去が現実か、仮想か、何やらボケが混じりあい、その記憶の描き
かえさえしかねない悲しい事態である。誰かが、老人性痴呆症気味になり…
<ありもしなかったことを、言いだして…> それが、1人や2人じゃないが…
病人ということで、裁判沙汰にはならなかったが…  評価:90点。
  〜まずは、前シリーズの概略より〜
≪ 私たちが生きている世界は現実なのか、仮想なのか。もはや現実は現実では
 なくなり仮想こそが実質的な現実なのではないか?マトリックスという作品を
観れば観るほどその世界観に引き込まると同時に、自分は存在しているのか?
という答えのない問いが頭を支配します。是非劇場に足を運んで、あなたの
生きている世界が現実なのか仮想なのかの問いの答え探しを。 ≫
 ―
▼ 固定化された小さな社会の噂が、これに近い。まして、そこが城下町なら、
 悪意と嫉妬が絡みあい、それは荒んだ人間関係に挟まれる。

・・・・・・
7246,閑話小題 〜コロナ禍での免許書換の現場の様相
2020年12月19日(土)
   * 豪雪の中の長岡郊外にある免許センターで
 まあ、毎日、テーマが出てくるものと… 少し日常と違った日は、その景色
そのままを取上げるといい。今回は豪雪と免許証の書き換え。会場前の案内役
が、開口一番に、<今日は、運が良いですよ。豪雪で絶対数が少ないし、直に
手続きが済みますよ!> 
なる程、行列は7〜8人しか並んでいないで、5分ほどで4つある窓口の一つに…
早速、検眼。前回がすれすれ合格。 で、メガネスーパーで、検眼、営業テク
ニックに誘導されて買換え。いざ検査。でアッサリ合格。一度は落とされると
覚悟をしていたので、『何だこりゃ!』と… 講習も事前に二回も教習所で
受けてフリーパス。80歳時には、免許返納か、あの世? 最期の書換も無事、
終了し、この豪雪、聞きしに勝る積雪。何ごともなく、帰ってきた。
帰りに独り、合格祝いの回転寿司の美味しかったこと!
 ―
   * キックボード
 自転車で転倒して眉毛の下を弐cmほど切り、それ以来、10数年続けてきた
ポタリングを中止し、現在に至っている、来年の春先まで再開するかどうかは
様子見にした。
 これで免許証交付がダメだったらと不安が先に出てきた矢先に出てきたのが
キックボード。 先日、ニュースの話題で、電動アシストのキックボード開発
が取上げられていた。安定感を持たせる四輪のモノまで有ったには驚いた。 
 老いの問題には、眼と、足腰と、歯が出てくる。「老いは病」とは、こういう
事かと思い知る日々。何やら愚痴っぽい日々だが… TVをみて、ブツブツ独り言
を呟いている姿が合せ鏡に見える今日この頃! 寒さが増す、仏間で独り、呟く
替わりに書いているが、まだまだ、日々が楽しく、面白いと想えるだけ満足を
しなければ! 今年もコロナ禍の中で何とか… 終わりそうだ!

・・・・・・
6853,閑話小題 〜買うという選択肢はないだろう! −2
2019年12月19日(木)
   * この時節の『ジャンボ宝くじ』に思う
             <一等・前後賞合わせて最大10億円。>
 何度も書いてきたテーマ。それも3月前にもだが、年末ゆえに再びテーマに。 
夢を買っているのだから、いいじゃないかい!と言いたいけど… 逆にした
<買うっていう選択肢はないだろう!>が本当のところ。庶民の夢も、また
楽しいと温かく見守るのも一興。いつか大当てをしてリッチにのアメリカン・
ドリームからみれば可愛いもの。精神と金銭を含めた「貧困ぐい」。
「11組111111番」を例えてみれば、当たるわけがないことが解る。 
誰かに当たるのだろうが、自分だけは99・99999999%、当選しない
と考えた方がいいのに何でまた? 夢を買うなら、夢の実現の貯金したら! 
他に手立てがあるだろうと思うのは私の心が貧しいから? でも、こうして
自分が存在している確率は、こんな確率ではない「存在」の問題が出てくる。
 
川柳… 「買わなけりゃ当たらん買っても当たらん」
   「当たるはず 淡い期待に すがり付き」
  「運がない人が支える宝くじ」ですか、現実は!
 毎日、千円を積み立て20年経てば、730万。積立預金でも複利で、一千万。
でも死んでしまえば、それまで… なら、美味い酒とツマミを楽しく飲んだ方
がいいですか。そこで年一に一度、愉しい夢をだいてた宝くじも、また良し。
国民的「共同幻想」なら罪はなし。…幻想で釣る結婚詐欺と、何処が違うか。
 教養のない老人の戯言そのものですか! もっと最悪の賭けごとをして大損
をしてきた己の姿が見えない自分を棚において、我ながらよく言うよ!がオチ。
   〜大筋は、こんなもの〜  
 ―
東京ドーム2個と4分の1に宝くじを敷き詰めると、その中に1枚だけ1等がある。
縦7センチ×横15センチ。これを1,000万枚敷き詰めるとこのぐらいの確率。
パチンコで大当たりする確率 1/400
当然のことですが、400回近く回せば大当たりが出るというものではなく、
どれだけ回そうと常に同じ確率です。
他の賭けごとの中でも最も割に合わないのが宝くじ。
 ―
自動車事故で死ぬ確率 1/10,000
 ―
飛行機が墜落する確率 1/200,000
 ―
雷に撃たれる確率 1/10,000,000
 ちなみに、稲妻は早すぎて1秒の間に地球に100回も落ちるそうです。
 一発の落雷で牛が52頭も死んでしまったとか。
 ―
隕石に当たる確率1/10,000,000,000
 こんな天文学的な数字なのに何と5回も隕石に狙われた人なんてのもいる。
〜〜〜〜
 分類の中の「ブログ内検索」で過去文を調べると、あるある。
よほど、ネタがないかが解る。それもほぼ同じような内容。それも真剣に…
我ながら… 「こんなことしか書くテーマがないのかよ」 もう直に74歳。
            
 ーーーー
2019/09/26
閑話小題 〜買わないという選択はないやろ ―1
    * 不快なCM
 俳優の佐藤健が、 鶴瓶の楽屋にやってきて、「なに、ニヤニヤしてんすか?」
「師匠も買うんですね」と聞くと、「買う買う買う買う、そら買うよ」
「買わないという選択肢は無いやろ」と睨んできて「健」「あかん?」と迫って
きた後、女性ナレーションが『 ドリームジャンボ5億円、月曜から』と宣う。
<当選確率は1000万分の1。下記コラムでは興味深い比喩が紹介されていて、
「東京ドームの収容人数を4万5000人だとすると、東京ドーム約222個にひしめき
合う人の中から1人が選ばれるのと同じ確率。> まあ、夢を買っているから
敢えて言うことではないが… 
 弱者の夢を食い物にする洗脳だが、化粧品広告や健康食品と酷似している。 
コカイン入り砂糖水を、「スカッと爽やか、コカ・コーラ」と、洗脳して原価の
数十倍?で売りつけるのと同じ『貧困ビジネス』そのもの。 それで心が豊かに
なれば?それで… 砂糖水、飲む方でなく、売り手に回ればいいものを。
下層階級ほど、「アメリカン・ドリームを妄信しているため。そこで宝くじが… 

・・・・・・
2013/06/17
宝くじが当たる確率(何倍?)はどのくらい?
 宝くじには全く興味がなかった。一度、一枚だけ話の種に買ったことがあった。
SCなどの宝くじ売場で買っている人を見かける度、「夢を買っているんだ!」
と思っていた。 ー教えて!Goo、によるとー
【 問い=  例えば、以下のような宝くじは当選確率はどのくらい。
  1等 1億円  20名  2等 1千万円 20名
  3等 百万円 200名  4等 5万円 30000名  
  例えば、1億円当たる確立は百万人に一人とか…
【 答え=
 ○ あなたが、宝くじの1等に当る確率は、1等の当選番号が、
          「11組111111番」になるのと同じです
 ○ 一般的な宝くじは、100kgの米の中からある1粒の米粒を探し出すのと
   同じくらいの確率。
 ○ 売り上げ枚数を調べれば簡単に分かりますよ 7億6千万枚ほど売れて
   いるようですから、完全ランダムで3800万枚に1枚ほど入っているかと
 ○ 年末ジャンボの場合、1ユニットで1000万枚発売されている。
  1等は1ユニットあたり1本ですから、単純に1000万分の1となります。
 ○ 当選番号が 123456番だとした場合 最初のくらいの1番はどのくじにも
  ついているわけで,あとは1の位から万の位までの5つの数字の組合わせは 
  10×10×10×10×10で10万分の1となりますよね。ただし,これは一枚 
  買った場合で 連番で10枚買ってると 確率は その10分の1で 1万分の1。
  一等は宝くじでは この組の数が二桁あるので、その10×10の100倍 
  つまり、一枚 買って一等に当たるのは千万分の1となりますよね
 ○ ちなみに東京ドームの敷地に新聞紙を敷き詰め、天井から針を落として
  新聞の一番小さい1文字に当たる確率と同じくらいとか聞きました。
 ▼ 一等、二等で合計500万分1の確率で、当たる分けがない。買う当人に
  とっては千分一の気持ち。アメリカなどで数十億円が当たるケースがあるが、
 それが元で不幸のどん底に落ちるケースが殆どという。悪銭身につかずである。
それなら毎日、何とか5百円預金をすれば一年で18万円、10年で180万円、30年で
金利を含め1千万になり、遥かに効率が良い。 が、そうはいかないのが人間。
生を受け、今、存在していること自体が奇跡なのに、それを生き切らなくて何が
宝くじ。せめて、当たった夢をみたいのは分かるが。1億当たったところで、
したいこと、買いたい物など、何も無いのも面白くないが。
――――
2015/06/21
宝くじを当てた95%が、5年以内に
      『世界の大富豪2000人が教えてくれたこと』トニー野中(著)
  * 宝くじを当てた95%が、5年以内に当選金を失う
 日本では『悪銭、身につかづ』という諺がある。入る器の方を育て上げないと、
その殆どが溢れ流れていく。私も事業投資の当初の10年で5倍まで純資産を
増やしたが、2001年の9・11と、リーマンショックと、2011年の3・11の10年で
壊滅! 辛うじて保険代りに家内名義で積みたててきた給与の預金と、
二人厚生年金で、これまでの生活を維持している。 その辺りから 〜p40
≪ アメリカやイギリスでは、「宝くじを当てた人が、その後どうなったか?」と
いう追跡調査が、よく行なわれます。 それによると、「宝くじの一等が当たった
人の95パーセントが、5年以内に手にした当選金の全てを失っている」という。
「器のできていない人がお金を持っても身につかないこと」を、データは如実に
証明しているわけです。 いえ、当選金を失うどころか、それ以上のマイナスを
被るとがあります。たとえばアメリカでは、宝くじに当選すると、宝くじ売り場
まで乗ったタクシーの運転手まで「分け前を寄こせ」と主張してくるそうですし、
100万ドルを当てたーカ月後に毒殺されるという事件まで起こっています。
『となりの億万長者』というベストセラーで知られるトマス・J・スタンリーは、
その著書で「宝くじを買う頻度と、その人の資産レベルの間には非常に顕著な
反比例関係がある」(『なぜ、この入たちは金持ちになったのか』日本経済新聞社)
ということを証明しています。それは、「お金があるから、宝くじなんて買わない」
という理由だけではないのです。宝くじの当選確率など、計算すれば、ビジネスで
成功する確率よりはるかに低いとすぐにわかります。大富豪になるような人で
あれば、そんな確率の低いことよりも、もっと確実に稼げることに、時間とお金
を投資しようと考えるのが当然でし欲う。それでも多くの人が宝くじをほしがり、
"当たる"と評判の宝くじ売り場に朝一から並んでいるのは、
「楽して莫大な富が手に入る」という誘惑に逆らえないからです。≫
▼ 宝くじは夢を買うもので、それ自体に矛盾がある。夢は長年かけて地道に
 積み上げ実現するもの。そのプロセスにこそ価値(意味)がある。数羽の
ブラックスワンで、私の事業は終わったが、プロセスで元をとっていたので、
後悔は意外に少ない。宝くじの当選金を5年で失っても、持ったままより、
遥かに良い!とも考えられる。「失う」と思うのは傍目で、実際に使えば、
その価値を味わい尽くすことが出来る。 5年で数億など使ってみたいもの。
いや実際に使ってみた。一棟、ホテルを建てると土地代を入れると3〜10億。
そのプロセスを遊びに昇華すれば、遊びとして、それだけ使ったことになる。
遊びとしてみても、実際に面白かった。当事者の実感は、「失った」というより
「使った」である。本人が言うから間違いない! ということは、著者は浅い?
ボロボロになって涙した方が、その数倍増やしニヤニヤしているより味は濃い。
「大恋愛の成就より、失恋をした方が遥かに良い」ことを考えれば解るだろう。
『宝くじを当てた95%が、5年以内に当選金の全て使う!』 …良いでないか。


7600,閑話小題 〜ヤバ! 中国

2021年12月18日(土)

   * 焦りがみえている習近平
 台湾併合に向けて習近平に焦りがありあり! 香港併合を、このパンデミック
を逆手に取って成功し、その勢いをかって台湾もと、目論見がありあり… 下手
すると三次世界大戦も有りうる空気になっている。その辺のことは、以前、書いた。
これに合わせて、尖閣列島の占拠も当然、考えるだろうから、他人事ではない。
圧倒的な空母を主体としたアメリカに対して、超高速ミサイルを武器として、日本、
米国、台湾に開発を進めて、経済恐慌、そして、台湾海峡有事へと、プログラムが
進むようだ。その戦略にアメリカ、イギリスが、ここで気付いたようだ。 …
…半信半疑で、つい先日、そのプログラムを、ここで描いたが、そのとおり、世界
が動いている。 そうこう考え、ネットサーフィンをしていると、なお、恐ろしい
現実がシリアスにあった。怖ろしい限り! 
 ―
≪ 中国で教育改革「双減」政策(宿題と塾の二つを削減し、受験過当競争を緩和し、
 子供たちに対する圧力を緩和する政策)が今年7月に打ち出されて4か月がたった。
「塾禁止令」と言われる衝撃の政策だっただけに、前編記事『習近平、「塾禁止令」
の衝撃…!  中国「あれから4ヵ月」で起きていた“ヤバすぎる現実”』では
その影響で塾が大量閉鎖したり、雇用崩壊している様子をレポート。
しかし、本当に大変なことになるのはまさにこれから。じつは習近平、
「大量ブルーカラー化」というものを目指しており、教育改革はその序章に
過ぎないというのだ――そんな衝撃の実情についてレポートしていく。≫

≪ 必ずしも中国に限った話ではないですね。日本も昔は大学を出ただけで学士様
と呼ばれた時代がありましたし、高度成長期は中卒で金の卵と言われて就職口が
困らない時代もありました。
国が経済発展して、ある程度大学進学率が上がってくると大卒者の就職内定率も
悪くなりますし、日本の氷河期世代のようなこともあり得ます。
中国はまだまだ経済発展はするとは思いますが、かっての二桁成長率の時代は
終わり、やがてイギリスや日本のような低成長時代を迎えるでしょう。
その時に共産党がどう対策するのか?は見ものです… ≫
 ―
▼ 東京一極化を、そのまま、続けてきた日本の平和ボケ!平常時では、最有効
だが、こと戦争ともなれば、ミサイル一発の脅しで、日本は壊滅することに。
敗戦後に… 関西の大阪、京都を政治、機能を移転し、東京を経済都市として
分離する位をするのは、誰にも分ること。それさえ出来ないのが‘敗戦魂’一色の
日本。まあ、如何なることやら! 何が平和国家日本… 非常事態宣言を出して、
この非常事態に対応すべし!

・・・・・・
7244,閑話小題 〜ラスト♪ソング =4
2020年12月17日(木)
             『ラスト♪ソング』佐藤由美子著
   * 一霊四魂とは、
 この著書で知った言葉。 ここのテーマにで、’‘こころ、心、魂’について
書いてきたが、‘魂’の構造については知らなかった。
   * 欧米は、死についての話題を忌避しない
『世界のピアノ』が、NHK/BSで放映されている。世界の飛行場・鉄道など公共の
広場で通行人が気楽に演奏をする。(NHKが企画したもの)。欧州では、ピアノ
が生活に入りこんでいる。ピアノ曲目の演奏が、イコール…人生になっている。 
路上生活者から富裕層まで様々な人たちが登場する。そして…何ゆえに、そこに
至ったかの彼らの人生のナレーションが入る。誰でも、人生の曲目がある。 
   〜その一節から〜
≪ ◉ どの話も読み終えるたびに思わず目を閉じて、そっと息を吐出すような、
 悲しみに満ちたものだった。しかし、それぞれの患者は著者の歌に自分を取り
戻して、安らかに終わりの時を迎える。なかにはまるで奇跡のような話もある。
とりわけ印象に残ったのが最終章の沖縄出身の時子さんの話である。
<時子さんは空襲を逃れて名古屋から沖縄に疎開したが、沖縄戦で母と妹を
亡くして孤児になる。父も戦死していた。成人して米軍兵士と結婚して渡米し、
幸せな家庭を築いた。しかし、ベトナム戦争に従軍した夫は帰還後にPTSD
(心的外傷ストレス障害)に苦しみながら死んでしまう。なぜ自分だけが生き
延びたのか、と時子さんは呻吟する。>
 そのとき、著者は時子さんから聞いた彼女の人生を書き留める約束をした。
その約束が本書となって実を結んだのだ。

◉ 読了して気づくのは、音楽の力である。多くの人にとって音楽は実体験と深く
結びついて記憶されている。だから音楽を聴かせることで死の迫った患者に人間
らしさを回復させることが可能になるのである。本書にはその実例が集められて
いる。それに加えて深く心に残ったのは、著者の患者への真摯で誠実な姿勢。
著者はブログ(佐藤由美子の音楽療法日記)において以下のように述べている。
「音楽療法士で一番大切なのは患者との信頼関係です。どんなに優れた療法士
であっても、患者に信頼されなければ、セラピーはできません」。
セラピストと言えども、ホスピスにおいては患者との信頼関係づくりは容易に
できることではないはずだが、著者が実践しているのに私は驚く。≫
 ―
 ―
▼ 年齢を重なる度に想うのは、 <いま、ここにある自分が奇跡の存在>
 と実感することそれも、一つ間違えたら現在の自分は存在してなかった…。 
存在の不思議である。フラッシュで、あの時運悪く転げたら、如何だろう?が、
あまりに多かった。その都度、何とか幸運に助けられたこと
多々あった。そのため、助けられてきたのは、幸運の名の神様と深く信じる
ようになっていた。 母は、それを{守護霊}という。 幸運が続いたのは、
母は<実父の霊が、人生の節目ごとに現われて守ってくれていたと… >

追記: 偶然だが、去年の今日に「遊びの科学」をテーマに書いてあった。
 人生に悔いなしと言えるのは、楽しみ尽くした実感、充実感があるか否か。
<…何でもいい、充実していたか如何か! …たった一度の人生だもの!…>
 さらに他者と比較しない事! こと、遊びについては充分に満ち足りていた!
と想えるから有難い。

・・・・・・
2007/06/18
2267, 「遊び」
                (゜∇^*)オハヨ♪
 遊びの重要性は、両親をみていたり、学生時代などの経験から
「働き」と「学び」と同じくらい位置づけてきた。
その三つのバランスを如何に組み合わせるかが人生の豊かさと信じて、
年、月、週の計画に組み込んでいた。
人生で最後残るのは、特に「遊び」の中の充実感である。
                
 「遊び」をネット百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』調べてみた。
  ーーーーwww**ww*w(/⌒∇⌒)/〜∞**www***w ーーーー
  
 楽しむ、娯楽、休養、リラックス、ストレス (生体)解消などの目的で
生物がする行動の総称。普通は生命活動を維持するのに直接必要な食事、
睡眠や、自ら望んで行われない労働などは含まれない。
 また、工学などにおいて作られる、ある一定のたゆみ、ゆるみ、余白のこと。
これを作ることを「遊びを持たせる」という。
ハンドル等、機械で人間が操作する部分の遊びは、不覚筋動を機械の動きに反映させない
という効果遊びとは、楽しむ、娯楽、休養、リラックス、ストレス解消などの目的で
生物がする行動の総称とされます。どのような時代においても遊びは存在し、
太古の昔から現代まで私達の心を楽しませてくれています。

人間以外で、動物は遊びの中で狩りやコミュニケーションの方法を学んでゆく。
ヒトは成熟後も遊びを行なうのが一般的である一方、ヒト以外の動物は成熟すると
あまり遊ばなくなるが、ペット化(家畜化)された犬や猫などの動物は成熟後も
遊びたがる傾向があるようであり、野生動物でもカラスには、
成熟した個体に遊びと思われる行動が見られる。

フランスの思想家、ロジェ・カイヨワはホイジンガの著書「ホモ・ルーデンス」
に影響を受け、「遊びと人間」を執筆した。
その中でカイヨワは遊びを次の4つに分類している。
・アゴン(競争):運動や格闘技、子供のかけっこ
・アレア(偶然):くじ(宝くじなど)、じゃんけん、ギャンブル(競馬など)
・ミミクリ(模倣):演劇、物真似、ままごと
・イリンクス(めまい):メリーゴーランド、ブランコ
カイヨワの説は遊びはこれらの4つの区分に分けられるとしたものであったが、
遊びは必ずしもこれらの単一の要素からなるものではなく、
複数の要素を含むものも多いとする説もある。
 ーーーー   
 
 なるほど、と思うが・・・
「遊び」については、今まで何回か取り上げてきた。
人は良く遊び、良く働き、良く学ぶことが、良く生きることを目ざすことだ。
そのどれも必要なことであり、それぞれにとって、背後に二つを必要とする。
何ごとも楽しみになるまで追求すれば、しめたものである。
私の場合、ゲーム化が楽しみへ持ち上げるポイントであった。
ゲーム化に対しては批判もあるだろうが、何ごともやりかたである。
到達地点を設定して、その間の障害を乗り越えながらプロセスを楽しめば、
遊びへ転換する。
ゲームは、勝ち負けを争う遊戯、競技もしくは賭博として一般的に認められて
いるが、日本では、「ゲーム」という言葉を使う場合、漠然とした「遊び」と比べ、
「パッケージ化された遊戯の一形態」という印象を与える。

 学び、働きに対して、遊びが一番充実していた!ようだ。
遊びは他の二つと違って、他者との対比の必要はない。
一番好き嫌いの主観的要素が生かせるからよい。
同じ人生、楽しまなくては!
何ごとも「遊び」まで持ち上がるまで集中すべし!ということか。
 
 ー以前、カラスの遊びについて書いた部分を抜粋してみるー
 カラスは「羽の生えた類人猿」というほどの高い知能が、
 動物学者の研究観察から認められている。
 その一つに人間と同じような“遊び”の感覚があることである。
・目的もなく電線の巻いてあるテープをはがしたり、
・空中でゴルフボールや小枝を落として奪い合うラグビーのような
 行動で仲間と遊んだり、
・滑り台で、人間の子供のように滑り降りたり、
・くちばしでレールに小石を並べる行為も、電車が石をはじくのが面白くて
 始めた“遊び”といわれる。
 そのように無駄な行動を楽しむことをみても、彼らが知的動物であるといえる。
「無駄」なような行動も、「ラグビー行為は、オオタカなどの猛禽類に襲われた
場合に備えてのチームプレーの訓練」という見方もあるが、それを遊びにする
ことが、高度な知的行為である。
 ーー イルカや、サルなど知的レベルの高い動物ほど日常の中に
 遊びが入っているところが、注目に値する。 d=(^_^)=b
     
 競争、偶然、模倣、めまい、か〜〜〜!
何かの偶然の重なりで娑婆に生まれ、ママゴトのような人生の中で、
ワッペン取りや、かけっこ競争や、ブランコ遊びをして、
ふと、気づくと孫に囲まれ、遊びの手助け!、 これが人生。          
                  
・・・・・・
2004/05/12
1135,「ライフ・レッスン」−13

   ー遊びのレッスンー
 遊びは仕事とともにもっとも大事にしなくてはならないことである。
何のために働くのかと問われれば、遊ぶために働いてますと真から
答えることができ、何のために遊ぶのですかと問われれば仕事を
じゅうぶんできるために遊ぶのです、と答えることが理想といえる。

 遊びとはつかの間の気楽な時間ではなく、遊びのためだけに捧げられた、
実際の時間である。私にとって、この随想日記を書くことじたい遊び。
遊びでなくては絶対に1000回も書くことは無理である。

 散歩もわたしにとって、最大の遊びである。
初めは腰痛対策であったが、いつの間にか遊びに昇華してしまった。
歩いて楽しいのである。

 晩年になって過去を振り返ったときに、あの時は良かったという記憶に
残るのは、やはり無心で遊んでいた時である。それぞれの年代において、
それぞれの遊びの中で我を忘れて楽しんでいた時である。

ー抜粋
・われわれは趣味や遊びが何であるか忘れている。
家具つくりを趣味でしている人が、ある日突然「これを仕事にしよう」と
思い立つ。好きなことをして、それが仕事になれば、というかもしれない。
しかし趣味とは成果を気にしないで純粋に楽しむものである。
売るための家具をつくれば、もう趣味といえなくなる。
それは仕事である。そのことに気づかずに、好きなことを、純粋に楽し
めないことにゆがめていく人が少なくない。

・おもしろくって、一日中でもやっていたい、本当に好きなことを
やらずに、欲求を最大限おさえて生きていくなんて、何ておぞましい
人生だろう。遊びにかけているサファーを、われわれは並以下の人間に感じる。
しかし真剣に問われるべきは、われわれの大半が遊びのない世界に住んでいる
のは何故かということだ。

・自分自身に上質な時間をあたえてほしい。
愛する人とすごす上質な時間が必要だということを、誰もが知っている。
ところが、自分だけのための、ひとりですごす上質な時間もまた
必要なのだ。ひとり取り残された時間でも、気がついたらひとりになっていた
でもなく、純粋にひとりを楽しむ時間が一番大事だということを知って
ほしい。

   ・・・・・
  〜以前書いた文章〜
 
  ー遊びについて―
人間にとって「遊び」は最も重要の一つである。

・・・・・・
2018/04/05
閑話小題 〜遊びについての断章
             <「群れるな」寺山修二著>
 昨日、「加山雄三とヨット」のテーマで遊びについて書いたが、手元に
図書館から借りて積上げてある10冊の本の中に、『遊びについての断章』が
あった。これまで「遊び」について繰返しテーマにしてきた。
「遊べるうちに遊んできなさい! 直に、泣くときが来るんだから!」と
諭され、数十年が経つ。確かに切ない場面が多々、あったが、その数倍、
数十倍、楽しいことがあったのが実感。遊びの価値を両親の後ろ姿に
学んだことに加え、学生時代に味わっていたこともある。
 ――     
   * 『遊びについての断章』 
       ー人生は遊びながら年老いて行く―
 ‘JRA’のCMのために書いた原稿。
実際に使われたものはこれからの抜粋である。このCMのなかでの寺山は
得意の肩かけコートで町をあるき、府中のスタンドをバックにたたずむ。
その後ろであの独特の語り口でこの断片を朗読していた。
 ――

かもめは飛びながら歌をおぼえ
人生は遊びながら年老いてゆく
   *
遊びはもうひとつの人生である
そこにはめぐり逢いも別れもある
人は遊びのなかであることを思い出し、あることを忘れ、
そしてあることを捨てる
   *
人はだれでも
遊びという名の劇場をもつことができる
悲劇 喜劇 活劇 メロドラマ
そこで人は主役になり、同時に観客になることもできる
   *
ぼくは人力飛行にあこがれていました
飛行機はただの道具にすぎなかったが、飛ぶことは思想でした
ぼくあ大空を見あげて思いました
プライバシーなんかいらない
フライバシーがほしい、と
遊ぶことは 冒険することであり、
ためすことであり、知ることだったのです
ぼくは「運の悪い女」がきらいです
なぜなら「運の悪い女」には、人生が一つしかないからです
遊びは、不運な人たちにも
「もう一つの人生」があることを教えてくれるのです
だからぼくは、いつでも自分に掛ける
   *
どういうものか「誰が故郷を思わざる」という歌をうたうと、
ツキがまわってくるんです
はじめて競馬場へ行ったとき
はじめて玉突きを覚えたとき
はじめて女を口説いたとき
だからぼくは
皆で一度、一緒に唄ってみたらいいんじゃないかと思っているんです
政治の悪い時代には、「誰が故郷を思わざる」でも唄ってみる
そういうもんじゃないのかな、遊びなんて
   * 
人生が終わると、遊びも終わってしまう
しかし、遊びが終わっても人生は終わらない
遊びは何べんでも終わることができるから、何べんでもやり直しができる
出会いと別れのくり返し
そこが遊びのいいところなんだね
   *
人生では敗けられないが、遊びなら敗けられる
そして敗けを知ったものだけが味わえる風景というものがある
「誰が故郷を思わざる」なんて唄は
競馬をやったことのある者にしか、味わうことができない唄ではないだろうか
   *
人生が、いつばん安上がりの遊びである
死が、いちばん高くつく遊びである
   *
遊びは、人生の時刻表である
人はそこに立ち止まり、自分の乗る汽車をえらぶ
人生は汽車である
旅をしながら年老いてゆく
   *
遊びは不幸な人間の第二の人生である
遊びは不幸な人間の第二の魂である
   *
人は誰でも、もう一つの人生をもつことができる
それは遊びである
ドストエフスキーは言っている
「一杯の茶のために、世界など滅びていい」
   *
夢の中で無くしたものを
目がさめてからさがしたって見つかる訳はない
現実で失くしたものを、夢の中でさがしたって見つかる訳はない
人は誰でも二つの人生をもつことができる
遊びは、そのことを教えてくれるのです


▼ 個人のHP内の検索で調べると、次々と出てきた。
 まあ真面目に遊びながら書いだこと。


7599,読書日記 『なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか』

2021年12月17日(金)

    * パンデミックの中で…
 サラリーマンだけでなく、自営業もペンデミックの中、家庭内の苛立ちが
ピークの筈だ。互いにこんな訳でなかった筈。専業妻にしたら、粗大ゴミが
毎日、自宅滞在。それは不機嫌になって当然。当初,仲の良かったツガイの
小鳥が弱い方を追い回す虐めが発生する。ただ、弱いだけの理由である。
この延長が家庭内で自然現象で発生する。夫の方も、金も、行き場もなく、
追詰められていく。その現象が世界中に起っているといって過言ではない。
『なぜ彼方は何もしないのか なんであなたは理由もなく怒るのか』
専業妻の座を確保して楽々過ごしてきた日々が嘘のよう。良人にしたら、
仕事で稼ぎ、それを理由に、居酒屋、スナックで、仕事と愚痴を肴に、妻と、
上司の悪口で憂さを晴らす、微妙なバランスの上の日常があったが、それも
淡い夢と知ることになる。 互いに生理的に嫌なものは、致し方がない。
互いに首輪の紐を短くし、鬱憤の晴らし合いも、限界がある。そこで必要な
のが、昼間の第三の場所。図書館、スポーツジム、昼定食屋の行きつけ。
群れるしかない男は、(いや、女もか)それは悲惨。問題は国家になる。
韓国では国民の4割が、「自分は最低ライクの人間」と信じて疑わない」とか。
日本でも、これでは、その傾向に無限に近づいていく。


7598、閑話小題 〜昭和の高度経済成長期に… ー

2021年12月16日(木)

   * 有名人も大変だ!
 新宿・歌舞伎町は、一旗揚げようとしてきた人たちの吹き溜まりの場所。
その最たる一人が、藤圭子! 
生れた環境が両親の事業の再生の出発点だったこともあり、生々しい現実の
真只中! 次々と襲ってくる原点的難題。子供心には‘面白かった’の一言
だが、当人にとって生きた心地はしなかった事に気づくに半世紀は要した。
日銭を稼ぎ、一家を支える苦労は並大抵では不可能。
学生時代に母親に…
…「何でまた、そこまで苦労を買って、するのか?」と聞いたところ! 
よく聞いてくれたと… 「自分を成長させるためよ!」と!
「多くの子供を産んだけど、モノは考えよう…妊娠期間は、堂々と休めるのよ。
一杯一ぱい生きていると、知恵が湧いてくるの。だから、真面目に力ある限り
生きなさい」には驚いた。若き青春の倫理観は、老いた母親にもあったのである。
難しく考える事もなし… ‘一日一生’の思いで、日々、一杯一ぱい生きれば
良いということですか! 8人兄姉の末っ子の立ち位置で、両親と自分を含めて
『10人分の人生を垣間見てきたが、それぞれが、それぞれ、それで良い』が、
私の総括になる。 …「若い時の苦労は買ってでもしろ」

◉ としても、毎日が面白い! 知らないキャパが多いからだろう。
生きている内、元気な内、知っている内である。致命的失敗なく、ここまで到達
できたのは奇蹟に近いと実感する。それにしても、何をしてきたのだろう。

・・・・・・
3552, 何に出会うかを、成長と呼ぶ
2010年12月16日(木)
「何に出会うかを、成長と呼ぶ」 ある雑誌の新聞広告にあった言葉である。
実際に出会った人、著書を通して出会った人、宗教的啓示で触れた何もの。
大自然の荘厳な景色から受けた感動、絵画や音楽を通して感じた作者・作曲家
の魂など、出会いそのものが成長になる。マイナーの何ものかの出会いは、
マイナー成長ということか。その中で、書物を通して崇高な教えや啓示などの
出会いは、一番身近で誰もが出会う機会になる。最近は、ネットやテレビや
映画などからも多くの出会いが可能になってきた。長年の風雪の中で、これまで
読み継がれてきた古典には、何かがある。その辺から多くのことを学ぶことも
出会いになる。65年間に多くの出会いと別れがあった。自分が経験してきた
蓄積が新たな出会いを呼び込むのである。 最後は自分の「死」の直感という
厄介な何に出会うのだろうが。それも刷り込まれたイメージでしかない。
出会いといえば、感動が伴なった経験である。人はどれだけ、感動、感激に
出会えるかで人生の豊かさが決まってくる。ところで、この出会いに関して、
本当に豊富であった。その蓄積が、さらなる上質な感動の場面を作上げる。
感動した対象に対し我われは何だろうか?と知りたくなる。それが、考える
キッカケになる。もう一つ、出会いの中で、宗教がある。知識を持ってしまった
人間は、いずれは死ぬ運命にあることを身近の人の死を通して知ってしまう。
それは二人称の死で自分の死とは違うと分かっていても、長年かけて、知人の
遺体と焼却を目の当たりにすると、二人称の死を一人称の死に重ね合わせて
しまう。出会いこそ人生であり、生き方が変る。未知との遭遇、無知との遭遇、
人生には色いろある。

 
・・・・・・
7243,閑話小題 〜これは、酷い!
2020年12月16日(水)
   * これでもまあ仕方ない、良いとしなくては!
 かなり危ないコロナ禍の問題が、再び頭を持ちあげてきた。国内のマスコミも、
一般国民も、コトの重大性が理解できてないようだ。一般国民のベースに哲学の
基礎が足りてないからだ。何をアタフタしているのか! これって、ワクチンが
開発され、普及すれば、解決できる問題ではない。群れ習性を最大限に利用して
成上ってきた細胞生命の頂点に立つ人類が暴走して、ここまで来たが、歯止めを
自ら出来ないため、根幹が雪崩をうって崩壊を始めた序曲が、このパンデミック!
痛いなら仕方が、指先の傷口にバンソコウをはって済む問題とは違う! 

【 ◉ 14日、政府は「GoToトラベル」について全国で今月28日から
 一時停止すると発表しました。ただ、東京や名古屋などでは停止の時期が
前倒しされていて、混乱も起きています。
 観光庁は15日、ホームページに「GoToトラベル」事業の変更点の詳細を
発表しました。全国一律で利用が停止されるのは今月28日から来月11日までで、
この期間を含む旅行はすべてキャンペーンの対象外となります。
◉ さらに、東京、札幌、大阪、名古屋を目的地とする旅行を新たに予約する
場合、東京は今月18日以降の旅行。札幌市、大阪市、名古屋市は、14日
午後8時以降の旅行がキャンペーンの対象外となりました。これら4都市を
目的地とする旅行をすでに予約している場合も今月22日以降は停止となり、
キャンペーンは適用されません。また、4都市を出発する旅行については、今月
27日まで自粛を求めます。 いずれの場合も、今月24日までにキャンセル
すればキャンセル料は無料になるとしています。(15日11:19) 】
 ――
▼ 狂気の白人第一主義者を大統領にしたアメリカ。エゴの塊りの中華思想の
中国共産党の独裁主義の行くつく先の結果が、これ。 一度は、これで収まる
可能性があっても、数波の大震災が、必ず襲いくる。こういう場合は、英国と、
ドイツ政府の政策を参考にすればよい。まずは、英国は、EUから脱退した。
これは日本に参考になる。 欧州大陸をユーラシア大陸に対応して考えれば。
 太平洋が大西洋として、その向こうがアメリカ。鎖国的活き方を再度… 
言葉でいうのは簡単だが、そこには大いなる覚悟が必要となる。
75年間で骨抜きにされた日本に、それだけの力量が残っているか否か…?

・・・・・・
6850,閑話小題 〜衰退戦略も
2019年12月16日(月)
   * 成長戦略は必要だが、衰退戦略の切替も 
 何ごとにも言えることだが、「成長戦略」は必要だが、「衰退戦略」も必要、
これも時節によって変えていくしかない。 現在の日本が、正にそう。
 バブル崩壊後に経済成長を維持するため、多額の債権を発行してきた結果、
国債残額はウナギ上り。…衰退の時節に「衰退」をすればよいが、政権維持に、
成長を無理やり維持する必要がある  …これがアベノミックスの本質。
 安倍首相は無理を重ねてきたが、そのツケは後世に必ず回ってくるが、批判は
あまりに少ない。地政学的にみて、エネルギーの中心は、中国に。
 日本の前門にアメリカ。後門は中国が存在。有態にいえば、アメリカの属国。
アメリカに天下があるうちは、まだしも、劣化すれば、その矢面が日本に向かう。
ゾンビ化している韓国をみれば日本の近未来が見てとれる。民主化の問題点が、
そのまま韓国と、日本に現われ出ている。とはいえ、バブル崩壊後の日本の
衰退戦略は、何とか成功している? 
 
 ところで、『還暦』。 人間にも、時節があり、満60歳を祝う。
それ以降は年齢からして、衰えていく。 現在は69歳の古希辺りが節目に。
75歳で、前期高齢者、後期高齢者を区切るが、これは妥当。
 …男には、この節目に社会的不適応の老害という難問題が出てくる。
これもまた、長年かけた準備が必要。一番、重要なことは、感動、感激の蓄積。
この裏付けを持っての衰退戦略。あと一年、穴埋めの充実した日々を過ごせたら
よいが… 薬漬けで脳がやられる老害そのもの人を見かけるが、私は?漬け老人。
としても、これでも面白かったことは確か。 あと良いところ一年ですか… 
離れ犬として、生きたいが、いや現在も同じようなもの。心身共々に老いていく
味わいも、また何とも言えない心持ち。

・・・・・・
5024,読書脳 ぼくの深読み300冊の記録 ー2
2014年12月16日(火)
         『読書脳 ーぼくの深読み300冊の記録 』立花隆(著)
   * ドーキンスの『神は妄想である』
 ランダムに、印象の強い順に取り上げてみる。ここで、ドーキンスの
「神の定義」が、簡潔に書かれている。何か現時点の私の考えそのままと
思わせられる内容。自然界の、動植物の美しさは誰が創ったか? 自分自身に
起こる因果応報のリアルさは、神が与えたのでは?とか、いま、ここにある
自分という存在の不思議さ等々、考えるほど不思議なことばかり。 
 ーまずは、その一節からー
≪ リチャード・ドーキンス『神は妄想である』は、無神論を説く本という
 より、神の存在を信ずる有神論者に対する激しい批判の書。 一口に神と
いっても、さまざまな神がいるから、まず定義が必要になる。ドーキンスは
単なる宇宙創造神を信じる人にはあまり目くじらを立てない。ドーキンスが
はっきり否認するのは、創造されたあとも被造物のその後の運命をいまだに
監視し、影響を及ぼすような超自然的存在。 「人の祈りに応え」たり、
人の罪を赦したり罰したりするなど、主体的意図的に行動する神。奇跡を行う
ことで世界に干渉する神。人間のすることや考えることを常にウォッチして
それに対応して行動する全知全能の人格神。ドーキンスが信じるのは
「存在するものの整然たる調和のなかに自らを現している神であり、人間の
運命や所業に関心をもつ神ではない」というアインシュタインの神。 
あるいは、「もし〈神〉という言葉によって、宇宙を支配する一連の物理法則
を意味するのであれば、そのような神は明らかに存在する。この神は情緒的な
満足感を与えてくれるものではない」という、カール・セーガンの神。
 要するに、ドーキンスは汎神論的な神ないし、理神論的な神は認める。
しかし、「ここに、悪く書くことをいっさい許されない一つの考え、ないし
概念がある。けっして許されないのだ。なにゆえに? ―許されていないから
許されないのだ!」というような盲目的信仰には激しく反発する。 ・・≫
▼ 共同幻想などと、格好よいものでなく、妄想というところがよい。
 所詮、全てが夢幻でしかない。死んでしまえば3日も経てば、300年前に
死んだのと同じことになる。としても、知識を持ってしまった猿は、自他とも、
共同幻想でコントロールをするしかない。せめて、自分だけは汎神論を持って、
自然界を走り回りたいもの。で、出会うのは神秘的神? 偶然だが、3年前の 
 3917, 精神力ーその偉大な力 ー7 <2011年12月16日(金)>
「精神力ーその偉大な力」ダン・カスター著 
* 『まず相手を許すこと、そして自分自身を許すこと』に続く!と、
7年前の<2007年12月16日(日) 2447, 四四太郎の霊日記>に続く。
・・・・・・
3917, 精神力ーその偉大な力 ー7
2011年12月16日(金)
「 精神力ーその偉大な力  ー 」 ダン・カスター著
   * まず相手を許すこと、そして自分自身を許すこと
◎ヤコブは聖書に書いている、「汝が乞うても受けないのは、誤り乞うからだ」
 それを別の訳にすれば、「あなたが求めるが受け入れられないのは、間違った
 求め方をするからだ」ということ。「その人を許しなさい。そうすれば
 天にいます貴方の父、すなわち大生命力は、あなたを許して下さる」
◎傷ついた否定的過去の記憶では、大生命力のエネルギーの自由な流れを妨げる。
 それを愛と信念をもって書き換えねばなりません。「なんびとかに、また、
 なにものかに反抗して抱く全てのものをゆるせ」といったキリストの言葉は、
 非常に実用的である。
◎もし彼を許さなかったら、私自身を不愉快な体験に、そしてまた、その人に
 結びつけておくのです。彼を思うたびに、不愉快な体験を繰返すことになる。
 もし、私が誰かを傷つけたとして、彼が私を許せば、彼は解放されたことになる。
 その許すということは、彼の側の精神活動です。怒りは憎しみは、恨まれた人
 より、恨んだ人を傷つけるものです。賢い、常識的な考え方は、愛し、理解し、
 そして許すことです。「神よ、彼に祝福を」とだけ、心の底から言いなさい。
◎私たち各自は、毎日、静かに座って自分向かって次のことを言い、それを
 まじめに務めるがいい。「・・ 私たち各自は大きな無限の大生命力の一部で
 あって、大生命力は実在の一部である。その大生命力の中で、すべてを生き、
 動き、そして実在している。これは真理だから、私が行なったあらゆる過ちに
 ついて私自身を許す。そして多少とも私を害したあらゆる人を私は許す。
 許すなら、あらゆる体験から善いことのみが私に来ると知るから。
 私が行なった一つ一つのあやまちは、より大きな理解と、より大きな機会への
 踏み石だから、過去のあらゆる体験を私は祝福する。どんな過去の体験も、今日
 あるいは未来において私を害さない。私が許れたいよう、私はことごとく許す」
▼ 自己啓発の、このようなセミナーに出席して感化を受け、日常の考え方と、
 祈りに取り入れたら、心の傷は和らぐだろう。20歳代半ば何度も何度も、
この本を読んで救われていた。こういう経験があったから、何人かの鬱病の相談
にのれたのだろう。現状でも平然?としていられるのは、自分で見つけ、何度も
読んで一人で手当をした経験があるためと、再確認をしている。数ヶ月前に、
地球の芯からの声が聞こえてきたのは、こういう経験があったからである。
芯の声は大生命の声、魂の声である。
・・・・・・
6486,閑話小題 〜いや、まいりました!
2018年12月16日(日)

   * 貧乏な夫婦
 貧乏な夫婦がリビングルームのソファに座っているとき、夫が言った。
「ちょっと呑みに行くから、コートを着なさい」
「まあ、私も連れて行ってくれるの?」
「違うよ。ストーブのスイッチを切るんだ。」

   * いやいや、まいった!
 今朝のこと。何時ものとおり、書上げて、さてアップの際に、全てが消去!
これまで一回経験していたが、これで二度目。それも有りかと、気持ちを切替え
他の下書きと思ったが、どれも中途半端。ならブラックジョークをと、ネット
サーフィンをしたが、ジョークは、気持ちに余裕がないと、見つけられない。
これ程、ガックリくることはない。で、そのまま、書くしかないと…
 そこで、間違えて消去した内容の概要を書くと…
<人類が人類たるゆえんは、4本足の前足を手にして、ここまで、進化してきた。
その中でも、指の効用は最たるもの。
・親指・・・先祖.
・人差し指・・・父.
・中指・・・母.
・ 薬指・・・配偶者.
・小指・子ども. 人差し指

▼ 成るほど、ヨーロッパでは、人差し指は「大胆」 、中指は「分別」、
 薬指は「愛情」、小指は「傲慢」と、それぞれの指にも意味があると ...
じゃあ、親指は? これは私の論として、信念ですか。 改めて、今度、
取上げるが…

・・・・・・
6121,閑話小題 〜日馬富士事件を哲学すると
2017年12月16日(土)
   * よく支えてくれたが、さらば白鵬!
 この一連の事件を哲学の構造主義の切口で断面を捉えると、理解しやすい。
まず構造主義の意味は、【広義には、現代思想から拡張されて、あらゆる現象
に対して、その現象に潜在する構造を抽出し、その構造によって現象を 理解し、
場合によっては制御するための方法論を指す語】。
 構造を考えると、『横綱アドバンテージ』『モンゴル力士の日本角界支配』
がキーワードになる。『横綱アドバンテージ』は、以前、私が命名した造語。
立合いの「張手」と、カチ上げ風肘打ち。横綱は使えても、下位力士はタブー
という「決めつけ」。破れば、稽古場に押しかけて、可愛がりの「シゴキ」。
これは、鬼に金棒になる。それを知った貴乃花は、貴乃岩に合同稽古を制限。
 そこで40回優勝のモンゴル人横綱が、二人の舎弟格横綱を誘い、数年前に
追放された先輩横綱・朝青龍の追放劇と、人種差別に反発を持った怒りの蓄積
をベースに、その矛先が純粋培養育ちの貴乃花親方に…。その部屋に所属する
モンゴル力士の出席する宴会に、白鵬が二人の舎弟格の横綱を連れて押しかけ、
暴行を加えた。直接、手出しをしなくとも同罪。三人横綱の最盛期が終わった
のは、誰の目にも明らかだが、それを貴乃岩が指摘したという噂が発火点。
この三枚看板のモンゴル人横綱三人の支配下にあるのが大相撲協会。
 良くも悪くも、「ポチ」でしかない。
貴乃花親方の判断は何ら傲慢でない。こうもしないと「ポチたち」に阻止され、
ウヤムヤにされるのは、火を見るより明らか。しかし貴乃花も、認識と判断に
自信がない。それは、白鵬も、協会も同じことだが。
 現・理事長は早々に次期理事長の立候補の断念を表明し、『貴乃花理事長』
の立候補支持を表明するのが筋道。本来の古武道の原点に立ち返る時期。
 いずれにしろ、来年早々に鶴竜が。後半から再来年に白鵬は引退だろう。
もう充分、働き貢献をしたし、相撲年齢からして、明らかに限界点に達した。
この辺りが潮時。<発つ鳥、あとを濁さず>。 このままでは、朝青龍と
同レベルになってしまう。
 『よく支えてくれていたが、さらば白鵬! 国外への御退出の準備を。』
 若手に、素質のあるのが出てきている。
ー 面白味という側面では、やはり、あと二年は必要ですか、やはり!ー
 と、考えさせるだけ、一流ということ。
ところで、「逸ノ城」を協会上げて、つくり変えられないかい。
「ダメ!」ですか。素材だけでは無理。『横綱アドバンテージ』を自ら
つくれないだろう、あれでは。
 ところで、これって「哲学する」というより、「相撲談義」じゃない?

・・・・・
4657, 閑話小題 ーゴミ箱周辺で蠢く人々 ー2
2013年12月16日(月)
  * ゴミ箱のネズミとカラス
 古ビルは、どんなに安くとも買うものではない。それなりでしかないから。
まず内臓(設備)が腐りかけて、メンナンスのコストと、交換が莫大にかかる。
一般的に建物の撤去コストを土地相場の総額から差し引いた更地値で売りに
出されるため、一見、格安と勘違いをする。そのことが長期物件投資の経験が
少ないと分からない。バブル時に古ビルで大損をした経験があるからこそ
分かった知識。それに税制の問題がある。テナント率の低下で物件価値が
下がっても、税金は下がらない。日本のビル建設の償却は、実態の価値下落と
かけ離れていて、所有者にとって絶対的に不利。それがランニングコストを
押し上げる。(逆もあるが)これが大きい。知らないことは罪悪。
その無知のお陰で、このザマ。「万一の備えが長期投資の絶対条件!」 
バブルになると、それが見えなくなる。10年前になるが、新潟駅前の古ビルを
買いまくっていた人がいた・・ 本体に火がついた今、どうなったことか?
ところで、私が手がけた六棟のビルは、売出と同時に即売。設計段階から、
転用を前提につくってあった。
・これは西武鉄道の堤義明が著書で「私が手がけたホテルは、
 全て事務所に転用可能」と述べていたのをヒントに、
・私の父親からは「ビルは長期物件、時代の変化に対応できる基本設計
 にすること」と教わっており、
・設計事務所の当時社長のビル建設の基本が、「ビル設計は神の代行」
 の理念が建物に入っていたことで、再利用しやすい建物のため。 
話を元に戻すと、山の中腹からみえる津波本体の到来を前にした海辺の人が、
何とも気の毒。ある日突然、株式か国債の暴落から始まるが、それまでは
小春日和がつづく。純資産10億以上の金持の多くは、既に外国に資産避難
を終了とか。何処かのゴミ箱ではカラスとネズミが長閑に戯れている。
国が滅ぶとは、こういうこと。あとは素ウドンを啜りながらの楽しい
東京オリンピックが待っている! 丁度、後期高齢者だが、元気かどうか?


7597,閑話小題 〜昭和の高度経済成長期に… ー

2021年12月15日(水)



   * 藤圭子の…
◉ この数日、このテーマ日記を書くにあたり、YouTubeで幾つかのドキュメントを
見ている。当時、歌も容姿も毒々し過ぎて体質の合わない為に直視できずにいた。
それが今では、どん底の毒々しさの味わいが惹きつけられるのである。
身長が148僉体重が40繊その小さな楽器から、あの絞り出すのである。
 両側をスタッフに曳きづられるように移動する姿が印象的だったと、昔の
マネジャーの回顧する。

◉ 林家三平の連合いが、駆け出しの頃、何かと面倒をみていたが… 弟子に
親子3人の生活の様子を見に行かせたところ、日暮里の線路下のガードでゴザを
ひいて鍋を… 彼女は<親子三人が屋根の下で生活したいのが願いだった>と語る。 
殺してやりたいほど憎いというマネジャーが… 3つのことを約束させられた。
「上を向くな… 笑うな、話すな」である。人間として基本の真逆を暗い艶歌を
ヒットさせるための性格改造である。芸人のドン底時代は、これに近い経験を
した人は多いが、両親の面倒まで1人の少女の背中にかかっていた。

◉ 歌の上手な問題児というところで、その重圧がプラスに働いたのだろう。
幼児の頃、焼け跡から新規事業の立上げの中で、子供心に、明日は路頭に
迷うのでは…という恐怖感は強かった。戦中、戦後には、全国民が、似たような
経験をしていたような… その表面づらをみて、創業を志すとは若さの至り。
◉ 後から振り返ってみて、クラスには戦災孤児とか、片親、私生児がいた。
当時は、その心中を慮る余裕はなかった。当然ながら虐めはあったが逆はなかった。

・・・・・・
7242,閑話小題 〜ラスト♪ソング =3
2020年12月15日(火)
            『ラスト♪ソング』佐藤由美子著
   * 欧米は、死についての話題を忌避しない
『世界のピアノが、NHK/BSで放映されている。世界の飛行場・鉄道など公共の
広場で通行人が気楽に演奏をする。(もちろん、NHKが企画したもの)。
欧州では、ピアノが生活に入りこんでいる。ピアノ曲目の演奏が、イコール…
人生になっている。 路上生活者から富裕層まで様々な人たちが登場する。
そして何ゆえに、そこに至ったかの人生のナレーションが入る。 
  
   〜その一節から〜
≪ ◉ どの話も読み終えるたびに思わず目を閉じて、そっと息を吐出すような、
 悲しみに満ちたものだった。しかし、それぞれの患者は著者の歌に自分を取り
戻して、安らかに終わりの時を迎える。なかにはまるで奇跡のような話もある。
とりわけ印象に残ったのが最終章の沖縄出身の時子さんの話である。
<時子さんは空襲を逃れて名古屋から沖縄に疎開したが、沖縄戦で母と妹を
亡くして孤児になる。父も戦死していた。成人して米軍兵士と結婚して渡米し、
幸せな家庭を築いた。しかし、ベトナム戦争に従軍した夫は帰還後にPTSD
(心的外傷ストレス障害)に苦しみながら死んでしまう。なぜ自分だけが生き
延びたのか、と時子さんは呻吟する。>そのとき、著者は時子さんから聞いた
彼女の人生を書き留める約束をした。その約束が本書となって実を結んだのだ。

◉ 読了して気づくのは、音楽の力である。多くの人にとって音楽は実体験と深く
結びついて記憶されている。だから音楽を聴かせることで死の迫った患者に人間
らしさを回復させることが可能になるのである。本書にはその実例が集められて
いる。それに加えて深く心に残ったのは、著者の患者への真摯で誠実な姿勢。
著者はブログ(佐藤由美子の音楽療法日記)において以下のように述べている。
「音楽療法士で一番大切なのは患者との信頼関係です。どんなに優れた療法士
であっても、患者に信頼されなければ、セラピーはできません」。
セラピストと言えども、ホスピスにおいては患者との信頼関係づくりは容易に
できることではないはずだが、著者が実践しているのに私は驚く。≫
 ―
▼ 年齢を重なる度に想うのは、 <いま、ここにある自分が奇跡の存在>
 のように感じること。それも、一つ間違えたら現在の自分は存在してなかった
…と。 フラッシュで、あの時、少し運が悪かったら、如何だろう? が、
あまりに多かった。 その都度、何とか幸運に助けられたことが多々あった。
助けられてきたのは、幸運の名の神様と深く信じるようになっていた。
 母は、それを{守護霊}という。あまりに、幸運が続いたのは、母の実父の
霊が、人生の節目ごとに現われて守ってくれていたと… 

追記: 偶然だが、去年の今日に「遊びの科学」をテーマに書いてあった。
 人生に悔いなしと言えるのは、楽しみ尽くした実感、充実感があるか無しか。
<何でもいい、充実していたか如何か! …たった一度の人生だもの!>
 …とどのつまりは、これ!

・・・・・・
6849, ドキュメント… 「遊びの科学」
2019年12月15日(日)
「遊びの科学」  
        <BS世界のドキュメンタリー 
                  「遊びの科学」 2019年>
   * 世界のドキュメント「遊びの科学」
 価値観には、学び、遊び、働きの3つの要素があり、その中で、取分け
「遊び」が重要視される。他に「休み」を加えたい。 欧米の夏場の
長期休養が、これにあたる。何もするでなし、ひたすら別荘地でボットする。
本来、狩や、食べ物の収集以外は、ひたすら休むのが野生動物の生活習慣。
人間も然り。その中で「遊び」の必要性がある。死ぬときに、もっと遊んで
おけばと悔やんでも、もっと稼いでおけばとか、学んでおけばの悔いはない。
一般的に遊び4割、働き3、学び3の割合だが、背景の生活環境で変わる。
NHKの「遊びの科学」のドキュメントが解りやすい。
 ―
  :番組内容:
動物も昆虫も遊び心を持っている。子ども時代に遊べば遊ぶほど
“優れた大人になる”ともいう。動物たちが遊び回るレア映像と、
目からウロコの学説で遊びの効用を科学する。
 ◉ コモドオオトカゲと、バケツや紙箱を使ってかくれんぼ。
 水族館のタコは、清掃用のホースに合わせて踊っておねだり。
犬もヤギも、子グマがいたずらする映像も! 
たくさん遊んだクモのメスは子だくさんで、
遊びを禁じられたハムスターは精神不安定で協調性を欠くー
ー人間も野山を駆け回り、転んだり擦り傷を負う「遊びのリスク」から学び
成長してきた。室内にこもりがちな子供たちの未来に、研究者たちは警鐘を
鳴らしている。番組内容動物も昆虫も遊び心を持っている。
子ども時代に遊べば遊ぶほど“優れた大人になる”ともいう。
動物たちが遊び回るレア映像と、目からウロコの学説で遊びの効用を科学する。
 ―
▼ 都会と地方の違いは文化の多様性にある。特に「遊び場の」質量が格段に
 存在する。その蓄積の違いは、そのまま、人生の質の違いとして現れる。
といって、都会育ちが優秀とは限らない。それが代々となれば、いかんとも
し難い格差を生む。成績優秀な人は、実に遊び上手い。これまで、その効用に
ついて、多く書いてきた。

・・・・・・
2007/06/18
2267, 「遊び」
                (゜∇^*)オハヨ♪
 遊びの重要性は、両親をみていたり、学生時代などの経験から
「働き」と「学び」と同じくらい位置づけてきた。
その三つのバランスを如何に組み合わせるかが人生の豊かさと信じて、
年、月、週の計画に組み込んでいた。
人生で最後残るのは、特に「遊び」の中の充実感である。
                
 「遊び」をネット百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』調べてみた。
  ーーーーwww**ww*w(/⌒∇⌒)/〜∞**www***w ーーーー
  
 楽しむ、娯楽、休養、リラックス、ストレス (生体)解消などの目的で
生物がする行動の総称。普通は生命活動を維持するのに直接必要な食事、
睡眠や、自ら望んで行われない労働などは含まれない。
 また、工学などにおいて作られる、ある一定のたゆみ、ゆるみ、余白のこと。
これを作ることを「遊びを持たせる」という。
ハンドル等、機械で人間が操作する部分の遊びは、不覚筋動を機械の動きに反映させない
という効果遊びとは、楽しむ、娯楽、休養、リラックス、ストレス解消などの目的で
生物がする行動の総称とされます。どのような時代においても遊びは存在し、
太古の昔から現代まで私達の心を楽しませてくれています。

人間以外で、動物は遊びの中で狩りやコミュニケーションの方法を学んでゆく。
ヒトは成熟後も遊びを行なうのが一般的である一方、ヒト以外の動物は成熟すると
あまり遊ばなくなるが、ペット化(家畜化)された犬や猫などの動物は成熟後も
遊びたがる傾向があるようであり、野生動物でもカラスには、
成熟した個体に遊びと思われる行動が見られる。

フランスの思想家、ロジェ・カイヨワはホイジンガの著書「ホモ・ルーデンス」
に影響を受け、「遊びと人間」を執筆した。
その中でカイヨワは遊びを次の4つに分類している。
・アゴン(競争):運動や格闘技、子供のかけっこ
・アレア(偶然):くじ(宝くじなど)、じゃんけん、ギャンブル(競馬など)
・ミミクリ(模倣):演劇、物真似、ままごと
・イリンクス(めまい):メリーゴーランド、ブランコ
カイヨワの説は遊びはこれらの4つの区分に分けられるとしたものであったが、
遊びは必ずしもこれらの単一の要素からなるものではなく、
複数の要素を含むものも多いとする説もある。
 ーーーー   
 なるほど、と思うが・・・
「遊び」については、今まで何回か取り上げてきた。
人は良く遊び、良く働き、良く学ぶことが、良く生きることを目ざすことだ。
そのどれも必要なことであり、それぞれにとって、背後に二つを必要とする。
何ごとも楽しみになるまで追求すれば、しめたものである。
私の場合、ゲーム化が楽しみへ持ち上げるポイントであった。
ゲーム化に対しては批判もあるだろうが、何ごともやりかたである。
到達地点を設定して、その間の障害を乗り越えながらプロセスを楽しめば、
遊びへ転換する。
ゲームは、勝ち負けを争う遊戯、競技もしくは賭博として一般的に認められて
いるが、日本では、「ゲーム」という言葉を使う場合、漠然とした「遊び」と比べ、
「パッケージ化された遊戯の一形態」という印象を与える。

 学び、働きに対して、遊びが一番充実していた!ようだ。
遊びは他の二つと違って、他者との対比の必要はない。
一番好き嫌いの主観的要素が生かせるからよい。
同じ人生、楽しまなくては!
何ごとも「遊び」まで持ち上がるまで集中すべし!ということか。
 
 ー以前、カラスの遊びについて書いた部分を抜粋してみるー
 カラスは「羽の生えた類人猿」というほどの高い知能が、
 動物学者の研究観察から認められている。
 その一つに人間と同じような“遊び”の感覚があることである。
・目的もなく電線の巻いてあるテープをはがしたり、
・空中でゴルフボールや小枝を落として奪い合うラグビーのような
 行動で仲間と遊んだり、
・滑り台で、人間の子供のように滑り降りたり、
・くちばしでレールに小石を並べる行為も、電車が石をはじくのが面白くて
 始めた“遊び”といわれる。
 そのように無駄な行動を楽しむことをみても、彼らが知的動物であるといえる。
「無駄」なような行動も、「ラグビー行為は、オオタカなどの猛禽類に襲われた
場合に備えてのチームプレーの訓練」という見方もあるが、それを遊びにする
ことが、高度な知的行為である。
 ーー イルカや、サルなど知的レベルの高い動物ほど日常の中に
 遊びが入っているところが、注目に値する。 d=(^_^)=b
     
 競争、偶然、模倣、めまい、か〜〜〜!
何かの偶然の重なりで娑婆に生まれ、ママゴトのような人生の中で、
ワッペン取りや、かけっこ競争や、ブランコ遊びをして、
ふと、気づくと孫に囲まれ、遊びの手助け!、 これが人生。               
             Bye♪  ☆~~ヾ・ェ・)o尸~ マタネ~♪      
・・・・・・
2004/05/12
1135,「ライフ・レッスン」−13

   ー遊びのレッスンー
 遊びは仕事とともにもっとも大事にしなくてはならないことである。
何のために働くのかと問われれば、遊ぶために働いてますと真から
答えることができ、何のために遊ぶのですかと問われれば仕事を
じゅうぶんできるために遊ぶのです、と答えることが理想といえる。

 遊びとはつかの間の気楽な時間ではなく、遊びのためだけに捧げられた、
実際の時間である。私にとって、この随想日記を書くことじたい遊び。
遊びでなくては絶対に1000回も書くことは無理である。

 散歩もわたしにとって、最大の遊びである。
初めは腰痛対策であったが、いつの間にか遊びに昇華してしまった。
歩いて楽しいのである。

 晩年になって過去を振り返ったときに、あの時は良かったという記憶に
残るのは、やはり無心で遊んでいた時である。それぞれの年代において、
それぞれの遊びの中で我を忘れて楽しんでいた時である。

ー抜粋
・われわれは趣味や遊びが何であるか忘れている。
家具つくりを趣味でしている人が、ある日突然「これを仕事にしよう」と
思い立つ。好きなことをして、それが仕事になれば、というかもしれない。
しかし趣味とは成果を気にしないで純粋に楽しむものである。
売るための家具をつくれば、もう趣味といえなくなる。
それは仕事である。そのことに気づかずに、好きなことを、純粋に楽し
めないことにゆがめていく人が少なくない。

・おもしろくって、一日中でもやっていたい、本当に好きなことを
やらずに、欲求を最大限おさえて生きていくなんて、何ておぞましい
人生だろう。遊びにかけているサファーを、われわれは並以下の人間に感じる。
しかし真剣に問われるべきは、われわれの大半が遊びのない世界に住んでいる
のは何故かということだ。

・自分自身に上質な時間をあたえてほしい。
愛する人とすごす上質な時間が必要だということを、誰もが知っている。
ところが、自分だけのための、ひとりですごす上質な時間もまた
必要なのだ。ひとり取り残された時間でも、気がついたらひとりになっていた
でもなく、純粋にひとりを楽しむ時間が一番大事だということを知って
ほしい。

   ・・・・・
  〜以前書いた文章〜
 
  ー遊びについて―

人間にとって「遊び」は最も重要の一つである。
そこで「遊び」とは何かを考えてみよう。まずその達人を事例で
考えてみる。一番身近では母がそのプロ?であった。

戦前、戦中、戦後の動乱期に10人の家族が生きていく中で、
父とともに苦労の連続であった。そして長男、次男の連続の
不幸な死で今の重症のノイローゼーなった。
心筋梗塞、死の一歩の手前までいった。
亡くなった時、医師の要望で心臓を解剖したら、心臓の4分の1が壊死していた。

それを乗り越えた後は、それまでのエネルギーを遊びに全て向けていった。
約40年近く遊びきって亡くなった。
日本舞踊、短歌、お花、旅行、茶道、写真。
毎日いそいそと何か遊びを見つけ楽しんでいた。

子供ながらに、そのエネルギーに感心をしていた。
遊びの重要さもそのため学んだ。
父は「働く人」、母は「遊ぶ人」と役割分担がハッキリしていた。
ただ父も仕事の合間に、結構遊びを作っていた。

「遊び」を儒教的影響の為か、キリスト教的倫理観の為か、
罪悪と教えられてなかったか。
子供のころ誰もが、毎日目を光らせて遊んでいた。
ただただ無心に遊んでいた。
あの遊びをいつの間にか我々は忘れてしまった。

人間は生きていかなくてはならない。
その為に働かなくてはならない。
競争に打ち勝たなくてはならない。
その為に勉強もしなくてはならない。

しかしそれだけでは、それだけの人生だ。
それがクロなら、その対象の白が必要になる。
どちらが大事かでない、どちらも必要なのである。
それを特に母の生き様から学んだ。

一般的にいうと、遊びの優先順位があまり高くない。
どうしてだろうか、やはり生活をしていかなくてはならないからだ。
そして厄介な不安という心理がある。
その為に、お金をセッセと溜め込まなくてはならない、
「馬鹿な?生き物」である。

遊びとは、「好きな事をして、それを楽しむ事」をいう。
そうすると、仕事も遊びになりうる?
天才はその典型であろう。

あの子供の時の遊びを我々は忘れてしまった。
何でも遊びの対象にした「遊び心」を。
純真の心を失っているからだ。
「純真な遊び心」をいつの間にか忘れてしまった。

「遊んでないで、笑ってないで、もっと真面目にやれ!」
と暗示をかけられてないか?

私の趣味の一つにウオーキングある。
初めは腰痛対策であった。今は大事な趣味ー遊びになっている。
純真に楽しいーヽ(^o^)丿(^^♪!(^^)!(#^.^#)(*^^)vのである。

その中に純真な遊び心が躍動を始める。
何々のためにといった場合は、遊びでなくなる。
それを乗り越え、純真な遊び心になった時点で「遊びに昇華」する。

パソコンもそうだ、このホームページもそうだ。
そこまで持ち上げる必要性を人生で学んだ。
「遊びになるまで集中する」という事か。

これから散歩だ!

・・・・・・
2018/04/05
閑話小題 〜遊びについての断章
             <「群れるな」寺山修二著>
 


7596,閑話小題 〜昭和の高度経済成長期に…

2021年12月14日(火)

   * 藤圭子のドキュメント
 生きてきた障害がドラマそのままの歌手のドキュメント… 
その物語も、脚色で彩られた可能性が強いが! 北海道で浪曲師の父親と、
三味線弾きの母親の元に育ち、放浪してきた家族。藤圭子の才能を看破して
売り出そうと目論んだメイン・マネジャーと、サブ… が、彼女をメジャー
歌手にしようと奔走する姿がテーマ。 売れない中で藤が、よじ登るように
ヒット曲を当てて這い上げっていく姿が、ヒット曲とともに描かれている。
10年後には、ビルの屋上から、衝撃的に投身自殺で終止符をうつのが劇的。
 ―
 1969年の頃といえば、私にとって現実社会に胸高らかに飛び出していた頃。
花の昭和40年代は20歳代そのもの。見える周囲は、高度経済戦争の御花畑。
しかし周辺は安保闘争、ベトナム戦争、社会主義革命、月面着陸という現実が
歴然としてあった。その騒然とした沼のような世界に、毒々しい?…花一輪。
何とも時代背景が、相まっていた。彼女の歌に魅せられた作家の川端康成が、
彼女に会いたいと、料亭に席をとったが、何故か二人とも来なかったと…
作家として、生立ちの真偽を知りたかったのだろう。
 学生時代は、寮から新宿の盛り場まで歩いて30分程のところに住んでいた
こともあり数度か、歩いていったことがある。当時、安いステレオを購入して、
ジャズとか、アメリカンポップスの音楽を聴いていた何とも刺激的な日々。

・・・・・・
7241,閑話小題 〜勝負の3週間の結果は
2020年12月14日(月)
    * あいも変わらずコロナ禍の話題…
  勝負の3週間の結果は、見事に失敗した。年末の忘年会の1割も居酒屋の
予約は入ってないというが、景気を直撃。年末年始は、例年になく、静かな
年越しになりそうである。 人類文明が始まって以来の「群れ派の否定」
世界各国と個人が内へ内へと、向う時節に大転換。その中で、群れを文化の
基調に置く日本人は、ただ茫然。 何故か、この30年間、哲学に興味を持ち、
自問自答を続けてきたのが、ここで、プラスに働いている。

【 西村経済再生担当相は25日、有識者らによる新型コロナウイルス対策分科会
(会長・尾身茂地域医療機能推進機構理事長)後に記者会見し、分科会全体と
して強い危機感が共有されたとしたうえで、「この3週間が勝負だと。いまの感染
拡大を抑えられるかどうか。その大事な、大事な3週間だということだ」と訴えた。
 …「これができないと、感染がさらに広がると、次のステージ4になると緊急
事態宣言が視野に入ってくる。あの春のような自粛ということになってくる。】
 ―
▼ 欧米、例えばフランス、イタリア、スペインが、「Go To キャンペーン」を
 実施したとすると、それこそ世界中の笑いになり、バッシングの対象になる。
その想定が日本政府筋には理解できない。それだけ、このコロナ禍が大変な事態
ということ! 受皿(サービス業)の底が抜けてしまえば、そこに出てくるのが
社会不安。情報化のマイナス面が、露わに、その実態を伝え、拡散する為、
底冷えは早くなる。感染拡大は、堰を切って拡大を始めた。
 <皆で篭れば、何ということはない!>は、特に日本人には似合っている。
冷凍技術が進化し、店頭と同等の味が可能。宅配も、「Uber Eats:出前注文」
が、普及をして気楽に利用可能に。これでは不況になって当然。
 
 その社会不安を外に目を向けたくなるのが、独裁者。中国、朝鮮、ロシアを
隣国にいただく日本。アメリカにとっては、武器売却先として最適な友好国! 
私の見立てでは、楽観的にみて、ピークが来年のいま時分。そう設定すると、
世界的に、底抜けは避けられない状態。 何とか2〜3割に落ち込んだ売上が、
5〜6割まで回復した矢先の、この事態。御先は真っ暗! リーマンショック時を
重ね合わせると、現在は2009年になる。2011年まで、あと2年。そうこう、当時を
考えると、あまりに甘かった!と、思われる。バブル崩壊に対する認識も、然り。 
 経験してきたから悲観的になる。フリーランスは、誰も助けてはくれない。
弱肉強食の原理が、そのまま、日々になってくる。

 さらに、一つ加えると、地震/津波が、こういう時節の重なる傾向にあること。
バブル崩壊の10年後の9・11テロ! リーマンショック後の東北大震災、そして、
今回は… 歴史はくり返すと冷然とした現実がある。

・・・・・・
6848,閑話小題 〜動物の不思議な世界
2019年12月14日(土)
   * 動物の不思議な世界
 この春に、玄関・横の電信柱からカラスが大量のフンをして一面が真っ白。
その退治のために百均の店から、隼の形をしたコケおどしの黒い飛行物体と、
ハロウィン用の鬼顔をした丸い提灯を購入。一時、姿が見えなくなった。
ところが、その数ヵ月で、カラスが近くにやってきて威嚇を始めた。そこで、
もう一つ、隼人形を買い増し、二羽、並べて吊るしたところ、カラスだけでなく、
野鳥と虫の声が一切、消えてしまった。特に虫が反応したのには、驚いた。
春先に、河原で燕が虫を追いかけるを見かけるが、虫の天敵は鳥と独り納得。
 ―
   * あと一月で74歳
 私も「老人」と思いたくないが、現実は、歳月、人を待たず。姿、形だけで
なく、心も年々、老いてきた実感が増している。自分だけでなく、人それぞれ
の姿に、合せ鏡で確認せざるを得ないのが厳しい。しかし、心は還暦辺りに、
そのまま留まっているため、その差が何とも哀しく思う日々。 これが老年の
哀しみと… 閑なればこそ、過去が浮び上って、一つの塊りとして自分に迫り
くるため、それは重荷として被さってくる。それは老年だけでなかった。
今さら何、老年の哀しみと思って始まらない。ゾンビとは「生き損ない」か。
世間体で縛られてきた老醜が強いコテコテの「生き損ない」が抜っぽしてきた。
 ―
   * 英国のEU離脱が決定
 選挙結果が、離脱派の保守党の圧倒的勝利に終わり、これで、世界の枠組みが
大きく様変わりになる。乱暴な解釈になるが、日本が中国・インド圏に入るか、
アメリカ・イギリス圏に入るかの国民投票のようなもの。英国にとって、
海洋国家として欧州から離脱決定の選択も、正しいと思える。 
…EUは、本来、独仏主導で、端のイギリスは、地勢上からみて、絶対的に不利。
イスラム教徒が、堰をきってなだれ込むのを良しとしない。その責任をEUに
押付けて、ドーバー海峡を、海の砦にして、あとは南ア、オーストラリア、
ニュージーランド、カナダ、アメリカと組む戦略も、賢明でシタタカである。
しかし確定をすると、の問題… …EU残留を希望するスコットランドの独立問題。

・・・・・・
6484、つれづれに哲学 〜現在という絶対地点
2018年12月14日(金)
                〜『絶望を生きる哲学』池田晶子著
   * 幸福とは、ここに尽きている!   
<「不幸」とは、じつはそれらの事態そのものでなく、それらを不幸と「思う」
 ことにある。死ぬことが不幸なのではなく、死とは何かが知られてないことが
不幸なのである。 現在しか生きることができないと知ったら、現在において、
為すべきことを為し、現在において、愛するだけ愛する。
われわれの「幸福」は、十分にすぎるほど、ここに尽きていると私は思う。
 ―                          〜「考える日々」>
▼ 池田晶子が亡くなってはや10年以上経過する。 彼女が宣う、人生は
「現在を生きる!」の一言に尽きる!と。とはいえ、過去も、存在するだろう
未来も、「現在」が(を)孕んでいる。 さほど多く残されてない時間の中で、
一日一日、一刻一刻を生ききるしかない。現在といえば「いま、ここ、わたし」。
永遠に向かい垂直に立つ。
―― 
   *なぜ「ない」ものが怖いのか   〜『14歳の哲学』より
< 生死の不思議とは、実は「ある」と「ない」の不思議なんだ。
 人は、 「死」という言い方で、「無」ということを言いたいんだ。
でも、これは本当におかしなことなんだ。「無」とは「ない」ということだね。
無は、ないから、無なんだね。それなら、死は「ある」のだろうか。
「ない」が、「ある」のだろうか。死は、どこに、あるのだろうか。
君は、たぶん、死ぬのを怖いと思っているだろう。死んだら何にもなくなる
じゃないかって、でも、何にもなくなることは「ない」はずだ。なぜって、
「ない」ことは「ない」からね。じゃあ、なぜ「ない」ものが怖いのだろう。
ないものを怖がって生きているなんて、何か変じゃないか。>

▼ 池田晶子の書籍を多く読んできたが、上記のエピクロスを噛み砕いた、
 個所が私にとって、ベストの部分である。父が亡くなる前に、死の恐怖に
慄いていた時に、エピクロスの一節、
【われわれが存するとき死は存せず、死が存するときわれわれは存しない】
を説き、一人称の死は、妄想とと知った時の父の安堵した顔を忘れられない。
たった、これだけのことを知っているかどうかで、死の恐怖が10分の1、100分
に激減するのだから。
〈所詮は10の500乗の多宇宙の中の、この宇宙の生臭い塵でしかない『自分』…〉
でしょう。 なら、生臭い人生、何おか言わん! となるとエピクロスの快楽
主義に毒され過ぎた私の脳レベルが露呈する。
 最後は、「達磨さん、ちょいとコチ向け」ですか!


7595,閑話小題 〜そろそろ本格的冬の到来ですか!

2021年12月13日(月)

   * 師走とはいえ…
 冬の到来の時節だが、ふるべき時にはフルが良い。 地震、台風、噴火、
パンデミックなどが日常化した昨今、何もない方が不思議な感がするだけ。
情報機器の進化などで、全国津々浦のニュースが、全国区まで細部の出来事が
入り込んでくる。震度4未満なら、その地区だけにすればと思うこと屡々。
としても、災害が激増したことは間違いない。…
 
 76歳も初体験。なる程、到達すれば、この年齢の肉体に魂が宿り、その苦痛を
味わう破目に。しかし経験、体験、知識の質量が増えた現在、それでも、何も
知らない自分に毎日のように遭遇する。 毎日が新鮮な世界と遭遇する現在、
味わい方が違ってくる。情報化の恩恵は、それなりに、受けていることになる。

 人生とは困難解決の道すがら… 比較的順調?に生きてこられたことになる。
何処に大黒鳥が隠れている可能性がある年齢になってきた。…このコロナ禍で、
誰もマサカの坂に遭遇する可能性がある。それも人生だが…、それぞれの時節に
燃焼してきた実感があるので、気持ちは穏やかである。でも、思いもよらない
事態が来ても、何ら不思議でない。とにかく何れの時節にも、一期一会の思いの
まま、書き残してあることも、気持ちを和らげる。 年々、日々、これ好日の
心がけが、苦難・苦痛を小さく納めてくれる。
 
・・・・・・
7240,閑話小題 〜ラスト♪ソング =2
2020年12月13日(日)
             『ラスト♪ソング』佐藤由美子著
 目を閉じて、自らのラストソングを考えると、思いのよらない曲が魂の底
から湧き上がるのは何だろう… これはと思う程に次々と湧き上がる。魂の
故郷は、幼児の頃の原風景というが…こういうこと。 4〜5歳頃の年末、年始
のジングル・ベル、ホワイトクリスマス、正月ソングなどなど、姉、兄と過ご
した曲が次々と…。
 両親が長岡戦災の焼け跡から、新しい事業を立ちあげようとしていた時節。
子供ながらに、毎日が新しい経験を家族供ども、生きていた。そのバック
グランドには、流行歌が流れていた。地元の駅前の一等地には次々と競合店が
近隣に出店。子供ながらに眠れない日々が続いていた。 頼れるのが、その日の
売上。一つ間違えると、一家が路頭に迷うのが商売。そのため、両親だけでなく、
兄姉たちは、家族として結束をしていた。それらもあって、この本には直に反応。
魂の底流に流れているのが、特に年末の繁盛時に流れていた流行歌。死ぬ時は、
これらのソングが、『ラスト♪ソング』になる。
 この本を読みながら、20歳時に創業を思いたったのが、正解だったと気づく1!
人生のピークポイントは、あの時節に有ったようだ。 激流に漂う木の葉に、
家族がシガミツキ必死に生きていればこそ、そこが魂の故郷!
そのバックグランドで流れていた音楽こそが、『ラスト♪ソング』になる。…
 …当時の現実は、そう甘くはない。兄4人のうち、3人が、その渦中に亡く
なっていた。姉4人は、緊張の日々の中で、欠けることもなく生き抜いたが、
敗戦からの再生プロセスでは、極限状態にあった。それは我が家族だけでなく、
一般国民が総じて同じ状況であった。このコロナ禍で、危惧しているのは、
世界戦争である。いつ何時、戦争勃発の可能性があるため!独裁者にとって、
混乱をする程、権力が集中するため、欠くことが出来ない物語のなるからだ。
トランプのように、わざわざ、世界とアメリカを分断しようとする企みと
想えてしまう振舞いもあった。 …まだまだ序盤でしかない。

≪◉ 死が迫った患者にも聴覚だけは残っている。著者が音楽療法士として最初
 に担当した80歳の末期がん患者テレサはほぼ意識がなくて眠ったままだった。
ベッド際には息子と娘が見守っていた。 著者がギターを弾きながら「エーデル
ワイス」を歌うと息子と娘が母親との思い出を語り始めた。その後でリクエスト
に応えてテレサの好きだった「きよしこの夜」を著者が歌い始めるとテレサに
変化が起こった。それまで閉じていた目がまばたき、やがてしっかり見開き、
にっこりと微笑んだのだ。そして、著者が最後のフレーズを歌いきり、歌声が
消えると同時にテレサはゆっくりと息を引き取った。(1章、きよしこの夜)

◉ 音楽療法とは、患者とその家族の心身の健康の回復、向上をめざす音楽を活用
 した治療法である。この治療法は、死に直面する患者のための施設である
ホスピスにおいてとりわけ重要な役割を果たしている。患者へのケアは、患者が
残された時間をどれだけ有意義に過ごせるかに焦点を当てるが、そのために音楽の
力が役立つのだ。著者は19歳で渡米し、大学院で音楽療法を学んだ後にホスピス
専門の音楽療法士として10年間働いてきた。本書には著者にとって忘れられない
10人の患者のエピソードが曲とともに紹介されている。

 敬虔なカトリック信徒であった母親 =「きよしこの夜」
ジャズシンガーだった老人 =“What a Wonderful World”
囚人の息子との別れ =“Love me Tender”
長男の高校卒業までは生きたい =「輝く日を仰ぐとき」
死の前に知る大切なこと =「千の風になって」
よみがえる忘れられない恋 =“Unforgettable”
一人娘を残しての別れ =「椰子の実」
母を亡くした深い悲しみ =“The Rainbow Connection”
受け継がれるユダヤ人の悲しみ =“Over the Rainbow” 
なつかしの沖縄の海 =「すべての人の心に花を」  

――
▼ 自分の人生の最後に聴きたい曲は何だろうか? あれこれ迷い、自問して
生きていくのは悪くない。死を意識することは強く生きることに繋がる。
設定していた死期に後1ヶ月。 あと数年は生きそう?、ピンコロは如何だろう。

・・・・・・
6847,閑話小題 〜「13日の金曜日」
2019年12月13日(金)
   * 今日は「13日の金曜日」
 さて、今日は数年に一度はある13日と金曜日が重なる一日。 
その前後に騒がれるが、記憶には、大した問題は起こってはない。
 ネットで、その辺りの解説ニュースを見ると、アルアル…
 ―
《12日(木)は英国総選挙、13日(金)はメジャーSQ、12月調査の
日銀短観も発表される。欧米で「金曜日と数字の13は不吉」という概念は、
キリストの最後の晩餐が金曜日に催されたと広く信じられ、その場には13人
の人物がいたので、13が不吉と見なされるようになったという。
米国の国家標語は「IN GOD WE TRUST(我々は神を信じる)」で、
紙幣・硬貨にも表記されている。 トランプ氏は支持基盤に配慮し、「神」を
否定するような共産主義・中国とは厳しく交渉に臨むだろう。12月に入り、
米中対立は通商・ハイテク分野から香港・ウイグルなど統治問題へと変貌、
今後、どうなるか予測困難、師走相場に寒風が吹くかもしれず冷静に構えたい。》
 ―
▼ 何やら現状はバブル崩壊時の日本経済に空気が似ている。日本にとって、
 太平洋戦争以来の敗戦で、甚大な衝撃だった。そのツケは、現在の国債発行高
が示している。アメリカの国家戦略の陰謀で、敗戦後からの蓄えを、そっくり、
持っていかれた。12月に入って、米中対立は通商・ハイテク分野から香港・
ウイグルなど統治問題へと変貌、今後どうなるか予測困難で、師走に寒風が吹く
可能性がある。
 
 ―
   * 楽観的って
 寒さが増す師走は悲観的になりがちだが、今日は〔師走+13日の金曜日〕
アメリカは狂信的キリスト教国家で、どうしても神経が敏感になるのだろう。
そこで逆に「楽観的」の意味を調べると… 小さなことに気を取られず、
明るい気持ちを表す言葉だが、最近、妙に納得する楽観論を知った。
〔あるがままでいれば、何とかなる。何故なら、これまで、そうだったから…〕
なる程、節目の度に、そこで想うこと、そのもの。これ、一休の名前の由来の歌
「人生は、この世からあの世のまでの間の一休み」や数々の奇行、腐敗した宗教界
への批判、そして悟り…数年後、弟子たちが本当に困り果てその手紙を開けると、
中には「心配するな、大丈夫、何とかなる」と書かれていたという話に似ている。
哲学者・アランの言葉には、「悲観は感情、楽観は意志」がある。東洋では、
二項対立をしたがる西洋的なやり方は、整理・分類には適し、あまりに整理し
易いため「東洋哲学の深さ」というものを抜かしてしまい、本質的なものを
忘れてしまう傾向になる。 

・・・・・・
5386,閑話小題 〜クソバイス
2015年12月13日(日)
  * 立場かわれば、クソバイス 
「クソバイス」とは、「クソ」と「アドバイス」と掛合わせた造語。 
アドバイのつもりが、言われたほうからすれば、クソ!という屈辱の言葉
を浴びせられたにすぎない。過っての具体的嫌味を言われた経験を街角で
(女性に)聞くインタビューを放映していた。 アドバイスそのものは、
上から目線。それが正しいほど、相手を傷つけることになる。私も何人も、
これで傷つけたことか!このブログ自体、多くのクソバイスが埋まってる?
  〜ネットで、私がみた番組を検索すると、以下のとおり〜
≪ 12月7日に放送された日本テレビの番組「スッキリ!!」で、
 「クソバイス」という言葉が特集され物議を醸しています。
この言葉の意味は「クソみたいなアドバイスで、一見アドバイスみたい
だが上から目線で自分の持論を押し付けること」ですが・・ 
番組によれば 「クソバイス」という言葉は犬山紙子さんが作った言葉
番組では、「あなたが受けたクソバイスは?」という質問を街の人たち
にしていた。 〜次のような人たちがインタビューに答えていた。
・ママ友に「働いていたらお子さんが寂しがるよね」と言われた47歳自女性
・彼氏がいる友人に「恋愛は頑張るものじゃない」と言われた20歳女子大生
・ママ友に「赤ちゃんぽくしないためにはお母さんも努力をしなきゃ」
と言われた 49歳保育士。子供の発達が遅かったらしい
・上司に「もうちょっと日焼けしたら」と言われた
               23歳アパレル非常に肌の色が白い女性
・女性の上司に彼氏を作りたいと相談したところ「短いスカート履いたら」
と言われた 26歳会社員
・旦那の母から「ママらしい格好を」と言われた 26歳のギャルメイクママ
・旦那から「ママの格好をしなさい」と言われた 30歳女性
・旦那に「いつも一緒の服を買うので違う服を買えば」と言われた35歳女性
 この言葉を作った犬山紙子さんは「クソバイスで悩むのはもったいない。
 クソバイスの場合は真剣に悩まない。受け流すのが一番いい」とアドバイス。
コメンテーター陣からは、
「クソバイスを聞くことがある。"あなたのことを思って言うけど"というのは
クソバイス」という意見や、逆に「言われているうちが花」「言われないと
寂しいから言って欲しい」「愛情の表現だし、そこには真実もある」も。 ≫
▼「クソバイス」も悪くはないが、造語で、「ヘド」を絡ませた「ヘドバイス」
 も考えられる。 最近、中古ビルを購入して得意満面の人に、
『バイパスか高速道路の出入口を間違え、逆走を始めた車と同じじゃない。
気が狂った?』と、思わず叫んでいた。4年前に4つの中古ホテルと、一つ
の駐車場を持つビジネスホテルを清算。その結果、過大借金から開放された
経験をしたこともある。その前にも中古ビルの購入で、数億の損失経験も
あって、思わず、「クソバイス」を叫んでしまったが、本人は目をパチクリ。 
それと、知人が二つの中古ビルの処分で苦労しているのを身近で見聞き
している。 果たして「高速道路の逆行」は言いすぎの、クソバイス?  
 「中古ビルは、ババ抜きのジョーカー。最後に引いた者が負け!」 
これだけは経験しないと分からない。 中古の飲食ビルを次々を買い捲って
いる得意満面の知人がいたが・・「どんなに安くても買ってならないのが
中古ビル」が私の経験が教えてくれた教訓。 私が30年間経営していた
ホテルを競売で半値八掛で購入、同じホテル名で経営している現オーナーの
苦渋の姿が目に浮かぶ!それも私の妄想かも?都会のビル郡のオーナーは、
不良物件を、あれだけ抱えていることになる。数年後に、ハイパーインフレが
生じれば、先を読んでの正しい投資になる。 ハイパーインフレは、根こそぎ
社会を破壊するからやはり正しくない、とも考えられる。『貸ビルという長期固定
投資は、激変の時代に問題あり』が、助言の資格がない(逆にある?)私の
「クソバイス」。 長期投資は難しい!が、経験上の実感。あの空きスペースに
過剰人員を抱え込む可能性がある。それより、投資物件に資金が縛られる
のが良くない。長期の結果が歴然とするのは5年〜10年後。その時は、その時?
まったく、こんなことを言いえる立場じゃないが、言いたいのだろう、この男!

・・・・・・
6483,閑話小題 〜注意に注意しても、転倒!…
2018年12月13日(木)
   * あわや、後頭部の打撲に
 ベランダのインコに餌をやろうと、篭の前の折りたたみイスに座った瞬間、
布地の底が真っ二つ。後ろ向きに転倒、あわや後頭部を打つところ。…どこで
災難が待っているか! 10数年もドンと思い切り座るため制度疲労のため。
躓きの転倒、階段の下り、風呂場、自転車には、特に注意を払っていたが、
思わぬところで… ひと事ではない、危ない危ない!
 家内の知人の転倒話は日常的に聞いていた。一週間前に、3月に一度位、お茶を
する友人が利き腕を骨折するなど…。骨折は主に腕か、足腰になる。どっちらも、
厳しい状況。問題は、それを起因とした運動不足と、それによるストレス。 
 50歳半ば頃から、知人や学友が、転倒で半身不随などで看護生活の人が
出はじめ…。その結果、運動不足やストレスで、ガンや、鬱病になリ… 
現実はシリアス。 ということで、注意に注意をしていたが、思わぬところに
落とし穴。先日の東京の同級会でも、股関節の骨折の話になり、骨折保険に
入っていて助かった旨の近況報告があった。 ガン、脳卒中、心臓病の三大
成人疾病病の他に、思いもよらない骨折の伏兵が控えていた。リタイア以降、
飲酒機会が激減したが。家の中のチョッとした隙に転倒する可能性がある。


・・・・・・
4289, 学ぶということ −3
2012年12月13日(木)
            「最終講義 生き延びるための六講」内田樹著
  * 教えたい人間が引き受けるべきリスク ー教育の原点
教育だけでなく、事業も、忘年会の幹事も全てに通じる内容である。
何かを引き受けたり、事業を立ち上げたようと決心した瞬間から全うしよう
とする自己責任が起きる。これは誰の問題でなく自分の問題。決心と実践の
本質の問題。著者は教育者のため「教えたい人間」が主語だが、実は
「実践者としての人間」が、引き受けるリスクのテーマである。
  ー まずは、その辺を書き出して考えてみる。
≪ 教えるということは本質的には「おせっかい」だということが骨身に
 しみたのは、ある出来事のせいです。・・80年代の中ごろ道場を始めた。
台風がきて、一時間くらい薄暗い体育館の中でまっていたけど誰も来ない。
そこの道場の中に座りこんで、来るか来ないかわからならない門人が来るのを
待っている。これは理不尽でないかな、と。 「だいたい、ただ同然のすごい
安い月謝で教えているのにさ、ちゃんと来いよな」と思ったり、だんだん気分
が沈んできた。そのときに体育館の鉄の扉がガラガラと開いて、近くの中学生
が顔を出した。「あ、先生いたんだ。今日台風だから稽古ないのかと思った」
「台風でもやるよ」。それから二人で一時間くらい稽古をしました。
そのとき、外で嵐が荒れ狂う暗い体育館で腕組みしながら、誰も来ない畳の
上に座って待っていたときに、僕は覚悟したんです。人に教えるって、
多分こういうことだろうって。誰も「教えてください」と言ってこないけれど、
こちらが「教えたい」と言って始めた以上、教える人間はこのリスクを引き
受けなければ! そう思ったんです。誰かが扉をあけて来てくれるまで、
待ってなければいけない。畳を敷いて、準備体操をして、呼吸法もして、
いつでも稽古できるように備えていなければならない。それが「教えたい」
と言った人間の責任の取り方じゃないか、と。そのとき、教育というのは
多分そういうものと思ったのです。27・8歳の頃でしたが、気持ちは
今でも変わっていません。それが僕のなかの起点的経験としてあるのです。≫ 
▼ 新潟で30年近く前に立ち上げた会が、今でも続いている。私は10年ほど
 前に抜けたが、先日、参加してきた。私の経験からして幹事は大変。
これを立ち上げに際して、3年は続ける!が、後は成り行き次第と決心をした。


7594,閑話小題 〜最近…、やたら思いだすことは

2021年12月12日(日)

   * 時代もあるのだろうが
◉ 振りかえると、記憶にあるのは若かりし頃の事ばかり。してしまった失敗より、
 出来なかった事があまりに大きかったようだ。両親の愛情が魂の岩盤にあった。
幼稚園・小学校、中・高時代、学生時代と進級する度に、住居が変わっていった…
…これが良かった。自分の変化と、両親、家族も、友人も、どんどん変わっていった。
比較的豊かな右上がりな時代の岩盤があったのが幸いした。 ベースは両親が健在の
10人家族の末息子! 太平洋戦争の敗戦の半年後1946/01月に生をうけて、両親は
転業の最中、様々な問題で、日々を乗越えるのだ精一杯! 
両親、兄姉、そして自分と、ハッキリした区分があった。大家族なればこそ、
個々の孤独が基本に要求されていた。

◉ 幼少時は毎日が刺激的で、子供心に、面白く、愉しい一杯一ぱいの日々。
 その延長のままが現在まで続いていたような… そこは己の身を護る力量は自分
でつくるのが基本にあった。‘子供も従業員の一部の妙な‘子供大人’である’が
要求されていた。周囲に鋭く気を配るしかないため、特に若い女性への気配りには、
生存本能に近いものがあった。 若くて綺麗な女性には姉御に接するように…何処
から手が飛んできて殴られないように注意深く。

・・・・・・
7239,閑話小題 〜北朝鮮の不気味な静かさ!
2020年12月12日(土)
 パンデミックが浸透して、国家体制を維持するための恐喝体力が無いとみるか。
脅しと賺しで体制維持をしてきた北朝鮮が、何故か不気味な静けさを保っている。
中国当局が1〜2年は何もできないだろうと分析するが… 下手に欧米を脅すと
中国への攻撃の替わりに欧米の鬱憤の刃が降りかかる。今は脅しの時節ではない。
映画の題名ではないが…現状は、「サイレント・朝鮮」…もしくは「サイレント・
ワールド」。政治的にも難しい時節! まずは国境のトラブルが考えられる。
その中で、医療体制も、軍事にエネルギーを集中してきた日本。それが現状に
現われているのか? 何やら、国内の第三波が堰を切ったように広がってる様相。

 ―ー
   * シネマ観賞… 『新解釈・三国志』  評価: 何とか60点! 
≪ 今から1800年前。中華統一を巡り三国【魏・蜀・呉】が群雄割拠していた。
 民の平穏を願い、のちに英雄と呼ばれる一人の男・劉備が立ち上がった。
激動の乱世を経て物語はやがて[魏軍80万]vs[蜀・呉 連合軍3万]という、
圧倒的兵力差が激突する「赤壁の戦い」に突入していく!ーーー
という超有名歴史エンターテイメント「三國志」を“脚本・監督:福田雄一
流の新たな解釈”で描く‼ ≫
▼ この選択は、シネマ館に入ってから決めたが、歯医者の待合のコーナーに
 ある漫画本と思えば、これでよい。青年期によんで以来、久々の『三国志』も、
現代風に軽く鳥瞰的に見おろしてみるのも、云い難い奇妙な感覚に見舞わる。
欧米文明も、中華文明も、日本からみれば、遥かに深い歴史を持つ。
このパンデミックも、何やら得体のしれない不気味な謎が無きにしも非ず。
 一般大衆は、何も知らされてないのかも? 

それよりも、帰ってからみた鶏(+兎)系のYouTubeの下ネタ録画集が面白い!
 何なんでしょうか… あの生命エネギーは? 

・・・・・・
6846,閑話小題 〜下ネタ ―8
2019年12月12日(木)
  小噺を読むときのコツは、まずニヤリと笑う! 笑うから可笑しいのである。
 何ことも同じ。泣くから悲しくなるのである。人間たる由縁は、感情豊かで、
言語表現が豊かで、言語を通した記憶能力が高いことにある。
 小噺の意味を検索すると… <冷笑>とあった。シリアスの意味が含まれる。
シリアスとは、<事態などの深刻なさま> 。場面は、生き死にや、下ネタの
極めて危ない業の設定でオチで、一瞬の笑いをとる。だから、斜に構えていては
面白さが半減する。
 ――

  ★ しょうがない姉と弟
弟「お姉ちゃん、寒いから一緒に寝ていい?」
姉「しょうがないねえ。」
弟「ねえ、おねえ〜ちゃんのお臍に指入れてもいい?」
姉「しょうがないねえ、でも、そこはお臍じゃないよ」
弟「うん、僕も指じゃない!」
 ―
  ★ 先生 “君たちは大きくなったらどうするの”
生徒A “大統領を目指します”
生徒B “医者を目指します”
生徒C “前を隠します”
 ―
★ 機上で…
 飛行機に乗ってしばらくするとスチュワーデスが
「お客様の中でお医者様はいらっしゃいませんか」と聞いてきた。
偶然乗り合わせた医者が席を立ち、事態を解決することになった。
またしばらくするとスチュワーデスがやってきて言った。
「お客様の中でジャンボジェットを操縦できる方はいらっしゃいませんか?」
   =逆バージョン=
飛行機に乗ってしばらくするとスチュワーデスが
「お客様の中でお医者様はいらっしゃいませんか」と聞いてきた。
偶然乗り合わせた医者が席を立ち、事態を解決することになった。
またしばらくするとスチュワーデスがやってきて言った。
「お客様の中で牧師さんはいらっしゃいませんか?」
 ―
★ 200ドルの賭け
 一人の男がバーに入り、バーテンダーに賭けを申し出た。 彼は言った。
「あそこの床にグラスを置いて、20フィート離れたとこから小便を一滴も
こぼさずに命中させてやる。これに50ドル賭けよう。ただし、こぼれた小便は
お前さんが掃除しなけりゃならんがね」
 バーテンダーがこの賭けに乗ったので、男はグラスを床に置いた。
そして、そこから20フィート(約6m)離れると、小便をバーの中全体に撒き
散らした。 小便は通路、床、バーの中にいた者のグラス、そしてバーテンダー
にまでひっかかった。
 バーテンダーは、勝ち取った50ドルに笑みを浮かべ、バー内を清掃した。
すると、賭けに負けたはずの男が笑い出した。 バーテンダーは訊いた。
「おい、あんたは50ドル負けたんだぜ。なんで笑ってられるんだ」
男は答えた。 「外の歩道に突っ立ってるヤツがいるだろ。
オレは、あいつに200ドルを賭けたのさ。
このバーに入って、小便を撒き散らして、バーテンダーに、笑みを浮かべ
ながら掃除させてやるってね」
 ―
  ★ お召しのままに…
患者「歯を抜くのに五万だと?ふざけるな!たった五秒の仕事だろ!」
医者「それじゃあ一時間かけて抜きますか?」
 ―
 ―
▼ オチは、意外性がミソ。面白のは、何度、読み返しても笑ってしまう。
 河合隼雄は 《笑いとは、楽しさ、嬉しさ、おかしさなどを表現する感情
表出行動の一つ。 一般的に快感という感情とともに生じ、感情体験と深く
かかわって…  笑いがすぐれて人間的である理由として、笑いには「笑う者」
と「笑われる者」という分離があり、その意味 において何かを「対象化」する
心の働きが存在する事実があると。》軽い笑いには、センスが必要ということ。
 まずは駄洒落から… 相手から心の内でバカにされても続ければよいが、
それがなかなか。

・・・・・・
6117,『今日のつぶやき』−5 
2017年12月12日(火)
             ( ◎アンサーは、私の感想 )
   * 無いもんねだりはやめましょう! 〜

・ アナウンスが「… …次は新宿、おデブちん右側です」と聞こえる。 
                      (電車トド、32歳・男)
・ 松井稼が、松井嫁にいつも見える。 (誰かの嫁になりたい女・35歳)
   ◎アンサー:私の耳には、「不味いオカズ」と聞こえる。
・ 停めておいた自転車に「粗大ゴミ捨てないで」という貼紙を貼らてた。
                      (ゴミはお前じゃ)
   ◎アンサー:「ゴミはお前じゃ」と書いて、一日、置いておけば!
         そしたら、きっと「ゴミに言われたくない!」と…
・ 近所で遊ぶ子供たちの横を通ると、子供たちの口数が減り、皆目を
  合わせないようにする。         (何でやねん・38歳・男)
   ◎アンサー:近所の小母さんが、そうそう。 私もそうそう!
・ 今日、「東急バンズ」で無心になって乗馬乗り運動にまたがっていた
  人がいた。               (何を思って乗ってんだ)
   ◎アンサー:ロデオの騎乗者の気持ちだと思う。だから無心になれる。
・ 「このままでいいのか」と考え、また寝る。(22歳・男子学生)
   ◎アンサー:その前に、トイレに行ったら。
・ 年賀状より喪中ハガキが沢山来る。    (23歳・男性)

・ 飼っている犬が私を見て震える。     (匿名希望の女)
   ◎アンサー:うちのインコは家内がくると、すっ飛んで巣に入る。
・ 彼氏が来るたび、ブランド品がなくなる。(28歳・女性)
   ◎アンサー:「どのみち、貰ったもん!」と思ってんだろう。
・ 美人は3日で飽きないし、ブスは3日で慣れない。(バランスが大事君)
   ◎アンサー:女の職場で、つくづく実感した。付いてのは皆同じなのに!

・ 来世でがんばろう…。         (消防士・男性)
   ◎アンサー:無いものねだりはやめましょう。
・ ブスの女子高生ほど透けブラが派手だ。 (でも見ちゃう男)
   ◎アンサー:よっぽど、それがエロイんじゃない。
   
・ 俺をどこの保険に入れるかで両親が大喧嘩。(長男・26歳男性)
   ◎アンサー:まだ、どっちの名義にするかの喧嘩でないから…

・ 心も体も裸になったのは、私の方だけだった。 (どんぞ子・28歳女)
   ◎アンサー:経験、経験!

▼ アンサーを書きながら、誰かに支配されている心持がした。誰だろう?

・・・・・・
6482,つれづれに哲学 〜因果はめぐるは、本当か?
2018年12月12日(水)
    * 人生は公平か? 
 以前、ここで、「平等と公平の違い」について考えてみた。
平等も、公平も、少し考えれば妄想と… 。 そこで、「人生は公平か?」
の前提になる考え方のベースを取上げてみる。これが『15分間 哲学教室』で、
ズバリ、指摘してあった。   〜『15分間 哲学教室―アン・ルニー』〜
< 公平とは、良いことをすれば良いことが起こり、悪いことをすれば悪いこと
が起こると、一見、正論に思える「因果はめぐる」になるが、この「因果論」は、
カルマ、インドのヒンドゥー教と、それ以前のインドの信仰に遡る。
「カルマ」は、行為の意味だが、行動と、その結果の因果関係を意味する。
この原因と結果が広く行きわたっていて、キリスト教にも、「人は、自分が
蒔いたものを、また刈りとることになる」と、ある。 ヒンドゥー教には、
輪廻転生の思想があり、現世の行いだけでなく、前世でどう振る舞ったかも、
カルマの関係してくる。これは責任逃れにも使える。もし善人と生きてきたなら、
その恩恵として、将来、恵まれた生涯を過ごすことになる。もし悪運に悩まされて
いるなら、すべては前世での(人間でも獣が)悪い行いのせいに出来る。
19世紀の哲学者のニーチェが、その考え方のカルマを「奴隷の信仰」と切って
捨てている。>

▽ 物理学や自然の摂理なら、因果応報は当然のことだが、こと人生の出来事
 に対して因果応報が当てはまるのか? そう思い込んでいるだけでないか?
交通事故や犯罪に巻き込まれるのは、業の問題ではなくわけ隔てなく襲い来る。
そのカルマの思想を、直接、間接的に悪用し『魂の救済』と宣い、金を巻上げる
のが、宗教の一部に存在している。いや大部分? 物理、大自然の摂理と、
人生を混同し、騙されてしまうのが、俗にいう『世間人』。人生において、
善行の習慣を長年かけると、そのこと自体が、そのまま福(善果)になる。
何気なく、信じ、習慣化している大元が、実は、カルマにあった。輪廻転生と
いう前世まで遡った構図も、面白い!  で、人生は公平か? 
この問い自体が愚問になる。公平なわけがないでしょう。で、パリ、ベルギー
で、不公平への怒りが爆発している。 起因している大元が永遠の人類の課題
だから。 あまりにも根が深い『公平・不公平』の問題。そして輪廻の問題の
ためである。ガス爆発として、時間の経過を待つしかない。 誰が解決できる?
出来ようがあるわけない。 これだけは! 野良犬は群れて、離れ犬は離れて、
夜空に吠えるしかない。 カルマ、そして前世、・後世を巡る輪廻転生ですか。
二度とないと信じていた人生が。 「死んでしまえば、それまでよ」だよ。 
 キット。 いや、所詮! 
< めぐってきた因果だけにいえる事で、めぐってこない方が遙かに多い
・・・・・・
5750,大格差 〜書評  平均は終わった!
2016年12月12日(月)         
       ー「大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか」
                      タイラー・コーエン (著)
   * 気の毒な大部分の若者たち!
 上位15%になれない若者たちにとって、ますます生きづらい時代になる。
若者の賃金指数は未来の先取りになる。20世紀は数百万、数千万単位の集団殺戮
の時代といってよいが、21世紀は科学が飛躍的に伸びて、「想像すらできない
現象が起る」ことしか知りえない。その中で生きていくことは並大抵ではない。
激変の中で、安定した職業など極わずか。変化のうねりの中を漂うことになる。
 政治家は、若者の将来など考えている余裕などない 〜その辺りから〜
≪ 若者の失業は減らず、職に就いている若者が受取る賃金も下がっている。
 2000年の時点で、若い高卒者の賃金は10年以上前に比べてわずか11%しか
増えておらず、若い4年制大卒者の賃金にいたっては5%以上減少している。
若い大卒者のなかで、失業者の割合が10%前後、フルタイムの職に就けていない
人の割合が20%近くで推移するようになって久しい。大不況による歴史的な景気
収縮期が終わり、経済が再び成長しはじめてから数年がたつのに、多くの若者の
就労機会は減っている。それが厳しい現実なのだ。いま多くの人は、自分の
経済的な未来が蝕まれつつあると感じている。見当はずれの不安ではない。
若者の雇用問題(多くの国に共通する問題)は、仕事の世界の未来像を先取りして
いる。今後、しかるべき技能をもたない人は、これまで以上に、職に就く機会
から締め出されていくのだ。それを尻目に、高学歴中心とする所得最上位層は、
ますます高額の所得を手にするようになる。
 "平均は終わった"というのは、今日の世界のさまざまな局面に当てはまる言葉
だが、未来の世界はそれがますます顕著になるだろう。」そして、その背景が提示
される。「こうした潮流の根底には、元に戻ることのない、いくつかの大きな変化
がある。その変化とは、経済のグローバル化、賢い機械の生産性の向上、停滞した
産業と活力のある産業の二極化である。」ここでも平均層が消滅するというわけ≫
――
▼ 半世紀前に若者だった私たち世代の就業環境と比べようないほど悪化している。
 それが更に止めどなく右下がりになるという。まして地方経済の惨状では、若者
の住むところは限られる。中流の下流化は、それぞれ差別が明確になり貧相の社会
になっていく。隣国の南北朝鮮が、それを示している。私たち世代が生きた、高度
経済成長時代の、高揚した社会は何だったのか、特殊の時代だっただけか。

・・・・・・
5020,幸福優位7つの法則 −10
2014年12月12日(金)
 【幸福優位7つの法則ー幸福と成功の意外な関係】ショーン・エイカー著
   * 幸せの波及効果 
 その人を判断したければ、まず両親を、そして連れ合いを見て判断すべし、
というが、幸せも、同じこと。『血筋』とは、よくいったもの。特に、幸せの
波及効果は横だけでなく、親子など縦にも出てくる。親の背中を見て子は育つ。 
  ーその辺りを抜粋ー
≪「楽しい、嬉しい、幸せ」などプラスの感情を、積極的に表に出すことで、
 周囲に幸せの人が集まることで「上昇スパイラル」が生まれ、仲間同士の絆が
強まり、幸福度が高まっていく。「幸せ」は無条件で「ある」ものでなく、
積極的に「幸せになる」のだ。幸せかどうかを決めるのは自分である。
・・ 「七つの法則」は、自分自身がまず実践しなければならないのだが、
決してそこで終わりではない。自分に変化を起こすことが、周りの人にも影響を
与えるということを話したいと思う。 自分の生活に「幸福優位性(ハピネス・
アドバンテージ)」を活用するようになると、すぐにポジティブな変化の波及効果
が始まる。だから、ポジティブ心理学はかくもパワフルなのである。これまでに
述べた「七つの法則」を全てに使えば、幸福と成功の上昇スパイラルが点火される
ので、その効果はすぐに何倍にもなる。その後、ポジティブな効果は周辺に
向かって波及し始める。周りの幸福を高め、同僚の働き方を変え、最終的には
自分が働く組織全体をいい状態に整える。7つは全部が分ちがたく関連している。
だからいくつかを一緒に使えば、総合的な効力を高めることができる。
たとえば法則3「テトリス効果」は、法則4「再起力」を支援する。
身の回りからポジティブなものを探し出す訓練ができれば、失敗も成功の機会
と再定義できるようになるからだ。また、法則7「ソーシャルへの投資」は、
法則6「二〇秒ルール」を活用するのに役立つ。周りからの応援によって、
新しい習慣を簡単に投げ出さなくなるからだ。また逆に、法則6「二〇秒ルール」
によって、職場のよい人間関係を作るために必要な「活性化エネルギー」を減らし、
法則7「ソーシャルへの投資」を成功させることもできる。そして、職場において
上質のつながりができるほど、自分の仕事を単なる勤めではなく「天職」だと
思えるようになり、その結果「幸福優位性」による"競争優位性"が生まれる。
そのように波及効果が次々に生じていく。一つの法則の効果が他の効果を
引き起こし、単にそれぞれの寄せ集めをはるかに超えた力になる。
全部が総合的に働くと、一つだけでは望めないほどの効果が得られる。・・≫
▼ベルギー、ポルトガル、ハンガリーの離婚率は70%前後というから、日本の
35%の二倍になっている。日本でも家庭内離婚を含めると90数%が破綻して
いるというから、多くの人たちは、不幸な家庭環境で育ってきたことになる。
だから、自分から積極的に「幸せなる」しかない。その意味で、この7つの法則は、
人生の基本姿勢として、身につけておかなければならない。逆に「不幸だから、
何もかも上手くいかなくなる」ことは周辺を見渡せば分かる。いや、まず自分?
人生の総合幸福度は、自己評価85点。現時点は75点。老いる度、現時点の
満足度は減っていくのだろうが、何ごとも心がけ。ここまできたら
「日々是好日」しかないが、これなら得意!
 で、また偶然、以下の内容に続いていく。 



7593,閑話小題 〜6波の大波が…

2021年12月11日(土)


   * オミクロン株が最大でデルタ変異株の4.2倍に!
 オミクロン株は、感染力は強いが、死に至る猛毒性は少ないようだ。
むしろ、デルタ株の変異種の方を注意すべしと… 韓国では、規制を緩めた
だけ感染が元に戻りつつある。そう甘くはないようだ。この恐ろしさは、感染の
実情を誰も語らないこと! 誰が近隣に話すことが出来ましょうか…
 ―
『 日本で新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の新しい変異株である
「オミクロン株」の感染力がデルタ変異株の4倍以上である可能性があるという
分析結果が出た。 共同通信などによると、
…京都大学の西浦博教授が率いる研究チームは前日に開かれた厚生労働省の
新型コロナ専門家会議でオミクロン株の「実行再生産数」が最大でデルタ変異株
の4.2倍に達する可能性があるという研究結果を報告した。
 1人の感染者が何人の2次感染者を発生させるかを示す「実行再生産数」は
感染力を示す指標だ。 研究チームは確保したデータが十分でない点などをあげ
「オミクロン株の感染力が今年、世界的に猛威を振るったデルタ変異株の4倍以上
と断定するのは難しい」と前提した後、少なくとも2倍は超えるものと分析した。
 西浦教授は「従来のワクチンはオミクロン株にはあまり効かない可能性があり、
ワクチン接種が進んでいる日本でも流行する可能性が高い」と備えを求めた。
今月から医療従事者を皮切りに3次接種に入った日本は8日現在、1次接種は1億回
を突破し、人口比の1次接種完了率が79%を記録した。2次接種の完了率は77.3%だ。』
 ―
≪「今年の冬、オミクロンよりデルタのほうが深刻」…米国国立アレルギー・
 感染症研究所所長が警告  =韓国報道
「今年の冬、最大の脅威はオミクロンではなくデルタ変異だ」アンソニー・ファウチ
米国国立アレルギー・感染症研究所所長は9日、米国メディアグループマクレッチ
とのインタビューで、コロナデルタ変異の深刻性を強調、このように述べた。
ファウチ氏は「オミクロンはデルタより深刻ではない変異だ。デルタこそ今年の冬、
米国人が直面する本当の問題である」と強調した。続いて「既にコロナの感染者数は
また急増。しかし、6000万人の米国人はまだワクチンを接種していない」と。≫
 ―
▼ あと少パンデミックから2年になる。2回目の接種も行きわたり目先、ホッ
 とした矢先に、オミクロン株の出現。そうそう甘くはない。旅館・サービス業は
死活の問題になっているが… あとは砂漠の炎天下で、どこまで耐えられるか…
毒性が薄いといわれるが、感染過程で、変異するしろもの。潜在したコロナ菌の
被害は、一千万人を優に超えるだろうに…

・・・・・・
7238,閑話小題 〜パンデミックも佳境に
2020年12月11日(金)
   * 当初の予測どおりに
 秋から冬口にかけてのパンデミック! 細菌学者の予測どおりになってきた。
これが治まらないと、百年前の世界恐慌、第一次、二次世界戦争へ炎上が拡大する。
問題はワクチン開発と、普及が追いつくか否か。特に日本は、30年間続いたデフレ
と自然災害で財務体力が衰退している。何らかの形で、弱者(特に女・子供)に
まず直撃。その実態は計りしれない悲惨になっている。
 貯蓄ゼロが全世帯の3割も存在するため、今日明日の生活が問題になっている。
これまでは、何とかサービス業、3次産業の4Kワークがあったが、今回は、これが
崩壊して、受け皿がない! 僅か1年で、ここまで世界が激変してしまった。
正月の里帰りという、大移動も、国家を上げて、中止要請に様に… 
10年前に、事業清算をした経験からこそ見えてくる社会の裏表。明日は吾身が、
そのまま己に来ようとは。
≪ ♦ 「怖い」東京ついに600人超12/10(木) 22:09(YaHooニュース)
    東京の感染者が、初めて600人台となった。
 都内の病院では、重症患者の受け入れができないなど、医療体制がますます
逼迫している。 東京・渋谷の電光掲示板に流れた東京の新たな感染者数。
この衝撃的な数字が伝えられた瞬間も、スクランブル交差点を多くの人が行き
交っていた。
20代「危ない、怖いです」
20代「すごく増えているなと感じています」
東京都の1日の感染者としては、初めて600人を超え、602人。
このうち、重症化リスクの高い65歳以上の高齢者は、77人にのぼる。
重症者の数は、9日と変わらず、59人。

全国の感染者が過去最多の2,809人となった9日、国内の累計感染者も、
17万人を超えた。12月5日に16万人を超えてから、17万人に達するまで、
わずか4日間。 急拡大のペースが続いている。 ≫
 ―
▼ 特に成功体験しかない団塊の世代には、このパンデミックはきつい。
 都会で失業をして、独り部屋に佇む日々ならば、自殺もしたくなる。
  …ネットで自殺の現状を検索すると…
≪ ♦ 日本では長年にわたり、自殺者の多さが問題となってきた。
 世界保健機関によれば、日本の自殺率は世界で最も高い水準にある。
2016年、日本で自殺により死亡した人の数は人口10万人当たり
18.5人と、西太平洋地域においては韓国に次いで高い割合だった。
世界平均の同10.6人と比べるとほぼ倍の数だ。
日本の自殺率が高い理由は複雑だが、長時間労働、勉強や進学に関する
圧力、社会的孤立、精神衛生上の問題を抱えることを恥とする文化などが、
これまで要因として挙げられてきた。
それでも厚労省によると、19年までの10年間で自殺者の数は減少傾向
にあった。同年の自殺者数は約2万人で、1978年に統計を取り始めて
から最も少なかった。パンデミックはこの流れを逆転させたように見える。
しかも自殺の増加は女性においてより顕著だ。自殺者全体に占める割合では
男性を下回るものの、自ら命を絶つ女性の数は増えている。今年10月、
日本における女性の自殺は前年同月比で約83%増加した。これに対し、
男性の自殺は同22%の増加だった。考えられる理由はいくつかある。
女性は宿泊、飲食、小売りといった業種にパートタイムで就いている割合が
高く、コロナ禍による解雇の影響を強く受ける。≫
 ―
そういえば、半年ぐらい前に長岡大橋の欄干に独り座り込んでいる女性を
見かけた。「何で?」と思いつつ通りすがったが、後ろから来た中年の二人
連れが駆け付けて、両腕を抱て… その後、如何なったかは知り得ないが!

・・・・・・
6845,閑話小題 〜下ネタ ―7
2019年12月11日(水)
 ジョークには、起承転結の‘結’の捻りの妙の落としの妙がある。
それを面白く思えるか否か。 数行の物語で、何故か納得させられる妙味。
気どっていても、身体についている共通の機能は、皆、同じ。そこに、
自然と笑いが滲み出てくる。ひねた性格の人たちが、練りに練って捻りで、
笑いをとる。腹の底から笑える人は、それだけで、人生を豊かに過ごせる。


★ ある女性が、自分のモチモノが大きすぎるのを悩んで
 産婦人科で診てもらった。 診断にあたった医師が
「なんて大きな穴!」
「なんて大きな穴!」
「なんて大きな穴!」
と叫ぶのを聞いて女性が抗議した。
「3回も叫ばなくていいじゃありませんか!」
「いいえ、私は1回しか叫んでませんよ。」  :こだま
 ―
★ ジョーは、新婚旅行から帰ったばかりで幸せの絶頂のはずだが
 どこか元気がありませ ん。心配した友人がたずねました。
「いったい何があったんだ?」
「うん・・。新婚旅行で、僕は妻と初めて結ばれた」
「そりゃいいじゃないか」
「でも、終わった後で僕は、日ごろのクセでつい枕元に1万円置いて
  しまったんだ」
「おいおい!そんなことしたら奥さんいやがるだろう」
「いや。妻は慣れた手つきで、2千円お釣りをくれた・・」
 ―
★ 私は子供の頃から犬です
 精神病患者:「先生、私は自分が犬なのではないかと思っているのですが」
医者:「そんなばかな。それで、いったいいつ頃からそのように思うように
   なったのですか?」
患者:「私が子犬の頃からです」
 ―
★ 精神病院で自分はナポレオンだと信じてる患者がいた。
 あるとき、医師が
「なぜキミは自分がナポレオンだと主張するんだ」と訊くと、その患者は、
「神様がおまえはナポレオンだと言った」と答えた。
すると、すぐそばにいたべつの患者が怒った顔でこう言った。
「おれはそんなことを言った覚えはない!」
 ―
★ 医師「良いニュースがありますよ、ミセス・ボンド」
 女性「失礼ですが、私はミス・ボンドです」
医師「でしたら、悪いニュースがあります」
 ―
★ 美人の秘書がボスのオフィスにスーっと入ってきて、
「いいニュースと悪いニュースがあります」と告げました。
「頼むよ、今日はジョークはやめてくれ」と困り果てたボスが答えた。
「いいニュースだけにしてしてくれないか?」
「分かりました。……いいニュースは、あなたは子供を作れる能力が
 ある、ということです」
 ―
★ ヒトラーが、あるとき占い師にたずねた。
「私はいつ死ぬのかね?」 占い師は水晶玉をのぞいたあとで、
「ユダヤ人の祝日の日にお亡くなりになるでしょう」と、自信満々に言った。
ヒトラーが驚いて、「ほう、どうしてそれがわかるのか」と、聞き返せば、
占い師が答えて、「はい。いつ総裁がお亡くなりになっても、その日は
確実にユダヤ人の祝日になりましょうから」

 ―
 ―
▼ 喜怒哀楽の感情を、一瞬の捻りで、笑いに昇華させる技が、そこにある。
 人間の持つ業を、捻って、回して笑いにする。ってなことを言えば、人生
こそが、ジョーク。ジョークの人生を生きていると自覚すれば、肩に背負った
荷物が軽くなる。 そういえば、最近、腹の底から笑ったことはない。
 < 逆は、あるのだろうが… > 
これが、今朝のオチ! これも各々方にいえることに気づくか気づかないか! 
だって、そうだろう。 薄笑い人の顔を見て… 折角なら大笑いしたら!

・・・・・・
6481,閑話小題 〜非日常論
2018年12月11日(火)
   * 非日常は、老い実感のバロメーター
 先週、先々週と、新潟、東京の忘年会に出席した。引籠り?に近い小世界の
吾が身にとって、非日常になるが、考えてみれば、年行事の日常の一つ。
海外ツアーの参加も含めて、肉体的、精神的に少々、堪える? 頭も、心も鈍く
重くなっているのを実感のバロメーターになる。それも酒が入るため、過重する。
出発前に予定していた時間より遅れる。それも予定に入れておくが、それも腰痛
持ちのため早く歩けない。腰を屈め、ゆっくり歩く自分は… そして、その場の
空気に馴染むのに時間を要する。とはいえ、非日常をスケジュールに入れないと、
自分のマイナス変化に、気づけない。数ヶ月前に、時間調整のため、上野駅の
地下待合室から、乗換の客を眺めていて気付いた。70代以上の年代の人の多くが、
キャリーバックを歩行補助にしていること。それか、長傘を携えている。
旅の効用は、非日常にあり。とにかく、日常の世界から一歩、出ることにある。
余裕のある人は『別荘』を持つか、長期バカンスは、非日常で、日常の世界の
ストレスから自らを解放するため。このブログも、自ずから非日常を書くことが
多くなる。日常など、直にネタが尽きているため、非日常の世界を覗くしかない。
 日常世界から、非日常を気楽に見れるのが、TV、パソコン、スマートフォン、
タブレット。映画、ドラマ、ドキュメントなどスイッチ一つで垣間見れる。
ある程度の経験と、知識の蓄積があれば、現実と仮想の世界の境目の識別が可能
になるが、若い人には、それがない。彼らは、大部分が非日常になる。
少し考えれば判ることだが、私たちは日々刻々、非日常に生きているのである。
気づかないのは、日常と思い込んでしまう鈍重の壁。 要するに養老孟司のいう、
『バカの壁』である。
 〜彼はインタビューで、
<「いまの時代、本当は変なんじゃないか」> それを 2つのキーワードを軸に
「病」をひもとき、「意識」と「感覚」。頭で考える「意識」にばかりとらわれ
すぎて、心や体で感じる「感覚」を疎かにしているのではないか…> と。
<頭の中なんですよ、われわれが住んでいるのは。もっと自由に生きられるんじゃ
ないかな。」>とも。 非日常こそ、頭で考えている「意識」から「感覚」を
取り戻すと… 。 早朝、4時に起きて、「意識」と「感覚」で、この日記を
完成させ、自転車で信濃川べりを遊覧する。 日記書きで、「意識」に偏った
「感覚」を、自然に直に触れて、自動解放をしていることになる。 Sjのヨガ・
エアロも、感覚解放の一つになる。 
 <日常=意識の偏り、非日常=感覚の偏り> 
上質の日常有ればこそ、上質な非日常がある。逆に上質な非日常があればこそ、
日常も上質になる。 「日常論、非日常論」になるが、問題は質料ですか。

 ・・・・・・
3912, 精神力ーその偉大な力 ー6
2011年12月11日(日)
    ◎ 想像力の魔力 「精神力ーその偉大な力」ダン・カスター著
 * あなたの心のなかに、絵または型やプランなどを作る能力がある。
応答する性質のある大生命力は、そういう絵や型に応じて、あなたの体験内に
流れいるのです。心に以上のようなイメージを作る能力を想像力といいます。
誰もが想像力を持ち、それを使って自分の望むこと、または望まないことへの
プランを立てます。考え尽くした末に、これをしようと思い定めた心の絵は、
あなたが大生命力に送り込む計画案です。こういうプランには、信念が方向を
与え、かつ統御します。信念は、心の中の確信です。あなたにとって真であり
と確信するものです。これがこころの中につくる絵やプランの型を決定します。
大生命力は、それに始動されて行動に入ります。想像力は、心の中の技術する
部分です。・・・ フランスの精神治療医クーエは「毎日あらゆる点で、私は
よりよく、よりよく、なっていきます」と、自分に言い聞かせるよう教えた。
また、「幅30センチ位の長い平板を地上に置くと、たいていの人なら、
どんな長い距離でも、平気でその上を歩いていけます。しかし、二つのビル
の10階の高さのところに渡すと、話は全然違ってきます。歩こうという人は
殆どいません。想像力が、落ちる絵を作るためバランスを崩し落ちてしまう
と想像をしてしまいバランスを崩す。 が、30センチの高さでは、逆に
大丈夫という想像力が、バランスを保ってくれる。」という。タバコを止める
ことも、酒を飲むことも、止めたときに得られる利益が将来、いかに多いかの
イメージを書き出し想像すればよいのです。10年で、20年で、30年で・・
と。昔の人は、意思力を養おうとしました。 近代医学では、それを強いると
いうことで効果なしとし(強要することは、感情的な欲求に反するからと)、
イメージを利用するように変わったのです。逆に想像力はマイナスに働く力が
非常に強い。被害妄想とか、心配性とか・・それも生きていく上で必要だが。
▼ 最近、歳を重ねて実感することは、「貧すれば鈍する」ということ。逆に
「馬子にも衣装」もある。豊かな環境と知識は、その人を豊かにする。
また逆も、ある。格差社会というが、中産階級が減ってきた日本が、最近、
いやにギスギスしてきた。高度成長期の時代は、歌謡曲も、何もかもが夢。
将来に対して豊かなイメージを持つことが出来た。しかし、現在、どうだろう。
夢がもてない背景がある。信念を持てといったところで、持てないのである。
長期楽観、短期悲観は人生に生きていくために必要なスタンス。
楽観は意志でもあるが、意志の具体的イメージ化にヒントがある。 

・・・・・・
6116,『今日のつぶやき』−4 〜私の‘つぶやき’
2017年12月11日(月)
   * 私の‘つぶやき’
 身近な「つぶやき」ネタを考えると、あるある… 幾らでも! 
 ―
< 以前、ある人が失職した上に大手術。暫くしての酒席を共にした時。
 その男、『そろそろ私も一念発起」』をしなければ…」に、思わず
『その前に、まず「一念勃起」では』と自然に、つぶやいてしまった。
隣席の上品そうな見知らぬ御婦人二人、「あっは・ははは〜」 >
 
< 20年前になるが、会社の若い女子社員が会社の二次会のスナックの隣席に
 来て、「私、変態なの!」と一人つぶやいていた…。「どういう変態なの?」
と聞きたかったが、立場上、ただ黙るしかなかった。真面目そうで、清潔感が
あったのに。>
 ―
< 金沢で、同僚の女子に、『今日は閑古鳥が鳴いているね』と言ったところ、
 『それって、どんな鳥?』と真顔で聞き返えされ、思わず吹き出した。美人
だったが、二度と近くに来なくなった。店内にアゲハチョウが飛んでいた。>
 ―
< 警察官になった友達から「友達を逮捕してしまった」と連絡が…(32歳の男)>
 内省: ?学校時代の同級生に、二人がヤクザ、一人が窃盗で…。それに
倒産が一人。この男、「それがどうした」と開き直って何の自覚がない。ったく!
 ―
< どこかの誰か?が『私って特別の存在なの!』って、真顔で話すので、
 思わず『本当に?』と聞き返した。更に念を入れ、『本当よ!』だと。>
だから、生きていけるじゃないかい、人間は。「僕はきっと不幸だよ〜」
 ―
< 姉の一人がシリアスな人で。上京したばかりの私に、『女ってね、
 やられるふりをして、やるんだからね、気をつけなさい!』と注意された。>
・内省: 最近、やたらため息ながら、「後悔、先にたたず」じゃなくて、
「後悔、あとでたたず」の‘つぶやき’しきり。
 ―
<「楽しんだもの勝ちだよ」>  
< 感動をもっと求めたら >
< もっと柔軟に生きていればよかったのに >
< こんなものかい > < これでも実に面白かったよ >

▼ 学生時代のタメ息混じりの独り言が、「何か良いことないか〜」。
 だから、面白いこと、良いことを引寄せていたようだ。

【 重要なお知らせ:  
  過去文を読返すのも億劫になってきたため、
 「時系列」から「気に入った」順に並び替えます。 】

・・・・・・
3547, 「モテキ」の話
2010年12月11日(土)
毎日新聞に《ザ・特集: 
 なぜ今、「モテキ」かー今年の新語・流行語大賞にノミネート》があった。
◇人生にはモテる時期が3回来る?ーブームの背景に「草食系」への慰めと
励まし?ーの副題もよい。面白い特集だが、この大不況の中、結婚をするだけ
でも大変。その人なりに?その時期はあるという。振り返ると21〜26歳辺り
男の一番の盛り、女は18歳から24歳辺り。私の場合は団塊世代の女性が対象
のため、恵まれていた。で?・・ その日々が過ぎ、ある日、突然、潮を引く
ように誰も相手にしてくれなくなる。その時になって慌てても、既にカタオチ?
になっている。それが青年と成年の境目。 ー以下、その特集をまとめたー 
【 今年の新語・流行語大賞にノミネートされた言葉の中に、「おやっ」と
 思わせる一語があった。「モテキ」。文字通り「異性にモテる時期」の意味
 だが、ずっと前から口にしていたという方も多いのではないか。それが、
 なぜ今? 甘酸っぱい香り漂う恋愛用語を読み解いた。【平野幸治】


7592,閑話小題 〜日ハム… なる程、こうきたか!

2021年12月10日(金)



   * ‘日本ハム’が ダル&大谷量産化計画!
【◉「天理のダル」「目立っていないが、育成でも190冂兇┐2人指名した。
 育成1位で、190僂糧戸西高(青森)福島蓮投手。育成3位には、191僂
九州国際大付高(福岡)柳川大晟投手。長身がズラリと並ぶ入団会見は、壮観な
眺めになる。 八戸のダル」「九州のダル」190冂凝蠎蝪蛙佑鬟疋薀侫隼慳勝
◉ 監督の大量生産だろうに…問題は!
◉ プロ野球界にはかつて「高身長投手は大成しない」というジンクスがあった。
 達の先輩にあたる「天理のツインタワー」が甲子園を席巻したのは1990年。
Wエースで全国制覇した南竜次(193センチ)、谷口功一(191僉砲呂い困譴
プロ入りしたが、未勝利で球界を去った。
◉ そんな不吉なジンクスを吹き飛ばしたのが、ダルビッシュ(196僉砲世辰拭
05年ドラフト1位で日本ハムに入団後、メキメキと成長。球団育成プログラムと
科学の進歩もあいまって球界を代表する投手になり、メジャーへと羽ばたき、
後を追うように大谷翔平(193僉砲眤海い拭】
 ―
▼ 二匹つくれば、三匹目も可能だろう。プログラムは残っているし、それを
 そのまま、作成すればよい、2度あることは3度ある。アメリカの何れかの
チームも同様なことを考える…だろうが! 大は小を兼ねるというが!問題は、
各人が持ってる素養と、運命を左右する監督・コーチの素養との組合せの構造。
2021年度の世界の話題で、二刀流の大谷ブームと、東京オリンピックのドチラが
大きかったか、歴史に残るかといえば、大谷ブームだろう。アべノミクスの
主柱としたのは、誰の目にも明らか。それを大谷一人が目立って…  反面… 
天皇孫のジゴロ問題を小さくさせてくれた。 皮肉もいいところ!

・・・・・・
2020年12月10日(木)
閑話小題 〜YouTubeの御蔭で、毎日が刺激的な日々に〜
   * チョイの間の時間つぶしに
 YouTubeに嵌っていることは、ここで屡々書いている。 動画投稿で、現場から
生の動画が投稿され、それが視聴者が多い順に、キーワードごとに配信される。
1000万、1億人の視聴者を獲得すれば、その10分の1=100万、1000万円の収入なら、
投稿された人気動画を再編成をして当たれば、それも可能。なら、日々、面白く
進化するのは、当然のこと! …見始めると、2〜3時間はアッという間!
 直近では、昨夜の就寝直前にみたイスラエルでの、アラブ人とイスラエル兵の
市街戦と、小競りあい。数千年の歴史があるので、その際では、奇妙に大爆発した
殺戮は無い反面、その憎しみの迫力は抜群。 30数年前の現地に入った時の臨場感
が生半端でない! バスに乗れば、イスラエル兵が目を据え、機関銃をかまえて
座ってる。常時戦場そのもの。世界の縮図が、そのままイスラエルの地にある。
 
  〜以下は、1年前の文章になる〜
〜30年前の社内報に書いていた文章が手元にあった〜
(生の体験そのままを書き残す意義とエネルギーを感じる内容)
これでも、実感のほんの僅かしか書ききれてない。 再度言う… 
自分が主人公になるしかないインドとイスラエル、是非とも!
『今さら遅い?生きて煉獄の一端を味わえるのだからこそ行くべし。』 

―――
≪ * 1999/0105 〜イスラエル聖なる旅〜 
 この旅行は、四千年の旧約・新約聖書に出てくる歴史と出会う旅であった。
四国の面積とほぼ同じ中に、数えきれないほどのドラマがあった。
現地の日本人ガイドのシャワ−のような説明が新鮮かつ面白く驚きと感激の連続。
その為か帰ってきて、新約・旧約聖書をじっくり読む事ができた事が最大の成果
となった。関連を含めると十冊を前後二ヶ月たらずで読んでしまった。
考えてみたら私の人生の転機の度に必ず聖書か聖書関連の本があった。
人生のもっと早い段階で、じっくり読むべきであった!。

旧約は先入観で固く難しそうであったが、読んでみれば何もむずかしくない、
ただただ面白い!内容であった。旧約はユダヤとユダヤ民族の歴史の書であった。

また新約は出会い=イエスの心との出会いの書と言ってよかった。
印象の強い順に列記してみると、

◉ まず何といってもエレサレムである。イスラエルがそのまま凝縮されている
といってよい。四千年の昔から神の名と民族の誇りをかけ、数え切れない戦いの
舞台となった。そして現在も続いている。
この街を歩く事は世界の歴史の生き証人と出会い同行することかもしれない。
イエスが十字架を背負って歩いた悲しみの道=ヴィア・ドロロ−サ。
磔刑に処せられたゴルゴダの丘。最後の晩餐の部屋。イスラム教の重要な寺院
=岩のド−ムとアクサ寺院。 ユダヤ教徒にとって最も貴い嘆きの壁と広場、
そしてダビデの塔。旧市街を囲んでいる城壁は四千年の歴史の深さをそのまま
物語っている。
◉ 次はモ−ゼの十戒で有名なシナイ半島のシナイ山である。
 深夜の二時に三時間かけて登って山頂からのご来光とシナイ山の山並み。
そして、その麓にあるカタリ−ナ修道院と、神の声をきいたという“燃える柴”。
そして帰路にたちよったベトウィンの部落。そして、そこで飲んだ紅茶。
“マサダの要塞”=この旅行までは全く知らなかったが、キリストが死んだ
四十年余り後に、ロ−マ軍に追いつめられた熱心党員のユダヤ人九六七名が
たてこもった自然要塞。陥落の前日、そこの指揮者ベン・ヤイルの演説の後、
七名を除く九六〇人の集団自決のあった場所であった。
その時の詳しい内容が生き残った者の証言で残った
(ヨセフスの“ユダヤ戦記”に生々しく残っている)。
=「奴隷にされる前に...自由の状態におもむこうではないか。」
=自殺を厳禁しているユダヤ教徒の集団自決であるからその意味が違ってくる。

イエスの生まれたベツレヘムの岩のほら穴の馬小屋と岩の飼葉桶。
ユダヤ教エッセネ派の“死海写本”が発見されたクムラン洞穴。
一九四七年、近くを歩いていたベトウィンの少年が、洞穴で土器に入った
巻物を発見。壷に納められた六〇〇を越える巻物には、イザヤ書全巻や旧約聖書
等々記されていた。今世紀最大の発見といわれている。ここで他にとんでもない
事が記された文書があった。昨夜の興奮冷めやらないので、テーマの差替えをした。

―イエスキリストが主張された大すじが、そのずっと昔のこの文書の中にあった。

“イエスはエッセネ派の指導者の一人でしかなかったのでは?”という疑問が
でてきたのである。そうすると西欧キリスト教の根底が変わってしまう。
あと十年後に振り返った時、恐らく今回のイスラエル旅行は私の内的深奥で
一大転機の経験となるのではないだろうか。旅行は外界を訪れるだけでなく
内奥の自分との出会いの機会でもある。

【別記】
この旅行と旧約聖書を読んで今の日本に絶望的気分になった。
四千年間の他民族・他宗教と血と血で争う闘いが現在まで続いている。
六十年前には六〇〇万人ものユダヤ人がナチに殺されている。
現在も一歩間違うと今の国土より追放されかねない緊張感・危機感が全土にあった。

男子は三年、女子は二年の兵役があった。国中どこにいっても機関銃を持った兵隊。
一歩家の中に入ると機関銃が無造作においてあるという。といってその手の事件は
一切ないという。その銃の目的は敵に使うもの、国を守る為のものというのが
はっきりしているからである。今の日本の防衛に対する考え方甘さが対比すると
浮き彫りにされた旅行でもあった。 [1999.4.14〜4.24 -ryokou ]

・・・・・・
6844,閑話小題 〜何にも手にしてないことに気づいた
2019年12月10日(火)
   * 何にも手にしてないことに気づいた
 この年齢になって、何にも知らないことに気づいた日々。真面目くさって、
読書時間を、最低、2時間以上をかけても、このさま。ジョン・レノンの次の
言葉が世界に衝撃を与えた。彼らビートルズが残した曲は、歴史に残る。
しかし、そのリーダーたる、この言葉も曲と共に歴史に残る。
 ―
《 1962年、ビートルズがリヴァプールからデビュ―すると、瞬く間に世界中に
 知られる存在になった。アメリカでも大成功を収めて、翌年には女王閣下に
招待を受ける。日本にも武道館が初めてロック・コンサートに使われた。
ところが、何れの場でもモミクチャにされて疲れ切って1966年にツアーを中止。
その前年、リーダーのジョン・レノンは、記者会見で、こういっている。
<ビートルズは成功し、欲しいだけの金と名声を手に入れたが… 
 最後に、何も手にしてないことに気づいた。> 》 
 ―
好きなことに打込んだ上に、お金と名声を手に入れたのに満足を手にすることが
出来なかった。 10日前に『イエスタディ』を、みたが、その功績は大きい。
この音楽を聴けば解ることだが、麻薬からトリップした世界の音楽。女王と会見
している時も、隠れて麻薬を吸引していた後日談がある。
 この文章を読んで思いたったのが、
『この年齢になって、何にも知らないことに初めて気づいた』ことである。
‘まだ気づいたから少しは良い’としてもである。上を見上げればキリがない、
下を見れば底がない、横を見れば情けないとしても。 竹トンボのように、
いやシャボン玉のようにフワフワとんで、破れて消える己が姿を。
 
薬害の一つに突如の不安状態があるようだ。充実感の真逆の空虚、虚無感。
何が幸せか、そこで考えたのが、先のジョン・レノンの言葉。
 先人の哲人が、この答えを求めて、考えて考えて考えぬいたが… 
それは、個々人により、違って当然。それぞれが、哲人の言葉などから、
自分で答えを出すしかない。

昨夜の就寝中に‘御上り帰り’の家内に起されデジカメ画面を見せつけられた。
その顔は童女そのまま。格安新幹線をフルに使って連日、楽しむ姿に、『今度、
私も連れてって!』の情けない我が言葉。どうしたら、こんな顔が出来るか?
これでは‘わしも族’の仲間入りになる。 …誰も居ない寝室で、YouTubeや、
録り溜めの映画の見放題も至福。 まず25%の現実体感の確保がベースに必要。 
40歳半ばから60歳半ばに確保済み?が、ここで生きてくる。現在の生活習慣
レべりが私の器ですか。‘わしも族’程度の自己確認になるから、同伴参加は
止めてこうか? 生き急ぎ過ぎですか。 彼方からの「地球ツアー」も、
終着点に近づいてきた今日、この頃、これも人生。解答は、‘気づくこと’

・・・・・・
映画評 〜『イエスタディ』
2019年12月02日
 ハリウッドものドンパチの映画に、少々うんざりをしていた。
今回も、このファンタジーものか、ドンパチに迷ったが、これを選定。 
これで良かったと感じさせられた映画。時空を超えて昔に帰ったような心地に
させらていた。世界中のリタイア年代をターゲットにした筋立てで、ビートルズ
好き用には恰好の映画。 
 …私も学生時代にはレコードを繰返し聴いていたこともあり次つぎと主人公
ジャックが記憶を頼りに楽曲を披露するプロセスの物語に何とも味わいを感じた。 

   〜物語とは…〜
《 世界規模で原因不明の大停電が起こり、彼は交通事故に遭う。昏睡状態から
目を覚ますと、史上最も有名なビートルズが存在していないことに気づく─ 
更にビートルズのレコードも消え去っている。その摩訶不思議な状況の中、唯一、
彼らの楽曲を知っているジャックは記憶を頼りに楽曲を披露するようになる。
 物語はジャックの驚きや興奮、戸惑いや葛藤、そして喜びがビートルズの珠玉
の名曲とともに語られていく。何気なく友人たちの前で歌った“イエスタデイ”
がジャックの人生や世界までも大きく変えていくが、夢、信念、友情、愛情…
ビートルズの楽曲が人生のすべてのシーンを豊かに彩る。 》  ー評価90点。

   〜ネット上の映画評より〜
《 ☆ 曲がかかる度にこみ上げてくる感情‬
◉ 世代を超えて愛され色あせず心に響く多くの曲を作り上げ時代を変えた
 偉大なビートルズ。ビートルズ好きでも好きじゃなくても楽しめる。舞台が
現代になっているだけに若者からコアなファンまでも楽しんで観れる映画。

◉ 脚本そのものの構成は、伏線なども特になく、ただただビートルズの曲を
 盛り込むためなだが、だからこそ際立つ楽曲の歌詞がとても良かった。
ただ、両親含めインド系で、ジャックなんて名前はありえない。
マリクもゼインマリクから取ったのかもしれないが、中東系の名前。
盗作に近い状況を主人公にさせるからこそ、白人ではない有色人種を使った?
それはビートルズの概念には反するし、なんだかなぁでした。

◉ ジャックが導き出した答え、そして映画だから出来るあのサプライズ。
 作品を通して伝わる優しさと愛に、温かい涙が何度も溢れました。
ビートルズが奏でる愛の詩が、物語を彩り、寄添い、時に主役にもなる、
まさにビートルズへのラブレター。温かく優しい気持ちになれて、
観終わった後は自然と笑顔になれる本当に素敵な作品。
また一つ、大好きな映画が出来ました。
 ―
▼ 半世紀を超え、学生時代にタイムスリップしたようなビートルズの音楽。
 学生時代のシャア・ハウスのような、4畳半の部屋には、小さなステレオと、
カラーTVと、その前に卓袱台があって、横に机と椅子が配置してあった。
その空間は学生生活を過ごすには最適だったような。 
 レコード盤は、ナッキン・コール、ビートルズ、レイ・チャールズ、
プレスリー、高校時代に集めていた世界の民謡シリーズと、国内ものでは
ダークダックス・シリーズなどがあり、コーヒーを飲みながら、寮仲間と
日々、人生を語りあったり、夜を徹して酒を飲む日々。
 その中でも、取分け、ビートルズは1960,70年代の特別の存在。圧倒的人気
にもかかわらず、成長・発展・変質を続け、現在でも、その人気を保ち続けた
不思議なグループ。 そして、何よりもビートルズがこの世に存在し、彼らの
音楽を聴ける幸せを噛み締めることができる映画である。 
 …そういうこと! 
毎日、毎週のように、別世界にトリップしている日々… 
「明日は少ない!」という感覚が強まっているためか? これで良いのか? 
この程度で満足する小さな枠が言わせているのは自覚しているが… 面白い!

ーーーーーー
6480,閑話小題 〜下ネタじゃない、〜ホワイト・ジョークを −2
2018年12月10日(月)
 ホワイトジョークなる言葉を思いついたが、ジョークは、心の底の暗闇を
笑い飛ばすものとするとグレー・ジョークになるがインパクトが薄れる。
人生には笑い飛ばすしかないことだらけ。とはいえ、後味の悪さが残る下ネタ
では、品性?が下がる。 理想的なのが、仄仄したもの。 HP内検索で
「お笑いファンタジー」と入れると… けっこう面白いのがあった。
それは、次回にするが、まずはグレー・レベルのジョーク、小噺がある。
――
   * 親子
子「産んでくれなんて頼んでないぞ!」
父「頼まれていたら断っていたさ!」
――
   * 地雷
クウェートにおける男女の役割について記事を書いた、熱心なフェミニスト
の記者がいた。 それは湾岸戦争の何年か前のことだったが、当時のクウェート
では、妻は夫の3mほど 後ろを歩くのが当たり前だった。  その記者が最近
クウェートに戻って来て気がついたことは、今度は夫が妻の何mか後ろを歩いて
いることだった。驚きのあまり感動さえしてしまった記者が、理由を説明して
もらおうと 一人の女性の方へ近づいていった。
「何年か前は妻は夫の後ろを歩いていたのに、今は夫が妻の後ろを歩いてますね。
本当に驚きました。一体どうして役割が逆転したのですか?」
 クウェートの女性が答えた、「地雷よ!」
――
   * 夫婦
ある二人の夫婦がいた。
しかしその夫婦の仲は最悪で、いつも喧嘩ばかりしていた。
ある日、豚小屋を見た妻がこういった。
「あなたの親はあの豚達なのでしょうね」
すると夫はこう言った。
「ああ、そうさ。」「義理のな」
――
   * 宗教
ある熱心なユダヤ教徒が神に祈った。
「神様、うちの息子がキリスト教に改宗してしまいました。
どうしたらいいでしょう?」
神様、答えていわく。 「うちの息子もじゃ」
――
   * M
母親が息子の部屋を掃除していると,ベッドの下から多量のSM本が出てきた。
めくってみると,息子はどうもMらしい。 ひどく動揺してしまった母親は,
父親が帰ってくると,その本を見せて相談することにした。
「いったい,どうしたらいいのかしら?」 父親が答えた。
「やつを叩いても無駄な事だけは確かだな」
――
   * 知らせ
ある男の親友が言った。
「君には悪い知らせと良い知らせがある。」
「一つは君の妻が死んでしまったんだ…」
そして男は言った…「そうか…で、悪い知らせは?」
   * 幸運
記者「墜落した飛行機に乗遅れて危機一髪、死神の手から逃れられたのですね?」
 男「そうです」
記者「まったく幸運ですな」
 男「ええ。でも幸運はそればかりじゃありません」
記者「ほう?ほかに何か……」
 男「家内は間に合ったんです」
――
   * 拒食症
酷く拒食症の犬を飼っている男は悩みを友人に相談した。すると相談を
うけた友人は「それならあの不細工なステイシーに預けてごらん、
1週間もすれば拒食症は直るよ」  男は言われたとおりステイシーに預け、
1週間後に引き取った。 拒食症が治ったことを友人に報告すると
友人は「でもバターしか食べないだろ、あの犬!」

――
▼ 即興で思いついた小噺
  * 結婚して数年経った夫婦の会話
< 妻:アンタに騙された!
 夫:どっちが? ったく!
  妻:私がウソつきなことは知っていたでしょ!
夫:そのウソつきの上に、超エゴイストが、ここまでとはな!
 妻:アナタには敵わいわよ。何言ってるのよ。好き放題じゃない。
夫:オレはアッシーで、「都合が良さそう」が結婚理由かよ?
 妻:あったり前でしょ。女って、そんなって知っていたでしょう。
  アンタは、黙って従っていればいいだけ。何を今さら! 
  今さら離婚じゃ、女の方が絶対不利ぐらいのことは、熟知しているわよ! 
  騙す騙されたとかいう問題じゃないでしょ。男が外で稼いで、家では
  妻に尽くすのが一般道理でしょう… もっと、有難いと思いなさいよ!
  このグウタラ亭主。
夫:騙されたという言い方が気にいらないんだよ。自分を特別の存在と思い
  込んで。何が特別なんだよ。愛嬌が良いだじゃないか。
 妻:その愛嬌が問題なのよ。少しは愛嬌を良くしなさいよ。男も愛嬌よ。>

こうなると一般夫婦の日常の描写? 多かれ少なかれ、一歩立入れば大同小異? 
で、タガメに抱きつかれ、エネルギー全てを吸い取られ生涯を終えることに… 
これこそシリアスな小噺ですか… この程度はファンタジー・ジョーク?
仰ぎ見える4組の家付き娘の姉夫婦も、気の毒なのが夫と思うのは… 
 夫婦円満には、「忍耐、愛情、理解」というが、それは互いの条件次第。
ひたすら独り自嘲するしかない男たち。それ故にジョークで笑い飛ばすか、
カラオケで歌の世界で癒すしかない? 男も女も哀しいものです。
 
 で、これまた丁度良い、脈絡で以下に続く。 もちろん、偶然です。


7591,閑話小題 〜娑婆の喧嘩作法 ―4

2021年12月09日(木)

   * さて始まった城下町下の争いが… ー
 ところで、これは送検まで持っていける案件か… 前回の件もあるため、
強引でも立件するのでは…と、これは無理という意見が分かれているが… 
…政争として目を叛けようとする○○の意図があまりに露骨。 TVの刑事モノ
連続ドラマで視聴者の目が肥えているのもあり、秘密裡で処理しても問題は残る。
ただし、あの腰巾着の応援は火に油を注ぐようなもの。城下町独特の地方の歪み
を自らは自覚できないから始末が悪い。
 会社清算から11年近く経過するが、娑婆は魑魅妙霊の住む世界。その巧妙な
嫌がらせ、それはそれは… 世界は弱者には厳しく…強者には優しく温かい!
 …ある小説の一節に 
<人生、小説ではありません。強くあらねばなりません!>があった! 
<何事も面白がる>…<3年経てば、何事も宇宙の彼方の出来こと!>だけで
乗越えられる案件でしかない… あのドブネミよ、合せ鏡をもってないのか?

 恒例の木曜日の週間新潮と文春の見出しには、大きく取扱ってなかった!


・・・・・・
7236,閑話小題 〜ラスト♪ソング =1
2020年12月09日(水)
            『ラスト♪ソング』佐藤由美子・著
   * 人生の最期の聴く一曲
 最近、借りてくるのは、こういう類の本ばかり! 年齢に贖えないのか。
 私の持ち歌の一曲は、ジェリー藤尾の『遠くいきたい』。
あとは、越路吹雪の『愛の賛歌』と、菅原陽一『今日でお別れ』『忘れな草』
などなど。過っては純朴?なればこそ心に、いや魂に残るのだろう。
 10歳の頃、演歌で最初に出会い、心に残ってるのが春日八郎の『お富さん』… 
子供心に大人の世界を直に感じとれた演歌である。 大家族もあってが、
何とマセタガキだった。
 私の青春真っ只中の昭和40年代は、歌謡名曲の花盛り。これ程の質量の名曲
が出た時代は2度とないと言われている。学生時代の4畳判の部屋に、ステレオ
が置かれ、ジャズや、バラードの名曲が並んでいた。青春渦中にある時は
如何に恵まれていたかを知る由もない。…寮には、苦学生が多くて、その苦労話
を上の空で聞くしかなかったひ弱なノンポリの学生。
 音楽をサポートするグリーフケアの存在を、この本で初めて知った。
人類は、どれほど音楽で慰められたことか… 
 尤も、音楽の効用は、元々そこにあるが! 10年程前に、 iPPodに4000曲、
入れてある。こういうことは、誰もしてくれない。自分でするしかない。

  〜Amazonの内容説明から〜
【 グリーフケアとは、悲しみの中にある人をサポートすること。具体的には、
病院での治療、専門家によるカウンセリング、ケアを必要とする集団による
ワークショップ、日常生活での対処療法など、多彩な手法が含まれます。
大切な人を亡くした悲しみから立ち直る鍵は、悲嘆のプロセス(グリーフワーク)
にあるといわれます。】
 ―
【 人は病気や悲しみについてなど自分の世界観が変わるほどの変化や不都合な
 ことへの対応は後手後手となりがち。これはしかたがないことであると思います。
自分が重病に・不治の病に陥った時のことを想像はできますが、それが日常と
なってしまった時のことまでは想像が及ばないと思います。当然、心の準備は無い
に等しいです。天災のような場合以外には、同境遇の仲間は見つけにくいです。
大抵は、自力で乗り越えることになりますので、容易ではありません。
心理的、社会的に遺族が孤立しないように支援体制が求められるところです。
悲しみへのケアがあると、早期に自分の混乱とその整理、亡くなった方の生きた
意味・自分の生きる意味、人生の意義などに気づくことができて、前向きに人生
を捉えなおすきっかけとなるでしょう。】
 ―
▼ 高校時代に…世界の名曲集を、月に一曲、購入をしていた。特に世界各国の
 民謡の魅力に直に取りこまれていた。民謡は、土着大衆の魂が深く潜んでいる。
経験を重ねて、人生が何たるものかを知ればこそ、その味わいを噛みしめる事が
可能になる。 読書、映画と音楽観賞と、身近に魂を癒す材料は多くある。
それらは、徹した孤独感があればこそ身に沁みて実感する。世界は、素晴らしい。

・・・・・・
6843,読書日記 〜『秘伝「書く」技術 』
2019年12月09日(月)
              『「秘伝「書く」技術 /夢枕 獏(著) 』
  * 最後は‘精神的、物理的な自由への天使の羽ばたき’!

 ‘あとがき’に、文章作法でいちばん大事なのは、
〈自由!〉
〈虚仮の一念〉
〈森羅万象を面白がる力!〉 が、
『秘異郷ツアー』と、これを書き続けてきた感覚と同じ響きがある。

毎日、欠かさず書き続けて18年半、‘雑記帳’のネット上公開に。
上記の3つの著者の信念、自由、虚仮の一念、森羅万象を面白がる力を、
並びたてて文章化をすると、
《 毎日欠かさず’を書き続けて18年半、〈虚仮の一念〉で書続け7千近い
テーマ’に。 一万テーマまで、あと9年。82歳だが… それは無理?
書上げた瞬間の開放された〈自由〉な心境の味わいがあればこそ続いてきた。 
それを続けているうちに〈森羅万象を面白がる力!〉が自然と培われてきた
ようだ。 さらに蓄積が有効的に働く実感があればこそ… 私だけにしか経験
できない事象を記録に残しておかないと、虚無の彼方に消え去ってしまう。 
それは書き残してない熱風の日々を省みると解る事。
「自分が納得する文章を書上げる」には、まず魂を入れるしかない。
魂とは時間をかけた経験とエネルギー。 決心したからには…〈虚仮の一念〉
の「とにかく書き続ける」しかない。 著者は、ここで、<考えに考えたとき
の僕の感覚を言葉にすれば、「脳が鼻から垂れるまで」考える。 
…こうやって、考え抜くことで「神を生む力」が得られるんです。> … ≫
 ――
▼ この程度の稚拙な文章でも、何度も推敲をいれてある。それでも後日、
 いや後年に読み返す度に、その粗が見えてくる。2〜3月に一度は、前日に
書上げた文章を、気づかず再び1〜2時間もかけて推敲して、アップする段に
なって、そのことに気づく。それだけ稚拙の内容である…。それでも、毎日、
過去の同月・同日の文章に間違い文字、言い回しのいい加減さに気づく。
‘メモの公開だから良いか’と思いたいが、そこに冷ややかな視線がある。
「だったら、毎日、私と同じことをしてみたら…云々」は、罷り通らない。
金が取れるプロ筋の文章は、凄味が違う。そのベースが違うから当然である。
 私の、もう一つのライフワークの「秘異郷ツアー」が、著者の書く信念
〈自由!〉〈虚仮の一念〉〈森羅万象を面白がる力!〉と同じ感がする。 
大自然との邂逅で精神の自由を感じる時間を持たないと! 
大自然が教えてくれることは、『愛すればこそ、愛される!』こと。
懐の奥にわけいってこそ、その愛の温もりが伝わってくるもの。
凡人には、絶対量のエネルギーが掛かるが、それこそが良いのである。
 妄想でも、フリでも、まずは自由を求めないと。カール・ブッセの;  
【 山のあなたの 空遠く; 「幸」住むと 人のいふ;
 噫われひとと 尋めゆきて; 涙さしぐみ かへりきぬ…】がある。
その「幸」は、心の自由でないか。それなら、別に山の彼方でなく、
心の内にある。それと身近に森羅万象が控えてある。天使の肩にある
羽根は、自由への羽ばたきのためにある。それは意志であり、言葉にある。
つまるところ…‘精神的、物理的、大自然への‘自由の天使の羽ばたき’!

・・・・・・
5747,なぜ本を読むといいか? 〜8 :マタイ効果 
2016年12月09日(金)
           <本を読む人だけが手にするもの>藤原和博著
   * マタイ効果  〜アジャ・パー
 今さらだが、現実社会の実態は弱肉強食の冷酷な世界。住宅地も、歴然と
高級住宅地と下町が分かれている。都会だけでなく、地方も然り。世の中は、
不自由・不平等・憎しみで満ちているため、逆に、<自由・平等・博愛>が
叫ばれる。それも家柄、富で何世代も引継がれ、富める者には富が集まり、
貧者は互いの足の引張りあいで貧しくなる。これが一度、貧者に陥ると、
元に戻るのは難しい。 だから万一の備えが重要。人生が、それを教える。
  〜「マタイ効果」をネット検索をすると、以下のとおり〜
≪ マタイ効果とは、富める者はますます富み、奪われる者はますます
 奪われるという現象です。例えば、面白い情報がたくさんあるところには、
利用者がたくさん集まり、人が集まればその人達に知って欲しい情報が更に
集まってきます。逆に情報が少ないと、人は集まらず、人が集まらないから
情報が更に集まらず、寂れてしまいます。雪だるま式の効果を良い方向へ
回転させることを考えるべきです。仕事のできる人に仕事が集まってくる
現象で、経験が増えるからますます仕事ができるようになり、良循環になる。
だから「仕事は買ってでもせよ」と言われるわけです。それを仕事の中で経験
することが一番人生経験に役立ちます。幸福な人はいつもニコニコしています。
その結果、善人にみえるので人から好かれ、他の多くの仲間が合体して、より
いっそうの地位を固めていきます。厄介なのは、一歩進み始めたマルビとの
コースは、なかなか変更ができないことです。こうして階層の分化が進行して
いきます。この言葉は人々の間での階層分化とその拡大再生産のメカニズムを
述べています。 ≫
 ――
▼ 『貧すれば鈍する』で、経済的余裕、お金が無いと心まで鈍くなる。
 そこで踏んばって『窮すれば通ず』、極限の立場になると知恵が湧出て活路
が開けることがある。『火事場の馬鹿力』『窮鼠猫を噛む』が、これに近い。
科学技術の進化が、ネット社会と情報端末を飛躍的に及ぼし、マタイ効果を
拡張、加速させる。2045年が、人工知能の進化の特異点になって、世界が
一変する可能性があるという。極々、少数の天才が、世界を支配する日である。
最近、シネマで、その類の物語を見たが。 マタイ効果が現れ出ている現実は、
何ともいえない味がする。 味はパッ いや、 アジャ・パー ですか。
 世間とは、アジャ・パーというと、味わい深くなる。 ったく!

・・・・・・
5017,幸福優位7つの法則 −7
2014年12月09日(火)
   【幸福優位7つの法則ー幸福と成功の意外な関係】ショーン・エイカー著
  * 法則6: 20秒ルール
 森(現役)から、サバンナ(御隠居)の生活に移動するについて、まず考えた
ことは、ウツ対策。そこで、毎日の習慣を、更に厳格にする実行することにした。
< 4時起床。この文章の修正と完成、アップの後、一時間のミニサイクリング。
 9時から11時半まで、読書と、ブログの下書き。
午後からは、スポーツジム、ポタリング、図書館、テレビなど自由時間にあて。
17時から20時までは、居間で食事やテレビなど。そして20時過ぎに就寝。>
 20分ほどの誤差は出るが、ほぼ毎日この日程である。我ながら真面目だが、
習慣(日程)は第二の天性と信じ、このパターンを続けている。この20秒
ルールを、早速、取り入れたが、早朝など、寒さで布団から出れない時、
ピッチャーから投球を受け、制限時間20秒以内の投球動作のイメージを持つと、
何故か不思議に行動に移れる。コツはキャッチャーが球を渡すタイミング。
  ー要点を纏めるとー
≪ 私たちは「単なる習慣の塊」。そして、習慣は「初期設定」を変更しないと
 変えられない。そして初期設定は、一番楽なこと、に集約されていく。
著者はギターが趣味だが、忙しくて弾く機会がなかった。そこで一念発起、
「毎日30分ギターを弾く」誓いを立てた。 習慣が身につくには21日かかる
研究結果から、21日分のカレンダーに✓マークをつけることを想像していたが、
その計画は4日で頓挫。そこで、著者が学んだのは、[一番の問題は、「ギターが
ギターケースに入れられ、リビングのソファーから歩いて20秒かかるクローゼット
にしまってあること」] そこで著者はギタースタンドを購入、ソファーの座る
位置から手が届くよう配置したところ、21日後に著者は、✓マークが21並んだ
カレンダーと、ちょっと上達したギターのテクニックがついたという。 
この二つの事例の違いは、クローゼットまでギターを取りに行く、20秒しか
かからない行動の「面倒くささ」が習慣化を拒んでいた、ということ。 
重要なのは、「望ましい行動」を「最も抵抗の少ない道にする」ということ。
 著者は正反対の実験へと自らを進める。彼は帰宅後にだらだらテレビを観て
しまう習慣を何とかしたいと思いつつ、やめることができずに、オフィスから
自宅に戻ると、リビングのテーブル上にあるリモコンでまずテレビのスイッチ
を入れてしまうのだ。そこで、テレビのリモコンから電池を抜き、リビング
から20秒かかる部屋の引き出しにしまい、代わりに積ん読の本を自分が座る
位置に置いた。もちろんギターも手に届く場所にある。当初は、帰宅すると、
電池が抜いたことを忘れてリモコン操作してガッカリしたが、そこで引き出し
まで電池を取りに行ったか? 面倒だから行かないのである。立ち上がって
テレビまで行って操作するのも面倒だと。その代わりに、すぐそばにある本を
手に取ってパラパラめくったり、手許にあるギターを弾いて時間を過ごすよう
になった。著者は、テレビ番組に対する興味が薄れている自分に気づいた。
そしてその代わりに読書とギター練習という、より「望ましい」習慣を
身に付けた自分を発見した。≫
▼ 老齢化には、これは有効に働く。とにかく、億劫になってしまうが、
 ピッチャーの20秒以内の投球制限のイメージを持って次の動作に移る
習慣化は、有効になっている。これは実際に回数を重ねるしかない。で、
「大リーグで、来年から更に厳格に実行される」とニュースで報じていた。
・・・・・・
4650, 老後の生活破綻、そして死 ー3
2013年12月09日(月)
     「老後の生活破綻 - 身近に潜むリスクと解決策」西垣千春(著)
  * 健康面から見る、高齢社会の現実
 ー健康面から、高齢社会の現実を要約するー
《日本人の要介護期間は平均約七年と、2008年にWHOより報告されているが、
軽いものを含めると十年前後。介護を要するきっかけは、脳血管疾患が最も
多いものの、認知症や老衰、関節疾患、骨折・転倒とばらつきがある。認知症、
老衰、関節疾患の多くは緩やかに進行するが、脳血管疾患や骨折は突然起きる
ことが多く、生活の急変をともなう。65歳以上の死因別死亡率は、約半数が
心疾患、ガン、脳血管疾患の三大病で亡くなっている。後期高齢者は増加すると、
肺炎や、老衰で亡くなるものが増える。注目するのは、不慮による事故による
死亡が死因の6番目にあること。 交通事故、入浴中や、転倒によるもので、
予期せぬ人生の終末は、周囲のものにとっても後悔を残す。
60歳以上の自殺者は、全体の3割を占めている。
55〜65歳で三番目の死因が自殺。
高齢者の自殺原因で、健康問題が半分、経済問題4分の1が動機になっている。
まずは、ウツになり、それが自殺につながる。目先に迫ってくる死の影に慢性
の鬱症がつきまとう。 恩師、上司、同年代の友人、配偶者、時には子供の死
などが身の回りに次々に起きて、周りのつながりが、どんどん減る。さらに
体調が悪くなり慢性的に不調を抱え、収入も減り、医療費の支出が増えたりして
経済的に不安定になる。それらが増るのに対し、鬱憤を晴らすチャンスが減る。
それが自己否定になり、生きている意味を感じられなくなる。高齢者の自殺の
6割が健康問題。その中で、ひたすら峠を歩くことになる。・・・ 》
▼ 峠からみる下界も時に美しく光り輝くこともあるが、人間の肉体は生もの。
 時間とともに、腐っていくのが老いであり、病気である。それをカバーする
には、運動と読書と趣味の深耕を続けること。その気力が衰えれば、思い出の
宮殿に入るしかない。欧米の公園で年寄りがボンヤリ座っている姿は、思い出の
宮殿の中にいる抜け殻の姿。50歳代で、数人の友人が亡くなったが、老いの
経験をしないで済んだプラス面もある。としても、長く生きたい。
特に、これから10年、厳しいが面白いはず。眺めは良いが、風は冷たく強い。
荷物を一度下ろして、思いきった整理の時!
・・・・・・
4285, 閑話小題 ー痴呆老人?の罵声
2012年12月09日(日)
  * つれづれに ー痴呆老人?の罵声と娑婆
 最近、近所で徘徊している?80歳過ぎの痴呆のような老人がいた。
一年前から2〜3回見かけるが、服装は普通だが何か変。一月以上前になるが、
駅に向かっていたところ、その老人が突然、7mほどの道路の反対側で並列
状態で歩いて大声で喚き出した。私を罵倒しているような、しかし何を言って
いるか意味不明。見ると目をさける。100mほどすると、そこは土手で民家
が無くなる。恐ろしくなったのか、少し離れて更に大声で喚いていた。
汽車時間がギリギリだったので、通り過ごしたが、列車に乗ってから急に腹が
立ってきた。帰った後に警察に相談に行って「収容をしないのか?」というと
「無理」。それと「言っていること自体が本当かどうか?」と。実は痴呆でなく、
私の現状を近所で聞きかじった「寂しい老人性欝病者の鬱憤ばらい」か、
など考えてしまった。それにしては異常な怒りかた。上下の黒スーツに
白ワイシャツ、14時からして、「近所の孤独死をした老婆の49日法要の
帰りで酒が入った勢いか?」と仮説を立てると、怒りは増す。
「怨みの時代」の一現象だろうか、何だろう、これは。 私の事業整理は内情を
知らない人からすれば計画倒産そのもの。 私には外海の大津波(金融恐慌)
が内海に向って押し寄せているのが実感できるので、この事業整理には割り
切りが出来ている。しかし倒産にしては、今でも自宅に住み続けているし、
大型車はそのまま。(20年乗った査定ゼロ車など知る由もない)毎日、何処
かに出かけ、それまでと変わらない生活。誤解され罵倒されても仕方ない状態。
その上、旅行バックを持っていれば・・ あれは軋轢のあった地元の人の罵声を
代表したと思えば、一つの具象として分かる現象。シラミの世界は、こんなもの、
真当に生きれば当然!と、納得するしかない。地元に住む限りは半年に一度は、
と割切っているが・・ ゾンビ?は無感覚で襲いかかってくる。 
私が「死にぞこない!」と怒鳴り返せば大打撃だろうが、痴呆老人との言い争い
レベルに下がる。でも、面白い? あの怒り、色いろな顔を思いかべ当てはめる
とドレもコレもピッタリ。その数の多さに今さらの感がする。神様は丁度良い
タイミングにボケ老人を遣わし、忠告したと感謝するしかない。 ここで、
アメリカ、中国、韓国、そして日本の選挙と政権交代が進行中。 変動期には
何かが起こる可能性が大きい。株式・国債相場の暴落か戦争を機会に世界経済は
恐慌に入る。ある朝、突然に始るが、それを境に想像を遥かに超えた日々になる。 
特に経営者は厳しい。それより何気なく病院で検査を受けた結果が、
死の病の宣言!の方が、よほど恐いか。人生は喜劇、かつ悲劇。 


7590,閑話小題 〜娑婆の喧嘩作法 ―3

2021年12月08日(水)

   * さて始まった城下町下の争いが… ー
 城下町の臭さを知らないと‘あの感覚は何だろう?’と、首を傾げる筈。
地元・自民党長岡支部の擁護発言。腐りきった安倍政権そのものの臭いがする。
<強ければ、目先何をしても許される…> 大相撲を席巻しているモンゴル相撲
の一群。日本の仕来りを無視した振舞いは許されない暗黙の事情を無視した意識
を今さらモンゴル人には通用しない。その長岡版が、城下町の男達の言い分。
ネット世界に算盤勘定で物事を解決しようと日々、生きている。
 恐らく、口裏を合わせて、この場を数ヵ月前のとおり、逃げうせても、
何やら司直の手は別案件を狙っているのでは?とÝouTubeで誰か語っていた。…
…当分、この悲・喜劇から目が離せないことになる。
<2021・02・13 閑話小題 〜始った地銀の合理化 > を再読すれば、より
理解しやすいはず! 要するに長岡・城下町が新潟に飲みこまれる一場面!
 飲み込まれる立場なのに、長岡世界は別物と信じて疑わないのが、哀しいかな
地元の感覚…

・・・・・・
2021/11/05
読書日記 〜孤独な群衆  ―

 まず家庭内規範に従い、次は自分自身、そして属する社会規範に向っていく。
この3つが、混在して成長していくため、家庭内の規範が重要な位置を示す。
分類前の義務教育までは、混在した生徒が主となるため様々な問題が表立つ。
そこには家庭内の問題が、カタチをかえて表立ってくる。それぞれの段階で、
規範を刷り込まれないと、摩擦が生じて『虐め』問題が発生する。そのトラウマ
を背負って一生を過ごすケースが多い。
『家について付いていっていいですか?』の身に上噺に学生時代の虐めを引き
づっている人を多い。特に、両親の死が根こそぎ、家庭破壊をもたらしている。
新しい連れ合いとの不仲が、性格の捻じれ現象を生じるケースが見かけられる。
そういうのがツルンデ不良仲間になるため、救いようがない。両親も、それぞれ
違う家庭環境の為、摩擦が起きて当然。その辺りを互い妥協しないと、修羅場が
子供心を傷つけて…
≪ 3. 他人指向型
 戦後のアメリカの社会に新たに現われてきた人々の社会的性格のことです。
この時代の人々は、外部の他者たちの期待と好みに敏感です。この時期は初期的
人口減退で、死亡率の減少のあとをおいかけて、出生率も低下し、中年・老年者
が人口が増加しています。
 人々の基準は内部指向型とは違って、自己内のジャイロスコープではなく、
レーダーによって誰か、または何かに向かっていきます。つまり、個人の
方向づけを決定するのが同時代人という他者ということになります。
その背後にはラジオやテレビなどのマス・コミュニケーションの発達や、
裕福さによってもたらされた消費社会の始まりが挙げられます。
 4. まとめ
以上の3つの型を簡単に整理すると、以下のように整理することができます。
・伝統指向型→伝統に従う
・内部指向型→学校に従う
・他人指向型→周りに従う
 人々の性格や個々それぞれ違いますが、その一方では社会環境の影響を大きく
受けていることがわかりました。逆にいうと、社会環境を学ぶことによって、
自分がどのような指向にあるのかのヒントを得れるということです。 ≫
 ――
▼ 内幕情報屋たる言葉が、当時、新鮮に思えたのを憶えている。
 アメリカの産業の中心が、生産からサービス業に移りつつあった終戦後の
特徴そのものが、周りの情勢に従う、他人指向型に替わろうという時節。
マーケッティングの時代である。


7589,閑話小題 〜娑婆の喧嘩作法

2021年12月06日(月)

   * 喧嘩のベースは‘相討ち’…
 喧嘩と言えば、まずは先手必勝… そして差し違いの相討ち… 
何があっても、これさえ知っていれば腹が坐る。今度の地元の県議と国会議員の
トラブルは、テラ銭狙いの行違いになる。長岡城下町の古狸と、元県知事の恩讐
のかなたの感情の縺れ。当然、テラ銭が貰える算段だった古狸が、まさか音声を
録音されているとは思ってなかったが、スレッカラシの中古狸にしてやられて、
逮捕の可能性も出てきたことに…まさかメジャー問題に発展するとは思っても
いなかった! 見ている分には面白いが。不景気の最中、利権確保が難しく
なったということ。2〜3000万は、それは大変な金額。 検察と警察が、前回の
汚職で御本尊の身柄をおさえなかった失態が問題になって然るべき。 
これは地方狸の問題だけではない。これで御本尊… 致命的打撃だろうが… 
その言訳が奮っている。その弁とは…
<他にも数多く話した一部分でしかない。削され、再構築された内容!>
政治家同士の会話、いや対話を録音し、逆に脅し返すなど風上にも置けない、
行為であるが… <県政では通っても、自分が国政に携る身分にくら替えした
ことさえ、知らないとは、好い加減にしろ!>が道理だろうが… 既に故人だが、
以前は国会議員に、公共工事に口出しテラ銭稼ぎをする、この類の人物がいた。
当初は、高邁な理想を持った人物だったが… 
「政治は、一にカネ。二に金、三にカネの世界。」綺麗ごとで済まされない。
 若かりし時節に、父から面白い話を聞いたことがある。
<町内で、ある陳情を頼んだ時に、秘書と称する紳士然とした男が、期日のない
何枚かの空手形を持ってきた。当然、それは、永遠に落とすことはない贈与、
収賄の第一歩。>  受け取れば収賄になると受け取らなかったと…
 城下町なるが故に年内は尾ひれ端ひれのついた内幕情報が交差することに…
政治家の二人の会話の大部分が <代議士を何も今さら…>になる。 
町内会には、この手の男たちが手を拱いて… まあ大らかな地方都市の、
イカレタ物語である。

・・・・・・
7233,閑話小題 〜『ゲシュタルト療法』について…
2020年12月06日(日)
   * <ゲシュタルトの祈り​>
 この祈りについて、ここでも幾つかテーマの中で取上げていた。
これはパールズが作ったゲシュタルト療法の思想を盛り込んだ詩で、
彼はワークショップでこの詩を読み上げることを好んだ。
 ―
【 私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。
 私はあなたの期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。
そしてあなたも、私の期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。
もしも縁があって、私たちが出会えたのならそれは素晴らしいこと。
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。】
 この詩は、ゲシュタルト療法を始め多くのカウンセリング療法の精神や
哲学をよく表しています。
何かの犠牲になることなく自分を大切にすること、他人を尊重すること、
健全な人間関係はその上に成り立つという事を語ってくれていると思います。
その線引きがうまくできずに苦しんでいる人にとって、この詩は救いになるはず。
この詩に出会って生きるのが楽になったという人も多いです。
 ―
  ♦ ゲシュタルトの祈り」(その他の日本語訳)
◉ 「私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。
私は何もあなたの期待に沿うためにこの世に生きているわけじゃない。
そして、あなたも私の期待に沿うためにこの世にいるわけじゃない。
私は私。あなたはあなた。
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ」
◉ 「われはわが事をなさん。汝は汝の事をなせ。
 わが生くるは汝の期待に沿わんがために非ず。
汝もまた我の期待に沿わんとて生くるに非ず。
汝は汝、われはわれなり。
されど、われらの心、たまたま触れ合うことあらば、それにこしたことなし。
もし心通わざればそれもせんかたなし」(国分康孝訳)
 ―
▼ < 和同… 「和して同ぜず」「人は人。我は我。されど仲良く」
 など、古来より、日本には似たような言葉があった。西欧の基本は個人主義。
唯一絶対の神様(アッラー)と個々人の関係が、まず有って、その契約を互いに
尊重し合うベースある。 日本人の「世間主義」が、まず、群れの意思が優先
され、そこで思考停止が必要となり、群れの一員として組込まれる。
それが嫌なら、一匹狼として、その外郭に自ら出るしかない。これが難しい。
ただし、距離を決めて、遠吠えをして、互いに近寄らないこと。 群れると、
ヘドロ化した自らに、辟易してるが故に、遠吠えに怯えている。このコロナ禍は、
大きな問題を投げかけている。社会的距離が、まず求められる。この距離感が、
国、民族、宗教により大きく違っている。そこに、スマ―フォン、タブレットと
くれば、混乱して当然。個々が、それぞれの情報を発進し始めたから、問題は
複雑になる。

・・・・・・
6840,映画評 〜『体操しようよ』
2019年12月06日(金)
 先日のこと。 近くのSJから帰ってきた30分の一間。家内も川西のSJから
帰ってくる直前のフッと空いた時間帯。 何気なくWOWOWにチャネルをまわすと、
軽そうな…『体操しようよ』が放映されていた。 
 定年退職の堅物の初老の男の節目の狼狽するファンタジーモノ。
何とも、何処にもいる儚い男の姿。
【 ひょんなことから地元のラジオ体操に通うことに…
 そこで起こる様々なハプニング。私にとっては近所のスポーツジムにあたる。
平日(10〜17時)会員の時間帯は、主婦、夜の御勤め女性と、定年後の老人が主。
群れたがる人、私のように誰とも話さない人、誰もが実に楽しそうだ。
 このSJのうたい文句が『初心者向き』。 映画の背景と似ている。そこから
覗きみえるのが、それぞれの人生模様。平凡の日常の中で起こる軋轢、背負った
過去と孤独が、これまた味わいがあるようだ。田舎町の平々凡々の生活の中の
味わいが何とも… 
≪  ー映画解説ー
 草刈正雄が7年ぶりに映画主演を務め、定年退職を迎えたシングルファーザー
の主人公が、ラジオ体操を通じた仲間作りや家庭での主夫業に奮闘する姿を描く
ハートフルコメディ。「ディアーディアー」「ハローグッバイ」の菊地健雄監督が
メガホンをとり、草刈演じる主人公の娘役で木村文乃が共演した。
 :妻に先立たれて18年、娘と二人三脚で家庭を営んできたつもりの佐野道太郎
だったが、定年退職後、娘から突然、家事全般を任されてしまう。加えて、娘に
結婚を考えている恋人がいることを知り、ショックを受ける道太郎。
 自由な時間を持て余すため、ひょんなことから地元のラジオ体操に通うことに
なった彼は、体操会の会長や子どもたち、ご近所さんなど、さまざまな世代の
人々と関わりを通じ、それまで知らなかった世界を知っていく。 ≫
 ―
▼ 8年半前に31年間、手掛けた事業から撤退。準備期間を含め45年の事業生活も
 アッサリ終わってしまった。 事業は新潟駅前、家庭は長岡駅裏と職住を分けた、
ある意味、理想的二重生活であった。それが、今度は閉鎖的城下町・長岡の駅裏
での閉ざされた生活。 70キロ圏から、5キロ圏の縮小した池の生活。
そこで見えてくる様々な人たちの生態は、私のあい知らない世界である。 
 誰も、自分の経験と知識以外は知らないことが、分ってないなるが故の歪み。
それがそのまま、合せ鏡の自らの姿として直視せざる得ない現実の日々…。
止せば良いのに、そのまま、このブログに描写…  
 この『体操しようよ』は、私には、そのまま現実。半年前までの8年間のSJは、
週5日、ほぼ皆勤。 このままでは健康そのもので、早々、死ねないと… 今年
から週4日にしたが、同じようなもの! 
 私の知る限り、人生計画を建ててきた人は少ない。 それも人生としても、
波風が少ない環境が、そうさせているのか? ジム通いをしている私も、
〔首輪を付けた紐を引きづって群れているに過ぎない〕…ということ。
死んで三日も経てば、皆、同じ。生きているから、違うからこそ味が出る。 
 一世代上の男たちの行末は、本人と、その群れの崩壊。それでも死ぬまでは
生きていかなければならない。<その刹那を、味わうしかない!>ことになる。

  〜で、以下に続く…
 もちろん、これも偶然の不思議である。
同月同日の過去文を読み返すに、全てが、現在の自分を取り囲んでいる言葉。
なる程、これが「自らの分』そのままである。とすると、死んだとしても、
暫く、「自分」は、これらの言葉、メルクマールが、残る…? 

・・・・・・
6476,閑話小題 〜居間の晩酌の味わい
2018年12月06日(木)
   * 独りの味わい
☆ 毎朝、4時前に起床し、この文章を書いたり、翌日分のテーマ探しをした後に、
 (3月末〜11月末)信濃川の二つの大橋を一周のポタリングに一時間かける。
その後、朝食をとり朝風呂に入るが、これも慣れてしまうと至福の時間になる。
独りの世界に嵌るため。それが、過去文の文章に、そのまま現れ現在の自分に
語りかけてくる。
 夕方には17時から18時半まで居間で、iPadかTVを見ながら独り晩酌をする。
この時間も朝の時間帯と同様に至福の時間。 この習慣も、8年近くになるが、
そうそう長くは続かないことが分かっていればこそ、独りの至福時間を味合う
ことが出来る。また、午前中の、合間の読書時間も孤独の最たる時間になる。 
孤独は時空を超え、作家、思想家との魂の交流が可能になる。 この4月から
続けてきた早朝の、信濃川の土手沿いの自転車散歩も、今年分は終わりつつある。
昼の晴間に隔日位に12月半ばまで何とか行く。 これは精神の毒素を吐出して
くれるため、可能な限り続けている。これから毒素4ヶ月分が蓄積する…
ヨガとか、海外ツアー、週一のシネマ通いも、毒消しになっているが、ミニ・
チャリの習慣も効果的である。そのため、「毒素にやられた病人の程度が直感
で察知できるという想いこみ」が私に確かにある。 精神の毒素も必要。

☆ 緩やかな落ち着いた時間の中で、突然、過去の不快なフラッシュが湧き上
 ることがあること屡々。ソクラテスが、知識人と自認している人達にとって
耳の痛い人たちに、「無知の無」など、説教したため、怨まれ、非難されても、
平然としているため、知人が理由を聞くと、「ロバに嘶かれて、腹を立てる者
がいるかね」と宣ったとか。孤独の世界に住む者にとって、嘶きに対し、孤独
の壁の修正などの手入れが必要だが、耳を貸す必要など一切にないのである。。 
群れ犬には、孤独、孤立ほど辛いものがないが、一匹オオカミにとって、
孤独世界こそが至福の唯我独尊の世界であるためだ。

・・・・・・
6111,閑話小題 〜「山椒魚」の悲しみ!
2017年12月06日(水)
   * 山椒魚と「わたくしめ」
 井伏鱒二の『山椒魚』を読み返し、「人生とは、それぞれが谷川の岩場に閉じ
込まれて終えるだけのことか」と、学生時代に受けた衝撃を思いだした。あれから
50年が過ぎ、齢70年を2年も過ぎた。必死に岩場から這い出て、様ざまな岩場を
彷徨ってみた。思いの外、面白かったが、中途半端な彷徨いだったことも事実。
人生の黄昏時期に改めて読み返すと、なかなか味わい深い。ネットで「山椒魚」 
「あらすじ」で検索すると、簡潔にまとめた内容があった。
≪・谷川の岩屋をねぐらにしていた山椒魚は、あるとき自分が岩屋の外に出られ
 なくなっていることに気がつく。二年の間岩屋で過ごしているうちに体が大きく
なり、頭が出入り口に「コロップの栓」のようにつかえるようになってしまった
のである。ろくに動き回ることもできない狭い岩屋のなかで山椒魚は虚勢を張るが、
外に出て行くための方途は何もない。彼は出入り口から外の谷川を眺め、メダカの
群れが先頭の動きにあわせてよろめいているのを見て嘲笑し、渦に巻き込まれて
沈んでいく白い花弁をみて「目がくらみそうだ」とつぶやく。
・ある夜、岩屋のなかに小海老がまぎれこみ、山椒魚の横っ腹にしがみつく。
山椒魚を岩石と勘違いして卵をうみつけているらしい。しきりに物思いにふけって
いるらしい小蝦の様子をみて山椒魚は、屈託したり物思いに耽ったりするやつは
莫迦だと言う。しかし山椒魚がふたたび出入り口に突進し、栓のようにはまり
込んだりといった騒ぎをはじめると、はじめは狼狽していた小蝦も失笑する。
・その後、山椒魚は外へ出ることを再度試みるが徒労に終わり、涙を流して神に
むかって窮状を訴える。彼は岩屋の外で自由に動き回っている水すましや蛙の姿
を感動の目で眺めるが、そうしたものからはむしろ目をそむけたほうがよいと
考え目蓋を閉じる。彼は自分が唯一自由にできる目蓋のなかの暗闇に没頭し、
寒いほど独りぽっちだ、と言ってすすり泣く。
・悲嘆にくれるあまり「悪党」となった山椒魚は、ある日、岩屋に飛び込んで
きた蛙を閉じ込め、外に出られないようにした。蛙は安全な窪みのなかに逃げ込ん
で虚勢を張り、二匹の生物は激しい口論を始める。二匹のどちらも外に出られず、
互いに反目しあったまま1年が過ぎ、2年が過ぎた。蛙は岩屋内の杉苔が花粉を散ら
す光景を見て思わず深い嘆息を漏らし、それを聞きとめた山椒魚はもう降りてきて
もいいと呼びかける。しかし蛙は空腹で動けず、もう死ぬばかりになっていた。
お前は今何を考えているようなのだろうか、と聞く山椒魚に対して蛙は、今でも
別にお前のことを怒ってはいないんだ、と答える。
―(注)明日どうなるかわからない無名作家だった井伏鱒二が生活を続けていた。
「山椒魚」の冒頭近くには、「人々は思ひぞ屈せし場合、部屋のなかを屡々、
こんな具合に歩きまはるものである」という文があるが、「山椒魚」はこのような
作者の生活、世に出られない焦り、そして時代の閉塞からくる「思ひぞ屈した」
状況を反映しているものと考えられる。そのような「思ひぞ屈した」感情はまた
井伏の初期作品に共通するユーモアの基底をなしているものでもあるが、しかし
中村光夫は井伏と「山椒魚」を次のように述べている。<氏の「思ひぞ屈した」
憂鬱は、この醜い両棲類に代置されることで、明瞭な形を与へられ、自己を限定
され、理想化されたので、この点では氏の後の小説のどの主人公も、この一匹の
山椒魚に及ばないのです> ≫

▼ 初老性鬱症も、こんなものか? このブログにも、そのままの屈折が色濃く
 出ている。「日々、是、口実」の一つになるが、<井の中の蛙大海を知らず」+
「されど空の深さ(青さ)を知る」というが、狭い岩場にいても、空が雄大なことを
知ることができると? 人生を振返るとき、限りないエネルギーを私という器に
閉じこめら、山椒魚のように鬱屈した己を省みて涙する。また夫婦間の軋轢も、
似た(妻=蛙)ようなもの。お互いの首を縛りつけた紐を持ち合い、締付けあい、
罵声を投げあう。蛙を他者として、色いろな人を当てはめると、これまた面白い!
「誰?」「あ・な・た」 いや「めだか」に… もちろん、冗談です。
ノイローゼにも… 自殺もしたくなるわ、屈折もするわ… そこを何とか?
「にっこり笑って、ハンカチーフ」が、人生のコツ。最近は、B級グルメを食べ
ながら… が効果的と気づいた。まあ、可愛いものである。
 蛙が死んだ独り身は、それはそれは寂しい孤独と、孤立が待っている。
生臭い「死」と「生」の境目にある岩場の中の生きものの感じる孤独とは?
「呆けていなけば、やってられません」ということで… お後が宜しいようで。
――――――
2011年12月06日(火)
3907, ルソーの孤独
 2009年12月1日の随想日記「人生に関する小題」の中で、
現在の私を予感させる文章があった。
≪【 わたしは地上でたった一人になってしまった「孤独な散歩者の夢想」は、
 64歳のときに書き始め2年後の死ぬ直前に終わった文章、ルソーの絶筆である。
「第一の散歩」から「第七の散歩」まであり、その後「八、九、十」がメモの
ような文章が続く。冒頭で、「こうしてわたしは地上でたった一人になった。 
人なつっこい人間でありながら、万人一致の申合せで人間仲間から追い出されて
しまったのだ・・ わたしは、かれらから離れ、すべてのものから離れたこの
わたしは、いったい何者か」と問う。「自分に残されたことは、すべての世間から
放逐された自分はいったい何者なのかを探求することだけなのだ」と自覚する。】
私の周辺の倒産時の男たちの気持ちは、まさに、このようだ。多くの取引先、
部下を路頭に迷わせ、自分の存在の卑小さと、嫌らしさに自己嫌悪を独りする。 
自分は何者なのか? ただ、歩くこともままならぬ、折れてしまった、
これ(私)!である。≫
▼ この文章を書いたのが二年前。そこから、清算を決断するまで売上下降が続く
とは夢にも思わなかった。そしてトドメが東北大震災。税理事務所の30年来の担当
Jさんが、「初めは気が張っているが半年も過ぎれば、ジワジワとボディーブロー
として効いてきますよ!」と忠告してくれた。地方の大方の会社に、この大不況が
直撃していることも事実。大津波の前兆の波が、特に敏感な立ち位置の当方に先に
直撃したが、本体の波が来るのは今年から来年にかけて。
(但しG20が時間稼ぎをして来年に先送り)どのようにシュミレーションを
しても、本体の津波がやってくれば海岸線に近い三次産業、輸出関連産業は、
致命的大打撃を被る。ところが津波に一番危ない会社ほど、大津波に気づかず
高台に逃げていく人を嘲笑う? ルソーの孤独感は、独り死に直面した時に
誰もが経験することになる。ネット上にブログを10年間書き続け、墓としての
思いを入れ続けてきたので、ルソーの孤独感は無い。しかし、この10年間に
多くの友人知人が亡くなっている。亡くなる直前に、ルソーのような絶望的な
孤独感にさい悩されたはず。  このルソーの孤独は、虚無という真っただ中
に漂う私が、壊れていく恐怖が伴う。談志も死を前に強がりを言っていたが・・


7588,閑話小題 =市会議員、県会議員、国会議員の役割

2021年12月05日(日)

   * 2〜3千万の裏金要求を録音されて…
 これは逮捕に追い込まれてしまい右往左往している際物県会議員。 
相手が、なる手の元県知事。これまで、様々な経緯があればこその問題提起。
生きた心地がしないだろうに… 他にも多く語った一部分と、よくもイケシャア
と宣っているが、それしか言いようがないため絞り出てきた言葉。議員の役割は、
ヤクザの脅しにも、公益にもなる両刃になる。常に怪げな昔からの因縁話として、
依頼が飛込むそうな… それが政治なら、目くじらを立てるのも野暮ですか。
 まだ、数ヶ月前の疑惑で訴追を免れたばかり… 検察も、これも無視とはいか
ないだろうに…
 ――
   * 独裁国家にとって、このパンデミックは…
 高邁の理想主義の社会主義も、右上がりなればこそ政権維持が可能となる。
さすがに、習主席のパンデミックのドサクサに共産党主席の永久主席は無理!
香港併合は、何とか可能だったが… あとは、台湾の併合。 無理をすれば
世界大戦になりかけない重大案件。 怪しげな小競合いが続いているが…
そこで隠し兵器の超音速ミサイルの存在。先に打込んでしまえば、受身の空母は
何とも致し方がない。中国の強みは、圧倒的人口の存在。2〜3割の死者も、世界
各国に散らばっている一部に過ぎない。それが独裁国家故に可能となれば…
 東京を中心にした一極集中している日本は、重大な弱点を抱ていることになる。
 
・・・・・・
7232,映画評 〜『サイレントトウキョウ』
2020年12月05日(土)
    * 『サイレントトウキョウ』は、コロナ禍批判…
◉ 今年に関しては万人が臆病になった年。コロナに感染すると、自分の全存在が、
 その瞬間から病原菌保持者として特別扱い。 日常生活が無に帰すことになる。
『陽性』ならば、死と隣り合わせに。あれだけ虚無的で、こと死に関して、動じ
ようもないと思っていた人が、いざ己の問題として死神の刃を突きつけられると、
天地が引っくり返ったように、慌てふためき恐怖を露わにする… …当然である。
他人事と思っていたことが、自分の番が来ようとは、思いもしない。
 昨日みた映画『サイレント東京』が、これ!都心を狙った爆弾テロをテーマ
だが、これって細菌テロ…を装った? 隠れコロナ禍を揶揄したドラマ仕立て。
 この平和日本で、渋谷交差点の爆弾テロ予告も、平和ボケした女、若者には、
クリスマス・イブの祭り騒ぎのイベント。まさか起るはずがないと、待ちかねて
いる始末。 東京都知事が、「65歳以上の外出は控えて下さい」と宣言しても、
この私からして、映画館に行っている。 恐ろしいのが<コロナ禍擦れ> 
公立学校が、一斉休校に踏み切ったのが半年前のこと。 それすら遥か彼方の
出来事のように思える時代。

◉ 医療崩壊の危機が大問題になるが、アメリカ、ブラジル、イタリア、英国、
 フランスなどは、日本と桁違いの患者数と、死者が出ている。これはが近未来
の日本の状況と、イメージが出てこない。この冬さえ乗越えれば、ワクチンが
開発、普及すると楽観的だが、そうは問屋が許さない。
 映画のドラマ仕立ては、なかなか面白く出来ている。私からして、人生の元は
取ってしまった実感があるが、こと自身となると、そうはいっていられない。
 総評で邦画としては最高点の90点。 マスクと、手洗いと、ウガイと、3密を
避けることを再確認することにした。<あと5年を内語にして、日々・是・好日>

・・・・・・
5378,閑話小題 〜独身世帯の半分、全体の3割は貯蓄ゼロ!
2015年12月05日(土)
 ネットサーフィンをしていると、以下の深刻なレポートがあった。
核家族化が進んだ日本は、老夫婦の片割れは単身世帯になる。その時、
多くが下流老人に陥る厳しい現実が、バブル崩壊以降、突きつけられている。
年金支給日の支払窓口の殺伐とした年寄りの姿があるが、貯蓄ゼロなら当然。
 オリンピックバブル崩壊の数年後、10年、いや5年もしないうちに、
スペインやアメリカのように、宗教団体やボランティアが提供する、
無料食事提供所への行列が街中に出来る現実味が出てきた。
  * 〜単身世帯の47.6%は貯蓄なし
《 2015年の貯蓄率ですが、単身世帯の貯蓄なしが47.6%となり、
 2014年より8.6%も増加しています。また平均値は773万円
ですが、中央値は20万円で、2014年より何と55万円も減少している。
この55万円も減少している理由は定期的収入の減少により貯蓄を取り崩した
とされています。このペースでいけば2016年には単身世帯の貯蓄平均値は
10万円を下回り、限りなくゼロに近づくことになります。
 今や日本は恐ろしいスピードで単身世帯の貧困かが進んでいますが、
では全世帯ベースではどうでしょうか? 貯蓄なし世帯は30.9%と
2014年より0.5%増加しています。全世帯ベースでは平均値は
1209万円となり、中央値は400万円となっており、この中央値は増減
なしとなっており、収入を全て使っていることになります。日本の貧困は
この数字から見ますと単身世帯の貧困となりますが、今後益々単身世帯が
増えるとなれば国民の半分以上が貯蓄ゼロになる日も近いと言え、そうなれば
貯蓄ゼロ単身世帯は生活保護一歩手前にきているとも言え、日本の社会保障
制度は崩壊に直面します。この社会保障制度を維持するには持つものから
持たざる者へ所得を移転させる他なく、即ち政府による持つ者への課税を
通じて再分配するしかありません。 具体的には資産2000万円以上の
富裕層へ90%課税を行い、その課税分を社会保障に回すことになるのかも
知れませんが、持つ者が持たない者の面倒を見るしか道はありません。
あと5年もすれば、日本には貯蓄ゼロの単身世帯が50%を超え、全世帯
ベースでも40%が貯蓄ゼロになるかも知れないのです。
日本は今や貧困社会に入りつつあると認識しておく必要があります。
(註:中央値とは、対象の人口の丁度中央の人の値) 》
▼ 単身世帯の半数、全体世帯の3割が、貯蓄ゼロとは、驚き。
 他人事ではない。ブラックスワンの到来で呆気なく事業清算をしたが、
何とかセフティネットで、現在の生活を維持している。今のところ夫婦とも
健在だが、どちらか欠ければ、片方が大きな岐路に立つことになる。 
若者も老人の弱いところに貧困問題が直に現れてくる。娑婆は誰も助けて
くれない。あるのは自助努力。 〜で、以下の若者の貧困問題につながる。

・・・・・・
6839,閑話小題 〜下ネタ ―6
2019年12月05日(木)
   * 小噺を面白く楽しめるかどうか… 
その状況を頭に具体的にイメージすると、可笑しさが倍増することが、
解らない人が大部分じゃないのでは… …じゃあ、早速、イメージ化して!
これが、猿と人間の差異。 言葉が劇場の舞台設定に早かわり!
 出来ない? せっかく人間としての資質が使えないとは、あまりに!
 ――
  ★ 農夫がバーで飲んでいた。
友達 ヨゥ こんな天気のいい日に昼間っから飲んでるのか?
農夫 ああ、ちょっと事情があってな
 友達 なにをそんなにふさぎこんでるんだ。(と言って隣に座った)
農夫 ミルクを搾ってたんだ。するとバカ牛がいっぱいになったミルク樽を
   左足で蹴り飛ばしやがった
 友達 なるほど。でもそんなに酷い話でもないじゃないか
農夫 でもな、ちょっと事情があってな
 友達 で?
農夫 ロープで左足で縛って、またミルクを搾った。するとバカ牛が
   いっぱいになったミルク樽を右足で蹴り飛ばしやがった
 友達 (笑って)またかい?
農夫 ああ、でもちょっと事情があってな
 友達 で?
農夫 ロープで右足も縛って、またミルクを搾った。するとバカ牛が
   いっぱいになったミルク樽を尻尾で蹴り飛ばしやがった
 友達 ふむ
農夫 もうロープが無かったので、ズボンのベルトで尻尾も縛ったんだ。
   ちょうどズボンが下がったとき妻が入ってきて、それを見られて
   しまったんだ。
 ―
  ★ 書店で客が尋ねた。
「“男が女を支配する方法”という本はどこにあるかね?」
「はい、そちらの『ファンタジー』のコーナーにございます」
 ―
  ★ 母親から息子に、婚約を祝う手紙が届いた。
 「親愛なる息子へ――
なんと素晴らしいニュースでしょう。お父さんも私もよろこんでいます。
あなたが行ない正しい女性と結婚してくれるようにと、長年私達は祈って
きました。行ない正しい女性というものは、神が男性に与えたもう最も価値
ある贈り物です。男性の最も良き部分を引き出し、邪悪な部分を押さえて
くれるのです」
 :そのあとに、違う筆跡で次のような追伸があった。
「母さんはいま切手を買いに行っている。私からの忠告だ。
結婚なんてするな、このばか者め!」
 ―
  ★ 週刊誌の人生相談のコーナーに、
男性読者から次のような手紙が送られてきた。「ボクは20歳の独身男性です。
6ヶ月前から、誰が見ても魅力いっぱいの女性と同棲しています。彼女は
美しくて、利口で、愛想がよく、かわいらしくて……。
僕たちはお互いに声を張り上げたことなど一度もありませんし、口げんかで
二人を包み込む青空にかげりがさすなどといったこともありません。
そこでお伺いします。僕は彼女と結婚するべきでしょうか?」
 回答者はただ一行、こう返信した。
「そんな素晴らしい関係を台無しにするのは、おやめなさい」
 ―
  ★ まもなく結婚する男のところに友人が来て握手をしていった。
「おめでとう、友よ。今日こそは君の生涯のもっとも幸せな日だね」
「でも、結婚式は明日だぜ?」「知ってるよ」と友人が答えた。
「だから、今日が一番幸せな日なのさ」
 
・・・・・・
6475,閑話小題 〜まだまだ続く下ネタ話!
2018年12月05日(水)  
  * 下ネタ写真の面白さ
 「下ネタABC、…」のテーマ写真を探すネットサーフィンをすると、ドキッと
するのや、大らかな笑いを誘うものが幾らでも出てくるが、Piーッというもの
ばかり。フォロアーには様々な人が存在しているため、この重いく神聖な?
ブログに「アララ」過ぎて、提示してよいものかと迷うこと屡々。
そこで、気を取り直し、ブラックジョークのネットサーフィンで小話を!
――
    * ネットでみつけたブラックジョーク、再び
               ( … )は、私のつぶやき 
  ♦ 競馬
 うちの息子も1年生。さっそく、学校で「初テスト」を受けてきたらしい。
問「おさかなは1ぴき2ひき、とりは1わ2わと数えます。ではウマは?」
答「1ちゃく2ちゃく」
 回答用紙を見ながら涙が出た。  
  ♦ 恐妻
夫「何か冷たいものないか?」
妻「あたしの視線じゃ不満?」
     ( ん〜 ったく! )
  ♦ りんご
先生「キャシー、あなたがリンゴを5つ持ってるとするわね?
  そしてメアリーにリンゴを2つちょうだいといってもらったとします。
  そのあと私がリンゴを3つちょうだいって言ったら、
  あなたの持ってるリンゴは一体いくつ?」
キャシー「7つです」
   (キャッシ―じゃなくて、家内の名前に、メアリーを私にしたかった)
  ♦ 恋
A「なあ。きみは患者に恋したことがあるか」
B「ああ。医者だって恋はする。たまたま相手が患者だったというだけさ」
A「・・・そうか。そうだよな。患者に恋したっていいんだよな」
B「なんだよ、もしかしてお前」
A「うん・・・。立場上、許されない恋かと悩んだこともあったけど、
 お前の話を聞いて安心した。患者に恋するのはいけないことじゃない。
 恋はすばらしい。恋の炎は誰にも消せやしない」
B「でも、お前は獣医だろ」
牛: 「モウ」    (牛の「モウ」は私が加えました)
  ♦ 妻の味
ある所に息子夫婦と舅(しゅうと)が三人で住んでいた。一年前に他界
した姑女は、とても温和で上品な人、嫁にも優しい人であった。
が、舅の方はそれと反対に、頑固で少々意地の悪いところがあった。
かいがいしく世話をする嫁の行動に、いちいち文句をつけるのだ。
中でも味噌汁については
舅:「婆さんとは全然味が違う、なっとらん!本当に覚えが悪い嫁だ!」
 と毎日嫁を怒鳴りつける始末。ある日、とうとう頭に来た嫁は舅に出す味噌汁
 の椀に、こっそりと殺虫剤を振りかけた。その味噌汁を一口すすった舅が一言。
舅:「これじゃよ!この味じゃよ!!婆さんの味噌汁は!!」
  ♦ 女性
毎晩、夫がどこにいるか確実に知っている女性は?
答:未亡人。
  ♦ 映画
俳優が、橋もない、落ちたら即死亡の崖の向こうにいる女優を、崖を飛んで
 渡って助けるシーンを撮る映画にて・・・・。
俳優「おいおい・・・こんな崖とぶなんて無理だろ?落ちたら死んじまう」
女優「安心して・・・これは最後のシーンよ」
  ♦ クッキー
年老いた男性が、死の床に横たわっていた。余命数時間しかない彼は、
突然、チョコレートクッキーの匂いに気付いた。
彼は、チョコレートクッキーがこの世の何よりも好きだった。
最後の力を振りしぼり、ベッドから出て、部屋を横切り階段まで向かった。
そして階段を下り、台所の中へ入っていった。
そこでは、彼の妻がチョコレートクッキーを焼いていた。
つまみ食いをしようと手を伸ばすと、妻が手にした木製スプーンで
手の甲をピシャっと叩かれた。「取っちゃダメよ!」彼女は言った。
「葬式用なんだから!」 (娑婆には、もっと凄い実話が、満ち溢れている!)
  ♦ 出産
ある町に住む女性が子供を生んだ。いろいろな方面からお知らせがくる。
厚労省「あなたの加入している健康保険組合から20万円ほど手当てが出ますよ」
町役場「祝い金として町から10万円もらえます」
保健所「町内の病院でなら子供の病気は無料で診察できます」
財務省「この子は生まれた時から700万円借金をしてます」
  ♦ 意見
イギリス人のジャーナリストがインタビューをした。
「失礼ですが、食肉の不足について貴方のご意見をお聞かせ願えますか?」
  イスラエル人「失礼って何ですか?」
  ポーランド人「食肉って何ですか?」
  アメリカ人 「不足って何ですか?」
  中国人   「意見って何ですか?」
  ♦ 文章
ある大学生が教授に
「人の心を捉える文章とはいかなる物でしょうか?」
と云う質問をした。教授は
「第一に女性が主人公である事。次に宗教性を取り入れる事。
そしてミステリーを残す事だ。」と答えた。
後日その学生が持ってきた文章はこうだ。
「おお神よ!この子は一体誰の子なのですか!?」
  ♦ 水
Q.ブロンドはなぜ枕元に水の入ったグラスと空っぽのグラスを置くのか?
A.喉が渇いたときと乾いてないとき用
               (これって、深いジョークだよな〜 )
  ♦ キング牧師
Q.キング牧師が白人だったらどうなっていたか?
A.生きてる
                  まだまだ…   〜つづく
・・・・・・
5743,閑話小題 〜同級会 
2016年12月05日(月)
 一昨日、毎年行われる学生時代の同級会のため上京した。
今回の出席は12名。いつも、17〜8人で、3分の2で少な目。
会場は、同級生の『魚久』という甘粕の魚漬物店で、本店の
隣に料理店。百貨店地下に必ずある有名店で、同級生が、
社長、いや今では会長。 毎年、食べる度に、その美味さに、
惹かれていく。日本橋は昔、料亭とか、遊郭があり、酒造工場
とか、魚が集まったところ。今でも昔風の料理屋が多く並ぶ。
 この会は、教養課程で編成されたクラスの人を中心に集まった
忘年会である。学校の人間関係は、クラスのコンパや、クラスの
指定席の周囲が、まず顔見知りになり、友人になっていく。
そして3年、4年の専門課程の二年間は、クラブ、ゼミなどを
中心にした人間関係へと変わっていく。その変遷が学生時代の
醍味で、自分づくりである人間関係構築の機会になって、卒業と
同時に全国の「緑の原野(社会)」に散っていく。
 まず当初のグループは、大雑把にいうと、
・小中高の付属校からエスカレターで上がってきたグループ、
・東京在住の人たちが主のグループ、
・地方でのアパート暮らしのグループ、へと自然と分かれる。
そこから更に、クラブ、ゼミなどの選択で人間関係が深まっていく。
 私の住居は、早大の理事が私的に経営していた寮で、日常生活は、
そこの気の合った各大学の学生たち。5〜600坪ほどの角地に平屋の
L字型の建物に部屋が並んでいて、角の部分に共同炊事場、それぞれ
の端にトイレがあり、通路は土間。今風にいうと、シェアハウスの
要素が強く個々の絆は強かった。悪くいえば、牛小屋そのもの。
敷地の中央に大家の家族が住んでいて、その間には芝生の庭があった。
南早稲田の住宅地に、オアシスという風でもあった。 朝晩は自炊で、
昼は学食が中心であった。当初は小学校の家庭科の実習を思いだし、
カレーや水炊き風の鍋、野菜炒めをつくっていた。実家の送金は誰も
ギリギリ。実家の貧富など関係なく、資金的余裕など有ろうはずない。
学生とは、そういうものと上京組は思いこんでいた。その中で、彼女を
持ち、アルバイトをし、学業をこなす人もいれば、真面目に勉学を励む
生活をし、時々、安酒を買込み議論をしたり、人生を語る人たちもいる。
 7年前に、この首都圏在住のグループで、勤勉のグループの忘年会に
誘われ、参加するようになった。 各駅停車の鈍行列車のように、学び
あおうと、『鈍行』というグループをつくっていたのは、学生当時、
知っていた。その彼らが、卒業後もゴルフや、宴会を開いていた。
殆どが二代目でオットリ?した顔ぶれ。武澤ゼミ仲間の一員が幹事を
していた関係から、地方在住の私に声を掛けられ出席をするように
なって、はや8年になる。   〜つづく

   


7587,閑話小題 〜娑婆娑婆の世界に…

2021年12月04日(土)


  
   * 新疆ウイグル自治区において、中国政府が…
 新疆ウイグル自治区において、中国政府が少数民族であるウィグル族の淘汰が
本格的に始っているようだ。社会主義国家は、実現のためには手段を選ばない。
近隣の弱小国家は堪ったものでない。その中国版が、現在のアジア版になる。
人類の歴史は白人至上主義が背景にあるのが現実。良し悪しは別として、西欧国家
が、アフリカ、アメリカ大陸を攻撃する場合、まず細菌とキリスト教をばら撒く。
そして中国には阿片になる。その逆襲が、このコロナ禍と捉えることも可能。
有色人種の白色人種への逆襲になる。何せ三分の二が有色人種。
 ネット検索で調べると…

≪ もし現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで、 全世界を
 人口100人の村に縮小するとしたらどうなるでしょう。

その村には・・・
57人のアジア人
21人のヨーロッパ人
14人の南北アメリカ人
8人のアフリカ人がいます。

52人が女性で
48人が男性です。
70人が有色人種で
30人が白人

70人がキリスト教徒以外の人たちで
30人がキリスト教徒
89人が異性愛者で
11人が同性愛者

6人が全世界の富の59パーセントを所有し、
その6人ともがアメリカ国籍

80人は標準以下の居住環境に住み
70人は文字が読めません
50人は栄養失調で苦しみ
ひとりが瀕死の状態にあり、
ひとりは今、生まれようとしています

ひとり(そう、たったひとり)は大学の教育を受け
ひとりだけがコンピューターを所有しています

もしこのように縮小された全体図から私たちの世界をみるなら、
相手をあるがままに受け容れること、自分と違う人を理解すること、
そしてそういう事実を知るための教育がいかに必要かは火を見るより明らか。

 ◉ 次のような視点からもじっくり考えてみましょう。

もしあなたが今朝、病気というよりは健康だなと思って目覚めたなら・・・
あなたは今週生き残ることのできないだろう100万人の人たちより恵まれている。

もしあなたが戦いの危険や、投獄される孤独や、獄門の苦悩、あるいは餓えの
悲痛を一度も経験したことがないのなら・・・世界の5億人の人たちより
恵まれています。

もしあなたがしつこく苦しめられることや、逮捕、拷問または死の恐怖を
感じることなしに教会のミサにあずかることができるなら・・・
世界の30億の人たちより恵まれています。
 
もし冷蔵庫には食料があり、着る服があり、頭の上には屋根があり、寝る場所が
あるならば・・・ あなたはこの世界の75パーセントの人々よりお金持ちで

もし銀行に預金があり、お財布にもお金があり、家のどこかに小銭の入った
入れ物があるならば…あなたはこの世界の中で最も裕福なものの上位%の一人

もしあなたの両親がともに健在で、そして二人がまだ一緒なら・・・
それはとても稀なこと もしこのメッセージをよむことができるなら、
あなたはこの瞬間2倍の祝福を受けるでしょう。 あなたのことを思ってこれを
伝えている誰かがいて、そのうえ、あなたは全く文字の読めない 世界中の20億
の人々よりもずっと恵まれているのですから

昔の人がこういいました。 わが身から出るものはいずれわが身に戻り来る、と。

お金に執着することなくよろこんで働きましょう
かつて一度も傷ついたことがないかのごとく人を愛しましょう
誰も見ていないかのごとくに自由に踊りましょう
誰も聞いていないかのごとくのびやかにうたいましょう
あたかもここが地上の天国であるかのように生きましょう

 このメッセージを人に伝えてください、その人の一日を照らしてください。

アメリカの友人よりのメッセージ  2001.3
                作者は不明  訳 なかのひろみ ≫
 ―
▼ YouTubeをみるにつけ、この世界を殆ど、分ってないことを知らされる、
 一人一人が、それぞれの世界で、己を全うしているため、当然だが…

・・・・・・
7205,読書日記 〜『死はこわくない』立花隆著
2020年12月04日(金)
 図書館で借りてきて、二時間ほどかけて読んでみたが、死に際を経験した者
しか書けない奥行きの深い内容。…セネカの<死んだ瞬間には自分はないから、
己の死は存在しない!> を学生時代に知り、父親が死期を知り、独り紋々と
していた時に、その道理を説明した時に、父親の顔色が輝いたのを憶えている。
恐怖の際なればこそだったのだろう。己など、大河の一滴でしかない実感こそ、
自分を乗越えることが可能になるということ。
 
 10数年前に、75歳を死期と定めて、知人に宣言。年一回の健康診断を止めた、
それ以来、何か外界が、違って見えてきた。その日、一日が充実していたかが、
面白かったかが、優先事項になっていた。
 同年代の友人、知人は全員、驚いて、まじまじ顔を見る。それが面白いため、
ますます、対象範囲が広がり… でも、この覚悟が良かった。 …例えば、
会社整理に際し、<いずれ自分も整理するのだから、些細のことでしかない。
むしろ現在、必要のこと> と、違った見方が可能。その75歳に、あと50日を
きってしまったが、何ら兆候がない。コロナ禍の中で、静かにジッとしているに
丁度良い。逆に、そう思ってきたため、見えないことが、見えていた。
自分は絶対に大丈夫と、タカをくくっている人が大部分。そして、多くが
倒れて、亡くなっていった。上り下りの坂よりも、<まさかの坂>が、現前に
有ろうとは、つゆとも思ってない。
  ≪ 〜Amazonの概要から〜≫
 「死ぬというのは夢の世界に入っていくのに近い体験だから、いい夢を
見ようという気持ちで人間は自然に死んでいくことができるんじゃないか」。
自殺、安楽死、脳死、臨死体験研究…。長きにわたり、人の「死」とは何かを
いうテーマを追い続けてきた「知の巨人」。75歳時に書いた。がん、心臓手術
を乗り越え、到達した心境とは?

〈目次〉
 ● 第一章 死はこわくない
1「死」を怖れていた若き日
失恋で自殺?
安楽死についてどう考えるか
「死後の世界」は存在するか
2ここまでわかった「死の瞬間」
心停止後も脳は動き続ける
体外離脱の謎
「神秘体験」はなぜ起こるのか
人生の目的は心の平安
3がんと心臓手術を乗り越えて
理想の死に方
延命治療はいらない
生命の大いなる環の中へ

[特別エセー] ぼくは密林の象のごとく死にたい

  ● 第二章 看護学生に語る「生と死」
人は死ぬ瞬間に何を思うか
死にゆく者へのインタビュー
厳しい看護師の現場
葛藤に次ぐ葛藤
燃え尽き症候群
難しいがん患者のケア
筑紫哲也さんの場合
余命の告知はどうすべきか
勝手に告知した、と激怒した家族
人間は死んだらゴミになる?
ナチスに殺された子どもの絵
「肉体は人間存在の外殻に過ぎない」
見えない存在との語らい
臨死体験はなぜ似ているのか
長期療養病棟の現実
尊厳死とどう向き合うか

  ● 第三章 脳についてわかったすごいこと
「意識」とは何か
脳科学「最大の謎」とは
脳はケミカルマシン
夢は思い通りに変えられる
意識を数式化できる?
心を持つ機会はできるのか
死んだときに意識はどうなるのか
東洋の世界観に近づく
 あとがき
 ――
▼ 「死にゆく夢は、如何とでも変えられる」は、至極、名言。
 「常に面白さを常態にしておけば良い」 それはチョッとした工夫で
可能である。10年ほど前に、iPadに2000曲を収めて身近に置いてある。
それを末期の入院の際に持込む予定。それと、このPCも! そう楽に
死なせてくれないなら、その準備だけは、自らの手でするしかない。
著者が「死はこわくない」は、死に対する準備万端のため。この著者、
死んでも、死ねはしない。キュープラー・ロスが、アウシュビッツで、
子供棟で、子供の落書き… 間も無く来る死のイメージ!
《 繭が蝶々になって、空に飛んでいくイメージ 》が、生から死へ
変りゆくイメージ! この年齢になればこそ、リアルに受け止めることが
可能になってきた。 遺体が死ではない! 現実社会が、実態ではない。
そこは、繭で、死と同時に、空に舞っていうのが、生からの解放になる。
さて今日は金曜日。シネマで映画を。そして録りだめのドラマを楽しむ日。
父親の口癖… (生きている内…死んでしまえば、それまでよ!)。

修養が足りないこともあってか、『死は怖い!』老いるのは辛いが、
現在(原罪)の腰痛が重いだけ、充実した味わいが深い!

・・・・・・
6838,閑話小題 〜下ネタ ―5
2019年12月04日(水)
              〈ネットでみつけた下ネタより〉
 上クラスはネタ切れで出つくしたため、中の上クラスを… 
それでも波長の合うのを見つけるのは大変! 特に微妙な下ネタは… 
 ―――
  ★ コンピュータコンサルタントを務める女性が、セクハラ男の
 コンピュータ設定を手伝っていた。 彼女はセクハラ男に、ログインに
使用するパスワードは何にするかと訊いた。
この男は、彼女を困らせてやろうという魂胆で、「penis」と入力しろと言った。
瞬きもせず無言のまま、彼女はこの パスワードを入力した。
彼女は、コンピュータの反応に笑い死にしそうになった。
 ”パスワードは無効です。短すぎます。”
 ―
  ★ 機長 「私は機長。当機はロッキー山脈の上空を順調に
 飛行しています。快適な空の旅をお楽しみ下さい」

副機長「今日は気流も安定してますし、楽なフライトですね」
機長 「そうだな。ここでコーヒーブレイクにするか。スチュワーデスの
    キャシーに熱いコーヒーを頼もう」
副機長「キャプテン知ってました。彼女、結構なヤリマンだって。特に
    あのかわいいお口でする何は最高らしいっすよ」
機長 「じゃあ、コーヒーブレイクのついでに、ちょっと、下の方の世話も
    お願いするか」
副機長「さすがに勤務中はまずいっしょう」
機長 「それもそうだな。あっはっは」

マイクを切り忘れ、お馬鹿な会話が機内に筒抜け。
血相を変えて、操縦席に向かうキャシーに客がひとこと
  「コーヒーも忘れんなよ」
 ―
  ★ 天国で2人の女性が話し始めた。「あなたはなぜ死んだの?」
「凍死。あなたは?」「私は心臓麻痺。夫の浮気を疑って突然家に帰ってみたの。
ベッドに夫はいたのに女はいなかった。女が隠れてると思って慌てて家中捜し廻っ
てて倒れたってわけ」「ひどい」「何が?」「何で冷蔵庫を捜さなかったの!」
 ―
  ★ 夫が2週間の出張から帰った。「おかえりなさい、あなた。浮気なんか
 しなかったでしょうね?」 「するわけないだろう」 そして激しく愛し合う二人。
すると隣の部屋の男が怒鳴った。 「毎晩毎晩、いい加減にしろーっ!」
 ―
  ★ 「先生、主人はひどいノイローゼですの。」「そのようですね。」
「しばらく保養させたいのですが、海と山とどちらが?」 「そうですねぇ。
ご主人が山に行かれて、奥さんが海に行かれると、一番よろしいのですが。」
 ―
  ★ 息子「父ちゃん、酔っぱらうってどんなことなの?」
 父 「ここにグラスが2つあるだろう。これが4つに見えだしたら、
  酔っぱらったってことだ。」
 息子「父ちゃん、そこにグラスは1つしかないよ。」

・・・・・・
5742,つれづれに哲学 〜嘆きの谷
2016年12月04日(日)
             「生きづらさからの脱却」岸見一郎著
  * アドラーの「嘆きの谷」
 私がみるに、悲観的傾向が強い人が、女性で3人に1人、男性が4人に1人
の割にいる。その中で更に強い人は1割ぐらいか。知人にも数人、非常に悲観的
思考の強い人がいる。連れ合いとの不適性があるが、何もかもを悲観的に捉える。
ある婦人、目を見張るほど美人だが、いや、だったが、万年ウツ状態で、日常が
常に暗い状態。誰も躁鬱の波を乗越えて生きているが、問題はマイナスの程度。 
アドラーはカント同様、クル病だが、そのハンデを乗越えて、フロイト、ユング
につづく三大心理学者の一人になっている。根には、「その程度のことで、何で
落ち込んでいるのか!」があるため、その説得力が強い。 
  〜その一節から〜
≪ 世界を「嘆きの谷」と見ようとし、いつも苦しんでいる人がいる。
 アドラーはそのような人は「途方もない重荷を担って人生を歩もうと不断に
努力をする」と言っている。些細な困難をも誇張し、将来についても悲観的に
しか見ない。身のまわりで喜ばしいことが起ると不安になり、どんな対人関係
にも「影の面」を持ち込む。
 「嘆きの谷」という言葉は元もと旧約聖書の『詩編』に出てくる。
エルサレムに巡礼する人は、乾燥のため枯れ果てた谷底の道を歩まなければ
ならなかった。このような人が、世界を「嘆きの谷」と見ようとするのはどう
いうことか。アドラーの解釈と違って、『詩編』では、神によって勇気を
出し、広い道を見ている人は「嘆きの谷を通る時でも、そこを泉とするだろう」
と言われている。生きている限り、「嘆きの谷」を避けては通れないが、勇気
ある人はそれを「泉」と見るのである。ところが、この世界の嘆きの谷とみて、
どんな喜べる機会にも、「カッサドラの叫び」しかあげない人がいるとアドラー
はいう。ギリシャ神話に出てくるカッサドラはアポロンに愛された。アポロンは
カッサドラに愛を得るために彼女に予言能力を与えた。しかし彼女は、アポロン
の求愛を断った。そのため、アポロンは誰も彼女の予言を信じないようにした。
カッサンドラはトロイアの滅亡を予言されたが、無視された。
アドラーは、<この世界を嘆きの谷とみて、「カッサンドラの叫びしかあげない」
というのは、不吉なことしか言わないという意味だが、決して、トロイアの滅亡
を望んでいた訳でない。
 〜ネット検索に、「嘆きの谷」で調べると、
≪・アドラーは仕事の課題、交友の課題、愛の課題という人生には避けては通る
 ことができない課題がある、という。これらの課題を解決する能力がないと
 考える人は、なんとか理由を考えて、人生の課題から逃れようとする。
・アドラーが「劣等コンプレックス」という言葉を使う時、次のような意味と
 して使っている。すなわち、「Aであるから(あるいは、Aでないから)、
 Bできない」という論理を日常のコミュニケーションの中で多用するという
 意味である。このAとして他の人がしかたがないと納得しないわけにはいか
 ない理由を持ち出すのである。
・神経症はこの劣等コンプレックスに他ならない。人生の課題を前に直面しよう
 としなかったり、ためらいの態度」を取って立ち止まる。「はい〜します、
 でも、(yes...but)といって、結局課題に取り組まない。神経症に限らず、
 人は意識しなければ、すぐに「でも」といってしまう。
 <何かをしようと思う、しなければならない、「でも」と…>
・カウンセリングの時、あまりに頻繁に「でも」という人があって僕はその人が
 「でも」というたびにカウントすることにした。本人はそのことを意識して
 いなかったからである。やがてこんなふうにいわれるようになり、次第に
 この言葉が用いられる回数が減っていった。「まだ今日は一度も『でも』と
 いってませんから、一度だけ『でも』といわせてください」
・人生の課題に挑戦する時、失敗すること、敗北することを恐れる人は、課題
 から退却しようとする。何をする時にも必ず成功しなければならない、と考え、
 成功するという保証があれば挑戦する。しかし失敗が少しでも予想され、
 成功することが確信できなければ最初から挑戦しようとしないか、失敗しても
 そのことによって致命的な打撃を受けることがないように、いわば綱渡りをする
 人が転落することを予想して下にあらかじめ網を張っておくようなことをする。

・・・・・・
5377,武器としての決断思考 ー
2015年12月04日(金)
        ー武器としての決断思考〜 瀧本 哲史 (著)ー
 『学問のすすめ』が、明冶5年の3000万人の人口の中で、300万冊の大ベスト
セラーだったというから、当時の民度が高かったことが窺い知ることができる。
明治初期の日本で、欧米のバイブルみたいに読まれていたことになる。
今の人口比からすると1200万冊。明治以来、日本は果して進化したのか。
現在の日本人の多くは、これだけ読む知性も、教養もない。 明治以来、
日本は果して進化したのだろうか。国敗れて教養なし! 何かが失われた!
  * 『学問のすすめ』は、いま、若い世代こそ読むべきだ
≪ 変化が激しい今の時代、これまでの価値観や方法・人生のレールという
ものは、意味をなさなくなってきているということです。京大医学部生の話は、
その顕著な一例にすぎません。右肩上がりの「幸福な時代」は過ぎ去りました。
良い大学、良い会社に入れば人生は安泰、みたいなことはもうないのです。
 さらに断言すれば、これからの日本はもっともっと厳しい状況になっていく。
良い時代を経験して「逃げ切り」ができる世代であれば、昔はよかったとただ
嘆いていればいいのでしょうが、これから社会に出る世代、もしくはこれから
社会のメインステージに立つ世代にとってみれば、問題は深刻です。
 では、どうすればいいのか? ここで、リベラルアーツの話に戻ります。
人間を自由にする学問がリベラルア↓だという話をしましたが、まさにいま、
それが求められているのです。
 医者の話が良い例ですが、国家試験に合格しただけでは、これからの時代は
生き残れないし、幸せになることもできません。むしろ奴隷として、上の世代が
作ったシステムにからめとられる可能性が高い。それも自分が気づかないうちに。
 だから教養が必要です。自由になるために。自分の力で幸せになるために。
といってもそれは、大学生がパンキョーと呼んでいるものとは違います。
極端に言ってしまえば、大学の教養課程で教えている一般教養は、大学教授を
食わせるためのものでしかなく、本来の意味での「リベラルアーツ」とほど遠い。
 もっと実践的で、実用的な知でなければならない。
ここで、福沢諭吉が著した『学問のすすめ』から一節を引用してみましょう。
まさに私が言いたいことを代弁してくれています。 
 《学問というのは、ただ難しい字を知って、わかりにくい昔の文章を読み、
また和歌を楽しみ、詩を作る、といったような世の中での実用性のない学問を
言っているのではない。(中略)いま、こうした実用性のない学問はとりあえず
後回しにして、一生懸命にやるべきは、普通の生活に役に立つ実学である》
(引用『現代語訳学問のすすめ』齋藤孝訳/ちくま新書)
 『学問のすすめ』が刊行されたのは明治5年。新しい時代の幕開けに、明治人
が持つべきメンタリティを説いたこの本は、300万部を超す日本史上最大の
ベストセラーとなりましたが(当時の人口は約3000万人)、いま、既に20年以上
が過ぎたこの平成の世にこそ、そして、そんな時代に生きる若い世代にこそ、
この福沢諭吉のメッセージは伝えていかなければならないでしょう。
そう、まさにいま、実学が必要なのです。医学部生が起業論を学ぶように、
自分にとって必要な学問は何かと考え、探し、選び取るーそういった行為が、
ベーシックなものとならなければなりません。≫
▼『学問のすすめ』は、学生時代に読んだが、これほどベストセラーとは!
 『世間』に対し異常なほど嫌悪感を持つのは、身近な人間関係に取込まれた
奴隷のような絡みとられた視線を感じるため。教養とは、それらから自由に
なるための素養。情報化社会こそ、実学としての教養が必要になる。



7586,閑話小題 〜コロナ禍のSJの近況は…?

2021年12月03日(金)

   * あいも変わらず閑散としているSJ
 居酒屋、スナックの店主が口を揃えたJ悲鳴が…<3分の1から5分の1の客数!」
SJも同様で、つい先日までの常連が何時の間にか消えていくパターンである。
インストラクターも、それに比して減っている。…マスク着用と、会話を禁止
されているため、森閑とした状態。その中で、パンデミックの発生以来、2時間は
滞在していたのが、1〜2時間に短縮している。まあ、退会しようか?迷わないこと
もないが、これでは引籠りになってしまう。元気で、清潔感がある環境に顔を
出すだけで元気を貰えるのが良い。それより、このコロナ禍の中で、よくぞ維持
できているもの。 地元の同期、同級生も年齢もあるが少なくなっている。
  ―
   * コロナ禍の中で、ÝouTubeだけは…
 世界的巣籠の中で、YouTubeだけは、圧倒的に数が増え、面白くなっている。
思いもよらぬ、切り口が新鮮で見入ってしまうのが多い。今までは、客の目線が
主だったのが、調理人の視覚で、淡々として仕込みに、引込まれてしまう。
刻み、煮込み、焼き、盛り付け、のドレもコレモが、面白く、真剣なればこそ、
曳きつけられる。そこには見世物の要素が入っていればこそのものが多い。
 秘異郷の自然も、ベストの切口だけでなく別角度のモノに惹かれるのが多い。
人生と同じである。自然の持つ多角的魅力はベストだけでなく、その周辺に多く
隠されているもの。

・・・・・・
7204,閑話小題 〜つれづれにー 起きても醒めてもコロナ禍!
2020年12月03日(木)
    * 風変わりの年になってしまった!
 今年も終わろうとしているが、起きても醒めてもコロナ禍。
リーマンショックも惨憺たるもので、30年続いた新潟駅前事業を止めざるを得な
くなった。…そのまま延長してコロナ禍で閉鎖より、この31年、いや45年の経過
を10年間かけて考えるのも悪くはなかった。
それまで「白」と信じてきたことが、「黒」へと視点を変えざるをないのも、
人生の意味を哲学的に見直すに丁度良い材料とタイミングになっている。
そして9年後に、このコロナ禍の発生となる。 
 
 これを100年前のスペイン風邪と重ね合わせると、なかなか含蓄ある事態に
思えてくる。世界の仕組が、パンデミックにより、根底から変わってしまった。
マスク着用とコントロール、3密を避けること、手洗いと、ウガイの徹底と、
日本茶とビタミンCの服用を注意をして、数ヵ月後のワクチンを服用をすれば
何とかなる? という楽観論があるが、さて如何だろう?… このコロナ禍で、
インフルエンザのダブル蔓延が心配されたが、不思議なことに… ゼロに近い
数値という。
 東京オリンピックが、この中で開催されるというが、中止が順当なのに…
これまた不思議! 第三波の襲来を乗越えれるか否かの中で! 
 ――    
    * トランプの醜態
 未だ選挙の敗戦を認めないトランプの老醜の極み。彼にとって大統領の座は、
去るに忍びない束の間の出来事。そこで「敗戦は不正選挙結果」の妄想が…
怖ろしいのは、それに同調する輩がいるため始末が悪い。肥満からくる糖尿病
が絡んでいるため、独りで右往左往。共和党は既に4年後の大統領選挙に向け
戦略を練ってあって然るべき。 そこには、トランプが存在しない! 
問題は共和党が政権奪取に如何に有利になる効果的消滅をさせるか。

・・・・・・
6837,閑話小題 〜下ネタ ―4
2019年12月03日(火)
           〈ネットでみつけた下ネタより〉
 これはというのは、滅多にないが、上の下、程度のジョークはある。
これも20〜30の内の一つぐらい。「笑い」は因と縁と同じでジョークに
合致が必要。白けていたら、これほど、面白くないことなし、である。
 あくまで、言葉による脳内のイメージ遊び。世界中の主に男どもが、
その欲求不満につくり上げたファンタジー。底の浅いわけがない? 
『起承転結」のオチの捻りが金かシモで生々しく考え抜かれている。

 ――――
☆ ケッ 銀行員なんていやらしくて下品な生き物だよ まったく何でだい?
 美味しい話持ちかけてさあ 金を入れたり出したりさせるんだぜ
 たまにオマケもくれやがる 売女とおなじさあな
 ―
☆ 散歩していて、服を着た犬を連れている美女を見かける。
 レイプしたいと妄想を抱きながら帰宅。  『うぉっ!』 
 リビングに入ってビックリ。先ほどの美女が妹の客としてコタツにあたってる。
 さりげなく挨拶をして対話。 その時、妹が席を外す。
 2人っきりになり先ほどの妄想が頭をもたげだす。
 我慢しきれずにとうとうコタツの中の美女のスカートに手を入れてしまう。
 手を入れるといきなり陰毛らしき感触なので、すかさず穴に指を入れてみる。
 しかし美女の顔は無表情。…
  何故か「キャン、キャン、キャーン!」と犬の悲鳴が。
 ―
☆ 年寄りの看護婦が若い看護婦に言った。
「401号室の患者さんを剃毛したら、彼のあそこ にアダムと刺青がして
 あったのよ。あなたも見てきなさいよ」
 若い看護婦は見に行って、帰ってきた。
「ね、アダムって彫ってあったでしょ」
「いいえ、アムステルダムと彫ってあったわ」
 ―
☆ 女性が二人でゴルフをしていたとき、一人が前のパーティにボールを打ち
 込んでしまった。よく見ると、前のパーティの男性が股間に両手を当てて
 苦しそうにしていた。女性は慌ててその男性に近寄って言った。
「大丈夫ですか!? 私は女医です。落ち着いて!」
 そう言うと、女性は男性のズボンを脱がせ、何と睾丸を優しくマッサージした。
「気分はどうですか?」
 女性がペニスをさすりながら尋ねると、男性は苦しそうに答えた。
「…ええ…とても気持ちいいのですが…まだ親指が焼け付くように痛みます…」
 ―
☆ 朝、娘が起きてきて言った。
「ママ、パパのお腹が出ているワケが解ったわ!」
「なぜかしら?」
「メイドのキャサリンがおもいっきり膨らませてたわ」
 ー
☆ 白雪姫がピノキオの顔の上にまたがってこう叫んだんだ
  「嘘をついて!」
 ―
☆ 女:私熱があるみたい
 男:俺の体温計で計ってあげようか?
 女:水銀が漏れるから嫌!
 ―
☆ 社長秘書のキャサリンは、社長のビルに誘われるがままにホテルに
 ついていった。いざ、というときにキャサリンはあることに気付いた
「髪は真っ白なのに、あそこのは真っ黒なのね」
 とが言うと、ビルの返して曰く
「そりゃ、ここには悩みがないからね」

 ―
▼ 最近ではYouTubeたる「世界中の放送禁止映像」が、ノウチェックで
 みることが出来る。強盗が通行人を襲う場面だけを特集したものや、
室内に強盗が入りこみ、そこに大型犬が攻撃し、ズタズタに襲われる場面
とか…とはいえ、物語の原点のファンタジーのイメージの世界もまた愉し。
 
――――
2018/10/17
読書日記 〜冴えたジョークは人生における立派な教養である
           『バーカウンターは人生の勉強机である』島地勝彦著 
   * 下ネタ・ジョークならシマジ
 あとに、開高とのジョーク対談の幾つかを
< 靴のジョークを一つ。
 ・ピカピカの革靴を買ったアントニオは、まるで魔法の革靴を履いたように
女にもてた。今夜はローザを誘って深夜のドライブに出かけた。Hな気分になった
彼は、ローザに素っ裸になるように促し、ことを始めたため、天にも昇る気分に
なり、運転を誤り、道端の木に衝突。ローザは外に放り出されたが、無傷。
アントニオは無事だったが、運転席に閉じこめられた。その先には丁度、ガソリン
スタンドがあった。彼はピカピカな片方の靴をかろうじて脱いで、ローザの大事
なところを隠して助けをもとめてくれと頼んだ。 ローザは片方の靴を股間を隠し
ガソリンスタンドに走った。『すみません。彼が出てこれなくなったのです』と
恥ずかしそうに言うと、店員のオッサンは驚きながら、股間の靴をみて言った。
『そこまで入ったら、俺には無理だな… 』 

・海で遭難して10年、無人島にいた男。ある日、彼は水平線の彼方に小さな点を
見つけた。その救命イカダの乗っていたのはウェットスーツの金髪美女。
『あなた、この島で何年も煙草を吸っていないの?』
『10年だよ』と男。女はポケットから煙草を取りだして与えた。
次に彼女は『シングルモルツを飲まないで何年経つの?』。『10年だよ』
男は「美味い!」と叫んだ。
今度はジッパーに手をかけ、妖艶な微笑みを浮かべて問いかけた。
『男の本当の愉しみを忘れて何年経つの?』 男は歓喜の表情を浮かべ叫んだ。
『まさか… 、そこにゴルフクラブを入れてきたのか?』

・女が行きづりの男と一夜明かすことになった。
コトが終わったあと、女が男をバカにする口調で言った。
『あなたのセックスはお粗末だわ』 男は憤慨して言った。
『なんだと! 20秒でおれのことが分かるわけがないだろう』

▼ ジョークだけは、通じない人には「茹でてない乾麺に醤油をかけて、
 そのまま差し出された」ようなもの。会話の楽しみには、ジョークの舞台と、
登場人物のイメージを、互いに差し出し、受け取る感性が必要となる。
内的素養は、長年かけておかないとカラカラの萎びた感性になってしまう。
 〜ほんま、ジョークを楽しめる感性のないのが多いんだよな…
――――
2666, 結論で読む人生論 ー2
2008年07月23日(水)       
 「結論で読む人生論 ―トルストイから江原啓之まで」勢古 浩爾 (著)
                            
   * ー三十年ぶりの、今東光の毒舌ー
 順不順でなるが
{第6章 人生の価値、人生の意味ーなにはなくともこの糞坊主ー今東光}
が面白い。 久しぶりに今東光の毒舌にお目にかかった。亡くなって30年
近くも経つだろう。
  ーまず、その部分ー
【 人生なんて、そんなにむずかしいものか。じつにさまざまな考えがあって少々、
食傷気味である。もしかしたら、人生論が人生をむずかしくしているのではないか。
たしかに人生には山があり谷がある。悲喜こもごもである。
だが結局、生まれて、生きて、ただ死ぬだけのことではないか。どう生きるかは、
それぞれの計らいでいいではないか。ここまで見てきたさまざまな人生論はあまり
にも近寄りがたいし、荒唐無稽すぎるし、立派すぎる。もっとスカッとしたものは
ないのか、とお嘆きのあなた、これがあるのだ。その男が生存中は、なんだ
この濁声の坊主は、と多少の反感を持っていた。が、わたしはいまでは今東光を
尊敬している。そう、今東光和尚である。聞いていただこう。
 *「正しい人生」とか「何とかの人生」なんてものはないよ。本人にとっての
人生しかないんでね。自分にとっての人生しかないんだ。おめえが十八なら、
「十八の人生」というものしかないよ。それしか、オレは言いようがないね。
(略)だから、自分にとっての人生で、自分が、これが正しいと思って闘って、
勝つか負けるか、これだけだよ、人生なんて。──『毒舌身の上相談』集英社文庫
 *「バカ正直だと損をする。もっとずるく悪賢く立ち回れ」なんてよく人が言う
けど、その言っている野郎が、ずるく悪賢く立ち回って成功しているかっていうと、
絶対にそうじゃねえんだな。 そんなのはダメなんで、真実火の玉になって人生を
渡っていって、社会にぶつかっていくんじゃなけりゃあダメだよ。人がよすぎて
結構じゃねえか。そんなタワ言ぬかすような野郎なんぞ相手にするな!─同書
 *「人生始めたばかりでスランプに落ちたら、死ぬまでスランプだぜ、馬鹿野郎!」
「おめえみてえな野郎は一生、女を本当に愛することができねえよ。女を捨てて
自慢してるような野郎は、人間の屑もいいところだ」
「そんな夢みたいなこと考えてねえで、てめえのキンタマのフクロのシワでも
のばしてた方がよっぽどましだぜ、この野郎!」。 ──『極道辻説法』集英社
 *二十三歳の学生が近所の中三の女学生の家に半年間、毎日毎日いたずら電話
をかけた。どうしても彼女に自分が好きだということを知ってもらいたい。
おれはどうしたらいい? 自首すべきだろうか、という質問に対する傑作回答
「自首するより死んだ方がいい。悪いことは言わん。死にな。23歳にもなって
そんな電話かけたりするバカなら自首するより死んだ方がいい。自首すりゃあ、
恥をかくからね。恥かくより死んだ方がいいよ。切に自殺をお勧めいたします。
                      ──『毒舌身の上相談』 】
 ―
後記)「死にな」がいい。「悪いことは言わん」「お勧めいたします」がいい。
 現在、これだけのことを言ったら「馬鹿たち」に袋叩きにあう。だから誰も、
こういうことはいえない。だから懐かしいのである。今東光が現在の若者、特に
負け組みといっている連中。
◎ 私が今東光に変わって言ったとしたら、こうなるだろう。
「この馬鹿野郎が!何が負け組みだ。そうしたのは御前自身だろう。
何が格差社会じゃい笑わすな。 手前に能がないのさえ自覚しないから、
   能がないままにしてきたのだろう。 知恵を使え知恵を。その程度のことは
幼児でも使っているじゃねえか、馬鹿野郎。知恵が無いとぬかすなら、足と手を
倍以上使え。御前に覚悟も知恵も無いことを自覚もしてねえで何が格差だよ。
いいじゃねか、格差も。もし、格差をつけられたと思っている連中、あんなもの
ゴミみたいなものじゃ。御前よりはマシぐらいだよ。そんなことより、知恵を
使え知恵を、この馬鹿が・・・」 てな具合になるか。    ーつづく



7585、閑話小題 〜如何なることやら… 第6波のオミクロン禍、これも厳しい! ―

2021年12月02日(木)

   * 2回のワクチン接種で終わると思いきや…
 2年にわたり続いてきたコロナ禍も、ワクチン接種で終わると思いきや…
息をつかさず第6波が発生した。そう甘くないのがパンデミックの実態。まだ国
の援助で凌いではいるが、サービス業を中心にして壊滅状態。体力のない国家は、
追い詰められ、内乱、国境紛争で不満を解消する道を歩むことになる。
恐ろしいことだが…100年前の道そのままに流れている。そろそろ、世界恐慌の
心配をしなくてはならない時節に入りつつある。ロシアと、中国が社会主義革命
に失敗した恨みを晴らすべきと準備をしてきた。プーチン、習主席、北朝鮮の
金主席らが、独裁化を勧め…戦時体制を創り上げてきた。
‘100年前にあたる数年前から、その手順に入った’とみるのが妥当だろう。
その最終武器が超音速ミサイル。これは、航空母艦を主とした圧倒的戦力を
持つアメリカが、その存在を無に帰す可能性を持つもの。独裁者の最大の武器は、
収容所列島化で、少数民族の奴隷にすること。 …100年前に狙われたのがユダヤ
民族と、その財産。今度は、中国による東南アジアと、西アジアの弱小民族。
何故か、こと国家は進化することはない。ロシア、中国に恫喝されて、アメリカ
に従属化される可能性もなきにしもあらず。
 ――
   * 何とも長岡的、牧歌的感覚の政治圧力
「俺のシマで勝とうとするなら、2000〜3000万が相場!」と、何とも長岡的、
牧歌的感覚の政治圧力があったと… 昔から工事など事業に絡む案件に、牧歌的
感覚な秘書と称する人物からコンタクトがある。長岡商業と、長高出身閥があり、
それは大きな力を持つ牧歌的世界が控えている。当然、衆院選ではテラ銭の要求が
あって然るべきだったが、2〜3日で何事もなかったように、吹っ飛ぶ案件。
≪ 泉田議員は1日、要求したのが星野伊佐夫 新潟県議会議員であると主張。
星野県議は否定しています。
【泉田衆院議員】「今回の総選挙において2〜3000万円の裏金を要求された。
要求したのは星野伊佐夫自民党長岡支部長」≫

・・・・・・
2020年12月02日(水)
閑話小題 〜現在時点の経済的マイナスの実感について
    * この辺りがピークか、それとも…?
 パンデミックになりかけた4,5月が7〜8割減から、ようやく4,5割減に
なりかけた矢先に、第三波による自粛要請で、元に戻りつつのが、現状。
飲食店主の不安そうなインタビューが、何とも痛々しい。このままでは、
年明けに多くの廃業、倒産は出るのは明か。空気感が、来年6,7月辺りには
落ち着くという空気感があるが、果たして、如何なるか?と迷うところだ。
こうなると、財務体力勝負になるが、長期のデフレ経済の中で、経済体力が
弱体化した中での、これ! 会社も、店も、存続すべきか、見切りるか、
思案のしどころ。何があっても、万一の備えが必要ということ!
 上り、下りの坂よりも、「まさかの坂」が、人生の常。常日頃から、石橋
をたたいた上に、最悪の事態を想定しておくしかない。誰もが助けてくれは
しない。 最後は独り。 群れ好きの日本人が一番欠けているのが、これ!
 ――   
   * 65歳以上は、自宅に鎮座していろ!というが、
 何ゆえに、わざわざ、小池知事と、菅首相が、<65歳以上は、自宅に
鎮座していろ!というが 医療崩壊で、最も、被害を受けるのが、高齢者。
イタリア、英国で、1,2波で、まず見捨てられたのが、高齢者。呼吸不全の
苦しみの中で、亡くなっていく高齢者の姿が、多く映像で流れ出ていた!
 それが、年末年始で、日本でも生じる可能性があればこそ…
≪* 都知事、都内発着の「GoTo」で高齢者に自粛呼びかけ… 期間は17日
まで政府の観光支援策「GoToトラベル」事業を巡り、東京都の小池百合子
知事は1日、首相官邸で菅首相と会談した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、
重症化リスクの高い65歳以上の高齢者と基礎疾患のある人を対象に、都内を発着
する旅行の利用自粛を求めることで一致した。自粛期間は今月17日までの予定…≫
 ―
▼ 日本に旧来からあった、外履き、内履きの分離〈スリッパ文化)清潔好き、
 マスク文化の御蔭で、パンデミックの被害が最小に抑えられてはいるが…
これまた、何時まで続くのやら。マスクコントロールをして、お茶を常に飲み、
3密を避け、常に手洗いと、消毒剤で手を清潔に保ては、大丈夫のようだが。
年齢もあるが、密の世界を好まないこともあって、このコロナ禍の事態には、
ストレスゼロ。おまけに三年周期の強度の腰痛ともなれば、もっての幸い!
 今年に入ってから、一度も、夜の外出は無し。人生で初めて経験だが、その
苦痛は全く無い! コロナ禍の世界は、老人のような生活様式ということ!
 私たちは、人工的な都会生活が理想像のように暗示されていたことに、
ここで気付かされたようだ。デズニ―ランドの都会生活版の日常に、慣らされ、
ライブなどの不自然な音楽に順応させられてきた。それに気づくのは、死に際!
 ――
 ところで、一世を風靡をした…星野リゾートのトップのコメントがあった。
<バブル崩壊期の1991年に長野県軽井沢町の家業の温泉旅館を継いだ。
2008年のリーマン・ショックや11年の東日本大震災などに見舞われてきた>
 今回のように旅行需要が全国、全世界で同時に弱まってしまうのは初めての
経験です。とはいえ、ワクチンが開発されれば解決するわけで、出口が見えて
いる危機も珍しい。あと1、2年、長くて3年と見込んでいます。
バブル崩壊やリーマン後の景気低迷はいつまで続くかわからなかったし、
震災による原発事故の風評被害にはいまだに苦しめられています。> 
 何やら、願望に近いが… 問題は、知能指数の低い、あの方々の脳内。
私もバカだが、あの方々は、もっと酷い! アメリカは、さすがに消えたが。

・・・・・・
4643, 老後の生活破綻、そして死 ー2
2013年12月02日(月)
      「老後の生活破綻 - 身近に潜むリスクと解決策」西垣千春(著)
  * 経済面から見る、高齢社会の現実
バブル崩壊後、弱肉強食の傾向が強まり、高齢者の生活にシワ寄せが来ている。
四人に一人が「苦しい生活」を余儀なくされ、四割が平均年50万の持ち出し。
国民年金のみの収入だけなら、厳しいのは肯ける。二ヶ月に一度の年金支払い日
の午前中の銀行の殺気立った高齢者の姿から、ギリギリの生活が見てとれる。
ある2千円均一のスナックは午後からオープンしているが、年金支払い当日は、
二ヶ月に一度の楽しみのため、ほぼ満席? 世知辛さの一端である。 
  ーその辺りから抜粋ー
《  ☆ 貧困につながる格差
 最後に指標の三つ目である「経済」、すなわち家計や暮らし向きは
・高齢者単独世帯の平均年間総所得(家計調査2008年)は175万円。
・夫婦のみの世帯では409万円である。
・内訳を見ると、夫婦二人世帯で、所得に占める公的年金の割合が65%、
 単独世帯では74%であり、高齢者世帯の多くにとって公的年金は主な収入源。
 なお、単独世帯には女性が多く、遺族年金に頼っている人が多い。
 高齢者のみの世帯では、稼働所得(仕事で得る収入)が約二割、
 公的年金が約七割を占めている。 
・高齢者世帯には、一般世帯の平均所得を上回る、600万円以上の世帯が約8%
 存在する一方で、100万円以下という、非常に所得の少ない世帯が15%も存在。
 また、収入が100万円〜200万円の世帯が最も多く、全体のほぼ四分の一を
 占めている。高齢者の新たな就業機会は殆どないに等しく、所得の増加は
 見込めない。つまり経済的に厳しい状況は最後まで続く。
・「相対的貧困率」という言葉は、2009年に初めて広く報道された。
 OECDの定義では、等価可処分所得(世帯の可処分所得を世帯員数の平方根で
 割った値)が全国民の等価可処分所得の中央値の半分に満たない国民の割合。
 2006年の時点で、日本人の相対的貧困率が15.7%という数値は衝撃であった。
 最大の理由は、ひとり親家庭、とくに母子家庭の収入の低さが挙げられるが、
 高齢者の貧困層の影響も大きい。高齢期に入ったばかりの「若い高齢者」は、
 人生で貧困を経験してこなかった人が多い。いざ仕事を辞めたとき、もし
 十分な貯蓄がない場合が悲惨である。
   ☆ 四人に一人が「苦しい生活」
・日本は国民皆年金・皆保険制度が整っている。生まれてから死ぬまで、
 心配なく過ごせるシステムのはずである。しかし先ほど見たように、
 高齢者によって、老後に費やせる生活費には大きな開きがある。40.4%の
 高齢者が、毎月または時々赤字になる状況で生活している。現在の暮らし
 向きが「大変苦しい」と答えている人が7.2%、「やや苦しい」が19.2%、
 ほぼ四人に一人が厳しい生活状況に置かれている。
・高齢者世帯のなかでも勤労者がいない世帯では赤字の割合がさらに高く、
 平均で毎月四万円余りの赤字となっている(総務省「家計調査」2008年)。
 一年間ではおおよそ50万円の赤字である。30年の余生とすると
 1千5百万が必要になる。
・65歳から69歳で就業していない人の割合は、男性で5割、女性で7割。
 年齢が高くなるほど割合は高く、収入も減る。つまり、歳をとるにあたり、
 経済的な不安をなくそうと思えば、勤労者である間に貯蓄が必要になる。》
▼「65歳から69歳で無就業は、男性で5割、女性で7割」とあるが、逆に、
 男半分、女3分の1近くが就業している。自営業や農林漁業がプラス
されても、やはり多い。市営住宅に入り、光熱費と食費を切り詰めても、
医療費などで15万円がギリギリ。4人に一人が「苦しい生活」のが現実。
核家族化で子供からの収入もあてにならず・・この厳しさは、日ごと増す。

・・・・・・
6107,閑話小題 〜再び「幸福アドバンテージ」について −2
2017年12月02日(土)
   * 青山学院・優勝の秘密
 ビジネスやスポーツのチームでも、「ポジティビティー比が高ければ高いほど
業績が良い」ことが知られている。その比が高いチームのいい例が、箱根駅伝で
2015から3年連続優勝を決めた青山学院。以前、TVに青山学院の監督が出演し、
優勝に至った秘密を披露していた。チームに「走る笑顔」として、原監督が、
「わくわく大作戦」と称している。
【 •暗い学生を入部させない
  •叱らない指導
  •楽しい練習
  •笑顔で走ると、
選手たちのポジティビティー比を徹底的に上げていった結果、
予選通過すらなかった青学を3年連続優勝に導いた。
ポジティビティー比を高めるには、次の3つが効果的と。
 1.ポジティブ思考
 2.感謝
 3.運動
特に感謝である。増やすコツは「ありがたい」を増やすこと。
「今日も健康でありがたい」「3度の食事ができてありがたい」
このように、「当たり前」のことを「ありがたい」に変えていく 】

▼ 考えてみれば、「幸福優位性」の応用である。「旅行」と「旅」の違い
 と同じある。「旅行」は、行先に辿り着くことに重心を置くが、「旅」は
到達するまでの過程を含む。同じ人生なら笑って過ごした方が良い。7年近く
前のリタイア時に、心の危機対策に、内に押し寄せくる毒素の解毒に、まずは
精神にはストレスを溜めないこと。物理的解毒剤として運動量を増やすことに。
それを前提に、一日単位、週、月、年単位にスケジュールをたて、習慣化する
ことにした。 膿持ち人が、その毒気を傷口に塗りつけてくるところが娑婆。
己を衛るのは己のみ。マイナーの時節ほど、ポジティブ比を高める必要がある。
自分が自分であるためには、まず、自分の日々が楽しく、幸福感に満ちている
ことが、第一。この文章を書いている、この早朝の時間も、好きなことを、
自主的に過ごしているためか、アッという間に過ぎてしまう。そして、一日も。
 まあ、幸せなことで! 
追: 再び偶然だが、3年前の文章そのままが、丁度よい脈絡として続く。
 幸福になり、その幸福維持には、厳然たる法則が。そう軽く、甘くはない。

・・・・・・
5010,幸福優位7つの法則 −2
2014年12月02日(火)
      【幸福優位7つの法則ー幸福と成功の意外な関係】
                       ショーン・エイカー著
  * 幸福の概念と、幸せな人
 それぞれの内容一つ一つに含蓄があり、納得させられる。その法則とは・・ 
法則1 ハピネス・アドバンテージ〜幸福感は人間の脳と組織に競争優位をもたらす
法則2 心のレバレッジ化〜マインドセットを変えて仕事の成果を上げる
法則3 テトリス効果〜可能性を最大化するために脳を鍛える
法則4 再起力〜下降への勢いを利用して上昇に転じる
法則5 ゾロ・サークル〜小さなゴールに的を絞って少しずつ達成範囲を広げる
法則6 20秒ルール〜変化へのバリアを最小化して悪い習慣をよい習慣に変える
法則7 ソーシャルへの投資〜周囲からの支えを唯一最高の資産とする
  ー以上だが、再起力、20秒ルールには特に新鮮な驚きを感じる。
  ★ 法則1、「幸福感は人間の脳と組織に競争優位をもたらす」
 ごく身近に、幸せを絵に描いたような人がいる。その母親が、この数段も幸せ
そうな人だった。しかし唯我独尊、自分の周りに太陽がまわっていると信じて
疑ってない。観察すると、ポジティブ感情が異常に高く、≪私は特別の存在≫
とのたまう。誰の心の底には、近い感覚があるが、年齢とともに片隅に追い
やられるが、この感覚が衰えてない。『絶対幸福の人』というのだろう。 
  ー幸せの概念についての箇所を抜粋してみるー
≪・私にとって幸せとは、「自分の可能性を追求して努力するときに感じる
 喜び」である。幸せは主にポジティブ感情によってもたらされる。幸せ
というのは、条件でも状況でもなく「心で感じるもの」だからだ。研究者に
よっては、「幸せ」という言葉を避けて、基本的に同義の「ポジティブ感情」
とか「ポジティビティ」という言葉を使う人もいる。
・ノースカロライナ大学のバーバラ・フレドリクソンはこの分野で、世界で
トップクラスの研究者。彼女は、「喜び」「感謝」「安らぎ」「興味」「希望」
「誇り」「愉快」「鼓舞」「畏敬」「愛」という最も一般的な10のポジティブ
感情について説明している。このリストを読んだだけで、幸せの豊かな
イメージがわいてくるだろう。・・(略)
・ノートルダム教育修道女会に属する18O人の修道女(全員1917年以前生まれ)
の古い日記である。彼女たちは毎日、思ったことを自伝風に日記に書くように
言われていた。50年後、ある優れた研究者のグループが、この日記に含まれる
ポジティブ感情をコード化を思いついた。 20歳のときの幸福度が、修道女
たちのその後の人生にかかわりがあるかどうかを調べたのである。そして、
かかわりは大いにあった。楽しそうな内容を書きつけていた修道女たちは、
ネガティブな、普通の内容を書いていた修道女よりも10年近く長生きした。
修道女たちが85歳のとき、幸福度が高い方の25%に入っいた人たちの90%が
まだ存命だったのに対し、幸福度が低い方の25%に入っいた人たちは34%
しか残っていなかった。20歳のとき幸福度の高かった修道女は、自分が長生き
すると知っていたわけでない。彼女たちの長生きは幸福感がもたらしたもので、
その逆ではない。≫
・4歳の子供を2つのグループに分けて、同じような知的な作業をさせる。
 「積み木を組み合わせて別の形を作る」というようなことだ。その時、
片方のグループには作業開始前に「何か嬉しかったことを思い出そう」と
指示を出してから作業をスタートさせる。もう一方のグループには何も
指示しない。すると、明らかに「嬉しかったこと」を思い起してから作業を
スタートしたグループの子供達がスピード速く積み木を組み合わせることが
できるのだ。まだ4歳で、大きな幸福経験を積んでいないような小さな
子供達でも、このように差異が出る。
▼ 最後の挫折付きだったが、創業人生は「自分の可能性を追求して努力する
 ときに感じる喜び」の日々でもあった。それに10のポジティブ感情(「喜び」
「感謝」「安らぎ」「興味」「希望」「誇り」「愉快」「鼓舞」「畏敬」「愛」)
もあった。だから、挫折感とか、後悔は思いのほか少ない。それらは、数十年
の毎朝の読書習慣が培ったもの。で、日々是好日、いや日々是口実か。


7584,閑話小題 〜如何なることやら… 第6波のオミクロン禍、これも厳しい! ―

2021年12月01日(水)

  * <ロダン 言葉称>

 ネット上で、<ロダン 言葉称>で検索すると以下のような内容があった。
 そこには、何とも魂を慰めてくれる感想があった。恐らく、天国で神が存在
していたら、以下のように慰めてくれるのだろう。経験してきた全てには意味が
あり、何かの示唆がある筈である。そして、許しを与えてくれている。
 やはり、無知は罪である。<汚れてしまった悲しみに…>が、人生の最期に
問いかけてくる。無知しか得られない経験もあるとしても… 
「何をやってきたというのか… 御前は!」 この言葉を喚起させてくれている!

≪ のろまでいいのだ。年を取っていく事でしか得られないものがある。
 焦る必要はない。忍耐を持って歩め。「創られたものすべてを凝視する事、
及びそれに美を感じる事、そこに幸福がある。どうしてそれ以上望めましょう!
生命こそ一番美しい祝祭です。そして無限です。」この言葉ほど自分を勇気づけ
慰めるものはない。そして、いつの日か自分もこういう事を言える人間になり
たいのです。
・「自然」 をして君達の唯一の神たらしめよ。彼に絶対の信を持て。 
彼が決して醜でない事を確信せよ。そして君達の野心を制して彼に忠実であれ。
・美はいたるところにあります。美がわれわれの眼を背くのではなくて、
われわれの眼が美を認めそこなう。
・自然はつねに完全です。決して間違いはない。間違いはわれわれの立脚点、
視点の方にある。骸骨にすら美と完全とがある。
・眼が見えるということは一生涯もかかる教育の果実・芸術とは自然が人間に
映ったものです。肝腎な事は鏡をみがく事です。
ロダンは繰り返し、自然を研究せよ、芸術家は創作する必要はない、自然を
掘り出すだけだ、というようなことを語る。そして古代の芸術を見よ、彼らは
自然を訳出する術を知っていた、と。 彫像家のロダンの言う「自然」には、
もちろん人間そのものも含まれている。それが、当たり前のことのようで、
自分にはものすごく新鮮なことだった。
・「自然」 をして君達の唯一の神たらしめよ。彼に絶対の信を持て。
彼が決して醜でない事を確信せよ。そして君達の野心を制して彼に忠実であれ。
・美はいたるところにあります。美がわれわれの眼を背くのではなくて、われ
われの眼が美を認めそこなう。
・自然はつねに完全です。決して間違いはない。間違いはわれわれの立脚点、
視点の方にある。骸骨にすら美と完全とがある。
・眼が見えるということは一生涯もかかる教育の果実・芸術とは自然が人間に
映ったものです。肝腎な事は鏡をみがく事です。≫
 ―
▼ 一つの言葉で、多くの罪を犯さずに済んだ。<後味が悪いことは避ける!>
 しかし、後味の悪さばかりがフラッシュしてくる。

 

 < 過去  INDEX  未来 >


horii86 [HOMEPAGE]