堀井On-Line



756, 全日本柔道選手権−2

2003年04月30日(水)



 去年も書いたが4月29日は講道館ルールでおこなわれる「全日本柔道選手権」
がある。勝てば天皇杯をもらえる。
毎年必ず楽しみにしてみている。
無差別でおこなわれるのが面白いし、毎年何らかの因縁の試合がある。
今年は、
・篠原選手が引退をかけて出場してきた事と
・鈴木と井上選手の勝敗がどうなるかである。
数ヶ月前の世界選手権をかけて争った体重別選手権で鈴木が勝った。
しかし過去の実績で代表は井上が選ばれた。
もし今度も鈴木が勝てば、井上の代表はどういうことか疑問を持たれる。
結果は井上が一本勝ちで面目を保った。
優勝インタビューで井上は男泣きしていたが、鈴木も表彰式で泣いていた。

篠原は僅差で負け引退をした。
去年準優勝の棟田は怪我をおして出たが、そうそう負けてしまった。
感動的な緊迫した一瞬も見逃せない真剣勝負が多かった。

去年の柔道選手権の文章をコピーしておきます。
 ・・・・・・・・・
 2002年04月30日(火)
 392, 「全日本柔道選手権」−1

4月29日といえばこれである。
この面白さは体重別でない事だ。
軽い体重の選手が結構勝ち抜く。
それと真剣さを感じる、永年の歴史の重みであろう。

柔道の面白みはもともと「小さいな男が大男を投げ飛ばす」ところにあった。
それが世界的に広まっていく過程で、階級別になっていった。
それぞれの体重別のトップが次々に出てくるところが面白い。
その人が2〜4ランク上の準実力者と闘うからだ。
100キロの井上が150キロの選手を投げ飛ばしたていた。
最後は井上が一ランク上の棟田を破り優勝した。

この試合が近年まれなるよい試合であった。
両者とも絶対に勝つというぶつかり合いで、会場も異様な熱気に包まれた。

一〜二階級の違いなら、トップクラスの方が勝つ事が多い。
勝ち方を知っている為だ。
四月最終日曜日の天皇賞と、これを見て初めて連休を実感する。
ああそれと鯉のぼりだ。


755, 「怒る技術」ー読書日記

2003年04月29日(火)

 
 タイトルが面白そうなので買ったが期待したほどの内容ではなかった。
私が怒りっぽい人間でこの技術を経験上身につけてきた事もある。
 著者と同じ年齢で闘争的であることもあってか合点することが多かった。
私の場合は子供の頃から兄姉やクラス内の喧嘩で怒りの山であった。
また学生時代の寮生活で、怒りのテクニックを身につけざるを得なかった。

 創業でも色いろな場面に遭遇したことが多かったこともある。
怒りの山を一づつ乗り越えてきたというのが実感だ。
その意味では、この本は哲学者の言葉の遊び的な甘さもあった。
しかし彼がウイーンで、怒らなくては生きていけなかったというのは
よく理解できる。ヨーロッパ人は実によく怒るそうだ。
喜怒哀楽を冷静に使い分けないと、事業など出来ない。
著者も彼らの「怒る力」には及ばないと書いてあった。
彼らはわれわれ大和民族と怒りの表出の仕方が違うという。

彼らの特徴は
・すぐにその場で怒りを表出する
・以前の怒りを根に持つことが少ないこと
・怒りは激しく、しかしただちに収まること
・怒りの表出が言葉中心であること
・個人的に怒ること
・演技的怒りであること
以上であるが、全く私が身につけた怒りかたと同じである。

 寮生活をしていて、大学を卒業しながら、社会に溶け込めず寮に入り
浸っている先輩の群れがいた。
大人しくしていたら部屋のものを持ち去ってしまうこともあった。
直接攻撃もできないし、ただ見ているしかないこともあった。
彼らの姿から、脱皮していくには過去の場所には二度と行っては
ならないことを学んだ。
  
 怒りは貯めておくと、膿になり化膿してくる。
自分でコントロールしなくてはならない。
この本の中に「怒れない人達」というのが書いてあった。
何か気の毒のような気がする。
最近こんなものかと怒りが少なくなってきたが、それでも山のようにある。

・・・・・・・・・・

「怒る技術」
PHP研究所(2003-02-28出版)
・中島 義道【著】
販売価:\1,300(税別)
ー内容ー
たとえ間違っていようと、あなたは怒るべきである。
20年にわたる壮絶な対人闘争から掴んだ「怒りの哲学」。

1 怒りを感ずる技術
2 怒りを育てる技術
3 怒りを表現する技術
4 相手に怒りを伝える技術
5 相手の怒りを受けとめる技術
6 怒らない技術
怒りを効果的に表現する著者独自のテクニック。
日本人は怒るのが下手だ。周囲との軋轢を恐れ、すぐ黙る。
ヤワな日本人に向けて、筋金入りの怒り巧者が語る実戦的な怒りのテクニック。

 現代日本には、怒らない、あるいは怒ろうとしてもうまく怒れない人が
うじゃうじゃ生息している。そうかと思うと、突如としてキレる青少年も、
蔓延している。著者によると、これは車の両輪のような深い関係にあって、
「怒る技術」を学ぶ機会がなく、むしろ怒ってはならないことばかり教えられて
きたがゆえに発生している、現代日本人特有の症状である。
著者もまた怒れない青年だったが、ウィーン留学時の体験が大きな転機になった。
ヨーロッパ社会では、怒りを表出しなければ、まともに生きていけなかった
からである。帰国後も騒音の音源に対する抗議を通じて、著者の怒る技術は
ますます磨きをかけられ、ついには、場面に応じて怒りの表出のしかたを
自由自在に操作すること、つまり「怒りを演技する」ことが可能になった。
これは相手に怒り伝達し、具体的な効果を得るために最も有効な技法であり、
本書では、そのテクニックを著者の体験に即して読者に指南する。

・・・・・・・・・・
 ー感想ー
 この著者は怒りの代用として対象への軽蔑がある。
そのことに気がついてない。
自分が生きているだけで精一杯でしかないのか、それとも哲学者のゆえんか。
「怒りの代用としての軽蔑と、生きていくだけで精一杯」は自分のことだからよく解る。
私の場合と違うのは、この人の人生は全く楽しくないということだ。
本人もそう書いている。  「笑いの技術」でも書けばよいのに!
要らぬお世話と怒られるか!

 昨夜この下書きを書いて寝た為か今朝面白い夢をみた。
ペガサスクラブというチェーン店理論のコンサルタントの
一種気違いに近い怒り方をする渥美俊一先生が、セミナーで招いていた
先生ー経済評論家のリチャード・クーを、私語をしていたといって殴りつけたのだ。
なんでリチャー・クーなのだろか解らないが?
そして二人は喧嘩をしながら、会場外に出て行った。
恐らく警察をクーが呼んだのではと思いながら・・・・
で夢が覚めた。こんなものだが、それにしても脳は面白い!
話は変わってしまったが!


754, サエゼリアで思うこと

2003年04月28日(月)

 サエゼリアのことは、よく事例として書くが更に書く。 
先日の新聞でスパゲッテーを何割か値下げを発表した。
290円ラインのスパゲッテの新商品も新たに加えていた。
少し工夫すれば夕食を二人で千円で済むことになる。
ドリアにスパゲッテーにミニサラダにグラスワインで千円である。
さすがである。
イタ飯は、一つのサラを2~3人で食べるのが中華料理と同じだ。
前菜を入れて三品を食べたことになる。

ー以下の文章は数ヶ月前に書いてそのままペンデングしておいた内容である。

 イタ飯レストランのサエゼリアのニュースが出ていた。
前年の9〜12月の既存店の売り上げがマイナス14佑箸いΑ
それでもこの三年間で450店の出店をして1000店に持っていくという。
豪州にその為の工場を作って完成したと日経新聞に書いてあった。

 この店には自宅の至近距離にあって、月に1〜2度は行く。
スーパーの弁当と同じか安いのには驚く。そして行く度に値段が下がっている。
量も減らしているが、不味くはないのが良い。
1千店になった時に規模のメリットがさらに出てくるだろう。

 殆どの商品がセントラルキッチンから半製品になって店に送られてくる。
あれだけの席のホールをアルバイトと思しき若い子が1〜2人でこなしている。
忙しくなると中の人が飛び出してきて、ホールを手伝うのも合理的だ。
品出しをした後、必ず食べ終わった食器を下げるのもこの店の特徴である。

 考えてしまうのは、このような勝ち組で業態がしっかりしている店が
14佑稜笋蠑紊殴瀬Ε鵑箸い事だ。
実勢として15〜20佑離瀬Ε鵑今の日本の消費の実態ではないだろうか。
北海道出身の家具のニトリも定点観測で数ヶ月に一度は見に行くが、
行く度に安い商品に重点が移っている。
応接セットのイスと机もばら売りに切り替えている。
それだけ厳しくなっていると考えてよい。

ー以上が数ヶ月前の文章だが、それからやはり手を打って客単価を下げてきたのだ。
たまたま至近距離にあるので、定点観測をしやすいので注目しているが、
居酒屋も含めて飲食チェーンで一番お値打ちを感じる。
最近はチェーン店以外に入ると、いつも失望して店を出てくることが多い!


753, 孤独について考えてみた

2003年04月27日(日)



 自分の強みは何だろうと考えてみた。
「孤独に強い事」である。あまり人といなくとも平気である。
若い時の都会の生活や勤めの時代に鍛えられたことと、8人兄姉の末っ子だった
こともある。一人でいつも遊んでいたという。
創業を独りで何回か経験をしてきたのが、さらに孤独の訓練になった。
孤独をポジティヴに前向きにしなくては、無から有は創れない。
青年期はそれほど強くはなかった。実際は空元気であった。

「孤独を恐れるのは、ひとりそのものではなくて、孤独であることを責める自分
の中の内在化された他者の声である。それが多くの人の心を責めさいなまし、
安らかな心を破壊してしまう・・・」とある本に書いてあったが、私の場合そのような
内在化された他者の声は全くない。
独り事業を何回か立ち上げてきた為に内在化する余地がなかったのだろう。
それと行蔵が整理?されていたこともある。
あとは幼児期に両親や姉兄にタップリと愛情をそそがれた事が大きい。

 日本というのは孤独を白眼視する、同調的で画一的、群れや集団に属さないことを
忌避する、個人が自立できない幼稚な社会である。
これは仏教と島国が長年の間に影響してきたのだろう。
現代のように人から嫌われることを極度に恐れ、他人に従順になりすぎる大多数の
人には、逆に「人から嫌われる強さ」が必要である。
群れていれば安心している輩があまりにも多い、まあ如何でもよいことだが!
孤独をきっちり確立した上で、寂しさを紛らわしたくなったら、そういう場に
行けばよい。独身時期はきっちりとその組み立てをしていた。
居酒屋に行けばいくらでも、癒してくれる店主やママや飲み仲間がいた。

 本当に孤独に対して訓練されてない人が多い。
そういう人が仲間になって群れてしまうから更に悪い。
今回の青年会議所仲間同士の殺人事件など、そこがバカや低脳児の集まりの場で
しかないことの証明でもある。本人たちは全く気がついてないのが哀れである。
仕事の手段として群れているつもりだろうが、手段が目的にすりかわってしまうのだ。
手段の遊びが、目的になってしまうのだ。
 過去を考えると他人事ではないが!??

 ー孤独を失った時の損失を考えてみると
・独創性や創造性であり
・夢や目標や目的の喪失であり
・自我の確立であり、また自己の心の成長であり
・自分らしさや個性、独自性、心の自由、行動の自由、趣味の自由などである
群れや際限なき仲良しゴッコはそれを補ってあまりあるものなのか疑問である。
たえず友達や仲間といっしょにいる人は、群れの奴隷となり、自分を失っている。
私の嫌う子狐があちこちで群れているが、「和して同ぜず」ではなく、
「同じて和す」ということか。その「同じる」が恐ろしいのだ。

「個性個性、孤独孤独といって石のカタチの違いこそ大事だといっても、
所詮は砂利は砂利でしかないのに、解ったことをぬかすな!」
という心の奥の声がする。


752, SARSの不安

2003年04月26日(土)

 

 もしアルカイダーか北朝鮮のテロなら!と考えると、背筋がゾッとする。
発生源が特定しているからまだよいが、そうでなかったらテロと疑われ
パニックになるところであった。
単純な自爆テロなら、その範囲で済むが、火薬を細菌に置き換えたテロを
彼らが始めたら大変なことだ。
 
 中国の香港や広東州からばら撒くのが、世界恐慌を狙う彼らからみた時に、
一番効果的である。あまりにもTPOSがよすぎる疑問が残る。
もしアルカイダーの立場なら、自分を感染させてアメリカとか日本に行くのが
効果的である。不特定多数の殺戮とパニックを狙うのがテロである。
悲観的に考えたらどこまでもマイナスに考えられるが、そこまで今は危ない
状況である。これが世界中に蔓延をしたら、パニックと恐慌は必至である。

日本などはすぐにパニックになりやすい国だ。
北朝鮮あたりが、その病原菌を貯水池などにばら撒くことも考えられる。
北京は市内閉鎖の噂で飛行場に人が殺到したとか、スーパーや小売店が買いだめの
お客で殺到している内容のニュースでやっていた。
私達のようなサービス業は、国内で蔓延をしたら一番影響をうける。
全ての人が他人事でないのが流行り病だ。
先日、新幹線で咳をしたらいっせいに視線が集まった。
飛行機で世界中に一瞬に広まるのだから、恐ろしい。

これに北朝鮮の大問題だ、どうなっていくか?


751, 不思議-シンクロニシテー

2003年04月25日(金)

 
 以前にもシンクロニシティーについて書いたが、また書く。
親戚の葬式で不思議なことがおこることが多い。
不思議な現象で特に多いのが虹だ。5~6回はある。
先日も葬式から帰ってきて散歩にでると、過去15年以上を散歩
をしているコースで初めて大きな虹を見た。
ああまた出たという感覚である。

 その中で一番凄かったのは、7~8年前に義父が亡くなった時である。
葬式が終わり柏崎から車で帰ってくる曾地峠で虹が7回も
次々に出て、その下を通ってきたのだ。
曾地峠は過去に数百回は車で通っているが虹が出たのは勿論
はじめてである。
 
 以前にも書いたが、ゾクッとしたのは8年前に近くの分家にあたる
従兄が自死した時のある現象である。
納棺の時に、突風が自宅に吹き込み桜の花吹雪が舞い込んだのだ。
写真を撮っていたが、汗びっしょりになった。
そして納棺が終わると同時に、その突風が止んでしまった。
天気予報で午後の三時過ぎに突風が吹くといっていたが、
納棺の時間が偶然に一致したのだが。
死ぬ前日に桜の花をいっぱい撮っていた。
こういうのをユングが「意味ある偶然の一致」といっている。

 涙雨というのは昔からある。
晴天でも葬式の時だけ雨が降る現象だ。
それなら大都会では毎日降っていなくてはならない。
地方におきやすいのだろう。
人知のはかれない何かがあることは間違いない!

以前書いたものをコピーしておきます。
   ・・・・・・・
H0407霊的体験
 二十年近く前になるが、父の死後四九日の終わるまで何度か不思議な
 体験をしてみた。

死後一週間後位か妙な夢をみた。私自身父の気持になり“死にたくない。
もっと生きたい、生きたい”という“念”になってしまった夢である。
そして夢よりさめた時の妙な気持。私自身父になってしまった。いや私自身
(父自身)生きている!という妙な不思議な感覚である。
夢の“念”は父そのものであるし、父と一年身近で苦しんだ為に“念”が
自身実感できたのだと思う。それが夢よりさめた自分の魂が“父の魂”と一緒に
なったという不思議な実感。恐らく経験した人間ではないとわからないはずだ。

また死後二〜三日後の夢も強烈な夢(?)であった。
何か強烈な恐怖感がおそってきた。その時、父のベットで寝ていたが
“おやじ助けて!”と言ってしまった。と同時に廊下の向こうにある仏間より
本当に強烈な“引力”が足をひっぱった。
そのひきずりこまれた瞬間ベットにしがみついたがその時隣に寝ていた母が
スクッと立ちあがりトイレに行った。全身汗びっしょりであった。
まだまだ不思議な事がいっぱいある…。あれ以来最近は少なくなったが
幽体離脱とか、妙な霊的体験が多くなった。


H0511妙な夢―(機  ある夜半、自宅のどこかで音が聞こえた。
泥棒ではないかと起きようとするが半睡眠状態で身体が動かない!
起きよう起きようとしているうちにスーッと身体が起きて廊下に出て、居間に行き、
台所を通り、寝ていた部屋へ一周してもどってきて布団に入る。
ところが、ところがである。自分の肉体は反対側の向きでねている。
まずいと思い反対側にねがいって自身の肉体と一緒になるという夢(?)である。
これが単なる夢か幽体離脱七日まだわからない。
 また、こんな夢(?)もみた、明け方、自分の身体が1.8m位浮いて
(そのまま水平にいて)下をみると自分の肉体が下にみえる!直観的にまずい
と思い下にもどろうとするがもどれない。かなりうなされていたと思うが?
何年か後に誰かにきいたが、霊現象の一つで、よくある事だそうだ。
こんな事もあった、これは夢ではないが屁の天井や床の下四ケ所で次々と音がする。
はじめは気のせいか夢かと思い、じっくりと観察を数夜してみたが、しかし夢では
なかった。ところで当社の税務事務所の応接間でも同じ現象があるそうです。
H0511妙な夢―(供  秋葉原のワシントンホテルに泊まった時の事、夜半、
何かのケハイに横を見ると女の人の顔が浮いている。夢だろうと腕をつねったが痛い、
これは面白いと、メガネをかけじっくりとみた。全体が白光色の黒髪の27〜28才位の、
のっぺらした美人であった。別に恐ろしいという事もなかったが顔ははっきりと憶えている。
ところが何年か後に会社のある人にその話をしたところ
、“それってみんな同じ顔をしているんだよね!”
といわれた時、はじめてゾーッとした。
 またこんな夢もある。夜半目がさめて寝むれないので、般若心経をとなえて、
 ウトウトした頃、急に別空間にひきずりこまれそうな感覚になり、まずいと中断した。
 あの別空間は“別宇宙”“ブラックホール”的イメージであった。
 その前後の夜半に夢で宇宙船みたいなものが近くおり、乗れという、
 これも乗ったら危険と直観し去けた夢である。あれに乗ったらどんな景色がみえた
 のだろうか?単なる夢とかたずけられない妙な内容であった。


750, ある人生

2003年04月24日(木)

 先日親戚の葬式で、故人の息子の一人に30年ぶりにあった。
2歳年下で、中学を卒業したと同時に日本橋の蕎麦屋に勤めにいった。
といっても出前持ちである。
一度その店に行ったこともあったが、将来自分の店を持ちたいといっていた。
大人しい無口な、あまり機転が利かないタイプで、店を出せるタイプでない
典型の人と思っていた。

 その彼が何と店を持ったという。そして数年前に7年やった店を
閉鎖をしたと聞いて驚いた。涙がドッと出てとまらなかった。
大小にかかわらず創業がいかに大変かを身にしみてわかっているから、
彼がまがりなりにも新潟で単身で店を出した苦労が解るのだ。
 
 20数年働いた1千万で、誰の力も借りないで新潟市で、
あの大人しい彼が開店から閉鎖まで自分一人でやったという。
彼の性格からいって、人の数倍の苦労があったのが想像できる。
若い時の甘い顔は一仕事をやり遂げた野武士のような面構えに変わって
いた。そして自分のやってきたことに自信を持っていた。
この自信こそ人生で一番大事なことだ。

 一心は岩をも通すというが、正に彼はその人生を貫いたのだ。
20数年かけて一心に働き、店の営業を含め合計30年以上の
ワンクルーを一心にやりとげたのだ。
隣で、その兄が「凄いことだ!」といっていたが、
それを聞いてただ涙が出て止まらなかった。
「それが如何したことか?何処でもある話ではないか」
というストーリーかもしれないが、彼の純粋な大人しい性格を
知ればこそ感動したのだ。それも独身で!

 彼の30年以上のスパンで、やり遂げた一心さは,
どんな成功者より凄いことだと思う。
少しオーバーかもしれないが、「山田太一の世界」といってよい。
人生の何たるものかをこの人に教えてもらったようだ。
私の尊敬する人が一人親戚にできた。
 今は柏崎の実家で母親と住んで、掃除会社に勤めているといっていた。
この経済の暴風の中やる気をもらった。


749, リオのカーニバル

2003年04月23日(水)



 この時期になると例年、NHKハイビジョンでその内容が放映される。
毎年三月の初旬に開かれ,約一月後に放映されている。
何とも派手で陽気で豪華で楽しい!
8年前にいって、その雰囲気を知っているから、観ていても楽しいのだろう。
違うのは音量の大きさと、会場の熱気が直接伝わっていることだ。

 TVを観ていると、会場に行っているような錯覚をしてしまう。
以前にも書いたものを後でコピーしておくが、なかなか奥行きが深い。
ブラジルではTVなどで生中継される全国的な行事なっている。
今回、あるチームの準備などの内幕をドキュメント風に紹介していた。
80分の持ち時間の演技のために一年間の準備をする。

 審査項目が10項目あり、それを細かく説明していた。
・テーマ曲の良し悪し
・打楽器ーバテリアの内容
・テーマの紹介のパフォーマンス
・同じ衣装のダンス隊のダンス
・山車の美しさ、テーマの解りやすさ、迫力
・チームの旗手の踊り
・そのチームの女王の観客へのアピールと反応
 等々ある。
プロの演出者を雇い、その年のテーマにそって
カーニバルとサンバと山車や音楽や衣装が組み合わされる。

今年もなかなかの出来であった。
数回再放送でやるから、何回もみるつもりである。

ーー以前書いた文章をコピーしておきますーー

H0703  ブラジル旅行記

 “行って吃驚!玉手箱”主観をこめて現地の実感を書いてみる。
カーニバルはリオディジャネロだけでなく、全国津々浦々の都市で行われており、
四日間全国がお祭りの為休みとなる。その最も有名で世界的に知られているのが
リオのそれなのである。
リオのカーニバルのランクがA・B・CとなっておりAランクが9チーム、
Bランクが15〜16チーム、Cランクは数十チームとなっている。
AとBチームが特設スタジオのメーン、ストリー800mを80分の持時間で
踊りながら行進する。そこは六万人の観客席があり、審判席で厳格に審査され、
その年の優勝等順位があらそわれる。

 そのチケットは一般の人はほとんど入手不可能である。
我々のTV新聞等で目にするのはCチームが街頭で行進するものでしかなかった。
チームは四千名が1チームで構成されており、それが約500名×8チームに
細分化され統一のコンセプトのもとに仮装が華やかにつくられている。
音楽も各チームごとに毎年新しいコンセプトのもとに有名作曲家が名誉を
かけてつくる。その作曲も採点の大きなポイントになるという。
一日6〜8チームが夜の七時より翌朝の七時まで延々と踊りの行進が続く。
観客席もその行進曲にあわせて半数以上が踊っている。
音響もすさまじく隣の人の声は全く聞こえない。

 上位数チームが翌週の土曜日に優勝をかけて再び行進がおこなわれて優勝チーム
は10億以上の賞金がつき、かつ翌年に向けてのよいスポンサーが約束される。
その年の山車とか衣装は翌年に持ちこさずすべて破棄するという。
カーニバルをみていて“気”とか“色即是空”とか“禅の悟り”がすべて含まれ
ており、東洋的なこのような言葉が小さくみすばらしくさえ思えるくらいだ。
ブラジルの印象として残ったイメージとしてのキーワードを書くと“サッカーと
“サンバ”(カーニバル)と“森林”と“イグアスの滝”そして“汚職まみれの国”
である。さらに加えるなら“まずしさ”である。


748, 思い込み

2003年04月22日(火)



 中学の頃、血液検査でB型といわれて30年経った10数年前に、
自分が実はA型ということが解った。
その時の驚きは天地が引っくり返る位であった。
「自分はB型で、その性格は努力型で、独創型のマイウエータイプ!
部下や友人にはO型が適正、女性はA型が(^_-)-☆−大好き!
男の相性の悪いタイプはAとAB型と信じて生きてきたのに!」
そのA型が自分自身だと!!
「今まで信じてきたことは何じゃい、これは!」が、その時の実感である。

 逆に考えてみると、条件を設定をして、その中でパーツをたてれば
いろいろな自分を創れるということだ!
暗示をかければ、その通りになってしまう実例でもある。
それにしても、こんなバカみたいな事が実際にあるのだ。
実の親と思っていたが、実は違っていたという感じである。
面白いものでBの対極のA型といわれてみると、自分は本来はA型タイプ
に思えてくるから面白く、かつ単純なものである。
それからはA型類型の性格の自己暗示にいつの間にかかかっている?

 金沢の会社にいたころ、誰かの手術で緊急に寮生のA型が集められた。
全く自分とは正反対な性格の連中であった。その時やはり血液型は性格
形成の基礎になっているのだと実感したのに、あれは何だったのだ?

 人間なんてものは全て言葉による刷り込みを、言葉によって剥がしていく
動物でしかないのだろう。そこに不条理が発生してくるのだ。
イスラム教とキリスト教の対立も、その思い込み?が起因している!
宗教ー経典は刷り込みの典型である。

地方にいれば地方の、都会にいれば都会の思い込みがそれにあたる。
思い込んでるのが愚か者、それを冷笑しているのがバカというのが
何かに書いてあった。


747, 散る桜残る桜も散る桜ー2

2003年04月21日(月)

 ー雨中の花見
 昨日、散歩がてらの悠久山の花見に行ってきた。
毎年のこの時期の恒例の一人花見である。
もう十年以上続いている。
他の場所はどうか解らないが、長岡は4~5年に1度があたり年である。
季節の微妙なバランスが影響しているのだろう。
今年は例年並であったが、満開時期に雨が続いたという点で外れの年と
言ってよいだろう。

 午後一番に悠久山に向かって出発したが、小雨がダンダン大粒の雨になり、
丁度悠久山の参道に到着したと同時に大雨になってしまった。
いまさら帰るわけにもいかないし、とりあえず瓢箪池に行く。
それでも、いろいろな団体がテントの中で「やけ花見?」をしていた。

 雨が桜にとっての天敵ということが散歩をしていて解った。
それまでは大風と思っていたが、雨も桜の花を叩き落してしまう。
最近の桜では6年位前に2~3年に大当たりが続いた。
その時に早朝、悠久山で写真を撮っていると、中年の男の人が話しかけてきた。
「自分はこの近くに住んでいるが、これだけの桜は初めてだ!」
という。それだけすばらしい桜だったのを憶えている。

 ここで桜を見ていると、子供の頃家族で夜きたことを思い出す。
参道の両側に多くの屋台がならんで華やかな雰囲気であった。
もう50年も前のことだ。
 
 花見こそ一期一会である。
吉野とか京都の名所のあたり年の桜は、魂を吸い取ってしまうのだろう。


746, 笑われている自分を笑っている面

2003年04月20日(日)



 数年前の話である。 
高校の同級生が、ある会ー精神修養団体の支部ー主催で講演会をやるから、
聴講して欲しいと頼まれた。
たまたまその話し手の手記を読んだ事があったので、二つ返事で参加をした。

 300人位の講演会で同級生が開会の挨拶をした。
恥ずかしいそうな顔をしての挨拶が何とも可愛らしい味のある顔であった。
それから数ヶ月後に、同級会で顔を会わせた。
何げなく「お前も、やっと面ができてきたな!」と言うと、
本人がすかさず「どういう面か?」と聞いた。
正直にそのまま「笑われている自分を笑っている面になっていたぞ!」
と言葉がでてきた。
どうしようも隠せない心の顕れが純粋にでた面であった。
それも他人に良かれという仏心のが表れた表情は何とも良いものだ。
本人も何か嬉しそうな顔をしていた。

 自分の心の傷を最小にするには、他人に笑われる前に先に自分で笑ってしまう
のがコツである。その意味で、この随想日記も赤裸々に心の奥を曝け出して
笑われるのを承知の上で書いているのも「笑われている自分を先に笑っている」
ことにになる。

 ところで人間の顔というのも面白いものだ。気持ちや品性がそのまま出てしまう。
酔っ払った時の(^。^)y-.。o○−顔を鏡で見てビックリした事がある。
漫画のアトムで小さく出てくるブタの顔そのものの顔であった。
実際そういう顔をしているのだろう。
そういう顔をして、総てを忘れたい為飲んでいるのだから、それも仕方がないが。

顔はごまかせない。
バカな女が必至で化粧をするのも解る。


745, 散る桜、残る桜も散る桜

2003年04月19日(土)



 「散る桜、残る桜は散る桜」は人間の死を一言でいっている。
他人の死も、すぐに自分の死になる人生の無常を喩えている。
この季節の桜の花を見ていると、ものの哀れをつくづく感じる。
桜は生臭い死の臭いがする。
人生の縮図を桜の花に感じるのは歳のせいか?

 今年の桜は[あたり年ではなかった?]が、例年並だった。
2~3日前が近所の桜の福島江の桜が満開だった。
「悠久山の桜」は今日あたりが満開だろう。
悠久山の桜も絶品だ!
5〜6年に一回はあたり年になるが、雪などの季節の要素が微妙に
関係してくる。
 桜は毎年思うことだが、自分の生死を考えさせられる。
以前、桜の精の女に迷って死んでいく侍の映画をみた事を思い出した。
ゾクッとする日本的エロチックの内容であった。

 また7~8年前に近くの従兄が桜とともに自殺をした。
多くの写真を撮り残して。
新潟は桜とともに春が来るという感覚である。


744, まずは一日一図から  −2 

2003年04月18日(金)

 これを実行して10日が経つ。
三日坊主と思っていたが、今もしっかりと続いている。
始めたら面白いのだ。
一番面倒で避けたい思考が面白いのだから、大変な習慣であり収穫である。
この歳で色いろのことが解り始めている、この鈍さも実感する。

ポイントは
・初めに漫画を中央に小さく書き込み、
・それに、漫画の「声の噴出し」を書いてしまう。
・そして漫画の上にテーマを書きこむ。
・「噴出し」に思いついたことを気楽に書き込んでいく。

 漫画の人形を書いたケースの場合、自分の分身と思ってしまう為か、
頭の中から色いろなことが浮かび上がってくる。
「半分遊び気分で問題の追及」を、結果としてしてしまう。
「左手を上に挙げ、右手を腰に当てている小さな人間の絵を中央に描いて、
左右に三づつ声の噴出しを書き込む」と、どういう訳か難しい問題でも、
気楽に考えられるのだ。

 読書法で10〜100倍の速度が可能という本が多く出版されている。
私の場合、その方法を身につけて10倍以上の読書力になった。
それもこの1^2年である。
しかし、「一日一図」を始めてわずか10日で、10倍の思考力が増えた?
ようだ。
その程度の頭脳でしかないのが、事実だ。
以前から天才のノート法とかいう本を読んで、色いろ工夫していたが
「毎日一図の習慣と、漫画を中心に描いてから、埋める方法」がよい。

 随想日記を書き始めて、文章力と文章量はそれまでの十倍に増えた。
そうすると、「読書力と文章力と思考力」がこの数年で10倍になったことに
なるが、集中力がそれだけ増えた事は間違いない。
これらの方法は過去からいくらでも在ったのだから、今になってやっと気づいた
に過ぎない。
この随想日記を続けてきたことが、こういうノウハウを身につかせている
いるのだろう!


743,  『金持ち父さんの子供はみんな天才』−2

2003年04月17日(木)

 
           読書日記
抜粋ー6

父は話をつづけた。
「天才とは、自分の中にいるランプの精を見つた人のことだ。
ちょうど『千夜一夜物語』のアラジンが、ランプの中に押し込められた
精霊を見つけたように、私たちもみんな自分の中にランプの精を見つける
ことが出来る。天才とは自分の内側にランプの精を見つけた人、
与えられた才能を見つけた出した人のことなんだ」
「ランプの精が見つかると、精がおまえらにこう聞く。
『一つ目の願いは自分の才能を自分に与えること、
 二つ目は自分の才能を愛するものや親しい者たちだけに与えること、
 三つ目は自分の才能をみんなに与えることー
 さあどれを選ぶ?』
「この世界に天才はあふれるほどいる。私たちはみな天才さ。
問題は、たいていの人がその才能をランプの中に閉じ込めたままに
していることだ。才能を自分のためだけや愛する人だけに使おうとする
人が多すぎる。ランプの精は三つ目の願いを選んだ時だけランプの中
から出てくる。
つまりランプの精の魔力は、自分の才能をみんなに与えようとした時にだけ
効果を発揮するんだ」

以下はホームページからのコピーである。
  ・・・・・
 金持ち父さんの子供はみんな天才
 著 者:ロバート・キヨサキ、シャロン・レクター(著)、白根美保子(訳)
 単行本:345 p
 サイズ: 210 x 148
 出版社: 筑摩書房
 ISBN: 4480863427
 発行日:2002/11/05

累計100万部を突破したベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』シリーズの第5弾です。
著者ロバート・キヨサキ氏が、子どもの人生を豊かにするための教育方法を指南した
1冊です。
この本は、世界が変わったことに気付き「今の教育システムは子供のニーズを満たして
いない」と疑問を持つ親や、子供の教育の責任を学校でなく、自ら果たしたいと思う親の
ために書かれています。

また著者が「金持ち父さん」から学んだファイナンシャル・リテラシーも紹介
されています。金銭的に豊かになるためには、どんな考え方をし、どう伝えれば
よいのかが丁寧に書かれています。
具体的には大きく分けて次の3つの内容が書かれています。

「学習のための勝利の方程式」
「仕事のための勝利の方程式」
「お金のための勝利の方程式」

子どもだけでなく現役のビジネスパーソンにも参考になります。
また、本書ではこれまで散々だった「貧乏父さん」もかっこよく描かれます。
呼び名も「貧乏父さん」でなく「賢い父さん」になりました。

読むと彼が実のお父さんからも多くを学んでいたことが分かります。
特に学校の勉強で悩んでいた著者に「おまえは頭がいい」と励まし続け、
生涯学び続けることの重要性を説いたのがお父さんだったそうです。

本書を読むまで、彼の著書に共感を持ちながらも、違和感や嫌悪感を持った方も
いたのではないでしょうか?いくら何でも実の父を「ダメおやじ」とは何事か!
と思いました。
実は著者は「金持ち父さん貧乏父さん」を世に出すまで、お父さんに敬意を払い、
没後5年の歳月を待ったそうです。そしてお父さんが自分の体験が人の役に立つことを
喜んでくれる、と確信したから世に出したんだそうです。
なんとなくほっとするエピソードです。

【1】

今日ほど教育が必要な時代はない。時代は産業時代から情報時代へ移り変わり、
それに伴い教育の重要性は増し続けている。
では学校教育は、この新しい世界で役に立つのだろうか。
産業時代には、学校に通い卒業すれば職業人としてスタートでき、それ以上の教育は不要
だった。なぜなら物事の変化が遅く、学校は人生に必要なことをすべて教えることが
できたからだ。

だが今や情報時代だ。残念ながら情報時代を生き抜くための教育を受けている人は少ない。
結果、教育水準が高いとされる人が、低い人たちと全く同じ経済的問題を抱えている。
これからは高学歴の人も、今の仕事が求める要件を満たすために、
継続的に教育を受け直し続けていく必要がある。

【2】

ある統計によると65歳のアメリカ人100人のうち金持ち1人、快適な暮らしを送る人4人、
まだ働く人は5人しか居ない。あとの56人は政府か家族の援助を必要とし、残りの人は
亡くなったそうだ。

よく「引退すれば、生活費が減る。だからお金はそんなに必要ない」という人がいるが、
それは間違いだ。なぜなら生活費は下がるが、医療費は大幅に上がるからだ。
多くの保険機関は高齢者を制度から締め出そうとしている。これから高齢者はお金を
持っていれば生きられるのに、お金がないために死ぬということも起きる。

人生の終わりに何かに頼らねば生きて行けない人間を生み出し続ける現在の教育は、
もはや時代遅れだ。子供が未来に必要なお金を得る技術を身に付けるかどうかは
あなた次第だ。

【3】

子供はみな生まれつき賢く金持ちだ。教育とはこうした才能を引き出すことだ。
ところが子供は教育の過程で、貧乏になることや他の子供ほど賢くないと信じることを
“学んで”しまう。

人間には、言語、数学、空間、身体、対人など30以上の才能があるのに、
現在の教育システムは、そのうちのたった一つの才能しか認めない。
だから自分の才能が教育システムで認められない子供は、「自分は馬鹿だ」と感じるよう
になる。その間、本当の才能のほうは無視され、やがてだめになってしまう。

こうして多くの子供が「自分は頭がよくない」と思いながら卒業する。
こうした認識を持つことは、その子供にとって計り知れない大きなハンデを負わせる。
親はこうした子供の才能を見つけ、その才能がダメになることから、子供を守り、
学習意欲を保ち続けるようにすることが大切だ。

【4】

これは子供がお金もちになるためにも必要だ。
多くの人が「お金を儲けるためにはお金が必要だ」
と思っている。だがお金を儲けるのはお金ではない。お金に対する考え方だ。
人は皆、自分が望むだけのお金を手に入れる力を持っている。
お金に対する正しい考え方さえ持てれば、お金に支配されず、お金を支配する力を
得ることができる。

ところが学校はお金について教えない。だからたいていの人は、それを親から学ぶ。
こうしてお金に関する考え方は何世代にもわたり親から子へと伝えられていく。

お金持ちの親は、お金持ちの考え方を子供に教える。だからその子もお金持ちになる。
もしあなたが子供にお金の面で有利なスタートを切らせたいなら、
お金に関する考え方に大きな注意を払うべきだ。

【5】

お金の問題は、いずれもほんのわずかな認識によって生み出される。
だから親は、お金に関する子供の認識によい影響を与えるべきだ。
お金の奴隷になるのでなく「自分はお金をコントロールする力を持っている」
という認識を子供に持たせることが肝心だ。
そして子供が本当に効果のある勝利の方程式を作り出すことを助けるべきだ。
もし子供が「何か買いたいからお金をくれ」と言ってきたら「私には買えない」
と絶対に言ってはならない。
こう言うと自分は貧乏だという認識をさらに強化してしまう。

代わりに「私からお金をもらわずに欲しいものを買うにはどうしたらいいか、
合法的で道徳的にも問題のない方法を10通り考えて紙に書いて見せてくれ」
と言ってみたらいい。こうすれば子供は考える。
頭を柔軟にし、富を蓄積する可能性を探そうとするはずだ。

・・・・・・・・・・・

ー感想ー子供の時から「お金の知識」を認識させ、実際にコントロールさせて
おかないと、大人になってからの即席の知識ではすでに遅いということだ。


742, 『金持ち父さんの子供はみんな天才』−1

2003年04月16日(水)


   読書日記

『金持ち父さん』シリーズの三冊目『親だからできるお金の教育
ー金持ち父さんの子供はみんな天才』を買って読んだ。
この本のシリーズの本は、どの本もそれぞれが理にあっている。

何回も読んで金銭感覚を磨かなくては、この時代には挫折をしてしまう!
何割かは実行してきたことだが、しかしあいまいな部分が多い。
この激動の時代だ、一つ間違えると致命傷になってしまう。
お金は、ある意味で生きていく交通手形である。
お金に対する考え方は人生観の大きい基礎といってよい。
 ーまずは印象に残っているところを抜粋してみる。

抜粋ー1
昔、先生からこんな話しを聞いたことがある。
「神様は私たちに右の足と左の足を与えてくださった。
正しい足と間違った足を与えてくださったのではない。
人間はまず右に向かい間違いを犯し、次に左に向かって間違いを犯すことで
進歩をする。いつも正しくあらねばならないと思っている人は、
右足だけで歩こうとしているようなものだ。
そういう人は、自分では前に歩いていると思っているが、たいていは
一ところを回っているだけだ」

抜粋ー2
人生における選択肢について、お金持ち父さんはよくこんなことを
話してくれた。
「飛行機のファーストクラスもエコノミークラスも、目的地につく時間
に変わりのないことは私も知っている。問題はそういうことではない。
問題は、ファーストクラスかエコノミークラスの選択肢を持っているか
どうかだ。エコノミークラスに乗っている人の大部分は、一つしか
選択肢を持ってない」「お金は力だ。なぜなら、より多くのお金を
持っていれば、それだけ多くの選択肢を与えられるからだ」
ファイナル・インテリジェンスがお金持ち父さんに買ってくれたものは
何か、私に言わせればそれは『自由」であった。

抜粋ー3
「金持ちと中流以下の人のちがいは、余った時間に何をするかにある」
「たいていの人は、お金を稼いだあとそれをどうするかについて、
貧乏になるプラン、やり方しか持ってない。金持ちは余った金でゲームを
やるんだよ」

抜粋ー4
「つまり、人間が時代遅れになるんじゃない。でも、考え方が時代遅れに
なることはある・・」「その人の勝利の方程式が時代遅れになるんだ。
・・・古い考えにこりかたまった老人だ。まだほんの50歳だというのに。
問題は、10年前、既に歳をとりすぎて時代遅れになっていたのに、
それに気がつかなかったことだ。」

抜粋ー5
本書の目的は、次のようなことを言わないように、親たちに警告を
与えることである。
「借金を返しなさい」
「預金をしなさい」
「請求書の払いをきちっとしなさい」
「クレジットカードを切って捨てなさい」
「お金は借りてはいけません」
・貧乏人は銀行を悪者と考え、避ける。
・中流の人は銀行はいいサービスと悪いサービスがあると考える。
・金持ち父さんは、全てに関していい点と悪い点を見分けるように教えて
 くれた。そして、お金に関しての殆どのいい点と悪い点の両方を
 見つけるよう促すことで、より細かく区別する力を伸ばしてくれた。
 つまりファイナンシャル・インテリジェンスを高めてくれたのだ。
               −続くー


741, デフレと対策 −2

2003年04月15日(火)


ー 前にもこのテーマで書いたが、今一度書く。

 今の日本はデフレである。
しかしそれでもアメリカの物価より物価は実感として、2倍3倍高い。
それが修正過程に入っているだけである。
戦後の実質社会主義制度による統制物価が、その崩壊とグローバル化で
世界的な物価への平準化プロセスに入っているだけである。

 家具のニトリにしても、イタ飯屋のサエゼリアやマクドナルド、100円
ショップが好調なのは、グローバルな物価の追求を実践をしているためだ。

 世界的な物価に下がるまでデフレは続くのが当然である!
それで恐慌になっても仕方がないことだ。
ジタバタバタしないで、このデフレの中で自分を変えるしかない。
政治頼みや批判をしても、仕方がないのは自明の事。
やるべき事をキッチリやってそれで駄目なら退場するしかない。
やるべき事もしないで仲間内で愚痴をいいあってもどうにもならない。

 先日の日経流通新聞に、箱根の湯本の二番目に古い、370年の歴史を持つ
温泉旅館の『一の湯』が一面トップ記事で出ていた。
半値から三分一のプライスー一泊二食つきで6800円をうちだして、
低価格旅館グループを拡大しているという内容であった。
親父が高級旅館をつくってしまったが高プライスの為に不振になった。
座して死を待つよりよいだろうと、25000円から9800円に期間限定で、
この値段に下げたら、お客が殺到した。
それで延長延長で、この値段を固定にしたとか。
その代わり徹底した合理化を図ったという。
最近は一泊4500円の旅館も始めたとか。
潰れた旅館を買い取れば、これも可能になるだろう。
こういうのを「高級を高度に切り替える」という。
 
 銀座のクラブも三分の一以下で、商品価値を落とさない店
が好調だと先日このコナーでかいた。  
昨日いって来た京都は深夜にバスに乗って、宿泊なしで翌日の深夜に帰ってくるパックさえ出来てきている。

これで京都に一万円でいってこれるのだから、価値がある。
凄い時代である。

http://www.ichinoyu.co.jp/
以前書いたのをコピーしておきます。
  
 ・・・・・・・・・
デフレと対策 ー1    2002年10月01日

 現在上手くいっている店を見ていると、やはりデスカウントの
業態の店である。
それも思い切って、20年前か25年前のプライスを打ち出しながら、
現在の嗜好を取り入れた店や会社だ。

 衣料品は20年前の半値以下の商品が多くなってきた。
自転車も、半値か四分の一だ。電気商品もしかりだ。

 落ちないのが公共料金だけである。ホテルの値段もその様相になった。
ラーメンの値段も落ちてない。過去の三次産業の異端は価格破壊である。
そうすると落ちてないのが狙い目である。

 先日TVで180円のラーメンチェーンを紹介していた。
マクドナルドのように、徹底した機械化を厨房で図っていた。
吉野家や松屋の牛丼も400円を280円に下げた。
そうすると他の甘いラーメン屋とか何でもや食堂のお客が流れてくる。

 先日に法事で帰ってきた姉が、面白い温泉旅館にいってきたと教えてくれた。
関東圏の温泉旅館で、4名以上で一泊二食で4500円という。
予約をすると東京周辺のJR駅の近くの三箇所の指定した場所に,マイクロバスで
迎えにきてくれるという。更に食事のときは従業員が即興の演劇をしてくれたり、
とにかく飽きさせないようにしてあるとか。
社長はつなぎを着て陣頭指揮にあたっているという。
先ずは安く、そして価値があればお客は殺到する。
「もうそういう時代だよ!」とつくづく言っていた。

 何かどこかで聞いたことがある話だと思ったら、
そうアメリカの航空業界の異端児で大不況の中、飛躍的に伸ばしている
サウスウエスト航空を温泉旅館版に換えただけの話である。
斜陽産業の温泉旅館が良くぞ考えたものと驚いてしまった!!
(こういうのをベスト・プラクテスという)

 客の立場にたてば,全く違った設定ができるのである。
淘汰されている所は、ただ不況と仲間内で傷を舐めあっているだけだ。
発狂してベスト・プラクテスをするか、廃業するかどちらかだ。
今更発狂はできないか??!!
(発狂とは、出来ない人の目から見たベスト・プラクテスのプロセスを
踏んでる姿)


740, 深夜特急

2003年04月14日(月)

沢木幸太郎の「深夜特急」という小説がある。
彼が若い時にロンドンへ貧乏旅行をしたときの深夜に移動する乗り継ぎ
バスからとった小説の題名である。
TVドラマにもなった。

 昨夜の十時半に京都の桜見に出かけた。
一万円パック・バスツアーで、翌日の21時半に帰ってくるのもであった。
天気が良かったが、先週に桜のピークは過ぎていた。
しかし、この桜の時期のパックのシステムが良い。

・朝6時に、京都の清水寺の開門に合わせて到着するコースが組んであっ
た。
・その後7時に嵐山に行って、あとは解散してそれぞれが嵐山・嵯峨野
めぐりをして11時に集合して、オプションの食事
・その後、一般公開の最終日の京都御所をみて14時半に帰ってくる内容で
あった。

ハイライトは自転車を借りて周った、嵐山周辺のお寺周りであった。
印象順に書いてみると
・愛宕念仏寺の羅漢仏の群れがよい。
 写真では何回もみたが、実際にみたのは始めてであった。
 人間臭い像が多くあちこちに郡をなして並んでいた。
・壇林寺の多くの仏像と仏画が印象的であった。
・祗王寺の小宇宙を思わせる庭とその中の家もすばらしい。

 最近は殆ど国内旅行はしなくなったが、こういうパックシステムに
参加して、効率的に行ってくるのもよいことが解った。
こういうシステムに参加して嵐山だけに絞って周り最終地で待ち合わせて
帰りのバスに乗るいう方法もある。
43人の参加で添乗員がついていた。
新発田、新潟、三条、長岡と参加者を拾っていくのも効率的である。

深夜特急?が意外と疲れないのを知ったのも収穫であった。


739, 睡眠時無呼吸症候群

2003年04月13日(日)


一度だけだが、寝ていて息苦しいので目が覚めてた時に,
息するのを忘れていたことに気がついた。
「エッ!」というのが、その時の印象だった。
「なんで呼吸を忘れるんだ?」という疑問であった。
「こういうことが実際にあるんだ!」と思った記憶がある。
5〜6年前の事だった。

ところが最近になって無呼吸症候群が問題になって、初めてなるほどと感じた。
それで死んでしまう事ってあるのだろうか?
そういえば新幹線の停車ミスの運転手も無呼吸症候群だった!
そこでインターネットで、「睡眠時無呼吸症候群」を調べた。
その結果、私のその経験と違う?ので安心をした。
ー睡眠時無呼吸症候群の定義

一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこる。
または、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上おこる。
実際に止めてみると辛いことがわかります。
 睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が止まった状態
(無呼吸)が断続的に繰り返される病気です。
その結果十分に睡眠がとれず、日中の眠気、集中力、活力に欠ける、居眠りがちになる、
居眠り運転で事故や重大事故などを起こしやすくなります。
治療をせずに放置しておくと生命に危険が及ぶ場合もあります。
よって適正な症状分析と診断、治療、予防などの対策が必要になります。

眠っている間に呼吸が数十回、ときには数百回と止まるようであれば、体内の酸素不足が
深刻になってくるでしょう。酸素不足がおこれば「寝苦しい」「息苦しい」
などの症状が現れ、睡眠不足がおこります。
また酸素不足は循環機能に負担をかけ、不整脈、高血圧、心不全、糖尿病が現れ生存率が
低くなるなど無呼吸症候群には様々な問題がでてきます。
いびきのあとに呼吸が止まるようなときには無呼吸症を疑い、 早めの治療が必要です。

ーーー
もしこういう症状であったら本当につらいだろう!
睡眠はある意味で、天国の世界である。
それが楽々眠れないとしたら、これほどの不幸はない。
信じられない病気が多い。
病気になった当人しか、その苦しみは解らないものである!


738, NTTの現状から時代の変化をみる

2003年04月12日(土)



 先日、NTTの人が光ファイバーの件できたので、IP 電話の内容を聞いた。 
NTTが現在、大きい分岐点にあるのは私でも解る。
一般回線からの収入は数年後には、減っているなか更に激減するという。
今後の収入源が光ファイバーと、ADSLの収入しかなくなるという。
それも他業種の参入で競争が厳しいという。
固定費が本来高いので競争に不利である。
今の時代の象徴そのものだ。
あの電信柱と電話回線という数兆の資産が、たんなるゴミになってしまうのだ。

他人事ではない!観光白書によると一昨年だけで、
ビジネス客が一年間で6割も減っているのだ。
昨年は更に減少傾向にあったから、三分の一になっている。
ある日突然、ある価値が全くの無価値になるのが、今の時代である。
東京の中央部の中型・小型の貸しビルが、最近目立ち始めた超高層ビルに
取って代っているという。NHKスペシャルでやっていたが、
出揃う4年後の2007年に大問題になるという。
立地がよいという理由だけでは存在価値が無くなるのだ。
 
それにしても、この情報化革命という奴は、想像をはるかに超えて世界を
根底から変えている!

  以下は日経WEBよりコピーをした。
・・・・・・・・・・・・・
接続料上げでも減収に

 今回の引き上げはNTT東西には増収要因となるが、一方で通話量が前年に比べ20%
近くも減少しているため、最終的な接続料収入は前年を約200億円下回る見通しだ。
新電電側は接続料の値上げは新たな支出となるため、「利用者料金の引き上げにつながる」
と反対している。

接続料はNTTの電話網の開放に伴い発足した制度で、最初は実際の設備コストをもとに
計算した。しかし「それでは電話料金の高止まりが続く」という新電電の批判を踏まえ、
現在は「長期増分費用モデル」と呼ばれる計算式が使われている。

 このモデルではNTTが低額の最新設備を導入していると仮定し、その投資コストを
通話量で割って接続料を計算する。通話量が増大した今までは接続料の引き下げに役立ったが、
今回は通話量が減ったため、計算上、接続料を上げざるを得ないという逆転現象が
起きてしまった。総務省が了解したのもこのためだ。

 従って本当の問題は接続料の引き上げよりも電話の通話量が減少に向かい始めたことにある。
原因は携帯電話の急速な普及や、ダイヤルアップ接続からブロードバンド(高速大容量)
通信への移行、それに伴うIP電話の登場などが考えられる。
中でも影響が今後最も大きくなるとみられるのがIP電話である。

 IP電話はADSL(非対称デジタル加入者線)などの常時接続環境を使い、データ通信に
よって通話する仕組みで、基本的には通話量に伴う電話料金は発生しない。
通話品質も最近は一般の電話と変わらなくなってきた。
一方、IP電話に必要なADSLの付加利用料は月額170円前後の固定制で、
IP電話同士なら何時間でも無料で話せる。

 総務省はさらに「050」で始まるIP電話専用番号を割り当て始めた。
これを使うと光ファイバーやケーブルテレビなどのIP網から直接、相手を呼び出せるため、
現在の電話網に依存しない電話システムが可能になる。
つまりIP電話が普及すれば通話量は減少し、電話網も不要となるなど、NTTの基本的な
サービスの前提が崩れることになる。

 実際、NTT東西の収入は2年続きで4000億円ずつ減少しており、接続料が値上げされても
5年後には1兆円を超える減収が避けられない。
このためNTT東西では社員10万人を対象に関連会社への転籍や賃金の引き下げを進めているが、
この傾向が続けば、ADSLを支える電話網の品質劣化も避けられなくなる。

 総務省は「今回の結果はNTTと新電電が合意した計算式によるもの」として一応認め、
5月の連休明けにも新たな研究会を作り、IP電話時代に適した通信料金制度の在り方を
検討する計画だ。米国でも市内通信網の開放義務により地域電話会社の経営が悪化したとして、
米連邦通信委員会(FCC)は開放の義務づけを緩和する決定を下した。


通信距離が意味を失う

 IP電話の増加は今後3年間で600万台とも2000万台ともいわれる。
そうなれば電話やデータ通信、市内や長距離といった従来の区分は全く意味を失う。
新しい料金制度を作るにはそれを前提に、利用者の負担が増えないこと、技術革新を妨げないこと、
警察や消防などの緊急通報手段が損なわれないこと、通信設備の維持存続が可能なことなどの
政策目標を満たさねばならない。

 約130年前、英国式の郵便制度を導入した前島密は郵送距離を問わない「全国均一料金制度」
を確立し、日本の近代化に貢献した。その郵便制度も今、日本郵政公社に衣替えした。
一方、電話事業は1985年に民営化されたものの、携帯電話やインターネットが広がるまではNTT、
新電電ともに基本的な電話サービスの仕組みは変わらなかった。

 音声通話は携帯電話網、IP電話を含むデータ通信は固定通信網といった流れが加速している今、
NTTたたきだけで問題は解決しない。固定電話料金は下がっても、国民1人当たりの
通信料負担は携帯電話の普及で逆に高まっている。
緊急通報手段やユニバーサルサービスの実現も携帯電話を含めて再検討する必要があろう。
接続料だけに議論が終始すれば、この国の通信制度は大きな危機にさらされることになる。


737, 若い人の価値が下がってしまった

2003年04月11日(金)



 現在の新卒の就職が問題になってきている。
大学を出ても、まともな就職先がないのだ。
家内がいうには知人の子供が丁度その時期に来ているが、
まともに就職している人が殆どいないという。
殆どがフリーターか、準社員の勤めとのこと。

 何かの雑誌に、若い人の価値そのものが下がってしまったと書いてあった。
会社が若い人を育て上げるだけの余裕がなくなってきた為だ。
ある程度育て上げると、訳のわからないことをいって辞めてしまう。
余裕のあるうちはよいが、会社も人件費を考えると正社員の比率を
下げざるを得なくなってきた。いくらでも良質な準社員やパートを
採用できるなら、敢えて正社員を入れる必要がなくなったのだ。
会社の寿命のサイクルもここにきて、極端に短くなっていることもその原因にある。

 それと若い人の間でも、勝ち組と負け組みの質の差がはっきりしてきた。
あえて負け組みの劣化した人は準社員として、割り切ってしまった方が得策に
なったのだ。
「素養のない人にどんなに教育しても金をドブに捨てるようなものだ」
ということが、過去会社経営してきて身に沁みて解った。
十数年前になるが、男子社員が「教育するなら金をくれ!」と嘯いていると聞いた。
ただ呆然として聞いたが、こうなると血筋のレベルの問題だ。
他人事でないか?

 今ではアルバイトでさえも、就職が困難といわれる時代になった。
           時代は変わった!


736, まずは「一日一図」から

2003年04月10日(木)


 このホームページを開くきっかけをつくったのは久恒啓一著の
「インターネット勉強法」である。
先日、彼の本を買った、三冊目である。
『人生がうまくいく人は図で考える』である。
なるほど買って読んだら単純にみえたが、なかなかよい本である。
・なかでも「一日一図」がよい。
・それと「借図から創図へ」。
・「文図両道」
・また「図解は一日にしてならず」もよい。

 サッソクこの本の勧めるとおり、3日前から大学ノートに「一日一図」
専用ノートをつくった。
そこでまずは「借図」がポイントと気づいた。
気に入った図を、そのまま真似るのだ。
次に「図解は一日にしてならず」もなるほどと思った。
「借図」を続けることで、自分の「創図」をつくっていくのもうなずけた。

レオナルド・ダビンチなどの天才のノートは、空間を
タップリとって文と図を解りやすく書いてある。まさに「文図両道」である。
レオナルド・ダビンチのノートなどを借図にして、身につくまで真似ればよい。
しかし、なかなか図解するのは身に付かないものである。
そこで「1日一図」を実行するのが第一歩だ。
どこまで続くかだが、四行日記あたりをこれにしてもよいだろう。

 まずは「随想日記の下書き」や「読書日記やその目次写し」から始めてみよう。

以下はインターネットのホームページからのコピーである。
   ・・・・・・・・
「図解 人生がうまくいく人は図で考える 」
久恒啓一
販売元: 三笠書房
定価: 1000円 外税
出版年月: 2003/02
種類: 単行本
ISBN: 4837920136
新潟セゾンー
2003年4月
★★★

■ 書評 ■

自分の人生を図で描いてみると、こらが意外と楽しい。「ここにこれを置いて、
こっちにこのことをっなげて、次には、最初は不足していた条件をくっっけて……」。
こんな調子で自分の人生図をっくっていくと、結構のめり込んでいく。楽しい上に、
バラバラだっ事柄同士のつながりが見え、今後の進むべき方向まですっきりしてくる。
たとえば、「人間関係」という項目では・三人の人間に図解してもらったが、三人が
三人ともまったく違う図を描いている。つまり、会社人間なのか、自分中心なのか、
友人関係だけで成り立っているのか、さらには、その人が今何を一番大切に考えて
いるのか、どういう人間なのか、生活のパターンといったことまでが、たった一枚の
図の中ですべて明らかになってしまうのだ。


735, ホームページを開いて二年

2003年04月09日(水)

このホームページを開いてあと一ヶ月足らずで二年になる。
旅行以外は随想日記を一日も欠かさなかった。
脳内の何パーセントを汲みだした感覚である。

その時その時の興味が移り変わっていくのもわかる。
お笑いであったり、癒し系であったり、人間観察であったりだ。
・何事も三年である、あと一年は今のペースは続けるつもりである。
 随想テーマ日記の千項目がもう一つの目安だ。
・毎日書き続けるとネタ不足になるが、それが外部の情報収集の動機になる。
 公開をして第三者の目を意識をして書くことで、自己コントロール
 をするようになった。
・書き続けること、改善し続けることで自己の外部化をしていることになっている。

 毎日文章を書き続けることは大変である。「今日飯食って、会社に行って、テレビを見て寝た」
という内容なら如何といことないが、テーマをみつけて筋の通った?文章にするには
エネルギーをつかう。考える時間を入れると、2〜3時間ぐらいはかかる。
その危なさが面白いと感じるから、続けることができるのだが。

 一人で、机の中の日記帳にこれをやろうとしても無理である。
第三者に対する意識があるから続けることができるのだ。
なんで毎日書き続けるのかという疑問があるが、誰のために書いているのではなく、
自分のために書いているだけだ。読み返していると結構自分を鏡でみているようで面白い。
ハッキリいって見る人が見たらバカじゃないのかと思うだろが、これが自分でしかないのも
事実である。

参考の為に一年前に書いた
「テーマ日記」を書き始めて一年 ー1・2
            をコピーしておきます。
ーこうしてあらためて読んでみると、今も一年前も考えることは
ほとんど変わらないものだ。今のままの自分がいる。

・・・・・・・・・

「テーマ日記」を書き始めて一年   −1ー
             (2002・05・22)
あと一ヶ月でホームページに「テーマ日記」を書き始めて一年になる。
旅行を除けば一日も欠かさないで書いた。
何処までやれるか自身との闘いで始めた。
あまり苦しい事はなかったが、しかし気をとられたことは事実である。

気がついたら、370以上の文章を書いた事になる。
よく書いたものだが、内容はこんなもの。
あと1〜2年つづけたら殆ど内面を、いや底を尽くのではないか。
その後で底から真水が出てくるのではないか。
今現在もう底を突いているのではとは思えないでもないが。

テーマの種が尽き始めた事は事実だ。
大した事を考えてない自分が顕わになった。
本気になって第三者を意識して書き出して、プロの文筆家の能力に
今更驚かされる。それで食べているのだから当然といえば当然だが。

書くということと、内面で考える事とあまり違いはない。
内面を赤裸々に顕してしまう。
毎日書き続け公開していることは、とんでもない事かもしれない。

しかし今更そういう生き方をしてきて(^^ゞ−(;一_一)(+_+)(-_-;)
ー恥ずかしいことはない。
どうしても過去の事考えたことに偏ってしまう。
人生の7割生きたのだから仕方ない。
自分史そのものだ。
自分史の先取りだが、自分史は早いほどいいという。

2002/05/23
「テーマ日記を書き始めて一年   ー2ー

ホームページ上のテーマ随想日記は、非常に有効だ。
一年書き続けて、毎日それなりにチャンとテーマが出てくる。
10日に一度くらいが、まったく思いつかない状態になるが、
それでも、その状態の中でも湧くように出てくる。

書き続けることが、大事である。
「一ヶ月で、千項目テーマをあげて文章を書け」
といわれても絶対に不可能だ。

しかし毎日一項目書き続けることは不可能でない。
その習慣をつければ、何とか千項目書けるのではないか。
あと二年近くかかるが。

それさえ作っておけば、自分のデータベースになる。
大テーマを立ちあげた時に、それぞれの大テーマに合わせて
それを組み替えればよい。

書いているうちにコツが解ってくる。
新幹線の中とか、散歩の時間にそれを集中する。
またどういう訳か集中できるのだ。

この時間の集中の積み重ねが、膨大のデーター化になる。
またテーマを考えることと、そのテーマに対し色々言葉を
組み合わせる作業が考えを深める。
内容に対しては、それぞれ批判があると思うが、その時点の自分の
自然に出てきたテーマと内容なので、これ以上でも以下でもない。

書き続けるポイントは「ギブ・アンド・ギブ」である。
そうでなくては、続けられない。
今までの自分の持っている経験・知識を全て吐き出し、
現在、得た情報をそのまま出し続けなくてはならない。
しかしそれを実行していると、他のホームページのそれが
良く理解できるからだ。

そうする事が、逆に自分の為になるからだ。
仏教の布施、キリスト教のボランティアみたいに。
それをすることで、他のページのそれが解ってきた。
自分が入れたエネルギーの数十倍、いや数百倍が入っている事が、
理解できるようになったからだ。それもギブアンドギブで。

そうしていれば、相手の内容を見る目が違ってくる。
また謙虚な眼で、それを見ることができるようになってくる。
またその時々のメルクマールにもなる。

時間が経つにつれて、自分の考えもどんどん変化していく。
その変化した視点で、過去の自分の考えを見つめ直すこともできる。


734, またまたお金の話ー銀座のママの・・

2003年04月08日(火)



「銀座ママが明かすーお金に好かれる人 嫌われる人のちょっとした違い 」
の題名につれてて図書館で借りてきた本だ。
日本のトップの財界人や政治家や役者などのお客の色いろな
人生の浮き沈みを見てきているはずである。
軽く読むにはなるほど面白い内容だ。

 私は高級クラブなど、殆ど行かない主義。
バカバカしいと思うのだが、といって数回行った銀座の店の気分の好さは
今でもはっきり憶えている。
5万10万出しても、価値を感じさせる何かを常に店に演出しているのだろう。
なるほどというのが所々納得できる。
 このママの店のホームページをみてキーワードは、「明朗会計」と「銀座としての
安さ」である。以下はある書評からのコピーである。
   
・・・・・・・・
 数々のベストセラーを生み出した作家「ますいさくら」の双子の姉、ふたご屋の
オーナーママ、「ますい志保」が「銀座」から学んだ成功法則を元に、お金をつかむ
コツを知ったいわゆる「出来る男」と「出来ない男」の違いを語ってくれます。
不況こそチャンスと考える「出来る男」の成功法則やノウハウもぎっしり!
やはり彼女は男を見る眼が違います!

「ふたご屋」のWebサイトはこちら
http://www009.upp.so-net.ne.jp/futagoya/

 人の世の摂理、富、名声、愛、信頼と裏切り。
人生の「旬」、成功と挫折、欲にまみれた人間模様。
濃密な時間が流れる街、「銀座」。
巷には、不況や不景気を言い訳にする人は多く、夜ごと、愚痴や不満を口に
していませんか?語った「夢」に今でも責任を持っていますか?

能力だけではつかめない「お金と成功」。
では、成功者たちは日頃からどんなことを実践しているのでしょうか?
「どなたも特別なことをされているわけではありません。誰にでもできる、
ちょっとした工夫で成功と大金をつかんだのです。」

―ますい志保―
その「ちょっとした違い」の一部をご紹介しましょう。
【目次から】
はじめに 私が一流の男たちから学んだこと

第1章 「できる男」は人生の答えを知っている
・ ちっぽけなプライドは疫病神
・ ピンチのときほど、「高楊枝」の精神
・ 肯定的な意見こそ疑ってみる
・ 私利私欲はお金を生まない
他…12の法則

第2章 銀座で垣間見た「敗軍の将」たちの失敗学
・ 「プライド」と「見栄」、違いはどこにあるのか
・ 「自分の賞味期限」を知らないと、命取りになる
・ いくら有能でも「三かく印」では誰も相手にしない
・ 事業失敗で陥った大ピンチを一発逆転した男気
他…7つの法則

第3章 異性に好かれるから、お金にも好かれる
・ お金で気持ちを表すときの上手な方法
・ 銀座の女の子に好かれる人、嫌われる人
・ 「できる男」は、女の「ちょっと嬉しい」が演出できる
・ 思わずドキッとさせられた、ある社長の一言
他…6つの法則

第4章 ちょっとした工夫がお客とお金を引き寄せる
・ 手紙もメールもタイミング次第で効果が倍増する
・ 人との縁が深くなる「アルバムの使い方」がある
・ 銀座ママも驚いた!メモ魔社長の手帳の中身
・ 従業員満足度の向上が、「最高の顧客満足」につながる
・ お金よりも人を動かす「大きな声」の魔法の法
 他…11の法則

第5章 もっと金運体質になる「お金の法則」
・ モノに惚れたら、お金は残らない
・ 貯金とは「お金を貯める感覚」を身につけること
・ “大企業体質”だと金運は逃げていく
・ 「試されている」という意識を持つ
他…9つの法則

ーあとがき ー「人材」は「人財」と実感する日々 
「多く傷付いた魂にこそ光を。」人をもてなす。人を惹きつける。
この銀座ママの箴言に耳を傾けてはいかがでしょうか?
「あなただけの使命」を持つことが、成功をたぐり寄せる。
私は彼女のこの言葉に「元気」をもらいました。

ー感想ー
この本から感じたことは、著者に上手くいく人の典型をそのままに観たことだ。
学ぶ姿勢、不景気の時代の合わせた廉価の追及、好きのことの追及などなどである。
一番印象的だったのは、たたき上げの居酒屋チェーンの社長が言ったという
「プライドを捨てられるだけのプライドを持て」であった。
自信がなくてはいえない言葉である。
また、仕事で成功している人は全てが好きで仕事をしているか、
仕事を遊んでいる人だという。まあそうだろう。

 典型的な虚飾の世界であることも間違いはない。
銀座などのクラブの世界は、日本にしか存在しないシステムだという。
売春を目的にしたシステムなら幾らでもあるが。
「擬似ー擬餌?恋愛を前提にした場か、権力の誇示の場としての虚飾を時間売りして
いるシステム」は欧米の人がみたら、全く理解しにくいだろう!
まあ面白いものだ。

・・・・・・・・・
「銀座ママが明かすーお金に好かれる人
             嫌われる人のちょっとした違い 」
◇著者:ますい志保
◇価格:\1,470-(税込)
◇発売日:2002年12月18日
◇ISBN:4-7762-0019-8
△長岡中央図書館
△2003・04・05
△ ★★


733, 30年間着ている礼服

2003年04月07日(月)


 現在も着ている礼服は忘れもしない記憶がある。
ちょうど30年前になる。
父が「あと2週間の命」と医者に宣告された直後に母にいわれて、
「村田仕立て屋」に、父に解らないように出かけて、つくったものだ。
今でもしっかり冠婚葬祭に着ているが、全く古い感じがしない。
私が子供の頃に注文服も扱っていた頃から出入りしていた仕立て職人で、
腕がよい人だった。

 年に4回位、平均して着ているとしても、120回でしかない。
それも大体が半日だから、そういたむものではないが。
しかし身につけるもので30年も使っているものは勿論これだけある。
まだまだ十年以上は使えそうなので、一生ものである。
ということは体形が30年変わってないということだ。
当時は体重が56キロ、ウエストは76センチ。
現在は60キロ、ウエストは79センチだ。
ズボンの腰周りを20年前に直したが。こうなると愛着がわくものである。

 話は変わるが、
その時もしかしたら、「父は勘で注文にいっていることを知っていたので
はなかろうか?」とこの文章を書いていて気づいた。
何か生々しい話になったが、私が死んだ時にお棺に入れてもらおう。
嬉しいとき、悲しい時に着ていたものだからだ。


732, 「こうすれば良くなる」??

2003年04月06日(日)

2003年04月06日(日)
732, 「こうすれば良くなる」??

いまの日本の議論で大部分が、「こうすればよくなる!」という発想が、
基点となっている。
これに対して「もうこの発想から脱却すべきではないだろか?」という
論が新聞にあった。

その内容を私なりにアレンジをして書いてみた
ー誰もがいまの日本は縮小すべき時期にきていることを知っている。
それを回復とか現状維持を前提に議論しているから、ますますおかしくなる。
失業率だって今の倍の2〜3倍になってどこが悪い。
それで西欧並みでしかないからだ。
日本をとりまく環境が変わってしまったのだから失業が増えて当然である。

 デフレもグローバルになったのだから仕方がない。
どうして日本の経済規模を縮小していくかを真剣に議論すべき時期である。
そうしなくては、自然の暴力にもろに破壊されてしまう。
恐慌というやつにだ。

 いまや株価や土地が20年以上前になっているなら、政府の予算規模も
縮小すべきである。それができないなら、恐慌が起こるのが当然である。
「良くするなどと考えている非常識」がまかり通っている。
思い切って、国家規模ー予算を20年前に戻すべきだと宣言すればよい。
それにしても、箱物や道路や橋や新幹線を造ってしまって、その借金をもあるから
単純にはできない。
このジレンマからいつ抜け出る事ができるのだろうか?

ー以上になる。
人の意見をこうアレンジして書いてみると、これが自分の意見になるのだ。
なるほどと、自分でも感心する。大体がこんなものだから批評家が存在
するのだろう。



731, 前提を疑ってかかるという事

2003年04月05日(土)

     「縦社会の人間関係」

「縦社会の人間関係」という中根千枝の本を学生時代のゼミで読まされ、
それに対する議論をした事を思い出した。

ー要旨は
「日本社会は蛸壺のように縦社会になっている。
これは島国特有の社会であると同時に、江戸時代の藩体制がそれぞれの縦社会を
つくった。西欧社会はそれに対して資格社会であり、横社会である」であった。
日本社会の人間関係は、個人主義・契約精神の根づいた欧米とは、大きな相違を
みせている。
「場」を強調し「ウチ」「ソト」を強く意識する日本的社会構造にはどのような
条件が考えられるか。
「単一社会の理論」によりその本質をとらえている。
日本社会の人間関係は、個人主義・契約精神の根づいた欧米とは、大きな相違を
みせている  ー等々である。

 なるほどそのとおりであると納得したが、そこで問題にしていたのが
その縦社会という視点そのものが、はたして正しいのだろうかという提示であった。
「何々それってどういうことなんだ??」
私が考えていたのは、それぞれの部分の成否でしかなかったのだ。
根底ー前提から、それがはたして正しいかどうかを疑う姿勢こそ科学の第一歩である。
日本社会こそ「横社会ではないだろうか?」という仮説である。

 逆に資格社会ー横社会であるという仮説をたてると、縦社会と同じように
説得力があるのだ。
「士農工商」という身分社会が大きく社会に残っている日本こそ、縦社会でなく
横社会ともいえるのではないだろうか。その中でも殿様,家老、老中など
それぞれの階級があった。そしてその資格は日本のどこでも通用するものであった。
インドのカースト制度は5百数十種類の身分が細かく決められている。
横社会そのものだが、個々の立場に立てば縦社会といえる。

この時に、なるほど前提を盲信してしまう自分の無知の限界を初めて知った。
常に前提を疑ってみる必要性をこの時より身につけた時だった。


730, 「ほめ芸王」ー読書日記

2003年04月04日(金)


ー褒め上手は芸のうち
営業を何年もやっているうちに身につける芸である。
口先だけの営業手段として、ただで一番効果のある手段だ。
十年以上営業をしていれば、営業術から営業芸にランクアップして
しまっている。
キーマンに会ったときの枕詞として、「さて今日は何の褒めネタでいくか?」
と考える。それが営業の第一歩であり、まずは切り口となる。
今日の芸はどの程度であったかを日記に克明につけたらプロであろうが。
「どっこいしょ」と持ちあげて、次に相手を落とすのだ。
「どっこいしょ日記」に、おだて上げと落としの日記を克明に書けば
いかに人間は幼いものと解ってくるだろう。
人間は誰も褒めて欲しいのだ!

ー「ほめ芸王」の内容の一部を抜粋する

・わたしはほめない、ほめちぎるのだ。
 ほめるのでは足りない、ほめちぎらなと、ほめたうちにならない。
・「ほめ下手の人は、ほめているものの、相手を見下げている。
 ほめるということは、見上げる事である」
 −これは言いえて妙である。「このことに関しては全然あなたの方が
 上ですね」という言い方にすれば、相手も受け入れる。
・「ほめることは簡単だ。しかしほめ続けることはむずかしい」という。
・「感嘆」に勝るほめ言葉はない。
・ほめるとは相手を語ることではない、自分を語ることである。
 自分のほめ方は自分にしかできない。
・相手をほめることで、自分自身の存在を確認する事ができるのだ。
 神様の心にならなくては、ほめることができない。
 ほめることで神様の心になれるのだ。
 怒った顔で、ほめる人はいない。
 ほめる時、人は誰でも、神様になれるのだ。
 ほめるとは、感動である。
 ほめるとは、感謝である。
 ほめるとは、感激である。
 ほめることで、二人の人が幸せになる。
 一人は相手。そしてもう一人は、あなた自身なのだ。

感想ーどうもほめる事は難しい。自信がないのだろか。
やはり営業でそうせざるを得ない立場の人は身についている。
私がほめると効果てき面だが、軽々しくほめたくはない。
まずは顔色からほめるのもよいが。
家内を実験台に少し始めてみるか!
少なくとも貶すのはやめよう!

「ほめ芸王」
中谷彰宏
パルコ出版
1500円ー税別
2001年06・20
長岡中央出版
2003年03・30日
☆☆


729, 「イヌが教えるお金持ちになるための知恵」

2003年04月03日(木)

      ー読書日記

 お金をある金額まで貯めるということはそう簡単な事ではない。
この本を読んでいると、そう難しい事ではなさそうに
思えてくるから不思議である。
子供の時から、しっかり基本として知識として知っているかどうかに
かかっている。その意味で是非、子供のためにも「お金の知識」
を学ばなくてはならない。
長期の生活習慣の結果が金持ちの状態ということだから。

 周辺を見ていると、90佑凌佑「お金の知識」を知らないのではないかと
思われる。知人で今でも寸借詐欺に近いことをしている人がいる。
話をしていると聡明に思えるのだが、今日明日のお金がないのだ。
こういう人をみると、教養とは何だろうかと思いざるを得ない。
この小説は少女がお金の知識と魅力に気づいていくプロセスである。

ーわたしが気に入ったところを幾つか抜粋してみるー
抜粋ー1
金回りのよい従兄に少女が電話で小遣いの稼ぎ方を訊いた
「できないことを考えたってしょうがないじゃないか。できることをさがすんだよ。
いちばんいいのは、まず何がすきってことをはっきりさせておくことだよ。
それからどうやったらそれで金を稼げるか、よく考えることだよ。
オレだってはじめはそうやって配達サービスを考えついたんだ。
自転車に乗るのが大好きだからさ。自転車に乗りながらお金が稼げて
最高の気分だよ。もちろんそれだけでは満足しちゃいないぜ。
毎日何軒もベルを鳴らして、パンの配達はいりませんって聞いて回るんだ。」

抜粋−2
「いつだってあれこれ問題は起こってくるだろうけど。
けれども君の将来にとって最も大切な事は毎日やらなくてはいけないよ。
時間にとって十分とかからないことだ。だけど、この十分が決定的なちがいを
生みだすんだ。たいていの人は、この十分がとれないためにただの人に終わって
しまうんだよ。彼らはいつも、まわりの状況が自分たちのために変わってくれることを
願っているんだ。けれども、変わらなくてはならないのが自分たちのほうだということに、
彼らは気づかずにいるんだ」
イヌのマネーはしばらく間をおいてから続けました。
「この十分こそが君を変えるための時間なんだ。だからサクセスダイアリー
を必ずつけること、イメージをつけて視覚かすることを自分に約束するんだ。
どんなことがあっても、毎日つけるんだと」

抜粋ー3
「だとしたら、あなたの両親は多くのほかの人達と同じ間違いをしていることになるわね。
今よりも幸福で満たされる生活を望むんだったら、自分のほうを変えなくてはだめよ。
お金が変えてくれるんじゃないのよ。お金そのものは人を幸福にも不幸にしないのよ。
お金は公平なの。良くも悪くもしないの。お金というものは誰かの手にはいったと同時に、
その人にとって良いものにしたり悪いものになったりするの。
それが良い目的に使われたり、悪い目的に使われたりするものなの。
幸せな人間が持てばもっと幸せになるし、心配を抱えてマイナスの人生を送っている人、
お金を持てばますます心配がふえることになるの」
「でもうちの母はいつも、お金は人をだめにするといっているわ」
「お金はその人の性格をあらわにするのよ。お金は一種の拡大鏡みたいなものなのよ。
やりたい放題のことをさせてくれて、自分を大きく拡大して見せてくれるわ。
だから、あなたがいい人ならたくさんのお金でたくさんのいいことをするでしょうし、
泥棒ならおなじお金をくだらないことに浪費してしまうでしょうよ」

抜粋ー4
「楽しいことをやってきたさ。 そうさ!でもそのたびに、いつもそれに
見合うだけの不安も抱えていたんだ。だって考えてもごらんよ。
職人修行を途中でやめてパッと世界に飛び出すなんて、簡単にできると思うかい?
不安で胃が痛くてしょうがなかったよ。私の人生でもっともすばらしいことは、
いつも不安をのりこえたとこにやってきたんだ」
「不安というものはね,うまくいかないと思ったときに出てくるんだよ。
だけどサクセスダイアリーを見ているうちに、あたまのなかが成功したことで一杯に
なってしまったんだ」

・・・・・・・・・・・・
【本の内容】
つらい思いをしたり、やましい気持ちになったりすることなく
お金持ちになる方法があったら、なんて思ったことはありませんか?
それが、あるのです。この本にはリッチになるための心構えと方法が、わかりやすく
童話のかたちで書いてあります。ある日、11才の女の子キーラのところにあらわれた
マネーという名の犬。この犬が教えてくれるお金もうけの法則が、彼女の夢を次々に
かなえていきます。
この本はお金持ちになるための心構えと方法を、わかりやすく童話のかたちで書いた本。
実践的なガイドブックではなく、一つのお話です。
少女は、お金との付き合い方を学だけではありません。
それを使って貧しい両親を経済的ピンチから救い出してしまうのです。

ココで二点説明をしておきます。まず
・第一に、ココで述べる富と成功の法則は私が勝手に考え出したものではないと
 言うことです。それらはみな昔からある自然の法則のような物で、人間たちの意思
 とは関わりなく、私達の生活を支配しています。
・第ニに、実際に成功した人々は全て、この法則にしたがって生きていると言う事です。
 なんだってー!?実際に成功した人々は“全て”この法則にしたがって生きている!! 


【目次】
・お金の勉強はできるだけ早く!
・まず自分がほしいものをはっきりさせる
・うまくいったことだけ書く日記
・好きなことでお金をかせぐ
・やると決めたら七十二時間以内に
・借金を返すためのルール
・なんのために貯金するの?
・銀行口座を開く
・アイデアと自信がお金を招く
・投資をはじめる
・家のローンが払えない!
・株ってどんなもの
・投資信託ってどんなもの?
・株と貯金
・お金持ちになった私

・・・・・
「イヌが教えるお金持ちになるための知恵」

著者/訳者名
: ボード・シェーファー/著 瀬野文教/訳
出版社名
: 草思社
発行年月
: 2001年01月
ISBNコード
: 4-7942-1033-7
長岡中央図書館
:2003年03月30日
☆☆☆


728, 天国と地獄

2003年04月02日(水)

 人生を長く生きてきて「天国と地獄」は死後にあるのではなく、
生きている人間の心ー思いの中にあることが解った。
その意味で一生かかって、天国のイメージをつくるのが宗教のはたす役割と
いってよい。

 事業は経営が順調だと天国、上手くいかないと地獄である。
これほどのハッキリしたものはない。上手くいっている時はこの世の天国である。
 しかし経営悪化で、資金繰りが行き詰まり自転車操業になった時は生き地獄そのものである。
その意味では「日本中は現在は地獄のふたが開いている状態」と経済評論家
の高橋乗宣がいっているが、実感としてよく解る。
自民党という鬼が今も利権のため地獄の世界に国民を巻き込んでいる!
何ともいえない日本を覆っている暗い雰囲気は、それを物語っている。

 サラリーマンはよい職場か、悪い職場でそれが決まってくる。
ある時期に倒産直前状態で大手の資本下にあった会社にいたことがある。
この世の地獄である。お互いの足の引っ張り合い、傷のつっつきあいになる。
また上司の相性も、その分かれ目になる。大の男がトイレで号泣!になってしまう。

 家庭もそうだ、基本の夫婦関係が「あたり」か「はずれ」で、天国か地獄かの
分かれ目になる。五分五分でまずは、試される事になるのだ。
いかにいい加減に相手を決めてしまうのが人間の弱点だ。
誤解をして結婚してしまい、理解して離婚というケースになってしまう。

 重いうつ病もこの世の地獄である。
その人が理想としてつくった家は、その人にとっての天国のカタチという。
なるほど解るような気がする。
いま住んでいる自宅は両親が「自分の人生の最後を飾るため」に造った家だ。
そうすると、私は両親の天国世界にいることになる。
なるほど!
私の天国は家内と秘境旅行をしている時だ。
それぞれのカタチがある。


727,  「結婚スピーチ 」-読書日記

2003年04月01日(火)

  サブタイトルー死ぬまで忘れられない話 ー  
 
 この本がタイトルとは違って、斉藤茂太の人柄の為か面白いのだ。
おそらく我々のスピーチの数十倍の機会が多いから、色いろの逸話を集めたのだろう。
考えてみれば、夫婦の何ともいえない機微を取り上げるのは結婚式が一番多い。
夫婦の関係ほど微妙で複雑で赤裸々で面白いものはない。
ー以下を抜粋してみたー私の感想を入れた。

・ある人がアインシュタイン夫人に、
 「あなたは相対性理論をおわかりになるの?」
 と訊いた。それに答えて、
「いいえ。でも,わたしはアインシュタインをよく理解していますよ」
 といった。
 (感想)フォード1世に、ある記者が学歴がないことを知っていて、
 わざと難しい質問をした。フォードいわく「それは解りませんが、
 それが解る人間はすぐ呼べますよ」の逸話を思い出した。

・結婚をしなかったわたしは、なんてバカだったんでしょう。
 これまで見たものの中でいちばん美しかったのは、腕を組んで歩く
 老夫婦の姿でした。    ーグレタ・ガルボ
 (感想)朝のモーニングショーで、離婚をしてよかったといっている
 中年女タレント数人に小沢昭一が、
「歳をとってね、ばあさんと一緒に飲むお茶の味はいいものだよ」といった。
 元気のよかったバカタレント何もいえなくなった。

・作家の吉川英治は、亡くなる前に奥さんの手を取って、こういった。
 「7たび生まれかわっても,7たびきみと結婚するよ」
 (感想)わたしの知人の奥さんが亡くなるとき
 「またわたしを貰ってね!」といったそうだ。
 家内には「今度生まれてきたらあなたとは結婚はしないわ!」
 といわれてしまった。
 結婚生活のコツは「また生まれ変わったら、この人と結婚したいと思うよう
 にお互い努力することと聞いたことがある。

・人間にとって昔から大事なことは、夜、家に帰ってこないとき、
 どこにいるのかと心配してくれる人がいるということだ。
                 −マーガレット・ミード
 (感想)アメリカの地質学者の言葉だ。
 やはり港があるから楽々遊べるのだ。

・結婚は鳥篭のようなものだ。 
 外にいる鳥は、入りたがり、
 なかの鳥はいたずらに出ようともがく。 
              −モンテーニュ
 (感想)理想は開けっ放しの餌の充分ある篭がよい。
 そうもいかないか?!
 夫婦生活は最後は
 明るく、暖かいことと、最後はお互いの品性である。

 「結婚スピーチ 」
   ー死ぬまで忘れられない話   
 斉藤茂太著
 文化創作出版
 1996年出版
 長岡中央図書館
 2003年03・29日
 1300円
 ★★★

 < 過去  INDEX  未来 >


horii86 [HOMEPAGE]