堀井On-Line



535,同級会

2002年09月30日(月)


この20年間は、同級会にはなるべく出るようにしてきた。
但し同窓会はでないようにしていた。
同窓会は高校と大学だけだが、知らない人間が年上というだけで
気を使わなくてはならないのが嫌だからだ。

・小学校が5年に一度、中学と高校は毎年開いていた。
・中学は3年前仕切っていたマドンナが事故で大怪我をして休会状態だ。
 今年から復活する?
・大学はゼミの同窓会が毎年おこなわれていたが、5年前に教授が
 亡くなられて今は出席していない。
 大学は10年単位で学年ごとに学校が主催で会を開いている。
 これが素晴らしい。
我を忘れて数十年前のことを思い出すのもよいものである。

中学高校を毎年開いている話を知人が聞いて、
「毎年同級会を開くなんて変態だ!」と驚いていた。
知人は最近同級会を始めたが、それまでは殆んど開いてなかったという。

先日の法事で7歳年上の長岡に住む従妹が、
年4回欠かさず開いていると聞いて吃驚仰天した。
世の中上には上があるもので、それも13人だという。

面白いもので、小、中、高、大学と物理的にも知識情報にも、
上に行くほど明確に世界が広くなっている。
「学校をでたら、10〜20年は学校の友人とは付き合わない方が
よい」と本で読んだ事がある。人間として脱皮できなくなるという。

大学を出て10年ぶりに友人の結婚式に出たとき、学生時代の知人の
グループに出くわして驚いてしまった。当時と何も変わってないのだ。
すぐに家業を継ぎ友人関係もそのまま、同じ地域にいて・・・・。
それが良いかどうか解らないが、いやに奇妙な感じだった。

地方には長男長女が多い。それ以下はどうしても外に出るケースが多い。
不景気になってくると、全体に暗い会になりがちである。
高校の同級会は年毎に少なく暗くなる。
地元じゃ大手の会社に勤めているか社長だ。
それまで胸を張っていたような人ほど元気がない。
また出席は10年前の半数以下だ。

倒産、倒産直前、リストラ、早期退職など暗い話だけだ。
日本で現在長岡が一番不景気だともいわれている。
毎月のように廃業、倒産がおきている。
次は何処が噂のネタになっている。

同級会は40前後が一番良いといわれている。
社会的にも絶頂で、先生も定年近くで、女性も子供の手が離れる時期だ。
50歳過ぎると、お互いに我侭が出てくるし遠ざかる時期でもある。
それと死亡が目立ってくる時期だ、5年ぶりの小学校で100人の同期で
5~6人も亡くなっていた。その年になったということだ!


534,「少し早めな遺言」

2002年09月29日(日)

50歳過ぎたら毎年ごとに、遺言を毎年書いておくべしとの事。
数年前から書こうと思っていたが、ほとんど書いてなかった。

殆んどというと、少しは書いていたのかというと、
会社の机の中の封筒に子供二人と家内に、
5年前に数行書き始めてそのままのものがある。

照れくさくって書けないのが実情である。
図書館で借りた「少し早めの遺言」という本が面白い。
作家やタレントなどの有名人が面白可笑しく書いている。

実際のところ、こういうタイトルで書けといっても、
ある程度フザケテしか書けないだろうが。
でも半数はけっこう真剣に書いている。

ーフザケテ?書いてみると,私の場合こうなるだろう!!
実感で書いてみる。
・財産は家内半分、息子二人はその半分づつ。
 ー事業は続いていれば価値があるが、そうでなくては価値はない。
 まあ大した事はないから、その点は気にしないでいてよい。
 大学を出した時点で、親の責務は終わっているので当てはしない事。

・辞世は「恵まれて 面白可笑し 悔いはなし あとは野となれ花になれ」
    「有難う、面白かった悔いはなし 情報社会の 激変の中」
  ーこれ今即興で・・・
・今度生まれてきたら、また同じ両親の元に生まれ、同じ家内?と一緒に
 なりたい ー同じ条件で生まれる事はないから大丈夫だが!
 ー参考のために、家内は嫌だと20年前に宣言された!

・子供たちには怖い父親であったが、あなた方も優しい父親でなく
 怖い父親になってください。ただ困っていたら、その時出来る範囲で
 優しく助けてやってください。

・ー子供たちにー父親訓として
 真面目な路線の上を、面白おかしく生きてください。
 性悪説の路線の上を、性善説で生きてください。
 人生二度なし、燃焼した人生を送るように。
 クールヘッド、ウオームハートで。
 人と違う人生をプラスに前向きに生きること。
・ー家内にはー
 死ぬときは必ず傍にいるから安心していてください。
 お蔭様で明るく楽しい人生でした。
 −何事も深刻にならず、鳥の羽毛のように軽く生きる事ができました。
・ー家訓として残しておく言葉はー
 他人との金銭の貸し借りはしない事
 請け判ー特に保証人には絶対にならない事
 小銭を大事にする事ーそうしないと大金が使えない。
 生き金は使え、死に金は使わない
 贅沢は敵、質素に、簡素に生きる
 法事や墓参りは必ずする事ー坊主の布施は最小にーこれは私の意見
 近所の人とは親しくしない事ー但し挨拶だけはしっかりと
 商工会議所や町内会や青年会議所には要注意???!!!
   −業種によるが、同種の情報媒体は避ける事!
 −下記の参加は避ける事ー
 ロータークラブ、ライオンズ、商工会議所ー青年部とかの???
 読書などの教養だけは身につける事

書いていて面白くなってきた。
この随想日記そのものが遺言そのものだ!
更にー
・姉兄には
 お世話になりました。
 皆様の分まで生きたようにも思います。
何か真剣に書いてしまった。


533, 離婚事情

2002年09月28日(土)


現在は三組に一組が離婚するそうだ。
先日ある会で年配の女性が面白いことを言っていた。
「現代は少子化の為、嫌だったらいつでも帰ってきてもいいと
娘を送り出す。更に子供を連れてくれば一緒に暮らせるからだ。
一子、二子の結婚でお互いに希少価値がある。だから平気ですぐ離婚を
する」といっていた。

数年ぶりに知人に会ったら同じような事をいっていた。
息子が子供を連れて離婚をし、裁判で息子の方が親権をとったという。
息子1人では育てられないから、引き取って育だてているといっていた。
でも新しい子供が家庭に入り楽しそうであった。

それにしても三組に一組は多い。
わからない事は無いが、長く連れ添っていれば愛情がわくものを?
一家族に一人はいることになる。親子三〜四組うち一組になる。
ということは、この文章を気をつけて書かなくてはならない事になる。
読んだほぼ全員傷つけかねない。実際のところ、そこまで多くない。

以前TVで、離婚をした中年の女タレントと数人が口をそろえて
「離婚をして本当によかった!!」と言っていた。
それを黙って聞いていた小沢昭一が
「苦労を友にしてきた連れ添いと、歳をとって昔の楽しい思い出や
苦労話をお茶を飲みながら、しんみり話す味もいいもんだよ」と反論。
気の強そうな女性たちにとってカウンターパンチになってしまい、
その場がシーンとシラケの場になってしまった。

居ればうるさいし居なくては寂しいのが夫婦というものだ。
離婚をした独り者の飲み屋のママは連休が嫌だといっていた。
どうにもならない気持ちになるという。
家族の基本はやはり夫婦である。
現在の少子化もひどい、平均1・3人という。
人口維持の為には2,1人が必要という。
少子化が進めば更に離婚率が増すのだろうか。

好きになる相手は自分の持ってない部分をある人に惹かれる。
うまくいっているうちはいいが、一つかみ合わくなると破綻しやすくなる。
昔、足入れ婚というのがあった。結婚の籍をいれず仮結婚をさせる。
今も同棲があるが、周囲も仮結婚と認めて合わない時は
いつの間に別れさせてしまうという。


532,「一人娘とホモに気をつけろ!」

2002年09月27日(金)


息子二人が大学の入学の為、上京する時に注意した事があった。
お盆に下の息子が帰省した時に居酒屋で酒を飲んで聞いた話だ。
「一人娘とホモに気をつけろ!」

知っていれば、何処かで気をつけるだろうと注意しておいたのだ。
それにしても、変わった面白い注意をしたものだ。
せっかく育てた子供を他人の家の子供にしたくないという心配が、
そう言わせたのだろう。
あとは息子がホモもまずい。
後では取り返しのきかない事だ。特に都会ではそういうことが多い。

女姉妹だけの長女とか、一人娘は要注意だ。
本能的に、よい獲?がいないかと目を光らせて狙っているケースが多い?
これは注意をしておけば避けられる事だが、それでよいなら問題ないが。

あと幾つか注意したと思うが、本を読め、色いろなアルバイトをしろ、
ゼミに入れ、クラブにも入れ、大学でしか経験できない事を可能な限り
経験しろという事を言ったと思う。

大学時の経験が一生の圧縮だ。


531, 天皇制度について

2002年09月26日(木)

国家感だから書くのに少し気が引けるが,避けては通れない問題だ。
島国とか離れたスカンジナビア半島のように、
あまり外部との入れ替わりの無い国では,
王室を国家の体制としておいておく方式もあってもよい。
また多神教の場合の統治にも王室が有効となる。

ユダヤ教やキリスト教やイスラム教のようなラージXの
一神教には共通の価値観がある。
アメリカの大統領の宣誓式でバイブルを手に宣誓をするのは、
一神教のラージXのアラーの神に国民の前で国家への奉仕を
約束をすることである。
旧約聖書では王を認めてない。

日本の神話で神が出てくる。
彼の左右には必ず二人の対立したセカンドがでてくる。
対立をする間に中央の神が存在して、真空ー中空としての役割を果たす。
変化の乏しい島国では丁度よい役割を果たす。
良くいえば弾力的システム、悪くいえばいい加減なシステムになる。
今の日本の窮状はそのいい加減なシステムの弱点が出ている為である。

アメリカが日本を占拠した時にアフリカとか東南アジアやインドの
占拠方式をそのまま当てはめ、天皇制の維持で国家体制の維持に利用した。
明治維新で日本という国家をつくろうとして、京都の天皇に目をつけた。

ー国家のつくり方として
・先ずは帽子が必要である。警察の帽子といっしょである。
・次に暴力装置として内向けに警察、外向けに軍隊が必要になる。
・それと決め事としての憲法。

戦後はその決め事ー憲法をアメリカに押し付けられた。

裸の王様と同じで、誰もが解っていながら?口に出せない。
議論を避けて通ってはならない問題だ。

石原慎太郎が「天皇家は朝鮮人のルーツを持つ」といっていたが、
それは古墳をみると明らかである。
日本こそ多民族国家である。その時々でいろいろの民族が浸入してきた。
台湾だったり、朝鮮だったり、アイヌ系だったり、南方系だったりした。
そしてその都度いろいろな一族が大きい勢力をもった、
それの一つが天皇家である。
千年以上続いているのが素晴らしいといえば、全くそうだ。

欧州の王室のように、質素な一般大衆とさほど変わらない
慕われる王室に自然となっていくだろうが。
その為には、まずは京都に居を移ってもらわなくては!


530,焼肉屋の新業態の店?

2002年09月25日(水)

郊外に以前地元のホームセンターが経営していた焼肉の店があった。
一昨日、代替わりをして新しい焼肉屋なっていた店に入ってみた。

以前の店に2~3回同じ時間に行ったが誰も入ってなかった。
入ってビックリ、17時なのに9割がたの席の埋まりであった。
一時間後の18時に帰る時には3組の待ち客がいた。

客は殆どが若い人であった。
前の店は値段の割りにおいしい店で、カルビが¥480円だった。
周辺に同じような店が5~6軒もできた為もあるが。

新しい店は内装は全く変えてなく、変わったところは「しゃぶしゃぶ」
と「焼肉」が食べ放題で、1480円であった。
普通の単品もあり、以前の店より単品は一割ほど安い程度であった。

「ハナマサの食べ放題」もあるが、違うのは普通の焼肉屋と
同じメニューで、その皿の肉はどれでも注文をすればその都度持って
くる方式である。

前の店もこれと同じやり方をすれば、上手くいったと思われる。
100席以上の郊外型の店で、店員が数名が走り回っていた。

焼肉の新しい業態の店である、よく考えたものだ。
しゃぶしゃぶの単品で「牛ロース3人前と野菜と丼物とビール2本」
で3500円辺りであった。
肉は決して美味しいとはいえないが、その業態がなかなかよい。
「cha cha]という店で、何処かのチェーン店の新業態かと「検索」で
調べたが、全く無かった。

店に入ると必ずどういう業種で業態で時代に合っているかどうかという
視線で見るとなかなか面白い。
こうすればいいのにな〜と思う店があまりに多いが、
いうわけにいかない。




529,人の一生

2002年09月24日(火)



仏教説話でよくきく内容だが、
怪獣?に追われて古井戸の紐につたわり下りようとすると、

・上からはその動物が覗?込んでいる。
・周囲の岩から蛇が首を出して狙っている。
・下には大蛇が大口を開いて、落ちてくるのを待っている。
・しがみついている紐を鼠が齧っている。

・怪獣は現実。
・周囲の岩から首を出している蛇は、四苦八苦などの病気悩み災害。
・下の大蛇は死。
・鼠は歳月ー死への。
・紐は生命。
人間の一生を例えた仏教説話である。

これからみると仏教は暗い不安な宗教ともいえる。
また井戸は内面ー孤独ともいえる。

こういう喩えのストーリは如何であろうか?

ー熊に追われ井戸に逃げ込んだら、そこは酒の涌く井戸であった。
鼠や蛇がそこにいて、酒で酔っている。好みの美人もそこで酔っている。

この際自分も飲んでみたところ、その酒の美味いこと。
あまりに美味いので飲みすぎて泥酔してしまった。
ふと外をみると追いかけてきた熊ー現実もいなくなっていた。

それまでの記憶をすっかり忘れて外にでると、いないはずの熊に
食べられてしまった。
これ、酒で失敗した男の話でしかないか?
何回熊に食べられた事か???!


528, 貧すれば鈍するー

2002年09月23日(月)


私の周辺に不幸を絵に書いたような人が数人いる。
 「何をしてもうまくいかない人」である。 
 20対80の法則からいうと、その20佑凌祐屬烹牽悪佑
 不幸が集中するたぐいの話である。
 
  彼らの共通項とは
・甘さの塊である。そしてそれを周辺に押し付ける。
 人の甘さの隙を捜し続け、そこに擦り寄っていく。

・その結果群れたがる!一人になりきれない要素が非常に強い。
 腐った納豆?のような人だ。お互い粘粘絡み合っている。

・暴力団の事務所はそういう溜まり場だ。

・言い訳だけを常に考え行動しようとする。

・以前、ある会に入りたいと60歳を過ぎた男の人が来た。
 入会希望の手紙の内容も、初対面の時も「以前リストラされた時の
 虐めの話である。」そんなこと誰も心の奥に幾つかあるものだ。
 いい歳をして、他人に言うようなことでない。
 それを慰めてくれる人を探しているのだ、暗い顔をして。
 もしそういう人がいたら私も苛めたくなる。
 その人は一回で来なくなったが。
 自分は高卒でここのレベルについていけないという理由だった。
 馬鹿!大卒といっても私も含め馬鹿ばっかりだということが解らない。
 大学はそのコンプレックスを持たないだけでもいく価値があるのか?
 と思いたくなる。

・ある土地を買った時、隣地に挨拶に行った。
 その奥さんが初対面にかかわらず、買った土地の前のオーナーの
 悪口雑言である。その数年後旦那が脳梗塞になった。
 
・一番身近な連れ添いとの信頼関係がまず壊れている!
 浮気とか、嘘ごまかし、裏切りをまず一番の身近から始めている。
 最悪の場合、自殺とか、ストレスで早死にしている。
 その場合父親も本人も親子揃っての場合が多い。
 2~3の事例ではない。そういうのを家系というのだ。

 結局若いときに基本を創ってなかったのだ。
 家系等の環境もあるが。 
 「マイナス思考の何処が悪いのだ」と強がりをいう。
 マイナス思考にもよいところがあると、そこだけプラス思考をいう。
 漫才だー実際にマイナス男から聞いた。
マイナス思考はよくないは差っぴきプラスになるが、
 マイナスに対するプラスならかけあわせればマイナスだ。
 ブラックジョークにもならない。

 そういう男の呟きが聞こえてくる。
 マイナスマイナスというが、何をもってそういうのか?
 あんたの影の話ではないか?
 とんでもない!それさえ自覚できないその神経が、
 その原因になっている。

 耳が痛い??自分にも誰にも備わっている要素だからだ!
「貧すれば鈍する」になるからだ。

そうならない為には、自分で貧しないように律するしかない。
貧するには物質的な事と精神的なことがある。
物質的には貧乏をしない為には、時間をかけた蓄えが必要だ。
目安は収入の20佑箸?無理か。
死ぬその日までは金がかかる、しかし死んだら一円も掛からない。
ここのところが難しい。
精神的な豊かさも金と一緒で永い年月の蓄積が必要だ。

自分が貧したらなるべく人に接しない事だ。
また逆に貧した人には近寄らない事だ。
その人の血が付くからだ。
自分のマイナスを周辺の人にばら撒くからだ。
自分の傷口を他人の血で洗おうとする。



527, 大相撲ー頑張れ武蔵丸!

2002年09月22日(日)


まさか貴乃花が千秋楽で同点決勝に持ち込めるとは思ってなかった。
もし優勝をしたら大騒ぎになるだろう。
こういう時に勝つのが大スターであるが、彼はそれを持っている。
しかし心情からみたら武蔵丸の勝利が望ましい。

前回あまりにも貴乃花が劇的すぎた!
武蔵丸のその時の姿がリアルにある記事に書いてあった。
おまけにその為に貴乃花を大怪我をさせてしまい、
かれが負けると、場内に座布団が荒れ飛ぶ。

この一年余り、独り横綱も大変であったろう。
それが7場所も休んだ主役に優勝をさらわれたら、余りに気の毒である。
もし彼が勝ったら、盛り上がった今場所に水を差すことになる。

貴乃花が勝ったら、一応彼の人生の大きな節目になるのではないだろうか。
大横綱の道を歩く為には、今日は負けた方がよいだろう。
大鵬の30回の優勝に向けて、身体を作り直すチャンスだ。
勝てば他の力士に焦点を当てられてしまう。

それにしてもスターの要素を持った若手がいない。
このままでは、ますます人気の陰りが増すだろう。
幕下と十両に元学生横綱の個性派と外人が数人いるが、
輝いているかというとどうか?
他の格闘技で面白のが、どんどん放映されているから八百長体質
があるなら、相撲人気はますます落ちていくだろう。


526,社会の変化

2002年09月21日(土)


日本も社会の価値観が根本的に変わろうとしている。
この失われた10年間で政治も企業も宗教も権威が失墜してしまった。
一昔前の一流企業といわれるところが、倒産や赤字や不祥事で
全く権威を消滅してしまった。
代議士や大臣を偉いと思う人が全くいなくなってしまった。
宗教もしかり、「集り」という姿がオウム教で露出してしまった。

「家」という制度も根こそぎ変わろうとしている。
江戸時代から続いてきた「日本的家制度」が、新しい年代の出現や
我々の意識の変化で根こそぎ変わってきている。
家のオモヒの仏壇も仏教がまだ権威を保っていた時の文化だ。
法事も地味なものになるだろう。

農家や商家が激減し始めきたことも「家制度」の崩壊の原因になっている。
家業としての商売や職業が成り立たなくなってきた。
周辺でも多い事例として、実家にUターンで帰ってきたが、
家業が成り立たなくなり再び都会に帰っていくケースが多い。
「帰ってこないほうが良かった」といって。
初めから帰ってこないケースも多い。

結婚式も最近、当人が会費制度でやる地味婚が増えてきている。
家どうしの顔ミセから、本人達のお祝いの会に変わっている。
家単位の行事が一づつ消滅か縮小してきている。
葬式や法事もこれに近づいてくるだろう。
何かの本に、「家業一代、家二代の時代」と書いてあった。

私の場合、この十年間で年で数回海外ツアーに出ているせいか、
更にこのホームページを開いたせいか、人間関係の感覚が変わった。
趣味の同じ人と、側にいなくとも何かどこかで繋がっている感覚がある。
気持ちの距離感が変わってしまった。
やはり情報革命が背後にあるのだろうか。


525,光ファイバー

2002年09月20日(金)

昨日から、会社のランが光ファイバーでネットされた。
今までの電話線の10涌造ぅ優奪販繕發妊灰好肇僖侫ーマンス
はよくなったが、諸経費等が65万である。
1~2年で元はとれるが、それで1000倍近い速度だ。

自宅では来月半ばに入る。
長岡で導入の一号だそうだ、その証明書も出してくれるという。
何か営業に強引に加入されてしまったが、一号の証明書をもらって我慢だ。
月9000円で、来春5800円に下がる?そうだ。
電話代が無料になるから、その辺が入り時という。

ブロードバンド ポルノと検索入力して、はじめは 定番から
入るしかないか?
「ブロードバンドと何々」の何々をこれからキーワードに
意識をしていくと、面白いものに行き当たるだろう。

愛犬家だったら犬と入れると、犬の画像が出てくる。
おしゃべり日記といれたら、何か話している人の画像が
出てきたりする?
自宅ではADSLが一月前に入ったが、早速ブロードバンドとポルノ
と入れたら、リアルな映像が出てきた。
それから見ていないが、あれはこっそり見るもので、
パソコンで見るのに適してない?

美術館とか博物館などが早速取り入れてくるだろう。
それとサービス関係のホームページも。
これに携帯が連動してくると、さらに面白い時代なってくる。
今まで写真中心の海外旅行のホームページが、写真が出てくるまで
時間がかかりすぎて、見るのに躊躇していた。
その問題は軽くクリアーするだろう。

二紙とっている新聞を一紙にしようかと、今月中に結論を出す。
トレードオフだ。
以前は3紙とっていたが、日経をまずやめた。
この時はWOWOW に加入した時だった。

次は朝日か?新潟日報か?どちらを残すか。
会社に行けば見れるのだから。

今の若い人は新聞を見ない傾向にあるという。
インターネットでネット新聞を見ているという、もちろん無料だ。
死亡広告がなかったら日報もやめたいのだが、全くつまらない!
考えてみたら、とってないのもいいかもしれない??!!
新聞社の斜陽が更に進むだろう。

ヒカリファイバーで3年先には大きな社会的な変化が進むだろう。


524,北朝鮮を考える

2002年09月19日(木)

解りやすく北朝鮮を要約するとー
得体の知れないマフィアの親子が国家を乗っ取ってしまった。
そして?鹿息子が自分を「偉大なるドン様」と国民にいわせている。

・やりたい放題、偽札は国家単位で生産する。
・武器を狂信的国家に製造して売りつける。
・麻薬も国家的生産体制でつくり、隣国のマフィアに売る。
・更にある平和ボケの隣国に銀行をつくり、どんどん金を高利で集め自国
 に移動する。
・スパイのネットワークを周辺の国に張りつけて、その国民を自国に
 連行はする。
・ある隣国の野党そのものを買収をして連合をする。
・最近はミサイルを造り、ある虚勢された?隣国の上を飛ばす。
・原爆まで生産、それを狂信国家に売りつけようと企んでいる。

しかし、そのマフィアのパパが死んでしまった気の小さい僕ちゃんが
とんでもないミスをやらかしてしまった。狂信国家のテロリストと
組んでアメリカに対抗しようとしていたが、こともあろうに
アメリカの象徴のユダヤビルを2つ吹き飛ばしてしまった。
さらに3000人の命を奪ってしまった。

この報復はすぐに始まった。
日本の銀行の締め付け、日本への侵入に対して衛星TVでの厳重
チェック、食料援助の凍結。
2〜3年後のアメリカの間違いない攻撃!

そこで隣国に韓国と同じ手法で、詐欺の計画をたてた。
あたかも友好のふりをして援助が目的のパフォーマンス。
しかし人質の8人の殺害もばれてしまった。

恐らくこれは国論がいくら脳天気でも硬化する。
これは日本国家にとっても数年先のアメリカの攻撃に、賛成に傾く。
脅かしで原発の一つや二つ爆発をさせるかもしれない。
この国もやっと、危険という意味でグローバル化してきたというところか。

与えられた民主主義ほどやっかいなものはない。






523, 本屋と書籍出版社と問屋

2002年09月18日(水)

本屋の世界が特殊ということがあまり知られてない。
書店の問屋に2大勢力がある、日販と東販だ。

・荒利が20諭∧嵒兵由の世界。
 価格は再販制−定価販売で、値引いては売らない。
 問屋への注文は本の間に挟まっている注文書を販売時点で抜いて、
 注文をするシステムであるー現在はバーコードがついている。

・本屋の棚割とか在庫数は問屋の指導で決められている?
 問屋は情報システムを本屋に売っていることになる。
 解かりやすくいえばいえば、本屋は不動産業そのものといえる。
 ある立地を確保して、本屋をやる!といえば問屋が飛びついてくる。
 そして棚割りと在庫数の決定をする。
 フランチャイズシステムに酷似している。
 イトーヨカ堂の鈴木敏文社長は大手問屋の課長の転職者だ。
 小売は情報システムの販売という事を熟知していたから、
 社長まで登りつめたのだろう。

・20佑旅嗟の内訳はー人件費が40諭地代が7~8諭電気光熱費が
 などの経費が30諭∨引きなどが3~4佑離蹈垢寮こΔ世蹐
 ーこれは私の推定だが。

・本の価格は、初版でコストが回収されるように値付けされている。
 大体の話だが、価格の分岐点は単行本で,
 。初版1〜2万部で1700円あたりである。
 。2000〜2500円だと初版は8000部あたり。
 。3000円にしておけば、3000部あたりでよい。

・単行本の中から、売れた本は文庫本に選ばれて書棚に残っていく。
 値段は半額から三分の一になる。

これからデジタルの時代といえ、本は残るといわれている。
それもビジュアルの要素が多く入った解りやすい本が。

そういえば本屋ではそういう本が多くなった。
文庫本にもカラー写真がたっぷり入った本も目に付くようになってきた。
かなり難しい哲学の本を3年前に買ったが、大きな絵入りと解りやすい
解説が空間にたっぷり入った本であった。居間のTVの横に置いてある。

最近は左のページが原書になっていて、右に難しい英語の解釈や
解説がしてある本もある。
これを読めば一応原書を読んだ事になるように、出版社もあの手この手で
知恵を絞っている。普通の人でも原書が読める時代だ。

そういえば、街の小さな書店がどんどん姿を消している。
大きなチェーン店にとって代わっているのは、どの業種も同じだ。


522,勉強法ーノートのとりかた--3

2002年09月17日(火)

以前にも「鳩山家の勉強法」でも書いたが、
レオナルド・ダビンチやモーツアルトなどの過去の天才のノート
やメモの共通点があるという。

・絵と図を中心として、そこに文章を書き込んでいる。
 空間配置を中心にしてある。
 知識としてより、創造のエネルギーが、
 それを共通項として必要としていたのか、直感的なのか?

・似た方法として、左か右に普通のノートをとり、
 反対側に絵や図や遊びなどの自由のコーナーにしてある。
 
 考えてみれば、脳そのものが右脳・左脳と二重構造になっている
 いるから、そうする事が自然で効率が良くなる。

 このような箇条書きも、してないよりはず〜とよいが、
 できたら空間配置のほうが良いのだろ。
 
 空間配置の中でフルに○と→をフルに使ってそれぞれの関係を 
 現しながら、解りやすく表現する事が重要だ。

 考えてみたら、これはある目的を達成する為、
 中世から現在まで、見取り図、発想法、かつ記憶の手段であった。
 また対象をわかり易くする為の手段でもあり、準備作業でもあった。
 
 今はパソコンに変わろうとしている。
 私の場合パソコンのワープロ機能の活用で、毎日の随想日記が可能になった。
 
 この画面で左がこのワープロで書き込め、左にノートパッドに
 ペンで自由に手書きで書き込めるソフトあると、便利のはずだが。
 もうあると思うが?いやないか?デジタルとアナログの融合になるのだが。
 
 「天才のノート」というソフトを創れば、売れると思うが!
 手書きも、タイプで打ち込める混合のソフトだ。
 アナログから脱皮できてないレベルの発想か?
 
 携帯電話の絵文字はその先をいっているのか??
 絵文字の組み合わせは、まったく違った可能性を含んでいる。
 時代は技術はどんどん変わっていくが、可能な限りついていくつもりだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前書いた「鳩山家の勉強方」をコピーしておく。
 
ー鳩山家の「勉強法」ー

何回か立ち読みをして買うかどうか迷っていたが,
先日買って読んで面白かった。
しかし本来ある技法を、とってつけたような内容も多かった。

最近ノウハウ書に凝っている。
以前はノウハウ書などの小手先の本を甘く見るところがあった。

ところがそれが思い込みでしかないことが、この年で解った。
ノウハウ書ばかり偏るのがよくないのであって、
技術の宝庫であることは間違いない。

この本もそうだ。
ノートのとり方一つでも目から鱗である。
私の場合あまり勉強が得意でなかったこともある。

最近凝っている速読法もそうだ。
10倍とはまだなってないが、3~5倍早く読めるようになった。
うそみたいな話だが。

10歳ぐらいのときに、ある姉が教えてくれた。
「一科目だけでいいから、勉強して一番をとりな!」
これが小学年の後半、算数だったと思うが一番になった。
それがきっかけであった。
そして中学二年の時、・・・・・と。

さてこれで印象に残っている順に書くと!
・ノートの左右の書き分け
  左にキチット先生の教えたことを、ノートにとる。
  右に 右脳的に 絵とか自分の 形に遊びを入れて書き換える。
 また、そのときの部屋の様子や、他のことも書き加える。
 ダビンチのノートもそうだ。
 絵と文を交互に空間を広く取りながら書き込む。
 広くとった空間にどんどん書き加える。
・あと問題集を徹底的に解く。
 それもどんどん答えを見ながら、先に進む。
・本は全体をとりあえず読む。
 そして後ろのほうから、逆読みをする。
 推理小説の犯人を先に知った上で、
 そのストーリーを読み解く方法を勉強法に取り入れる。
・黒板を周辺に置き、いま覚えるべきところを書き込む。
・勉強をすることが楽しい雰囲気を作る。
 音楽はアダージョなどの、アルファー波の出る音楽を流す。
・黒板で自分が先生になったつもりで、生徒に教えるように演技してみる。
・暗記は繰り返し暗記をすれば、誰でも憶えられる。
・頭の切り替えの為、ポイントごとに遊びを入れる。
・最も大事なところは、勉強と終わりに集中させる。
・あくまで本人の主体性を尊重する。

これは別に写したわけでなく、自分の印象に残った順に記憶から記している。
受験なら、どこそこの大学と具体的に目標を決め、
その科目を集中して勉強する。
それも高校一年の時から割り切り、
他の授業は割り切って進級すればよいレベルにする。

こういうのを戦略的勉強法というんだろうが。
でもそれを出来なかったが、「生き方で戦略的に生きてやれ」
と、学生時代に意識できた収穫もあった。




521,「世の中を良くする為には」

2002年09月16日(月)



昨日の昼、なにげなくみた映画のなかで、薬中のホームレスが、
橋から飛び降りようとする見しらずの女性を助ける時の言葉がよい。

「なぜ助けようとするのか?」という瞬間の問いに、
「自分を助けてほしい、貴女を助ける事でしか今の自分を救われない!
たった今まで薬のことしか頭になかったが、いま気づいた!
貴女を救う事が自分を救う事だということを!頼む私を助けてくれ!
死ななでくれ!」この男の哀願に女性が自殺をとどまる。

中学の初めての授業で先生が出した自分への課題。
ーこの一年間で、世界を変える方法を考え実行してみよう!!−
ある少年の考えた課題ー「3人の人に役立つ事をする誓い。
それをして貰った人は他の3人に役立ちをわたす、
それが鼠算に伸びれば世の中が良くなる」という自分の創った課題を
実践しようとした。しかしことごとく失敗した。

その一つが薬中のホームレスを自宅のガレージで立ち直らせる事であった。
しかしその期待に答えられなかった男が、元の生活に戻って失敗した。
しかし人を救う何かをしなくてはというのが残っていたのだ。
それがその女性を救った。
その少年がいう
ー日々の生活に慣れきってしまい、良くないことが変えられないんだ!
怖いんだ、変化する事が。良いことをしたら、次に渡せ!ー
耳が痛いが、なかなか味のある内容であった。

その子供の運動がマスコミに知ることなり、全米に大きな運動として
広がっていくのだが??
シックスセンスの子供役がその男の子を演じていたが、
素晴らしい心理描写を演じていた。
「可能の王国」という題であった。

最近TVの内容が多い!


520, 宇宙について

2002年09月15日(日)

宇宙についての知識がこの10~20年で、飛躍的に観測等で伸びた。
以前事業百訓で書いた内容をコピーしておこう。
これを書いてから数年後の7~8年前に、
NHKスペシャルで数回にわたり放送した内容がよかった。
あまりの壮大な内容に驚いた。

地球の特異点はビックバン、ビッククランチ、ブラックホールの3つある。
宇宙は130億年前あたりに大爆発があり時空をつくっていて、
今も膨張している。
最後には限界点まで行くと、収縮をはじめて消滅する。

宇宙にブラックホールが存在して周辺の星などの物質を飲み込んでいる。
それがある一点にむかっていくポイントがビッグクランチという。
あるところまでいくと、反転してビッグバンになる。

この宇宙は、その大きなブラックホールでもあり、
数億のブラックホールを抱えている。
それぞれのブラックホールもその中に宇宙を抱えており、
それぞれがビッグバンとビッグクランチをくり返している。

ある説によるとブラックホール内のビッグクランチが限界に達すると、
違う宇宙に管のようなトンネルを通ってつながっているといわれている。
当時3~4回この再放送を見た為、しっかりと頭に入っている。

当時感じたことは「何だこれは人間の生死と同じではないか」という
妙な気持ちであった。
15年前の文章に比べると、飛躍的な宇宙知識の飛躍でもあった。
あれから7年もっと科学知識は飛躍したはずだ。

TVだからこそ、その高度の内容を理解することが出来たのであって、
本でこれだけの内容の理解は、今の自分では無理だ

・・・・・・・・・・・・・・・
S6209事業百訓 

“宇宙と地球と人類”を大雑握にとらえまとめてみると−
  我々の宇宙は百二〇〜百五〇億年前にラグビーボール大の素粒子がビ ック・バン(大爆発)により生じた。
  そのひろがりは(a)二千億の太陽で一つの宇宙(銀河系)を形成 (b) その銀河が百億存在しているところまで確認され
  地球誕生は四十六億年前であり、太陽のまわりの細かい隕石がぶつか りあって拡大して生じたもの。
  三十億年前に生命が地上に誕生
  数百数万年前、猿が誕生
  五万年前にホモ・サピエンス(今の人類)が出現
  文明は五〜六千年前以前にはじめてうまれた。
  宗教(仏教、キリスト教)がおよそ二千〜二千五百年にうまれ
  現在の地上の人類は五十億人であり、過去人類として出現した数はお よそ八百億人という。
  その人間も五十兆の細胞で構成されており、脳細胞は百三十億であ   る。
 以上の背景を持っておよそ八十年間の寿命を全うする。子供の頃、胸にワッペン、片手にお菓子をもって、好きな女の子をおいまわす。女の子は大人をまねたママゴト。それを少し拡大した事を一生を通じて、何等不思議ともおもわずくり返す。



519,眠れない夜に

2002年09月14日(土)


眠れない夜にどういうわけか、こうすると不思議によく眠れる。
・仰向けになり全身の力を抜く。

・頭から額にかけて力を抜くー次に目とその奥、鼻と口、
 首と肩、両手、両足と気持ちをその都度そこに集中して力を抜いていく。
 そうすると、自然に寝ていても何処かに力みが入っているのが分かる。

・完全に力が抜けた状態で、一番楽しかったことを考える。
 私の場合海外旅行の大体3番目のあたりで睡眠に入る。 
 それでも眠れないで、過去に行った全ての「思い出し旅行」
 に3時間かけたことがあるが。それはそれで楽しい時間であった。

・眠れないときは寝ようと考えず、眠れない状態で自然に任せることだ。
 それでも眠れないのが不眠症だろうが。
 月に一度位は、夜半に目が覚め寝つけなかったりする。
 でも苦にはならない。ポイントはマイナス思考の差し込む魔の時間に
 しないことだ。
 これは注意していれば防げるのが不思議だ、訓練の結果だが。

・羊の数を数えるとよいという説があるが、私の場合逆に疲れてしまう。
 何かの本に面白い内容があった。
 「アメリカの西部の砂漠の深い渓谷をイメージする。自分はインデアンの
 イメージで、騎兵隊の待ち受けている。彼らは狭い渓谷に入ってきた。
 その一人一人を狙い撃ちをする。一人一人が自分の銃で撃たれて死んでいく。
 彼らはそれでも何処に潜んでいるのか、いくらでもいるのだ。
 それでも執拗に一人一人を撃ち続ける。眠りに入るまで。」

これをやるチャンスはまだないが、何か寝てしまいそうな感じだ。
寝付きのよいほうだが、不眠症の人の焦りも解る。
不眠症の原因は、寝れない時間の過ごし方が下手ではないか?
その時間を空想や過去の楽しい思い出を楽しめばと思うのも、
当人でないからだ。


518,勉強法ー速読法−2

2002年09月13日(金)

10年近く前までは、構造やキーワードなど二の次にして、
初めのページから読んでいた。
そして本は汚さないようにして、古本屋に売る気もないのに!
本棚は途中で投げ出した本の山であった。

月に2〜3冊を買ってきて、半分ぐらい読んで投げ出し、
ただ読んだという満足感で終わっていた。
読み返しも大してしなかった。

大きい転機は近くに地方にしては大型の図書館が出来たことだ。
読みたい本が山ほどあった。
借りてきて少し読んで1〜2週間で返した。
そして再び借りる。通って借りているうちにとりあえず目次と
前書き、後書きを読むようになった。

そして2年前より借りられる量が5冊から10冊に増えた。
ポイントは多く借りて、居間のTVの横に積み上げておく事である。
2年前に速読法に興味を持った、必然である。
丁度図書館に5〜6冊あったのだ。
それが前回書いた概要である。

10年前からみれば、10倍以上の速度と量になっている。

随想日記を含めたホームページを開いてからは、
書き出す量が10倍いや20倍以上になった。
やはり、第三者にさらけ出すということは大事だ。
アウトプットがあればインプットの力も強くなる。
そういう意味で物書きは、長い時間の中で膨大の循環がなされている。
生活とプライドをかけて書いているから、当然に違うわけだ!

インプットとアウトプット力は数十倍になった。
といっても、あくまで10年前の自分との比較だが、
ブラックボックスとしての自身の処理能力の革新である。


517, 勉強法ー速読法

2002年09月12日(木)

昨年から今年の前半は、ホームページ立ち上げとその為の
パソコンの勉強であった。

今年の前半からは、「速読法と文章作法を中心とした勉強法」
に集中した。
特に速読法の方法論が目から鱗という内容が多く、じっくり
身に付けるというより、いろいろな方法論の知識に気がいった。

しかし読めば読むほど、それだけ吸収力が確実につく!!
更に集中力とポイントの把握が飛躍的に付いた。
空の上から下の動物の群れをみる鷲のような感覚が強くなった。

共通の内容は大体がこんなものだ

・まずは前書き、後書き、目次を集中して読んで骨格を把握。
 −これは10年以上前から実施していたが。
・キーワードをさがす。
・図や箇条書きや太字のところを読む。
・それが終わったら最後の章からポイントを探しながら、
 一とおり流し読みをする。
・常に目次をベース基地にして各論を読む。
・旅としての読書か、旅行としての読書かハッキリ分ける。
 (読書そのものを楽しむのかーA、知識を多く得たいのかーB)
 両者の速読の仕方がまったく違う。
 前者ープロセスを楽しむにも早読法がある。

次がこの1年間に仕入れたポイントである
・目をスキャンに例えて、
  一ページをなぞる、
  そして半ページをなぞる、
  4~5行の段落でなぞってから
  斜め読みをする。ーー A、B両方可能
・とにかくページをパラパラと何回も目を通す。  ーーB
 目から脳に多くの情報が無意識で取り込まれるという。
・間違っても、初めから終わりまでまともに読もうとしない。ーーB
 楽しみとしての読書は別。
・段落の初めの2~3行を読んだあとは、流し読みをする。 
 ー大体が10~20行で段落になっており、一目で塊りは分かる。
 その一割の2〜3行に大部分の情報が載っていることが多い。−−B

自分で発明した方法は
・折込をいれる。ー前書き、目次、後書き、項目、図、まとめ
 箇条書きに。大項目ほど折込を大きくする。
・マーカーを引くより、ポストイットを縦に半分にきり、その部分の上に
 貼り込む。
・とにかく繰り返して読む。ー一冊に重要なポイントは少ないと
 割り切ってしまう。 
 −本より3~4つの最重要の部分のつまみ食いで十分と割り切る。

実際のところ本はまだまだ情報化とはいえ、まだまだ一番の情報の宝庫だ。
また合理的手段である。


516,デフレと流通大乱

2002年09月11日(水)

夏季の土日・祭日の午後の散歩はダイエーに行く。
店内を3〜40分歩いて帰ってくると、1時間の散歩コースに
丁度よいからだ。クーラーもきいているし面白いし。

それにしてもお客が少ない。
商品はそんなに悪くはない。ただこれはという商品は
ヨーカ堂と比べると少ない。
ニーズ商品は悪くはないが、ホット商品が少ない。
でも安いし、面白い事は確かだ。

家内もダイエーとヨーカ堂と専門店の特売を使い分けている。
それにしても消費物価が信じられないくらい安いのに驚く。
300円、500円クラスで面白いぐらい良い商品がある。

これでは洗濯屋が悪くなるはずである、洗濯代の方が高くつくのだ。
誰もわかっていることだ。

「バーミアン」というスカイラークが展開を始めた中華料理屋も、
ここに来てやっと本物になり始めてきた。
イタリヤ料理の「サエゼリア」の価値に近づいている。

とにかく安い、味はまあまあだが価値は充分感じる。
チェーン店評論家?として、この2つと、マクドナルド、家具のニトリ、
ユニクロ、無印良品、100円ショップ、しまむら、吉野屋、
居酒屋の一部に、日本にも本物が出始めてきた。
デフレに強い業態で、ロアーポピュラープライス専門店グループだ。

それにしても大手GMSのチェーンの盛衰が凄い。
・西武流通、ダイエーグループの実質解体。
・長崎屋、マイカルーニチイ、ヤオハン、九州最大の寿やの倒産。
百貨店だが,そごうの倒産。

総合店が苦戦している構造になっている。
本来GMS(ゼネラル・マーチャンダイジング・ストア)
は専門部門を束ねたものであるはずだが、組織がそれについて
いけないのだろう。

アメリカでは、10年前の雄であったK−マートが倒産。
今はウオールマートの時代だ。西武流通グループから西友を
買い取って日本に乗り込んでくる。

ジャスコとイトーヨーカ堂が合併しても太刀打ちできない相手だ。
ジャスコは、この3年間荒利をこのままにして人件費を20邑困蕕
という。正社員は3年間殆んど入れないという。
それも可能かどうか???実際は不可のはずだが??

ところが下げたとしても、20涌幣綽遊鑒颪糧耄┐
ウオールマートより高いという。
創業者の元会長が「あと3年で準備ができないときはジャスコも危ない」と、警告を発している。

流通は渦中でなく、横でウオッチングしていると面白いが、
渦中で働く人は阿修羅の世界だろう。
デフレが更にこれに拍車をかけているからだ。
時代の変わり目だ!!


515, 眠りの瞬間

2002年09月10日(火)



無への瞬間をとらえたことがある。
誰でも夜「何時の間にか睡眠の世界」に入ってしまう。
その睡眠の一瞬を意識で感じたのだ。

そのときの実感が「無」をみたという実感であった。
もちろん過去の人生で一回きりだ。
人からも、マスコミ媒体からもそういう話を聞いたことが一度もない。

眠れず般若心教を唱えていたときと記憶しているが。
恐らく死の一瞬とはこんなものかもしれない。
「あ!という無への一瞬の意識である」
意外とこの経験をしている人は多いのかもしれないが?

キュープラー・ロスというアメリカ人が「死の瞬間」
という本を書いているが、その瞬間には慈愛に包まれるという。
生まれてきた時と同じように管に巻かれて、のたうち回って
死ぬときもそうなのかもしれない??

話はそれるが、夢の世界も面白いものだ。
隔絶された別世界、それも現実とは違うが、といって現実的な異空間。
少なくとも、その世界では夢とは思えない。
夢からさめたとき、そのほとんどが消滅してしまうのも面白い。

眠りは一種の死の世界だ、あるいは彼岸の世界だ。
そこでみる夢は無意識の世界そのものだ。
大きい希望の「夢」に非常に似ているという。


514,大相撲−貴乃花のこと

2002年09月09日(月)



昨日は貴乃花が8場所ぶりの出場で館内が異常な雰囲気であった。
土俵に上がった瞬間、これは闘える身体ではないと感じた。
昨日は辛うじてかったが、今場所乗り切れる確立は5分かそれ以下だろう。

元横綱が2場所休むと土俵に上がるのが恐ろしくなるといっていた。
かなりの緊張感が館内に漂っており、他の力士まで異様な盛り上がりを
みせていた。兄弟子の貴ノ浪まで次の対戦で武蔵丸に勝ってしまった。

前回の優勝の時の怪我で、引退の状態であった。
協会の一人横綱では都合が悪いという状態で、
ここまで引き伸ばしてきたのは誰の目にも明らかであった。

館内にはいる待合では、凄い気合の入れようであった。
アフリカで100メートルのバンジージャンプの飛び降りる直前の10分前は、
丁度あの状態であった。
あの極限状態が見ているものの心を打つのだ。
審判をしている父親が勝った瞬間、泣きそうな顔に見えた。

そういえば、貴乃花が千代の富士に勝った時の事を思いだした。
今の彼の頭に、その時のことが去来するのはいつの事か!
相撲取りは現役がすべてだ。


513, 入試はクイズゲーム?

2002年09月08日(日)

「入試にしても、資格試験にしても、暗記とか理解を捨ててしまえ!
ーゲーム、パズルゲームゲーム、クイズゲームと割り切ってしまえ!」
 というある文章を見て固まってしまった。

「ゲームや遊びの類と割り切ってしまったら、真っ当に受験勉強を
しないはずだ。クイズゲームの能力のレベルを上げたいなら、
過去のクイズゲーム(問題)の質問と答えを徹底的に調べて、
その傾向とか癖の調査を楽しめ!その為の準備を遊べ!」
要するにゲーマーになってしまえということだ。

何事も遊びに昇華した時に能力が飛躍する、入験がそうだと。
自分で試合を創れる男をゲーマーという。
ゲームとは「目標を決め途中に難関を置き、それを乗り越えながら
達成するプロセスを第三者か、自分自身と競う事を楽しむ事」という。
あるレベルを超えると、これが一番重要になる。

自分が事業を始めたとき、そうだった。
自分の練り上げた計画を実行というプロセスを楽しむゲームと
いう要素があった。そこまで計画を自分で内省した。
「計画お宅」といってよかった。

評論家がそれを非難した文を読んだことがある。
「遊びで事業をしている馬鹿がいる!」とか、これは第三者の目。
そこまで練り上げると遊びになっているのが解らないのだ。
いやそのはるか下のレベルの人を言っているのか?
その差も解らないレベルの批評というと、その批評に対しても、
同じレベルの目線という理屈になる。

高校時代に不思議に思っていた「同じ勉強をしてどうして全く違うのだ?」
それが40年経ったいま初めて気づいた浅はかさ!
でも実際社会にでた時から、実践でそれをやってきたから後悔はないが。
あの受験の時の優秀?の人はゲーマーだったのだ。

まあ、それだけではないと思うが。
本当にしたい事、なりたい仕事があったから必至に勉強したとかが
本当のところだろうが。
パズルゲームか、あれは!!?クイズ??
馬鹿馬鹿しいともおもえない。
誰も教えてくれなかった、その事実を。

愚直に挫折をしながら、独り知恵を絞った事も事実である。
それが力を創ったことも確かだ。

でも事業で両親から、その遊びかたを教わっていた!
遊びになるまで集中しろ、継続しろ、努力しろという事だ。
彼らはそれを受験勉強で知っていたのだ・・・??

人間はその人の範囲のレベルしか力はつかないものだ。
のっけから、そう思って真剣に望めば逆に能力が湧き出る。
秘境旅行も「旅行道?というものがあるならば地球の何処を
埋めていこうか?」というゲームになっている?!!


ところでこの随想日記はじつは危ないゲームになっている。
毎日のネタさがしと、その内容の構築がゲームでもある。
全くの無の状態から探し、材料の構築はスリルでもある。


512,パンプローナの牛追い祭り

2002年09月07日(土)

今朝9時半より、衛星TVで今年のサン・フェルミン祭を放映していた。
もし神様が一日だけもう一度同じ日を与えてくれるといったら、
4年前のこの祭りの最終日を間違いなく選ぶだろう。

今年は例年になく多くの負傷者が出た。
今日の番組は毎朝の牛追いに絞った8日間の内容の為、
毎年放映される中でも特に迫力があった。
初めから最後まで手に汗を握る内容であった。

この祭りはヘミングウエーの「日はまた昇る」で舞台になり世界
に一躍知られるようになった。

この期間ー7月上旬の8日間、町中の人が白い服に赤の腰巻の布を巻き、
赤いネッカチーフをつける。
パンプローナの出身者の多くが帰ってくるという。
毎朝6頭の闘牛とそれを先導する虚勢牛6頭の合計12頭が闘牛場に
向かう街の道路に放たれる。
毎日異なるドラマを生みながら熱狂を8日間重ねていく。
その6頭の闘牛が毎日おこなわれる。
4年前その最終日の闘牛をみたが、会場が異様な熱狂に包まれていた。

その牛の前を走るエニシエロが、勇気試しになる。
19世紀半ばからこの祭りが始まり、闘牛とか牛追いは途中から
その祭りに加わった。

ーユーラシア旅行社でいくと、市役所広場の
前の4階の部屋からファイナルギャザリングと牛追いが見れる。

4年前の「北スペインの旅」−より抜粋ーの内容をコピーしておく。

[・・・・・・・・・その中で一番のハイライトがパンプローナの
“牛追い祭り”であった。延々8日間にわたって毎夜、闘牛が行われる。
その牛を毎朝、市役所から闘牛場へ、町中を追い上げる。
その前を街の若者が走って、度胸試しをする。死人が出ることがある
という。
我々が着いたその日が最終日の為、最高の盛り上がりであった。
その夜の闘牛もその為か異常な熱狂を会場にただよわせていた。
これこそ正しくスペインと思われた。
深夜の十二時に向けたファイナルギャザリングが、
一生の思い出になる感動的場面であった。
市役所前に数千の群集がロウソクを手に持って集まり、
ロウソクをかざしながら歌い踊るのだ。
彼らが心の底からパンプローナを愛しているのがよくわかるのだ。
民家の4Fの一室を借りて見たのだが、光の海を見ているようであった。
トランペットやバイオリン・タイコの楽団の演奏にあわせて歌を全員が
歌っている。
キリスト教で祭りを集団で祝うのはスペインだけといわれている。
イスラムとキリスト教が融合して、神聖かつ感動的・熱狂的なお祭り騒ぎ
なのである。
このような宗教的感動的場面に出会ったのは初めての経験であった。
この場面に出会っただけでもこの旅行は充分の価値があった。
一生の心の財産になった。]



511,こころの添削

2002年09月06日(金)



「文章を添削することは心を添削することだ。
その人の心が添削されないかぎりはその人の文章も添削されようがない」
       ー藤村藤村の「初学者のために」より

なにか毎日「随想テーマ日記」を書き続けていて、一番勉強になるのが
自分自身である。思っていることを書き出して、添削を続けていると
心を書き出し、こころを添削しているような気になる。

小さな、ネジ曲がった自分がまず浮き彫りになる。
そして、他人に見られていることを意識して書き直す。
その作業を通して、自分の心が添削されていくのが実感で解る。

文章の上達は「量を書くことと添削しかない」と立花隆が
書いていたが、そのとおりである!
添削は誤字や文の脈絡の捩れを直すだけでなく、
その前提になっている自分の視線・視点を治す事だ。
言葉が汚い自分はこころも汚い事と反省しなくてはならないが!

・・・・・・・・・
人生は「自分が真にしたいことを見つけ、面白く生きること」
これが秘訣だと両親の生き方より若いときから学んだ。

ものを書くことも然りと、田辺聖子の「いい文章を書くために」
という随想に書いてあった。

「書きたいことを、面白がって」
そうすれば、読む方もその人の本当に言いたいことに注目をするし、
面白がって読むだろう。文章も躍動感に満ちたものになるだろう。

なるほどと思ったと同時に、文を書くとき本当にそう考えていただろうか?

・・・・・・・・・
「随想はつまるところ自慢話」と井上ひさしがいっていたと、
林真理子が書いていた。なるほど、そのとおりである。
毎日書き続けていてそう実感する。

「こんなことを知っているぞ」とか「こんな経験したことがあるぞ」
とかだ。それでは外に何を書けといえばいいのか?
やはりその類のことしか実際のところない。
勝手に書いて、公開しているんだからと開き直るしかない。

何か書いている原動力が自慢話とは、それも面白いものだ。
「毎回見ていただいてありがとうございます!」
いや「毎回自慢話を聞いていただき有難うございます!」


510, イルカの話

2002年09月05日(木)



最近癒しという面でイルカが話題になっている。
先日NHKでブラジルの漁村で野生のイルカと漁民の共同の
ボラの漁をドキュメントで放送していた。

湾の浅瀬でイルカが追い込んだボラを漁民が投げ網でとる。
イルカは、そこより逃れたボラを待っていて取るのだ。

イルカが浅瀬に逃げ込まれる前に人間の処に逃げ込んだ
ボラのおこぼれを取るのだ。
何代にわたって親娘のイルカにそのノウハウが受け継がれている。

その湾の60頭のうち20頭がそのノウハウを持っている。
面白い内容だった。

猿と犬の中間位の能力があると云われている。
特に彼らの出す音波言語は、かなりのレベルの情報の交換が
行われている。人間との言語交換は不可能といわれているが、
もし可能になった時は、コペルニクス的大転換がおこると
いわれている。

いかなる状況においても遊びを忘れず、
また人間に気持ちに対して、非常に敏感に反応するという。

検索で調べた「イルカのホームページ」の内容をコピーしておく。

----------------------
[イルカは病人を特別扱いする ]
イルカやクジラ、ゾウなどはけがをした仲間の動物をかばう性質があり、
イルカは人間の中から病人を選び出すことができるらしく、
その病人を特別扱いするらしい。
イルカは人間の血圧の状態や脈拍がわかるようであり、
右半身が麻痺している人が海に入れば、
イルカは必ず不自由な右側を支えるような位置にまわってきて泳ぐ。
多くの泳いでいる人の中に自閉症の人がいれば、その患者の側に行くそうだ。
イルカと一緒に泳いだ人は自分はイルカに特別扱いされたと言い、
自分の存在を認めてくれたと喜び、自分の存在価値も認めてもらえたと
自信をつけさせる効力まである。


[イルカの不思議な力]
イルカがどうやって治すのかは現在では科学的に説明しづらく、
イルカ療法に関しての本によってそれぞれ違う。
超音波のようなもので治すとか、気で治す、
テレパシーのような超能力があるなどといろいろ書かれているが、
確実な証拠はなく、未知の能力であるのかもしれない。
病人がよくなるというのは実際にあるが、
イルカだけが効果の源であるとは言い切れない。
広い海に出ること、太陽に当たること、多くの人に援助して
もらい水に入ることなども効力のあるすばらしい体験であると言える。

心の病の治療にイルカが使われています。
その第一人者はベッツィー・スミス博士。
彼女は自閉症の子供をイルカと泳がせました。
すると、感情を表にだしことのなかった子供たちに変化がおきたのです。
喜びを表現したり笑い声を発したりしたのです。

彼女の言葉を借りると、
「イルカは超音波を使って、対象がどのようなコンディションであるかを
理解します。相手の体に不自由があったり、気分がおちこんでいたりと
いった状況を敏感に察知しイルカのほうから患者にちかよってきて」
人々を癒すのです。

・・・・・・・・・・
イルカのメッセージを伝えたい
 高度に発達した文明を持ったアトランティス人は、
イルカだったという説がある。
別の説では、アトランティス大陸が沈没したときに、
人々がイルカに姿を変えたとされている。
 いや、イルカはシリウスという恒星から、地球の変革を助けるために
やってきた使者だという人もいる。
 いずれにしても、大昔からイルカは私たち人間と深い関わりをもってきた。
 ギリシャに「デルフォイの遺跡」というのがある。
デルフォイとは、ドルフィン、つまりイルカのことだ。
古代ギリシャ人は自分たちを導く神の化身として、イルカを祀っていたのだ。
ギリシャ神話には、水難に遭った人を救ったイルカの話や、
少年と仲良く遊んだイルカの話が数多く残されている。
 同じようなエピソードはニュージーランドやカリブ海、
さらにはアジアのベトナムでも語り継がれている


509,株安の不気味

2002年09月04日(水)

7〜8月の私の会社からみる景気動向をみると、非常に厳しいと
「サロンコーナー」で書いていたが、
ここでそれが株安という現象で出てきた。

異常な状態であった。プラスの要素が幾つか重なっているにかかわらず、
昨年対比マイナスになったのだ。
特に一部上場会社関係の宿泊が激減した。

10月から何かがおこると予感していた。
ここにきて、その前触れでかジワジワと株価が下落してきていた。
8千円の割れは時間の問題だろう。
10月半ばか?!!

その時の覚悟はしておかないと。
でも株価の20年前は幾らだっけ?調べてみた!

そこへんまで落ちるのが、目安だ。これからみると7千円だ!!!
土地もそれ以下に落ちている。物価は凡そ半分はそれ以下だ。
公共料金は落ちてないが。いいきなものだ。

そうすると銀行は多くが倒産?!しかしそれが現実だ。
これからそのプロセスが始まるのか?不安だ。
何もオーバーな話しでない。

昨夜のNHKの「道路公団の民営化」の内容をみていて、
今の日本はタイタニックの世界である!!!!!

http://www.asset-jp.com/asset99/history99/1982.html


508, 長野県知事選に思う

2002年09月03日(火)


長野県知事選の結果が出た。
田中氏の大勝ちで、当たり前の結果である。

片方は無私で当たり前のことをやっており、
女弁護士の候補は、明らかに権益団体の代表だ。
初めは隠れていた権益団体の県議団が、途中でバレテ前面に出てしまった。

こういう姿が、TV画面では露骨に露出してしまう。
土建利権団体の崩壊が長野から本格的に始まった。
公然の事実で公共工事は100傭鵡腓里海箸蓮国民も知ってきた。
それでも過去の習慣で今も100佑笋辰討い?!!!!!

国家もそれを黙認している、いや手助けをしている?!!
今の日本は犯罪的国家が実情だ。

これがインターネットで、デジタルカメラなどで撮られて、
マスコミに手軽に送られている。
東京電力の問題も2年前に告発、今になって隠し切れないでこの様。
平岩外四とか、論語とか何か偉そうな事を言っていたが、
結局犯罪的国家の俗物でしかない。

情報革命の本格的流れは、これから益々犯罪国家の実情を暴いていく。
日本的犯罪社会主義の崩壊が始まった。ソ連・東欧の十数年前の姿だ。

国民のレベルが低いからこういうことが野放しになる。
日本は益々弱体化するだろう。
それでも残物の処理としての破壊は必要だ。


507,私の世界十大ニュース

2002年09月02日(月)

56年間生きてきて、大きい時代の変化に驚きである。

21世紀を垣間見た一つの生命の視点、
驚きベスト10を私の主観で書いてみる

1、何といっても、インターネットである。
  ただただ驚きだ。キーワードを幾つか打てば世界中の情報が一瞬で
  画面に出てくる。
2、ソ連と東欧の崩壊。
3、日本の勃興と衰退ーこれだけ劇的になるとは。
4、パソコン、TV機器、などのハイテク機器の進歩。
5、世界中を気楽に多く行き見る事ができたこと。
6、宇宙への知識の進歩。
7、人類の月への着陸。
8、中国の文化大革命。
9、アメリカの9・11のテロ。
10、キューバ危機とケネデーの暗殺。

恐らくこの十年はもっと大きい変化がおきるのではないだろうか。











506, 孤独について

2002年09月01日(日)

人間は独りで生まれ、独りで死んでいかなくてはならない。
本質は孤独である。
学生時代、名僧いや怪僧?の新井石龍禅師との問答で、
禅師は、[禅は一言でいうと何ですか?]の私の問いに
「字のとおり単を示すことだー宇宙に自分が独りということに
気づくこと」と答えられた。全くそのとおりである。

若い時に大都会に出る必要性は、
大都会の中で、凍りつくような孤独の経験をしておくことである。
圧縮された大都会の真ん中での孤独な生活である。

じっくりと孤独の厳しさを知ると
・仲間の大切さを知る事ができる、但し真っ当な人だが!
・本を通して数千年前、数百年前の人物と出会うことができる。
・独り遊びの大切さ知るー音楽会や映画に独りで行くとか。
・自分のアイデンテティーが見えてくるー自己の確立。
・孤独の賑やかを知る。

それを若い時にじっくり経験してないと、
「何処かの子狐?」のように中年期・壮年期を迎えたとき、
どのようにしてよいか解らないで、
そのレベルでベタベタ群れるしかないのだ。
それか濡れ落ち葉になるしかない。
失敗の人生である。

地方にはこういう人が大部分だ。
仕方ないことだが?




 < 過去  INDEX  未来 >


horii86 [HOMEPAGE]