す〜のお勝手お気楽な日常
DiaryINDEXpastwill


2005年11月29日(火) 株主優待

昨日、ワタミの株主優待券が届いた。
お、そういえば、前の優待券、残ってたな〜
と思って見てみると・・・期限が11月30日まで。
ありゃ。
そういえば、4枚残っていて(単位株で半年に一度6枚つづりの優待券が送られてくる)だんなが一時帰国したら行こう、って言ってたんだっけ。
行かずに忘れていた。

期限前に使っちゃおう〜
と、自宅からチャリで行けるところにあるファミリー系居酒屋の「和み亭」に行ってきた。
優待券は金曜・土曜を除いて、ひとり1枚使える。
1枚1000円の金券になっているので、今日は3枚・・・
結局1枚余っちゃった。

このワタミの株、いつ買ったんだっけ。
株主優待をかれこれ4回くらいもらっているから2年くらい持っている。
テレビで和み亭のコンセプトを紹介する特集してて、それを見て、株主優待もあるし、株価安いし・・・ということで買ったんだよね。
当時単位株で8万円くらいで買ったのが、今では17万円を超えている。
一度18万を超えたときにすご〜く売りたかった。でも、だんなの名義だから売れない。
最近の好調な株式相場でウチの株は売りたいものだらけ。でも、売れない。
以前は株主優待狙いで買った株も多かったけど、優待も株価の上げの前では魅力なくなっちゃったな。
・・・とは言うものの、我が家の株は余裕資金のお遊びなので、優待もらえるのも楽しいかな。


2005年11月27日(日) はっぴ〜ば〜すで〜

娘B、7歳。
おめでとう・・・

今日は吉祥寺の美容院に行って、それからフレンチレストランを予約していたのでお食事。
だんないないのが残念だった。
ソムリエおすすめ3グラスセットでワインを飲んだ。
こちらのリクエストでセレクトしてくれる。
お料理もなかなか美味しかった。
だんな帰国したら一緒に来よう。


2005年11月26日(土) 久々の注射

毎年受けていないインフルエンザの予防接種。
今年も、いいだろ、と思っていた。

昨日会社の業務連絡で「鳥インフルエンザに対する注意」が出た。
そこには、感染地域に行くときの注意やら、インフルエンザのレベルやらがいろいろと書かれていた。
娘たちとす〜は、年末年始にだんなのところに行く予定。
(といっても、だんなは土日しか休めないので、つまらないから
 母娘3人でジャカルタからどこかに飛ぶ予定だけど)
ジャカルタは感染地域だな〜
ふむ〜、鳥を扱っている店などに近づかない、鶏卵・鶏肉は加熱して食べる・・・etc、か・・・

と、そこに
「インフルエンザの全般的な予防にはワクチンの予防接種をおすすめします。海外などで発熱などにより帰国できなくなったり行動規制を受けたりすることを避けるためにも感染地域に行く方は受けておいた方がいいでしょう」
みたいなことが書いてある。
げげ・・・
受けなきゃ。娘たちにも受けさせなきゃ。

慌てて市のHPで医者を検索する。
いつも行っている総合病院に電話してみたら、12月20日まで予約入れられません、だって。
そこで、市の健康推進課(だったか?)に電話して、自宅近くで予防接種してくれる病院を紹介してもらう。
6件紹介してもらったので、自宅に近いところから電話してみる。
1件目:こどもへの接種はしてない
2件目:現在保有しているワクチンはすでにすべて予約されている
3件目:すでに保有分のワクチン接種は終了
・・・全然ダメじゃん。
と思ったら、4件目で「いらしていただければ、今のところいつでもできますよ」と。
すかさず予約。
「お子さんは2回接種が必要ですね〜、4週間あけてもう一度になります」
・・・げげ

ということで、今日、早速接種してきた。
ブルネイに行ったことで献血できないと言われて「もうしない!」と言ってから1年半以上、針を刺してない。
久々の注射だ〜
朝8時45分に病院に行って、問診表を書く。
9時の診察開始時間になってすぐ、呼ばれた。
医者「誰からしますか〜?やっぱり、おかあさんからですかねえ」
ということで、す〜が一番最初に。
医者「ちょっと、ちくっとしますよ〜」
(実際は「ちくっ」より、そのあとの「きゅ〜」の方が痛いと思う)
あ〜この感覚久しぶり。
献血とはやっぱりちょっと違うな・・・献血は抜かれるけど、注射は注入なので「きゅ〜」という感じがある。
次は娘A。
ぎゅっと目をつぶっているけど「そんなに痛くなかった〜」
次は娘B。
「痛かったぁ〜〜、痛い〜〜〜、これ、もういっかいやるの?ママはもうやらないの?ずるい〜〜」
ずるい、って言われてもなあ。代わってあげたいけどなあ。仕方ないね。

ということで、今年の冬は、インフルエンザに罹らない!!(はず・・・
型が違ったら効果ないってことだけどねえ〜)


2005年11月22日(火) だんなが危ない!?

いやあ、いろいろありますね、ジャカルタ。
鳥インフルエンザに、テロ警戒警報。

・・・などと、ちょっと他人事のように構えていたら、いつの間にかすごいことに。
19日付『外務省・渡航情報(スポット)「テロの脅威に関する注意喚起(ジャカルタ、バリ島を含む)」』
を見ていたら、
「最近発見されたインターネットのインドネシア語のサイトにおいて、ジャカルタにおいてテロリストが欧米人を攻撃・殺害するための方法に関する情報が掲載され、特に欧米人の歩行者が多く行き交うクニンガン地区のJWマリオットホテルとアンバサダー・モールの間の地域、及び豪州大使館とスティアブディ・ショッピングセンターの近くにあるラスナ・サイド通りの高架歩道橋、さらにスナヤン・ゴルフ練習場、タマン・サファリ動物公園、アンチョール・ビーチ、プラネット・ハリウッド(レストラン)、ジャカルタ・コンベンション・センター等の具体名に言及するとともに・・・(後略)」

・・・をいっ?
クニンガン地域の、アンバサダーモール??
だんなのアパート、対面がJWマリオット・面している通りはJl.クニンガン・アパートの名前は「アンバサダー供

危ない地域の筆頭に挙げられているじゃないかぁ〜

だんなに「会社から、何かないの?インドネシアブランチの社長からは?(社長さんは別のアパート住まい)」と問うものの、
「まあ、もうちょっと待て」と。
もうちょっと?
今にでもどっか〜ん、かもしれないんだよ〜。
「このトシで未亡人になるのはカンベンね」

その後、テロリストの声明ビデオの内容とかばんばんメールで送ってくるだんな・・・
そんなに妻の心配をあおってどうするのじゃ?
会社は何もなしかい??


と、思っていたら、やはり会社の危機管理部門から、引越しを検討しろというお達しがあったらしい。
ひとまず、ちょっと安心・・・だけど、引越しするまでの間にどっか〜ん、かもしれないんだよ〜。
引っ越した先が完璧に安全とも言い切れないだろうし・・・
ううむ、やはりだんなは危ないところにいるのだねえ、と実感。
危険地手当てなるものが給与に入っているものの、やっぱり安全なのが一番だよな〜と思う。

とりあえず、ホントに、未亡人になるのだけはカンベンね。


2005年11月14日(月) 明日

わた〜しは、旅に出ます〜
あなたの知らない人と・・・(By狩人)

ではなく〜

明日あさってで、名古屋・大阪・福岡に出張。

だんなの母に娘たちを頼んだ。
久々の宿泊出張・・・それも朝早い。
6時半には東京駅を出発してるって・・・
やば、もう寝ないと。

と思っていたら、ニュースで中国の化学工場爆発〜とかやってた。
吉林省の工場だ。
ここ、だんなと一緒に出張で行ったとこだ。
ま、ここで結婚するひと(だんな)決めたから、思い出の地。
・・・って、大爆発ですがな。
をいをい。


2005年11月13日(日) ふたたび母子家庭

・・・になりました。


2005年11月12日(土) 研究員になる?

朝、宅配便が来た。

娘A「当たったんだよ!!」
・・・??
A「このあいだ、応募したじゃん〜、「人生エンジョイたまごっち」のエンたま研究員募集」
・・・ほ〜、あれか。
って、全国で1万名様?
ホント?

だんなが宅配便を受け取ってリビングに戻ってくる。

・・・当たってた。
娘Bにだけ。

A「でもさ〜、新聞の広告見つけて、応募しようって言ったのも、Bの応募ハガキ書いてあげたのもあたしだよ!!ふたりのだよ」

・・・どうでも良い。
まあ、Bもナットクしているので、ふたりで「人生エンジョイたまごっち」を育ててくれ。

A「うわ、すごい、これ、予約殺到だし、この白いの、一番人気なんだよ〜」
B「ホント?ホント?ねえちゃん、すごいねえ」

ということで、11月23日に発売らしいバンダイの「人生エンジョイたまごっち」なるたまごっちが当たった。
でも、先日の日記にも書いたように、先月末に娘たちはひとつずつたまごっちを買っているのだよ・・・
「いいの、通信だってできるし、こんどの人生エンジョイは、幼稚園にも入園するし、小学校も行くし、就職だってするんだよ!!」
・・・すごいな。

娘たちが目を離した隙に、勝手に死神に取り付かれるたまごっち。
・・・なんです〜が薬飲ませるんだよ。
娘たちが外に行っている間に「うんち」するたまごっち。
・・・なんです〜がうんち流してるんだよ。
説明書を見ながらお世話していたら、「パソコンや携帯電話でたまごっち星へ行こう」
パソコンで指定URLにアクセスしてみたら・・・「たまごっち星へワープする」だと。
「入国」→「ログインパスワードを入力してね」だと。

むか〜し、1代目のたまごっちは、育てておしまい、って感じじゃなかった?
(こういうのはニガテなのです〜は持ってなかったが)
今ではお友達のたまごっちと通信してゲームしたり、結婚したり、子供産んだりするし、挙句の果ては死んだあとのお墓参りとかいうのまである・・・
その上、今回のは違う星にワープですかい。
ついていけない。

と思っていたら、勉強そっちのけでたまごっちのお相手をする娘たち。

エンたま研究員になると、研究レポート(アンケート)みたいなのを提出することになっているので、絶対「ペアレントロックモードが必要!!」って書いてやる、と思っている。
それにしても、この娘たち、どうにかしてくださいな、バンダイさん・・・


す〜 |HomePage