水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
実りの秋になりました。皆さまも体調に気を付けて今日も良い一日でありますように。


2005年09月24日(土) 山田詠美『フィエスタ』

勢いがありすぎて、ついていくのが大変な『フィエスタ』。
面白いと言えば面白い、なんだかよくわからないと言えばわからない。
なぜなら、、、このお話、欲望が一方的に語っているんです。もーとっても
おしゃべりな欲望です。留まることを知らないマシンガントークなんですよ。

欲望が教えてくれるご主人様には、好きな男性がいる様子。ところが、その
男性に、隣の課の女性が急接近→飲み会で婚約発表!!
どうする?ご主人様、とりあえず笑顔で祝福だと思うでしょう?

それが、とんでもない行動に!いえ、とんでもないと考えるのは理性で、
欲望が強ければ、こうなっちゃうの?なんだかねぇ。。。

誰かを愛したとき、欲望が目覚めるのか、欲望があるから誰かを愛したい
のか……。あのとき、欲望のままに行動していたら、違う人生だったと、、
誰もが心当たりあるのではないでしょうか。


2005年09月11日(日) 山田詠美『検温』

意味深な書き出しで始まる『検温』。ふつうの恋人たちのお話かと思ったら、、
彼には妻子がいて……あ、不倫ですか。。主人公の女性にとって、不倫の
苦悩なんてものは微塵もなく、彼が結婚していることを、そう言えば、なんて
思い出す軽さ。そんな彼女を待ち合わせ場所で待っていたのは、彼と初老の
夫婦。彼は、小さい頃にお世話になった人だと彼女に紹介し、一緒に横浜の
三渓園を散歩することになるのですが──。

あのー、初老の奥様が、彼女より魅力的なんですが……。
上品そうで控えめな印象の奥様の大胆な発言に、ドキッ!!

散歩が短すぎる!いえ、散歩は終わりにしても良いんですが、この作品は、
短編じゃなくて、中編くらいにして、じっくり読みたいです。奥様の恋の話を
もっと続けてほしい〜。

こちらが熱くなったところで、突き放された感じ。


2005年09月04日(日) 山田詠美『MENU』

詠美さま(特別な思いいれのある人だけ、“さま”なんです)、久しぶり!
9月→恋愛小説読みたい→詠美さま!と、我ながら、シンプル脳です。

まだ読んでなかった「姫君」(文春文庫)、文庫版カバーイラストが、新垣仁絵、
って、あのSPEEDの仁絵ちゃんではありませんか!結構上手いね〜♪
解説が、金原ひとみにもびっくりで、解説から読んでしまいましたよ。

山田詠美の衝撃的デビュー作、「ベッドタイムアイズ」には、目がテン状態で
したが、金原ひとみの「蛇にピアス」は、タイトルだけで引いちゃってました。
解説読んだら、意外に共感するところがあって、そのうち、蛇の方も読んで
みようかという気持ちになりました。描写の激しさに驚いて終わらせるのは、
つまらないですね。作家の描きたいものは、その激しさの向こう岸にあるので、
がんばって、活字の海を泳いでいかないと。笑

そこで、「姫君」。5編の短編集なんですが、最初の『MENU』から激しいです。
全編荒波かどうかわかりませんが、『MENU』の書き出し、ぶっ飛びます。
母が首を吊ったのを見つけたときの思い出からです。ぼくは、5歳……。
その後、伯父夫婦に引き取られたぼくは──。

小悪魔なのか純粋なのかわからない義理の妹とぼくのやりとりに、ハッと
させられます。地球を失くす方法……なるほど。。思いもよりませんでした。


水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加