水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
実りの秋になりました。皆さまも体調に気を付けて今日も良い一日でありますように。


2005年08月30日(火) 北森鴻『人形転生』

雅蘭堂の居心地の良さに、ずっとお店にいたかったのですが、とうとう最後の
作品になりました。早く読みたいような読まずにいたいような、複雑な気持ち。
店主の越名さん、魅力的です。外見はおいといても(失礼)、鑑定眼は抜群。
それを鼻にかけない自然体なところが、す・て・き・です。越名さんのような店主
の下で働いたら、毎日が刺激的で新鮮で面白いだろうなぁ〜と思います。

「孔雀狂想曲」棹尾を飾る品は、ビスク・ドール。アンティークドールの一種で、
一度素焼きにされたパーツに上薬をかけて、もう一度焼き、人間の肌色に近い
風合いをだした人形です。ということは、もちろん美術品で、お値段も相当!
いろいろな骨董品を見てきて、何か足りないと感じてたんです。そう、お人形。
骨董屋さんでは、マストアイテム、でしょ?好奇心がムクムク膨らみます。

『人形転生』──謎のビスク・ドール、謎の客師、謎のコレクターの登場で、
もう謎謎づくし。その上、謎の火災まで。そして明かされる人形の過去。
テンポは良いものの、殺人事件となると、なんだか……。すっごく暗い話なのに、
なぜか小気味良くすすみます。それが、救いなのかもしれませんが。犯人が
越名さんにペラペラしゃべるのは、、なぜ?越名さんのキャラから?
人形の名前も…ありきたり。。。

ヘンにからみたくなるのは、小説の世界にストンと入っているからですね。
語りたいんです。この場から離れたくないんです。←自己分析
越名さま(いつのまにか、さまづけ)が大好きになっているし、バイトの安積にも
しっかりね!と応援したくなっていますもん。

「孔雀狂想曲」(集英社文庫)、良かったです。
骨董屋さんをめざす人、必読。そうでない人も、ぜひどうぞ。


2005年08月20日(土) 北森鴻『幻・風景』

切子細工の酒瓶の次は、絵画です。美しいガラス瓶から、幻の油絵探しへ。
視界が広がっていくような、このつながり、良いですね〜。わたし好み。。
雅蘭堂には、美術品などほとんどなく、古道具や古民具が主体と聞いても、
骨董屋さんって、奥の部屋に、お店に出したくないものがたくさんありそう。
もしかしたら、地下室で職人さんが……。あ、すみません。雅蘭堂は、そんな
悪徳骨董屋じゃありませんよね。同業の犬塚が登場したので、ハラハラしました。
アヤシイです、犬塚。素人でもわかります。『古九谷焼幻化』の犬塚ですから。

今回は、『古九谷焼幻化』に次ぐ、業者間の騙しあいみたいなもの。
犬塚が越名に、ある一枚の風景画を探して欲しいと頼みます。なぜ、越名に?
と、いきなり、越名が絵画のサーチャーをやってることを暴く犬塚。そそそうなの?
越名に裏の顔が!越名は副業みたいなものだと言い訳してますが、、そっかー。。
不明になった絵画の探し屋も必要ですものね。許す、越名。サーチャーなら。笑

一枚の風景画の行方を追ううちに、三鷹事件に話が飛んで──。
そして、越名の推理力はどう働くのか、、読んでみてね。



美術展に行きたくなりました。


2005年08月10日(水) 北森鴻『キリコ・キリコ』

鉱物標本の次は、江戸切子細工の酒瓶をめぐるお話。見事なカットを施された
美しいガラス瓶の登場で、再び、骨董の世界に戻されました。やはり、石より
切子細工の方が、数段華やかで、想像力が広がります。

越名から、叔母の遺品を受け取りに来て欲しいという手紙を貰った樹里子は、
遺品が江戸切子細工であることに、十年前のある出来事を思い出し──。

樹里子と切子で、タイトルが『キリコ・キリコ』ですか……やや不満。。
もう少し、ロマンチックなタイトルにしてほしかったような。。まあ、ある出来事と
いうのが、全然ロマンチックじゃないので、アレですが。樹里子の記憶を元に、
遺品に隠されたメッセージを読み解く越名、相変わらず、冴えています。

大事な場面では、アルバイト店員の安積はお休み。なるほど!それで、安積は
女子高生なわけですね〜、北森さん。いて欲しくないときには学校。賢明です。



骨董屋さんにある品物、それぞれがそれぞれの事情を秘めている。
モノにもストーリーがあるんです。

嗚呼、「ストーリーセラー」、そろそろ復活、待ってます……。


2005年08月04日(木) 北森鴻『孔雀狂想曲』

古九谷焼の次は、鉱物標本です。こんなものまで、取引の対象になるとは驚き!
さっそく、へぇ〜〜。アルバイト店員・安積も、なぜ、石ころに値段がつくのか、
疑問を投げてきます。解説する越名、カッコいいですよ。尊敬の眼差しを送って
気づきました。安積雇用理由!読者に代わって、質問する役なのね。(遅!)

へぇ〜藍銅鉱(らんどうこう)は、日本画の岩絵具の材料だったんですか……。
へぇ〜そうなの〜と、のんびり構えていたら、地元警察署の警察官や刑事まで
登場で、事件の匂い。石ころ紹介で終わりません。表題作ですし。

サスペンスドラマに急展開して、飽きさせません。まあ、短編なので飽きるひまも
ありませんが。。ラストのコントは、、、ビミョー。越名と安積の関係が、うーむ。。。
安積が女子高生なために、恋愛モードにはなりにくいし・・どうしたいのか、越名。
もしや、安積は悪の一味?まさか、ねぇ。実は、異母兄妹?ありえない。笑


水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加