予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
東京メトロ表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.

 

 

★予防と審美専門★【小林歯科クリニック】

2013年06月30日(日) 大祓(おおはらえ)

午前中の所要の後、散歩。

半年間の罪や穢れを祓い、身体の健康を祈るために、“茅の輪”が設置されていました。
























右側の立て札には・・・
「茅の輪のくぐり方 最初は左へまわり 二度目は右に回り もう一度左へ回って 本殿にご参拝下さい」
・・・とありました。



2013年06月29日(土) あなたにあったお口のケアと健康管理




2013年06月27日(木) 咬み合わせ悪いと動脈硬化?

朝日新聞によると・・・

奥歯のかみ合わせが悪いと、動脈硬化につながる可能性があることが、高齢者の健康長寿を研究している大阪大や東京都健康長寿医療センターなどのチームの調査で示されたという。

緑黄色野菜や果物などをあまり食べなくなり、栄養摂取に偏りが出るためらしい。

70歳の男女300人に、奥歯の状態と動脈硬化かを調べ動脈硬化のリスク要因と歯周病の影響を取り除いて分析した結果、正常なら4ヵ所ある奥歯の全くない人は、全てある人より1.97倍動脈硬化になりやすいとわかったのだそう。


「奥歯のかみ合わせが悪い」ではなく、「上下の大臼歯の接触関係が無い」ということなのですね。

でも、大臼歯の欠損 → 動脈硬化 → 心筋梗塞や脳卒中などに繋がっていくという統計なのですね♪



2013年06月26日(水) 「歯育」の俳句・川柳を募集

読売新聞によると・・・

ハイクで歯のことを考えて――。
歯科器材メーカーの「松風(しょうふう)」(京都市)が運営しているホームページで、歯に関する俳句や川柳を募集している。

同社は、「はいく」と題したホームページ(http://www.8iku.com)を開設しており、虫歯の予防や治療に関する情報や、歯をテーマにした絵本を紹介している。
そこで親子で歯の大切さを考え、歯に関する知識を深めるきっかけにしてもらおうと、昨年から俳句や川柳の募集を行っている。
「はいく」というホームページ名は「歯の知育」にちなんで名付けた。

歯に関する俳句、川柳は、一人何作品でも応募できる。
締め切りは、7月31日。
応募はホームページからに加え、はがきでも受け付ける。
作品を書き、住所、氏名、電話番号、希望する絵本のタイトルを書いて申し込む。
郵送先は松風「歯の俳句」応募係(〒605・0983 京都市東山区福稲上高松町11)。

入賞作品は8月19日(はいくの日)にホームページ上で発表し、入賞者に絵本や図書カードを贈る。
問い合わせは、同社(075・561・1179)へ。



2013年06月25日(火) 糖尿病と歯周病

今夜受講したセミナーから・・・

歯周病があると、細菌から出される毒素の影響で血糖コントロールがうまくいかなくなります。
また、糖尿病の人はそれらの細菌にも感染しやすくなり、悪循環に陥ります。



先月の糖尿病学会の開催地は、熊本だったそうで・・・やはり居ますね、くまモン♪



2013年06月24日(月) “知覚過敏”を科学する

今朝放映のテレビ朝日モーニングバードから・・・

『多くの人々を悩ます“知覚過敏”のメカニズムとは?』

歯というのは、外側から「エナメル質」「象牙質」「歯髄」という3つの層で構成されています。
そして、表面を覆っているエナメル質が何らかの原因で失われたり、加齢や歯周病などの原因で歯茎が下がって象牙質が露出することによって知覚過敏は起こる、とY准教授は教えていました。
象牙質が露出すると、歯全体に栄養を送っている「象牙細管」という細い管の入り口がむき出しになり、そこから冷たい水などが入り込んで歯の奥の神経を刺激してしまうのだそうです。

しかしY准教授によれば、エナメル質が保たれていて象牙質が露出していない状態でも、知覚過敏を起こ場合があることが最近わかってきたそうです。
その原因となっているのは、なんと「歯ぎしり」なんだとか。
歯ぎしりを繰り返すうちに、エナメル質に亀裂が入ってしまい、そこから冷たい水などが入ってしまうのだそうです。

またY准教授は、私たちの身近にある意外なものがエナメル質を溶かす原因となり得ることも教えていました。
それは、梅干し、黒酢、ヨーグルト、そしてお酢を使った料理などの「酸性食品」なんだそうです。
それらの作用でエナメル質が溶けだした歯は「酸蝕歯」と呼ばれ、その状態で歯磨きなどをしてしまうと歯が削れてしまう恐れがあるのだといいます。


『知覚過敏治療・歯の絆創膏とは?』

知覚過敏の治療には、4〜5年前から「レーザー治療」が取り入れられているそうです。
中でも最新のものが「炭酸ガスレーザー治療」なのだといいます。
エナメル質が失われるとむき出しになってしまう「象牙細管」の中には、唾液によって運ばれた「タンパク質」があるのだそうです。
この「象牙細管」に何回か炭酸ガスレーザーを当てると、レーザーの熱でタンパク質が固まって穴が塞がり、冷たい刺激が歯髄の神経まで届かなくなるのだといいます。

Y准教授は、さらに“次世代の知覚過敏治療法”も考案中なのだそうです。
それは、なんと「歯の絆創膏」なるもの。
それはティッシュペーパーのおよそ10分の1程度、厚さわずか0.004mmしかないペラペラのシートです。
エナメル質と同じ「ハイドロキシアパタイト」という成分で出来ていて、それに弱酸性の溶液を付けて歯にのせると密着し、再石灰化が促されるのだといいます。

この「歯の絆創膏」は虫歯菌や飲食物の酸から歯を守ってくれて、知覚過敏や初期虫歯の予防・治療につながるのだそうです。
現段階では食事には耐え得るのの、しかし歯磨きをすると剥がれてしまうのだといいます。
その弱点を1日も早く克服し、遅くとも10年後には実用化したいと語っておられました。


どうして、第一選択にTCHの是正など、生活習慣の改善指導があがらないのでしょうね???



2013年06月23日(日) ホタルの夕べ

渋谷区ふれあい植物センターでホタルの鑑賞会「ホタルの夕べ」が開催されています。

モニターで、ホタルの生態についての基本レクチャーを受けた後、グリーンガーデン(メインの温室!?)で“ゲンジボタル”を、そして、暗室で“ヘイケボタル”を鑑賞しました。

ホタルの光を見ることで、本当に癒されます。

ほ〜っ、ほ〜っ、ほ〜っ、ホ〜タル来い!

皆さまもホタルを鑑賞してロマンチックな夏の夜を過ごしてみませんか。

※開催は26日(水)まで




2013年06月22日(土) 富士山 世界遺産に

カンボジアの首都プノンペンで開かれている世界遺産委員会で、新たな世界遺産の登録を審査するユネスコ(=国連教育・科学・文化機関)の37回目の世界遺産委員会が開かれ・・・

“富士山”が国内13番目の文化遺産に登録されました。

諮問機関により「三保松原を除外すべきだ」と勧告されていたものに対し、およそ20か国の委員から、三保松原の除外に疑問を呈する意見や、富士山を称賛する声が次々に上がり、当初は10分程度とみられていた審議は、50分近くにもわたる異例の展開となり、最終的には勧告を覆し、富士山を三保松原を含めた形で世界遺産として登録することが決まったのだそうです。

今朝は、渋谷区内からも富士山を眺めることができました♪



          三保松原から望む富士山 photo by ハローナビしずおか ↑

そういえば、以前、富士山に一度登ったこともあるのですが、また、登ってみたくなってきました。

汚さないように、気をつけなくっちゃ♪



2013年06月21日(金) 夏至

Yahoo!きっず によると・・・

今日は、1年で昼の長さがもっとも長い「夏至の日」です。
東京では、日の出が午前4時25分ごろ、日の入りが午後7時0分ごろで、昼の長さは、14時間35分くらいです。
お昼の12時の太陽の高さも、1年でもっとも高くなります。
もし、地面にまっすぐたてた棒があったら、そのかげの長さは、夏至の日のお昼がもっとも短くなります。

        夏至の日の太陽の動き →

ていうか、今日は日照時間ゼロだし♪



2013年06月20日(木) 仏歯が街をゆく

昨夜放映のNHKシリーズ世界遺産100から・・・

昨夜は「聖地キャンディ〜スリランカ〜」という特集でしたね。

セイロン島の中央に位置するキャンディは、スリランカの仏教の聖地であり、またシンハラ人による最後の王朝の都である。
その歴史的な重要性から、ユネスコ世界遺産にも登録されている。

仏陀の遺骨の一部を“仏舎利塔”に納め、宝としている寺院はいくつかあるが、仏陀の歯を祀る聖地は、キャンディ以外にはないはずだ。

そもそもスリランカに仏歯が伝わったのは、4世紀にインド東部から王女がシンハラ王家に嫁ぐにあたってもたらされたといわれる。
王が娘の幸福を祈り、結い上げた王女の髪に護符として忍ばせたのだ。

以来スリランカでは、王権の象徴として仏歯を祀ってきた。
ポルトガルやイギリスの侵入やヒンドゥー教徒との争いの最中、王たちは都は捨てても仏歯だけは手放さなかった。
そして最後にキャンディ王朝の手中に納まったのだ。

その仏歯が年に一度だけ、寺院を離れ街に出ることがある。
“エサラ・ペラヘラ祭”だ。
象の背中に黄金の容器を載せ、電飾にかざられた80頭の象が行進をする。

仏陀の母親が「白い象を夢に見て受胎された」という言い伝えから、スリランカでは象は神聖な動物とされている。
寺院では象が飼われ、農園では木材運び等に象が活躍している。
川や湖では、象使いがヤシの実をブラシにして、象の体を隅々まで洗い清潔にしている様子が見られる。
象を飼うことは社会的地位の高さを示すともいう。







 

    





      仏歯が入る容器 ↑        仏歯を載せた象を中央にして行進が始まる ↑

仏歯の犬歯を持つ者が、王の証なのですね♪



2013年06月19日(水) ダイレクトボンディング

今夜の講演会は ↑ について。

MI(minimal intervention)の概念に則り、健全歯質の可及的な保存を図り、結果として「歯の延命」を目指そうというもの。

積層充填を行うことで、健康保険的な従来の考え方を覆す審美的な手法、更には、メンテナンスを続けていくことで、長期の安定性を確保しよう・・・

“マメロン”ですね♪



2013年06月18日(火) 台風4号 LEEPI

先週の台風3号の接近は、水不足の解消には程遠かったですね。

で、今日、新たな台風が発生したのだとか。

進路に注意しましょうね!







2013年06月17日(月) 歯磨きチューブがイヤホンに!?

マイナビニュース によると・・・

上海問屋が同社オンラインショップにて、“歯磨き粉チューブ”型のケースに入ったイヤホンを発売したのだそう。
かばんの中などで、コードが絡まないよう、イヤホンをチューブ形ケースに入れた。
ホワイト・ブラック・グリーン・レッド・ブルーの5色(イヤホンも同色)。
入力端子は、3.5mmのステレオミニプラグ。
ケースサイズは横5cm×たて10cm。
価格は299円(送料別)。

ん〜ん、“絵の具のチューブ”にしか見えないのですが♪



2013年06月16日(日) 裏千家−2

昨年に引き続き、渋谷区内のとある施設での“父の日イベント”に参加させていただいきました。

今日のメイン、この部屋 →
でお茶を頂きました。


お茶碗を正面に置いてあいさつをし

“感謝の気持ち”で軽くおしいただき

左手の上で茶碗を二度まわし

お茶をいただきます。


至福の一時でしたぁ♪



2013年06月15日(土) 目覚めの一服はリスクが大

ダイヤモンド・オンライン によると・・・

先日、米ペンシルベニア州立大学の生物行動学講座の研究グループから「目覚め直後の一服は、肺がんや口腔がんの発症リスクを高める」という研究結果が、専門誌に報告されたのだそう。

調査は全米健康栄養調査に参加した成人喫煙者、約2000人から採取した血液サンプルと喫煙習慣を分析。
その結果、その日最初のたばこを起床後30分以内に吸う人は、31分以上たってから「最初の1本」に手を伸ばす人よりも、たばこ特有の発がん物質の血中濃度が高かったのである。

研究者は「起床後にすぐたばこを吸うと、より深く吸入するため肺がんや口腔がんの発症リスクを高める可能性がある」としている。

実は、2年前にも同大学公衆衛生学の研究グループが「目覚めの一服」と、口腔がんを含む頭頸部がんとの関連をアメリカがん協会の機関誌で報告している。
同調査は1850人の成人男女(平均年齢58歳)を対象に実施された。

年間喫煙本数の影響を調整したうえで「最初の1本」の時間で解析したところ、31〜60分以内に「最初の1本」を吸う喫煙者は、1時間以上たってから吸う人よりも1.42倍、30分以内に吸う喫煙者は1.59倍も発症リスクが高かった。

当時のデータでは、頭頸部がんのうち、起床後30分以内の「最初の1本」と最も強く関係したのは咽頭がんだった。
1時間以上たってから吸う人の発症リスクを1とした場合、2倍以上も発症リスクが高まることが示されている。
その他、上顎にできる「口蓋がん」の発症リスクが1.87倍、舌の真下にできる「口腔底がん」は1.76倍だった。

日本人の口腔がんは頻度こそ全がんの約2%と低いが、50〜60代の比較的若い年齢で発症する。
また、場所が場所だけに治療後は顔面の変形や飲み込めない、言葉を失うなど大切な機能が損なわれやすい。
起床後、すぐたばこに手を出す人は「ニコチン依存症」の可能性が高いのだから、当然、致死的な肺がんの発症リスクも上昇する。

まずは31分、我慢できるか試してみること。
ていうか、そもそも禁煙こそが、健康への第一歩になるかもしれません♪



2013年06月14日(金) はみがきしないと・・・



T先生にご提供いただいたショットです ↑



2013年06月13日(木) 今月の参禅−61

一昨日の東京の最高気温:23.0℃

昨日は:24.1℃

そして、今日の横浜は:21.6℃


一方、西日本や北陸、東北日本海側で朝から気温が大幅に上昇しているのだそうで、熱中症に対しては、くれぐれもご注意くださいね♪









2013年06月12日(水) トゥインクル−2

5月26日に苗を購入したデルモンテのミニトマト“トゥインクル”。

みるみる背が高くなり(購入時の約3倍!?)、自立が不安定になってきましたので、支柱を立てることに相成りました。

写真を見ると、かつて“朝顔の栽培キット”だったモノのリユース”だということが分かりますね。


いつの間にか、黄色い花が咲いています♪













2013年06月11日(火) 入梅

今日は、雑節の一つ ↑ ですね。

5月29日に梅雨入りして以来、雨らしい雨が降らず、水不足が心配されていた関東甲信地方でしたが、台風3号に刺激され、昼前から雨が降り始めましたね。

まずは、台風の進路に注意しましょう!






2013年06月10日(月) 標語一覧

  西暦     (元号)             標語

歯と口の健康週間
 2013年度(平成25年度)  健康は 食から 歯から 元気から

歯の衛生週間
 2012年度(平成24年度)  歯みがきは じょうぶなからだの 第一歩
 2011年度(平成23年度)  みがこうよ 未来へつなげる じょうぶな歯
 2010年度(平成22年度)  広げよう 「噛(か)む」から始まる 健康づくり
 2009年度(平成21年度)  かみしめる 生きる喜び 歯とともに
 2008年度(平成20年度)  ありがとう いつもはたらく 歯に感謝
 2007年度(平成19年度)  ずっとずっと いっしょがいいな 自分の歯
 2006年度(平成18年度)  ごちそうさま おはしをブラシに 持ちかえる
 2005年度(平成17年度)  じょうぶな歯 いつもごはんが おいしいね
 2004年度(平成16年度)  いつまでも すてきな笑顔と かがやく歯
 2003年度(平成15年度)  わたしの歯 みらいへつづく たからばこ
 2002年度(平成14年度)  じょうぶな歯 健康づくりの 第一歩
 2001年度(平成13年度)  歯がつくる こころの元気 からだの元気
 2000年度(平成12年度)  めざそうよ 家族全員 きれいな歯
 1999年度(平成11年度)  かがやく歯 あなたの笑顔の パートナー
 1998年度(平成10年度)  いつまでも みがいてかんで じょうぶな歯
 1997年度(平成 9年度)  80年 心も元気 歯も元気
 1996年度(平成 8年度)  おいしいね かめる喜び みんなの幸せ
 1995年度(平成 7年度)  心がけ ひとつでのびる 歯の命
 1992〜1994年度(平成4〜6年度)  長生きは 丈夫な歯から 歯ぐきから
 1988〜1991年度(昭和63〜平成3年度)  歯がだいじ 食べる楽しみ いつまでも
 1972〜1987年度(昭和47〜62年度)  よい歯で よくかみ よいからだ
 1970、1971年度(昭和45、46年度)  歯をみがこう それが我が家の 合言葉
 1969年度(昭和44年度) ―
 1959〜1968年度(昭和34〜43年度)  よい歯で よくかみ よいからだ
 1958年度(昭和33年度)  よい歯で よくかみましょう

口腔衛生週間
 1957年度(昭和32年度)  強い歯は 母でつくって 子で守れ
 1955、1956年度(昭和30、31年度)  よい歯で よくかみ よいからだ

口腔衛生強調運動
 1954年度(昭和29年度)  歯は健康のみえる窓
 1952、1953年度(昭和27、28年度)  歯は健康の見える窓

口腔衛生週間
 1951年度(昭和26年度)  いつも清い歯 丈夫なからだ
 1950年度(昭和25年度)  みんなで受けよう歯の検査
 1949年度(昭和24年度)  からだも 心も輝く よい歯

民健ムシ歯予防運動
 1943〜1948年度(昭和18〜23年度) ―

護歯日
 1941、1942年度(昭和16、17年度)  よい歯で よくかみましょう
 1940年度(昭和15年度)  強い歯は 母でつくって 子で護れ
 1939年度(昭和14年度)  歯牙の愛護に 輝く体位

ムシ歯予防デー
 1938年度(昭和13年度)  正しい歯列で 輝く健康
 1937年度(昭和12年度)  つとめて受けよ 歯の検査
 1936年度(昭和11年度)  強い身体に 丈夫な歯
 1935年度(昭和10年度)  健康は先ず 歯から
 1934年度(昭和 9年度)  御国を守れ 歯を護れ
 1933年度(昭和 8年度)  歯は健康の第一線
 1932年度(昭和 7年度)  強い歯をつくれ
 1931年度(昭和 6年度)  よい歯で よく噛みましょう
 1930年度(昭和 5年度)  六歳臼歯を大切に
 1928、1929年度(昭和3、4年度) ―



2013年06月09日(日) どうしてむし歯になるの?

昨日に引き続き、先日お招きいただいた学校の掲示物から・・・




単に虫歯菌が在ったとしても、それだけでは虫歯にはなりません。

プラークコントロールだけでなく、間食を含む食事の摂り方について、歯科医院で指導していただいてくださいね♪



2013年06月08日(土) じょうずな歯のみがきかた

先日お招きいただいた学校の掲示物から・・・



メディアやインターネットで漠然とした情報を得て自己流のプラークコントロールを実践するよりも、その方その方の状態に合った手法を歯科医院で指導していただいてくださいね♪



2013年06月07日(金) 昭和3年「虫歯予防デー」最初のポスター

 ↓ photo by 神奈川県歯科医師会 歯の博物館




“歯強ければ、體まで。 歯清ければ、心まで。”って書いてありますね♪



2013年06月06日(木) 給食体験

昨年に引き続き、
とある学校にお招き頂き、給食を食べさせていただきました。

この日のメニュウ&食材は・・・

献立名
 麦ごはん、ぬか漬け、とりから揚げ、卵スープ、煮浸し、牛乳、和菓子(沢辺の蛍by虎屋)

熱や力のもと
 米、麦、でんぷん、油

体をつくる
 とり肉、牛乳、卵、豆腐、油揚げ

調子をととのえる
 きゅうり、しょうが、小松菜、ねぎ、人参

エネルギー
 586Kcal

タンパク室
 31.5g

カルシウム
 409mg

おそらく人生最後の“学校給食”だと思うと、感慨深いものがありました。



2013年06月05日(水) カバさんは虫歯ゼロ

紀伊民報によると・・・

昨日、和歌山県白浜町のサファリパーク「アドベンチャーワールド」で、カバの歯磨きイベントがあったのだそうです。
カバは口を大きく開けて歯を磨いてもらい、気持ちよさそうな表情を見せたのだとか。

10年以上毎年催しているイベント。
大阪歯科大学付属病院のK歯科医師が雄のカバ(19歳、体重約3トン)の歯40本を検診し「虫歯はありません」と説明した後、地元の保育園児がカバの歯を特製の大きなブラシを使って一本一本丁寧に磨きました。

虫歯の痛みや歯の予防を物語にした紙芝居を見たほか、正しい歯の磨き方を教わったりと、虫歯予防と歯の大切さを学んでいたのだそうです。


カバの歯ブラシ体験、やってみたいのは私@小林だけでしょうか?



2013年06月04日(火) 歯と口の健康週間



“歯と口の健康週間”・・・ってご存知ですか?

かつて、1928年〜38年まで「6(む)4(し)」に因んで6月4日に“虫歯予防デー”と呼ばれていましたが
1949年、これを復活させる形で“口腔衛生週間”が制定されました。
1952年に“口腔衛生強調運動”、1956年に再度“口腔衛生週間”に名称を変更し
1958年から「歯の衛生週間」と呼ばれていたものを
今年から「歯と口の健康週間」と呼ぶようになりました。



2013年06月03日(月) アゴ

昨日の朝のTBS系健康カプセル!ゲンキの時間は、↑ についての特集。

顎関節症の治療に対して、未だにマウスピースを第一選択にしている辺り、正直、ゲスト解説者の選択に問題があるような気がしました。

ただ、救いだなと感じたのは、「アゴ」のズレ予防&エクセサイズと称する“咬筋のマッサージ!?”の際に、『ポイントは歯と歯を合わせないこと』と言っていたことでしょうか。


詳しくは、TCHの是正指導を受けられる歯科医院を受診なさり、指導していただいてくださいね♪



2013年06月02日(日) かむことは健康の源



4〜10日までの1週間=「歯と口の健康週間」に合わせて、上野動物園で、東京都歯科医師会主催のイベントが行われました。
(私@小林は、1来園者として訪れましたぁ)

そういえば、昨年までは「歯の衛生週間」って呼んでましたね。
さらに、1938年までは「虫歯予防デー」って称していたのだそうですよ♪

奇しくも、ジャイアントパンダのメス=シンシンが、明日からしばしの見納めということで、メディアの取材も大集合。
某テレビ局のニュースに、映ったとか、映らなかったとか・・・



2013年06月01日(土) よい歯のつどい

8020・9020運動達成者と、3歳児よい歯の表彰などがあり、見学させていただきました。

その内、“3歳児よい歯の表彰状”には

  あなたは、三歳になるまで保護者の
 みなさんといっしょに、むし歯になら
 ないように良くがんばりました。
  よって、その努力をたたえ、ここに
 表彰します。
  これからも、歯ブラシをする習慣を
 身につけ、一生あなたの歯でおいしい
 ごはんをたべられるように、がんばっ
 てください。

って書いてありました。


 < 過去  INDEX  未来 >


[MAIL] [HOMEPAGE]