予防審美  
小林歯科クリニック  
 
〒150-0001  
東京都渋谷区神宮前4-7-1  
東京メトロ表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
 
とんかつまい泉の並び
Shiny Owl Cafe の2階
 
 
24時間 インターネット予約  
ご意見・お問い合わせ  
 03 5474 5884  
 発信者番号通知をお願いします  
 
トップ  
診療案内  
アクセス  
院長挨拶  
スタッフ紹介  
診療システム  
診療の流れ  
コラム  
ブログ  
リンク  
 
 
 
 
 
 
 
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.
 

 

 

★予防と審美専門★【小林歯科クリニック】

2011年01月31日(月) 絶筆三句

昨日↓“子規庵”へ言ったことを書きましたが、そこで子規が亡くなる前日に読んだ“絶筆三句”についてのリクエストを頂戴しましたので・・・

子規門弟、河東碧梧桐の「君が絶筆」によれば・・・
明治35年9月18日、朝から容体の思わしくなかった子規は、妹の律と碧梧桐に助けられながら、かろうじて筆を持つと、画板に貼った唐紙の先ず中央に「糸瓜咲て」と書きつける。
ここで碧梧桐が墨をついでやると「痰のつまりし」と書いた。
また墨をついでやると「佛かな」と書き終え、投げるように筆を捨てながら続けざまに咳をするが、痰が切れずにいかにも苦しそうであった。
ようやく痰が切れると「痰一斗」の句を書き、また咳をする。
さらに間を置いて「をとゝひの」の句を少し斜めに書き、筆をやはり投げ捨てた。
筆は穂先のほうから白い寝床の上に落ちて、少しばかり墨のあとをつけた。
この間、子規は始終無言であった。
・・・とある。



一句目(中央) ; 糸瓜咲て 痰のつまりし 佛かな

二句目(左側) ; 痰一斗 糸瓜の水も 間にあはず

三句目(右側) ; をとゝひの へちまの水も 取らざりき

句の解釈についてはコチラを。



2011年01月30日(日) 子規庵

↑に行きました。
正岡子規が27歳から最期までの約8年間を過ごした所です。
ちなみに、子規は、左の写真の右側の部屋(ヘチマ棚がある所)、右の写真の左側の部屋(机がある部屋)で亡くなったのだそうです。
その机、子規の伸びなくなってしまった左足を入れるために、天板の一部が書き取られているのが分かりますでしょうか。

スペシャルドラマ坂の上の雲第2部第7回「子規、逝く」でも、結構、忠実に再現されていましたね。

子規は、俳人・歌人・国語学研究家として知られていますが、私@小林的には、画家として尊敬していますぅ。
ココでスケッチした色紙(勿論レプリカどぇす!)も○枚持っていま〜す♪














子規庵について詳しくはコチラを。

そういえば、今日の東京“降雪を観測”とのことでしたが・・・
1日の内随分の時間を屋外で過ごした私@小林でしたが分かりませんでしたぁ♪



2011年01月28日(金) 観測ロボ全国へ

毎日新聞によると・・・

本格的な花粉シーズンを前に、気象情報会社「ウェザーニューズ」は、独自に開発した花粉観測機「ポールンロボ」の全国への発送作業に追われているのだそう。

人の顔を模した直径約15cmの球体で、人の呼吸と同量の空気を吸い込んで花粉の飛散量を測るのだとか。
点灯直後は緑色で、飛散量が増えると、ロボの目の色が、白から青、黄、赤、紫と5段階で変わるのだそう。

花粉症の症状予測や研究開発に役立てようと05年に開発され、今年は、前年より300台多い1000台が全国の民家や病院などに設置されるのだとか。

同社による今年の飛散予想は、全国平均で昨年の5倍、関東で8倍、近畿では10倍以上の地区も出るという。

先週の“インフルエンザねた”から、いよいよ“花粉ねた”になってしまいましたぁ♪



2011年01月27日(木) C6120火入れ



去年の1月20日の当ブログでも、一昨年の12月10日の当ブログでも書かせていただいた“アレ”が、遂に眠りから覚めました♪



2011年01月26日(水) 根付(お歯黒をつける婦人)

日本歯科大学新潟生命歯学部・医の博物館、展示品ギャラリーから”・・・
第31回目の今日は、「根付(お歯黒をつける婦人)」です。

根付は印籠や煙草入れ、矢立などを紐で帯に吊るして持ち歩く時に、帯から落ちないように作られた留め具で、江戸時代中期から男性の装身具として普及した。
後代には実用よりもさまざまな意匠を凝らしたものが製作されるようになり、工芸品として収集の対象となった。

写真の根付は、鏡を見ながらお歯黒をつける老婦人の姿を彫刻した象牙製。
約3cm×4cm、高さは約3cmで、足元にはうがい茶碗などのお歯黒用具も彫られている。

桑の木の台に座った姿で、根付の裏面には足の裏も刻まれ、紐を通す穴が開けられている。
箱書には「一夫」と記され、現代根付の作家水谷一夫の作品と思われる。



2011年01月24日(月) ラフォーレグランバザール



ホワイトニングのCM・・・かと思っちゃいましたぁ♪



2011年01月23日(日) 高尾山健康登山

↑ は、高尾山薬王院が“健康のお手伝い”を第一義に平成11年に開始された「行」。
会員数も年々増えて、5000人を突破したのだとか。
『健康登山手帳』なるものを使い、来山1回毎に1押印していただきます。
ご本尊・飯縄大権現の縁日(毎月21日)に因み21回で一冊終了、「満行」となります。
今日で7度目の押印です。



そして、今日のメインは“シモバシラ”です。
“シモバシラ”はシソ科の多年草で、花も目立たないありきたりの草です。
よく冷え込んだ朝、枯れたこの草の根元を見ると、茎からエラ状に氷が張り出し、まさしく、霜柱となって氷の彫刻を作っています。
これは茎の維管束の中の水が凍って茎の外へと伸びだしたもので、文字通り“氷の花”です。
それがこの植物の名の由来です。

一度これが出来ると茎の構造は壊れていくので、大きいモノは、シーズン当初にだけ見られ、次第に小さくなっていくとのことです。
何れにしても、珍しい冬の“花”でしたよぉ♪

ちなみに、今朝の八王子市の最低気温は−3.8℃。

“高尾山のシモバシラ”について詳しくはコチラをど〜ぞ♪



2011年01月20日(木) タミフル投与患者、8%に耐性ウイルス

今日も“インフルエンザねた”にお付き合いをお願いします。

インフルエンザ治療薬「タミフル」を投与した患者のうち約8%で耐性ウイルスが現れていることが、東京大医科学研究所などの調査で明らかになりました。
タミフルが他の治療薬と比べ、臨床現場での治療により耐性ウイルスを出しやすいことが分かったのは初めてなのだそうです。

河岡義裕・同研究所教授(ウイルス学)らの研究チームは05〜09年の過去4シーズン、けいゆう病院(横浜市)でタミフルと治療薬「リレンザ」を投与した患者各72人計144人を調べたのだそうです。
その結果、タミフルで治療した患者6人から耐性ウイルスが確認されたが、リレンザで治療した患者からは現れなかったとのことでした。

患者はいずれもタミフルの投与で回復したが、体内でインフルエンザウイルスが増殖する過程で一部が耐性を獲得した可能性があるということです。
こうした耐性ウイルスは増殖力が比較的弱いとされ、これまで治療が原因による感染拡大は起きていないそうです。
だが、感染力や増殖力が強まれば、タミフルが治療に使えなくなるなど、今後の治療に影響する懸念があるそうです。

同病院の菅谷憲夫小児科部長は「国内では経口薬のタミフルのほか、吸入薬のリレンザ、イナビル、点滴薬のラピアクタの計4種類のインフルエンザ治療薬がある。バランスよく使っていくことが大切だ」と話しているとのことでした。

私@小林的には、1回法のイナビル、ラピアクタが好みかも。
だって、タミフルを飲む間隔の12時間が文字通り“一日千秋”ですから・・・



2011年01月19日(水) インフルエンザ流行注意報

毎日新聞によると・・・

東京都福祉保健局が、インフルエンザの流行注意報を発令しました。
過去10シーズンでは、09年9月の発令だった昨シーズンに続き2番目に早く、予防の徹底を呼びかけています。

都ではインフルエンザの419の定点医療機関から毎週報告を受けており、1月10〜16日分は1定点あたり9.88人。
都内31保健所中15保健所で定点あたりの患者が10人を超え発令の基準に達しました。
検出されたウイルスは、A香港型が52%、新型が44%ですが、昨年12月以降は新型が多くなっているとのことです。
今シーズンの特徴は20歳以上の患者の割合が4割を超え、過去10シーズンに比べて最も多いのだそうです。
昨シーズンの流行で免疫ができたとみられる10〜14歳の年齢層の割合は減っていたというのですが・・・



2011年01月17日(月) インフルエンザ流行

インフルエンザの流行が始まりましたね。
国立感染症研究所によると、インフルエンザの患者数は、3〜9日の1週間で、全国で約2万5000人となっているそうです。
福岡県や沖縄県などでは新学期早々、学級閉鎖が相次いでいると報道されていましたが・・・

いよいよ、ココ渋谷区内でも学級(学校)閉鎖が発生したとの第一報が。

予防接種の他には、やはり、手洗いとうがいの徹底が大切ですね♪



2011年01月16日(日) しぶやニュー駅伝

代々木公園で“しぶやニュー駅伝”というイベントが行われていました。
いつもはサイクリング用の道や、オリンピックセンターを大勢が走っていました。

主催者によると、296チーム、1476人もの人達だったとのこと。

野球のユニフォーム姿だったり、寝間着のようなスウェット姿だったりと、仮装での参加も結構いましたよ。







2011年01月15日(土) 先端現代アートスペース「エスパス」

表参道に、国内外の先端の現代アートを紹介する初めてのアートスペースがオープンしました。
このアートスペースはフランスの某ファッションブランドが、現代アートを気軽に楽しんでもらおうと東京の表参道に面した店舗の7階に設けたものです。
ガラス張りの開放的な空間で、大型の作品も展示できるように天井の高さが8.45m、広さ
193屬△螢ラス張りの窓から見渡す景色も特徴。
国内外の現代アート作品を無料で鑑賞できます。
開館時間は12時〜20時。

フランス本社である「ルイ・ヴィトン マルティエ」のイヴ・カルセル会長兼CEOは「この都会的な眺めと景色が現代アートの展示にふさわしいと考えました。訪れた人に驚きを与えるような場所でありたいと思っています。アートとラグジュアリーは、情熱と創造を重んじるという共通点をベースにして関わり合い、交流を深め、異なる2つの世界に従来存在する壁を打ち破ってきました。当ブランドはマーク・ジェイコブスの影響下で常に変化を遂げ、アートへの取り組みは拡大し続けています。」とし、「東京はダイナミックな創造性を持つ都市。私たちの創造への情熱を、東京のみならず日本全国の方々と分かち合えることを願っています。」とコメントしているとのこと。

さて、杮落としで展示されるのはフランスの現代アーティスト、グザヴィエ・ヴェイヤンさんの新作の4点で、同ブランドがプロデュースした、ランダムな速度で回転させる木と樹脂で作られた作品「Regulator」(2011年)、ヴェイヤンさんが「自由落下シミュレーター」による飛行中に撮影した3点の写真から描き出したモチーフを基に、一連のペーパーワークを組み合わせた「Free Fall」(2011年)のほか、高さ4mの作品「Tokyo Statue」(2011年)など。
今後は若手アーティスト、著名アーティスト、個展、グループ展など幅広い内容の企画展を開催していく予定だとか。

ちなみに、「"Free Fall" by Xavier Veilhan」は5月8日まで。



2011年01月14日(金) 進化系キャンディ

東京ウォーカーによると・・・

日本に初上陸したアメリカの人気シュガーレスキャンディ専門店だが、一番の注目は、歯磨き後に食べれば、おいしく虫歯予防ができるという「ハーバルロリポップ」(1600円・10本入り)なのだそう。
何でも、キャンディに含まれる甘草ハーブエキス・リコリッシュが、虫歯の原因となる菌を抑制してくれるのだとか。
甘く虫歯になりやすいというキャンディのイメージを覆す、“進化系”の名にふさわしい一品なのだとか。
他にも、キシリトールが入ったものなど、“歯に良い”キャンディが豊富。
もちろん見た目もカワイイものが多数揃っているので、子供にも喜ばれること間違いなしだとのこと。

“進化系キャンディ”には、他に、“アーティスティックなデザイン”なものや、“ほろりと溶ける新食感系”なんかがあるようですね♪

全米No.1のシュガーレスキャンディについてはコチラをど〜ぞ。



2011年01月13日(木) 正月の総括

時事通信によると・・・

民間気象会社ウェザーニューズが3〜5日、男女1万3782人を対象にアンケート調査を実施したところ

’末年始の食べ過ぎによる「正月太り」について全国平均で0.68kgとの回答があったのだそう。
正月太りの回答を都道府県別に見ると、トップは石川の0.91kg。
高知0.84kg、宮崎0.83kgが続き
最少は鳥取の0.45kgで、次が島根の0.46kg。
同社は「年末年始の記録的な大雪の際に、雪かきなどで体を動かしたのかも」としているのだそう。

年賀状を書いた枚数と受け取った枚数も質問。
全国平均は、書いた数が37.3枚、もらった枚数は33.9枚だった。
都道府県別のベスト3は、書いた枚数が石川56.3枚、富山53.2枚、北海道53.0枚で、もらった方も富山53.8枚、石川49.2枚、北海道48.0枚となったのだそう。

年末年始の○連休に続き、成人の日を含む連休も終わり、2011年がいよいよ本格的に始まったような気がしますね♪



2011年01月12日(水) スキーの日

100年前の今日、明治44年(1911年)1月12日、新潟県の高田(現・上越市)の金谷山で、オーストリア・ハンガリー帝国のレルヒ少佐→
が高田陸軍歩兵連隊の青年将校にスキー指導を行いました。
日本に初めて本格的にスキーが伝えられた日とされています。われています。

金谷山スキー場には、レルヒ少佐の銅像が建っていて、毎年1月12日には、銅像の前に関係者が集まり、当時のようにぬぁんと“一本杖”でスキー滑り、花を捧げており、もちろん今年も行われるのだそうです。

スキー発祥100周年のHPはコチラを。



2011年01月11日(火) 朝の千代田線ストップ

毎日新聞によると・・・

午前8時40分ごろ、荒川区の東京メトロ千代田線町屋〜西日暮里駅間で、我孫子発唐木田行き普通電車(10両編成)の運転席にある自動列車制御装置の予告信号が点灯しないトラブルがあった。
この電車は車両点検のため西日暮里駅で停車し、少なくとも前後の電車計6本も駅間で緊急停車。
綾瀬〜代々木上原駅間で約50分間にわたり運転を見合わせたため、乗客が最大約50分間車内に閉じ込められるなど、約5万9000人に影響した。

同社によると、予告信号は速度など信号機の指示を事前に予測して運転席のモニターで示す装置。
トラブルの原因を調べているとのこと。

お陰で、午前中の何名かの患者さまがいらっしゃれないことに

なお、故障したのは、1971年(昭和46年)に登場した営団6000系電車とのことで、16000系への交換を、是非に急いで欲しいものです♪



2011年01月10日(月) パンダの名付け親募集中

上野動物園からジャイアントパンダが姿を消してから、約3年。
今春、新しいパンダ2頭が来日するのに先駆け同園では現在、2頭の名前を募集中なのだそう。

現在新しい名前を待っているのは、昨年7月に都と中国野生動物保護協会がジャイアントパンダ繁殖研究プロジェクトの協力協定書調印式を行った際に初披露された
←オスの「比力(ビーリー)」と
       メスの「仙女(シィエンニュ)」→
の2頭のパンダ。

東京都は1月下旬ごろの2頭の来園を目指し現在中国側と調整を行っており、その日を迎える前に、現在つけられている中国名とは別に、日本人にも親しみやすい新しい名前を用意しておきたい考えなのだそう。

あなたも“パンダのゴッドファーザー”になれる・・・かも。

募集要項はコチラをど〜ぞ♪



2011年01月09日(日) みなさまの縁をとりもつ隊

所用で山梨県に行きました。
さて、車載温度計なのですが・・・
都内を出発した時は表示が1℃。
(最低気温0.6℃ by 気象庁)
そして、多摩地区に入ると氷点下に下がり、
(同:府中市;−4.3℃、八王子市;−3.7℃)
山梨県に入ると、ぬぁんと−6℃の表示が・・・
(同:勝沼市;−6.6℃、甲府市−5.8℃)

そして、帰る前には、第5回B級ご当地グルメのゴールドグランプリを受賞した甲府とりもつ煮を、その発祥とされる蕎麦屋で。
砂肝のコリコリ感、しこしこしたハツ、レバーのやわらかさ、きんかんのぷちっとした感触のハーモニーが楽しめましたよぉ♪



2011年01月07日(金) 春の七草

1月7日は、中国では「人日の節句(じんじつのせっく)」と呼ばれている五節句の一つです。
平安時代に、日本に伝わったといわれています。

七草を入れた粥を食べて、健康を祈りましょう。
正月にたくさんご馳走を食べた胃を休ませるという意味合いも含んでいるそうですよ。

勿論、私@小林は休肝日ですぅ♪




2011年01月05日(水) いざ、出陣じゃ!

改めまして・・・

あけましておめでとうございます。
今日から新年の診療が始まりました。

皆さまの暖かいご支援によりまして、私たち@小林歯科クリニックは
18度目の春を迎えることができました。
その間、たくさんの素晴らしい方々にお会いすることができましたことを誇りに思い、これからの励みにしたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


←私@小林が着用しているこの甲冑、撮影用のレプリカなのですが
  それでも12〜3kg(本物の約半分なのだそうです)ありましたよぉ♪



2011年01月03日(月) ウサギの歯

ウサギの歯は、前歯(門歯=もんし)が上に4本、下に2本、奥歯(臼歯)が上に6本、下に5本の計28本あります。
前歯は、正面から見ると上下に2本ずつ見えますが、上の2本の裏にちいさな2本の歯が重なっています。
このため、ウサギは齧歯目(げっしもく=ネズミの仲間)ではなく、重歯目(じゅうしもく=ウサギ目ともいいます)に分類されるようになりました。











2011年01月02日(日) ウサギの諺&熟語

二兎を追うものは一兎を(も)得ず
兎死すれば狐これを悲しむ
脱兎の如し
兎の上り坂
兎に祭文
兎の糞
犬兎の争い
亀毛兎角

“ウサギ”がつく諺や熟語ですが、思いついたのを、ざっと載せてみましたぁ。
皆さま、意味はお分かりですよね♪
そういえば、“卯”ではなく“兎”ばかり集まりましたね♪



2011年01月01日(土) あけましておめでとうございます



   『一枝の寒梅を袖にしてのどかな春でございます』 by 正岡子規の玄祖父=正岡一甫


 < 過去  INDEX  未来 >


[MAIL] [HOMEPAGE]