ATFの戦争映画観戦記



【File102】マカロニ戦線異状アリ・・・珍説イタリア戦争映画史《序説》

2004年01月31日(土)

新年明けましておめでとうございます・・・いやね今年最初の観戦記なもので・・・本年も我が「戦争映画観戦記」をよろしくご贔屓下さいm(大汗)m。はっきり言って今回の観戦記には参りました・・・。いつもながら書き始めは、お気楽極楽な軽〜い気持ちだったのですが、書き込むにつれて、資料の有り過ぎ&無さ過ぎにこれほど悩まされようとは・・・なんと観戦記史上最長の2週間という期間をかけて書き込んでおるのですよ!ほんじゃ早速新年第一発目の観戦記を逝ってみましょう!それでは【開演ブザー】毎度の事ですが携帯電話の電源はお切り下さい・・・【今回に関しては、この書き込みには何時も以上に史料的価値は狒瓦ありません】

【最近の戦争映画は不作続き・・・?】
1998年、戦争映画史上に残るエポックメイキング的作品が登場し、我々戦争映画ファンのみならず映画ファンの多くに衝撃を与えました・・・そう、その作品とは「プライベート・ライアン(Saving Private Ryan/略SPR)」・・・この作品については今更ながら多くを語る必要はないでしょう。ところで、この「SPR」の公開以降にも、数多くの戦争映画やミリタリー関連の作品が製作・公開されています。ざっと思いついただけでも・・・※( )内は原題
《1999年》
「シン・レッド・ライン(The Thin Red Line)」「ライフ・イズ・ビューティフル(La vita a bella)」「Uボート ディレクターズ・カット(Das Boot)」「聖なる嘘つき その名はジェイコブ(Jakob the Liar)」
《2000年》
「マイ・リトル・ガーデン(My Little Garden)」「ヒマラヤ杉に降る雪(Snow falling on Cedars)」「スリ・キングス(Three Kings)」「ムッソリーニとお茶を(Tea with Mussolini)」「英雄の条件(Rules of Engagement)」「U−571(U-571)」「パトリオット(The Patriot)」
《2001年》
「楽園をください(Ride With The Devil)」「ユリョン(Phantom The Submarine)」「スターリングラード(Enemy At The Gates)」「ザ・ダイバー(Men of Honor)」「JSA 共同警備区域(JSA)」「レジョネア戦場の狼たち(Legionnaire)」「パール・ハーバー(Pearl Harbor)」「ザ・トレンチ<塹壕>(The Trench)」「魔王(The Ogre)」「コレリ大尉のマンドリン(Captain Corelli's Mandolin)」「タイガーランド(Tigerland)」「少年義勇兵(Boys will be Boys, Boys will be Men)」「キプールの記憶(Kippur)」
《2002年》
「地獄の黙示録 特別完全版(Apocalypse Now REDUX)」「エネミー・ライン(Behind Enemy Lines)」「暗い日曜日(Gloomy Sunday)」「ブラックホーク・ダウン(BLACK HAWK DOWN)」「ワンス・アンド・フォーエヴァー(We Were Soldier)」「ノーマンズランド(No Man's Land)」「ぼくの神様(Edges of the Lord)」「鬼が来た!(鬼子来了)」「ジャスティス(Hart's War)」「ウインドトーカーズ(Windtalkers)」「ダーク・ブルー(Dark Blue World)」「ラスト・キャッスル(The Last Castle)」「K-19(K-19The Widowmaker)」「シャーロット・グレイ(Charlotte Gray)」
《2003年》
「バティニョールおじさん(Monsieur Batignole)」「銀幕のメモワール(Lisa)」「戦場のピアニスト(The pianist)」「ふたりのトスカーナ(Il Cielo Cade)」「ビロウ(Below)」「レセ・パセ 自由への通行許可証(Laissez-passer)」「エニグマ(Enigma)」「灰の記憶(The Grey Zone)」「戦場に咲く花(The Last Sunflower)」「名もなきアフリカの地で(Nowhere in Africa)」「デス・フロント(Deathwatch)」「ドッグ・ソルジャー(Dog Soldiers)」「閉ざされた森(Basic)」「サハラに舞う羽根(The Four Feathers)」「山猫は眠らない 狙撃手の掟(Sniper2)」「SSU(Blue)」「ティアーズ・オブ・ザ・サン(Tears of the Sun)」「ラスト・サムライ(The Last Samurai)」「すべては愛のために(Beyond Borders)」

・・・と、まぁ結構な作品の数なのですよ・・・。さて、これら作品の中には世界的に大ヒットした作品もあれば評論家や映画ファンの評価が高い作品、著名な映画賞を受賞した作品が幾つも含まれています。ところがですよ・・・「Uボート」や「地獄の黙示録」を別としても、こと戦闘シーンや戦争自体を主体として描かれた作品が幾つもあるにも関わらず、それらに対する公開時の戦争映画ファンたちの評価が高かったか?と言われると、必ずしもそうとは言い切れません・・・。特に「パール・ハーバー」や「ワンス・アンド・フォーエヴァー」「ウインドトーカーズ」などは、某巨大掲示板等では散々こき下ろされていた・・・と言った状態でした。結局のところ、映画として評価された作品は幾つもあったにも関わらず、戦争映画史上に残る名作と呼べる作品・・・は殆ど無い・・・全くもって猝昇鄒鐐莟撚茲良垪遒稜が、ここ数年続いて来た訳です。※注)この「近年戦争映画不作論」については、観戦武官諸士それぞれに別のご意見もあろうとは思いますが、ここでは進行上敢えて他のご意見は無視させていただきます・・・by.観戦武官長(汗)

【それはイタリアから舞い降りた】
昏迷するイラクへの自衛隊派遣決定のニュースが世情を賑していた2004年1月半ば・・・小雪舞い散る東京において「SPR」以降名作に恵まれなかった「戦争映画」の歴史に、新たな一歩を記すであろう事は間違い無い一本の戦争映画が公開されました。その作品の名は「炎の戦線 エル・アラメイン(El Alamein−The Line of Fire)」・・・【以下思いつくままに荒筋・・・激しくネタバレですが、どうしても読みたい方はクリックして反転させて下さい】・・・時は第二次大戦も酣の1942年、舞台は独伊枢軸軍と英軍の対峙する灼熱の北アフリカ戦線・・・その戦略的要衝エル・アラメイン。果てしなく続く荒涼とした大地を、砂塵を舞い上げ走る一台の軍用バイク・・・大地雷原を挟み、英軍陣地を遥かに望むイタリア軍防衛線最南端の忘れ去られたパヴィア歩兵師団の塹壕陣地に一人の新兵(学徒志願兵)セッラが配属になるところから、この物語が始まる。国を守る情熱に燃え志願してきた新兵セッラであったが、たちまち戦争の恐ろしさと厳しさを実感させられる事になる・・・配属分隊に向かう途中、案内役の伍長は、英軍の砲撃を浴び犲たぶ瓩世韻鮖弔靴得弖舛發覆粉々になった。新兵セッラが配属された分隊を指揮するのは歴戦のリッツオ曹長だ。彼は新兵セッラに三つの戒めを与えた・・・‐錣貌を低くしろ(狙撃されるから)∪嵶,砲覆辰討睫曚辰討(みんな罹っているから)サソリには気をつけろ(特に靴の中・・・)乏しい補給(装備・弾薬・食料そして何よりも貴重な狄絖瓩楼貎涌貽250cc)と照り付ける太陽に耐え、敵の姿も見る事なく、砲撃と狙撃に怯え塹壕にこもったままの日々。次第に病んでいく精神・・・。そんな時、砲撃で破損した電線ケーブルを修理していた兵士が狙撃された・・・衛生兵が決死の覚悟で担架を抱えて倒れた兵士に駆け寄るが、これまた狙撃される。どうやら昨夜の砲撃に紛れ、陣地全面で大破した車両の残骸から撃って来るらしい。危険に晒された戦友を掩護する為、なけなしの弾薬で応戦するも、残骸に守られた敵の狙撃兵には当らない。小隊長フィオーレ中尉は小隊本部直属の迫撃砲班を呼び寄せた。初弾・・・僅かに外れた。貴重な迫撃砲弾だ。もうこれ以上の無駄は許されない。一発必中の願いを込めて二発目が発射された・・・命中。こうして一日が過ぎて行く。古参兵が言う・・・人は誰も三つの幸運を持っている。お前は最初の砲撃で助かった。残る幸運は二つだけだ・・・と。ある夜、陣地前面の地雷原を走っていた英軍トラックが地雷を踏んだ・・・古参兵たちは爛船磧璽船覽詬伸瓩魑る為に、暗闇の中、地雷原へと飛び出して行く。慌てて付き従う新兵セッラ・・・地雷原を知り尽くしたリッツオ曹長の足跡を覚束無く辿って行く。爛チッ畭元で幽かな金属音が鳴る・・・地雷を踏んだのだ。凍りつく身体・・・足を上げれば爆発する。すかさずリッツオ曹長が新兵セッラの足下を手探りで掘る・・・運がよかったな。対戦車地雷だ。人が踏んだくらいでは爆発しない・・・身体中から力が抜ける。古参兵が声を掛ける・・・二つ目の幸運を使ったな!残るはひとつだけだ。それを使い切ったら、あとは祈るだけだ。新兵セッラが聞き返す・・・あんた達は?古参兵は薄ら笑いながら答えた・・・とっくの昔に使い切ってるさ!こうして新兵セッラは鍛えられて行くのだ。ある日、道に迷った味方トラックが辿り着く・・・荷物はなんと大量の靴磨き。そして倏廊瓩一頭。靴磨きは、今や幻のアレキサンドリア入城行進時用・・・そして倏廊瓩蓮▲爛奪愁蝓璽砲琉η呂世修Δ澄小隊長フィオーレ中尉は言う。我々はもう砂と小便しか口にしていない。アレキサンドリアを行進したければ水と食料を持って来い。この馬は我々の食料として徴発する。責任は私が取る・・・拳銃を抜き馬の頭に突き付ける・・・しかし、罪の無い馬の澄んだ瞳を見て、中尉は拳銃をホルスターに戻した・・・さっさと連れて行け!待ちに待った水の補給・・・補給地点のオアシスまで、砂漠の中を遥々進むトラック・・・しかし補給されたのは、独軍の燃料用ジェリ缶に詰められた爛ソリン臭い僅かな水疂原腓鮓世い弔弔蘯け取り帰途につく・・・リッツオ曹長が呟く・・・ここから一時間も走れば牾き瓩澄ちょっと寄り道して行くか・・・久しく水の風呂には入ってない。身体は砂で洗っている。一同即決で牾き瓩妨かい、真っ裸になって飛び込む。海水だが、そんな事はお構いなしだ・・・暫しの平安な休息。そこに憲兵登場・・・お前たち何してるんだ。そこは地雷原だぞッ・・場面は移る・・・対峙する英軍陣地の動向がおかしい・・・それまで忘れ去られていた戦線に走る緊張。英軍の攻撃は不可能と思われていた狡稈廊瓩膨綮,暴个進隊からの報告が途絶えたのだ・・・リッツオ曹長と新兵セッラが偵察に出る。偵察隊は古代遺跡の廃墟の中で全滅していた。やはり何かがおかしい。やがて塹壕陣地は何時にも増して激しい砲撃に晒される・・・忘れられていた小隊にも命令が届く・・・現在の守備陣地を撤収し、戦線の防衛拠点の増援に移動せよ・・・移動先の防衛拠点・・・着弾痕の穴を応用した蛸壺があるだけだ・・・兵士たちは到着も早々に蛸壺の補給を始める。夜半、静まり返る暗闇を劈き、英軍の大規模な砲撃が始まる・・・次々に粉砕される防衛拠点・・・やがて戦車を先頭にして英軍歩兵の突撃が始まる。忽ち起こる白兵戦・・・ある者は砲撃に倒れ、ある者は銃剣に倒れ、ある者は戦車に踏み潰され、ある者は精神を侵され暗闇の中に消えて行く・・・そして再び静寂・・・夜明け。英軍は味方部隊の砲撃によって撃退された・・・残された夥しい敵味方の戦死者。激戦の中、運良く生き残った新兵セッラに古参兵が言う・・・三つ目の幸運を使い切ったな・・・。最早、戦力とも呼べなくなった小隊に撤退命令が下る。遥か彼方の再集結拠点まで地図とコンパスを頼りに歩くしかない。歩き始める小隊の傍らを、罵声を浴びせながらドイツ軍の車両が通り過ぎて行く。走っている事すら奇蹟のような自軍のトラックに走り寄るイタリア兵たち・・・しかし負傷兵を満載した荷台には立錐の余地もない。炎天下を気力だけで進む小隊・・・途中、路端で黙々と穴を掘る将官に出くわす・・・小隊長フィオーレ中尉が不動の姿勢で敬礼・・・「閣下、お手伝いしましょうか」「ありがとう。でも長年仕えてくれた従兵なのだ・・・私の手で葬ってやりたい・・・」「よろしければ閣下のお名前を・・・」「そんな事はどうでもよい。君たちは義務を果たせ」・・・兵士たちは将官の傍らを通り過ぎて行く。やがて従兵の遺体を葬った将官は、即製の十字架の傍らに佇むと敬礼ではなく十字を切り、祈りの言葉を捧げ、徐にホルスターから拳銃を引き抜くと自らのこめかみに宛がった・・・。小隊は果てしない砂漠を踏破し、前線の野戦病院に辿り着く事が出来、暫し暖を取る。一仕事終えた軍医が近づき一服する・・・君たちはどこの部隊だ・・・我々は再終結地点に向かっているのです・・・ここが、その再終結地点だよ。主力はとっくに撤退した。まもなく負傷兵を移送する最後の輸送隊が出発する。君らも、そのトラックに紛れ込みたまえ・・・軍医殿は?・・・私は移送不可能な重傷者と共に残るよ。遮蔽物の全くない荒野の中の幹線道路をヨタヨタと進む輸送トラック・・・荷台には空ろな表情の兵士の顔・顔・顔・・・。やがて空気を劈く爆音・・・英軍機だッ退避しろぉ。荒野の一角に構築された退避壕・・・兵士たちは慌てて掛けこもうとするが、入り口には野戦憲兵が立ち塞がった。力づくで雪崩れ込むと、そこには先客が・・・どうやら司令部のお偉方の一行らしい。激しい銃爆撃による粉塵が退避壕を覆う・・・やがて訪れる静寂・・・哀れ輸送トラックは直撃弾を受けて見る影もない。小隊長フィオーレ中尉は出発しようとしている司令部の車両の後部座席にふんぞり返った大佐に詰め寄る・・・どうか負傷兵だけでも便乗させて下さい・・・そんな余裕は無い。我々は急いでいるのだ。無情にも出発する司令部の車両。再び当て所無い行軍が始まる・・・一転俄かに掻き曇り、乾き切った砂漠を覆い尽くす雨雲・・・神の気まぐれが、兵士たちの乾きを一次的ながら潤した。そしてまた果てしなく続く行軍・・・もはや軍隊とは呼べない一行は、砂漠の民の墓所に辿り着き、一夜を過ごす。夜半突如として現れる英軍の斥候隊・・・もはや刃向う気力もないイタリア兵たちは、悉く捕虜となった・・・僅かに小隊長フィオーレ中尉、リッツオ曹長、新兵セッラの三名だけが、墓所から離れた場所で休んでいた為に、難?を逃れた・・・。そして再び歩き始める三名。小隊長フィオーレ中尉は、負傷が悪化。もはや歩く事も覚束無い。突然三名の視野に放棄されたイタリア軍のトラックが現れる。駆け寄ってエンジンのスターターキーを捻る・・・どうか掛ってくれ・・・しかし祈りは届かなかった。運転席の座席の下から僅かに水の入った水筒を見つけたリッツオ曹長は、トラックの横に横たわる小隊長フィオーレ中尉の口元を湿らせた・・・新兵セッタがトラックの傍らの残骸の中から軍用バイクを見つけた・・・今度こそ掛ってくれ・・・祈りながらフットバーを力強く蹴み込む・・・何度も何度も・・・やがて篭った音と共にエンジンは再び鼓動し始めた!これで助かりますよ!さあ二人とも乗って下さい・・・小隊長フィオーレ中尉は空ろな目で遠くを見つめながら、トラックの後輪に寄りかかっていた・・私はもうダメだ。お前たちだけで行け・・・リッツオ曹長は小隊長フィオーレ中尉の傍らに腰を下ろした・・・俺も残る。二人乗りでは砂に車輪が取られる。お前だけで行け・・・新兵セッラが悲しげな顔で言う・・・必ず救援を連れて戻って来ますから待っていて下さい・・・新兵セッラの乗った軍用バイクは、時折り砂に車輪を取られながらも、果てしなく続く荒涼とした大地を、砂塵を舞い上げて走り去って行った・・・。時は流れ・・・エル・アラメインの古戦場に建てられた戦没者慰霊碑・・・カメラは壁一面に刻まれた戦没兵士の個人名を次々に映し出す・・・やがて特定の個人名は無くなり、ただ同じ単語だけが繰り返し映るだけとなった・・・無名戦士・・・と。なんと勢いで犢啅抬瓩鯡椣貲媾颪込んでしまいました。全く書き込みに手を抜きやがって・・・!そうお怒りの観戦武官諸士の冷たい視線が爛哀汽螢鱈瓩版愧罎貌佑刺さりますが、勢い余って書き込んでしまった、この観戦武官長の狄瓦両彳悪を、どうかご理解下さい・・・m(大汗)m

【戦争映画の定番・・・北アフリカ戦線】
第二次大戦における北アフリカの戦場は、軍オタ・ミリタリーマニア、第二次大戦フリークの間でも、特に人気の高い狎鐓讚瓩覆里任垢、その人気の秘密は一体何なのでしょうか?伝説的な名将ロンメルの芸術的な作戦理論に基づき指揮された少数精鋭(椰子の木に卍のマーク)独アフリカ軍団と、モントゴメリーの物量に裏付けされた押せ押せ連合軍(主にオーストラリアやインドなどの英連邦軍)との対決。エル・アゲイラからエル・アラメインに至るまで繰り広げられた戦闘による一進一退の戦況。気候の急激な変化による長期間の休戦状態と、その反動によって起こる短期間の壮絶な激戦。「砂漠は海」「砂漠の戦いは海戦と同じ」と言う言葉に象徴される様に、殆んど一般民間人が居住しておらず、遮蔽物のほとんどない砂漠地帯において常に変化する流動的な機動戦法。ハルファヤ峠の戦闘に代表される戦局全体に大きな影響を与えた小部隊の奮戦。欧州の戦場から一線を隔した独立した戦場であった事、中東の石油資源や太平洋戦域との中継地スエズ運河を巡る戦略的に重要な戦いだったと言う割には、独英両軍とも終始参加した兵力が、欧州の戦場と比するにそれ程多くなかった事・・・結局、物語として戦略的な面と戦術的な面が混在しながらも、上手い具合にミックスされた点・・・北アフリカ戦線は、他の欧州の戦場には見られない、独特かつ魅力的な要素に満ちているが故に、これまでにも多くの戦争映画の題材とされてきました。思いつくままに、ざっと書き連ねてみても・・・「サハラ戦車隊(SAHARA/1943)」「熱砂の秘密(FIVE GRAVES TO CAIRO/1943)」「最後の突撃(THE WAY AHEAD/1944)」「砂漠の鬼将軍(THE DESERT FOX/1951)」「砂漠の鼠(THE DESERT RATS/1953)」「空挺部隊(DIVISIONE FOLGORE/1956)」「撃墜王アフリカの星(DER STERN VON AFRIKA/1957)」「今は死ぬ時でない(NO TIME TO DIE/1958)」「最後の決死隊(THE STEEL BAYONET/1958)」「壮絶鬼部隊(EL ALAMEIN/1958)」「地獄の決死隊(UN TAXI POUR TOBROUK/1962)」「トブルク戦線(TOBRUK/1966)」「大侵略(PLAY DIRTY/1968)」「砂漠の戦場エル・アラメン(BATTLE OF EL ALAMEIN/1968)」「地獄の戦場コマンドス(COMMANDOS/1968)」「熱砂の戦車軍団(LA BATTAGLIA DEL DESERTO/1969)」「ロンメル軍団を叩け(RAID ON ROMMEL/1970)」・・・
しかしそれらの作品の大部分は、独軍VS英軍の話がメインで描かれており、イタリア軍にスポットを当てた作品は、数える程度・・・「空挺部隊」「壮絶鬼部隊」「砂漠の戦場エル・アラメン」・・・増してや前述の如く、ハリウッド製のCGやアクションばかりが目立つ戦争映画が幅を利かす昨今、戦場で戦う兵士たちの生と死をリアルに描いた、この「炎の戦場エル・アラメイン」という作品は、将に猝昇鄒鐐莟撚茘と呼ぶに相応しい作品と言えると思います・・・この映画を紹介したサイトの幾つかで「異色の戦争映画」という言葉を散見しました。しかし、それは大きな誤りです。この作品こそ「真の戦争映画」なのです!名作に多くを語る必要なし!

さて「炎の戦線エル・アラメイン」を観戦した衝動・・・それは私ATFの胸中に熱い何かを残しました。そしていつもの如くお気楽・極楽な考えで観戦記を書き始めたのです・・・しかし、ネット上で関連資料の探索を始めたATFの前に、いつにも益して犇大な壁が立ちはだかる事になろうとは・・・次回も「珍説イタリア戦争映画史」が続きます!これは戦争映画ファンの中にも多くのファンを有しながら、その実態は余り多く知られていない「イタリア映画を代表する戦争映画たち」に挑んだ魂の記録である・・・【続く】

 転進【前ページ】  作戦履歴【TOPページ】  前進【次ページ】


観戦武官視察数【
感想等お気軽に書き込み下さい

My追加

皆さまにご投票いただいた結果は→【こちら