V字経営研究所・酒井英之の4行日記
DiaryINDEXpastwill


2011年04月30日(土) 映画「ガリバー旅行記」から学んだこと

子供たちと映画『ガリバー旅行記』を観た。口先だけのお調子者ガリバーが、小人の国で小人を救い、自信を得て立派な大人になる、という話だ。今日のような情報過多の時代には、知識ばかりで実行が伴わない口先だけの人が少なくない。本屋でも前後を無視した「名言集」が売られている。その風潮を皮肉った映画とも見える。コンサルタントも気をつけないと、この映画のガリバーになってしまうと感じた。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月29日(金) アウトレットでわかる日本人を研究している会社

土岐市のアウトレットモールに買い物に行く。すごい人出で驚いた。人気ブランドのadidasなどは黒山の人だかり。一方、少ない店もあった。例えば私にとってブルックスブラザーズなどはネクタイは好きなブランドだが、シャツは色柄は好きでも袖丈が合わずパス。そんな人が多いのか人影はまばら。このようにどの程度人が入っているかは、それぞれのブランドがどの程度日本人を観て、日本人に愛されるように開発しているかを示していた。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月28日(木) 日常を変え人格も変えるアクションプランシート

某社で目標達成のためのアクションプランのつくり方研修を行った。2年連続の開催だが、昨年の受講生も何人かいた。そこで昨年好成績を挙げた人を指名し、初めての人にそのアクションプランシートの使い方を説明してもらった。彼はとてもわかりやすく、正しく、漏れなく説明してくれた。聞くと、昨年の研修で習って以来、日頃の営業管理にこのシートを活用しているという。私のメソッドが職場に定着するのは嬉しいことだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月27日(水) 全業種の役に立つ電材業界の生き残り策

パナソニック電工の子会社の社長を務める友人が「俺が実現したいことは、全部ここに書いてあることや」と、論文のコピーをくれた。その論文は彼の会社の後輩で、今はコンサルタントとして個人事務所を立ち上げている大石幸紀先生のものだった。読んでみると、総需要が縮むわが国のメーカーがとるべき代理店政策の重要なポイントが平易な言葉で記されていてとても参考になった。とりわけ「電気工事会社様との絆の強さ」を現場力×人間力×仕掛ける力の方程式であらわしたのは秀逸だ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月26日(火) ランチェスター「弱者の戦略」で逆転を狙う

某社の主力商品の売上げ拡大プロジェクトを手伝う。昨年までよく売れていた商品の伸びが、他社の安売り攻勢でピタリと止まってしまった。このままいくと同社の存在価値すら問われかねない大ピンチ。そこで同商品の地域シェアを調べたら、コスト競争を避けた「弱者の戦略」を取るべきだと判明した。ここ数ヶ月間、いろんなランチェスターの研究をしてきたが、その知恵を活かすときがきたのだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月25日(月) 部下のドメインを固めるのも上司の仕事

部下との面接。今年のテーマは「ひとりひとりのドメイン=得意とする専門分野を明確にする」だ。40歳前後でこのドメインがハッキリしていないと、市場でのアピール力が弱くコンサルとしての評判が立たない。すると、「売れないコンサルタント」になってしまうのだ。ドメインは本人の意思でも希望でもなく、客の期待から創られるもの。よって第三者に「あなたは『それ』だよ」といわれるものがいいのだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月24日(日) 経営にしか興味がない人のおかしさ

経営ジャーナリストの友人が経営者向けのメルマガを書いている。その中で、ある経営者の5歳のときの体験談に触れた。近所のおばさんとの心温まるエピソードだ。しかし、その日何人かの読者から「配信停止」の申し込みがあった、という。理由は「経営の話じゃないから」「本質的にお涙頂戴の話は嫌いだから」。それを聞いて残念に思った。なぜなら経営者は、「経営の話より経営者の話」を学ぶべきだからだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月23日(土) 記憶力が良くなるセミナーの効果

岡崎市の大岡屋が主催する「アクティブブレインセミナー」に参加した。記憶力を良くするの触れ込みだったが、「覚える力が強くなる」よりは「考える幅が広いがる&伝える力が強くなる→自分の可能性が広がる」感じで、とても刺激的だった。コンサルタントして声高に叫んでも上手に書いたつもりでも伝わらないことがある。それを伝える方法を学ぶことができた。講師の三岡大輔先生、ありがとうございます。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月22日(金) 職場に「やりがいのある仕事」を創るには

某社の沖縄支店の管理者研修でモチベーションを上げるには、「仕事のやりがいを高める」必要があるとの意見が出た。では「やりがいのある仕事」とは何なのか。それを問うと‐しレベルの高い仕事 ⊆匆馘や組織的に意義のある仕事 チームの中で重要な役割を担う仕事 ぜ分ならではスキルが発揮できる仕事 ッもやったことがない新しい仕事 などの意見が出た。部下をそのような状況に持っていけば「やりがい」を感じてもらえるのだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月21日(木) 沖縄のマネージャの素直さに感動する

某社の沖縄支店で管理者研修を行う。その中で、入社から今に至るまでの自分のモチベーションの状態をヒストリーにして語ってもらった。すると「○○に異動したときは慣れない職場だったので不安だらけだった」「実は今、自分のモチベーションは最低なんです」など、とても素直に自分のことを話す人が多くて驚いた。そのような状態だとわかれば、当方もいろんなヒントを与えることができる。素直に自分を出せるのは海人の良さかもしれない。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月20日(水) 「良い仕事をしたら次は来る」考えの危険度

8年前、初めて経営計画を作った工務店の社長の話を聞いた。以来順調に成長を続け、先期は売上げ8億を突破。彼は毎年経営計画を作成してきたが、その意義について次のように語った。「父は大工だった。『よい仕事をしていたら次はある』が口癖だった。が、それは右肩上がりの時代の考え方だ。今は良い仕事をしても次はない時代。未来は自分たちで創らないと」。その危機感が攻めの経営の原動力なのだろう。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月19日(火) アジアに行く日本人はアジアで調達せよ

昨日のK社長に、現地での人の調達について尋ねた。するとJAICAなどに求人すれば日本人がいくらでも採用できるという。今の日本社会に合わないのか就職先に恵まれなかった若者がアジアに渡り、そこで職を探す。彼らはそこで就職し、10年先に日本に帰ってくる。そのときは、押しも押されるアジア通になっている。きっと方々から誘われる存在になるだろう。人の運命はそうやって開けるものだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月18日(月) 経営計画書に初めて登場した「世界」の文字

15年前、初めて経営計画書を作成し、以来毎年私のところに経営計画書の草案のチェックを依頼してくるS社長。昨年までのビジョンは自己資本比率50%超の企業にするだった。それを一昨年に見事達成。すると今年の草案には「世界のS社になる」とある。現在中国、ベトナムに計10箇所の拠点を持つが、そこには「タイ」「イスラエル」「南北アメリカ」「アフリカ」などの文字が。その文字を見ているだけでわくわくした。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月17日(日) 震災を契機にソリューションを提供する

照明や電気設備関係の販売会社の社長と、復興需要の話をする。LFDを多数扱う企業であり、その特需で忙しいだろうと思ったが、そればかりではないという。復興需要もあり、この夏はフル生産体制を組みたいメーカーが多数ある。そんなときに計画停電が行われると量産効果が出ないし製品が駄目になる…。そこで、これから無停電システムの販売に力を入れるという。それを聞きながら社長の先を見据えた行動に感心した。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月16日(土) 成り行き経営の社長に学ぶ経営計画書の価値

経営計画を作らず、何事も成り行きに任せていた工事会社の社長の話を聞いた。羽振りがよかったときは豪遊三昧。が、予定外の補修費が発生して以来業績は急転直下。そのとき部下に改善策を求めたが、部下からは何も出てこなかった。このときのことを社長は「経営計画が示されていないのに、何をどう改善したらよいか意見が出るはずがなかった」と振り返る。基準があるから、現実とのズレがわかる。だから改善案が生み出されれる。あるべき姿のないところに改善なし。話を聞きながら改めて経営計画書の価値がわかった。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月15日(金) マネジメントゲームから自分の欠点を学んだ社長

岐阜の縫製業のやり手社長の、マネジメントゲームに初めて参加したときの話を聞いた。彼はそのときすでに現役経営者として成功。よってゲーム前は「俺が負けるはずがない」と自信満々だった。しかし結果は、最下位。悔しくて、今度こそ、と思って2度目の挑戦。が、また最下位。普通の人ならここで切れるが、彼は自分に何が足りないのかを検証。そこで「販売力を高める前に設備投資をして、重い経営になっていた」という、自分の癖に気づく。製造業経営者にありがちな「いいものを作れば売れる」という発想で、販売を軽視していたのだった。「そんな気づきを与えてくれるマネジメントゲームはすばらしい」。なるほど、一流の経営者はゲームからも学ぶのだ

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月14日(木) 金だけ貰っても意味なし。生きがいはどうなる?

放射能汚染で農地や牧場を手放すことになった人たちが報道されている。彼らに対し東電や国は十分な金銭的な補償をするという。その補償があれば、それで食うには困らないだろう。しかし、金を貰ったところで彼らの「生きがい」「働き甲斐」はどうなるのだ?そんな金を貰っても、人生はさびしいままだ。そこにあったはずの「金銭では替え難い生きる意味、価値」を、人災によって奪った罪は大きい。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月13日(水) 八百長力士は犯罪者か被害者なのか

大相撲の八百長問題で、25人の力士が引退または解雇となった。が、そこまでする必要があったのか。新撰組の規律のように、日本人は時に厳しすぎる判定を下し、切腹させてしまうことがある。が、厳しすぎる処分は、組織の末期症状の表れだ。相撲協会は自分たちが本当に腐りきった組織だと自覚していて、彼らは首謀者というより悪習の被害者ではなかったのか。大岡越前ならどう裁いたんだろう。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月08日(金) ロンサルタントはもっとクライアントに寄り添う気持ちを持って

業績は好調だが、部門間に壁がありすぎる。もっとミーティングして、部門間の壁を取り払いたい…そのような手法があれば提案して欲しい。某社の社長からいただいたオファーだ。そこで私なりに考えたプランを提案したのだが、「これだけの時間で本当に壁がとれるかな?」「もっと時間をかけたい…」との指摘を受けた。社長が求める連帯意識は私の想定していたものよりずっと深いものだったのだ。次回再提案するが、初回の面談で社長の想いを掴みきれていなかったことを深く反省した。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月04日(月) 故郷のイメージが塗り替えられてしまう辛さ

福島さん、という人の講演を聞いた。冒頭で福島さんは自分の名前と同じ「フクシマ」が「チェルノブルイリ」や「スリーマイル」と同じくらい世界的に有名になった、と語った。福島のイメージは、今、世界中の人にとって「フクシマ=放射能=近寄れない場所」となり、その臭さに本来の山海の美しさは消えてしまっている。心の中の故郷の景色をも奪われた福島の皆さんの気持ちを考えるとやりきれない。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月03日(日) 『LADY〜最強のプロファイリング〜』を観て

1〜3月中に撮り溜めていたTVドラマ『LADY〜最強のプロファイリング〜』を観た。人間の心理の複雑さを題材にした気味の悪さはあるが、しっかりと創り込まれた良いドラマだった。特に登場人物の「命を守る」ことを第一に考えるプロ意識が美しい。こうした純粋な市民第一意識が、保身的な組織第一主義を打ち破る。この小さな一歩一歩の積み重ねが市民が進歩する唯一の方法である。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月02日(土) シンガポール人が描く復興後の姿に希望を抱く

 「シンガポール華字紙・聯合早報」に、これからの日本を示唆する一文が掲載されていると友人が教えてくれた。

 『マグニチュード9.0の大地震と津波、原発事故は日本の歴史を変える大事件となった。
 それは19世紀の亡国の危機や第2次大戦の敗戦と比べても、決して引けをとらない。90年代のバブル経済崩壊後、「日本の時代」と言われた輝かしい時代は幕を閉じた。
 日本のその後の20年は経済の低迷、政治の不安定、社会の保守化が続き、有識者が何度も危機感を持って日本を再興しようと呼び掛けてきたが、効果はなかった。だが、今回の震災が日本人にもたらしたのは「危機感」ではなく、「実際の危機」だった。

 では、今回の震災は日本の政治にどんな影響を与えたのだろうか。
 震災前は虫の息だった菅直人内閣に盛り返しのチャンスを与えた。だが、数年後に再建を果たした日本では「どんな国づくりをしていけばよいか」という課題が再び浮上すると予想される。
 また、経済的には
 ▽電力不足からエネルギー利用効率の改善が進む
 ▽復興・再建に伴う経済成長が見込まれる
 ▽一極集中が見直される
 ▽日本経済のグローバル化が加速する
 という4つの変化が見られるだろう。
 外交面の変化は
 ▽日米関係の親密化
 ▽日中の国民感情の改善
 ▽日ロ関係が飛躍的な前進
 の3つ。また、安全保障上の脅威に対する定義が見直されるほか、エネルギー安全政策も大きく転換するだろう。
 
 いずれの角度から見ても今回の震災は日本という国の方向性を大きく変える事件となったことが分かる。日本がこの危機を利用して明治維新や第2次大戦後の復興に次ぐ、3度目の奇跡を成し遂げることを願っている』。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2011年04月01日(金) 女性の部下に「命がけでやりなさい」

 どうしても取りたいコンサル案件があった。6社コンペ。その中には前年受注企業も含まれている。3月頭に担当の部下と面談し「何が何でも取りに行く」と発破をかけた。しかし、彼女は「見込みは薄い」と弱気な発言。そこで「ここで取れるかどうかであなたのキャリア形成が天と地ほど違う。あなたの興亡はこの一件にあり!」とプレッシャーをかけた。そして、先方が望む結果に対し、当社だからこそ提供できる付加価値を2点に絞り強調するよう指示した。
 以来、彼女の形相が変わった。数日後、彼女は私に一次案を見てもらいたいといった。突込みが甘い点が多々あった。いくつか修正ポイントを指示。その後、企画書の提出とプレゼンが行われた。
 そのコンペの結果が出た。受注。部下が命がけの戦いに挑み、報われたのが嬉しかった。
 が、彼女は至って冷静だ。これから訪れる大変さがわかっているのだろう。その慎重さが彼女をより輝かせていく。そのことも嬉しい。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


酒井英之 |MAILHomePage
My追加