V字経営研究所・酒井英之の4行日記
DiaryINDEXpastwill


2003年08月31日(日) 美女300人の異様な風景

子供の頃からマスゲームが嫌いだった。運動会の器械体操などを美しいと思ったことは一度もない。五輪のたびにマスゲームが国威を表すなどというが、表しているのは統治者の支配力の強さだけである。全員が一律に応援する姿はそのままあの国の不自由さを象徴しているようだ。PL学園が人文字の応援をやめ、自民党橋本派が分裂する時代。日本では統治力が過去のものになりつつある。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月30日(土) にっぽんど真ん中祭り

名古屋で「にっぽんど真ん中祭り」が開催された。この祭は札幌のYOSAKOIソーラン祭を模したもので、チーム対抗で自由に踊り狂う。多くの祭は神という巨大なエネルギーの持ち主を奉じ、人が謙虚になるために行われる。が、この種の祭は自分の秘めたエネルギーを引き出し発信することが主体。郡上踊りや阿波踊りのように、祭ではなく「踊り」と呼ぶのが相応しい真夏のカーニバルだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月29日(金) 生産性向上研修

生産性向上研修では、作っている15分間はさながら戦争のようだ。そこまで苦労してようやく損益分岐点ギリギリだ。そこでこの研修の人件費の設定を1/30にする。すると6枚も作れば採算が合うのだ。中国の人件費に置き換えたのだが、この大差では効率化で勝つのは限界だ。勝負は高付加価値品か全自動化しかない。製造業が直面する当たり前の課題の壁の高さと重さを、震えながら感じた研修だった。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月28日(木) 生産性向上研修

昨日の生産性改善研修で面白い傾向を見つけた。1回目でリードしたチームは、二回目以降は枚数が伸びず、3回目はいずれも下位に低迷した。逆に3回目に多くの枚数を作ったチームは、総じて1回目の業績は悪かった。ささやかな成功体験が進歩を止め、下位に甘んじた屈辱が新たな改善を生んだ結果だ。これが人間の性だとしたら、トップであっても改善をし続けるトヨタは本当に凄い会社だ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月27日(水) 生産性向上研修

生産性の向上策を考える研修を実施。4人一組のチームが15分間で封筒をいくつ作れるかを競う。1回目はどのチームもせいぜい3枚。そこで作業の効率化を徹底検証。2回目は10枚できるチームが登場。さらに改善を加えて3回目は20枚以上作るチームが出現。折と糊の役目を分担したり、カッティングの過剰品質を抑えたり。半日で10倍以上改善される事実に、人間の知恵の際限のなさに改めて驚く。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月26日(火) 人生のお手本の「あ〜夏休み」

「夏休みは子供と一緒に、2週間北海道東部をキャンプして回っています」。ひとつ年上の先輩からの頼りだ。職業は小学校の先生。長男は小学校1年生。休みが長く取れることも羨ましいが、それ以上に子供と2週間会話し続けることができることに驚く。職業柄子供が何を望み何を考えているのかわかるのだろう。子供とキャンプをしながら旅をする…真似してみたい行為だ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月25日(月) ゴッドハンドの陥る罠

金魚すくい日本一の会社員の不正ばれたことが報道された。この人は3分間で160匹すくった記録の持ち主だが、網を取り替えていたところをビデオにとられて御用。名人と呼ばれ続けるためにやったという。ゴッドハンドと呼ばれることに固執した遺跡発掘詐欺師と本質的には同じ。大会での優勝や、各地に金魚すくい部を創っている地道な人の夢に泥を塗る行為。利己心の代償は大きい。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月24日(日) 夏目漱石:草枕の一節

夏目漱石の『草枕』を再読。「住みにくいところをどれほどか寛げて、束の間の命を束の間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職が生まれ、画家という使命が降る。あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし、人の心を豊かにするがゆえに尊い」。私は芸術家ではないが書いた本の売れ行きが気になるチッポケなモノ書きである。私の本は読者を豊かにしているだろうか。猛省する日々。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月23日(土) さようなら愛しのwin95

パソコンも買え時だと思い、数日前に新機種を購入。ただしセットする暇がなく部屋に箱ごと積んで一週間。すると突然古い機種がセミのような音と嫌な臭いを発して壊れてしまった。「次」が来たことを知って、自らの死期を悟ったとしか思えない最期。デジタルの権化なのにいつしか情が移るのがパソコンという商品の不思議さだ。この先、廃棄するが心苦しい。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月22日(金) ミラコスタのエネルギー

ディズニーリゾートに遊ぶ。真夏日に一日遊びまわってホテル・ミラコスタに戻ってきたときはもうクタクタ。ところが、ロビーを通り自分の部屋にいたるまでの間に無性に元気が出てきた。私だけでなく一緒に行った人たちもそうだから、これはミラコスタの力なのだろう。来店者の疲れを癒し、新たなエネルギーを呼び覚ます空間。素人にはわからない、確かな仕掛けがあるに違いない。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月21日(木) できる社長のダメ押しの一言

新事業を模索する某社の役員会議。ショウルームを見た後で「こんな方向なら可能性があるのでは?」と語ると、社長は「そういう発想は無かった、いいことを聞いたぁ」と唸り、しばしその可能性を協議。「なんだか行けるそう…」となったところで社長は、「私が一番怖いのはこの話を皆が『ああ、いい話をした』と言って忘れてしまうことだぁ!」とグサリ。マネジメントを知る人は言うことが違う。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月20日(水) 現実化する水島新司の世界

松坂/斉藤/杉本/和田/清水/岩隅/新垣…パリーグの防御率ベスト10の顔ぶれだ。余りにも若くてイキの良いメンバーがずらりと並んで感動してしまう。水島新司が描いく魅力爆破のパリーグの世界が現実になったようだ。ベテランがFAでセやメジャーに移ったこともあるが、暗い世界を明るくするのは何といっても若い力。水泳・陸上・体操でも同じことが生きている。企業もかくありたい。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月19日(火) メール言葉にご用心

部下が上司に宛てたメールがCCで送られてきた。その中で彼は自分のことを「小職は…」と綴っていた。違和感を覚え辞書で確かめてみると小職=官職にある人の謙称 とある。偉い人が謙遜して使う言葉なのだ。それをヒラ社員が使えばかえって自分を大きく見せているようで逆効果だ。直筆の手紙なら、彼はもっと言葉を選んだだろう。メールは我々の日本語のレベルを確実に落としている。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月18日(月) だめじゃない!お父さん

昨日のSASのコンサートで数列前にいたのは、私と同じ年くらいの両親と中学・小学生くらいの親子。古い曲が連発されている間、オールドファンの父親はノリノリ。ところが、子供たちは総立ちの中で椅子に座り込んでいた。子供たちが立ったのは最近の曲の時のみ。きっと「つまらない」と感じたことだろう。いくら好きでも、親は自分の趣味を子供に押し付けてはいけないのだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月17日(日) ありがとう!サザンオールスターズ

サザンオールスターズ25周年記念コンサートに行く。ここ数年は行くたびに「昔からのファンだけを集めたコンサートやってくれないかな…」と愚痴っていた。というのもオールドファンが聞きたい古い曲が余り出ないからである。ところが今回は、30数曲の半分以上が古い曲。、若いファンは知らない歌ばかりだったろうが、おじさんにはもうたまりません。その心根に感動してしまった。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月16日(土) スケールの大きな遊び

田舎で虫取り。夜半に採石場を経営する叔父が採石場に野球のナイター並みの電灯を灯してくれた。すると、来るわ来るわのクワガタムシ。木に蜜を塗った私の罠なんか比較にならない数をあっという間にゲット。3年前にはショベルカーで川をせき止め、岩魚を大量に採ったこともある。田舎の人はすることのスケールが大きいが、大きなことをするときの協力。その集団作業も実に楽しい。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月15日(金) たいしたことねぇじゃん

東京から来た遠い親戚に、叔父が私が最近当地区のニュースTV等に出ていることなどを喧伝した。その親戚は「ほう」と関心したような顔をしたが、「その割にはたいしたことねぇな」と一言。多くの人は目の前の人物がどの程度のものか、数分も一緒に居ればわかる。私など、所詮は「運の良いおぼっちゃん」に過ぎない。まだまだ苦労が足りない、と改めて自覚した。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月14日(木) 家を創るといふこと

白川郷に住む叔父が家が落成したので観に行く。設計に3年、建築2に年費やしただけに柱や梁、建具、家具等ひとひとつに、叔父夫婦の「こだわりの物語」がある。叔母はかぶれながらも、3ヶ月かけてフローリングに自分で漆を塗った。地元の名物・茅葺き屋根の一部も壁に巧みに組み込まれていた。家を作ることは自分と向き合い自分の考え方や生き方を形にする行為なのだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月13日(水) もうクラブが握れない…(涙)

2年ぐらい前からゴルフをすると両手がパンパンに張れるようになった。皮膚が過敏になったためで、今日のゴルフでも14番くらいからウッドが握れずアイアンでティーショットを打つはめに。私がゴルフをしているその時間、息子はアマゴ釣りに挑戦し釣り上げたと大喜び。ならば私も釣りに興じれば良かった…趣味は自分のライフステージに合わせて選択してこそ充実するものなのだろう。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月12日(火) 雨ニモ負ケズ(宮沢賢治)より

「…そういう者に私は成りたい」。宮沢賢治の『雨ニモ負ケズ』の一節。七田式右脳開発の中で様々な古典や漢文等を暗記させるのだが、その中にこの詩があり、つくづく宮沢賢治の凄さを感じた。私も含め最後を「…そういう者に私は成りたい」で締めくくれる詩を書ける人がどれほどいるのだろう。そういうことをハッキリと言えることが人物を大きくし、人生を豊かにすると改めて思った。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月11日(月) 「家庭サービス」という言葉

家族と一緒にプールに行き、外食をする。カミサンからお礼を言われたので「今日一日家庭サービスなので」と返した。が、直後に自分でハッとした。「家庭サービス」とは何と醜い言葉だろうか。休日に子供と一緒に過ごすことは親として当然の行為。それを、自分を犠牲にして奉仕している意味の「サービス」と呼ぶのは何ともおかしい。妙な子供が増えしまう原因は父親のこんな意識に原因がある。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月10日(日) より道(道草)が人を育てる

思わぬ理由で大型案件を失注した。口惜しいが、ここはひとつ考え直し、「ここらで少し道草をせよ」と神様が言ってくれているんだと考え直すことにした。勢いに乗ったらどこまでも行く。それも大切だが、このまま仕事に追い立てられてばかりいると、機能面ばかりが光る機械的な人間になりそうだ。適度の遊びを取り入れながら、己の好奇心を満たす時間も作る。僅かな暇はそんな時間にしたい。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月09日(土) 被害を最小限に留める道具

台風10号で土砂災害に見舞われた三重県藤原町。ここでは土石流センサが作動して、全員に警報が発令。多くの人が避難できた。逆に熊本の水俣市の土石流災害では、土石流が発生してから避難勧告まで1時間もかかっている。FAXなどによる手作業がベースだったことが原因。災害は一瞬を争うスピードが命。自治体はセンサ→携帯のような飛び道具の積極活用を考えて欲しい。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月08日(金) 吉川英治の重い言葉

『武蔵』で沢庵和尚が又八にこういった。「商売がうまく行ったからといって人間が大きくなったように思うなよ。小さいものを大切にする心が人間を大きくするのだ」。この瞬間、前にいたカミサンが振り返ってニヤリと笑った。私も和尚の言葉の重さに圧倒されて仰け反っていた。家族、困っている人、小さな約束、小さな夢…こうしたものを大切にしている人は確かに強いし、大きい。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月07日(木) コンビニとカフェの並列店

CVSとカフェの並列店がオープンした。早速行ってみたがCVSで買ったものをカフェ内で食べられるわけではなくガッカリ。単に並んでいるだけならCVSとGS、レンタルビデオ、キンコーズ、惣菜店の例があるが…こうした並列型はどれも今いち。好調なのはCVS内部にカテゴリーとして取り込むか、大型施設の中にCVSを取り込む方法。CVSは社会のインフラ。並べる相手ではないのだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月06日(水) 吉良温泉の大ウソ

吉良温泉が何年もの間、温泉ではなく水道水を沸かして営業していた。壊れたポンプを修理する金がなかったのが原因。老舗温泉が何という失態だろう。近隣は都心型の温泉が急増。対する地方の老舗は一泊二日ツアーで前年対比30%増とようやく盛り返してきたばかり。なのにこんな根本的なところで嘘をついていては、リピート客の足は遠のく。ブランドは嘘を付いたら終わりなのだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月05日(火) あなたの専門分野は何ですか?

講演会や研修等で、お客様のニーズに応える日々。気が付くと9月の平日のスケジュールはすべて埋まっていた。しかし、言われたことばかりに応じていると何かを見失いそうである。コンサルタントにとって最も大切な専門性とは自分で求め、自分の力で深めていくもののはず。「ご要望に応じ何でもやります」は何にもできないことの裏返し。自分の底の浅さは自分が一番よく知っている。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月04日(月) 聞いて心が痛くなる

広島の原爆記念公園の千羽鶴が放火され、犯人が捕まった。犯人は関学の学生という。鶴を折り、糸通しした人の想いが少しも想像できないのだろう。この国が唯一の被爆国であり、今新しい核の脅威にさらされていることなど彼にはどうでもよいことだったに違いない。自分が置かれた環境に意識のない者は、一流大学を出ても文盲と同じ。平和ぼけどころか平和病である。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月03日(日) 当てにされているうちが花

学校は夏休みだが、私は全く休みがない。帰宅しても持ち帰り仕事の処理ばかり。パソコンに向っていると2人の子供が寄ってくる。忙しいばっかりで構ってやれない親父にそれでも何か期待しているのかと思うと切なくなる。イチローや石井、松井など有名野球選手の生い立ちを振り返ると、父親が一生懸命子供をサポートしている。自分を犠牲にして共に生きる。その方が余程人間らしい。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月02日(土) 暑いけど寒すぎる

余りに暑いので上着を着ずにYシャツだけで出勤したら寒い寒い。列車の中の冷房が寒い。客先の応接は冷房が効きすぎて寒い。昼食で入ったレストランもクーラー風がダイレクトで寒すぎ。タクシーも寒すぎて窓を開けて暖をとったほど。内と外、出入りするたびの体温調整でクタクタだ。推奨の「28℃」ではなく、どこも22〜23℃。環境・省エネという感覚は全然定着していない。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2003年08月01日(金) 経営者がもとめる風圧

間もなく売上が300億円以上になろうとするベンチャー企業の社長。1000億円以上の経営者に直接会って話をしてみたいという願望をお持ちだ。「そういう偉人だけが持つ『風圧』を受けてみたい」という。売上1000億円は、数百億円から拡大していく過程で、経営者としての並々ならぬ葛藤があったはず。社長はそれを学びたいという。現在に慢心せず向上心を失わない。こんな社長の力になりたい。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


酒井英之 |MAILHomePage
My追加