みのるの「野球日記」
==すいません、ちょっと宣伝です==

●『中学の部活から学ぶ わが子をグングン伸ばす方法』(大空ポケット新書)

新刊が発売になりました。
しらかし台中(宮城)の猿橋善宏先生の
指導法などが掲載されています。
詳しくは、大空出版HPをご覧ください。
http://www.ozorabunko.jp/book/gungun/

●『グラブノート』(日刊スポーツ出版社)
BBA梅原伸宏さんのグラブ本。構成を担当しました。
親指かけ・小指かけの結び方、グリスの入れ方など、
グラブをよりよくするための方法が書かれています。

*ツイッター始めました
@mino8989 です。

2008年07月30日(水) 全中情報(2)北信越組み合わせ決まる

 全中予選となる北信越大会の組み合わせが決まりました。優勝チームのみが、全中出場となります。

<1回戦>
ヽ野市立永明中(長野2)vs富山市立呉羽中(富山2)
白山市立松任中(石川3)vs上越市立直江津中(新潟2)
七尾市立香島中(石川2)vs鯖江市立東陽中(福井2)

<準々決勝>
星稜(石川1)vs,両ー
福井市立進明中(福井1)vs△両ー
長岡市立東北中(新潟1)vs箕輪町立箕輪中(長野1)
射水市立新湊西部中(富山1)vsの勝者

 全日本予選では金沢市大会で敗れた星稜中。夏の中体連では苦しみながらも、県大会を制し、北信越にコマを進めてきました。
 2枚の好投手がいる箕輪中も注目。福井を制した進明中のバッテリーもいいようです。

 日程等、詳しくは「野球小僧ハロー君」をごらんください。
http://www.nsknet.or.jp/~hellobc/index.htm
 8月5日開幕です。



2008年07月28日(月) 全日本情報(15)組み合わせ決定!

 全日本少年軟式野球大会の組み合わせが決まりました。
 8月5日〜8日まで、横浜スタジアムで開催されます。
 詳しくは、
 http://www.jsbb.or.jp/game2008/j-h-school/index.php

<1回戦>
_山クラブ(岡山)vs相武台フレンズBC(神奈川)
∧殿クラブ(兵庫)vs弘前五中クラブ(青森)
1眸クラブ(鹿児島)vsNBAトレジャーズ(群馬)
いΔ襪淹堽あげな中学校クラブ(沖縄)vs奥越クラブ(福井)

ダ瑤丘中学校クラブ(横浜市)vs高知中クラブ(高知)
四日市桜中クラブ(三重)vs陵南中クラブ(山形)
Т筝沢クラブ(北海道)vs門川中野球クラブ(宮崎)
和歌山クラブ(和歌山)vs船橋ポートジュニア(千葉)

 今年は例年以上に選抜チームが多い印象。
 内訳を見ると、選抜(7)、野球部(8)、軟式クラブ(1)。

 素晴らしいチーム&逸材クンに出会えるのが、いまから楽しみです!

 甲子園&関東大会(中学)と思い切り重なるのが悩みどころ…。



2008年07月20日(日) 全中情報(1)長野・高森中が全中、一番乗り!

 8月19日から22日まで長野県で開催される、今年の全中。

 開催地・長野県でははやくも代表が決まった。7月19日、20日に、参加12チームによる県大会が開かれ、高森町立高森中が昨秋県大会の覇者・箕輪町立箕輪中を5−1で下し、全中出場の切符をつかんだ。

 準々決勝以降の結果は、次のとおり。

<準々決勝>
高森中1−0塩尻西部中
永明中2−1依田窪南部中
若穂中4−1浅間中
箕輪中5−0旭町中

<準決勝>
高森中4−3永明中
箕輪中3−0若穂中

<決勝>
高森中5−1箕輪中

<3位決定戦>
永明中4−2若穂中

 準優勝の箕輪中と、3位決定戦を制した茅野市立永明中が、北信越大会に出場する。

〜〜〜

 なお、全中の組み合わせは(びっくりなことに!)すでに決まっている。
 全中を目指しているチームは、組み合わせを見て、イメージを膨らませておきましょう!

<1回戦>
‥賈迷萋鸞緝州s中国第一代表
九州第一代表vs関東第三代表
E豎ぢ莪貘緝州s開催地・高森中
ご愿貘萋鸞緝州s近畿第一代表

ニ命越代表vs東海第二代表
Χ甬β萋鸞緝州s東北第一代表
Щ郵饌緝州s関東第一代表
╋綵B萋鸞緝州s北海道代表

〜〜〜

 他県はどうなっているかというと、まだほとんど調べていないが、分かっているところでは、

★石川大会・準決勝
松任中vs香島中 星稜中vs押水中

★高知大会・準決勝
城北中vs高知南中 明徳義塾中vs朝ヶ丘中



2008年07月19日(土) 明石商ベスト4、川崎北ベスト16入り

 午前中、横浜市立市場中で行われた横浜市大会4回戦、生麦中vs市場中を観戦。
 両チームのエース左腕は、今年の横浜市を代表する左腕といわれており、予想どおりの投手戦に。4回表に犠飛で1点を取った生麦中が、1−0で逃げ切った。生麦中の左腕、なかなかのデキだった。
 
 試合後、応援団に挨拶したあと、泣き崩れた市場中の選手たち。中3の夏にこれだけ泣けるのは素晴らしい! 生麦中とは春の市大会でも戦い、敗れている。「夏こそ!」の想いは相当強かったと思うがかなわず。この悔しさを高校で晴らしてほしい。

〜〜〜〜

 横浜市大会を見たあと、急いで横須賀球場へ移動。着くとすぐに、高校野球・神奈川大会3回戦、第二シード・横浜商大vs川崎北がプレーボール。3回戦屈指の好カードのためか、外野が開放されていた。

 結果から先に書くと、
川北 0001200002|5
商大 0010100100|3
(延長10回)

 焦りや緊張から、お互いにミスが出たが、最後の最後までもつれた好ゲームだった。
 試合後、川崎北・佐相眞澄先生に、「勝因は?」と訊くと、「落合を隠せたことかなぁ」。落合とは、この試合の6回から登板し、最終回まで投げぬいた右サイド・落合翔のこと。
 組み合わせが決まったあと、佐相監督は「商大まで、落合を隠したい」と話していた。選手にも、「落合を隠して戦うぞ」と。落合は冬を越えてから急成長を遂げており、春の練習試合でも結果を残していた。佐相監督の信頼は厚い。

 その言葉どおり、初戦は田中良季―滝口雄、2回戦は田中―滝口―目黒雄斗の継投で勝利をモノにした。商大の偵察隊が見ていることを頭に入れて、あえて見せなかった球種、配球もあった。
 当然、落合の存在は、商大首脳陣も知っていただろう。データも十分に仕入れていたはずだ。それでも、「隠すぞ」といって、そのとおりに勝ち上がり、プランどおりに商大戦を迎えられたのは気持ちの面で大きかった。

「投げたくてしょうがなくて…。今日はあまり調子がよくなかった」と話す落合だが、5回を1失点。十分な働きを見せた。
 落合は相模原市立新町中の出身。菅野(東海大相模―東海大)、長谷川雅宜(日大藤沢―中央大)らの1つ後輩になる。佐相監督の指導に惹かれて入部し、当初は野手をやっていた。ショート、サード、セカンド…、内野がダメになり、外野にコンバートされ、二年秋には投手兼外野手という立場に。冬練習では、全体練習の前に来て、タイヤ押しをするなど、必死に練習を重ね、いまの居場所をつかみとった。
「落合はほんとによく練習する。一番成長したのはアイツじゃないかなぁ」と、佐相監督もその努力を認めている。
「こんなところで投げられている自分が信じられない」と、落合はしみじみと語っていた。

 今日は、田中(3回)、滝口(2回)、落合(4回)という投手継投。
 田中の調子はよかったように見えたが、佐相監督はスパッと交代した。大エースがいれば別だが、「私学には目先を変える」「最初から責任イニングを与えたほうが、力を発揮できる」という考えのもとの継投だ。

 打線は絶好調とはいえないが、10安打で5得点。
 延長10回、2アウト一、二塁の場面では、この夏初打席の比嘉が2−3からファウルで粘り、貴重な四球を選んだ。そのあと、「四球のあとの初球は必ず甘い球がくると思っていた」という塩田が初球のストレートを振りぬき、決勝の2点タイムリーを放った。
 
 次戦は川和vs淵野辺の勝者。勝てば、ベスト8入りとなる。

〜〜〜〜

 試合中、携帯で西兵庫大会の速報をチェック。6回まで負けていた明石商が逆転で竜野中に勝利。いやぁ、狭間先生すごすぎます!!
 この日記を読んでいる方であればご存知かと思いますが、狭間善徳先生は明徳義塾中で4度の日本一を成し遂げている指導者。2006年から明石商に移り、07年夏の大会後に明石商の監督に。秋にベスト8入りを果たしていた。春はシードを逃したが、この夏、快進撃を見せている。そのスコアを見ていると、狭間先生の野球のすごさを感じる…。

■1回戦
相生 000100000|1
明商 00002000/|2

■2回戦
飾工 000000100|1
明商 00100010/|2

■3回戦
明商 100005002|8
佐用 002000000|2

■4回戦
明南 000003000|3
明商 00101200/|4

■準々決勝
龍野 101000000|2
明商 00000012/|3

 5試合中4試合が逆転勝ち。さらに6回以降の強さが目立つ。試合前半に相手の弱点を見つけ、後半に生かしている…としか思えないのだが。
明徳義塾中時代から、相手の弱点を見抜く力は、とてつもないものを持っていた。試合前夜は睡眠3〜4時間は当たり前。弱点が見つかるまで、ビデオを見続けたという。おそらく、いまもそういう日々を送っているだろう。
 サインを見抜く力もあった。試合の序盤に、相手監督のサインを丸裸にしてしまうことも珍しくない。

 西兵庫大会は優勝候補に挙げられていた、東洋大姫路、社が敗れ、さらに市川、日生学園第三が敗れ、ベスト4はすべて公立。明石商、洲本、加古川北、北条。すべてのチームに甲子園のチャンスがある。




2008年07月15日(火) バスターエンドラン(横浜vs日大藤沢)

★神奈川大会2回戦 in保土ヶ谷球場
横浜 4010001|7
日藤 0000000|0

 2回戦屈指の好カードは思わぬ大差がついた。
試合後、「初回の4点が重かった」と山本秀明監督が振り返ったように、初回で決まってしまった。

 日藤、先発の鹿毛東次郎が乱れ、死球、バスターエンドラン(安打)、死球でいきなり無死満塁。すべて初球で、たった3球での無死満塁。時間にしたら、2分ちょっとで起きた展開だった。その後、押し出し四球(1点)、内野ゴロ(1点)、ワイルドピッチ(2点)で4点。

 ポイントになったのが、バスターエンドランだった。死球のあとの初球に仕掛けた渡辺元智監督の采配も見事だったが、2番に入った、1年生の大石竜太のバッティングも見事。初めて迎える夏の大会の第1打席で、これ以上ない結果を残した。
 大石に聞くと、サインはバスターエンドラン。ただし、打つのはストレートだけ。変化球は見逃して、一塁走者の盗塁が優先となるサインだった。
「ピッチャーとキャッチャーのクセが分かっていましたから」と、涼しげな渡辺監督。けん制のクセや、ウエストをしてこない根拠があったのだろう。

 大石の打球は、ショートの定位置だった。しかし、ショートが一塁ランナーの盗塁に対応するために、二塁ベース方向へ動いていた。誰もいなくなったところに、大石は打ち返した。
「日藤のビデオを見て、盗塁のときはショートが二塁ベースに動くのが分かっていました。そこに打つ練習をしていて、あれは狙ったとおりです。自分ではバントだと思っていたので、ちょっとびっくり。でも決められて良かったです」
 まだ入学して、4ヶ月の大石。顔は中学生みたいだが、プレースタイルは玄人好み。いきなり、2番ショートで起用される理由がわかる。
 
 大石は7回にもピッチャーとファーストの間に、絶妙なセーフティーバントを決め、7点目のホームを踏んだ。ここでのコメントにも野球センスの高さがみえる。
「セーフティーバントは序盤からやると警戒されるので、大事なところまで取っておこうと思っていました。狙いどおりです」
 恐れいりました…。

 渡辺監督は「大石がいなければ、こういった試合展開になっていなかった。地味だけど、いい仕事をしてくれた」とベタ褒めだった。

 対する日藤は、左バッターが並ぶ横浜打線に対して、インコースを徹底的に攻める狙いが感じ取れたが、実行することができなかった。
 打線は、横浜のエース土屋健二の高めストレートに手を出してしまい、攻略できず。7三振はすべて空振りで、そのうち5つが高めのボール球だった。
 渡辺監督は、「日大藤沢は軸足のヒザが折れる選手が多く、ローボールヒッター」。高めに弱いことを事前に見抜いていた。

 
 日大藤沢には、大石と湘南クラブ(ボーイズ)でチームメイトだった選手が二人出場していた。小林諭尚が1番セカンドでスタメン、島仲貴寛がキャッチャーで途中出場を果たした。
 大石は「めちゃくちゃ意識していました。一昨日、連絡を取って、お互いのチームのことを話して。これからはずっと敵同士。お互い負けずに頑張っていきたい」
 当時のエース森大貴は桐光学園に進み、ベンチ入り。湘南クラブ、すごすぎます。

 ちなみに、彼らが中3の夏、ジャイアンツカップの決勝で負けたのがジュニアホークス(大阪)。豊富な投手陣の一角を占めていたのが、いま東海大相模にいる一二三慎太だ。1年生ながらベンチ入りを果たしている。
「体もLサイズ(184センチ85キロ))だけど、態度もL級」と門馬敬治監督。投手向きの性格だ。1年生は例年、5月の終わり頃に投げ込みを行うが、唯一ばてなかったのが一二三だったそうだ。
 5月の帝京との練習試合では、米持の右手にデッドボールを当てて、門馬監督は顔面真っ青になったそうだが…。さすがにこの試合では動揺を隠せず、「L級」の態度が見られなかったもよう。
 7月には佐野日大との練習試合に登板。佐野日大の保護者から、「相模の1年生すごいね。大城よりも大田よりも速かった。144キロぐらい出ていたよ」と電話がかかってきた。
 エース大城の調子がやや不安なだけに、一二三の活躍がカギを握るかも。





2008年07月07日(月) 豪華! 神奈川高校野球監督会、開催

 本日は、横浜スタジアム近くのホテル横浜ガーデンへ。神奈川高校野球監督会に出席しました。
「監督会」の存在は知っていましたが、出席するのは初めて。いままではその名前のとおり、高校野球の監督(および部長、コーチ)による会でしたが、今年は中学野球の指導者の参加もオッケー。それに便乗して(?)、ぼくも参加してきました。

 中学・高校あわせて、140名近い指導者が参加されており、それはそれは豪華! 
会は、監督会の会長である金沢哲男監督(横浜商大)の挨拶のあと、横浜高校・渡辺元智監督、川和中・榎屋剛先生、藤木幸夫会長(神奈川県野球協議会)のお話が続き、水谷哲也監督による乾杯!
 いやぁ、もう、これだけでお腹いっぱいです。

 が、このあとも豪華。
 桐蔭学園・土屋恵三郎 前監督「監督生活を振り返って」
 慶応義塾・上田誠監督「新球種時代の到来について」
 川崎北・佐相真澄監督「中学野球の神様の打撃理論について」
 桐光学園・野呂雅之監督「第87回、89回大会で見せた粘りの野球について」
 東海大相模・門馬敬治監督「堅守と攻撃的な走塁について」
 と、題しての講演が行われました。講演といっても、一人の持ち時間は10分ほど。それでも、勉強になる話しが聞けました。
 上田監督は「この間、うちが負けた相手のエースが、『以前、上田さんに教わりました』というツーシームを投げていて、全然打てませんでした。だから、ここで話をすると、同じ目に遭ってしまうかも…」と言いながらも、ツーシームとチェンジアップの投げ方について、語っていました。

 同じテーブルに野呂監督がいました。
 いつも、クールな印象ですが、今日は饒舌。息子さん(桐光学園2年)との秘話、今年のチームの特徴などを、話されていました。
 途中から、別の場所にいた佐相監督も参加。じつは、野呂監督の息子さんと、佐相監督の息子さんは同じ高校2年生で、ともに親子鷹。監督同士も仲がいいですが、じつは子供は小学生時代からの知り合いで、佐相監督の前任校・東林中に、一緒に来ていました。そこで、佐相監督のバッティング指導を受ける。そんな光景を何度か見かけています。

 出席者全員の挨拶もありました。
 日大藤沢・山本秀明監督は「1つ勝つと横浜に当たる、最高のクジになりました!」。
 抽選会後、6月中旬にお会いしたときも、同じことを言っていました。
「うちのマネージャー、最高! 『横浜を引いてこい!』と言ったら、本当に引いてきたよ」と。さてさて、どんな試合を見せてくれるでしょうか。

 厚木西を強豪に育てあげた濱田雅弘監督とも、初めてお会いしました。ヒゲを蓄えており、怖〜い印象があったのですが、そんなことはなく…! この春から大清水高校へ異動。「部員が少なくて…(たしか、14人か15人)」と言っておりましたが、濱田監督のことですから、何かやってくれるはずです。

 というわけで、熱い会でした!
 南北神奈川はまもなく開幕です。



2008年07月06日(日) 全日本情報(14)北信越、九州、東北Bで代表決まる

 この週末で、代表が続々と決定。

 まずは、北信越大会。
 決勝は、奥越クラブ(福井)が4対2で東部中(石川)に勝利。初優勝を決めました。

 九州では、奄美クラブ(鹿児島)と門川中クラブ(宮崎)が決勝に進み、奄美クラブが6対2で勝利。こちらも初優勝。奄美クラブは奄美地区の選抜チームです。
 準優勝の門川中クラブも、全日本出場決定。

 東北Bは、
<1回戦> 
 男鹿南中(秋田) 1−1(特別延長1−0)三本木中(青森)
 弘前五中(青森) 9−2 北陵クラブ(岩手)

<決勝戦>
 弘前五中 1−0 男鹿南中

 優勝した弘前五中が全日本出場です。



 



2008年07月05日(土) 全日本情報(13)北信越大会1日目 決勝は奥越vs東部中

 本日は福井県営球場で行われた、北信越大会を観戦。
 結果から書くと、

<1回戦>
 鷹施クラブ(富山)4−1欅クラブ(長野 *辰野中が母体)

<準決勝>
 奥越クラブ(福井)8−1宮内中学校クラブ(新潟)
 東部中クラブ(石川)3−1鷹施クラブ(富山)

 明日、奥越クラブ(地区選抜チーム)と東部中クラブの決勝戦。勝ったほうが横浜スタジアムへ。

 魅力的な好選手がたくさんいました。特に、鷹施クラブの1番サード兼ピッチャーの番場駿。エース番号をつけていますが、1回戦ではサードでスタメン。ボールへの反応、スローイングの形、これほどうまい中学生のサードは久々に見ました。
 さらに驚いたのは、卓越した走塁勘。
 ボールを持ったピッチャーがホームベースに背中を向けて、マウンドに戻る瞬間を見逃さずに、サードからホームへ突入。この走塁で、7回表に貴重な4点目をもぎとりました。「得点力」が素晴らしいです。

 準決勝では先発。ストレートはおそらく120キロ台後半?! そのストレートに力負けせずに3安打放ったのが、東部中の3番平田圭祐。3本目はスライダーをおっつけて、ライト前へ。大会前から評判の選手でしたが、なかなかの選手でした。


 < 過去  INDEX  未来 >


みのる [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加