みのるの「野球日記」
==すいません、ちょっと宣伝です==

●『中学の部活から学ぶ わが子をグングン伸ばす方法』(大空ポケット新書)

新刊が発売になりました。
しらかし台中(宮城)の猿橋善宏先生の
指導法などが掲載されています。
詳しくは、大空出版HPをご覧ください。
http://www.ozorabunko.jp/book/gungun/

●『グラブノート』(日刊スポーツ出版社)
BBA梅原伸宏さんのグラブ本。構成を担当しました。
親指かけ・小指かけの結び方、グリスの入れ方など、
グラブをよりよくするための方法が書かれています。

*ツイッター始めました
@mino8989 です。

2008年06月28日(土) 全日本情報(12)神奈川で代表決定、九州組み合わせ

 本日、開催地・神奈川県の代表を懸け、春の中体連チャンピオンの秦野西中vsクラブチームチャンピオンの相武台フレンズの試合が行われました。
 結果は、
 相武台02000002|4
 秦野西00002000|2
 特別延長戦にもつれこむ接戦を、創立3年目の相武台フレンズが制し初優勝。初めての全日本出場を決めました。

 試合は序盤から相武台フレンズが押し気味に進めるも、4回表に無死二、三塁のチャンスを潰すと、流れが秦野西に。5回裏にはピッチャーの継投につけこみ、2四球と内野安打などで2点を取り同点。そのまま、特別延長へ入りました。
 特別延長では、表の相武台フレンズが内野ゴロとワイルドピッチで2点。秦野西中は強攻に出るもつながらずに、無得点でした。

 相武台フレンズはウワサどおりのいいチームでした。能力が高いだけでなく、選手もベンチも元気があり、勝った瞬間は喜びいっぱい。2006年の結成当初から、2年後の全日本出場を目指しており、見事達成。「最低限の目標を果たすことができました」というチーム関係者の声も聞かれました。

 先発して4回7三振無安打に抑えた右腕クン。素晴らしい投手でした。昨秋の時点で、すでに128キロが出ていたそうで、この日はもしかしたら130キロを超えていたかも。それぐらいのスピード感でした。

 チームを率いるのは田口誠監督。
 桜美林のエースとして甲子園に出場し、卒業後は明治大で活躍。明大では武田一浩さんと(元日本ハムなど)同期だったそうです。なお、中学は桜美林中。中3夏の都大会の決勝で明大中野中の武田さんと投げあい、武田さんに軍配。そんな関係もあり、相武台フレンズの練習に武田さんが来ることもあるようです。

 田口監督は、相武台フレンズの監督をされる前は、少年野球を率い、県大会で優勝を経験しています。そのときの主力が、今日出場していたバッテリーら数名。「中学でも一緒にやりたい」という声が多方面からあり、チームの結成に至ったそうです。

 2つ前の松戸国際の日記で、「松戸で生まれ…」と書きましたが、そのあと引っ越したのが相武台。小学校3年生まで相武台で過ごしました。というわけで、「相武台」の名は非常に懐かしいです。

〜〜〜〜

 九州大会の組み合わせも決まりました。
 大会は7月5日から2日間、鹿児島県で開催。上位2チームが横浜へ進みます。
(情報をくださったH様、ありがとうございました!)

<1回戦>
”拗腑ラブ(熊本)−門川中野球クラブ(宮崎)
奄美クラブ(鹿児島)−杵築中クラブ(大分)
B舅唾羈惺察丙寛譟法歙祥家中クラブ(長崎)

<準決勝>
菅生中クラブ(福岡)−,両ー
△両ー圈臭の勝者



2008年06月27日(金) 全日本情報(11)千葉、広島で代表決まる

 千葉は船橋ポートジュニアが優勝し、関東大会出場権を得ました。
 
 広島では波乱が…!
 新チームから負けなしの連勝を続けていた松永ヤンキースが、県大会準決勝で敗退。連勝記録は59でストップ。同時に全日本出場の可能性がなくなりました。
 柳生豊晴監督は「勝ち続けることがプレッシャーになっていました。今年は狙えると思ったのですが」と残念そうな声。野球は分からないものですね。
 優勝は広島スターズでした。

 松永ヤンキースといえば、いまドラフト候補として注目を集めている、東海大相模・大田泰示の出身チームです。そして、昨夏、2番セカンドで甲子園準優勝を果たした広陵・上本崇司も松永ヤンキース。2人は、中学時代、三遊間を組んで、活躍していました。
 そんな2人のライバル物語、青春物語が、7月10日発売の『野球小僧』に掲載されます!

 明日は、開催地・神奈川県の代表が決まります。
 秦野西中vs相武台フレンズ。どちらが勝っても初優勝!



2008年06月26日(木) 松戸国際へ

 本日は千葉・松戸国際高校へ。

 以前の日記にも書きましたが、松戸市立第六中で全中準優勝を果たした石井忠道先生が率いるチームです。石井先生は、松戸六中のあと市立船橋高を5年間指導したのち、昨年から松戸国際へ。
 赴任した年の新チームは何と部員9名。進学校で女子の比率が高く、野球部に力を入れるような学校ではありません。それでも、この春には石井先生の指導力に魅かれ、28名の新入部員が入ってきました。

 4月に練習試合を見ましたが、練習を見るのはこの日が初めてでした。ちょっと、びっくりです。選手の目が輝いていて、グラウンドの空気も生きていました。「うまくなりたい!」「野球が楽しい」という思いが伝わってきました。
 ある3年生くんは、「石井先生は厳しいけど、いま野球が楽しいです」と嬉しそうな顔。石井先生の表情も生き生きとしていて、「グラウンドに来るのが楽しいよ」と話していました。

 この日は、石井先生が市立船橋時代から懇意にしている、トレーナーの宮田トオルさん(お父さんは8時半の男・ジャイアンツの宮田投手!)が来て、選手の体の状態をチェックするとともに、ラダーを使った新しいアップメニューを指導していました。このアップ、なかなかすごい(キツイ)です。ほかの学校では見たことがありません。

 グラウンドには、若いコーチもいました。26歳の猪股学克さんです。青森山田から中央学院大に進み、卒業後はボーイズでコーチを務めたあと、この春から松戸国際のコーチに就任しました。
 コーチになった経緯を聞いて、びっくり。
 石井先生がボーイズの練習に訪れた際、ボーイズの監督と指導法や練習法を話されていたそうですが、その会話の中身を聞いて、「この先生、すごい!」と思ったそうです。そして、翌日には履歴書を持って、「コーチとして勉強させてください!」と、松戸国際のグラウンドへ。いまは夜中3時から昼12時まで市場でアルバイトをしながら、コーチ生活を送っています。

 猪股さん、結構な詩人です。
 アルバイト生活のため、贅沢な暮らしはできません。週に何度かは石井先生が食事に誘っています。最近は、トンカツをご馳走になったそうです。トンカツをお腹いっぱい食べた猪股さんは、「体が喜んでいます」と表現。この言葉の感覚、すごいと思いませんか? 

 松戸国際は夏の大会で、3つ(4つ?)勝てば市立船橋と当たる可能性があります。
 選手たちの目標は、「市立船橋まで勝ちあがって、石井先生を泣かせようぜ!」。
「嬉しいことを言ってくれるよなぁ」と、しみじみと語る石井先生でした。

 あまり関係ないですが、松戸はぼくが生まれた町です。1歳か2歳のときに引っ越しているので、まったく記憶にありませんが…。

〜〜〜〜〜

 石井先生から聞いた情報。
 印旛や柏陵で甲子園出場経験を持つ、蒲原弘幸監督がこの春から千葉県立布佐高校の監督をされているそうです(*あとで調べたらコーチでした! すいません!)。1年生が主体のチーム。好選手が集まっているとのことです。って、もう62歳ぐらいですよね?! お元気ですね。

 それから、修徳高校で部長をされており、定年退職した山崎先生が、昨年から東京・上野学園の監督に。山崎先生は修徳高校時代、横浜の小倉清一郎コーチのような丸っこい体型から、芸術的なノックを打っていました。
 上野学園は女子高から男女共学になり、今年で2年目。野球部に力を入れ始めているようで、これからが楽しみな学校です。



2008年06月22日(日) 慶応・田村復活?!(OP戦・遊学館vs慶応)

 本日は遊学館グラウンドで練習試合を観戦。遊学館vs慶応vs砺波工の変則ダブルでした。
 前夜は、遊学館・山本雅弘監督、慶応・上田誠監督、遊学館&慶応のコーチ陣らと食事会。野球談義に盛り上がりすぎて、ホテルに着いたときは余裕で、日付が変わっていました…。

 山本さん、上田さんともに、以前から取材でお世話になっていますが、とてもマニアックでこだわりの深いお二人。予想どおり、お二人の話は面白いものでした。山本さんの「ネジ理論」、上田さんの「データ収集法」など、勉強になることが多かったです。

 試合です。
 結果から先に書くと、慶応強し。
 慶応 11−1 遊学館
 慶応 10−0 砺波工

 春の大会で得点を取れなかった打線はどこへやら? 鋭いスイングから、ヒットを量産。遊学館戦では、溝口に2ラン、山崎に3ラン。砺波工戦では高尾に満塁ホームラン。しっかりスコアを書いていませんでしたが、2試合で20本以上のヒットが出ていたと思います。
 
 投手陣は、遊学館戦で田村が5回無失点の好投。ネット裏のスピードガンは137キロ。アベレージは130キロ台中盤でした。春に比べると、腕の振りが明らかによくなっていました。先週(先々週?)の練習試合では、140キロを超えていたようです。

 そして、砺波工戦では、入学時から「いいピッチャーだよ!」と上田さんが話していた、2年生の白村がついに快投を披露。7回1安打、無失点。最速は139キロでした。打たれる気配なし。このピッチングがいつもできれば、「3本柱」になること間違いなしですが。安定感に欠けるところが…。

 この日投げなかった只野は、前日の金沢戦で先発完投。6対2で勝利を飾っています。地元では「ゴジラ二世」の呼び声高い、4番の林を内外角の揺さぶりで、完璧に封じ込めました。

 北信越大会の優勝・準優勝チームに対して、2試合とも快勝の慶応。春から、レギュラーの入れ替えもあり、チーム全体の底上げがなされています。
この日の試合を見る限り、前評判のいい桐光学園、東海大相模にヒケを取らないチーム力と感じました。

 敗れた遊学館。練習試合でこれほどに負けたのは初めてのようです。
そんな中光っていたのが、5番キャッチャーの山岸裕介。軟式出身の1年生です。慶応戦では一人、気を吐く3安打。田村のストレート、スライダーに対応していました。
 中学時代は鶴来中の主軸として活躍し、県大会優勝。北信越大会では初戦で、新湊南部中に特別延長戦の末、敗退しています。このとき、新湊南部中のエースだった明は、この日の相手、慶応義塾へ入学。まだマイナーのため、遠征メンバーには入っていませんでしたが、来年、対決があるかも?!
(*山岸のインタビューが、8月10日の『野球小僧』に掲載されます!)

 1番ショートの三木もいい選手です。田村のストレートを完璧にとらえ、センターフェンス直撃の安打を放っていました。
 
 敗戦後、長いミーティングとなった遊学館。夏に向けた調整では定評のある山本さんですから、必ず立ち直してくるはずです!




2008年06月19日(木) 全日本情報(10)栃木、東京、神奈川、北信越

 関東地区の情報です。

 激戦区の栃木では、湯津上村立湯津上中学校が4−2で壬生中学校を破り、初優勝。スタンドインも珍しくない強力打線で栃木を制しました。身体能力はかなり高いようです。

 東京はブラックキラーズが、足立球友会を7−1で下し、優勝。どちらも東京都の軟式クラブを代表する名門チームで、ともに足立区で活動しているチームです。
(ブラックキラーズは、巨人入りした上野貴久投手の出身チーム)

 神奈川ではクラブチームのチャンピオンが決まりました。創立3年目の相武台フレンズです。かなり前評判が高く、優勝候補の筆頭でした。
 先日、東海大相模の門馬敬治監督と話をしたときも、「いいチームだよ」と話題に上りました。
 神奈川の軟式クラブは長年、横須賀スターズ(おばかタレント・上地の出身チーム!)が引っ張っていましたが、勢力図が変わるかもしれません。
 なお、相武台フレンズは、全日本出場をかけて、秦野西中と対戦します。


 北信越では組み合わせが決まりました。
<1回戦>
‖觧椒ラブ(富山)vs欅クラブ(長野)

<準決勝>
,両ー圍s東部中クラブ(石川)
奥越クラブ(福井)vs宮内中学校クラブ(新潟)

*欅クラブは辰野中学校の選手で構成
*奥越クラブは、地区の選抜チーム

 優勝の1チームが全日本出場となります。




2008年06月14日(土) 全日本情報(9)東海地区で代表決まる

 本日は東海大会を見るため、岐阜のアポロン球場へ。アポロン?! この命名の由来は?

 東海4地区の優勝チームが集まりました。
・四日市市立桜中(三重)
・東海大翔洋中(静岡)
・豊川市立西部中(愛知)
・白鳥ジュニア野球クラブ(岐阜 母体は白鳥中)

 東海地区の先生方の前評判では、「桜中と翔洋中がいいよ」とのことでした。決勝は、その評判どおり、桜中vs翔洋中。
 序盤〜中盤は翔洋中が押し気味に進めていましたが、最後の一本が出ず、イヤな展開に。守りの野球を掲げる桜中にとっては、これ以上ない展開でした。そして、7回表の桜中の攻撃。2アウトながら、この試合初めて、得点圏にランナーを送ると、4番がセンター前にタイムリー! この1点を左腕→右腕の投手リレーで守り切りました。

 左腕クンはサイドで、右腕クンは右オーバー。
 監督に話を聞くと、「佐賀北高校をモデルにしました!」とのこと。ほんと、そのとおりで、ほぼ毎試合継投で勝ちあがってきたそうです。左腕クンは、佐賀北の馬場のビデオを見て、フォームを真似したとか。
 たぶん、ストレートは110キロぐらいですが、かなりいやらしいピッチャーです。

 翔洋中は2年生の左腕がほぼ完璧なピッチングでしたが、最後に落とし穴がありました。しかし、この左腕クン、えぐいボール放っています。おそらく、130キロ近いと思います。来年、進路が騒がれることは間違いないでしょう。



2008年06月10日(火) 全日本情報(8)近畿で代表決まる

 近畿の代表チームが決まりました。
 高砂市立宝殿中(兵庫)と和歌山市選抜です。
 宝殿中は2年連続の出場。公立中で2年連続とは、凄すぎます。さすが、「軟式野球王国」高砂の中学校ですね。毎年、部員100名近い、名門校!
 近畿大会では、エース左腕が2試合連続(ダブルヘッター)完封だったようです。

 今週末は岐阜で東海大会が行われます。
 
 北信越大会は7月5日。全チームが出揃いました。
 福井=奥越クラブ
 新潟=長岡市立宮内中
 石川=七尾市立東部中
 富山=黒部市立鷹施主中
 長野=辰野町立辰野中

 辰野中は準決勝、特別延長戦の表に6点を取られるも、その裏に大逆転。さらに決勝では4点のビハインドを終盤にひっくり返しての優勝でした。
 



2008年06月01日(日) 全日本情報(7) 四国、神奈川、石川、新潟など

 四国で全日本の代表が決まりました。
 名門・高知中が、1回戦で小松島中、準決勝で坂出中、決勝で付属坂出中を破り、優勝を遂げました。準決勝では、1点ビハイドの7回表、2アウト満塁からの逆転劇。就任4年目の濱口佳久先生にとっては、嬉しい初の全国大会です。

 敗れましたが、徳島を制して出場してきた小松島中にびっくりです。監督は笠井良幸先生。小松島中を強豪に育てあげ、06年にほかの中学校へ異動。そして、08年に再び、小松島中に戻ってきました。すると、いきなりの県大会優勝!
 小松島高校が甲子園にチラホラと出場していますが、それを支えているのが小松島中の活躍、笠井先生の指導力といってもいいでしょう。

 付属坂出中も素晴らしいですね。勉強重視の国立中学校が、あと1勝で全国出場。中学から野球を始める生徒もいるとか。
 監督の長尾健司先生は、飯山中を率いて04年の茨城全中に出場。06年に異動となりましたが、その年の愛媛全中では飯山中が全国準優勝。長尾先生が2年間指導した選手が、見事な結果を残しました。
「高いレベルを見せる」という想いで、積極的に県外遠征に行かれています。以前、香川でお会いしたときも、1週間前には明徳義塾中に行っていました。
 長尾先生のことですから、四国準優勝では満足していないと思いますが…、夏の戦いを楽しみにしています。


 そのほか、各県の代表が決まっています。
 開催地の神奈川では、春季大会が行われ、秦野西中が初優勝。秦野市勢の優勝は、春夏通じて初のこと。秦野市は、2年前から秦野交歓会を開いたり、秦野選抜を立ち上げたり、レベルアップのために、本気で強化に取り組んでいました。その成果が「優勝」という最高の結果として表れました。
 準決勝では優勝候補筆頭に挙がっていた、相模原市立内出中に1対0で勝利。7回表2アウト満塁まで攻め込まれましたが、好守で接戦をモノにしました。決勝では、横浜市のチャンピオンで、すでに全日本出場を決めている泉ヶ丘中に、2対1のサヨナラ勝ち。ここぞのチャンスでタイムリーが出る、見事な集中力でした。
 秦野西中は6月28日に、神奈川県クラブチームの優勝チームと、全日本出場権をかけて、戦います。

 北信越大会は出場チームがほぼ出揃いました。
 本日、石川と新潟で決勝が開催。
 まずは石川。決勝で七尾市立東部中が、4−3(延長8回)で珠洲市立緑丘中をくだし、優勝。素晴らしい試合だったようです。両チームは能登地区大会の決勝でもぶつかり、そのときも東部中が2−1で勝利。緑丘中のリベンジならず、でした。

 新潟では、長岡市立宮内中が2−0で五泉市立五泉中を破り、優勝を果たしました。宮内中を率いるのは、夏井徳治先生。前任の十日町中で、全中ベスト8の実績を持つ、かなり熱い指導者です。たしか、宮内中に異動して、まだ2年目だったような…。それで、北信越大会出場!
 変な言い方ですが、夏井先生はどこにでも行きます。遠征大好き。3月も千葉のコスモスカップでお会いしました。

 長野も、本日決勝だったと思うのですが、どうなったでしょうか。
 先日、松本でお会いした、小島貴弘先生率いる辰野町立辰野中がベスト4に残っているようですが。

 北信越は、未定の長野をのぞくと
★石川 七尾市立東部中
★新潟 長岡市立宮内中
★富山 黒部市立鷹施中
★福井 奥越選抜(大野市と勝山市の選抜)
★長野 ?

 北信越大会は7月5日、6日に福井県で開催されます。


 < 過去  INDEX  未来 >


みのる [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加