江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2018年01月31日(水) ジャパンライフ事件に思う        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 「ジャパンライフ」が老人を食いものにしてその資産を巻き上げていた事件について、監督官庁であるはずの消費者庁から課長補佐が天下りしていて、業務停止の処分を下すまでの時間稼ぎをしていたことが明らかとなった。この詐欺事件に関して、犯罪に手を貸した課長補佐は重い罰を下すべきだとオレは思っている。最低でも20年は刑務所にぶちこむべきだ。

 被害に遭った高齢者たちは、たとえば一着100万円する磁気ベストを購入してそれをレンタルするということで配当金を得ていたという。100万円の磁気ベストを購入して、そこから例えば月に5000円配当を受け取るとなると、年間で6万円だから利回りは年に6%ということになる。この低金利時代に年間に6%もの利回りを提示する金融商品というのは基本的に詐欺の可能性が高いわけで、オレはその時点で怪しいと思うのだがまあ金融知識のない老人ならだまされるだろう。

 ただ、株式投資の世界では配当と優待をあわせれば利回り6%という銘柄はないこともない。だからこういう高齢者たちはまともな企業の株主になれば少なくとも全財産を失うなんてことはなかったのにと思うのである。

 今でも「ジャパンライフ」のWEBサイトは生きている。おそらくこの詐欺師軍団は類似商法で今度も詐欺を続けていくのだろう。そうした悪徳商法は監督官庁が厳しく指導しないといけないわけだが、今回は消費者庁が指導どころかグルになって詐欺被害者を出していたわけだから始末が悪い。オレはこういう事件の場合は消費者庁の長官にも刑事罰を科すくらいのペナルティが必要だと思うのだ。

 オレは磁気ネックレスとか磁気ベストなんて全く信用しない。オレの母親が「磁気が身体にいい」と人から言われて、使用済みのプリカとかを肌に張り付けていたのを見て「そんなもんは全く根拠がないから無駄だ!」と言ったことがある。そんなもので血流がサラサラになって動脈硬化とかを防ぐとかいうことはないと思っている。

老人の資産を食いものにしてるという点で、振り込み詐欺の連中とジャパンライフ幹部のやってることは同じである。すぐにでも社員を全員逮捕してその詐欺の実態を徹底解明し、資産を明らかにして被害者救済すべきである。やってることはあの豊田商事と同じだということを監督官庁はわかっていたはずだ。それでも指導を遅らせたことの罪はあまりにも大きいのである。これは決して「不作為」の罪ではない。積極的に悪に加担してるのと同じことである。

 もしも国が高齢者の持ってる資産を巧妙に巻き上げたいと思っていて、その手先としてこのような悪徳企業を利用してるのならば、それはそれでたいしたものだと思うのである。しかしこの実態はおそらく木っ端官僚の小遣い稼ぎなんだろう。腐敗役人は中国みたいに死刑にしてもらいたいものである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月30日(火) 老人はもう子どもを殺すな        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 岡山県でまた痛ましい交通事故が起きた。70歳の女性が運転する軽自動車がセンターラインを越えて対向車線の車にぶつかるという接触事故を起こし、そこでパニックになってアクセルを思い切り踏んで暴走して追突、ぶつかった車が吹っ飛んで集団下校の子どもの列に突っ込んだということである。事故の原因はすべてこの70歳の暴走老婆にあるわけだが、老人の事故の大きな特徴がある。それは「軽い接触事故を起こすと頭の中が真っ白になって暴走する」ということである。過去の老人暴走事故というのはたいていこのパターンである。

 高齢者の適性検査にはこうした状況は組み込まれていないわけで、オレが今すぐに改善しないといけないと思うのはそこである。ドライビングシミュレーターで飛び出す子どもの回避や接触事故を体験させ、実車同様の音や衝撃を与えることでチェックすればいいのである。そこで冷静に対処できない人は免許更新を認めないということにすればいい。進化したVR技術を用いて、ドライビングシミュレーターを実車に限りなく近づけて、その上で事故を体験させればいいのである。

 老人の暴走で子どもが殺されるという事故をオレはもう二度と起こして欲しくない。なんでそんな危険な老人に運転を認めてるのか。どうして衝突事故防止装置のついてないクルマを危険な老人が運転してるのか。オレはそれが腹立たしいのである。

 暴走事故を起こしてしまった老人の中には申し訳なさのあまり自分の命を絶とうとする人が出るかも知れない。また事故の被害者が近隣住民であった場合はそのまま同じ土地に住むことができなくなるようなことも起きるだろう。老人が子どもをはねるという事故は双方にとって取り返しの付かないダメージを残すのである。だからこそ二度と起きないように工夫しないといけないのだ。

 警察も老人が運転するクルマをどんどん取り締まるべきだ。たとえば高齢者標章をつけたクルマでバンパーにこすった跡がある場合、それは事故予備軍である。停止させていろいろと質問し、まともな答えができないなどで認知症の疑いのある場合はそのまま逮捕すればいい。

 もしもオレの子どもが老人の暴走で命を奪われるようなことがあればオレは断じてその老人を許さないだろう。ただ被害者はその怒りをどこにぶつければいいのか。仮に暴走老人を死刑にしたところで、失われた子どもの命は取り戻せないのである。それでもオレがもしも子どもの命を暴走老人に奪われれば、オレは加害者の老人を目の前にして平静でいられる自信はない。おそらく気が済むまで殴り続けるだろう。

 高齢者の免許更新にさまざまなハードルを設けて簡単に更新できないようにするという仕組みは絶対に必要だ。あと、煽り運転とか飲酒運転するDQN運転者から免許やクルマを没収するということもぜひやってもらいたい。剥奪されたDQNが無免許で運転すれば死刑という仕組みも必要だ。どんな高級車に乗っていても、飲酒運転すれば車両没収されてヤフオクで売却され国庫に納入される仕組みをぜひお願いしたい。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月29日(月) UFJ、悪魔のぼったくり        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 三菱東京UFJ銀行が、4月2日から両替の手数料を改定することを発表した。オレはその内容に驚いている。とてつもないぼったくりなのである。商売で釣り銭を用意しないといけない個人商店などはこんなことをされたら大打撃である。ふざけるな!と言いたいのである。

 窓口で両替する場合、以前は50枚までは無料だった。51枚以上は324円という手数料がかかった。窓口ではなくて両替機を使う場合、UFJのキャッシュカードを持っていれば500枚まで無料で両替できたのである。何枚ものキャッシュカードを使って大量の両替をしている人を目撃したことがある。両替なんかでゼニが減ってはたまらないので、庶民はそうして防衛していたのである。

 ところが改訂後はキャッシュカードの持ち主が無料で両替できるのは10枚までということになるのである。11枚以上は「お取り扱いできません」とある。なんということだ。

 例えばオレが年末にお年玉用の新札を必要とする。オレのような貧しい庶民が両替機を利用するのは年に一度のそういう時くらいである。2万円を崩して千円札を10枚、5千円札を2枚ゲットしようと思っても、11枚以上は取り扱いできない。この場合、両替後の枚数が12枚になるのでアウトである。

 大量に両替したい場合、両替機専用カードに手数料をチャージして、それで行うということになるわけだ。この専用カード、一日に一回は無料で両替できるがそれも10枚まで、つまり普通に両替したい場合はどうしても手数料をぼったくられるということなのである。手数料は10枚までは200円、11〜500枚で300円、501〜1000枚で600円ということになっている。実際の両替の場合にこの手数料を含めたらどれだけかかるか試算してみよう。

 たとえば1円玉が100枚必要だとする。その場合の手数料は11〜500枚という料金が適用されるので300円である。両替の原資としての100円に、手数料の300円を払うと400円かかるのである。1円玉100枚を手に入れるために、なんと400円も払わないといけないのである。むちゃくちゃである。

 金利が下がって銀行は預金に利子をごくわずかしか払わなくてもよくなった。資金を調達するコストがほぼゼロになったのである。ところが銀行の連中はカスばかりだからそのゼニをうまく増やす方法を知らない。国債を買っても自民党の低金利政策のためにほとんど増えない。中にはスルガ銀行みたいに「かぼちゃの馬車」という詐欺ビジネスに協力して積極的に貸し出す悪質な銀行も出てくる。2015年以降の相続税法改正で、高齢者に無理にアパートのオーナーにならせて借金漬けにして土地や財産をむしり取るというハイエナ銀行も増えた。サラ金をつぶして子会社にしてその利益を囲い込むだけでは銀行の悪徳ビジネスは終わらなかったのである。

 都市銀行はいずれ横並びで口座維持手数料を請求するようになるだろう。そうなると庶民はタンス預金するようになるかも知れない。世界の流れがキャッシュレスに向かってるのに、日本だけは世界に逆行してタンス預金が増えるという馬鹿げたことが起きるのである。

 UFJのこの両替手数料のぼったくりにオレはあきれている。このクソ銀行との付き合いもそろそろ見直すしかないのだろうか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月28日(日) 仮想通貨にハメこまれた人たち        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan


 仮想通貨取引の仲介業者である「コインチェック」が大量の仮想通貨NEMを盗まれるという騒ぎを起こした。コインチェックは今回の事件に関してすでに金融庁に報告していて、近く行政処分も行われるという。昨年から1年間の間に20倍にも値上がりしたビットコイン価格も年末から暴落し、多くのビットコイン長者を生み出した一方で、遅れてきた参入者は巨額の損失を出して撤退することとなった。

 さて、オレはビットコインを買うこともなく、今回の騒ぎにも巻き込まれることもなかったわけだが、最初からこういうバクチに手を出す気はなかった。それはなぜか。株式ならそれは企業活動に投資するものであるし、為替取引は一国の通貨の価値に対して行うものである。しかし、ビットコインの価値というのは最初から存在せず、すべてがバーチャルなものであると感じていたからだ。誰かが「価値がない」ことに気がついて売却したとき、後は単なるババ抜きゲームになってしまうのである。

 昨年暮れ、ビットコインの価格が大きく上昇したことが話題になった頃、突如テレビでビットコインなどの仮想通貨を扱う業者のCMがひっきりなしに流れるようになったのである。ビットフライヤーとか、コインチェックとかがいろんなタレントを起用してしつこいほどにCMを流した。オレはこの時「ハメこみが始まったなあ」と思っていた。「ハメこみ」とは何かというと、株式投資の用語である。風説を流布したりして株価操縦を行い、値上がりに釣られて多くの投資家がその株に群がってきたところで、最後に高値で素人衆に押しつけて売り抜けること、それがいわゆる「ハメこみ」なのである。

 オレは10年以上前にそうした実例を「ハメこまれた人たち」というシリーズでこの日記上で書いたことがある。オレがこの日記で指摘した、どう考えてもインサイダー取引をしているとしか考えられない連中とか、金主である黒幕の都市銀行といったホンモノの悪党は誰も検挙されることはなかった。証券取引法違反で立件されるのは金額も些少な小物ばかりである。100億円以上の利益を出しているホンマモンの悪党はどうせその利益を政治家とかに巧妙にばらまくから絶対に捕まらないのである。

 仮想通貨で稼いだ連中も、最後にハメこむ相手が必要だった。それがよく仕組みがわかってない老人や個人投資家である。オレに言わせれば仮想通貨なんてものは一種の詐欺なのである。コナミから発売されていた遊戯王カードみたいなものの値段がどんどん釣り上がってる状態と思えばいい。そしてこのような詐欺の常として、最後につかまされる哀れな生け贄を必要とするのである。

 今、タワーマンションがどんどん値上がりしているので投資目的にで購入する人も多いという。これも同じことである。値上がりするからとどんどん転売されて、最後にとんでもない高値でつかまされる人が出て、その後で価格バブルがはじけるのである。そのはじめるタイミングはいつやってくるのか全く予想が付かない。それは今この瞬間かも知れないのである。

 オレは株式投資や為替取引は「投資」だと思ってるが、新聞で大々的に広告の出てるマンション投資は銀行と不動産業界の仕組んだ詐欺だと思ってるし、仮想通貨はウンコの投げ合いだと思ってる。実際はウンコなのに、それをなぜか高値でやりとりしてるだけのチキンレースである。最後は全てがウンコになるのだ。

 今でもDMMなどの業者が仮想通貨のCMを流してるが、値段が付く間に逃げ切った方がいい。今ならまだだまされて買う人もいるだろう。そういう人に押しつけて速く逃げ切ることだ。そんなヤバイものに大切なゼニを預けてはいけないのである。

過去に書いた「ハメこまれた人たち」シリーズ


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月26日(金) やっぱり貴乃花が正しかった        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 日馬富士の暴力問題、オレはこの日記でずっと貴乃花親方が正しいと書き続けてきた。広報部長の春日野親方が実は悪の元締めのような存在だったことが今回明らかになった春日野部屋の傷害事件で明らかになった。こいつらはどうしようもないクソ野郎どもである。こんなカスが支配してる相撲界を浄化するのは不可能だ。自浄能力の全くない相撲協会はもう解散すべきである。

スポーツ報知の記事を引用しよう。

春日野部屋暴行問題、被害者の男性「協会は全然動かず、何も調べない状態が続いている」1/25(木) 8:57配信 スポーツ報知
 25日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)で、大相撲の春日野部屋に所属していた元力士(23)が弟弟子(22)の顔を殴って傷害罪で起訴され、2016年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定していたことを特集した。
 事件は、関係者の証言などによると、弟弟子を暴行したのは13年に新弟子検査に合格し、15年名古屋場所を最後に引退した福岡市出身の元力士。14年9月5日夜、7か月前に入門したばかりの弟弟子の顔を拳で殴ったり、腹を蹴ったりした。
 番組では暴行を受けた元力士の矢作嵐さん(22)を独占インタビュー。暴行について矢作さんは「1歳年上の兄弟子から夜10時半から11時の間に掃除の話があると言われて、オレ以下の下っ端を集めてくれといわれた」と明かし、その後、布団に入って寝ようとした時に「左のあごを殴られた。グーパンチで」と明かし、左右の顔面を3発殴打され「手で止めたら膝蹴り5発食らいました。腹に」と証言した。殴打された後に「あごを触ったらずれていたのが分かった。骨が刺さっていた。右のあごがひどかったです」などと振り返っていた。
 その後、矢作さんは「2日後ぐらいにタクシーで部屋から逃げ出した」とし、春日野親方には「それで発覚した」という。番組の取材に矢作さんの父親も取材に応じ「部屋から抜け出して家に帰ってきた。こんな顔になっていた」と顔が変形していたことに驚いたことを証言し「少ししてから春日野から電話が来て謝りをいれてきた」と親方から連絡があったという。その時、親方は「1日、2日実家に泊めて、部屋に戻してください。病院にもいかせます」と伝え、矢作さんも電話に出て「辞めますと言ったんですけど、いいから戻って来いと」と言われ、部屋に戻ったという。
 部屋に戻ると親方から兄弟子も「整体に行くからお前も一緒に行ってこい。なんで整体と思ったんですけど、折れているのにガンと入れられた。その影響でもっと痛みがでた」と振り返った。矢作さんは、そこで「自分で大学病院に行き、すぐに手術が必要と言われた。診察して口を開けた瞬間に『これ入院だね』と言われた」と明かした。
 現在も痛みが「奥歯にはあります。普段から。ちょっと歯を動かすだけでその振動で痛い」と告白し、番組に診断書を公開。味覚障害と診断されており、殴打以降「口の中の全域で味がしなくなった。食べ物も全然味しないです。物体が胃に入るだけ。完全には治りませんと言われました。死ぬまでですね」と証言していた。
 今回、共同通信の報道まで事件は発覚しなかった。相撲協会は公表しなかったが、こうした協会の対応について矢作さんは「事実です。公表されていないです。協会側は全然動かず何も調べない状態がずっと続いている。沈黙の3年間。春日野部屋からボクを消してこの事件がなかったものにしようとしている。ボクはそう捉えています」と憤っていた。
 春日野親方は共同通信の取材に公表しなかったことに「辞めた力士だから」と答えたが、矢作さんは「辞める辞めなくても春日野部屋にいた子供なんでそれを公表しないのはおかしい」と疑問を投げかけ、「相撲界から暴力は消えない。ボクの同期生もやられていたって子がほとんどいる。こういう不祥事はボク以外にも色々あると思う」などと相撲界の暴力体質に警鐘を鳴らしていた。


この事件は春日野親方によって明らかにもみ消されたのである。一人の若者の将来が奪われ、後遺症まで残るようになった上に有罪判決が確定していた事件を、春日野親方なのか、相撲協会なのか、とにかく隠蔽していたことははっきりしている。そんな連中に対してどうして貴乃花親方が報告するのか。先に警察に被害届を出さないとなかったことにされてしまうということだったのだ。

 相撲協会に自浄能力は全くない。そしてこうした隠蔽に関わった旧体質のままの連中は全員辞めさせるしかない。たった一人のまともな方である貴乃花親方を理事長にして再出発するしかないのである。オレがずっと日記で書いてきたことが正しかったわけだ。

 後輩をぶん殴ってケガをさせたり、稽古と言いながら実はリンチやいじめでしかないようなことが相撲の世界にはたくさんあるのだろう。そうした体質はこのままでは改善されることもなく続くのだろう。八百長問題も放置され、そして体罰もそもままの大相撲には未来はない。

 この不祥事の責任を取らせるために春日野親方には本場所の土俵上でファンに向かって土下座してもらってから解雇。ただもっと反省してもらうために協会で再雇用してもらい、掃除や用具運びの雑役にでも回ってもらえばいい。

 それにしても春日野広報部長、おめえが一番クソだったわけだな。恥を知れよ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月25日(木) 都会の私大と田舎の国立大        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 センター試験で目標の点数に届かなかった・・・というのはよくあることである。目標通りの点数が取れた人の方が圧倒的に少ないのであり、多くの受験生は合格可能性D判定やE判定の第一志望の大学を受験することとなる。そこから二次試験で逆転することはかなり困難である。

 さて、予備校が提供するデータリサーチ類を駆使すれば、自分の取ったセンター試験の点数で合格可能性がある大学を教えてくれる。大阪大学や神戸大学を志望していてセンター試験で最低でも8割を取ろうと思っていた受験生が6割程度しか取れなかった場合、そのまま大阪大や神戸大を受けるのはかなり無茶だ。センター試験の配点の高い学部では「センター試験である点数以下では昨年は誰も合格していない」という逆転不可能領域がある。その点数で受験するというのは、記念受験以外の何ものでもない。大学受験の目的が「合格を勝ち取るため」であれば、逆転不可能領域からの受験は勧めない。そうなると、「入れる大学を受験」と「来季のために記念受験」の二択となる。後者の場合は、浪人することは決めていて、よい浪人生になるための意思確認としての受験である。

 ただ、オレは前者の「地方にある国立大を受験する」という選択肢はそれほど悪くないと思っている。大学の4年間を家を離れて一人暮らしすることは、本人の自立や成長に大きくつながるからである。

 また、地方の国立大学の中には都会の私大が持たない魅力のある大学も多い。受験生が都市に集中する中で、なぜか地方の国立大学は驚くほど入りやすくなっているのだ。それを狙わないのはもったいないと思うのである。

 たとえば和歌山大学には観光学部という特殊な学部がある。旅行会社に就職したりホテルマンになりたいと思ってる人は、選択肢に入れてもいいのではないか。この学部で学んだ知識を活かして公務員としての就職も面白い。今、日本中の地方自治体が考えてることは「外国人旅行者をどう受け入れるか」である。観光学部ではそうしたノウハウを学べるはずである。都会のマンモス私大の大人数の中で埋もれてしまうのではなく、少人数教育の中で教官や他の学生と密接なつながりを持って学ぶことの方が得るモノは多いような気がするのである。

 地方の国立大学に入って地方公務員となる・・・というのは今の世の中の中でかなりメリットのある生き方だと思う。大企業で競争に明け暮れて過労死寸前まで働かされるのではなく、公務員という安定した身分を手に入れた上で田舎暮らしを楽しめるライフスタイルが手に入るのではないか。

 歴史のある地方都市にはさまざまな魅力がある。松江や金沢、松山など国立大学の設置されているそうした地方の県庁所在地で一人暮らしをスタートするということもオレは受験生たちに勧めたいのである。昔に比べて地方の国立大学は異常に入りやすくなっている。それを活かさないのはもったいないと思うのだ。

 受験生たちは都会が好きだ。関関同立と呼ばれる私立大学と、滋賀大や和歌山大などの地方国立大学の両方に合格した場合、関関同立を選ぶ者の方が多い。もうはっきりとそうした序列が受験生に定着している。首都圏でも受験生は地方の国立大学よりもMARCHを選ぶのだろう。

 残念ながらオレが担任するクラスの生徒も基本的に都会志向である。オレが地方の魅力を語ってもなかなか田舎暮らしを選ぼうとする者はいない。それがとても残念である。できることならもっと地方に目を向けてもらいたいと思うのだ。そんなに都会での生活がいいだろうか。

 ただ、オレ自身は大阪から離れる気はないのである。やっぱり自分はこの土地が気に入ってるのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月24日(水) 避妊しない性行為について思うこと        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 避妊しないで性行為を行うことが問題ないのはどういう場合だろうか。オレのような常識人間はそれを「子どもを作ることが目的」である場合と「ピルを飲んでいたりして妊娠の可能性がない場合」に限定して考えている。それ以外の避妊無しの性行為はすべて「妊娠の可能性」「性感染症の可能性」が存在するのである。

 では次にそうした性行為を行うことについて女性が同意してる場合はどういう時だろうか。これもまた最初に列挙した項目と一致するわけで、その条件に当てはまらない場合は普通は行為に同意しないものである。節度や教養のある女性ならなおさらである。

 逆に「女性が妊娠する可能性のある性行為」を一方的に行う男性というのはどういう男性だろうか。まず考えられるのは不特定多数に対してそうした行為を行う性犯罪者である。次に自分の行動に対して全く責任をとらずに性行為を行うクソ野郎である。何も考えずに自分の快楽のためだけに性行為を行う「腐れ外道」である。

 節度や教養のある女性に対して、避妊無しの性行為をしたい時に腐れ外道はどうするのか。酔わせたり、デートレイプドラッグを使って相手の抵抗を封じることになる。それはまぎれもなく犯罪である。法的にはそれを「準強姦」と呼ぶ。

 伊藤詩織さんの著書「BLACK BOX」を読んだ。そしてレイプクズ野郎山口敬之が「HANADA」に載せたせこい自己正当化の文章も読んだ。両者の主張を付き合わせてわかったことは、山口敬之が避妊無しで性行為を行ったことと、伊藤詩織さんがその行為に対して同意していなかったことである。妊娠の可能性がある性行為に同意する場合というのは最初にオレが上げた項目を確認してもらえれば、今回に限ってはあり得ないということがわかるだろう。望まない性暴力を受けた伊藤詩織さんが山口敬之を訴え、逮捕状執行寸前でなぜかその執行は停止されてしまった。

 逮捕状が執行停止されたことを検察審査会は「法的に問題なし」と判断した。性犯罪者が処罰されないで逃げ切ろうとしてる今の状況に対して、伊藤詩織さんは損害賠償の民事訴訟を起こしたというのが現在の状況である。

今ネット上には多くの加害者である山口敬之擁護のツイッターアカウントが存在する。それらはたいていが最近作られた誰かの捨て垢であり、フォローされてる数も少なく、「風説の流布」「伊藤詩織さんを貶めるための悪意」を目的として開設されたことが明らかである。そいつらは検察審査会の決定を理由に「法的に問題ない」「法律で無罪となった」と主張している。そして例えばオレの発言に対して「おまえは法律もわからないのか」「おまえ本当に日本人か?」などと絡んでくる。

 ここで勘違いしてはならないことは。検察審査会がどのような決定を下したかということは事実とは全く関係がないことである。検察審査会の決定をタテに「準強姦」という事実までもなかったという主張は、証拠不十分で有罪にならなかった真犯人が「オレはやってない」と強弁してるのと同じである。伊藤詩織さんが望まない性暴力を受け、それを日本の司法制度は「問題なし」と判断した。今の状況はここである。事実までもなかったことにしようとするこの「腐れ捨て垢」どもの発言を見ていると、オレはこの捨て垢の持ち主をすべてツイッター社に開示請求して、名前を公表してもらいたいと思うほど腹が立つのである。

もうこの事件は世界に発信されてしまった。NYタイムスの記事を通じて世界中の人が、山口敬之という腐れ外道が安倍首相のお友達であるということでレイプをもみ消してもらったことを知ったわけである。これがどれだけ国益を損なっていることか。

 安倍首相はこの外道だけはかばうべきじゃなかったのだ。「あなたと付き合ってると私の価値が下がります」と冷たく切り捨てるべきだったのだ。もしもオレの親しい人間が、女性に対して望まない性行為を平気でしてそれを平然と武勇伝のように語ったら、オレはそいつと縁を切るだろう。オレは外道とは付き合いたくない。どんなに自分に利益をもたらす相手であったとしてもオレはかばわない。ところが安倍首相はその腐れ外道をかばってしまった。

 今からでも遅くない。この外道の性暴力は加計学園の問題とは意味が違う。今、山口敬之を切り捨ててしまっても、それはむしろ安倍首相の評価を高めることだろう。なぜそれができないのか。それはこの腐れ外道がスパコン疑惑というもうひとつの闇につながる存在であり、そこに触れられることが多くの政治家にとって存在基盤を破壊されるような危機につながるからである。山口敬之という一人の腐れ外道は、今や日本の政治の中枢に関わってしまったのである。なんとも恥ずかしい話である。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月23日(火) 大雪の東京を混乱させたのは誰か?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 4年ぶりの大雪で首都圏が大混乱し、積雪のために交通がストップした。道路は立ち往生するクルマで埋め尽くされてしまい、あちこちで大渋滞が起きた。オレはその混乱の映像を見ながら一つ理解できなかったことがある。そもそも雪が降ってるのにノーマルタイヤで走行しようとすることは道路交通法違反ではないのか。雪道を走ることができる滑り止め用のタイヤチェーンや、安物でもいいからスタッドレスタイヤを装着することが必要ではないのか。

 それなのに切符を切って検挙しないでただ傍観していた交通警察官は職務怠慢も甚だしいのである。オレのように正しく判断できるまともなドライバーならば「今日はノーマルタイヤでは無理だな」と判断してクルマをあきらめるだろう。あるいは年に数日のこういう日のために冬はスタッドレスタイヤに交換していることだろう。

この積雪に関するタイヤの細則は都道府県によって細かな運用ルールの違いがあるが、少なくとも東京都ではタイヤチェーンなどの滑り止めを装着することとなっている。そして違反者は反則金を納めることになっているのである。そういうきまりがあるのに無謀にもノーマルタイヤで外出して、立ち往生して他車の交通を阻害してる連中には「往来妨害罪」も付与してどんどん検挙してもらいたいのである。そうでないとあまりにも不公平である。

 警察はオレのような善良なドライバーに対してでさえ、ほんのわずかの速度超過も許さずに厳しく取り締まり、反則金をむしり取る。その一方でこのように明らかに交通を混乱させて多くの人に迷惑を掛けてるヘタクソドライバーや雪道のマナーを守らないドライバーを放置してるのである。これは大きな矛盾ではないのか。大量の警察官を出動させて、クルマのタイヤを調べて、片っ端から違反切符を切ることがあの大雪の日にすべきことではなかったのか。

 立ち往生してそのまま放置されたクルマも多数あった。これは「往来妨害罪」に該当するのではないか。そいつらにはさらに重い罰を与えることがふさわしいと思うのである。なんでそんなふうに対処しないのか。

 オレはクルマで通勤してるので何度か大雪に遭遇したことがある。もちろんオレの運転技術をもってすれば、大阪の平地の場合は数センチの積雪があっても全く問題ない。路面が凍結しているような状況ならクルマは使わない。これまでの大雪はすべて適切に対処してきた。通勤時のオレの運転で迷惑を掛けた相手は一台もないことをオレは断言したい。

 公立高校に勤務するようになって一年目の冬に大雪があった。朝の通勤時、PL教団の本部のある丘陵をこえていく道路でオレの前を走行していた下手くそなドライバーたちはスリップして次々とクルマをその場に捨てるか、路肩で走行不能となっていた。オレはそいつらを追い越してすいすいと坂を上って、そのまま悠々と勤務先の高校にたどり着いた。当時のオレが運転していた日産のパルサーEXAは、165/70という細くて貧弱なタイヤをはいたFF車だったが、雪道ではクルマが重くてタイヤの太いFR車の方が圧倒的に不利だったのである。坂を上れないマーク兇筌ラウンは路肩で止まっていた。オレはそいつらを尻目にしてすいすい上った。

 雪道でクルマをどのようにコントロールしたらいいのか。どんなクルマが雪道に弱いのか。オレはそれを熟知している。だから今乗ってるS660を雪の日に運転するという愚行はしない。クルマを壊したくないからである。4年に一度くらいのわずかな可能性のためにわざわざスタッドレスタイヤを買う気も全くないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月22日(月) 堂々とウソをつく人たち        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 大相撲の十両・大砂嵐(エジプト出身)が長野県山ノ内町で1月3日に無免許で車を運転して追突事故を起こしていたらしい。彼は有効な運転免許証を所持していないので無免許運転ということになる。監視カメラには運転する大砂嵐が映っていたということだからもう言い逃れはできないわけである。

 ところが彼は「運転していたのは妻」だと主張しているそうだ。このようにそれを否定する証拠があるのに堂々とウソをつけるのはどうしてだろうかとオレは不思議に思うのである。日本人には「ウソをつくのは恥ずかしい」という感覚がある。しかし、他の国では必ずしもそうではなく、国家レベルで堂々とウソの主張をする韓国や中国のような国さえある。もっとも日本でも最近は「資料はすべて廃棄しました」と平気でウソを付く佐川国税庁長官のようなクズ野郎がいるわけで、日本だからとかエジプトだからとかは言えないのだと思うが、オレはいつも「ウソは恥ずかしい」と思うのである。

 無免許運転というのはかなり重大な犯罪だとオレは思っている。だから大砂嵐には厳重な処分が下されるべきであり、相撲協会の対応が注目される。休場することが発表されたが、少なくともここまでの成績が1勝7敗ということはなんらかの精神的プレッシャーをすでに受けていたということかも知れない。

 今回事故を起こしたクルマの所有者はエジプト出身の妻で、大砂嵐の主張では「妊娠している妻が事故を起こし、かばうために運転席に移った」ということである。なんでそこで運転席なのかわけがわからない。

 芸能人や政治家が週刊文春などに不倫問題を記事にされるといちおう否定する。しかし実際は記事にされるような事実は存在するわけである。すると最初に否定した時の発言は「ウソ」だったということになる。そこで最初から「ええ、そのとおりです」と肯定する発言はオレの記憶の中にはない。昔は愛人疑惑を報道されて堂々と開き直った政治家もいたらしいが、最近の政治家はみんな小物になったから報道されるだけでビビるのだろう。まあ「公人」という立場の人たちはなんとも窮屈である。生活の細かい所まで監視されているわけでとてもオレはそんな身分にはなりたくない。コンビニでエロ本をちらちらみていても誰にも注目されないというのがいいのである。

 大砂嵐が事故を起こした場所が長野県の山ノ内町ということは、志賀高原でスキーでもしたのだろうか。エジプトには雪が降らないと思うので日本のリゾートを楽しむのはよいことである。ただ、そういう人が雪道をちゃんと運転できたのかと思うと、ちょっと危なそうな気もする。オレも昔冬の北海道でレンタカーを運転したことがあるが、慣れてない時は雪の壁に突っ込んだりしたものである。安全運転できないのならクルマの運転はするべきではないし、今回はたまたま第三者を巻き込んでケガをさせるような事故でなくて本当によかったのである。

 相撲取りのあの体型でクルマを運転するのは無理があるだろう。少なくともオレのS660を運転できる現役力士はいないと思う。窓から肉がはみ出すぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月20日(土) 大学をどんどんつぶしていきますよ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 少子高齢化で18歳人口の減少という大きな問題に直面しているのに大学学部の新設をどんどん認めてきた(アホ)文部科学省が、いきなり極端な方針を打ち出したのでオレはびっくりしたのだが、まあその方針には賛成である。

 読売新聞の記事を引用しよう。

経営難の私大、助成金減額へ…赤字連続5年など
1/20(土) 6:05配信 読売新聞
 文部科学省は、私立大・短大を運営する学校法人が著しい経営悪化に陥った場合などに、法人への私学助成金を減額する新しい仕組みを2018年度に導入する方針を決めた。
 財務情報を開示していない法人の減額幅も拡大する。18年度は18歳人口が再び減少局面に入り、経営環境の一層の悪化が見込まれるため、経営改善が進まない法人には撤退を含む抜本的な対応を促す。
 文科省はこれまで、特色ある研究や地域連携、大学の国際化などに積極的な法人には助成金を加算する一方、大学の大幅な定員割れや不正経理などの不祥事の際には減額を行い、改善を求めてきた。
 18年度からは減額要件として、従来の「定員割れ」に「5年程度の連続赤字」「教育の質が低評価」を加え、すべて該当する場合はさらに助成金を削減する。


 経営難の大学にさらに助成金減額という攻撃を加えればひとたまりもなく倒産してしまうだろう。そんなこと本当にするのかと思ってしまうのである。大学がつぶれれば教員も失業するわけで、研究者や大学教員を目指す人にとっては大問題である。

 ただ、「財務情報を開示していない法人の減額幅を拡大」という部分は引っかかる。そもそも助成金をもらっておきながら財務情報を開示しないなんて「アホか!」と言いたいのである。そんなところは即座に支給停止にすべきだろう。文部科学省は甘すぎるのである。開示させて怪しいところをどんどん突っ込んで、加計学園みたいに一族の蓄財に使われてるようなところはぶっつぶせよ。

 この中でオレが一つ気になるのが「教育の質が低評価」という項目である。以前にいくつかの大学のシラバスが話題になったことがある。小学生に教えるような算数の内容とか、中学1年生が学ぶような英語がシラバスに入っていた大学である。そういうところはどのように評価するのだろうか。学生の質にあわせたいい教育をしてるということなのか、それともおよそ大学に値しないということでバッサリ切られるのか。それがオレは知りたいのである。

 ここでオレが大学生き残りの方法を提案するならば、それはやはり大学図書館の有効活用や地域との連携、熟年層の取り込みだと思うのである。ゼニのある老人を大学に通わせて稼ぐということや、大阪府のように図書館行政を弾圧して規模をどんどん縮小しているところに逆に「利用しやすい開架図書館」として攻勢を掛けるとかではないだろうか。あと、イベントスペースや会議室としての施設の貸し出しなどである。小規模の会議室を使いたい人たちにとって大学施設はとても便利である。もう一つは話題作りである。

 面白いブログを運営させてその読者を増やし、それを大学の宣伝に結びつけるということなどできそうではないか。

文部科学省に対してオレが大学の評価項目に入れて欲しいモノが一つある。それは学生のDQN率である。DQN率の高い大学はやっぱり存在価値のない大学である。学生全員がDQNというところはつぶしてくれ。そんなものは百害あって一利無しである。オレはそこらにたばこの吸い殻を投げ捨てたり、酔っ払って暴れてモノを破壊したり、女性にセクハラを行ったりするDQNは大嫌いだ。ぜひ検討して欲しいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月19日(金) 福島市の生活保護行政はクソである        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 支出削減のために生活保護費の減額をどうしてもしたいのならば、パチンコ屋の前で保護費をパチンコ代に浪費するパチンカスどもの受給をどんどん停止したら済むことである。そういうパチンカスはおそらく福島市にも100人以上居るだろう。それから医療費が無料であることを利用して向精神薬とかをもらって転売してるクソどもを詐欺罪で摘発すればいいのである。こういうことをきちんと徹底してやればどの自治体でも不正受給は大幅に阻止できる。北九州のようにDQN率の高い地域なら生活保護をカットされた偽装離婚のヤクザが怒鳴り込んでくるかも知れないが、それは警察の方で処理してもらえばいいのである。

 福島市のある母子家庭で生活保護世帯の高校生が給付型の奨学金を得ていた。本人の努力で手に入れたものであった。その奨学金はたかだか年間に十数万のものであった。修学旅行の積み立てや参考書や塾などに支出すればすぐになくなってしまうものである。そして国の規程では給付型奨学金は収入認定してはならないとある。ところが福島市の無知なケースワーカーはそれを収入認定して生活保護費をその分減額してしまったのである。

 せっかくもらえる予定だった奨学金がもらえない。これは本人にとって大きなショックである。この母子は福島市・福島県・厚労省に審査請求を行った。するとミスをしていた福島市は態度を軟化させ、「用途と目的を明らかにすれば実費分だけは出す」という対応をするようになった。奨学金という本来自分に権利のあるお金が召し上げられ、そして請求した分しかもらえないのである。

 厚生労働省が福島市の収入認定を「不適切」とした頃、その女生徒はもう大学進学を断念しようとしていた。せっかく努力して手にいれた権利が認められず、大きな精神的ショックを受けたことが原因だったことは明らかである。受験生が受験勉強以外のストレスや生活苦の中で戦わなければならないということはどれほど大変なことだろうか。そんな精神状態でどうして自分の夢を目指すことができるだろうか。

 ヤクザやDQNの不正受給はろくに取り締まらないのはなぜか。仕返しが怖いからである。そういう連中の保護費支給を停止しても彼らはしぶとく収入を作るだろう。もしかしたら覚醒剤の密売のような犯罪かも知れない。しかし、覚醒剤を売らせないために生活保護を与えるというのもおかしな話である。そういうDQNたちをしっかりとした正業に就かせる仕組みが整備されて欲しいのである。

オレの住む松原市の生活保護は適切に行われてるのだろうか。もちろん人手が足りないという問題はあるだろう。行政側にやる気のある人材がいないということもあるだろう。しかし税金を払ってる側としてはきちっと使ってもらいたいのである。今月支給された給与の明細を見ると、オレは毎月6万円を超える住民税をぼったくられている。ふるさと納税もせずにきちっとオレは松原市に上納してる優良納税者なのである。もっとさまざまな優遇措置をしてもらいたいくらいである。

 松原市には多くのパチンコ屋がある。このパチンコ屋をすべて廃業させてくれ。これが優良納税者としてのオレの要求である。パチンコというのは貧民しか行かない。貧民から搾取してより彼らを貧しくする装置である。だから存在しなければそのゼニはちゃんとした消費に回るのである。松原市に存在する巨大パチンコ屋をすべてぶっつぶしてくれというのがオレの要求だ。そうすれば松原市の景気も少しは良くなるし、パチンカスを撲滅すれば治安も良くなるだろう。治安をよくするためにはそういう小さなことからやるべきである。北朝鮮の核ミサイルに怒ってる人たちが、北朝鮮に送金してるパチンコ屋でゼニを使ってるのを見ると馬鹿としか思えないのである。経済制裁というのはパチンコ屋そのものに行かないことである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月18日(木) 世間はどうして美談を押しつけるのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 今年も文春砲が炸裂した。音楽プロデューサーの小室哲哉が不倫疑惑を報道されているわけだが、そっとしておいてやれよと思うのである。どうして世間はそんなことを話題にするのか。オレはむしろ小室哲哉に同情してしまうのだ。一度「闘病中の妻を支える」という美談の主人公になれば、その役柄をずっと演じ続けないといけないのである。「めんどくせえ!」と言って他の女と遊ぶことは許されないのである。

 亡くなったオレの父がまだ元気だった頃、広島カープの津田恒美投手のことを取り上げた番組で出てきた津田投手の奥さんを見てオレの父は言った。「こんな番組作るなよ。こんなきれいな人は、夫が死んだらさっさと別の人と再婚したらいいんじゃないか。」と。オレはその父の言葉の意味がその時はわからなかった。しかし、人は変わるものである。何十年もかつて好きだった相手を思い出すだけで生きていくわけにもいかない。ひとたび闘病中の夫を支えたという美談の主人公になってしまうと、今度別の人を好きになったとしても世間は「もう夫のことは愛してないのか」と無責任に批判するのである。若くして夫を亡くした女性が新たな相手と恋に落ちたとしたら「大切な夫の思い出を裏切るのか!」と責めるのである。オレはそんな人たちには同調できない。

 新たに人を好きになってどこが悪いのか。もしもオレが若くして病に倒れていたなら、配偶者には「早く再婚しろよ」と言うだろう。まだ20代の頃のオレなら「ぼくは一生きみの思い出だけを胸に抱いて生きていくよ」というセリフがカッコイイと思っていたが、今のオレはもっと現実的になった。他の誰かを決して好きにならないなんてありえないのである。

 そしてこんなことも思うのである。もしも好きになった相手が死んでしまった恋人の思い出に支配されているのならば、その部分も丸ごと引き受けて愛するのが相手を本当に受け止めるということじゃないかと。

 小室哲哉はリハビリに励む妻KEIKOを「僕にはこの人しかいない」と言ってしまった。そのときは本当にそういう気持ちだったのか、あるいは美談の主人公となることがその後の芸能活動にプラスと考えたからなのか、それは第三者にはわからない。ただ、6年前にそう言ったからといって、今も同じ気持ちで居るかどうかはわからないわけだし、ここで別の女性と交際したことをオレは責める気持ちにはなれないのである。闘病中の妻を支えるという同じ状況で、もしも自分の近くに自分のことを想ってくれる若く美しい女性が存在したとして、そこで心が全く動かないという男がいたらそれは仙人かEDのような気がするのだ。

 だから世間で「妻を支える立派な夫」という美談の主人公になってる人が浮気をしてるのを仮にオレが知ったとしても、たぶんオレの受け止め方は「まあそういうこともあるんじゃないかな」くらいなのである。人は100%の善人でもないし100%の悪人でもない。そういうものだとオレは思っているのである。

 誰と誰が不倫してようが付き合っていようが。そんなことはオレはどうでもいい。ただ国会議員が無料パスで乗ってる新幹線で不倫相手と手をつないで寝ていたり、議員宿舎をラブホテル代わりに使ってることに対しては不快感を覚えるのである。そういうカスの不倫問題はどんどん週刊新潮や週刊文春に叩いてもらいたいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月17日(水) 1月17日、あの日を忘れない        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 阪神・淡路大震災のあの日からもう23年になるのだ。オレが実際にその激しい揺れを体験した唯一の地震であり、布団の中で「このまま家が崩れて圧死する」ことを覚悟したあの瞬間のことをオレは生涯忘れない。その同じ瞬間、阪神間で大勢の人が倒壊した家屋の下敷きになって圧死していたこともオレは忘れない。

 淡路島から阪神間という狭い地域に被害は集中した。その狭い地域で6435名もの方が犠牲になったあの大地震で、多くの方が自分の家族や友人、知人、学校でのクラスメイト、大学のサークルの友人といった大切な人を失った。誰もが自分の知ってる人を失ったのだ。その記憶と共にあれから23年生きてきたのである。同じ家に居て、同じように被災して下敷きになって、家族を亡くしたのに自分は助かったという人がたくさんいる。なぜ助かったのが自分なのか。どうして自分が身代わりになれなかったのか。多くの人がそうした痛みと共に過ごしてきたのである。

 大切な家族を失った痛みはいつまでも消えることがない。記憶の中の時間はその瞬間で止まったままである。家族全員を失って自分だけが助かった人もいた。長いことPTSDに苦しみ、今もなお立ち直れずに苦しんでいる人もいるのだ。震災の記憶は、忘れたくても忘れられないつらい部分なのである。心の中に封印しておきたいものなのである。だからこそオレは、世界一のクリスマスツリーとかで「鎮魂」を商売にしてゼニを儲けようとしたクソ野郎が許せなかったのだ。

神戸市には「阪神淡路大震災記念・人と防災未来センター」という施設がある。そこに入館するとまず最初に5分間程度の地震の再現映像を見ることができる。激しい揺れでビルが倒壊し、住宅が押しつぶされ、橋桁の上の高速道路が波打つように揺れる様子が映し出される。オレの目の前で子どもは恐怖のあまり泣いてしまい母親に抱えられて退席したのである。

 あの揺れの恐怖は体験した者にしかわからない。そして、それだけの揺れを自分も体験していたのに自分の目で周囲の被害を視察することもせず、ふんぞり返って迎えの車が来るのを何時間も待っていた貝原知事はクソ野郎だとつくづく思う。交通が寸断されていても知事公邸から県庁までは歩いても30分で着ける。なぜ一刻も早く県庁に出勤して現場の指揮を取ろうと思わなかったのか。その災害の中で自分にできる最善を尽くさなかったのか。兵庫県知事の彼がどうしようもないボンクラだったこともまた犠牲者を増やすことになった一因である。

 震災以後何が変わったのか。住宅の耐震基準は大きく改正された。その後の地震では旧基準で建てられていれば倒壊したかも知れない多くの建築物が被害を免れた。防災意識が高まり、オレの勤務先でも生徒の人数分の避難キットを備蓄することになった。あの震災は人々の意識も変えたのである。地震が「いつ起きてもおかしくない」ということを住民は等しく理解したのである。

これからも神戸では慰霊のための行事も、鎮魂の祈りもおそらく震災の記憶を持つ人が存在する限り続いていくだろう。期間限定だったはずのルミナリエも毎年の風景となった。どうか神戸に行く機会があれば、観光や食べ歩きといった普通の観光客のする行動だけではなくて、犠牲者の名前を記したプレートの前で静かに手をあわせて欲しい。あの日に失われた魂のことをどうか心に留めて欲しい。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月16日(火) なぜそれが黒人差別なのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 スウェーデンのカジュアル衣料チェーン「H&M」がインターネット通販の商品広告で、モデルの黒人男児に「ジャングルで最もかっこいい猿」というロゴ入りの上着を着用させた写真を掲載していたことで激しい非難を受けている。黄色人種も「イエロー・モンキー」と呼ばれることがあるからそれがアジア人の男児であっても同じことが起きただろう。しかしもしも白人の男児ならば非難は起きなかったような気がする。

 ダウンタウン浜田の黒塗りメイクを批判した津田大介は金髪にしてるのだが、日本人はもともと金髪ではない。もしも世界の歴史が大きく違ったものとなっていて白人が被差別民だったら、金髪に染めるということが重大な人種差別になっていた可能性もあったわけで、そうした価値観というのはかなり流動的なものである。津田大介の頭の中に「白人はカッコイイからそのマネをするのはOKだが、黒人のマネはアウト」という考えがあるのならば彼こそがとんでもない差別主義者である。

 豊田有恒の長編SFの名作「モンゴルの残光」では、モンゴル民族が世界を征服統一してそのまま歴史が現代につながっているということになっている。その架空の世界では白人が黄色人種の下で差別されていて、ある白人の若者が「こんな世の中は間違ってる」とタイムマシンで過去の世界に行き、モンゴル帝国の統一を妨害しようとする。たまたま産業革命がヨーロッパで起きて、植民地を搾取することで富を膨張させた欧米の諸国が世界の覇権を握ったから現代の白人優越主義の価値観につながっているわけで、もしも強力な覇権国家がアフリカに登場していれば白色人種や黄色人種が奴隷とされる可能性もあったのだ。

 実際に差別を行うのは誰か。江戸時代の身分制度が士農工商の下に被差別民を設置することで農民支配に利用したことからもわかるように、身分制度や人種差別はどちらかというと為政者側の都合で作り出されたものである。だからオレは「人種差別」というものの本質をどこか疑っているのである。「これは差別だ!」と大声で叫ぶ人たちこそが実は差別者であるような気がしてならないのである。

 「H&M」の広告を製作したスタッフが「黒人男児=サル」という悪意を持ってその広告を作ったのかどうかはわからない。しかし、白人が自分達以外の肌の色の人種を歴史的にサル呼ばわりしてきたのは事実である。だからこの広告は激しい非難を浴びたのである。その広告が不適切であったということにオレは同意する。同意した上で、オレはそもそも人種差別とは何かということについて考えてみたいのである。

 例えば日本の性産業の中でもかなり認知されているAVの中には男優に黒人男性を出演させているモノがある。ただ、男女と人種でどんな組み合わせのものが存在するのかまではオレの専門外のことなのでよくわからない。そのあたりはAVに詳しい方のご意見を是非ともお伺いしたいところである。ただ、その出演自体が「人種差別である」という形での抗議は聞いたことがない。

白人のコスプレや金髪が全く問題にされないのになぜ黒塗りが問題なのか。それは自分達よりも上だと思っている存在に対してはあこがれるが、自分達が下に見ている存在をマネをすることはそれを「道化」ととらえることであり、実質的には差別になるという感覚があるからだ。つまりここで問題なのはそうした階級意識であり、昔のアメリカのように黒人を一段下に見ていた感覚が残存じていることである。黒人の方がカッコイイからそれをまねるという理由であったとしても、黒人をカッコイイと決して思わない差別者たちからは「それはごまかしだ!」と糾弾されることとなってしまう。

 日本人の行動や顔の特徴はしばしば欧米の映画で誇張されて描かれる。しかしそれに対して日本人が抗議するという話は聞かない。その理由は日本人が差別に対して鈍感だからなのだろうか。オレはそうではないと思う。きっと日本人は、欧米人によってそのように受け止められている自分たちの姿を客観的な事実として受け入れていて、そのことに対して怒りも喜びもしていないからだと思うのである。

 オレが目指したいのはすべての人種や民族がお互いに尊重され、その文化や価値を否定されないことである。戦前の日本は満州国で「五族共和」という精神を唱えつつも実はその中で日本人が一番優れているという欺瞞に満ちた考えだった。そうではないのだ。これから日本に住む外国人はもっと増えるだろう。その中には日本を乗っ取りたいという近所の覇権国家からの移住者も押し寄せるだろう。しかし、そうして日本で暮らすことになるようになったすべての人たちが、差別や対立から自由になった理想郷を作って欲しいと願うのである。アメリカの属国であるという状況から離脱して核兵器禁止条約を批准し、真に世界平和のために貢献する国家を目指してもらいたいのである。そんな日本の主張する「人種平等宣言」だからこそ価値があるのだとオレは言わせたいのである。もちろんお隣の覇権国家からは、その膨張政策やチベット侵略、人権侵害に反対する人が日本にどんどん亡命すればいいと思っている。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月15日(月) 受験生をパトカーで送った北海道警に感謝        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 大学入試センター試験の朝、試験会場である室蘭工業大学に向かっていた受験生を乗せた特急列車が踏切事故(踏切に侵入した乗用車と接触)を起こしたため、パトカーが数人の受験生を会場に送り届けるということがあった。踏切事故のように本人の責任ではない不可抗力の事情で受験できないということを防ぐために北海道警が取ったこの行動にオレは拍手したい。そしてくだらない違反取り締まりしかしてない大阪のクソ警察の連中に北海道警の方々の爪の垢を煎じて飲ませてやりたいのである。

 ところがこのパトカーで受験生を送ったことに対して、「税金の無駄遣い」などとケチをつけてる馬鹿がいるのである。オレはただ一言「アホか!」と言いたい。国民の緊急事態に国家が対応してくれるのは当たり前じゃないか。そういうくだらない言いがかりをつけるヤツに限って、たとえば危険な冬山登山をして遭難したときに「救助を受けるのは国民の権利」などとほざくのである。そっち方がはるかに税金の無駄遣いである。

 ただ、受験生自身にミスがあった場合、それは完全に自己責任である。もう何年も前のことだが、同志社大学を受験する女子高生が受験会場を間違えて、はるか南にある新田辺キャンパスで受験しないといけなかったのに京都市内の今出川キャンパスに来てしまい、それを送るタクシーをパトカーが先導したということがあったらしい。それは100%ちゃんと受験票を読んでない受験生のミスである。そんなものを救済する必要は全くないわけで、オレが京都府民ならば激しく抗議しただろう。

 北海道警に抗議してる連中に向かってオレは言いたい。抗議するなら道警ではなくて踏切事故を起こしたドライバーに抗議しろと。踏切事故というのは基本的に100%が事故を起こしたドライバーや歩行者の責任である。列車のせいで起きる踏切事故はない。特急列車が来るのに踏切内に入ってしまうクルマが100%悪いのである。そんなクルマのせいで列車が止まって受験できなくなるというのはあまりにも理不尽である。クルマの任意保険も絶対にそこまでの責任をとってはくれない。だからこそオレはその緊急事態で適切な対応をした北海道警を賞讃したいのである。

警察官の中には確かにレイプ事件の逮捕状を執行停止する警視庁のクズもいるし、白バイ事故を隠蔽する高知県警のカスもいる。だが、北海道警の方のように受験生のために最善を尽くしてくれる立派な方もいるのだ。

 まだまだ日本の警察組織も捨てたもんじゃないとオレは見直したのである。大阪府警にもくだらない交通取り締まりよりももっと意味のあることをしてもらいたいのである。もっと児童虐待を防いでくれよ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月14日(日) 土地の有効利用の促進を        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 居住者がいないままに廃墟になった住宅が空き家のままに放置されていて、そのまま誰の所有かもわからず、固定資産税も納付されなかった場合、国は地方自治体は速やかにその土地を収用してもいいとオレは思っている。大阪市内にもそういう土地がたくさんあるが、無駄なことこの上ないのである。もっとも相続などで登記する際にかかる手数料の高さを考えれば、そのまま放置したくなることもわかる。なんとかそれをもっと軽減できないかと思うのである。WEB登録だけで済むような制度にはできないのだろうか。

 誰のものかわからない土地を勝手に占有して長期間居住した場合、一定期間を経過すればその土地を所有することができる。持ち主から抗議があればもちろん返却しないといけないわけだが、関係者がみんな死んでしまっていればどうか。誰のものかわからないというのはそういうことである。それこそ家族全員を殺してそのままその家を乗っ取り、死体を隠して数十年経過するということもあるかも知れない。オレが恐れるのはそこである。所有者不明の土地を悪意をもってかき集めて、そして自分たちの土地であると宣言するようなことが起きればどう対処するのか。

 日本の周辺にはよその国の土地を勝手に自国領にする国が存在する。韓国や中国である。韓国は竹島を不法に占拠してそのまま自国領と宣言しているし、中国は尖閣諸島を自国領であるとむちゃくちゃな主張を行っている。このように周辺諸国は隙あらば日本の土地を自国の領土にしようとたくらんでるのである。中国は尖閣諸島を武力で制圧することも本気で考えてるだろう。

 さすがに国境付近のこのような動きは日本政府も注視してるから軽々しくは行えないわけだが、国内で他人の土地を勝手に占拠するという動きを起こされた場合、なかなか状況が顕在化しにくいわけで、気がついたらすでに土地を奪われているということになりそうである。数十年先には多くの無人の住居が奪われてるかも知れないのである。

限界集落で廃村になったような村に知らないうちに外国人が押しかけてきて、そこに居住している場合はどうだろうか。日本人が気がついた時にはそこに大規模な集落が作られていたということにならないだろうか。安易に移民を受け入れれば、こうしたことが起きる可能性があるのだ。行政側にはそうした事態に対処するだけのノウハウがない。いや、そもそもそんな事態を想定していないのである。

 外国人の土地取引に関して日本政府は全く規制していないわけで、正常な取引でゼニを払って買う場合でさえ把握できていないのに、勝手に占拠するような場合はもう完全にお手上げである。都心部のタワマンの購入者の中には中国の富裕層も多いらしい。外国人の買った土地も含めて、固定資産税を払わない者からは土地を没収するというルールを明確に定めてもらいたいのである。そうすれば投資目的でタワマンを購入して税金を払わずに踏み倒す輩に対しての一定の規制となるだろう。

 住宅や土地はもうすでに余っている。余ってるのに値段が下がってこないのは資本主義の論理に反するが、値段を下げたくない政治的な力が働いてるから市場原理が適用されないのである。オレはそのこともまた問題だと思っている。

 少子高齢化の中でどんどん居住者が減って広大なニュータウンが廃墟となるのか、そこに大量の移民が押し寄せて日本が別の国になってしまうのか、オレは数十年先の日本の姿に対して悲観的なことしか予測できないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月13日(土) 阪急電車はとても良心的である        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 オレは今日、センター試験の会場である関西大学に向かうために地下鉄堺筋線から阪急千里線を利用して関大前の駅に降り立った。乗車した玉造から関大前までの運賃は420円であった。そして関西大学での大事な仕事を終えて帰るときに。駅の自動券売機で往路と同様に420円の切符を買って乗り込んだ。しかし、その後で予定が変わって梅田に立ち寄ることになったのである。

 関西在住の方なら、阪急千里線の関大前から玉造まで行くのに、地下鉄堺筋線経由で長堀橋乗り換えで移動することと、いったん梅田に出てからJR大阪環状線に乗り換えて玉造に向かうことの違いがわかるであろう。時間的には前者の方が早いので普通の場合は前者の乗り換えを行うのが普通である。

 関大前から梅田までなら220円、しかしオレの手元にはすでに購入した地下鉄連絡の420円の切符がある。オレは200円という大金をあきらめてそのまま梅田駅の改札を出ることにした。切符を入れると「ププー」と鳴ってオレはゲートでとおせんぼされたのである。料金不足でもないのになんということだろうか。

 改札の所には、テレビ電話で駅員に事情を話す機械が設置されていた。オレはそこで地下鉄連絡の切符を示して、差額を放棄する旨を伝えた。しかし、駅員は「払い戻しますので精算機に入れてください!」と答えたのである。オレは乗り越し精算機にその切符を入れた。すると差額の200円が戻ってきたのである。「ラッキー!」とオレは小躍りしたのである。

 払いすぎた客からその差額をぼったくるのではなくて、きちっと精算して返してくれるというのはよくあることなのだろうか。足りない分を請求されるのは普通のことだが、途中で旅程を中止する場合や変更する場合、それによって料金が安くなるときは返してくれるのが普通のことなのだろうか。オレはそれを知りたいのである。

 JRの場合はまだ乗っていない区間が一定以上ある場合は払い戻ししてくれる。しかし、それはある程度距離や金額が大きくないとしてくれなかったはずである。たった200円ならば普通はあきらめるしかないのではないか。

 最近はピタパとかイコカとかのような鉄道系プリカを利用する人が増えて、いちいち切符を買うのは少数派になっている。そのせいか、自動券売機の前にはほとんど並んでる人がいないのである。オレはイコカもピタパも持ってないので必ず切符を買うことになる。

 ただ、金券ショップに事前に行くことがあれば、格安切符や株主優待切符を買うことにしている。それでほんの少しでも安くなるからである。

阪急は十三駅から新線を建設して地下鉄なにわ筋線に乗り入れ、関空へのアクセスを可能にしようとしているらしい。それはほとんど意味のない荒唐無稽な計画であるとオレは思っていたが、今日乗り換えに使った阪急淡路駅のところでは高架工事が行われていたのである。京都線と千里線が交差するこの複雑な区間で、しかも周辺には住宅が密集しているという困難な場所で高架工事を行うことがどれほど困難なことか想像できるだろう。しかし、その難事業をやり遂げようとしている阪急の本気をオレは応援したくなったのである。

 


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月12日(金) 家族内虐待の悲劇を防げ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan


 子どもが複数いる家庭で親は全ての子どもに平等に愛情を注ぐのだろうか。決してそうではない。聞き分けのいい子、まじめに勉強する子もいれば、全然言うことを聞かない子もいるだろう。その場合、知らず知らずのうちに子どもに差を付けて接してる可能性がある。しかし、これはどうだろうか。3人の子のうち長女と3女は普通にかわいがるのに次女だけを虐待するということを続けた場合、他の姉妹はどのようにその状況を受け止めるのだろうか。

神戸新聞の記事を引用しよう。

10円玉握り「おなかすいた」 コンビニで5歳女児保護 傷害容疑で実母ら逮捕
1/12(金) 16:30配信 神戸新聞NEXT
 次女(5)の腕を石油ストーブに押し付けるなどして大けがを負わせたとして、兵庫県警伊丹署は12日、傷害の疑いで、無職の母親(26)と、会社員の祖母(47)=いずれも伊丹市=を逮捕した。次女の腹や脚に複数の傷があり、同署は日常的な虐待があったとみて調べている。
 母親の逮捕容疑は1月10日夕方、自宅1階の居間で、次女の左腕を石油ストーブの天板に約5秒ずつ2度押し付けた疑い。祖母は同9日夜、包丁で次女の左頬を複数回たたき、切り傷を負わせた疑いが持たれている。
 同署によると、母親は「次女が失禁したことに腹を立てて頭をたたいた後、ストーブに押し当てた」、祖母は「ご飯の食べ方をしつけたら無視され、包丁でびびらせてやろうと思った」と言い、容疑を認めている。昨年10月ごろから、しつけのため日常的に暴行を加えていたという趣旨の供述をしているという。
 次女は11日午後7時ごろ、自宅近くのコンビニエンスストアに11円を握りしめて1人で入店。素足のまま靴を履いていたことや、足首が紫色になっていたことから不審に思った女性店員が110番した。駆け付けた同署員に次女は「おなかがすいた」と話したという。女性店員は「(次女は)レジ横の揚げ物コーナーをじっと見つめていた。こんな事件が起きるなんて」と驚いていた。
 同署によると、容疑者宅は7人家族で、11日夜は家族で外食に出掛け、次女は家に残されていた。長女(6)、三女(4)に虐待の痕跡は見られないという。


 7人家族と言うことだが、女の子が3人いて、母親と祖母ということ以外はこの記事からはわからない。祖父や父親が存在するのかも知れない。祖母と母親から虐待され、家族で外食するときに自分だけ家に残されたこの5歳の女の子はどんな気持ちでいたのだろうか。想像するだけでも胸が痛む。10円玉を握ってコンビニにやってきたというが、もしもオレがその隣人でその虐待を知ればすぐに警察に通報してその鬼母や鬼婆を捕まえてもらうだろう。

 家族の中にこの5歳の少女に味方する者はいなかった。彼女はお腹を空かせてコンビニにやってきた。この寒空の下、素足に靴をはいていれば誰でもおかしいと気がつく。その上足首には紫色のあざがあったという。どうしてこのような虐待が行われてしまったのかとオレは悲しく思うのである。

 厳しいしつけと虐待は紙一重だ。親はその行為を「しつけ」だと思っていても、それは第三者から見ればどう考えても「虐待」としか思えない場合がある。そして往々にして自分が虐待を受けてきた人間の場合、それがスタンダードとなっていて自分の虐待に気づかないのである。きっとこの鬼母も鬼婆も、自分達のしてる行為を「しつけ」だと思っていただろう。5歳の子がお腹を空かせてコンビニに行き、揚げ物の入ったケースを見つめている光景を想像すると居たたまれなくなる。

 この虐待を行った女たちにはどんな罰が科せられるのか。親が子を虐待することに対して寛容な日本の裁判所は、もしかしたらこの鬼母や鬼婆に対して実刑判決を出さないかも知れない。そしてこの虐待を受けた5歳の女の子は家に帰されるのかも知れない。その次にやってくるのはさらなる虐待である。「なんでコンビニに行ったんだ!」オレはその先を悲劇を見たくない。もう絶対に繰り返さないで欲しい。

 子は親の所有物ではない。親による子殺しや虐待に対していつも日本ではとても軽い罰しか下されない。寝屋川では17年間の監禁の末に娘を衰弱死させた事件が起きている。長期間に渡って苦痛を与えたこの両親は死刑に相当するとオレは思っている。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月11日(木) 老人用にミニカーを売ってくれ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 群馬県前橋市で暴走老人が女子高生二人をはねる痛ましい事故について昨日書いたが、なんとその暴走老人は物損事故を起こしまくっていたらしい。つまり、これまでもまわりに迷惑をかけまくっていたわけですでに予兆があったのだ。どうしてぶん殴ってでも運転をやめさせなかったのか。結果としてその老人の家族もまた加害者家族として世間から非難の対象になるのである。

 移動手段がないというのなら、移動手段を作ればいい。一人乗りのミニカーやマイクロカーをもっと見直せばいいのである。普通免許で運転できるミニカーを30〜50万円くらいで買えるようにしたら、少なくとも軽自動車よりは安いわけだからそれに買い換える者も出てくるだろう。もっとミニカー市場を拡大してもらいたいのである。

 ただ、現在市販されているミニカーは排気量50CCでも時速60キロくらい出てしまう。そんな速度は必要ないからもっと最高速度を下げて、その分安全性を高めてもらいたいのである。

 自動車メーカーにも協力を求めたいところだが、残念ながら協力は期待できないだろう。なぜなら自動車メーカーの経営陣というのは志が低いクズばかりだから、車が売れればぞれでいいとしか思ってないのである。事故で人が死んでもおかまいなしで、それよりもミニカーが売れればそれだけ軽自動車や小型自動車が売れなくなると考えるような外道たちなのである。本当ならもっと普及してもおかしくないミニカーを街であまり見かけることがないのは、きっと自動車メーカーの陰謀だ。

 最高速度20キロくらいのミニカーが公道をうじゃうじゃ走るようになれば確かにじゃまである。暴走するミニカーにぶつけられるという事故も起きるだろうし、そういうクルマも任意保険には通常のクルマと同じように加入しないといけないだろう。維持費はあまり変わらなくて、しかし一人しか乗れないということを「コスパが悪い」と判断する結果、結局軽自動車や小型車を買うということになってしまうのだろうか。

 一人乗りのミニカーをネットで検索するといろんなものがある。ゴーカートのような感じの楽しそうなものもある。オレが買ってもおかしくないのだが、今乗ってるS660がある意味マリオカートみたいなものなので、わざわざ買い換えるまでもないのだが。

 もしも運転をやめてくれない頑固な老人が家にいるのなら、50CC一人乗りのミニカーを勧めてみてはどうだろうか。少なくとも移動手段には十分なはずだ。そして老人同士で「なかなかいいじゃないか」というふうに広がっていけば、販売する側もまた利益が発生すると思うのである。

 あなたの家族にもしも運転をやめてくれない頑固ジジイがいるのなら、この際ミニカーを勧めてみてはどうだろうか。うまく乗り換えてくれれば事故の心配も減るし、維持費も安くなるはずである。何より若い命が老人の暴走で奪われるという悲劇を防げるのである。老人は一人乗りのミニカーに乗れ!という運動をもっと広げてもらいたいのである。オレももしも80歳まで生きられるならばその時はミニカーにしようと思うのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月10日(水) 認知症テロをどうすれば防げるのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 始業式の朝、前橋市北代田町の県道で85歳の老人が運転するクルマが反対車線を逆走して暴走し、横転しながら女子高生の乗った自転車二台をはねとばした。ブレーキ痕はなく、暴走車はアクセルを踏み込んだままで暴走したようである。はねられた二人の女子高生は重体だという。またしても老人の暴走によって若者が深刻な被害に遭ったのである。

 このような事故をオレは「認知症テロ」と呼びたい。今回の事故でも容疑者の川端清勝人「気が付いたら事故を起こしていた」と答えていて、自分が何をしたかもよくわかっていないのである。こういう老人が絶対にクルマを運転できないように工夫をして欲しい。もっと運転操作を複雑にして、正常な判断ができないようなドライバーはクルマを発進させることもできないようにして欲しいのである。事故に巻き込まれた若者があまりにもかわいそうではないか。

 今すぐ70歳以上のドライバーには「衝突防止装置」「ペダル踏み間違え予防装置」などが装備されたクルマ以外は運転不可というルールにしてもらいたい。悠長なことを言ってられない。もうこんな悲劇は一件も起こさないようにしてくれ。すでに何件もこのような痛ましい事故が起きている。一刻も早く食い止めないとダメだ。

 オレは通勤時に危ない老人ドライバーに何度も遭遇している。西除川に沿った道をえんえんと時速30キロくらいでゆっくり走る老人マーク付きのクルマが前にいるとイライラする。しかし、暴走されるよりもまだマシだからなと思ってあきらめているのだ。しかしこの老人は反応も鈍いのか、信号が変わっても気がつくのがものすごく遅いのである。赤信号になってから5秒くらいあとなら平気で信号無視で通過する。もちろん後ろにいるオレは停まるのだが、もしも自転車がクルマを確認せずに信号だけを見て突っ走ってきたら・・・と思うといつもヒヤヒヤするのだ。

すべての高齢者ドライバーに告ぐ。もうこれ以上未来ある若者を理不尽に傷つけないでもらいたい。運転に不安があればちゃんと検査してくれ。そして検査をパスしたとしてもクルマの四角にこすったような痕がついていたら家族は運転を即座に止めてくれ。こすっても平気という時点ですでに認知症なのだ。

 認知症ドライバーの暴走テロによって、子どもや若者がはねられることほど理不尽なことはない。オレは断じてそういうことを看過しない。警察も積極的に道路上の危険なドライバーをどんどん検挙してくれ。

 大阪府下で一番やる気のない松原警察にも言いたい。立部東の交差点のところで信号無視のクルマを検挙するために待ち伏せしてるヒマがあったらもっと積極的に危険なドライバーを取り締まってくれ。交通警察業務はあんたたちのひまつぶしじゃないんだ。事故が起きないように監視するのが本来の仕事だろう。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月09日(火) 入試採点ミスで人生を変えられた人たち        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 大阪大学が入学試験の採点でミスがあって、なんと30人が合格ラインを越えているのに不合格にされてしまっていたという。大阪大学は改めて合格通知を送り、他の大学に入学している人に対しては編入も認め、また浪人している人には賠償する方針だというのだが、人生を変えられてしまった受験生たちにとっては本当に腹立たしい事件である。そして不合格になった30人がいるということは、その一方で本当なら不合格だった人が30人合格しているのである。そっちを不合格にするかというともちろんそんなこともできないわけである。ボーダーラインのわずか数点のところに多くの受験生が存在するのだ。1点2点でも決しておろそかにできないのである。

 さて、今回の採点ミスの被害に遭った受験生の中には医学部の合格者もいるらしい。そこでオレは思うのだが、もしも私立医学部に入学していればすでに払ってしまった入学金や授業料を返還してもらえるのだろうか。そうなるとかなり巨額の賠償となる。そして浪人していたとしたら、一年社会に出ることが遅れることに対して、金銭的な賠償があるのかということである。浪人生活で1年を失うということは、社会人になって働いて得られる1年分の収入を失うということである。それはとても大きな金額である。そういったところまで賠償してもらえるのだろうかということだ。もしも大阪大学の補償額が不誠実な金額なら裁判に訴える受験生も出てくるだろう。

 18歳、19歳の1年間というのは人生において宝物のような時間である。その貴重な時間を浪費させてしまった大学の責任はまことに重いと言うしかない。不幸にも浪人することになった受験生のその一年に対して金銭で賠償するなら、最低でも1000万円は払うべきだとオレは思っている。「最低でも」だ。もっと多くの金額になってもおかしくないしと思うし、予備校費用だけの賠償だったらひどすぎると思うのだ。

 また昨年大阪大学を不合格になった受験生は今年は東大や京大を目指しているかも知れない。その場合、今年の受験を認めてその上で京大や東大を不合格になった時に阪大に入れてくれるのだろうか。大阪大学はそこまで譲歩しないといけないのである。

 入試における1点2点というのはそこまで大切なのである。しかし、実際の受験生たちはそんなに大切な点数をかなり安易に捨てている。オレから見れば「こいつらアホか!」という発言をする者たちもいるのだ。たとえば現代文(評論)の第一問には漢字の問題がある。2点×5=10点分である。同じ漢字を用いてる熟語を選ぶという形の常識問題で、通常の国語力のある大人なら全問正解できて当たり前である。オレはこの漢字問題で間違えることは絶対にない。オレに言わせればこの問題は「1問でも間違うヤツが馬鹿」というレベルである。

 しかし世間の多数派を占めるDQN受験生たちは「漢字を必死で覚えても一問あたりたった2点だから捨てる!」と堂々と公言するのである。まあそういうレベルのDQNたちはどうせ他の科目も捨てたような点数しかとれないのだが、そもそも受験勉強を「コスパ」でとらえている時点でろくな受験生じゃないのである。そんなにコスパ重視ならば、覚えることが少なくて高得点が確実にとれる物理や漢文でちゃんと得点すればいいわけなんだが、実際は漢文で壊滅したり物理ではなくて生物を選択したりしているのである。要するに「口だけのアホ」ということである。

 2018年の大学入試センター試験も目前に迫っている。今からできることはもうそんなに多くない。ただ勝つ生徒と負ける生徒ははっきりしている。やっぱり心がけの問題なのである。

 負ける生徒というのは、同じ間違いを繰り返し続ける生徒である。自分がなぜ間違えたのかということを反省できず、解いた後の問題をすぐに捨ててしまうような輩である。逆に勝つ生徒というのは間違えた悔しさを忘れない生徒である。自分が間違えた問題を執念深く覚えていて、その反省を次に活かせる生徒である。

 もう40年近く前のことなんだが、オレは自分が京都大学の二次試験を受けたときに解けなかった問題のことを今でも覚えている。合格発表の時まで、その「解けなかった」という悔しさで激しい自己嫌悪に陥り、ずっと痛恨の日々を送っていたのである。それだけに合格の喜びも大きかったわけだが。

 受験生諸君よ、試験前の最後の時間はどうかこれまでに受験した模擬試験の問題をしっかりと見直そう。そしてその問題が解けなかった悔しさをもう一度感じ取ることで,今度は絶対に解くぞ!と気持ちを新たにすることで本番に臨んで欲しい。オレが言いたいのはそれだけである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 


2018年01月08日(月) 成人式ではなくてDQN式である        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 テレビで九州のある都市の成人式の模様を中継していた。確かここは暴力団工藤会と住民との対立が問題となっていて、組事務所に反対運動する住民が襲撃されたりする大変な街だったはずである。

 暴力団が盛んに活動できるということは、その人材の供給源となるDQN人口が多いということである。もちろん北九州市以外の地域から流入するDQNもいるかも知れないが、そのDQN率の高さをオレはテレビで中継される異様な新成人たちを見て確信したのである。これは断じて「成人式」などではない。もはや「DQN式」と呼ぶべきではないのかと。

 成人式の会場で式典が始まっても、奇抜なスタイルの新成人たちは会場内に入らずに外にたむろして騒いでいる。いつのまにか飲酒する者がいたり、小競り合いが始まったりとまさにDQN祭の惨状なのである。まじめに市長様のお話を聞くなんて新成人はその異様なスタイルのDQN集団の中にはいない。

 この異様なスタイルの成人式の背後にはその衣装を提供する業者が存在するわけで、ブームは実は作り出されたモノである。「DQNスタイル=カッコイイ」という刷り込みを与えることでそれをビジネスモデルとして成功させたのである。成人式の日のためにDQNたちは何十万もゼニを使ってその異様なファッションを身につけることになる。

 ただ、何がカッコイイと思うかは確かにそれぞれの自由である。その歴史的な意味も全く理解せずにナチス親衛隊のコスプレがかっこいいと思うヤツもいるだろうし、少し前にはオリンピックの選手団の制服を着崩して腰パンにしていた馬鹿がいた。ああいう馬鹿を見ていてオレが思ったのは、いくらオリンピック選手でもこれは日本の恥だということだった。オレがふだん街で中学生や高校生を見ていて思うのは、制服をだらしなく着ているヤツは大人たちの目には馬鹿にしか見えないということである。もちろん頭の中味は見ただけでは判定できないのであり、本当に馬鹿かどうかはわからない。ただ、普通の頭の中味ならそんな格好をしてると馬鹿に見えるということは常識的にわかると思うのだ。もしかするとそんなこともわからないほどに馬鹿なのかも知れない。

 その数十万の衣装代をたとえば何か勉強して資格を取るために使うとか、あるいはしっかりと貯金したり堅実な株式に投資したりしたら自分にとっての貴重な財産になる。しかし衣装代に使うことはパチンコに使ってることと同じでただの浪費である。若者にとって貴重なお金が、そうした意味のないことに消えてしまうのである。

 暴走族がクルマを改造するのにむちゃくちゃお金を掛けたりするのはいかにもDQNらしい行動である。その「カッコよさ」というのはたとえば千葉や茨城の暴走族が付けてる竹槍みたいなマフラーであるとか、ただ空気抵抗を増してるだけの意味のないエアロパーツとかであって走行性能を向上させるものではない。彼らの中だけで価値のある文化である。馬鹿なことや意味のないことにゼニを使えるのがDQNの誇りなのだ。

 日本の成人式は放置すればこのようなDQN式になってしまうのだろうか。日本中で散見される「荒れた成人式」というものも、会場内にそうしたDQNを無理に入れようとするからであり、九州の某市のようにそもそも会場内に入ってこないで外でDQN同士で騒いでるだけなら全然問題ないのである。

 いっそのこと、成人式とDQN式を分離して行えばいいのである。「成人式会場」「DQN式会場」とそれぞれの場所を明示して、自分がちゃんとした新成人と思う者は成人式へ、自分が奇抜な格好をしてはじけたDQNと自負するならDQN式に出ればいいのである。分離すれば何の問題もないわけだ。

 DQN式の来賓にはDQN文化の代表である人たちを招けばいいのである。世の中には正真正銘のDQN気取りがいくらでもいる。ASKAとか、清原和博とか長渕剛とかを呼んだらいいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月06日(土) オレは言い訳が嫌いだ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 クルマで暴走して人をはねた下手くそなドライバーがよく使う言い訳がある。

「アクセルとブレーキを踏み間違えた!」

 オレはこの言い訳が大嫌いだ。オレは免許を取ってからもう30年以上、距離にして50万キロくらいは運転しているが、一度たりともそんなミスをしたことはない。まっとうなドライバーは決してそんなミスはしないのである。そういうミスをするのは運転に適さないヘタクソや、認知症でペダルの区別の付かないドライバーくらいである。

 1月5日にも岐阜県で、自動車販売店の従業員の男性が店から出ようとした79歳のドライバーの運転する軽自動車にはねられて意識不明、その軽自動車は暴走して他のクルマにぶつかってから電柱に激突して止まるという事故が起きている。

 もう法律で決めてもらいたい。70歳以上のドライバーの運転するクルマには、衝突防止蔵置や安全装置の装着を義務づけ、そうでない車の運転を全面的に禁止してもらいたいのである。このような悲劇をいますぐに根絶してもらいたいとオレは切に願っている。

 世の中には言い訳が満ちあふれている。たとえば遅刻した生徒が「電車に乗り遅れました」と言い訳するが、そもそも乗り遅れる原因は家を出る時間が遅かったからであり、家を遅く出た原因は、起きる時間が遅かったからであり、本当の遅刻理由は「寝坊」ということなのである。それを「電車に乗り遅れた」と主張するのは間違いだ。そういう言い訳をすると、まるでそこまでは時間通りに行動できていたのに、たまたま電車に乗る直前になって急に身体の動きが鈍くなって乗れなかったような不思議な印象を持ってしまうのである。あるいは電車が予定の時間よりも突然早く発車したから乗れなかったのかと思ってしまうのだ。日本の電車に限ってそういうことはありえないのである。だからオレは絶対に「乗り遅れた」という言い訳を認めたくないのである。

 セクハラ行為や暴言を酒のせいにする輩も大嫌いだ。世の中には酔うと変態になるオッサンがたくさんいて、その酔っ払った状態でタクシーのドライバーに暴言を吐いたり暴力をふるったりとか、いきなり女性の身体を触ったりするセクハラじじいとか、式守伊之助のように男にキスをしたり胸を触ったりという人がいる。

 そういう行動は酒のせいで起きるのではなくて、もともとそういう素質のある人間だから起きるのである。変態の素質を持ってる人間が酔っ払ってたがが外れて変態になるわけで、オレのようにもとからまっとうな人間は酔ってもまっとうな発言や行動しかしない。それはすべてもともとの人格の問題である。

 犯罪をしておきながら「覚えていない」とほざく連中も嫌いだ。クルマに痕跡もあり、監視カメラに映るという証拠もある飲酒運転で人をはねたクソ野郎が「全く覚えていない」などと答えた場合は問答無用で死刑にしてもらいたいと思っている。人をはねてもわからないようなヘタクソなのか、あるいは意識のない状態で危険な運転をしていたのかいずれかだからだ。まっとうな裁判を行うのはやったことを認めたヤツだけにしてもらいたいのである。

79歳のドライバーの暴走ではねられてしまった自動車販売店の方が無事に回復されることをオレは祈っている。とにかく、運転が下手くそなヤツには衝突防止装置を義務づけてもらいたい。オレはそんなもの必要ないが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月05日(金) 高速道路の対面通行をなくせ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 年末年始は帰省のためにふだんあまり運転しないドライバーが長距離を運転する機会が多い。そのために事故もよく起きる。特にオレが気になるのが暫定二車線で対面通行になってる田舎の高速道路である。たまにオレも高速道路の対面通行部分を走ることがあるが、いつもヒヤヒヤしながら運転している。自分がどんなに安全運転して注意していても、ヘタクソに正面から突っ込まれたら逃げようがないからである。

 いちおう中央には申し訳程度のゴムポールが立っているが、車の衝撃を跳ね返すようなものではない。あんなものでは屁のツッパリにもならないのである。

 正面衝突の場合、相対速度は両方の車の速度の合計だからとてつもない大きな衝撃となる。それを受け止めるにはオレのふだん乗っているホンダS660では無理だ。かといって自分の命を守るためにランドクルーザーやハマーに買い換えるゼニもないし置く場所もない。あのような大きな車は燃費も悪くて迷惑なことこの上ないが、ヘタクソに突っ込まれたときに自分の命を守るという意味では大いに有効だとオレは思っている。

 その対面通行部分で、センターラインの所をゴム製のポールではなくてワイヤーロープにしたところ、事故が激減したという実験結果を知った。こんな簡単なことで事故は防げるのだ。ワイヤーロープを張ると、これまでセンターラインを越えてしまっていたヘタクソがそこで跳ね返されて自損事故になるわけである。少なくとも他車に迷惑をかける可能性が大きく減少したわけでとてもいいことである。

 道路中央部にワイヤーロープを張って上り下りを確実に分離するだけで大きく事故が減らせるのだ。そのためにかかる費用は知れたものである。交通事故の死者は現在でも毎年減少しているが、対面通行の高速道路での死者をなくすことができればさらに減らすことが可能である。各メーカーの導入している事故防止技術と合わせて、日本の道路を世界一安全な道路にするために国は積極的に動いてもらいたいのである。

 もっともいくらインフラ整備に力をいれても、ヘタクソそのものを減らすことはできないわけでこれからの交通事故対策はそうしたヘタクソ対策が重要になってくるだろう。そうなると自動運転の導入が一番効果がある。ヘタクソの運転よりも自動運転の方が安全性が高いのはもう誰もが認めることである。

 ペーパードライバーの方でも、いちいち講習にいかなくても自動運転車を買えばいいのである。いずれカーナビで目的地を入れたら勝手にそこまで運んでくれる日が来るだろう。ショッピングモールの大きな駐車場であっても、AIが考えて出入り口に近いところにクルマを駐めてくれるなんてことが実現するかも知れないのである。飲酒運転も根絶できるかも知れない。自動運転でクルマにすべてを任せれば、ドライバーが泥酔して眠っていても勝手に家まで運んでくれるからだ。自動運転技術がどんどん発達したらもしかすると「手動運転禁止」なんて日が来るかも知れない。ドライバーが運転を楽しめるのは今だけかも知れないのである。

 今はS660という運転を楽しむクルマに乗っているオレも、次に買うクルマは「自動運転のついたやつ」と決めている。高速道路を長時間走るときはやはり自動運転にしてラクチンに走りたいからである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月04日(木) シャブ中が売り歩くシャブを買いますか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 覚醒剤でボロボロになったヤツが、それでも「やっぱシャブはイイですよ!」「シャブ最高ですよ」と言って覚醒剤を人に勧めていたら誰でも「こいつはアホか?」と思うだろう。それと同じことをやってるのが日本政府である。オレは声を大にして「アホか!」と言いたい。

 福島第一原発の事故は取り返しの付かない大災害だった。しかもきちんと津波対策をしてれば防げたという意味では「人災」でもあった。東京電力の経営陣は津波に対する危険性をある程度知っていたが「そんな大きな津波は来ないだろう」とたかをくくっていたのである。過去に大津波が来ているという歴史のことも考えず、予備電源を地下や高台に設置するということもしていなかった。

 広大な地域が放射性物質で汚染されて「除染」の対象となり、子どもの甲状腺ガンが爆発的に増加しても政府はそのデータを隠蔽しようとする。そんな状況を「ボロボロになった」とオレがたとえることは間違ってるのだろうか?

 ところがその未曾有の大災害の復旧の目処も付かないのに、日本は海外に原発を売りつけようとしている。アメリカもヨーロッパも「原発は商業的に引き合わない」ということがわかって撤退しようとしているわけで、今後の顧客はインドや中国といった国々しか残っていないし、それらの国もいずれ原発から手を引くだろう。

 イギリスにむりやりに原発の新規建設を押しつけようとしても、当然断ってくるわけだが、なんと日本政府が債務保証するという形で新設計画を進めているのである。これがどういうことかわかるだろうか。イギリスで原発事故が起きた場合、その事故の補償を日本の国民が税金で負担しないといけないのである。そんなリスクの高いことをなんで政府はしようとしているのか。そして日立製作所はどうして原発事業から手を引かないのか。オレのような素人には日立の経営陣にどのような賢明な判断があるのかわからないのである。

 日本政府のこのありえない方針に対して「NO」と言えないのはなぜか。それは自民党の独裁体制が選挙で確立し、野党が弱くて文句を言えないからである。政権首脳の連中は多くのスキャンダルを抱えながらもマスコミを飼い慣らして追求させない体制作りを固めてしまったのである。

 参考までに毎日新聞の記事を引用しておこう。

原発輸出 政府が債務保証 大手銀など1.5兆円融資 英で新設
毎日新聞2018年1月3日 東京朝刊
 日立製作所が英国で進める原発新設プロジェクトに対し、3メガバンクと国際協力銀行(JBIC)を含む銀行団が、総額1・5兆円規模の融資を行う方針を固めた。事故などによる貸し倒れに備え、日本政府がメガバンクの融資の全額を債務保証する。政府系の日本政策投資銀行は出資による支援を行うほか、中部電力など電力各社も出資を検討する。総額3兆円規模に上る原発輸出を、政府主導の「オールジャパン体制」で後押しする。
 JBICや政投銀による投融資も含めると、政府が巨額のリスクを抱える形となる。損失が発生すれば、最終的には国民負担を強いられる懸念もある。
 投融資の対象となるのは、日立の英国子会社が2020年代半ばの稼働を目指し、英中部アングルシー島で進める原発新設プロジェクト。日立は投資の最終判断を19年度に下す予定だが、リスクを1社で負うのは不可能として、日英両政府や金融機関と協議を続けている。国内金融機関と政府全額出資の日本貿易保険(NEXI)は昨年12月、日立の求めに応じ資金支援の意思を示す趣意書を提出した。
 関係者によると、日立は現時点で原発建設の事業費を3兆円程度と見積もり、うち1・5兆円程度を金融機関の融資、残りを出資で賄うことを見込んでいる。融資のうち、三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクは1行当たり千数百億円程度を拠出し、3行の融資総額は5000億円規模となる見通し。NEXIが債務を保証する。残りはJBICや、英国の民間金融機関が融資する。
 出資は政投銀が意向を日立に伝えたほか、日立製の原子炉を国内で使用する中部電力と日本原子力発電も検討に入った。日立は東京電力など他の電力会社や商社にも出資を打診しており、関連事業会社連合の協力でリスク分散を図る。原発新設を急ぐ英国政府もプロジェクトに出資する意向で、日英両エネルギー担当相は昨年12月、今後の協力に関する書簡を交わした。
 原発建設は、11年の福島第1原発事故後の安全コスト増大で世界的に採算が悪化しており、東芝の経営危機の原因にもなった。だが政府は「技術を絶やさないためにも、英国のプロジェクト獲得は必要」(経済産業省幹部)との立場で、全面支援の姿勢を示している。【横山三加子、片平知宏】



 「技術を絶やさない・・・」とあるが、今後必要な技術は「運転中の原発を安全に廃炉にするための技術」だけで十分だ。もはや新設する必要はどこにもないのである。そしてこの計画に対してイギリスの国民が「NO!」と表明したら、どんなに工事が完成していてもすべてが無駄になるのだ。ドイツが原発から完全撤退した今、ヨーロッパの諸国がその流れに追随するのは自然なことである。完成間近に「廃炉」ということが決まれば3兆円をドブに捨てたことになるが、その債務は日本国民が背負うのである。こんな馬鹿なことを許していいのか。日立製作所はいつになったら原発事業から撤退するつもりなのか。オレは日立の株は絶対に買うべきではないと思ってるが、それは東芝やパナソニックという将来を見通せないダメな経営者のいる企業の株を買わないのと同様の理由である。

 日本製の原発は、シャブ中が売ってる質の悪いシャブである。オレはそう断言する。そんなものを世界にばらまいて事故を起こした時にどうやって責任を取るのか。日本国民全員に責任を負わせるのか。オレはイヤである。断固として拒否したい。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月03日(水) わざわざ差別を作り出す人たち        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 年末恒例のお笑い番組「笑ってはいけない」シリーズは今年も視聴率17%を超えた。紅白歌合戦の裏番組でありながらこの視聴率は驚異的であり、国民的お笑い番組として認識されている。2017年のテーマは「アメリカンポリス」ということでダウンタウンの浜田雅功が、肌を黒くメイクして「ビバリーヒルズ・コップ」に扮して登場した。エディ・マーフィーの物まねなんだから黒塗りメイクして当然である。ところがこのことに関してアフリカ系アメリカ人で横浜に住むベイ・マクニールさんという作家が不快感を示したという。

 日本では数々のものが「黒人差別」を連想するとして追放されていった。手塚治虫のアニメ「ブラックジャック」は、原作では黒人の少年から顔の皮膚を移植用にもらったブラックジャックの顔半分が黒くなっているのだが、リメイク版のアニメではそれをわざわざ青く変えていた。つまり「黒い皮膚」が黒人を連想させ、それが差別的だというのである。
 
 カルピスのロゴマークが変えさせられるということもあった。「ちびくろサンボ」という絵本が絶版に追い込まれ図書館から追放されるということも起きた。しかし、それらを見たり読んだりした日本の子どもたちがそれを差別的なものとしてとらえていただろうか。否である。日本にはそもそもアメリカに存在するような人種差別的な空気はなかったのであり、それを勝手に植え付けようとしてるのは実は「差別を無くせ」と声高に叫んでいる人々なのである。

 戦前の日本は国際連盟で「人種平等宣言」を提唱したが、人種差別を国策としていたアメリカやイギリスの反対でつぶされている。そんな差別の歴史を持つ国の分際でアメリカやイギリスの連中が「人権」を叫ぶなど千年早いのである。おまえらは日本よりも千年以上も人権思想の遅れた田舎者の国なのだ。ふざけるなとオレは言いたいのである。アメリカで人種差別がいつまでもなくならないのは、アメリカ人の人権意識が日本人よりもはるかに劣っているからである。

 仮に日本の中学校にアメリカから黒人の少年が留学したとする。その送別の会の時に一緒にダンスする日本の少年少女が黒人風に黒塗りメイクしたとしてそこに悪意が存在するだろうか。否である。日本の若者はそれを好意の表現として行ってることは明らかでありそこに差別の思想は全くない。ところがそれをどこからか聞きつけた「差別を作ることが大好きな人たち」はそのニュースを勝手に悪意に解釈して「黒塗りメイクで留学生の気持ちを傷つけた」などと創作記事を作ってしまうのである。オレに言わせれば「アホか!」の一言である。

アメリカ人が黒塗りメイクに対して不快感を感じるのはそれはアメリカ人の心の中に彼らが黒人に対して行ってきた数々の差別の歴史を思い起こさせるからであり、その差別が現在進行形で続いているからである。アメリカの大学が入試の際に成績が低くても黒人だから合格にしたりするのは逆差別によって過去の贖罪を行ってるようなものであり、日本人の目から見ればそもそも入学願書の書類に人種を記入させてる時点で差別以外の何ものでもない。そんな単純なことがアメリカ人にはわかってないのである。少なくとも日本の大学入試の時には国籍や人種は全く問題にならない。受験資格のあるなしだけが問題なのである。

 どこの国の人間であろうとどんな人種であろうと、能力のある者や努力をした人が正当に評価されるのが真に平等で公平な社会である。そういう意味ではオレは日本の社会はかなりすぐれていると思っている。ちゃんと高校を卒業しさえすれば誰でも大学の入学資格が得られるし、そこからすべての職業への道が開けているのだ。高校を中退した者に対しても高卒認定試験の制度がちゃんと存在し、その試験内容はかなりやさしいのである。貧しい家に生まれた子でも、東京大学に入って官僚になるチャンスはちゃんと用意されているのだ。勉強して成績を上げさえすればその夢は叶うのである。

 そんな平等社会の日本から見れば、いつまでも人種差別をやめられないアメリカはとんでもない後進国に思えるし、年間に銃で撃たれて3万人が死んでる国なんてろくなもんじゃねえと思うのである。そんなクソ田舎の無法国家であるアメリカから日本の番組が非難を受けるとしたら、「おまえの国には言われたくねえよ」と答えたいのである。

 全く差別でも何でもないものに「これは差別だ」といちゃもんをつけることを商売にしている人たちこそが、心の中に差別を飼っていて差別意識に凝り固まってる人に間違いないとオレは思っている。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月02日(火) 正月は休んで餅を食え!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 どうして正月からやってる店があるのだろうか。オレの妹一家は元旦からりんくうタウンのアウトレットに出かけていた。正月くらい家で餅でも食ってのんびりしろよとオレは思うのである。元旦に開店してるスーパーで働く従業員の身にもなってやれよと思うのである。そんなときに開いてる店は、ちょっと値段を高くしてそこで働いてる人に還元してやれよと思うのだ。正月価格でいいじゃないか。

 だからオレは年末年始のラブホテルがぼったくり料金になっていることもしごくもっともだと思うのである。年末年始のそんな時にラブホに泊まっていたり休憩に来るのはろくな連中じゃない。そういう方々のお世話をしている人たちに高いギャラを払うのは当然じゃないか。

 お正月からオープンするのは初詣の関係で賑わう寺社仏閣とその周辺の飲食店くらいでいい。そういう店にとっては逆にふだんはのんびりしているわけだから、正月のかき入れ時の時にがっぽり稼ぐ必要があるのだ。

 お正月は家族と過ごす時間にすればいい。クリスマスやGWをぼっちで過ごした人も、せめて正月は親孝行したり、祖父母と過ごしたりして家族の時間を大切にしろよと思うのである。都会で働く人も田舎に帰るべきだと思うのだ。年に一回くらいは郷里で過ごす父母のところに孫を連れて行くのが大切なイベントじゃないか。

 24時間営業が当然だというコンビニも休んでいいと思う。もっと多くの店が正月は休んで、そのために人々が不便を感じたら多少高くても開いてる店で買うということに納得すればいいと思うのである。

 もしもオレが小売業に従事していたならば、正月から休めないということを大変悲しく思っただろう。幸いなことに学校という基本的に正月は休める職場だから安堵してるのである。正月に休めないのは受験生だけでいいのである。その受験生も元旦くらいは餅を食ってのんびりしてもいいと思うのである。

 実は正月に一番気がかりだったことは、あの北朝鮮の刈り上げ小僧が暴発して戦争をおっぱじめたらどうしようかということだった。幸いなことにあの馬鹿が暴発することはなかったわけだが、実際に戦争になったら日本も無傷では済まされないわけで本当に困るのである。

戦争のない平和な世の中だからこそお正月ものんびり過ごすことができる。戦後の日本がこうした繁栄を得られたのは、日本が「戦争放棄」を国是としていたからだと思うのである。もしも憲法9条がなかったら、朝鮮戦争の時に日本兵が戦場に派遣されていたかも知れない。少なくとも軍隊が日本に存在していれば、それは「国連軍」の一部として半島に投入されたに決まってるからだ。

 北朝鮮の脅威は今の所なさそうだが、我が家に存在する大量の殺人食品「餅」の脅威はひしひしと感じている。85歳の母は餅が大好きである。母にそんな危険なものを食べさせるわけにはいかない。なんとしてもオレが先に食い尽くさないと行けないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 

2018年01月01日(月) 「平成」の終焉と新たな時代について        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 天皇陛下が退位することになって、平成という一つの時代が終わることとなった。平成元年というのはオレにとっても一つの区切りの年である。昭和の最後が近い1988年にオレはヨーロッパをまる一ヶ月放浪旅行した。その東欧北欧を巡る旅「白夜特急」の中で、オレが実感したのは「東側諸国の社会主義体制の終焉」だったのである。ポーランドや東ドイツを旅しながらオレが感じていた空気は後に現実となった。この件に関しては後に友人からよく言われたモノである。

「おまえが東欧で民衆を扇動して回ったからあんなことになったんだろう!」

 オレがワルシャワの街角で、ポーランドの若者と第二次大戦やその後の歴史、そして社会主義と資本主義の抱えた問題について議論したことは事実だ。彼らはストレートに「あんたは資本主義と社会主義とどちらが好きか?」と訊いてきて、オレが「資本主義だ」と応えると彼らもすぐに同意し「 我々はロシアが嫌いだ。我々は決してカチンのことを忘れない!」と語った。当時のオレはソ連軍が捕虜のポーランド軍将校を虐殺した「カチンの森事件」についてまだ全く知らなかったのである。

 翌年の正月に天皇陛下が崩御されて、平成という時代がやってきた。平成2年の春にオレは今度は新婚旅行でベルリンに出かけた。まだ東西ドイツは統合していなかったがベルリンの壁が崩壊し、その壁のカケラが土産物として販売されていたのである。大韓航空機で隣り合わせたドイツ留学から帰国するという韓国人の青年は「ドイツはきっと近いうちに一つの国になるよ」と語った。その時にオレは「きみの国は?」というちょっと意地悪な質問をしてしまったのだが、彼が少し悲しそうな顔をした後で「 In the future 」と決然と答えたことを今でも覚えている。

 平成という時代のスタートは、ヨーロッパでの社会主義体制の崩壊によって始まったのである。ただ、ベルリンの壁が崩壊する数ヶ月前には中国で天安門事件が起きて多くの民衆が政府によって虐殺されたこともまた事実だ。天安門事件の死者は3000人とも2万人とも言われるが、その正確な数は不明のままである。一方で民主化を求める市民によってチャウシェスクのような独裁者が虐殺された国があり、もう一方では政治権力によって市民が虐殺されていた国があった。平和な日本から傍観していた我々は、そこでいったい何を学ぶことができたのだろうか。

 その後、日本はバブルが崩壊して長い不況の時代を経験した。就職氷河期がやってきて、失われた20年と呼ばれる長い沈滞の時代を経験することになったのである。戦後の「昭和」のイメージを「高度成長」とするなら、「平成」は「繁栄の後の長いトンネル」と呼べるだろうか。

 その平成の時代が終わる。平均初婚年齢がどんどん上昇し、子どもの数も減った。結婚しない人が増えた。結婚しても離婚する人がものすごく増えた。オレが子どもの頃に当たり前だと思っていたライフスタイルは、もはや幻想の昭和の中にしか存在しないものとなってしまった。「三丁目の夕日」という昭和を描いた映画が妙に郷愁を呼びさますほどに昭和という時代ははるかな過去になってしまったのである。オレの記憶の中の「昭和」は輝いているが、「平成」の記憶はあまり明るくはない。仕事もハードになったし、自由になる時間も減った。これはとても個人的なことだが仕事のストレスが困じて3度も入院してしまった。すべてそれは「平成」の世に起きたことである。だからオレの中の平成のイメージもやはり「長く暗いトンネル」のような時期だったのである。

 新しい時代はどんな時代になるのだろうか。平成生まれのオレの二人の息子たちはほぼ親からの自立を果たしてそれぞれの人生をスタートした。長男は教師になることを目指して教育大で学び、次男はなんと外国に行ってしまった。オレにとっての新しい時代というのは、すでに親としての役目を卒業した後、息子たちの活躍をただ眺めている時代なのかも知れない。海外生活のあれこれをときどきツイッターでつぶやいている次男を見ていて感じるのは、自分にはできなかった別の人生を実際に体験して見せてくれているという面白さである。

日本がこれからどんな国になっていくのか。そして世界情勢はどうなるのか。それをオレが見届けるほど長生きすることはたぶんできないだろう。リニアが大阪まで伸びる日にはもはやリニアに乗って移動する必要もない老人になっているだろう。

 オレは高校教員としてのキャリアのほとんどを「平成」という時代の中で過ごした。平成の長いトンネルの中でオレは教壇に立ち、多くの生徒を卒業させてきた。何度か生徒を送りだしたその卒業式の日に必ずオレが語ったことがある。

「卒業おめでとうとは言いたくない。こんなひどい世の中に君たちを送り出すことがオレはとても悲しい。高校には校則があり、悪いことをしたら罰を受けるし、がんばったら成績は上がる。しかし社会ではルール違反をしても捕まらない人が多いし、努力が必ずしも報われるとも限らない。そんな無法地帯に君たちを送り出すのに『おめでとう』なんてとても言えない。」

「ただ、古い世代の大人たちが作ってしまったそんなひどい世の中であっても、正義が実現し一人でも多くの人々がよりよく生きられる世の中を目指して社会を変えていく力を君たちは持っている。その力と可能性をオレは信じていたい」


 オレが教室で一人一人の心に訴えたことが少しでも通じて、ちゃんと正義が実現する公正な社会を築けるように誰もが努力してくれること、そうして新しい時代がやってくることをオレは信じていたい。平成の次に来るのは、平成みたいに「世界で差別や対立が顕在化した時代」ではないことをオレは祈っている。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m 


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン