江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2005年07月31日(日) スペースシャトルなんてクソだぜ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレはスペースシャトルなんてろくなもんじゃねえと思ってる。工業技術という点では日本にはるか遠く及ばないアメリカみたいな後進国が作ったロケットなど危険極まりない。そんなもんに命を預けてるなんて全く信じられないぜ。まるで狂気の沙汰だ。飛ぶたびに耐熱タイルがはがれ落ちたり、計器が故障したまま飛ばしたり、そんな欠陥品でよく平気でいられるものだ。いかにアメリカ人が雑でいい加減かということである。

 オレはアポロが月に行ったという話も信じていない。どうせ映画の特撮技術を使ってどこかの砂漠で夜に撮った映像を流しただけだろう。本当にそれだけの技術があったのならどうして今、月ロケットを飛ばせないのだ。おかしいじゃないか。

 なぜ野口さんが搭乗してるのか日本国民は知ってるのか。日本人を乗せてやるということで日本政府から莫大な研究協力費を引き出してるんだぜ。騙されちゃいけないぜ。いったい何百億円払わされてることか。そうして乗せた日本人に危険な船外活動をやらせてるんだ。そんなにゼニを払わされたのならお客さんとして丁重に扱えよ。宇宙飛行士として搭乗してるんだ。宇宙左官屋じゃないんだ。どうして宇宙空間まで行って壊れたタイルを補修する練習をさせられるんだ。いったい日本人をなんだと思ってるんだ。

 てめえらが欠陥品のスペースシャトルを作っておきながら、宇宙空間でのその欠陥品の修理という危険な作業は日本人にやらせようとする。結局てめえらは日本人のことを「金づる」「便利な道具」としか思っていないのだろう。腹が立って仕方がねえぜ。

 前回のシャトルの事故の時にオレははっきり思ったぜ。「こんな危険なものには日本人は乗せられない」と。日本政府はそこで、「これまで払ったゼニを返せ。もう協力なんかしない」と言い放ってもよかったんだ。それをあっさり丸め込まれて援助を続けている。どこまでお人好しなんだ。

 もしも日本がロケットを飛ばしていて、そこに搭乗したアメリカ人が事故で死んだら、おそらく天文学的数字の賠償金を請求されるだろう。自分たちは未熟な技術でロケット開発をしておきながら、他国に対してはいつも完璧を要求してくる。日本車がアメリカで事故を起こして死者が出ると、運転が下手だから起きた事故であっても「安全性が足りなかった」と自動車メーカが賠償させられるんだ。そんな自分勝手でむちゃくちゃな国アメリカ。オレはただ野口さんの無事帰還を祈るだけである。

←日記才人投票ボタンです。押すと続きが読めます。最初だけ登録の作業が必要です。

2005年07月30日(土) 巨人軍、なんとポケモン軍に敗れる!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 今時、巨人戦を地上波で見ている人がいるのだろうか。オレはたいていスカパーで見る。たまにスカパーでやっていない困った野球中継があって、それは必ず巨人戦なのだがいつも見ていて不快感に襲われる。それは、野球中継というよりはバラエティ番組の合間に野球を流してるとしか思えないひどい中継内容だからだ。特に日本テレビ系列の野球中継はひどくて見ていられない。

 まずCMが長い。特に巨人の攻撃が終わった後のCMが長い。CMが終わって野球が映った時には回の先頭打者はたいてい終わっている。変なゲストがいつもいて、野球に関係のない話題をしゃべっている。そんなことを続けてるから、野球好きな人ほど地上波で野球を見るのをやめてしまうのである。

 視聴率が落ちればますます野球にスポンサーはつかなくなる。人気のないものを放送してももうからなくなるのである。野球中継を延長せずに別の番組にした方がテレビ局も収入が増えるわけだ。その先陣を切ったのがフジテレビだったのである。
 
 7月29日、フジテレビは今後予定されているプロ野球巨人戦ナイター中継の放送延長を、これまでの最大30分から15分に短縮すると発表した。これでは終了まで放送するのはまず無理だ。しかし、視聴率の稼げない番組を切ってしまうのはテレビ局が営利を追求する以上当然のことである。サンテレビが阪神戦を常に最後まで放送するのは、そうすることで阪神間に絶大なる支持を得ているからであり、スポンサーがつくのである。CMはもちろん関西ローカルなものばかりだが。阪神ファンのいる家庭ではたいてい夜のチャンネルはサンテレビに固定されてるはずである。我が家もそうしたいのだが、電波の受信状況が悪いのでやむなくスカパーにしているだけである。悪いのは我が家のウラに建っている三階建ての家である。その家が建つまではちゃんとサンテレビは受信できたのである。

 7月28日の巨人―阪神戦は阪神が2回にいきなり打者一巡の猛攻で9点を取って勝負を決めた。その視聴率は5.2%(関東地区)と、今季最低だったのである。ちなみに関西地区では19.2%、阪神ファンはみんなウハウハ喜びながら見ていたのだ。この夜の番組の中で、同じ時間帯で最も視聴率が高かったのはNHK総合「ニュース7」の20.7%である。巨人戦の視聴率はテレビ東京の「ポケットモンスターAG」の5.3%も下回っているのだ。

 たぶん、巨人ファンはリードされるとすぐにチャンネルを変えてしまうのだろう。どんなに大差でも最後までサンテレビを観ている阪神ファンとは根本的に人種が違うのである。フジテレビは8月4日以降に7試合の巨人戦を予定している。さて、他の局もこの方針に追随するのだろうか。それにしてもどうして巨人ファンはこんなに面白いものを見ないのかね。阪神が首位を走っている今の状況がそんなに不愉快なのか。面白くて面白くてたまらないじゃないか!

←日記才人投票ボタンです。押すと続きが読めます。最初だけ登録の作業が必要です。

2005年07月29日(金) なんでも売ります楽天市場        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 楽天が運営するインターネットのショッピングサイト「楽天市場」を利用した顧客の個人情報が流出した問題で、7月28日、流出した情報は284件に上ることを確認したと楽天側は発表した。通販の方が店で買うよりも安い商品もあるし、店では手に入らないモノが通販で買える場合もある。そういうわけでネットショッピングをオレも時々利用しているのだが、まだ楽天市場は一度も使ったことがなかった。セキュリティが信用に関わる業界で、その最大手の楽天でまさかこんな事件があるとはとオレは驚いている。日本最大のネット上のショッピングモールで、個人情報まで売りに出ていたとしたら笑えない話である。

 警視庁は、内部関係者が資料を無断で持ち出したか、外部から何者かが同社のサーバーに侵入した疑いもあるとみて、窃盗や不正アクセス禁止法違反などの容疑で捜査を始めた。もしも内部犯行ならばますますもって顧客の信用を失うわけである。もちろん楽天はその可能性を強く否定しているのだが。旅行サイト「旅の窓口」のホテル予約手数料を一方的に値上げしたために、ライブドアに顧客を奪われつつある楽天が、今回の事件でさらに大きなダメージを受けたことは明白である。

 流出した情報は、輸入雑貨販売会社「センターロード」が楽天市場に出している店舗「AMC」で買い物をした顧客の個人情報。住所、氏名、電話番号、生年月日、クレジットカード番号、メールアドレス、購入商品などのデータが含まれていたという。これだけの情報があればクレジットカードの利用できる通販サイトでじゃんじゃん品物が買えてしまうじゃないか。

 今のところ流出したクレジットカードの番号が不正使用された形跡はないという。オレは自分の情報が流出して欲しくないから、アンケートや通販の時は必要以外のことは書かないように注意している。懸賞に応募するときはわざと名前の一字を変えておいたりする。その名前でダイレクトメールが届くと「勝手にオレの情報を売りやがったな」とわかるわけだ。

 クレジットカードの番号、昔は毎月届く請求の文書にばっちり記載されていたので、郵便物を盗むという方法で入手可能だったわけだが、今はさすがにそういう輩もいることを想定してか番号の一部が×××になっている。オレは毎月送られた明細のすべての項目を、手元に保管してある伝票と照らし合わせて確認してからシュレッダーにかけている。不正請求から自分を守るにはこういう確認作業は面倒だが絶対に必要だぜ。

←日記才人投票ボタンです。押すと続きが読めます。最初だけ登録の作業が必要です。

2005年07月28日(木) オカマ掘られたら気をつけろ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 追突のことを俗にオカマという。また「追突する」という意味で「オカマを掘る」という。そのオカマ掘り専門の高級車窃盗団が今日本中で暴れ回ってるのだ。その「オカマ掘りクルマ泥棒」とは、信号待ちしているベンツなどの高級乗用車にわざと軽く追突し、ぶつけられた車の運転者が車外に出たすきを狙ってぶつけた側の仲間が車を乗り逃げする手荒な手口である。

 さすがにこの名称では長すぎるので、2年間で50件もこの事件が起きた愛知県警では「ごっつん盗」というネーミングを発明した。神奈川県では昨年8件発生し、今年4月以降に2人が逮捕された。大阪や芦屋ではこの1年間にベンツの被害が未遂も含めて約20件起き、グループ4人が今年5月、窃盗容疑で逮捕されている。

 日本損害保険協会は「事故で車を離れる時でも、必ず施錠を」と呼びかけている。ただ降りるだけなら施錠まではしなくていいが、キーを付けたまま離れるのは無防備すぎるとオレは思う。

 さて、こいつらがクルマを盗むタイミングだが、事故について話し合うためにはクルマを降りることになる。接触に気づいて友好的に話し合いを始めようと思ってクルマから降りたらその瞬間にクルマを奪われるわけだ。ひどいときにはぶつけた方がクルマから降りてこないので怒って文句を言いに行く時に奪われることもある。とにかく一瞬の隙をつかれるのだ。

 さて、なぜわざわざ人が乗ってるのを盗むのか。それは「鍵とクルマ本体」の電子情報が一致しないとエンジンが掛からない『イモビライザー』を装備するクルマが増えたために、クルマだけを盗んでもどうしようもないからである。とにかく盗みさえすれば高級車の需要はいくらでもある。中東に輸出してもかなりのゼニになるし、中国もこれから新たな顧客になるだろう。

 幸いなことにオレは盗まれそうなクルマには乗っていないので安心だが、こういう連中が大阪にいるということは気分が悪い。この際、イモビライザー程度では甘すぎる。盗まれたときに手元の自爆装置のスイッチを押せばクルマは木っ端微塵にふっとんで乗員は死ぬというのはどうだ。そんなクルマ泥棒はあの世に送ってやれ。どうしてもクルマは壊したくないというのなら、もっと怖ろしい装置だ。シートベルトが遠隔操作でロックされて、盗っ人が永久にクルマから降りられなくなるようにしたらどうだ。そのときについでにシートから尖った棒が出てきてケツの穴を直撃というのも面白いぞ。盗っ人どもに地獄の苦しみを与えてやれ。催涙ガスが車内に噴出するというのも面白いぜ。おっと、そんなことをすれば事故になってしまってクルマが無事じゃないかもなあ。


↑日記才人投票ボタンです。押すと続きが読めます。最初だけ登録の作業が必要です。

2005年07月27日(水) ぐわぁぁぁぁ オレもアスベストの被害者だぜ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 JR新大阪駅3階中央コンコースで、アスベスト(石綿)が使われた天井の梁が約40年間むき出しになっていたことが7月26日、分かった。JR西日本は「早急にシートで覆い、今後、対策を取りたい」と話している。これまでに数十回新大阪駅を利用したことのあるオレは、もしかしたら知らないうちに吸引していたかも知れないのである。しかし、こんなものは至る所にあるはずだ。空気中の濃度が1リットルあたり2本程度で、環境基準を下まわってるから安全ということだが、そんなもんを空中に存在させるなよ。

 例えばオレがよく利用する近所のイズミヤだ。そこの駐車場の鉄骨や天井に吹き付けられた白っぽいものはどうも石綿のような気がしてならない。同様のものは三つほど離れた駅のそばにあるジャスコの駐車場でも吹き付けられている。少なくともオレの行動範囲にはかなりのアスベストが存在するはずだ。これからその膨大なアスベストを除去していかなければならないとなると大変なゼニが掛かる。とりあえずオレはその駐車場では息を止めて行動することで自分の身を守ろうと思っている。

 実は大証二部のノザワという建材メーカーが国の補助金を得て石綿改質技術実用化に着手しているのだが、株価は連日のストップ高である。6月30日には172円だったのが今は770円だ。短期間で4倍以上に値上がりしたのである。アスベストで多くの犠牲者を出した企業の株価は暴落する一方で、こうしてアスベスト特需の恩恵を受ける企業もあるわけだ。

 ところがこのノザワ、オレがこのコラムを書いた日は+100円のストップ高を付けた後で暴落して今度は-100円のストップ安だ。高値から一日で200円も下げたことになる。まるで遊ばれてるみたいなもんだぜ。

 ただオレがどうしても納得できないことがある。それは、今暴落しているアスベスト関連の企業の株価は、暴落する前には急上昇している銘柄が多いということである。ニチアスや曙ブレーキのチャートを見ればどう考えてもこれはうさんくさい。インサイダー絡みの匂いがぷんぷんするのだ。業績がいいとガセネタを流したり提灯記事を書かせたりして個人投資家に買わせ、十分に上がりきったところで売り抜けて、今度は空売りしておいて、そこでマスコミに報道させる。結果的に暴落して今度は空売りした分が利益になる。そんなカラクリを想像してしまうのである。

 昨日の夕刊ではアスベストを使う歯科技工士が中皮腫で死亡したとの報道があった。いったいどれだけ多くの職業に広がるのだろうか。テレビで見た除去工事の現場では、まるで宇宙服のように全身を覆う作業服で作業を行うところが映し出された。あんな作業ならかなり経費は掛かるし、その上はかどらないからかなり時間も掛かる。こんな困ったものを政府は1992年に禁止しようとしたのだが、石綿工業会とかいう業界団体が「石綿は安全」と主張して廃案に追い込んだらしい。帝京大のあの血液製剤ばらまき野郎みたいに、ゼニのために人が死んでも平気なヤツらはどこにでもいるんだぜ。

2005年07月26日(火) やいやい、談合の元締めはおまえか!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 「元締め」という言葉でオレが思い出すのは、昔テレビでよく見ていた時代劇「必殺仕掛け人」だったか、仕事を差配するオヤジである。談合差配の元締めは実は公団幹部だったなんて全く洒落にもならない結末だったわけだ。

 日本道路公団発注の鋼鉄製橋梁工事をめぐる談合事件で、東京地検特捜部は7月25日、同公団副総裁の内田道雄容疑者(60歳)を独占禁止法違反の幇助と背任の疑いで逮捕した。国土交通省分に端を発した一連の事件の「公団ルート」では、OBの天下りで公団と結びついた業界側が談合を繰り返していた実態がすでに判明していて、今回の逮捕で「官製談合」であることがより鮮明になったわけである。

 逮捕された内田副総裁は、談合組織「K会」「A会」や公団OB団体の「かづら会」について訊かれると、しらじらしく「知らない」と答えていたが、実は自分が元締めだったのである。天下りの差配を一手に取り仕切り、ついでに裏金という名のゼニも稼いでいたのだろうか。天下りに関しては今年6月初めに聞き取り調査が実施されている。その結果、談合組織「K会」「A会」の計47社のうち36社に計43人が再就職していた。公団の内部資料ではOBを受け入れた企業35社の2000年から5年間の受注額の平均は約205億円で、受け入れていない12社の平均は約51億円だった。こうしてはっきりと格差がつけられてきたのである。

 オレはこの際、司法取引を取り入れて、企業側の責任は一切問わないという条件で公団幹部の外道ぶりを暴き出して断罪してくれればいいと思っている。それはなぜか?企業が生き残りのためにゼニを掛けるのは当たり前だ。社員の生活が掛かってるのだ。談合であろうと賄賂であろうと、それによって使ったゼニ以上の利益が見込めるならそれは「商行為」である。ところが公団の幹部はその談合幇助行為によって公団に金銭的な損害だけを与えていて、何一つプラスになることなどしていないのである。これは明らかな背任であり、国民に対する裏切りである。その元締めがこの内田副総裁だったわけだ。

 ところがこのジジイは談合2組織について質問されても「知らない」と主張し、このしらじらしさを猪瀬直樹氏が疑問視すると、「名誉を傷つけられた」として猪瀬氏らが主催する委員懇談会への出席を拒否していたのである。自分の悪事がばれたので「もう幼稚園には行かない」と駄々をこねている幼稚園児並の低脳さである。こいつが東京大学を出たとは思えないぜ。悪事を行うならもっと巧妙に徹底してやれよ。このジジイの悪事に対して、裁判所がいつものように執行猶予でお茶を濁して実刑判決を出さないなら、そんな裁判官は罷免してしまえ。国民を裏切った罪には死刑が一番ふさわしいんだぜ。

2005年07月25日(月) オレが占うぜ、政界大予測!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 郵政民営化法案が参議院で否決されたら衆議院が解散になるということで、議員達は選挙準備に忙しく、一部の「政治銘柄」と呼ばれる仕手株にも動きがあったようだが、ここで選挙なんかやったら自民党の議席がますます減ってしまうからそんなことは小泉はしないだろうと楽観的な議員もいる。みんなのいやがることを平気でやるのが小泉だという基本的なことがわかっていないのである。

 さて、ここでオレが大胆な予測をしてやろう。まず、郵政民営化だが、小泉はこのゴリ押しの理由付けがヘタクソだ。民営化して株式を公開し、それを売ることで10兆円のゼニが入ってくるということを大義名分にすればよかったのである。世襲局長の特定郵便局をぶっつぶすことで郵政公社は大幅にスリム化できるはずだから、民営化後の新会社は黒字になるだろう。そうなると郵政株は買いかも知れないぜ。

 とりあえずここはドラマが起きないと面白くないので、「民営化法案否決」→「衆議院解散」となることをオレは願う。面白そうなのはその後のシナリオだ。たぶん郵政民営化に反対した造反議員は自民党の公認をはずされる。しかし、この連中はみんな選挙には出てくるから、自民党の公認と無所属の元自民党との骨肉の争いが繰り広げられるだろう。ここで民主党は漁夫の利を得るチャンスなんだが、なにぶん岡田はかなりのボンクラだ。それが絶好のチャンスであることがわかっていない。うっかり政権政党になったら大変だ、野党の方が気楽でいいと思ってるのかも知れない。しょせんジャスコの息子の発想はこんなもんである。

 公認してもらえずに無所属になった元自民党議員のセンセイ方がかつぐのはおそらく石原慎太郎だろう。石原慎太郎には野心がある。それは、死ぬまでに内閣総理大臣の地位に就いて政治家としての頂点を目指すことだ。全選挙区に候補者を立て、石原を首班指名することを公約し、民主党の一部に引き抜きを掛ける。すると西村真吾みたいな右よりの議員がたちまち鞍替えすることになる。その頃には自民党はてんやわんやの騒ぎになっているだろうし、小泉の命脈は完全に絶たれているだろう。

 石原が総理になれば、北朝鮮への経済制裁はすぐに断行するだろうし竹島には自衛艦を送って韓国との軍事衝突も辞さないだろう。中国は「総理とあろうものが我が国をシナと呼ぶな!」と反発するはずだ。そんなとてつもない政局のシナリオを思い描きながら、オレは単なる野次馬としてそれを見物したいと思っている。人材不足で候補者が足りなくなったらオレにも声を掛けてくれるかな。

2005年07月24日(日) ガッポリ売ります騙します        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 近鉄百貨店によって2003年6月までの2年間に8回にわたり、高級着物など計約640万円相当を売りつけられたとして、大阪市内で独り暮らしの認知症(痴呆)の女性(80歳)が、約520万円の返還を求めて大阪地裁に提訴していたことが7月23日わかった。このほか、大阪市内の呉服販売業者からも30回計約2000万円の契約を結ばされたとして、約660万円の返還などを求めているという。

 80歳になってからそんな高額の着物を買うなんてどう考えても変である。しかもこの女性は高齢の一人暮らしだ。この女性は1986年から近鉄百貨店外商部の顧客で、年20万円程度の取引だったが、2001年8月以降突如金遣いが荒くなって着物、帯、貴金属、寝具などを相次いで買っていたのである。2003年6月には「中度の認知症」と診断されていた。その大量の着物を発見した女性の親族の方が外商部に問い合わせてみたところ、現金で購入されていたことがわかった。近鉄百貨店側では着物一着と帯1本、計120万円分の解約には応じるとのことだったが、他の代金は返還していないという。

 オレオレ詐欺、認知症の老人世帯を狙ったリフォーム詐欺に続いて、もしかしたら百貨店の外商部員による「押し売り詐欺」が新たな犯罪として脚光を浴びるかも知れないのである。近鉄百貨店では「契約当時、女性の判断能力は正常で、女性が好みの商品を選んで買っただけの単純な売買取引」などと反論している。それに対してこの女性の側の主張は「外商部員は認知症の症状に気付いていながら、必要のない高額の買い物をさせていた」として「公序良俗に反して無効」と主張したのだ。おそらく日本中にこんな卑怯な売り方で自分の成績を上げたいと思ってる外商部員がいるのだろう。リフォーム詐欺の次に叩かれるのはこうした「外商詐欺」になるのかも知れないぜ。

 それにしても呉服ってそんなに売れるモノなのか。成人式では貸衣装で済ませて、あとはもう二度と着ることなどないという女も多いんじゃないのか。売れないものだからこそデート商法とかで高額のローン契約をさせる連中がいるんじゃないのか。オレの近所のダイエーにも呉服屋さんはテナントで入ってるのだが、いつも店員はヒマそうにしている。あんなに閑散としていたら、たまに買いに来る客からとてつもない金額をぼったくって行かないと自分たちの生活が成り立たないというのが犯罪の理由かな。しかし、認知症の老人にどうやって銀行からゼニを出させたのか。回りで見ている人は誰一人気づかなかったのか。オレは不思議に思うのである。こんなもの、どこかでまともな人が見張っていればたちどころにバレるのである。百貨店で上司が注文の中身をチェックしていれば必ずわかるはずである。「売れればいい」そんなところなんだろうか。全くろくでもないヤツらだ。

2005年07月23日(土) 危うし100円ショップ!人民元切り上げ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 人民元切り上げのニュースが世界を駆けめぐった。切り上げ幅はわずか2%ということで影響は限定的ということだが、今後も様子を見ながら徐々に再度の切り上げが行われるだろうし、いずれ変動相場制に突入していくだろう。

 中国がこうして対ドルの固定相場制を捨てて将来の変動相場制を睨みながら方向転換してきた理由はただ単に「ものを安く輸入したい」「原油を安く買いたい」だけのことである。こんなに原油高だというのに馬鹿みたいに高いスポット価格でどんどん中国が買うから、いつのまにか原油価格が高値安定になってしまうのである。そのうちに中国政府も気がついた。「このまま原油価格が上昇するととんでもないことになる。だったら元も上げてしまえば、結果的に同じ値段輸入できていることになる」という戦略に転換してきたわけだ。日本の馬鹿政治家と違ってこのあたりの変わり身はさすがである。

 中国にとっての将来の最大の不安定要素とは、エネルギー資源の多くを輸入に頼っていて、今後さらにその需要が拡大することが避けられないことだ。自国でも産出はするが、人口が多いせいで消費量もものすごく多いのである。ところが元を変動相場制にすれば、自国通貨を切り上げることで原油値上がりに対応できるわけである。今のところオレのような予想を書いてる人は誰もいないようだし「影響は限定的」と語ってる経済人も多いが、オレはそいつらを馬鹿だと思う。

 まず打撃を受けるのは中国で生産したものを輸入しているユニクロや100円ショップの大創産業などである。中でもオレは100円ショップの打撃が大きいと思う。100円で売られるものの原価率がどの程度なのかオレは知らないが、仮に今まで80円で輸入していたものが切り上げによって82円になるとすれば、20円の利益が18円になって10%の利益が失われるのである。しかも人民元の切り上げはこの2%で終わるのではなく、さらに切り上げが進んでいくことや将来の変動相場制への移行を思えば、中国で生産する品物のコスト計算ができなくなってしまうのだ。これは大変な打撃である。

 かつての1ドル=360円に固定されていた頃、日本は世界に輸出を伸ばして高度経済成長の原動力となった。その後は品質の高さが信頼されて高くても売れるようになったのである。さて、中国はこの危機を乗り切っていけるのだろうか。それにしてもこれまで頑として固定相場を崩そうとしなかった中国がここにきて突然の方向転換、これにはきっと何かのウラがあるに違いない。オレはずっとその意味を考えてるのである。ヤツらは日本の政治家よりもはるかにしたたかである。

2005年07月22日(金) ノーマネー・ノータックス(それが大阪)        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 これまで職員がろくに働かなかったので大阪府の税金や公営住宅の家賃は滞納し放題だったのである。ノータックス、ノーマネーである。さすがに借金まみれで苦しくなったのか、大阪府や関連団体は取り立て体制の強化に乗り出すことになった。500億円も貯め込んで今更どうにもならないだろうと思うのだが、どうやら本気みたいである。債権回収会社の「プロ」に助っ人を頼み、電話や戸別訪問で攻勢をかける一方、訴訟などの法的措置も駆使。差し押さえ物件を高く売りさばくため、インターネット・オークションも活用するという。財政再建団体転落が目前に迫るだけになりふり構わずの回収作戦をはじめることとなったのである。

 例えば高校生や大学生に学資としてのゼニを貸し出す大阪府育英会の滞納額は2004年度で2万4333人分、計33億2507万円。回収率は2年連続で6割を下回っている。つまり4割が踏み倒されてるのだ。この回収のためにコールセンターを新設して、電話をガンガン掛けて催促することになる。滞納者の中には大阪府の職員になって大阪府から給料をもらって、それでも堂々と踏み倒してるヤツもいるらしい。そういうのを盗っ人に追いゼニというんだ。

 滞納額が139億円の個人府民税に対しては今年度から、府の税務職員(専属はたったの3人)が100万円以上の滞納者らに対する督促業務を行うという。差し押さえも進めて、ネットオークションも導入して回収額を増やしたいという。さすがにたった3人なので徴収目標も500件で15億円以上と控えめだ。そんな徴収率では何の意味もないだろう。

 府立5病院の治療費滞納は5月末で約2億5000万円。府は6月、支払いに応じない3人を大阪地裁などに訴えたが、他の滞納者にも「最後通告」の督促状を送り、強硬姿勢で臨むという。2004年度末で約35億1500万円に上る府営住宅の家賃滞納も、これまでは転居して所在不明になったら放置プレイ、つまり逃げ得だったわけだが、今後は「転居先を割り出し、法的措置を含め検討する」になった。そんなこと当たり前である。

 大阪府がやろうとしてることは、すべてやっていて当たり前のことであり、これまでそういうことをやらなかったから滞納額がこんなにも膨らんだのである。オレはただ「アホか!」と思うだけである。いかに大阪府の公務員が無能で働かなかったかということなのだ。これまでのサボリの証拠なのである。かなり高額の府民税をぼったくられてるオレとしては、納税の義務を果たしていない連中が大勢いることはかなり不愉快である。この際滞納者からは大阪府にある全財産を没収するというルールを決めて、家や土地を根こそぎ奪ってやれ。不動産が何もない人間はどうしたらいいかのう。カラダしかないからのう。炎天下で大阪城公園の清掃でもやらせるか、それとも臓器でも売らせるか。おっと、それじゃあヤクザよりもタチが悪いのう。

2005年07月21日(木) 国民全員の指紋とDNAを登録しろ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレは国民総背番号制に賛成である。登録データには写真だけではなく指紋やDNA情報もしっかりと入れておいてもらいたい。そして、預金通帳の発行や運転免許、住民票やクレジットカードの発行などあらゆる場面で各個人の持つIDカードを必要とするようにして欲しい。そうすれば、事件が起きても犯人の遺留物からたちどころに誰が犯人かわかってしまうわけである。そうして犯罪の検挙率を上昇させて、日本を世界に冠たる「無犯罪国家」にすることがオレの希望である。

 「管理されるのはいやだ」などとほざいて国民総背番号制に反対するヤツらもいるが、これだけ治安が悪くなった国で暮らしているのに犯罪者が野放しになってることの方がはるかに問題だ。

 きちっと登録すればどんなメリットがあるかというと、例えばこういう事例がある。帰宅途中の女性に乱暴したとして、大阪府警に強制わいせつ致傷容疑で逮捕、起訴された東大阪市の運転手、山田雅人被告(21歳)のDNAが、警察庁のDNAデータベースによる照会で、奈良県内で昨年7月に起きた18歳少女がクルマに連れ込まれて乱暴された事件の遺留物と一致したことが7月20日わかった。全国の犯罪現場の遺留物のDNA情報を集めたこのデータベースは昨年末に運用が始まったが、容疑者特定につながったのは今回が初めてである。大阪府警は山田被告を婦女暴行容疑などで再逮捕する方針だ。

 警察庁はDNA情報を指紋と並ぶ個人識別の決め手と位置づけ、捜査過程で容疑者から採取したDNAも、8月からデータベースに加える方針だという。この際、容疑者だけじゃなくて国民全員のDNA情報を採取してしまえ。少年犯罪も防げるように12歳になればDNA情報の登録を義務づけるとかにして、国民の「犯罪をしても捕まらない自由」をなくしてしまえばいいのである。オレのように犯罪を起こさない絶対的な自信のある人間はそんな仕組みが出来ても全く困らない。文句をつけるのは「いつか罪を犯したい」と望んでいるクズ野郎だけである。

 死刑ももっと増やしてくれ。昨年だったか愛媛県で、刑務所を出たばかりのレイプ野郎が風俗店に行くゼニがないからと道を歩いてる19歳の少女を故意にはねて、そのまま山中に連れ込んで強姦した後で殺すという事件があった。こんな外道でも判決は死刑ではなくて無期懲役だったんだ。生かすだけ税金の無駄だろう。登録制度が出来れば、逃げている犯罪者もどんどん検挙される。情状酌量の余地のない殺人罪は原則死刑ということにしてくれ。機械的に殺した人数で判断して

「1人なら10年」
「2人なら20年」
「3人なら無期」
「4人なら死刑」


という単純な量刑はやめろ。いくら裁判官が馬鹿揃いだからと言ってそんなのはオレには納得できない。強盗殺人、強姦殺人は必ず死刑。保険金殺人も死刑。ついでに飲酒運転で人を死なせるのも死刑だ。犯罪者一人あたりにかかるコストが一番安いのはやはり死刑しかない。懲役20年だなんて、20年間もタダメシ喰わせるんだぜ。どれだけ税金の無駄遣いなんだ。

2005年07月20日(水) 恐怖!クルマを串刺しにした鉄パイプ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 7月19日午前6時50分ごろ、大阪府藤井寺市の西名阪道上り線で、乗用車とワゴン車が衝突し、乗用車の男性が頭を強打して死亡、ワゴン車の男性が軽傷を負うという事故が起きた。乗用車はフロントガラスと後部ガラスが割れていて、フロントガラスには直径10センチの穴があき、事故現場の近くには長さ2.5メートルの鉄パイプが落ちていたのである。その鉄パイプが前を走っていた車の荷台から落下して後続車のフロントガラスを直撃、そのまま後部へ貫通したと思われる状況だった。

 西名阪はオレもよく走る。毎月1、2回は走っているので回数券を常備しているくらいだ。その西名阪で起きたわけで下手すると自分が犠牲者だったかも知れない。それで事故の報道をオレは食い入るように読んだのである。たぶん落下してきたこの鉄パイプが貫通した衝撃であわててハンドルを左に切って、左車線のワゴン車に側面から激突したのだろう。この鉄パイプを落として去った迷惑野郎はいったいどこの誰なんだとオレは怒っている。そして、頭を強打して死亡した乗用車の男性は、もしかしたらこの鉄パイプの衝撃を頭部に受けて、運転不能になってハンドルを左に切ったのかも知れない。

 大阪府警高速道路交通警察隊では鉄パイプを積んでいた車が荷台から落としたことに気付かずに走り去った疑いもあるとみて、業務上過失致死傷などの容疑で捜査しているという。なぜ殺人罪じゃないのか。しかも落下物で後方の車両に被害が出ていたかも知れないのにそのまま逃亡してしまってるのである。これはある意味ひき逃げにも等しい重罪だ。遺留品のその鉄パイプを調べれば、どんな用途で用いられ、どこに運ばれる途中であったかもすぐわかるだろう。

 まあそういうわけで、運転中には危険がいっぱいというのが道路の実情なんだが、オレが運転中にもっとも恐れるのは原木を満載したトレーラーである。あの細いワイヤーが突如切れたとしたら、丸太がそのままごろんごろんと道に転がってきて、他のクルマは避けようもなく激突したり、歩道に乗り上げて歩行者を押しつぶしたりしそうでオレはあわてて離れる。そういえば山口県の山陽道で、道路にクギを投げ込んで往来妨害するという事件が起きて犯人の学生が逮捕されていたっけ。そういう悪い歩行者をはねるのは正当防衛だという判例を誰か出してくれよ。「ひき逃げ御免」という制度を作って、車上荒らしやコインでクルマに傷を付けてくる馬鹿をはねても罪に問われないという仕組みにしてくれ。

2005年07月19日(火) おお、窓用クーラーはなんて安いんだ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 暑い。とにかく暑くてたまらない。部屋に入るとすぐにクーラーのスイッチを入れる。冬はとにかく寒く、夏はクソ暑い私のパソコン部屋兼書庫にあるのは、窓に設置するタイプのコロナの冷房専用エアコンである。確か5年前に4万円くらいで買ったはずだ。自分でちょいちょいと取り付けることができ、値段のわりにかなりよく冷えるので気に入ってる。昔はこの窓用エアコン、かなりでかくて窓の外に張り出していたのだが、今のモノはかなりスリムになっていて、使わないときは窓を閉めることもできる。

 今日、ヤマダ電機に置いてあった2万7000円の窓用エアコン(メーカーはハイアール、中国製)を見たとき、デザインがオレの部屋にあるそのコロナのエアコンと酷似していて驚いた。ほとんど同じである。というか、ここが実は前にオレが買ったのも作っていたのではないかとオレは思った。それがもう3万を切ってるのである。なんて安いんだ。

 我が家にクーラーがはじめてやってきたのはオレが確か高校2年か3年の夏だった。その時にオレの部屋に設置した日立の、「しろくまくん」とかいう愛称のバカでかくしかも重たい窓用エアコンは大学に入学した後は下宿に移設され、その後実家に帰ってからは実家の物置(その後、その物置がオレの書庫になるのだが)に再び取り付けられ、全然冷えなくなって廃棄されるまで実に20年近く働いたのである。買ったときには20万近くしたはずだ。

 今使ってるエアコンは、オレにとってはとりあえずは二台目ということになる。古い日本家屋である我が家には、窓用エアコンがあと2台、壁に取り付けて室外機を外に設置する普通のエアコンが2台、合計5台のエアコンが存在する。おかげで真夏の電気代が5万円近い時もある。ガンガン部屋を冷やして、廃熱を外に捨てまくり、地球温暖化を促進してるのはまぎれもなく我が家である。それにしても電気代が高すぎるのは、たぶんオレが昼間働いてる間に家族がガンガンエアコンを使っているからなんだろう。その高い電気代を誰が払わされてるかわかってるのか!少しは節約のための努力をしやがれ。なんでこんなに高いんだ。

 昔は我が家は冷房の必要はなかったのだ。「住まいは夏をむねとすべし」という吉田兼好の教えを守って、風通しのいい涼しい純日本建築の和風家屋だったのだ。いつのまにか周囲の田んぼはすっかりなくなって、裏にあった空き地にはぎっしりと三階建ての細長い家が建ち並び、そこから吐き出させるエアコンの熱風はオレの家を灼熱地獄にした。やむなく自衛手段としてこちらも周囲にガンガン熱風を浴びせ返しているだけである。悪いのはまわりの家である。おまえらエアコン使いすぎだ!おかげでこっちは暑くてたまらんのである。これは正当防衛である。こんな環境の悪いところは早く脱出して、人間らしい快適な生活の送れる場所に早く引っ越したいものだぜ。夏は北海道や信州で暮らし、冬は鹿児島や沖縄で暮らし、春や秋は京都で暮らすのがオレの理想だ。

 コジマやヤマダ電機、上新電機などに並ぶエアコンの平均価格はかなり下がった。昔は20万はしたものが、今は7〜8万でもかなりいろんな機能がついていて驚く。一家に一台から各部屋に一台、それがみんなガンガン動いてるのだから大阪の夏は暑いはずだぜ。まるでサウナのような戸外は怖ろしくて一歩も出られないぜ。どうしても外に出ないといけないときは、クルマの中でエアコンを設定温度19度でガンガン効かせているんだぜ。全くこの暑さはたまらねえぜ。誰か、大阪を丸ごと冷やしてくれ。

2005年07月18日(月) こんな図書館はぶっつぶせ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 千葉県の船橋市立西図書館ではきれいな本でもじゃんじゃん捨てるのである。普通図書館が廃棄するのは古くなって壊れた本であったり、内容が古くなって保存する意味がなくなった本だけだと思っていたがそうでもなく、気に入らない著者の本はばんばん捨てる図書館もあるのだ。オレは「司書」というのは公平にいろんな種類の本を利用者のために集めるモノだと善意に解釈していたのだが、実際はそうではないことを知った。

 この船橋市立西図書館では、「新しい歴史教科書をつくる会」メンバーの本に限ってどんどん捨てていたのである。西部邁の本は44冊中43冊を廃棄、渡部昇一の著書も58冊のうち半数近い25冊を廃棄した。廃棄処分になった一般書籍187冊の内、「新しい歴史教科書をつくる会」関係者の書籍はなんと110冊以上に上った。これは明らかにおかしい。木村館長は「政治的、思想的意図はなかった」と説明したが、そんなわけがないだろう。

 結局、著書を一方的に廃棄された側が「不当な廃棄だ」として、船橋市に慰謝料などを求める裁判を起こした。ところが一審の東京地裁と二審の東京高裁は市の主張を認めて著者側の賠償請求を退ていたのである。つまりこの現代の焚書坑儒を黙認していたのだ。「市民の閲覧権は侵害されたが、著者の権利侵害にはならない」と。不当に本を廃棄された著者の表現の自由が侵害されたことは明らかじゃないのか?

 公務員である公共図書館の司書は、少なくとも公益に従った行動を取るべきであり、右寄りの本も左寄りの本も公平に集めることが必要だ。7月14日、最高裁はこのおかしな1、2審判決を破棄し、慰謝料の算定をやり直すために審理を東京高裁に差し戻した。司法はやっとまともな判断を下したのである。判決は「著作者には公立図書館で自分の思想や意見を市民に伝える法的利益がある」との初判断を示し、市による利益侵害を認めた。

 しかし、廃棄した職員個人への賠償請求はすでに最高裁への上告で棄却されている。なぜだ?今回の事件で一番責任を問われないといけないのは、自分の思想に合わない本を勝手に捨てた司書、土橋悦子じゃないのか。オレが船橋市民ならばそいつの懲戒免職を要求する。しかもこの女は自分の書いた絵本「ぬい針だんなとまち針おくさん」計35冊、訳書「メリーゴーランドがやってきた」計32冊の合計67冊を公費で購入させているのである。自分の書いた本は公費で買わせ、気に入らない本は勝手にどんどん捨てるのだ。全くとんでもないヤツである。

 私立大学の図書館や個人の設置した図書館ならば、どんな偏った本を置こうと自由だ。しかし、公立の図書館ならば、市民が読みたい本はきちっと揃えないといけない。みんなの見たい本で図書館に置かなくてもいいのは無修正のエロ本だけだぜ。

2005年07月17日(日) 面白半分に人殺しをする少年たち        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 7月13日朝、東京都墨田区の区立大横川親水公園の遊歩道で、男性が頭から血を流して死亡しているのが見つかった。持っていた年金手帳などから同公園でホームレス生活をしていた香取正光さん(64歳)とわかり、警視庁では、頭に鈍器で殴られたような跡があることから殺人事件として捜査を開始した。

 3日後、容疑者として逮捕されたのは19歳の少年と、江東区内に住む吉田尚人(20歳)で、二人は同じ定時制高校に通う生徒だった。二人とも全く殺された香取さんとは面識がなく、たまたま深夜に香取さんが寝ていた遊歩道を通りかかっていきなり面白半分に襲撃し、頭や腹を蹴って殺害したのである。

「酒を飲み調子にのりやってしまった」
「特に理由はありませんが、酔った勢いで男性の頭をけりました」


とこの二人は語っている。特に理由なくこいつらは人を殺すのか?そんな凶暴な人間は存在そのものが危険である。一般市民の安全を守るためには死刑あるのみ。害虫はさっさと駆除するしかない。どうせ生きていてもまた他の人を殺すだけのことだ。

 吉田容疑者は「殺すつもりはなかった」と供述している。肋骨が折れ、頭蓋骨が陥没するような打撃を与えておきながら「殺すつもりはなかった」と開き直るこの外道には同じ痛みと同じ傷を与えてやれ。きっとこの馬鹿はその程度では死なないと思ってるだろうから、案外しぶとく生き延びてるかも知れないぜ。

 少年がホームレスを襲撃して面白半分に殴ったり蹴ったりして死に至らしめる事件は過去にもかなり発生している。しかし、襲撃者側の少年たちにはいつもきわめて軽い刑罰しか与えられず、数年も経てば大手を振って社会に復帰しているのだ。どうして殺人という重大な罪を犯してるのにこんなに罪が軽いのか。ホームレスの命は普通の人よりも軽いというのか。命を軽んじてもいいのはホームレスじゃなくて、この外道の方じゃないのか。

 もしもホームレスが逆襲して少年を殺したりしたら、その馬鹿親がおそらく「息子を返せ」などとワイドショーで騒ぐのだろう。なぜきちっとお礼を言わないんだ。「うちの馬鹿息子をよくぞ殺してくださいました。おかげさまで人殺しの親にならずに済みました。本当にありがとうございます。」と言うべきじゃないのか。それとも殺されるよりも殺す方がマシだと思ってるのか。もしもそうなら本当に救いようのない馬鹿親だぜ。

2005年07月16日(土) ハメこまれた人たち・3        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 極東貿易という会社がある。東証一部上場銘柄だが、株価は330円前後で、一日の出来高はせいぜい3万株という不人気株の代表みたいな忘れられた銘柄だった。7月4日の終値は355円。ところがそこから三日間この銘柄は急騰するのである。7月5日には378円(+23)、7月6日には458円(+80でストップ高)、7月7日には瞬間的に532円を付けて終値は502円(+44円)だった。

 3日間続けて上昇した理由は、7月5日財務省受け付けの大量保有報告書であの100億円サラリーマンの清原氏のいるタワー投資顧問が同社株を5%以上保有したことを材料視したものだった。翌7月8日にはいったん上昇して515円を付けてからは反落、安値445円、終値452円と大きく下げて終わった。出来高も一時は6000万株と膨らんだが、その後は大きな値動きもないまま徐々に沈静化していったのである。

 さて、こうして値下がりしてしまった銘柄を損切りせず、清原氏がその株をそのまま手元に残しておくとは考えにくい。おそらく彼は500円以上を付けた時を見計らって上手に売り抜けていたはずである。そして、このような結果になることもすべて清原氏にとっては計算ずくだったのじゃないかと思えるのだ。

 100億円の給与もそれを広告費と考えれば高くはない。そして、清原銘柄が一つのブランドになった今、地道に値上がりしそうな株を探すなどという苦労はもう不要である。自分が目を付けた株を安値のうちに仕込んでおいて、適当なところで自分の名前を出せば、あとはそこに個人投資家の提灯が群がってくるから、適当に上がったところで売り抜ければいいだけのことである。自分の売り抜けたところが必ずチャートの頂点になるわけだ。そのからくりに気づかない個人投資家は、結局はタワー投資顧問からババ抜きの最後のカードを渡されることになる。

 もとは安かった株がいつのまにか「なんでやねん!」というくらいの高値になって、そんな局面で個人投資家は「まだまだ上がる」「清原氏が買ってるのならもっと上がる」と信じ込み、そこを狙って清原氏は自分の持ち株をうまくハメ込んでしまうのかも知れない。このような現象はこれからも起きるだろう。清原銘柄が何であるのかを個人投資家が知った頃にはもう十分に値上がりした後で、そこからあわてて買いに行ってももう手遅れ、清原氏が去った後には、もはや含み損が大きくなって損切りも出来ず、塩漬けにするしかない株を抱えた個人投資家たちがゴロゴロしてるのだろう。投資の世界はしょせん弱肉強食である。自分が喰われないように必死で研究するしかない。

 この日記を書いた一ヶ月後、清原氏は極東貿易の全株をおそらく8月12日あたりに売却していたことがわかった。一番高いときに売り抜けたわけではなかったのである。書いた当時は情報が不足していて憶測でこのコラムを書いてしまい、清原氏の名誉を傷つけたことを深くお詫びするとともに、慌てて飛びついた個人投資家がやっぱり損をしたんだという事実を述べておきたい。それにしても「自分が持ってる」と公開するだけで値上がりするなんてうらやましい。もしもオレが「持ってる」と言えば「うわっ疫病神だ売れ!」と売りが殺到して暴落したりして。

2005年07月15日(金) オレに年金のゼニを運用させろ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 厚生労働省は7月14日、年金資金運用基金による2004年度の公的年金(国民、厚生年金)の運用結果が、2兆2419億円の黒字を達成したと公表した。円安で外国債券・株式の運用収入の為替差益が膨らんだことや、国内株価の安定が原因で、旧年金福祉事業団から引き継いだ累積損失を初めて解消し、6008億円の含み益に転じたという。基金は87兆2000億円(うち28兆6000億円は財投債)を運用したという。

 いったいこの年金資金で買われてる株はどの銘柄なんだ。オレが気になるのはそこである。なにしろこれだけの金額だ。日本中の個人投資家が信用買いしてる金額を全部集めてもたったの3兆円、その金額に比べてはるかに多いのである。これだけの資金で自由に売買できるのなら相場は思い通りになるぜ。

 今回、運用結果が黒字になったということでこれを評価する向きもあるかも知れないが、オレに言わせれば「たかがこの程度の黒字でどうした」である。87兆円もゼニがあるのなら、運用益で10兆円くらいは稼がないとだめだ。仕事の片手間に売買してるこのオレでさえ、年間に10%以上の運用益をコンスタントにあげているのである。おそらくそのゼニは証券会社に預けて最高水準のファンドマネージャたちが運用してるのだろう。それなのにこの程度しか儲かっていないのはみんなヘタクソすぎるのである。オレの投資実績の方がはるかに上だ。もしもオレにその87兆円の運用を全部任せてくれるならば、日経平均を2万円に乗せてやるぜ。いろんな株に仕手戦を仕掛けて、どんどん値上がりさせ、その中で自分はしっかりと売り抜けて資金を増やし、次々と別の銘柄を仕掛けて値上がりさせ、その繰り返しで手持ち資金を増やしつつ日経平均も上昇させて、すべての投資家をハッピーにしてやることが可能だ。

 もしも日経平均が今の2倍に値上がりするのならば、すべての個人投資家のゼニが平均で2倍になっているはずである。競馬もパチンコもみんな胴元だけが儲かるようになってるが、そもそも株式投資とは、上手に市場をコントロールできるなら参加者すべてが儲かってしまう幸福なバクチなのである。87兆円を使って10兆円の運用益を出せるならば、それで年金を支払うための資金の大部分がカバーできるということになる。資金運用だけで大きく増やしていけるのならば、もはや国民にいちいち掛け金を払ってもらわなくてもいい。

 あのバブルの時代、土地価格がどんどん吊り上がることによって担保価値が増え、そこに銀行はどんどんゼニを貸しまくって、やがて土地神話が崩壊すると膨大な不良債権の山が残った。あれは土地が値下がりしたから崩壊したのである。今度は同じコトを株でやればいいのだ。バブルを待ち望む企業も民衆も多いはずだ。「株価はいずれ倍になる」と宣伝して国民に株を買わせて、その結果さらに株価は上昇するわけだ。株価がどんどん値上がりしても誰も文句など言わない。ただ株を持ってなかったことを後悔するだけである。

2005年07月14日(木) せこいぞサスケ、9600円くらい払えよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 プロレスラーや県会議員の方にとって、9600円というゼニはどの程度の重さがあるのだろうか。ゼニを持っていてもオレのようなせこい人間もいるので一概には語れないが、おそらくその程度のゼニは全然気にしないモノだと思うわけである。

 覆面プロレスラーのザ・グレート・サスケ岩手県議が、プロレス試合会場への交通費9600円を県議の政務調査費から支出していたことが分かった。サスケ県議はこの支出を「東北、秋田新幹線の規格の違いや利用状況などを調べるための調査。やましいところはないので正々堂々と報告した」と話しているという。なかなか勉強熱心である。オレなら新幹線に乗ってるときは熟睡するか雑誌を読んでることが多いが、サスケ議員は鉄道の研究をしながら乗っているのである。まさに議員の鏡である。こんな立派な方を県会議員に選んだ岩手県は、その存在を郷土の誇りと思うべきだ。

 これが明るみに出たのは岩手県が政務調査費の使用報告書を公開する制度があるからである。昨年10月16日、サスケ県議は岩手県が普及を進める暖房器具の調査のため、二戸市にある県二戸地方振興局を訪問した。その後「みちのくプロレス」試合がある秋田市に行き試合に出場。その間の移動に要した二戸−秋田間の新幹線の運賃と特急料金(グリーン席)の計9600円を「鉄道整備に関する調査事業」目的の政務調査費として県議会に報告していた。

 政務調査費は岩手県議会から一人あたり月額31万円が交付されることになってるが、領収書付きの報告書の提出も義務づけられてるのである。月に31万も交通費に使えるのならウハウハである。狭い(といっても日本で二番目の広さだが)岩手県内を毎日のように新幹線に乗りまくることができるのだ。

 さて、この場合どこまでが議員の仕事による移動で、どこからがプロレスラーの仕事のための移動であるかの線引きが困難である。そこに目を付けたサスケ議員側が、試合のための移動を全部この政務調査費を使って浮かしてやろうなどというせこいことを考えたとしても不思議ではない。ただでさえプロレス業界はどこも経営が苦しい。みちのくプロレスなどという弱小団体にとって、9600円といえども無駄に使うことは許されなかったのである。あの巨体をちゃんと休ませるにはグリーン車は不可欠だ。それにしてもオレがもう一つ気になるのはサスケ議員が行ったという暖房器具の調査である。それっていったいどんな調査だったのだろうか。もしもその報告書があるのなら、そちらをオレは見てみたいのである。

2005年07月13日(水) ホンダNSX、ついに生産終了        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレはスーパーカーが好きだ。子供の頃、「マッハGOGOGO」というアニメが大好きだったオレは、大人になればそんなクルマに乗りたいと願っていたのである。それがオレの住んでるような路地裏の風景に似合わないことは百も承知だが、いつかはロータス・エスプリやカウンタックを自分の家のガレージに飾りたいと思っていたくらいである。仮にゼニを貯めて買うことができたとして、そのための大きなガレージを家に作ったとしても、そこにたどり着くまでの道路が狭くておそらく入れられないのだが。とにかく道幅が狭くて大変なのだ。

 そういうわけでオレは、スーパーカーとは似ても似つかない三菱FTOという国産車を仕方なく所有しているのである。これなら我が家の狭いガレージにも無事に納まるからだ。そんなオレが一度は買おうと思ったが、今住んでいる家のガレージに入れたら、車の幅が広いせいでドアが開かずたぶん降りられないという情けない理由で購入を断念したのが、唯一の和製スーパーカーとも言えるホンダNSXである。つまりオレにとってホンダNSXは、買えるけどとても普段の足には使えないという悔しい車だったのだ。

 そのNSXがとうとう生産終了だという。生産は今年限り、12月末で終了するというのだ。現行モデルでは2006年から欧米で義務づけられる環境規制への対応が困難であることと、無理に対応させようとすればかなりの費用が掛かってしまうからだとか。日本ではこんな車はほとんど売れないために欧米への輸出中心だったわけだが、その欧米の基準に適合しなければもはや生産する意味がなくなってしまうのだ。

 1990年に発売されたNSXは、一台1000万近い高価なクルマであったにも関わらず1991年には全世界で6482台が売れたという。ところが発売からかなりの年月を経過し、最近はかなり販売が落ち込んでいた。2004年の年間国内販売台数はたったの39台である。(ちなみにマツダRX−8は11515台、日産フェアレディZは5694台)これではとても引き合わない。

 環境規制という名のもとにガソリンを無駄に消費して図体のデカいクルマはどんどん道路から消えていき、あとにはプリウスみたいに「わたし、環境のことまじめに考えています!」とまわりにアピールしまくっているような偽善的なクルマばかりになるんだろうか。本当に環境問題を考えるならクルマではなくて徒歩や電車を使えとオレは言いたいのである。将来、石油が枯渇するような時代が来れば、趣味でドライブを楽しむなどという贅沢は許されなくなるのだろう。もっともその頃にはオレもとっくにくたばっちまってるだろうが。

2005年07月12日(火) どこまでケータイにやらせるんだ?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレのケータイは電話をするのとメールの送受信程度しか使わない。カメラがついてるがそんな機能はまず使わない。だったらどうしてカメラ付きなのかというと、カメラ付きではないものが選べなかったから仕方なく買っただけのことである。写真を撮るのならデジカメの方がはるかにきれいな画像で撮れる。

 ところが世の中にはケータイにいろんなことをやらせるヤツらがいる。オレは先日、知人の家でテレビのリモコンをケータイで操作するのに度肝を抜かれた。オレがリモコンでチャンネルを変えようとしたその一瞬前に、手元のケータイでそいつはチャンネルを変えてしまうのである。自分のボタンを押してるタイミングと、実際に変わるタイミングがシンクロしないので「おかしいなぁ」と思っていると、「これだよ!」とその知人が教えてくれて謎が解けたのである。どうしてそんな意味のない機能まで持たせるのか。そんな機能が必要になるのはリモコンの電池が切れたときくらいで2、3年に一度だ。

 今はコンビニの支払いにもケータイが使えるようになったとテレビCMが流れている。おそらくいずれは財布ではなくてケータイを持ち歩く時代が来るのだろう。その結果、街を真っ裸で歩き、クビからヒモでケータイをぶら下げた男女が出現するのだろうか。まるでケータイをぶら下げたサルである。

 そんなケータイの多機能化の中で、KDDIは7月11日、JR東日本と提携して自動改札機に携帯電話をかざすとゲートを通り抜けることができる「モバイルSuica(スイカ)」の機能をauブランドの端末に搭載すると発表した。このサービスは来年1月から運用開始とのことである。同様のサービスをNTTドコモやボーダフォンも展開しようとしていて、2006年から始まる番号ポータビリティ(電話会社が変わっても番号はそのまま)と合わせて顧客の囲い込みをおたがいに狙ってるのである。定期は忘れてもケータイを忘れることはないという理由なのだろうか。

 確かにオレは出勤するとき、財布を忘れたことは何度もあるが、ケータイを忘れたことはない。財布がなくても一日くらいなんとかなるし、本当に必要ならキャッシュカードで出せばいいだけだが、ケータイの代わりはないから本当に困る。ここまで多機能化したケータイに次はどんな機能を持たせるのか。震動でマッサージするバイブ機能か。いや、それはすでに搭載されている。じゃあ護身用の機能はどうか。痴漢に襲われたときに大きな音を鳴らして助けを呼ぶ緊急ブザー付きケータイ。アンテナが刃物になる仕込みアンテナ付きケータイ。手榴弾になる自爆ケータイ。液体蚊取りの内蔵されたベープケータイ。考えたらいくらでも思いつきそうだぜ。

2005年07月11日(月) やいやい、そのアロハシャツは何だ?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレは期末試験の採点をいつものようにロイヤルホストでしていたのである。ファミレスの大きなテーブルは答案用紙を広げるのにちょうどいい。しかもロイホにはドリンクバーがあるのでカルピスもジャスミンティーやカモミールティーも飲み放題だ。デザートもある。職場でやるよりも倍くらいはかどるのが普通である。

 しかし、オレはなぜか仕事があまりはかどらないことに気づいた。なぜだ?その理由はすぐにわかった。あまり冷房が効いていないのである。オレはいつもクルマのエアコンの設定温度をかなり低くしている。部屋の冷房もガンガン効かせる。日記では省エネを説きながらも、実生活は地球温暖化を加速しながら生活してる卑怯者なのだ。そんなオレにとって、冷房の効きが悪い夏のファミレスなんて存在は全くもって許せないのである。

 大阪には「ガンガン冷えてることがお客へのサービス」という美風が存在する。喫茶店でもパチンコ屋でもとにかく店内に入れば寒いくらいに冷えてるのが普通だ。鹿児島よりも8月の平均気温は暑いと言われる大阪だからこそ、こうして冷房をガンガン効かせるのが夏のおもてなしとなるのだ。うっかり喫茶店でかき氷を頼んだときは大変なことになる。寒くて途中からカラダが芯まで冷え切ってくるのだ。(もちろんオレは寒さなどにめげず、頑張って最後まで喰うのだが)

 さて、ロイヤルホストが冷房をちゃんと効かせない理由はなぜか。それはすぐにわかった。店内のウエイターの兄ちゃんがみんなアロハシャツ姿だったのである。おそらくは夏季限定だと思うが、それが一種の制服だったのだ。ちゃんといつものスタイルなのは店長らしき年配の方だけで、あとはみんなハワイあたりで日本人の女の子をナンパしてくる兄ちゃん風だったのだ。店の前には「アロハカレー」という大きなのぼりも出ていた。涼しそうなアロハシャツに適温の冷房温度に設定されていたわけである。

 なぜそんなスタイルなのか。いつのまにかこんなところにまで「クールビズ」の風が吹いていたということなのか。公務員がお役所の冷房温度を上げて電気代を節約するのはいい。税金の無駄遣いを減らすことには大いに意味があるからだ。しかし、ファミレスで冷房の設定温度を上げてしまうのは明らかにサービスの低下である。お客はそこに味+快適さを求めてるのだ。味はまあその値段なりのものだと思うが、客が暑いと思う時点で快適さは明らかに失格だ。

 帰り道で寄った行きつけのお好み焼き屋は豪快に冷房が効いていた。各テーブルの鉄板の放出する熱に負けないくらいにしっかり冷えていたのである。客へのおもてなしという点では、ロイヤルホストは一枚340円のお好み焼きを食わせる路地裏の店にも遠く及ばない。少なくともオレにはそう思えたのである。

2005年07月10日(日) 我が社の常務はヤクザでございます!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 東証1部上場の勝村建設(1817)は公共工事の受注がその売り上げの大きな部分を占める。それだけにいかにして入札を仕切るかはこの会社の存亡に関わる一大事だった。その談合の仕切り役だったのが、勝村建設の常務執行役員、露崎勝一(57歳)である。東京都水道局発注の水道工事について露崎勝一は住吉会系暴力団と連携して談合を取り仕切り、談合に従わない会社があると

「入札で仕事を取らせないようにして、会社をつぶしてやろう」
「うちの組には若い衆がいっぱいいる。体には気をつけな」


などと脅していたらしい。

 もちろん自社が入札するときにはいつも万全の体制で臨み、落札率(予定価格に対する落札金額の比率、高いほど怪しい)は2002年度が98.2%、2003年度が97.6%、2004年度が97.8%と異常なまでに高率だったのである。これが可能だったのはおそらく、水道局の職員が予定価格を漏らしていたからに違いない。

 談合グループ内での結束を高めるために露崎勝一は年に数回ゴルフコンペを開催し、そこには水道工事業者約40社の営業担当者だけではなくて住吉会系暴力団幹部らも参加していた。これはすなわち「オレのバックにはこうしてヤクザがついてるんだぜ」と示威するための集まりだったわけだ。いったいどんなゴルフコンペだったのだろうか。

 談合は日本の企業社会の必要悪と言う人もいる。つまり、多くの企業に利益を公平に分配するためのよくできたシステムであるというわけだ。しかし、その悪しき因習は何を生み出したか。水増しされた工事費に税金を浪費し、自分のフトコロに入るゼニのために不要な公共工事を推進するクソ官僚を増やし、国土を再生不可能なまでの破壊に追いやってきたのである。

 ヤクザを後ろ盾にして公共工事を仕切ってきたこの勝村建設のような企業は即座に解散させて、市場に公平な競争原理を取り戻すのは言うまでもないことだが、オレは今回捕まったこのヤクザ常務よりも、本当の悪は東京都水道局の幹部の中に存在すると睨んでいる。企業が利益を追求するのは当たり前だ。しかし、公務員がその地位を利用して私腹を肥やし、情報を漏らすのは国民に対する裏切りである。

 オレは公務員の汚職に関しては最高刑を死刑にしてもいいといつも思っている。腐った官僚どもにまともなモラルを取り戻すには厳罰主義しかない。自分のその腐った行為が「国家に対する反逆」であり死をもって償わなければならないものであると認識させることしかヤツらを更正させる手段はない。

2005年07月09日(土) アスベスト、今頃騒いでも手遅れだぜ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 厚労省が業務によるアスベスト(石綿)関連病の患者に対する労災認定基準を制定したのは1978年、30年近くも前のことである。その当時からすでに危険は認識されていたのである。しかし、この被害が出るまでには長い年月が掛かる。今回クボタが公表したことであわてて他社も公表を始めたのだが、死者数はどんどん増えていく。問題はなぜ今までその数字を隠してきたのかということである。そんなこととっくにわかっていたことだ。実はみんなで隠していたのをクボタが発表したので慌てて公表し始めたというのが真相じゃないのかな。

 オレが衝撃を受けたのは、夫の作業服を洗濯し続けた工場従業員の妻が中皮腫で亡くなったという記事だった。家事労働の中で毎日毒を吸引していたわけである。なんという悲劇だろう。厚労省は今回の被害者の多さに驚いて石綿関連企業の立ち入り調査に乗り出したのだが、調べれば調べるほど増えるに決まってる。このような事態に至ったのは、官僚どもの「仕事をしない」体質ゆえである。輸入血液製剤がHIVウイルスに汚染されていた事件と本質的には同じなのだ。

 とっくの昔にわかっていた石綿の健康被害を、なぜ注意深く調べようとする人がお役所にいなかったのか。監督官庁ならばそれは当然の仕事だろう。悪性胸膜中皮腫の患者の中には「子供のころ、母親と工場へよく遊びに行っていた女性が30代で発症」という悲劇もある。そんな先のことなど予測も出来ないし、またそんな昔のことが自分の肉体を破壊するなんてことも想像の外にある。

 そんなに危険なアスベストは「原則禁止」であって「全面禁止」ではなかった。製造や譲渡が全面禁止になるのは2008年から、つまりまだ3年も先なのである。それまではアスベストはじゃんじゃん作ってもよいのである。(しかし、作ってしまった後はどうなるのだろうか。廃棄すること自体が危険なのになあ。)代替製品がまだ開発されていないものも多い。禁止までに2008年という余裕を持たせたのは、その年までに画期的な代用品が発明されることを期待しているからでもあるし、代用品ができあがるにはまだ3年くらいは掛かるという意味でもある。さっき証券会社の取引画面で確かめると、アスベスト関連企業の中には大幅に値下がりしてるものが多かった。オレが実は一番知りたかったのは、企業への影響と株価動向である。

2005年07月08日(金) クソガキのケツには爆竹を!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 埼玉県警の巡査が、交番に爆竹を投げ込むイタズラを繰り返したクソガキをつかまえて顔を殴ったところ、その生徒が暴行でその巡査を訴えるという事件があった。埼玉県警は生徒の家族に謝罪し、最終的には生徒は被害届を出さないで巡査の暴行は立件しないという一種の「痛み分け」ということになったという。

 オレはこの事件を聞いてあきれている。何よりもこのクソガキの親に対してあきれている。発端はてめえのクソガキがよりによって交番に爆竹を投げ込むような救いようのないイタズラをしたからだろう。まだ殴るだけですませるその巡査は寛大な方である。もしもオレがその交番にいたら間違いなく射殺だ。「交番に爆発物が投げ込まれたので容疑者のクソガキを射殺しました」と胸を張って答えるだろう。イタズラを繰り返したクソガキを発見してバイクで追跡し、転んだクソガキの顔を拳で二発、腹を一回蹴るのは教育的指導としては手ぬるい。オレなら追跡中にその自転車をはね飛ばして粉砕し、ついでにクソガキも体当たりして川に転落させてやるぜ。それくらいしてやらないと、そのクソガキに自分の罪の重さをわからせることはできないだろう。

 こんなふうに厳しくて正しいおまわりさんがどんどん街に増えて、路上喫煙の少年をぶん殴ったり、シンナーを吸ってるバカの顔にバケツの水をぶっかけたり、援助交際をしてる女子高生をふんづかまえて公衆の面前でケツに平手打ちを喰らわせるなどすれば、もっと日本の治安もよくなるはずだ。「暴力はいけない」というのは建前の上では正しい。しかし、これはまともな相手にだけ通用するルールであり、相手が無法者なら、その無法者を退治するために時には暴力も必要だとオレは思うのである。自分が先に悪いことをしておきながら「暴力はいけない」と主張するような無責任なクソガキは存在するだけで社会の害毒である。核兵器を使ったアメリカにはナチスドイツを批判する資格がないのと同じだ。

 クソガキを殴った巡査は「少年が反抗的な口をきいたので、暴力を振るってしまった」と言い、反省しているそうだ。反省なんかしなくていい。あんたは正しいことをしたのである。それなのに反省させられるのは埼玉県警の上層部が間違ってるのである。自分のイタズラを棚に上げて文句を付けてきたその甘えたガキは、ケツ爆竹を突っ込んで火を付けてやればいいのである。自分のイタズラがどんなに危険だったか、そいつのカラダにわからせてやればいいのである。

2005年07月07日(木) オレにUSJを売ってくれ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の累積赤字がかさんでいて経営が苦しいらしい。USJの登場のために宝塚ファミリーランド阪神パークあやめ池遊園地など関西の老舗の弱小遊園地は事実上壊滅したのである。生き残ってる一部の遊園地もどこも経営を圧迫されて大変なのである。それなのに元凶であるUSJが経営が苦しいとはなんたることだ。オレはものすごく怒っているのである。出店してきた大型店が、昔ながらの商店街をたたきつぶしてから「儲かりませんわ」とほざいてるようなもので実に気分が悪くなる。

 なぜUSJの経営が苦しくなったかというと、建設時に総事業費が1700億円掛かったうち1250億円が借金で、その返済が毎年100億以上あること。USJはまるで高利貸しから借りたような金利でぼったくり返済させられてること。年間1200万人を予想した入場者も1000万を超えたのは初年度のみで年々減少傾向にあり、累積赤字は316億円にのぼることなどがあげられる。

 そのUSJが、借金の返済が少しでも軽くなればと250億円分の新株を発行し、そのうち200億円分は米ゴールドマン・サックス系の投資ファンドに割り当てる増資計画を発表したのである。増資で得た資金で借金は前倒し返済するという。たった200億円ぽっちのために外資に経営権を渡すのか。この経営陣はいったい何を考えてるのか。

 そんなゼニはさっさと株式公開して、一般の投資家から集めればいいのである。USJの資産価値を考えれば、株式の時価総額は1000億をこえるだろう。(ちなみに東京ディズニーリゾートを運営する(株)オリエンタルランドの時価総額は約6600億円)別に外資に頼らなくても個人が買ってくれる。実際、新規上場のワケのわからない銘柄がびっくりするほどの高値で取引されてるじゃないか。

 株式公開によって得られるゼニには別に配当という名の利子をつける必要はない。もちろん出した方がいいが、そんなもんは「パスポート」を年に4枚くらいつけてやれば十分だろう。客が増えたという報道があれば株も値上がりして投資家は勝手に喜んでくれる。地元ということもありもちろんオレはUSJに行ったことがあるが、あんなに混んでいるのがどうして赤字なのかと不思議なのである。台湾や韓国からの観光客も多い。修学旅行もかなり来ている。

 いっそ、入場者数を少ない目にごまかして赤字を過大申告し、借金を返さずに踏み倒していったん倒産させちまうとか。そこで2億円くらいでオレにUSJを売ってくれたらいいんだがなあ。オレならきっと黒字にしてやるぜ。倒産して借金さえチャラになれば、年間1000億円以上の売り上げのある魅力的なテーマパークなんだからなあ。

2005年07月06日(水) 初代「オタキング」は誰だ?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オタクの中のオタク、オタクの帝王というかオタキング(実は岡田斗司夫さんという方がすでにオタキングと呼ばれてるのだが、ここではオタクの王という意味でこの言葉を用いることをお許しください)を決めるための第1回全国統一オタク検定試験が8月に実施されることになった。アニメ、ゲーム、同人誌など東京・秋葉原で人気の「アキバ系」ジャンルに関する設問を中心に出題され、合格者には認定証を発行する予定だという。これを主催するのは、同人誌やアニメ、ゲームなどのオタク文化を扱う情報誌「マガジン・エルフィックス」(ビブロス刊)である。問題は8月5日発売の同誌005号(定価580円)の付録として発表されるという。

 オタクを主人公にした映画「電車男」のヒットなどもあり、昔は存在そのものが忌み嫌われイジメの対象にもされたオタクたちが、いつのまにかカッコいいものへと変貌しつつあるのだ。そんな中で実施されるこの試験、オタクナンバー1の地位に輝くのはいったいどんなヤツなのか、オレはかなり興味がある。そいつもやはり小太りでメガネといった外見を持つのだろうか。

 ただ、この試験が雑誌の付録としてついてくるということは、いくらでもズルができてしまう。つまり、時間を掛けて全部の正解を調べてその上で提出することも可能なんだ。どうせなら、駿台予備校でも借りて、制限時間付きの模擬試験の形式でやればよかったのにと思うぜ。それともこれはただの話題作りで雑誌を売ることが目的だったのかな。すでにこの情報誌の4月発売号では模擬試験として例題が掲載されているという。問題ジャンルには「家庭用ゲーム機概論」「コミケ概論」なんてものがあるらしい。

 しかし、オタクたちの知識というのは著しく偏っていて、自分の得意分野に関しては強くても、少しジャンルをはずれると全くわからないということが多いような気がするのだ。そんな中でどうやって公平な問題を作れるのか。誰が出題するのか。ちゃんとオタク全般の知識を持つオタク王でないと問題作成は不可能な気もするのだ。

 昔大学のサイクリング部だった頃、オレは自転車オタクだった。さまざまな外国製のパーツの名称をやたら覚えていて、バイトで得た金でコレクションまでしていた。今でもそのパーツの一部は未使用のままオレの部屋に飾ってあって、ヤフオクでびっくりするような高値がついていて驚くことが多い。その当時に30万くらい掛けてオーダーした自転車も、バラして部品を全部ヤフオクに出品すればかなりの金額にはなるだろう。大学のサイクリング部でオレは「自転車常識度テスト」という試験を部員のために作成したことがあった。今思えばあれはまさしく「自転車オタク度テスト」以外の何ものでもなかった。

2005年07月05日(火) ブロードバンドが今頃やってきた!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 ヤフーBBが価格破壊を行った結果、世間では一気にADSLが当たり前になり、それどころか光ファイバー100Mも普通になってブロードバンドが当たり前の時代に、シコシコとオレはダイヤルアップで原始的なインターネットをしていたのである。ブロードバンドならエロ画像やエロ動画も瞬時に表示されるのに、オレの環境では一枚の写真を表示するのに30秒待たなければならなかったりするので、健全にインターネットするしかなかったのである。おかげで危険な目にも遭わなかったが。

 それでもモデム時代の通信速度56Kは、eo64の導入で64Kになり、エッジ(128K)の導入でさらに快適にはなった。使い放題なので料金の心配もなくなった。それでも遅い。めちゃくちゃに遅い。たとえばネットで株取引を行うときに、画面が切り替わるまでにかなり時間が掛かるので、急激な価格の変動には対応できず、注文を出すのはいつも深夜で、たまに平日が休みでザラ場の動きを見ることができてもあまりにスローモーな画面ではなんの意味もなかったのだ。

 もちろん、そんな環境を改善するために努力をしなかったわけではない。ADSLを申し込んだらすでに回線の空きがなかったり、途中のケーブルが適合していなかったりで「不可」、光ファイバーはまだ工事が進んでいないので2ヶ月待ちとかいう通信僻地にオレは住んでいたのだった。このままでは今年の夏休みも使えない。オレはたまたま家の目の前の電柱にCATVの線が来ていることに気づいて、さっそく地元の局に電話してみた。なんと「開通まで2日でOK」ということであわてて申し込んで、とりあえずインターネットと電話の両方で6500円ということになったのだ。

 さて、オレが今日帰宅すると無線LAN機能内蔵のモデムがテレビの横の棚に置いてあった。さて、一緒についてきたマニュアルを見れば、設定するには有線でまずモデムとパソコンをつなぐとある。なんだと!わざわざ設定のためにこの場所まで離れからデスクトップ一式を運んで作業するのか?そこまで移動できるならなぜ無線にする必要があるんだ!オレは仰天した。

 もちろんデスクトップを移動させて作業するなんて疲れることはしたくないので、とりあえずモバイル用のノートパソコンでモデムの設定だけをした。あとはUSBに差し込むタイプの無線LANの子機に表示されたMAC・IDとかいうのをモデムに登録して、要するにこの子機とだけ通信することなんだなと納得する。さて、離れにあるパソコン部屋に戻って、子機はすでにこちらのマシンにインストールしてあったのですぐに回線はつながった。下のタスクバーのところに「ワイヤレス ネットワーク接続」というアイコンが出た。やった!開通だ。しかし、無線の電波はかなり不安定なのだ。何度も突然に切れてしまい、「ネットワーク接続が存在しません」になってしまう。なんてことだ。電波の状態を柱が5本立つグラフで表示してるのだが、それが3本立つのはまれで、普通は2本、時に1本がいきなり全部なくなったりするのだ。

 オレが家でネットするときに、いま使用中のエッジをやめようと思ったのは、豪雨の時や土曜の夜にむちゃくちゃつながりにくくなるという不具合があったからである。それを解消するために今回は大金を払ったのだ。それなのにこの通信の不安定さはなんだ。もちろんはるかに速くはなった。しかし、突然に切れることだけは許せない。株取引の時は有線LANでつないだ方がいいと、オレはしっかりと納得したのである。もしも注文する瞬間に切れたりしたらどんなに多くの損害になることか。

2005年07月04日(月) もしかして阪神は優勝するのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 今年からはじまった交流戦で勢いづいた阪神タイガースが、通常のリーグ戦が再開されても負けない。全くオレの予想外の動きである。実はオレは、開幕時にわずかに所有していた阪神百貨店株が70万近い含み益になったので喜んでいたら、急に連敗して貯金が減ってきて、それに伴って株価も下がり「こりゃやばい!」とあわててプラスのうちに売らなければと焦って20万ほどの利益に目減りしてから手放してしまったのである。

 去年の6月には優勝がほぼ絶望となって、高いときに買ってしまった阪神百貨店株を損切りした苦い経験もあり、安全策をとったわけだ。エースの井川で勝てないということは今年はダメだという判断をオレは下したのだ。

 株というのは不思議なもので、買ったらたいてい翌日からどんどん下げ始め、売ったら今度はあざ笑うかのように上がることが多い。オレが阪神百貨店株を手放した頃から阪神は調子を取り戻し、徐々に貯金を増やし、そして交流戦を迎えてなぜかかなり好調に勝ち星を重ねた。「でも、セリーグのチームと対戦すればまた負け出すに決まってる」というオレの心配も杞憂に終わったようになぜか負けないのである。序盤で点をとられて、「今日は負けかな?」と思っても後半で逆転しているのである。逆転したら強力な中継ぎ・救援陣が踏ん張ってそのまま勝ってしまうのである。一時は700円近くまで下げた阪神百貨店株もぐんぐん上昇してとうとう800円台を越えてくるような動きになった。

 もうこうなったらとことん上がってくれとオレは期待している。すでに阪神百貨店の株を手放したのに上がっても仕方がないのじゃないかと言われそうだが、大丈夫である。オレには「空売り」という武器がある。別に阪神百貨店の株を持っていなくても、とことんあがってマジックが出るまで待てばよいのである。そこが頂点だ。2003年もマジックが出たときにストップ高を記録した後急落していた。だからオレはそこで空売りを仕掛けるのだ。

 株価が1200円まで上がったとして、そこから1万株の空売りを仕掛けるのに必要な資金は1200万円の30%である360万円である。1200円→800円まで一ヶ月で値下がりすれば、400円×1万株で400万円もの利益を得ることができるのだ。もちろんオレと同じことを考えてるヤツは無数にいるだろう。マジックが出たその日、阪神百貨店株がどんなダイナミックな動きをするのか今から楽しみでならない。だからオレは阪神タイガースを応援しているのである。趣味と実益を兼ねての応援なのだ。開幕前に優勝するかどうかわからない段階で株を買うのはバクチだ。しかし、上がりきったのを見定めてぶちかます空売りは、ほぼ確実に勝利を収める投資の手段である。もちろん、上がりきったかどうかの判断を間違えば確実に破産する危険な手法でもあるのだが。

2005年07月03日(日) リフォーム詐欺、社員全員逮捕しろ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 リフォーム詐欺が大流行である。最近では新聞でその関係の記事を見ない日がないくらいである。その詐欺で400億円稼いだという悪徳会社の社長や幹部が逮捕されたりしてるのだが、逮捕するならトップだけじゃだめだ。下っ端に至るまでその会社に籍を置いた者はすべて逮捕して実刑を喰らわせろ。その会社から給料をもらっていた以上、そのゼニはみんな汚れたゼニである。どんな下っ端であろうと容赦するな。お茶くみやコピーとりのバイトに至るまでみんな逮捕してしまえ。

 大規模な詐欺商法の事件は昔からあった。純金ペーパー商法の豊田商事事件の時、豊田商事の永野会長は斬殺されたが、その時に逮捕されたのは主として幹部であり、実際に老人を騙しまくった社員たちはほとんど罪を問われていなかったはずだ。しかし、そのビジネスが詐欺であることくらい社員はみんな承知していたはずである。働かなくても給料をもらえるのは公務員だけで、一般企業の場合の給料というのは相場通りの金額しか出ない。常識はずれの高給をくれる会社というのは何かウラがあると思って間違いない。犯罪であることがわかっていながら、社員たちはゼニのために良心を捨てて騙しのテクニックを磨いてきたわけである。

 過去の詐欺行為だけを取り締まるのは生ぬるい。詐欺をこれから行おうとしたヤツもどんどん「詐欺未遂」で検挙してしまえ。悪質なリフォームを仕掛けてゼニを巻き上げようとして老人の住む家の玄関の呼び鈴を押しただけで「未遂」ということにしろ。

 オレの老いた母親にも何人かのババ友がいて、みんな暇ですることがないのでしょっちゅう行き来してるが、その中に一人、やはりリフォーム詐欺らしいものに引っかかった方が居る。床下換気工事に200万払ったとか話していたから間違いない。夫に先立たれた老婆の一人暮らしなら、夫の退職金や生命保険金があるはずだと詐欺師どもがいくらでも集まってくるのである。いくらゼニがあってもオレみたいに騙せないオッサンのところには絶対に来ないのである。

 ついこのあいだ、オレのところにK林洋行という無礼な会社から商品先物取引を勧める電話が掛かってきた。大学の卒業者名簿を手に入れてそれで勧誘してるみたいだ。人が仕事をしてるところに全く迷惑な連中だからここで会社名をサラしてやるぜ。二度と掛けてくるなボケ!忙しいオレの大切な時間に割り込んで、「今プラチナを買えば絶対に儲かる」と若僧が延々と話しはじめる。アホかおまえは。オレに投資話を持ちかけるのは、羽生名人に将棋をアドバイスするくらいの愚かな行為なんだぜ。金儲けをしたかったらこの日記の下からいける株式掲示板でも見ろ!

2005年07月02日(土) 55歳で医学部受けたらアカンのか!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 今春の群馬大学医学部の入学試験を受験した東京都目黒区の主婦がいた。55歳という高齢にも関わらず彼女は無事に合格者平均を上回る得点をとったのである。平均を上回るということは、今年の医学部入学者の半数はこの主婦よりもアホということである。ところが彼女のもとには合格通知が届かなかった。群馬大医学部は、55歳というこの主婦の年齢を問題にして不合格という決定を下し、それと比べたら若いけどアホな受験生を一人合格させたのである。

 55歳で医学部に入っても出るときは61歳、60歳ならもう定年を超えているから研修医として受け入れてくる病院もないし、だったら入るだけ無駄だという合理的な判断を下したのである。さすが国立大である。医学部の学生一人を教育するのには年間に500〜1000万の経費が掛かるという。それだけ税金を掛けてるのに、医師になれる可能性が低い学生は採らないという賢明な判断をしたわけだ。

 しかし、年齢を理由にして門前払いするのなら、きちっとその旨を入試要項に明記すべきである。残念ながらオレは「○○歳以上の方は受験できません」と書かれた入試要項を見たことがない。なぜかというと大学というのはあらゆる年齢の方に門戸を開いているからである。100歳をこえていても「入学できない」ということはないのだ。55歳で医学部に合格できるだけの受験勉強をするというのは大変なことである。年齢を増すごとに記憶力はどんどん衰えていく。オレも必死で戦ってるからよくわかる。この55歳のご婦人は18歳の若者の100倍くらいの集中力で勉強したはずである。その値打ちを理解せずにただ単に「高齢だから」という理由だけで門前払いしたその決定は、国民の学ぶ権利を認めないという点で基本的人権を踏みにじった許されない行為である。

これが大学ではなくて「職業訓練施設」ならば、就職に直結しないものを入学させないというのも理屈は通っている。しかし、少なくとも大学と名の付く施設は、多くの学生が「就職予備校」と勘違いしてるが実際はそうではない。そこは知と戯れるための大人の遊技場である。たまたま医学部や法学部が「実学っぽい」方向に傾いてるだけで、オレの学んだ文学部などは、全く世の中の役に立たないことをみんな勝手に勉強してるのである。みんなただ学問という名の自慰行為にふけってるだけである。そうではない変なヤツや、大学には全く行かずにバイトばかりしていたヤツもいるが、少なくともオレにとっての大学はそんな場所だったのだ。

 これが私立大学ならば、合格判定基準に容姿やゼニというモノサシを導入していようとそれは大学側の勝手なんだが、国立大学である以上そのようなわがままは許されないのである。入学試験というのは万人が平等になる世界だ。実社会では容姿や年齢、出自や国籍による差別が厳然として存在する。ところが入学試験は点数さえとればどんな極悪人であろうと変態であろうとブスであろうとみんなOKなのである。この原則を破って恣意的な合否判定を行った群馬大学からは、いますぐ大学設置の認可を取り消して廃校にすべきである。大学はあり余ってるしちょうどいいじゃないか。


2005年07月01日(金) こら楽天の三木谷、おまえは守銭奴か!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 昨年プロ野球への新規加入を巡って争った楽天とライブドアがまたまた激突だ。まあ、あの楽天の負けっぷりを見れば、そんなお荷物球団を手に入れなかったライブドアの方がずっと賢明だったとも言えるが。とにかく一年経ってまたまた両者の対決である。今度は旅行業界の覇権を賭けてのぶつかり合いとなったのである。

 楽天は株式公開して得た巨額のゼニで、日立造船の子会社だった旅行予約サイト「旅の窓口」を買収した「楽天トラベル」を傘下に持つ。旅行予約サイトの中では最大手である。今はインターネットで宿泊予約する人が増えた。旅行する前にそのホテルや周辺に関してネットで調べるのは常識であり、WEBサイトを持たない旅館やホテルはそれだけで客にアピールする機会を喪失するわけである。楽天は旅行予約サイトを自前で育てるのではなくて、すでに人気サイトだった「旅の窓口」をゼニで買うことで参入したのだ。

 大手になれば態度もでかくなるのは人の世の常である。楽天トラベルは宿泊予約代行時の予約手数料を現行の6%から7〜9%に引き上げる方針を打ち出した。オレはこの手数料の高さに驚いた。家族5人でホテルに泊まって10万円払ったとしたら、そのうち6000円も予約手数料にとられていたことになる。その金額でもかなり高いと感じるのに、それをさらに値上げするのか。そんなことなら直接ホテルに連絡をとって手数料分を値引きさせた方が得じゃないか。

 プロ野球チームが弱くてどうしようもないからと言って、そんなところにしわ寄せが行くのか。野球の練習を見るのも有料にしたりと三木谷は守銭奴ぶりを発揮してきたが、取扱高が伸びて売り上げが年々増えてるのなら逆に手数料を値下げしたっていいくらいだろう。楽天トラベルが2004年度に扱った宿泊客は1400万人もあったそうだからかなり儲かってるはずだ。

 もちろん、この卑怯な動きを見てすぐに動いたのがライブドアである。ライブドア傘下でホテル宿泊予約サービスを運営する「ベストリザーブ」(設立者は実は「旅の窓口」を立ち上げた小野田純氏)は、新規登録した宿泊施設の予約システム利用料を来年1月まで実質的に無料とするキャンペーンを始めると発表した。この機会に楽天トラベルから顧客を奪ってしまおうという狙いであることは間違いない。

 この差が宿泊料金に反映されれば、同じホテルを利用する時に楽天トラベルで予約するよりもベストリザーブで予約した方が安いということになるわけだ。さて、このホテル予約戦争(と言っても単なる客の奪い合い)の結果にオレはたいして興味はない。オレはただ、いい宿に安く泊まれるならそれで文句はないのである。自分さえよければそれでいいのだ。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン